訪問日:2017年9月3日(日)

麺や 福はら【弐】-1

本日は羽田空港からJALで空路、伊丹空港へ!

麺や 福はら【弐】-2

伊丹空港からはリムジンバスでなんばへ!
そして、近鉄電車に乗り換えて、やってきました今里駅!


麺や 福はら【弐】-3

そして、私が向かったのは、こちら今里に7月21日にオープンした『麺や 福はら』!
食べログ全国ラーメンランキング1位の『麺屋 一燈』をはじめとする『麺屋 一燈』各店で修業した福原店主が地元の大阪市生野区にオープンした店!


オープン初日の7時7分7秒に訪問すると、すでに7人のお客さんが並んでいて!
うち、3人は東京からやってきた『一燈』及び福原店主のファンのお客さん♪


ただ、ここからは行列は、あまり延びずに
9時55分時点で21人

しかし、10時を過ぎると、お客さんも増えて
開店まで、あと5分と迫った10時55分に福原店主が店の中からで出て来て、『一燈』時代から続いている恒例の挨拶が始まったときには、40人超の大行列に膨れ上がった

そして、そのオープン以来、連日、大行列ができて!
あまりの行列の多さに、何事かと警察も出動する騒ぎになったほど!


しかし、その行列待ちのお客さんの中には、お行儀の悪いお客さんもいて
近隣のお店にご迷惑をお掛けするお客さんも出たおかげで

開店1ヶ月目のお祝いに8月21日にやってきたところ
行列対策のために、店は臨時休業になってしまった(+。+)

そんな店に今日は、11時50分過ぎにやって来たところ
店の前で待ち合わせていた食べログレビュアーのTamagoooさんも、ちょうど、やってきたところで

しかし、店の前には並びがなく
さらに、店の中には、何とお客さんが1人!?

そんなことなどあるはずないので
これは、もう整理券制にしたってことかな!?

行列の打開策として、近いうちに整理券制にすると福原店主は自身のブログに書いていたので
そこで、入店して

「もう、整理券制にしたの?」と福原店主に聞いてみたところ
「これしか入っていないのに、そんなことするわけないじゃないですか!」と言われて

しかし、日曜日のこの時間にお客さん1人って(汗)
8月20日まで続いていた、あの大行列フィーバーは、どうしちゃったんだろう!?

と思いつつも、大行列に並んで、長い時間待って食べる覚悟をしてやってきたというのに
これは、めっちゃラッキー♪

というわけで、まずは、新たに導入された券売機で食券を買い求めるんだけど
昨日で「濃厚魚介そば」が売り切れてしまったようで、今日は、「芳醇鶏そば(塩)」と「芳醇鶏そば(醤油)」のみの販売!

麺や 福はら【弐】-4
麺や 福はら【弐】-5麺や 福はら【弐】-6

ちなみに、「芳醇鶏そば(塩・醤油)」は、奈良の地鶏である大和肉鶏を100%使って水と鶏だけで炊いた鶏清湯スープのラーメンで!
こちらは、福原店主が『豚骨一燈』の店長をしているときに作り上げた『俺の大和』とという限定ラーメンを基に作り上げた福原店主のオリジナルラーメン!


「濃厚魚介ラーメン」は、鶏白湯スープに魚介出汁を重ねた、『麺屋 一燈』で提供されている鶏白湯魚介スープのラーメンで!
基本、『一燈』の味を踏襲しながらも、無化調にこだわって仕上げたスープのラーメン!


そして、それぞれのラーメンに、「味玉」、「特製」、「チャーシュー」の各トッピングバージョンが用意されていて!
デフォルトのラーメンの場合、豚肩ロース肉と鶏ムネ肉の2種類の真空低温調理されたレアチャーシューが各1枚なのに対して


「特製」にすると、まず、味玉が追加されて!
さらに、豚肩ロース肉と鶏ムネ肉のチャーシューが1枚ずつ増量されて、各2枚ずつになる。


また、「チャーシュー」にした場合は、味玉の追加はなく
豚肩ロース肉と鶏ムネ肉のチャーシューが2枚ずつ増量されて、各3枚ずつになる。

そして、Tamagoooさんが「味玉芳醇鶏そば(塩)」を!
私は、「チャーシュー芳醇鶏そば(醤油)」を、それぞれ選んで食券を購入して席へ!


すると、12時になった途端に、ドドッとお客さんが入店してきて!
あっという間に、L字型カウンター9席の席は満席となって!


さらに、4人の外待ちも出たので
いい時間帯にやって来れたみたいだった♪

食券を受け取ると、さっそく、2つのラーメンを作り始める福原店主!
まずは、寸胴から雪平鍋にスープを移して、ガス台の火にかけていく!


そうして、頃合いを見計らって茹で麺機のテボに麺を投入すると
温まったスープを、予め温めておいたラーメン丼に注いで

茹で始めから、ジャスト1分で茹で上がった麺を引き上げると
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼の中へと入れられて

最後にトッピングの具が載せられて
完成したラーメンのうちの「チャーシュー芳醇鶏そば(醤油)」が私のもとに着丼!

麺や 福はら【弐】-7麺や 福はら【弐】-8

豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューが3枚ずつ載せられて
ただし、他のトッピングは小松菜青ネギだけという

スープとチャーシューにコストを掛けて、余分なものは限りなくそぎ落とした
しかし、その割りには、なかなか美しいビジュアルのラーメン♪

まずは、醤油香るスープをいただくと
フレッシュな大和肉鶏の地鶏ならではの豊潤なうま味と

生しょうゆ他、何種類かの醤油をブレンドしたと思われるカエシの芳醇なうま味が口の中に広がる
コクうまな味わいのスープで!

前回いただいた得意の塩味のスープもいいけど
この醤油味のスープもいい♪

ただ、オープン日のスープのうま味に比べると、やや、鶏のうま味が足りないような(汗)
すると、すかさず、まるで、私の心を読むかのように

「今日のスープ、もう一つでしょう…」
「昨日は、すごくよかったんですけどね…」
なんて言うと…

さらに
「毎回、同じように炊いているんですけど…」

「それでも、入ってくる大和肉鶏によって、いい出汁出してくれたり、くれなかったり…」
「本当、難しいですわ…」なんて言って、ぼやく福原店主
(笑)

でも、天然素材を使って
無化調で

しかも、水と鶏だけで炊いたスープを作るのは、本当、難しいことだと思うし!
当然ブレもあるので、仕方ないとは思うけど


ただ、できれば、昨日の上ブレのスープで食べたかったな(汗)
でも、こんなことを書くと、今日のスープはたいしたことないんじゃないかと思われると心外なので書かせてもらうと

今日のスープだって、かなり美味しい♪
これだけの鶏のうま味の出たスープのラーメンを出す店は、大阪はもとより、関西を見渡しても少ない。


それに、醤油ダレのカエシが思いの外よかったので♪
「醤油、結構、イケてるじゃない♪」


「塩より好きかも♪」と言うと…
「わたしも、醤油が一番好きです♪」と、厨房にいた、こちらの店の紅一点のほなさんからも賛同の声が上がった!

すると、福原店主店主からは
「いや、塩ですよ塩!」

「みんなに塩、食べてもらいたいです。」
「でも、醤油も美味しくなりましたよ。」


「醤油は、生揚げ醤油のようなキレのある醤油ではなく、もったりとしたのが好きなので…」
「そんな醤油を使ってます。」なんて言うんだけど


「もったりとした醤油」って何!?
たまり!?

確かにたまり醤油も使われているみたいだけど
でも、生揚げ醤油は使ってないのかもしれないけど、生しょうゆは使ってるだろうし

他に濃口醤油や何種類かの醤油がブレンドされたものだろうし
ただ、言えることは

福原店主の作る「塩ラーメン」は、東京の修業時代に、限定で何度もいただいていて、美味しいのはわかっていた♪
それに対して、自信がないからといって、福原店主はあまり「醤油」の限定を作らなかったので


醤油味のラーメンは、蛤スープの限定くらいで、鶏スープの醤油ラーメンは、たぶん、これが初めてだと思うけど
「醤油」もマジで美味しい♪

麺は、「塩」と共通の鶴見製麺所の細ストレート麺が合わせられていて
つるっとした食感の啜り心地のいい麺で!

麺や 福はら【弐】-9

のど越しのよさもあって!
「塩」でいただいたときには、スープとの絡みもよくて、よかったように思えたけど


「醤油」だと、ちょっと、麺がスープに負けてしまっているような
「塩」だけなら、この麺でいいかもしれないけど、「醤油」も共通で使うなら、もう少し、太めの麺に見直した方がいいかもしれない

国産にこだわったというチャーシューは、今日も最高で!
トッピングして大正解の逸品だった♪


まず、低温で、じっくり真空調理したと思われる豚肩ロース肉のレアチャーシューは、ちょうどいいレア感に仕上がっていて!
しっとりとした食感なのがよかったし♪


麺や 福はら【弐】-10

肉質のいい豚肉が使われていて!
さらに、肉のうま味が中に閉じ込められていて!


噛めば、肉のうま味を実感できる!
絶品のレアチャーシューだったし♪


やはり、同じように真空低温調理された鶏ムネ肉のレアチャーシューも、しっとりとした食感に仕上げられていて、食感は最高だったし!
塩加減の塩梅も絶妙で、こちらも美味しくいただけたし♪


麺や 福はら【弐】-11

そうして、最後は、今日もスープの最後の一滴まで惜しむように飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS 今は忙しくて、それどころじゃないかもしれないけど
一段落して、涼しい季節になったら

『豚骨一燈』時代にやっていた数々の限定を、また、大阪でやって、関西のラーメン愛好家の皆さんを喜ばせてあげてください。
機会があれば、私も、また、大阪に食べに行きます♪


麺や 福はら【弐】-12

メニュー:芳醇鶏そば(塩・醤油)…780円/味玉芳醇鶏そば(塩・醤油)…880円/特製芳醇鶏そ(塩・醤油)…980円/チャーシュー芳醇鶏そば(塩・醤油)…1080円

濃厚魚介ラーメン…780円/濃厚魚介ラーメン…880円/濃厚魚介ラーメン…980円/濃厚魚介ラーメン…1080円

麺大盛…70円/ご飯(小)…70円/ご飯(大)…120円/炙り肉めし…220円/ユッケ風鶏めし…220円

味玉…100円/豚チャーシュー(5枚)…400円/鶏チャーシュー(5枚)…200円/チャーシュー盛り(豚・鶏2枚ずつ)…300円


麺や 福はら



関連ランキング:ラーメン | 今里駅(近鉄)小路駅(大阪市営)新深江駅



好み度:チャーシュー芳醇鶏そば(醤油)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年8月23日(水)

麺処 有彩【弐】-1

本日のランチは、JR西川口駅そばに2015年2月18日にオープンした『麺処 有彩』で!

