FC2ブログ
訪問日:2020年8月16日(日)

特級鶏蕎麦 龍介【参】-1

本日のランチは、茨城県土浦市の人気行列店の『特級鶏蕎麦 龍介』へ!

2012年8月28日にオープンした鶏のうま味が凝縮された超濃厚な「つけ蕎麦」が評判の茨城県を代表する店!
その後、客席と厨房を広げるために、前の店舗から徒歩1分の場所に2017年6月2日に移転オープン!


そんな店には、『煮干し狂會』のイベント4周年イベントで2度ほど訪れたことがある。
しかし、移転後は今回が初めて!


そんな店に、今日、行こうと思ったのは、こちらの店で夏季限定の「昆布水 醤油 つけ蕎麦」が提供されるというので!
毎年、この暑い時期には、よく、昆布水に浸かった麺を清湯スープのつけ汁につけて食べるつけ麺をいただくことが多い!


それに、今まで、こちらの店では、浅野店主の作る濃厚鶏白湯スープの蕎麦につけ蕎麦を食べていて、美味しいのはわかっているけど!
淡麗鶏清湯スープのつけ蕎麦は初めてなので!


どんな「昆布水つけ麺」を食べさせてくれるのか
楽しみに訪問♪

広い駐車場に車を停めて、店頭へとやってくると
ベンチに座って2人のお客さんが待っていた。

そして、ちょうど、前を歩いていたカップルのお客さんが、まっすぐに入店。
店を入って左にある大型の券売機で食券を買っていたので


この店は、先に食券を買うシステムなんだなと思って
入口近くで、カップルのお客さんが食券を買い終わるのを待って入店。

券売機の前に立つと、「<限定④>昆布水 醤油 つけ蕎麦 ¥1,000」のPOPが貼ってあったので、千円札を差し込んで、限定④のボタンをプッシュ!
さらに、なかなか予約が取れない人気のかき氷屋店の「さくら氷菓店」と「龍介」がコラボして提供されている「STRAWBERRY SHAVE」の食券も買おうとしたけど、こちらは、売り切れ
😓

特級鶏蕎麦 龍介【参】-2

でも、これは想定内!
これが食べたかったら、もっと早く来ないとね
🤣

特級鶏蕎麦 龍介【参】-3

ベンチについて待つ。
すると、男性スタッフの人が食券を回収に出てきて


食券を渡すと
「無料で大盛りにできますけど、大盛りにされます。」と言われて!

確か麺量は、デフォでも、つけ麺としては少し多めの250gのはずなので、大盛だと350gかな!?
250gだと少ないし、350gだと多いな

以前に麺友のとしくんが200gに減量して食べていたので
麺300gにしてもらおうかな!?

なんて思いながら
「大盛って麺何gになりますか!?」と聞いてみると…

「400gです。」なんて言うので…
それって、特盛の量なんじゃない!?

そう思って
「並盛だと!?」と重ねて聞くと…

「300です。」と言うことだったので!
「では、並盛で!」と言って注文を確定させたんだけど…

並盛で麺300gって!
他店の大盛の量あるんですけど
😅少し大きい文字

そうして、少し待つうちに、お客さんが出てきて
男性スタッフの人から呼ばれて、カウンター席の1席へと案内されると

厨房はカウンター席の前にあるものの、席からは少し離れた位置にあって、調理する様子は客席からはわからない。
そして、その厨房の奥の方に浅野店主の姿が見えた。


そうして、その厨房で作られた「昆布水 醤油 つけ蕎麦」が完成すると!
ベテランスタッフのお姉さんが、手元まで配膳してくれた。


特級鶏蕎麦 龍介【参】-4特級鶏蕎麦 龍介【参】-5

豚肩ロース肉の焼豚鶏ムネ肉のレアチャーシュー穂先メンマ、輪切りされたレモンピンクソルト山葵が別皿で提供されて
麺が浸かった、たっぷりの昆布水には、色紙切りされたネギが散りばめられて、大きな海苔が添えられて

「醤油つけ蕎麦」のはずなのに、「醤油味」の他に「塩味」のつけ汁も出されて!
それぞれのつけ汁には、色紙切りされたネギが浮かべられた


見た目のビジュアルも最高だし♪
それに、つけ汁がダブルで付くという贅沢な「つけ蕎麦」!


しかし、コスト掛かってそうなのに、これを1,000円で出しちゃっていいのかな!?
ちょっと、心配になる😅

まずは、昆布水に浸かった、見た目は切刃16番に見える中太ストレートの自家製麺を、つけ汁にはつけずにいただくと
小麦粉の香りが口の中に広がって、鼻から抜けていく…

特級鶏蕎麦 龍介【参】-6

これは、国産小麦粉を使って製麺しているからだと思われるけど
さすが、つけ蕎麦が売りの店だけあって、風味のいい麺が使われていた♪

そして、なめらかでな麺肌の麺で!
つるっと啜り心地がよくて、のど越しのよさもあって!


噛めば、モッチリとした食感の加水率高めの中加水麺といった感じで!
しなやかなコシも感じられる秀逸な麺♪


次に、ピンクソルトを指で摘まんで
パラパラと麺に掛けて、食べてみると

円やかで甘みのある、このヒマラヤ岩塩が麺の甘みを引き立ててくれて!
こうして食べるだけでも美味しくいただける
😋

そして、2つのつけ汁のうち、まずは、「塩味」のつけ汁に潜らせて、麺をいただくと


それに、アゴ
鶏清湯ベースのスープに蛤とアゴのうま味を重ねて作ったと思われるつけ汁は、蛤のうま味と焼きアゴの風味が感じられて、最高に美味しい♪

つけ汁は、基本鶏出汁で!
もしかすると、昆布や椎茸の乾物のうま味


あるいは、煮干しや節のうま味を入れてくるかもしれないとは思ったけど
蛤と焼きアゴが使われているとは

しかし、蛤も焼きアゴも、どちらも高価なのに
この「塩味」のつけ汁だけの「つけ蕎麦」でも1,000円以上の価値がある!

特級鶏蕎麦 龍介【参】-7

次に、「醤油」味のつけ汁につけて食べてみると
こちらは、水と鶏で作ったスープに生揚げ醤油を使用したカエシを合わせた流行りのつけ汁で!

しかし、鶏のうま味がハンパなくて♪
こちらも、めちゃめちゃ美味しいじゃないですか
😋

しかし、これ、どんな鶏を使ってるんだろう!?
銘柄鶏!?

いや、この鶏のうま味は地鶏のような気がするんですけど
ただ、確かめようにも、浅野店主は厨房の奥の方にいて、確かめる術なし😑

と思っていたら、帰り掛けに私を見つけた浅野店主がやって来た😅
確認したところ

鹿児島の三種類いる地鶏の一つである「黒さつま鶏」と熊本の、あの有名なブランド地鶏の「天草大王」で出汁を引いたスープということで!
それで、これだけうま味の強い出汁が出ていたんだなということがわかった
👍

しかし、「醤油味」と「塩味」の2種類のつけ汁を出して!
どちらのスープにも地鶏が使われていて


さらに、「塩味」のつけ汁には、地鶏にプラスして、蛤に焼きアゴまで使われていて
これ、最低でも1,500円!

