訪問日:2017年10月30日(月)

ラーメン 健やか【参】-1

本日のランチは、東京・三鷹に今年の4月5日にオープンした『ラーメン 健やかへ!

こちらの店は、スキンヘッドの、ちょっと、見た目が怖そうな土屋店主が開業した店(笑)

4月8日に訪問して、唯一、提供されていた「醤油ラーメン」を、豚と鶏の二種類のレアチャーシューがトッピングされた「チャーシュー二種ラーメン」でいただいた。
これが、ホンビノス貝の貝出汁を効かせたトリュフオイル香る鶏清湯スープの、なかなか美味しいラーメンだった♪


そんな店で、5月15日から「つけ麺」が提供されているのをTwitterで知って、その日に食べに行ったところ
これが、10食限定で、すでに売り切れていた

そこで、もう一度、「醤油ラーメン」を、今度は「特製ラーメン」でいただいたところ
一ヵ月前に食べたものより、さらに美味しくスープがブラッシュアップされていた♪

次回は、もっと早い時間に来て、「つけ麺」を食べよう♪
と思ってはいたんだけど


美味しそうなラーメンを出してくれそうな新店がどんどんオープンして!
食べてみたいと思わせる、魅力的な限定が、いろいろな店から出されて♪


また、地方遠征もあって
なかなか訪問できないまま、時だけが過ぎていった

そこに、毎年恒例のTRYラーメン新人賞の発表!
新人大賞は、『やきとり まさ吉』出身の『麺LABO ひろ』だったけど

それに引けを取らない味わいのラーメンを出すこちらの店が、新人しょうゆ部門で7位!
つけ麺部門10位ということで!


7位、10位というのも微妙といえば微妙だけど
でも、何の後ろ盾もないのに受賞できたのはたいしたものだし!

おめでとうございます。
そんな結果を知って、「つけ麺」を食べてみたいと、改めて思っていたところ


今日、こちらの店で、手切りで手揉みの麺が提供されるというのを土屋店主のTwitterのツイートで知って!
これは、自家製麺だからこそできる業で!


こんな機会もそうそうあると思えないし!
これは行くしかないでしょう♪


というわけで、JR三鷹駅北口から徒歩5分ほどの店へ開店時間の11時30分に、あと4分という時間にシャッターでとやって来ると
4人のお客さんが店頭に行列を作って待っていた。

その後ろに付いて8人が並んだところで定刻の11時30分を迎えて
開店♪

ポールのお客さんから入店して、券売機で食券を買って、席へとついていく。
私の番になって、入店すると、入口の脇に、「二度とやりません…」と手書きされた手切り手揉み麺のPOP!


ラーメン 健やか【参】-2

これは、土屋店主のTwitterのツイートによると
この手切り手揉み麺を作るのに休日が半日潰れたそうで!

それで、「二度とやりません…」というツイートに、この手書きのPOPになった(笑)
そうして、券売機で買い求めたのは「煮干しラーメン」と「つけ麺」の食券!

ラーメン 健やか【参】-3ラーメン 健やか【参】-4

新メニューの「塩ラーメン」も食べたいとは思ったし!
せっかく、三鷹まで来たので、この後、『麺屋 さくらい』に行くことも頭を過ぎったけど


食べたかった「つけ麺」が、手切り手揉み麺不可とPOPに書かれていたので
これは、まず、ノーマルな麺で食べることに決定♪

そして、「煮干しラーメン」にしたのは、手切り手揉み麺は「煮干しラーメン」に合うと土屋店主がTwitterでツイートしていたので!
「塩ラーメン」は次回に、ノーマルな麺で食べるこちにした。


そうして、席につくと、スタッフの人が食券を回収に来たので
「煮干しラーメンは、手切り手打ち麺で!」とリクエストすると

「どちらを先にお出ししましょう!?」と聞かれて
ここに来るまでは、「つけ麺」を手切り手打ち麺で食べるつもりで、やって来たし

でも、「煮干しラーメン」は、頭になくて
だいたい、「煮干しラーメン」がどんなラーメンなのか!?

鶏ベースのスープにホンビノス貝の替わりに煮干しを効かせたものなのか
それとも、「醤油ラーメン」とは、まったく違う煮干しだけで出汁をとったアニマルオフのスープのラーメンなのか?

その前に、淡麗なのか、濃厚なのか
清湯なのか、白湯なのかもわからなかったので(汗)

「店主におまかせします♪」と答えると…
土屋店主がこちらを見て、了解のポーズをしてくれた(笑)

そうして、先頭に並んでいたお客さんから順番にラーメンが出されていったんだけど
「つけ麺から作りますので、ちょっと待ってくださいね。」と土屋店主から声が掛かって…

後客が注文したラーメンが先に出された後に…
私の「つけ麺」がトレーに載せられて着丼♪

ラーメン 健やか【参】-5ラーメン 健やか【参】-6ラーメン 健やか【参】-7

渦巻き状に盛りつけられて、貝昆布水に浸かった
ちょっと面白い盛りつけの麺は、以前に讃岐うどんを食べたときに、こんな盛りつけを見たような記憶があるけど

でも、こんな風に、麺をキレイに盛りつけてもらえると
それだけで、この麺は絶対、美味しいよねって思ってしまう

ラーメン 健やか【参】-9

卓上の指南書に従って、まずは、麺を、そのまま、食べてみると
前回に土屋店主から加水率32%と聞いた中細ストレートの自家製麺は、ラーメンに比べると長めに茹でられたからか!?

