訪問日:2017年12月20日(水)

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-1

今夜、のぞみで東京に帰る前に寄っていきたい店があった。

それは、JR大阪駅直結のルクア大阪の地下2階にある飲食エリア「バルチカ」に昨日の12月19日にオープンした『銀座 篝 ルクア大阪店』!

「バルチカ」は、新たにエリアを3倍に拡大!
新規に18店が入居して、従来9店舗だった店は全27店舗になって、昨日リニューアルオープン


『銀座 篝』は、新たにオープンした店舗の1店として関西初進出を果たした。
では、この『銀座 篝』とは


銀座の一等地の表通りのビルとビルの間の狭い路地を入った場所にある
こんなところに飲食店なんてあるのかという場所に2013年3月1日にオープンした店で!

その立地とラーメンの美しい盛りつけと、割烹料理店を思わせるような店内の雰囲気が話題を呼んで!
これがメディアに取り上げられて、行列店の仲間入りを果たした店!


その後、「ミシュランガイドブック」のビブグルマンに2年連続で掲載されたこともあって!
今では海外の観光客まで巻き込んでの大行列となっている。


そんな店の、札幌に続く、この大阪進出店では、こちら『大阪店』限定の「osaka だしSOBA」なるものが提供されるということだったので!
これだけは食べておきたい♪


というわけで、エレベーターで地下2階に下りて、以前からある「バルチカ」の入口からアプローチ!

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-2

そして、以前に訪問したことのあるラーメン店の「博多 新風」の前を通って、新設されたエリアに入ると

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-3

唯一、店の前に行列のできている店があった!
それが『銀座 篝』!


ただし、やって来たのが午後の4時35分という時間だったこともあってか!?
行列していたのは5人だけ

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-4

しかし、この後、並んでいる間に、行列は十数人に膨らんだので
いいタイミングで来れたのかもしれない♪

並んでいる通路にメニューが置いてあって、待っている間に、メニューを見て、注文を決める。
麺メニューは、『銀座 篝』の代表メニューである「鶏白湯SOBA」950円 と大阪店限定の「osaka だしSOBA」880円 !


「蛤と牡蠣 汐SOBA」1000円 に「蛤と牡蠣 醤油SOBA」1000円
「濃厚つけSOBA(並・大)」980円 、「濃厚辛つけSOBA(並・大)」980円 、「特製つけSOBA(並・大)」1250円


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-5

そうして、少し並んでいるうちに、お客さんが出てきて、入れ替わりに店内へ
そして、まずは、レジへと案内されたんだけど

こちらは、前金制で、先にレジで会計を済ませる方式が採られていた。
予定通り、「osaka だしSOBA」の食券と、さらに、なにわの新店ハンターブラザースの一人である、まーちんさんの真似をして、「やってもうた(・ω・)/」の「バターごはん~トリュフ醤油かけ~」の食券を買おうとしたところ


「すいません。」
「今、ご飯ものが売り切れています。」


全員お揃いのベレー帽を被った女性スタッフの人かまらそう言われて
「では、osaka だしSOBAだけで…」

そう言って、注文を入れて、カードで会計!
こちらの店は、各種カードが使えるのがいい♪


会計を済ませると
「お荷物があるので、テーブル席にご案内します。」

そう言われて、案内されたのは2人掛けのテーブル席。
席は他に、オープンキッチンの厨房を囲むようにして作られたカウンター席が10席と、4人掛けのテーブル席が2卓に2人掛けのテーブル席が3卓の計24席ある。


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-8

席につくと、和モダンな曲げ木の木製のトレーが置かれて、屋号の入った箸が一膳。
そして、すぐにステンレスのタンブラーに入れられた水が運ばれてきたんだけど


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-7

和の趣の洗練されたインテリアの店で!
サービスも洗練されている。


そうして、ラーメンができるのを待っていたんだけど
なかなか出てこない

それどころか、隣の2人掛けのテーブル席に後から案内されたカップルのお客さんに「鶏白湯SOBA」が出されて
さらに、その後も、明らかに後から入店したお客さんにラーメンが出されていくのを見て、男性スタッフの人に、その旨を告げると

すぐに調べてくれて、オーダーが通っていなかったことが判明
「すぐに作らせますので…」と言うと…

平謝りされてしまったので
しょうがないとは思うけど

こんなサービスのいい店なのに
こんなミスもあるんだね(笑)

そうして、席についてから24分も掛かって着丼した「osaka だしSOBA」!
着丼の際も


「本当に申し訳ありませんでした。」と頭を深々と下げられてしまったんだけど
こちらも、もっと早く気づいて、指摘するべきだった

そして、供された「osaka だしSOBA」は、トッピングの豚バラ肉の煮豚鶏ムネ肉のレアチャーシューラディシュ食用菊蓮根アオサ青ネギ柚子に味変用の「焦がし玉葱油」が別皿に盛られて!
ラーメン自体は具なしの「かけそば」(関西的に言うなら「素うどん」)状態での提供!


