FC2ブログ
訪問日:2019年6月4日(火)

麺処 こみね【弐】-1

本日のランチは、東京・練馬に昨年の2月28日にオープンした『麺処 こみね』へ!

鮮魚の真鯛で出汁を引いた鯛ラーメンの専門店!
昨年の3月6日に伺って、「真鯛淡麗そば」をいただいた。


これが、鮮魚の真鯛のうま味が口の中に広がって
鮮魚の臭みなど皆無のスープで!

期待以上に美味しい真鯛ラーメンだったし!
ランチタイムは無料でいただける「鯛雑炊」もラーメン以上に美味しかったし♪


ただ、『真鯛らーめん 麺魚』のように、濃厚で突き抜けていた味わいとまではいかなかったので、以来、訪問することもなかった。
しかし、たまたまTwitterを見ていたら、こちらの店の小嶺店主のツイートを見つけて




〈 真鯛 〉練馬麺処こみね
@mendokorokomine


こんにちは!!️麺処こみねです。

いやーしかし暑い、、、

この前来月の限定は「真鯛マリネ風冷やしそば」って言いましたけど

こっちの「鯛出汁昆布水淡麗つけ麺」

と迷ってるんすよ(笑)

夏季限定としてどっちもしばらくやろうか検討してまして

いや、どっちもやる(笑)

#練馬区 #麺処こみね

麺処 こみね【弐】-2

午後3:11 · 2019年5月27日



「鯛出汁昆布水」というワードがスゴく気になった。
「昆布水」に浸かったつけ麺というのも、今ではポピュラーになって、いろいろな店で出されるようになった。


そして、その進化系として「鰹昆布水」や「煮干し昆布水」など、昆布だけではなく、鰹節や煮干し出汁のうま味を入れた昆布水に浸した麺をつけ汁につけていただくつけ麺も登場するようになった。
しかし、鯛昆布水というのは聞いたことなかったし


しかも、こちらの店は鮮魚の鯛出汁のラーメン、つけ麺を出す店なので、使用しているのは、鯛煮干しではなく、鮮魚の鯛出汁だと思われるし!
さらに、画像を見る限り、つけ汁も、見た感じでは鮮魚の鯛を炊いて作ったスープのようで


そんなの食べたことがなかったので!
これが始まったら、食べに行ってみようと思っていたところ


店主が昨日、今日から提供するとツイートしていたので!
提供2日目の今日、練馬まで食べに行くことにした。


西武池袋線と都営大江戸線が交錯する練馬駅に久しぶりにやって来て!
練馬警察の真ん前にあって、ラーメンチェーン店の『福しん』の隣にある店を訪ねたのは、開店から10分後の11時40分。


入店すると
4人掛けのテーブル席にお客さんが2人座って、ラーメンを食べていた

厨房には小嶺店主が一人。
まずは、店を入って、すぐ左にある小型の券売機で食券を購入する。


麺処 こみね【弐】-3

しかし、「鯛出汁昆布水淡麗つけ麺」のボタンがない。
限定麺900円のボタンがあったので、これのような気もしたけど


夏季限定としては、この「鯛出汁昆布水淡麗つけ麺」の他に「真鯛マリネ風冷やしそば」も販売されていて
券売機の脇にPOPが貼られていたけど、どちらにも価格の表記がなかったので

麺処 こみね【弐】-4麺処 こみね【弐】-5

「鯛出汁昆布水淡麗つけ麺」は、どの食券を買えばいいのか!?
小嶺店主に聞いてみると

「限定麺の食券でお願いします。」という予想通りの回答があったので
「限定麺」の食券を買い求めて

さらに、「鯛雑炊」の食券も買おうとすると
オープン直後に訪問したとき同様、今でも、200円する「鯛雑炊」をランチタイムサービスで無料で提供していた♪

厨房前に4席あるカウンター席の1席へとついて
「限定麺」の食券をカウンターの上に置きながら

「麺は何グラムあるんですか?」と聞くと…
「細麺だから、そんなにないよ。」という答えがあったんだけど…

これでは、何グラムなのかわからないので😧
「150gですか!?」と言うと…

「いや、もう少しあるけど…」なんて言うので…
おそらく、160gぐらいだろうと考えて

100円玉を食券の上に重ねて
「では、大盛でお願いします。」と言うと…

「大盛にもできますけど、こっちの替え玉がおすすめです。」と言われて、POPを見ると
面白そうな変わり替え玉が5種類もあって!

これが150円という
超リーズナブルな価格で販売されていたので、これのどれかをあとでお願いすることにして

麺処 こみね【弐】-6

「では、鯛雑炊付けていただけますか?」
「替え玉は、どれにするかあとで決めます。」と言って、とりあえず、オーダーが決まった


すると、さっそく、つけ麺作りに入る小嶺店主!
スープを雪平鍋に移して、ガス台の火にかけていくと


茹で麺機のテボの中に麺を1玉投入して、茹で始めると、すぐにタイマーをセット。
そうして、2分30秒後に鳴り始めたタイマーを止めて


冷水で麺を〆て!
キレイに麺が盛りつけられて!


そうして、完成した「鯛出汁昆布水淡麗つけ麺」が、まず、出されると
すぐに、「鯛雑炊」も出された♪

麺処 こみね【弐】-7麺処 こみね【弐】-8

鯛昆布水に浸された麺の上に、おぼろ昆布と岩海苔、豚バラ肉のロールチャーシューがトッピングされて
つけ汁には、鯛の解し身、柚子、刻みネギが入るつけ麺!

