fc2ブログ
訪問日:2022年12月12日(月)

【新店】麺屋 いちょう-1

本日のランチは、埼玉県八潮市伊草に本日12月12日にオープンする新店の『麺屋 いちょう』へ!

「ラーメン大好き麺活ラジオ」のアンバサダー兼パーソナリティーのゆうこりんさんがオープン前から、何度も試作ラーメンを食べて、その度に自身のTwitterでツイートしていた店!
ゆうこりんさんは「大つけ麺博2022」に出店した『大森 純麦』のブースにも入っていた「チーム純麦」のメンバーでもあって!


今、話題の「#新宿地下ラーメン」に年末年始に出店する『らぁ麺 純麦』にも「チーム純麦」のメンバーとして参加する。
ちなみに『大森 純麦』が、『らぁ麺 純麦』にしれっと変更になっているのは、最初は大森に出店する予定が場所が変更になったためだけど
🤣

そんな、『純麦』のじゅんちゃんと仲のいい、ゆうこりんさんが激推する店だし!
試作のラーメン画像からも美味しそうなオーラが漂っていたので、食べに行くことに♪


東武スカイツリーライン直通の東京メトロ日比谷線・東武動物公園行きに乗車して草加駅で下車🚇🚃
草加駅からは駅東口から出ている「草加09 八潮団地行」の東武バスに乗って、5つ目の「稲荷三丁目」停留所で下車🚌🚏

【新店】麺屋 いちょう-2

ここが店の最寄のバス停で、ここから店までは150m。
徒歩2分も掛からない。


帰りも、このバス便を利用させてもらったけど
バスは20分に一本で走っている。

【新店】麺屋 いちょう-3

なお、このバスを逃してしまった場合は「草加04 八潮駅北口行」または「草加05 八潮駅南口行」というバスが、こちらも草加駅東口から20分に一本の間隔で走っているので、20分待てない人は、こちらを利用する方法もある。
ただし、こちらのバスは最寄の「稲荷三丁目」は通らず、「伊草団地」というバス停で下車して、店までは550mあるので、徒歩7分ほど掛かる。


そうして、店へとやって来たのは12月12日12時12分12秒。
店頭にはお客さんが1人待っていたので、その後ろに付くと


スタッフのお姉さんから先に券売機で食券を買うように言われて、入店すると
正面に小型の券売機があった。

【新店】麺屋 いちょう-6

ラーメンは「白醤油らぁめん」と「黒醤油らぁめん」の2種類!
ただし、オープンに当たっては「白醤油らぁめん」のみの販売。


デフォルトの「らぁめん」の他に「味玉」、「特製」、「チャーシュー」がトッピングされたバージョンが用意されていたけど
この日は「チャーシューらぁめん」の用意はなし。

さらに、ご飯ものの販売もされてなかったけど
「和え玉」に「和え玉(ハーフ)」はあった。

もし、「チャーシュー白醤油らぁめん」が販売されていたら、これと「和え玉(ハーフ)」にするところだけど
なかったので、デフォの「白醤油らぁめん」にしようとしたところ

「特製白醤油らぁめん」が1,000円というお得な価格で販売されていて
「白醤油らぁめん」の価格が850円なので、差額は150円!

味玉はラーメンには不要と思っている人なので、味玉が付く「特製」は、基本、食べないけど
150円プラスするだけで「特製」にできるなら、味玉とともにチャーシューもトッピングされる「特製」にしちゃうよね♪

というわけで、「特製白醤油らぁめん」と「和え玉(ハーフ)」の食券を買って、再び外へ。
すると、すぐに食べ終わったお客さんが2人出てきて、入れ替わりに入店。


オープンキッチンの厨房の前に一直線に並ぶカウンター席の奥から2番目の席に案内されて
カウンターの上に食券を上げると

先客の食券とともに食券を回収していって、ラーメンを2個作りし始める店主!
まず、ラーメン丼を茹で麺機のテボの上に逆さに載せて、温め始めると


次に寸胴から雪平鍋にスープを移して、ガス台の火に掛けていく
そして、温めていたラーメン丼の汗を布巾で拭いて

カエシに香味油と思われるものをレードルで測って入れて
麺を2玉取り出してきて、茹で麺機のテボの中へと入れて、タイマーをセット

さらに、温まったスープをお玉で測って、ラーメン丼に注ぎ入れていると
ピピピッ!ピピピッ!ピッ

セットしてからジャスト1分で鳴り出したタイマーを止めて
湯切りされた麺がスープが張られたラーメン丼に入れられると

キレイに麺を整えて
トッピングの具が盛りつけられて、完成した「特製白醤油らぁめん」のうちの一つが「和え玉は好きなタイミングでおっしゃってください。」というアナウンスとともに店主から供された。

【新店】麺屋 いちょう-8【新店】麺屋 いちょう-9

炙った豚バラ肉のローストチャーシュー豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューの3種類のチャーシューに味玉、穂先メンマ、鶏団子、バラ海苔、白髪ネギ、三つ葉がトッピングされた!
とても美しいビジュアルのラーメン


まずは、黄金色したスープをいただくと
卓上のPOPに書かれていた動物系スープ、和風出汁、海鮮出汁のトリプルスープをブレンドしたというスープは、「大山どり」の鶏出汁をメインに昆布、干し椎茸、鯖節に貝出汁も微かに感じられるけど

【新店】麺屋 いちょう-11【新店】麺屋 いちょう-10

かなり複雑な味わいのスープで!
終盤になると、貝出汁の少し癖のある味わいが強く感じられるようになった


ちょっと、足し算しすぎていて、POPに書かれた材料は十数種類に及ぶものの、私のバカ舌では感知できない材料も多くて😅
かなりコストも掛かっていると思われるので

もっと引き算して、感じられない材料は消していってもいいんじゃないかとは思ったけど
でも、個性的でオンリーワンの味わいのスープだし♪

個人的には、この味、スゴく好きだし🥰
美味しいスープだから、そこは、これから考えていけばいいとは思うけどね😋

ちなみに、このトリプルスープの源流は何か気になって、後で店主のTwitterを見ていたら
店主の師匠という方の応援ツイートがリツイートされていた。

「おとなの塩soba」という店の店主の方のツイートで!
その店主さんと、こちらの店の店主のツーショット写真が添付されていた。


「おとなの塩soba」には未訪だったので、ググってみると
2019年7月5日オープンの『和風鶏そば kousei』という店の移転リニューアルのようで

さらに遡ると
『和風鶏そば KOUSEI』は、『和牛炭火焼肉好成』がランチタイムにラーメンを提供する二毛作店として、2016年11月1日オープンした焼肉店のランチ営業なのに無化調で自家製麺のラーメンを提供する店ということもわかった。

