FC2ブログ
訪問日:2018年7月11日(水)

【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-1

「秘密のケンミン SHOW」で“美女と野獣”カップルとして紹介された店主夫妻の店として紹介された『桐麺 本店』で、具のない「冷とろろをMAZEL」なる変わった限定の「まぜそば」をいただいて…
次に向かったのが、阪神百貨店梅田本店の地下1階に6月1日にリニューアルオープンした「スナックパーク」内にオープンした『カドヤ食堂 阪神梅田店』!


「スナックパーク」とは、大阪人が「スナパー」と呼ぶ、阪神梅田本店の地下1階にあって、立ち食い店舗が軒を連ねる、大阪人であれば誰もが知っている名物グルメスポット!
しかし、この「スナパー」は、建て替え工事のため2015年にクローズしてしまった。


しかし、今年の4月に阪神梅田本店から、新しい建物内に「スナックパーク」が復活させることが発表されて、大きな話題となった。
さらに驚かされたのは、大阪を代表するラーメン店『カドヤ食堂』の出店!


そして、この『スナパー』で販売されるラーメンというのが、500円のワンコインで食べられる「中華そば」というので!
2度驚かされた。


『カドヤ食堂』といえば、大阪ではNo.1の「中華そば」を食べさせてくれる店で!
今福鶴見に店があった時代から西長堀に移転しても、長らく700円で「中華そば」を提供してくれていた


しかし、店主が食材にこだわり始めて
何度かの値上げを繰り返し、元々、700円だった「中華そば」は900円!

さらに、トッピングのチャーシューの価格は、400円から1,000円にジャンプアップという具合で!
強気の価格設定にしてきたというのに


これとは相反するロープライスラーメンの販売!
当然、本店で900円で販売しているラーメンを、いくら立ち食いで提供するからといって、500円で提供できるものではないだろうし


使っている食材も、もちろんランクも下げざるを得ないだろうし
かといって、『カドヤ食堂』の看板がある以上、お粗末なこともできないだろうし

そんな鬩ぎ合いの中、どんな「中華そば」を作ってくれるのか!?
スゴく興味があったので、次回、大阪に行く際には、時間を作って、食べに行こうと思っていた。

そして、6月1日のオープン後の反応は!?
さっそく食べに行っている新店ハンターの皆さんの反応をみると、皆さん、軒並み高評価!

そして、『カドヤ食堂』の橘店主が何かのインタビューに応えて
こんな話しをしていた。

今回はワンコインでラーメンを出されるとか。大変だったんじゃないですか

「宿題出されて、ものを作るのは、思ったより楽しかったです。正直、本店で出すラーメンはちゃんと原価計算したことなかった。今回は税込み500円、税金抜いて463円で売らないとあかん。人生で一番ちゃんと原価計算をしました(笑)」

やっぱり苦しかったんですね

「それが違うんです。今まで取引していただいている食材の業者さんに、今回、スナックパークで、ボクが500円でラーメンを出すから食材を用意してくれるようお願いしたら、みんな予算に合うなかで、ちゃんとええもんを用意。そこから、さらに選ばせてもらったら、かなりいいもんができました。改めて“ものを作るって楽しいなぁ”って思いました」

本店に近いものになったんですか

「そうですね。同じとはいかないけど、本店の中華そばに近い、鶏と豚の透明感のある清湯スープ。麺も平打ちの本店に近いものですが、立ち食いなんで、場所探しで食べるまでにちょっと時間がかかるかもしれんから、少しコシを出したり。専門的な話をするとカエシ(醤油ダレ)にしっかりを味つけるとか、本店とは違ったこともしつつ、でもカドヤ食堂の中華そばを感じてもらえるようにしています。あとは、お客さんが決めることやもんね。その評価もちょっと楽しみにしています」

「味もかなりよくできていると自分でも思うし、“本店よりスナパーのカドヤの方がおいしい”って言われそう(笑)」
こんなことを言っていたので、これは期待してもいいのかな
!?

というわけで、以前にあった場所からは70mほど左の大阪駅前第4ビル方向に移動した「スナックパーク」の入口へとやってくると
入口を入った正面、やや、左の絶好の場所に店はあった♪

【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-2【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-3【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-4【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-5

店の前には8人ほどのお客さんが行列を作って待っていて
その最後尾に付いて待つ。

メニューは「中華そば」のみ!
あとは、味玉、チャーシューのそれそをれをトッピングしたバージョンと、味玉、チャーシューのどちらもトッピングした「特製」があるだけ


【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-6

サイドメニューには「豚めし」があるけど、こちらは、オープン以来、まだ、販売されていない模様
この中からチョイスしたのは、500円のワンコインで買える「中華そば」!

列が進んで、レジのところまで行ったところで、食券を購入して
その横の受け取り口で、トレーに乗せられた「中華そば」を受け取ったんだけど、並び始めから、ここまで、わずか8分と早い!

【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-7【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-8【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-9

近くの空いていた背の高いテーブルの上に置いて、さっそくいただくことに
小振りな豚バラ肉の煮豚が2枚にメンマ、刻みネギ、通常の半分のサイズの海苔が載る醤油ラーメン!

【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-10【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-11

まずは、スープをいただこうとすると
えっΣ(゚◇゚;)

デフォで胡椒が掛かっている。
これには興ざめ


新店ハンターの人たちが食べている画像を見る限りは、胡椒なんて掛かっていなかったはずなのに(>_<)
いつからこうなっちゃったの!?

スープは鶏ガラ醤油で、鶏ガラ出汁のうま味は感じられるものの、うま味は弱い
そして、他に感じられるのは、化調の味わい!

新店ハンターさん情報によると、鶏・豚のスープということだったけど
これ、ゲンコツが使われているんだろうか!?

