訪問日:2017年4月26日(水)

【新店】麺屋 ひとしお-1

今日は静岡の『麺や厨』でランチをいただいて、名古屋に移動!

そうして、名古屋からは空路、福岡入りして!
福岡空港から向かったのが、中州川端に3月11日オープンした新店の『麺屋 ひとしお』!


【新店】麺屋 ひとしお-2
【新店】麺屋 ひとしお-3

こちらの店は、中洲にある創作居酒屋『頂き家』の関連店!
博多では珍しい清湯の「塩つけそば」が食べられるという情報で、そう期待せずに訪問することに
(汗)

オープンから1ヶ月間は昼のみの営業。
しかし、4月10日から夜営業も始まったようなので


夜の8時40分になる時刻に店の前までやってきて
店頭にぶら下げられた提灯がなければ、カフェに見える、ラーメン店らしくない店へと入店すると

大きなテーブル席にカップルのお客さんが2人と
左右の壁際に設けられたカウンター席に、女性のお一人様のお客さんがいるだけ

と思ったら
「いらっしゃいませ♪」という声がして、店の奥からかわいいスタッフの女子が出てきた。

まずは、店を入ってすぐ右の壁際にある券売機で食券を購入!
メニューは、「塩そば」と「醤油そば」の2種のラーメンに、「塩つけ麺」と「醤油つけ麺」の2種のつけ麺があって!


【新店】麺屋 ひとしお-4

この4タイプの麺メニューが基本のようで!
それぞれに、「麺小盛」に「かけラーメン」の設定もあった。


さらに月替りの限定メニューもあって!
今月は「濃厚鶏あさりそば」が提供されていた。


【新店】麺屋 ひとしお-5

面白いのは、サイドメニューとして、「エビピラフ」や「チキン南蛮」が用意されていること。
「炒飯」に「唐揚げ」ならわかるけど、ラーメン店で「エビピラフ」に「チキン南蛮」というのも珍しい。


さらに、奥の黒板には、手書きされたお酒のおつまみもあるようだった。
この中からセレクトしたのは、予定通りの「塩つけ麺」!


食券を買い求めて、スタッフの女子に渡すと
奥の完全にクローズドのキッチンにいた松井さんという店主に注文が告げられた。

そうして、少し、待っていると
スタッフの女子によって、出来上がった「塩つけそば」が運ばれてきた。

【新店】麺屋 ひとしお-6【新店】麺屋 ひとしお-7【新店】麺屋 ひとしお-8【新店】麺屋 ひとしお-9

豚肩ロース肉のレアチャーシューにメンマ代わりの小松菜プチトマト、白髪ネギ、海苔がトッピングされた彩り鮮やかつけ麺♪
ただ、このつけ麺、麺の量が少ないような


見た感じからすると、150gの1玉分しかないと思うんですけど(汗)
実際に、後で、松井店主に麺の量を尋ねたところ

予想通り150gということで
これは、デフォで1.5玉の225gにしないと

と思ったところ
そうではなく、この「製麺屋慶史」謹製だという麺は、1.5玉で150g。

つまり、1玉100gということだった。
ちなみに、「塩そば」に「醤油そば」のデフォの麺量は1玉100gで


関東では1玉140g~150gが標準の麺も、こちら、とんこつラーメンの聖地である博多では、麺1玉の麺量は100gが標準なんだね
ただ、とんこつラーメンは「替え玉」して食べるのが普通だけど、非とんこつのラーメンは、あまり「替え玉」はしないと思うので

麺量は、もっと多めにしておいた方がいいと思うんだけど
これで、「麺小盛」にしたら、何gになるんだろうか!?

まあ、とりあえず、それは置いといて
まずは、中太の平打ち麺だけをいただくと

つるっとした、なめらかで、のど越しのよさもある麺で!
しなやかなコシもあって!


この麺をつけ汁に潜らせていただくと
つけ汁は、鶏出汁のうま味に昆布出汁のうま味♪

さらに、干し椎茸の出汁のうま味に、鰹、鯖、煮干しの魚介出汁のうま味が感じられて!
この味わいは、居酒屋がお酒を飲んだ後の〆に作るラーメンやつけ麺のスープのレベルじゃない


和食の料理人が出汁を引いた、出汁のうま味で食べさせる!
しかも、和食の出汁に使われる淡い出汁ではなく


しっかりとラーメンのスープにアジャストして、それなりに濃い味付けのスープに仕上げられていて
これ、めっちゃ、美味しい♪

それに麺も、加水率高めの麺ながら、平打ちだったこともあって、つけ汁との絡みもまずまずよくて!
美味しくいただけたし♪


それと、終盤に卓上にあった柚子胡椒を麺に載せて食べてみると
柚子のさわやかな香りにピリッと効いた唐辛子の辛味が、また、よくて♪

【新店】麺屋 ひとしお-10

これが、この塩鶏清湯魚介のつけ汁とも合っていて!
美味しく味変してくれたのもよかったし♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシュー
もうちょっと厚切りにしてもらえると、もっとよかったとは思うけど

それでも、しっとりとした食感に仕上げられていていたし!
肉のうま味を感じられる美味しいレアチャーシューでよかったし♪


【新店】麺屋 ひとしお-11

春の息吹を感じるも、やわらかく炊かれていたのもよくて!
小松菜のシャキシャキとした食感もアクセントとしてよかったし♪


そして、最後に、スタッフの女子にスープ割りをお願いすると
「スープ割りですか!?」と言って、厨房に聞きにいってくれて

戻ってくると
「できます♪」といって、つけ汁の入った器を持って、再び、厨房へと走って!

