FC2ブログ
訪問日:2019年7月27日(土)

大勝軒 てつ【七】-1

本日のランチは、国道16号線の柏市藤ケ谷新田付近にある『大勝軒 てつ』へ!

ロードサイドにある大箱店で、一見、あまり期待できそうなラーメンが出てきそうには見えない

しかし、こちらの店は、『麺屋 こうじ』グループからの独立店で!
『東池袋大勝軒』の「もりそば」をドロッと濃厚に進化させた『麺屋 こうじ』グループ系の濃厚豚骨魚介の「つけ麺」を看板メニューにしている店。


この「つけ麺」が、同じグループ出身の『中華蕎麦 とみ田』や『麺屋 一燈』ほど突き抜けた味わいのほどではないにしても、それに次ぐ味わいの美味しいつけ麺なので
この濃厚豚骨魚介の「つけ麺」に「ラーメン」を求めて、やって来るお客さんで、土日はもちろん、平日もお客さんで賑わっている。

さらに、こちらの店では、このレギュラーメニューの「つけ麺」に「ラーメン」以外にも、不定期ながら、限定のラーメンやつけ麺、汁なしが提供されて!
この限定も人気がある♪


そんな店へ今日、やって来たのは、昨日今日の2日間、限定で「TKM」をやるというので!
「TKM」とは、T(卵)・K(かけ)・M(麺)の略で、熊谷にある『ゴールデンタイガー』が発祥の店
🐯

キンキンに冷やされた太麺の上に生卵とレモンか鰹節が載るだけのシンプルな釜玉うどんのような汁なし。
冷たい麺を丼の底に沈んだ冷たい醤油ダレと油に絡めていただくというもの


そんなの本当に美味しいの
見た目が、あまりにシンプルすぎるので、そう思うのは当然!

しかし、これが大ブームになって!
これを求めてやって来るお客さんが殺到!


これを店で出したいという同業のラーメン店も現れて!
さらには、これが群馬県内だけではなく、他県の店にまで波及して、今では『ゴールデンタイガー』公認の「TKM」として売り出す店も少なくはない!


そして、とうとう千葉県にも、そんな店が出てきた!
それが、こちら『大勝軒てつ』!


大勝軒 てつ【七】-3大勝軒 てつ【七】-4

さらに、『大勝軒てつ』では、『ゴールデンタイガー』のスタッフのゴードンさんに柏市にある店まで来店してもらって、直接、作り方を教えてもらったというので!
めっちゃ期待できる♪


大勝軒 てつ【七】-2

なお、なぜ、そんなことができたかというと
それは、『ゴールデンタイガー』の金澤店主が、こちら『大勝軒てつ』と同じ『麺屋こうじ』グループの『景勝軒』出身で、こちらの店の冨山さんと親交があったから!

というわけで、今日も車で店へ!
国道16号線を疾走して、「東池袋大勝軒」創業者でラーメンの神様、つけ麺の産みの親でもある、故・山岸一雄さんが微笑む大きな看板が目印の店の広い駐車場に車を停めて、11時46分に入店すると


大勝軒 てつ【七】-5大勝軒 てつ【七】-6

前回は、最大50人入る店にもかかわらず、店内は満席
入口を入った待合いスペースに10人以上のお客さんが待っていたのに、今日は珍しく待ちなし♪

そうして、まずは、券売機で食券を買うんだけど
今日はベテランのお姉さんスタッフの人から

「本日の限定はTKMになります♪」と言って、おすすめされて!
最初からそれにするつもりだったくせに


「じゃあ、それにします。」と言うと
「ありがとうございます。」と言って、とても喜んでくれた♪

大勝軒 てつ【七】-7

なお、限定のボタンはデフォの「TKM」の他に、味玉とチャーシューが2枚追加になる「特製TKM」があって!
『ゴールデンタイガー』では定番の、最後に小ライスを残ったタレに入れて、そこに味玉を崩し入れていただく〆ご飯を食べるつもりだったので


デフォの「TKM」に「味玉」トッピングでもよかったんだけど
せっかくなので、チャーシューも追加される「特製TKM」にして、「小ライス」の食券も購入。

すると、若いスタッフの女子から
「こちらへどうぞ♪」と言われて…

前回と前々回に訪問したときと同様に大きな8人掛けのテーブル席の真ん中にスモークガラスの衝立をして、カウンター席のようにして使われている席の1席へと案内されて
パンフレットを渡されて

大勝軒 てつ【七】-8

「特製は、チャーシューが豚バラチャーシューとグリルチャーシューから選べます。」
「どちらになさいますか?」
と聞かれて…

さらに、すぐに続けて
「1枚ずつ、お付けすることもできます。」と言われて…

つくば秀麗豚を使用したグリルチャーシューを2枚にするのが正解のような気はしたけど
2種類のチャーシューのレポをするために、1枚ずつでお願いすることに!

すると、さらに
「レモンと鰹わさびから選べます?」と聞かれて…

こちらは即答で
「鰹でお願いします。」と答えて注文確定!

そうして、それから、6分で「特製TKM」と「小ライス」が載せられたトレーを先ほどのスタッフの女子が配膳してくれたんだけど!
早っ
😮

大勝軒 てつ【七】-9大勝軒 てつ【七】-10

麺のセンターに生卵が載せられて
豚バラ肉の煮豚とつくば秀麗豚の豚モモ肉のローストレアチャーシュー、味玉、海苔2枚に花鰹がトッピングされて

大勝軒 てつ【七】-12大勝軒 てつ【七】-13

さらに、別皿の小皿に山葵が添えられた「特製TKM(かつお)」!
まずは、具のチャーシューに味玉、海苔を「小ライス」の上に移動させて


大勝軒 てつ【七】-11

麺線を揃えてキレイに盛りつけられた太ストレートの麺をいただくと
まず、よく冷やされた麺で、口の中が冷や~っとして、気持ちいい♪

大勝軒 てつ【七】-14大勝軒 てつ【七】-15

そして、なめらかで、つるっとして、モチっとした食感の多加水麺は、まるで、讃岐うどんを食べているような弾力があって、コシのある麺で!
小麦粉のうま味も、よく感じられるのがいい♪


さらに、この麺を、丼の底に沈んだ醤油ダレと香味油に、よ~く絡めていただくと
ちょっと、濃いめの醤油ダレで

大勝軒 てつ【七】-16

あまり、絡めすぎるとしょっぱいかな
そこで、それからは、適度に絡めていただいたんだけど

だし醤油の醤油ダレと香味油だけだというのに
これだけで美味しいというのは、それだけ麺が美味しい証拠😋

次に、生卵を箸で崩して、オレンジ色に染まった麺をいただいてみると
これが「卵かけご飯」ならぬ「卵かけ麺」であることが実感できる。

そして、この卵が、新鮮で、濃厚で、うま味の強い卵で!
思った以上の美味しさで♪


このシンプルすぎるほどシンプルな汁なしが、これだけ人気が高いのも、なんとなく、わかる気がする。
それは


麺が美味しい😋
卵が新鮮で濃厚!

