FC2ブログ
訪問日:2020年10月16日(金)

NoodleSpice curry 今日の1番-1

本日のランチは、埼玉県川口市に今年の6月20日にオープンした話題の煮干しラーメンとスパイスカレーの店「Noodle&Spice curry 今日の1」へ!

朝6時30分から営業して、500円ワンコインの「煮干かけソバ」と「煮干かけソバ」に日替わりのスパイスカレーのセットを1,000円で販売する!

そして、提供される「煮干ソバ」にスパイスカレーは、どちらも専門店並みの本格的なもので!
とても美味しいと評判の店で!


仙台から帰省するときに食べに行くつもりで
7月の4連休と8月のお盆休みに2度訪問を試みた。

しかし、1度目は、チャーシュー切れで朝営業のみ
昼営業は臨時休業になってしまい😣

2度目は店主の体調不良による臨休で、2度フラれてしまった😫
今日が3度目のトライになるけど、朝6時24分のTwitterのツイートを見る限りは、「本日朝、昼、夜の3部営業です。」ということだったので、たぶん、大丈夫。

ただ、1度目に訪問しようとしたときも、その後のツイートで昼営業が急遽、休みになったので😓少し大きい文字
その後もTwitterをチェックしていたところ

8時37分のツイートで、10時から昼営業をするとツイートしていたので、一安心😌
ただ、一つだけ残念だったのは、「濃厚はイカとアジ煮干入です。」とツイートしていたこと

私は煮干しラーメンが好きで♪
今まで、何百杯も煮干しラーメンを食べてきているけど


唯一、苦手なのが、烏賊煮干しの風味😨
だから、一番好きで、一番多く通っている『中華ソバ 伊吹』でも、烏賊煮干しが使われたラーメンだけは食べない😞

しかし、昨日も、山形市に行く機会があって、『やきとり遊喜』が木・金のみのランチタイムに『鶏そば 遊喜』として営業する店に行くことができたというのに
店頭に、この日の営業は限定ラーメンのみの告知がされていて

鶏そば 遊喜

この限定ラーメンというのが、何と烏賊煮干しで作った「烏賊そば」😕
レギュラーメニューの「鶏そば」を食べたかったのに、仕方なく撤退せざるを得ないという悔しい思いをしたばかりだというのに

なかなか来れる機会もない店なので、できれば、「煮干ソバ」と「濃厚煮干ソバ」の連食をしたかったのに
でも、スパイスカレーを食べればいいか♪

そうして、東京で一仕事して、店のあるJR京浜東北線の川口駅へとやってきて
駅西口から徒歩8分の店へとやって来ると

6人のお客さんが外待ちしていた。
後ろに付いて待つ。


すると、この後、食べ終わったお客さんが出てきても、待っているお客さんを入店させない
それが続いて、16分待って、ようやく、入店することを許されたんだけど😅

こちらの店は、そのロットのお客さんが食べ終わるまで、次のお客さんを入れない「入れ替え制」が実施されていた。
二郎系の店などでは、よくある風景だけど、普通のラーメン店では珍しい。


そして、前の6人のお客さんが入店した後に、スタッフのお姉さんから
「お一人様ですか?」と言われて…

「はい!」と答えると…
「どうぞ♪」と言われて、入店。

すると、8席あったカウンター席のうち、入口に一番近い席が1席のみ空いていた。
そして、店内では、まだ、1人だけ食べていたお客さんがいたので、この回は7人のお客さんの入れ替えということになった。


そして、まずは、入口付近に掲げられたホワイトボードで本日のメニューを確認して
その右隣にある券売機で食券を購入する。

NoodleSpice curry 今日の1番-2NoodleSpice curry 今日の1番-3

ホワイトボードには、「本日の煮干」と書かれていて
本日、販売されている「煮干ソバ」に「濃厚煮干ソバ」に使用された煮干しに、その他の材料の種類が掲載されていた。

「煮干ソバ」は、「九十九里✕愛媛✕京都小羽✕カマス✕岩手片口✕乾物✕鶏」。
「濃厚煮干ソバ」は、「九十九里背黒✕アジ✕イカ✕乾物✕豚鶏」。


もう少し、わかりやすく説明すると
「煮干ソバ」に使用した煮干しは、千葉県九十九里産の背黒(青口煮干し)、愛媛産の瀬戸内のいりこ(白口煮干し)、京都産背黒の小型の煮干し、カマス煮干し、岩手県産の背黒ということで

「岩手片口」の「片口」とは!?
片口イワシの煮干しという意味で、上記の煮干しでは、カマス以外は、すべて、背黒(青口煮干し)もいりこ(白口煮干し)も片口イワシの煮干し。

「背黒」というのは!?
九十九里のような外海で獲れる片口イワシの煮干しで、背の部分が黒いので、そう呼ばれる。

青口煮干しとも呼ばれて
「九十九里背黒」、「長崎背黒」、「八戸青口」など、産地によって呼称が違う。

「いりこ」は、主に西日本で呼ばれる煮干しの総称でもあるけど
実際には、瀬戸内海で獲れる片口イワシの煮干しのこと。

白口煮干しとも呼ばれて
「背黒」同様、こちらも「伊吹いりこ」、「愛媛白口」、「広島白背」の呼称で呼ばれる。

「小羽(こば)」とは、小型の煮干しのこと。
煮干しは、その大きさから、大羽(約8cm以上)、中羽(約6~8cm)、小羽(約4~6cm)、かえり(約3~4cm)に分類される。

切りがないので、これくらいにしておきますが😅
「濃厚煮干ソバ」に使用されたアジ、イカは、鯵にスルメイカの煮干しのこと。

そして、今日は、この「煮干ソバ」、「濃厚煮干ソバ」の2種類のラーメンの他に「つけソバ」に「まぜソバ」も用意されていて
スパイスカレーは「1種」、「2種」の2種類。

本日の「1種」は魯肉飯(ルーローハン)で、これは、豚肉のこま切れを甘辛く煮込んで、ご飯の上にかけた台湾料理
スパイシーカレーではないご飯ものが用意されていて

「2種」は、この「魯肉飯」とキーマカレーの合いがけ!
これを見て、券売機で「煮干ソバ」と「セット スパイスカレー 2種」の食券。


さらに、「特製」にするか「肉増し」にするか、少し迷って
「特製」の方がお得なんだろうなと思いながらも、特に味玉は食べたいとは思わない人なので、「肉増し」トッピングの食券も買って席へとついて

食券をカウンターの上に上げると
順番に食券を回収していく店主!

