FC2ブログ
訪問日:2018年4月8日(日)

麺屋 さくら-1麺屋 さくら-2

本日のランチは、名鉄河和線・住吉町駅近くにある『麺屋 さくら🌸』へ!

こちらの店は、元イタリアンのシェフだった店主が地元の愛知県半田市に2010年4月12日にオープンした店!

「マグレ・ド・カナール」を使った「鴨南蛮つけそば」を冬季限定で提供しているという情報を聞いて
しかし、イタリアンのシェフが「鴨南蛮」って

と思ったら、店主が、ラーメン店を始める前に居た会社というのが、イタリアンの他に蕎麦屋もやっている会社だったようで!
この「マグレ・ド・カナール」を使った和風の「鴨つけそば」は、ぜひ、食べてみたいと思っていたんだけど


名古屋までは、何度も仕事で来ているのに、冬の提供期間中に、なかなか、ここまで来る機会もなく
そこで、今日は、鴨なしの「和だしつけめん」を食べに行くことにした。

のぞみで名古屋へ🚄
そして、名鉄の名古屋駅から特急、急行と乗り換えて、店の最寄駅の住吉町駅で下車して

午後の2時を少し回った時刻に店へとやって来ると
こんな遅い時間だというのに、7人のお客さんが店頭に置かれた丸椅子に座って待っていた。

18分ほど待たされて、入店。
入って、すぐ、左の壁際に鎮座していた券売機の前に立つと


上段から「濃厚つけめん」、「カレーつけめん」、「和だしつけめん」、「和だしつけめん」、「味噌つけめん」と「つけめん」ばかりが並ぶ!
そして、「つけめん」の下にトッピングのボタンを1列挟んで、その下に「さくららーめん」、「溜り」、「塩」の「らーめん」のボタンがあって、「つけめん」推しなのは明らか♪


麺屋 さくら-3

というのも、こちらの店は、愛知県産小麦粉の「きぬあかり」を使った自家製麺が自慢の店のようなので!
そこで、この中からセレクトしたのは、まず、「和だしつけめん」!


しかし、麺1玉で1050円って
強気の価格設定だな

と思ったら、ボタンの左端は「全部のせ」だったんだね(汗)
そこで、左から4番目の「和だしつけめん(1玉)」の食券を買って

さらに、屋号を冠した「さくららーめん」と「濃厚つけめん」と迷って
でも、券売機左上の、店一番のおすすめの法則に従って、そこにあった「濃厚つけめん 全部のせ(1玉)」のボタンをブッシュ!

L字型カウンター席10席のうちの唯一、空いていた席へと座って、食券をカウンターの上げて
麺が、太麺と細麺から選べる「和だしつけめん」は「細麺」でお願いした。

なお、カウンター席の後ろの壁際には、今まで提供されてきた歴代の限定麺のカードが額に入れて飾られていて(笑)
その中に鴨を使った限定を、いくつも発見!

麺屋 さくら-4麺屋 さくら-5麺屋 さくら-6麺屋 さくら-7

食べてみたかった
できれば、冬季の限定で出すだけじゃなくて、通年の限定にしてもらえるといいのに

本来冬場の狩猟シーズンが旬の鴨ではあるけど、それは野生の真鴨の話しで!
飼育されている合鴨であれば1年中食べることができるので


また、つけ麺の食べ方の指南書もあったけど(笑)
この地では、まだ、つけ麺がメジャーじゃないのかな

麺屋 さくら-19

そうして、ちょっと時間がかかって
入店から15分後

店に到着してから33分で、店主から提供されたのが
濃厚つけめん 全部のせ!?

麺屋 さくら-8麺屋 さくら-9麺屋 さくら-10

えっ!?
普通、淡麗な「和だしつけめん」を先に出すんじゃないの!?

聞かれれば、当然、「和だしつけめん」を先に出してもらうようお願いしたけど
店主からは、何も聞かれなかったので、当然、「和だしつけめん」が先に出されるんだろうと思っていた

まあ、でも、こちらから言えばよかったのに
言わなかったのが失敗(>_<)

供された「濃厚つけめん 全部のせ(1玉)」は、豚肩ロース肉のレアチャーシューが3枚に味玉、食べやすいように細かくカットされたメンマ三つ葉と海苔が5枚が麺の上にキレイに盛りつけられて
別の小鉢に刻みネギが入る美しいビジュアルのつけ麺♪

なお、このつけ麺の一番の特徴は、湯気を上げて、グツグツと煮え立つつけ汁!
でも、ここまで熱々にする必要あるのかな
😅

麺屋 さくら-11

これじゃ、熱くて、猫舌の私では、とても、すぐに食べられないし😓
せっかくの風味が飛んでしまうんじゃないかと思うんですけど(-"-;A ...アセアセ

まずは、マニュアルに則って、麺だけを、つけ汁にはつけずに、そのまま、いただくと
うどん用の中薄力粉である「きぬあかり」を使って製麺された、切刃14番と思われる太ストレート麺は

麺屋 さくら-12

まず、小麦粉の香りが口の中に広がる香り高い麺なのがよくて♪
なめらかで、モッチモチの食感の多加水麺で!


しっかりとしたコシがあって!
小麦粉のうま味に甘味がよく感じられる麺で最高♪


次に、つけ汁につけて食べてみると
熱っ(>_<)

まだ、つけ汁が熱くて、よく味が分からない🤷‍♂️
つけ汁が、少し冷めるのを待って、いただいてみると

モミジで粘度を出して、ゲンコツと鶏ガラのうま味を入れた、程よい粘度の動物系スープに、昆布と干し椎茸と鰹、鯖の節かな!?
愛知だから、ムロ節も使われているかもしれない!?

それと、いりこに背黒の煮干しかな
所謂、濃厚豚骨魚介つけ麺だね!