2,000円で販売されてても、おかしくない
それだけの価値のあるプレミアムなつけ麺

縁が紅色した豚肩ロースの焼豚は、焼き釜で吊るし焼きされた本格的な焼豚のようで!
炭火でじっくりと吊るし焼きされた焼豚は、余分な脂を落として、うま味を閉じ込めたもので!


噛めば、ジューシーな肉汁が滲み出てきて!
絶品
😋

特級鶏蕎麦 龍介【参】-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて
厚みがあるのにやわらかくて!

そして、塩味の加減が、ちょうどよくて!
ほんのりスパイシーな味付けなのもよかったし♪


穂先メンマは、やわらかくて!
穂先のシュクシュクとした食感がたまらなくよかったし♪


特級鶏蕎麦 龍介【参】-8

そうして、最後はスープ割り!
ただ、卓上にポットに置かれた割りスープがあるので、これで割るべきか


それとも、昆布水で割るか!?
いつもなら、冷たい麺をつけることによって、冷めてしまったつけ汁に、ぬるい昆布水を入れたって美味しくないので、昆布水を入れるなんてことはしない。

しかし、今回はつけ汁がダブルだったのと
最初からつけ汁が熱々で、これなら、昆布水割りにしてもいいかな!?

ポットのつけ汁は、元々、濃厚鶏白湯つけ蕎麦向けに用意されているものだろうから
そこで、ベテランのお姉さんに

「これって、このポットの割りスープで割って、スープ割りにすればいいのですか!?」と聞いてみたところ…
「あ、これは、節が入ってるから駄目よ!」

「昆布水で割った方がいいわ。」
「つけ汁、温めましょうね♪」


そういうと、つけ汁を2つ持っていって
レンジで温め直ししたものをサーブしてくれた。

「熱いので、お気をつけください!」
そう言って、出された2つのつけ汁は、丼を触ると火傷しそうな熱さで
💦

これに昆布水を注ぐと
これが、飲むには、ちょうどいい加減の濃度で!

特級鶏蕎麦 龍介【参】-10特級鶏蕎麦 龍介【参】-11

そこまで計算して、最初から、たっぷりの昆布水が入れてあったのだろうか!?
味も、「塩味」の方は、地鶏と蛤にアゴと昆布がマリアージュした極上の味わいのスープ割りだったし😋

「醤油味」の方も、地鶏と昆布がハーモニーを奏でる絶品のスープ割りで♪
どちらも、ゴクゴク飲み干して完食
😋

塩味に醤油味も楽しめて♪
しかも、塩味と醤油味ては、使うスープまで変えて


スープに使用している素材は、すべて、プレミアムなものばかりで
チャーシューだって、手間隙掛けて作られたものが合わせられていて!

麺も400gまで無料で増量できて!
それで、千円札1枚で食べられる。


さらに、つけ汁の温め直しサービスも嬉しいし😊
味のよさだけではなく、サービスやコストパフォーマンスも合わせれば、今年いただいた淡麗系つけ麺では、間違いなくNo.1🥇

堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。


特級鶏蕎麦 龍介【参】-12特級鶏蕎麦 龍介【参】-13

メニュー:濃厚系
特級純とりそば…1080円/純とりそば…880円/和え玉(純とりそば用)…200円

あっさり系
特級醤油そば…1080円/醤油そば…880円/特級塩そば…1080円/塩そば…880円/和え玉(醤油or塩)…200円
特級蛤そば(醤油)…1210円/蛤そば(醤油)…1010円/特級蛤そば(塩)…1210円/蛤そば(塩)…1010円/和え玉(醤油or塩)…200円
特級煮干そば…1080円/煮干そば…880円/和え玉(煮干)…200円

つけそば系
特級龍介つけ蕎麦…1150円/龍介つけ蕎麦…950円/特級辛つけ蕎麦…1180円/辛つけ蕎麦…980円/特級海老つけ…1180円/海老つけ…980円

汁なし系
肉まぜそば…1080円/台湾まぜそば…900円

※まぜそば大盛無料

サイドメニュー
餃子(5個)…350円/餃子セット(餃子5個+半ライス)…430円/チャーマヨ丼…300円/肉味噌丼…300円/ライス…150円

トッピング
特級肉増(トロ豚+窯焼き2枚)…300円/肉増し(トロ豚or窯焼き2枚)…180円/味玉…100円/肉ワンタン(2個)…150円/自家製メンマ…170円/有明産高級のり(5枚)…200円/鶏ダンゴ(3個)…120円/くずれ味玉…50円

【夏季限定】昆布水 醤油 つけ蕎麦…1000円
さくら氷菓店×龍介コラボ「STRAWBERRY SHAVE」…500円


特級鶏蕎麦 龍介



関連ランキング:つけ麺 | 土浦駅荒川沖駅



好み度:昆布水 醤油 つけ蕎麦star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



訪問日:2020年8月11日(火)

ぼけぼうし-1

本日のランチは、茨城県守谷市にある『ぼけぼうし』へ!

ツイ友のバリタカさんが、こちらの店で、さつま地鶏、比内地鶏に長崎の焼きあごで出汁を引いた「らーめん」を食べて、Twitterでツイートしていたのを見て、初めて知った店!

そこで、スマホに「ぼけぼうし 守谷」と入力してググってみたところ
食べログに店舗登録されていて、レビューが2件上がっていたけど、ラーメンのレビューはなし

そして、店舗情報には、電話番号と交通手段の守谷駅から1,484mという情報があるだけで
営業時間も定休日の記載もなし

次にヒットしたのが、茨城県守谷市を中心とした情報をご当地ブログとして10年以上発信しているTorishin(トリシン)さんという方のブログ
6月7日に発信されたブログによると


「ふれあい道路沿い、松ケ丘公園近くにある『ぼけぼうし』がラーメンを始められていて、一度食べてみたいと思っていたので、お店に行ってラーメンを食ってきました。」と冒頭に書かれていて
ラーメンを始めてからは、あまり、時間が経っていないみたいだということがわかったし!

そして、こちらの店の店主は、『美里』という日本蕎麦店の店主で!
店を息子さんに譲って、この店を始めたということだったけど


これを食べログ情報と合わせると
元々、『美里』は、この『ぼけぼうし』の場所にあって、後に同じ守谷市の別の場所に移転。

しかし、この場所も売却せずに残していて
息子さんに店を譲って、自分は、この場所に戻ってきて、自分の好きなたこ焼きやうどんを提供している。

そして、ラーメンも始めた。
そんなところのようだけど


「不定休でいつ営業しているのかわからないのが玉に瑕ですが、美味しいものが頂けます。」
Torishin(トリシン)さんのブログには、そう書かれていて、これが大きなネック
😅

しかし、ブログにレポートしれていた「長崎県産焼あご使用らーめん」は、「一切化学調味料を使わないで作ったラーメン」で!
「麺は北海道産の小麦「春よ恋」を取り寄せて、自家製粉で、青竹を踏んで麺を打って作られているそうです。」なんてあって!


「お店は不定休な感じで、いつ営業しているのか分らんのですが、一度食べる価値のあるラーメンだと思いますよ。」
「他にもたこ焼きとか他にもお料理がありますが、どれも本当に旨いです。」と言って結ばれていて!


これはリスクを冒しても食べに行かないと!
もし、営業していなかったら、近くの『ラーメン二郎 茨城守谷店』で「つけ麺」を「ごま味」の「麺少なめ」で食べればいい!


