FC2ブログ
訪問日:2019年8月16日(金)

4代目 松屋食堂-1

なにわの新店ハンターであり、ラーメンブロガーである黒帽子さんと『亀戸煮干中華蕎麦 つきひ』で、10食限定の「冷やし煮干らーめん」を9食目と10食目でギリギリいただいて、次に向かったのが4代目 松 屋 食 堂

JR総武線の下総中山駅から、程近い場所にある『中華料理 松屋』がラーメン専門店にリニューアルして、2017年11月25日オープン!
オープン情報を知って、行ってみたいとは思っていたけど、他にも、行きたい新店がたくさんあったし!


食べてみたい限定メニューがあったり!
地方遠征もあって


気づけば、越年してしまって
そのまま、訪問することなく、時だけが過ぎていった

そんな店へ、なぜ、今日、やってきたのか!?
それは、Twitterで、こちらの店で「夏の冷しらぁめんシリーズ」の「第4弾最終章」で提供されている「長崎産ノドグロの冷たい煮干しらぁめん」のツイートをたまたま、見つけて

4代目 松屋食堂-2

のどぐろ煮干しは脂の強い煮干しで
塩分も強くて、扱いが難しくて

のどぐろ煮干しを使って出汁を引いたラーメンは、私の過去の経験からは、めちゃめちゃ美味しい一杯か!
癖が強すぎて食べられないか


分かれる傾向にある印象があるけど
こちらの店の「冷やし」はどうか!?

それで、黒帽子さんには、こちらの店に行ってみたいけど、初めて行く店で、デフォのラーメンの味もわからないし🤷‍♂️
それに、のどぐろ煮干しのスープは当たり外れがあることを話して

他の店でと、こんな限定をやっているという情報も話して
いくつか選択肢を示した。

しかし、のどぐろ煮干しを使った冷やしなんて、私もそうだけど、黒帽子さんも食べたことがなかったので
結局、本日2杯目のラーメンはこれに決まり

というわけで、JR亀戸駅から総武線の各駅電車に乗って、千葉方面に!
そして、最寄り駅の下総中山駅で下車して


駅北口に出て、駅前の小さなロータリーを左回りに回りながら、直進すると、すぐ左に店があった。
12時50分を回った時刻に入店。


まずは、店を入って、すぐ左にあった券売機で食券を購入する。
メニューは、「魚介しょうゆ」、「魚介しお」、「みそらぁめん」、「辛みそ」、「たんたんめん」の5つが基本メニューなのかな


麺を細麺と平麺から選択可能。
そして、券売機左上のおすすめのボタンの位置は「特製しょうゆ」になっていた。


4代目 松屋食堂-34代目 松屋食堂-4

でも、今日の目的は、のどぐろ煮干しの冷やしなので!
私も黒帽子さんも「冷やしらぁめん」の食券を購入。


店内は、奥がセミクローズドキッチンの厨房になっていて
客席は、右側の壁に向かって座るカウンター6席と左側に4人掛けのテーブル席が2卓。

お客さんは、手前側の入口に近いテーブルに、ご年配のお客さんが座っているだけ
そこで、奥側のテーブル席へとついて、奥の厨房から出てきた店主に食券を渡して、ラーメンができるのを待っていると

6分ほどで完成した「長崎産のどぐろの端麗から濃密 煮干しらぁめん のどぐろと真昆布の味変ペーストを添えて♥」が店主によって運ばれてきて!
「のどぐろと真昆布の味変ペーストは、後から、スープに入れてみてください。」というアナウンスがあった。


4代目 松屋食堂-5

お洒落な器に盛られた麺の上に豚肩ロース肉のローストポーク鶏ムネ肉のレアチャーシュー太メンマおかひじきベビーリーフが載せられて!
貝の形をしたガラスの小皿に、のどぐろと真昆布のペースト大葉、刻んだアーリーレッドが入れられた美しいビジュアルの冷やし醤油ラーメン♪


4代目 松屋食堂-6

まずは、先割れスプーン型のレンゲにスープをとって、いただくと
のどぐろ煮干しと昆布を水出ししたスープだと思われるけど

4代目 松屋食堂-7

スープが超淡麗で上品すぎて
そこにきて、カエシの醤油が濃いめなので

私のバカ舌では、ほとんど、のどぐろ煮干しを感知することができない😓
塩味にするか、カエシに塩を加えて、醤油と塩を1対1の比率にしてもらえたら

それに、POPにはHOTにもできるとあったので、冷やしではなく、温かいスープでいただいていたら
きっと、もっと、のどぐろを感じることができたのかもしれないけど

それと、8日前の8月8日に『中華ソバ 伊吹』で、のどぐろ煮干しを2kg使って、8杯しかスープが取れなかったという超濃密な清湯スープの「淡麗かけソバ のどぐろの雫」という限定ラーメンをいただいて!
その衝撃的な味を舌が、まだ、記憶していたのもあったかも(;^_^A アセアセ・・・