濃厚さは、それほどでもないけど
美味しい豚魚だと思う♪

ただ、特に味に特徴があるわけでもなく
こんな遠くまで来たというのに、わざわざ食べるべきメニューでもなかったな(汗)

完全なメニューの選択ミス(-"-;A ...アセアセ
もっと、事前に調べてくるべきだったと反省\(_ _)

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、それなりに厚みのあるもので
しっとりとした食感に仕上げられているのがよかったし♪

肉のうま味が閉じ込められた美味しいレアチャーシューで!
これは、トッピングしても食べる価値のある逸品♪


麺屋 さくら-13

味玉は、ごく普通だったけど
メンマは、コリコリとした食感だったのがよかったし♪

麺屋 さくら-14

そうしているうちに、まだ、最初に出された「濃厚つけめん」の麺が、まだ、3分の1ほど、残っているというのに
このタイミングで、2杯目の「和だしつけめん」が店主から出されたんだけど

麺屋 さくら-15麺屋 さくら-16麺屋 さくら-17

ちょっと、早すぎるんじゃないのかな(--;)
あとで、写真を撮った時間を見返してみたところ、最初につけ麺が出されてから6分後に出されたことがわかったけど

確かに、すぐに、食べてしまえば5分もあれば、食べられるのかもしれない
でも、ラーメンならともかく、濃厚豚骨魚介のつけ麺だから、食べるのに時間もかかるし!

つけ汁が熱々で、すぐに食べられなかったし
やっぱり、早すぎると思う

でも、これって、お客さんが食べ終わるタイミングを図って提供しようとしていないよね!?
店都合で、勝手に作った

そう考えると、最初に「濃厚つけめん」を作ったのも、他のお客さんのオーダーが入っていたから、いっしょに作ったとか
そうじゃないかもしれないけど、このお客さん不在の提供方法をみたら、そんな疑問も生じるよね(-_-;)

2杯目の「和だしつけめん」を先に食べようか!?
でも、こちらも、清湯の淡麗なつけ麺のはずなのに、なぜか、つけ汁はグツグツ(笑)

なので、冷めるまで、「濃厚つけめん」を食べ続けてから、2分後に、スープ割りをもらうのを断念して、「和だしつけめん」を食べ始めたんだけど
この提供方法だけは、どう考えても、釈然としない(-""-;)

供された「和だしつけめん 細麺(1玉)」は、もりスタイル!?
チャーシューもメンマもなく、あるのは三つ葉と別添え小鉢に入る刻みネギだけ

まずは、切刃22番に見える細ストレートの麺だけを箸で手繰って、そのまま、いただくと
つるっとした食感の二八蕎麦か七割蕎麦のような食感の中華麺で!

麺屋 さくら-18

啜り心地がよくて!
のど越しのよさもある♪


そして、こちらの麺も小麦香る麺で!
先ほどの太麺よりも、さらに風味がいいし♪


小麦粉のうま味も感じられて!
さすが、麺に定評のある店だけあって、太麺も細麺も秀逸♪


麺をつけ汁に、さっと潜らせて食べてみる。
あ、これは、蕎麦つゆだね!


醤油、味醂、砂糖
出汁は鰹節と昆布

少し甘じょっぱい味付け!
悪くはないけど、これなら、「ひやあつ」ではなく、「ひやひや」


つまり、麺が冷たくて、つゆ(つけ汁)が温かいのではなく、麺もつゆも冷たい方がいい!
鴨肉か、鴨の脂でも入っていれば、温かくてもよかったかもしれないけど


それに、いい鰹節を使っていて、それなりに原価がかかるのかもしれないけど
チャーシューもないし

やっぱり、この店は、鴨のシーズンに来ないといけなかったのかな
でも、デフォのつけ麺が、まず、美味しくないとダメだと思うけどね

最後にスープ割りをお願いしようかと思って
店主に声を掛けようとしたけど

忙しいのはわかるけど、この店主は、客席を見ようとしないので、タイミングが図れず
それでも、強引に

「すいません!」と大きな声を出すと…
店主がこちらを見たので

「スープ割りって、やってないのですか?」と言うと…
「ありますよ。」と言って、作ってくれたけど…

この店、「雑炊」推しで!
プラス200円出すと、ご飯と卵を入れて「雑炊」を作ってくれる。


見ていると、何人かのお客さんが、これをやっていた。
これ自体は、別にいいと思う。


ただ、つけめんの食べ方をマニュアルにしているのに、最後は雑炊!?
スープ割りについては、まったく触れていないのが_| ̄|○

そうして、最後は、このスープ割りに、残しておいた三つ葉と刻みネギを入れていただいたんだけど
甘じょっぱさが消えて、めっちゃ美味しい♪

麺屋 さくら-20

というわけで、終わりよければ全てよし!
としたいところだけど


でも、この店だけは
そんな気分にはなれなかったな

麺屋 さくら-21

メニュー:濃厚つけめん 全部のせ
1玉…1000円/1.5玉…1100円/2玉…1200円
濃厚つけめん
1玉…750円/1.5玉…850円/2玉…950円

カレーつけめん
1玉…850円/1.5玉…950円/2玉…1050円
※全部のせ…250円増し

和だしつけめん
1玉…800円/1.5玉…900円/2玉…1000円
※全部のせ…250円増し

味噌つけめん
1玉…850円/1.5玉…950円/2玉…1050円
※全部のせ…250円増し

麺増し 半玉…100円/チャーシュー増し…350円/味付けたまご…100円/メンマ増し…150円/のり増し…100円/ねぎ増し…200円
雑炊…200円/白ごはん…150円/チャーシュー丼…380円

さくらら~めん
1玉…780円/1.5玉…880円/2玉…980円
※全部のせ…200円増し

溜り
1玉…780円/1.5玉…880円/2玉…980円
※全部のせ…200円増し


1玉…780円/1.5玉…880円/2玉…980円
※全部のせ…200円増し


麺屋さくら



関連ランキング:つけ麺 | 住吉町駅半田口駅知多半田駅



好み度:濃厚つけめん 全部のせstar_s35.gif
和だしつけめんstar_s30.gif
接客・サービスstar_s15.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年12月6日(木)

自家製麺 公園前-1

本日のランチは、愛知県の岡崎にある『自家製麺 公園前』へ!

こちらの店は、2015年5月20日オープンの店で!
情報によると、『長浜らーめん相模原店』に町田の『白河手打中華そば 一番いちばん』で10年修業した店主が開業した店だとか


大阪のツイ友が訪問して、Twitterで上げていたラーメン画像を見て!
機会があったら、食べてみたいと思っていた店♪


ようやく、念願叶って、本日、岡崎に行く用事ができて!
これで、私も公園デビューならぬ、公園前デビューできる
(笑)

というわけで、豊橋に停車する「ひかり」に品川から乗車!
豊橋からは、東海道本線に乗り換えて岡崎へ!