出来上がったスープ割りを持ってきてくれたんだけど
ラーメンのスープで割りましたといった感じの贅沢なスープ割りで!

【新店】麺屋 ひとしお-12

これが、また、めっちゃ美味しくて、すべて飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


そうして、席を立って、店を出ようとしたところ
奥の厨房から、松井店主が出てきて

味の感想を聞かれたので
「鶏と昆布、干し椎茸に、鰹、鯖、煮干しの魚介出汁のうま味が感じられて、出汁のうま味で食べさせるつけ麺でよかった。」と話すと…

ちょっと、驚いた顔をしながら
「よく、干し椎茸が使われているのがわかりましたね。」と言われたので…

「東京人なので、干し椎茸の出汁の味わいには、子供の頃から慣れているので…」と言うと…
納得してくれて

「和食をやっていたので、和食の技法でラーメンを作ってみようと思ったんです。」なんて言うので…
「醤油そば」も食べてみたくなった。

そこで
「せっかくなので、もう一杯、醤油のかけそば食べます。」と言って、券売機で食券を追加で買って、店主に渡すと

すぐに、厨房に引き返して
出来上がった「かけ醤油そば」を配膳してくれたんだけど

【新店】麺屋 ひとしお-13【新店】麺屋 ひとしお-14

供された「かけ醤油そば」には、豚肩ロース肉のレアチャーシュー小松菜、海苔の具が載っているんですけど
純粋にスープと麺だけを味わうために「かけ」でお願いしたのに(汗)

でも、これは、松井店主のサービスらしいので
ありがたくいただきます(笑)

そうして、まずは、やや、醤油濃いめのスープをいただくと
濃口醤油にたまり醤油、みりん、砂糖のカエシで味付けられたスープは、やや、甘味の感じられるスープで!

しかし、この甘味は、カエシの甘味だけではなく、スープ表面に浮く刻み玉ねぎによるものも影響していて!
たまり醤油による、九州らしい甘ったるい味わいではなく、意外にスッキリとした味わいに感じられたので


「八王子ラーメンぽさも感じられますね!」
「それに、カエシにたまり醤油が使われていると思われますけど、あまり甘くないのもいいです♪」
と感想を話すと…

「博多のたまり醤油は、他の九州のたまり醤油と違って、そんな甘くないです。」
「八王子ラーメンは、少し意識しました。」みたいなことを話していたけど


このスープも、先ほどの「塩つけ麺」同様、鶏と昆布と干し椎茸に、鰹、鯖、煮干しのうま味が出ていて!
カエシの味わいが強いために、「塩つけ麺」に比べると出汁感は弱めに感じられたけど、味はまずまず♪


そして、麺は、中細ストレートの縮れ麺が合わせられていて
つるしこの食感の麺は悪くはないし

【新店】麺屋 ひとしお-15

スープとも合っていないことはないけど
これは、もっと、相性のいい麺がありそうな気もした。

それと、2杯目なので、麺100gで十分だったけど
これが1杯目だと、ちょっと、物足りないような

松井店主によると、4つの麺メニューで、すべて、麺を変えているということだったので、次回は「塩そば」を食べてみたいとは思ったけど!
麺の量は、やっぱり、見直してもらえると嬉しいんだけどね


こちらの店で食べるなら、ぜひ、塩で!
博多では、今まで、あまり、食べる機会がなかったかもしれないですけど、「塩つけ麺」がおすすめです♪


【新店】麺屋 ひとしお-16

メニュー:塩そば…650円/醤油そば…650円/塩つけそば…750円/醤油そば…750円

【月替わりそば】濃厚鶏あさりそば…750円

かけ塩そば…500円/かけ醤油そば…500円
麺大盛…150円
小盛塩そば…580円/小盛醤油そば…580円/小盛塩つけそば…680円/小盛醤油そば…680円

トッピング
チャーシュー…250円/半熟味付玉子…100円

エビピラフ…450円/チキン南蛮…500円/チャーシュー丼…350円
エビピラフ(小)…200円/チキン南蛮(小)…200円/チャーシュー丼(小)…200円/白ごはん…150円


麺屋ひとしお



関連ランキング:ラーメン | 中洲川端駅呉服町駅祇園駅



好み度:塩つけそばstar_s45.gif
かけ醤油そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2017年2月15日(水)

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-1

富士山静岡空港から16時5分発のフジドリームエアラインズFDA147便(JAL3816 とのコードシェア便)に搭乗して福岡空港へ!

