訪問日:2016年11月6日(日)

MENYA 食い味の道有楽【参】-1MENYA 食い味の道有楽【参】-2

本日のランチは、11月1日に創業7周年を迎えて、11月3日に続いて、本日11月6日にも限定が提供される、千葉県の北柏にある『MENYA 食い味の道有楽』で!

としくんがTwitterで、こちらの店で食べたゲリラ限定の「俺の鴨蕎麦(先行バージョン)」の画像を上げていて、超美味しそうだったので!
貼られていたURLのRDBのレビューを見に行ってみると


これが、「秩父産合鴨と最高級の京都産真鴨を使った特別仕様」の一品らしく!
大絶賛していて、めっちゃ、食べたくなった♪


ただし、「このメニューは11月3日、6日の周年メニュー提供日を除いて、11月いっぱい提供される予定。」との注釈があって!
なんだ、今日6日は食べられないんだと、一旦は落胆したんだけど


でも、「周年メニュー」があることを知って!
何が提供されるのか、ちょっと調べたけど、わからず


でも、きっと、何かスゴいラーメンが出てくるはずと予想して!
とりあえず、店へと向かうことにした。


店の最寄り駅の北柏駅までは、JR常磐線快速で柏まで行って
東京メトロ千代田線の我孫子行きに乗り換えて行かねばならず、面倒なのと

北柏駅からも、店までは、結構な距離を歩かないと行けないので
今日は、愛車に乗って向かうことに♪

それに、こちらの店は、「MARUKIN」というパチンコ屋の敷地内にあって!
パチンコ屋の300台停められる駐車場が使えるので、駐車場には困らないのがいい♪


そうして、パチンコ屋の駐車場に車を滑り込ませて
店の前にやってきたのは、もうすぐ午後の1時になる時間。

MENYA 食い味の道有楽【参】-3

すると、5人のお客さんが待っていて!
よく見ると、店の中のテーブル席も待合いのテーブルに使われているようで


MENYA 食い味の道有楽【参】-4

そちらにも、10人近いお客さんが待っていた。
しかし、すぐに、食べ終わったお客さんが出てきて


お客さんに続いて、店主が出てくると、4人のお客さんが、店内へと案内されて
この後、10分ほど待って、店主から呼ばれて店内へ!

そうして、まずは、券売機で食券を買うんだけど
その前に店主に

「7周年限定、まだ、あります?」と聞いて…
「ありますよ。」という返事をもらってから食券を購入!

これが、この店のルール!
これをしないと、限定は販売してくれないようなので、ご注意のほど
(汗)

なお、本日のメニューは、「御陰様で七周年②」と題された限定と「ラーメン」のみの2品のみの提供のようで
店主からは、何度も、このアナウンスがなされていたけど

MENYA 食い味の道有楽【参】-5

限定の内容は
福岡 料亭 稚加榮明太子 現地買い付けにて
「明太和え蕎麦 海物語」


A:感謝価格 1500円
B:浅蜊バター 半ライス付 2000円
S:別皿 鴨ロース+B 3000円


こうなっていて
「稚加榮」の明太子は、出汁に漬けられた料亭の味わいの一品で、博多に行った際に、「福岡 大名」にある本店まで行って買い求めたことがあるくらい、好きな明太子だけど♪

それを使った「和え蕎麦」が7周年限定!?
ラーメンでも、つけ麺でもないんだね

店主はスープにこだわる人だと聞いていたので、ラーメンが出るものとばかり思っていたのに
それに、私は、「和えそば」とか、「まぜそば」とか「油そば」等と、呼び方は様々あるけど、所謂、スープオフの「汁なし」は、特別なものを除いては食べない人なので、ちょっと、ガッカリ

それに、単体で1,500円という価格も
小ライスのご飯ものが付いて2,000という価格も

まして、食べてみたい鴨ではあったけど
これが別皿で出されて3,000円というのも

かつて、大つけ麺のつけ麺のトッピングにフォアグラとキャビアが出されて!
5,000円というトッピング価格が話題になったことはあったけど


ラーメンが
まして、汁なしで、3,000円という価格は、B級グルメのラーメンとしては、どうなんだろう!?

汁なしの単体価格には、「感謝価格」と記されているけど
普通の汁なしの相場の2倍以上する価格のどこが「感謝価格」なのかもわからないし(汗)

明太子以外の詳細の説明がないので、わからないけど
「稚加榮」の明太子が丸々一本載っているのだろうか!?