これに加えて、麺が冷たく〆られていること
最初、麺が何で冷たいんだろう🤔

夏だから!?
でも、あつもりの方が生卵との相性はいいんじゃないのかな

だって、「TKG(卵かけご飯)」は温かいご飯で食べたいし!
氷水で冷たく冷やしたご飯に卵をかけて食べたくはないよね


でも、これが、麺だと違う!
これは、実際に食べないとわからないと思う。


そうして、麺を食べ終わったところで
「小ライス」を追い飯して!

しかし、それだけでは、ちょっと、食欲をそそらない画像になってしまうので😓
「小ライス」の上に避難させておいた具を盛りつけて

大勝軒 てつ【七】-17

まず、2種のチャーシューを食べてみると
「バラチャーシュー」とパンフレットに記載された豚バラ肉の煮豚は、よく煮込まれていて、やわらかくて

醤油ダレの味付けもとてもよくて♪
肉のうま味を感じる美味しい煮豚でよかったし
😋

大勝軒 てつ【七】-18

「グリルチャーシュー」と記載のあった豚モモ肉のローストチャーシューは、モモ肉ということと、厚みがあることから、やや、噛み応えのあるものだったけど
噛む毎に、肉のうま味がよく感じられて♪

秀麗豚を使用していることもあるんだろうけど
めっちゃ美味しい😋

そうして、最後は『ゴールデンタイガー』風の〆🐯
それは、味玉を崩して、ご飯と醤油ダレに絡めて食べる方法。

大勝軒 てつ【七】-19

やってみると
悪くはないけど

ここまで、濃い味に慣れてしまうと、ちょっと、物足りないような( ̄▽ ̄;)
そこで、卓上にあったブラックペッパーをパラッとかけて食べてみると

大勝軒 てつ【七】-20

画像は、あまりキレイなものではないので、割愛させていただきますけど😅
これが、美味しくて、めっちゃ、おすすめ♪

『ゴールデンタイガー』とは違って、こちらの店では、あくまで、限定での提供で
今日で提供は終了。

ただ、夏にはピッタリのメニューなので、きっと、また、やってくれると思うし♪
それに、これをやらなくても、また、別の限定を提供してくれるので!


店のTwitterをフォローしておくのがおすすめです♪
ご馳走さまでした。


大勝軒 てつ【七】-22

メニュー:特製つけ麺…1000円/つけ麺…750円/味玉つけ麺…850円/野菜つけ麺…900円/チャーシューつけ麺…1050円

特製みそつけ麺…1070円/みそつけ麺…820円/味玉みそつけ麺…920円/野菜みそつけ麺…970円/チャーシューみそつけ麺…1120円

特製塩つけ麺…1070円/塩つけ麺…820円/味玉塩つけ麺…920円/野菜塩つけ麺…970円/チャーシュー塩つけ麺…1120円

特製ラーメン…1000円/ラーメン…750円/味玉ラーメン…850円/野菜ラーメン…900円/チャーシューメン…1050円

特製みそラーメン…1070円/みそラーメン…820円/味玉みそラーメン…920円/野菜みそラーメン…970円/みそチャーシューメン…1120円

特製うま辛つけ麺…1100円/うま辛つけ麺…850円
特製うま辛みそつけ麺…1170円/うま辛みそつけ麺…920円

特製うま辛ラーメン…1100円/うま辛ラーメン…850円
特製うま辛みそラーメン…1170円/うま辛みそラーメン…920円

トッピングメニュー
のり…50円/味玉…100円/メンマ…150円/炒め野菜…150円/チャーシュー(4枚)…300円

女子盛…0円/中盛…30円/大盛…100円/特盛…200円/メガ盛…250円

【7月26日(金)・27日(土)限定】TKM…650円/特製TKM…900円

大勝軒餃子…290円/しそ餃子…290円

小ライス…100円/ライス…150円
チャーシュー丼…200円/ネギチャーシュー丼…250円/温玉チャーシュー丼…250円/限定丼…300円

チャーハン(ニンニク)…600円/チャーハン(ソース)…600円
ミニチャーハン(ニンニク)…300円/ミニチャーハン(ソース)…300円

デザート(杏仁/バニラ/季節限定)…100円


大勝軒 てつ



関連ランキング:つけ麺 | 高柳駅逆井駅六実駅



好み度:特製TKMstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



訪問日:2019年1月19日(土)

大勝軒 てつ【六】-1

本日のランチは『大勝軒 てつ』へ!

こちらの店は、国道16号線の柏市藤ヶ谷新田付近にある店で!
最寄り駅は東武アーバンパークラインの高柳駅になる。


しかし、駅からは2.8kmもあって、徒歩だと34分もかかってしまう。
他に柏駅東口からバスで行く方法はあるけど、ほぼ、お客さんの100%は車で来店するロードサイド店。


そして、こちらの店は、「麺屋 こうじグループ」からの独立店で!
『東池袋大勝軒』の「もりそば」をドロッと濃厚に進化させた「麺屋 こうじグループ」系の濃厚豚骨魚介の「つけ麺」を看板メニューにしている店で


この「つけ麺」が、同じグループ出身の『中華蕎麦 とみ田』や『麺屋 一燈』ほどに突き抜けた味わいのものではないけど、なかなか美味しいつけ麺なので
この濃厚豚骨魚介の「つけ麺」に「ラーメン」を求めて、土日はもちろん、平日もお客さんで賑わっている。

しかし、こちらの店では、このレギュラーメニューの「つけ麺」に「ラーメン」以外にも、不定期ながら、限定で系統の違うラーメンが提供されていて
昨年の11月には「阿波尾鶏の煮干し中華そば」

12月には「博多地鶏の塩ラーメン」なんていう
ちょっと、そそられるラーメンを出していて!

「今年も花咲蟹・渡り蟹、清湯系、辛い系の限定」を出すと、店の公式Twitterでこちらの店のテツ店主が元旦にツイートしていて!
まず、提供されたのが「辛い系」の「台湾ラーメン」だったので!


