訪問日:2010年3月23日(火)

つけ麺 三ツ葉亭-1

都内の有名店3店で修業した3人が集まって、新店をオープンさせたという情報をキャッチ!
その、JR阿佐ケ谷駅近くにできたという店は、3月8日オープン「つけ麺処 三ツ葉亭」


11時30分過ぎに店に入っていったところ…
手前にあるテーブル席は空いていたものの、奥の厨房と隣接したカウンター席は1席を除いて満席。

1つ空いていたカウンター席に腰を下ろし…
メニューをみて…

つけ麺 三ツ葉亭-2つけ麺 三ツ葉亭-3


「まずは、基本と書かれてあるのを…」と注文を入れると…

「醤油つけめんですね。」
「麺の量が選べて、中盛まで無料です!」

後で、「六厘舎」出身と聞いたスタッフの人からそう言われて…
中盛でお願いすることにした。

厨房には、この「六厘舎」出身のスタッフと若いアシスタントの2人。
調理は、すべて「六厘舎」出身のスタッフが行なっていた。

そのスタッフが茹で、シメた麺が器に盛られ…
小鍋で温められたスープが注がれたつけダレがいっしょに出された。

つけ麺 三ツ葉亭-4つけ麺 三ツ葉亭-5

麺だけを、いつものように食べようと、箸を伸ばしかけたところで…
麺にブツブツの斑点があるのに気づいた…

つけ麺 三ツ葉亭-6

麺に鼻を近づけると、いい小麦粉の香りがした。

そこで、元「六厘舎」スタッフの人に…
「全粒粉ですか?」と聞いてみたところ…

「ええ、そうです。」
「北海道産小麦のホクシンを使って、特注で製粉してもらっている全粒粉の麺を使っています。」

この麺、聞いたところによると、生パスタ、フォーなど業務用製麺で有名な「吉野製麺」製。

お客さんに安心して召し上がっていただけるよう、合成着色料、保存料等の化学添加物は一切、使用していないというこの太麺は…
安心なのははもちろん…

全粒粉の小麦粉の香りがとてもいいし、プリプリとした弾力のある食感もいい!
さらに、麺の小麦粉の旨みも感じられて…
製麺所の麺としてはかなりできのいい麺に思えた。

つけダレにつけて食べると…
いわゆる「濃厚豚骨魚介」のつけダレながら、程よい濃厚さで「くどさ」はなく食べやすい。
これはいい!

後から、2人のスタッフにプラスして加わったこの店№2の…
新井薬師の「麺処 草庵」出身のスタッフの人が、この「つけ麺」誕生のエピソードを語ってくれた。

「六厘舎の味は、美味しくても、くどいので、食後、胃が持たれる。」
「僕ら世代では、あれは食べられない。」
「それで、僕らが食べて美味しいと思える、つけ麺をつくりたかった。」


そうして、結成されたユニットが…
この日は非番だった、「つけ麺処 銀座 利休」出身の店長に、この「麺処 草庵」出身のスタッフ!
そして、本家本元にいた元「六厘舎」スタッフ!


この3人の力を結集してつくられただけあって、この「六厘舎越えつけめん」は、しっかり私の舌にも訴えかけていた。

そして、つけダレ表面に浮かぶ「揚げネギ」!

つけ麺 三ツ葉亭-7

最初に見て、このつけダレに対してアンバランスにさえ思えたこの「揚げネギ」は…
食べてみると、意外に合うことがわかった!

「揚げネギ」の風味が、つけダレにコクとキレを与え、インパクトのあるつけダレに変貌させていた。
そして、この「揚げネギ」の存在が、よくある「豚骨魚介」のつけダレと一線を画していた。

つけダレもよかったし、麺のクオリティが違うし…
私は、じゅうぶん「六厘舎越え」は果たしていたと思う。

それと、よかったのが、有機栽培された「玉葱」

小さな壺に入った、薬味として用意されていたものを見つけて…
ただ、蓋を開けて見たところ、生のようだし、ざっくりと大降りにカットされたものだったので…
蓋を閉じようとしたところ…

つけ麺 三ツ葉亭-8つけ麺 三ツ葉亭-9

「六厘舎」出身のスタッフから声がかかった。
「有機栽培された玉葱で甘くて美味しいですよ!」

疑心暗鬼で、少し取って、食べてみたところ…
確かに、甘くて、苦みがない!
私は、玉葱は、湯通ししたものしか食べなかったけど、これなら、生でもぜんぜんOK!

この後、スープ割りしてもらって、いただいたところ、さらに甘味が増してよかった。

しかし、「また、お前もか!」のポピュラーな「豚骨魚介」の「つけ麺」かと思ったのに…
すごいボテンシャルを持った一杯だった。

阿佐ケ谷に強力な店が出現した!

会計のときに、「麺処 草庵」出身のスタッフから割引き券付きのチラシをもらって…
「また、いらしてください。」と言われたけど…

つけ麺 三ツ葉亭-10

そうじゃなくても、「塩つけめん」、「香味油ソバ 」といったオリジナルメニューも用意されているし…
再訪は確実!
ご馳走さま!

つけ麺 三ツ葉亭-11つけ麺 三ツ葉亭-12つけ麺 三ツ葉亭-13

住所:東京都杉並区阿佐谷南2-17-3 長谷ビル1F
電話:03-3313-0328
営業時間:11:30~23:00(中休み15:00~1700くらい)
定休日:無休
アクセス:JR中央線、中央・総武線阿佐ケ谷駅南口から徒歩2分




メニュー:つけ麺…730円/塩つけ麺…730円/香味油ソバ …730円/ラーメン…650円
〇特トッピング(チャーシュー・メンマ・味玉)…200円
※3種の具材を少しづつ増量
〇特野菜(野菜・メンマ・わけぎ・のり)…200円
※野菜中心具材を少しづつ増量


好み度:つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1016-6335517c