そして、先客4人のラーメンを作り終えたところで
次に先客2人と私のラーメンを3個作りし始める店主。

そして、ラーメンができる前に、まず、お姉さんから「魯肉飯とキーマカレーの合いがけ」が提供されて
すぐに、完成したラーメンも、「濃厚煮干ソバです。」と言って、先客2人に続いて、私にも「濃厚煮干ソバ」が出されたので

「違います。」
「煮干ソバですよ。」
と言うと…

すぐに間違えに気づいた店主から
「すぐに作り直します。」

せっかく作ったラーメンが無駄になるのは忍びないので、こういう場合、大概は
「いいですよ!」と言って受け取る。

しかし、今日だけは
烏賊煮干しを使った「濃厚煮干ソバ」だけは、申し訳ないけど、食べたくないので😓

なお、新たにラーメンができるまでは、カレーは放置プレイ
冷めてしまうけど、カレーを先に食べてしまうと、ラーメンの味わいがわからなくなってしまうので

そうして、作り直された「煮干ソバ」の「肉増し」が
「お待たせして、申し訳ありません。」という店主のお詫びの言葉とともに着丼!

NoodleSpice curry 今日の1番-4NoodleSpice curry 今日の1番-5

「肉増し」にしたので、豚肩ロース肉鶏ムネ肉の低温調理されたレアチャーシューが4枚ずつと
粗微塵切りされた玉ネギ、海苔がトッピングされた煮干しラーメン!

NoodleSpice curry 今日の1番-6

まずは、煮干しが香るスープをいただくと
背黒の力強いうま味が口の中に広がるスープで

NoodleSpice curry 今日の1番-7

いりこのうま味に甘味も感じられて…
そして、煮干しの、ほんのりとしたビターさも感じられて

そして、京都小羽や愛媛もコストの高い煮干しだけど
九十九里背黒も「特撰」と呼ばれる価格の高い上者の煮干しが使われているのか!?

感じるのは上質な煮干しのうま味で♪
えぐ味はなく、最高に美味しい
😋

そして、さらに、昆布のうま味と
わずかながら、鯖節、宗田節と思われるうま味に酸味も感じられる、この味は!?

以前に、東武動物公園駅が最寄り駅で
しかし、駅からはだいぶ離れていて、車じゃないと行けない「アグリパークゆめすぎと」という「道の駅」の中にあった『煮干乱舞』という店で食べた500円ワンコインの「かけそば」スタイルの煮干しラーメンに似ているかな!?

でも、スープが、かなり、しょっぱかった記憶がある。
それに引き換え、このスープは、それほどでもない。


もちろん、大量の煮干しが使われているので塩分濃度は高い。
でも、その割りには塩分濃度が抑えられていたのもよかった♪


スープに合わされた細ストレート麺は、時間を計測しているうちに、40秒の時点で、気づいたときには、すでに茹で終えて、湯切りされた麺が、スープの張られたラーメン丼に納められていたので
おそらく、麺の茹で時間は20秒から30秒の間位と思われるけど

NoodleSpice curry 今日の1番-8

アルデンテに茹でられた麺は、カタめで、パッツンパッツンの煮干しラーメンの定番麺と博多とんこつラーメンに使用される麺の中間のような食感の麺で!
スープとの相性もいい♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、厚みがあって、火入れの状態もよくて!
しっとりとした食感に仕上げられていたのもよかったし♪


NoodleSpice curry 今日の1番-10

肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のチャーシューで😋
トッピングする価値のある逸品だったし♪

NoodleSpice curry 今日の1番-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューも、厚みがあって
こちらも、しっとりとした食感に仕上げられていてよかった。

NoodleSpice curry 今日の1番-11

ただ、何枚も要らないので
できれば、豚肩ロース肉のレアチャーシューだけトッピングできるようにしてもらえると、ありがたいんですけど😅

刻み玉ねぎは、ビターな味わいの煮干しスープにはマストな薬味だし!
海苔もパリッとした上質なものが使われていてよかった♪


魯肉飯とキーマカレーの合いがけ」は、「魯肉飯」の豚バラ肉がトロットロに、やわらかくて煮込まれているのがよくて!
八角の香りも♪


NoodleSpice curry 今日の1番-12NoodleSpice curry 今日の1番-13

オイスターソースの味わいも!
甘辛い味付けもよかったし♪


「キーマカレー」は、スパイスの複雑かつ芳醇な香りが、とてもよくて♪
口に含むと、玉ねぎの甘みとスパイシーな香りが口の中に広がって、めちゃめちゃ美味しかったし
😋

ヨーグルトの酸味も!
アーリーレッドの甘味と辛味も!


ドライパセリの風味も!
このキーマカレーには、よく合っていたし♪


キューリのキューちゃんのような漬物も箸休めによかったし
美味しく完食😋

そうして、最後は、少し残っていたスープを飲み干してフィニッシュ!
「煮干ソバ」もスパイスカレーも評判通りの美味しさだったし
😋

次に、もし来ることができたら、「つけソバ」を、また、スパイスカレーをセットにして食べてみたいな♪
ご馳走さまでした。


NoodleSpice curry 今日の1番-14

メニュー:【朝限定】煮干かけソバ…500円/スパイスカレー…500円/煮干かけソバスパイスカレーとのセット…1000円/TKG…200円

特製煮干ソバ…1080円/煮干ソバ…780円
特製濃厚煮干ソバ…1200円/濃厚煮干ソバ…900円

和え玉…220円/和え玉ハーフ…220円

特製煮干つけソバ…1200円/煮干つけソバ…900円
特製煮干まぜソバ…1300円/煮干まっぜソバ…1000円

つけソバ・まぜソバ大盛…100円

味玉…100円/特製…300円/肉増し…300円/ごはん…100円/肉ごはん…300円/生玉子…50円

セット スパイスカレー 1種…550円/セット スパイスカレー 2種…650円/単品カレー…1200円


ヌードル&スパイスカレー 今日の1番



関連ランキング:ラーメン | 川口駅



好み度:煮干ソバ+肉増しstar_s45.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



訪問日:2020年3月17日(火)

麺屋 葵-1

本日のランチは、昨日3月16日にグランドオープンした話題の新店『中華そば イデタ』へ!

グランドオープン前にプレオープン営業を何日か繰り返して
その前には、知り合いを招いて試食会が何度か行われて

その都度、Twitterでラーメンを大絶賛するツイートが上げられていて!
どんだけ美味しいラーメンが食べられるんだろう
!?

楽しみに、東武日光線の幸手駅という
都心から離れたローカルな駅に初めて下車して

店の前に開店時間20分前の10時40分にやって来ると
お客さんの姿はなし

麺屋 葵-2

嫌な予感がして、入口の前に進むと
17日定休日って😢

麺屋 葵-3

昨日オープンしたばかりで、2日目が定休日の火曜日だからって、普通、休む!?
店主はTwitterでツイートしていて、見ていなかった私が悪いんだけど

こんなに遠くまで来てしまったので、リカバリーするのが大変😞💦
よし、では、同じく、昨日の3月16日にオープンした『中華麺きなり』へ行こう!