1月5日に1日限定で提供された、この限定ラーメンを食べに行った。
まずまず美味しい「台湾ラーメン」だったけど


もうちょっと、辛さもコクも欲しいところだったし
ニンニクのスライスが大量に入れられていたのも、ちょっと、気になった。

そうして、1月14日には、第2弾で1月19日と20日に「博多地鶏の塩ラーメン」!
第3弾で1月26日には、「蟹の濃厚つけめん」やろうと思っていると店の公式Twitterでツイートしていて


「蟹の濃厚つけめん」は、得意の濃厚系で、以前に「大つけ麺博」で「麺屋こうじグループ最強軍団」から提供された「花咲ガニの濃厚つけ麺」が、とても美味しいつけ麺だったので!
これは、とりあえず、食べに行くつもりだけど


「博多地鶏の塩ラーメン」はどうするか!?
でも、12月に提供された「博多地鶏の塩ラーメン」が美味しそうだったし!

さらに、昨日、こちらの店の冨山さんが、店の公式Twitterでツイートしていて!
このツイートと画像を見て、めっちゃ、食べたくなった♪




大勝軒てつ公式
@taishou_tetsu


こんばんわ!

明日の塩らーめんの仕込みしています。

明日の限定ですが、当初はスープは博多地鶏100%で鶏油に奥久慈しゃもを使う予定でしたが、

奥久慈は、僕のほぼ地元なので、愛着のある奥久慈しゃもをスープにも使用し、旨みと気持ちをプラスさせて頂きます。

よろしくお願いします。 冨山


大勝軒 てつ【六】-18

午前0:54 · 2019年1月19日



ただ、こちらの店で、淡麗系の塩ラーメンを食べるなんて初めてなので(汗)
そうハードルを上げずに食べに行くことにした。

車で国道16号線を疾走して、「東池袋大勝軒」創業者でラーメンの神様、つけ麺の産みの親でもある、故・山岸一雄さんが微笑む大きな看板が目印の店の
広い駐車場へ車を滑り込ませていくと

大勝軒 てつ【六】-2

駐車場は車でいっぱい!
それでも、何とか車を停めて、12時12分12秒に入店すると


最大50人入る大箱店にもかかわらず、店内は満席のようで
入口を入った待合いスペースに10人以上のお客さんが待っていた。

しかし、よく見ると、カウンター席は空いていて
1人で来ていた私が先に席へと案内されることになったんだけど

それは、先客が7人連れの大ファミリーと4人連れファミリー客で、奥の座敷席に、テーブル席が空くのを待っていたから
こちらの店では、こんな感じで、土日には、ファミレス感覚で来店するファミリーのお客さんが多いんだよね。

そうして、まずは、券売機で食券を買うんだけど
前回は、かわいい女子のスタッフから

「今日の限定ラーメンは台湾ラーメンです♪」
「限定ご飯はハンバーグカレーになります。」
なんて説明を受けたんだけど…

今日は男性スタッフの人が
「今日の限定は塩ラーメンです。」

大勝軒 てつ【六】-4

「さっき、食べたんですけど、スゴく美味しいので、おすすめです!」なんて言われて…
最初からそうするつもりだったくせに

「じゃあ、塩ラーメンにします。」と言うと…
「ありがとうございます。」と言って、喜んでいたけど…

東京や大阪の有名店で限定をやるとなったら、黙っていたって、早くから、その限定を求めて、行列ができたり
その限定を食べるために、朝早くから一度来店して、整理券をもらってから、また、再来店するなんてことが、当たり前に行われているのに

千葉県柏市の郊外のロードサイドにある店だと、お客さんは、普通にグランドメニューを食べるので!
こうして、売り込みをかけないと、限定が売れないのかな


なお、限定のボタンはデフォの「博多地鶏と奥久慈しゃもの塩らーめん」の他に、「特製」を冠した「特製博多地鶏と奥久慈しゃもの塩らーめん」のボタンもあったので
違いを男性スタッフに尋ねたところ…

大勝軒 てつ【六】-3

「特製は味玉が付いて、さらに、通常、1枚のチャーシューが3枚になって、やわらかい豚バラチャーシューとグリルチャーシューが選べます。」ということで…
ちょっと、悩むところ

でも、チャーシューを増して、チャーシューの風味がスープに移るのも嫌だし
別皿に盛って出してもらえればよいのかもしれないかけど

あまり、こちらの店に来ていないのに、そんなわがまま言うのも躊躇われて
「博多地鶏と奥久慈しゃもの塩らーめん」にすることにして

さらに「小ライス」の食券も買うと
スタッフのお姉さんに、前回と同じ、8人掛けの大きなテーブル席を不透明なプラスチックの衝立で仕切って、4×4のカウンター席として利用している席へと案内された。

そして、お姉さんから
「チャーシューが豚バラ肉とグリルチャーシューの2種類から選べます。」と言われて…

「グリルチャーシューで!」とお願いして…
少し待つうちに、男性スタッフによって「博多地鶏と奥久慈しゃもの塩らーめん」と「小ライス」がお盆に載せられて運ばれてきた。

大勝軒 てつ【六】-5

豚モモ肉のグリルレアチャーシュー大葉入りと無しの2種類の鶏団子!
メンマ、白髪ネギ、色紙切りされたネギ、海苔がトッピングされた美しいビジュアルの塩ラーメン♪


大勝軒 てつ【六】-6大勝軒 てつ【六】-7

塩ラーメンにしては、やや、濃いめの
塩の他に醤油も使っていると思われる黄金色琥珀色の間くらいのスープをいただくと

大勝軒 てつ【六】-8

はかた地どり奥久慈しゃもの地鶏と水だけで作ったというスープは、地鶏のうま味が凝縮された、うま味いっぱいのスープで
スープ表面にキラキラと煌めく奥久慈しゃもからとったという鶏油は、地鶏のうま味の他に、貝柱のうま味に干し海老と思われるうま味も感じられる香味油で

この香味油がスープにコクを与えていて
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪

醤油ラーメンだったら、醤油自体がうま味の強いものだし!
醤油と味醂などで作ったカエシとスープを合わせるだけでも美味しいスープになる。


それに比べると、塩の場合、塩にはうま味がないから、何か、うま味を入れてやらないといけない。
なので、水鶏スープの美味しい醤油ラーメンはあっても、なかなか、美味しい塩ラーメンはないのに


このスープは、今まで、いただいてきた水と鶏で作ったスープの塩ラーメンの中では、全国的に見ても、かなり上位に入ってくる味わいだったし!
清湯スープの塩ラーメンとして見ても、かなり美味しいスープだったと思う♪


正直、ここまで美味しいスープだとは思っていなかったので驚かされたというのが本音
テツ店主、冨山さん、失礼しました。

そして、このスープに合わせられていた麺が、切刃20番に見える太くも細くもない中庸な太さの麺が合わされていて!
つるしこの麺で!