そう思いながらも、券売機で「感謝価格」の「限定1500円」の食券を買って、待合いのテーブルに
鴨は食べたかったけど、さすがにラーメンに3,000円は出せなかった(汗)

MENYA 食い味の道有楽【参】-6

ただ、この「感謝価格」の1,500円の「和え蕎麦」が、文字通り、「感謝価格」のものだということが、後で判明することになるんだけど
この時点では知る由もなかった。

そうして、待合いのテーブル席で待って
その後にカウンターの1席へと案内されてからも待たされて

入店してから34分後に、ようやく、7周年限定が、店主から出されたんだけど
供された「明太和え蕎麦 海物語」は、「稚加榮」の明太子が載せられているだけではなく、メニュー名の最後に「海物語」とあるように、海鮮が多数載せられた一品で!

MENYA 食い味の道有楽【参】-7MENYA 食い味の道有楽【参】-8MENYA 食い味の道有楽【参】-9MENYA 食い味の道有楽【参】-10

大きなボタン海老鯨ベーコンといった高価な海鮮に!
赤イカ、ホタテサーモン、昆布、青海苔水菜、ネギに、大葉の上に載せられた高級明太子がトッピングされた豪華バージョン♪


これは、「和え蕎麦」というよりも、和食の一品料理で!
このプレミアムな一品が1,500円でいただけるのは、やっぱり、「感謝価格」なのかも♪


とりあえず、具沢山の具を寄せて、ウェーブがかった太麺を丼の底のタレと油に絡めていただくと
ブラックペッパー他の複数のスパイスを使ったスパイシーな味わいのタレで、ニンニクの風味もあって刺激的!

MENYA 食い味の道有楽【参】-11

油は、鶏油にラード
いや、ヘットか!?

動物系の油がミックスして使われているようで
しかし、しつこさはなくて

予想していた「和」の味わいではなかったけど
単純に美味しい♪

そして、こいつに、明太子を混ぜ合わせて食べると
これが、また、美味しかったし♪

MENYA 食い味の道有楽【参】-12

具のボタン海老も、身がプリップリで!
甘みがあって、最高に美味しかったし♪


MENYA 食い味の道有楽【参】-13

ホタテや赤イカの甘みも!
鯨ベーコンの食感もよかったし♪


和と洋が融合した、この「和え蕎麦」は、味はよかったし♪
なかなか他店ではお目にかかることのできない「汁なし」で、美味しく完食♪


ただ、美味しかったけど、ラーメンを食べたという気はしなかったかな
それに、これを7周年の記念に持ってきたというのも、よくわからない

できれば、トッピングの具にコストをかけるのではなく、スープにコストをかけたスープありのラーメンを食べてみたかったかな
ご馳走さまでした。

MENYA 食い味の道有楽【参】-14MENYA 食い味の道有楽【参】-15

メニュー:つけ麺…900円/月見つけ麺…1000円/辛つけ麺…1000円/辛味噌つけ麺…1100円/角切り肉つけ麺…1150円/道有楽つけ麺…1300円

ラーメン…700円/辛ミソラーメン…950円/チャーシューメン…1000円/トンコツラーメン…950円/豚骨辛味噌ラーメン…1100円/厚切りチャーシューメン…1200円/二種二色のチャーシュー麺…1200円

ライス…200円/半ライス…120円

【(11月6日当日限定)御陰様で七周年②】福岡 料亭 稚加榮明太子 現地買い付けにて
「明太和え蕎麦 海物語」

A:感謝価格…1500円
B:浅蜊バター 半ライス付…2000円
S:別皿 鴨ロース+B…3000円


食味の道有楽



関連ランキング:つけ麺 | 北柏駅



好み度:明太和え蕎麦 海物語star_s35.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2015年8月13日(木)

大勝軒 てつ【参】-1

本日は、北柏に7月27日にオープンした新店の『中華蕎麦 みやま』に行くつもりで、連れといっしょに車で出発!

しかし、連れが、こってりしたつけ麺が食べたいと言い出して(汗)
急遽、『中華蕎麦 みやま』に向かう途中の16号沿いにある『大勝軒 てつ』でランチすることに!

こちらの店は、「麺屋 こうじ」グループ系の店!
オーブンして間もない頃に訪問して、「つけ麺」「らーめん」を食べて!


