訪問日:2011年1月25日(火)

BASSO ドリルマン【六】-1

『BASSO ドリルマン』裏メニューで「油そば」が始まっているという情報を掴んで、今日は楽しみにしてやってきた♪

店に着いたのは11時47分。
店内は満席で、外には2人のお客さんが順番待ちをしていた。
 
こちらの店の美人の奥様が店の外に出てきて、順番に注文を取っていく。
私の注文は、「油そば」の中盛
 
10分ほど待たされて入店して、カウンターの一番左の席へ案内された。
厨房には、品川店主と2人の男性スタッフの姿があった。
 
「つけそば」が作られて、出されていった後に、2個作りされた「油そば」のうちの1つが私に出された。

BASSO ドリルマン【六】-2

と思ったら…
「すいません、ラー油を掛け忘れました。」 
スタッフの人が1度持ち帰って、ラー油を掛けて、再び出してくれたんだけど…

BASSO ドリルマン【六】-3BASSO ドリルマン【六】-4

結果からすると、ラー油はお好みで掛けるようにしてもらえるとよかったな…
 
というのも、この「油そば」!
「途中でスープ割りいたしますので、お好きなときにお声をお掛けください。」

再度、出された
ときに、スタッフの人がそう言っていたので…
途中でスープ割りして、ラーメンのようにして食べるのでならば、ラー油が邪魔になる気がしたので…

麺は提供される前にまぜた状態で出されるので、そのまま、まぜる必要なく食べられた。
 
今回は、後でラーメンになって戻ってくるので、見ばえがいいように、具は残して、麺だけをいただいた。
しかし、この「あつもり」で出された、太ストレートの「油そば」専用麺

BASSO ドリルマン【六】-5

もちもちとした食感が最高!
それに、味付けもとても好み♪
 
元々、麺には定評のある店で、私は、東京では一番美味しい麺を出す店だと思っているので、期待はしていたけど…

期待していた以上の麺だった!
やはり、品川店主のつくる麺は違う!
 
大阪でも美味しい自家製麺を出す店は増えた。
しかし、悪いけど、これだけ美味しくて食感のいい麺を出す店はない…
 
ラー油の掛けられた、白髪ネギとその周辺の麺を食べてみると…
この辛味と刺激で、やや甘味の感じられたタレの味がキリッと締まって、味が変わって、「油そば」としてはありの味だとは思った…
 
そうして、食べている途中で奥様にお願いして、戻ってきたスープで割られた「油そば」
これは、アイデアはいいし、美味しくいただけた♪

BASSO ドリルマン【六】-6BASSO ドリルマン【六】-7

ただ、個人的には、デフォルトのまま「油そば」で食べるのが一番美味しかったかな…
 
炙りチャーシューは、香ばしくて絶品だったし…
コリコリとした食感の太いメンマの食感もとてもよかったし…
味玉も半熟加減か絶妙で、味付けもよかったし…
 
美味しかった♪
ご馳走さまでした。
 
帰り掛けに、奥様に会計していると…
「ブログみてますよ!」
「大阪でも頑張ってください。」

品川店主から声が掛かった。

お世辞でも、とても嬉しい♪

 「また、来ます!」と再訪を約束して店を後にしたけど…
今度は、以前は定休日だった月曜日にのみ提供されている「喜多方ラーメン」をイメージしたラーメンを食べに来よう!

BASSO ドリルマン【六】-8

PS 池袋駅まで戻ってくると、こんなかわいいAKB48がプリントされたバレンタインカーが展示されていて、みんな写メしてた♪

BASSO ドリルマン【六】-9BASSO ドリルマン【六】-10

BASSO ドリルマン




関連ランキング:ラーメン | 椎名町駅目白駅要町駅



メニュー:つけそば 小盛(200g)…750円/並盛(300g)…800円/中盛(400g)…800円/大盛(600g)
…900円
中華そば 並盛(180g)…750円/中盛(250g)…750円

HOT BASSO 小盛(200g)…850円/並盛(300g)…890円/中盛(400g)…900円/大盛(600g)
…1000円
濃厚中華そば 並盛(200g)…800円/中盛(300g)…800円/大盛(400g)…850円