そして、スープは大山鶏と魚介(あご・いりこ・あじ・昆布・鯖・鰹節)のダブルスープ。
塩ダレは、5種類の塩と2種類の昆布の出汁と、魚介(あさり・はまぐり・渡り蟹・エビ・ムール貝)、大山鶏のスープを合わせたトリプル仕様ということで、このスープが、こちら『麺屋 いちょう』のスープの源流になっていることもわかった。


あまり埼玉県のラーメン店には訪れていないので、わからなかったけど
こんな興味深いラーメンを出す店もあるんだね♪

機会があったら、こちらの修業先のラーメンも食べてみたい😋
話しを戻して😅

この複雑で滋味深い味わいのトリプルスープに合わされた麺は国産小麦100%にロースト胚芽を加えたとPOPにあった
ドット模様のある切刃22番と思われる中細ストレート麺で!

【新店】麺屋 いちょう-12

プリッとした食感の弾力のある中加水麺で!
小麦粉のうま味に甘みも感じられる秀逸な麺だった♪


ただ、ちょっと、麺の量は少なめに感じられたかな😅
そこで、後で店主に確かめたところ

「らぁめん」は130g。
「和え玉」は110g。


「和え玉(ハーフ)」は70gと、こと細かく教えてくれて
店主の誠実で真面目な性格が答えに表れていた😊

ただ、平均的な麺量の150gの麺を食べ慣れているので、わずか20gの違いではあるけど、やっぱり、ちょっと、少ないかな
でも、「和え玉(ハーフ)」も食べれば合計200gの麺を食べることになって、成人男性のお腹も満たされるし!

それに、デフォの「白醤油らぁめん」と「和え玉(ハーフ)」を食べても1,000円!
コスパに優れているので、味の変化も楽しめるこの食べ方ができて、かえって、よかったかも♪


トッピングされた炙った豚バラ肉のローストチャーシューは、余分な脂が落とされていて
豚バラ肉のジューシーな肉のうま味が感じられて美味しくいただけたし😋

【新店】麺屋 いちょう-13【新店】麺屋 いちょう-14

豚肩ロースのレアチャーシューは火入れの状態もよくて♪
噛めば、肉のうま味が滲み出てきて、こちらも美味しかったし
😋

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、厚みがあって!
普通は、しっとりとした食感に仕上げられているのに、プリッとした食感だったのが、とてもよかったし♪


穂先メンマは、やわらかくて
穂先部分のシュクシュクとした食感がたまらなくよかったし♪

【新店】麺屋 いちょう-15

鶏団子も、ほんのり生姜で味付けられているのがよくて♪
美味しかったし
😋

【新店】麺屋 いちょう-16

ただ、唯一、ちょっと残念だったのが味玉
箸で二つ割りしたら、黄身が緩くて、ドロッとスープに流れ出してしまったのが
😞

【新店】麺屋 いちょう-17

最初から二つ割りされたものがトッピングされていれば、こんなことにはならなかったのに
今は大概の店では、こうして味玉が1個のままトッピングされているので、こういうことが起こる…

それもあって、味玉は要らないと思ってしまうんだよね
でも、味玉以外のトッピングはパーフェクトでよかったし♪

そうして、食べている途中に店主にお願いして作ってもらった「和え玉(ハーフ)」は、麺と具を食べ終えてから、そう待たずに着丼!
麺の上にカットした豚肩ロースの肉のレアチャーシューにバラ海苔、玉ねぎ、小ネギがトッピングされたハーフ和え玉!


【新店】麺屋 いちょう-18【新店】麺屋 いちょう-19

麺が、あらかじめカエシと香味油に和えられているので、まぜ合わせる手間が要らないのがいい!
ただ、そのかわり、替え玉代わりにラーメンに入れて食べることはできないけど


茶色く色づいた麺の色からしても、これは白醤油のカエシではないよね!
味わいも「白醤油らぁめん」に使われていた鶏油の風味ではなかったので、店主にそれを話すと


カエシは「黒醤油らぁめん」で使おうとしているものだという答えがあって!
香味油も鶏油ではなく鰹油を使用していて!


しかも、今日は鰹油にしたけど、海老油とか、普通に鶏油とか、替えて行くつもりだと話していた。
さらに、ラーメンがガツンとパンチのあるスープではないので、和え玉でパンチを出したいなどとも話していた。


このまま、「和え麺」として食べて!
残しておいたスープに麺をつけて「つけ麺」として食べて、最後まで美味しく完食
😋

【新店】麺屋 いちょう-20

「黒醤油らぁめん」が販売されたら、たぶん、そのころは解禁されていると思われるチャーシューをトッピングした「チャーシュー黒醤油らぁめん」で食べるつもり♪
ご馳走さまでした。


【新店】麺屋 いちょう-4【新店】麺屋 いちょう-5

メニュー:特製白醤油らぁめん…1000円/白醤油らぁめん…850円/味玉白醤油らぁめん…950円/チャーシュー白醤油らぁめん…1100円

特製黒醤油らぁめん…1000円/黒醤油らぁめん…850円/味玉黒醤油らぁめん…950円/チャーシュー黒醤油らぁめん…1100円

和え玉…250円/和え玉(ハーフ)…150円

ネギチャーシューごはん…300円/炙りチャーシューごはん…300円/8種類のスパイスを使った八潮スパイスカレー…450円
味玉…100円/チャーシュー…250円


麺屋 いちょう



関連ランキング:ラーメン | 草加駅谷塚駅獨協大学前駅



好み度:特製白醤油らぁめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



訪問日:2022年5月7日(土)

麺処 はら田【参】-1

GWも大詰めの本日のランチは、「平成」から「令和」に元号が切り替わった令和元年5月1日にオープンして開業3周年を迎えたばかりの『麺処 はら田』へ!

一昨日の5月5日に岩手鴨で作った限定の昆布水の鴨つけ麺が、こちらの店で提供されていて、食べたいと思いながら…
他店でも最上鴨を使った限定の鴨白湯ラーメンが出されていて


こちら『麺処 はら田』は人気店で、大行列に並んで待たないといけないこともあって、食べるのを断念😣
しかし、昨日、原田店主がTwitterで

「土曜日まで鴨の昆布水つけ麺あります。」
「昨日食べれなかったお客様是非お待ちしてます。」


なんてツイートしていて
さらに、夕方には

「岩手鴨の挽肉メインで炊いたスープです。」
「何度か鴨スープやりましたが今までで1番鴨感が濃いと思います。」


こんなツイートを聞いてしまったら、予定変更しても、行くよね🤣
というわけで、店の最寄り駅である南浦和駅へ🚃💨

駅東口から徒歩3分ちょっとの店に10時56分に到着すると
先客の姿はなく、ポール獲得!

