訪問日:2018年6月2日(土)

中華そば かなで【参】-1

本日のランチは、本日6月1日から期間限定で提供される「冷製煮干そば」を求めて、超久々の訪問になる『中華そば かなで』へ!

今日は、どこでランチしてから帰ろうか!?
15時すぎのフライトで東京に帰るまでは時間があるので、まず、どこかの店で、今しか食べられない限定ラーメンを食べて!

最後は、昨年の11月21日に福岡空港国内線ターミナルビル3階にオープンした最新フードテーマパーク「ラーメン滑走路」で、期間限定出店の山形ラーメンの店で食べるつもり♪
そこで、一軒目にどこに行くか
!?

そこで、昨日、「めんむすび」さんのTwitterで情報収集していたところ
まず、目に飛び込んできたのが、「ANAクラウンプラザホテル福岡」の『中国料理 TAO-LI』で、本日6月1日より期間限定で提供される「シャンパンラーメン」

「ロブスターやキャビアなど高級食材をあしらった豪華な一杯には、黄金色の透き通った鶏ガラスープにふわりとのせた泡状のシャンパンが爽やかなアクセントとなっています。」と解説のあったラーメンは、ゴージャスで、食べてみたいとは思ったけど♪
ロブスター入り2,800円、ロブスター・キャビア入り3,400円
(※サービス料込・税別)という価格が足枷になって(汗)

次に目についたのは、長浜ラーメンのレジェンド『元祖 名島亭』の『JRJP博多ビル店』で、やはり、本日6月1日より、復活提供されるという「冷やし中華」!
めんむすびさんのTwitterにリンクされていた店のFacebookを見に行ってみると…


「冷やし中華はじめました!」のお馴染みのフレーズと、如何にも「王道の冷やし中華」といったビジュアルの一杯で!
いい感じ♪


明日の博多の天気は快晴の予報で!
気温もぐんぐん上がるということだったし!


これに決めた♪
昨夜までは、そう思っていた


しかし、ホテルでバイキングの朝食をとりながら、Twitterをチェックしていたところ
めんむすびさんが、昨夜、『中華そば かなで』のツイートをリツイートしていたのを発見!

リンクされていた『中華そば かなで』のブログを見に行ったところ
昨日6月1日から「冷製煮干そば」をスタートさせていて!

「夏野菜の甘味と煮干のえぐ味がマッチング!!」
「煮干が濃いのにごくごく飲めるスープ!!」


POPにこんなことが書かれていて!
極めつけは


「煮干が苦手な方お断り!!」
こう書かれたら、ニボラーとしては、食べないわけにはいかないよね
(^_-)

中華そば かなで【参】-3

こちら『中華そば かなで』は、福岡県の春日市にある『濃厚とんこつ かなで食堂』のセカンドブランドの店で!
博多駅と福岡空港駅の間の東比恵駅近くに、2015年10月10日にオープンした店!


福岡ローカルな言い方をするなら「非豚骨店」。
豚骨ラーメンのメッカである福岡では、ラーメンといったら豚骨ラーメンが当たり前で、豚骨ラーメン以外のラーメンを出す店を「非豚骨店」という言い方をする。


しかし、これでは、どんなラーメンが出てくるかわからないので
全国的というか、福岡以外の一般的な表現をするなら

こちらの店は、「中華そば」と「塩そば」の鶏清湯スープのラーメンに!
「汁なし担々麺」を出す店ということになる。


中華そば かなで【参】-4

オープンして1ヶ月か過ぎた11月12日の夜と、翌13日の昼に伺って、「塩そば」、「中華そば」の順でいただいた。
「中華そば」もよかったけど、印象に残っているのは、ローストトマトがデフォルトで載る「塩そば」


トレードマークのローストトマトに真空低温された豚肩ロース肉のレアチャーシュー、メンマ、ネギがトッピングされた美しいラーメンのビジュアルもさることながら
鶏ベースの清湯スープに煮干し、桜海老、ホタテの貝柱、干し椎茸、羅臼昆布で作った塩ダレを合わせたというスープは、淡麗で滋味深い味わいのスープで!

じんわりと、それぞれの素材のうま味が感じられて
何かが突出するわけでもなく、バランスのいいスープに仕上がっていて!

とても美味しかったという記憶があるので
この煮干しの冷製スープのラーメンにも期待♪

というわけで、博多駅博多口にあるホテルをチェックアウトして、博多駅から福岡地下鉄空港線に乗車して
博多から隣駅の東比恵駅で下車。

中華そば かなで【参】-2

駅からは徒歩5分ほどの店へとやってきたのは、あと5分で11時の開店時刻を迎える10時55分。
入口近くまでやってくると


「暑いので、どうぞ、中に!」
入口の扉が開いて、スタッフの人から、そう言われて、入店すると


そのまま、開店となった!
早明け、ありがとうございます。


席について、即、「冷製煮干そば」をオーダー!
すると、ハーフクローズドの厨房で、店主によって作られた「冷製煮干そば」が、そう待つことなく着丼!