麺処 こみね【弐】-9麺処 こみね【弐】-10麺処 こみね【弐】-11

まずは、中細ストレートの麺だけを箸で手繰って、いただくと
つるっとした食感の啜り心地のいい麺で!

麺処 こみね【弐】-12

のど越しのよさもあって!
そして、鮮魚の鯛出汁と昆布出汁のうま味を纏っていて


これだけでも、十分、美味しくいただける😋
そして、おぼろ昆布といっしょにいただいても

岩海苔といっしょにいただいても
どちらも、この鯛昆布水の味わいとよく合っていて、とても美味しかったし😋

次に、ちょっと、歪な形状の
でも、キチンとデザインされた器に入った

「淡麗真鯛そば」ベースのはずなのに、濁りがあって、トロミがあるように見えるつけ汁に…
麺を、さっと潜らせて、いただいてみると

麺処 こみね【弐】-13麺処 こみね【弐】-14

鮮魚の真鯛のうま味が口の中に広がるつけ汁で!
オープン直後にいただいた「淡麗真鯛そば」同様、鮮魚の臭みなど皆無で、めっちゃ美味しい
😋

そして、つけ汁はドゥルンドゥルンに粘るつけ汁で!
これは、水出ししてネバネバなガゴメ昆布水を温めて、淡麗真鯛スープと合わせたからじゃないかと思ったので


小嶺店主に確認すると
これがビンゴで!

小嶺店主によると
鯛の風味が損なわれないで、麺が絡むようにガゴメ昆布を使ったと話していたけど

ガゴメ昆布を温かいスープに使ったというのは、以前に大阪の八尾市にある『麺や 一想』で、「濃厚」ではなく「濃昆」な「濃昆鶏白湯」ラーメンを食べて以来かな
でも、これ、とてもいいアイデアだと思うし♪

それに、小嶺店主が言うように、いい感じでつけ汁に絡んでくれて!
最高に美味しく食べさせてくれたし
😋

豚バラ肉のロールチャーシューは、特別なものではなかったけど、美味しいチャーシューで!
脂身が少ないのもよかったし♪


麺処 こみね【弐】-15

そうして、食べ進めていると
ちょっと、麺の量が少なめに感じられたので

5種類の「替え玉」の中から「鯛の身替え玉」を追加注文!
すると、先ほどは2分30秒も茹でられた麺が、今回は、その半分ほどの時間で茹でられて


そして、供された「鯛の身替え玉」の麺は、先ほどとは違って、冷たく〆た麺ではなく、「あつもり」で提供されて
これを、つけ汁につけて、食べてみると…

麺処 こみね【弐】-16麺処 こみね【弐】-17

先ほどは、つるっとした食感の麺だったのに
今回は、ザクッとしたカタめの食感の麺で!

見た目からは、まったく同じ麺のはずなのに、茹で時間の違いと、冷水で〆た冷たい麺と「あつもり」食感の違いの違いで
まったく違う麺を食べているようだったのはよかった♪

それに、この「鯛の身替え玉」!
鯛の解し身がいっぱい載せられていて、これで150円というのは、めっちゃコスパ高いよね♪


そして、麺を食べ終わると
まだ、この鯛の解し身が残っていたので、「鯛雑炊」の上に載せて、残ったつけ汁を掛けて、文字通り、「鯛雑炊」にしていただいたんだけど

麺処 こみね【弐】-18麺処 こみね【弐】-19

この「鯛雑炊」!
小嶺店主によると、最近、ただのご飯じゃつまらないと考えて、鯛の解し身を入れて炊く「鯛の炊き込みご飯」に変更したそうで!


そのまま、食べても美味しいと言うので!
まず、スープのかかってないところを食べてから、残りを雑炊にして、いただいたんだけど


「鯛の炊き込みご飯」として食べても、つけ汁を掛けて「鯛雑炊」としていただいても、どちらも、めっちゃ美味しくて♪
これが、開店から14時までのランチタイム限定とはいえ、無料で提供されるというのは、ちょっと、サービスよすぎじゃないですか
😊

大満足で完食♪
次回は、もう一つ「夏季限定」として、昨日から提供されている「冷たい鯛雑炊」がセットになった「真鯛マリネ風冷やしそば」か
!?

でも、限定以外にも、濃高度も鯛感も2倍だという「真鯛超濃厚そば」なんてレギュラーメニューもあったし!
5種類あった「替え玉」の残りも気になるし!