同じ埼玉県の新河岸にオープンした店なので!
なんて思ってスマホで検索すると、最短でも、ここから1時間48分もかかるって


車で横にスライドして行ければ、そんなに時間は掛からない!
しかし、今日は電車で来ていたので!


そこで、リカバリーに向かったのは『麺屋 』!
2015年2月18日オープンの店。

オープン当初は、中華鍋を振って作る王道の「味噌ラーメン」が売りの店で、「餃子」や「チャーハン」もサイドメニューに用意されているという情報だったのに
いつの間にか、鴨出汁ラーメンの店になっていて、鴨ラーなので、機会があれば、食べてみたいと思っていた♪

そこで『イデタ』からは徒歩9分。
幸手駅からだと17分ほど掛かる


オレンジ色のスペイン瓦の長屋建ての建物に4軒入る飲食店のうちの1店として入っている店へと11時19分にやって来ると
一番右が『麺屋 葵』で!

麺屋 葵-4

ちょうど店の中から店主が出てきて、暖簾を掛けているところだった。
一番乗りで入店!


店内は、右奥から手前にかけてのスペースが、オープンキッチンの厨房になっていて、中には店主と女性スタッフの人が1人。
厨房の正面には4人掛けのテーブル席が2卓。


厨房の左横にはカウンター席が3席。
壁に向かって座るカウンター席も2席あって、最大13席が着席できる店


券売機の姿がなかったので、厨房横のカウンター席の1席へと座って
卓上のメニューを見ると

「鴨出汁・白」、「鴨出汁・黒」の2種類の「鴨出汁らーめん」に!
「カレー鴨油そば」、「鴨油そば」の2種類の「汁なし鴨油そば」の全4種類。


麺屋 葵-5麺屋 葵-6

「鴨出汁つけ麺」もメニューにあったはずで、これを別皿に具がトッピングして出される「特製」で食べるつもりだったのに
そこで、2種類の「鴨出汁らーめん」の中から「鴨出汁・白」をチョイス!

さらに、「特製トッピング」にしようとして
しかし、その下に「鴨チャーシュー」トッピングもあったので、どちらにするか迷って、「鴨チャーシュー」は何枚増しになるのか

女性スタッフの人に聞いてみると
わからないようで😅

代わりに店主から
「4枚です。」と答えがあった。

「特製」だと、鴨チャーシュー2枚に豚チャーシュー2枚と味玉が付くのに、「鴨チャーシュー」トッピングは鴨チャーシューが4枚。
「特製」がお得なのは歴然。


ただし、特に味玉は、あっても、なくてもよかったので迷うところだったけど
デフォルトでは付かない豚チャーシューも食べているおいた方がいいかなと思って、「特製」にしてもらって!

さらに、ご飯ものの中から、平日限定で提供されていた「鴨チャーシュー丼」もお願いすることにした。
こちらの店はオープンキッチンとはいえ、カウンターの壁が高くて、座っていたら、調理する様子がわからないので、黙って、ラーメンができるのを待っていると


次々にお客さんが入店してきて、私が帰るときには、満席になって!
スゴく流行ってる♪


注文してから8分ほどで、完成した「鴨出汁・白」の「特製トッピング」がトレイに載せられて、女性スタッフの人によって配膳されてきた。
鴨ロースのスモークハムが4切れに豚バラ肉の煮豚、味玉、極細メンマ三つ葉、刻みネギが盛りつけられたラーメン!


麺屋 葵-7麺屋 葵-8

そうして、ラーメン画像を撮って、味玉をパッカーンと二つ割りしているうちに
鴨チャーシュー丼」も出された。

麺屋 葵-9麺屋 葵-10

まずは、鴨香るスープをいただくと
香りの割りには、鴨出汁は、あくまで、じんわり

鴨ガラだけで炊いて、丸鴨が使われていないからか!?
鴨ガラの量が少ないからか

あるいは、炊き出しの温度か
出汁の抽出時間の問題からか

鴨出汁のうま味は弱めで
鴨脂のオイリーさが目だってしまって

さらに、カエシに使われた白たまりか白醤油かの甘みが強く感じられて
ちょっと、思い描いていた味わいとは大きく違ったかな

麺は全粒粉入りの中細ストレート麺で!
入口に菅野製麺所の看板があったので、おそらく、菅野製麺所の麺だと思われるけど


麺屋 葵-11

つるパツの食感の加水率低めの中加水麺で!
小麦粉のうま味も感じられる麺でよかったと思うし♪


それに、この淡麗な味わいのスープとも、それなりに絡んでくれて、よかったとは思うけど
もう少し、スープに鴨出汁のうま味が欲しかったかな

豚バラ肉の煮豚は、特別なものじゃなかったけど
普通に美味しい。

麺屋 葵-12

味玉は黄身の茹で加減が緩くもカタくもない、いい茹で加減のものでよかった♪
ただ、極細のメンマは、やわらかくて、あまり、味、食感とも、好みのものとは違ったかな


さらに、麺を食べ終わったところで、「鴨チャーシュー丼」に載せられたソテーした鴨ハツをご飯とともにいただくと
甘辛く味付けられた味わいが、とてもよくて、これは美味しい😋

そうして、鴨ハツと味が付いたご飯を食べた後に
「鴨チャーシュー丼」に残ったスープを掛けて、セルフ「鴨雑炊」にしていただくと

麺屋 葵-13麺屋 葵-14

まず、鴨チャーシューは、鴨ロースを低温調理したか、焼いたか、コンフィしたか
何か調理されたものだろうと思っていたのに

鴨ロースのスモークハムが使われていて
もしかしたら、燻製して自作したハムなのかもしれないけど

でも、おそらく、市販のものをカットしただけのものと思われて
う~ん😑

雑炊にしても、味わいは、もう一つだったし😞
ラーメンデータベースの評価がよかったので、期待していたのに

申し訳ないけど、ちょっと、私の口には合わなかったかな
ご馳走さまでした。

麺屋 葵-15

メニュー:らーめん(140g)
鴨出汁・白…830円/鴨出汁・黒…830円
大盛
(210g)…120円

油そば(220g)
カレー鴨油そば…850円/鴨油そば…680円
大盛(330g)…120円

トッピング
特製トッピング…200円/鴨チャーシュー…200円/豚チャーシュー…200円/味玉…100円/メンマ…150円/柚子…50円


ご飯物
鴨ハツ丼…350円/鴨キーマカレー丼…350円/まかない丼(豚チャーシュー丼)…350円/鴨チャーシュー丼(平日限定)…350円/ライス…200円

※麺類を人数分ご注文いただいていないお客様…+150円

焼餃子
3ケ…250円/5ケ…380円

※麺類をご注文いただいていないお客様…+50円

麺屋 葵



関連ランキング:ラーメン | 幸手駅



好み度:鴨出汁・白star_s20.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年11月20日(水)

麺処 はら田【弐】-1

本日のランチは、令和元年元旦の5月1日にオープンした『麺処 ほん田』本田店主公認の店『麺処
』へ!