自家製麺 公園前-2

そして、駅からはトコトコと10分ほど歩いて
屋号通りの公園前にある店までやってきたのは10時40分!

自家製麺 公園前-3

すると、開店20分前で7人のお客さんが待っていたんだけど
人気店と聞いていたので、これは想定内。

自家製麺 公園前-4

とりあえず、カウンター8席だという席へ、開店と同時に待たずに座れるのはよかった♪
そうして、16人のお客さんが並んだところで、店主の奥さまが店の中から出てきて、2分ほど、開店時間を前倒して開店♪


入店して、まずは、券売機で食券を購入する。
メニューは、「塩そば」、「塩つけめん」に「濃厚魚介ラーメン」、「辛つけめん」の4メニューと限定の「しょうゆ」。


自家製麺 公園前-5自家製麺 公園前-6

200円アップでトッピング全部入りにできる、お得な「特製」の販売はされていなかった。
この中からセレクトしたのは「塩そば」と「塩つけめん」!


せっかく、ここまで来たので、店内連食することにした。
なお、ラーメンもつけ麺も「塩」にしたのは、こちらの店が「塩」が美味しいと評判の店だったので♪


そして、さらに、こちらも評判のいい燻製チャーシュー増しにするため、「チャーシュー」トッピングの食券も買って!
厨房前に一直線に並ぶ8席のカウンター席の一番右の、唯一、空いていた席へと着くと


奥さまが食券を回収にきたので
3枚の食券を渡して

トッピングの「チャーシュー」は「塩そば」に入れてもらうように
また、「塩そば」を先に出してもらうようお願いした。

なお、麺のかたさが選べるというPOPを見つけたけど
聞かれなかったし

自家製麺 公園前-7

それに、初めて食べるのに
麺のカタさをリクエストすることなんかできないよね!

目の前の広めのオープンキッチンの厨房では、店主のワンオペでラーメンが、どんどんと作られていって
お客さんに出されていく

そうして、席に着いてから8分で「塩そば」の「チャーシュー」トッピングが奥さまによって、運ばれてきたんだけど
早っ!

自家製麺 公園前-8自家製麺 公園前-9

大判の豚肩ロース肉の燻製チャーシューが4枚どどーんとトッピングされて!
他の具も麺も見えない塩清湯スープのラーメン
(笑)

チャーシューを寄せると、細メンマほうれん草、刻みネギがあった。
まずは、クリアーなスープをいただくと


自家製麺 公園前-10

じんわりといた味わいのスープで
鶏ベースの動物系に香味野菜の香味を感じる

さらに、背黒と鰹節に鯖節の魚介を重ねたような味わいで
昆布とホタテの貝柱のうま味も仄かに感じられる、滋味深い味わいのスープで

ただ、もっと出汁のうま味がよく出たスープだと思っていたのに
ちょっと、私には上品すぎたかな(-"-;A ...アセアセ

それに、チャーシュー増しにしたせいで、燻製チャーシューの薫香が完全にスープに移ってしまっていたのが
こんなことなら、チャーシューをトッピングしなければよかった😓

でも、この燻製チャーシュー自体は、厚みもあったので、ちょっと、カタいのが玉に瑕だったけど…
香ばしくて♪

肉のうま味がよく感じられる美味しいチャーシューでよかったので♪
チャーシューは、別皿にトッピングしてもらえると、いいと思うんだけど


自家製麺 公園前-11

麺は、中細ストレートの自家製麺が合わせられていたけど!
麺の盛りつけが雑!


自家製麺 公園前-12

テボで麺を茹でているのを見ていたけど
茹で方も湯切りも

よく言えば豪快!
悪く言えば大雑把に見えたし


普通、自家製麺の店といったら、麺を大切に扱うし
盛りつけもキレイなはずなのに😓

つるモチな加水率高めの麺は、しっかりとしたコシも感じられて!
小麦粉のうま味も感じられて♪


麺単体としては、いい麺だとは思うけど
スープが弱いので、スープとの絡みが、もう一つに感じてしまったのが

コリコリとした食感のメンマは好みだったし
薄味で、スープの邪魔をしないタイプだったのもよかったけど

スープが、ちょっと、思い描いていたものと違ったのが
下ブレだったのかもしれないけど、ちょっと、残念だったな😞

そうしているうちに、早くも2杯目の「塩つけめん」が、「塩そば」が着丼してから5分ほどで、再び、奥さまによって運ばれてきたんだけど
ちょっと、早すぎじゃない!?

自家製麺 公園前-13自家製麺 公園前-14
自家製麺 公園前-15

そこで、「塩そば」のスープは飲まずに返却して
「塩つけめん」に取りかかることに

こちらは、麺の上には、何のトッピングもなく
つけ汁の中に、カットされた燻製チャーシューに細メンマほうれん草、刻みネギが入れられたシンプルなビジュアルの塩清湯つけ麺!

自家製麺 公園前-16

ただ、自家製麺の店なのに
しかも、つけ麺なのに

麺の真ん中に穴を作ってしまう盛りつけは
ちょっと、ないかな😓

まずは、自家製の中太ストレートの麺だけをいただくと
なめらかで、もっちりとした食感の多加水麺で

自家製麺 公園前-17

麺の表面に少しドット模様があったので、中力粉メインで、全粒粉も少し配合して打ったと思われる自家製麺は、小麦粉の風味は、そう強くはなかったけど
小麦粉の甘味にうま味がよく感じられる麺でよかった♪

つけ汁に潜らせていただくと
やや、塩ダレ強めのつけ汁だったけど

なぜか、さきほどのラーメンのスープよりも、背黒に昆布のうま味が強く感じられる。
まったく、同じスープで作られたつけ汁のはずなのに


それに、香味油が、先ほどより多めだったからか
コクも強めに感じらたし♪

デフォで一味が入っていて、少しピリ辛なのもよかったのかもしれけど
やっぱり、先ほどの「塩そば」は、燻製チャーシューをトッピングして、薫香が強めに入ってしまったのが、失敗だったんだろうと思う