そこで、味変ペーストをスープを溶かしていただいたんだけど
「端麗から濃密へ」というキャッチコピーのようにはいかずに、あまり大きな変化は感じるられなかったかな

4代目 松屋食堂-9
4代目 松屋食堂-104代目 松屋食堂-11

それで、少し、ガラスの小皿に残ったのどぐろと真昆布の味変ペーストを舐めてみたけど
濃厚でもないし、苦味もないし

まあ、でも、このペーストによる味変のアイデアはいいと思うし♪
のどぐろの頭から出る脂とか、ネガな部分は、まったく感じられないスープだったのもよかった。


それに、普通は、高級なのどぐろ煮干しをふんだんに使ってスープを作ることなんてできないだろうから
のどぐろ煮干しの冷やしは、この繊細な味わいがわかる人しか食べちゃいけなかったんだろうね(-"-;A ...アセアセ

麺は、全粒粉が配合された中細ストレート麺で!
長めに茹でて、冷水で、しっかりと〆られた麺は、つるしこの「冷やし」にはピッタリの麺でよかったし♪


4代目 松屋食堂-8

豚肩ロース肉のローストポークは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
肉汁のうま味が閉じ込められた美味しいレアチャーシューでよかった♪


4代目 松屋食堂-12

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、厚みがあって!
しっとりとした食感に仕上げられていたのがよかったし♪


太メンマは、コリコリとした食感なのがよくて♪
粕漬けのような味わいなのも面白かったし!


4代目 松屋食堂-13

おかひじきのシャキシャキとした食感もよくて!
ベビーリーフもスープに絡めて、サラダ感覚で食べられてよかった♪


なお、こちらの店の店主は、腰が低いし!
お客さんの要望にも答えて、スープの辛さの対応をしたり、券売機が使えないお年寄りのお客さんには、後会計で、お金を回収して、そのお金で券売機で食券を買うなど


普通のラーメン店の個人店では対応しない細やかな対応もしていて、とても、接客に好感が持てたのし♪
今日のラーメンで、こちらの店の味は評価できないので


機会があったら、また、来店して、他のメニューも食べてみたい。
ご馳走さまでした。


4代目 松屋食堂-14

メニュー:特製しょうゆらぁめん(細麺/平麺)…1000円/魚介しょうゆらぁめん(細麺/平麺)…730円
特製しおらぁめん(細麺/平麺)…1030円/魚介しおらぁめん(細麺/平麺)…760円

白湯みそらぁめん…820円/辛みそらぁめん…870円
たんたんめん…870円

プリンセスエッグの半熟玉子
👸…110円/白髪ネギ…110円/バター…110円/コーン…110円/有機栽培の生野菜…110円/パクチー…110円/激辛キャロライナ・リーパー🌶…110円

チャーシュー(2枚)…160円/蒸し鶏(3枚)…160円/辛ネギ…160円
メンマ…200円/手作りワンタン…220円

チャーシュー丼…300円/卵かけご飯…250円/鶏飯…250円/多古米こしひかり(小)…100円
有機ベビーリーフサラダ…130円/自家製デザート…200円


4代目松屋食堂



関連ランキング:ラーメン | 下総中山駅京成中山駅鬼越駅



好み度:長崎産のどぐろの端麗から濃密 煮干しらぁめん のどぐろと真昆布の味変ペーストを添えてstar_s30.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



訪問日:2019年8月3日(土)

赤坂味一【七】-1

本日のランチは、約5年ぶりの訪問になる船橋の『赤坂味一』へ!

こちらの店は、1975年(昭和50年)創業の今年で創業44年にもなる老舗ラーメン店!

ちなみに、屋号の「赤坂」だけど
船橋にあるのに

店主の名字も宮本なのになぜ「赤坂」!?
というのも、こちらの店は、元々、東京の赤坂に店があったから

でも、なぜ、5年ぶりに来店する気になったの
それは

今日は午前中から船橋に行く用事があって!
終わったら、久々に、フランス帰りのしょーくんの『零一弐三』に行って!


「何しに来たんですか(笑)」と嫌味を言われながらも😅
さらにブラッシュアップして美味しく進化したという「煮干蕎麦」を食べよう♪

と思っていたのに
用事が押しに押して😓

解放されたのが15時過ぎ
もう、この時間では営業終了している( ´△`)

それどころか、この時間では、通し営業している店しか営業してないよね
今日はお昼抜きだね((+_+))

と思ったときに、思い出したのが、こちらの店!
確か、日曜定休で土曜日も含めて、平日は16時までの営業だったはず!