そう思って、車で出発🚙💨
そして、午後の1時過ぎに『ラーメン二郎 茨城守谷店』のところまで来たところで、赤信号に引っ掛かって

並びを見ると、10人ほどだったので
店の駐車場に車を入れて

試しに『ぼけぼうし』へ電話してみたところ
店主が電話に出て、今日は営業しているということで

「15時まで営業していますけど、何時頃来られますか!?」と聞かれて!
「すぐ近くまで来ているので、5分ほどで伺えます。」と答えて、電話を切った📱

そうして、店の裏にある駐車場に車を停めて、入店すると
店内ノーゲスト😅

そして、後で御年76歳だとお聞きした大ベテランの店主から
「電話してくれたお客さんですか!?」と聞かれて…

「そうです!」と答えると…
「どうぞ、お好きな席へ!」と言われて…

座敷席のみで、6人掛けの座卓が4卓置かれた席の1席へと着くと
蕎麦茶とビニール袋に入れられた布製のおしぼりが出された。

ぼけぼうし-2ぼけぼうし-3

壁に貼られたお品書きを見て
お目当ての「長崎産焼きあご使用 らーめん」を注文!

ぼけぼうし-4ぼけぼうし-5

メニューは、麺類は、この他に「胡麻だれ麦そば」なるものがあって!
しかし、うどんの販売はしておらず


情報にあった「たこ焼」は販売されていて
さらに、自家製シロップのかき氷に栗アイスクリーム!

ここまでだったら、昼営業で、麺類とたこ焼きとかき氷を出す店!
こんな店は東京下町の昔からある商店街の中にもある。


しかし、この店には「特上牛しゃぶ」9,500円、「黒豚豚しゃぶ」3,500円、「牛鍋」2,950円なんてメニューもあって!
日本酒も青森の「田酒(でんしゅ)」、新潟上越の「吟田川(ちびたがわ)」、佐渡の「北雪(ほくせつ)」、越後村上の「〆張鶴(しめはりづる)」と揃ってる。


どんなコンセプトの店なんだろう!?
「牛しゃぶ」が9,500円もするのは、店の入口に茨城のブランド牛である「常陸牛(ひたちぎゅう、ひたちうし)」の看板があったので納得はするけど

ラーメンを食べにきて、いっしょに注文するメニューではないよね😅
それに、これだけの地酒の品揃えがあるというのもおかしい🤣

なんて思っていたら
おしゃべり好きなベテラン店主が食後、ペラペラしゃべってくれたので、わかったことだけど🤣

ネットの情報通り、店主は、こだわりの蕎麦を出す店を長年、影響していて、二代目に店を譲ってからは、この元、店があった場所で、「自分の好きなものを作る店」としてオープンした。
そして、好きな明石の蛸を使った「やわらか煮」を作り、「たこ焼き」を作った。


常陸牛も一頭買いしたこともあるそうで!
「焼き肉屋も、すぐに開業できますよ。」
なんて話していて…

ラーメンも、自分の食べたいラーメンがないから、自分で作ろうと思った。
それで、「長崎産焼きあご」を使って出汁を引いたラーメンを試作。


しかし、ラーメンのスープは動物系がないと美味しくないという結論になって
日本三大地鶏の「さつま地鶏」と「比内地鶏」をベースにして「長崎産焼きあご」の出汁を合わせてスープを完成させたそう

しかし、「さつま地鶏」と「比内地鶏」も高価だけど😮
長崎産の焼きあごといったら、最近の相場は知らないけど、めちゃめちゃ高価なはず🤔

そこで、店主に
「長崎産の焼きあごって、キロ5、6千円するんじゃないですか!?」と聞くと…

「とんでもない。」
「そんな価格では、とても買えませんよ…」


そう言うと、スープに使っている焼きあごを見せてくれた。
しかし、そんな超高価な焼きあごにブランド地鶏を使ったプレミアムなスープのラーメンを850円で販売していいんだろうか
!?

ぼけぼうし-6

そう思って、質問すると
「いや、好きなものを作りたいだけで、商売なんて考えてませんから」と言って笑っていたけど🤣

閑話休題。
店主に「らーめん」だけを注文すると


「細麺と平打ち麺が選べます。」
「どちらにされますか!?」
と聞かれて…

「ご主人のおすすめは、どっちですか!?」と聞き返したところ…
「麺を食べるなら平打ちですけど、ラーメンで食べるなら、私は細麺の方が好きですね。」

そんな答えが返ってきたので
「では、細麺で!」と言って注文成立。

そうして、古民家をそのまま、店として活用しているような
昭和レトロな木造建築の店の広い座敷でポツンと一人待っていると

注文から11分ほどで
クローズドキッチンの厨房でベテラン店主によって作られた「長崎産焼きあご使用 らーめん」が、ベテラン店主によって運ばれてきた。

ぼけぼうし-7ぼけぼうし-8

豚モモ肉の煮豚メンマほうれん草、刻みネギ、なるとが載せられた王道の「中華そば」!
あるいは、「ノスタルジックな醤油ラーメン」といったビジュアルの一杯!


まずは、醤油香るスープをいただくと
「さつま地鶏」の地鶏のうま味に焼きあごのうまみ!

ぼけぼうし-9

さらに、干し椎茸のうま味に
これも、かなり高価なものを使用しているんだろうなと思われる鰹節のうま味の出た極上の味わいのスープ♪

ただ、上品で滋味深い玄人受けする味わいのスープという印象
なんて思っていると、店主が鶏油と思われるものが入ったガラス瓶を持ってきて

ぼけぼうし-10

「私は油が好きじゃないので、スープを冷蔵庫で一晩寝かして、浮いた脂を取り除いているんですけどね…」
「でも、油があった方がいいというお客さんもいらっしゃるので、よかったらどうぞ!」


そう言われて、即、レードル一杯分の鶏油を入れると
それだけでもコクが出たし!

ぼけぼうし-11

さらに、少し食べ進めたところで、さらに鶏油をもう一杯、加えてみると
流行りのネオクラシックな味わいの醤油ラーメンになった🤣

でも、いろいろと勉強になった。
まず、やっぱり、鶏油にかかわらず、香味油はラーメンには不可欠なものなんだなという当たり前のことを再認識することができたし


スープに浮いた鶏の脂を取り除いたと言ったって、完全に取り除けるわけでもなく
鶏油なしだったら、おそらく、ラーメンとして成立していなかったようにも思えたし

それに、香味油が少なければ、出汁のうま味がよくわかったし!
でも、香味油が適量入っていた方が美味しいことも
😋

そして、スープも素材にこだわったスゴいスープだったけど、麺が、また、スゴかった😮
田舎そばのような黒っぽい細ストレートの麺は、店主の話では、北海道産小麦の「ゆめちから」と「春よ恋」で!

ぼけぼうし-12

普通は、製粉会社が製粉した小麦粉を購入して、製麺する。
しかし、店主は、小麦粉ではなく、特別なルートで仕入れた小麦の実から作るという


そして、この小麦の実も見せてくれたけど
これを石臼で挽いて、自家製粉して

ぼけぼうし-13

その全粒粉の自家製小麦粉を使って製麺する。
しかも、ラーメン用の製麺機があるわけでもなく、手打ち手切りで作る。


そうして、作られた麺は、やや、カタめの、見た目だけじゃなく、食感も田舎そばのような麺で!
この淡麗な味わいのスープだったら、もっと、なめらかで、やわらかめの麺の方が合うような気はするけど、これはこれでありだと思うし!