そうして、この後、10時59分に2番目のお客さんが並んだと思ったら
それから、どんどんお客さんがやってきて

11時13分までに12人!
しかし、その後は延びずに


新人スタッフの人が暖簾をもって現れて、定刻11時30分に開店するところに2人お客さんが来たので
土日でも、最近はこんなもんなのかな!?

でも、ポールで入店できたので、店の奥にあるセミクローズドキッチンの厨房に一番近い席に着くことができて!
これで、原田店主とも話しをすることができる♪


ただ、不安なのは、まだ、2回しか来店したことがなくて
しかも、最後に来たのが2019年11月20日

もう2年半近く前なので😓
私の顔を覚えていてくれるかどうか🤣

まずは、券売機で食券を購入する。
しかし、どのボタンで食券を買うのかわからなかったので、新人スタッフの人に聞いてみると


麺処 はら田【参】-2

「昆布水の淡麗つけめんの食券を買ってください。」ということだったので…
さらに

「鴨チャーシュー増しにできます?」と聞くと…
「できます。」

「チャーシューの食券買ってください。」という答えがあったので…
「昆布水の淡麗つけめん」に「チャーシュー」と「中盛り」の食券を買って、奥の席へ!

すると
「仙台から帰って来られたんですね!?」

こちらから挨拶する前に原田店主から、そう聞かれて
「ええ、4月から東京勤務になりました。」と答えると…

「仙台は何年いらっしゃいました!?」と言うので…
「ちょうど2年です。」

「開業3周年おめでとうございます。」
「5月1日には伺えず、すいませんでした。」
と言って頭を下げると…

「いえいえ、そんなこと…」と笑顔で打ち消していたけど…
原田店主は、私のことを覚えてくれていた。

麺処 はら田【参】-3

一番奥の席について、厨房の様子を窺っていると
スタッフの人が木箱に入っていた麺1玉1玉を崩して、計量器で測り直して

それを繰り返して、測り直した麺が茹で麺機のテボの中へと入れられると
原田店主がタイマーをセットして、箸で湯がいていって!

2分30秒後にタイマーが鳴り出すと、すぐに止めて
茹で上がった麺が原田店主によって冷水で〆られて、3つのラーメン丼に分けられると

麺線を揃えて、麺が盛りつけ直されて
その上に鴨チャーシュー他の具が盛りつけられて、まず、完成した「昆布水の淡麗つけめん」の「中盛」の「鴨チャーシュー」増しが私のもとに着丼!

麺処 はら田【参】-4麺処 はら田【参】-5

「鴨チャーシュー」トッピングしたので、鴨ロースのレアチャーシューが3枚増しになって、麺の上に計5枚載せられて
さらに、味玉、春菊、海苔が盛りつけられて

つけ汁の中には鴨ロースの切れ端太メンマが2本沈む
鴨醬油清湯つけ麺🦆

まずは、昆布水に浸かった全粒粉入りの中細ストレートの麺をいただくと
つるっと啜り心地のいい麺で!

麺処 はら田【参】-6

噛むと、パツッと切れる歯切れのよさもある加水率低めの中加水麺で♪
めっちゃ、好みの食感の麺だし
😊

小麦粉のうま味も感じられるのもいい♪
これで、もし、藻塩に山葵がトッピングされていたら、それだけでも美味しく食べられそう
😋

次に、麺を箸で手繰って、つけ汁に潜らせて、食べてみると
鴨挽き肉で出汁を引いたというスープは鴨のうま味だけが抽出されていて!

この鴨のうま味MAXのスープと濃いめでキレッキレの醬油のカエシがマリアージュしたつけ汁は絶品😋
麺も、この鴨醬油清湯スープのつけ汁には相性バツグンだったし♪

しかし、3日前にも千葉県の行徳にある店で、同じ鴨と水だけで作った昆布水の鴨清湯つけ麺をいただいて!
これが感動するほどの美味しさで
😋

これを超えるつけ麺はないんじゃないかと思っていたのに
それに匹敵するほどでの美味しさだったのには驚かされた😯

今年のGWに食べたラーメン、つけ麺は全8杯。
そのうち、6杯が鴨ラーメンか鴨つけ麺を食べたけど


外れなく、どれもが、とても美味しくて😋
最&高なGWだったかも🦆

トッピングされた鴨ロースのレアチャーシューは、火入れがバツグンだし!
それに、厚切りされたもので!


噛めば、シュワッと鴨ロースの肉のうま味が滲み出てきて、最高に美味しかったし😋
スタッフの人に鴨チャーシュー増しできるかどうか聞いて、本当、よかった♪

麺処 はら田【参】-7

味玉も、私は、あまり食べない人だけど
半熟加減がカタくも緩くもない、ちょうどいい仕上りのもので!

醬油濃いめの鴨出汁をきかせたつけ汁に潜らせていただくと
めっちゃ美味しくいただけたし😋

麺処 はら田【参】-9

太メンマも、外はコリッ!
中はサクッとした大好きな食感のものだったし♪


麺処 はら田【参】-8

美味しかったので、中盛にして、300gはあったんじゃないかという麺も、サクッと完食して!
トッピングの具も食べ終えたところで


原田店主にスープ割りの用意はあるのか聞いてみたところ
「ありますよ!」という嬉しい答えが返ってきた♪

昆布水つけ麺を出す店は、これを広めた『飯田商店』が、昆布水割りを推奨していたことから、これに習って、何処の店でも昆布水を割りスープ代わりにしている店が多かった。
しかし、熱々のつけ汁に冷たい麺をつけて食べることで、徐々にぬるくなってしまうのは仕方ないことだけど


最後に、これに、ぬるい昆布水を入れて飲んでも、美味しいわけないので
最近は、こうして、スープ割りを用意してくれる店も増えている😊

そして、このスープ割りが、昆布と背黒と鯖節の魚介出汁のスープで割ったもので!
この鴨清湯魚介スープのスープ割りが、このまま、鴨ラーメンのスープとしても通用する美味しさで
😋