結果からすると、燻製チャーシューは、こちらの「塩つけめん」で食べれば
チャーシューは麺の上に載せて出されるはずなので、薫香がスープに移ることもなかったのに

こちらは、美味しく完食♪
スープ割りもお願いした。


そうして、戻ってきたスープ割りは
悪くはないけど、それほどでもなかったかな😓

自家製麺 公園前-18

こちらの店
味も、期待していたほどのものはなかったけど

それ以上に、接客が😞
店主が無口な人なのかもしれないけど

何を言っても、最小限の答えしか返ってこないし
ラーメンを作っている最中に声を掛けるのも躊躇われて、作業が一段落したときに

「東京から来ました。」
「ずっと、来たかったんですけど、今日、ようやく、来ることができました♪」
と言うと…

「そうですか…」
一瞬、こちらを見て、そう答えただけだったのには驚かされた


それで、その後、店主とは会話せずに
最後に席を立つときに、店主の顔を見て

「ご馳走さまでした。」と言うと…
「ありがとうございました。」という返事はあったけど…

こちらも見ずに、下を向いて、作業をしながらで…
まったく、心がこもっていない

ただ、この、店主
私にだけ、こんな態度だったわけではなく、他の地元のお客さんにも同じ態度だったので、そういう人なんだろうね

せっかく、楽しみに岡崎までやってきたというのに
味も接客もガッカリな店だったな😞

自家製麺 公園前-19

メニュー:塩そば…750円/特製塩そば…950円
塩つけめん…780円/特製塩つけめん…980円

濃厚魚介ラーメン…750円/特製濃厚魚介ラーメン…950円
辛つけめん…780円/特製辛つけめん…980円
大盛り…100円

トッピング
チャーシュー…250円/味玉…100円/白髪ネギ…100円/のり…100円/メンマ…100円

ご飯もの
ライス(小)…100円/ライス(中)…150円/チャーシュー丼(小)…230円/チャーシュー丼(中)…330円

【限定】しょうゆ…750円


公園前



関連ランキング:ラーメン | 岡崎駅



好み度:塩そば+チャーシューstar_s25.gif
塩つけめんstar_s30.gif
接客・サービスstar_s15.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年5月25日(金)

【新店】らーめん 鞍-1

今夜、名古屋から東京に帰る前に寄っていくことにしたのは、今池に先月の4月1日にオープンした新店の『らーめん 』!

情報によると、こちらの店は、ラーメン王・石神秀幸さんが塾長を務める「食の道場」出身の店主が開業した店で!
鮮魚の鯛を使って出汁をとったラーメンが食べられる!


実は、同じ「食の道場」出身で、同じ鮮魚の鯛ラーメンを出す『麺や 空月』という店が、神奈川県横浜市の綱島に昨年の12月21日にオープンしていて
「食の道場」出身の店主が、どんな鯛ラーメンを食べさせてくれるのか、とても興味があったので!

行きたいと思いながら、なかなか行くチャンスに恵まれなかったので
先に、こちらの名古屋に誕生した、おそらく名古屋初と思われる鮮魚の鯛ラーメンを出す新店に訪問することにした。

地下鉄東山線桜通線が走る今池駅の2番出口から徒歩2分ほどの店へとやって来ると
居酒屋GAGA』と並んで店があった。

【新店】らーめん 鞍-2

どうやら、居酒屋が2階にあって、1階がラーメン店みたいだったので
その1階にある店へと夜の6時30分を回った時刻に入店したところ

厨房には男性スタッフが2人!
そして、その厨房を囲むように造られたL字型10席のカウンター席には2人のお客さんが座っていた。


まずは、入口を入ってすぐ左の壁際に設置されていた券売機で食券を購入する。
麺メニューは、「鯛白湯そば」、「鯛清湯そば」の2つの鯛ラーメンと「名古屋コーチン混ぜそば」、「蒙古混ぜそば」の2つの汁なしがあって


【新店】らーめん 鞍-3

このときは気づかなかったけど、あとで、写真を見直したら、「冷やしそば」なるメニューもあったけど
鯛ラーメンを食べに来たので、もちろん、「鯛白湯そば」か「鯛清湯そば」の2択になる。

すると、券売機の隣に、写真付きのラーメンの説明書きがあったので、見ていると
「オススメハトリパイタンネ」と男性スタッフの1人から言われて

【新店】らーめん 鞍-4【新店】らーめん 鞍-5

ただ、「鯛白湯そば」はカエシに「たまり醤油」が使われていて
大阪・森ノ宮にあって、昨年末に閉店してしまった『真鯛らぁー麺 日より』で醤油ラーメンを食べたときに、この「たまり醤油」がカエシに使われたラーメンを食べて

甘味の強い「たまり醤油」に鯛出汁が負けてしまっていたのを経験しているので
出汁のうま味がストレートにわかる塩味の方がいいと思ったので

せっかく、すすめてもらったのに、申し訳ないけど、、「鯛清湯そば」の食券を買って席へ
そして

「鯛白湯もいいと思ったんですけど、清湯の塩スープの方が出汁のうま味がわかりやすいと思ったので…」と言い訳しながら、大陸系の男性スタッフに食券を渡すと
「シオノチンタンモジシンアルヨ!」と自信満々に話していたけど

この人が「食の道場」出身の店主!?
券売機に「蒙古混ぜそば」とネーミングされたメニューがあったので、たぶん、モンゴルの人ではないかと思われるけど

そこで
「食の道場へは、誰が勉強に行かれたのですか

厨房の2人に向かって問い掛けると
「ワタシデス。」と答えたのが、やはり、大陸系の男性の方で!

あとで、自分からモンゴル人であることを明し、モンゴルの名前は失念してしまったけど(汗)
日本名は岩月だと話していた店主のワンオペで作られた「鯛清湯そば」が、注文から5分ほどで着丼!

【新店】らーめん 鞍-6【新店】らーめん 鞍-7

豚肩ロース肉鶏ムネ肉の2種類のチャーシューに穂先メンマ三つ葉小ネギ柚子がキレイに盛りつけられたラーメン♪
まずは、鯛のフレーバー漂うスープをいただくと


しっかりと鯛のうま味が抽出されたスープで!
めっちゃ美味しいじゃないてをすか♪


真鯛ラーメンの頂点に立つ『真鯛らーめん 麺魚』に比べてしまうと
あれほど強いうま味は出ていないかもしれないけど

それでも、十分、美味しいし♪
懸念された鮮魚の鯛の臭みは皆無!