こんな特別な麺を食べたことはなかったし!
今日は、この麺を食べられただけても、この店に来れてよかった♪


豚モモ肉の煮豚も黒豚が使われていて!
ラーメン店で普通に食べている外国産の豚とは、ぜんぜん、肉のうま味が違うし♪


ぼけぼうし-14

このラーメン
まともに利益を出そうとしたら、いくらになるんだろうか🤣

そうして、麺と具を食べ終えたところで
「平打ち麺も食べ比べてみてください。」

そう言って、店主が配膳してきてくれたのは、ざるに入れられた平打ちのひもかわうどんのような麺で
しかし、色は、細麺と同じ黒っぽい挽きぐるみのそばのような麺だった。

ぼけぼうし-15

そこで、まずは、麺だけを、そのまま、箸を手繰っていただくと
ゴツゴツとしたカタめの食感の麺で、食感が、とても面白いし♪

それに、なんと言っても、小麦粉が香る♪
風味豊かな麺なのがいい
😆

これは、濃いめの醤油ダレのつけ汁につけて食べたくなる。
ラーメンのスープにつけて食べてみると


麺が勝ちすぎてしまうかな
ラーメンで食べるなら細麺が正解!

でも、この麺!
味も食感も最高だったし♪


細麺だけでなく、この平打ち麺も食べることができてよかった♪
ご馳走さまでした。




PS 最後に店主に営業日と営業時間について伺うと
「いやあ、そんなものは決めません。」

「好きなときに、好きなものを作って営業しますよ。」
なんて話していて、完全に店主の趣味で営んでいる店であることがわかった
🤣

めっちゃハードルの高い店だけど😓
営業しているかどうかは、電話で確認できるので

行く前に確認して、お出かけになってください。
0297-45-4235


ぼけぼうし-16

メニュー:長崎県産焼あご使用 らーめん…850円/胡麻だれ麦そば…850円

特上牛しゃぶ…9500円/黒豚豚しゃぶ…3500円/牛鍋…2950円
栗おこわ…650円

たこ焼き(8ヶ入)…600円/瀬戸内産たこのやわらか煮…1250円
自家製シロップ氷(ブルーベリー/栗)…800円/氷追加…200円/栗アイスクリーム…390円


ぼけぼうし



関連ランキング:うどん | 守谷駅南守谷駅



好み度:長崎県産焼あご使用 らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2020年7月26日(日)

中華蕎麦 志-1中華蕎麦 志-2

本日のランチは、茨城県ひたちなか市にある2016年7月2日オープンの店『中華蕎麦 』へ!

茨城県の県北にある煮干しラーメンの店!

メニューは、淡麗系の鶏清湯ベースのスープに煮干しを合わせた醤油味の「中華蕎麦」、白醤油味の「白醤油蕎麦」、塩味の「潮蕎麦」!
濃厚系の鶏白湯ベースのスープに大量の煮干しを合わせた「濃厚煮干蕎麦」!


ニボラーなので、オープンを知って、行ってみたい煮干しラーメン店のリストには入れていたけど
行くなら、4月中旬から5月上旬にかけて!

「国営ひたち海浜公園」の「みはらしの丘」を約450万本のネモフィラ青一色に染め上げて!
空と海と丘が一体化した、360度、見渡す限りのブルーの絶景パノラマが広がる時期に行こう!


なんて、思いながら、何年も実現せずに
オープンしてから4年経って、ようやく、訪れることができた😅

ナビを頼りに店のある辺りまでやってきたところ
店が見つからない

おかしいなと思いながら、今度はスマホのナビで検索したところ
今、通り越してきたところのようだったので、車をUターンさせて戻ってみると

「あ、ここだ!」
赤い丸窓のドアの店


いつの間にか屋号が書かれた看板が外されていたので
先ほどは、反対車線にあった店を見過ごしてしまった

そう言えば、宮城県の県南にある『中華蕎麦 會』もそうだけど
『中華蕎麦』が屋号の前に付く店は、何で、看板を掲げないのだろうか!?

店の味をわかってくれているお客さんだけに来て欲しいから、看板なんて必要ないと思っているのだろうか!?
それとも、何かの災害で看板が落ちて、そのまま、修理していないだけか😅

屋号を掲げなくてもいいけど
たとえば、煮干しのオブジェとか!?

何か、その店を特定できるものが飾ってあるといいんだけど
まあ、この店は、赤い丸窓のドアというのが特徴で、それをわかっていたからよかったけど

13時30分過ぎに到着して
しかし、店頭には2台の車が停まっていたので

ハザードランプを点滅させて、車を降りて、入店。
オープンキッチンの厨房にいた店主に駐車場は何処にあるのか尋ねたところ


「店の前に2台停められますけど!?」と言うので…
「2台停まってるんですよ…」と答えると…

「それなら、今日は隣の店が休みだから、停めて大丈夫ですよ。」と言われて…
車を駐車して、再度、入店すると

こんな時間でも、4人のお客さんが入っていた。
券売機の前に立つと


中華蕎麦 志-3

メニューが、以前から大幅に変更されているようで
ここに来るまでは、「中華蕎麦」と「濃厚煮干蕎麦」を連食で食べるつもりだったのに

「中華蕎麦」も「白醤油蕎麦」も「潮蕎麦」も
そして、「濃厚煮干蕎麦」すらもメニュー落ちしていた😓

代わりにあったのは、「煮干そば(醤油)」、「煮干そば(白醤油)」、「煮干そば(しお)」!
これって、「中華蕎麦」、「白醤油蕎麦」、「潮蕎麦」を名称変更したものかな
!?

たぶん、そうだと思うけど
そして、以前はなかった「煮干つけそば」があるし

ただ、淡麗ばかりで、濃厚はないようなので
どうしようか!?

と思ったところに、後客が入店してきた。
順番を譲って、考えてから、食べるメニューをセレクトしようかとも思ったけど


淡麗な「煮干そば」の連食もいいかな!
そうなると、「しお」と「醤油」かな
!?

そして、順番からするすると、「しお」が先だと考えて
「煮干そば(しお)」の食券だけを買い求めると

「どうぞ、こちらへ!」
そう店主から言われて


L字型カウンター7席のうちの店の入口近くにある短辺のカウンター席の1席へと着く前に
食券をカウンターの上に置いて

「今日が初めてなんですけど、塩からでいいですか!?」と店主に聞くと…
「塩が一番、煮干しを感じられるので、おすすめです!」と言われたので、そのまま、お願いすることに!

「しお」にはしたけど、メニューの先頭が「煮干そば(醤油)」になっていたので
もし、「醤油」と言われたら、まず、「煮干そば(醤油)」を食べて

もう一杯食べるとしたら、何を食べるのがおすすめなのか
店主に聞いてみるつもりだった。

そうして、先ほどは、後ろにお客さんが並んだので、写真を撮り損ねた券売機を撮影するため、席を立って、再び、券売機の前にやって来ると
券売機左下に「かけそば」を発見!