麺処 はら田【参】-10

最後まで堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。




PS 帰りがけに原田店主から
「今度、よかったら、木曜日に来てください。」と言われて…

「二郎系ラーメンの日ですよね!」と答えると…
「二郎リスペクトと限定の日です。」

「お好きな限定のときにお願いします。」ということだったので!
「もちろん、そうします♪」と言って店を後にした😊

麺処 はら田【参】-11

メニュー:特製醤油そば…1060円/醤油そば…810円/味玉醤油そば…910円/チャーシュー醤油そば…1110円
特製塩そば…1060円/塩そば…810円/味玉塩そば…910円/チャーシュー塩そば…1110円

特製濃厚魚介つけめん…1100円/濃厚魚介つけめん…850円/濃厚魚介つけめん…950円/濃厚魚介つけめん…1150円/辛つけめん(辛さ123)…900円
特製濃厚魚介らーめん…1100円/濃厚魚介らーめん…850円/濃厚魚介らーめん…950円/濃厚魚介らーめん…1150円/辛らーめん(辛さ123)…900円

昆布水の淡麗醤油つけめん…1050円/昆布水の淡麗塩つけめん…1050円
【5月5日~5月7日限定】昆布水の淡麗鴨つけめん…1200円/鴨チャーシュー…300円

中盛り…50円/大盛り(つけめんのみ)…150円/特盛り(つけめんのみ)…200円/替え玉…130円/煮干し替え玉…200円
ご飯(小)…100円/ご飯…150円/肉飯…300円

特製…250円/味玉…100円/のり(5枚)…100円/自家製メンマ…150円/生卵…円/チャーシュー…300円/トッピング盛り合せ…500円/水餃子(3個)…200円


麺処 はら田



関連ランキング:ラーメン | 南浦和駅



好み度:昆布水の淡麗鴨つけめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2020年10月16日(金)

NoodleSpice curry 今日の1番-1

本日のランチは、埼玉県川口市に今年の6月20日にオープンした話題の煮干しラーメンとスパイスカレーの店「Noodle&Spice curry 今日の1」へ!

朝6時30分から営業して、500円ワンコインの「煮干かけソバ」と「煮干かけソバ」に日替わりのスパイスカレーのセットを1,000円で販売する!

そして、提供される「煮干ソバ」にスパイスカレーは、どちらも専門店並みの本格的なもので!
とても美味しいと評判の店で!


仙台から帰省するときに食べに行くつもりで
7月の4連休と8月のお盆休みに2度訪問を試みた。

しかし、1度目は、チャーシュー切れで朝営業のみ
昼営業は臨時休業になってしまい😣

2度目は店主の体調不良による臨休で、2度フラれてしまった😫
今日が3度目のトライになるけど、朝6時24分のTwitterのツイートを見る限りは、「本日朝、昼、夜の3部営業です。」ということだったので、たぶん、大丈夫。

ただ、1度目に訪問しようとしたときも、その後のツイートで昼営業が急遽、休みになったので😓
その後もTwitterをチェックしていたところ

8時37分のツイートで、10時から昼営業をするとツイートしていたので、一安心😌
ただ、一つだけ残念だったのは、「濃厚はイカとアジ煮干入です。」とツイートしていたこと

私は煮干しラーメンが好きで♪
今まで、何百杯も煮干しラーメンを食べてきているけど


唯一、苦手なのが、烏賊煮干しの風味😨
だから、一番好きで、一番多く通っている『中華ソバ 伊吹』でも、烏賊煮干しが使われたラーメンだけは食べない😞

しかし、昨日も、山形市に行く機会があって、『やきとり遊喜』が木・金のみのランチタイムに『鶏そば 遊喜』として営業する店に行くことができたというのに
店頭に、この日の営業は限定ラーメンのみの告知がされていて

鶏そば 遊喜

この限定ラーメンというのが、何と烏賊煮干しで作った「烏賊そば」😕
レギュラーメニューの「鶏そば」を食べたかったのに、仕方なく撤退せざるを得ないという悔しい思いをしたばかりだというのに

なかなか来れる機会もない店なので、できれば、「煮干ソバ」と「濃厚煮干ソバ」の連食をしたかったのに
でも、スパイスカレーを食べればいいか♪

そうして、東京で一仕事して、店のあるJR京浜東北線の川口駅へとやってきて
駅西口から徒歩8分の店へとやって来ると

6人のお客さんが外待ちしていた。
後ろに付いて待つ。


すると、この後、食べ終わったお客さんが出てきても、待っているお客さんを入店させない
それが続いて、16分待って、ようやく、入店することを許されたんだけど😅

こちらの店は、そのロットのお客さんが食べ終わるまで、次のお客さんを入れない「入れ替え制」が実施されていた。
二郎系の店などでは、よくある風景だけど、普通のラーメン店では珍しい。


そして、前の6人のお客さんが入店した後に、スタッフのお姉さんから
「お一人様ですか?」と言われて…

「はい!」と答えると…
「どうぞ♪」と言われて、入店。

すると、8席あったカウンター席のうち、入口に一番近い席が1席のみ空いていた。
そして、店内では、まだ、1人だけ食べていたお客さんがいたので、この回は7人のお客さんの入れ替えということになった。


そして、まずは、入口付近に掲げられたホワイトボードで本日のメニューを確認して
その右隣にある券売機で食券を購入する。

NoodleSpice curry 今日の1番-2NoodleSpice curry 今日の1番-3

ホワイトボードには、「本日の煮干」と書かれていて
本日、販売されている「煮干ソバ」に「濃厚煮干ソバ」に使用された煮干しに、その他の材料の種類が掲載されていた。

「煮干ソバ」は、「九十九里✕愛媛✕京都小羽✕カマス✕岩手片口✕乾物✕鶏」。
「濃厚煮干ソバ」は、「九十九里背黒✕アジ✕イカ✕乾物✕豚鶏」。


もう少し、わかりやすく説明すると
「煮干ソバ」に使用した煮干しは、千葉県九十九里産の背黒(青口煮干し)、愛媛産の瀬戸内のいりこ(白口煮干し)、京都産背黒の小型の煮干し、カマス煮干し、岩手県産の背黒ということで

「岩手片口」の「片口」とは!?
片口イワシの煮干しという意味で、上記の煮干しでは、カマス以外は、すべて、背黒(青口煮干し)もいりこ(白口煮干し)も片口イワシの煮干し。