ジェット機の左側の窓から、玄界灘に沈む夕陽を眺めながら午後6時近い時刻に福岡空港に着陸。

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-2【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-3

さっそく、向かったのが 福岡空港国内線ターミナル内 に昨年の12月8にオープンした『天然とんこつラーメン専門店 一蘭福岡空港店』!?

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-4

いえいえ、新店ハンターではないので(汗)
2番搭乗口に着いて、隣の LCCのPeach(ピーチ航空)が離発着する3番搭乗口のすぐ横に店があったので、記念に撮っただけ(笑)

そうして、福岡空港から向かったのは
福岡・六本松に昨年の12月18日にオープンした新店の『白河手打中華そば とら食堂 福岡分店』!

こちらの店のオープンを知って!
『福岡分店』とあったので!


最初は、千葉県松戸市の松飛台にある『とら食堂 松戸分店』に続く、『とら食堂』の2番目の分店なのかと思ったけど
こちらの店のFacebookによると

「2号店ではありません。経営は、昔から親交のある博多一風堂グループ様が担います。当店は、福岡へ福島の味と技を伝える役割を果たしてまいります。」とあって…
調べてみると

博多一風堂関連の「力の源パートナーズ」がプロデュースして
現場でラーメンを作るのは、山口県山口市にある『手打ち中華そば 侍』の創業者である山根さんという方だとか

さらに調べてみると
山根さんは2004年秋に福島県白河市の『とら食堂』本店に弟子入りして、2005年春に『手打ち中華そば 侍』をオープン!

創業当時の『手打ち中華そば 侍』の暖簾には「福島白河とら食堂より」という染め抜きがあって
短い期間ではあったけど、修業して、暖簾が寄贈されていることがわかった。

ちなみに、『手打ち中華そば 侍』は、今は、経営者も変わったということで
今は、真っ白な暖簾が掛かっている。

なお、12月18日オープンのときには、本店の竹井店主がやってきて!
大行列ができて、早い時間で完売したと聞いたけど


豚骨ラーメンの聖地・博多で、 果たして、『とら食堂』が受け入れられるのだろうか
同じく、博多に進出した札幌味噌ラーメンの『すみれ』!

ラーメン好きで、その名を知らぬものはいない超有名店は、「博多店」、「大名店」と出店したものの
「博多店」は2014年11月10日に閉店。

「大名店」も後を追うように休業
その後、大名店だけは、翌年の2015年2月1日に復活したみたいだけど

札幌味噌ラーメンを受け入れない街で、白河ラーメンが受け入れるのか
また、その前に、本店の味わいを再現できているのか

気になったので、博多入りして、まず、こちらの店へと向かうことにした。
そうして、キャリーバックを引きながら、地下鉄空港線、七隈線と乗り継いで、店の最寄り駅になる六本松駅までやっていたんだけど


天神駅で、地下鉄空港線から七隈線に乗り換えるのに10分以上も歩かされるのは
何で、こんな不便なことをするのだろうか

そうして、六本松駅1番出入口を出て、「六本松西」交差点から油山観光道路を梅光園方面に80mほど歩いた右手にある店へとやってきたのは夜の7時を少し回った時刻。
しかし、入口には「夜寅」の赤提灯がぶら下がっていたんだけど


【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-7

これって、何!?
とりあえず、入店すると

店の手前から奥に延びるカウンター8席にはお客さんの姿はなく
全16席あるテーブル席も1組のお客さんが使っているだけで、空いている

『とら食堂』本店にも、『とら食堂 松戸分店』にも何回かお邪魔させてもらっているけど
行列しないで入れたことなんてなかったのに(汗)

まして、店内がガラガラなんて
もっとも、『とら食堂』に訪問したのは、昼ばかりで、夜営業にお邪魔したのは初めてなので

夜はお客さんが少ないのかもしれないけど
この後も、ポツポツとお客さんが来るだけで、閑散としていたのには、ちょっと驚かされた。

カウンター席に座ると
スタッフのお兄さんが、本日のメニューが書かれた、ミニサイズの黒板を持ってきて

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-8

「今日は、これがおすすめです。」
なんて言うんだけど


黒板にあるのは、お酒のアテになる一品料理ばかり
そして、卓上にあった「夜寅」のメニューを見ても、一品料理が並んで

ラーメンは、「〆の中華そば(小)」だけって
これって、ラーメン屋じゃなくて、居酒屋じゃない(汗)