ラーメン 健やか【参】-8

つるパツの食感に仕上がっていて!
この方が、こうして「つけ麺」で食べるのも、「醤油ラーメン」で食べるのもいいと思う♪


それに、ふわっと小麦香る麺で!
噛めば、小麦粉のうま味もよく感じられる♪


次に、宮古島の雪塩を麺に載せて、いただいてみると
塩の塩味で、麺の小麦粉の甘味が一層、引き出されて、塩だけで食べても、十分に美味しい♪

ラーメン 健やか【参】-10

なお、貝昆布水は、粘度のないサラッとしたタイプのもので!
最初は、主に、麺と麺がくっつかないようにするのが目的なのかと思った


しかし、これが、ホンビノス貝とアサリの貝出汁のうま味に、出汁昆布のうま味がしっかりと出ていて!
これにカエシを入れて、温めたら、ラーメンとして通用するのではと思えるほど出汁感がある。


そうして、いよいよ、濃い目の醤油色したつけ汁に潜らせていただくと…
ラーメンのスープを濃くしたような味わいのつけ汁で!

つけ麺にすると、酸味や辛味を入れてくる店が結構あるのに
それをしなかったのもよかったし♪

芳醇な醤油のコクと風味が際立つつけ汁で!
まず、豊潤な鶏のうま味を感じられて♪


それに、出汁昆布のうま味に!
鰹、鯖、宗太鰹の節のうま味に背黒の煮干しのうま味も感じられるけど


やっぱり、特徴的なのは、ホンビノス貝に加えてアサリも使うようになったという貝出汁のコハク酸のうま味♪
しかも、これが、貝のえぐ味や苦味などまったくなくて、感じるのは貝のうま味だけ♪


ホンビノス貝を使ったラーメンにつけ麺も、いくつかの店で食べてきているけど
これは、かなりの美味しさ♪

ただ、一つ気になったのが麺の食感!
つるっとした食感の麺は啜り心地がよくて!


そこはいいところなんだけど
パツッとした麺の歯切れのよさが、のど越しのよさを犠牲にしてしまっているので

ラーメンなら、いいとは思うけど
つけ麺で食べるんだったら、もう少し加水率を上げた方がいいような気がした。

別に、麺を太くして、饂飩のような多加水麺にする必要はない。
日本蕎麦の「二八そば」のような食感に仕上げて、「ざるそば」を食べる感覚に仕上げてもらえればいいと思うんだけど


トッピングされた具は、デフォだと、麺の上に載せられたカイワレと
つけ汁の中に沈められていたのカットレアチャーシューに刻みネギ!

この2種類のチャーシューは、まずまずの美味しさだったけど
熱いつけ汁の中に入っていたので、やや、カタくなってしまったので

ラーメン 健やか【参】-11

カットしてつけ汁には入れずに
麺の上に載せてもらった方がいいような気がした。

そうして、最後は、残った貝昆布水をセルフで割って、味を整えたら
「スープ割り温めてください。」

ラーメン 健やか【参】-12

そう、スタッフの人にお願いすると
レンジでチンしたスープ割りにネギが足されて戻ってくる。

ラーメン 健やか【参】-13

そして、このスープ割りが
貝出汁が香る♪

貝のうま味いっぱいのスープで!
最後まで美味しく完食♪


そうして、「つけ麺」を食べきった後に、少しして、着丼した「煮干しラーメン」の手切り手揉み麺バージョンは
平打ちの中太縮れの手揉み麺の上に鶏ムネ肉のレアチャーシュー三つ葉が載るラーメン!

ラーメン 健やか【参】-14ラーメン 健やか【参】-15

まずは、琥珀色したスープをいただくと
平子、鯵、片口、カエリ煮干しを使っているとPOPにあったスープは

ラーメン 健やか【参】-17

水だしして煮干しのうま味をを抽出したと思われるスープで!
じんわりとした煮干しのうま味が感じられて!


ほんのりとしたビターな味わいも感じられるけど
ネガなえぐ味は感じられない。

しかし、このスープは、POPにあった通りの煮干しオンリーのスープではなく…
鶏のうま味が感じられたので!

鶏ベースの清湯スープに煮干しを重ねたと思われる
そして、こちらのスープにもホンビノス貝とアサリの貝出汁が効かされていたので!

こちらの店のスープは、貝+鶏清湯魚介スープと貝+鶏清湯煮干しスープの2種類で!
どちらも、貝を軸に構成されたスープなんだね


「煮干しラーメン」には貝は使わないんだろうと勝手に思っていたので、ちょっと、ビックリ!
でも、この貝と鶏と煮干しのハーモニースープも、なかなかの美味しさだったし♪

他店には、あまりない味わいでのスープで!
個性的なのがいい♪


手切り手打ち麺は、ムチッ、モチッ!
少しカタめの、白河中華そばの麺のような食感の麺で!


ラーメン 健やか【参】-16

「この麺、櫻井中華そば店リスペクトですか?」
土屋店主の修業先の先輩が神奈川県の保土ケ谷に9月19日にオープンした店の名を上げて聞いてみると


苦笑して(笑)
別に意識して作ったわけではないと話していたけど

手切りのためか
あえて、そうしているのかはわからないけど

不揃いの麺で!
それで、麺一本一本、食感が微妙に違うのも、とても面白くて♪


いいな、この麺!
「二度とやりません…」などと言わずに、ぜひ、また、お願いします
m(_ _)m

トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
味わいはスパイシー
!?

ラーメン 健やか【参】-18

ブラックペッパーのピリッとした刺激を感じたので
裏返すと、結構な量の黒胡椒が塗されていて!