「背黒」というのは!?
九十九里のような外海で獲れる片口イワシの煮干しで、背の部分が黒いので、そう呼ばれる。

青口煮干しとも呼ばれて
「九十九里背黒」、「長崎背黒」、「八戸青口」など、産地によって呼称が違う。

「いりこ」は、主に西日本で呼ばれる煮干しの総称でもあるけど
実際には、瀬戸内海で獲れる片口イワシの煮干しのこと。

白口煮干しとも呼ばれて
「背黒」同様、こちらも「伊吹いりこ」、「愛媛白口」、「広島白背」の呼称で呼ばれる。

「小羽(こば)」とは、小型の煮干しのこと。
煮干しは、その大きさから、大羽(約8cm以上)、中羽(約6~8cm)、小羽(約4~6cm)、かえり(約3~4cm)に分類される。

切りがないので、これくらいにしておきますが😅
「濃厚煮干ソバ」に使用されたアジ、イカは、鯵にスルメイカの煮干しのこと。

そして、今日は、この「煮干ソバ」、「濃厚煮干ソバ」の2種類のラーメンの他に「つけソバ」に「まぜソバ」も用意されていて
スパイスカレーは「1種」、「2種」の2種類。

本日の「1種」は魯肉飯(ルーローハン)で、これは、豚肉のこま切れを甘辛く煮込んで、ご飯の上にかけた台湾料理
スパイシーカレーではないご飯ものが用意されていて

「2種」は、この「魯肉飯」とキーマカレーの合いがけ!
これを見て、券売機で「煮干ソバ」と「セット スパイスカレー 2種」の食券。


さらに、「特製」にするか「肉増し」にするか、少し迷って
「特製」の方がお得なんだろうなと思いながらも、特に味玉は食べたいとは思わない人なので、「肉増し」トッピングの食券も買って席へとついて

食券をカウンターの上に上げると
順番に食券を回収していく店主!

そして、先客4人のラーメンを作り終えたところで
次に先客2人と私のラーメンを3個作りし始める店主。

そして、ラーメンができる前に、まず、お姉さんから「魯肉飯とキーマカレーの合いがけ」が提供されて
すぐに、完成したラーメンも、「濃厚煮干ソバです。」と言って、先客2人に続いて、私にも「濃厚煮干ソバ」が出されたので

「違います。」
「煮干ソバですよ。」
と言うと…

すぐに間違えに気づいた店主から
「すぐに作り直します。」

せっかく作ったラーメンが無駄になるのは忍びないので、こういう場合、大概は
「いいですよ!」と言って受け取る。

しかし、今日だけは
烏賊煮干しを使った「濃厚煮干ソバ」だけは、申し訳ないけど、食べたくないので😓

なお、新たにラーメンができるまでは、カレーは放置プレイ
冷めてしまうけど、カレーを先に食べてしまうと、ラーメンの味わいがわからなくなってしまうので

そうして、作り直された「煮干ソバ」の「肉増し」が
「お待たせして、申し訳ありません。」という店主のお詫びの言葉とともに着丼!

NoodleSpice curry 今日の1番-4NoodleSpice curry 今日の1番-5

「肉増し」にしたので、豚肩ロース肉鶏ムネ肉の低温調理されたレアチャーシューが4枚ずつと
粗微塵切りされた玉ネギ、海苔がトッピングされた煮干しラーメン!

NoodleSpice curry 今日の1番-6

まずは、煮干しが香るスープをいただくと
背黒の力強いうま味が口の中に広がるスープで

NoodleSpice curry 今日の1番-7

いりこのうま味に甘味も感じられて…
そして、煮干しの、ほんのりとしたビターさも感じられて

そして、京都小羽や愛媛もコストの高い煮干しだけど
九十九里背黒も「特撰」と呼ばれる価格の高い上者の煮干しが使われているのか!?

感じるのは上質な煮干しのうま味で♪
えぐ味はなく、最高に美味しい
😋

そして、さらに、昆布のうま味と
わずかながら、鯖節、宗田節と思われるうま味に酸味も感じられる、この味は!?

以前に、東武動物公園駅が最寄り駅で
しかし、駅からはだいぶ離れていて、車じゃないと行けない「アグリパークゆめすぎと」という「道の駅」の中にあった『煮干乱舞』という店で食べた500円ワンコインの「かけそば」スタイルの煮干しラーメンに似ているかな!?

でも、スープが、かなり、しょっぱかった記憶がある。
それに引き換え、このスープは、それほどでもない。


もちろん、大量の煮干しが使われているので塩分濃度は高い。
でも、その割りには塩分濃度が抑えられていたのもよかった♪


スープに合わされた細ストレート麺は、時間を計測しているうちに、40秒の時点で、気づいたときには、すでに茹で終えて、湯切りされた麺が、スープの張られたラーメン丼に納められていたので
おそらく、麺の茹で時間は20秒から30秒の間位と思われるけど

NoodleSpice curry 今日の1番-8

アルデンテに茹でられた麺は、カタめで、パッツンパッツンの煮干しラーメンの定番麺と博多とんこつラーメンに使用される麺の中間のような食感の麺で!
スープとの相性もいい♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、厚みがあって、火入れの状態もよくて!
しっとりとした食感に仕上げられていたのもよかったし♪


NoodleSpice curry 今日の1番-10

肉のうま味が中に閉じ込められた絶品のチャーシューで😋
トッピングする価値のある逸品だったし♪

NoodleSpice curry 今日の1番-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューも、厚みがあって
こちらも、しっとりとした食感に仕上げられていてよかった。

NoodleSpice curry 今日の1番-11

ただ、何枚も要らないので
できれば、豚肩ロース肉のレアチャーシューだけトッピングできるようにしてもらえると、ありがたいんですけど😅

刻み玉ねぎは、ビターな味わいの煮干しスープにはマストな薬味だし!
海苔もパリッとした上質なものが使われていてよかった♪


魯肉飯とキーマカレーの合いがけ」は、「魯肉飯」の豚バラ肉がトロットロに、やわらかくて煮込まれているのがよくて!
八角の香りも♪


NoodleSpice curry 今日の1番-12NoodleSpice curry 今日の1番-13

オイスターソースの味わいも!
甘辛い味付けもよかったし♪


「キーマカレー」は、スパイスの複雑かつ芳醇な香りが、とてもよくて♪
口に含むと、玉ねぎの甘みとスパイシーな香りが口の中に広がって、めちゃめちゃ美味しかったし
😋

ヨーグルトの酸味も!
アーリーレッドの甘味と辛味も!