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-9

そこで
「ラーメンはこれしかないのですか?」とスタッフのお兄ちゃんに聞いてみると

「メニューの裏側に…」と言うので…
ひっくり返すと、麺メニューがあった。

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-10

つまり、こちらの店は、昼は白河手打中華そば専門店の『とら食堂』として!
夜は、麺酒場の『夜寅』として営業していることがわかったんだけど


地鶏で出汁を引いたスープの、せっかくのラーメンなので
できれば、昼も夜もラーメン一本で、やっていただきたかったかな(汗)

でも、『とら食堂』名物の「炭焼き吊し焼豚」が一品料理にあったので
まず、これをアテに瓶ビールをいただくことにした。

すると、すぐに、プレモルの瓶ビールが出されて
少し遅れて、「炭焼き吊し焼豚」も出された。

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-11【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-12

七輪の炭火のロースターでじっくり焼き上げられた豚ロース肉と豚モモ肉の焼豚!
どちらも、香ばしくて、うま味たっぷりの美味しい焼豚で、最高♪


これをアテにビールをグビッとやれば
至福の時

そうして、スタッフのお兄ちゃんに、「ワンタン麺」を注文しようとして
「焼豚麺は、このアテの炭焼き吊し焼豚と同じチャーシューがトッピングされるんですよね?」と確認してみると…

「焼豚麺をご注文のお客さまにだけ、特別なチャーシューがつきます。」なんて答えが返ってきたので…
それは、どんなチャーシューなのか

重ねて、聞いてみたところ
名前は、失念してしまったけど(汗)

どうも、特殊な部位の豚肉(?)のようだったので
注文は「焼豚ワンタン麺」にすることに♪

さらに、せっかく博多に来て、こちらの店一軒で終わらせるのも、もったいないない気がして
「焼豚ワンタン麺」を「小」にした場合の麺の量を聞いてみると

「130gです。」と言うので!
それなら、「小」で十分と判断して、「焼豚ワンタン麺(小)」をオーダー!


そうして、待っていると
スタッフのお兄ちゃんが、注文した「焼豚ワンタン麺(小)」を運んできてくれたんだけど

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-13【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-14

具沢山で、最初は気づかなかったけど
麺を食べ始めたら、意外にサクッと食べられたので

これ、130gもあったのかな!?
疑問に思って、目の前の厨房で炒飯を作っていたベテランの男性スタッフの人に、「小」の麺量を確認してみると

【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-15

「100gです。」というので
普通盛りの量も確かめると

「150gです。」
お兄ちゃん、麺の量を間違えて覚えていたみたい
(汗)

なお、供された「焼豚ワンタン麺(小)」は、豚ロース肉と豚モモ肉の炭焼き吊し焼豚!
さらに、焼豚麺にのみ付く一枚の横に長い豚ヒレ肉(?)の炭焼き吊し焼豚、ワンタン、メンマ、小松菜、なると、小口切りされたネギがトッピングされたラーメン!


琥珀色したスープをいただくと
岡山の吉備黒鶏、博多地鶏、鹿児島の南薩など、上質の鶏をふんだんに使ったというスープは、淡麗ながら、地鶏のうま味が、しっかりと感じられて♪

カエシに使われた醤油の芳醇な香りがとてもよくて♪
そして、この味わいは『とら食堂』だね!


【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-16

白河の本店や松戸の分店に比べると、鶏のうま味は、やや、弱いようにも感じられたけど
でも、十分、美味しいし♪

こうして『とら食堂』の味が、ここ博多でいただけるというのは画期的なことだと思う♪
あとは、博多のお客さんが、どれだけ、この味を理解してもらえるか
!?

そうして、この極上スープに合わせられた麺は、店の入口を入って、すぐ左にある麺打ち場で、粉から捏ねて!
足踏みして、青竹で伸ばして作る『とら食堂』伝統の手打ち麺!


【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-17

平打ちの中太縮れの麺は、プリプリでモチモチとした食感の超多加水麺で!
加水率は45%くらいあるんじゃないかと思うけど


この白河ラーメン独特の食感が何ともよくて!
そして、この麺が、この繊細な味わいのスープと適度に絡んでくれて、美味しく食べさせてくれるのがいい♪


ただ、この独特の食感の多加水麺もスープ同様
極細のザクパツな食感の低加水麺に慣れた博多のお客さんがどう感じるか

さらに、トッピングされた具の3種の炭焼きチャーシューは、どれもが香ばしくて♪
味、食感の違いが楽しめてよかったし!