スープに厚みが感じられず
豚が使われているようには思えなかったし

カエシは『カドヤ食堂』らしさが感じられるものの、味は濃いめで、甘味の味わいに感じられたし
スープからは『カドヤ食堂』らしさは微塵も感じられず

これは、『カドヤ食堂』のスープとは別物と思った方がいい
やっぱり、500円のワンコインで『カドヤ食堂』ライクな味わいを作るのは難しいのかな!?

麺は、日本製粉の「イーグル」で製麺されているようで
「イーグル」といえば、『ラーメン二郎』で使われる日清製粉の「オーション」と同じような強力粉で!

『二郎』インスパイアの店で使われているのを何度か見たことがある。
しかし、こんな平打ちの極細ストレート麺で使われているいるのを見たのは始めて
(゜_゜;)

【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-12【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-13

「イーグル」を使用したのは、コストを抑えるため!?
また、平打ちの極細麺にしたのは、茹で時間を短縮するため!?

果たして、この組み合わせは
結論からすると、今日の麺からはわからなかった

というのも、この麺
カタめの食感の麺で

麺の茹でが足りずに、芯まで茹で上がっていないような感じで
食感はもう一つに感じられたので

これで、もっと、茹で時間が長ければ
もしかすると、ぜんぜん違う食感だったかもしれないので

豚バラ肉の煮豚は、小振りで、厚みも薄く、これでは、肉のうま味も、あまり感じられない。
メンマも、これは間違いなく業務用で、味、食感とも可も不可もなし


【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-14【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-15

『カドヤ食堂』クオリティのラーメンが500円で食べられる♪
もし、そんなことがあったら、スゴいことだとは思ったけど


なので、『カドヤ食堂』を期待して来ると、肩透かしを食らわされた気分になる。
でも、フードコートで500円で食べられるラーメンと割り切れば、十分なクオリティとプライスの一杯といえるかもしれない。


PS 食べ終わって、『カドヤ食堂』の「中華そば」というには、あまりにクオリティの差がありすぎて、これなら、『カドヤ食堂』の本店で900円で食べるよなと思ったし
そこで、ちょっと、調べてみたところ

この「スナックパーク」にオープンした『カドヤ食堂』にお好み焼きの『道頓堀 赤鬼』は、「ハートダイニング」という会社が出店していて
この会社は、大阪市内に5店舗のラーメンチェーンを展開する『北野八番邸亭』や『いずみカリー』、甘味処の『かんみこより』などを経営するH2Oリテイリング傘下のという会社であることがわかった。

【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-16

『カドヤ食堂』の3号店というフレコミだけど
『カドヤ食堂』の新業態か、『カドヤ食堂』プロデュース店的な位置付けで考えた方がいいと思う。

【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-17【新店】カドヤ食堂 阪神梅田店-18

メニュー:味玉入り中華そば…600円/中華そば…500円/チャーシューめん…750円/特製中華そば…850円

カドヤ食堂 阪神梅田店ラーメン / 東梅田駅梅田駅(阪神)梅田駅(大阪メトロ)

昼総合点★★★☆☆ 3.0



好み度:中華そばstar_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年5月25日(金)

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-1

本日のランチは、大阪・中津に5月19日にオープンした麺助 新梅田中津店へ!

大阪・福島に一昨年の4月23日にオープンして、今や、福島では一番の人気行列店になっている『燃えよ麺助』のセカンドブランドの店!

『燃えよ麺助』は、鴨出汁と貝出汁の2つのラーメンで、一躍、有名になった店!
そして、今度は鶏出汁に煮干し(いりこ)出汁の2つのラーメンで勝負する!


果たして、どんなラーメンを出してくるのだろうか!?
楽しみにしながら、店へと向かった♪

最寄り駅になる大阪メトロ御堂筋線の中津駅で下車して
店に一番近い1番出入口が工事中だったため、2番出入口から出て、新御堂筋方向へ!

そうして、今は整理券店になって、店頭には並びはなくなったものの
その前までは、大阪では一番の行列店だった『らーめん 弥七』の前を通って

すぐ先の新御堂筋の豊崎2丁目交差点の角地に17年間もの間営業していて
この度、肥後橋駅近くに移転した『情熱うどん 讃州』跡地に開業した店へ11時40分近い時刻にやってくると

6人のお客さんが行列を作って待っていた。
オープンから、連日、大行列ができているとは聞いていたので、これくらいは想定内!


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-2

最後尾に並んで少し待っていると、女性スタッフから呼ばれて入店!
まずは、券売機で食券を購入する。


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-3

麺メニューは、オープン以来変わらない「中華そば」と、数量限定の「イリコそば」2種類で!
「醤油つけそば」は、まだ、販売されていなかった。


「味玉中華そば」と「味玉イリコそば」の2つが大きなボタンになっていて、おすすめのようで
他に「特製中華そば」と「特製イリコそば」もあったけど、この日は「特製」の提供はなし。

他に、トッピングには「3種のチャーシュー増し」!
サイドメニューには、「炙りチャーシュー丼」があって、どっちも興味があったし!


さらに、「ごはん(並)」に「ごはん(大)」の他に「昔話」というメニューもあって
これって、たぶん、ご飯がてんこ盛りになったもので、インスタ映えする一杯だと思われるけど(笑)

この中から、セレクトしたのは「中華そば」と「イリコそば」のデフォルトのラーメン2杯!
トッピングの「3種のチャーシュー増し」にも、サイドメニューの「昔話」にも、めっちゃ興味はあったけど、2つの味わいのラーメンには、もっと興味があったので♪


食券を買うと
すぐに、スタッフの女子が食券を回収にきて

「どっちを先にお出ししましょうか!?」と言われて…
『燃えよ麺助』の店主でもあり、こちらの店の店主でもある近藤店主に

「中華そばとイリコそばを連食するんですけど、どちらを先に食べたらいいですか?」と聞いたところ…
「どちらでも、お好きな方を…」と言われてしまって…

普通なら、より淡麗なラーメンから食べるべきで
そうしないと、2杯目に食べるラーメンの味わいが、わかりにくくなってしまうので

だから、塩味と醤油味のラーメンなら、塩味のラーメンを優先するし!
鶏出汁と煮干し出汁のラーメンだったら、基本は、煮干し出汁から!