大勝軒 てつ【六】-9

コシがあって!
のど越しのよさもあって♪


小麦粉のうま味の感じられる美味しい麺で♪
スープとの絡みもよかったし!


豚モモ肉のローストレアチャーシューは、ちょうどいい感じのレア感に仕上げられていて!
厚みもあって、肉のうま味がよく感じられる美味しいレアチャーシューだったし♪


大勝軒 てつ【六】-10

メンマも特別なものではなかったけど
シナコリな食感のものでよかったし♪

大勝軒 てつ【六】-11

そうして、鶏団子に白髪ネギを「小ライス」に載せて、色紙切りされたネギの浮いたスープを掛けて
セルフで「地鶏雑炊」にしていただいたところ

大勝軒 てつ【六】-12
大勝軒 てつ【六】-13

鶏団子は、一つは大葉が混ぜ込まれたもので!
もう一つは生姜風味のもので、どちらも、とても風味がよかったし♪


大勝軒 てつ【六】-14

軟骨が入っているのか!?
コリコリとした食感なのが、また、よかったし♪

白髪ネギのシャキシャキとした食感が、とても、雑炊と合っていて、よかったし!
美味しく完食♪


そうして、最後に少し残ったスープをいただくと
飲み始めより、さらに、地鶏が香る美味しいスープでマジ美味しいし♪

明日1月20日(日)にも50食限定で提供されるので、淡麗好きな方にはおすすめです♪
ご馳走さまでした。


大勝軒 てつ【六】-15



PS 2/9(土) 0:00~ ガッツリ二郎系 深夜営業

大勝軒 てつ【六】-16

2月9日の肉の日の深夜、二郎系ラーメンを出す特別営業をすると店内告知がありました。
興味のある方は、店の公式Twitterをご確認の上、お訪ねください。


大勝軒 てつ【六】-17

メニュー:特製つけ麺…1000円/つけ麺…750円/味玉つけ麺…850円/野菜つけ麺…900円/チャーシューつけ麺…1050円

特製みそつけ麺…1070円/みそつけ麺…820円/味玉みそつけ麺…920円/野菜みそつけ麺…970円/チャーシューみそつけ麺…1120円

特製ラーメン…1000円/ラーメン…750円/味玉ラーメン…850円/野菜ラーメン…900円/チャーシューメン…1050円

特製みそラーメン…1070円/みそラーメン…820円/味玉みそラーメン…920円/野菜みそラーメン…970円/みそチャーシューメン…1120円

トッピングメニュー
のり…50円/味玉…100円/メンマ…150円/チャーシュー(グリル、バラ、煮豚)…250円

【1月19日(土)・20日(日)限定】博多地鶏と奥久慈しゃもの塩らーめん…900円/特製博多地鶏と奥久慈しゃもの塩らーめん…1150円

チャーハン(ニンニク)…600円/チャーハン(ソース)…600円
ミニチャーハン(ニンニク)…300円/ミニチャーハン(ソース)…300円
チャーシュー丼…200円/TKGG…200円/ネギ丼…250円/ローストポーク丼…250円/温玉丼…250円/ライス…150円/小ライス…100円

大勝軒餃子…290円/しそ餃子…290円

バニラアイス…100円/杏仁豆腐…100円

女子盛り(女性・お子様限定)
ラーメン(120g)orつけ麺(170g)+バニラアイスor杏仁豆腐


大勝軒 てつ



関連ランキング:つけ麺 | 高柳駅逆井駅六実駅



好み度:博多地鶏と奥久慈しゃもの塩らーめんstar_s50.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年1月5日(土)

大勝軒 てつ【五】-1

本日のランチは、千葉県柏市の国道16号線・藤ヶ谷新田付近にある大勝軒 てつへ!

「麺屋こうじグループ」からの独立店で!
「麺屋こうじグループ」系の濃厚豚骨魚介つけ麺にラーメンがメインの店!


しかし、こちらの店では、時折、まったく違うタイプの限定ラーメンを出す。
昨年も、11月には「阿波尾鶏の煮干し中華そば」


12月には「博多地鶏の塩ラーメン」なんていう
ちょっと、そそられるラーメンを出していたので!

そして、新年の午前1時に店の公式Twitterで、こんなツイートをしていた
「年明けには、花咲蟹・渡り蟹、清湯系、辛い系の限定を年をまたぎながら考えています。」

「花咲蟹」は、以前に、こちら『大勝軒 てつ』が所属する「麺屋こうじグループ」が2016年の「大つけ麺博」で出した「花咲ガニの濃厚つけ麺」が、めっちゃ美味しかった記憶があるので!
また、食べてみたいし♪


清湯系は、次は何をしてくるのか!?
楽しみだし♪

辛い系は「勝浦タンタン麺」をやるのかな!?
なんて思っていたら

新年1月3日から営業を開始して
まず、いきなり、ゲリラ限定の「煮干しそば」を販売!

さらに、第2弾の限定として、本日1月5日にオーソドックスな名古屋発祥の「台湾ラーメン」をやるという!
「勝浦タンタン麺」じゃなかったけど、「こうじグループ」の「台湾ラーメン」は食べたことないし


このツイートを見て、無性に辛いものが食べたくなったので!
今日のランチはこれに決まり♪


というわけで、国道16号線を車で走っていると
柏方面からだと反対車線に

千葉方面からだと右に見えてくる
『東池袋大勝軒』の故・山岸一雄さんが微笑む大きな看板!

大勝軒 てつ【五】-2

11時30分すぎに車を広い駐車場に停めて
入店すると

「いらっしゃいませ!」
まず、厨房にいたスタッフの人たちから元気な挨拶があって!


