2010.03.18 麺や 六三六
訪問日:2010年3月18日(木)

麺や 六三六-1

「麺や 六三六」!

「六三六」と言ったって、別に、和の鉄人「道場 六郎」と関係がある店ではない…

昨年末に愛知県の大須に本店を構えて以来、東海地方に2店舗をオープンさせ、増殖をし続けているしているラーメン店…
玉葱と煮干しの無加調のラーメンを出すという。

そのラーメン店が、店主の故郷である大阪・茶屋町に進出を果たしたというニュースが耳に入った!


煮干しと聞いて、煮干し好きな私が黙っているわけにはいかない。
そこで、今回の大阪遠征では、こちらの店にまず、伺ってみることにした。

「麺や 六三六 大阪茶屋町店」のオープンは3月8日!
阪急梅田駅の茶屋町口からも近い一等地にオープンした。

夜の7時…
店のある路地に入っていくと、間接照明に照らされた「六三六」の文字が見えた…

麺や 六三六-14

店の前には、玉葱と煮干しが吊されている。

麺や 六三六-3

そして、14時間も煮込まれ、つくらたスープであること…
無加調であること…
ラーメン、つけ麺それぞれに、こだわりの自家製麺が使われていること…

そんなことが書かれたベニア板のボードにお品書きの書かれたボードが、それぞれ、スープに使う材料が詰められた木箱の上に置かれていたけど…

これって、「煮干しらーめん 玉五郎」の完全にパクリじゃない!?

麺や 六三六-2麺や 六三六-4

店に入ると…
照明が落とされた店内はお洒落な居酒屋の様相…
お客さんは、会社帰りのサラリーマンやカップル…
女性同士のお客さんでほぼ満席。

券売機で食券を買うようスタッフに促されて…
「特製つけめん 小盛」の食券を買う。

麺や 六三六-5麺や 六三六-6
麺や 六三六-8麺や 六三六-7

今夜は、この後、森の宮の「もつ麺屋」で連食をする予定なので、少しでも麺の量が少ないのはありがたい!

「こちらにどうぞ!」
スタッフに呼ばれて席につく。

「こちらにどうぞ!」
スタッフに呼ばれて席につく。

「コートはこちらへ!」
壁ぎわにはフックが取り付けられ、ハンガーが掛けられている。

「荷物は椅子の中へどうぞ…」
キュービック型した椅子の天面を上に上げると荷物が収納できる仕組み。

席に座ると、目の前の厨房では大人数のスタッフが働いていた。
10人はいただろうか…
それに、店の内外装には、かなりお金が掛けられていたし…

さらに、店は広いし…
場所も若者やOLが立ち寄る、駅近のプレイスポットで、店の賃料だってかなり高価だろうし…

とても個人店が出資できるもんじゃない。
資本系の店であることは、ほぼ、間違いはない…

そんなことを考えているところに…
「お待ちどうさま!」
麺の入った器が運ばれてきた。

「つけダレは今、お持ちします。」

麺の量は200g以上はありそうだ。
小盛にしては結構あるじゃない…
そんなことを考えていたところ…

先ほど麺を運んできてくれたスタッフが再び現れると…
「すみません…」
そう言いながら、麺の入った器を回収していった。

どうやら、間違って配膳したようで、新たに届けられた器には、先ほどの麺の半分程度の量に激減していた。
少な~…


麺や 六三六-11

しかし、後から、届いたつけダレは具がいっぱいで、メッチャ、アンバランス…

麺や 六三六-12
麺や 六三六-9麺や 六三六-10

麺だけを食べてみる。
こだわりの極太麺を使った自家製麺だという麺は…
極太と言うほどの太さはない、多加水の太麺で、うどんのようなモチモチとした食感があっていい!

ただ、風味は、およそ、自家製麺らしくない…
どこかの製麺所が作った麺にしか思えなかった…

トロンとした濃厚で粘度のあるつけダレに麺をつけて食べると…

甘い!
野菜による甘さ!

つけダレの中には、ザックリと切られた大量の玉葱!
しかし、煮干しはどうしたんだろう?
感じるのは、魚粉の鰹の味だけ…

煮干しは、もちろん使っているんだろうけど弱い…
そして、それどころか、鶏も豚骨の動物系も弱く感じられた。

無加調にするのはいいことだけど、そうするためには、それだけ多くの材料も必要になる…

良く言えば、流行の「ベジポタ」!?
しかし、このつけダレからは、玉葱を中心とした野菜と魚粉の鰹の味しか感じられなかった…


デフォルトで入る味玉に、チャーシュー、メンマはそれなりだったけど…

最後に、作ってもらった「スープ割り」!
これも、申し訳ないけど、一口飲んだだけで、飲むのをやめた…

「スープ割り」をお願いする際に、スタッフの人に…
「小盛にすると、ずいぶん麺の量は少なくなるんですね?」
「小盛の麺の量は何gあるんですか?」と聞いてみたところ…

「一玉400g。小盛は半玉です。」

「えっ!200gもないでしょう!?」と反論すると…

年配のスタッフの人が代わって…
麺1玉入りの「麺や 六三六」と印刷されたグレーのビニール袋を持ってきてくれて…

封を切って、中の麺を見せながら…
「茹で上がりの量で、1玉400gです。」
「生麺の量ですと230gになります。」


そう、親切丁寧にお答えいただいたんだけど…
ということは、半玉115g…

この量は、普段、食べる「つけ麺」の量の3分の1…
これは…
いくらなんでも少なすぎる!


結果からすると、味はイマイチだったし、今夜は連食するので、麺の量が少なかったのはよかったのかもしれないけど…

それと、袋から出した麺を「自家製麺」というのも…
自社工場の麺=自家製麺!?

う~ん…

ただ、店を出ると、外には9人ものお客さんが行列!

麺や 六三六-13

場所がよくて、雰囲気がいいと、お客さんは入るんだね!

麺や 六三六-15麺や 六三六-16

住所:大阪府大阪市北区茶屋町4-2
電話:06-5372-0636
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休
アクセス:阪急梅田駅フェスティブコート口から徒歩3分




メニュー:六三六らーめん…690円/特製六三六らーめん…880円/味玉らーめん…780円/チャーシューらーめん…890円
特製つけ麺(極太麺)…850円/特製つけ麺 小盛…750円
麺大盛(らーめん・つけ麺)…100円
玉子トロトロあんかけチャーハンセット…+300円/生唐辛子…100円
白ごはん…150円/玉子かけごはん…250円/チャーシュー丼…350円
HP:http://www.rokusanroku.com/


好み度:特製つけ麺 小盛star_s25.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ramen151e.blog71.fc2.com/tb.php/1009-8741b988