POPにあったカラフルな水餃子も食べてみたいので、近いうちに、また、食べに来ないとね♪
ご馳走さまでした。


麺処 こみね【弐】-20

メニュー:真鯛濃厚そば…800円/真鯛濃厚味玉…900円/真鯛濃厚チャーシュー…1100円/真鯛濃厚特製…1050円
真鯛淡麗そば…780円/真鯛淡麗味玉…880円/真鯛淡麗チャーシュー…1080円/真鯛淡麗特製…1000円

真鯛超濃厚そば…950円

真鯛濃厚つけそば…950円/真鯛濃厚特製つけそば…1200円
濃厚鯛辛つけそば…980円/鯛出汁あさりそば…880円

トマまぜそばト…850円/チーズ明太まぜそば…900円/鯛one混ぜそば…950円
トマトつけそば…950円/トマト特製つけそば…1200円/真鯛トマトそば…880円

【夏季限定】真鯛マリネ風冷やしそば(冷やし鯛飯つき)…900円/鯛出汁昆布水淡麗つけ麺…900円
トッピングor麺大盛り…100円/替え玉…150円

TTKG…円/明太ご飯…300円
鯛雑炊…無料ライス…無料


麺処 こみね



関連ランキング:ラーメン | 練馬駅桜台駅豊島園駅



好み度:鯛出汁昆布水淡麗つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年11月22日(木)

【新店】鴨らーめん DEUX-1

本日のランチは東京・練馬に11月19日にオープンした『鴨らーめん DEUX』へ!

こちらの店は、富山県のご当地ラーメン「富山ブラック」の元祖である『西町大喜』が手掛ける別ブランドの「鴨らーめん」店で!
『西町大喜』初の東京進出店でもあるという情報で!


あの、めっちゃ、しょっぱいスープを、あえて、わざと提供している『西町大喜』が東京進出って!?
しかも、提供されるのが「鴨らーめん」って

マジで(゚Д゚≡゚Д゚)゙?
ラーメンイベントやデパートの催事にしょっちゅう出ている『麺家 いろは』の間違いなんじゃない!?

情報を聞いても、ちょっと、信じがたかったし
それに、私自身、鴨出汁のスープに鴨ロースのチャーシューが載せられたラーメンは目がない人なので♪

噂の真相を確かめるのと
「鴨らーめん」の味を確かめるために行ってみることにした♪

そうして、西武池袋線に乗って、やってきました練馬駅!
駅中央口とは反対側の西口の改札を出て、階段を下りたら右へ


【新店】鴨らーめん DEUX-2【新店】鴨らーめん DEUX-3

そうして、道の左側に見えるファミマまで歩いていくと
すぐ、手前に左に折れる小路があって、店は、この小路の右側にあるんだけど

【新店】鴨らーめん DEUX-4

黄緑色の看板に黒い文字で「鴨らーめん」と書いてあって、文字が見にくいので
その下にある「ハヤシライス チャコル」の看板が目印になるかも!

【新店】鴨らーめん DEUX-5

というわけで、11時40分になる時刻に入店すると
まさかのノーゲスト

そうして、まずは、入って、すぐ、左の壁際に設置されていた大型の券売機で食券を購入する。
メニューは、「鴨らーめん」に「鴨チャーシューめん」の2択!


【新店】鴨らーめん DEUX-6

麺の量の違いで、「並」、「中」、「大」があるだけ。
ちなみに麺量は、「並」140g、「中」210g、「大」280g。


他に「鴨皿」と「ライス」の「小」、「中」で
単品トッピングもなし。

なお、「鴨らーめん」に「鴨チャーシューめん」の違いは、厨房に1人いた店長によると
鴨チャーシューの量が5枚か10枚かの違いということで

「鴨皿」は、お皿に鴨チャーシューが5枚載るということだったので
「鴨チャーシューめん」ではなく、「鴨らーめん」と「鴨皿」の食券を買って席へ!

すると、私のすぐ後に入店してきたお客さんの「鴨らーめん」とともに、ラーメンを2個作りし始める店長!
そうして、茹で麺機の2基のテボの中に麺を1玉ずつ入れて、タイマーをセット!


1分20秒後に鳴ったタイマーを止めると、静かに湯切りして、スープの張られたラーメン丼に入れていって
最後に、トッピングの具を丁重に盛りつけて完成した「鴨らーめん」が、まず、「鴨皿」とともに私に供された。

【新店】鴨らーめん DEUX-7【新店】鴨らーめん DEUX-8

よかったのは、完成したラーメンをカウンターの上にポンと置くのではなく
カウンター越しに手を伸ばして、手元まで配膳してくれたこと。

これは、お客さんに熱々のラーメン丼を触わらせないための配慮からだけど
小さいことだけど、こういう細かい気遣いがいい♪

鴨ロースのレアチャーシューが5枚と鴨つくねが2個に、鴨とはバツグンに相性のいい焼きネギと刻みネギがトッピングされて
切り立った丼をスパッと斜めに切ったようなデザインされた丼に盛りつけられた美しいビジュアルのラーメン♪

【新店】鴨らーめん DEUX-9【新店】鴨らーめん DEUX-10【新店】鴨らーめん DEUX-11

まずは、もっと豪華に見えるように、別皿にトッピングされた鴨ロースのレアチャーシューをラーメンに載せて
鴨チャーシューめん」にして記念撮影♪

【新店】鴨らーめん DEUX-12

そうしたら、ピンク色した鴨ロースのレアチャーシューが熱々のスープで変色してしまわないように…
すぐに、すべての鴨ロースのレアチャーシューを別皿へと移して…

【新店】鴨らーめん DEUX-13

薄口醤油と濃口醤油をブレンドしたような色合いの
琥珀色したスープをいただくと

【新店】鴨らーめん DEUX-14

鴨もいるけど鶏もいる!?
さらに、昆布や鰹のうま味も感じられて

イメージ的には、鶏清湯魚介スープの「中華そば」に鴨脂を浮かべたような味わいに感じられる。
ただ、飲み進めるうちに、鴨出汁のうま味に甘味も感じられたので


鴨は脂だけではなく、鴨ガラを使って出汁をとっていることはわかったけど
そこで

「このスープ、鴨以外に鶏も使ってますよね!?」
ズバリ店長に聞いてみたところ


鴨だけじゃなく鶏も使っていると話し
鶏を使う理由も話してくれたけど

「鴨らーめん」を謳うからには、鴨だけでスープを作って欲しかったかな(-"-;A ...アセアセ
ただ、鴨の癖やワイルドさのない、飲みやすいスープで!