ちなみに、鯛の中骨だけで出汁を引いているのか聞いてみると
名古屋駅近くの柳橋中央市場で真鯛のアラを仕入れて、鯛の中骨の他に兜も使っていると話していたので

鯛の兜は焼いてから使っているのか重ねて聞くと
「食の道場」の先生に、こうすると臭みが出ないと教えてもらったと話し

その他にもたくさんのことを先生に教えてもらったと
とても感謝していたけど

ただ、若いお客さんは、この鯛ラーメンのことを理解してくれて、食べに来てくれるけど
なかなか、年輩のお客さんには受け入れられないと、残念そうに話していて

それで、辛い混ぜそばを出したり、今は、濃厚なつけ麺も試作しているなどと話していたけど
東京で、あれだけブレイクしている鯛ラーメン!

名古屋で流行ってもおかしくないので
このブログをご覧いただいた方は、食べず嫌いにならずに、ぜひ、食べに行って欲しい

そして、この真鯛だけで作ったという清湯スープには中太ストレートの
つるモチ食感の、加水率高めの多加水麺が合わせられていて

【新店】らーめん 鞍-8

しなやかなコシを感じる麺で!
スープとの絡みもまずまずだったので、いいとは思うけど


ただ、POPを見ると、「鯛白湯そば」には低加水麺を使っているということで
普通は、逆なんじゃないかと思うけど

店主に聞いていないからわからないけど
何か、店主のこだわりがあるんだろうね!

豚肩ロース肉鶏ムネ肉の2種類の低温調理されたレアチャーシューは、どちらも、しっとりとした食感に仕上げられていて!
それぞれの肉のうま味が感じられる美味しいチャーシューでよかったし♪


【新店】らーめん 鞍-9

穂先メンマは、一本もののカタチのいいものが使われていて!
根本の部分まで、やわらかくて♪


穂先部分のシュクシュクとした食感がたまらなくよくて♪
薄味に味つけられているので、スープの邪魔をしないのもよかった。


【新店】らーめん 鞍-10

最後はスープもすべて飲み干して完食♪
美味しかった!


次は、店主おすすめの「たまり醤油」をカエシに使った「鯛白湯そば」も食べてみないとね♪
ご馳走さまでした。


【新店】らーめん 鞍-11

メニュー:鯛白湯そば…780円/鯛清湯そば…780円/名古屋コーチン混ぜそば…750円/蒙古混ぜそば…850円

麺大盛…100円(ランチサービス…50円)

煮玉子…100円(ランチサービス…50円)/海苔増し…100円(ランチサービス…10円)
チャーシュー増し…250円/豚チャーシュー3枚…250円/にんにく増し…10円/ねぎ増し…20円/玉ねぎ増し…20円/みつば…20円/生卵…50円/メンマ増し…100円/辛ラムミンチ…100円

ご飯…150円(ランチサービス…10円)
チャーシューご飯…300円/名古屋コーチン卵ご飯…250円

冷やしそば…780円


らーめん 鞍ラーメン / 今池駅千種駅池下駅

夜総合点★★★★ 4.0



好み度:鯛清湯そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年3月12日(月)

【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-2

長野県の飯田市から車で名古屋に移動して
のぞみで東京へと戻る前に立ち寄ったのが『らーめん 』!

こちらの店は、昭和28年創業の老舗うどん店『手打ちうどん みのかま』が、創業60周年を過ぎて
初代から二代目へと代替りして、今年の1月8日にラーメン店に生まれ変わってオープンした店!

店の最寄り駅は、地下鉄名城線の浅間駅。
駅3番出入口を出て歩道を直進!


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-3

しばらく歩くと、歩道の右側に「100円ローソン」!
左にバス停があって!


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-4

さらに歩くと、中華料理店の『長江』!
そして、その先の角にあるのが『せんげん家』という家系ラーメンの店!


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-5【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-6

そこを右折して、道路を挟んだ先に見える「セブンイレブン」の手前の道を左折すると、すぐ道の左に店はある!
もうすぐ夜の6時30分になる時刻に入店すると


和テイストなで落ち着いたインテリアの店で、とてもラーメン店の内装という感じのしない店♪
入口を入ると、すぐに2人掛けのテーブル席にお客さんが2人!


奥にあるL字形カウンター席7席の席には2人のお客さんが座っていた。
券売機がなかったので、空いていたカウンター席の1席へとついて、卓上のメニューを見ると


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-7

麺メニューは、「しょう油らーめん」と「塩らーめん」の2種類!
「大盛り」が用意されていて、価格は200円と高めだけど、麺、スープとも1.7倍ということで納得♪


それに、「しょうゆ油」、「塩」では、使われるチャーシューが違うようで
それぞれのラーメンにあったトッピングが用意されていた。

さらにメニューの裏面には、サイドメニューで数量限定の「鶏とゴボウの炊き込みご飯」があって!
一品料理の「餃子」と「チャーシュー」もあって!


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-8

今夜、名古屋泊まりだったら、「餃子」か「チャーシュー」をつまみにビールをグビッとやりたいところだったけど
今日は自重

それに、「鶏とゴボウの炊き込みご飯」が美味しいと評判の店だったので、これも食べておきたいとは思ったけど
でも、「しょうゆ油」と「塩」の2種類の「らーめん」のどちらも食べてみたいし

どうしようか!?
そこで、出した結論は、まず、「塩らーめん」をオーダー!

そして、もし、この「塩らーめん」が美味しかったら、「しょうゆ油」も店内連食する!
アカンかったら、「塩らーめん」だけ食べて帰る。


なお、こちらの店の厨房は、カウンターの内部にあるのではなく
店の奥の、半地下になった場所にあるという変わった造りになっていて

【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-9

半地下の厨房には店主が!
1階のカウンターの内部には店主の奥様さまと思われるキレイな女性がいたけど


店主の姿は、遠目に見え隠れするだけで
ラーメン作りの様子を確認できないのが、ちょっと残念

そうして、待っていると
先客のラーメンが店主によって2個作りされた後に、私の「塩らーめん」が作られて

そうして完成した「塩らーめん」が奥さまの手によって運ばれてきた。
低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューが3枚にメンマ、白髪ネギ、青ネギがトッピングされたラーメン!