ラーメン 健やか【参】-19

でも、この香辛料の味わいも、なかなかよくて!
美味しくいただけた♪


それに、これだけ黒胡椒が使われているのに、スープに移らないのがよかった。
以前に、某店で鶏ムネ肉のレアチャーシューをトッピングしたところ


鶏ムネ肉のレアチャーシューの側面にビッシリと付いていた黒胡椒がスープに流れ出してしまって…
せっかくの繊細な味わいのスープを台無しにしてしまったことがあったので

そうして、最後は、本日2杯目というのに、スープが美味しかったから、すべて飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS 店を出ると、十数人の行列ができていた。
ちょっと、来ていない間に、人気店になっていたんだね♪


ラーメン 健やか【参】-20

メニュー:特製ラーメン(醤油/塩)…980円/味玉ラーメン(醤油/塩)…880円/チャーシュー二種ラーメン(醤油/塩)…880円/ラーメン(醤油/塩)…780円

特製つけ麺(醤油)…1080円/味玉つけ麺(醤油)…980円/鶏チャーつけ麺(醤油)…980円/つけ麺(醤油)…880円

特製煮干しラーメン(醤油)…980円/味玉煮干しラーメン(醤油)…880円/チャーシュー二種煮干しラーメン(醤油)…880円/煮干しラーメン(醤油)…780円

大盛り…150円

味玉…100円/チャーシュー…250円/ワンタン(数量限定)…280円
チャーシュー丼…380円/炊き込みご飯…280円


ラーメン 健やか



関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅



好み度:つけ麺(醤油)star_s40.gif
煮干しラーメン(醤油)(手切り手揉み麺)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2017年10月1日(日)

【新店】Tombo-1【新店】Tombo-2

本日のランチは、9月2日オープンの話題の新店Tomboで!

こちらの店は、「地雷源」グループ系列の店で8年間修業した榎本さんという方が独立開業した店ということで!
ラーメンフリークの皆さんや同業のラーメン店の店主さんたちからも、開店前から注目されていた店!


オープン日は、予想通り、開店前から32人の大行列ができたようで
その注目度の高さが伺えた。

そして、開店から1ヶ月。
そろそろ、開店フィーバーも落ち着いた頃だろうし!


また、この日から「つけそば」も静かに解禁となるという榎本店主のツイートもあって!
遅ればせながら訪問してみることに♪


こちらの店、最寄り駅は京王井の頭線の井の頭公園前駅で徒歩11分。
JR中央線も走る吉祥寺駅からは徒歩13分。


どちらの駅からも微妙に遠いので、吉祥寺駅からアクセスして向かったんだけど
やっぱり、ちょっと歩くよね(汗)

そうして、11時30分の開店時間に3分遅れの11時33分にやって来ると
まだ、開店はしておらず、店頭から、すぐ、右脇に折れる道にかけて、6人のお客さんが行列を作って開店を待っていた。

最後尾に付くと
すぐに、榎本店主が店の中から現れて、開店♪

そうして、先頭から順番に食券を買って入店。
奥の席から詰めて、席へとついていく。


そうして、私の番になって、券売機を眺めると
メニューは、オープン時からあった「醤油の旨味ソバ」に「汐の旨味ソバ」の2メニューに加えて、本日から追加された「醤油のつけソバ」に「汐のつけソバ」があって!

【新店】Tombo-3

「つけソバ」のデフォルトの麺の量を見ると150gと少なめ
これは、たぶん、「つけソバ」の専用麺ではなく、「旨味ソバ」用の麺を流用して使うからだと思うけど

「つけソバ」で150gというのは女子盛りの量だよね
普通だったら、麺1.5玉の225gの設定にすると思うんだけど…

ちなみに、「中盛」は、麺の量が1.5玉ではなく、2玉分の300g。
「大盛」は麺3玉分の450g。


さて、どうしようか
ここに来るまでは、「醤油のつけソバ」にするつもりだったので、「醤油のつけソバ(中盛)」の麺300gにするところだけど…

あると思っていなかった「汐のつけソバ」があって
デフォルトの麺量が150gと少なめだから、「醤油のつけソバ」、「汐のつけソバ」の連食もできる!

それに、「旨味ソバ」と「つけソバ」を連食してもいいし
「つけソバ」の麺の量が少ないために、悩まされてしまう(笑)

しかし、この後、2人のお客さんが来店してきたので、ここで、のんびり考えている暇はない。
そこで、当初の予定通り、「醤油のつけソバ」にして!


麺量は300gの「中盛」にすることにしたんだけど
この、私の後に入店してきた2人というのが

千葉県柏市の初石で金曜日の夜と土日の朝から昼の売り切れまでという、限られた時間しか営業しない『The Noodles & Saloon Kiriya』の店主と!
茨城のラーメンの重鎮・まちゃあきさん


「おはようございます!」
挨拶を交わして、この後、厨房前に一直線に並ぶカウンター席に3人で並んで座ることに♪


ちなみに、『Kiriya』店主は「汐の旨味ソバ」を!
まちゃあきさんは「醤油の旨味ソバ」を注文していて


見ていたら、最初に入店したお客さんの注文は、「醤油 旨味ソバ」が5人!
「汐の旨味ソバ」が2人!


「醤油のつけソバ」が私を含めた2人という具合で!
今日から「つけソバ」が始まったので、一巡目は、ほぼ、「つけソバ」なんじゃないかと思ったのに、読みは見事に外れた
(汗)

オープンキッチンの厨房の中には榎本店主!
さらに、外国人の女性スタッフの人が2人!


注文を受けると、まず、ラーメンを3個作りし始める榎本店主!
まず、寸胴から雪平鍋に移したスープをガス台の火に掛けていく


そして、頃合いを見て、茹で麺機の中のテボ3基に麺を1玉ずつ入れていって
55秒後に3基のテボを一斉に引き上げると

湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられて
最後に盛りつけが行われて出されていくと

また、次にラーメン丼を3つ出して、また、ラーメンを3個作りし始める榎本店主!
ただ、今回は、そのうちの1つが「つけソバ」の「大盛」で!