こちらの店は、『麺処 ほん田』出身の齊藤店主がオープンした店で!
2015年の3月10日に訪問して、「魚介鶏だし塩らぁめん」に「チャーシュー」をトッピングしていただいた。


これが、当時のリニューアルする前の『麺処 ほん田』の塩ラーメンをベースにオリジナルの味わいを加えた一杯で!
めっちゃ好みの一杯だったので、再訪は確実とブログにも書かせていただいたんだけど


結局、それ以降、伺うこともないまま、時だけが過ぎていってしまった
今日は、珍しく西川口に行く機会があったので、一仕事終わらせて、JR京浜東北線の西川口駅西口から徒歩2分ほどの場所にある店へと向かったんだけど

こちらの店は、駅からは近いのに
ビルとビルの間の狭間の狭い空間にあって

しかも、道路から少し引っ込んだところにあるので
あまり目立たないのが(汗)

そんな店へと訪問したのは、午後の1時30分近い時刻。
間口が狭くて奥行きのあるウナギの寝床のような店に入店すると


奥の6人掛けのテーブル席は、団体のお客さんで埋められていて!
手前の壁に向いて座るカウンター席にもお客さんが2人。


さらに、オープンキッチンの厨房前に一直線に並ぶカウンター席にもお客さんが2人いて!
こんな時間なのに流行ってる♪


そして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
メニューは、「あっさり」の「魚介鶏だし醤油らぁめん」に「魚介鶏だし塩らぁめん」!

「こってり」の「豚骨鶏魚介らぁめん」と「豚骨鶏魚介つけめん」と
以前にお邪魔したときと変わらない。

麺処 有彩【弐】-2

そして、価格も変わらず
デフォルトの「らぁめん」は、「醤油」でも「塩」でも650円!

「豚骨鶏魚介らぁめん」に「豚骨鶏魚介つけめん」だって、700円に750円と
超リーズナブル♪

さらに、これで中盛無料って
めちゃめちゃコスパ高いよね♪

実は、今日、食べようと思っていたのは「豚骨鶏魚介らぁめん」で!
これは、東京の綾瀬に4月9日に煮干しラーメンの店をオープンさせたチャラ男店主が食べて、Twitterで大絶賛していたので!


しかし、券売機のボタンの中に、「冷やしにぼらぁ」なる限定のボタンを発見して
気が変わった(笑)

麺処 有彩【弐】-3

というのも、今日は、うだるような暑さで
私は、普段は、「冷やし」を、あまり食べない人だけど

さすがに、こんな日は
「冷やし」を食べたくなる(汗)

それに、もし、この「冷やし」が、レギュラーメニューの「魚介鶏だし塩らぁめん」ベースの「冷やし」ならば、スルーしたかもしれないけど
「冷やしにぼらぁ」とあっては、ニボラーとしては放っておくわけにはいかないので(笑)

なお、こちらの店は、自家製麺を使った「らぁめん」に「つけめん」が美味しい店なのはもちろんだけど
サイドメニューの「チャーシュー丼」が、また、格別に美味しいと評判なので♪

「冷やしにぼらぁ」と「チャーシュー丼」の食券も買って、空いていた厨房前のカウンター席へとついて
かわいいスタッフの女子に食券を渡すと

「無料で中盛にできますけど、中盛りにされますか?」と言われて!
中盛にして、バランスが崩れてしまわないだろうか

ちょっと、心配したけど
こちらの店は、「中盛無料」のため、ほとんどのお客さんが中盛にする店で!

ある意味、「中盛」がデフォルトみたいなものなので
あえて、中盛にすることにしたんだけど

なお、厨房では、齊藤店主が、忙しく「らぁめん」に「つけめん」作りに終始していて
ようやく、6人の団体客の「らぁめん」に「つけめん」を出し終えると

休む間もなく、次に私と、後客の「冷やしにぼらぁ」作りに入って
2個作りされた「冷やしにぼらぁ」が完成すると

私の顔をマジマジと見て
「もしかして、一期一会さんですか!?」と聞かれて、頷くと

「店をオープンしたときに、ブログによく書いていただいて、ありがとうございます。」
そう言うと、味玉をサービスで入れてくれたんだけど


あれ以来、音沙汰なしだというのに(汗)
ありがとうございます。

真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューに、大葉みょうが、ほうれん草、揚げ玉、刻み玉ねぎ、カイワレとサービスの味玉が載せられた!
涼しげな「冷やしにぼらぁ」♪


麺処 有彩【弐】-4麺処 有彩【弐】-5

そうして、ラーメンの撮影会を終えたところで、チャーシューがいっぱい載せられた「チャーシュー丼」も齊藤店主から出されたんだけど
これで250円というのは、ラーメンだけじゃなくて、サイドメニューまでリーズナブル♪

まずは、澄み切った塩味の冷製スープをいただくと
まず、口の中がひんやりして、クールダウンできたのがよかった♪

スープは、瀬戸内のいりこと九十九里の背黒で出汁をとった冷製スープに
白絞油にいりこの香味を移した煮干し油を浮かべたといった感じの味わいで!

ただ、齊藤店主に確認したところ
「いろいろな煮干しを変えて使ってます。」なんていう答えをはぐらかす答えが返ってきて

以前は包み隠さず教えてくれた店主だったのに(汗)
いつの間にか、口がカタくなってしまったので、どんな煮干しが使われたかは不確かだけど

ただ、産地まではわからないけど
いりこと背黒が使わているのは確か!

じんわりと煮干しが効かされたスープで!
感じられるのは煮干しのうま味だけで、煮干しの持つえぐ味や苦味などのネガなものは、ほとんどなし


だから、食べやすくていいのかもしれないけど
ニボラーには、優等生すぎて、ちょっと、おとなしめに感じられてしまうかな

そして、ほどよく冷やされていて
あまりキンキンに冷やされていても、煮干し感が弱めに感じるのもいい!

ただ、麺中盛にしたのが、やっぱり、失敗だったな_| ̄|○
スープと麺のバランスが、やや、悪いように感じられたし

麺の量が多くて、後半、ちょっと飽きてしまったので(汗)
中盛にしたことを深く反省

麺は、全粒粉が配合された切刃22番と思われる中細ストレートの自家製麺が合わせられていて!
なめらかな口当たりの、やや、加水率高めに感じられる中加水麺は、つるっと啜れる啜り心地のいい麺で!


麺処 有彩【弐】-6

のど越しのよさもあって♪
しなやかなコシも感じられて!


さらに、小麦粉のうま味もよく感じられる、味、食感ともに優れた麺で♪
そして、冷製スープとの絡みもまずまず!


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシュー
低温で、じっくりと真空調理された一品で!

麺処 有彩【弐】-7

ちょうどいいレア感に仕上っていて!
厚みもあって、しっとりとした食感なのもよかったし♪


肉のうま味が中に閉じ込められていて
噛むと、肉のうま味が滲み出てくる絶品のレアチャーシューだったし♪

サービスで出してもらった味玉は、黄身がオレンジ色した茹で加減バッチリの一品で!
味付けもよかったし♪


麺処 有彩【弐】-8

大葉みょうがは、香り高くて、さっぱりと食べさせてくれる、「冷やし」には欠かせない薬味でよかったし♪
そして、さっぱり一辺倒にさせない揚げ玉のコクとサクサク感がアクセントになっていたのもよかったし♪


夏の終わりにはピッタリの一品でよかったと思う♪
ただ、齊藤店主が得意の香味油も、冷製スープなので動物系が使えないので、もう一つ、威力を発揮できていなかったし


中盛にした失敗もあったけど
やっぱり、こちらの店では、温かいスープのラーメンがおすすめかな♪

なお、「冷やし」を食べながら、いただいた「チャーシュー丼」は、苦手な脂身のあるチャーシューが使われていたけど(汗)
脂身は、そんなに気にはならなかったし!

麺処 有彩【弐】-9

とても香ばしくて♪
独特の癖になる、やや、甘めの味付けだったのもよくて!


美味しくいただけたし♪
人気があるのもよくわかった!


次回は、綾瀬のチャラ男店主おすすめの「豚骨鶏魚介らぁめん」を食べに来ないとねと思って、席を立ったんだけど
帰りに、「はかた地どり」のポスターが壁に貼られていたのを発見!

麺処 有彩【弐】-10

あっさりの「らぁめん」は650円という価格なのに、ブロイラーじゃなくて、「はかた地どり」を使ってるの!?
知らなかったけど

これを知ってしまったら、次は、もう一度「あっさり」の「魚介鶏だし塩らぁめん」かな♪
ご馳走さまでした。


PS ブログを書いていたら
こちらの店、前回、約2年半前に伺ったときに比べて、あっさりの「らぁめん」を値下げしていたことが判明

魚介鶏だし醤油らぁめん…680円→650円
魚介鶏だし塩らぁめん…700円→650円


しかし、どこの店も、材料費の高騰により、値上げしている店が多い中
値下げって

いつ下げたのか
また、何が原因で下げたのか

わからないけど
高価な「はかた地どり」を使用して値下げって

スゴい!
これを知ったら、また、すぐに食べに行かないとね♪


麺処 有彩【弐】-11

メニュー:あっさり

鶏だし醤油らぁめん…650円/鶏だし味玉醤油らぁめん…750円/鶏だし特製醤油らぁめん…850円
魚介鶏だし塩らぁめん…650円/魚介鶏だし味玉塩らぁめん…750円/魚介鶏だし特製塩らぁめん…850円

こってり

豚骨鶏魚介らぁめん…700円/豚骨鶏魚介らぁめん…800円/豚骨鶏魚介らぁめん…900円
豚骨鶏魚介つけめん…750円/豚骨鶏魚介つけめん…850円/豚骨鶏魚介つけめん…950円

【期間限定】冷やしにぼらぁ(大盛り不可)…700円

中盛り…無料/大盛り…100円※「あっさり」の醤油と塩らぁめんの大盛りは替え玉での提供になります。

のり…50円/ネギ…100円/メンマ…100円/味玉…100円/チャーシュー(3枚)…200円/辛味…50円

半ライス…50円/飯割り…80円/チャーシュー丼…250円


【麺の量】らぁめん並盛り150g/中盛り200g…無料/大盛り300g…100円
つけめん並盛り200g/中盛り300g…無料/大盛り400g…100円

麺処 有彩



関連ランキング:ラーメン | 西川口駅



好み度:冷やしにぼらぁstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年9月6日(水)

【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-1

本日のランチは、東京・野方に9月4日にオープンした新店の『本格中華蕎麦 ゆるぎ』へ!