中華そば かなで【参】-5中華そば かなで【参】-6

豚肩ロース肉のレアチャーシューミョウガヤングコーンアスパラ、太ネギ、あおさが入る、彩り鮮やかで、美しいビジュアルの冷やし煮干しラーメン♪
これだけの内容で750円という価格も嬉しい
(^-^*)

まずは、冷製の煮干しスープをいただくと
まず、キリッと冷えたスープでクールダウン!

中華そば かなで【参】-7

そして、POPにあった通り「煮干しが濃い」!
煮干しがビシッときかされたスープで!


煮干しは、イリコメインで出汁を引いたスープで!
イリコのうま味も感じられる一方


やはりPOPにあった通り、結構、「煮干しのえぐ味」もあって!
苦味も感じられるので、背黒も使っているのかな
!?

後で、店主に確認したところ、そうではなく、煮干しはイリコオンリーで、脂の多いイリコをあえて使ったと話していたけど
そうすることで、煮干しのエグニガな味わいを入れてきたんだね!

ニボラーからすると
特に、関東や関西に生息するコアなニボラーからすると、こんなんじゃ物足りないと思われるかもしれないけど( ̄▽ ̄;)

煮干しに耐性のない福岡の一般のお客さんが飲んだら、えぐ味と苦味で顔を顰める人も出てくる(汗)
「煮干が苦手な方お断り!!」というPOP通りのスープに仕上がっていたし!

しかし、やり過ぎず、イリコのうま味の中にアクセントとして、イリコのえぐ味に苦味を入れてきているのがよかったし♪
それに、イリコの甘味とは違う、野菜の甘味も出ていて!


この野菜の甘味と煮干しのビターな味わいかマリアージュしたスープは、POP通りの
ゴクゴクと飲ませる美味しい冷製煮干しスープに仕上がっていた♪

麺は、全粒粉が配合された細ストレートの自家製麺が合わせられていて
まず、小麦が香る麺なのがいいよね♪

中華そば かなで【参】-8

そして、つるっ、ムチッとした食感の多加水麺は、長めに茹でて、冷水で〆ることによって、細いのに弾力があって、コシのある食感の麺に仕上げられていて!
食感が最高だったし♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていたのがよかったし!
厚みがあって、肉のうま味を感じる美味しいレアチャーシューだったし♪


個人的には、もっとレアでもいいとは思うけど
以前にいただいたものよりレア感があって、味も食感もよくなっていた。

中華そば かなで【参】-9

ミョウガはピクルスで!
甘酢の甘味と酸味が、個人的には、ちょっと苦手だったけど、面白い試みだと思うし!


ヤングコーンアスパラは、それぞれの食感が楽しみてよかったし♪
太ネギの甘味がよくて、スープとも合っていたし!


アオサは風味が強いので、寄せておいて、後半にいただいたんだけど
あおさの磯の香りでスープが味変して、これはこれで、美味しくいただけたし♪

そうして、最後は、残ったスープもゴクゴクとすべて飲み干して完食♪
美味しかった


そして、失礼ながら、こんな美味しい「冷やし煮干しラーメン」が福岡で食べられるなんて思ってなかったので
驚かされたし、感激もした!

これが豚骨ラーメン一途の福岡のお客さんに、どう評価されるのかはわからないけど
関東や関西のニボラーには、絶対に受ける一品だと思う!

なお、店主の話しでは、7月末までのロングランで提供する予定と話していたので、興味のある方は、ぜひ!
ご馳走さまでした。


中華そば かなで【参】-10

メニュー:中華そば…680円
大盛…プラス120円

塩そば…700円
大盛…プラス120円

汁なし担々麺…750円
大盛り…プラス120円

【期間限定メニュー】冷製煮干そば…750円
大盛り…プラス120円

トッピング
味付玉子…110円/チャーシュー…260円/青ネギ…110円/のり…110円/メンマ…200円/全部のせ…35円


自家製カレー…600円/ミニカレー…380円
ローストトマト丼…380円/玉子かけごはん…250円

ライス…240円/小ライス…150円
※ごはん大盛…+120円

エビギョーザ(六個)…380円


中華そば かなでラーメン / 東比恵駅博多駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:冷製煮干そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年5月31日(木)

中華そば ふくちゃん-1

今夜、博多のホテルにチェクインして、向かったのは『中華そば くちゃ』!

福岡市中央区の清川に今年の2月20日にオープンした準新店。

こちらの店は、美味しいラーメンを求めて、全国を彷徨うバリタカさん情報で知った店!
情報によると、今から18年前に薬院にあった中華そばの名店『中華そば 信兵衛』の味を復刻したいという思いで誕生したのが、こちら『中華そば ふくちゃん』!


「昔ながらの中華そば」風の醤油ラーメンの上に、今風の豚肩ロース肉のレアチャーシューが載るギャップが面白い!
なので、次回、福岡遠征に行くときには、行こうと決めていた店♪


博多駅方向から住吉通りを薬院駅方面に歩いて、住吉橋を渡ったすぐの柳橋の交差点を左に折れると、左に見えてくるのが料亭『三光園』
そして、そのまま、『三光園』を過ぎて、十字路を直進した左にある店へとやってきたのは夜の8時!