カエシともよく合っていて!
とても美味しいスープだとは思ったけどね♪


麺は、全粒粉入りの太くも細くもない中庸な太さのストレート麺が合わせられていて
これが、とても変わった食感の麺で

【新店】鴨らーめん DEUX-15

つるっ!
ボソッ


最初は、芯まで茹で上がってないのかと思って、麺の断面を見ると、別に芯が残っているわけでもなかったし
以前に、こんな食感の麺を食べたことあるな!?

なんて思っていたところ
思い出した!

それは、信州で蕎麦打ち教室に参加したときに作った
そば粉と小麦粉を5対5でブレンドして作った麺!

素人だと、小麦粉の量を多くしないと、蕎麦が纏まらないために、この配合で打たされたんだけど
このときに食べた二八蕎麦ならぬ、「五五蕎麦」の蕎麦の食感が、こんな感じだった。

でも、なぜ、こんな中途半端な食感にしたのだろう!?
普通に、もっと、蕎麦っぽい食感の麺は作れるはずなのに

鴨ロースのレアチャーシューは、できれば、もう少し、レア感が欲しかったけど
でも、鴨肉のうま味が中に閉じ込められた美味しいチャーシューでよかった♪

【新店】鴨らーめん DEUX-16

そして、麺を食べ終わったとろで、途中で追加注文した「ライス(小)」に鴨、鴨つくね、焼きネギを載せて
スープを掛けて「セルフ鴨雑炊」にしていただくと

【新店】鴨らーめん DEUX-17【新店】鴨らーめん DEUX-18【新店】鴨らーめん DEUX-19

これ、ラーメン以上に美味しいかも(-"-;A ...アセアセ
というわけで、最後まで美味しく完食♪

「鴨らーめん」ということで、過度に鴨を期待してしまうと、肩透かしを食らうかもしれないけど
ラーメンのスープは、とても美味しい一杯だと思うし♪

「セルフ鴨雑炊」も、めっちゃ、おすすめです♪
ご馳走さまでした。


【新店】鴨らーめん DEUX-20【新店】鴨らーめん DEUX-21

メニュー:鴨らーめん
並…900円/中…1000円/大…1100円

鴨チャーシューめん
並…1200円/中…1300円/大…1400円

鴨皿…300円

ライス(小)…100円/ライス(中)…200円


ドゥ



関連ランキング:ラーメン | 練馬駅豊島園駅桜台駅



好み度:鴨らーめん+鴨皿star_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年3月6日(火)

【新店】中華そば ます田-1

本日は練馬でランチ!

まず、2月28日オープンの新店『麺処 こみね』で「真鯛淡麗そば」とランチタイムサービスの「鯛雑炊」をいただいて…
次に向かったのが3月3日オープンの新店『中華そば ます田』!


こちらの店は、新宿と中野に店を構える『煮干し中華そば 鈴蘭』のセカンドブランドの店で、新宿三丁目の丸井本館裏の路地にある『らぁ麺 はやし田』のスキンヘッド店長の古くからの友人の方が開業する店のようで
「地養丸鶏と最高級羅臼昆布を使った究極の鶏醤油そば」を食べさせてくれる店という情報だったけど

【新店】中華そば ます田-2

『らぁ麺 はやし田』は、「大山どり」と鴨!
こちらは「地養鶏」!


どちらも、地鶏は使ってはいないものの、銘柄鶏を使って出汁をとったスープのラーメンを提供するというのが共通点!
それに、「はやし田」に「ます田」という屋号も似ているし
(笑)

『はやし田』では、鴨が使われているとはいっても、私のバカ舌では鴨がいたのか、わからないくらいだったので
もしかして、新宿三丁目の味を練馬でも!?

なんて感じなのかな
それとも、ぜんぜん別とか!?

果たして、どんな味わいのラーメンを提供してくれるのか!?
興味津々で店へ♪

そうして、練馬駅南口から徒歩2分ほどの千川通り沿いにあって、隣が家系ラーメンのチェーン店というロケーションションの店へとやってきたのは午後の2時過ぎ!
入店すると、こんな時間だというのに、結構、お客さんが入っている♪


そして、まずは、券売機で食券購入する。
麺メニューは、「中華そば」、「つけ麺」の2本立てで!


「味玉」入りに、「特製」のトッピングバージョンという品揃え。
さらに、「煮干そば」のボタンもできていたけど、こちらは、近日発売予定。


【新店】中華そば ます田-3

デフォの「中華そば」の食券を買い求めると
女性スタッフの人が食券を回収にきて

「奥の席へどうぞ♪」と言われて
厨房の前に一直線に並ぶカウンター席の一番奥の席へ!

厨房には『はやし田』同様、コックスコート姿の男性スタッフが3人!
そして、店の奥にもコックコート姿の男性がいて!