特別トッピング(炙りトロチャーシュー1枚・のり1枚・味付け玉子1個・メンマ)…200円
【裏メニュー】油そば 並盛(200g)…750円/中盛(300g)…800円 ※大盛(400g)不可
HP:http://www.drill-man.com/


好み度:油そば star_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2010年6月7日(月)

BASSO ドリルマン【五】-1

『最強ラーメン烈伝 in サカス』に出店している「BASSO ドリルマン」

昨日、「赤坂サカス」で行なわれている、このラーメンイベントに「皇帝麺人」さんと行ってきた。
そして、「皇帝麺人」が食べていた「BASSO ドリルマン」の「つけそば」を略奪して、少し味見させてもらったんだけど…

麺がカタい!
味が違う!

「皇帝麺人」さんは美味しい麺だと言ってくれた…
私が「BASSO ドリルマン」の麺を好きなのを知っているから、そう言ってくれたのかもしれないけど…

確かに、美味しいことは美味しい。
ただ、いつもの麺とは違う!


「イベントの調理設備だから火力の関係等で、いつも店で出すものとは違って感じるのではないか?」
「皇帝麺人」さんはそう言っていたけど…
何か違和感を覚えた。

それに、味もいつものつけダレとは違う!
一味唐辛子が多くてスパイシー!


そんなに辛くはなく、心地よい辛さで嫌いではないけど…
ただ、鶏や豚骨、魚介でとった濃厚な出汁のせっかくの旨味を一味が消してしまっていた。

しばらく食べていない間に、味を変えてしまったのだろうか?
そんな疑問が頭をよぎった。


さらに、このイベント会場に品川店主の姿はなく、その場で聞くこともできなかったので…
ならば、店に行って確かめてみるか!

そういうわけで、池袋駅から少し歩く、この住宅街の中にある店にやってきた。

店の前には、珍しく外待ちがない。
ドアを開けて入っていくと、何と、テーブル席にお客さんの姿がなくて、カウンター席にも空きがある状態。
こんな空いている「BASSO ドリルマン」は初めて!

確かに、前回、訪問したときに、品川店主からは、月曜は暇だという話を聞いていた。
そして、暇な理由を、長らく定休日にしていたので、お客さんが休みだと思って来ないんだろうと分析していた。

しかし、それにしても、お客さんが少ない。
そこで、カウンターの空いている席について…

「本日は、赤坂サカスのイベントに出店のため、つけそばのみの営業になります。」

BASSO ドリルマン【五】-3

そう言って、注文を聞きにきた若いスタッフに…

「今日は何でこんなに空いているの?」
注文を告げる前にそう疑問を投げ掛けたところ…

替わって店長から…
「赤坂サカスのイベントに出店しているので、6月4日から16日まで休業する予定だったんですよ。」
「ホームページでもそう告げていたんですけど、つけそばだけならできると思って、急遽、店を開けたので、それでお客さんが少ないんだと思います。」