入店すると
左にある広めの厨房には、福田さんなので屋号を「ふくちゃん」にしたとお聞きした福田店主と男性スタッフの人の姿があった。

しかし、店内にはお客さんの姿はなく
この時間で店内ノーゲストたもいうのも寂しい

客席は、厨房前に一直線に並ぶカウンター席5席と店の奥にテーブル席が9席あって
そのうちの、カウンター席の入口に近い席へとついて

メニューを見て、まず、注文したのは、「瓶ビール」と「焼豚盛」!
すると、福田店主から


「焼豚盛はチャーシューが6枚ですので、お一人だと多いと思います。」
「ハーフサイズの3枚入りにもできます。」と言うので、そうしてもらうことに


中華そば ふくちゃん-3

そうして、すぐに、男性スタッフによって、キンキンに冷えた瓶ビールが出されて!
福田店主からは「焼豚盛ハーフ」が出された。


中華そば ふくちゃん-4中華そば ふくちゃん-5

そして、この「焼豚盛」に盛られた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
肉のうま味が閉じ込められた美味しいレアチャーシューで♪


このまま食べても美味しいけど
レアチャーシューの上に付け合わせのネギ豆板醤を載せて

レアチャーシューで巻いていただくと
これが、また、とても美味しくて

これをつまみにビールをグビッとやれば
至福の一時

そして、この極上のつまみで一杯やりながら、福田店主にオーダーしたのは「中華そば」!
こちらの店のラーメンは、薄口醤油ベースの「中華そば」と濃口醤油ベースの「支那そば」!


中華そば ふくちゃん-6

違いは、カエシの違いだけで、スープはいっしょ
そして、どちらも『中華そば 信兵衛』の復刻版という情報だったけど

「中華そば」が、「魚介の風味と香りを感じていただける自信作です。」とあって、店の「オススメ」となっていたので!
やっぱり、食べるなら、こっちからだよね♪


そうして、ビールを飲み干して、「焼豚盛ハーフ」も食べ終えたところで
中華そば」が着丼!

中華そば ふくちゃん-7中華そば ふくちゃん-8

福岡のうどんのような、淡い色合いのスープに、大判の豚肩ロース肉のレアチャーシュー濃い色合いの穂先メンマ細かく刻まれたネギが盛りつけられた
懐かしさと新しさが混在したようなラーメン!

まずは、薄口醤油ベースのカエシが使われたというスープをいただくと
鶏ガラベースのスープに、豚のゲンコツも使われていると思われる動物系スープに、昆布、鯖節、背黒で出汁を引いたと思われる魚介スープを合わせたような味わいのスープで

中華そば ふくちゃん-9

じんわりとした味わいのスープはインパクトはないけど
それぞれの出汁のうま味がバランスよく出た極上の味わいのスープで、とても美味しい♪

麺は、太くも細くもない中庸な太さの縮れ麺が合わされていて
やや、やわらかめの、プリモチ食感の麺は、ノスタルジックな東京の醤油ラーメンに使われていたような麺で!

中華そば ふくちゃん-10

この薄口醤油ベースのスープとの相性も、まずまず!
なので、この麺でも、ぜんぜんいいとは思うけど


このスープだったら、もう少し加水率低めの細ストレート麺で!
全粒粉が配合された麺を合わせたら、もっと、スープと合うような気もしたかな


そして、このスープには、少し違和感のある豚肩ロース肉のレアチャーシューは、先ほど、「焼豚盛ハーフ」でいただいたもの同様、しっとりとした食感に仕上げられたもので!
噛めば、肉のうま味を感じる美味しいレアチャーシューだったし♪


中華そば ふくちゃん-11

地元・福岡のラーメンブロガーの方のブログなどでは、薄っぺらいという評価で、あまり評判がよくないようだったけど
関東には、もっと、もっと、薄いレアチャーシューの店がいっぱいあるので、あまり気にならなかった。

ただ、個人的には、厚みのあるレアチャーシューが好きな人なので!
半分の大きさにカットしてもいいので、この倍の厚みにしてもらった方がよかったかもしれない


そして、穂先メンマは、多くの店では、スープの邪魔をしないように、薄味に味付けられているのに
こちらの店の穂先メンマは甘辛く味付けられていて

中華そば ふくちゃん-12

でも、この味付けがとてもよくて!
美味しくいただけたし♪


最後は、スープが美味しかったから、もちろん、すべて飲み干して完食♪
普通はここでフィニッシュ!


でも、思った以上に美味しいスープだったのと!
まだ、お腹に余裕があったので、もう一杯、「支那そば」もいただくことにした。


そうして、再度、福田店主によって作られた「支那そば」が、そう待つことなく着丼!
大判の豚肩ロース肉のレアチャーシュー濃い色合いの穂先メンマ細かく刻まれたネギが盛りつけられた


スープの色が赤黒くて、色が濃い以外は、先ほどの「中華そば」と変わらない
そして、こちらの方が「中華そば」の名に相応しい感じのする醤油ラーメンらしい醤油ラーメン!