惜しまれながら閉店した大宮の『麺処 ほん田 niji』で最後の店長を務めていた原田店長が独立開業した店。

5月1日のオープン日に訪問するも、50人もの大行列に阻まれて、已む無く撤収😢
6月19日に再度アタックして、新メニューとして提供されていた「昆布水の淡麗鴨つけめん」をいただいた。

これは、原田店主が『麺処 ほん田 niji』の店長時代に最後の方に出していた傑作限定という情報で、期待できそうだったのに
誰かがTwitterで、鴨感のないスープとツイートしていて

『麺処 ほん田』に、その出身店で、鴨出汁の清湯スープのラーメンは食べたことがないので、わからないし
それに、つけ汁にニラが入っているというのが、少し気になった

しかし、実際に食べてみると
濃厚なフォン・ド・カナール(鴨のフォン)といった感じのフレンチのフォンのようなつけ汁で!

鴨出汁のうま味MAX!
それの、香味油に使われていた鴨脂によって、鴨の風味が高められていて、これで、鴨を感じないというのは、あり得ない
(-"-;A ...アセアセ

それに、鴨のワイルドさも感じられるスープで!
これが苦手な方もいるかもしれないけど、多くの鴨好きにはたまらない味わいだと思うし
😋

原田店主のオンリーワンの傑作つけ麺だったというのが私の感想で♪
でも、これだから、誰かが言ったことを、鵜呑みにしてはいけないんだよね
(--;)

そんな店が、「磯香る牡蠣の塩つけそば」なる新たなメニューを11月9日から2週間程度の期間限定で提供するというのを原田店主のTwitterのツイートで知って!
これは食べに行かないと!


ただ、すぐにも食べたいとは思いなからも、他にも食べてみたい店や限定ラーメンもあって
本日11月20日の訪問まで遅れてしまった。

京浜東北線の快速に乗車して、武蔵野線も走る南浦和駅へ!
そうして、駅東口から徒歩3分ほどのJR武蔵野線の高架沿いにある『麺処 東行』の跡地にオープンした店へ11時45分にやって来ると


10人のお客さんが行列を作って待っていた。
最後尾に付くと、ちょうど、外にいた原田店主のお父さまから、先に食券を買うように言われて、入店!


入口を入って、すぐ右に設置してある券売機で食券を購入する。
メニューは、前回とは大きく様変わりしていて


左上の一番のおすすめの位置には「特製醤油そば」!
その右は「特製塩そば」!


麺処 はら田【弐】-2麺処 はら田【弐】-3

さらに、その右は「特製濃厚豚骨魚介つけ麺」!
この3つが大きなボタンになっていて、おすすめなのはわかるけど


MIX部門でTRYラーメン新人賞を獲得した「濃厚魚介豚骨ラーメン」は、大きなボタンにしていないんだね😅
そして、前回は販売されていなかった「醤油そば」に「塩そば」推しなのも面白い♪

でも、今日は「磯香る牡蠣の塩つけそば」にするつもりなので!
ボタンを探す。


しかし、「昆布水の淡麗醤油つけめん」、「昆布水の淡麗塩つけめん」に「昆布水の淡麗鴨つけめん」のボタンもあったのに、「磯香る牡蠣の塩つけそば」のボタンは見当たらなかったので、近くにいた原田店主の美人の奥さまに
「磯香る牡蠣の塩つけそば」を食べにきたことを告げると

「もう、終わっちゃいました。」と申し訳なさそうに言われて…
えっ!?まだ、開店してからそんなに時間も経っていないのに!?

とは思ったけど
ないなら、仕方ない。

そこで、「昆布水の淡麗塩つけめん」の食券を買って
さらに、平日昼の部限定の「肉飯(小)」の食券も買って外へ!

そして、元にいた場所に戻ると、原田店主のお父さまが店の中から出てきて…
私の食券を回収すると

麺の量を「中盛」にするかどうか聞かれたので
「中盛」でお願いすることに!

そうして、店に到着してから30分ほど待って、お父さまに呼ばれて、店内へ!
そして、案内されたのは手前から奥にあるオープンキッチンの厨房に延びるカウンター10席のうち、一番奥の一番厨房に近い席!


原田店主に挨拶して、「磯香る牡蠣の塩つけそば」を食べに来たことを話すと
「一昨日で終わってしまいました。」という答えがあったので

Twitterを見に行ってみると
その言葉通りだった😓

11月9日から2週間程度の提供ということだったので、まだ、やっているだろうと思っていた。
しかし、後で、見直したところ


材料なくなり次第終了と書かれていたのを見落としていたし😓
それに、行く前に、ちゃんとTwitterを見てから行くべきだったと反省m(_ _;m)三(m;_ _)m

そうして、着席してから8分後に、まず、「肉飯(小)」が!
それから、1分後に「昆布水の淡麗塩つけめん」が、原田店主の奥さまによって運ばれてきた。


麺処 はら田【弐】-5麺処 はら田【弐】-6

昆布水に浸かった麺の上に豚肩ロース肉のレアチャーシューに味玉、カイワレ、海苔と海苔の上に生姜が載せられて
つけ汁の中に豚バラ肉の吊るし焼きチャーシューメンマ小松菜と色紙切りされた長ネギが入れられた美しくビジュアルのつけ麺♪

麺処 はら田【弐】-7

まずは、前回いただいた「昆布水の淡麗鴨つけめん」と同じと思われる菅野製麺所に特注している中細ストレートの麺を、つけ汁にはつけずに、いただくと
つるっとした啜り心地のいい麺で!

モチッとした弾力のある加水高めの中加水麺で!
小麦粉のうま味も感じられる麺で、このままでも美味しいし
😋

麺処 はら田【弐】-8

それに、この昆布水はガゴメ昆布に出汁昆布も併用されているようで!
ネバネバで、適度に粘度がある上に、昆布のうま味も感じられるのもよかったし♪


次につけ汁につけていただくと
あれっ!?鴨出汁じゃない😮

ラーメンデータベースで、この「昆布水の淡麗塩つけめん」を食べた人のレビューには鴨100%スープとあったし😅
つけ汁は、「昆布水の淡麗鴨つけめん」と同じ鴨出汁スープだと思っていた

しかし、この味わいは、鶏ガラ魚介!
鶏ガラに豚のゲンコツで炊いた動物系のスープに昆布、干し椎茸に背黒か平子の煮干し!