さらに、『麺処 くろ川』の小川店主が店を開業する前に手伝いに厨房に入っていたときにも訪問して
「みそつけ麺」をいただいている。

突き抜けた美味しい味わいのラーメンにつけ麺が食べられる店というわけではないけど
そこそこ、美味しいものが食べられる。

それに、「麺屋 こうじ」グループ系の店は、大概、甘い味付けなのが特徴なのに
こちらの店は、あまり、甘すぎないのがいい♪

そして、さらに、こちらの店では、限定ラーメンも出しているので
ただ、現在はどんな限定が出されているのかわからないまま

ラーメンの神様でありレジェンドの故・山岸一雄さんが微笑む看板の店の
駐車場へと車を滑り込ませて

【新店】大勝軒 てつ-3

店へと入っていくと
50席もある大型の箱店だというのに、ほとんどのテーブル席はお客さんで埋まっていて!

まずは、ファミレスと同じように、紙に名前を書いて店内のウェイティングの椅子に座って待つ。
すると、若いスタッフの女子が来て、先客一組を席へと案内。


そして、私たちには
「限定の青とんラーメンがおすすめです♪」

青唐辛子を使った辛いラーメンです。」
「この暑い季節にはピッタリのラーメンです。」


そう言って、食券を買うように促がされて
連れは、「つけ麺」の食券を買って

「女子盛」0円のボタンを見つけて
「何、これ?」と聞いてきたので

「わからないけど、たぶん、麺の量が少なめになって、味玉とか、何かトッピングが一品サービスになるとかじゃない!?」と言うと…
「とりあえず、これにする。」と言ってボタンを押した。

大勝軒 てつ【参】-4

私は、スタッフの女子のおすすめに従って「青とんラーメン」を!
そうして、食券を買い終わると


「今、カウンター席なら、すぐ、ご案内できます。」と言われて…
カウンター席に横並びに座って

食券をスタッフの女子に渡しながら
「女子盛って何なんですか?」と連れが質問すると

杏仁豆腐がデザートに付きます。」と答えがあって!
それを聞いて、めっちゃ喜んでいたけど♪


この「女子盛」は、女性のお客さん以外にも、お子さんも注文できるそうで!
これは嬉しいサービスだね♪


私も、スタッフの女子に食券を渡すと
「麺中盛まで無料でできますけど、中盛になさいますか?」と聞かれて…

麺の量を確かめると
「並盛150g、中盛200gです♪」と言うので…

「じゃあ、並で!」と答えて…
「青唐辛子って超辛いんですよね?」と質問!

意図としては、辛さの調整ができるのか
聞こうと思って質問したところ

「青唐辛子を別皿に入れてお出ししましょうか?」と提案してきたので
そうしてもらうことにした。

厨房には、3人の男性スタッフがいて!
ラーメンにつけ麺がどんどんと作られていって!


出来上がると、ホールの女性スタッフによって、お客さんへ運ばれていって!
厨房もホールも大忙し!


そうして、まず
「お待たせしました」という女性スタッフの声とともに私の「青とんラーメン」が先に着丼!

大勝軒 てつ【参】-6

青唐辛子ミョウガが別皿に入れられているため
供されたラーメンは、ただの背脂チャッチャ系ラーメンに見える。

大勝軒 てつ【参】-7

ちなみに、後で、調べたところ、このラーメンは、「無双ラーメン」という名の付けられた!
不定期で供される背脂チャッチャ系ラーメンのことのようで


大勝軒 てつ【参】-3

週替わりで、「無双ラーメン限定トッピング」という!
文字通りの「無双ラーメン」限定のトッピングが付いたラーメンが提供されて!


今週は、青唐辛子がトッピングされた「青とんラーメン」!
来週は「みぞれラーメン」になっていたので、大根おろしがトッピングされたラーメンが提供されるんだろうと思われる。


大勝軒 てつ【参】-2

まずは、青唐辛子なしのデフォルト状態の「無双ラーメン」のスープをいただくと
サラッとした豚骨醤油のスープに背脂を少し浮かたといった感じのスープで!

スープは、乳化していない豚骨白湯スープではなく
豚骨清湯スープのラーメンのようで!

まったく、しつこくも、くどくもないスープなのは、いいとは思うけど
もう少し、豚骨のうま味が出ているとよかったんだけど

それに、味も、決して、悪いわけではないけど、いいわけでもなく
それなりの味わいのスープといった感じ

そこで、別皿の青唐辛子ミョウガみょうがを全部、ドバッと入れて
しかし、慎重にレンゲに青唐辛子をとって、いただいてみると

大勝軒 てつ【参】-8

あれっ!?
辛くない

そこで、恐る恐る、生の小口切りされた青唐辛子だけを食べてみると
やっぱり、そんなに辛くない

タイに行ったときに食べた青唐辛子の印象が強くて
食べたときもかなり辛くて

ただ、それだけでは済まなくて、翌朝も大変だったので
青唐辛子は超辛いものというイメージだったのに

やや、拍子抜けしたけど
でも、そうは言っても、それなりには辛くて!