中華そば ふくちゃん-13中華そば ふくちゃん-14

まずは、スープをいただくと
カエシに濃口醤油が使われているので、こちらのスープの方が芳醇でコク深い!

そして、鶏ガラ、ゲンコツと思われる動物系スープの出汁のうま味に…
昆布、鯖節、煮干しの魚介スープのうま味も感じられて、こちらも美味しい♪

中華そば ふくちゃん-15

ただ、同じスープが使われているのに、カエシが強めな分だけ、出汁感は弱めに感じられて
このスープには「中華そば」のカエシがあっているかな

麺も、先ほどと同じ、太くも細くもない中庸な太さの縮れ麺が合わされていて、やや、やわらかめの、プリモチ食感の麺は、食感がとてもよかったし!
そして、スープとの相性は、の薄口醤油ベースの「中華そば」のスープよりも、こちら「支那そば」の濃口醤油ベースのスープの方が合っていて、より美味しくいただける♪


中華そば ふくちゃん-16

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、こちらも、先ほど同様、味、食感ともによかったし!
穂先メンマの甘辛い味付けも、シュクシュクといた食感もよかった♪


中華そば ふくちゃん-17

食べ比べたので、「中華そば」の方がカエシとスープのバランスもよかったし!
美味しく感じられたけど


でも、「支那そば」しか食べなかったら、これはこれで、とても美味しい醤油ラーメンだと思っただろうし
こちらも、最後は、スープもぜんぶ飲み干して完食♪

2杯いただいて、福田店主に
「『中華そば 信兵衛』の味を復刻したということですけど、18年以上も前に、こんなクオリティの高い醤油ラーメンが福岡にあったことに驚きました。」

「今でも、ぜんぜん、色褪せていないし…」
「それどころか、福岡の最先端の醤油ラーメンって感じがします♪」


「でも、チャーシューだけは、新しいものに変更してきたんですね!」
そう言うと

「いえ、実は『信兵衛』の店主は、叔父で、うどん屋をやったり、イタリアンをやったりして、最終的にラーメン屋になったんですけど…」
「店で出していたチャーシューが、このレアチャーシューだったんです。」


「今から考えると、ちょっと、早すぎたのかもしれません。」
そう、福田店主は話していたけど


18年も前に、ここ福岡の薬院に、ピンク色した豚肩ロース肉をのレアチャーシューを「中華そば」に入れて出していた店があったなんて
驚かされた

美味しかった♪
ただ、この店も、食べログの点数は3.11と低迷。


レビューの数も、わずか14だけ
これでは、なかなか点数も上がらないよね

でも、今後、どうなるのかはわからない!?
というのも、「非豚骨店」の『地鶏らーめん はや川』の例があるので

ここ、数年間で、福岡には「非豚骨店」が増えているという。
この「非豚骨店」という、東京や大阪では聞きなれない言葉


これは福岡ローカルのラーメンジャンル分けで
意味は、文字通り、「豚骨店」ではない店ということだけど

福岡は、ご存じの通り、豚骨ラーメンのメッカ!
ラーメンといえば、豚骨ラーメンが当たり前!


それ以外は、醤油であれ、塩であれ、味噌であれ、鶏白湯であれ、すべてが「非豚骨」という言葉で括られてしまう
だから、福岡に東京や地方の人気店が出店しても、「非豚骨店」だと長続きしない

ラーメンイベントをやっても、普通は、普段、食べられない地方の店が人気になるのに、福岡では、豚骨以外には行列はできない。
しかし、そんな豚骨文化の福岡も、最近では、少しずつ変化が起きているようで


その顕著な例が『地鶏らーめん はや川』のオープン!
オープン直後は、「非豚骨店」というだけで、ボロクソな書いてたレビュアーもいて、食べログの点数も、こちら『中華そば ふくちゃん』同様、低かった。


しかし、徐々に、点数も上がっていって、今では、福岡ラーメンランキング1位になるまでかけ上がったし!
こちらの店だって、お客さんが増えて、正当な評価をしてもらえれば、点数も上がって、本来の評価になってくると思うので!


ガンバって、「非豚骨」なんて呼ばせないように、美味しい「中華そば」に「支那そば」を作り続けてください。
ご馳走さまでした。


中華そば ふくちゃん-18

メニュー:中華そば…650円/支那そば…650円

大盛り…150円

トッピング
半熟煮玉子…100円/焼豚…200円

ライス(ザーサイ付き)
大…200円/小…150円

チャーハンおにぎり…150円


中華そば ふくちゃんラーメン / 渡辺通駅薬院駅西鉄平尾駅

夜総合点★★★★ 4.0



好み度:中華そば…650円star_s40.gif
支那そば…650円star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年5月31日(木)

地鶏らーめん はや川【参】-1

成田からJetstarで、空路、福岡へ!
そして、福岡空港からは地下鉄に乗って天神へ!


地鶏らーめん はや川【参】-2

さらに、西鉄天神駅から西鉄天神大牟田線の各駅電車でやってきた高宮駅!
そうして、私が、本日のランチに向かったのは『地鶏らーめん はや川』!