BASSO ドリルマン【五】-2

「でも、それにしても、今日は少ないですね。」

なるほど、そういうことだったんだね。

ただ、この後は、お客さんが次々に入って、テーブル席まで埋まったから、私が来た時間がたまたま最も空いていたともいえるのかもしれないね…

こちらに来る前に「ラーメン SA吉」で試食をしてきたので、注文は「つけそば」の「小盛」にした。

BASSO ドリルマン【五】-4

しかし、「並盛」の麺の量が300gのこちらの店では、「小盛」とは言っても200gある。
もう少し少なくてもいいんだけど…
今日に限っては…

夫婦でサカスに行っているという品川店主に替わって麺を茹でる店長!
その店長によって茹でられ、〆られた麺が、アツアツのつけダレとともに出された。

BASSO ドリルマン【五】-5BASSO ドリルマン【五】-6

さっそく、麺をいただくと…
昨日の麺とは食感が全然違う!
それに、今日の麺の方が格段に美味しい♪


そこで、店長に、昨日のカタいイベントの麺と今日の麺との食感の違いを話し、風味も違うことを話すと…

「そうなんですよね…」
「同じ粉、同じ作り方で作ってもらっているんですけど…」


こんな答えが返ってきたので…

「えっ!じゃあ、昨日の麺は松本製麺さんで造った麺なんですか?」
そう答えると…

「よく、ご存じですね。」
「松本さんに造ってもらっているんですけど、やはり、同じようにはできないんですよね…」


『最強ラーメン烈伝 in サカス』で「BASSO ドリルマン」が使っている麺は、自家製麺ではなかった!
ここにネタバラシしてしまうけど、品川店主は怒らないだろう…

昨日の麺だって、普通に考えたら、かなり美味しい麺といえる。
しかし、今日の麺は、それに比べて数段上のレベルだったということで…
それだけ、こちらの店でつくる自家製麺が美味しいということなのだから…

ただ、粉も同じ、製法も同じといっても、4Mが違うのだから、指導して、「松本製麺」のレベルアップを図る必要はあるよね。

そして、もう一つの疑問がつけダレの味!
麺をつけて味わってみる。
やっぱり、全然、違うよ!
つけダレの色をみても、一目瞭然ではあったけど…

では、昨日と今日の違いは?
これも、店長に聞いてみたところ…

「赤坂で出しているのは、HOT BASSOです!」

BASSO ドリルマン【五】-7

話を聞いてみると、「赤坂サカス」のイベントで出しているメニューは、いわゆる「辛味つけそば」にあたる「HOT BASSO」1種類のみ。
辛味が苦手な方には、辛味を抑える、あるいは抜くということも実施しているそう!

これは、「皇帝麺人」さんも私も気づいていなかった。
麺の違いも含めて、あとで「皇帝麺人」さんに話をしたら…
「えっ!」と…
かなり驚いていたよ。

しかし、安心した!
やっぱ、「BASSO ドリルマン」の「つけそば」はこうでないと!
濃厚なつけダレからは、鶏や豚骨、そして魚介出汁の旨味が感じられて美味しい♪

「HOT BASSO」も決して悪くはないけど、出汁の旨味が感じられるノーマルな「つけそば」が私は好きだな♪

でも、今日は、こちらに来て、疑問が解けてよかった!

麺が美味しかったし、つけダレもよかったので、気づけば200gあって、今日は2杯目だし、多いかなと思った麺もペロッと完食!
スープ割りまで作ってもらってこれも飲み干した!

ここのところ、「BASSO ドリルマン」では、比内地鶏で出汁をとった絶品の「中華そば」ばかりを食べていた…
でも、やっぱ、「BASSO ドリルマン」の「つけそば」は美味しい♪おかげで、次はどっちを食べるか悩んでしまうよ…

BASSO ドリルマン【五】-8

住所:東京都豊島区西池袋2-9-7 プエルト西池袋1F
電話:03-3981-5011
営業時間:11:30~21:00 ※売り切れ次第終了
休日:無休
アクセス:JR各線・池袋駅1a(西側)出口から徒歩9分
JR山手線・目白駅から徒歩10分
西武池袋線・椎名町から徒歩9分








メニュー:中華そば 並盛(180g)…750円/中盛(250g)…750円
濃厚中華そば 並盛(200g)…750円/中盛(300g)…750円/大盛(400g)…800円
つけそば 小盛(200g)…750円/並盛(300g)…800円/中盛(400g)…800円/大盛(600g)…900円
HOT BASSO(辛口) 小盛(200g)…850円/並盛(300g)…900円/中盛(400g)…900円/大盛(600g)…1000円

HP:http://www.drill-man.com/
店主のブログ:http://ameblo.jp/basso-drillman/


好み度:つけそばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2010年5月18日(火)

BASSO ドリルマン【四】-1

東京で一番美味しい麺が食べられる店!
「BASSO ドリルマン」!