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-10【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-11

まず、惜しいと思ったのは、豚肩ロース肉のレアチャーシュー!
薄切りの上に、熱々のスープの上に載せられていたため、着丼した段階で、ピンク色したチャーシューが、もう、この時点で変色してしまっているのが


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-14

そこで、スープを飲む前に、いきなり、このレアチャーシューからいただいてみたところ
熱にやられて、肉がカタくなってしまっていた

これでは、せっかくのレアチャーシューのよさが台無し
薄切りのものを3枚載せる代わりに、これを1枚にして、厚くするべきだと思う!

それと、盛りつけが雑
ラーメンだって、和食やフレンチといっしょで、舌だけではなく、目でも味わうものなので!

それと、スープが清湯スープのはずなのに、濁っていてるのも
前情報では、『徳川 如水』のような濃厚な濁りのある塩スープではなく、淡麗な、あっさりとした味わいの塩スープと聞いていたのに

もう、この時点で、次の「しょうゆ油」はないかな!?
と思いながら、濁りのある黄金色したスープをいただくと

【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-12

鰹!鰹!鰹!
鰹節が香り立ち♪


ふわっと、鰹の風味が口の中に広がって
「カツオ・サバ・ムロ・ソウダなどの魚介系出汁に、豚骨・香味野菜の動物系出汁を合わせた」とメニューに解説のあったスープは

鰹節の他にも、中部地方ではよく使われる室鯵を焙乾したムロ節と!
鯖節、宗太節の節のうま味全開のスープで!


さらに、昆布出汁のうま味もよく感じられて
乾物の出汁のうま味で食べさせる極上の味わいのスープに仕上がっていた♪

そして、ベースとなる豚骨は、背ガラではなく、ゲンコツが使われているのか!?
たぶん、このスープの濁りは、乳化したゲンコツによるものと思われるけど

このゲンコツがスープにコクと厚みを与えていたのもよかったし♪
かなり個性的で美味しいスープだね♪


それと、麺が、また、よかった♪
厨房の様子は観察できなかったけど、麺の茹で時間を計るタイマーの音で、茹で時間45秒だとわかった切刃24番に見えた麺は、実は、後で、日比野さんという方だとわかった店主に確かめたところ


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-13

切刃26番の麺を、あえて、長めに茹でたものということが判明したけど
この麺

つるしこな食感の、日本そ蕎麦の二八そばのような食感の麺で!
啜り心地がよくて!


のど越しのよさもバツグンで!
それに、スープの絡みも申し分のない秀逸な麺♪


しかし、この塩ラーメン!
ラーメンが着丼したときの印象は、あまり、いいものではなかっ
たけど…

スープをいただいて!
麺をいただいて!


個性的なスープに麺で、とてもよかったし♪
食べる前と後では、印象がガラッと変わった!


そこで、予定通り(?)「しょう油らーめん」も連食していくことに(笑)
そうして、出来上がってきた「しょう油らーめん」の見た目は豚骨魚介!

【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-15【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-16

茶濁したスープにウェーブがかった中太麺が合わされていて
具には、豚バラ肉の煮豚メンマ、刻みネギが載るだけのシンプルな装いの一杯

ちょっと、このラーメンは、スープと煮豚とメンマの茶系が被ってしまっていることもあって、地味
なんか、彩りのあるトッピングができなかったのかな!?

でも、まあ、盛りつけは、先ほどの「塩らーめん」にくらべればいいかな
ただ、こちらの店のラーメンは、盛りつけとか演出で損してる気がする(汗)

まずは、スープをいただくと
少しトロミのあるスープで!

【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-17

豚骨のうま味に甘味も感じられて!
それに、鰹、鯖、宗太鰹の節のうま味も感じるスープで!


なんか、とても懐かしい味わい
十数年前に、東京で、よくこんな豚骨魚介のラーメン食べたよね♪

あの頃は、東京・東十条の『燦燦斗』の豚魚のラーメンに嵌まって、よく食べに行ってたっけ
そんなことを思い起こしてくれるような味わいでよかった♪

でも、面白い!
先ほどの「塩らーめん」と、この「しょう油らーめん」のスープ


たぶん、どちらも、同じスープが使われていて
豚骨と野菜を炊いて作った動物系スープと魚節と昆布で出汁を引いた魚介系スープのダブルスープをブレンドして、「塩」と「しょう油」でブレンド比率を変えているんだろうと思われるけど

まるで違う味わいのスープに感じる!
そこで、厨房にいた店主に、そんな感想を話すと


予想通り、ダブルスープが使われているということだったので
動物系と魚介系スープの比率は、「しょう油」が8対2、「塩」が5対5で合わせているのか尋ねたところ

「しょう油」が7対3!
「塩」は、その反対の比率だと教えてくれたけど


ダブルスープのブレンド比率を変えることによって
「塩」と「しょう油」で、「あっさり」と「こってり」を、上手く作り分けていた。

そして、麺は、こちらは、麺の断面が長方形した、切刃18番に見える、やや、平打ち気味で、ウエーブがかった中太麺で!
プリモチの麺の食感は、先ほどの「塩らーめん」の麺とは大違い!


【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-18

そして、こちらの麺は、しっかりとしたコシも感じられて!
スープとも適度に絡んでくれたのもよかったし♪


でも、新店で、自家製麺の店でもない店が、塩と醤油で麺を変えて、2種類用意するというのも少ないだろうし!
18番(1.15mm)と26番(1.67mm)という、極端に太さの違う麺を合わせるというのもまれだと思われる


豚バラ肉の煮豚は、こちらは、やわらかくて
肉のうま味がよく感じられる一品でよかった♪

【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-19

ただ、彩りの面からいうと
ピンク色したレアチャーシューを使って欲しいところだけど

ただ、先ほどのような、薄切りのものはノーサンキューかな
この煮豚と同じくらいの厚切りにして、トッピングしてくれるといいと思うんだけど

そうして最後は、今夜2杯目だったけど、スープが美味しかったから、こちらも、ぜんぶ飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS 名古屋コーチンのお膝元で!
動物系は鶏主体の店が多い中、豚骨で出汁をとっているところも


また、魚介の主流は、全国的にも煮干しになっている中
あえて、煮干しを使わずに節をきかせたスープにしているのも、名古屋では少ないんじゃないかと思われる。

東京でも、こちらの「しょう油らーめん」のようなアプローチをする店はあっても
こちらの店の「塩らーめん」のようなラーメンは、私の知る限りはないし

関東風の、こってり「豚骨魚介」ラーメンに!
オリジナルの、あっさり「魚介豚骨」ラーメン!