こちらの店は、ラーメンデータベース(RDB)にレビューが上がっていてオープンを知った店で!
珍しく新店ハンターの皆さんも訪れていなかったのと


『中華蕎麦 とみ田』の麺工場である「心の味食品」の麺を使っている店ということだったので!
急遽、訪問することに


西武新宿線の野方駅で下車して
南口の階段を下りて、線路を背にして商店街を歩いて

突き当たりを左折すると
バスロータリーがあって

店は、そのバスロータリーの真ん前!
テイクアウト専門の「ちよだ鮨」の隣にあったんだけど


ここって、かつては『麺処 今川』があった場所だよね
『麺処 今川』は、『麺屋 こうじ』グループの系の店で!

神奈川県にある『麺屋 こうじ』グループ系の『神勝軒』出身で、今は東京・東中野に6月に『ラーメン かしわぎ』をオープンさせた今田さんと東京・東十条の行列店『麺処 ほん田』の川久保さんが2014年4月24日にオープンした店!

その後、店は、諸事情により、2014年11月20日に閉店
その後はどうなっていたのかは知らないけど

やっぱり、こちらの店、『こうじ』グループと関係ありそう!
しかし、開店3日目というのに、店頭には開店祝いのお花が置いてないので、そこから、何か推測できるものはなし。


そして、店に入ろうとして、ふと、気づいたのが
周りはラーメン店ばかりだだてこと(汗)

まず、道路を隔てた、すぐ前に『濃厚鶏そば 真白』
数軒隣に『豚骨味噌ラーメン じゃぐら 野方本店』があって!


【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-2
【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-3

さらに、その先の環七に架かる橋を渡ったところには、『つけ麺 花みずき』
ここは、ラーメン店が密集するプチ激戦区だった!

【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-4
【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-5【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-6

とりあえず、13時13分13秒に入店すると
『麺処 今川』時代と変わらないL字型カウンター7席のみの客席には先客が1人。

そして、オープンキッチンの厨房には店主らしき人物が1人。
まずは、入口を入ったすぐ右にあった大型の券売機で食券を購入するんだけど


券売機の上に、RDB情報にもあった「山岸一雄 万歳」と書かれた赤いラーメン丼が飾られていて
写真は後で撮ればいいと思って、結局、失念してしまったけど(汗)

ここで、これを見て
これは、間違いなく「こうじ」グループと関係あることを確信(笑)

なお、メニューは、「醤油らぁめん」、「塩らぁめん」、「つけそば(淡麗・鶏)」の3本立てで!
それぞれに、「味玉」、「特製」、「チャーシュー」の各トッピングバージョンが用意されていた。


【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-7

券売機の最上段が「醤油らぁめん」だったので、普通なら、これを選択するべきなんだろうけど
すでに、RDBと食べログに「醤油らぁめん」のレビューが上がっていたのと

「心の味食品」謹製の麺ということで、麺の美味しさを確かめたかったので!
この中からセレクトしたのは「つけそば(淡麗・鶏)」!


なお、店主に麺の量を確かめたところ
「250gです。」と言うので…

「大盛は!?」と聞くと…
「350gです。」という答えが返ってきて…

ちょっと悩んでしまった(汗)
というのも、つけ麺の場合、私は300g食べるのを基本としているので

デフォだと少ないし、大盛だと多い
でも、まあ、どうにかなるでしょう♪

というわけで、「つけそば大盛」の食券も買うと
その隣に、120円で食べられる本日の「ランチ飯」もあって!

【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-8

デフォの「つけそば」にして、これにすればよかったかも
とは思ったけど、もう後の祭り(汗)

そうして、席へとついて、食券を店主に渡しながら
「ここは、『今川』のあった場所ですよね?」と切り出して

ズバリ、『こうじ』グループとの関係について切り込んでみたところ
神奈川県にある『こうじ』グループ系の店にいたと話してくれたので

「神勝軒(ジンショウケン )ですね!」
「『今川』の今田さんといっしょですね!」
と言うと…

「ええ、神勝軒にいました。」
「今田さんとは、いっしょに働いたことはないですけどね…」
なんて話していたけど…

しかし、同じ『神勝軒』にいて、『麺処 今川』を経て、『ラーメン かしわぎ』をオープンさせた今田さんが開業に当たって選んだとののは豚湯スープ!
そして、こちらの店の店主は鶏清湯スープと、清湯スープのラーメンで勝負しているのが面白い♪


『麺屋 こうじ』グループの味といったら
あの甘味の強い「濃厚豚骨魚介」のラーメンにつけ麺!

それと、二郎インスパイアのガッツリ系ラーメンの「角ふじ」!
この2つの濃厚メニューが看板で!


もちろん、『神勝軒』もそう!
しかし、そんな店出身の店主が


果たして、どんな味わいの清湯スープのラーメンを提供されるのか
楽しみに待っていると♪

短時間で茹でられた麺が、店主によって、冷水でキュッと〆られて!
麺線がキレイに整えられた麺が、平たい丼に盛りつけられると


その上に、カットした鶏ムネ肉のレアチャーシューが載せられて!
最後に、熱々に温められたつけ汁とともにプラスチックのトレーに載せられて!


完成した「つけそば(淡麗・鶏)」が着丼!
実に飾り気のないシンプルなビジュアルの「つけそば」!


【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-9【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-10【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-11

まずは、中細ストレートの麺を、つけ汁にはつけずに、そのまま、いただくと
小麦香る麺で、小麦粉のいい香りが口の中に広がって

【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-12

「心の味食品」の麺は、『中華蕎麦 とみ田』用の麺以外でも、香りを大事にした麺作りをしているのがわかる。
それに、なめらかな口当たりの麺で!


つるっとして、モチットした食感の加水率高めの麺は、のど越しのいい麺で!
しなやかなコシもあるのがいい♪


そして、この麺を鶏と醤油が香るつけ汁に潜らせて、いただくと
醤油の色が濃いめのつけ汁は、ちょっと、しょっぱそうだったけど

まったく、そんなことはなくて
逆に、甘味が感じられて

この味わいは、九州の「たまり醤油」が使われているんじゃないかと思って
店主に尋ねてみたところ

「ええ、たまり醤油も使っていますけど、すべて、出身地の紀州の醤油を使ってます。」
「スープも、紀州うめどり100%のスープです。」なんて話してくれたので!


「湯浅醤油ですか?」と聞くと!
「湯浅醤油は、いい醤油ですけど、高くて使えません(笑)」
と言っていて…

何処の醤油なのかまでは教えてもらえなかったけど
たまり醤油と濃口醤油をブレンドしたカエシなのは間違いないし!

現在のトレンドの生揚げ醤油は使われていなかったけど
逆に個性が感じられてよかったし!

そして、「紀州うめどり」100%で出汁をとったというスープは
鶏感の強い!

鶏のうま味溢れるつけ汁で!
思った以上に美味しい♪


ただ、この和歌山県の銘柄鶏100%だというスープからは、だし昆布のうま味が感じられたので
店主に指摘したところ

「スープは、紀州うめどりだけで出汁をとってます。」
「でも、カエシに昆布を使ってます。」と話していたので、言っていることに間違いはなかった。


そして、これも「紀州うめどり」を使用して作ったという鶏ムネ肉のレアチャーシューは、ソミュール液に漬けて、真空低温調理したと思われる一品で
しっとりとした食感に仕上がっているのがよくて♪

【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-13

塩分濃度も、いい塩梅で!
このチャーシューがトッピングできるなら、ぜひ、そうしたい逸品♪


そして、もう一つ驚かされたのが、つけ汁に沈められていた豚肩ロース肉のチャーシュー
これ、着丼したときに、濃いつけ汁の中に何が入っているのか確かめて


この豚肩ロース肉のチャーシューが、香りのあるものだったので!
麺の上に引き上げておいたんだけど


【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-14

これが、香ばしくて♪
肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のチャーシューだったので!


「このチャーシュー、めっちゃ美味しいじゃないですか♪」と言うと…
「実はこれ、東十条の『ほん田』さんに行ったときに食べた、吊し焼きのチャーシューが、あまりに美味しかったので、作ってみたものなんです♪」

なんて、話していて!
何と、このチャーシューは『麺処 ほん田』の吊し焼きチャーシューをリスペクトして作られたチャーシューとわかったけど♪


『ほん田』ほどのクオリティの高さはなかったけど
でも、なかなかイケてる♪

なお、最後にスープ割りをお願いすると
「スープ割りはないんですよ…」

「濃厚ならわかるんですけど、やっぱり、あった方がいいですか?」と聞いてきたので…
「絶対に用意すべきですよ!」と答えると…

「では、鶏スープで作ってみます。」と言って…
スープ割りを作ってくれたんだけど

【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-15

これが、また、スゴく美味しくて♪
「醤油らあめん」も、めっちゃ食べたくなったほど♪


でも、このコストのかかった、こだわりの鶏スープで、スープ割りなんて、作ってられないよね(汗)
というわけで、明日からは、ラーメンのスープには使わない魚介を使って、この「つけそば」のスープ割り専用の割りスープを作ることになったんだけど、これは、これで楽しみ♪

次回は、「醤油らあめん」か
でも、やっぱり、より、紀州うめどりの出汁のうま味が実感できる「塩らあめん」にしようかな!?