この人は、タウンワークのアルバイト・バイトの募集広告に写真が載っていた増田店長!
そこで


【新店】中華そば ます田-4

「増田さんですよね?」と話しかけて…
鈴蘭の元店長で、その後に、イタリアンの店に行った塚本さんに、『麺尊 RAGE』の廣田さん、『はやし田』のスキンヘッド店長の名をあげると

塚本さんは昨日まで手伝いに来てくれたと話し!
廣田さんは、もう独立されていたので知らない。


スキンヘッド店長は、本名をあげて
彼は友人で、『はやし田』の厨房にも入っていたと話していたので

独立店なのか、系列店なのかはわからないけど
やはり、『鈴蘭』に『はやし田』を経営する会社と関係があることはわかった(笑)

そうしているうちに、完成した「中華そば」が着丼!
豚肩ロースのレアチャーシュー太メンマカイワレ、白髪ネギがトッピングされた、流行りのネオクラシックな醤油ラーメンという感じのラーメン♪


【新店】中華そば ます田-5【新店】中華そば ます田-6

まずは、スープをいただくと
熱々のスープで!

【新店】中華そば ます田-7

香味油に使われていたのは鶏油で!
ラードが使われていたわけではないけど


これだけ熱いと、鶏のうま味も弱く感じられてしまうので
ここまで熱くする必要はないような

フーフーとスープに息を吹き掛けて、飲み進めていくうちに、地養鶏の丸鶏から抽出された豊潤な鶏のうま味も感じられるようになって♪
昆布のうま味も感じられるようになった。


さらに、最後に残しておいたスープを飲んだときには、いい鶏の香りもして♪
地養鶏って、ブロイラーとは違って、しっかりと鶏が香るんだなということがわかったので!


やっぱり、スープは、最初から、これほど熱すぎない方がいい!
それと、スープは、なかなかいい出汁出してて、よかったと思うけど♪


カエシが惜しかったかな
このカエシの味わいは、『鈴蘭 新宿店』で、5周年限定の「名古屋コーチン鶏そば」を食べたときの味に似ている…

もしかして、カエシは、『鈴蘭 新宿店』のレシピ!?
そうじゃないかもしれないけど、そう思ってしまうような味わいに感じられたし

これは、『麺尊 RAGE』っぽくも感じられた『はやし田』のカエシの方が数段美味しく感じられたので!
カエシは絶対、見直した方がいいように思えた


そうすれば
それだけで、このスープはワンランクどころか、ツーランクアップするスープになると思われるので♪

麺は、『はやし田』と同じ菅野製麺所の全粒粉が配合された麺が使われていたけど
一回り細目かな!?

『はやし田』は、切刃20番の太くも細くもない中庸な太さのストレート麺だったのに対して
こちらは、鶏清湯スープには定番の切刃22番の中細ストレート麺が合わせられていて

【新店】中華そば ます田-8【新店】中華そば ます田-9

つるしこな食感の二八そば的な食感の麺で!
加水率は33%くらいか


加水率低めの中加水麺で!
啜り心地がよくて!


のど越しのいい麺で!
スープとの相性もいい♪


ただ、つるっとして、もちっとした食感の『はやし田』の麺とは、太さだけでなく、食感も違うので!
麺帯は同じで、切刃だけ変えただけの麺ではなかった。


というわけで、スープも麺も、『はやし田』とは違うラーメンだった!
スープの味も、麺の食感の違いも好みの問題だとは思うけど


『はやし田』は、すでに完成した味わいという感じがしたのに
まだ、こちらのスープは

正確に言えば、カエシは発展途上だと思うので!
ただ、しつこいようだけど、カエシが変わるだけで、見違える味わいになると思われるので、ぜひ、ご一考いただければと思う。


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、『鈴蘭』ほど薄くはなかったけど
『はやし田』のように厚くないので

着丼して、すぐに食べなかったら、スープが熱々なこともあったけど、すぐに色が変わってしまって
味も食感も、もう一つだったかな

【新店】中華そば ます田-10

2枚を1枚にして
厚みのあるチャーシューにしてもらったら

この問題も解消されると思うので!
これも実施してもらえるといいと思うんだけど


太メンマは、外はコリッ!
中はサクッ!


食感がバツグンによくて!
好みのメンマでよかった♪


【新店】中華そば ます田-11

結構、言いたい放題書いてきたけど(汗)
このラーメンは、少し弄れば、大化けする可能性のある一杯に思えたので

また、しばらくしたら、伺います!
ご馳走さまでした。


【新店】中華そば ます田-12【新店】中華そば ます田-13

メニュー:中華そば…750円/味玉中華そば…850円/特製中華そば…850円
替え玉…100円

つけ麺…800円/味玉つけ麺…800円/特製つけ麺…800円
各つけ麺大盛…100円増し

トッピング
チャーシュー…200円/味玉…100円/メンマ…100円

炊き込みご飯…200円


ます田ラーメン / 練馬駅桜台駅豊島園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



好み度:中華そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年3月6日(火)

【新店】麺処 こみね-1

本日のランチに向かったのは、東京・練馬に2月28日にオープンした新店の『麺処 こみね』!

