訪問日:2016年9月16日(金)

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-1

本日のランチは、9月1日オープンの新店『中華ソバ 篤々 toku-toku』で!

8月19日に麺友から、千葉県の勝田台駅近くに煮干しラーメンの新店ができる!
そして、9月1日、2日のオープン2日間は、ラーメンが500円で提供されるという情報を聞いていたんだけど!


なかなか訪問できずに、今日まで訪問が遅れてしまった。
というわけで、超久しぶりにやってきました勝田台駅!


京成電鉄に東葉高速鉄道も走るこの駅の駅南口のエスカレーターのない方のA2出口の階段を上がって!
外に出たら右へ!


【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-2

そうして、京成電鉄の線路沿いに道を進むと
右側に大きな自転車置場が見えてくる。

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-3

そうして、さらに進むと、左に折れる、一方通行の道があるので、入っていくと
右側に見えるコインパーキングの先に『中華料理 栃尾』があって!

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-4

目指す店は、その『中華料理 栃尾』から道を隔てた左手前の斜向かいの場所にあって!
目印は「麺」と書かれた縦長の看板。


お昼の12時を6分ほど回った時刻に店の前までやってきて
入店すると

店内ノーゲスト
お昼の書き入れ時だというのに(汗)

でも、こんな時間だから、すぐにお客さんは来るはずと思っていたのに
滞在時間中、来店したお客さんは、たった1人だけ

おかげで、店主と話すことができたので、私にとってはよかったんだけど
店にとっては(汗)

なお、厨房には、店主とお綺麗な奥さまのお二人がいらして
客席は、その厨房を囲むカタチで配されたL字型のカウンター席6席と、4人掛けのテーブル席が1卓の全10席。

カウンター席の1席に座ろうとすると
奥さまから

「すいません、あちらの券売機で、食券をお買い求めください♪」と言われて…
振り向くと

店を入ってすぐ右の壁際に大型の券売機が設置されていた。
左側に厨房と客席があったので、右側にあった券売機が目に入らなかった
(汗)

メニューは、「煮干しソバ」と「生姜煮干しソバ」の2種類で!
「特製煮干しソバ」に「特製生姜煮干しソバ」が写真入りの大きなボタンになっていて、店のイチオシなのは明白
(笑)

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-5【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-6

「和え玉」も写真入りのボタンになっていて!
さらに、「ニボだしごはん」のボタンもあって!


トッピングのボタンを見ると
「煮玉子」、「生玉子」、「薬味玉ネギ」とあったけど

目当ての「チャーシュー増し」のボタンはなし。
そこで、デフォの「煮干しソバ」に「和え玉」、「ニボだしごはん」の食券を買って、席へと着いたんだけど


しかし、最近の煮干しラーメンの店では、「和え玉」を出す店が、めっちゃ多くなったよね!
それに、こちらの店のように、「ニボだしごはん」に「生玉子」をメニューに置いている店も出てきているけど


厨房に積まれた菅野製麺の麺箱に、メニュー名の「そば」を「ソバ」とカタカナ表記するのも含めて
やっぱり、『煮干中華ソバ イチカワ』の影響力は絶大なんだね!

注文を受けると、私のすぐ後に来店した女性のお客さんの「特製生姜煮干しソバ」とともにラーメンを2個作りし始める店主!
まずは、雪平鍋にスープを入れていったんだけど


一つの鍋に500cc~600ccほどのスープを入れて、ガス台の火に掛けて温め始めたので
どうやら、「煮干しソバ」と「生姜煮干しソバ」のスープは共通みたいだね。

そうして、肉塊からチャーシューを5枚切り出すと
3枚と2枚に分けて、盛りつけやすいようにセッティング!

次に、お湯を張って温められていた2つのラーメン丼のお湯を空けて!
それぞれ異なるカエシを入れて!