それに、鯖と宗太節かな!?
節のうま味も感じられて

そんな鶏ガラ主体のスープに乾物のうま味も入れたバランス型のスープで!
鴨はいないような
(-"-;A ...アセアセ

今回も、また、感じたのは、人の感想を鵜呑みにしてはいけないってこと。
やっぱり、自分の舌で味わってみないと、見誤ってしまうね
🤔

でも、鴨出汁のつけ汁ではなかったけど
鶏と豚の動物系のうま味に乾物による和風出汁のうま味を重ねたスープも、めちゃめちゃ美味しくて😋

それに、徐々に昆布水の昆布のうま味が、つけ汁に移って、味変していって!
味の変化を楽しめたのもよかったし♪


そして、これは、ズバリ、師匠である『麺処 ほん田』の本田店主の作る「濃厚昆布水つけ麺」をリスペクトして作った一杯だね♪
まだ、師匠の域までは行っていないかもしれないけど、かなり美味しい「昆布水に浸かった塩つけ麺」といえる
😋

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりした食感に仕上げられていて
厚みがあるのに、やわらかくて

肉のうま味が中に閉じ込められた美味しいレアチャーシューで😋
これは、トッピングしてチャーシュー増しにして食べる価値のある逸品に思えたし♪

麺処 はら田【弐】-9

つけ汁の中に沈められていた豚バラ肉の吊るし焼きチャーシューは、薫香が、とても香ばしくて♪
肉のジューシーさを感じられる絶品のチャーシューで
😋

麺処 はら田【弐】-10

これも、トッピングできるなら、トッピングしたい逸品に思えたし!
『麺処 ほん田』のチャーシューはクオリティが高いので有名だけど、こちらの店のチャーシューのクオリティも高い♪


そうして、最後に原田店主にスープ割りをお願いすると
再び、熱々になって戻ってきた。

そして、このスープ割りを「肉飯(小)」とともにいただくと
「肉麺」は炙りチャーシューが載せられていて、こちらのチャーシューも、香ばしくて、甘辛い味付けもよかったし♪

麺処 はら田【弐】-12麺処 はら田【弐】-11

そして、スープ割りは、昆布に鰹、鯖、宗太節かな!?
節の風味が口の中に、ふわ~っと広がって、最高に美味しかったし♪

近くはないので、ちょくちょくは来れないけど、また、来ますね♪
ご馳走さまでした。


麺処 はら田【弐】-13麺処 はら田【弐】-14

メニュー:特製醤油そば…1060円/醤油そば…810円/味玉醤油そば…910円/チャーシュー醤油そば…1110円
特製塩そば…1060円/塩そば…810円/味玉塩そば…910円/チャーシュー塩そば…1110円

昆布水の淡麗醤油つけめん…900円/昆布水の淡麗塩つけめん…900円

特製豚骨魚介つけ麺…1100円/豚骨魚介つけ麺…850円/味玉豚骨魚介つけ麺…950円/チャーシュー豚骨魚介つけ麺…1150円
特製豚骨魚介らーめん…1100円/豚骨魚介らーめん…850円/味玉豚骨魚介らーめん…950円/チャーシュー豚骨魚介らーめん…1150円

辛つけ麺…900円
油そば(平日昼の部限定)…590円

中盛り…50円(昼の部無料)/大盛り(つけ麺のみ)…150円/特盛り(つけ麺のみ)…200円/替え玉…130円
ご飯(小)…100円/ご飯…150円/肉飯…300円/ローストポーク丼…250円
肉飯(小)(平日昼の部限定)…150円

トッピング
特製…250円/味玉…100円/のり(5枚)…100円/自家製メンマ…150円/生たまご…50円/チャーシュー…300円


麺処 はら田



関連ランキング:ラーメン | 南浦和駅



好み度:昆布水の淡麗塩つけめんstar_s50.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年11月26日(火)

中華そば きなり【参】-1

本日のランチは、埼玉県の新所沢に昨年の11月27日にオープンして、明日オープン1周年を迎える中華そば きなりへ!

メニューを季節毎に替えて提供する店!
本日11月26日から冬季限定の「赤味噌そば」が提供される。


これは、東京の駒込に店があったときから毎年恒例で提供されている、こちらの店の土橋店主のスペシャリテ!
八丁味噌をベースに作られた特製の味噌ダレに土橋店主の命の出汁を合わせた味噌スープが、めちゃめちゃ好みで、最高に美味しいので
😋

この「赤味噌そば」か、これをアレンジして作ったつけそばバージョンの「赤味噌つけそば」が販売されると
あまり、同じメニューを食べることのない私が、提供期間中に何度もリピートして食べに行くくらい♪

というわけで、前回、もう一つの土橋店主の傑作限定だと思っている夏季限定メニューの「冷やしつけそば烏賊肝醤油」をいただいて以来
久々に、やって来ました新所沢駅!

この西武新宿線の急行が停車する駅には、高田馬場駅から急行に乗れば39分でやって来れる。
でも、そうは言っても、やっぱり、遠いし
😅

都内では、毎日、何処かの店で気になる限定が出されているし!
新店も、毎日のように誕生するので


本日、メニューが切り替わる前に提供されていた秋季限定メニューの「牡蠣そば」に「鴨と茸 淡麗つけそば」も食べてみたかったけど
つい、行きやすい、都内の店に行ってしまうんだよね😅

駅東口の階段を下りて
駅前の小さなロータリーを左回りで進んで、突き当たりを左に

すぐ先の一本目の路地を右に曲がって
さらに、一本目の路地を左に曲がった右側にある、駅からは近い店へと開店時間まで、あと12分に迫った11時18分にやって来ると

ちょうど、反対方向から歩いてきたお客さんに先を越されてしまった
でも、それでも6番目!

直後に、2人のカップルのお客さんが並んだので!
もし、私が、もう少し遅かったら、8番になってしまって


6人だけが座ることを許されるカウンターのみ6席の店には、開店とともに入店することはできなかったので
今日は、ついてたかも♪

店頭には、メニュースタンドが置いてあって、予想通り「赤味噌そば」がメニューに名を連ねていた。
予想通りというのは、いつもは、メニュー切り替えの時期に、この新メニューの画像を上げて、Twitterでツイートするはずなのに


中華そば きなり【参】-13

今回は、なぜか、4日前に、「来週からメニュー変更予定です。」のツイートがあって
翌日に、「メニュー変更は26日(火)からとなります。」のツイートがあっただけ

具体的にどんなメニューが出されるかは、まったく不明なまま、当日を迎えて
当日になっても、何のツイートもなかったので😓

実際に「赤味噌そば」をやる確証はなかった。
でも、絶対にやると信じてやって来た
🤣

なお、スタンドには通年メニューと思われる「醤油そば」、「塩そば」と冬季限定メニューの「赤味噌そば」の他に「鶏団子 海苔そば」という新メニューがあったんだけど
これも冬季限定メニューなのかな!?