こちらの店は、鮮魚の真鯛で出汁を引いた鯛ラーメンの専門店で!
『真鯛らーめん 麺魚』がブレイクして、東京はもとより、埼玉でも、神奈川でも、大阪でも鮮魚の真鯛のアラを使って作るスープの鯛ラーメンを出す店が、あちこちで誕生している。


中には、どこに鯛がいるの!?
鯛の香りも、うま味も弱いスープのラーメンにも出会ってしまったし(>_<)

スープに鮮魚の臭みが出てしまっているラーメンもあって(T_T)
なかなか、『麺魚』の牙城を揺るがすような店は現れてはいない

でも、麺魚とはまた、違ったアプローチの鯛ラーメンを食べさせてくれる店も出てきているし♪
こちらの鯛ラーメンの新店では、果たして、どんな味わいの鯛ラーメンを食べさせてくれるのだろうか
!?

というわけで、西武池袋線と都営大江戸線が交錯する練馬駅に久しぶりにやって来て!
練馬警察の真ん前にあって、チェーン店の『福しんラーメン』の隣のラーメン店を訪ねたのは、午後の1時40分。


午前中は忙しくて
午後も、練馬で一仕事して、ようやく、お昼にありつくことができた

入店すると
厨房と対面するカウンター席が4席に

2人掛けのテーブル席が2卓と4人掛けのテーブル席が1卓の
コンパクトながら最大12人を収容できる店で!

テーブル席に4人ほどのお客さんがいて、ラーメンを食べていた。
そして、私が入店した直後にも1人!


さらに、1人!
帰りがけには3人が入店してきて、こんな、お昼ご飯にしては遅い時間なのに、結構、お客さんが入っている♪


まずは、入口を入って、すぐ左にあった券売機で食券を購入する。
主な麺メニューは、「真鯛濃厚そば」800円、「真鯛淡麗そば」780円、「真鯛まぜそば」800円、「真鯛つけそば」900円!


【新店】麺処 こみね-2

券売機最上段が「真鯛濃厚そば」で!
情報からも「真鯛濃厚そば」が店のおすすめのようだったけど


この中から、私が選んだのは「真鯛淡麗そば」!
まず、真鯛のうま味がダイレクトに味わえると思ったのと


この後、近くに3月3日にオープンした新店の『中華そば ます田』で連食していく予定で!
『中華そば ます田』は、鶏出汁の淡麗な清湯スープの「中華そば」を出す店のなので!


濃厚な白湯スープのラーメンの後に、淡麗な清湯スープのラーメンというわけにもいかないし(汗)
鯛清湯スープの塩味のラーメンと鶏清湯スープの醤油味のラーメンだったら、鯛の方を先に食べた方がいいかなと思ったので

食券を買うと、かわいいスタッフの女子が近づいてきて、食券を受けとると
「こちらの席へどうぞ♪」と言って、カウンター席の1席へと案内してくれて

「鯛雑炊またはライスを無料でお付けすることができます。」と言われて…
普通は、連食するので、丁重にお断りするところだけど

鯛ラーメンに鯛雑炊は鉄板の組み合わせなので♪
「では、鯛雑炊でお願いします。」と即答していた
(笑)

しかし、ランチタイムのオープンから14時までは、麺メニュー注文で、「鯛雑炊」または「ライス」が無料になるサービスが実施されていて!
「鯛雑炊」は通常だと200円するらしいので、これは、めっちゃ嬉しいサービス♪


厨房には男性スタッフの人が1人でラーメンを作っていて!
ホールにはスタッフの女子♪


さらに、外で電話していた男性スタッフが、後から戻ってきて
ただ、その後、すぐに買い物に出たので

お昼のピークタイムは3人体制なのかな!?
なお、店内には、『麺魚』のような鯛のオブジェは飾られてはいなかったけど

鯛を描いたイラストが貼られていて
その一枚の絵に「小嶺」というサインがされていたので!

【新店】麺処 こみね-3【新店】麺処 こみね-4

厨房の男性スタッフに
「小嶺さんて、おっしゃるんですね。」

「屋号はお名前から付けられたんですね!」と聞いてみたところ…
「これは、オーナーの名前です。」と話してくれた。

そして、この男性スタッフの人は、とてもフレンドリーな人で
いろいろと話しを聞かせてくれて!

愛媛県出身の彼は、幼いころから「鯛飯」を食べていて!
鯛の味には慣れ親しんでいるそうで


しかし、『麺魚』ではない、都内の真鯛ラーメンの店で食べたところ
ぜんぜん、鯛が弱くて

それではと、故郷の愛媛の真鯛のアラを使ったラーメンを出すことになったみたいで!
他に、家系ラーメンに煮干しラーメンも作れるなんて話していたけど


こんな彼が作る「真鯛淡麗そば」が、話しをしているうちに完成して!
直接出されるかと思ったら


先ほどのスタッフの女子が手元まで配膳してくれて
さらに、間髪入れずに、「鯛雑炊」も彼女が運んできてくれた♪

【新店】麺処 こみね-5

大判のチャーシューが1枚に穂先メンマ、岩海苔、水菜青ネギと、花麩が雑然と盛りつけられたラーメン!
麺も箸で整えることなく、だら~っとしているのが、もったいない


【新店】麺処 こみね-6【新店】麺処 こみね-7

これで、麺を箸で、ちょっとならすだけでも
具だって、もう少しだけ丁重に置くだけでも、印象は変わってくるのに

まずは、濁りのある黄金色したスープをいただくと
真鯛!真鯛!真鯛!