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-9【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-10

これは、トッピングの具から溶け出す脂などでスープが濁らないためにそうしていると思われるので!
まずは、そのまま、スープをいただくと


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-11【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-12

鰹、宗田、さば、ウルメ節、昆布で出汁を引いたとPOPに解説されていたスープは
和食のお出汁の王道ともいえる味わいのスープで

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-6

やや、甘味のある、お塩と白醤油で味を整えた、この味わいは、関西のお客さんには絶対に受ける♪
高級な料亭に行くと、お客さんの出身に合わせて、淡い味付けにしたり、濃い味付けにして、お料理を出してくれたりするけど


これはまさに、関西をターゲットに作られたスープといえる。
そして、このスープは、ただ、淡いとか甘めとかではなくて、いい出汁出してる♪


特に昆布と鰹のうまみに干し椎茸のうま味!
さらに、目近(関東では宗田鰹)と潤目(ウルメ)の使い方が、完全に和食の料理人のもので!


こらは、プロの和食の料理人が引いた出汁!
めっちゃ美味しい♪


麺は、三河屋製麺の中細ストレート麺で!
つるパツな食感の麺は、啜り心地がよくて!


のど越しのよさがあって!
この淡麗な味わいのスープとも適度に絡んでくれて美味しくいただくことができた♪


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-11

なお、この麺
つるパツな食感の中加水麺に感じられるけど

東京の『麺尊 RAGE』で使われている麺と味、食感が同じように感じられたので
たぶん、本来の茹で時間の50秒で茹でたら、ザクパツの食感に仕上がる低加水麺を、あえて、25秒ほど長めに茹でて、つるパツな食感に仕上げた麺なんじゃないかと思われる。

ただ、テーブル席で食べていて、厨房で麺を茹でるのを見ていないので、不確かだけど
そんな風に感じられた。

そして、次に、具を載せて
味の違いを確かめて見たところ

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-13

私のバカ舌では、違いはわからず(汗)
ただ、チャーシューに豚バラ肉の煮豚が使われていたので、このまま、放っておけば、煮豚の風味が移って、繊細な味の魚介オンリーのスープが、豚清湯魚介のスープの味わいに感じるようになったかもしれない

なお、この豚バラ肉の煮豚は、トロットロに、やわらかく煮込まれていて!
味わいもバツグンに美味しい♪


鶏ムネ肉のレアチャーシューも、やわらかくて、しっとりとした食感に仕上げられていて!
食感のいい一品だったし!


アオサも柚子も、味変アイテムの役割をして!
スープといっしょにいただくと


それぞれの風味が口の中に広がって!
どちらも好みの風味でよかったし♪


そして、途中で、味変用の「焦がし玉葱油」を入れて、いただくと
焦がし玉ねぎの香ばしい香りと油で、「あっさり」といた味わいのスープが、「こってり」と「あっさり」の間の「こっさり」とした味わいのスープに味変してくれて!

飽きさせずに食べられて
それどころか、2度美味しいが味わえてよかった♪

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-15【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-17

ラーメンとしては、人によっては、物足りなさを感じるかもしれないけど
ラーメンとも日本蕎麦とも違う、別の麺料理を食べている感覚で、これはこれでよかったと思うし♪

食べる前までは、関西は出汁文化ということで
淡い味わいの饂飩つゆのようなスープを作ってきて

「ちがうだろーーー!」
某元女性議員じゃないけど
(笑)

違和感を感じるスープが出されるのでは!?
なんて懸念もあったのに

しっかりとした味わいの出汁が引かれていたのはよかったと思うし♪
これなら、別に関西だけでなく、東京でも札幌でも出しても、ぜんぜんOKな一品だと思ったけど


でも、この味を大阪のお客さんがどう評価するのかが問題だね!?
ご馳走さまでした。

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-18【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-19

メニューSOBA
鶏白湯SOBA…950円/osaka だしSOBA…880円/蛤と牡蠣 汐SOBA…1000円/蛤と牡蠣 醤油SOBA…1000円

つけSOBA
濃厚つけSOBA(並・大)…980円/濃厚辛つけSOBA(並・大)…980円/特製つけSOBA(並・大)…1250円

ごはん
バターごはん~トリュフ醤油かけ~…280円/浜めし(魚介の炊込み)…250円/白ごはん…150円

トッピング
特製トッピング…300円/ねぎ…120円/パルメジャーノチーズ…200円/味玉…150円/ガーリックバター…150円/有明産 海苔…200円/鶏チャーシュー ~低温調理の国産銘柄鶏~…280円/豚チャーシュー ~国産豚の煮豚~…350円


銀座 篝 ルクア大阪店ラーメン / 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)

夜総合点★★★★ 4.0



好み度:osaka だしSOBAstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2017年11月20日(月)

中華そば いぶき【四】-1

本日のディナーは、大阪の天五中崎通り商店街というアーケード商店の中にある『中華そば いぶき』へ!

こちらの店は、ブランド煮干しの伊吹いりこを使って出汁を引いたラーメンにつけそばを出す店!
特に夏季限定で出される「冷やしイリコそば」が絶品♪


そんな店が、熊本のブランド地鶏の天草大王を使った「とりそば」なるメニューを出すようになって!
そして、このラーメンの販売価格が1,200円という高プライスなのも話題に!