そして、この青唐辛子のピリ辛感と、ミョウガの爽やかな香りと歯触りが相俟って!
なかなかいい感じで箸が進む♪


やっぱり、ミョウガは夏には欠かせない薬味という感を強くしたんだけど!
ただ、一つだけ


青唐辛子を小口切り(輪切り)にしたのに
なぜ、ミョウガは、せん切りにしたのか!?

小口切りにした方が細かくなるので
全体に絡ませたい料理の場合は小口切りにするのが普通で!

せん切りは、細長になるので!
大きめの材料や、細長い材料と合わせるのが一般的なのに


それに、繊維に沿って縦に切るせん切りよりも、繊維を断つ小口切りの方がいいと思うけど!
シャキシャキ感を出したかったのかな
!?

麺は中細縮れ麺で!
見た目から、オーションを使って製麺したカタめでグニグニした食感の麺という感じがしたのに


そんなことはなく
ツルモチの食感の麺で!

大勝軒 てつ【参】-9

小麦粉のうま味もしっかりと感じられる麺で!
縮れが付けられていたおかげで、それなりにスープとの絡みもよかったし♪


チャーシューは、豚バラ肉の煮豚で!
やや、脂身が多いのが、個人的には少し気にはなったけど


でも、やわらかくて!
肉のジューシーさも感じられるチャーシューだったのでよかった♪


たっぷりと入ったもやしにメンマは、炒めたものが入れられているようで!
美味しくいただけたし♪


スープはもう少し、豚骨のうま味が出ているとよかった気はしたけど
でも、それなりにまとまっていて、それなりに美味しいラーメンだった。

ただ、少し遅く着丼した、連れの注文したレギュラーメニューの「つけ麺」を味見させてもらったんだけど
やっぱり、こっちの方が確実に美味しいよね♪

大勝軒 てつ【参】-5

なので、やっぱり、こちらの店で食べるなら、レギュラーの「つけ麺」に「ラーメン」なのかなという気がしたけど
こちらの店では、「無双ラーメン限定トッピング」とは別に「月末限定」と称して、月末に限定のラーメンやつけ麺を提供しているようなので!

今度は、これを食べに来ようかな!
ご馳走さまでした。

大勝軒 てつ【弐】-7

メニュー:特製つけ麺…980円/つけ麺…730円/味玉つけ麺…830円/野菜つけ麺…880円/チャーシューつけ麺…1030円
特製ラーメン…980円/ラーメン…730円/味玉ラーメン…830円/野菜ラーメン…880円/チャーシューメン…1030円

特製みそつけ麺…1050円/みそつけ麺…800円/味玉みそつけ麺…900円/野菜みそつけ麺…950円/みそチャーシューつけ麺…1100円
特製みそラーメン…1000円/みそラーメン…800円/味玉みそラーメン…900円/野菜みそラーメン…950円/みそチャーシューラーメン…1100円

女子盛…0円/大盛…100円/特盛…150円/メガ盛…200円

特製無双ラーメン…950円/無双ラーメン…700円/チャーシュー無双ラーメン…1000円
青とんラーメン…800円

トッピング
のり(5枚)…50円/味玉…100円/メンマ…150円/野菜…150円/グリルチャーシュー…300円/バラ肉…300円/ミックスチャーシュー…300円

ミニソースチャーハン…300円/ミニにんにくチャーハン…300円/ソースチャーハン…600円/にんにくチャーハン…600円
小ライス…100円/ライス…150円/まかない丼~ピり辛~…200円/ネギ丼…250円


大勝軒 てつ

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:つけ麺 | 高柳駅逆井駅六実駅



好み度:青とんラーメンstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2015年5月30日(土)

東京らぁめん ちよだ【四】-1

本日のランチは、千葉県柏市の陸の孤島にある東京らぁめん ちよだで!