あなたならどっちにします
決まらないようなら、私のように「どっちも」にしてもいいんですけどね(笑)

【新店】らーめん 柊(ひいらぎ)-20

メニュー:しょう油らーめん…680円
煮たまご…100円/ねぎ…150円/チャーシュー(3枚)…200円

塩らーめん…750円
ゆず…50円/煮たまご…100円/チャーシュー(3枚)(低温調理)…200円

大盛り…200円(麺・スープとも1.7倍

小ライス…100円/ライス…150円
鶏とゴボウの炊き込みご飯(無くなり次第終了)…200円/小…150円

[夜メニュー]
餃子…400円/チャーシュー…600円


らーめん 柊ラーメン / 浅間町駅国際センター駅丸の内駅

夜総合点★★★★ 4.0



好み度:塩らーめんstar_s40.gif
しょう油らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年11月10日(金)

らぁ麺 幸跳-1

本日のランチは、豊橋の『らぁ麺 幸跳』へ!

昨夜から豊橋入りして、今日1日、豊橋に滞在するので!
事前に食べログでラーメン店を検索


『ORIBE』とともに行ってみたいと思った店が、2015年3月19日オープンの無化調スープと自家製麺の店『らぁ麺 幸跳』♪
そうして、『らぁ麺 幸跳』で、さらにググってみたところ


Instagramに、こちらの店のラーメンにつけ麺の画像がいっぱい上がっていて!
これが、めっちゃキレイで美味しそうな画像だったので、ちょっと期待して訪問♪


豊橋駅から徒歩15分ほどの場所にある店へとやってきたのは、もうすぐ11時になる時刻!
10時30分という早めの開店時間の店はすでに開店していて!


店内へと入っていくと
すでに数人のお客さんが入っていた。

まずは、入ってすぐ右手にあった小型の券売機で食券を購入する。
メニューは、券売機上段左から、「醤油らぁ麺」、「醤油つけ麺」、「塩らぁ麺」、「たまり醤油らぁ麺」の順で!


らぁ麺 幸跳-2
らぁ麺 幸跳-4らぁ麺 幸跳-5

2段目が左から、「煮干しらぁ麺「極」」、「煮干しつけ麺」、「限定A」、「限定B」!
この日の限定は「味噌らぁ麺」となっていてた。


らぁ麺 幸跳-3

3段目はトッピング!
インスタの写真で見た豚肩ロース肉と鶏ムネ肉の2種類のレアチャーシューが、それぞれとミックスでトッピングできるようになっていて!


ミックスいっちゃおうかな!?
味玉半玉50円というのは、デフォで味玉半玉入っているので、1個になるってことだね。

4段目はサイドメニュー!
平日のランチタイムは、チャーシュー飯、ご飯とも100円引きになって、250円と50円で食べられるのは、お得だし、嬉しいね♪


インスタに上がっていた画像の多くは限定で!
こちらの店は、この限定目当てでやってくるラーメンマニア向けっぽい店なのかもしれないけど


初訪で、いきなり限定!
しかも、スープの出汁のうま味がわかりにくい「味噌らぁ麺」は、さすがにNGでしょう
(^_^;

というわけで、券売機左上の一番のおすすめの位置にあった「醤油らぁ麺」と!
「極」という文字に惹かれて、「煮干しらぁ麺「極」」のボタンをポチッと押して、店内連食することにした。


厨房には、店主と奥さまと思われるご夫妻がいて
その厨房の前に一直線に並ぶカウンター席の空いていた席へとついて

カウンターの上に2枚の食券を上げると
「醤油らぁ麺からお作りしてよろしいですか?」と店主に聞かれて

頷くと、すぐにラーメン作りに入る店主!
こちらの店の厨房は、オープンキッチンなんだけど、厨房と客席の間の壁が高くて、調理の様子をうかがうことができないのが


そこで、ラーメンができるまで、卓上にあった、こだわりの食材が書かれたPOPを見ていたんだけど
醤油から塩、味醂にスープに使う乾物まで、すべて産地表示している。

らぁ麺 幸跳-6

ただ、鶏や豚の動物系は使っていないのかな
動物系の表示はない。

また、使用している煮干しや節のグレードがわからないけど
羅臼昆布に原木どんこはコストが高いので、店主に

「昆布は、羅臼昆布の〇〇を使っているのですか?」と聞くと…
「ええ、そうです。」

「でも、ちょっと前までは知らなくて、高いものを使ってました。」
「昆布だけではなく、他もすべてです。」


「ただ、最近は、名古屋や静岡のラーメン店の店主さんと仲良くさせてもらって、食材も安く仕入れられるルートを教えてもらいました。」
「もともと、素人で、何処かの店で修業したこともないし、飲食店で働いた経験もないものですから、仕入れ先もわからなかったんです。」


笑いながら、そんな話しをしていたけど
フランクで気さくな店主さんだった♪

そうして、「お待たせしました。」と言って店主から供された「醤油らぁ麺」は
豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューハーフ味玉メンマ青ネギがトッピングされた美しいビジュアルのラーメン♪

らぁ麺 幸跳-7らぁ麺 幸跳-8

まずは、醤油が香るスープをいただくと
やさしくて、円やかな味わいのカエシが使われていて

らぁ麺 幸跳-9

香味油に使われた鶏油も控えめで
今、流行りのネオクラシックな醤油ラーメンとは一線を画する味わいのスープ!

最近は、醤油ラーメンといえば、カエシに「生揚げ醤油」や「生しょうゆ」が使われて!
鶏油も多めで!


醤油と鶏油が主張する味わいのスープばかりが多かったので
こういうベーシックな味わいの醤油スープのラーメンもいい!