しかし、スープに天草大王を使うだけではなく、チャーシュー代わりに天草大王のモモ肉がトッピングされるそうで!
それなら、この価格も納得♪


というわけで、このプレミアムな一杯を求めて、今年の5月12日に、5月8日オープンの新店『中華そば ぬんぽこ』でいただいた後に訪問したところ
もう開店時間の12時を過ぎているのにオープンしていない。

そこで、ドアを空けたところ
山中店主が出てきて

「金曜日は夜からの営業なんですよ…」と言われて…
スマホでググってみたところ

木曜日が定休日で、金曜日だけは夜営業のみとなっていた。
ちゃんと調べてくればよかったと反省


そうして「とりそば」を食べ逃してしまい
また、大阪に来た機会に食べようと思っていたくせに

次に大阪に来たときには、美味しそうなラーメンを食べさせてくれそうな新店がオープンしたり!
もっと食べてみたい限定ラーメンが提供されたりして


なかなか来れないうちに販売が中止されてしまった
しかし、Twitterを見ていたら、こちらの店で「塩そば」なるラーメンを食べている人のツイートを、たまたま発見!

これが、11月10日から発売された天草大王で出汁をとったスープのラーメンということだったので♪
この「とりそば」の後継ラーメンと思われるラーメンを食べに行くことにした。


地下鉄・天神橋筋六丁目駅の13番出口を出て、JR天満駅方面へ少し歩くと、通称「おいでやす通り」と呼ばれるアーケード商店街の「天五中崎通り商店街」が右に見えてくる。
商店街に入ると、すぐ左に大阪の魚介系ラーメンのパイオニアである「洛二神」


そのまま、商店街の中へと進んでいくと左手に店が見えてくる。
そうして、夜の開店時刻の6時に7分遅れで入店すると


厨房には山中店主の姿があって!
その厨房前の4席あるカウンター席に3人のお客さんが座っていた。


1席のみ空いていた厨房前のカウンター席へとついて
注文したのはビールと「天草大王ムネたたき」!

中華そば いぶき【四】-2

すると、先客3人のラーメンが出された後に、まず、ビールが出されて!
そして、突き出しに出されたのが、スープをとるのに使われている伊吹いりこ!


中華そば いぶき【四】-3
中華そば いぶき【四】-4中華そば いぶき【四】-5

食べられる煮干しを使っているんだね♪
でも、食べられる煮干しは高いのにね
(汗)

コイツをアテにして、まず、乙ビー♪
カリカリとした食感がいいし!


味のある煮干しで!
こんな煮干しを使って出汁をとったスープは美味しいに決まってるよね♪


続いて、山中店主が包丁を使って薄くスライスした「天草大王ムネたたき」も少し遅れて出されたんだけど!
山中店主によると、これは、白身魚と同じように昆布で締めて熟成させたものだそうで!


中華そば いぶき【四】-6中華そば いぶき【四】-7

しっとりとした食感なのもよかったし♪
天草大王の鶏ムネ肉のうま味が昆布締めすることによって、引き出されていて、めっちゃ美味しい♪


鶏肉は、ササミやムネ肉の刺し身やタタキも好きだけど♪
鶏モモ肉のタタキが大好きな人なので!


最初は、モモ肉の方がよかったのにな
なんて思っていたんだけど

食べてみたら
昆布締めされたこの一品は最高♪

それに、ムネ肉のタタキとともに付け合わせで出された鳴門産のワカメが、また、上質なワカメで!
シャキシャキとした食感と、仄かに感じる磯の香もよかったし♪


これをアテにビールをグビッとやれば
至福のとき

そうして、この絶品のアテをいただきながら、山中店主に
「塩そばは、とりそばの後継のラーメンになるんですか?」と聞いてみたところ…

「とりそばは、天草大王だけで出汁をとったラーメンですけど、塩そばは、魚介スープを合わせたラーメンです。」
「とりそばには、天草大王のモモ肉を入れてましたけど、こちらは、豚の内モモ肉のチャーシューになります。」


なるほど
天草大王オンリーのスープに魚介スープをブレンドすることと、天草大王の肉をトッピングしないことで、コストを抑えて、販売価格を1,200円から880円に下げてきた。

これが凶と出るか吉と出るか!?
これで、販売数量は伸びるだろうけど、味のクオリティはどうなんだろう

でも、とにかく、この「塩そば」を追加オーダーすることに
そうして、ビールもアテも空っぽになったところで、完成した「塩そば」が着丼することになるんだけど

中華そば いぶき【四】-8

普通は、カウンター越しにラーメンが出されるものなのに、山中店主は、わざわざ厨房を出て、ラーメンを手元まで配膳してくれる。
小さいことかもしれないけど、この気遣いが嬉しい♪


供された「塩そば」は、豚内モモ肉のレアチャーシューが3枚に、メンマワカメ、白髪ネギ、糸唐辛子かをトッピングされた一品で!
コストを抑えるためか、スープは少なめ
(笑)

中華そば いぶき【四】-9中華そば いぶき【四】-10

まずは、スープを一口いただくと
サラッとして、じんわりと天草大王のうま味が感じられるスープだと思っていたのに

中華そば いぶき【四】-11

予想に反して、やや、濁りがあって、粘度もある
兵庫県No.1ラーメン店の『らーめん専門 和海』タイプのスープだったのには、まず、驚かされた(゚o゚;;

そして、このスープ
地鶏のうま味がいっぱい詰まったスープで!

後から、昆布と伊吹いりこのうま味が追いかけてきて!
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪


しかし、いりこ出汁のあっさりとした味わいのスープのラーメンを出す店が、こんな濃密なスープを作るなんて
そして、こんな絶品の味わいのスープに仕上げてくるなんて

食べる前には、「これが凶と出るか吉と出るか…」なんて思っていたけど
地鶏のスープに伊吹いりこのうま味を合わせることで、スープのバランスがよくなっていて!