こちらの店は、「チヨダ建機」という建設資材を販売する会社を経営していた店主が、好きが高じて始めたラーメン店で!
店主が好きだった『永福町大勝軒』をリスペクトして店主が独学で作り上げた、煮干しを効かせた「中華そば」が食べられる店。


しかし、2年半前に伺ったときには、店主の姿はなく
情報によると、お亡くなりになったようで

親父とともに厨房に入っていた息子さんが店を継いでお母さまとおもに店を切り盛りしていた。
しかし、そのときにいただいた「ワンタンめん」のスープは、先代が作っていた味わいと変わらない美味しい味わいで安心した♪


今日は、車で船取線という船橋と取手を結ぶ県道を走っていて、もう13時近い時間になってしまったので!
ふと、この店のことを思い出して、行ってみることにした。


船取線から脇道に入り
途中、コンビニのローソンと小さな中古車販売店があったのと、東武アーバンパークラインの線路の下を潜っただけで、後は、店はおろか建物すらない道をドライブ!

すると、畑が広がる一角に建つプレハブ小屋が見えてきたんだけど
ここが店

しかし、失礼ながら、こんな辺鄙な場所にあるというのに
土日ともなると、店の駐車場はお客さんの車でいっぱい

のはずなんだけど
今日は、そうでもないかな

空いていたスペースに車を停めて、入店すると
コの字型したカウンター席もポツンポツンと空いていて、すんなりと席につくことができた。

2年半前のときからは、若干、値上げされていて
それはそれで、仕方ないことだからいいんだけど

よくわからない価格設定は、改定された価格でも健在(笑)
というのも、「中華そば」700円と「ワンタンめん」800円の価格差は100円。

以前は価格差は70円で、やや、価格差は開いたけど
「塩らーめん」760円と「塩ワンタンめん」950円の価格差は190円。

そして、トッピングの「ワンタン」の価格は210円なので
醤油味の「ワンタンめん」がとてもお得なのは変わらない。

東京らぁめん ちよだ【四】-2

オーダーを済ますと、淡々とラーメンを作り始める二代目!
先代は、『永福町大勝軒』よろしく、お玉でスープをすくい上げると


ジャーッと零すのを繰り返し行っていたし
湯切りの際も、天空落とし的なパフォーマンスもしていたような気がしたけど

そうして、完成させた「ワンタンめん」は、『永福町大勝軒』ライクなステンレスのトレーに載せられて
スタッフの女子の手によって配膳された。

東京らぁめん ちよだ【四】-3東京らぁめん ちよだ【四】-4

記念撮影を済ませて、普通は、すぐにスープをいただくんだけど
こちらの『永福町大勝軒』インスパの店を含めた『永福町大勝軒』系の店は、ほぼ、例外なく熱々のカメリアラードがスープを覆っているため

知らずにスープを飲んだりすると
口の中を思いっきり火傷してしまうので(汗)

大きなレンゲにとって、恐る恐る口に運んで
フーフーと息を掛けてからいただいたところ

東京らぁめん ちよだ【四】-5


煮干しが弱い

前回は、豚清湯に背黒の煮干しのうま味が重ねられた!
美味しい豚骨清湯煮干しのスープだったのに


下ブレか!?
先代のときも、スープの出来、不出来が大きかったので

そうなのかもしれないけど
どうも、煮干しをあえて、弱めて、鰹や鯖の節を効かせているような

そんな風に感じてしまったけど
二代目に確かめてはいないから、真相は不明。

麺は、『永福町大勝軒』系の店御用達の「草村商店」製♯20の縮れ麺!
この麺は、どこの店でも、やや、やわらかめの茹で加減で出されるのがデフォルト!


東京らぁめん ちよだ【四】-6

しかし、先代の茹でる麺は、その、やや、やわらかの範囲を超えるほどやわらかで
なので、いつも、「麺カタめ」でリクエストしていたんだけど

前回はそれを忘れて
やっちゃったかな

と思ったのに
出てきた麺は、カタくもなく、やわらかくもない、ちょうどいい茹で加減から、若干、やわめの

「草村商店」の麺としては理想的な茹で加減だったので!
今日も、「麺カタめ」コールなしにしたんだけど


今回も茹で加減は最高!
そして、この、ボソボソ、モソモソとした独特の食感の麺がとてもいい♪


食感が独特なので、好き嫌いが分かれそうな麺だけど
このやわくて、独特の食感の麺が、この豚清湯の煮干しスープに、なぜか、合うんだよね♪

そして、前回から美味しくなっていたチャーシューは
今回のものも美味しくいただけてよかったし♪

細メンマのコリコリとした食感もよかったし!
柚子の風味もよかった!