何れにしても再訪は確実♪
ご馳走さまでした。


【新店】本格中華蕎麦 ゆるぎ-16

メニュー:特製醤油らぁめん…950円/醤油らぁめん…750円/チャーシュー醤油らぁめん…1050円/味玉醤油らぁめん…850円/らぁめん大盛…100円

特製塩らぁめん…950円/塩らぁめん…750円/チャーシュー塩らぁめん…1050円/味玉塩らぁめん…850円

特製つけそば(淡麗・鶏)…1000円/つけそば(淡麗・鶏)…800円/チャーシューつけそば(淡麗・鶏)…1100円/味玉つけそば(淡麗・鶏)…900円/つけそば大盛…100円

味玉…100円/チャーシュー…300円/紀州南高梅…100円

鶏飯し…250円/ライス…100円/ランチ飯…120円


本格中華蕎麦ゆるぎ



関連ランキング:ラーメン | 野方駅都立家政駅



好み度:つけそば(淡麗・鶏)star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年8月24日(木)

中華そば 大井町 和渦【五】-1

本日のランチは、東京・大井町の『中華そば 大井町 和渦』へ!

こちらの店は、昨年の5月23日にオープンした店!
しかし、今年の6月15日にメニューを一新させて、お洒落な洋風テイストを取り入れた、足し算の「中華そば」から、水と鶏だけでで出汁を引いた、引き算の「中華そば」へとリニューアルしてきた。


そして、リニューアルオープン以来、比内地鶏の丸鶏と名古屋コーチンのガラを使った「塩そば」と「特製醤油そば」
東京シャモの丸鶏と比内地鶏のガラを使った「特製醤油そば」の3杯のラーメンをいただいているけど


これが、どれも美味しくて♪
たぶん、このリニューアルの決断は、大成功だと思うけど


ただ、前回訪問したときには、居合わせたお客さんからは
「前にやってたラーメン、やめちゃったんですね。」

「好きだったのにな…」なんて、こちらの高橋店主に話していたので
味をガラッと変えるというのは難しいものがあるよね

そして、今日、こちらの店でランチしようと思ったのは
本日は塩味の「つけ麺」を提供すると高橋店主がTwitterでツイートしていたので♪

これは、前回、リニューアルしたラーメンを3杯食べた後にいただいた夏季限定で始まった醤油味の「つけ麺」の塩味バージョン!
そして、そのときにいただいた醤油味の「つけ麺」は、昆布水に浸かった麺を鶏清湯のつけ汁につけて食べる流行のつけ麺だったんだけど


これが、他店とは違って、中細麺を使わずに、切刃16番の中太ストレートの麺を使用したつけ麺で!
モチッとした麺の食感が最高だし!


やや、濃いめの醤油味のつけ汁に、この麺をつけていただくと
ちょうどいい感じに絡んでくれるのもいい♪

それと、他店のように、生揚げ醤油や生しょうゆに頼らず、いろんな種類の醤油をブレンドしてカエシに使用しているので!
シャープなだけではなく、円みのある味わいだったのもよくて♪


この「つけ麺」
塩でもやらないのかな

と思っていたら、さっそく始めてくれた♪
ただ、これが、いつでも食べられるわけではなく


日によって、醤油か塩のどちらかが提供されるみたいだったので
店主のTwitterをチェックして、本日の訪問になった。

そうして、大井町の駅からは少し離れた路地裏にひっそりと佇む店へと、開店間際の11時27分にやってくると
お客さんの姿はなく、ポール獲得となったんだけど

これだけ美味しいラーメンを出す店なので!
開店前に行列ができていても不思議じゃないのに


なお、入口の左手にある看板には、「本日の厳選丸鶏」と「本日のガラ」の表示がされていて!
「本日の厳選丸鶏」は「比内地鶏」に「東京しゃも」!


中華そば 大井町 和渦【五】-2

「本日のガラ」は、「奥久慈しゃも」と「鳥取 大山鶏」となっていて!
銘柄鶏の「鳥取 大山鶏」を除けば、すべて地鶏!


中華そば 大井町 和渦【五】-3

しかも、すべて、プレミアムな地鶏で!
今日も期待できる♪


なお、今日も「本日の厳選丸鶏」と「本日のガラ」の紹介とともに、「本日のつけ麺は塩仕立てです。」と書かれた「期間限定 羅臼昆布水 端麗つけ麺」の貼り紙も貼られていたんだけど
まだ、「端麗」のまま、「淡麗」つけ麺にはなっていないんだね(笑)

中華そば 大井町 和渦【五】-4

そうしているうちに、定刻の11時30分を迎えて、高橋店主が店の中から出てきて!
挨拶を交わして入店!


まずは、店に入ってすぐ右にある小型の券売機で食券を買うんだけど
前回は「つけ麺」だけのボタンしかなかったのに、今回は「特製つけ麺」のボタンができていた。

中華そば 大井町 和渦【五】-5

「特製」にすると、味玉がプラスされて!
デフォルトでは、豚肩ロース肉のレアチャーシューが1枚だけなのが、鶏ムネ肉のレアチャーシューも追加されて♪


さらに、ワンタンが2個追加になって!
これで価格は200円増しというのだから、めちゃめちゃお得!


なので、買い求めたのは、もちろん、この「特製つけ麺」の食券で!
さらに、10円の「選べるランチ丼」の食券を買って、カウンター6席だけの席の1席へとついて、食券をカウンターの上に上げると


「大盛りですよね?」と高橋店主から聞かれて…
「はい!」と答えると…

「丼は何にされます?」と、さらに聞かれて…
前回は「温玉丼」だったので、今回は「とろろ飯」にしたんだけど

「選べるランチ丼」は、「鶏おろしポン酢丼」、「鶏ラー油マヨ丼」、「温玉丼」、「とろろ飯」、「白飯」の5種類から選べて!
すべて10円


中華そば 大井町 和渦【四】-9

前回も、前々回も同じことを書いたかもしれないけど
いくらなんでも、サービスしすぎだよね(汗)

サービスするにしても、他店の「白飯」価格の150円か
せめて、原価割れしないように100円くらいは取ってもいいと思うんだけど

そうして、さっそく、スープを雪平鍋に移して、ガス台の火にかけていって
「つけ麺」を作り始める高橋店主!

そうして、麺を2基のテボに入れて茹で始めて
さて、これから麺が茹だるまで、6分かかるので気長に待たないと

なんて思っていたら
今日は、なんと2分ほどでテボを引き上げて、冷水に曝していたので

「あれっ!麺、変えたんですか?」と高橋店主に聞いてみると…
「塩味のつけ麺を始めて、塩だと(中太麺は)合わないかと思って…」なんて言っていたんだけど…

個性的でよかったのに
なんて思っているうちに、冷水で〆られた麺が丼に入れられて

その上から昆布水が注がれて
温められたつけ汁が作られて!

最後に、具がトッピングされると
これで、「羅臼昆布水 端麗特製つけ麺(塩仕立て)」の完成!

中華そば 大井町 和渦【五】-6中華そば 大井町 和渦【五】-7中華そば 大井町 和渦【五】-8

そうして、まず、つけ麺が着丼すると
続いて、「とろろ飯」も高橋店主店主によって出された。

供された「羅臼昆布水 端麗特製つけ麺(塩仕立て)」は、味玉、ワンタン2個、豚肩ロース肉鶏ムネ肉の2種類のレアチャーシューに細切りされたチャーシュー、メンマがつけ汁の中に入れられて!
受け皿の上に置かれたレンゲの中に柚子が添えられた一品!


具が麺の上に載せられていないので
「特製」なのに、前回の「特製」ではないデフォのつけ麺に比べても華やかさがなくて、ちょっと、地味なイメージ

中華そば 大井町 和渦【五】-9

まずは、昆布水に浸かった中細ストレートの麺を、つけ汁にはつけずにいただくと
つるっと入っていく、啜り心地のいい中加水麺で!

中華そば 大井町 和渦【五】-10

のど越しのよさもあって!
しっかり小麦粉のうま味も感じられる麺で!


前回の中太ストレートの、モチッとした食感の多加水麺もよかったけど
この麺もいい♪

それと、羅臼昆布を使ったという昆布水は、前回はドゥルンドゥルンで!
やりすぎじゃないかと思えるほど濃密で、かなり粘度のある昆布水だという印象だったけど


今日は、そこまでの粘度はなく
でも、この中細麺だったら、このくらいの粘度の方がいい!

そして、この麺を塩味のつけ汁につけていただくと
地鶏の丸鶏の豊潤なうま味の出たつけ汁で!

塩味のため、醤油に比べて、鶏のうま味が、よりストレートに感じられて
誤魔化しがきかない。

しかし、今日のスープもいい出汁出してて!
醤油もいいけど、塩もいい♪


でも、やっぱり、醤油の方が好きだな♪
醤油の持つ芳醇な香りとコクとうま味って、やっぱり、スゴいんだなって、改めて思ったよ!


そして、醤油に比べてさらに淡麗に感じられる
この塩味のスープの場合

前回の切刃16番の中太ストレート麺だったら、麺が勝ちすぎていたかもしれないので
この中細ストレート麺への変更は、いいとは思うけど

ただ、これでは他店と同じになってしまって
面白みがないので

同じ切刃16番の麺でも、厚みを薄くして平打ち麺にしたら
醤油にも塩にも合うような気もするんだけど

そして、ここまで食べてきて
ふっと、思ったのは

前回の醤油の昆布水つけ麺の場合
麺を食べ進めるうちに、麺に絡み付いた昆布水が徐々につけ汁に移っていくことで、鶏のうま味に加えて、昆布のうま味が、だんだんと重ねられていくのが、とてもよかった♪

今回も、同じように、鶏のうま味に、だんだんと昆布のうま味が加わって!
これも、よかったことはよかったけど


なんか単調だったので
ただの昆布水ではなく

鰹だったり、煮干しだったり、鮮魚の真鯛だったり、ホンビノス貝だったり
塩清湯の美味しいつけ麺を出している店のように、昆布にプラスして、鶏と相性のいい、うま味の強いものを入れてやって、徐々に味変していく過程を楽しませるようにしたらいいんじゃないかと思うんだけど

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、今回も、しっとりとした仕上がりのもので!
肉のうま味が閉じ込められた、美味しいレアチャーシューだったし♪


中華そば 大井町 和渦【五】-11

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感のもので!
厚みがあって、やわらかいのもよかったし♪


味玉は、最初に「特製醤油そば」を食べたときにいただいたものは
箸で二つ割りしたら、黄身が緩くて流れ出てしまって、スープを汚してしまったのが残念だったけど

中華そば 大井町 和渦【五】-12

その後、改善されて…
茹で加減はバツグン♪


味付け自体は元々、よかったので♪
これなら、十分、トッピングする価値がある一品だと思うし!