地鶏らーめん はや川【参】-3

こちらの店は、東京・府中の『麺創研』グループに東京・早稲田の『らぁ麺 やまぐち』で修業した早川店主が、昨年の7月13日に、この地に開業した店!
地元の「はかた地鶏」を使った「地鶏醤油らーめん」と「鶏と豚のつけめん」という地鶏メインの清湯スープのラーメンとつけ麺の2メニューで営業!


オープンから39日目の8月20日に訪問して、「鶏と豚のつけめん」を!
翌21日にも訪問して、「地鶏醤油らーめん」をいただいた。


どちらも、福岡はおろか全国レベルで見ても、上位に入ってくるほどのクオリティの高いラーメンにつけ麺で!
これは何れ、福岡No.1の人気ラーメン店になる♪


そう思ったのに、食べログの評価はあまり芳しいものではなかった
特に、豚骨ラーメン出す店じゃないというだけで



「非豚骨やけん回転ワリィ~( ˘~˘ ;)」
「まず醤油から(〃''σ`ゴクッッ..…しょっぱい………」
「麺がのびてる?スープ吸い込んでしょっぱい(๑-﹏-๑)ウーン………これは無理(-_-;)」
「塩分が必要な奴にはお薦めする(´д`)y━。oO○」



「すみませんスープがしょっぱいです。」
「期待が大きかった分念 はや川さん」



「とんこつ博多の地で醤油ラーメンはなかなか勝負にでましたね。」
「博多もんにはちょっと物足りないかもしれませんが、体には優しいラーメンではないでしょうか。」




こんな評価だったのに
しかし、徐々に評価も上がっていって



「福岡で地鶏ラーメンか??と思いながらもそそくさと入店。」
「久々の醤油系ラーメン店だったけど大当たりのお店でした。」


「至高の地鶏スープ!奥深い旨味がしっかりしてるわ〜」
「でも豚骨大国の福岡県民はやはり豚骨好きと来ているからファンを増やして行くのも大変だわ〜」


「見ても、食べても感動の美しい醤油ラーメン」
「ここは並ぶ価値あるラーメン屋さんです!」




最近の評価では、4点以上の高評価が続いて、現在の食べログの点数は3.75
福岡人気ラーメンランキング2位まで上がってきている。


マイ★ベストラーメン店 top1_medal 来来 (新飯塚 / ラーメン)
                  star_s35.gif3.76
地鶏らーめん はや川【参】-1位

マイ★ベストラーメン店 top2_medal 地鶏らーめんはや川 (高宮 / ラーメン)
                  star_s35.gif3.75
地鶏らーめん はや川【参】-2位

マイ★ベストラーメン店 top3_medal 金田家 本店 (行橋、南行橋 / ラーメン)
                  star_s35.gif3.73
地鶏らーめん はや川【参】-3位

4位 ラーメン無法松 本店 (香春口三萩野、片野、城野(JR) / ラーメン)
            star_s35.gif3.73
地鶏らーめん はや川【参】-4位

5位 ぎょらん亭 本店 (片野、香春口三萩野 / ラーメン)
            star_s35.gif3.70
地鶏らーめん はや川【参】-5位

6位 麺道はなもこし (薬院大通、薬院、桜坂 / ラーメン
            star_s35.gif3.67
地鶏らーめん はや川【参】-6位

7位 石田一龍 本店 (石田 / ラーメン)
            star_s35.gif3.66
地鶏らーめん はや川【参】-7位

8位 博多元気一杯!! (呉服町、千代県庁口、中洲川端 / ラーメン
            star_s35.gif3.63
地鶏らーめん はや川【参】-8位

9位 らーめん八 (久留米大学前、御井、五郎丸 / ラーメン)
            star_s35.gif3.62
地鶏らーめん はや川【参】-9位

10位 南京ラーメン 黒門 (本城、折尾 / ラーメン)
            star_s35.gif3.62
地鶏らーめん はや川【参】-10位



そして、そんな店へとやって来たのは、お昼の12時を少し回った時間。
すると、8人ほどのお客さんが待っていた。


地鶏らーめん はや川【参】-4

さらに、この後、さらに、お客さんが来店して、十数人のお客さんが行列を作った。
以前は、日曜日に来ても、すんなりと入店できたのし


翌月曜日は、お客さんも少なかったのに
ずいぶん、お客さんも増えている♪

少し待って入店して、大型の券売機で購入したのは「鶏と豚のつけめん」と「豚丼」の食券!
最初は、「地鶏醤油らーめん」にしようかと思っていたんだけど


本日の福岡地方の天候は快晴で!
日差しが強くて、暑かったので
(; ̄ー ̄A

地鶏らーめん はや川【参】-5

食券を買ってからも、店内の椅子に座って少し待っていると、カウンター席が空いた
早川店主の美人の奥さまから呼ばれて、席へと案内されて

奥さまに食券を渡すと
「お久しぶりです♪」と笑顔で言われて

挨拶を返すと
麺の量を聞かれたので、300gでお願いしたんだけど

こちらの店の「つけめん」のデフォルトの麺の量は225g。
大盛りは300gとなっていて


無料で大盛りにできるので!
連食する場合は別だけど、そうじゃなければ、300gにしちゃうよね
(^。^;)

席へとついて、厨房の早川店主とも挨拶を交わして
つけ麺ができるのを待っていると

まず、店主から「鶏と豚のつけめん」の麺が出されて
少し遅れて、つけ汁も出された。

地鶏らーめん はや川【参】-7地鶏らーめん はや川【参】-8地鶏らーめん はや川【参】-9

さらに、少し遅れて
奥さまによって配膳された「豚丼」が着丼!