鮮魚の真鯛のうま味が口の中に広がるスープで♪
鮮魚の臭みなど皆無!


新店ハンターの人たちが、店おすすめの「真鯛濃厚そば」を食べて
鯛があまり感じられないなんてレポをしていたので

「淡麗」はどうなんだろうと思っていた。
でも、これなら大丈夫♪


じゅうぶん、真鯛のうま味が抽出されている♪
きっと、「濃厚」は、ベースの鶏白湯スープが強すぎて、この真鯛のうま味をマスキングしてしまったんだろうね


スープは、「濃厚」とは違って、アニマルオフのスープのようで
真鯛のうま味の他に鰹と昆布出汁のうま味!

さらに、塩味なのに、椎茸のうま味も感じられて
椎茸は、使い方を間違えると、えぐ味を感じることもあるのに、しっかり、グアニル酸のうま味が重ねられているのがよかったし

そして、家系ラーメンの大橋製麺製の麺が使われていると先人のレポにあった麺は
太くも細くもない中庸な太さのストレート麺で

【新店】麺処 こみね-8

噛むと、ムチッ、モチッ
やや、カタめの食感に感じられる麺で!

でも、弾力があって、コシのある、この麺の食感は嫌いじゃない。
それに、少しトロミを感じるスープと、いい感じに絡んでくれたのもよかった♪


提供される前にバーナーで炙られたチャーシューは、香ばしくて♪
肉のうま味を感じられる美味しいチャーシューでよかったし♪


【新店】麺処 こみね-9

穂先メンマのシュクシュクとした食感もよかったし♪
岩海苔の磯の香も、シャリシャリとした食感もよかったし♪


そうして、麺を食べ終わって
残ったスープを「鯛雑炊」に掛けて

【新店】麺処 こみね-10【新店】麺処 こみね-11

さらに、山葵を溶いていただくと
間違いない美味しさで!

これ、もしかしたらラーメン以上に美味しいかも(笑)
炙った鯛の解し身が入れられていたのもよかったし♪

これをランチタイム限定とはいえ、無料でいただけるのは、めちゃめちゃ嬉しいし( 〃▽〃)
めっちゃコスパ高いよね♪

期待以上の美味しい鯛スープだったし!
「鯛雑炊」も美味しくて、大満足で完食♪


次回は「真鯛濃厚そば」を食べに来ようかな♪
ご馳走さまでした。


【新店】麺処 こみね-12

メニュー:真鯛濃厚そば…800円/真鯛濃厚味玉…900円/真鯛濃厚チャーシュー…1050円/真鯛濃厚特製そば…1020円

真鯛淡麗そば…780円/真鯛淡麗味玉…880円/真鯛淡麗チャーシュー…1030円/真鯛淡麗特製そば…1000円

真鯛まぜそば…800円/真鯛特製まぜそば…1000円
真鯛つけそば…900円/真鯛特製つけそば…1150円

炙りネギチャ丼…350円
(OPEN~14:00)鯛雑炊 or ライス…無料

麺大盛…100円/味玉…100円/チャーシュー…250円


麺処 こみねラーメン / 練馬駅桜台駅豊島園駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:真鯛淡麗そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年2月9日(金)

ラーメン屋ジョン【弐】-1

本日のランチは、本日2月9日から「醤油ラーメン」の販売を開始する『ラーメン屋ジョン』へ!

こちらの店は、ベトナム人のジョン店主が、西武新宿線沿線の武蔵関駅近くに、昨年の11月10日にオープンした店!

ジョン店主は『麺処 ほん田』出身で!
昨年の11月22日に、すーさんこと鈴木店主が三鷹に11月19日にオープンさせた『鶏こく中華そば すず喜』に行った帰りの三鷹駅で、偶然に会った『麺処 ほん田』の裕樹店主の話しでは


「ジョンは、東京駅の店と本店を手伝ってもらって、夏海nijiにもいました。」
「彼は、ベトナム人で、今回の出店で、失敗するわけにはいかないと心配していたので、応援してやってください。」
なんて話していて…

「『ほん田』公認なんですか!?」の問いには…
「公認はできないですけど、出身は名乗っても構いません。」と話していた。

『麺処 ほん田』出身でラーメン店を開業した店主は、かなりの数に上る。
そして、公認、非公認にかかわらず美味しい店も多く!


「ミシュラン」のビブグルマンに掲載されている店も出てきているし!
行列店の仲間入りを果たしている店もある。


そんな中、ジョン店主の作るラーメンはどうかというと
親鶏と昆布と煮干しで出汁をとった「塩ラーメン」も、5種類の煮干し出汁スープの「煮干ラーメン」も、どちらも、かなり美味しいラーメンだったし♪

食べログの2月1日現在の評価も3.58と高め!
さて、開店から3ヶ月遅れで、満を持して発売に漕ぎ着けた「醤油ラーメン」によって、この評価が上がるのか、下がるのか
!?