先に「つけソバ(大盛)」用の麺3玉が茹でられて
茹で上がった麺が冷水で〆られると

女性スタッフの人にバトンタッチ!
自身は、再度、麺を茹で始めてラーメンを作り出す。


見事だったのが、バトンタッチを受けた女性スタッフの人!
麺3玉分の450gもある麺を持ち上げると、髪を梳かすようにして、真っ直ぐにすると


ラーメン丼に麺をキレイに揃えて盛りつけた♪
そうして、その上に昆布水(?)のようなものが掛けられて、隣に座った先客へと出されていったんだけど


ラーメン作りは、すべて、店主1人で行っていて、女性スタッフは調理にはかかわらないだろうと思っていたのに
見事な盛りつけでした♪

そうして、榎本店主によって、この日、3回目に3個作りされたメニューのうち
まず、先に完成して出されたのは、週末営業のラーメン店の店主と、まちゃあきさんの「汐の旨味ソバ」と「醤油の旨味ソバ」!

【新店】Tombo-10【新店】Tombo-11

そして、身近で、この2つのラーメンを見た印象は
まさに『地雷源』!

このビジュアルは、かつて、方南町にあった『地雷源』でいただいた「我流旨味ソバ(醤油)」と
今は中野で『肉煮干しそば さいころ』として営業している店で

オープン時には、方南町から移転というカタチで、営業していた『地雷源』で食べた「塩の旨味ソバ」のビジュアルに酷似していて!
この2つのラーメンは、ネーミングだけでなく、たぶん、味わいも、かつて、『地雷源』でソウルフルなラーメンを作っていた鯉谷さんのラーメンをリスペクトした一杯なんだろうね♪


そして、その後に供された、私の注文した「醤油のつけソバ(中盛)」は、麺の上には海苔1枚!
つけ汁の中には、カットされた煮豚メンマ水菜、刻みネギが入るだけのシンプルな装いのつけ麺


【新店】Tombo-4【新店】Tombo-5【新店】Tombo-6

まずは、昆布水に浸かった麺だけをいただくと
三河屋製麺の中細ストレート麺は、つるっとした食感の啜り心地のいい麺で!

【新店】Tombo-7

のど越しのよさもあっていい♪
そして、この昆布水と思われたものは、魚介系の二番出汁で!


スープ割りするときの割りスープの冷たいものといった感じのもので
昆布水とは違って、麺と麺がくっつかないようにするために使われているのかなって感じかな

麺をつけ汁につけて、いただくと
鶏ガラ、ゲンコツの動物系のうま味に、昆布、干し椎茸、鰹節、鯖節、宗太節などの乾物のうま味を重ねた味わいの

何かが突出せずに、とてもバランスよく仕上げたスープで!
香味油に使われたと思われる


鶏油にネギの香味を移したネギ油がスープにコクを与えてくれていて!
とても美味しいスープだと思う♪


ただ、そんな味わいのスープに一味唐辛子、酢を入れて!
オールドスタイルの味わいのつけ汁に仕上げているのが


温故知新
懐かしい味わいの中にも、何か新しいものがある!

美味しいことは美味しいけど
そんなつけ汁に仕上げられていると、よかったんだけどね

豚バラ肉の煮豚は、しっかり肉のうま味のある美味しいチャーシューで♪
コリコリとした食感のメンマもよかった♪


そうして、最後に、外国人の女性スタッフに作ってもらったスープ割り!
これは、ポットに入った二番出汁だと思われる割りスープで割って、作ってくれたものだったけど


【新店】Tombo-8

酸味と辛味が薄らいで、美味しくいただけたので♪
こちらの店で食べるべきは、やっぱり「醤油」か「汐」の「旨味ソバ」だと思う♪


次回は、リベンジに「醤油の旨味ソバ」を食べに伺います。
ご馳走さまでした。


【新店】Tombo-9

メニュー:味玉醤油の旨味ソバ…850円/醤油の旨味ソバ…750円
味玉汐の旨味ソバ…850円/味玉汐の旨味ソバ…750円

醤油のつけソバ(小)…750円/醤油のつけソバ(中)…850円/醤油のつけソバ(大)…950円
汐のつけソバ(小)…750円/汐のつけソバ(中)…850円/汐のつけソバ(大)…950円

チャーシュー…300円/煮玉子…100円/特製メンマ…100円/海苔…100円/皮ワンタン…100円/三品盛り(チャーシュー・メンマ・味玉)…350円

炙りチャーシュー飯…400円/ブタめし…300円/メンマごはん…250円/ごはん…100円


Tombo



関連ランキング:ラーメン | 井の頭公園駅三鷹台駅吉祥寺駅



好み度:醤油のつけソバstar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年5月15日(月)

ラーメン 健やか【弐】-1

本日は所用で三鷹へ行くので、久しぶりにサクちゃんの店に行ってみようか!?

と思ったんだけど
サクちゃんこと櫻井店主の店『麺屋 さくら井』は、三鷹駅から12分も歩く住宅あ街の中にある店で

さらに、休日はもちろん、平日でも
それどころか、昼間は、平日の閉店間際でも行列ができている人気店なので

往復歩く時間と待ち時間を考慮すると、とても1時間以内に、駅まで戻って来れそうにもない
そこで、代わりに向かったのは、三鷹駅から徒歩5分ほどの場所に、4月5日にオープンした新店のラーメン 健やか

こちらの店は、最寄り駅が井の頭公園の女性店主が営む『中華そば 向日葵』出身の
スキンヘッドで、ちょっと、怖そうな土屋店主が開業した店(笑)

そして、こちらの店で供されるラーメンというのが、ホンビノス貝の貝出汁を効かせたトリュフオイル香る鶏清湯スープのラーメンで!
なかなか美味しいラーメンだったし!