地鶏らーめん はや川【参】-6

昆布水に浸かった麺の上に豚肩ロース肉のローストレアチャーシュー2枚に、柚子胡椒が載せられたレンゲが添えられて
つけ汁には、大量の三つ葉が浮き、色紙切りされたネギがが入るつけ麺!

まずは、昆布水に浸かった全粒粉が配合された平打ちの中太ストレート麺だけを箸で手繰って、そのまま、つけ汁にはつけずにいただくと
京都の老舗製麺所「麺屋 棣鄂(テイガク)」謹製の麺は、小麦風味豊かな麺で!

地鶏らーめん はや川【参】-10

つるっとした啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさもあって♪


しなやかなコシも感じられる。
それに、麺が出汁昆布に浸かっているから、このままでも美味しくいただける♪


次に、麺をつけ汁に潜らせていただくと
つけ汁と適度に絡んで美味しくいただくことができたし、やっぱり、こうして食べる方が美味しいね♪

それに、このつけ汁は
地鶏のうま味が凝縮されたスープと芳醇でコクのあるカエシがマリアージュした絶品の味わいのつけ汁で!

今、流行りの水と鶏で作ったスープのつけ汁とは違って
昆布に椎茸、鰹節、鯖節などの乾物のうま味が重ねられていて、最高に美味しい♪

しかし、昨年は、豚が主役のつけ汁で、鶏は、そんなに強くは感じられなかったのに
ぜんぜん、味が違っていたのには驚かされた

昨年の味わいは、他にはない、オンリーワンな味わいのつけ汁で、それはそれでよかった。
でも、今日のこの鶏が主役のつけ汁のが、ずっと、好みかな♪


というか、このつけ麺
今年食べた淡麗なつけ麺の中では一番の美味しさかも♪

そして、食べ進めていくうちに、鶏のうま味いっぱいのつけ汁に昆布水の出汁昆布のうま味が移っていって
味変していくのも楽しめたのもよかったし♪

それに、レンゲに載せられていた柚子胡椒は、つけ汁に溶かしてしまうと、味が変わってしまうので、前回同様、今回も麺に載せていただいたところ
爽やかで、刺激的な味わいになってよかったし♪

トッピングされた、豚肩ロース肉のローストレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられているのがよかったし
肉のうま味が閉じ込められた美味しいローストレアチャーシューでよかった♪

地鶏らーめん はや川【参】-11

そうして、麺とチャーシューを食べ終えたところで、早川店主にスープ割りをお願いすると
熱々のスープ割りになって戻ってきたので

「炒飯」に付いてくるスープのようにして
「豚丼」と交互にいただくことにしたんだけど

地鶏らーめん はや川【参】-12

豚丼」は、そぎ切りされた豚肩ロース肉のローストレアチャーシューがご飯の上に敷き詰められた一品で!
やや、甘味のある醤油味の味付けを粗挽き胡椒が引き締めてくれて、めちゃめちゃ美味しい♪


地鶏らーめん はや川【参】-13

そして、これが、ラーメンかつけ麺とセットにすれば、180円でいただけるんだから!
絶対、セットにするよね♪


そして、「スープ割り」も、鶏のうま味に昆布のうま味いっぱいのスープ割りで、最後まで美味しくいただきました。
ご馳走さまでした。


地鶏らーめん はや川【参】-14

PS 現在、都合により『地鶏らーめん はや川』は休業中です。
ただし、来月には営業再開する予定ですので、もうしばらくお待ちください。




地鶏らーめん はや川
@HAYAKA_WA


いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、しばらくの間休業させていただきます。営業再開につきましては改めてご連絡させていただきます。お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解いただきます様お願い申し上げます。

午後5:26 · 2018年6月7日

地鶏らーめん はや川【参】-15地鶏らーめん はや川【参】-16

メニュー:地鶏醤油らーめん…720円
味玉地鶏…820円
半替玉…100円

鶏と豚のつけめん…850円
味玉つけめん…950円
※つけめん大盛無料(並盛225g・大盛300g)

豚丼(セット用)…180円/豚丼(単品)…300円/ライス…100円/大ライス…150円

トッピング
味玉…100円/三つ葉増し…100円/鶏チャーシュー1枚…100円


地鶏らーめんはや川ラーメン / 高宮駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:鶏と豚のつけめんstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
2017年度に訪問しながらブログに掲載できないまま越年してしまった「あきらめ~店」



訪問日:2017年2月16日(木)

ラーメン 安全食堂-1

椎名林檎さんやaikoさんも訪れた福岡市西区にある老舗の博多とんこつラーメン店。
お昼時には長蛇の行列ができる人気店。
「ラーメン」と「焼き飯」が美味しいと評判で、「ちゃんぽん」も人気。