そこで、すぐにスマホで調べてみると、やはり、そうだった♪
というわけで、船橋駅を南下して、国道14号にぶつかるまで、ガンバって歩いて
😰

歩道橋を渡った、斜め右に見える店の前までやって来ると
強烈な煮干しのフレーバーが店の外まで香ってきた

煮干し嫌いな人は顔をしかめる嫌な臭い(汗)
しかし、猫とニボラーは嬉々とする匂い(笑)

入口の引戸を開けて、中へと入っていくと
さすがにこんな時間だからか、いつも、お客さんでいっぱいの店も、お客さんは2人だけ

厨房を見ると
大ベテランの宮本店主の姿が!

もう、おいくつになられたんだろうか
その宮本店主の一挙一動を見るために、厨房前のカウンター席に陣取ろうかと思ったけど

やめて、テーブル席の一席へとついて
すぐに注文を取りに来た男性スタッフの人に「中華そば」と告げる。

赤坂味一【七】-2

すると、「中華一丁!」と厨房に注文が通されて
すぐにラーメン作りに入る宮本店主!

そして、宮本店主のワンオペで作られた「中華そば」が、4分も経たないうちに完成して!
男性スタッフによって運ばれてきたんだけど


ちょっと、気になったのが、出来上がった「中華そば」を持って、そのまま、出されたこと。
以前はステンレスのトレーに載せられてサーブされたのに


供された「中華そば」は、決して少なくないスープからはみ出た、デフォで240g入る…
他店の大盛り以上の量の麺の上に、小ぶりな豚モモ肉の煮豚メンマなると、刻みネギが載せられた「昔ながらの中華そば」といった感じの醤油ラーメン!


赤坂味一【七】-3赤坂味一【七】-4

まずは、スープをいただくと
ゲンコツと野菜でとったベーススープにカツオ節と大量の背黒を投入して炊いたスープは、背黒の煮干しのうま味にビターさも出たスープで、昔と変わらない美味しさ♪

赤坂味一【七】-5

麺は、以前は、同じ千葉県船橋市にある「山田食品」の切刃22番の中細縮れの麺が使われていたはずたけど
今日の麺は、一回り太い切刃20番の麺に見える。

赤坂味一【七】-6

麺を変えたのかな!?
でも、食べてみると、プリプリとした食感なのは変わらない

気のせいか
ただ、今日の麺は、この店の麺の食感としては、少し、カタめに感じられた。

いつもだと、デフォの茹で加減でも、やや、やわらかめに感じられるのに
でも、この茹で加減の麺の方が、麺量も多いので、後半、麺がダレずに食べきれるので、いいかも!

小降りな豚モモ肉の煮豚は、以前と変わらない濃いめの味付けのもので!
ポキポキのカタめの食感のメンマも、昔とまったく変わず、味、食感とも最高だったし♪


赤坂味一【七】-7

最後は、スープもぜんぶ飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS 5年前から船橋も、ずいぶん変わった。
以前あった「船橋ラーメン横丁」閉店してしまったし


駅南口から、店のある国道14号に行く間にあったラーメン店もなくなって
しかし、駅前の「フェイス」ビル1階には、新たな資本系っぽいラーメン店ができていたり

しかし、この店だけは、初めて来た十数年前から何も変わってない
ここに来れば、昔と変わらない味わいの「中華そば」か食べられる。

今日は、宮本店主が元気に厨房に立つ姿を見ることができて、力をいただいた。
これからも、少しでも長く、厨房に立ち続けていただきますようお願いします。




メニュー:中華そば…600円/チャーシューメン…750円/メンマラーメン…800円
大盛…100円


赤坂味一



関連ランキング:ラーメン | 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅



好み度:中華そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年8月13日(月)

【新店】佐野らーめん しばちゃん-1

本日のランチは、千葉県船橋市に7月9日にオープンした佐野ラーメンの新店佐野らーめん しばちゃんへ!

新店ハンターで、千葉県の新店にも、積極的に訪問されているゼータシゲッチさんのブログで知った店!
ゼータシゲッチさん情報によれば、1961年創業の佐野らーめんの老舗人気店『森田屋総本店』の流れを汲む、埼玉県の加須にある2016年1月28日オープンの『麺屋まさと』にいた柴山さんという方が開業した店だそう!


最近は、ぜんぜん、佐野ラーメンを食べてなかったし!
お盆休みだし、佐野までいっちゃう
!?

と思ったけど
東北自動車道が渋滞していそうだし

そこで、それなら、もっと近場でいいか(笑)
ただ、お盆休みで、魅せも休んでいるかもしれないので、Twitterで情報収集しようとしたら

店はTwitterはやっていないようで(/--)/
しかし、代わりにラーメン官僚が、こちらの店を訪問していて

「スープのうま味、麺のハンドメイド感共々、本場佐野から離れた場所にある店とは思えない程秀逸。」
「特に、麺の食感の良さは特筆に値する。美味い!」なんてツイートしていて♪


まあ、あまりネガなことはツイートしない人だけど
これだけ絶賛しているのを見たら、期待してもいいよね♪

そこで、営業時間中だから、出てくれるかなと思いながらも
店へと電話してみると

すぐに、若い女性スタッフという感じの人が電話に出てくれて!
しっかり、営業してくれていたのがわかった♪


こちらの店は住所は船橋市!
でも、船橋市と鎌ヶ谷市の、ちょうど境い目の場所にあって!