ドライパセリの風味も!
このキーマカレーには、よく合っていたし♪


キューリのキューちゃんのような漬物も箸休めによかったし
美味しく完食😋

そうして、最後は、少し残っていたスープを飲み干してフィニッシュ!
「煮干ソバ」もスパイスカレーも評判通りの美味しさだったし
😋

次に、もし来ることができたら、「つけソバ」を、また、スパイスカレーをセットにして食べてみたいな♪
ご馳走さまでした。


NoodleSpice curry 今日の1番-14

メニュー:【朝限定】煮干かけソバ…500円/スパイスカレー…500円/煮干かけソバスパイスカレーとのセット…1000円/TKG…200円

特製煮干ソバ…1080円/煮干ソバ…780円
特製濃厚煮干ソバ…1200円/濃厚煮干ソバ…900円

和え玉…220円/和え玉ハーフ…220円

特製煮干つけソバ…1200円/煮干つけソバ…900円
特製煮干まぜソバ…1300円/煮干まっぜソバ…1000円

つけソバ・まぜソバ大盛…100円

味玉…100円/特製…300円/肉増し…300円/ごはん…100円/肉ごはん…300円/生玉子…50円

セット スパイスカレー 1種…550円/セット スパイスカレー 2種…650円/単品カレー…1200円


ヌードル&スパイスカレー 今日の1番



関連ランキング:ラーメン | 川口駅



好み度:煮干ソバ+肉増しstar_s45.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2020年3月17日(火)

麺屋 葵-1

本日のランチは、昨日3月16日にグランドオープンした話題の新店『中華そば イデタ』へ!

グランドオープン前にプレオープン営業を何日か繰り返して
その前には、知り合いを招いて試食会が何度か行われて

その都度、Twitterでラーメンを大絶賛するツイートが上げられていて!
どんだけ美味しいラーメンが食べられるんだろう
!?

楽しみに、東武日光線の幸手駅という
都心から離れたローカルな駅に初めて下車して

店の前に開店時間20分前の10時40分にやって来ると
お客さんの姿はなし

麺屋 葵-2

嫌な予感がして、入口の前に進むと
17日定休日って😢

麺屋 葵-3

昨日オープンしたばかりで、2日目が定休日の火曜日だからって、普通、休む!?
店主はTwitterでツイートしていて、見ていなかった私が悪いんだけど

こんなに遠くまで来てしまったので、リカバリーするのが大変😞💦
よし、では、同じく、昨日の3月16日にオープンした『中華麺きなり』へ行こう!

同じ埼玉県の新河岸にオープンした店なので!
なんて思ってスマホで検索すると、最短でも、ここから1時間48分もかかるって


車で横にスライドして行ければ、そんなに時間は掛からない!
しかし、今日は電車で来ていたので!


そこで、リカバリーに向かったのは『麺屋 』!
2015年2月18日オープンの店。

オープン当初は、中華鍋を振って作る王道の「味噌ラーメン」が売りの店で、「餃子」や「チャーハン」もサイドメニューに用意されているという情報だったのに
いつの間にか、鴨出汁ラーメンの店になっていて、鴨ラーなので、機会があれば、食べてみたいと思っていた♪

そこで『イデタ』からは徒歩9分。
幸手駅からだと17分ほど掛かる


オレンジ色のスペイン瓦の長屋建ての建物に4軒入る飲食店のうちの1店として入っている店へと11時19分にやって来ると
一番右が『麺屋 葵』で!

麺屋 葵-4

ちょうど店の中から店主が出てきて、暖簾を掛けているところだった。
一番乗りで入店!


店内は、右奥から手前にかけてのスペースが、オープンキッチンの厨房になっていて、中には店主と女性スタッフの人が1人。
厨房の正面には4人掛けのテーブル席が2卓。


厨房の左横にはカウンター席が3席。
壁に向かって座るカウンター席も2席あって、最大13席が着席できる店


券売機の姿がなかったので、厨房横のカウンター席の1席へと座って
卓上のメニューを見ると

「鴨出汁・白」、「鴨出汁・黒」の2種類の「鴨出汁らーめん」に!
「カレー鴨油そば」、「鴨油そば」の2種類の「汁なし鴨油そば」の全4種類。


麺屋 葵-5麺屋 葵-6

「鴨出汁つけ麺」もメニューにあったはずで、これを別皿に具がトッピングして出される「特製」で食べるつもりだったのに
そこで、2種類の「鴨出汁らーめん」の中から「鴨出汁・白」をチョイス!

さらに、「特製トッピング」にしようとして
しかし、その下に「鴨チャーシュー」トッピングもあったので、どちらにするか迷って、「鴨チャーシュー」は何枚増しになるのか

女性スタッフの人に聞いてみると
わからないようで😅

代わりに店主から
「4枚です。」と答えがあった。

「特製」だと、鴨チャーシュー2枚に豚チャーシュー2枚と味玉が付くのに、「鴨チャーシュー」トッピングは鴨チャーシューが4枚。
「特製」がお得なのは歴然。


ただし、特に味玉は、あっても、なくてもよかったので迷うところだったけど
デフォルトでは付かない豚チャーシューも食べているおいた方がいいかなと思って、「特製」にしてもらって!

さらに、ご飯ものの中から、平日限定で提供されていた「鴨チャーシュー丼」もお願いすることにした。
こちらの店はオープンキッチンとはいえ、カウンターの壁が高くて、座っていたら、調理する様子がわからないので、黙って、ラーメンができるのを待っていると


次々にお客さんが入店してきて、私が帰るときには、満席になって!
スゴく流行ってる♪


注文してから8分ほどで、完成した「鴨出汁・白」の「特製トッピング」がトレイに載せられて、女性スタッフの人によって配膳されてきた。
鴨ロースのスモークハムが4切れに豚バラ肉の煮豚、味玉、極細メンマ三つ葉、刻みネギが盛りつけられたラーメン!