2つ入ったワンタンは、皮はトゥルン!
肉餡はジューシーなワンタンで!


中華そば 大井町 和渦【五】-13

今日のワンタンも美味しい♪
ただ、今まで、何気に食べていて気づかなかったけど


一つは胡椒、もう一つには生姜を効かせたもので!
味に変化を持たせた一品だった。


今日、初めて塩味のスープで食べてわかったけど
これは、「特製」にして、ぜひとも食べておきたい逸品だと思う♪

そうして、最後は
普通は、残った昆布水で割ってスープ割り!

のはずなんだけど
こちらの店では、リクエストすれば、温かいスープで割ったスープ割りにも対応してもらえる。

中華そば 大井町 和渦【五】-14

そうして、高橋店主に作ってもらったスープ割りは
こうしてもらうと、鶏と昆布が香って!

やっぱり、こうして温かいスープでいただくスープ割りが格別だと思う。
さらに、このスープ割りを、「とろろご飯」にかけて、「とろろ茶漬け」に!


中華そば 大井町 和渦【五】-15中華そば 大井町 和渦【五】-16

これで、刻み海苔に山葵があれば完璧な「山芋とろろのお茶漬け」になるけど
10円の超サービス品なので、贅沢を言ってはいけない(笑)

「山芋とろろのお茶漬け」といったら、普通は白醤油に鰹出汁を合わせた白だしでいただくところだけど
この鶏と昆布のスープと合わせても、とても美味しくて♪

最後まで、堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。


PS 開店時、私が1人で入店して
その後、1人。

そうして、ポツポツと入って、私が帰るときには、ほぼ、満席にはなったものの
これだけの味とクオリティのあるラーメンにつけ麺を食べさせてくれる店で、並ばずに食べられる店というのも少ない。

何れ、行列のできる店になると思っているので
今のうちに行っておくのが賢明だと思う♪

中華そば 大井町 和渦【五】-17

メニュー:特製醤油そば…1000円/醤油そば…800円

特製塩そば…1000円/塩そば…800円

【期間限定】羅臼昆布 端麗つけ麺…900円

※日によって、醤油仕立て、塩仕立てのどちらかを提供。
詳しくは、店主Twitterを確認。
https://twitter.com/ooimachiwaka1

特製トッピング…200円/大盛り…100円/肉増し…250円/味付け玉子…150円

炙りチャーシュー丼…250円/選べるランチ丼(鶏おろしポン酢丼/鶏おろしポン酢丼/鶏ラー油マヨ丼/温玉丼/とろろ飯/白飯)…10円


中華そば 大井町 和渦



関連ランキング:ラーメン | 大井町駅下神明駅西大井駅



好み度:羅臼昆布 端麗つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年8月29日(火)

らーめん 道の塩【弐】-1

本日のランチは、東京・亀戸の『らーめん 道の塩で、火曜日に20食限定で提供されている「煮干しらーめん」!

『らーめん 道の塩』は、食べログがユーザー投票で決定する「食べログ JAPAN RAMEN AWARD 2016」で全国1位の栄誉に輝いた『つけ麺 道』が定休日の月曜・火曜に暖簾を掛け替えて二毛作営業する塩らーめん・塩つけ麺の専門店!

しかし、昨年の11月22日から毎週火曜日に限定20食で、こちらの店のスタッフの長谷川さんが「煮干しらーめん」を提供するようになった。
そんな店に、今年の1月17日に訪問して、その長谷川さんの作る「濃厚煮干しらーめん」「ハーフ和え玉」をいただいた。


鶏白湯ベースのスープに煮干しをガツンと効かせた濃厚鶏白湯煮干しスープのラーメンで!
しかし、鶏白湯スープ自体は、そう粘度のないスープで


これに、重ねられた大量の煮干しが、とても濃厚で!
いりこメインに背黒も使って出汁をとったスープは、煮干しのうま味がよく出ていて!


ほんのりとしたビター感もあって!
めっちゃ美味しい♪


味わいとしては、『麺処 晴』の「濃厚そば」を食べやすくしたような感じで!
煮干しのうま味は、こちらの方が強く感じられたかな♪


そんな美味しい一杯だったので!
また、新たな限定をやるようなら、来てみたいと思っていたんだけど


その後、なかなか、新作が出てこなかったし
そして、ようやく、「濃厚煮干しつけ麺」に「冷やし煮干しらーめん」と続いて限定をやってくれたんだけど

地方遠征や何かと重なって、食べられず
そうして、先週から、待ってましたの「煮干しそば(淡麗)」が始まったのに

これも、大阪に行っていたので
そこで、今週こそは、絶対に食べるぞと思ってやってきた「こち亀」の街・亀有!

らーめん 道の塩【弐】-2

そうして、まず、亀有駅北口の両さん像に挨拶して♪
店の前に11時11分11秒にやってくると


すでに、5人のお客さんが待っていたんだけど
これは想定内!

そして、これで、限定20食の「煮干しそば(淡麗)」は確保!
そのまま、待っていると


開店間際に、スタッフのハセさんこと長谷川さんが店の中から出てきて
開店前から並んで待つお客さん一人一人に感謝の言葉を述べて

「もうすぐ開店しますから!」という言葉を残して、再び、店へと戻ると
店の中から、こちらの店恒例の、体育会系的な超元気な挨拶が聞こえてきて(笑)

そうして、定刻11時30分を迎えると、ハセさんが暖簾を持って、店の中から現れて
開店♪

らーめん 道の塩【弐】-3らーめん 道の塩【弐】-4

開店前に並んでいた8人全員のお客さんが先頭から順番に入店。
券売機で食券を買って、ハセさん以外にもう一人いたスタッフの人に食券を渡して席へとついていく。


すると、食券を受け取ったスタッフの人は、その場でハセさんに口頭で注文を伝えるんだけど
先頭から4人までは、全員が「煮干しらーめん(淡麗)」に「和え玉」をセットで!

5人目のお客さんは「煮干しらーめん(淡麗)」に「ライス」!
私は、この後、連食予定だったので、「煮干しらーめん(淡麗)」だけの食券を買ったんだけど


らーめん 道の塩【弐】-5

7番目と8番目のお客さんも「淡麗干しらーめん(淡麗)」に「和え玉」で!
「和え玉」の比率高いよね


そうして、注文が決まると
おたまでスープを雪平鍋に移して、ガス台の火にかけていく。

次にラーメン丼を3つ用意して
「煮干しらーめん(淡麗)」を3個作りし始めるハセさん!

そして、頃合いを見計らって麺を茹で麺機の中のテボに入れていって
タイマーをセット!

その後、58秒で、タイマーが鳴り出す前にタイマーを止めると、3基のテボを両手で引き上げて!
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられて


らーめん 道の塩【弐】-6

麺を箸でキレイに整えて!
最後にトッピングの具が盛られて、完成した「煮干しらーめん(淡麗)」が、ポールから3番目のお客さんに出されていくと


次にまた、ハセさんのワンオペで、同じルーティーンで3個作りされた「煮干しらーめん(淡麗)」が完成して!
ハセさんから供されたんだけど


らーめん 道の塩【弐】-7

ラーメンを作っている最中に
「和え玉!」

「こっちも和え玉!」
「和え玉」コールが続いて

やっぱり、ハセさんのワンオペで「和え玉」を対応するのは大変
結局、私たちの6番目のラーメンが作られて、出されていった後に「和え玉」が作られるので、どうしたって時間がかかってしまう

なお、供された「煮干しらーめん(淡麗)」は、鶏ムネ肉豚肩ロース肉のレアチャーシューに、微塵切りされた玉ねぎカイワレと大きな板海苔がトッピングされた!
シンプルながら、彩りのいい、キレイなビジュアルのラーメン♪


らーめん 道の塩【弐】-8らーめん 道の塩【弐】-9

まずは、さっそく、スープをいただくと
煮干しがビシッと効かされた淡麗といいながらも、煮干しが濃厚なスープで!

らーめん 道の塩【弐】-10

いりこのうま味に背黒のうま味がよく出ていて♪
煮干しのビターな味わいも感じられて


ニボラーにはたまらない味わいのスープに仕上げられていた。
ただ、ちょっと醤油が濃いめかな


しかし、ハセさんにカエシの量を聞いたところ
そう多くはなかったので

醤油を減らして塩を入れた方がいいのかも
しかし、今までは、鶏白湯ベースのスープに煮干しを効かせた濃厚路線ばかりやってきたのに

こうして、煮干し清湯の淡麗なスープを作らせても
煮干しラーメンの専門店以上に美味しいスープが作れてしまう♪

しかも、誰かにレシピを教わって作ったラーメンではなく
自身で、煮干しラーメンの有名店を食べ歩いただけで、独学で作り上げたスープなのに

そして、これが、まだ、提供2日目で
しばらく、この「煮干しらーめん(淡麗)」をやると言っていたので

きっと、日を追う毎に、どんどんと味はブラッシュアップしていって、美味しくなっていくと思われるので!
これからが、めっちゃ楽しみ♪


そして、この淡麗なのに煮干しが濃厚なスープに合わされた中細ストレート麺は、ザクパツのカタめで歯切れのいい、煮干しラーメンには定番の低加水麺で!
スープとの相性はバツグンでよかったし♪


らーめん 道の塩【弐】-11

これも、ハセさんが独学で作ったと、前回、聞いた鶏ムネ肉のレアチャーシュー
前回は、とてもやわらかめの食感の、他店にはない食感の一品だったけど

らーめん 道の塩【弐】-12

今回は、しっとりとした食感に仕上げられていて!
前回にも増して、また、美味しくなっていたし♪


そして、今回、初めていただく豚肩ロース肉のレアチャーシューは、レア感もちょうどよかったし!
肉のうま味が中に閉じ込められた美味しいレアチャーシューに仕上がっていて、最高だったし♪


らーめん 道の塩【弐】-13

最後は、もちろん、スープもすべて飲み干して完食♪
来週の火曜日は、名古屋遠征が入っているので来れないけど


また、さらにブラッシュアップした一杯を食べに来ます♪
ご馳走さまでした。


らーめん 道の塩【弐】-14

メニュー:塩らーめん…800円/特製塩らーめん…1000円

バター…50円/海老ワンタン…150円/岩のり…100円100

中盛…100円/大盛…150円/女盛…50円

白めし(小)…100円/(中)…150円/(大)…200円
ミニ塩チャーめし…200円

自家製ブリュレ…200円/杏仁豆腐…200円

【毎週火曜日限定(20食)】煮干しらーめん(淡麗)…800円
和え玉…200円


道の塩



関連ランキング:ラーメン | 亀有駅



好み度:煮干しらーめん(淡麗)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年9月1日(金)

らぁめん 悠 HARUKA-1

本日のランチは、東京・神田の『らぁめん HARUKA』で!