駅でいうと、新京成線の船橋市にある二和向台駅と鎌ヶ谷市にある鎌ヶ谷大仏駅の中間。
そして、二和向台駅からは徒歩9分!


鎌ヶ谷大仏駅からは徒歩5分と
鎌ヶ谷大仏駅からの方が近いので!

鎌ヶ谷大仏駅から店へと向かうことにした♪
そうして、店へとやって来たのは、お昼の12時45分になる時刻。


店の看板には「さのまる」のマーク(キャラクター)が描かれていて
ここが佐野ラーメンの店とわかる!

ちなみに、「さのまる」とは!?
2011年に公募から誕生した、栃木県佐野市公認ブランドキャラクターのことで!

佐野市役所に申請を出して「さのまるサポーターズ」に入会して、1万円支払えば
店舗外装に「さのまる」マークが利用できるというもの!

入店すると、オープンキッチンの厨房にはベテランの店主1人で!
客席は、その厨房を囲むようにして配されたL字型のカウンター席5席と4人掛けのテーブル席が2卓の全13席。


カウンター席にお客さんが2人座って、ラーメンを食べていた。
なお、私の滞在中、後客2人で


多くはないけど、お盆期間中だし
こんな遅めの時間の割りには、それなりに、お客さんは入ってる方かな!?

店内をキョロキョロしたけど、券売機はなかったので、そのまま、カウンター席の1席へとついて
メニューを見て、デフォルトの「らーめん」を注文!

【新店】佐野らーめん しばちゃん-2【新店】佐野らーめん しばちゃん-3

麺メニューは、この醤油味の「らーめん」一本で!
「しょうがらーめん」、「メンマらーめん」、「わかめらーめん」、「チャーシューメン」というトッピングバージョンが用意されているだけ!


「半らーめん」というのもあったけど
これは、「お子さまらーめん」なのかな!?

そして、味「濃いめ」、「薄め」が選べて!
麺の茹で加減も、「あつあつのスープに合わせ、麺は固めにゆであげています」という注釈がを入れた上で、さらに「固め」、「やわらかめ」も選べる。


そして、「当店のスープにはほとんど油は入っておりませんが」と、さらに注意があって、「油あり」も選べるということだったけど
初訪なので、すべてノーマルのままでお願いした。

なお、メニューの裏面には、「手作りジャンボ餃子」というのがあって、食べてみたいとは思ったけど
今夜、餃子パーティーを開くので断念せざるを得なかった(汗)

注文を受けると、麺を計量して
テボは使わずに、釜に直接、麺を入れて、泳がせるようにして茹でていく店主!

そうして、平笊で麺上げして!
チャッ!チャッ!チャッ!と音を立てて湯切りした麺がスープが張られたラーメン丼に入れられると


【新店】佐野らーめん しばちゃん-4

最後に、具が盛りつけられて
これで「らーめん」の完成!

豚バラ肉の煮豚が大小2枚に、メンマ、ナルト、刻みネギが載せられただけの
見た目通りの、実にシンプルな装いの醤油ラーメン!

【新店】佐野らーめん しばちゃん-5【新店】佐野らーめん しばちゃん-6

まずは、「宝石のように透き通った珠玉のスープ」と形容される佐野ラーメンのスープとしては、カエシの醤油の色が濃いめに感じられるスープをいただくと
ぜんぜん、しょっぱくはないし、むしろ、スープの色の割りには淡く感じられるくらい

なお、後で、ラーメン画像を確認したところ
『森田屋総本店』に、店主の修業先である『麺屋まさと』も、こんな感じの、やや、濃いめの色合いのスープだった。

スープは、ゼータシゲッチさん情報によると
鶏ガラに、豚の背ガラ、ゲンコツの動物系だけで出汁をとったスープのようだけど

スープが熱いこともあってか!?
あまり、出汁感は強く感じられない。

ただ、化調もそんなに強くはなくて
ちょっと、変な言い方に聞こえるかもしれないけど

佐野ラーメンといったら、あっさりながらも程よく化調がきいていて、コクも感じられるスープというイメージがあったんだけど
あっさりで、おとなしめの味わい

平打ちの縮れ麺は、修業先の『麺屋まると』から仕入れたもので
「固めにゆであげています。」と注釈があった割りには、そうカタくは感じられないかな

【新店】佐野らーめん しばちゃん-7

ただ、佐野ラーメンの麺といったら、加水率45%から50%くらいの、かなり高めの多加水麺で!
やわらかめのモチモチした食感なのに


そこまで加水は高くはなく
ちょっと、違うかなという感じ

でも、縮れが付いているおかげで、プリプリでピロピロとした食感が面白いし♪
あっさりとしたスープとも適度に絡んでくれたのがよかった。


豚バラ肉の煮豚は、大小、大きさのた違うものが使われていて
これは、たまたまなのかなと思ったけど、先にレポートされている方々の画像を見ると、やはり、同じようだった。