4月8日に訪問してから1ヶ月以上経過して、どんな風に変化しているのかも気になったし!
それに、醤油ラーメン一本で勝負しているので、もうそろそろ、新しいメニューが出てきてもいい頃だし


なんて思いながら、店に向かう途中の電車の中で、何気にTwitterを見ていたら
こんなツイートを発見♪



ラムズG
@kon_0529

三鷹 ラーメン 健やか
つけ麺 ¥880
本日より「つけ麺」を提供との事なので[(^3^)]
店主さんより「まずは塩で食べてみて下さい」と一言あり…キメの細かい「宮古島の雪塩」を使用でコチラの激旨自家製パツン麺の美味さを直接に味わえて
からの…向日葵さんと連食します ごちそうさまでした


ラーメン 健やか【弐】-2

12:44 - 2017年5月15日



三鷹駅に到着したのは、もうすぐ午後の2時になる時刻で
もしかしたら、もう、売り切れているかも

でも、それなら、それでも構わない。
そう思いながら、駅北口階段を下りて、ロータリーを右回りに進んで突き当たった中町新道を右に


そうして、300mほど歩いた先の路地を左に折れたすぐの場所にある店へとやってきて
入店すると

厨房には、前回同様、スキンヘッドの土屋店主と男性スタッフの人の姿があって!
全12席のカウンターには、5人のお客さんがついて、ラーメンを食べていた。


土屋店主に
「今日から、つけ麺始めたんですよね♪」と言うと…

「すいません…」
「もう、終わっちゃったんですよ…」


(゚◇゚)ガーン
でも、仕方がない。


そこで、券売機の前に立って
ちょっと、考えて

「特製ラーメン」の食券を買い求めたんだけど
「つけ麺」は、昼夜各10食限定だったんだね

ラーメン 健やか【弐】-3ラーメン 健やか【弐】-4

それなら、この時間に残っているわけないよね
あとで、土屋店主のTwitterを見たら、しっかり昼夜各10食限定と告知されていて(汗)

知っていたら、もっと、早い時間に来たのに
でも、今日の午前中は忙しかったから無理か(>_<)

席につくと、どうやら、店主は、私のことを覚えていてくれたようで
「オープンしたときに比べると、スープも麺もチャーシューも変わってます!」なんて言うので!

これは、期待しちゃてもいいのかな!?
そうして、待っていると、今日はジャスト1分で茹でられた麺がスープの張られたラーメン丼に納められて

店主によって、丁重に具が盛りつけられると
最後にお盆に載せられて、供された「特製ラーメン」が着丼!

ラーメン 健やか【弐】-5ラーメン 健やか【弐】-6

豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューが2枚ずつに、味玉穂先メンマ笹切りされた青ネギがトッピングされたラーメン♪
前回は、具が、やや、寂しいようにも感じられたのに、今日はゴージャスで、ビジュアルもバツグン♪


まずは、トリュフオイルがふわっと香り♪
醤油の火香(ひが)が香るスープをいただくと


貝!貝!貝!
今日も、ホンビノス貝のコハク酸のうま味が炸裂したスープで!

大山鶏の生ガラをベースに出汁を引いたというスープは、鶏のうま味も感じられて♪
たまり醤油に生醤油、濃口醤油をブレンドした醤油に味醂、砂糖を合わせたといった味わいのカエシが芳醇で♪


ほのかな甘みもあって!
前回に比べて、スープとカエシのバランスがよくなっていたし♪


このスープをミシュランの審査員が飲んだら
ビブグルマンの店に認定されてしまうのでは!?

そんな味わいに感じられて!
1ヶ月前に比べて、味は、さらに美味しくブラッシュアップしていた♪


麺は、中細ストレートの自家製麺で!
前回は、ザクパツの食感の!


カタめで、パツッと切れる歯切れのいい麺に感じられたのに
今日は、そこまではカタめには感じられない。

ラーメン 健やか【弐】-7

前回に比べて、麺の茹で時間を長めにしたのだろうか
前回は、この麺を食べて

「煮干しラーメンには相性バツグンな麺だとは思うけど、個人的には、もう少しやわらかめのつるっとした食感の麺の方が好みかな(汗)」とブログに書いた。

それで
「次回は、麺やわらかめでリクエストして食べてみようかな♪」とも書いたのに、すっかり忘れていた(汗)

個人的には、これでも、まだ、あと15秒長めに茹でてもらってもいいくらいだったけど
でも、前回に比べれば、食感もよくなっていたし♪

それと、今日の麺の方が小麦粉のうま味も強く感じられて!
スープとの絡みもよくなっていたし♪


そこで、そんな麺の感想を店主に話すと
「つけ麺は、同じ麺を使いますが、もっと長く茹でます。」

「それと、皆さん、低下水麺と言いますけど、この麺、加水率32%なんですよ。」
なんて答えてくれたけど


確かに、加水率32%ならば、30%オーバーなので中加水麺だよね。
でも、アルデンテに茹でられた麺は、限りなく、低下水麺に近い食感の麺なのは確かだし!


なんて、思っていてら、店主から…
「この麺、皆さん、煮干しスープに合うって言いますけど、私も合うと思ってます。」


「それで、新作のラーメンは煮干しで行こうと思ってます。」
「淡麗で、さくら井さんのところとは、ちょっと、違うのをやります。」


なんて、話していたので!
こちらも楽しみ♪


豚肩ロースのレアチャーシューは、今日のチャーシューも、いい感じのレア感に仕上がっている♪
それに、前回に比べて、厚みが増していて!


ラーメン 健やか【弐】-8

肉のうま味も感じられて♪
食感もよくなっていたし!


鶏ムネ肉のレアチャーシューは、前回同様、厚みもあって!
やわらかくて!


ラーメン 健やか【弐】-9

しっとりとした食感に仕上げられていて!
塩味の味付けもよくて、美味しくいただけたし♪


味玉は、特別なものはなかったけど
美味しくいただけたし♪

それと、今日は、前回はなかった一本の長い穂先メンマが入っていて!
これが、やわらかくて!