特に、塩ラーメンの場合は、鶏オンリーのスープよりも、こちらのスープの方がよかったと思う♪
失礼しました
(汗)

そうして、この天草大王と伊吹いりこがマリアージュしたスープには、意外にも極細の麺が合わされていて
「この麺、26番ですか?」と山中店主に尋ねると…

中華そば いぶき【四】-12

「そうです。」
「26番です。」


「はるゆたか100%の新麦を使って製麺しました。」なんていう答えが返ってきて…
そういえば、『らーめん専門 和海』も、替え玉用の麺は切刃26番の極細ストレート麺が使われていたっけ

でも、悪くはないけど、低加水のカタい麺なので
食感はいいけど、麺との絡みという点では、もう一つのようにも感じられたけど

しかし、今日のこの麺は、つるっとした啜り心地のいい中加水麺で!
スープとの絡みもバッチリ♪


そして、小麦粉の風味も感じられる麺で♪
いいな、この麺!


昨日は、ランチに『カドヤ食堂』で「春よ恋」の新麦を使った麺でラーメンをいただいて!
ディナーには、その『カドヤ食堂』出身の『中華そば うえまち』で、「春よ恋」の新麦の全粒粉が配合された麺もいただいた。


どちらも、いい麺だったけど、風味のよさは、この「はゆるたか」の方が上♪
そんな感想を話すと


山中店主からは
「春よ恋は、はるゆたかをベースにアメリカ小麦と掛け合わせ栽培しやすい小麦に品種改良したものですからね。」という答えがあって、納得♪

そして、豚の内モモ肉を使って作ったというレアチャーシューが、また、最高♪
モモ肉ということで、カタいんじゃないかと思ったのに


中華そば いぶき【四】-13

とても、やわらかくて
しっとりとした食感に仕上げられていて

それに、肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のチャーシューで!
これは、次回からは、トッピングして食べないとね♪


スープに麺にチャーシューも、すべて満足できる味わいで!
堪能させてもらいました♪


今後は、大阪に来たら、こちらの店に通う回数が増えそう♪
ご馳走さまでした。


中華そば いぶき【四】-14中華そば いぶき【四】-15

メニュー:イリコそば…780円/とり白湯そば…850円/塩そば…880円/つけそば…900円
大盛り…+100円

セットメニュー
白ごはん…100円/チャーシュー丼…280円

トッピング
鳴門産わかめ…100円/メンマ…150円/チャーシュー…200円/味付け玉子…100円/天草大王…350円


中華そば いぶきラーメン / 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅

夜総合点★★★★ 4.5



好み度:塩そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月23日(月)

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-1

本日のランチは、大阪・天六に10月20日オープンした新店の『彩色ラーメン きんせい 天六店

こちらの店は、大阪・高槻市にある『彩色ラーメン きんせい』のFC店で!
閉店した『つけ麺処 つぼや 天六店』の跡地にオープン!


オープン8日前の10月12日には、やはり、閉店した『つけ麺処 つぼや 南森町店』の跡地に『南森町きんせい』がオープンしているけど
これって、『つけ麺処 つぼや』を自社開発店舗として運営している株式会社カンパーニャが『きんせい』へと乗り換えたってことなのかな!?

それとも、オーナーチェンジ!?
株式会社カンパーニャのホームページを見ても、このことには、何も触れてないし

それどころか、『梅田店』、『肥後橋店』と並んで、閉店した『天六店』、『南森町店』も、まだ、『つけ麺処 つぼや』として営業していることになっているので
真実はわからない。

ただ、FC店ではあるけど
「夜空に輝く金星のような鮮やかな色のラーメンを創りたい!」というコンセプトのもと、北摂を中心に現在は直営・FC店を多店舗展開させてきた「きんせいグループ」の大阪中心部への進出店ということで注目していた!

お昼の12時30分過ぎに、店の前までやってくると
店内は満席のようで、カップルのお客さんが外待ちしていた。

その後に付いて待っていると
すぐに、続々とお客さんが出てきて、そう待つことなく、席へと案内された。

入店すると、間口が狭く、奥行が広い、いわゆる「鰻の寝床」と言われる構造の店で
カウンターが店の入口近くから奥に向かって、2ブロックに分かれて、長く延びるレイアウトになっているのは、『つぼや』時代からのもの

奥の席はオープンキッチンの厨房前に並ぶ席で
厨房の様子もわかっていい♪

しかし、手前側の席は、壁に対峙して食べなければならなくて
『つぼや』時代には、この手前側のカウンター席に座らされて、孤独な思いをしたので(笑)

こちらの席に案内されたら、奥が空くまで待つ覚悟だったけど
奥の席が空いてよかった♪

席について、メニューを見ると
天六きんせい限定の「特製貝塩ラーメン」に、オープン1週間限定の「トリュフ薫るAWASE-RAMEN」があって!

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-2

デフォルトのメニューは、「極みの醤油」、「こだわりの塩」、「あわせあじ」の3メニュー!
さて、どれにしようか
!?

と思っている間もなく
「ご注文、お決まりですか?」と女性スタッフの方から聞かれて(汗)

「あわせあじって、醤油と塩を合わせたものってこと?」と尋ねたところ…
「いいえ、鶏豚骨と魚介スープを合わせたものです。」という答えがあって!