【新店】佐野らーめん しばちゃん-8

脂がしっかり落とされているのはよかったけど
味付けがしょっぱいのが(汗)

本場佐野から離れた場所で佐野ラーメンが食べられると期待したけど
ラーメン官僚がツイートしていたような麺のハンドメイド感も感じられなかったし

スープも、私の佐野ラーメンのイメージとは、ちょっと違うものだったし
やっぱり、佐野まで行くべきだったかな!?

でも、帰りに、お盆のUターンラッシュに合ってしまうかもしれないし
そこで、ふと思い出して

ゼータシゲッチさんのブログを見てみると
千葉には、もう一軒、今年の2月15日にオープンした佐野ラーメンの店があったんだよね

こちらでも、確かめてみようかな!?
千葉で食べられる佐野ラーメン♪

【新店】佐野らーめん しばちゃん-10

メニュー:麺類
らーめん…680円/しょうがらーめん…780円/メンマらーめん…780円/わかめらーめん…780円/チャーシューメン…880円/半らーめん…380円
各大盛…+100円

トッピング
しょうが…100円/メンマ…100円/わかめ…100円/にんにく…50円/煮玉子(数量限定)…100円

飯類
チャーシュー丼…350円/スタミナメンマ丼(メンマ、ニンニク和え)…350円/ライス…200円/半ライス…100円

おつまみ
手作りジャンボ餃子(5個)…450円/手作りジャンボ餃子(5個)…300円


佐野ラーメン しばちゃんラーメン / 鎌ケ谷大仏駅二和向台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



好み度:らーめんstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年1月16日(火)

【新店】もとのとも-1

本日のランチは、本日1月16日オープンの新店『もとのとも』へ!

こちらの店は、千葉県船橋市の東中山にある『とものもと』が毎週火曜日に暖簾を掛け替えて本日から営業開始する二毛作営業店

提供されるのは、「白湯つけめん」に「白湯ラーメン」!
『とものもと』が清湯専門店なのに対して、こちらは白湯専門店!


こちらの店のイッチー店主の作る白湯スープのつけ麺は、『とものもと』プレオープンの2015年2月22日2015年5月27日の「つけそば」提供日に2度ほどいただいている。
煮干しとホンビノス貝の貝出汁のきいた、なかなか美味しいつけ麺だったけど


ラーメンに比べると、ちょっとバランスが悪くて、今後のブラッシュアップに期待していたところ
その後、難病に罹ってしまったこともあって

復帰後は、封印されたままだった。
それが、二毛作営業というカタチで、また、提供されることになったのはよかった♪


というわけで、京成電鉄の東中山駅近くにある店へと、開店16分前の11時14分にやって来ると
すでに11人のお客さんが行列を作って待っていた。

この時間なら、ポールは無理でも1巡目にカウンター7席の席には座れるだろうと思って来たのに
甘かった(^_^;

この後、11時28分に、15人のお客さんが行列を作ったところで、イッチー店主が店の中から出てきて!
暖簾を掛け終えて、『とものもと』第二章の開幕♪


【新店】もとのとも-2

先頭から9人のお客さんが入店して、外待ちしていると
そこに現れたのは、今日は当然、ポールで並んでいると思っていたじゃいさん!

そして、その直後にやってきたのが、先週は『中華ソバ 伊吹』で!
昨日も『麺屋 一燈』でお会いしているkanburiさん!


そして、このお二人と話しをしているうちに
食べ終わったお客さんがポツポツと出てきて、開店から20分ほどで、入れ替わりに入店!

イッチー店主と奥さまとご挨拶を交わして
まずは、券売機で食券を購入する。

オープン初日のメニューは、「白湯つけめん」に「白湯ラーメン」と「炊き込みご飯」の3メニューで!
「特製」が冠されたメニューは用意されていたものの、トッピングしようと思っていた「チャーシュー」のボタンには×マークが点灯していた


そこに、イッチー店主から
「つけ麺がおすすめです。」なんて声がかかったので…

おすすめに従って、「特製白湯つけめん」と「炊き込みご飯」の食券を買って
店内の待ち合いの椅子へと座って、さらに待っていると

【新店】もとのとも-3

さほど待たずに席が空いた。
席について、カウンターの上に食券を置いて、つけ麺ができるのを待っていると


常連のお客さんらしき方とイッチー店主が会話しているのが聞こえてきた。
「ラーメンにはホンビノスを使ってますけど、つけ麺には使ってません。」


どんなつけ麺が出てくるのかは知らなかったけど
たぶん、『とものもと』オープンのときに食べた鶏白湯ベースに煮干しをガツンときかせて、ホンビノス貝がアクセントに感じられるつけ麺なんだろうと思ったのに