事前に聞いた情報では、新進気鋭の某人気店の店主から手ほどきを受けたらしく
この店をリスペクトした醤油ラーメンになっていれば

評価は鰻登りで、食べログのラーメン百名店入りは確実だと思うんだけど
というわけで、楽しみに店へと向かった♪

そうして、西武新宿線の武蔵関駅北口の階段を下りて、右に出て、徒歩1分強の店の前へとやってきたのは、前回の訪問と同じ11時25分。
すると、暖簾が掛けられて、すでに営業しているようだったので、入口を入っていくと


ジョン店主が厨房で開店準備をしていたので
「ごめん、まだ、オープンしてなかったんだね(^_^;」と言うと…

「お久しぶりです。」
「大丈夫。」

「今、店、開けますから…」
そう言うと、厨房から出てきて、入口の引戸を空けると「営業中」と書かれた立て札を掛けて、定刻より早めにオープンしてくれた♪


まずは、2階に上がる階段のところに設置された券売機で食券を買うんだけど
ボタンはオープンのときと同じ。

ただ、最上段にある「醤油ラーメン」、「味玉醤油ラーメン」、「特製醤油ラーメン」のボタンに売り切れを示す×マークはなく、点灯していた。
ジョン店主手書きの「特製おすすめ」の貼り紙に従って、「特製醤油ラーメン」を購入!


ラーメン屋ジョン【弐】-3

席について、食券をカウンターの上に上げると
「ありがとうございます。」といって、さっそく、ラーメン作りに入るジョン店主!

まず、雪平鍋に入れたスープをガス台で温め始めて
その間に、冷蔵庫から取り出した3つの肉塊からチャーシューを切り出すと

麺は、計量して、茹で麺機のテボの中へ!
そうして、茹で麺機の上に逆さに置かれて温められていたラーメン丼にカエシと透明で、やや、薄茶がかった香味油が入れられて


温められたスープが、その上から注がれると
そこに、茹で上がって、湯切りされた麺が入って

キレイに麺線を整えられると
3種類のチャーシューにテボに投入して温められていた味玉などの具が盛りつけられて

最後に黄色い鶏油が回し掛けられて
これで「特製醤油ラーメン」の完成♪

ラーメン屋ジョン【弐】-4ラーメン屋ジョン【弐】-5

「特製」にしたので、味玉と、デフォで入る豚肩ロース肉のレアチャーシューの他に、豚バラ肉の吊し焼きチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューが入り
色紙切りされたネギ三つ葉、板海苔がトッピングされたラーメン!

まずは、醤油香るラーメンをいただくと
予想していた某人気店のスープの味とは違った(笑)

ラーメン屋ジョン【弐】-6

まず、火入れしていない生しょうゆが使われていなかったし!
カエシの味わいがぜんぜん違う


でも、鶏出汁のうま味のよく出たスープで!
昆布出汁のうま味に背黒といりこ出汁のうま味も感じられて、スゴく美味しい♪


そらに、カエシも流行りのネオクラシックな醤油味とも、ノスタルジックな醤油味とも違う
醤油の持つ、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の「5味」に加え、渋味も感じる味わいなのもよくて!

「塩ラーメン」に「煮干ラーメン」は、最寄り駅から少し離れた住宅地にある店をリスペクトして作ったような味わいのスープだったのに
この「醤油ラーメン」は、その店の味わいとも違う、ジョン店主オリジナルのオンリーワンの味わいのスープだったのもよかった♪

麺は、「塩ラーメン」に「煮干しラーメン」と同じ「心の味食品」の中細ストレート麺が合わせられていて
やや、やわらかめに感じられるつるモチ食感の麺は

ラーメン屋ジョン【弐】-7

しなやかなコシがあって!
のど越しのいい麺で♪


小麦粉のうま味も感じられて
スープとも絡んでくれて、美味しく食べさせてくれる♪

デフォルトで入る豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりといた食感に仕上げられていて!
肉のうま味も感じられる美味しいレアチャーシューでよかった♪


ラーメン屋ジョン【弐】-8

ただ、ちょっと小ぶりすぎて
これがデフォでは、ちょっと寂しいかな

豚バラ肉の吊し焼きチャーシューは、香ばしくて!
余分な脂が落とされて、ジューシーな肉のうま味が感じられるのがよかったし♪


鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて!
しっとりとした食感に仕上げられているのがいい♪


味が染みたメンマの、やや、甘めの味わいもよかったし!
小松菜のシャキシャキとした食感もよくて!


最後は、スープの最後の一滴まで飲み干して完食♪
「塩」も「煮干」も美味しかったけど


この「醤油」も美味しくて♪
次に来たときには、どれを食べるか迷ってしまうな


今日は、帰りには、満席になって!
さらに、外待ちまでできていて


ジョン店主1人でこなすのは、ちょっと、大変そうだったけど
ガンバってください。

また、来ます♪
ご馳走さまでした。


ラーメン屋ジョン【弐】-10

メニュー:醤油ラーメン…770円/味玉醤油ラーメン…870円/特製醤油ラーメン…970円
塩ラーメン…770円/味玉塩ラーメン…870円/特製塩ラーメン…970円
麺中盛(麺200g)…50円/麺大盛(麺300g)…150円

煮干ラーメン…790円/味玉煮干ラーメン…890円/特製煮干ラーメン…990円
味付き替え玉(煮干ラーメンのみ)…200円

半ライス…100円/ライス…150円/卵かけご飯…250円

味付き玉子…100円/のり(5枚)…100円/自家製メンマ…150円/チャーシュー盛(ハーフ)…200円/チャーシュー盛…380円


ラーメン屋ジョンラーメン / 武蔵関駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:特製醤油ラーメンstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m