「オープン1週間限定の「トリュフ薫るAWASE-RAMEN」がおすすめです。」と言われたんだけど…
「きんせい」といったら、清湯スープのラーメンというイメージがあったので!

それと、限定という言葉には、めっぽう弱い私なので(汗)
普通なら、天六きんせい限定の「特製貝塩ラーメン」を選んでしまうこところだけど(笑)

ただ、貝出汁が強く出てしまうと、元のスープの味がわからなくなる気がしたので
そうなると、必然的に「極みの醤油」、「こだわりの塩」の二択ということになるけど

麺友の黒帽子さんだったら、きっと、スープの出汁のうま味がわかりやすい「塩」を選択するんだろうな
なんて思いながら、私がチョイスしたのは

デフォルトのメニューの先頭に書かれていた「極みの醤油」!
これは、ほとんどの店が、おすすめのラーメンを先頭に持ってくるのが通例なので!


なお、サイドメニューに魅惑的な「ローストポーク丼」なるものがあって!
まーちんさんよろしく、「やってもうた!」しようかと思ったけど


もし、この「極みの醤油」が、めっちゃ美味しかったら、デフォルトのメニュー構成がまったくいっしょの「南森町店きんせい」に行って!
「こだわりの塩」を食べて!


一気に新店2店制覇というのもいいんじゃないかなというのが頭の中を遮って
「やってもうた!」は自重することにした(笑)

厨房には2人の男性スタッフの人が居て、次々にラーメンを作っている。
見ていて面白かったのは、小鍋にカエシと香油を入れると、さらに2種類のスープを注いで、それをガス台の火に掛けていったこと


たまに、こういう作り方をするラーメン店もあるけど
珍しい

そうして、次に麺を茹で麺機のテボ中に入れていって、タイマーをセット!
温まったスープを丼に注いで


1分40秒後に鳴ったタイマーを止めると、湯切りされた麺がラーメン丼の中に入れられて
最後にトッピングの具が盛りつけられて

これで、「特製貝塩ラーメン」と「極みの醤油」の2つのラーメンの完成!
そして、私の目の前で完成したラーメンは、そのまま、カウンター越しに出されるのかと思ったら


そうではなく、女性スタッフの人が呼ばれて、両手にラーメンを持って配膳してきてくれたんだけど
素手で持って、運ぶのは、見ていて、ちょっと危ないような気が(汗)

着丼した「極みの醤油」は、豚バラ肉のチャーシュー豚肩ロース肉のレアチャーシューの2種類と
メンマカイワレ、ネギ、なるとが載るオーソドクシーな見た目の醤油ラーメン!

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-3【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-4

まずは、スープをいただくと
鶏ガラスープに昆布、煮干し、鰹、鯖、目近(宗太鰹)に秋刀魚かな

何種類かの節を効かせた魚介スープを合わせたような味わいのスープで!
これに、薄口醤油と濃口醤油をブレンドしたカエシで味付けられていて!


美味しいスープだとは思う
でも、これぞ「きんせい」というような、突き抜けた味わいのスープではなかったかな

麺は、平打ちの中太ストレートの自家製麺が合わせられていて
なめらかで、モチモチとした食感の麺で!

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-5

しなやかなコシも感じられていいとは思う。
ただ、淡麗な味わいのスープとの絡みはもう一つ


トッピングされた豚バラ肉のチャーシューは、余分な脂が落とされていたのは好印象だったけど
薄切りすぎたのが

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-6

豚肩ロースのレアチャーシューも、小ぶりの上に薄切りのものだったので
しっとりとした食感に仕上げられていて、味も食感もよかったので、もう少し、大きいと、満足感は高かったんだけどね

『きんせい』のラーメンということで、ハードルを上げすぎてしまったのかもしれない
それに、開店祝いのお花も届けられていた、『きんせい』出身の『麺や ひなた』のラーメンが、かなり美味しいラーメンだったことも影響しているのかもしれないけど

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-7

でも、そう言いつつも、スープは美味しかったから!
すべて飲み干して完食したし♪


『南森町店』にしても『天六店』にしても、大阪のキタに、『きんせい』のDNAを感じさせてくれる店が誕生したのはよかったと思う♪
ご馳走さまでした。


【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-8

メニュー:らーめん
極みの醤油…750円/極みの醤油チャーシュー…950円
こだわりの塩…750円/こだわりの塩チャーシュー…950円

あわせあじ…800円/あわせあじチャーシュー…1000円

特製 貝塩ラーメン…円
【オープン1週間限定】トリュフ薫るAWASE-RAMEN…1000円

セットメニュー
ごはんセット(~15時まで)…+50円
焼豚丼セット…+280円/レアポーク丼セット…+300円
唐揚げセット(唐揚げハーフ+ごはん(小))…+250円/満腹セット(唐揚げハーフ+焼豚丼)…450円

ごはんもの
ごはん
小…100円/中…150円/大…200円
焼豚丼…350円/レアポーク丼…400円
唐揚げ ハーフ(2個)…200円/唐揚げ 普通(4個)…380円

トッピング
半熟味付玉子…100円/メンマ増し…100円/チャーシュー…200円


彩色ラーメン きんせい天六店



関連ランキング:ラーメン | 天神橋筋六丁目駅中崎町駅天満駅



好み度:極みの醤油star_s35.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年5月12日(金)

【新店】中華そば ぬんぽこ-1

本日のランチに向かったのは、大阪・天六に5月8日にオープンした『中華そば ぬんぽこ』!