ホンビノス貝は、今回はなし
まあ、でも、ホンビノス貝なしの鶏白湯煮干しのつけ麺の方が、個性はなくなるかもしれないけど、その方が美味しいかも

なんて思っていると
ちょうど、お昼の12時になったところで

「お待たせしました。」という言葉とともに、イッチー店主から「特製つけめん」が出されて!
奥さまからは「炊き込みご飯」が供された。


【新店】もとのとも-4【新店】もとのとも-5【新店】もとのとも-6

麺の入った丼に、味玉とバケットがトッピングされて
つけ汁の中には豚肩ロース肉のレアチャーシューと白髪ネギが浮かべられて!

さらに、ルッコラが添えられた
見た目、洋風なつけ麺!

ただ、チャーシューがつけ汁の中に入れられているからか
「特製」の割りには、ビジュアル的には、ちょっと寂しいかな(^_^;

まずは、デフォで230gあるという平打ちの太縮れの麺だけを、つけ汁にはつけずにいただくと
プリプリで、ピロピロとした平打ちの縮れ麺特有の食感の麺で!

あまり好みの食感ではなかったし
後の方になると麺と麺がくっついてしまって食べにくかったので

細かい縮れがついているので、つけ汁との絡みはよかったけど
個人的には、以前に使っていた太ストレート麺のがよかったかな

【新店】もとのとも-7

次に、麺をつけ汁につけて食べてみると
思ったよりも濃厚で、粘度のある鶏白湯スープのつけ汁で!

しっかり、鶏のうま味も出ているし!
昆布のうま味にホンビノス貝のうま味もあって!


さらに、鰹節の節のうま味も感じられて
以前の煮干し出汁がきかされたつけ汁とは別物!

でも、この味わい
あるようでないオンリーワンな味わいなのがよかったし♪

それと、豚骨や鶏白湯の動物系の白湯スープにホンビノス貝を合わせたつけ麺は、何度か食べたことがあるけど
貝のえぐ味に苦味が口の中に残ることが多くて

特に、昨年の秋に、東京の某店でいただいた限定の豚骨ベースのスープにホンビノス貝を加えた塩つけ麺は、貝のえぐ味と苦味が酷くて!
とても食べられた代物ではなかったので
(>_<)

あまり、ホンビノス貝の白湯つけ麺自体に、いいイメージは持ってなかったんだけど
でも、この一杯は、今まで食べてきたホンビノス貝の白湯つけ麺のイメージを払拭する、とても美味しいつけ麺だった♪

ただ、こんなにホンビノス貝を感じるのに
ホンビノス貝を使っていないなんて、なぜ、イッチー店主は言っていたんだろう!?

そこで、イッチー店主に
「さっき、つけ麺にはホンビノス使ってないって言ってたのに、めっちゃホンビノス感じるんですけど…」と聞いてみたところ…

「ラーメンはスープにホンビノス貝を使っていますけど、つけ麺には使っていませんでしたので…」
「でも、つけ麺もタレには使ってます。」
なんて答えがあって…

「よく、ホンビノス使ってるってわかりましたね?」なんて言われたけど…
これだけのコハク酸のうま味を感じるのに、わからないわけないと思うんですけど!?

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、熱々のつけ汁の中に入れられているので
提供された時点でもう、裏面は熱で変色しているし

【新店】もとのとも-8

放っておくと、どんどん、熱が入ってカタくなってしまうので
麺に載せた方がいいと思う。

そして、チャーシューは薄くスライスされたものが2枚入れられていたけど
薄切りしたものだと、せっかくのレアチャーシューの味や食感を損なうので

できれば、1枚に減らしてもらって構わないので、厚切りのものにするか
角切りしたカットチャーシューに変えてもらえるといいんだけどね

でも、レアチャーシューの厚さや盛りつけ方法は、ちょっと気になったし
麺も、前のものの方がいいとは思ったけど

つけ汁は、以前のものよりぜんぜんよくなっていたし!
ホンビノス貝の白湯つけ麺最強の味わいでよかった♪


それと、最後にお願いして作ってもらった「スープ割り」に「炊き込みご飯
まず、「炊き込みご飯」は「ホンビノス貝の炊き込みご飯」で!

【新店】もとのとも-10

ホンビノス貝の身もいっぱい入っていたけど
ホンビノス貝の出汁スープを入れて炊いたみたいで!