こちらの店は、1961年創業の新宿西口にある『満来』から独立して開業した『ほりうち』で修業経験のある店主が2015年12月1日にオープンさせた店!

ただ、こちらの店に行こうと思ったのは、こちらの店名物の「納豆らぁめん」「納豆ざるらぁめん」を食べたかったからではなく
赤羽の『麺処 夏海』から、こちらの店へと移ったカレー職人の木村シェフが作る「キーマカレーまぜそば」を食べたかったから♪

らぁめん 悠 HARUKA-2



seki naoya
@naoya_umeboshi


悠@神田
来月9月は
木村シェフ謹製
キーマカレーまぜそば
ミニキーマカレーライスを
1ヶ月間提供されるそうです。

拡散希望です
宜しくお願いします。


午後1:18 · 2017年8月23日



ツイ友のsekiさんが、こんなツイートをしていて!
機会があったら、食べてみようかなと思っていたところ


9月1日の今日、ちょうど、仕事で神田に行く用事ができたので!
今日から、もう提供されているのか


検索してみたんだけど
あったのは、先ほどのTwitterのsekiさんのツイートだけ

そこで、もし、まだ、やっていなければ、久々に『満来』系の「チャーシューざるらぁめん」を食べればいいと思って、神田駅南口から新日本橋方向に3分ほど歩いた場所にある店を12時40分に訪ねたところ
入口には、しっかり、9月限定「キーマカレーまぜそば」の告知がされていた♪

らぁめん 悠 HARUKA-3

ラーメン店にしては珍しい食品サンプルがディスプレイされたショーケースがある店へと入店すると
くの字型カウンター席が14席もある店なのに、席は満席で!

店内のベンチに2人のお客さんが待っている状態で!
結構、流行ってる♪


まずは、券売機で食券を買うんだけど
メニューは、「らぁめん」750円、「チャーシューらぁめん」1380円、「ざるらぁめん」800円、「チャーシューざるらぁめん」1200円とあって

らぁめん 悠 HARUKA-4

「らぁめん」と「チャーシューらぁめん」では580円もの差があるんだね!
結構、以前も、大久保にできた『満来』系の店で食べて、かなり価格差があったという記憶があったけど


『満来』系の店は、チャーシューをトッピングすると、スゴく価格アップする。
なんて、思っていたら


こちらの店では、チャーシュー増しになって、味玉も付く「特製 悠 らぁめん」1050円なんていう、お得っぽいメニューもあった。
ただ、今日は木村シェフの「カレーまぜそば」を食べにきたので!


らぁめん 悠 HARUKA-5

券売機に1000円札を差し込んで、「カレーまぜそば」の目立つ大きなボタンを押して、店内のベンチに座って待っていると
すぐに席も空いた。

そして、カウンターの上に食券を上げて、受け取りに来た女性スタッフの人に、麺の量を尋ねると
「150gです。」と、女性スタッフに代わって店主から答えがあった。

「まぜそば」で150gは少ないように感じられたので
「大盛」にしてもらおうかと思って

「大盛りにはできるんですか!?」と聞いてみると…
「できます。」と言うので…

「大盛りは1.5玉、2玉?」と聞くと…
「半玉増しで150円になります。」という答えが返ってきて…

そうなると
麺半玉増しの麺225gで1030円!

麺1玉増しだと1180円は
ちょっと、高くないですか!?

というわけで、女性スタッフの人に
「ご飯ものはありますか?」と聞いてみると…

「今月の限定の炊き込みご飯があります♪」というので…
「何の炊き込みご飯なんだろう?」とは思ったけど…

あまりいろいろ聞くのも申し訳ないので
「じゃあ、それでいいです。」

「今、ちょっと、券売機で食券買ってきます。」と言うと…
「いえ、現金で承ります。」

「250円になります。」と言われて…
どんな炊き込みご飯なのか、確かめてから食べるかどうか決めようと思っていたんだけど(汗)

そう言われてしまったら、仕方ないので
250円を現金で支払って、「今月限定の炊き込みご飯」を追加してもらうことに

すると、そう待つことなく木村シェフによって作られた「キーマカレーまぜそば」が、木村シェフ自身の手で運ばれてきて!
「今日、初めてのお客さまです。」


「ありがとうございます。」
そう木村シェフから言われたんだけど


お客さんは、近くのオフィス客ばかりで、ラーメンマニア的なお客さんの姿はなかったし
この店に、あっさりとした醤油ラーメンを食べに来たお客さんが、限定で「キーマカレーまぜそば」があるからといって、食べないよね

そして、ほぼ「キーマカレーまぜそば」と同時に
「鶏と牛蒡の炊き込みご飯です♪」と言って、女性スタッフの方から9月限定の「炊き込みご飯」が出されたんだけど

らぁめん 悠 HARUKA-8

これは、「キーマカレー」とは合わないよね
こんな、見るからに薄味の和風の炊き込みご飯なら、私だったら、お客さんにおすすめはしないけどね(汗)

これなら、ただのご飯を注文したのに…
とは思ったけど、仕方ない


そこで、不本意ながら、カレーを食べてしまったら、まったく味がわからなくなってしまうので…
この9月限定の「鶏と牛蒡の炊き込みご飯」を先にいただいたんだけど


らぁめん 悠 HARUKA-9

「炊き込みご飯」だけを食べても、薄味すぎて
やっぱり、これは、こちらの店の「らぁめん」といっしょに食べないとダメでしょう(汗)

なお、供された9月限定の「キーマカレーまぜそば」は、キーマカレー(?)にトマトアーリーレッドキャベツパルメザンチーズがトッピングされて!
目玉焼きが中央に載せられた一品で!


らぁめん 悠 HARUKA-6らぁめん 悠 HARUKA-7

これは、『麺処 夏海』で提供されていたものと、ほぼ、いっしょのものだね!
まずは、ざっと、まぜ合わせて、麺をいただいてみると


らぁめん 悠 HARUKA-10

麺は、厚みのない平打ちの縮れ麺で!
これは、「らぁめん」に「ざるらぁめん」に使用されたものと同じものだと思われるけど


ピロピロでプリプリとした食感の加水率高めの多加水麺で!
あっさりとした味わいの醤油清湯スープにはピッタリの麺だけど


やわくて
コシも弱いし

完全に強いカレーに負けてしまってるし
この麺は、まぜそばには合わないよね

やるなら、もっと厚みのある平打ちのストレート麺にするか
これだけカレーが強いなら、中太ストレート麺でもいいと思うけど

クミン、カルダモン、シナモン、クローブ、コリアンダー、ターメリック、レッドーペッパーなどのスパイスを使って作られたと思われる本格的なカレーで!
味わいはバツグンに美味しい♪


そして、トマトの甘味と酸味が、中辛のカレーにアクセントを与えていたのもよかったし♪
アーリーレッドの甘味もカレーにマッチしていたし!

なお、このカレーには、挽肉ではなく、ゴロゴロとしたサイコロ状の豚肉が使われていて!
「キーマカレー」といったら、挽肉を使ったカレーのことを言うので


これを「キーマカレー」と言っていいのか微妙だけど
この木村流「キーマカレー」は、流石、『夏海』ファンが絶賛するだけの味わいで、よかっただけに、本当、麺だけが悔やまれる

麺を替えて、新たなカレー麺をやるようなら、また、来てみるつもり♪
ご馳走さまでした。


らぁめん 悠 HARUKA-11

メニュー:らぁめん…750円/月見らぁめん…850円/特製 悠 らぁめん…1050円/チャーシューらぁめん…1380円

ざるらぁめん…800円/メンマざるらぁめん…950円/特製 悠 ざるらぁめん…1100円/ざるらぁめん…1200円

納豆らぁめん…820円/納豆ざるらぁめん…870円

らぁめん ねぎのみ(スープ・麺・ねぎのみ)…500円/らぁめん(小)…430円

【9月限定】キーマカレーまぜそば…880円

大盛…150円

白めし
小…100円/中…150円/大…200円
炊き込みめし…250円

ゆで餃子…350円

味玉…100円/生玉子…50円/バター…100円/のり…100円/ネギ…150円/メンマ…150円/小松菜…150円


神田らぁめん悠



関連ランキング:ラーメン | 新日本橋駅神田駅三越前駅



好み度:キーマカレーまぜそばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回2017クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年8月31日(木)

【新店】まつおぶし-1

本日のランチは、東武東上線・中板橋駅近くに、昨日の8月30日にオープンした新店の『まつおぶし』で!

こちらの店は、ラーメン店の新店で何度かお会いしているラーメンブロガーのロバオさんがオープン初日に訪問していて!
情報によると、『つけ麺 石ばし』出身の店主が開業した店ということだったけど


『つけ麺 石ばし』といったら、あの機関銃トークで有名な小林マスターの『必勝軒』で、右腕として活躍していた石橋店主が千葉市のJR蘇我駅前に2008年8月25日にオープンした店で!
『つけ麺 目黒屋』の目黒店主に続いて、『必勝軒』小林マスター2店目の公認暖簾分け店!