最近はご無沙汰していて、昨年2月に来て以来…
「BASSO ドリルマン」に改名してから数えて、今日が4回目!
「中華そば ゼットン」時代を含めると通算8回目の訪問になる。

今日、訪問しようと思ったきっかけは、実は、こちら「BASSO ドリルマン」の品川店主が、新松戸にある、やはり、千葉では最も美味しい麺をつくる麺道家の店を訪れたことによる。

品川店主が、「麺道 GENTEN」の森山店主のつくる麺を食べて、どんな感想を持ったのか?
興味があった。


池袋駅からトコトコと歩いて、住宅街の中にある店に着いたのは11時50分過ぎ。
店の前では5人が順番待ちをしていた。
それでも、以前に比べるとずいぶん入りやすくなった。

私が列に加わったところで、美人の奥様が店の中から現われた!
メニューを渡されて、注文を聞かれて…
「特製中華そば」「中盛」でお願いした。

BASSO ドリルマン【四】-2BASSO ドリルマン【四】-3BASSO ドリルマン【四】-4

本来ならば、ここは「つけそば」を食べるべきなのかもしれないけど…
私は、「つけそば」同様、品川店主のつくる「比内地鶏」を使ったスープの「中華そば」も好みなので…
ここのところ、つけ麺ばかり食べていたので、それが影響して、「中華そば」を選ばせたのかもしれない…

10分も待たずに店内に案内されて、カウンター席に座ると…
2分後には「特製中華そば」ができあがり、品川店主自ら席まで運んできてくれた。

そして…
「先日、GENTENさん行ってきました。」
「美味しい麺ですね!」

「昨日、とみ田といっしょでしたけど、とみ田も、GENTENさんの麺は美味いと言ってました。」

「前から行ってみたかったんですけど、長らく月曜定休で、GENTENさんも月曜が休みだったから行けなかったんですよ。」

そう話し掛けられて、ちょっと面食らったけど…

【GENTEN|BASSOドリルマンのブログ】
http://ameblo.jp/basso-drillman/entry-10536039745.html

しかし…
「BASSO ドリルマン」が…
「中華蕎麦 とみ田」が…
美味しいと認めた「麺道 GENTEN」の麺!

多少のリップサービスはあるにしても…
麺のプロ!
しかも、超一流のプロフェッショナルに認めさせるというのは…
たいしたもの!


でも、品川店主の「中華そば」も負けてはいない!

BASSO ドリルマン【四】-5BASSO ドリルマン【四】-6

旨みがあって、コクのあるスープ!「中華そば ゼットン」時代には、淡麗だったスープも、前回いただいたときには、今回と同じく輪郭がはっきりした醤油味のスープに変わっていた。

元々、美味しいと定評のあった品川店主の「中華そば」は、「ラァメン家 69'N' ROLL ONE」嶋崎店主との出会いによって、より美味しく進化した!

醤油と油使いの妙が、スープにコクを与え…
比内地鶏を使うようになって、スープの旨みが増した。

飲み比べてほしい!
鶏清湯の美味しいラーメンを出すといわれる他店と…

「BASSO ドリルマン」といったら「つけそば」!
そして、麺ばかりが注目されがちだけど…
品川店主のつくる「中華そば」のスープは超一級品!

しかも、無化調で、これだけのコクと旨みのあるスープをつくる…

美味しい醤油ラーメンを食べたいなら、ぜひ、お試しのほど…

そして、このコク旨スープに絡む麺は、品川店主が毎朝つくり、熟成させて出す細ストレートの麺!

BASSO ドリルマン【四】-7

小麦の旨味が感じられる麺で…
なめらかで口当りがよくて…
スープの持ち上げがいいのはもちろんだし…

これ以上のものは望めないほど完成度の高い麺!

だから、最近では、製粉会社により、「BASSO ドリルマン」専用粉ができるほどで…
やっぱ、品川店主の麺はすごいし、美味しい♪

炙りチャーシューに味玉も、メンマもよかった!
今回、はじめて「特製」をいただいたんだけど…

普通のチャーシューも、普通に美味しい!
しかし、この厚切りの炙りチャーシューは香ばしくて、外はカリッ、中はジューシー!
トッピングしても食べる価値のある逸品!