貝出汁の風味MAX!
貝好きにはたまらない味わいの一品だったし♪


そして、「スープ割り」は、ホンビノス貝の清湯スープで割ったようで…
こちらも、ホンビノス貝の風味全開の美味しいスープ割りで!


【新店】もとのとも-11

「炊き込みご飯」を食べて、「スープ割り」を飲んで
これを交互に繰り返して、最後まで美味しく完食♪

【新店】もとのとも-12

「今度は、白湯ラーメンも食べに来ます。」と言って、席を立つと
「新年から、清湯のラーメンのスープをブラッシュアップして、美味しくなっていると思いますので、ぜひ、食べに来てください。」とイッチー店主から言われたので

次回の訪問は『とものもと』かな♪
ご馳走さまでした。


【新店】もとのとも-13【新店】もとのとも-14

メニュー:白湯つけめん…850円/特製白湯つけめん…980円
白湯らーめん…800円/特製白湯らーめん…930円

ご飯…100円/炊き込みご飯…200円


もとのともラーメン / 東中山駅京成西船駅京成中山駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:特製白湯つけめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年10月7日(土)

【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-1

本日のランチは、千葉県の船橋に10月3日にオープンした新店の『鶏そば どりどり DORIDORI』!

こちらの店は、同じ船橋に『麺屋あらき 竈の番人』『戯拉戯拉(ぎらぎら)』の2店と隣駅の西船橋に『麺屋あらき 竃の番人外伝』を展開する「麺屋あらき」グループの新店であり
本店である『麺屋あらき 竈の番人』がビルの老朽化による取り壊しのために移転するカタチで、新たに鶏そば専門店としてオープンした店!

『麺屋あらき 竈の番人』は、『麺屋武蔵』出身の荒木店主が2005年6月2日に濃厚豚骨魚介のラーメン、つけ麺を出す店としてオープン!
その後、豚骨醤油の家系ラーメンの店である『戯拉戯拉』を2009年9月7日にオープンして、グループ全店が豚骨主体の店だったのに、今回は鶏!


そして、この新店に着目したのは、主力の鶏白湯スープのラーメンにつけ麺に加えて、鶏清湯スープのラーメンがラインナップされていたこと!
しかも、この鶏清湯スープに使用する鶏が日本三大地鶏の比内地鶏ということで♪


豚骨の白湯スープを長年手掛けてきた店が挑む鶏清湯スープのラーメン!
どんなスープのラーメンを食べさせてくれるのか、期待と不安を胸に店へと向かった。


店の場所は、系列の『戯拉戯拉』の隣という情報をもとに出発!
JR船橋駅で下車して!


駅南口から駅直結のショッピングセンター「船橋FACE」の左の道路を進んで!
高架になった京成船橋駅を越えると、左に薬の「マツモトキヨシ」が見えてくる。


そして、その手前の路地を曲がると『ラーメン無限大』があるけど
店は、もう一本先の「てんや」に「もり一」という回転寿司チェーン店の先を曲がった路地にある。

そうして、『戯拉戯拉』の左隣にある店へと14時14分14秒に入店すると
厨房には荒木店主と男性スタッフの2人!

【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-3

客席は、厨房前に4席並ぶカウンター席と
壁際に据え付けられた1人掛けのの席が2カ所あって

厨房前のカウンター席に2人!
壁際の席の1つにも、お客さんが1人座っていた。


さらに、2階にも客席が11席あって!
3階もあるようだったけど、後で荒木店主に聞いた話しでは、そちらは、倉庫として申請しているということだった。


【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-4

そして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
券売機はタッチパネル方式のデジタルな券売機で!

4つのシートに分かれていて、左端の先頭のシートには、「鶏白湯ラーメン」の「塩」と「醤油」!
2つ目のシートは、「比内地鶏ラーメン」の「塩」と「醤油」!


【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-5【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-6

3つ目は、「鶏味噌ラーメン」に、「辛鶏味噌ラーメン」と「超濃厚鰹つけ麺」!
4つ目に サイドメニューやトッピング、ドリンクといった具合で


【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-7

一目ですべてのメニューがわからないし
4つのシートに分かれていることがわかっていないと、1つ目の「鶏白湯ラーメン」の「塩」と「醤油」に、「デフォ」か「特製」の4択の中から選んでしまいそうだし(汗)

メニューをタッチした後に発券ボタンもタッチしないと食券が発券されないなど
慣れていないと、戸惑うお客さんも、結構いるんじゃないのかな!?

そうして、この中からセレクトしたのは「比内地鶏の塩ラーメン」!
なお、「塩」と「醤油」から「塩」をチョイスしたのは、「塩」が先に表記されていて、おすすめと判断したため!


食券をカウンターの上に上げると、さっそく、ラーメン作りに入る荒木店主と男性スタッフの2人!
そうして、間もなくできあがった「比内地鶏の塩ラーメン」が着丼!