2杯目は、これでもいいかな!?
なんて、思っていると、今度は、券売機の上にあった黒板に貼りつけられたメニューが目に飛び込んできた。

中華蕎麦 志-4

そして、ここにあった3つのメニューで気になったのが「気まぐれ替玉」の「ヒヤニボ」というメニュー!
今日は暑くて、もし、「冷やし」メニューがあったら、食べてみたいと思っていた。


ただ、「冷やし煮干そば」が、今日、限定で販売されていて!
それで、この「冷やし煮干油そば」風の「きまぐれ替玉」があるならわかる。


しかし、これだけが「冷やし」というのも
どうなんだろう!?

しかし、「替玉」にしては、400円という価格は高価だし!
「気まぐれ替玉」というくらいだから、もちろん、ただの冷たい替玉なんかじゃない。


何か特別なものがトッピングされていて
きっと、「冷やし煮干油そば」として、単品でも食べられるメニューなんだろうと思ったし♪

これが、スゴく気になったので、店主に
「気まぐれ替玉のヒヤニボは現金ですか!?」と尋ねると…

「ええ、現金精算になります。」と言うので…
百円玉を4枚カウンターの上に置くと

「ラーメンが出た後に好きなタイミングで注文してください。」なんて言うんだけど…
それって、温かいスープのラーメンに冷たい麺を入れて食べるってこと!?

そこで、店主に、その疑問をぶつけると
「そうやって、食べるのもいいですし…」

「冷やし煮干油そばとして、そのまま、食べてもいいですし…」なんて言われて…
「わかりました。」と答えたけど…

でも、この逆パターンだけど、『中華ソバ 伊吹』で「冷やし」を食べたときに、冷たいスープの替玉に温かい替玉を、あえて入れて、食べていた常連のお客さんがいて!
この「ひやあつ」が美味しいと言っていたのを思い出した。


そんなことを考えているうちに
まず、完成した「煮干そば(しお)」が店主によって供された。

中華蕎麦 志-5中華蕎麦 志-6

半分に畳まれて、盛りつけられた豚ロース肉のレアチャーシューと、その上にスライスされたアーリーレッド小ネギが載せられて
ザクッと粗めにカットされたアーリーレッドと普通の玉ねぎ、海苔がトッピングされた彩り鮮やかなラーメン♪

しかし、鶏ガラベースの清湯スープに煮干しを合わせた淡麗な煮干しラーメンが出てくるんだろうと思っていたのに
このダークブラウンの如何にも濃厚そうな

鶏白湯ベースのスープに大量の煮干しを合わせたと思われる濃厚煮干しスープのラーメンが出てくるとは思っていなかったので
ちょっと、驚かされた😮

まずは、このダークブラウンのスープをいただくと
煮干し!煮干し!煮干し!

中華蕎麦 志-7

煮干しがガツンときかされたスープで!
煮干しの構成は背黒メインに、いりこと


煮干しの甘味も感じられるので、この甘味はいりこの甘味だけではなく、鯵煮干しも使われているかもしれないけど
背黒のうま味がよく出たスープで!

背黒のビターさも、よく感じられる
ニボラー好みのスープで♪

見た目からは、ただ、エグニガなだけで、煮干しのうま味が感じられない
ミキサー系と言われる濃厚煮干しスープっぽくも見える

しかし、味は、まったくの別物で!
最高♪


そして、このスープのスゴいところは
煮干しオンリーのアニマルオフのスープだということ!

事前情報では、こちらの店は、淡麗は鶏清湯!
濃厚は鶏白湯ベースと聞いていた。


しかし、このスープからは動物系が感じられなかったので
「このスープ、煮干しだけで作ったスープですか!?」と店主に聞いてみたところ…

「そうです。」
「煮干しだけです。」という答えが、さらっと返ってきたけど


煮干しだけで作った濃厚煮干しスープのラーメンは、札幌や大阪などで、過去に何度か食べたことがあるけど
煮干しだけでは難しい

それに、塩分も強すぎるという印象だったのに
これだけクオリティの高いスープが作れるのはスゴいし♪

大量の煮干しが使われているから、それなりに塩分も高めではあるけど
ただ、他店のスープとは違って、しょっぱくて、飲めないなんてことはなかったし!

それどころか、最後はスープも、すべて飲み干すくらい!
美味しいスープだったので
😋

そして、この純煮干しの濃厚スープに合わされた麺は、切刃22番と思われる中細ストレート麺で
ザクッとしたカタめで、パツッとした歯切れのいい食感の低加水麺は、スープとの相性バツグン!

中華蕎麦 志-8

しかし、アルデンテに茹でられた麺は、かなりカタめで!
少し芯が残っているようにも感じられたので


もう少し
あと、15秒ほど長く茹でてもらえると、よかったんどけど😅

豚ロース肉のレアチャーシューは、火入れが絶妙で!
肉質のいい豚肉が使われているからか
!?

中華蕎麦 志-9

肉のうま味が、よ~く感じられて♪
めちゃめちゃ美味しい
😋

豚肉はロースが一番だと思っていたけど
レアチャーシューには肩ロースを使う店が多くて、ロースは少ない。

コストの問題もあるとは思うけど
ロース肉はレアチャーシューには向かないのかな!?

なんて、思っていたけど
札幌の『Japanese Ramen Noodle Lab Q』で食べて以来、今日は久々に絶品の豚ロース肉のレアチャーシューをいただくことができた♪

そうして、「煮干そば(しお)」が出されて、すぐに、お願いした「ヒヤニボ」は、「煮干そば(しお)」をスープを残して食べ終える寸前に店主より出されたんだけど
これが、なかなかの傑作の「冷やし煮干油そば」だった♪

まず、この「ヒヤニボ」!
追加注文をしたところから驚かされた!


代金400円を回収にきた店主から
「ニンニク入れますか?」

毛色の違うラーメン店で、よく聞く言葉だけど🤣
煮干しラーメンの店で聞かれた記憶はない

それで
「えっ!ニンニクですか!?」と驚きの声を洩らすと…

「ニンニク入れた方が美味しいですよ!」と言われて…
でも、美味しくなるのかもしれないけど、ニンニク入れたら、煮干しの味がわからなくなるんじゃないかと思われるので

言葉に詰まると
「では、小皿に入れて出しますよ!」

機転を利かせてくれた。
ありがとうございます。


そうして、出されたのが「気まぐれ替玉」の「ヒヤニボ」で!
小皿に入れられたのは、すり卸しのニンニク。


中華蕎麦 志-10

豚ロース肉のカットレアチャーシューにバラ海苔、スライスされたアーリーレッド小ネギフライドオニオン煮干し粉がトッピングされた!
所謂「冷やし和え玉」!


中華蕎麦 志-11

まずは、丼の下から麺だけを引っ張り出して食べてみると
えっ!冷やし中華!?

醤油ベースのタレにお酢をきかせて、酸味のあるさっぱりとした、この味わいは、昔ながらの冷やし中華😮
これに煮干し油を合わせることで、煮干し風味の冷やし中華に仕上げてきていた!

具と麺とタレをまぜ合わせてみると
フライドオニオンの風味にバラ海苔の風味!

これに、アーリーレッドの甘味に辛味も加わって、複雑な味わいに!
でも、これが、なかなか、イケてる♪


ここで、麺を残しておいた濃厚煮干しスープにつけて、つけ麺のようにして食べてみると
うーん😑

中華蕎麦 志-12

これは、合わないかも😓
味が複雑になったこともあるけど、このまま、冷たい和え麺として食べる方が正解!