味玉も、トロトロで、しかし、黄身が溶けださない…
ちょうどいい半熟度合いで、味付けもよかったし…


太いメンマも、今日は、中には多少、繊維が気になるものもあったけど、コリコリした食感はとても好みのものだったし…

炙りチャーシューに味玉、メンマが増量された「特製」にして正解!
250円増しの価格は決して高くはない。

スープを飲み干して完食したところへ、品川店主が再び近づいてきて話をした。
そして、貴重な情報を聞くことができた。

品川店主は面倒見のいい人で、今は、スープで悩んでいる某店まで、遠いのにわざわざ出向いて、スープの作り方を教えているそうで…
この店は、近々、大化けする!

麺も「BASSO ドリルマン」の粉を使った麺に替えて…
リニューアルした「もりそば」を食べるのが、今から楽しみ♪

さらに、今、新メニューの開発をしていて、もうすぐお披露目になりそうなのが、細麺をつかった「塩つけそば」!
「BASSO ドリルマン」の「塩」!
どんな味で登場するのか、これも楽しみ♪

そして、既報通り、「赤坂サカス」でのイベントに「BASSO ドリルマン」の出店が決定!
赤坂でも「BASSO ドリルマン」が食べられる!これは行かないと!

最後に…
「BASSO ドリルマン」の月曜日営業…
従来、定休日だったこの日は、現在は、無休にして、他の曜日同様、営業を続けている。

でも、これでは面白くない…
そこで…
「BASSO ドリルマン」の月曜日が変わる!

今は、これ以上は公表できない…
ただ、実施時期は、「赤坂サカス」でのイベント終了後!

何れにしても、今後の「BASSO ドリルマン」の動きからは目が離せない!
ホームページをこまめにチェックしてないと!


BASSO ドリルマン【四】-8

住所:東京都豊島区西池袋2-9-7 プエルト西池袋1F
電話:03-3981-5011
営業時間:11:30~21:00 ※売り切れ次第終了
休日:無休
アクセス:JR各線・池袋駅1a(西側)出口から徒歩9分
JR山手線・目白駅から徒歩10分
西武池袋線・椎名町から徒歩9分








メニュー:中華そば 並盛(180g)…750円/中盛(250g)…750円
濃厚中華そば 並盛(200g)…750円/中盛(300g)…750円/大盛(400g)…800円
つけそば 小盛(200g)…750円/並盛(300g)…800円/中盛(400g)…800円/大盛(600g)…900円
HOT BASSO(辛口) 小盛(200g)…850円/並盛(300g)…900円/中盛(400g)…900円/大盛(600g)…1000円

HP:http://www.drill-man.com/
店主のブログ:http://ameblo.jp/basso-drillman/


好み度:中華そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2009年2月13日(金)

BASSO ドリルマン【参】-1

一昨日の祝日!
建国記念の日に…
東京・西東京市の田無に新規オープンした「麺匠 ヒムロク」

この「麺匠 ヒムロク」には、開店日に行って、美味しい「つけそば」をいただいたんだけど…
開店祝いの祝花が「BASSO ドリルマン」から届いていた!
【麺匠 ヒムロク】http://ramen151e.blog71.fc2.com/blog-entry-536.html

実は、この新店の中澤店主が最後に修業したのが、こちら「BASSO ドリルマン」!

「BASSO ドリルマン」には、先週に行って、「つけそば」を食べたばかりなんだけど…

もう1年以上前に食べたきりで、バージョンアップしているという「中華そば」を食べてみたかったのと…
「麺匠 ヒムロク」の無事開店の模様を伝えたくてやってきた!

開店1分前の10時59分に到着すると…
入口のドアには「Closed」の札!
お客さんが1名、開店を待っていた。

製麺室には明かりが点いて、品川店主ができたての麺を麺箱に移している最中…

しかし、11時を回っても、開店する気配がないな…

業者の人が来て、品川店主と製麺室の前で話し込んでいる…

これは絶対、11時開店じゃないな…
開店時刻が変わったのか!?
私は、11時だと間違えて認識していたようだ…

まあ、いいか…
おかげで、明かりの点いた製麺室で、近くで「大成機械工業」製の製麺機に製麺されたばかりの麺を、ガラス越しとはいえ、見ることができた。

BASSO ドリルマン【参】-2

開店前に奥様が注文取りにドアを開けて出てきた。

「中華そば」の中盛をオーダー!