【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-18

ただ、スモーキーな香りが強くて!
スープに香りが移ってしまっていたのが


ちょっと気になったので
次回、食べる機会には、別皿に盛ってもらって、提供してもらうつもり。

ワンタンは、毎朝、白河本店から送られてくる皮を使って作られた一品で!
トゥルンとした皮の食感が最高だし♪


【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-19

餡もタップリ詰まって!
肉のうま味も詰まった美味しいワンタンだったし♪


最後は、スープも残さず、美味しく完食♪
ご馳走さまでした。


【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-20【新店】白河手打中華そば とら食堂 福岡分店-21

メニュー:手打ち中華そば…730円/手打ち中華そば(味玉子入り)…830円/ワンタン麺…890円/焼豚麺(※もも肉+ロース、かぶり)…980円/焼豚ワンタン麺…1140円/半熟味玉子…100円

麺増し(※麺、スープ、焼豚1.5倍)…180円増/麺少なめ…130円引

白ごはん(白河産コシヒカリ)…150円

夜寅メニュー(夕方五時半~)
炭焼き牛タン(※七輪ロースター吊るし焼き)…600円/炭焼き焼豚(※七輪ロースター吊るし焼き)…450円/燻製チーズたくあん盛…300円
焼豚もやしポン酢…320円/鶏皮ポン酢…320円/ポテトサラダ…320円/焼豚マヨ海苔巻…180円

〆のワンタンスープ…600円/〆の中華そば…600円


とら食堂 福岡分店



関連ランキング:ラーメン | 六本松駅別府駅桜坂駅



好み度:焼豚ワンタン麺(小)star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年5月17日(火)

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-1

福岡空港から羽田空港へのフライト時間まで、少し時間があったので、ちょっと、博多駅のデイトスまで!

こちらのJR博多駅直結の「博多デイトス」の2階には「博多めん街道」という人気のラーメン店やうどん店が集まるフロアーがある。

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-2

そして、こちらには、『元祖博多だるま』、『長浜ナンバーワン』、『博多一幸舎』、『博多らーめん ShinShin』、『博多新風』といった、とんこつラーメンの有名店が中心に入る。
唯一、非とんこつの店で入居しているのは『支那そば月や』!


博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-3博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-4

この中で、入店したことがあるのは、『元祖博多だるま』『長浜ナンバーワン』『博多新風』
しかし、『博多一幸舎』『支那そば月や』は、それぞれ、博多にある本店を訪れているので!


そこで、今日は、この中から、唯一、未訪の『博多らーめん ShinShinで食べていくことにして!
夕方の17時17分に入店すると


まだ、時間は早いのに、結構、お客さんが入ってる♪
まず、女子のスタッフの人が近づいてきて


「お荷物お預かりします♪」
そう言われて、キャリーバックを預けると、引き換え券を渡されて!


カウンター10席にテーブル32席の計42席ある席の中から
空いていたカウンター席の1席へと案内された。

卓上にある画像付きのメニューを見ると
「博多ShinShinラーメン」という基本のとんこつラーメン以外にも、「焼きラーメン」や「博多ちゃんぽん」なんかもあって♪

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-5博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-6博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-7博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-8博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-9博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-10

ちょっとそそられたけど
やっぱり、博多に来たら、とんこつラーメンでしょう♪

さらに、ページを捲ると
ラーメンと餃子!

ラーメンと半やきめし!
それに、そのセットに、さらにビール他のドリンクがセットになってお得な価格の「スペシャル3点セット」というメニューもあって!


博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-11

後は、東京に帰るだけなので!
このビールがセットになって、好きなラーメンの種類と、餃子か半焼やきめしのどちらかを選べる、この「スペシャル3点セット」をスタッフの女子に注文!


選べるラーメンは「煮玉子入りらーめん!
選べるサイドメニューは「半焼飯」でお願いすると


麺の茹で加減を聞かれたので
「カタめ」でお願いした。

すると、すぐにビールが出されて!
少し遅れて「半やきめし」!


博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-12博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-13

そうして、「煮玉子入りらーめん」も
ほぼ、同時に着丼!

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-14博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-15

「煮玉子入りらーめん」は、博多とんこつラーメンの定番である、チャーシュー、木耳、万能ネギに味玉が載るラーメンで!
白濁したスープをいただくと


国内産を中心とした豚骨と佐賀県の銘柄鶏「ありたどり」のガラ、地元九州の香味野菜を炊いて作ったというスープは、鶏ガラを使っていることもあってか!?
意外に、さらっとしていて飲みやすい。

しかし、だからといって、出汁のうま味が出ていないわけではなく
豚骨に鶏ガラのうま味は、」しっかりと感じられた♪

ただ、やや、単調で、途中で飽き手しまったので、卓上の辛味をいれて、味変させてみたんだけど
ちょっと、入れすぎてムセてしまった(汗)

博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-16博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-17

麺は極細ストレート!
「カタめ」でリクエストしたこともあって、ザクパツの、カタめで歯切れのいい麺の食感がよかったし♪


博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-18

具のチャーシューは、ごく普通の煮豚で
でも、今まで博多で、何度も博多とんこつラーメンをいただいているけど

申し訳ないけど、あまり、美味しいチャーシューに巡り会っていないので
普通に美味しくいただけただけでもよかったし♪

煮玉子は、黄身がトロンと、いい半熟加減に仕上げられていて!
よく味がしみ込んだ、美味しい味玉だった♪


博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-19

キクラゲは、コリコリとして食感が最高♪
万能ネギが、ネギ増しでお願いしているわけでもないのに、たっぷり入っているのも嬉しかったし♪


ただ、スープは、個人的には、ちょっとマイルドすぎて
もう少し、こってりしたスープの方が好みだったかな

濃厚でクリーミーなスープが好みの人にはおすすめできないけど
臭みがなくて、癖のない味わいなので、豚骨が苦手な人でも食べられるのはいいかも♪

なお、セットの「半やきめし」は、可も不可もなく、まずまずの味わい。
でも、これだったら、「一口餃子」の方がおすすめかな!