そうして、11時30分の開店時間を迎えると
スタッフの人が暖簾をもって現れて

暖簾を掛けて
定刻開店♪

ポールの人から入店していって
券売機で食券を購入して、店の奥の席から詰めて座っていく

のかと思ったら、ポールと2番目のカップルのお客さんは、真ん中の2席について😓
奥2席と手前2席が残った。

土橋店主は、厨房の入口近くの場所に立つので、手前側の席に座りたい。
奥から順番に席についていけばいいのに


なんて思っていたら
3番目のお客さんが奥から2番目の席について

次の4番目のお客さんには、なぜか、スタッフの人が
「奥の席にお願いします。」と言われて、その通りにしたので、手前の2席が空いて

5番目のお客さんが手前から2席目の席に着いたので、私が一番入口に近い席について
結果は、予定通りになったのでよかったんだけど

結論からすると、この好きな席に着けるというのは大賛成!
大概、店から指定された席にしか座れない店の方が圧倒的に多いと思うので♪


なお、券売機で買い求めたのは「肉増し赤味噌そば」の食券!
本当は、デフォルトの「赤味噌そば」とトッピングの「追加 鴨むね胸肉」の食券を買って、デフォルトで入る3枚に加えてトッピングで追加される3枚を加えた6枚の鴨ロースのレアチャーシューが入る「鴨肉赤味噌そば」にするつもりだった。


中華そば きなり【参】-2

しかし、「鴨むね肉」のボタンには売り切れを示す×ボタンが点灯していたので
土橋店主に確かめると

「どれくらい赤味噌そばが出るかわかるなかったから」ということで…
鴨ロースのレアチャーシューのストックの問題から制限したようだった。

そこで、豚、鶏、鴨の3種のレアチャーシューが1枚ずつトッピングされる「肉増し」にしたんだけど
これでも、鴨は計4枚にはなるし!

土橋店主の作る鴨ロースのレアチャーシューは、味、食感ともに優れた、特にクオリティの高い一品だけど!
豚肩ロース肉に鶏ムネ肉のレアチャーシューも、負けず劣らずのクオリティの高い美味しいレアチャーシューなので♪


さらに、「鴨肉炊き込みご飯」も食べるつもりだったのに
こちらのボタンにも×マークが点灯していたので

いっそのこと、「鶏団子 海苔そば」の連食しようか!?
一瞬、そんな思いも過ったけど

でも、「赤味噌そば」と「炊き込みご飯」の相性はバツグンなので!
「肉増し炊き込みご飯」の食券も買い足して席へ!


目の前のオープンキッチンの厨房では、土橋店主によって、ラーメンが2個作りされていて
それが3回繰り返されて

3回目に2個作りされた「肉増し赤味噌そば」の一つが、まず、土橋店主から供されると
少し遅れて、「肉増し炊き込みご飯」も土橋店主から供された。

中華そば きなり【参】-3

しかし、当然と言えば当然かもしれないけど
一巡目のお客さん6人の注文は「赤味噌そば」が4に「鶏団子 海苔そば」が2!

この2つの冬季限定メニューに集中していて!
きっと、早めに売り切れてしまうんだろうな
😓

鴨ロースのレアチャーシューが3枚、ラーメンのセンターに載せられて
豚肩ロース肉鶏ムネ肉鴨ロースの3種のレアチャーシューが1枚ずつ、ラーメン丼の縁に盛りつけられて

さらに、炙ったお揚げなめこ穂先メンマ春菊、刻みネギ、揚げネギがトッピングされた
彩り鮮やかで、美しいビジュアルの味噌ラーメン♪

中華そば きなり【参】-4中華そば きなり【参】-5

まずは、熱々の味噌スープで、せっかくのレアチャーシューが変色してしまわないように
「肉増し炊き込みご飯」の上に移動して

中華そば きなり【参】-6中華そば きなり【参】-7

レンゲにとって、味噌香るスープをいただくと
八丁味噌をベースに西京味噌、麦味噌、米味噌をブレンドして作った特製味噌ダレのスープは、芳醇で、コク深い味わいのスープで

中華そば きなり【参】-8

味噌の甘味と酸味に、ほろ苦な味わいが何とも絶妙で♪
そして、この味噌ダレに合わせられたのが、土橋店主の命の出汁で!


昆布に鮪節、鰹節、背黒に浅利で作られた極上の和風出汁がコクうまの味噌ダレとマリアージュして💑
最高に美味しい😋

麺は、「つけそば」に使用される三河屋製麺謹製の、やや、平打ち気味の太ストレート麺が、今回も合わされていて
味噌スープといっしょに軽く煮込まれて、茶色く色付いたは、いつもは、モチッとした食感なのに、今日は、茹で時間を短縮させたからか!?

ムチッとした、少しカタめの食感に感じられたけど
これもいい!

中華そば きなり【参】-10

というか、この方が食感はいいかも♪
でも、いつものように、もう少し茹でた方が、コシの強さを感じられるので、どっちがいいかは好みの問題かな
!?

それと、どちらにしても、スープといっしょに煮込まれているから、スープとの一体感が感じられて
めちゃめちゃ美味しい😋

トッピングされた表面が炙られたお揚げさんも!
天然物と思われるカサの大きななめこも!


穂先メンマも!
ほろ苦な春菊


すべて、この赤味噌スープとの相性はバツグンで!
どれも美味しくいただけたし
😋

さらに、仕上げに味噌スープに麺を入れて、軽く煮込むときに追加で投入された干しエビが、意外に香ばしくて♪
この味噌スープと馴染んでいたのもよかったし!


中華そば きなり【参】-9

そうして、最後は、「肉増し炊き込みご飯」に鴨、鶏、豚の3種のレアチャーシューを載せた「肉増し増し炊き込みご飯」に…
残しておいた味噌スープを掛けて「鴨味噌雑炊」に!


中華そば きなり【参】-11中華そば きなり【参】-12

鴨ロース肉のレアチャーシューは、今日も火入れの加減が絶妙で
噛めば、鴨肉のジューシーなうま味が口の中に広がる逸品で♪

いろいろなラーメン店で、鴨ロースのレアチャーシューを食べているけど
土橋店主のこの鴨ロースのレアチャーシューが一番🥇

豚肩ロース肉のレアチャーシューも、大きくて!
厚みもあるもので!


しっとりとした食感に仕上げられていて
肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のレアチャーシューだったし♪

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、ふっくらとした食感に仕上げられていて
塩加減の塩梅も、ちょうどよかったし♪

そして、この味噌味の雑炊も、スゴく美味しかったけど♪
ただ、土橋店主の「炊き込みご飯」は、それ単品で、最高に美味しい「炊き込みご飯」なので!


「炊き込みご飯」を食べて!
味噌スープを飲んで!