しかし、和歌山県No.1ラーメン店で、食べログ全国人気ラーメン店ランキングでも第4位にランキングされる『和dining 清乃』で塩味と醤油味のラーメンを連食したときには、店主の原田さんから、醤油を先に食べてほしいと言われた。
これは、店主の自信のある一杯から食べてほしいという意図から言われたもので


また、埼玉県No.1ラーメン店で、食べログ全国人気ラーメン店ランキングでも第8位にランキングされる『中華そば 四つ葉』で今回と同じ、鶏出汁と煮干し出汁のラーメンを食べたときには、鶏出汁のラーメンを食べてほしいと、店主の岩本さんから言われた。
それは、煮干し出汁のラーメンのスープの方が濃いからというのが理由


しかし、こちらの店では、特に理由はないようだったので
スタッフの女子に、「イリコそば」、「中華そば」の順で出してもらうようお願いして

オープンキッチンの厨房を囲むように造られたL字型12席のうちの、1席だけ空いていた席へとつく。
目の前の厨房には、近藤店主に相棒の加藤さんがいて


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-4

この2人のコンビネーションでラーメンが次々と作られていって
そうして、まず、近藤店主から「イリコそば」が供されて!

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-5

さらに
「これ、ミルキークイーンを使って炊いたごはんです。」

「美味しいので、ぜひ、お召し上がりください。」と言われて、「ごはん」がサービスで提供された。
ありがとうございます。


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-6

ただ、心遣いは、とても嬉しいんだけど(^-^*)
ラーメン2杯食べる上に、ご飯一杯って

食べすぎでしょう( ̄▽ ̄;)
また、肥えてしまう(;^_^A

豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に豚モモ肉のローストチャーシューが1枚と
炙り鴨つくね穂先メンマ三つ葉、白髪ネギ、柚子皮が、キレイに盛りつけられたラーメン♪

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-7【新店】麦と麺助 新梅田中津店-8

まずは、きつね色したスープをいただくと
伊吹いりこと羅臼昆布を水出ししたというスープは、じんわりとした白口煮干し(いりこ)と昆布のうま味が口の中に広がるスープで

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-9

煮干しのえぐ味や苦味のない、すっきりとした味わいのもので!
いい出汁出してる♪


ただ、淡口(薄口)醤油と塩で作ったとPOPにあったカエシには、味醂が多めに使われているからか!?
甘味が感じられて、どこか、関西のうどんチックな印象

それと、柚子によるものと思われる酸味を感じるスープで!
悪くはないと思うけど


個人的には、もっと、自然に、いりこの甘味にえぐ味、苦味も出たスープのが好みだし
甘味や酸味が、ちょっと強いように感じられた。

ただ、このスープを「冷やし」で提供したら
とても合うような気がした♪

そして、このスープに合わされた色白美人の麺は、全粒粉が配合された平打ちの中太ストレートの自家製麺で!
なめらかで、つるモチ食感の麺で!


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-10

しなやかなコシがあって!
のど越しもいい♪


それに、小麦粉のうま味がよく感じられる麺で!
麺単体としてはとてもいい麺だと思う♪


ただ、強力粉の「スーパーはるゆたか」メインに数種類の国産小麦粉をブレンドしたとPOPににあった麺は、加水率高めの多加水麺に仕上げているので
中力粉を使ったうどんっぽい食感に感じられて!

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-20

スープもうどんチックなので!
大阪のお客さんの受けはいいかもしれないけど


「イリコそば」というより、「イリコうどん」といった感じの、この一杯は
ちょっと、思い描いていたものとは違ったかな

豚肩ロース肉の低温調理されたレアチャーシューは、肩ロースというよりは、ロース肉のような
質のいい豚肉が使われていて!

しっとりとした食感に仕上げられていたのもよかったし!
肉のうま味をしっかりと感じられる美味しいローストポークという感じでよかったし♪


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-11

豚モモ肉のローストチャーシューは、こちらも、上質な豚肉が使われていて!
肉のうま味が閉じ込められた美味しい絶品の焼豚だったし♪


炙った鴨つくねは、蓮根が使われているようで
蓮根の歯触りがよかったし♪

穂先メンマも、薄味に仕上げられていて、スープの邪魔をしなかったのもよかったし!
シュクシュクとした食感もよかった♪


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-12

そして、麺を食べ終わったところで、「ごはん」にスープを掛けて、「イリコ雑炊」にして、いただくと
やや、甘めで、淡い味わいのうどんつゆに、ちょっと強めに柚子をきかせたといった感じの味わいのスープとは合わないことはなかったけど

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-13

う~ん
近藤店主には申し訳ないけど、あまり、好みの味わいではなかったかな

そして、この「イリコそば」を食べている途中で、近藤店主にお願いして、作ってもらった「中華そば」が
「イリコそば」を食べて、「イリコ雑炊」にして、いただいた後に、少しして着丼!