ラーメン 安全食堂-2ラーメン 安全食堂-3ラーメン 安全食堂-4

食べたラーメン:ラーメン&ちゃんぽん&焼き飯

ラーメン 安全食堂-5ラーメン 安全食堂-6ラーメン 安全食堂-7ラーメン 安全食堂-8

[スープ]
ライトな博多とんこつスープ。
豚臭くないので食べやすい。
化調強め。


ラーメン 安全食堂-9

[麺]
麺は切刃30番と思われる極細ストレート麺。
麺の硬さは何も聞かれなかったのでデフォでお願いしたが、やわらかめ。


ラーメン 安全食堂-10

[トッピング]
チャーシューは博多とんこつラーメンの店としては厚めで美味しい。
デフォでネギ多め。


ラーメン 安全食堂-11

最寄り駅:九大学研都市駅
オープン:1973年


ラーメン 安全食堂-12ラーメン 安全食堂-13

安全食堂ラーメン / 九大学研都市駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



好み度:ラーメンstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年2月15日(水)

鶏麺 CHICKEN MEN-1

今夜、福岡入りして、まず、とんこつラーメンの聖地に乗り込んできた『白河手打中華そば とら食堂 福岡分店』で「焼豚ワンタン麺」をいただいて
次に向かったのが、薬院に2015年10月24日にオープンした『CHICKEN MEN 鶏麺』!

こちらの店は、株式会社ONという福岡市中央区にある会社が経営する鶏白湯ラーメン専門店
しかし、福岡県糸島市船越産の最高級いりこに、伊吹いりこを使って、鶏ガラスープと合わせた「煮干しそば」がメニューにあるという情報を聞いて!


糸島の「船越のいりこ」で出汁をとったスープをいただいたことはなかったし!
チャーシューには、糸島豚のレアチャーシューが使われているということだったので、これを食べるのを楽しみにして訪問♪


今夜の宿泊先である薬院のホテルにチェックインして
地下鉄七隈線の薬院駅と渡辺通駅の中間に位置する店で、どちらの駅からも徒歩3分という場所にある店へと向かった。

店の前までやってくると
「鶏白湯ラーメン」、「濃厚鶏魚介つけ麺」、「台湾まぜそば」の大きな看板があって!

鶏麺 CHICKEN MEN-0

「中華そば」の看板はあったけど
「煮干しそば」の看板はなし

おかしいなと思いながら入店して
券売機の前に立つと

券売機のボタンにも「煮干しそば」の文字はなし
そして、「中華そば」のボタンにも、売り切れを示す×マークが点灯していた。

鶏麺 CHICKEN MEN-2

そこで、オープンキッチンの厨房にいた男女2人のスタッフの人に
「煮干しそばって、販売していないんですか?」と聞いてみたところ…

男性スタッフの人から、あまり人気がないので、やめてしまったと答えがあったんだけど
とんこつラーメンの聖地・福岡では、煮干しラーメンは受けないんだろうか!?

そうなると、必然的に、「鶏白湯ラーメン」、「濃厚鶏魚介つけ麺」、「台湾まぜそば」の三択になるかと思ったら…
「濃厚鶏魚介つけ麺」には、「辛」味のバージョンに「鉄板焼きつけ麺」なんていうバージョンもあって!

鶏麺 CHICKEN MEN-3鶏麺 CHICKEN MEN-4鶏麺 CHICKEN MEN-5

少し迷って、「濃厚鶏魚介つけ麺」を選択!
食券を買って席へとついて、男性スタッフの人に食券を渡すと


辛味の段階を1辛から5辛の5段階から選べるようだったけど
あまり辛いと元の味がわからなくなってしまうので、ここは、一番辛くない1辛(汗)

そうして、注文が決まると、さっそく、つけ麺作りを始めたんだけど
夜の8時になる時刻で、私以外、店内ノーゲスト

飲食店が連なる場所柄なので、飲んだ後にお客さんが入るのかもしれないけど
ちょっと寂しいかな

そうして、つけ麺ができるのを待っていたんだけど
厨房内には圧力寸胴が置かれていたので、これで短時間で鶏白湯スープを炊き上げるんだね。

鶏麺 CHICKEN MEN-6

最近は、豚骨スープにしても、鶏白湯スープにしても、濃厚スープを炊く店は、この圧力寸胴を使う店が増えた。
長時間付きっ切りで、スープを焦がさないよう撹拌する。


この手間と労力を考えたら、そうなるよね!
ただ、問題は、これで、金属臭をスープに移さずに美味しいスープができているか
!?

そんなことを考えながら、待っていると、少し麺を茹でるのに時間がかかって
完成した「濃厚鶏魚介つけ麺」の「1辛」が男性スタッフの人によって供された。

鶏麺 CHICKEN MEN-7鶏麺 CHICKEN MEN-8鶏麺 CHICKEN MEN-9鶏麺 CHICKEN MEN-10

キレイに麺線が整えられた麺の中央に万能ネギ
そして、豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚にデフォルトでトッピングされた味玉が振り分けて盛りつけられて!