麺屋 葵-7麺屋 葵-8

そうして、ラーメン画像を撮って、味玉をパッカーンと二つ割りしているうちに
鴨チャーシュー丼」も出された。

麺屋 葵-9麺屋 葵-10

まずは、鴨香るスープをいただくと
香りの割りには、鴨出汁は、あくまで、じんわり

鴨ガラだけで炊いて、丸鴨が使われていないからか!?
鴨ガラの量が少ないからか

あるいは、炊き出しの温度か
出汁の抽出時間の問題からか

鴨出汁のうま味は弱めで
鴨脂のオイリーさが目だってしまって

さらに、カエシに使われた白たまりか白醤油かの甘みが強く感じられて
ちょっと、思い描いていた味わいとは大きく違ったかな

麺は全粒粉入りの中細ストレート麺で!
入口に菅野製麺所の看板があったので、おそらく、菅野製麺所の麺だと思われるけど


麺屋 葵-11

つるパツの食感の加水率低めの中加水麺で!
小麦粉のうま味も感じられる麺でよかったと思うし♪


それに、この淡麗な味わいのスープとも、それなりに絡んでくれて、よかったとは思うけど
もう少し、スープに鴨出汁のうま味が欲しかったかな

豚バラ肉の煮豚は、特別なものじゃなかったけど
普通に美味しい。

麺屋 葵-12

味玉は黄身の茹で加減が緩くもカタくもない、いい茹で加減のものでよかった♪
ただ、極細のメンマは、やわらかくて、あまり、味、食感とも、好みのものとは違ったかな


さらに、麺を食べ終わったところで、「鴨チャーシュー丼」に載せられたソテーした鴨ハツをご飯とともにいただくと
甘辛く味付けられた味わいが、とてもよくて、これは美味しい😋

そうして、鴨ハツと味が付いたご飯を食べた後に
「鴨チャーシュー丼」に残ったスープを掛けて、セルフ「鴨雑炊」にしていただくと

麺屋 葵-13麺屋 葵-14

まず、鴨チャーシューは、鴨ロースを低温調理したか、焼いたか、コンフィしたか
何か調理されたものだろうと思っていたのに

鴨ロースのスモークハムが使われていて
もしかしたら、燻製して自作したハムなのかもしれないけど

でも、おそらく、市販のものをカットしただけのものと思われて
う~ん😑

雑炊にしても、味わいは、もう一つだったし😞
ラーメンデータベースの評価がよかったので、期待していたのに

申し訳ないけど、ちょっと、私の口には合わなかったかな
ご馳走さまでした。

麺屋 葵-15

メニュー:らーめん(140g)
鴨出汁・白…830円/鴨出汁・黒…830円
大盛
(210g)…120円

油そば(220g)
カレー鴨油そば…850円/鴨油そば…680円
大盛(330g)…120円

トッピング
特製トッピング…200円/鴨チャーシュー…200円/豚チャーシュー…200円/味玉…100円/メンマ…150円/柚子…50円


ご飯物
鴨ハツ丼…350円/鴨キーマカレー丼…350円/まかない丼(豚チャーシュー丼)…350円/鴨チャーシュー丼(平日限定)…350円/ライス…200円

※麺類を人数分ご注文いただいていないお客様…+150円

焼餃子
3ケ…250円/5ケ…380円

※麺類をご注文いただいていないお客様…+50円

麺屋 葵



関連ランキング:ラーメン | 幸手駅



好み度:鴨出汁・白star_s20.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年11月20日(水)

麺処 はら田【弐】-1

本日のランチは、令和元年元旦の5月1日にオープンした『麺処 ほん田』本田店主公認の店『麺処
』へ!


惜しまれながら閉店した大宮の『麺処 ほん田 niji』で最後の店長を務めていた原田店長が独立開業した店。

5月1日のオープン日に訪問するも、50人もの大行列に阻まれて、已む無く撤収😢
6月19日に再度アタックして、新メニューとして提供されていた「昆布水の淡麗鴨つけめん」をいただいた。

これは、原田店主が『麺処 ほん田 niji』の店長時代に最後の方に出していた傑作限定という情報で、期待できそうだったのに
誰かがTwitterで、鴨感のないスープとツイートしていて

『麺処 ほん田』に、その出身店で、鴨出汁の清湯スープのラーメンは食べたことがないので、わからないし
それに、つけ汁にニラが入っているというのが、少し気になった

しかし、実際に食べてみると
濃厚なフォン・ド・カナール(鴨のフォン)といった感じのフレンチのフォンのようなつけ汁で!

鴨出汁のうま味MAX!
それの、香味油に使われていた鴨脂によって、鴨の風味が高められていて、これで、鴨を感じないというのは、あり得ない
(-"-;A ...アセアセ

それに、鴨のワイルドさも感じられるスープで!
これが苦手な方もいるかもしれないけど、多くの鴨好きにはたまらない味わいだと思うし
😋

原田店主のオンリーワンの傑作つけ麺だったというのが私の感想で♪
でも、これだから、誰かが言ったことを、鵜呑みにしてはいけないんだよね
(--;)

そんな店が、「磯香る牡蠣の塩つけそば」なる新たなメニューを11月9日から2週間程度の期間限定で提供するというのを原田店主のTwitterのツイートで知って!
これは食べに行かないと!


ただ、すぐにも食べたいとは思いなからも、他にも食べてみたい店や限定ラーメンもあって
本日11月20日の訪問まで遅れてしまった。

京浜東北線の快速に乗車して、武蔵野線も走る南浦和駅へ!
そうして、駅東口から徒歩3分ほどのJR武蔵野線の高架沿いにある『麺処 東行』の跡地にオープンした店へ11時45分にやって来ると


10人のお客さんが行列を作って待っていた。
最後尾に付くと、ちょうど、外にいた原田店主のお父さまから、先に食券を買うように言われて、入店!


入口を入って、すぐ右に設置してある券売機で食券を購入する。
メニューは、前回とは大きく様変わりしていて


左上の一番のおすすめの位置には「特製醤油そば」!
その右は「特製塩そば」!


麺処 はら田【弐】-2麺処 はら田【弐】-3

さらに、その右は「特製濃厚豚骨魚介つけ麺」!
この3つが大きなボタンになっていて、おすすめなのはわかるけど


MIX部門でTRYラーメン新人賞を獲得した「濃厚魚介豚骨ラーメン」は、大きなボタンにしていないんだね😅
そして、前回は販売されていなかった「醤油そば」に「塩そば」推しなのも面白い♪

でも、今日は「磯香る牡蠣の塩つけそば」にするつもりなので!
ボタンを探す。


しかし、「昆布水の淡麗醤油つけめん」、「昆布水の淡麗塩つけめん」に「昆布水の淡麗鴨つけめん」のボタンもあったのに、「磯香る牡蠣の塩つけそば」のボタンは見当たらなかったので、近くにいた原田店主の美人の奥さまに
「磯香る牡蠣の塩つけそば」を食べにきたことを告げると

「もう、終わっちゃいました。」と申し訳なさそうに言われて…
えっ!?まだ、開店してからそんなに時間も経っていないのに!?

とは思ったけど
ないなら、仕方ない。

そこで、「昆布水の淡麗塩つけめん」の食券を買って
さらに、平日昼の部限定の「肉飯(小)」の食券も買って外へ!