正面の券売機の前に進むと
かわいいスタッフの女子が近づいてきて

「今日は台湾ラーメンの限定やってます♪」
「今日の限定ご飯はハンバーグカレーです♪」


限定メニューの紹介があった。
券売機の右下の位置に「台湾ラーメン」700円、「特製台湾ラーメン」950円というボタンがあったので

大勝軒 てつ【五】-3大勝軒 てつ【五】-4

「特製台湾ラーメンって、普通の台湾ラーメンとどこが違うのですか?」と聞くと…
「特製にすると、チャーシューが付きます♪」ということだったけど…

「台湾ラーメン」にチャーシューは要らないので、ノーマルな「台湾ラーメン」の食券を買うと
「こちらにどうぞ♪」と言って…

8人掛けのテーブルの真ん中に衝立を立てて4×4のカウンター席として利用している席の1席へと案内されたんだけど
こちらの店は、約50席もある大箱店なのに、店内は6割ほど埋まっていて

帰りには、外待ちも出るほどで
土曜日で、まだ、正月休みのお客さんも多いとは思うけど、流行ってる♪

なお、こちらの店の厨房は、客席から見えることは見えるものの、高めの壁に遮られて、厨房スタッフの上半身が見えるだけのセミクローズドキッチンで、調理の様子はわからない。
そこで、メニューの写真などを撮っていると


大勝軒 てつ【五】-5大勝軒 てつ【五】-6

「お待たせしました♪」
先ほどの彼女とは違う、今度は長い髪を後で束ねたキレイなスタッフの女子が台湾ラーメンを配膳してくれた。


大勝軒 てつ【五】-7大勝軒 てつ【五】-8

台湾ミンチニラ、刻みネギが載るだけの
見た目にもオーソドックスな台湾ラーメン!

さっそく、朱色したスープを飲んでみると
鶏ガラに背ガラかな!?

あっさりとした味わいの鶏豚の清湯スープ醤油ダレを合わせて
豚挽き肉を豆板醤、鷹の爪、ニンニク、生姜で炒めた台湾ミンチを載せることによって、それから出る辛味とうま味で食べさせるスープ!

大勝軒 てつ【五】-9

辛味はじんわり
名古屋の元祖「台湾ラーメン」の『味仙」』ように一口目から辛さがくるタイプではなかった。

つい40分ほど前にあった、こちらの店の公式Twitterのツイートでは、辛味弱めの「アメリカン」と辛味強めの「イタリアン」にもできるとあって!
一瞬、「イタリアン」にしようかなと思ったけど


ただ、スタンダードの辛さがわからないので
ノーマルのままにしたんだけど

失敗したかな(>_<)
なんて思っていたけど

スープを飲み進めていくうちに
首の後から、じわっーっと汗が滲み出てきて

台湾ミンチを崩すと、いい感じの辛さになって
『味仙』で食べたときのように咳き込むことはなかったけど

でも、最低、これくらい辛くなかったら「台湾ラーメン」じゃないよね!
昨年も何度か、この「台湾ラーメン」を含む辛いラーメンを食べているけど


ある有名店のある人が作った限定の「台湾ラーメン」を食べて
それが、ほとんど辛味のない「台湾ラーメン」だったので

それを指摘すると
「誰でも食べられるように、辛くはしておりません。」と言われて、閉口したことがあった。

「台湾ラーメン」に限らず、辛いラーメンは文字通り、辛くないと意味がないと思っている人なので
なぜなら、辛いのが苦手な人は辛いラーメンなんて食べに来ない。

辛いラーメンを食べに来る人は、辛さを求めてやって来るのだから
辛くない辛いラーメンなんてナンセンス!

でも、このスープもギリギリ合格という感じで!
もう少し汗をかかせて欲しかったかな
(-"-;A ...アセアセ

麺は、公式Twitterには「細麺」とあったのに、合わせられていたのは、おそらく、「東池袋大勝軒」系の店が伝統的に使う切刃17番の中太ストレートの自家製麺が合わせられていて
なめらかで、つるっとした啜り心地のいい麺で!

大勝軒 てつ【五】-10

噛めば、モチモチとした、うどんのような食感の
しっかりとしたコシを感じる麺で!

中力粉と強力粉をブレンドした多加水麺は、麺自体は、とても食感のいい麺だし!
濃厚豚骨魚介の白湯スープのラーメンにはバッチリ合うと思う♪


ただし、この鶏豚の清湯スープがベースとなった辛味スープとの絡みはもう一つ
昨日のツイートから変更があったのか

それとも、つけ麺に使われている切刃14番の麺を太麺!
こちらの17番の麺を細麺と称しているのか
!?

わからないけど
何れにしても、このスープにこの麺のマッチングはなかったかな

台湾ミンチも、豆板醤がきかされていてよかったけど
できれば、甜麺醤、XO醤など少量加えて、少しコクを出してやると、もっとよかったかも

でも、ニラもシャキッとしていたのがよかったし!
ニンニクがきかされていたのもよかった♪


ただ、ニンニクは、細かく刻んで欲しかったな😓
スライスしたニンニクが大量に入っていて、スープを飲む度に、口に入ってくるのが

結構、飲み込んでしまったけど、それでも、スープを飲み干すと、こんなにもニンニクのスライスが残っていたし
ぜひ、次回は、これだけは改善して欲しい

大勝軒 てつ【五】-11

でも、いろいろ気になるところはあったけど
最後はスープも飲みきったし♪

次回の限定にも期待しています。
ご馳走さまでした。


大勝軒 てつ【五】-12

メニュー:特製つけ麺…1000円/つけ麺…750円/味玉つけ麺…850円/野菜つけ麺…900円/チャーシューつけ麺…1050円

特製みそつけ麺…1070円/みそつけ麺…820円/味玉みそつけ麺…920円/野菜みそつけ麺…970円/チャーシューみそつけ麺…1120円

特製ラーメン…1000円/ラーメン…750円/味玉ラーメン…850円/野菜ラーメン…900円/チャーシューメン…1050円

特製みそラーメン…1070円/みそラーメン…820円/味玉みそラーメン…920円/野菜みそラーメン…970円/みそチャーシューメン…1120円

トッピングメニュー
のり…50円/味玉…100円/メンマ…150円/チャーシュー(グリル、バラ、煮豚)…250円

【1月5日限定】台湾ラーメン…700円/特製台湾ラーメン…950円

チャーハン(ニンニク)…600円/チャーハン(ソース)…600円
ミニチャーハン(ニンニク)…300円/ミニチャーハン(ソース)…300円
チャーシュー丼…200円/TKGG…200円/ネギ丼…250円/ローストポーク丼…250円/温玉丼…250円/ライス…150円/小ライス…100円

大勝軒餃子…290円/しそ餃子…290円

バニラアイス…100円/杏仁豆腐…100円

女子盛り(女性・お子様限定)
ラーメン(120g)orつけ麺(170g)+バニラアイスor杏仁豆腐


大勝軒 てつ



関連ランキング:つけ麺 | 高柳駅逆井駅六実駅



好み度:台湾ラーメンstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年11月18日(土)

大勝軒 てつ【四】-1

本日のランチは、11月16日にオープン5周年を迎えた柏市の『大勝軒 てつ』へ!