そして、ワンタンは、餡が少ないものの、皮がトゥルンとした食感のもので!
結構、量も多くて、これが100円でトッピングできるのは、超お得♪


東京らぁめん ちよだ【四】-7

今回は、少し、煮干しが弱めだったのが残念な気がしたけど
ブレなのかどうかわからなかったし

また、機会があったら、来てみたい♪
ご馳走さまでした。

東京らぁめん ちよだ【四】-8
先代と二代目

メニュー:中華そば…700円/チャーシューめん…880円/ワンタンめん…800円

塩らーめん…760円/塩チャーシューめん…950円/塩ワンタンめん…950円

四川風
味噌らーめん…880円/味噌チャーシューめん…990円/味噌ワンタンめん…990円

醤油つけめん…800円/塩つけめん…800円/味噌つけめん…800円

土日限定
醤油豚骨らーめん…680円/塩豚骨らーめん…760円/味噌豚骨らーめん…760円/ねぎ豚骨らーめん…830円

めん類
中盛(2玉)…150円増し/大盛(3玉)…300円増し

トッピング
味付け玉子…50円/メンマ…150円/ねぎ…130円/岩のり…110円/バター…110円/もやし…130円/ワンタン…210円/チャーシュー…210円


ちよだ

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 逆井駅



好み度:ワンタンめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2014年1月26日(日)

らーめん 長【弐】-1

先日、何年かぶりで訪れた『東京らぁめん ちよだ』

店の周りには何もない
辺鄙な場所にプレハブ小屋を建てて営業しているラーメン店。

最寄りの東武野田線の逆井駅から歩いていけないこともないけど、めっちゃ歩く
お客さんのほぼ100%が車で来店する。

建設資材を販売する会社を経営していた先代が、好きが高じて始めたラーメン店で!
『永福町大勝軒』インスパイアの煮干しを効かせた「中華そば」を出す。


今日はまた、こちらの店で、2代目のつくる「中華そば」を食べようか
と思ったんだけど…

ふと、思い出したのがらーめん
『東京らぁめん ちよだ』と同じで、『永福町大勝軒』ライクな「中華そば」が食べられる店で!

『ちよだ』から近い柏市の南増尾にあって!
『ちよだ』同様、最寄り駅から歩くのは困難な場所にある。


元々は市川に店があって、1度、閉店。
そして、この地に2012年の11月30日に再オープンした!


『永福町大勝軒』本店でも、その系列店でも修業経験はなく、独学で『永福町大勝軒』ライクな「中華そば」を作り出したのも同じ!
さらに、麺も『永福町大勝軒』御用達の「草村商店」のものを使用しているのもいっしょで、『ちよだ』とともに、東京・杉並から配達してもらっている。

こちらの店には、過去に1度、訪問したことがあって!
基本の「中華そば」をいただいた。


なかなか美味しい豚骨清湯煮干しの醤油ラーメンで、結構、好みの味わいだった!
『ちよだ』との違いは、煮干しの頭と内蔵を取り除いて使っているので、煮干しの苦味やエグミが感じられないところ。


煮干しは、苦味やエグミが感じられなければという思いもあるけど
今日は、開店して1年ちょっと経つ、こちらの店の様子見に行ってみることにした。

ただし、車でしか行けない店で、駐車場が少ないので
停められなかったら、『ちよだ』に行こうと思って、午後の2時20分を過ぎた遅めの時間に店の前までやって来たところ

幸いなことに、店の隣に2台ある駐車場のうちの1台のスペースが空いていた。
車を停めて、入店すると


こんな時間なのに、店内はお客さんでいっぱい!
辛うじて、空いていた1席に座って、メニューを見ると


1年ちょっと前に来たときに比べて、メニューが増えていた。
従来からあった「中華そば」650円と「つけめん」680円に加えて!

辛味噌で仕上げたという「辛旨そば」750円に「辛つけめん」850円
「中華そば」にワンタン、味玉、白髪ネギがトッピングされた「ちょうすけそば」900円!


らーめん 長【弐】-2らーめん 長【弐】-3

土日10食限定の「長系そば」900円なるものまであった。

らーめん 長【弐】-4

さて、何にしようか
「中華そば」にワンタンをトッピングして食べるつもりだったけど

まず、気になるのが土日10食限定の「長系そば」!
それに「辛旨そば」!


辛味噌味の煮干しラーメンというのも少ないので、食べてみたかった!
でも、限定という言葉に弱い私
(汗)

ただ、10食限定で、この時間だから
残っているかどうか

そこで、あったら限定の「長系そば」!
なかったら「辛旨そば」にしようと決めて!

厨房のパリッとしたコック服に身を包んだ店主に聞いてみたところ

まだ、限定は残っているということだったので!