そして、元にいた場所に戻ると、原田店主のお父さまが店の中から出てきて…
私の食券を回収すると

麺の量を「中盛」にするかどうか聞かれたので
「中盛」でお願いすることに!

そうして、店に到着してから30分ほど待って、お父さまに呼ばれて、店内へ!
そして、案内されたのは手前から奥にあるオープンキッチンの厨房に延びるカウンター10席のうち、一番奥の一番厨房に近い席!


原田店主に挨拶して、「磯香る牡蠣の塩つけそば」を食べに来たことを話すと
「一昨日で終わってしまいました。」という答えがあったので

Twitterを見に行ってみると
その言葉通りだった😓

11月9日から2週間程度の提供ということだったので、まだ、やっているだろうと思っていた。
しかし、後で、見直したところ


材料なくなり次第終了と書かれていたのを見落としていたし😓
それに、行く前に、ちゃんとTwitterを見てから行くべきだったと反省m(_ _;m)三(m;_ _)m

そうして、着席してから8分後に、まず、「肉飯(小)」が!
それから、1分後に「昆布水の淡麗塩つけめん」が、原田店主の奥さまによって運ばれてきた。


麺処 はら田【弐】-5麺処 はら田【弐】-6

昆布水に浸かった麺の上に豚肩ロース肉のレアチャーシューに味玉、カイワレ、海苔と海苔の上に生姜が載せられて
つけ汁の中に豚バラ肉の吊るし焼きチャーシューメンマ小松菜と色紙切りされた長ネギが入れられた美しくビジュアルのつけ麺♪

麺処 はら田【弐】-7

まずは、前回いただいた「昆布水の淡麗鴨つけめん」と同じと思われる菅野製麺所に特注している中細ストレートの麺を、つけ汁にはつけずに、いただくと
つるっとした啜り心地のいい麺で!

モチッとした弾力のある加水高めの中加水麺で!
小麦粉のうま味も感じられる麺で、このままでも美味しいし
😋

麺処 はら田【弐】-8

それに、この昆布水はガゴメ昆布に出汁昆布も併用されているようで!
ネバネバで、適度に粘度がある上に、昆布のうま味も感じられるのもよかったし♪


次につけ汁につけていただくと
あれっ!?鴨出汁じゃない😮

ラーメンデータベースで、この「昆布水の淡麗塩つけめん」を食べた人のレビューには鴨100%スープとあったし😅
つけ汁は、「昆布水の淡麗鴨つけめん」と同じ鴨出汁スープだと思っていた

しかし、この味わいは、鶏ガラ魚介!
鶏ガラに豚のゲンコツで炊いた動物系のスープに昆布、干し椎茸に背黒か平子の煮干し!


それに、鯖と宗太節かな!?
節のうま味も感じられて

そんな鶏ガラ主体のスープに乾物のうま味も入れたバランス型のスープで!
鴨はいないような
(-"-;A ...アセアセ

今回も、また、感じたのは、人の感想を鵜呑みにしてはいけないってこと。
やっぱり、自分の舌で味わってみないと、見誤ってしまうね
🤔

でも、鴨出汁のつけ汁ではなかったけど
鶏と豚の動物系のうま味に乾物による和風出汁のうま味を重ねたスープも、めちゃめちゃ美味しくて😋

それに、徐々に昆布水の昆布のうま味が、つけ汁に移って、味変していって!
味の変化を楽しめたのもよかったし♪


そして、これは、ズバリ、師匠である『麺処 ほん田』の本田店主の作る「濃厚昆布水つけ麺」をリスペクトして作った一杯だね♪
まだ、師匠の域までは行っていないかもしれないけど、かなり美味しい「昆布水に浸かった塩つけ麺」といえる
😋

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりした食感に仕上げられていて
厚みがあるのに、やわらかくて

肉のうま味が中に閉じ込められた美味しいレアチャーシューで😋
これは、トッピングしてチャーシュー増しにして食べる価値のある逸品に思えたし♪

麺処 はら田【弐】-9

つけ汁の中に沈められていた豚バラ肉の吊るし焼きチャーシューは、薫香が、とても香ばしくて♪
肉のジューシーさを感じられる絶品のチャーシューで
😋

麺処 はら田【弐】-10

これも、トッピングできるなら、トッピングしたい逸品に思えたし!
『麺処 ほん田』のチャーシューはクオリティが高いので有名だけど、こちらの店のチャーシューのクオリティも高い♪


そうして、最後に原田店主にスープ割りをお願いすると
再び、熱々になって戻ってきた。

そして、このスープ割りを「肉飯(小)」とともにいただくと
「肉麺」は炙りチャーシューが載せられていて、こちらのチャーシューも、香ばしくて、甘辛い味付けもよかったし♪

麺処 はら田【弐】-12麺処 はら田【弐】-11

そして、スープ割りは、昆布に鰹、鯖、宗太節かな!?
節の風味が口の中に、ふわ~っと広がって、最高に美味しかったし♪

近くはないので、ちょくちょくは来れないけど、また、来ますね♪
ご馳走さまでした。


麺処 はら田【弐】-13麺処 はら田【弐】-14

メニュー:特製醤油そば…1060円/醤油そば…810円/味玉醤油そば…910円/チャーシュー醤油そば…1110円
特製塩そば…1060円/塩そば…810円/味玉塩そば…910円/チャーシュー塩そば…1110円

昆布水の淡麗醤油つけめん…900円/昆布水の淡麗塩つけめん…900円

特製豚骨魚介つけ麺…1100円/豚骨魚介つけ麺…850円/味玉豚骨魚介つけ麺…950円/チャーシュー豚骨魚介つけ麺…1150円
特製豚骨魚介らーめん…1100円/豚骨魚介らーめん…850円/味玉豚骨魚介らーめん…950円/チャーシュー豚骨魚介らーめん…1150円

辛つけ麺…900円
油そば(平日昼の部限定)…590円

中盛り…50円(昼の部無料)/大盛り(つけ麺のみ)…150円/特盛り(つけ麺のみ)…200円/替え玉…130円
ご飯(小)…100円/ご飯…150円/肉飯…300円/ローストポーク丼…250円
肉飯(小)(平日昼の部限定)…150円

トッピング
特製…250円/味玉…100円/のり(5枚)…100円/自家製メンマ…150円/生たまご…50円/チャーシュー…300円


麺処 はら田



関連ランキング:ラーメン | 南浦和駅



好み度:昆布水の淡麗塩つけめんstar_s50.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m