2008年8月25日のオープン日には、50人待ちの大行列に並んで、2時間30分以上待って、「つけ麺」「ラーメン」を食べたのを、今でもよく覚えている。
そして、この『つけ麺 石ばし』は、『必勝軒』公認暖簾分け1号店の『つけ麺 目黒屋』に、この後、公認暖簾分け3号店としてオープンした『麺屋 清水』のように、『必勝軒』のDNAは受け継ぎながらも、独自の路線に味を変容させた「ラーメン」に「つけ麺」を出す店とは違って、忠実に『必勝軒』の小林マスターが作り上げた味わいの「ラーメン」に「つけ麺」を出す。


さて、この新店は、どんな「ラーメン」に「つけ麺」を食べさせてくれるのだろうか
『つけ麺 石ばし』出身だから、『必勝軒』ライクな味わいなんじゃないかとも思うけど

でも、私が『つけ麺 石ばし』で食べたのはオープンの日だけで
あれから、もう9年も経っているので、『石ばし』自体も味が変わっているかもしれないし

先日食べた『つけ麺 目黒屋』出身の店主が開業した『麺 大仏』も、『目黒屋』の味とは違ったから
『つけ麺 石ばし』出身の、こちらの店の店主が出身店と同じ味を出す保証もないし

というわけで、池袋から東武東上線に乗車して!
各駅電車で4つ目の中板橋駅で下車して!


駅南口から徒歩2分ほどの店へ11時11分11秒にやってくると
店頭にお客さんの姿はなく、ポール獲得♪

『必勝軒』系の店だと一等賞のご褒美があるんだけど♪
こちらの店でもあるのかな
!?

なお、店頭には外から見える製麺室があって!
その中には、『必勝軒』を始めとする『必勝軒』系の店には、何処の店にもある吉野麺機製作所のクラシカルでテクニカルな製麺機が見えた。


【新店】まつおぶし-2

そうして、その製麺室に飾られていたのが
ともに『必勝軒』出身の『麺屋 清水』、『麺屋 侍』『自家製熟成麺 吉岡』の連名の開店祝いのお花!

【新店】まつおぶし-3

さらに、この後、入店すると
店内には、修業先の『つけ麺 石ばし』からの赤紫の胡蝶蘭もあった♪

【新店】まつおぶし-4

そうして、少し、小雨降る中、傘を差して、店頭で待っていると
ご婦人の方が荷物を持って店の前までやって来られて

「開店をお待ちなんですか?」と聞かれたので…
「はい♪」と答えると…

「こんな雨の中をありがとうございます。」と言って、店の中へと入っていった
すると、この後、1人、お客さんが後ろに並んだところで、店主が出てきて

「雨の中、大変でしょうから、少し早いですけど開店します。」と言って、10時20分に時間を10分前倒しで開店してくれた♪
ありがとうございます。


入店すると、すぐ左に券売機があって
メニューは、「らーめん」と「つけめん」の2種類!

【新店】まつおぶし-5

麺の量の違いによって、それぞれに「並」、「中」「大」(つけ麺のみ「特」もあり)と「小」が用意されていて!
「らーめん」は、並130g、中200g、大270g、小80g。


「つけめん」は、並180g、中270g、大360g、特450g、小110g。
他にトッピングの味玉(半玉)、のり、メンマ、チャーシューがあったけど


トッピングの味玉(半玉)というのは、デフォルトで、味玉が半玉入っているので、これをトッピングすると、味玉1個ってことなのかな
というわけで、この中からセレクトしたのは

「つけめん(並)」と「らーめん(小)」の食券!
こちらの店には「らーめん」と「つけめん」に「小」の設定があるので、連食しやすいのがいいよね♪


ただ、「小」にした場合、麺が少なくて
特に「らーめん」の場合は、トッピングされた具もスープに水没してしまって、貧弱な画像になってしまうかも(汗)

そんなことを思いながら、オープンキッチンの厨房の前に一直線に並ぶカウンター席の一番奥の席へと案内されて
店主に食券を渡すと

「どちらをお先に出しましょう?」と聞かれたので…
「どっちがいいですかね?」と逆に尋ねると…

「味の薄いらーめんを先に食べていただいた方がいいと思います。」と言われて!
これで順番も決まった。

そうして、私の「らーめん(小)」と、もう1人のお客さんの「らーめん(大)」を2つ作りし始める店主!
まずは麺を計量すると


少量の麺を1つのテボに入れて!
残りの麺は、2つのテボに分け入れて、茹でていく!


そうして、大きな寸胴から柄杓でスープをすくうと
三角シノワでスープを漉しながらラーメン丼にスープを注いでいって

茹で上がった3基のテボを引き上げると
湯切りされた麺がスープのの張られたラーメン丼に入れられて

最後に、トッピングの具が盛りつけられると
まず、完成した「らーめん(小)」が、私に供された。

【新店】まつおぶし-6【新店】まつおぶし-7

味玉ハーフ豚肩ロース肉のチャーシュー1枚、メンマ、刻みネギ、海苔、なるとが載せられた
シンプルながら、美しいビジュアルのラーメン♪

丼が小さめで、スープが少ないのかもしれないけど
麺も具もスープに埋もれることなく、見栄えはいい♪

まずは、茶濁した、修業先に比べると、色が濃いめのスープをいただくと
ゲンコツ、モミジ、鶏ガラに野菜を炊いて作ったと思われる動物系スープに、鯖、鰹、宗太節など魚節と背黒の魚介系スープを重ねた豚骨魚介スープで!

【新店】まつおぶし-8

ただし、「またおま」系の濃厚豚骨魚介の業務用スープとは違って、スープの濃度はないものの、出汁のうま味が詰まったスープで!
特に、鯖節に宗太節の節のうま味がよく出ていて♪


そして、背黒の煮干しのうま味にビターさも感じられるこの味は
『永福町大勝軒』と『東池袋大勝軒』の2つの『大勝軒』で修業を重ねて、小林マスターが作り上げた『必勝軒』独自の味わい♪

それも、『必勝軒』のスタンダードである「バランススープ」ではなく
曜日限定で出されている「魚介系強調スープ」に近い味わいのスープ!

ただ、小林マスターの作るスープに比べると「若い」かな
『必勝軒』のスープは、もっと、しゃばめだけど、動物系のうま味が強いので!

でも、久々に、この味を味わうことができてよかった!
それに、この味わい


今でも、ぜんぜん、色褪せていないし!
とても美味しい♪


麺は、店内に千葉製粉の2種類の小麦粉の袋が積み上げられていたので!
この小麦粉で製麺した麺だと思われるけど!


【新店】まつおぶし-9【新店】まつおぶし-10

切刃22番の中細ストレートの自家製麺は、つるしこの食感の麺で!
啜り心地がよくて!


のど越しのよさのある麺で♪
スープとの絡みもいいし!


小麦粉のうま味も、よく感じられて!
味、食感とも最高♪


ただ、「ラーメン」には熟成させた麺を使用する『必勝軒』の麺とは食感がぜんぜん違う
『必勝軒』の麺は、かなり長い期間、熟成しているので、独特の硬質の食感がある!

あの食感が、また、何とも言えない味わいでいいんだけど♪
この小麦感のある麺もいい!


さらに、豚肩ロース肉のチャーシューも味玉も、『必勝軒』のチャーシューに味玉は、ただの煮豚に茹で玉子が入っているだけだったのに
特別なものではないかもしれないけど、普通に美味しいチャーシューに味玉だったし♪

【新店】まつおぶし-11

そうして、この後、「つけ麺(並)」が出されるのがわかっていたくせに、スープが美味しかったから
すべて、飲み干して完食♪

そして、麺を茹でるのに時間が掛かるのがわかっていた「つけ麺」は、ラーメンが着丼した時点で
「もう、続いて、つけ麺作っちゃってください。」と言って作ってもらった「つけめん(並)」が、「らーめん(小)」を食べ終わってから、そう待つことなく着丼することになったんだけど

【新店】まつおぶし-12【新店】まつおぶし-13【新店】まつおぶし-14

早めに注文してよかった。
というのも、「らーめん(小)」を食べている間に、どんどん、お客さんが入店して、満席になったので!


もし、もっと、後に注文していたら、後客の「らーめん」が先に作られて
出てくるまで、えらく時間が掛かってしまう可能性もあったので

そうして、供された「つけめん(並)」は、麺の上には具はなく
つけ汁の中に、味玉ハーフ豚肩ロース肉のチャーシュー1枚、メンマなると、刻みネギが入れられて

つけ汁の器の縁に海苔が1枚添えられた
実にシンプルな見た目の一品!

まずは、麺をつけ汁にはつけずに、そのまま、いただくと
「らーめん」用とは違う切刃17番の中太ストレートの自家製麺は、こちらも打ち立ての麺が使われていて!

【新店】まつおぶし-15

小麦粉の何ともいい香りが口の中に広がる香り高い麺で!
モチッとした食感の多加水麺は、弾力があって、コシがあって!


小麦粉のうま味や甘味が感じられて!
味、食感とも最高♪


そして、この麺をつけ汁に潜らせていただくと
「らーめん」同様、ゲンコツ、モミジ、鶏ガラの動物系に鰹、鯖、宗太節と背黒の魚介系出汁を重ねた、この味わいは、『必勝軒』であり、『つけ麺 石ばし』でもある味わいで!

「らーめん」のスープに比べて、「つけ麺」のつけ汁は、カエシの量が多くて、塩分濃度も高いので!
より、『必勝軒』に『つけ麺 石ばし』に近いように感じられた。


これは、『必勝軒』では、自家製麺の美味しさを感じてもらうために!
あえて、ラーメンのスープを濃いめにして、麺を食べたときに、一番美味しい状態で食べられることを念頭に置いているので


スープを飲むと、やや、濃いめに感じてしまうところが
先ほどの「らーめん」のスープの場合は、たぶん、スープを飲んだときにベストな状態にしていたと思われるので

それで、『必勝軒』らしい味わいのスープではあるけど、やや、違うようにも感じられた
それが、「つけ麺」を食べて、塩分濃度が上がったために、より、近いように感じた理由だと思う♪

味玉は、『必勝軒』のただの茹で玉子ではなく、白身まで味が染みた味付け玉子で!
店主に聞いたところ


「修業先の『石ばし』も、今は、これです。」と話していて…
さらに、スープの味わいも『石ばし』の味を踏襲したものということだったので!