そして、11時30分に少し遅れて開店!

やっぱ、11時30分だったんだ…
開店時間…

なぜか、開店時間前に食事をされている方がカウンターの一番左の席に座っていたので…
「左から詰めてお座りください♪」と奥様から言われて座った席は左から3番目のカウンター席!

11時30分の開店時間(?)までに集まり入店したのは12名のお客さん!

ピーク時期よりはだいぶ緩和はしているみたいだけど、まだ人気は健在!
私が帰る12時50分過ぎには、満席になった。

厨房では、品川店主夫妻に、今日は店員さんが2名。
慌ただしく、動き回っている。

そして、一番最初に出されたのが私の「中華そば」!
この後、品川店主が大量の麺を茹で始めたけど…
ほとんどのお客さんがオーダーするのが「つけそば」で…
中盛(400g)のオーダーが多いから…
それで、一度に、あんな大量の麺を茹でるんだね…

できあがった「中華そば」の器には、口が狭くて深いものが使われていた。

BASSO ドリルマン【参】-3BASSO ドリルマン【参】-4

スープはアツアツ!
ひと口いただくと…

魚粉!油!
すっきりした丸鶏の優しい口当たりから、インパクトのあるものに変わっていた…

しかし、スープの本質はやはり、丸鶏からとった旨味出汁で食べさせるもの!

やっぱりガラでは出せない味!
ふくよかで…
まろやかで…

美味しい…
しみじみと美味しさを感じる…

この丸鶏の旨味たっぷりの醤油スープに合わせる麺は、切り刃22番と思われるストレートの自家製麺!

カタめの食感の麺で、噛むとパツンと切れそうな麺なのに、たおやかで、コシがあった!

のど越しもよかったし、何より、スープとの絡み具合が最高!

さすが、麺の求道者!
品川店主のつくり出す麺は…
「つけそば」用の麺だけでなく…
この「中華そば」用の麺でも、その力を発揮していた。

こちらの店はチャーシューも美味しいことでも定評があるけど…
「中華そば」に使われていた豚バラの巻きチャーシューも絶品!
しかも、これが、デフォルトで2枚入る!

「つけそば」ではあまり気にしていなかったけど…
メンマも、「中華そば」に使われていたものは太めのもので…
ボリボリとした食感がなんともよかったし…
塩加減も絶妙で美味しくいただけた。

最後の一滴まで飲み干して、空っぽになった器をカウンターの上にあげて…
奥様に会計!

このときに…
「ヒムロクに…」
「一昨日の開店日に行ってきました!」と話し掛けたところ…

「まだ、行ってないんです…」
「どうでした?」というので…

無事開店したこと…
盛況であったこと…
そして、「社長に感謝しています。」という「麺匠 ヒムロク」店主のお母さまの言葉を伝えたところ…

奥様は品川店主に報告して…
ご夫婦で感謝されてしまった…

「麺匠 ヒムロク」の「つけそば」の味について品川店主に感想等述べた後…
最後に…

品川店主に…
「ヒムロクの中華そばも、こちらの中華そばタイプのものなのですか!?」と質問したところ…」

「いや、違いますよ。期待しててください。」と言われたので…

これはまた…
「麺匠 ヒムロク」
行くしかないでしょう!

BASSO ドリルマン【参】-5

住所:東京都豊島区西池袋2-9-7 プエルト西池袋1F
電話:03-3981-5011
営業時間:11:30~20:00 ※売り切れ次第終了
休日:月曜 (祝日の場合翌日)
アクセス:JR各線池袋駅メトロポリタン口から徒歩15分


採点:★★★★★


メニュー:中華そば 並盛(180g)…750円/中盛(250g)…750円
濃厚中華そば 並盛(200g)…750円/中盛(300g)…750円/大盛(400g)…800円
つけそば 小盛(200g)…750円/並盛(300g)…800円/中盛(400g)…800円/大盛(600g)…900円


好み度:中華そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif
訪問日:2009年2月4日(水)

BASSO ドリルマン【弐】-1

東京で一番美味しい麺の店はどこか!?