こちらの店の魅力はメニューがいっぱいあること!
なので、大勢で行くときは重宝するかも♪


次回、福岡に来て、こちらの店でいただくとしたら、「焼きらーめん」か「焼きちゃんぽん」かな!
ご馳走さまでした。


博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店-20

メニュー:博多純情らーめん
博多ShinShinらーめん…650円/チャーシューメン…890円/ねぎらーめん…円/煮玉子入りらーめん…750円/全部のせらーめん…930円/博多一口餃子(7個)…500円
替え玉…150円

博多焼きらーめん
明太焼きらーめん…870円/博多焼きらーめん…770円

博多油そば
油そば…730円/麺増量1.5倍…+100円/2倍…+200円

博多ちゃんぽん
博多もっちゃん…930円/博多ちゃんぽん…750円
激辛ちゃんぽん…850円/みそちゃんぽん…850円
焼きちゃんぽん…750円

やきめし
やきめし…650円/高菜やきめし…750円/明太やきめし…750円/半やきめし…350円

博多屋台飯
みそホルモン…950円/肉と野菜のみそ炒め…750円
ごはん(中)…190円/(大)…250円

ニラとじ…550円/チャーシュー皿…450円


博多らーめん Shin-Shin 博多デイトス店



関連ランキング:ラーメン | 博多駅祇園駅東比恵駅



好み度:煮玉子入りらーめんstar_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2015年11月13日(金)

中華そば かなで【弐】-1

本日のランチは、昨夜に続いて、『中華そば かなで』で!

こちらの店は、10月10日オープンの『濃厚とんこつ かなで食堂』のセカンドブランドの新店で!
博多駅からも、福岡空港駅からも地下鉄空港線で一つ目の東比恵駅近くにオープンした店!


昨夜は、空路、博多入りして、まず、こちらの店を訪れて!
ローストトマトの載った「塩そば」をいただいた。


淡麗で滋味深い味わいのスープの塩清湯スープのラーメンで!
しかし、じんわりと鶏や魚介の出汁のうま味が感じられて!


バランスかをとてもよかったし!
ローストトマトを崩していただくと、和からイタリアンに味変するのもよくて!


美味しい塩ラーメンだったので!
醤油味の「中華そば」も食べたくなった♪


というわけで、11時47分に入店すると
昨夜は、疎らだったお客さんも今日は5割ほどの入りで!

この後、お昼の12時を回ると、どんどんとお客さんが入店して、満席となったので!
昼休み前に入店して大正解♪


席について、注文したのは「中華そば」と「ローストトマト丼」のセット!
昨夜は、ご飯ものとのセットはなかったので、これは、ランチタイムのサービスメニューと思われるけど


中華そば かなで【弐】-2

昨日もローストトマトがデフォルトでトッピングされていて650円という「塩そば」も、かなりのコスパだと思ったけど
630円の「中華そば」と360円の「ローストトマト丼」がセットで、通常990円のところが810円で食べられるというのも、めっちゃコスパ高いよね♪

厨房には、昨夜いた『濃厚とんこつ かなで食堂』の店主の姿はなし!
今日も『濃厚とんこつ かなで食堂』の営業が終わってから、こちらに来るのだろうか
!?

そして、そう待つことなく、「中華そば」が着丼!
「ローストトマト丼」も、この後に、すぐに出された。


中華そば かなで【弐】-3中華そば かなで【弐】-4

真空低温調理された豚肩ロース肉のチャーシューメンマ、海苔、青ネギと実にシンプルな出で立ちのラーメン!
昨夜いただいた「塩そば」は、デフォルトで、さらに、ローストトマトがトッピングされていて!


華があったし!
価格も「中華そば」の20円高の650円だから、「中華そば」も、何かもう一品でもトッピングしてもらえるとよかったんだけどね


でも、これでも、税込みで630円!
税抜きにしたら500円台だから、「中華そば」だって、価格は十分に安めだけど!