【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-12【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-13

鶏ムネ肉のレアチャーシューが2枚に、 メンマ、ほうれん草、刻みネギ、海苔がトッピングされた ラーメンで!
比内地鶏で出汁を引いたラーメンで、このトッピング内容で、700円というのはリーズナブル♪


でも、しっかり出汁が出ていればの話しだけどね
というわけで、鶏油と思われる香味油がキラッキラに煌めくクリアーなスープをいただくと

【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-14

地鶏のうま味と昆布のうま味が、しっかりと感じられて
そして、鰹節と思われる節の香りとうま味が重ねられていて、思った以上に美味しい♪

最近は『らぁ麺屋 飯田商店』に『中華そば 大井町 和渦』!
大阪の今里に7月21日にオープンした『麺や 福はら』など


水と鶏だけで出汁をとった美味しい塩ラーメンを出す店も出てきてはいるものの
やっぱり、塩ラーメンに限っては、やっぱり、こうして、魚介が入っている方が好みかも♪

麺は、西船橋の『麺屋あらき 竃の番人外伝』で作られていると思われる、中細ストレート自家製麺が合わせられていて!
つるパツの食感の麺は、啜り心地がよくて!


のど越しのよさもある麺で♪
この鶏清湯鰹のスープとの絡みもよかった♪

【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-15

トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、ふっくらと仕上げられた一品で!
やわらかくて


【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-16

塩分濃度も、ちょうどいい感じで!
余計な味付けがされていないので、この繊細な味わいのスープの邪魔をしないのもよかったし♪


太メンマは、外はコリッ!中はサクッ!
大好きな食感のメンマでよかったし♪


【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-17

最後は、スープもすべて飲み干して完食♪
この内容で、この味わいのラーメンが700円で食べられるのは、めっちゃコスパ高いよね♪


【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-9【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-10【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-8

ただ、厨房を見ていて、ちょっと、気になったことがあった。
それは、こちらの店


厨房の横に、2階に上がる階段に、2階に料理を運ぶエレベーターが設置されていて
厨房が圧迫されて、めっちゃ狭い

そして、ガスコンロの上に小さめの寸胴が置かれていたものの
他に寸胴の姿はなかったので

スープは何処で炊いているのだろうか!?
3階

それとも、麺同様、西船橋の『麺屋あらき 竃の番人外伝』で作られているのか
ちょっと疑問に思ったので、荒木店主に、ズバリお聞きすると

【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-18

「コンロがこれしかなくて、火力が弱いので…」
「鶏白湯スープは西船の店で炊いて、こちらに持ってきています。」


「こちらでは、前の日に炊いて、クールダウンさせた鶏清湯スープと鰹スープを炊いています。」
「鰹スープは、風味が飛んでしまうので、ここでしか炊けません…」


「本当は、『戯拉戯拉』同様、店内で、すべてのスープを炊くつもりだったんですけどね…」
「同じビルの隣の店だったので、レイアウトは同じだろうと思って、中も見ずに、急いで契約してしまったら…」


「階段の位置は違うし、エレベーターの位置もあって、寸胴が置けないことがわかって…」
「失敗しました(汗)」と言って、笑っていたけど


でも、系列店が近くにあって、よかったよね♪
それに、こちらの店でも、ちゃんとスープを炊いていることがわかったし!


次回は、醤油味の「比内地鶏醤油ラーメン」かな!?
ただ、隣の席で食べていた「超濃厚鰹つけ麺」が、スゴく美味しそうだったので、どっちを優先しようかな!?

何れにしても再訪は確実♪
ご馳走さまでした。


【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-19【新店】鶏そば どりどり DORIDORI-20

メニュー:鶏白湯ラーメン…780円
味玉入り…880円/特製(全部のせ)…980円

醤油鶏白湯ラーメン…780円
味玉入り…880円/特製(全部のせ)…980円

比内地鶏の塩ラーメン…700円
味玉入り…800円/特製(全部のせ)…900円

比内地鶏の醤油ラーメン…700円
味玉入り…800円/特製(全部のせ)…900円

鶏味噌ラーメン…800円
味玉入り…900円/特製(全部のせ)…1000円

鶏辛味噌ラーメン…850円
味玉入り…950円/特製(全部のせ)…1050円

超濃厚鶏鰹つけ麺…800円
味玉入り…900円/特製(全部のせ)…1000円

トッピング
味玉…100円/のり…100円/青ネギ…100円/メンマ…150円/鶏チャーシュー…200円/棒鶏つくね…200円/特製(味玉、鶏チャーシュー)…200円

麺の大盛り…100円

セットメニュー
どりどり丼…200円/照り焼きごはん…200円/贅沢卵かけごはん…200円/ネギ塩チャーシューごはん…200円
ライス…150円/小ライス…100円


鶏そば どりどり



関連ランキング:ラーメン | 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅



好み度:比内地鶏の塩ラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m