これが、現在の『つけ麺 石ばし』の味なんだろうね
でも、この話しを聞いて、久々に『石ばし』にも行ってみたくなった。

なお、豚肩ロース肉のチャーシューは、で、普通に美味しくいただけたので、これでもいいんだろうけど
『つけ麺 目黒屋』や『麺屋 清水』のように、レアチャーシューにしたり、炙りチャーシューにしたりして、修業先との差別化を図るのもいいかもしれない。

【新店】まつおぶし-16

そうして、最後はスープ割りをお願いして!
最後まで美味しく完食♪


【新店】まつおぶし-17

しかし、千葉県の津田沼や蘇我まで行かないと食べられなかった、この『必勝軒』の味わいが、この東京の板橋の地で食べられるというのは嬉しい♪
でも、何で、千葉市の蘇我にある店で修業した人が、何で中板橋に店を出したのか


不思議に思っていたところ
私の後に並んで、入店したお客さんが店主と会話していて

その中で
「成増の出身なので、成増で物件を探していたんですけど、なかなか見つからなくて…」

「製麺室が欲しかったので、ここはちょうどいいと思って契約しました。」なんて話していたのを耳にしたので
また、なぜ、「かつおぶし」ではなく、「まつおぶし」なのかは

想像通り
「僕の名が“まつお”だからです。」という回答だったけど(笑)

麺も美味しいし♪
店主の接客もいい店なので!


ぜひ、ガンバって欲しい♪
ご馳走さまでした。


【新店】まつおぶし-18【新店】まつおぶし-19

メニュー:らーめん
並(130g)…700円/中(200g)…750円/大(270g)…800円/小(80g)…550円

つけめん
並(180g)…750円/中(270g)…800円/大(360g)…850円/特(450g)…900円/小(110g)…600円

味付玉子(半玉)…50円/のり…100円/メンマ…100円/チャーシュー…200円


まつおぶし



関連ランキング:ラーメン | 中板橋駅ときわ台駅大山駅



好み度:らーめんstar_s40.gif
つけめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年8月28日(月)

心の味製麺【四】-1

本日のランチに向かったのは、東京・平井の『心の味製麺』!

毎週月曜日は、『心の味製麺』で「PREMIUM MONDAY」限定が提供される日!
そして、本日、提供されるのは「生揚醤油つけ麺」!


これは、今月初めに、店のTwitterで「8月のPREMIUM MONDAY」の発表があって!
最終週の月曜日に提供される「生揚げ醤油つけ麺」のPOPを見て、この日は、これを食べようと決めていた♪


心の味製麺【四】-2

というわけで、JR中央・総武各駅線に乗って平井駅で下車。
駅北口から蔵前橋通り沿いにある店へと向かうと


途中、蔵前橋通りの手前の右角で、『ラーメン居酒屋 たらふく食堂』という店が開店に向けて工事しているのを発見!
ここのところ、新店ラッシュの平井に、また、新たなラーメン店の誕生
!?

心の味製麺【四】-0

でも、調べてみると、どうやら、同じ場所に今年の年3月10日に『ラーメン たらふく』という博多豚骨ラーメンの店がオープンしていたので!
そのリニューアルみたいだね。


そうして、店の前に、開店1分前の10時59分にやってくると
店頭にはお客さんの姿はなく、ポール獲得!

心の味製麺【四】-3

そして、すぐにスタッフの人が暖簾を持って現れて
開店!

まずは、券売機で食券を購入するんだけど
前回のように、どのボタンを押して限定を買い求めるのか

説明書きがなかったので
券売機の下段を探すと

ありました!
「生揚醤油つけ麺」と手書きされたボタンが♪


心の味製麺【四】-4

ただ、デフォルトの麺の量がわからなかったので
暖簾を掛け終えて、戻ってきたスタッフの人に、本日限定の麺の量を聞いたところ

200gだということだったので!
80円増しで100g増しになる「大盛」の食券も追加で買って、スタッフの人に渡して、カウンター席へ!


すると、さっそく、「生揚げ醤油つけ麺」を作り始めるスタッフの人!
まず、つけ汁の用意をして!


次にチャーシューを切り出して、他のトッピングとともにお皿に盛りつけて
麺を計量すると、茹で麺機のテボの中へと投入して、タイマーをセット!

そうして、茹で始めからジャスト2分で
ピピピッ!

タイマーが鳴り始めたところで、すぐにタイマーをストップして
大きなザルに麺を移して、冷水で〆ていく

そうして、キレイに麺線を整えて、麺を丼に盛りつけると!
レンジでチンして、熱々になったつけ汁とともに、スタッフの人が運んできてくれた。


さらに、トッピングの具の入ったお皿と、もう一つ、液体の入った小皿も出されたんだけど
この小皿に入った液体は、煮干し油で!

「終盤、麺と麺がくっついてしまうので、これを掛けて、解してください。」
「鶏清湯のつけ麺ですが、煮干しの風味に味変します。」とのアナウンスがあった。


供された「生揚醤油つけ麺」は、トッピングの具がすべて、別皿に入れられての提供で!
つけ汁と麺の入った丼には何の具もなし


心の味製麺【四】-5心の味製麺【四】-6心の味製麺【四】-7

でも、別皿には、鶏ムネ肉豚肩ロース肉の2種類のレアチャーシューにメンマ、カットされた大葉に、ミョウガ、刻みネギの薬味もいっしょに入れられていて!
ビジュアルは美しい♪


まずは、「心の味食品」謹製の切刃24番と思われる平打ち気味の細ストレートの麺を、そのまま、つけ汁にはつけずにいただくと
小麦風味豊かな麺で!

心の味製麺【四】-8

つるっとした食感の啜り心地のいい中加水麺なのに
冷水で〆られているので、カタめの食感に感じられる。

つけ汁に潜らせていただくと
鶏清湯スープにいい感じに絡んでくれて!

こちらの店では、「濃厚魚介豚骨つけ麺」の太ストレート麺が美味しいと評判だけど!
この細ストレート麺もいい♪


なお、つけ汁はPOPには鶏清湯とあって
生揚げ醤油とあったので!

東京・赤坂から兵庫県・尼崎に電撃移転したリーゼントヘアーのレジェンドの作るつけ麺をリスペクトしたのか(笑)
あるいは、昨年末の12月26日にいただいた、こちらの店の成田店長の故郷・秋田の名産品である比内地鶏の丸鶏100%で出汁をとった

その名も、まんま「比内地鶏そば」とネーミングされたラーメンのつけ麺バージョンなのかな
なんて思っていたんだけど

まず、麺が昆布水に浸かっているわけではないから、リーゼントのレジェンドリスペクトではないよね(笑)
それに、鶏100%かと思っていたつけ汁からは、昆布に鯖節と背黒の煮干しのうま味も感じられて!

また、鶏も感じられることは感じられるものの、それほど鶏感は強くなかったし
さらに、生姜がほんのりと効かされていて

一味の辛味も入れられていて
これは、まったくの別物

昨年末の限定は、じんわりとした比内地鶏のうま味が感じられるスープで♪
鶏油にも比内地鶏が使われていて!


鶏油のうま味とコクがハンパなくて!
そして、カエシの醤油のうま味の合わせ技で美味しく食べさせてくれて!


濃厚な白湯スープのつけ麺が売りの店で、こんな美味しい淡麗な清湯スープのラーメンが食べられるとは思っていなかったので♪
今回も期待したんだけど


今回のスープからは、地鶏の丸鶏らしい、ふくよかなうま味は感じられなかった
ただし、だからと言って、決して、味が悪いわけではなくて

それどころか生揚げ醤油が芳醇に香り♪
昆布と節のうま味を入れて!


さらに、ほんのり生姜を効かせたこの味わいも!
結構、美味しくて、好みだし♪


それに、終盤、煮干し油を入れてみたところ
鶏ガラ魚介のつけ汁が鶏ガラ煮干しのスープに味変したのも面白かったし♪

心の味製麺【四】-10心の味製麺【四】-11

別皿にトッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、低温調理したものを、さらに燻製した燻製レアチャーシューで!
燻製しているので、とても香りがいいし♪


心の味製麺【四】-9

肉のうま味が閉じ込められていて
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューだったし♪

鶏ムネ肉のレアチャーシューも、やわらかくて
しっとりとした食感に仕上げられていたのもよかったし♪

そうして、最後にスープ割りをお願いすると
スタッフの人がつけ汁を回収していって!

割りスープを入れると
さらに、レンジでチンして、熱々になって戻ってきたんだけど!

心の味製麺【四】-12

これは嬉しいサービス!
それに、最後まで、美味しくいただくこともできたし♪


来月の予定を見て、美味しそうな月曜限定があったら、また、来るつもり♪
ご馳走さまでした。




メニュー:つけ麺(麺300g)

こってり
特製濃厚豚骨つけ麺…1000円/濃厚豚骨つけ麺…830円/味玉濃厚豚骨つけ麺…930円/炒め野菜濃厚豚骨つけ麺…1000円/チャーシュー濃厚豚骨つけ麺…1130円
濃厚豚骨つけ麺(小)(麺量220g)…780円

あっさり
特製あっさり鶏豚つけ麺…980円/あっさり鶏豚つけ麺…810円/味玉あっさり鶏豚つけ麺…910円/炒め野菜あっさり鶏豚つけ麺…980円/チャーシューあっさり鶏豚つけ麺…1110円
あっさり鶏豚つけ麺(小)(麺量220g)…780円

らーめん(200g)

こってり
特製濃厚豚骨らーめん…1000円/濃厚豚骨らーめん…830円/味玉濃厚豚骨らーめん…930円/炒め野菜濃厚豚骨らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨らーめん…1130円
濃厚豚骨らーめん(小)(麺量150g)…760円

あっさり
特製あっさり鶏豚らーめん…980円/あっさり鶏豚らーめん…810円/味玉あっさり鶏豚らーめん…910円/炒め野菜あっさり鶏豚らーめん…980円/チャーシューあっさり鶏豚らーめん…1100円
あっさり鶏豚らーめん(小)(麺量150g)…760円

大盛…80円/特盛(+200g)…200円

心の味餃子(3ヶ)…350円/心の味餃子(5ヶ)…580円
炒飯…650円/ミニ炒飯…330円/ミニチャーシュー丼…330円
ライス…150円/小ライス…100円

味玉…100円/海苔…100円/メンマ…100円/特製トッピング…200円/チャーシュー…300円/炒め野菜…180円

【PREMIUM MONDAY】生揚げ醤油つけ麺…850円


心の味製麺 平井店



関連ランキング:ラーメン | 平井駅東あずま駅



好み度:生揚げ醤油つけ麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m