そう考えると
やっぱり、「塩そば」の650円という価格は、めっちゃコスパ高いよね♪

まずは、赤黒い色合いしたクリアーな醤油清湯のスープをいただくと
「奥出雲 井上醤油店」の「天然醸造・丸大豆仕込 古式しょうゆ」がカエシに使われたスープは、芳醇な醤油の風味とコクがとてもいい♪

中華そば かなで【弐】-5中華そば かなで【弐】-6

ただ、スープからは、鶏に昆布、干し椎茸、煮干しの風味が感じられるものの
かなり、あっさりした味わいのスープで、「塩そば」に比べると出汁感は弱め

たぶん、スープは「塩そば」同様の鶏清湯で!
カエシに、昆布に干し椎茸、煮干しが入れられているんだろうと思われるけど


同じスープなのに、出汁が弱めに感じられたのは、醤油ダレのカエシが強いためか!?
もしかすると、今日のスープが下ブレしていたのかもしれないけど

麺は、昨夜のものと同じ、全粒粉が配合された細ストレートの自家製麺が合わせられていて!
なめらかで、ツルモチの食感の多加水麺なのも、まったくいっしょ!


中華そば かなで【弐】-7

そして、昨夜同様、しっかりと芯まで茹でられた麺からは、小麦粉のうまが感じられて!
美味しい麺だったけど!


昨夜の「塩そば」に比べれば、相性はいいような気もしたけど
やっぱり、もう少し、加水率の低い麺の方が、スープとも馴染むような気がするんだけど(汗)

トッピングされた具の真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは、昨夜にも増して、レア感のないもので
レアチャーシュー独特のしっとりとした食感がなく、ハムを食べているような感じだったのが、個人的には残念

ただ、大ぶりで厚みもあって!
肉のうま味が感じられたのはよかったけど!


サクッとした食感のメンマに、パリッとした海苔!
それに、青ネギの香りも、この醤油スープとは合っていてよかったし♪


まあまあ、美味しい醤油ラーメンではあるけど
もう少し、スープの鶏出汁の厚みを増してもらえると!

大化けする可能性のあるスープだと思うので
コスパは最高なので、100円値上げしてもいいので、ぜひ、そうしてもらえるとありがたいんだけど

ローストトマト丼は、レタスの上にローストトマトとともに、レアチャーシュー味玉ハーフが載せられて!
ソースとマヨネーズで味付けられたもので!


中華そば かなで【弐】-8

やや、甘めの味付けのものだったけど!
これは、好きな人は好きなんだろうなと思える味わいの一品で!


これが、ランチタイムなら、180円でいただけるのはお得だし!
甘めの味わいが苦手な方は、「ミニカレー」や「玉子かけごはん」のセットも用意されているので、ぜひ♪


中華そば かなで【弐】-9

メニュー:中華そば…630円
大盛…プラス120円

中華そばプラスランチセット
ミニカレーセット…890円
ローストトマト丼セット…810円
玉子かけごはんセット…760円
ごはんセット…690円

塩そば…650円
大盛…プラス120円

塩そばプラスランチセット
ミニカレーセット…910円
ローストトマト丼セット…830円
玉子かけごはんセット…780円
ごはんセット…710円

汁なし担々麺…730円
大盛り…プラス120円

汁なし担々麺プラスランチセット
ミニカレーセット…990円
ローストトマト丼セット…910円
玉子かけごはんセット…860円
ごはんセット…790円

トッピング
味付玉子…110円/チャーシュー…260円/青ネギ…110円/のり…110円/全部のせ…35円


自家製カレー…580円/ミニカレー…360円
ローストトマト丼…360円/玉子かけごはん…230円

ライス…120円/小ライス…130円
※ごはん大盛…+120円

エビギョーザ(六個)…360円


中華そば かなで

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 東比恵駅博多駅



好み度:中華そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2015年11月12日(木)

【新店】中華そば かなで-1

伊丹空港からJALで空路、博多入りして、博多駅近くのホテルにチェックイン!
そうして、夜の8時過ぎに向かったのは『中華そば かなで』!


【新店】中華そば かなで-2

こちらの店は、10月10日オープンの新店で!
福岡県の春日市にある『濃厚とんこつ かなで食堂』のセカンドブランドの店!


そして、こちらの店で提供されるラーメンは、本店とは違う非とんこつの清湯スープの「中華そば」と「塩そば」!
それに「汁なし担々麺」!


この中で、一番、食べたかったのが、ローストトマトがトッピングされた「塩そば」!
ローストトマトがトッピングされた塩ラーメンは、東京の『RAMEN CiQUE』『Japanese soba noodles 蔦』では食べたことがあるけど


ローストトマトと塩スープとの相性はとてもいいし♪
東京以外の店では食べたことがなかったので!


今日から福岡ラーメンショー2015が開催されていて!
行くつもりだったけど!