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-14【新店】麦と麺助 新梅田中津店-15

こちらも、先ほどの「イリコそば」同様、豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に豚モモ肉のローストチャーシューが1枚と、炙り鴨つくね穂先メンマ三つ葉、白髪ネギが盛りつけられた
美しいビジュアルのラーメン♪

まずは、黄金色の鶏油が煌めく醤油スープをいただくと
「京じどり」の丸鶏をメインに、純系名古屋コーチンも使用した鶏スープに鰹出汁を合わせたとPOPにあったスープは

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-21

丸鶏の豊潤な出汁のうま味が出たスープで
これに、鰹節のうま味が重ねられていて

しかし、それだけではなく
さらに、昆布と椎茸のうま味も感じられて

鶏と鰹のイノシン酸のうま味に昆布のグルタミン酸のうま味と椎茸のグアニル酸のうま味を足してやることによって
その相乗効果で、スープをより、うま味の強いものに昇華させていたし

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-16

鶏油がスープにコクを与えていて!
めちゃめちゃ美味しい♪


このスープ
スープだけなら、大阪で一番の美味しさかも♪

ただ、ちょっと、惜しかったのがカエシ
これも、先ほどの「イリコそば」同様、関西を意識しているんだろうと思われるけど、カエシの甘味が強いのが

カエシに生醤油が使われているのに
所謂、ネオクラシカルな醤油ラーメンとは違う、醤油が主張する味わいのスープではなかったのはよかったと思ったんだけど

でも、スープ自体がとても美味しいので
カエシの甘味を少し調整するだけで、最高に美味しくなる♪

麺は、先ほど同様の平打ちの中太ストレートの麺が使われていて
なめらかで、つるモチ食感の多加水麺は、先ほどは、うどんチックなスープだったために、うどんをいただいているように思えてしまったけど

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-17

今回は、丸鶏醤油スープのしっかりラーメンしている味わいのスープだから、ぜんぜん、印象も違って
このスープにこの麺はありだと思った。

なめらかで、つるモチ食感の麺は、しなやかなコシもあって!
のど越しのよさもあって♪


小麦粉のうま味も感じられる美味しい麺だし♪
スープとの絡みもまずまずだったし!


豚肩ロース肉のレアチャーシュー豚モモ肉のローストチャーシューの2種類のチャーシューは、先ほど同様、クオリティの高い!
味、食感ともに優れた逸品で最高だったし♪


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-18

炙り鴨つくね穂先メンマも、先ほど同様で、とてもよかったし!
三つ葉の風味が、この醤油スープとは、とても合っていてよかったし♪


【新店】麦と麺助 新梅田中津店-19

最後は、これが2杯めのラーメンで、さらにご飯も一杯いただいているというのに
スープが美味しかったから、ぜんぶ飲み干して完食♪

カエシの甘味が緩和されたら、最高・最上の一杯になると思うので、ご一考いただけると嬉しいんだけど
ご馳走さまでした。

【新店】麦と麺助 新梅田中津店-22【新店】麦と麺助 新梅田中津店-23

メニュー:味玉中華そば…950円/中華そば…850円/特製中華そば…1200円

【数量限定】味玉イリコそば…950円/イリコそば…850円/特製イリコそば…1200円

極み味玉…100円/3種のチャーシュー増し…350円

炙りチャーシュー丼…300円/ごはん(並)…100円/ごはん(大)…150円/昔話…200円


麦と麺助 新梅田中津店ラーメン / 中津駅(大阪市営)梅田駅(阪急)中崎町駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:イリコそばstar_s30.gif
中華そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年12月20日(水)

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-1

今夜、のぞみで東京に帰る前に寄っていきたい店があった。

それは、JR大阪駅直結のルクア大阪の地下2階にある飲食エリア「バルチカ」に昨日の12月19日にオープンした『銀座 篝 ルクア大阪店』!

「バルチカ」は、新たにエリアを3倍に拡大!
新規に18店が入居して、従来9店舗だった店は全27店舗になって、昨日リニューアルオープン


『銀座 篝』は、新たにオープンした店舗の1店として関西初進出を果たした。
では、この『銀座 篝』とは


銀座の一等地の表通りのビルとビルの間の狭い路地を入った場所にある
こんなところに飲食店なんてあるのかという場所に2013年3月1日にオープンした店で!

その立地とラーメンの美しい盛りつけと、割烹料理店を思わせるような店内の雰囲気が話題を呼んで!
これがメディアに取り上げられて、行列店の仲間入りを果たした店!


その後、「ミシュランガイドブック」のビブグルマンに2年連続で掲載されたこともあって!
今では海外の観光客まで巻き込んでの大行列となっている。


そんな店の、札幌に続く、この大阪進出店では、こちら『大阪店』限定の「osaka だしSOBA」なるものが提供されるということだったので!
これだけは食べておきたい♪


というわけで、エレベーターで地下2階に下りて、以前からある「バルチカ」の入口からアプローチ!

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-2

そして、以前に訪問したことのあるラーメン店の「博多 新風」の前を通って、新設されたエリアに入ると

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-3

唯一、店の前に行列のできている店があった!
それが『銀座 篝』!


ただし、やって来たのが午後の4時35分という時間だったこともあってか!?
行列していたのは5人だけ

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-4

しかし、この後、並んでいる間に、行列は十数人に膨らんだので
いいタイミングで来れたのかもしれない♪

並んでいる通路にメニューが置いてあって、待っている間に、メニューを見て、注文を決める。
麺メニューは、『銀座 篝』の代表メニューである「鶏白湯SOBA」950円 と大阪店限定の「osaka だしSOBA」880円 !


「蛤と牡蠣 汐SOBA」1000円 に「蛤と牡蠣 醤油SOBA」1000円
「濃厚つけSOBA(並・大)」980円 、「濃厚辛つけSOBA(並・大)」980円 、「特製つけSOBA(並・大)」1250円


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-5

そうして、少し並んでいるうちに、お客さんが出てきて、入れ替わりに店内へ
そして、まずは、レジへと案内されたんだけど

こちらは、前金制で、先にレジで会計を済ませる方式が採られていた。
予定通り、「osaka だしSOBA」の食券と、さらに、なにわの新店ハンターブラザースの一人である、まーちんさんの真似をして、「やってもうた(・ω・)/」の「バターごはん~トリュフ醤油かけ~」の食券を買おうとしたところ


「すいません。」
「今、ご飯ものが売り切れています。」


全員お揃いのベレー帽を被った女性スタッフの人かまらそう言われて
「では、osaka だしSOBAだけで…」

そう言って、注文を入れて、カードで会計!
こちらの店は、各種カードが使えるのがいい♪


会計を済ませると
「お荷物があるので、テーブル席にご案内します。」

そう言われて、案内されたのは2人掛けのテーブル席。
席は他に、オープンキッチンの厨房を囲むようにして作られたカウンター席が10席と、4人掛けのテーブル席が2卓に2人掛けのテーブル席が3卓の計24席ある。