ラーメン 健やか【弐】-10
独特のシュクシュクとした食感なのもよかったし♪
最後はスープもすべて飲み干して完食♪


近いうちに、また、「つけ麺」食べに来ます♪
ご馳走さまでした。


ラーメン 健やか【弐】-11

メニュー:特製ラーメン…980円/味玉ラーメン…880円/チャーシュー二種ラーメン…880円/ラーメン…780円

つけ麺(昼10食 夜10食限定)…880円

味玉…100円/チャーシュー…250円
炊き込みご飯…280円


ラーメン 健やか



関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅



好み度:特製ラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年4月8日(土)

【新店】ラーメン 穏やか-1

本日のランチに向かったのは、東京・三鷹に4月5日オープンした新店の『ラーメン 健やか

オープン日にTwitterでこちらの店で食べた人のツイートを見つけて!
すでにラーメンデータベース(RDB)に3つもレビューが上がっているということだったので、見に行ってみると


鶏清湯醤油スープのトリュフオイルが香るラーメンのようで!
ミシュランの1つ星の巣鴨の店や、もしかしたら、今年は1つ星を獲得するんじゃないかと思っていたのに、今年もビブグルマンに止まった幡ヶ谷の店の影響で、ポルチーニやトリュフオイルを使用する店が増えるのかな
!?

なんて、思っていたけど
個人的に茸オイルは、4月4日に大阪・中崎町で食べたラーメンのように、最初からスープに入れるのではなく、味変用に使用する方がいいような気がするんだけど

でも、どんな味わいなのか興味があったので、訪問することに!
というわけで、『麺屋 さくら井』に訪問して以来、ちょい、久々にやってきました三鷹駅!


賑わいのある南口とは反対側の北口の階段を下りて
『麺屋 さくら井』は、ここから延々、12分ほど歩いた住宅街にあるのに対して

こちらは、正面やや右に見える「ドトールコーヒー」が面する道を右に歩いていくと、道の左側に店が見えてくる。
駅からも徒歩5分ほど。


ただ、道沿いに面してあるのかと思ったのに
路地を入ったすぐの場所にあったので

まだ、店頭に開店祝いのお花が飾ってあったから、すぐ、わかったけど!
撤去されると、ちょっと、わかりづらくなるかも
(汗)

なお、こちらの店は、三鷹からも、井の頭公園からもだいぶ歩く(汗)
女性店主の店『中華そば 向日葵』の出身の店主が開業した店という情報だったけど

店頭には『向日葵』からのお祝いの花はなく
ラーメン関係であったのは、『中華そば しば田』、『洞くつや』、『大冬樹』からのもの♪

【新店】ラーメン 穏やか-2
【新店】ラーメン 穏やか-3【新店】ラーメン 穏やか-4

そうして、この開店祝いのお花や、店の外観写真を撮っていると
2人のカップルのお客さんに抜かれて(汗)

慌てて、その2人に続いて入店すると
オープンキッチンの厨房を囲むように設えられたL字型カウンターには、今、入店した2人の他にお客さんが2人。

厨房にはスキンヘッドの、ちょっと怖そうなお兄さんに(笑)
前髪を垂らした優しげなお兄ちゃんの2人!

先客に続いて、券売機で食券を購入するんだけど
メニューは、醤油味の「ラーメン」一本で!

「ラーメン」780円の他は、「味玉ラーメン」880円、「チャーシュー二種ラーメン」880円、「特製ラーメン」980円の!
チャーシューと味玉がトッピングされたバージョンのみ!


【新店】ラーメン 穏やか-5

この中から買い求めたのは「チャーシュー二種ラーメン」!
RDBのには、「チャーシュー二種ラーメン」のレビューはなかったけど


他のラーメンの画像を見る限りは、デフォの「ラーメン」のチャーシューが豚肩ロース肉のレアチャーシューのようで
「特製ラーメン」には、鶏ムネ肉のレアチャーシューが載っていたので!

この2つのチャーシューがトッピングされたラーメンに間違いないと思われたので!
なお、券売機では気づかなかったけど、「大盛り」の設定は、今のところないようで


後客のお客さんが、大盛りはできないのか聞くと
スキンヘッドの店主と思われる方から

「大盛りは、まだ、やっておりません。」
「よろしければ、炊き込みご飯の食券をお求めください。」なんて答えていたのを聞いたので!


厨房では、前髪長めのスタッフ(?)の人が、スープを温めて!
麺を茹でて、ラーメン作りをしていて


見ていたら、麺が茹で上がったようで、3基のテボが引き上げられると
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に納められて

最後に具が盛りつけられて、完成した3つのラーメンのうちの1つが私のもとに着丼!
供された「チャーシュー二種ラーメン」は、豚肩ロース肉のレアチャーシューが1枚と鶏ムネ肉のレアチャーシューが2枚に白とのネギが載るだけの実にシンプルなトッピングのラーメン!


【新店】ラーメン 穏やか-6
【新店】ラーメン 穏やか-7【新店】ラーメン 穏やか-8

まずは、トリュフオイルが香る、やや、濃いめの色合いの醤油スープをいただくと
貝!貝!貝!

スープは、アサリと蛤!?
それともホンビノス貝かな

アサリと蛤をミックスしたような味わいの貝出汁のうま味いっぱいのスープだったのには驚かされた!
というのも、RDBのレビューにも、食べログの口コミにも、まったく、この貝出汁について触れられていなかったので


でも、これだけ、貝出汁がきかされて!
コハク酸のうま味が出まくったスープなのに


店が、この貝出汁のことを隠しているから
わからないけど

そこで、スキンヘッドの店主(?)
「これ、アサリと蛤で出汁とってますよね?」

「貝出汁のコハク酸のうま味が強くて、めっちゃ美味しいです♪」と言うと…
「ホンビノス貝って貝を使っているんですよ。」と、あっさりと教えてくれたんだけど(汗)

このアサリと蛤をミックスしたような味わいは、ホンビノス貝によるものだった。
そういえば、この先の武蔵小金井にもホンビノス貝のスープのラーメンを出すみせがあったっけなんて思いながら


「ホンビノス貝ですか!」
「もちろん、知ってます。」


「船橋の方から来たので!」
「船橋には、このホンビノス貝を売りにしている店があるんですよ♪」
と言うと…

「難病になって、復帰した店主さんの店ですよね!」という答えがあって!
『とものもと』のことを知っているみたいだった。

しかし、このスープ!
ホンビノス貝ばかりが効かされているわけではなく


鶏のうま味もしっかりと感じられるスープで!
トリュフオイルのアロマもキツすぎず、香り付け程度なのもよくて♪


生醤油に濃口醤油など何種類かの醤油をブレンドした醤油に味醂、砂糖で作られたという感じのカエシが芳醇で!
ほのかな甘みがあって!