昨日から夜営業を始めたという情報をキャッチして!
こちらを優先して訪問することに♪


地下鉄空港線の博多駅と福岡空港駅の間にある東比恵駅から徒歩4分ほどの場所にできた店へは、宿泊したホテルが博多駅の筑紫口側にあったこともあって
ホテルから徒歩で、直接アクセスすることにした。

徒歩8分ほどで店に到着。
入店すると


お客さんはパラパラと入っていたけど
昨日から夜営業を始めたばかりだか、営業しているのを知らないお客さんも多いのかな

カウンター席の1席について
メニューをみると

【新店】中華そば かなで-3

「中華そば」の画像がデカデカと載せられていて!
店のイチオシは、屋号にも冠された「中華そば」のようだけど


注文したのは、もちろん、ローストトマトの載る「塩そば」!
しかし、驚かされたのは、追加トッピングだとばかり思っていたローストトマトがデフォルトで付いて、650円という価格で食べられること!


東京だったら、ローストトマトをトッピングするだけで150円するのが普通で、850円から900円はしても不思議じゃないのに!
これで、650円という価格はコスパ良すぎ♪


そうして、少し待っていると
カウンター席と対面する厨房で、店主らしき人が作った「塩そば」をスタッフの人が運んできてくれた!

【新店】中華そば かなで-4【新店】中華そば かなで-5

真空低温された豚肩ロース肉のレアチャーシューメンマネギ
そして、ローストトマトが載るビジュアルも美しいラーメン!


透明感のある黄金色のスープをいただくと
鶏ベースの清湯スープに煮干し、桜海老、ホタテの貝柱、干し椎茸、羅臼昆布で作った塩ダレを合わせたとメニューに解説のあったスープは

淡麗で滋味深い味わいのスープで!
濃い味わいに慣れた人だと、物足りなさを感じてしまうかもしれないけど


じんわりと、それぞれの素材のうま味が感じられて
何かが突出するわけでもなく、バランスのいいスープに仕上がっていて、とても美味しい♪

麺は、色白の麺の表面に浮かぶ斑点模様からもわかるように、全粒粉が配合された中細麺ストレートの自家製麺が合わされていて!
なめらかで、ツルッとした口当たりの麺は、噛むとモチッと食感の多加水麺で!


【新店】中華そば かなで-6【新店】中華そば かなで-7

「カタメ、バリカタお断りしております。」という麺は、麺の芯まで、しっかりと茹で上げられていて!
小麦粉のうま味がしっかりと感じられるのがいい♪


【新店】中華そば かなで-8

ただ、あっさりとした味わいのスープなので、スープとの絡みはそれなりかな
醤油味の「中華そば」ならばいいのかもしれないけど

この繊細な塩スープなら、もう一回り細い麺にするか!
加水率を下げた方が合うような気はしたけど


でも、美味しい麺だったので!
せひ、この麺で「中華そば」の醤油スープで食べてみたい♪


トッピングされたローストトマトは、後半にトマトを崩しながらいただくと
トマトの甘味に酸味!

さらに、オリーブオイルの風味が広がって!
スープがイタリアンに味変して!


この味わいが、また、よくて!
2度、美味しいが味わえたのもよかったし♪


真空低温調理されたチャーシューは、博多では馴染みがないのか!?
注意書きがあったけど

【新店】中華そば かなで-9【新店】中華そば かなで-10

レア感は、もう一つ
でも、厚みがあって、噛むと、肉のうま味が滲み出てくるチャーシューなのはよかったし♪

スープが美味しかったから、すべて飲み干して完食!
食べ終わって、店主と思われる方に


「福岡ラーメンショーに行くつもりだったんですけど、ブログに昨日から夜営業を始めたと書いてあったので、こちらに先に来ました。」と話すと…
「ありがとうございます。」

「春日市にある店の営業を終えて、こちらに来て、夜営業を開始しました。」なんて言うので…
「これから、ラーメンショーに行こうかと思っていましたけど、もう、9時過ぎてるし、もう一杯、中華そばも食べていこうかな!?」と言うと…

「10時までやってますよ!」
「せっかくの機会なのに行かないと損ですよ。」
なんて話すので…

「でも、9時30分がラストオーダーですからね…」と言ったのに…
「いや、まだ、今から行けば、間に合いますよ!」

「私も、火曜日の定休日にスタッフとともに行きます!」なんて言うので…
「明日、お昼に時間があれば伺います。」と言って、会計を済ませて

「福岡ラーメンショー2015」へと向かうことにしたんたけど
この後の「福岡ラーメンショー2015」の模様に!

翌日の昼に訪問して、「中華そば」を食べたリポートは、また、この後に!
ご馳走さまでした。

【新店】中華そば かなで-11【新店】中華そば かなで-12

メニュー:中華そば…630円/塩そば…650円/汁なし担々麺…730円
大盛…+120円

トッピング
味付玉子…110円/チャーシュー…260円/青ネギ…110円/のり…110円/全部のせ…35円


自家製カレー…580円/ミニカレー…360円
ローストトマト丼…360円/玉子かけごはん…230円

ライス…120円/小ライス…130円
※ごはん大盛…+120円

エビギョーザ(六個)…360円


中華そば かなで

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 東比恵駅博多駅



好み度:塩そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m