私がそう聞かれたら、真っ先に答える店がこちら「BASSO ドリルマン」

こちらの店の品川店主は、凝りに凝った自家製麺をつくる…

これについては、以前にブログに書いているので、興味のある方は参照していただいて…
ここでは割愛させていただくけど…
何しろ美味しい!

そんな品川店主は、ラーメンの鬼の主宰する「佐野JAPAN」とも交流しながら、わざを磨いていた!
ラーメンの鬼のブログで知ったんだけど…

これを知って、また、この人の麺を食べたくなった!
午後13時半ちょうどに店の前までやってくると…

おやっ?
いつも店の前にできている行列がないぞ!

疑心暗鬼で店に入っていくと…
「いらっしゃいませ!」

スタッフからの元気な挨拶に迎えられた。

「こちらにどうぞ♪」
品川店主の美人の奥様から、空いている2席のカウンター席を手で示され…
コートを製麺室の隣にあったハンガーに掛けて着席。

「つけそばの中盛で!」と…
すぐさまオーダー!

BASSO ドリルマン【弐】-2

厨房には、品川店主の他、3人の男性スタッフが入っていた。
しかし、麺を茹でるのは、相変わらず、品川店主が担当していた。

しかし…
「中華そば ゼットン」時代から含めて、この店に待たずに入れたのははじめて!

大型のテーブル席を設け、だいぶ待ち時間が改善されたのは前回の訪問で知った。

しかし、回転は早まったとはいえ、それでも、前回だって行列はできていた。

なぜなんだろう!?
今日がたまたま、お客さんの入りが少ないだけなのか?

味のクオリティが落ちたとは思えないんだけど…

少なくとも、製麺室に積み重なれていた複数のブランドの小麦粉の入った袋を見る限りは、麺のクオリティは落ちてはいないようだし…

「つけそば」の麺が茹であがった!
素早く、冷水で締められた麺は、よく水切りされて、器に取り分けられる。

最後に、各丼の量の微調整がなされると、海苔が添えられ、つけダレとともに一斉にお客さんのもとに…
その一つが私のもとへも届けられた!

BASSO ドリルマン【弐】-3

さっそく麺だけを食べるため口に近づけると…

小麦粉のいい香りがした!

もちもちとした讃岐うどんのような食感!
小麦粉の旨味が詰まった麺!
やっぱり、品川店主のつくる麺は美味しい!

つけダレのクオリティも、落ちているどころか、逆にパワーアップしているような感じさえした。

評判のチャーシューは相変わらず美味しかったし…
400gもあった「中盛」の麺も気づけば空っぽ!

「濃かったら言ってください。」と言って毎度出されるスープ割りも…
今日は「濃い!」とはっきり告げて、スープをつぎ足して作り直してもらったけど…
これが功を奏してか、最後まで満足のまま、とても美味しくいただけた!

前回から、美人の奥様も店に戻って来ているし…
いつも、こんな、待たずに入れるようだったら、もっと来る回数も増えるんだけどな…

「つけそば」とはスープを違えた…
丸鶏から出汁をとった、あっさりスープでいただける「中華そば」が進化しているようなので…
早いうちに再訪して確かめてみよう!

BASSO ドリルマン【弐】-4

住所:東京都豊島区西池袋2-9-7 プエルト西池袋1F
電話:03-3981-5011
営業時間:11:00~20:00 ※売り切れ次第終了
休日:月曜 (祝日の場合翌日)
アクセス:JR各線池袋駅メトロポリタン口から徒歩15分

メニュー:中華そば 並盛(180g)…750円/中盛(250g)…750円
濃厚中華そば 並盛(200g)…750円/中盛(300g)…750円/大盛(400g)…800円
つけそば 小盛(200g)…750円/並盛(300g)…800円/中盛(400g)…800円/大盛(600g)…900円


好み度:つけそばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s40.gif