今日は、「大勝軒てつ5周年限定メニュー」として、こちらの店で、「生姜煮干しの中華そば」に「生姜煮干しの濃厚つけ麺」が提供される。

また、この日は、特別なサブメニューの「生しらす丼」に、生しらす丼に使う生しらすを、その場で釜揚げした「釜揚げしらす丼」も提供されるということだったので!
久しぶりに店を訪ねてみることにした♪


大勝軒 てつ【四】-3

なお、こちらの店は、「麺屋 こうじ」グループ系列の店で!
『麺屋 翔』の大橋店主や『麺処 くろ川』の小川店主がヘルプで厨房に入ったこともあって!


今までに3回ほど訪問して、「つけ麺」、「ラーメン」、「味噌つけ麺』」に青唐辛子がトッピング された限定の「青とんラーメン」をいただいた。
突き抜けたような味わいの一杯を出す店ではないけど、そこそこ美味しいつけ麺にラーメンを出す店なので!

国道16号線の藤ヶ谷新田付近にある店で!
最寄りの駅は東武アーバンパークラインの高柳駅になるけど、駅から徒歩で行くのは困難なのに
(>_<)

そして、50人も入る大箱店にもかかわらず、私が訪問したときには、いつも満席で!
スゴく流行っている♪


そんな店へ、愛車を駆ってやって来たのは、ちょうどお昼の12時になる時刻。
すると、広い駐車場には車がいっぱい!


車を停めて、入店すると
50人も入る店内は、今日も満席で!

入口を入ったところに置かれた椅子に座って、お客さんが1人待っていた。
すると、そこに


「いらっしゃいませ♪」と言って、スタッフの女子が近づいてくると
「こちらに、お名前を書いて、お待ちくださいませ♪」と言われて

言われた通り、名前と人数を書いて
そうして、券売機で食券を買うんだけど

今日は、5周年限定メニューのみの販売で!
券売機には、他の食券を間違えて押さないように、ボタンにマスキングがされていた。


大勝軒 てつ【四】-8

「生姜煮干しの中華そば」に「生姜煮干しの濃厚つけ麺」!
それぞれに「特製」仕様があって!


大勝軒 てつ【四】-4大勝軒 てつ【四】-5

券売機の上の方に画像も貼られていた。
さらに、ご飯ものは、茨城県大洗産の生しらすを使った2種類のしらす丼に加え、「スタミナ餡かけ丼」と「炭火焼きチャーシュー丼」もあって、どれも美味しそうで、目移りしてしまう。


大勝軒 てつ【四】-6大勝軒 てつ【四】-8

そうして、この中から選んだのは「特製生姜煮干しの中華そば」!
「濃厚つけ麺」も、めっちゃ食べたくて、悩んで


まず、「中華そば」から食べて!
美味しかったら「濃厚つけ麺」を食べる♪


でも、「中華そば」と「濃厚つけ麺」の連食となったら、さすがにご飯ものまではいけないと考えて
「釜揚げしらす丼」に後ろ髪を引かれる思いでだったけど、我慢して、「特製生姜煮干し中華そば」の食券だけを購入することにした。

しかし、この店!
流行ってる♪


私が入店した後も、続々、お客さんがやってきて!
店の入口付近には、あっという間に10人ほどが犇めく状態に


しかし、お客さんの回転もよくて♪
すぐに席が空いて、スタッフの女子から、厨房前に4席あるカウンター席の1席へと案内された。


そうして
「食券、お預かりします♪」と言われて…

食券を渡すと
「普通盛りでよかったでしょうか?」と聞かれて…

つけ麺なら、中盛、大盛にすることはあっても、ラーメンは基本、デフォの人なので
「普通盛りでいいです。」と答えると、すぐに、厨房に、口頭で注文が伝えられた。

そうして、ラーメンができるのを待つんだけど
こちらの店は、厨房との間に高い壁ができていて

調理を行っている人の顔と胸あたりまでは見えるものの、手元は見えず
ラーメン作りの様子を窺い知ることはできないので

グランドメニューの撮影をしたり
店内のお客さんの様子などを観察しながら、ラーメンができるのを待っていたんだけど

大勝軒 てつ【四】-9大勝軒 てつ【四】-10大勝軒 てつ【四】-11大勝軒 てつ【四】-12

わかったことはこちらの店
お客さんのほとんどは、ファミレス感覚で来ていること!

だから、まず、目立ったのが家族連れ!
小さいお子さんを連れた若い夫婦のお客さん!


中には、孫を連れたおじいちゃん、おばあちゃんの姿もあって!
どうやら、3世代で来ているようだったけど!


まあ、ファミレスで食べるラーメンとは比べものにならない
しっかりと時間を掛けて、抽出した美味しいスープのラーメンが提供されるから、これだけ流行るのも当然かもしれない♪

しかし、この店ができる前も『醤系らーめん 俺っ亭』とかいう名前のラーメン屋だったはずでなのに、そう長く続かないうちに閉店してしまったのに
こちらの店は、5年も続いていて!

現在も、こんなに流行っているのだから!
やっぱり、この店、スゴいのかも♪


そんなことを考えていると
「特製ラーメン、お待たせしました。」という男性スタッフの言葉とともに「特製生姜煮干しの中華そば」が着丼!

大勝軒 てつ【四】-13大勝軒 てつ【四】-14

スペイン産高級豚「栗豚」の肩ロース肉を使った低温グリル焼きチャーシューと、茨城県産高級豚「ローズポーク」バラロールチャーシューが2枚ずつトッピングされて!
味玉、太メンマ、板海苔、カイワレ刻み玉ねぎが載せられた、豪華で美しいビジュアルのラーメン♪


まずは、具沢山のトッピングの具を寄せて
少しトロミのあるスープをいただくと

大勝軒 てつ【四】-15

鶏とゲンコツの動物系のうま味の出たスープで!
それに、生姜と煮干しを効かせましたといった味わいのスープだけど


生姜も煮干しも
思ったほどは効いてはいなかったかな

動物系が強すぎる!
使われた煮干しも、POPによると、「瀬戸内産煮干し」に「伊吹島煮干し」とあって!