別皿の小皿には刻み柚子皮
そして、大量のネギが浮かぶつけ汁の上には辛味が載せられた海苔の筏が浮く、盛りつけの美しいつけ麺♪


まずは、パスタのフェットチーネのような形状をした幅広の太ストレート麺だけを、つけ汁にはつけずにいただくと…
全粒粉が配合されていることもあって、小麦粉のいい香りが、ふわっと口の中に広がる♪

鶏麺 CHICKEN MEN-11

「製麺所慶史」という、福岡ではよく見かける製麺所の麺で!
なめらかで、モチッとした食感の多加水麺で!


鶏麺 CHICKEN MEN-12

しなやかなコシもあって!
この濃厚鶏白湯魚介スープのつけ麺にはピッタリ♪


そして、つけ汁につけて、食べてみると
濃厚という割りには、ドロッとしているわけではなく

しかし、サラッとでもない
その中間くらいの粘度の、トロッとしたつけ汁で!

鶏と節の魚介のうま味が感じられて♪
心配していた金属臭がなかったのもよかった!


ただ、よくある味わいの鶏白湯魚介のつけ汁で
多少、食傷気味かな(汗)

たとえば、アサリの貝出汁を入れてやるとか
海老や蟹の甲殻類を使うとか!

何か、変化をつけないと
味は悪くはないけど、この手の、所謂、濃厚鶏白湯魚介のつけ麺は、何処の店に行っても同じ様な味わいなので

そこで、早めに海苔の上に載せられた辛味をつけ汁に混ぜ込んでいくと…
つけ汁が真っ赤になって(汗)

1辛でも、それなりには辛い!
そして、この方が、デフォの味よりも単純に美味しくていいかも♪


ただ、もっと、辛い方がよかったかな!?
初めてだったので、1辛にしたけど、辛いのが苦手でなければ、3辛くらいてもいいかも!

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、レア感があって!
しっとりとした食感に仕上げられていたのがよかったし♪


鶏麺 CHICKEN MEN-14

味玉は、半熟加減も味付けもいい、美味しい味玉でよかったし!
これが、デフォで付いているのがいいよね♪


後半は、小皿に入った柚子皮をつけ汁に入れて!
かぼす果汁を麺に搾って、いただくと


鶏麺 CHICKEN MEN-15

爽快感のある味わいに味変してくれて!
最後まで、飽きることなく完食♪


ごはん割りがデフォで付いていたので
最後は、このねり付きのの一口ご飯を入つけ汁に入れて、食べてみると

鶏麺 CHICKEN MEN-16鶏麺 CHICKEN MEN-17

梅の風味と酸味が加わって、また、味変して、よかったとは思うけど
ちょっと、このまんだと、味が濃いし、しょっぱいので

これは、さらにスープ割りしていただくのがいいと思う♪
ご馳走さまでした。


鶏麺 CHICKEN MEN-18鶏麺 CHICKEN MEN-19鶏麺 CHICKEN MEN-20鶏麺 CHICKEN MEN-21

メニュー:濃厚鶏魚介つけ麺(〆ご飯付き)…870円/濃厚鶏魚介つけ麺(大盛)(〆ご飯付き)…920円/濃厚鶏魚介つけ麺(特盛)(〆ご飯付き)…970円

チャーシュー濃厚鶏魚介つけ麺(〆ご飯付き)…1000円/チャーシュー濃厚鶏魚介つけ麺(大盛)(〆ご飯付き)…1050円/チャーシュー濃厚鶏魚介つけ麺(特盛)(〆ご飯付き)…1100円

濃厚鶏魚介つけ麺(〆ご飯付き)…930円/濃厚鶏魚介つけ麺(大盛)(〆ご飯付き)…980円/濃厚鶏魚介つけ麺(特盛)(〆ご飯付き)…1030円

チャーシュー濃厚鶏魚介つけ麺(〆ご飯付き)…1060円/チャーシュー濃厚鶏魚介つけ麺(大盛)(〆ご飯付き)…1100円/チャーシュー濃厚鶏魚介つけ麺(特盛)(〆ご飯付き)…1160円

鉄板焼き仕立ての濃厚鶏魚介つけ麺(〆ご飯付き)…1100円/鉄板焼き仕立ての濃厚鶏魚介つけ麺(大盛)(〆ご飯付き)…1150円/鉄板焼き仕立ての濃厚鶏魚介つけ麺(特盛)(〆ご飯付き)…1200円
鉄板焼き仕立てのチャーシュー丼…480円

鶏白湯ラーメン…730円/味玉鶏白湯ラーメン…830円/チャーシュー鶏白湯ラーメン…930円
替え玉…120

台湾まぜそば(追い飯付き)…800円/中華そば…750円

ごはん…100円/チャーシュー丼…200円/肉増しチャーシュー丼…250円/炙りチャーシュー…150円

トッピング
レアチャーシュー…200円/味玉…100円/メンマ…100円/白髪ネギ…100円/秘伝の辛味…60円


CHICKEN MENラーメン / 薬院駅渡辺通駅天神南駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



好み度:辛濃厚鶏魚介つけ麺star_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m