そうして、さらに、店主おすすめのニンニクを投入してみたところ
めっちゃ刺激的でジャンクな味わいに変貌して!

やっぱ、ニンニクのパワーは絶大!
そして、これが、理屈抜きに美味しくて♪


気づくと、丼が空になっていた😅
そして、残ったスープも最後に飲み干して、最後まで美味しく完食😋

情報が古くて、鶏ガラベースの淡麗な煮干しラーメンが食べられる店だと思って来たのに、アニマルオフの煮干しオンリースープの濃厚煮干しラーメンに変容していた。
しかし、これが、今まで食べた同系統のラーメンとは比べ物にならないくらいクオリティが高くて、美味しいラーメンだったのには驚かされたし
😮

さらに、「気まぐれ替玉」の「ヒヤニボ」にも驚かされたし😮
また、この店には、来てみたいな♪

なかなか機会はないかもしれないけど、いつか、また、寄らせてもらいます♪
ご馳走さまでした。




メニュー:煮干そば[醤油]…円/煮干そば[白醤油]…円/煮干そば[しお]…円

煮干つけそば(細麺280g)…880円/つけそば麺増し(+140g)…150円/つけそばスープ増し…200円

油そば(太麺200g)…750円/油そば麺増し(+100g)…100円/油そば専用煮干スープ…100円

ココロブラック(濃いめの醤油にブラックペッパーが効いた煮干そば)…850円
かけそば…650円

刻み玉葱…50円/黒ばら海苔…100円/穂先メンマ…150円/豚ロース1枚(低温調理)…100円

黒板メニュー【限定】
TOM.そんなに冷たくしないで…(トムヤンクン風の冷たい油そば)…800円/~気まぐれ替玉~ヒヤニボ…400円/ココロブラック用味なし替玉…150円


中華蕎麦 志



関連ランキング:ラーメン | 佐和駅勝田駅工機前駅



好み度:煮干そば[しお]star_s45.gif
~気まぐれ替玉~ヒヤニボstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2020年3月30日(月)

中華そば 先崎【参】-1

本日のランチは、水戸市の千波町に2018年2月1日に移転オープンした『中華そば 先崎』へ!

こちらの店は、フレンチやイタリアンの経験のある先崎店主がラーメン好きが高じて、水戸市の酒門町に2015年10月21日に開業!
その後、現在の地へ移転!


オープンして、とても評判のいい店だったので、2016年1月6日に、最寄り駅の水戸駅から45分間も歩いて訪問。
「白トリュフ薫る貝と煮干しそば」と鴨油仕様の「中華そば」をいただいた。


「白トリュフ薫る貝と煮干しそば」は、アサリとハマグリの貝出汁のうま味がよく出たスープで!
背黒と思われる煮干しが後を追いかけてくる感じで!


そして、メニュー名通りの香味油に使われた白トリュフオイルの薫りがとてもよくて♪
また、量も適量で!


あまり、効かせすぎると、白トリュフオイルの強い薫りにスープが引っ張られてしまうところを貝出汁に煮干し出汁が生きるように、上手くコントロールしていて!
バランス感覚が素晴らしかったし♪


そして、「中華そば」は、初動は、鴨油の鴨と醤油のコクとうま味が感じられて♪
先ほどの「白トリュフ薫る貝と煮干しのそば」同様、煮干しは、次に追いかけてくる感じ!


この鴨油と背黒の煮干しがじんわりと感じられる醤油ラーメンは一杯のラーメンとしては、とても美味しい味わいのラーメンといえる
当時のブログを見直すと、こんなことを記していたけど

どちらも、とても洗練されたクオリティの高い一杯で!
特に「白トリュフ薫る貝と煮干しそば」は、めちゃめちゃ好みで♪


絶品の味わいのラーメンだったので😋
近くにあれば、何度も通ったのに

水戸は、何しろ遠いし
その日は、帰りにバス便があることがわかったけど

便数も限られていて、徒歩だと45分も歩かなければならないので
なかなか、再訪できないまま、時だけが過ぎていった

そうしているうちに移転
しかし、その場所も最寄り駅のJR常磐線・偕楽園駅から徒歩29分

ほぼ、車でしか行けない店だったので
今日まで、訪問が遅れてしまった。

しかし、今日は、4月からの転勤先である仙台へ自家用車で向かうので!
その途中に寄っていくことにした。


そうして、ナビに店の住所を入力して、常磐自動車道を疾走して
店へとやって来たのは11時30分過ぎ!

店の裏にある駐車場へと車を滑り込ませていくと
ラッキーなことに一つだけ駐車場が空いていた♪

車を停めて、店頭に戻ると、15人もの行列ができていた。
最後尾に付いて待つ


30分ほど待って、男性スタッフの人から、先に券売機で食券を買うように促されて入店すると
オープンキッチンの厨房には、パリッとコックスコートを纏ったイケメン先崎店主がいたので

「連食してもよろしいでしょうか!?」と聞いてみると…
「お時間掛かってもよろしければ…」と言われたので…

地鶏2種、千葉蛤、真昆布、ブレンド醤油で作ったという「地鶏と蛤の醤油そば」と大量の貝と真鯛のフィメドポワソンだと解説のあった「貝と真鯛そば」の食券を買って
トッピングの「瞬間燻製鴨肉」の食券も購入!

なお、いつもなら、必ずといっていいほど掲載している券売機の画像がないのは
先崎店主がTwitterで、写真は撮ってもいいけど、掲載禁止と書いていたので😑

そうして、外の椅子に座って、待っていると
男性スタッフの人が食券を回収にきて

食券を渡すと
「貝と真鯛そばは、太麺と細麺が選べます。」と言われて…

「地鶏と蛤の醤油そばは、細麺ですよね!?」と聞くと…
「そうです。」ということだったので…

「貝と真鯛そばと地鶏と蛤の醤油そばは、同じ細麺が使われてます!?」と重ねて聞くと…
「同じ麺です。」と言うので…

まったく同じ麺で、2杯のラーメンを食べるよりは、違う麺を試してみたかったので
「では、太麺でお願いします。」と回答すると…

「鴨は、どちらにトッピングしますか!?」と聞かれたので…
「地鶏と蛤の方に!」と答えて、注文決定!

その後、少しして、店内へと館内されて、6席あったカウンター席の1席へと案内されると
直後に先崎店主みずからの手で、「貝と真鯛そば」の太麺ver.が供された

中華そば 先崎【参】-4中華そば 先崎【参】-5

大きな豚肩ロース肉のレアチャーシューが1枚に穂先メンマアーリーレッド三つ葉がトッピングされた
色鮮やかなラーメン♪

まずは、清湯スープなのに濁りのあるスープをいただくと
貝!貝!貝!