こちらの店は、天六の居酒屋 『海の家 MUSH-UP (マッシュアップ)』のあっしーこと芦田店主が、『マッシュアップ』のランチタイムを利用して2012年5月8日にオープンした店を5年ぶりにリバイバルオープンさせた店!

5年前に、旧『中華そば ぬんぽこ』を訪れて、あっしー店主に初めてお会いした。
そして、提供されていた「八王子ラーメン」風の「中華そば」をいただいて!


こんな大阪にはないラーメンを大阪で食べることができる!
面白い店が誕生した♪


と思っていたんだけど
すぐに営業をやめてしまって

その後、『ふすかけ』とのコラボ営業店とのフレコミストライク軒を2013年8月8日にオープンさせたけど
あっしー店主も『ふすかけ』の健ちゃんこと実藤店主も店にいるわけでもなく、もう一つ、盛り上がりにかけた…

ただ、あっしー店主とは、東京ラーメンショーや、東京・幡ヶ谷の『一汁三にぼし 裏不如帰』、兵庫・塚口の『ロックンビリーS1』のオープンの日にお会いしたりと
店以外の場所では、ちょくちょく、お会いしていたんだけど

今回の新店では、腰を落ち着かせて、ラーメンが提供されるのだろうか(笑)
ということで、『マッシュアップ』のある「レンガ通り」の1本裏側の路地にある店を訪ねたところ

暖簾も看板もない
知る人ぞ知るといった感じの隠れ家的な店で(笑)

11時11分11秒に入店すると
厨房前に造られた8席あるストレートのカウンター席には5人のお客さんが座っていて

オープンキッチンの厨房には、あっしーさんと、もう一人、男性スタッフの姿があって!
このイケメンスタッフの人は、あとで、あっしーさんの実の兄弟と判明したんだけど


似ているかな(笑)
ともあれ、この新生『中華そば ぬんぽこ』は、あっしーブラザーズの2人による営業で!

【新店】中華そば ぬんぽこ-3

あっしー店主の話しによると
オープンから3日間営業して!

昨日は1日休んで、看板メニューの「中華そば」の味の修正を行った!
麺も、切刃18番から16番の、より太い麺に変更したという。


また、今日からは、もう一つの看板メニューにしようと考えている「ちゃんぽん」が発売になる。
これは、長崎の豚骨ベースのチャンポンではなく、自分の出身の愛媛県宇和島の名物ちゃんぽんだと話していたけど


【新店】中華そば ぬんぽこ-2

相変わらず、あっしー店主のマシンガントークの破壊力はスゴい(笑)
そうして、そのあっしー店主に注文を聞かれて、「中華そば」をオーダー!

すると、前金制になると言うので
黒いお皿の上に千円札を置くと

220円のお釣りがリターンされて
お皿の隣に置かれていた小判型の札が下げられて、注文成立!

後客の分と合わせて「中華そば」を3個作りし始める、あっしー店主!
そうして、テボで麺を茹でて!


茹で上がると、緩い湯切りをして
テボに箸を差し入れると

麺が一直線になるよう箸で挟んで
スープの張られたラーメン丼の中に、キレイに麺を折り畳むようにして盛りつけていたけど

【新店】中華そば ぬんぽこ-4

平ざるを使って、この業を行うのが、東京・つつじヶ丘にある『柴崎亭』で!
平ざるではなく、テボで


しかし、『柴崎亭』のように、麺線を揃えて、麺を美しく盛りつけたいと考えて、練習を重ねて
テボでも、キレイに盛りつけられるようにしたのが

東京・九段下の『八咫烏(やたがらす)』に東京・王子神谷の『麵屋 坂本02』
しかし、大阪でも、同じことをしている店があるとは!


そうして、最後に具がキレイに盛りつけられて、3個作りされていた「中華そば」が完成すると
「熱いので、気をつけてください。」という注意喚起の言葉とともに、あっしー店主から供された。

【新店】中華そば ぬんぽこ-5【新店】中華そば ぬんぽこ-6

なお、スープが並々と注がれたラーメン丼は、ラーメン丼の縁を持っても、マジで熱い(汗)
それで、カウンターの上から下へと移動させるのを一瞬、躊躇していると

それを見た、あっしー店主が、厨房側から、カウンターの上にあったラーメンをカウンターの下へと、代わりに移動させてくれた。
ありがとうございます。


大きな豚ロース肉のチャーシュー支那竹九条ネギ玉ねぎ、海苔が載る、実にシンプルな見た目のラーメン!
まず、着丼したときに目立ってた大判の豚ロース肉のチャーシューについて、あっしー店主に


「ロース肉のチャーシュー使うなんて、ロックンビリーみたいですね!」と言うと…
「ええ、参考にさせてもらいました。」とあっしー店主(笑)

そうして、まずは、淡口醤油と濃口醤油をブレンドした色合いの琥珀色したスープをいただくと
じんわりとした鶏のうま味が感じられて

さらに、昆布に節、煮干しの魚介出汁も感じられる淡麗な味わいのスープで
カエシの味わいも淡くて、関西風のうどんつゆを濃いめに仕上げたような味わいで

旧『めんぽこ』や『ストライク軒』の「中華そば」のように東京風のものではなく
大阪を意識したかのような味付けがなされていた。

【新店】中華そば ぬんぽこ-7

すると、あっしー店主から
「僕の地元・愛媛県宇和島市の媛っこ地鶏を使って、鯵と鰹で出汁を引いたスープです。」

「どうですか!?」と感想を聞かれて
「淡い、大阪風の味わいのスープですね。」と話すと…

「宇和島の地元の巽醤油に薄口醤油を合わせて、大阪の人たちの口に合うようにしてみました。」
そう言って、我が意を得たりといった表情を浮かべるあっしー店主!