よくスープと合っていて!
めっちゃ美味しい♪


麺は、中細ストレートの自家製麺で!
ザクッとしたカタめの食感の麺で!


【新店】ラーメン 穏やか-9

パツッと切れる歯切れのいい低加水麺で!
食感最高♪


ただ、煮干しラーメンには相性バツグンな麺だとは思うけど!
個人的には、もう少しやわらかめのつるっとした食感の麺の方が好みかな
(汗)

でも、スープとの絡みはまずまずだったし!
次回は、麺やわらかめでリクエストして食べてみようかな♪


豚肩ロースのレアチャーシューは、いい感じのレア感に仕上がっている♪
ただ、薄切りなのが
(汗)

もう少し厚切りにしてもらえると
肉のうま味も感じられて、食感ともよくなるのに

【新店】ラーメン 穏やか-10

しかし、トッピングした鶏ムネ肉のレアチャーシューは、厚みもあって!
やわらかくて!


しっとりとした食感なのがよかったし♪
塩味の味付けもよくて、美味しくいただけたし!


これだったら、いっそのこと、デフォのチャーシューを鶏ムネ肉のレアチャーシューにして!
豚肩ロースのレアチャーシューは、厚切りにしてトッピングで用意すればいいんじゃないかと思うけど


でも、スープが美味しかったので♪
すべて飲み干して完食♪


『麺屋 さくら井』に続いて、三鷹に、また、楽しみな店が誕生した♪
今は醤油ラーメン一本だけだけど、いずれ、塩ラーメンとか、新たなメニューも出されると思うので!


しばらくしたら、また、伺うつもり!
ご馳走さまでした。


【新店】ラーメン 穏やか-11

メニュー:特製ラーメン…980円/味玉ラーメン…880円/チャーシュー二種ラーメン…880円/ラーメン…780円

味玉…100円/チャーシュー…250円
炊き込みご飯…280円


ラーメン 健やか



関連ランキング:ラーメン | 三鷹駅



好み度:チャーシュー二種ラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年1月22日(日)

麺屋 さくら井【参】-1

本日のランチは、東京・三鷹に昨年の11月17日にオープンした新店の『麺屋 さくら井』で!

こちらの店は、都内の超有名ラーメン店出身で、他にも数店のラーメン店で修業経験のある櫻井店主が地元にオープンさせた店!

オープン日の11月17日に訪れて、「醤油らぁ麺」「煮干らぁ麺」をいただいて!
12月3日の2度目の訪問で「塩らぁ麺」を食べて!


デフォルトの3種類のラーメンはコンプしている。
中では「塩らぁ麺」が一番のおすすめだけど♪


「醤油らぁ麺」も「煮干らぁ麺」も並みの新店が作るラーメンの域を遥かに超えた味わいの一杯で!
昨年オープンした全国のラーメン店では、『Homemade Ramen 麦苗』に次いで、2番目に美味しいラーメン店だと思っている♪


ただ、最寄り駅のJR三鷹駅からも12分も歩く
武蔵野市西久保の住宅街にある店の場所がネックにならなければいいんどけど

なんて、ちょっと、心配したのに
そんな心配は杞憂に終わったようで

ラーメンが美味しくて接客のいいイケメン店主の店という評判がネットやSNSで拡散して!
すぐに、行列のできる店の仲間入りを果たした♪


そんな店へ土日に訪問するのは無謀に感じられて
14時過ぎの遅い時間を狙って訪問したところ

それでも、9人のお客さんが行列を作って待っていた。
行列の最後尾に付いて、少し待って、スタッフの人から呼ばれて入店して!


「今年もよろしくお願いします。」と言って、櫻井店主と挨拶を交わして♪
券売機に千円札を2枚差し込んで、買い求めたのは「特製煮干らぁ麺」と「チャーシュー盛(ハーフ)」に「味付け替え玉」の食券!


麺屋 さくら井【参】-2

でも、「特製煮干らぁ麺」に「チャーシュー盛(ハーフ)」って
「特製煮干らぁ麺」だけでいいか

あるいは、普通の「煮干らぁ麺」と「チャーシュー盛(ハーフ)」の組み合わせでいいんじゃないかと思うんですけど
「味付け替え玉」まで買ってるし(汗)

でも、実はこれ、普通の「煮干らぁ麺」と「チャーシュー盛(ハーフ)」にするつもりだったのに、なぜか、間違って、「特製煮干らぁ麺」のボタンを押してしまったみたいで
訂正するのも面倒なので、そのままオーダー(笑)

そうして、席について、少し待っていると
先客の三鷹マダム2人に「特製醤油らぁ麺」と「特製塩らぁ麺」が出された後に、櫻井店主によって作られた「特製煮干らぁ麺」と「チャーシュー盛(ハーフ)」が出された。

麺屋 さくら井【参】-3麺屋 さくら井【参】-4

今週から豚バラ肉の煮豚をやめて、切り替えたと櫻井店主が話していた、鶏ムネ肉のレアチャーシュー豚肩ロース肉のレアチャーシューが多めに載せられて!
味玉がトッピングされて、あおさも多めに入れられた、彩りも鮮やかで、美しいビジュアルのラーメン♪

せっかくなので、別皿で出されたチャーシューも盛りつけてみたところ
こんな感じで、麺もスープも見えないほどの豪華トッピング(笑)

麺屋 さくら井【参】-5麺屋 さくら井【参】-6

そうして、記念撮影を終えたら、スープの熱でチャーシューの色が変色しないように、すべてチャーシューを皿に移して
レンゲにスープをとって、いただくと

麺屋 さくら井【参】-7

煮干し!煮干し!煮干し!
煮干しがガツンときかされたスープで!