そして、スープからは、鶏のうま味に昆布と干し椎茸のうま味♪
さらに、鰹に目近(宗太鰹)の節のうま味と背黒の煮干しのうま味も感じられて


しかし、何かが突出することのない、とてもバランスのいい美味しいスープに仕上げられていて♪
ラーメン店どころか飲食店で勤務したこともないのに、こんな和食の料理人が作るようなバランスのいい出汁感のあるスープを作れるというのはスゴい♪


ただ、これで、あれかあれを加えて、もう少しスープに厚みが出ると!
もっと、凄みのあるスープになると思うんだけどね


でも、話しを聞いていると、とても研究熱心な店主さんのようなので
これからも、さらにスープは美味しくなると思われるので期待♪

麺は、全粒粉が配合された平打ちの中太ストレートの自家製麺で!
つるモチ食感の、やや、加水率高めの麺は


らぁ麺 幸跳-11

啜り心地がよくて!
のど越しのよさもある麺で!


しなやかなコシもあって!
国産小麦だけを使って製麺していることもあって、小麦粉のうま味も感じられる美味しい麺だったし♪


らぁ麺 幸跳-12

それに、この鶏清湯の醤油味のスープとも適度に絡んでくれて!
自家製麺にしてから、まだ、長くないという人が打つ麺ではないよね♪


麺が味、食感ともよかったので!
つけ麺で食べてみたくなったよ!


そんな麺の感想を店主に話すと
「極煮干しのつけ麺作りましょうか?」なんていうので!

極煮干しのスープを「らぁ麺」で食べてみたかったので、ちょっと迷ったけど
せっかくの申し出だったので、2杯目は、「煮干し「極」」の「つけ麺」にしてもらうことにした。

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
肉のうま味が中に閉じ込められた美味しいレアチャーシューで!


味、食感とも最高!
これは、トッピングしておくべきだった


らぁ麺 幸跳-10

そして、鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて!
ふっくらと仕上げられていて、こちらもよかった♪


そうして、スープもすべて飲み干して完食すると
少しして、完成した「煮干しつけ麺「極」」が着丼!

らぁ麺 幸跳-13らぁ麺 幸跳-14らぁ麺 幸跳-15

麺の上に豚肩ロース肉のレアチャーシューハーフ味玉メンマ豆苗
つけ汁の中に青ネギが入る、こちらも美しいビジュアルのつけ麺♪


まずは、こちらも全粒粉が配合された平打ちの中太ストレートの自家製麺を、そのまま、つけ汁にはつけずにいただくと
ふわっと小麦粉の風味が口の中に広がって!

鼻から抜けていく
予想通り、小麦粉香る麺が使われているのがいい♪

らぁ麺 幸跳-16

次に、セメント色した煮干しが超ヘビーそうなつけ汁につけて、いただくと
サラッとした粘度のないつけ汁で!

煮干しのうま味も苦味もえぐ味も出まくったスープのつけ麺で!
これはマニアック!


でも、これは、煮干しをフードプロセッサーやミキサーで粉砕してもので作られた、ただ、エグニガなだけの味わいのスープではなく、きちんと出汁をとったスープなので、しっかり、煮干しのうま味が出ていて♪
苦味やえぐ味は、煮干しの頭も腸も取り除かずに炊いて、煮干しを潰して出汁をとっているからだろうと思われるけど


コアなニボラーにとっては、ちょうどいいビターな味わいで!
たまりません♪


ただ、これは、コアなニボラー向けの一杯で、一般のお客さんはダメだろうね!
しかし、この地で、これだけ濃厚な煮干しつけ麺をいただけるとは思っていなかったので驚かされた。


それと、この濃厚煮干しつけ麺!
これでも、充分、ニボラーにとっては満足なスープに仕上がっているとは思われるけど


もう少し、動物系が強いと!
もっと美味しいスープになる!


今は、鶏清湯スープがベースとなって、そこに大量の煮干しを加えて作っていると思うけど
ベースを鶏白湯にしたら

濃厚な鶏白湯にする必要はなく、シャバめの鶏白湯でいいので!
逆に粘度のない鶏白湯でないと、煮干しが生きないので


そうしたら、「らぁ麺」も含めて、もっとスープに厚みが出て!
うま味も強くなっていいと思うんだけどね♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、先ほど同様で!
レア感もまずまずだし!


しっとりとした食感なのがよかったし!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいレアチャーシューだったし♪


ハーフ味玉の半熟加減も!
メンマのコリコリとした食感もよくて!


こちらも美味しく完食!
そして、最後にスープ割りを作ってもらったんだけど


らぁ麺 幸跳-17

これが、なかなかの美味しさで!
「煮干し」は「つけ麺」でいただくよりは、「らぁ麺」の方がいいかもね♪


なお、今日、「醤油らぁ麺」を食べて、このスープなら、「たまり醤油」のカエシに合わせた方が、より、美味しくいただけるように感じられたし
「煮干しつけ麺」なら、「煮干しらぁ麺」の方がいいように感じられたので!

次回は「たまり醤油らぁ麺」に「煮干しらぁ麺「極」」を、Instagramに上がっていた、こちらの店の常連のお客さんがしていたように
トッピング別皿にしてもらって、かけラーメンスタイルで食べてみようかな!?

それとも、今日は、私以外のお客のほとんどが限定の「味噌らぁ麺」を食べていたので
店主のブログをチェックして、限定を食べに来るのもいいかも!

何れにしても、また、豊橋に来る機会があったら訪問は確実の店!
ご馳走さまでした。


らぁ麺 幸跳-18

メニュー:醤油らぁ麺…850円/醤油つけ麺…900円/塩らぁ麺…850円/たまり醤油らぁ麺…900円/煮干しらぁ麺「極」(醤油)…900円/煮干しつけ麺…950円

豚チャーシュー増し(2枚)…200円/鶏チャーシュー増し(2枚)…100円/味玉(半玉)…円/豚・鶏増し(各2枚)…300円

チャーシュー飯…350円/(平日ランチ)…250円
ご飯…150円/(平日ランチ)…50円

麺大盛…100円


幸跳ラーメン / 豊橋駅新豊橋駅駅前駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:醤油らぁ麺star_s40.gif
煮干しつけ麺「極」star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m