【新店】中華そば ぬんぽこ-8

なお、使われた節が鰹と言っていたので
私の方から

「節は鰹ですか!?」と聞いてみると…
「大阪の味わいは鰹ですから…」と言うので…

「目近(メジカ)使ってません?」と言って、反応がなかったので
「宗太鰹(=目近)使ってます?」と言い直すと

「ええ、宗太鰹を使いました。」
「でも、よくわかりましたね。」
と言うので…

「鰹にしては、節の味が濃くて、鯖とは風味が違ったので、宗太鰹だと思いました。」と答えさせてもらったけど…
このスープを飲んで、ふと、思い出したのが、寺田町にあって、5年前に閉店した『まるとら本店』で出されていた「鶏そば」!

今は、千葉県山武郡で『麺処 くろ川』を営む小川店主が、濃口醤油に淡口醤油をブレンドして、大阪向けにアレンジして作ったラーメン!
ただ、この味を本当に大阪のお客さんが受け入れるのだろうか
!?

大阪らしいといえば、大阪らしい味わいと言えるかもしれないけど
大阪のラーメンといったら、以前は、ライトな豚骨醤油ラーメンというイメージがあったし

大阪のご当地ラーメンはないものの、プチご当地ラーメンとして認定されている東大阪の「高井田系ラーメン」があって、この淡い味わいとは真逆の、濃口醤油がカエシに使われた、しょっぱい味わいのスープだし
それに、今の大阪は、そんな地域性にとらわれない全国区のラーメンを出す店が主流だと思うので

でも、ある意味、個性的なオンリーワンのラーメンといえるし!
美味しいスープなので、このスープが、どう大阪のお客さんに受け止められるのか注目して見ていきたいと思う。


麺は、東京から取り寄せた三河屋製麺の切刃16番の中太ストレート麺が合わせられていて
つるっとした、啜り心地がよくて、のど越しのいい麺で!

モチッとしたうどんのような食感の多加水麺は、これも、大阪のお客さんを意識した麺のように感じられたけど
これも、どう受け止められるのか!?

【新店】中華そば ぬんぽこ-9

個人的には、スープとの絡みが、もう一つに感じられたので
もっと細い中細ストレート麺にして!

もっと加水率の低い中加水麺にするか
あるいは、白河ラーメンの麺のように、平打ちにして、縮れをつけて、スープと絡みやすくした方がいいように感じられた。

具では、豚ロース肉のローストチャーシューは、肉質のいいものが使われていて!
肉のうま味を感じる美味しいチャーシューでよかった♪


【新店】中華そば ぬんぽこ-10

しかし、支那竹は、細切りの筍で、やわらかい食感だったのが
ここは、コリッとしたカタめの食感の細切りメンマにしてほしかったかな

スープも麺も、大阪を意識して作られた一杯!
ぜひ、一度、食べてみてください。


なお、この「中華そば」と愛媛県宇和島風の「ちゃんぽん」の他、あっしー店主が好きだったのに、今は廃業して食べられなくなってしまった東京・新大久保の『めとき』
『永福町大勝軒』の「中華そば」をアレンジした煮干し清湯ラーメン等も限定で出していくと話していたので!

こちらの店は、個人的には、デフォのラーメンではなく、限定に期待かな♪
ご馳走さまでした。


【新店】中華そば ぬんぽこ-11【新店】中華そば ぬんぽこ-12【新店】中華そば ぬんぽこ-13

メニュー:中華そば…780円/ちゃんぽん…880円

〆めし…100円/大盛り…100円
煮卵…100円/支那竹…150円/九条ねぎ…150円/具(大)…300円

めし(大盛も可)…200円/生卵(有精卵使用)…150円
からあげ…400円/からあげ 大…700円
ランチ(からあげ+めし)…300円


中華そば ぬんぽこ



関連ランキング:ラーメン | 天神橋筋六丁目



好み度:中華そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年1月26日(木)

【新店】らーめんCiel-1

本日のランチは、大阪・中崎町に1月21日からプレオープンしている『らーめんCiel』へ!

Bobbyさん情報で早々の訪問です(笑)



Bobby@チームセンベロ
@tiena_kato

大阪 中崎町・らーめんCiel、塩らーめん チャーシュー多め。
鶏を大いに感じ、厚みがあるクリアなスープが旨い!
肉々しい肩ロースのチャーシューも好き^ ^
この、最初から完成されたラーメンを提供する人こそ、茨木 鱗の元店長 山河さんです。


22:02 - 2017年1月24日



「らーめん鱗」は、高槻市にある塩ラーメンが有名な「あす流」のセカンドブランドの店で、茨木店を皮きりに、西中島店、高槻店、江坂店と
次々に支店をオープンさせている人気店!