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-8

席につくと、和モダンな曲げ木の木製のトレーが置かれて、屋号の入った箸が一膳。
そして、すぐにステンレスのタンブラーに入れられた水が運ばれてきたんだけど


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-7

和の趣の洗練されたインテリアの店で!
サービスも洗練されている。


そうして、ラーメンができるのを待っていたんだけど
なかなか出てこない

それどころか、隣の2人掛けのテーブル席に後から案内されたカップルのお客さんに「鶏白湯SOBA」が出されて
さらに、その後も、明らかに後から入店したお客さんにラーメンが出されていくのを見て、男性スタッフの人に、その旨を告げると

すぐに調べてくれて、オーダーが通っていなかったことが判明
「すぐに作らせますので…」と言うと…

平謝りされてしまったので
しょうがないとは思うけど

こんなサービスのいい店なのに
こんなミスもあるんだね(笑)

そうして、席についてから24分も掛かって着丼した「osaka だしSOBA」!
着丼の際も


「本当に申し訳ありませんでした。」と頭を深々と下げられてしまったんだけど
こちらも、もっと早く気づいて、指摘するべきだった

そして、供された「osaka だしSOBA」は、トッピングの豚バラ肉の煮豚鶏ムネ肉のレアチャーシューラディシュ食用菊蓮根アオサ青ネギ柚子に味変用の「焦がし玉葱油」が別皿に盛られて!
ラーメン自体は具なしの「かけそば」(関西的に言うなら「素うどん」)状態での提供!


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-9【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-10

これは、トッピングの具から溶け出す脂などでスープが濁らないためにそうしていると思われるので!
まずは、そのまま、スープをいただくと


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-11【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-12

鰹、宗田、さば、ウルメ節、昆布で出汁を引いたとPOPに解説されていたスープは
和食のお出汁の王道ともいえる味わいのスープで

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-6

やや、甘味のある、お塩と白醤油で味を整えた、この味わいは、関西のお客さんには絶対に受ける♪
高級な料亭に行くと、お客さんの出身に合わせて、淡い味付けにしたり、濃い味付けにして、お料理を出してくれたりするけど


これはまさに、関西をターゲットに作られたスープといえる。
そして、このスープは、ただ、淡いとか甘めとかではなくて、いい出汁出してる♪


特に昆布と鰹のうまみに干し椎茸のうま味!
さらに、目近(関東では宗田鰹)と潤目(ウルメ)の使い方が、完全に和食の料理人のもので!


こらは、プロの和食の料理人が引いた出汁!
めっちゃ美味しい♪


麺は、三河屋製麺の中細ストレート麺で!
つるパツな食感の麺は、啜り心地がよくて!


のど越しのよさがあって!
この淡麗な味わいのスープとも適度に絡んでくれて美味しくいただくことができた♪


【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-11

なお、この麺
つるパツな食感の中加水麺に感じられるけど

東京の『麺尊 RAGE』で使われている麺と味、食感が同じように感じられたので
たぶん、本来の茹で時間の50秒で茹でたら、ザクパツの食感に仕上がる低加水麺を、あえて、25秒ほど長めに茹でて、つるパツな食感に仕上げた麺なんじゃないかと思われる。

ただ、テーブル席で食べていて、厨房で麺を茹でるのを見ていないので、不確かだけど
そんな風に感じられた。

そして、次に、具を載せて
味の違いを確かめて見たところ

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-13

私のバカ舌では、違いはわからず(汗)
ただ、チャーシューに豚バラ肉の煮豚が使われていたので、このまま、放っておけば、煮豚の風味が移って、繊細な味の魚介オンリーのスープが、豚清湯魚介のスープの味わいに感じるようになったかもしれない

なお、この豚バラ肉の煮豚は、トロットロに、やわらかく煮込まれていて!
味わいもバツグンに美味しい♪


鶏ムネ肉のレアチャーシューも、やわらかくて、しっとりとした食感に仕上げられていて!
食感のいい一品だったし!


アオサも柚子も、味変アイテムの役割をして!
スープといっしょにいただくと


それぞれの風味が口の中に広がって!
どちらも好みの風味でよかったし♪


そして、途中で、味変用の「焦がし玉葱油」を入れて、いただくと
焦がし玉ねぎの香ばしい香りと油で、「あっさり」といた味わいのスープが、「こってり」と「あっさり」の間の「こっさり」とした味わいのスープに味変してくれて!

飽きさせずに食べられて
それどころか、2度美味しいが味わえてよかった♪

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-15【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-17

ラーメンとしては、人によっては、物足りなさを感じるかもしれないけど
ラーメンとも日本蕎麦とも違う、別の麺料理を食べている感覚で、これはこれでよかったと思うし♪

食べる前までは、関西は出汁文化ということで
淡い味わいの饂飩つゆのようなスープを作ってきて

「ちがうだろーーー!」
某元女性議員じゃないけど
(笑)

違和感を感じるスープが出されるのでは!?
なんて懸念もあったのに

しっかりとした味わいの出汁が引かれていたのはよかったと思うし♪
これなら、別に関西だけでなく、東京でも札幌でも出しても、ぜんぜんOKな一品だと思ったけど


でも、この味を大阪のお客さんがどう評価するのかが問題だね!?
ご馳走さまでした。

【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-18【新店】銀座 篝 ルクア大阪店-19

メニューSOBA
鶏白湯SOBA…950円/osaka だしSOBA…880円/蛤と牡蠣 汐SOBA…1000円/蛤と牡蠣 醤油SOBA…1000円

つけSOBA
濃厚つけSOBA(並・大)…980円/濃厚辛つけSOBA(並・大)…980円/特製つけSOBA(並・大)…1250円

ごはん
バターごはん~トリュフ醤油かけ~…280円/浜めし(魚介の炊込み)…250円/白ごはん…150円

トッピング
特製トッピング…300円/ねぎ…120円/パルメジャーノチーズ…200円/味玉…150円/ガーリックバター…150円/有明産 海苔…200円/鶏チャーシュー ~低温調理の国産銘柄鶏~…280円/豚チャーシュー ~国産豚の煮豚~…350円


銀座 篝 ルクア大阪店ラーメン / 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)

夜総合点★★★★ 4.0



好み度:osaka だしSOBAstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年11月20日(月)

中華そば いぶき【四】-1

本日のディナーは、大阪の天五中崎通り商店街というアーケード商店の中にある『中華そば いぶき』へ!