これを注文しようとして

しかし、これが、どんなスープのラーメンなのかがわからないので、店主に尋ねたところ

「えー…醤油というか?味噌というか?」
「新しい味わいのラーメンです。」


何か、よくわからなかったけど、乗ってみることにした。
注文すると、麺の量を聞かれたので、普通盛でお願いすると

さっそくラーメン作りに入る店主!
そうして、「長系そば」を完成させた。

らーめん 長【弐】-5らーめん 長【弐】-6

キレイに澄んだ清湯スープの「中華そば」とは違って、少し濁りのあるスープをいただくと
確かに、店主が言うように、醤油のような味噌のような

でも、味噌に醤油を加えた味わいのスープは、分類すれば味噌ラーメンで!
新しい味わいという感じはしなかったかな
(汗)

「何処にもない味わいでしょう!?」
店主からはそう言われたけど…

過去に、成田の『麺や 福一』で、こんな、味噌なのか醤油なのかわからないような味わいのスープをいただいたことがあるし

基本は、あっさりとした清湯スープの味噌ラーメンといった感じの味わいで!
ただ、味噌が強いために、煮干しの主張は控えめに感じられる。


なお、店主から…
「途中で、ラー油にニンニクを追加するといいですよ!」言われて…

やってみたんだけど
こうすると、ラー油とニンニクにスープが支配されてしまうので

あまり、おすすめはできないかな

らーめん 長【弐】-7

麺は、「草村商店」の麺が使われてはいたけど、伝統的に『永福町大勝軒』で使われている20番縮れ麺ではなく、18番くらいの中太麺が使われていて!
悪くはないんだけど


らーめん 長【弐】-8

できれば、20番の縮れ麺で食べたかったかな
あの独特な、やわらかめの食感の麺が好きだし、このスープとも合っていると思うので!

トッピングされた豚バラの巻きチャーシューは美味しかったし♪
細切りメンマのポキポキとしたカタめの食感もよかった!

それに、白髪ネギのシャキシャキとした食感もよかったし!
味玉も悪くはなかったかとは思ったけど!


ただ、この白髪ネギに味玉半分が多くトッピングされただけで
後は、味噌醤油味になっただけで

「中華そば」より250円高の900円という価格は
ちょっと割高に思えた

味と価格を考えたら、こちらの店のおすすめは「中華そば」!
それと、トッピングのワンタンは、3個付いて100円だから!

やっぱり、最初の予定通り!
「中華そば」にワンタンをトッピングして食べるべきだったかな


今度、来る機会があったらそうするつもり!
ご馳走さまでした。

らーめん 長【弐】-9

メニュー:中華そば…650円/肉中華そば…850円
つけめん…680円/肉つけめん…880円

辛旨そば…750円/辛つけそば…850円
ちょうすけそば…900円

各種麺の大盛り(1玉増し)…100円
トッピング
味玉…100円/肉2枚…100円/メンマ多め…100円/白髪ネギ…100円/ワンタン(3個入り)…100円

【土日10食限定】長系そば…900円


らーめん長




関連ランキング:ラーメン | 逆井駅増尾駅常盤平駅



好み度:長系そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2013年11月17日(日)

東京らぁめん ちよだ【参】-1

先週の木曜日に、東京・亀有に9月11日にオープンした『中華蕎麦 みつばち』を訪ねて、唯一のメニューである「中華そば」をいただいた。

『永福町大勝軒』風の「中華そば」は、煮干しの効いた美味しいラーメンだった♪
ただ、魚介出汁には、煮干しの他に鰹節も使っていたので、もっと、煮干しが前面に出た『永福町大勝軒』らしい一杯が食べたくなった。


そこで、本日、息子といっしょに、車で向かったのは東京らぁめん ちよだ

こちらの店は、建築資材の会社を経営していた店主が、ラーメン好きが高じて開業した店で!
店主は独学で、この味を作り上げたということだったけど


店で出される「中華そば」を見れば、これが『永福町大勝軒』か、その系列店の「中華そば」をリスペクトして作ったラーメンなのは明らか(笑)

最寄り駅の東武野田線の逆井駅からもかなりの道のりを歩かないといけない
ほぼ、アクセスは車に限られる店に着いたのは、もう午後の2時近い時刻

しかし、こんな時間だというのに、日曜日とはいえ、何と、広い駐車場は満車!
そこで、駐車場があくまで待つことにしたんだけど


あとで調べてみると、以前に訪ねたのは、もう7年以上にもなる、こちらの店!
7年前に訪問したときもそうだったけど


失礼ながら、こんな、周りにも何もない辺鄙な場所にある店だというのに
今でも、こうして、これだけのお客さんを集客し続けているというのはすごい!