その『らーめん鱗 茨木店』の元店長が開業する店なら間違いないだろうし!
Bobbyさんも絶賛していたので、今回の大阪遠征では、まず、この店から♪


というわけで、地下鉄谷町線の中崎町駅で下車して、4番出入口を出て、地図を頼りに、開店時間の11時30分まで、あと4分ほどの時間に、店のある辺りの場所までやってくると
店の外に店主らしき人物が立っていて

私が店の前で歩みを止めると
「どうぞ!」と言って、店内に迎え入れてくれて、そのまま開店♪

店内には、かわいいスタッフの女子がいて
「テーブル席へどうぞ♪」と言われたんだけど

「カウンター席でいいです♪」と言って、オープンキッチンの厨房前に一直線に並んだカウンターの1席へとついて
「プレオープンメニュー」と書かれたお品書きを見て、注文したのは「塩らーめん」とプラス200円でラーメンとセットにできる「半チャーハン」!

【新店】らーめんCiel-3

注文を受けると、すぐに、ラーメン作りに入る店主!
そうして、茹で麺機の中のテボに麺を投入していって


2分30秒かけられて茹でられた麺が、湯切りされて、スープの張られたラーメン丼に納められると
チャーシュー他の具が盛りつけられて、完成した「塩らーめん」が、まず、店主の手によって出された。

【新店】らーめんCiel-7【新店】らーめんCiel-8

次いで、すぐに「半チャーハン」作りに入るんだけど
こちらは、ラーメンとは違って、後客2人も「半チャーハン」を注文したため、いっしょに3個作りされたうちの一つが、この後、すぐに完成して、出されることになるんだけど

【新店】らーめんCiel-6

見ていると、手慣れた手つきで鍋を振って、素早く「半チャーハン」を完成させていて!
後で、店主に聞いたところ


店主は『らーめん鱗』に入る前は中華料理店にいた方のようで!
これは、絶対に美味しいよね♪


【新店】らーめんCiel-4【新店】らーめんCiel-5

まずは、出身店である『らーめん鱗』の、魚の鱗のようにスープ一面に背脂がビッシリと浮かぶスープとは違う
キレイに澄んだスープをいただくと

【新店】らーめんCiel-9

あっさりとした味わいの『らーめん鱗』のスープとは違って!
鶏出汁のうま味がしっかりと感じられるスープで♪


昆布に干し椎茸、節のうま味も仄かに感じられたけど
これは、たぶん、塩ダレに入れられたもので!

スープは、基本、鶏オンリーで出汁をとっていると思われるけど
『らーめん鱗』に比べると、出汁のうま味で食べさせるスープに仕上がっている♪

ただ、『らーめん鱗』の場合、鶏節を入れて、背脂を浮かばせて、あっさりとしたスープにコクとうま味を入れてインパクトを与えていて!
さらに、塩ダレと香油の使い方も巧みなので


全体的な味わいからすれば、甲乙付けがたい味わいではあるけど
スープの出汁のうま味という店では、こちらの店の方が勝っている♪

麺は、『らーめん鱗』の使う「麺屋 棣鄂」製の幅広で厚みのない平打ちの縮れ麺ではなく
同じ平打ちでも厚みのある「ミネヤ食品工業」製のストレート麺が合わせられていて!

【新店】らーめんCiel-10

なめらかで、モチモチとした食感の多加水麺は、麺単体を見れば、味も食感もいい麺かもしれないけど
麺が、せっかくのスープを弾き気味だったのが

『らーめん鱗』の佐野ラーメンのようなピロピロといた食感の多加水麺も、そう好みの食感の麺ではないけど
スープとの絡みは、『らーめん鱗』の方がよかったかな

でも、できれば鶏清湯の塩スープの場合
個人的には、細ストレートのつるパツな食感の中加水の麺の方がいいと思うんだけど

うどん文化の大阪だし
個人の嗜好の問題とは思うけど

トッピングされた具は、豚肩ロース肉のチャーシューに白ネギ、白髪ネギ、レッドキャベツスプラウトと…
スープに浮かべられた大葉で!


チャーシューは、『らーめん鱗』のペラッペラなものとは違って、それなりに厚みがあって!
しっかり、肉のうま味が感じられるものだったのもよかったし♪


【新店】らーめんCiel-11

大葉も爽やかな風味を醸し出していてよかったし!
気づけばスープもすべて飲み干して完食♪


なお、サイドメニューの「半チャーハン」は、作っているときの手際のよさを見ていて、美味しいに決まっていると思わせるものだったけど!
実際に食べても美味しいチャーハンで♪


米粒が一粒一粒、パラッパラに仕上がった!
ラーメン店で食べる「半チャーハン」の域を超えた本格的なもの!


【新店】らーめんCiel-12

やや、淡めの味付けなのもよくて!
ラーメンを大盛にして食べるくらいなら、絶対、こちらを食べるのがおすすめ♪


なお、2月1日にグランドオープンという情報があったけど
まだ、人員の問題からグランドオープンの日は決まっていないということだったので

日程が決まったら、また、来てみようかな♪
ご馳走さまでした。


【新店】らーめんCiel-13
【新店】らーめんCiel-14【新店】らーめんCiel-15

プレオープンメニュー:塩らーめん…750円/醤油らーめん…730円

半チャーハン(らーめんとセットで)…200円

トッピング
味付け玉子…100円/チャーシュー多め…200円

ライス(小)…120円/(中)…150円/(大)…180円


らーめん Ciel



関連ランキング:ラーメン | 中崎町駅中津駅(大阪市営)梅田駅(阪急)



好み度:塩らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m