こちらの店は、ブランド煮干しの伊吹いりこを使って出汁を引いたラーメンにつけそばを出す店!
特に夏季限定で出される「冷やしイリコそば」が絶品♪


そんな店が、熊本のブランド地鶏の天草大王を使った「とりそば」なるメニューを出すようになって!
そして、このラーメンの販売価格が1,200円という高プライスなのも話題に!


しかし、スープに天草大王を使うだけではなく、チャーシュー代わりに天草大王のモモ肉がトッピングされるそうで!
それなら、この価格も納得♪


というわけで、このプレミアムな一杯を求めて、今年の5月12日に、5月8日オープンの新店『中華そば ぬんぽこ』でいただいた後に訪問したところ
もう開店時間の12時を過ぎているのにオープンしていない。

そこで、ドアを空けたところ
山中店主が出てきて

「金曜日は夜からの営業なんですよ…」と言われて…
スマホでググってみたところ

木曜日が定休日で、金曜日だけは夜営業のみとなっていた。
ちゃんと調べてくればよかったと反省


そうして「とりそば」を食べ逃してしまい
また、大阪に来た機会に食べようと思っていたくせに

次に大阪に来たときには、美味しそうなラーメンを食べさせてくれそうな新店がオープンしたり!
もっと食べてみたい限定ラーメンが提供されたりして


なかなか来れないうちに販売が中止されてしまった
しかし、Twitterを見ていたら、こちらの店で「塩そば」なるラーメンを食べている人のツイートを、たまたま発見!

これが、11月10日から発売された天草大王で出汁をとったスープのラーメンということだったので♪
この「とりそば」の後継ラーメンと思われるラーメンを食べに行くことにした。


地下鉄・天神橋筋六丁目駅の13番出口を出て、JR天満駅方面へ少し歩くと、通称「おいでやす通り」と呼ばれるアーケード商店街の「天五中崎通り商店街」が右に見えてくる。
商店街に入ると、すぐ左に大阪の魚介系ラーメンのパイオニアである「洛二神」


そのまま、商店街の中へと進んでいくと左手に店が見えてくる。
そうして、夜の開店時刻の6時に7分遅れで入店すると


厨房には山中店主の姿があって!
その厨房前の4席あるカウンター席に3人のお客さんが座っていた。


1席のみ空いていた厨房前のカウンター席へとついて
注文したのはビールと「天草大王ムネたたき」!

中華そば いぶき【四】-2

すると、先客3人のラーメンが出された後に、まず、ビールが出されて!
そして、突き出しに出されたのが、スープをとるのに使われている伊吹いりこ!


中華そば いぶき【四】-3
中華そば いぶき【四】-4中華そば いぶき【四】-5

食べられる煮干しを使っているんだね♪
でも、食べられる煮干しは高いのにね
(汗)

コイツをアテにして、まず、乙ビー♪
カリカリとした食感がいいし!


味のある煮干しで!
こんな煮干しを使って出汁をとったスープは美味しいに決まってるよね♪


続いて、山中店主が包丁を使って薄くスライスした「天草大王ムネたたき」も少し遅れて出されたんだけど!
山中店主によると、これは、白身魚と同じように昆布で締めて熟成させたものだそうで!


中華そば いぶき【四】-6中華そば いぶき【四】-7

しっとりとした食感なのもよかったし♪
天草大王の鶏ムネ肉のうま味が昆布締めすることによって、引き出されていて、めっちゃ美味しい♪


鶏肉は、ササミやムネ肉の刺し身やタタキも好きだけど♪
鶏モモ肉のタタキが大好きな人なので!


最初は、モモ肉の方がよかったのにな
なんて思っていたんだけど

食べてみたら
昆布締めされたこの一品は最高♪

それに、ムネ肉のタタキとともに付け合わせで出された鳴門産のワカメが、また、上質なワカメで!
シャキシャキとした食感と、仄かに感じる磯の香もよかったし♪


これをアテにビールをグビッとやれば
至福のとき

そうして、この絶品のアテをいただきながら、山中店主に
「塩そばは、とりそばの後継のラーメンになるんですか?」と聞いてみたところ…

「とりそばは、天草大王だけで出汁をとったラーメンですけど、塩そばは、魚介スープを合わせたラーメンです。」
「とりそばには、天草大王のモモ肉を入れてましたけど、こちらは、豚の内モモ肉のチャーシューになります。」


なるほど
天草大王オンリーのスープに魚介スープをブレンドすることと、天草大王の肉をトッピングしないことで、コストを抑えて、販売価格を1,200円から880円に下げてきた。

これが凶と出るか吉と出るか!?
これで、販売数量は伸びるだろうけど、味のクオリティはどうなんだろう

でも、とにかく、この「塩そば」を追加オーダーすることに
そうして、ビールもアテも空っぽになったところで、完成した「塩そば」が着丼することになるんだけど

中華そば いぶき【四】-8

普通は、カウンター越しにラーメンが出されるものなのに、山中店主は、わざわざ厨房を出て、ラーメンを手元まで配膳してくれる。
小さいことかもしれないけど、この気遣いが嬉しい♪


供された「塩そば」は、豚内モモ肉のレアチャーシューが3枚に、メンマワカメ、白髪ネギ、糸唐辛子かをトッピングされた一品で!
コストを抑えるためか、スープは少なめ
(笑)

中華そば いぶき【四】-9中華そば いぶき【四】-10

まずは、スープを一口いただくと
サラッとして、じんわりと天草大王のうま味が感じられるスープだと思っていたのに

中華そば いぶき【四】-11

予想に反して、やや、濁りがあって、粘度もある
兵庫県No.1ラーメン店の『らーめん専門 和海』タイプのスープだったのには、まず、驚かされた(゚o゚;;

そして、このスープ
地鶏のうま味がいっぱい詰まったスープで!