それを繰り返していただく方が
より美味しくいただけるかも🦆

今回も、また、この、目でも、舌でも楽しませてくれる土橋店主の作るオンリーワンの味噌ラーメンをいただくことができてよかった♪
ご馳走さまでした。




メニュー:醤油そば…800円/味玉醤油そば…900円/肉増し醤油そば…1000円/味玉肉増し醤油そば…1100円
塩そば…800円/味玉塩そば…900円/肉増し塩そば…1000円/味玉肉増し塩そば…1100円

赤味噌そば…950円/味玉赤味噌そば…1050円/肉増し赤味噌そば…1150円/味玉肉増し赤味噌そば…1250円
鶏団子 海苔そば…880円/味玉鶏団子 海苔そば…980円/肉増し鶏団子 海苔そば…1080円

麺大盛り…100円

炊き込みご飯…150円/肉増し炊き込みご飯…250円/鴨肉炊き込みご飯…400円
味玉…100円/穂先メンマ…100円/海苔…100円
追加 豚肩ロース…250円/追加 鶏むね肉…200円/追加 鴨むね肉…300円


中華そば きなり



関連ランキング:ラーメン | 新所沢駅



好み度:肉増し赤味噌そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年9月3日(火)

麺.SUZUKi-1

『中華そば きなり』で烏賊肝を使用して作ったオンリーワンの冷製つけそばをいただいて、次に向かったのは『.SUZUKi』!

せっかく新所沢まで来たので、もう一軒!
昨年から食べに行きたいと思っていた店へと足を伸ばしてみることにした♪


しかし、『中華そば きなり』を出たところで、スマホに『麺.SUZUKi』を入力してググって、経路検索をしたところ
店までの距離は5.5km。

遠くはないけど、徒歩で行ったら1時間11分もかかる😓
しかし、電車で行くとすると、西武新宿線に乗って、新所沢駅から所沢駅まで戻って

西武池袋線に乗り換えて武蔵藤沢駅まで行って!
駅から徒歩10分かかるので、トータル30分以上もかかるんだね
😅

でも、仕方がない。
この店に行きたいので!


それで、このルートで、店へとやって来ると
すでに12時40分を回った時刻!

入店すると
店内は、奥にあるオープンキッチンの厨房の前に一直線に並ぶカウンター席が5席と4人掛けのテーブル席が2卓。

2卓のテーブル席は埋まっていて!
カウンター席も1席が空いているだけ


こんな時間なのに流行ってるね♪
しかも、私の滞在中も、お客さんが帰ると、すぐに、新しいお客さんが入ってきて、ずっと、満席に近い状態が続いていた。


まずは、券売機で食券を購入する。
基本の麺メニューは、「醤油らぁめん」750円、「醤油つけ麺」800円、「担担麺」880円、「塩らぁめん」800円、「濃厚魚介豚骨」800円、「濃厚つけ麺」850円。


麺.SUZUKi-2

「担担麺」以外には「特製」の設定があって!
最初に見たときは、デフォルトのラーメンの300円増しという価格設定で、ちょっと、強気にも思えたけど


よくよく見ると、味玉と鶏と豚の2種のチャーシューが増されて200円アップで食べられる、よくある「特製」とは違って、こちらの店の「特製」は、所謂トッピング「全部のせ」!
味玉と鶏と豚の2種のチャーシューの他にメンマとネギも増されて


「濃厚」の場合は、さらに、もやしとキャベツも増されるようで、めっちゃお得みたいだけど
今日は、こちらのレギュラーメニューを食べにきたのではなく

食べたかったのは、昼のみ提供されている「鶏と水 醤油」!
相模原から町田、赤坂を経由して兵庫県尼崎市の塚口に移転して、『らぁめん矢 ロックンビリースーパーワン』を営む嶋崎店主が比内地鶏と水だけで作ったスープの醤油ラーメンをルーツとするラーメン!


そして、この嶋崎店主の鶏と水だけで作ったスープの醤油ラーメンをリスペクトしたラーメンを『飯田商店』が出して全国で大ブレーク!
この2店のラーメンをオマージュしたラーメンを出す店が急増した


そして、こちらの店もそう!
さらに、こちらの店では、やはり、嶋崎店主が元祖で、『飯田商店』がリスペクトして出した昆布水に浸かった麺を地鶏と水だけで作ったスープのつけ汁につけて食べる「鶏と水 つけ麺~鰹昆布水~」も提供されている。


さらに、こちらの店では、裏メニューとして、「鶏と水」の「塩らぁめん」に「塩つけめん」も用意されているようで!
この裏メニューを食べてTwitterでツイートしているのを見ている。


今はSNSの時代なので、昔は、その店の常連のお客さんしか知らなかった裏メニューも、こうして、わかってしまうんだよね😅
そして、この4種類の「鶏と水」のラーメンにつけ麺は、どれも食べてみたいとは思うけど

特に興味があったのがつけ麺!
というのも、大概の店では、昆布水に浸かったつけ汁につける他に塩をかけて食べる方法と柚子等の柑橘類を絞り掛けて食べる方法を推奨しているところを


こちらの店では、ただの昆布水ではなく、鰹昆布水が使われているのと
塩も抹茶塩!

柑橘類も、柚子や酢橘や檸檬ではなく、四万十ぶしゅかんが使われていて!
さらに、海苔の佃煮をつけて食べるという独自の方法を推奨しているのに興味があった。


麺.SUZUKi-7

そこで、「鶏と水 つけ麺~鰹昆布水~」の食券を買って1席のみ空いていたカウンター席へとついて、食券を上げると
オープンキッチンの厨房にいたスタッフの女子が食券を受け取りにきた。

そこで、「塩への変更」のリクエストをするか、少し迷ったけど
初めて来て、さすがに、いきなり、裏メニューというのも躊躇われて、「醤油」のままで😅

厨房では、このスタッフの女子の他にイケメンの店主がいて!
黙々とラーメンを作っている。


そして、その店主のワンオペで作られたラーメンが完成して、先客に出されていくと
麺が茹で麺機のデボに入れられてタイマーがセットされて

2分30秒後にデボを上げると、冷水で〆られた麺が盛りつけられて
完成した「鶏と水 つけ麺~鰹昆布水~」がスタッフの女子によって供された。

麺.SUZUKi-3麺.SUZUKi-4

鰹昆布水に浸かった麺の上にはトッピングの具はなく
つけ汁の中に豚肩ロース肉のレアチャーシュー穂先メンマ三つ葉が入る。

そして、抹茶塩、海苔の佃煮、四万十ぶしゅかんの搾り汁が3連の皿の上に載せられた一品。
でも、なぜ、具をつけ汁の中に入れたんたろうか
!?

特に豚肩ロース肉のレアチャーシューは、つけ汁の熱で、変色してしまうし
肉がカタくなってしまう

さらに、冷たいチャーシューが入ることで、つけ汁の温度が下がってしまって
いいことなんてないはずなのに

まずは、鰹昆布水に浸かった全粒粉が配合された平打ちの、やや、ウェーブがかった中太ストレートの自家製麺を箸で手繰って、そのまま、何もつけずにいただくと
まず、ふわっと小麦粉が香る麺なのがいい!