水出しした背黒と白口煮干しのうま味がよく出ていて♪
煮干し特有のビターな味わいもあって!


アゴは後味に残る感じで!
この味、めっちゃ好みだし、めっちゃ美味しい♪


しかし、このスープ
オープニングのときにいただいたスープとは、ぜんぜん違う!

まず、長崎の煮干しと京都のアゴ煮干しに、昆布と節で出汁をとったと卓上の説明書きに解説のあったスープは節が影を潜めて
感じられるのは、ほぼ、煮干し!

それに、背黒のコクのある出汁のうま味とともに、白口煮干しのやわらかで甘みのある出汁のうま味も感じられたので!
煮干しは、長崎の煮干しと解説のあった背黒と京都産のアゴ煮干しだけではなく、たぶん、瀬戸内のいりこ(白口煮干し)も使われていると思われる。


そこで、感じたことを櫻井店主に話すと
「ええ、確かに、味は、どいぶ、違うと思います。」と話し…

「煮干しは、イチエさんの言う通り、今は、いりこも使っています。」と話してくれたけど…
スープは、さらに美味しく進化していた♪

麺は、「醤油らぁ麺」、「塩らぁ麺」とは、また、違う、三河屋製麺の中細ストレート麺が使われていて!
このカタメで、噛むとパツッと切れる、歯切れのいいザクパツの食感の低加水麺で!


麺屋 さくら井【参】-8

この麺は、煮干し出汁のスープのために生まれてきたような麺で!
この絶品の煮干し清湯スープとの相性もバツグン♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは肉厚で!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいレアチャーシューでよかった♪


麺屋 さくら井【参】-9

ただ、特に今日のチャーシューは、レア感が強すぎて!
レアチャーシュー好きなお客さんはウエルカムかもしれないけど


一般のお客さんからすると
ちょっと、生っぽく感じられて

見た目からヤバそうに感じてしまうお客さんもいそうだし
噛み切りにくいので、もうちょっと、レア感は抑えた方がいいかも

鶏ムネ肉のレアチャーシューも厚切りで!
美味しかったけど♪


麺屋 さくら井【参】-10

豚肉ほど気にはならないけど、レア感が強くて
もう少し、熱を入れしてもいいような気がした。

細めのメンマは、コリコリとした食感がとてもよくて!
あおさの風味もよかったし♪


刻み玉ねぎの甘みが、このビターな味わいのスープにはピッタリで!
シャリシャリとした食感もよかった♪


なお、ラーメンを食べている途中で、お願いした「味付け替え玉」が、ラーメンの麺と具を食べ終えて、そう待つことなく供されたんだけど!
これが、キレイに麺線が整えられた麺の上に、豚肩ロース肉のレアチャーシューが1枚に賽の目にカットされた鶏ムネ肉のレアチャーシュー刻み玉ねぎ揚げネギがトッピングされた見た目にも美しい一品で♪


麺屋 さくら井【参】-11

麺1玉に、このトッピングが付いて、200円という価格は超リーズナブル♪
というか、これは、「煮干しらぁ麺」を食べたお客さんへの完全なサービス品といえる。


そうして、これを混ぜ合わせていただくと
揚げネギのクリスピーな食感に玉ねぎのシャリシャリといた食感が面白いし♪

このまま「和え麺」として食べてもいいし!
残しておいたスープに麺をつけて、「つけ麺」のようにして食べるのもいいし♪


麺屋 さくら井【参】-12

それと、よかったのが、あえて、カタ茹でにして出してくれた麺♪
櫻井店主によると、麺の茹で時間は、ラーメンのときよりも10秒ほど短いだけということだったけど


スープに浸かっていない分、余計にカタく感じられて!
先ほどの麺とは、また、違う、ポキポキとした麺の食感を楽しむことができて、よかった♪


「醤油らぁ麺」、「煮干しらぁ麺」、「塩らぁ麺」と3種類の「らぁ麺」を食べて!
今日、また、「煮干しらぁ麺」を食べて、2周目に入ったわけだけど


最初に食べた「煮干しらぁ麺」と、今回の「煮干しらぁ麺」は別物と言っていいラーメンで!
そして、これが、美味しくブラッシュアップされていたので♪


次回は「醤油らぁ麺」を、もう一度、食べてみるつもり♪
ご馳走さまでした。


麺屋 さくら井【参】-13

メニュー:醤油らぁ麺…780円/味玉醤油らぁ麺…880円/特製醤油らぁ麺…980円
塩らぁ麺…780円/味玉塩らぁ麺…880円/特製塩らぁ麺…980円
麺中盛…50円/麺大盛…120円

煮干らぁ麺…800円/味玉煮干らぁ麺…900円/特製煮干らぁ麺…1000円
味付き替え玉(煮干らぁ麺専用)…200円

炊き込みご飯(並)…200円/炊き込みご飯(大)…300円

味付玉子…100円/自家製メンマ…100円/ねぎ…100円/のり…100円/チャーシュー盛(ハーフ)…200円/チャーシュー盛…400円/トッピング盛(おつまみ盛)…350円


麺屋 さくら井



関連ランキング:ラーメン | 三鷹



好み度:特製煮干しらぁ麺+チャーシュー盛(ハーフ)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m