後から、昆布と伊吹いりこのうま味が追いかけてきて!
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪


しかし、いりこ出汁のあっさりとした味わいのスープのラーメンを出す店が、こんな濃密なスープを作るなんて
そして、こんな絶品の味わいのスープに仕上げてくるなんて

食べる前には、「これが凶と出るか吉と出るか…」なんて思っていたけど
地鶏のスープに伊吹いりこのうま味を合わせることで、スープのバランスがよくなっていて!

特に、塩ラーメンの場合は、鶏オンリーのスープよりも、こちらのスープの方がよかったと思う♪
失礼しました
(汗)

そうして、この天草大王と伊吹いりこがマリアージュしたスープには、意外にも極細の麺が合わされていて
「この麺、26番ですか?」と山中店主に尋ねると…

中華そば いぶき【四】-12

「そうです。」
「26番です。」


「はるゆたか100%の新麦を使って製麺しました。」なんていう答えが返ってきて…
そういえば、『らーめん専門 和海』も、替え玉用の麺は切刃26番の極細ストレート麺が使われていたっけ

でも、悪くはないけど、低加水のカタい麺なので
食感はいいけど、麺との絡みという点では、もう一つのようにも感じられたけど

しかし、今日のこの麺は、つるっとした啜り心地のいい中加水麺で!
スープとの絡みもバッチリ♪


そして、小麦粉の風味も感じられる麺で♪
いいな、この麺!


昨日は、ランチに『カドヤ食堂』で「春よ恋」の新麦を使った麺でラーメンをいただいて!
ディナーには、その『カドヤ食堂』出身の『中華そば うえまち』で、「春よ恋」の新麦の全粒粉が配合された麺もいただいた。


どちらも、いい麺だったけど、風味のよさは、この「はゆるたか」の方が上♪
そんな感想を話すと


山中店主からは
「春よ恋は、はるゆたかをベースにアメリカ小麦と掛け合わせ栽培しやすい小麦に品種改良したものですからね。」という答えがあって、納得♪

そして、豚の内モモ肉を使って作ったというレアチャーシューが、また、最高♪
モモ肉ということで、カタいんじゃないかと思ったのに


中華そば いぶき【四】-13

とても、やわらかくて
しっとりとした食感に仕上げられていて

それに、肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のチャーシューで!
これは、次回からは、トッピングして食べないとね♪


スープに麺にチャーシューも、すべて満足できる味わいで!
堪能させてもらいました♪


今後は、大阪に来たら、こちらの店に通う回数が増えそう♪
ご馳走さまでした。


中華そば いぶき【四】-14中華そば いぶき【四】-15

メニュー:イリコそば…780円/とり白湯そば…850円/塩そば…880円/つけそば…900円
大盛り…+100円

セットメニュー
白ごはん…100円/チャーシュー丼…280円

トッピング
鳴門産わかめ…100円/メンマ…150円/チャーシュー…200円/味付け玉子…100円/天草大王…350円


中華そば いぶきラーメン / 天神橋筋六丁目駅天満駅扇町駅

夜総合点★★★★ 4.5



好み度:塩そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月23日(月)

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-1

本日のランチは、大阪・天六に10月20日オープンした新店の『彩色ラーメン きんせい 天六店

こちらの店は、大阪・高槻市にある『彩色ラーメン きんせい』のFC店で!
閉店した『つけ麺処 つぼや 天六店』の跡地にオープン!


オープン8日前の10月12日には、やはり、閉店した『つけ麺処 つぼや 南森町店』の跡地に『南森町きんせい』がオープンしているけど
これって、『つけ麺処 つぼや』を自社開発店舗として運営している株式会社カンパーニャが『きんせい』へと乗り換えたってことなのかな!?

それとも、オーナーチェンジ!?
株式会社カンパーニャのホームページを見ても、このことには、何も触れてないし

それどころか、『梅田店』、『肥後橋店』と並んで、閉店した『天六店』、『南森町店』も、まだ、『つけ麺処 つぼや』として営業していることになっているので
真実はわからない。

ただ、FC店ではあるけど
「夜空に輝く金星のような鮮やかな色のラーメンを創りたい!」というコンセプトのもと、北摂を中心に現在は直営・FC店を多店舗展開させてきた「きんせいグループ」の大阪中心部への進出店ということで注目していた!

お昼の12時30分過ぎに、店の前までやってくると
店内は満席のようで、カップルのお客さんが外待ちしていた。

その後に付いて待っていると
すぐに、続々とお客さんが出てきて、そう待つことなく、席へと案内された。

入店すると、間口が狭く、奥行が広い、いわゆる「鰻の寝床」と言われる構造の店で
カウンターが店の入口近くから奥に向かって、2ブロックに分かれて、長く延びるレイアウトになっているのは、『つぼや』時代からのもの

奥の席はオープンキッチンの厨房前に並ぶ席で
厨房の様子もわかっていい♪

しかし、手前側の席は、壁に対峙して食べなければならなくて
『つぼや』時代には、この手前側のカウンター席に座らされて、孤独な思いをしたので(笑)

こちらの席に案内されたら、奥が空くまで待つ覚悟だったけど
奥の席が空いてよかった♪

席について、メニューを見ると
天六きんせい限定の「特製貝塩ラーメン」に、オープン1週間限定の「トリュフ薫るAWASE-RAMEN」があって!