少し待っていると、1台、車が出ていって!
入れ替わりに車を停めて店の中へ!


そして、空いていた席に座って、メニューを見て!
注文したのは


私が「ワンタン麺」!
息子は、土日限定の「醤油豚骨ラーメン」を麺2玉の中盛で!


東京らぁめん ちよだ【参】-2

目の前の厨房には、店主の姿はなく、店主の奥さまと二代目が立っていた。
ラーメンを作るのは二代目の仕事!


緑色の箱に赤色の文字で「大勝軒」と印字された「草村商店」の麺箱から麺を取り出して、麺を茹で!
大きな寸胴からスープをしゃくってラーメン丼にスープを注いで、次々とラーメンを完成させていった。


そうして何個かのラーメンが作られた後に…
まず、出されたのが息子の注文した「醤油豚骨らーめん」の中盛!

東京らぁめん ちよだ【参】-3

少し、味見させてもらったところ…
昔とまったく変わらない味わいで、この、まったりとした味わいの豚骨醤油味のスープが、癖になる味わいでいいんだよね♪

そうして、「醤油豚骨らーめん」に続いて、運ばれてきた「ワンタンめん」!
着丼した途端に、香る煮干しのフレーバーが、ニボラーの食欲をそそる(笑)

東京らぁめん ちよだ【参】-3東京らぁめん ちよだ【参】-4

スープ表面に浮かぶ熱せられたラードで口の中を火傷しないように!
用心しながらスープをいただくと


そう、この味!
おやじさんが7年前に作ってくれた「中華そば」そのものの味わい!


ゲンコツを煮出して、白濁しないように気をつけて
この豚骨清湯スープに、煮干しを中心とした魚介出汁を合わせたスープで!

煮干しが効いていて、背黒のうま味とともに苦味が感じられるのがいい!
美味しいので、グビグビと飲んでしまう♪


さらに、おやじさんが作っているときは、多少、スープにブレがあって、いいときと悪いときのバラツキがあったし!
味が薄かったり、濃かったりという味付けのバラツキもあった。

しかし、今回のスープは、ほぼ完璧で、スープからは、煮干しのいい出汁が出ていたし♪
味付けも、塩加減の塩梅もバッチリ!


それと、よかったのは、麺の茹で加減に!
チャーシューが美味しくなっていたこと♪


麺は、『永福町大勝軒』の麺を製麺している東京・杉並の『草村商店』から配達してもらっている中細縮れ麺で!
ぼそぼそというか、もそもそというか、独特の食感が特徴の、やや、やわらかめに感じられる麺!


東京らぁめん ちよだ【参】-5

好き嫌いが分かれそうな麺だけど
なぜか、この煮干しスープにはバッチリ合っている!

ただ、こちらのおやじさんは、少し、麺を茹ですぎる帰来があって
いつも、麺カタで注文していたのに

今日は、うっかり忘れてしまった(汗)
しかし、今日の二代目が茹でた麺の茹で加減は絶妙だったし♪

それに、こちらの店の一番の弱点はチャーシューの味わいだったのに、美味しく進化していたのが一番の驚ろきだった(笑)

コリコリとした食感の細メンマは、従来通り、食感も味わいもいいものでよかったし!
わずか70円増しでトッピングできるワンタンは、餡が少ないものの、皮がトゥルンとした食感のもので、量も多くてお得♪


東京らぁめん ちよだ【参】-6

美味しくいただきました♪
ご馳走さまでした。



メニュー:中華そば…680円/チャーシューめん…850円/ワンタンめん…750円

塩らーめん…740円/塩チャーシューめん…940円/塩ワンタンめん…940円

四川風
味噌らーめん…830円/味噌チャーシューめん…950円/味噌ワンタンめん…940円

醤油つけめん…750円/塩つけめん…750円/味噌つけめん…750円

土日限定
醤油豚骨らーめん…650円/塩豚骨らーめん…740円/味噌豚骨らーめん…740円/ねぎ豚骨らーめん…780円

めん類
中盛(2玉)…150円増し/大盛(3玉)…300円増し

トッピング
味付け玉子…50円/メンマ…100円/ねぎ…100円/岩のり…100円/バター…100円/もやし…100円/ワンタン…210円/チャーシュー…210円


ちよだ

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 逆井駅



好み度:ワンタンめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m