いりこ(白口煮干し)が使われているので
動物系がこれだけ強いと、いりこだけでは

背黒を使えば、もっと、煮干しは感じられたかもしれないけど
煮干しを効かせるなら、動物系は、もっと弱くして、サラッとしたスープに仕上げないと、厳しいんじゃないのかな

でも、味はよかったし♪
こちらの店の、動物系が濃厚な、こってりしたスープのラーメンがお好きなお客さんなら


今日のスープは、いつもの鰹節、鯖節、宗太節といった節の風味を感じる「豚骨魚介スープ」ではなく、煮干しが感じられる「豚骨煮干しスープ」で!
こういうのもいいと思ったかもしれないし♪


麺は、心の味食品の中細ストレート麺が合わせられていて!
モチッとした食感の麺は、弾力があって、コシのある麺で!


食感は最高だったし♪
それに、小麦粉のうま味がよく感じられる麺でよかった♪


大勝軒 てつ【四】-16

それに、この麺
もし、このスープがネーミングされた通りの「煮干し中華そば」で、淡麗な清湯スープのラーメンだったら、とても合いそうにない麺だったのに

実際には、濃厚な「豚骨煮干しラーメン」だったから相性バッチリ!
なので、結果的には、スープにあった麺で味も食感もいい麺をセレクトしたとは思う
けど…

ただ、今日の、この「生姜煮干し中華そば」というネーミングは、ちょっと
「中華そば」といったら、私じゃなくても、あっさりとした清湯スープのラーメンと思ってしまったお客さんもいると思われるので

トッピングされた具では、2種類のチャーシューが、どちらも絶品♪
スペイン産高級豚「栗豚」の肩ロース肉を使った低温グリル焼きチャーシューは、厚みのあるチャーシューがトッピングされたものとともに2枚も載せられていて!


大勝軒 てつ【四】-17

肉のうま味いっぱいの!
最高に美味しいチャーシューだったし♪


茨城県産高級豚「ローズポーク」バラロールチャーシューは、大ぶりで分厚く切られたものが、2枚も載っていて!
これが、噛むと肉のうまみが滲み出てくる逸品だったし♪


大勝軒 てつ【四】-18

太いメンマは、外はコリッ、中はサクッ!
この食感の違いがとてもよかったし♪


大勝軒 てつ【四】-20

味玉は、黄身が緩くて、スープに流れ出してしまったのが、唯一、残念だったけど
パリッとした板海苔の食感も最高で、トッピングされた具は、ほぼ、完璧♪ 

大勝軒 てつ【四】-19

ただ、この一杯をいただいて
あっさりとしたスープのラーメンが出てくると思っていたのに、こってりだったし

チャーシューのボリュームがあったので
結構、お腹いっぱい!

それに、「つけ麺」も、たぶん、同じような味だと思われるので、「生姜煮干し濃厚つけ麺」の連食はやめることにして
これだったら、「釜揚げしらす丼」を食べておくべきだったなと、プチ後悔しながら、これにて終了!

開業5周年おめでとうございます。
この盛況ぶりなら、この先も安泰だと思いますけど


これからも、ずっと、美味しいつけ麺にラーメンを作り続けてください。
ご馳走さまでした。


大勝軒 てつ【四】-21大勝軒 てつ【四】-2大勝軒 てつ【四】-22大勝軒 てつ【四】-23

メニュー:大勝軒てつ5周年限定メニュー

特製生姜煮干しの中華そば…1000円/生姜煮干しの中華そば…750円
特製生姜煮干しの濃厚つけそば…1000円/生姜煮干しの濃厚つけそば…750円

生しらす丼…300円/釜揚げしらす丼…300円/スタミナ餡掛け丼…300円/炭火焼きチャーシュー丼…200円

天使のババロア…100円/3種のベリーのレアチーズケーキ…100円




通常メニュー

特製つけ麺…1000円/つけ麺…750円/味玉つけ麺…850円/野菜つけ麺…900円/チャーシューつけ麺…1050円

特製ラーメン…1000円/ラーメン…750円/味玉ラーメン…850円/野菜ラーメン…900円/チャーシューメン…1050円

トッピングメニュー
のり…50円/味玉…100円/メンマ…150円/チャーシュー(グリル、バラ、煮豚)…250円

チャーハン(ニンニク)…600円/チャーハン(ソース)…600円
ミニチャーハン(ニンニク)…300円/ミニチャーハン(ソース)…300円
辛ねぎ丼…250円/まかない丼…200円/ライス…150円/小ライス…100円

大勝軒餃子…290円

バニラアイス…100円/杏仁豆腐…100円

女子盛り(女性・お子様限定)
ラーメン(120g)orつけ麺(170g)+バニラアイスor杏仁豆腐


大勝軒 てつつけ麺 / 高柳駅逆井駅六実駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



好み度:特製生姜煮干しの中華そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月9日(月)

大勝(だいかつ)【参】-1

本日のランチに向かったのは、10月6日から営業を再開した柏の『大勝』!

こちらの店は、1978年4月創業の老舗の煮干しラーメン専門店!
『永福町大勝軒』で修業した先代が、この地に店をオープンして、二代目が暖簾を受け継いでいる。


そして、2012年7月21日に、店のある「柏レイソル通り」沿いの、すぐ近くの場所に移転してリニューアル!
そんな店が、今年の6月19日から長期休業に入っていて


店舗が売却に出されているという情報もあって!
このまま、閉店になってしまうと思っていたのに


そこで、2012年10月8日以来、5年ぶりとなる店を訪ねてみることにした。
こちらの店は、最寄りの柏駅からはだいぶ離れているので、愛車を駆って、店の前までやって来ると


残念ながら店頭に3台分ある駐車スペースは、すべて埋まっていた
しかし、ちょうど、1人、食べ終わったお客さんが出てきて、車に乗り込んでくれたので!

入れ替わりに駐車することができた。
ラッキー♪


しかし、こちらの店は、この店頭の3台分の駐車スペースの他にも、店を挟んだ向かい側にも3台分駐車場があるようで!
私のすぐ直後に来店してきた親子3人組のお客さんに駐車場を聞かれた店主が答えていたのを聞いてわかった。


入店して、まずは、すぐ、左に設置された券売機で食券を購入するんだけど
メニューは、醤油味の「ラーメン」と「つけそば」の2択で!

大勝(だいかつ)【参】-2大勝(だいかつ)【参】-3

それぞれに、麺の量の違いによって、小、中、大が用意されている。
ちなみに、「小」でも、一般的な麺量の150gある!