麺.SUZUKi-5

それに、なめらかな口当たりの
つるモチな食感の加水率高めの中加水麺で!

しなやかなコシの強さを感じられて
小麦粉のうま味も感じられるのもいい♪

抹茶塩を、ほんの少し、麺の上に置いて、食べてみると
抹茶の風味が口の中に広がって♪

麺.SUZUKi-6麺.SUZUKi-8

これはこれで、いいと思うけど
小麦粉のうま味を強調して食べさせるなら、藻塩でよかったかも

でも、それでは面白くないとか
色が欲しいんだったら

個人的には、抹茶塩のような風味が強すぎるものよりも、ピンクソルトにして
この岩塩で小麦粉の甘味を引き出させた方がいいような気もした。

山葵の入った海苔の佃煮も、いいアイデアだとは思う。
でも、個人的には、シンプルに山葵で食べる方がいいかな😅

四万十ぶしゅかんは、終盤に麺に少し掛けて、いただいてみたところ
柚子や酢橘のように爽やかな香りと酸味が広がってよかった♪

麺.SUZUKi-9

でも、できれば、搾り汁ではなく、青い果実で出てきた方が、見た目もいいので、よかったかな
果実の入手が困難なら、希少な四万十ぶしゅかんにこだわらなくても、柚子でも、酢橘でも、かぼすでもいいような気がした。

次に麺を比内地鶏、名古屋コーチン、信州黄金シャモ、青森シャモロックなどのブランド地鶏の中から仕入れによって日々構成を変えている一期一会の地鶏100%スープのつけ汁にサッと潜らせていただくと
地鶏のうま味が巧みに抽出されたスープで♪

地鶏の鶏油がスープにコクを与えていて!
このスープが、生揚げ醤油、再仕込み醤油他の数種類の醤油が使われていると思われるカエシとマリアージュして、最高に美味しい
😋

この夏の時期は、鶏が痩せて、いい出汁が出ないと嘆いている店も少なくない中、これだけ、うま味の強いスープが作れているのもスゴいと思うし!
名古屋コーチンやシャモを使っているので、鶏のワイルドさが出たスープだと、嫌だなと思ったのに、まったく、そんなことはなかったし


昆布水に浸かった麺を鶏と水のスープで作ったつけ汁につけていただくつけ麺は、今まで、かなり多くの店でいただいてきたつもりだけど
尼崎のレジェンドや湯河原の巨匠は別格として

その次のグループに入ってくるほどの味わいで!
絶品
😋

さらに、鰹昆布水は、ドゥルンドゥルンで粘度のあるタイプなのに
出汁昆布と鰹節のうま味も感じられるもので!

食べ進めるうちに、徐々に昆布と鰹のうま味がつけ汁に移っていって!
味変していくのを楽しめたし♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、麺を少し食べた後に、つけ汁から引き上げたこともあって、少し色褪せてしまったのが残念だったけど
スペインのガりシア栗豚を使用していることもあって、肉のうま味を感じる美味しいレアチャーシューでよかったし♪

麺.SUZUKi-10

穂先メンマは、根元の太い部分まで、やわらかくて!
穂先部分のシュクシュクとした食感がたまらなくよかったし♪


麺.SUZUKi-11

そうして、最後に、店主にスープ割りをお願いすると
鰹昆布水で割ってくれという(-""-;)

これは、『飯田商店』でも、この方式だったため、以前は、どこの店でも「昆布水割り」が行われていた。
しかし、冷たい麺をつけて食べ進めるうちにぬるくなってしまったつけ汁に、生ぬるい昆布水を入れても美味しくないので


それがわかって、今は、『麺処 ほん田』のように温かいスープで割ってくれる店も増えた♪
しかし、今でも「昆布水割り」を実施している店には、私は、行く店、行く店で、温かい割りスープで割ってもらうようお願いしている


『らぁめん 鴇』のように、お願いしても、頑として対応してもらえない店もあったけど…
『天国屋』では、「鮭節スープ」を温めて、割ってくれたし!

『Sagamihara 欅』では、昆布水で割ったスープを鍋で温めてくれたし!
大概の店では対応してくれたけど、ここはどうか
!?

そこで、昆布水の粘度があって、ほとんど残っていないことを理由に
つけ汁と鰹昆布水に浸かった麺が入っていた丼をカウンターに上げて

「もう、昆布水ないんですけど…」と言うと…
なんと、店主は、新たに鰹昆布水を入れてくれて

「濃いようでしたら仰ってください。」
そうではなく、温かくして欲しかったんですけど
( ̄▽ ̄;)

麺.SUZUKi-12

とは思ったけど
対応はしてくれたので

飲んでみると
ぬるいのは変わらないけど

不味いわけではなく
味自体は、なかなか美味しい!

しかし、味が濃すぎる😅
そこで、図々しいとは思いながらも

「ちょっと、濃いので、もう少し、割ってもらえますか?」と言うと…
嫌な顔せずに対応してくれたのはよかった♪

今度、来るときは、「鶏と水 つけめん」を「塩」で食べようかな!?
いや、つけめんではなく「鶏と水 醤油」のラーメンかな!?

何れにしても、「鶏と水」のスープが、めちゃめちゃ美味しかったので、再訪しようと思ってる♪
ご馳走さまでした。


麺.SUZUKi-13麺.SUZUKi-14

メニュー:特製醤油らぁめん…1050円/那須御用卵の味玉 醤油らぁめん…900円/醤油らぁめん…750円
醤油つけ麺…800円/特製醤油つけ麺…1100円
担担麺…880円

特製塩らぁめん…1100円/那須御用卵の味玉 塩らぁめん…950円/塩らぁめん…800円

特製濃厚魚介豚骨…1100円/濃厚魚介豚骨…800円
濃厚つけ麺…850円/濃厚つけ麺…1150円

麺大盛…100円/地鶏出汁の味玉(那須御用卵)…150円/チャーシュー(豚&鶏mix)…150円/ねぎ…100円/穂先メンマ(完全発酵無添加)…100円/キャベツ…100円/ガーリックチップ(濃厚魚介専用)…100円

卵かけごはん(那須御用卵)…200円/焼豚丼…250円/焼豚卵丼(那須御用卵)…300円/ごはん(小)…100円/ごはん…150円

【昼のみ】
ガリシア栗豚と岩手鶏のチャーシュー麺 鶏と水 醤油…1150円/鶏と水 醤油…850円/味玉 鶏と水 醤油…1000円
鶏と水 醤油 つけ麺~鰹昆布水仕立て~…1100円


麺.SUZUKi



関連ランキング:ラーメン | 武蔵藤沢駅



好み度:鶏と水 醤油 つけ麺~鰹昆布水仕立て~star_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m