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-2

デフォルトのメニューは、「極みの醤油」、「こだわりの塩」、「あわせあじ」の3メニュー!
さて、どれにしようか
!?

と思っている間もなく
「ご注文、お決まりですか?」と女性スタッフの方から聞かれて(汗)

「あわせあじって、醤油と塩を合わせたものってこと?」と尋ねたところ…
「いいえ、鶏豚骨と魚介スープを合わせたものです。」という答えがあって!

「オープン1週間限定の「トリュフ薫るAWASE-RAMEN」がおすすめです。」と言われたんだけど…
「きんせい」といったら、清湯スープのラーメンというイメージがあったので!

それと、限定という言葉には、めっぽう弱い私なので(汗)
普通なら、天六きんせい限定の「特製貝塩ラーメン」を選んでしまうこところだけど(笑)

ただ、貝出汁が強く出てしまうと、元のスープの味がわからなくなる気がしたので
そうなると、必然的に「極みの醤油」、「こだわりの塩」の二択ということになるけど

麺友の黒帽子さんだったら、きっと、スープの出汁のうま味がわかりやすい「塩」を選択するんだろうな
なんて思いながら、私がチョイスしたのは

デフォルトのメニューの先頭に書かれていた「極みの醤油」!
これは、ほとんどの店が、おすすめのラーメンを先頭に持ってくるのが通例なので!


なお、サイドメニューに魅惑的な「ローストポーク丼」なるものがあって!
まーちんさんよろしく、「やってもうた!」しようかと思ったけど


もし、この「極みの醤油」が、めっちゃ美味しかったら、デフォルトのメニュー構成がまったくいっしょの「南森町店きんせい」に行って!
「こだわりの塩」を食べて!


一気に新店2店制覇というのもいいんじゃないかなというのが頭の中を遮って
「やってもうた!」は自重することにした(笑)

厨房には2人の男性スタッフの人が居て、次々にラーメンを作っている。
見ていて面白かったのは、小鍋にカエシと香油を入れると、さらに2種類のスープを注いで、それをガス台の火に掛けていったこと


たまに、こういう作り方をするラーメン店もあるけど
珍しい

そうして、次に麺を茹で麺機のテボ中に入れていって、タイマーをセット!
温まったスープを丼に注いで


1分40秒後に鳴ったタイマーを止めると、湯切りされた麺がラーメン丼の中に入れられて
最後にトッピングの具が盛りつけられて

これで、「特製貝塩ラーメン」と「極みの醤油」の2つのラーメンの完成!
そして、私の目の前で完成したラーメンは、そのまま、カウンター越しに出されるのかと思ったら


そうではなく、女性スタッフの人が呼ばれて、両手にラーメンを持って配膳してきてくれたんだけど
素手で持って、運ぶのは、見ていて、ちょっと危ないような気が(汗)

着丼した「極みの醤油」は、豚バラ肉のチャーシュー豚肩ロース肉のレアチャーシューの2種類と
メンマカイワレ、ネギ、なるとが載るオーソドクシーな見た目の醤油ラーメン!

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-3【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-4

まずは、スープをいただくと
鶏ガラスープに昆布、煮干し、鰹、鯖、目近(宗太鰹)に秋刀魚かな

何種類かの節を効かせた魚介スープを合わせたような味わいのスープで!
これに、薄口醤油と濃口醤油をブレンドしたカエシで味付けられていて!


美味しいスープだとは思う
でも、これぞ「きんせい」というような、突き抜けた味わいのスープではなかったかな

麺は、平打ちの中太ストレートの自家製麺が合わせられていて
なめらかで、モチモチとした食感の麺で!

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-5

しなやかなコシも感じられていいとは思う。
ただ、淡麗な味わいのスープとの絡みはもう一つ


トッピングされた豚バラ肉のチャーシューは、余分な脂が落とされていたのは好印象だったけど
薄切りすぎたのが

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-6

豚肩ロースのレアチャーシューも、小ぶりの上に薄切りのものだったので
しっとりとした食感に仕上げられていて、味も食感もよかったので、もう少し、大きいと、満足感は高かったんだけどね

『きんせい』のラーメンということで、ハードルを上げすぎてしまったのかもしれない
それに、開店祝いのお花も届けられていた、『きんせい』出身の『麺や ひなた』のラーメンが、かなり美味しいラーメンだったことも影響しているのかもしれないけど

【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-7

でも、そう言いつつも、スープは美味しかったから!
すべて飲み干して完食したし♪


『南森町店』にしても『天六店』にしても、大阪のキタに、『きんせい』のDNAを感じさせてくれる店が誕生したのはよかったと思う♪
ご馳走さまでした。


【新店】彩色ラーメン きんせい 天六店-8

メニュー:らーめん
極みの醤油…750円/極みの醤油チャーシュー…950円
こだわりの塩…750円/こだわりの塩チャーシュー…950円

あわせあじ…800円/あわせあじチャーシュー…1000円

特製 貝塩ラーメン…円
【オープン1週間限定】トリュフ薫るAWASE-RAMEN…1000円

セットメニュー
ごはんセット(~15時まで)…+50円
焼豚丼セット…+280円/レアポーク丼セット…+300円
唐揚げセット(唐揚げハーフ+ごはん(小))…+250円/満腹セット(唐揚げハーフ+焼豚丼)…450円

ごはんもの
ごはん
小…100円/中…150円/大…200円
焼豚丼…350円/レアポーク丼…400円
唐揚げ ハーフ(2個)…200円/唐揚げ 普通(4個)…380円

トッピング
半熟味付玉子…100円/メンマ増し…100円/チャーシュー…200円


彩色ラーメン きんせい天六店



関連ランキング:ラーメン | 天神橋筋六丁目駅中崎町駅天満駅



好み度:極みの醤油star_s35.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m