そして、「中」と「大」の麺の量は、普通の店の場合、大概、「中」が麺1.5玉分の225g!
「大」は2玉となって300gというのが一般的!


しかし、こちらの店の場合は、「中」が麺2玉の300g!
「大」だと、何と、麺3玉の450gになる


だから、知らずに注文すると、大変なことになるので
注意が必要!

そうして、1席のみ空いていた席へとついて…
カウンターの上に食券を上げる。

そして、よほど「麺カタめ」でリクエストしようかと思ったんだけど
前回から、かなり間が空いてしまったこともあって、デフォルトの茹で加減でいただくことにした。

こちらの店でも、もちろん、『永福町大勝軒』系の店御用達の「草村商店」の中庸な太さの縮れ麺が使われている。
そして、この麺が、元々、やわらかめの食感の麺なのに


こちらの店では、さらに、長く茹でられるので
最後は必ず、麺がダレる

だから、「麺カタめ」がいいと思うんだけど
ただ、あえて、やわらかめに茹でるのには、何か店主の意図するものがあると思われるし!

もしかしたら、この5年間の間に、麺の茹で加減も変わっているかもしれないし
なんて思っていたら

先ほどの、車を向かいの駐車場に停めて、入店してきた親子3人組のお客さんは、私の右横の3つ空いた席に座って、食券をカウンターの上に上げるなり
「バリカタ3つ!」

お母さんと思われる方が店主にリクエストをしていて、驚かされたけど(汗)
その後、入れ替わりに席についたお客さんからも、次々に「カタめ」、あるいは「辛め、カタめ」などのリクエストが続いた

しかし、この「辛め」のリクエストしたお客さんの気持ちもよくわかる。
というのも、前回、2012年にいただいたとき


その前に、2008年に食べたときも、こちらの店は、他の『永福町大勝軒』系の店や、『永福町大勝軒』インスパイアの店と比べて、カエシの分量が少なくて
薄味に感じられたので

ただ、それも、この店の個性だと思って受け止めていたんだけど
やはり、皆さん、麺がやわらかくて、味が薄いと感じている人が多いみたいだね(汗)

しかし、よくわからないのは、それだけお客さんからのリクエストを受けているのにもかかわらず、頑なに麺の茹で加減を変えずに
味付けも変えない店主の姿勢!

それと、それが本当にいいと思っているなら、あえて、リクエストなど受けなければいいのに
とも思うけど

ともあれ、少し待つうちに、お玉にスープをすくうと、また、戻すという店主独特のルーティーンを繰り返した後に
2分茹でて、麺上げされた麺がラーメン丼に入れられて

完成した「ラーメン」の「カタめ」に「辛め、カタめ」が先に後客に出されていって
その後に完成した、私の「ラーメン(小)」が最後に出されることになったんだけど

しかし、見る限り、ノーマルのラーメンを注文したのは私だけって
おかしくない!?

ステンレスのトレーに載せられて、伝統的な『永福町大勝軒』スタイルで提供された「ラーメン」は
麺が丸まった状態でスープのセンターから顔を出して

そこにメンマチャーシューを積み上げて盛りつけられた
これも、昔から変わらない『大勝』スタイルのラーメン!

大勝(だいかつ)【参】-4大勝(だいかつ)【参】-5

まずは、スープ表面がラードで覆われて、超熱々のはずのスープに、フーフーと息を吹きかけて、慎重にスープを飲んでみると
私がブログを始める前の2005年とかにいただいたスープに比べたら、ぜんぜん、熱くないかな

大勝(だいかつ)【参】-6

もっとも、最初は、ラードでスープの湯気が閉じ込められているのを知らずに飲んで、こっ酷く、口の中を火傷したので(>_<)
用心しているので、そう感じるのかもしれないけど

スープは、背黒のうま味に苦味も感じる『永福町大勝軒』的な味わい!
ただ、2005年の頃によくいただいたスープに比べると、煮干しがおとなしめ


昔は、もっと、ビターでえぐ味もあったような気がするんだけど
ただ、今日のスープからは、節も強めに感じられたので、そのせいかもしれないし

飲みやすくなったとは思うけど!
これがいいことなのかどうか
!?

そして、やっぱり、味は、薄め
でも、以前は、もっと薄かったかも

でも、それでも、皆さんが「辛め」と言いたくなるのはよくわかる!
こんな感想を持ちながら、ふと、思ったことは


そうだ、この味わいは、前回、2012年10月8日のスープの味わいだ!
あのときも、こんな味わいだった。


だから、味は変わってはいないのかも
美味しいことは美味しいんだけどね

麺は、やっぱり、昔と変わらず、やわらかめ
「草村商店」の、この麺は、やわらかいのが特徴で、それ自体は、ぜんぜん悪いことじゃないけど

大勝(だいかつ)【参】-7

やっぱり、これは、ちょっと茹ですぎ
今日、このデフォの茹で加減の麺を食べて、決心した!

今後、もし、こちらの店で食べる機会があったら、絶対に「麺カタめ」で注文する!
それに、味も「濃いめ」というか、今日、何人かのお客さんが注文していたように「辛め」で注文する!


他のラーメン店で、「豚骨ラーメン」と「家系ラーメン」の店以外で、麺のカタさや、味の濃さ、油の量をリクエストしたことはない!
それは、その店のデフォルトのものが一番いい状態のものと信じているから!


だけど、この店には、それが当てはまらない。
それが、今日、よ~くわかった!


チャーシューは、可も不可もなし
でも、別に、『永福町大勝軒』系の店でチャーシューには、まったく、期待していないので、これはいい

大勝(だいかつ)【参】-8

やわらかめのメンマは、これはこれで、昔と変わらずで、まずまず、よかったと思う。
もう一回、「辛め」、「カタめ」でチャレンジしてみようかな


でも、何はともあれ、老舗の復活はファンの方には嬉しいニュース♪
ご馳走さまでした。


大勝(だいかつ)【参】-9

メニュー:ラーメン
小(1玉)…620円/中(2玉)…830円/大(3玉)…1040円

チャーシューメン
小(1玉)…1020円/中(2玉)…1230円/大(3玉)…1440円

つけそば
小(1玉)…720円/中(2玉)…930円/大(3玉)…1140円

つけそばチャーシューメン
小(1玉)…1120円/中(2玉)…1330円/大(3玉)…1540円

メンマのせ(大盛り)…100円/メンマ・山菜(小鉢盛)…250円/チャーシュー追加(5枚)…400円


大勝



関連ランキング:ラーメン | 柏駅



好み度:ラーメンstar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m