思いっきり貝のエキスが出まくったスープで!
しかし、鮮魚の真鯛もしっかりと感じられて


濃密で厚みのあるスープで!
多少、貝に鮮魚の真鯛の癖も感じられるけど


貝のえぐ味や鮮魚の臭みは、それほどでもなく
特に、貝好きにはたまらない味わいのスープと言える♪

なお、貝は、アサリと蛤を合わせたような味わいだったので
「貝はホンビノスですか!?」と先崎店主に聞くと…

「いや、アサリと蛤です。」と答えが返ってきて…
「一期一会さんですよね!?」と聞かれたんだけど…

移転前の店に4年以上も前に一度しか訪問していないというのに
しっかり、顔バレしていた🤣

しかし、ホンビノス貝は、アサリとハマグリを合わせたような味わいにの貝なので、自信を持って聞いたのに
でも、よく、考えてみれば、移転前の店舗でいただいた「白トリュフ薫る貝と煮干しのそば」のスープにもアサリと蛤が使われていたよね😅

麺は平打ちの太縮れ麺で!
おそらく、平打ちの太ストレートの麺を手揉みして縮れを付けたと思われ
るけど…

中華そば 先崎【参】-6

ムチッ!
モチッ!


縮れの強いところと、そうでもないところでは、食感がカタめに感じられたり、やわらかめに感じられたりして、食感の違いを楽しめるのが面白かったし♪
それに、不規則な縮れが付けられているので、スープとも、いい感じに絡んでくれて、美味しくいただくことができたし
😋

大判の豚肩ロースのレアチャーシューは、火入れの加減がバツグンで!
それなりに厚みもあったので、しっかりと、肉のうま味も味わうことができたし♪


中華そば 先崎【参】-7

穂先メンマは、根元の太い部分まで、やわらかくて
穂先部分のシュクシュクとした食感が最高だったし♪

中華そば 先崎【参】-8

アーリーレッド三つ葉は、彩りをよくするためだけじゃなくて
アーリーレッドの甘みとアクセントとしての辛味に三つ葉の風味も、よくスープと合っていたし♪

最後は、スープもすべて飲み干して美味しく完食😋
すると、一杯目のラーメンを食べている途中で

「もう、(二杯目のラーメンを)お作りしてよろしいでしょうか?」と先崎店主から言われて…
1杯目を食べ終わった後に、そうタイムラグなく完成した「地鶏と蛤の醤油そば」が、再び、先崎店主によって供されると

さらに
「これ、(貝の)殻入れに使ってください。」といって、しずく型の小鉢が出された。

中華そば 先崎【参】-9

殻付きの蛤に大判の豚肩ロース肉のレアチャーシュー、トッピングした鴨ロースの燻製レアチャーシュー、笹切りされた長ねぎ、三つ葉がキレイに盛りつけられた
色鮮やかで美しいビジュアルの醤油ラーメン♪

中華そば 先崎【参】-10中華そば 先崎【参】-11

まずは、醤油香るスープをいただくと
地鶏のうま味に昆布のうま味!

さらに、蛤のうま味が口いっぱいに広がるスープで!
これに、生揚げ醤油他の数種類の醤油をブレンドしたカエシをマリアージュさせたスープは、コクがあって、うま味があって最高に美味しい
😋

中華そば 先崎【参】-12

移転前には店舗の入口に「煮干処」という看板を掲げる店だったのに、一杯目の「貝と真鯛そば」もそうだったけど、この二杯目の「地鶏と蛤の醤油そば」も、煮干しを使用していないラーメンで!
しかし、どちらのラーメンのスープも美味しかったし
😋

特に、この二杯目のラーメンのスープは、地鶏出汁のうま味を巧みに抽出していて
蛤出汁のきかせ方のバランスが絶妙で絶品😋

そして、このコクうまのスープに合わせられた麺は、全粒粉が配合された中細ストレート麺で!
つるっと、啜り心地がよくて、のど越しのいい、日本蕎麦のニハそばか七割そばを食べているような食感の中加水麺は、この醤油味のスープとの相性はバツグン!


中華そば 先崎【参】-13

トッピングされた殻付きの蛤は、プリっとした弾力のある食感を楽しめるだけじゃなくて
蛤のうま味も、しっかり残っていて、美味しくいただけたし😋

中華そば 先崎【参】-14

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、火入れの状態もよくて、しっとりとした食感に仕上げられていて!
大判なのに、程よい厚みもあって、肉のうま味がしっかりと感じられる美味しいレアチャーシューだったし
😋

そして、圧巻だったのは、瞬間燻製した鴨ロース
おそらく、フライパンで皮目から焼いた鴨ロースを数分間、燻製して香る付けしたものと思われるけど


中華そば 先崎【参】-17

まず、燻した鴨ロースの香りがとてもよくて♪
それに、ロゼカラーに仕上げた鴨ロースの火入れが絶妙で!


これ以上、レアだと、噛みきれないギリギリのところを狙ってきていて
今まで、ラーメン店で食べてきた鴨ロースのレアチャーシューの中では、『中華そば きなり』の土橋店主の作るものと並んで、最高峰にある逸品♪

めちゃめちゃ好みで♪
これをつまみにワインが欲しくなる
🍷

穂先メンマも、やわらかくて、穂先部分のシュクシュクとした食感がたまらなくよかったし♪
三つ葉の風味も、先ほどの貝と蛤のラーメンよりも、さらに、この醤油味のスープと、よく合っていたし!


そうして、最期は、スープの最後の一滴まで、美味しく飲み干して完食😋
堪能させていただきました。

仙台に行ってしまうので、以前よりも、さらに行きにくくなってしまったけど、絶対に、また、来ます。
ご馳走さまでした。


PS こちら『中華そば 先崎』の隣に4月1日に新たにラーメン店がオープンする。
「呑んで、つまんで、〆のラーメン」というフレーズで!


屋号も『〆一』!
『中華そば 先崎』は水曜日以外は夜営業がなうから、上手く棲み分けができるといいんだけどね


中華そば 先崎【参】-18

メニュー:貝と真鯛そば…880円/地鶏と蛤の醤油そば…890円/芳醇貝出汁SOBA…890円/本日の白湯そば…900円/紀奥山椒白だしそば…850円/鶏と2種煮干そば…850円/シーフォアグラそば…900円

瞬間燻製鴨肉…300円/味玉…100円/バラ海苔…100円

白飯…150円/唐墨茶飯…250円/肉飯…300円
鴨焼き…1000円

【追加注文メニュー(現金精算)】
生醤油と燻製鰯の和えそば…300円/ボンゴレビアンコの和えそば…350円/浅利とクリームハラペーニョソースの和えそば…400円/生たまご…50円


中華そば 先崎



関連ランキング:ラーメン | 水戸駅赤塚駅常陸青柳駅



好み度:貝と真鯛そばstar_s40.gif
地鶏と蛤の醤油そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年5月29日(水)

麺や 虎徹-1

本日のランチは、茨城県の行方(なめかた)市にある2013年12月27日にオープンした『麺や 虎徹』へ!

都心から北東へ約70km。
日本第2位の広さを誇る湖の霞ヶ浦の東岸に位置する


鉄道も高速道路もなく、「陸の孤島」とも呼ばれている行方市。
そんな場所にある店で


ここを訪れた麺友の評価が、とても高かったので
ずっと気になっていた店。

愛車のナビに住所をインプットして出発!
店へとやって来たのは13時13分13秒!


スーパーマーケットの「ベイシア」や「さぬきうどん 天霧(あまぎり)」などと同じ共同駐車場に車を止めて、モノクロの虎の看板が目印の
パッと見、大箱のチェーン店にしか見えない店へと入店しようとすると

麺や 虎徹-3

ファミレス方式のウェイティングボードがあった。
ただし、名前の横には、すべて、チェックマーク️が入っていたので、そのまま入店すると


麺や 虎徹-4

パートのお姉さんが近寄ってきて
「お一人様ですか?」と聞かれて…

「はい!」と言って、頷くと…
「こちらにどうぞ♪」と言われて、12席あるカウンター席の一席へと案内された。

ちなみに、客席は、この他に4人掛けのテーブル席が6卓と2人掛けのテーブル席が1卓あって!
カウンター席12席と合わせると最大収容人数は38人。


外観を見ても、この席数を見ても、これが個人店と疑いたくなるけど…
情報にのると、ラーメンチェーン店の『らーめん むつみ屋 玉造店』の跡地にオープンしたので、そう見えるんだそう

まずは、メニューを見ると
先頭にあったのが、屋号が冠された「虎徹そば」!

麺や 虎徹-5

これは、名古屋コーチン、はかた地鶏で作った地鶏100%スープのラーメン!
さらに、煮干しスープの「豊深煮干しそば」!


地鶏スープに煮干しと国産しじみ出汁をブレンドした「地鶏中華そば」!
それに、行方市産の美明豚の上質な背脂をプラスした「背脂地鶏中華そば」!


計4種類のラーメンがあって!
すべてのラーメンが醤油味と塩味からチョイスできる


この他に、汁なしの「黒どろまぜそば」があって!
「お子様らーめん(醤油・塩)」が用意されていた。


なお、「手作り肉ワンタン」をトッピングしようと思ったんだけど、メニューになく
マジックで消されて見えなくなっているトッピングメニューがあったので、きっと、これだろうと思って、注文を断念。

そこで
「すいません。」

スタッフのお姉さんに声を掛けて
「虎徹そば(醤油)」を注文すると

「細麺と手もみ麺から麺が選べます。」と言われて…
手もみ麺でお願いすることに!

そうして、注文から5分で配膳された「虎徹そば(醤油)」は、豚肩ロース肉の釜焼きチャーシュー豚バラ肉のチャーシュー穂先メンマ
チャーシューの上に青ネギ赤茎のスプラウトが載り、色紙切りされたネギがスープに散りばめられた醤油ラーメン!


麺や 虎徹-6麺や 虎徹-7

まずは、醤油が香るスープをいただくと
地鶏の丸鶏をじっくり炊いて、豊潤なうま味を引き出したといった感じの味わいのスープで美味しい😋

麺や 虎徹-8

カエシには、生しょうゆも使っているとは思われるけど、濃口醤油とのブレンドで
流行りの生揚げ醤油が前面に出たキレッキレな味わいのスープではなく、少し、軽やかな印象。

また、鶏油の量も少なめで
だから、ちょっと、コクがないようにも感じてしまうかもしれない

現在は、兵庫県尼崎市の塚口で『らぁめん矢 ロックンビリースーパーワン』を営む嶋崎さんが源流で、「ミシュラン」のビブグルマンに掲載されている店で出される水と鶏で作ったスープの醤油ラーメンとは違う。
ただ、これはこれで、鶏出汁のうま味で勝負していて、美味しいから、いいとは思うけど!


ただ、このカエシの味わいだったら、鰹のうま味が欲しかったかなと思ったし
この地鶏スープに煮干しとしじみのうま味を加えた「地鶏中華そば」がメニューにあるので、そちらを選択した方がよかったかな

チョイスした手もみ麺は、平打ちの中太麺で
もっと、幅広で太い麺だと思っていたし

麺や 虎徹-9

もっと、よく手もみして、縮れが付けられたものを想像していたのに😔
でも、モッチリとした食感の麺は、コシがあって!

小麦粉のうま味が感じられて!
それに、スープとの一体感も感じられる麺で、とてもよかった♪


そして、圧巻だったのが豚肩ロース肉の釜焼きチャーシュー
表面はカリッと焼き上げられていて、香ばしくて♪


厚みがあって、中はしっとりとしていて
ジューシーな肉のうま味が滲みでてくるチャーシューは絶品😋

麺や 虎徹-10

このチャーシューを食べて!
もっと、食べたかったし!


この「虎徹そば」を食べて、美味しかったら、次に「豊深煮干しそば」を「塩」で「細麺」で食べようと思っていたけど
ちょっと、微妙に感じられたので、お姉さんに「替え玉」とトッピングの「茨城産釜焼きチャーシュー」を追加でお願いすることにした。

豚バラ肉のチャーシューも、釜焼きチャーシューほどではなかったけど、トロトロにやわらかくて
やや、濃いめの味付けなのも好みでよかったし♪

穂先メンマは、やわらかくて
穂先のシュクシュクとした食感が、たまらなくよかったし

麺や 虎徹-11

そうして、麺と具をすべて食べ終えて、少し間があって
替え玉」とトッピングの「茨城産釜焼きチャーシュー」が着丼!

麺や 虎徹-14麺や 虎徹-12

すぐに「替え玉」をスープにダイブさせて「かけラーメン」に!
ただ、見た目が寂しいので、チャーシューを盛りつけて「茨城産釜焼きチャーシューメン」に
(笑)

麺や 虎徹-18麺や 虎徹-17

そうして、全粒粉が配合された中細ストレートの麺をいただくと
少しカタめで、パツッと歯切れのいい、つるパツな食感の麺で

これは「豊深煮干しそば」用に用意された麺なのかな!?
煮干しスープには相性のいい麺だとは思うけど、鶏出汁のスープには!?

でも、この加水率低めの中加水麺は、ギリギリ、合っていないとも言えなかったし
個人的に、この食感は好みだし♪

それに、経験上、こういった煮干しスープに合う低加水麺や加水率低めの中加水の麺で、小麦粉のうま味を感じられる麺は少ないのに
この麺は、しっかりとうま味を感じられるのがいい

釜焼きチャーシューは、先ほどと変わらないクオリティで!
この店に来たら、これをトッピングして食べるのは必須になるかも
😋少し大きい文字

食べ終わって思ったのは、「地鶏中華そば」を「塩」で「手もみ麺」で食べるのがよかったかもってこと!
だから、次回は、それでもいいけど


できれば、麺友が絶賛していた、こちらの店の夏の風物詩として、夏季数量限定で提供されている「薬涼 潮つけそば」を食べることができるといいんだけどね♪
ご馳走さまでした。


麺や 虎徹-19

メニュー:虎徹そば(醤油・塩)…780円/豊深煮干しそば(醤油・塩)…780円/地鶏中華そば(醤油・塩)…800円/背脂地鶏中華そば(醤油・塩)…800円

黒どろまぜそば…800円/お子様らーめん(醤油・塩)…350円

奥久慈卵の味玉…100円/茨城県産釜焼きチャーシュー(3枚)…200円/豚バラチャーシュー(3枚)…200円/つくば鶏チャーシュー(3枚)…100円/特製盛 250円(味玉、チャーシュー1枚、鶏チャーシュー3枚)…250円/穂先メンマ…100円/黒バラのり…150円

麺大盛…100円増し/替え玉…100円

餃子(5個)…280円/W餃子(10個)…530円
香味肉丼…320円/肉マヨ丼…320円/大ライス …200円/中ライス …150円/小ライス …100円


麺や 虎徹



関連ランキング:ラーメン | 行方市その他



好み度:虎徹そば(醤油)star_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m