香味油は同じものを入れてて!
スープが注がれると


淡い色合いの、淡麗な煮干しスープそのものの色合いしたスープと!
赤茶色の醤油色したスープの入った2つ丼ができた。


そうして、ガス台の火を弱火にすると
スープの中から、何かを取り出していたんだけど

その正体は、お麩!
いつの間にか、お麩がスープの中に入れられていた。


そうして、最後は、菅野製麺所の麺がテボに投入されて!
タイマーをセットすると


ピピピッ!
1分後にタイマーが鳴って!


テボが引き上げられると
湯切りはせずに、引力の法則で湯が落ちるのを待って、スープの中へ!

そうして、箸で麺線が整えられると
チャーシュー他の具が盛りつけられて!

「煮干しソバ」と「特製生姜煮干しソバ」の2つのラーメンが完成!
そして、受け皿の上に載せられて供された「煮干しソバ」は、豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に、お麩と、三つ葉、みじん切りされた玉ねぎが載る、彩りも鮮やかで、美しいビジュアルのラーメン♪

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-7【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-8

まずは、煮干しのフレーバー漂うスープをいただくと
煮干し!煮干し!煮干し!

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-9

大量の煮干しを使って出汁を引いたといった感じのスープは、思った以上に煮干しがきかされていて!
煮干しのうま味がよく出ていて♪


煮干しは背黒メインで、たぶん、平子も使われていると思われるけど
背黒と平子の煮干し独特のビターな味わいも、かなり出ていて!

そして、濃口醤油が使われたカエシが、日本蕎麦に使われる、寝かされて、角がとれたといった感じの円やかな味わいのカエシで!
芳醇なコクと深みが感じられて!


この味、めちゃめちゃ好みだし!
めちゃめちゃ美味しい♪


しかし、この味わいは、一般のお客さん向けというよりは、ニボラー向けで!
これが、都内ではなく、この場所でいただけるとうのには驚かされた。


そして、このニボニボな純煮干しの醤油清湯スープに合わせられた麺は、菅野製麺の切刃22番の中細ストレート麺で!
カタめで、噛むとパツッと切れる


歯切れのいい、ザクパツの食感の、煮干しスープには定番の低加水麺が使われていて!
スープとの相性はバツグンだったし♪


【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-10

啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさもあって、よかったし♪


そして、具では、こちらの店のトレードマーク(?)お麩
うま味いっぱいのスープを吸って、意外に侮れない味わいだったし♪

ピンク色した豚肩ロース肉のレアチャーシューは、そこそこ厚みのあるもので!
しっとりとした食感に仕上げられていて!


【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-11

噛めば、肉のうま味がじわじわと感じられる、美味しいレアチャーシューで♪
今日は、券売機にトッピングのボタンが用意されていなかったから、「チャーシュー増し」にはしなかったけど


もしあったら、絶対に「チャーシュー増し」にする!
うま味溢れる逸品だった♪


また、三つ葉は香りがよくて♪
この濃口醤油ベースのスープとよく合っていたし!


みじん切りされた玉ねぎは、シャキシャキとした食感がよくて!
辛みもなく、甘みのある玉ねぎで、このビターな味わいのスープとの相性はバッチリだったし♪


そうして、あえてスープを残しておいて、麺と具を食べ終えると
ラーメンを食べている途中で、注文した「和え玉」が着丼。

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-12

煮干し粉三つ葉、みじん切りされた玉ねぎに、カラフルなが載る「和え玉」!
まずは、レンゲと箸を使って、和えて!和えて!和えて!


「和え麺」としていただくと
カエシと香油の香りが何ともよくて!

このまま、「和え麺」としても食べられる一品だったけど
残ったスープにつけて、「つけ麺」のようにしても美味しい♪

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-13

そして、先ほどより5秒短く、55秒で茹で上げられた麺は、わずか5秒ではあるけど、スープに浸されていないこともあって
「煮干しソバ」の麺に比べると、さらにカタくて!

パッツンパッツンの、もっと歯切れのいい麺で!
麺の食感の違いを楽しめたのもよかったし♪


これが、ラーメンの価格プラス200円でいただけるというのも嬉しいし♪
これはいいとは思ったけど!


もっと、よかったのが「ニボだしごはん」!
こちらは、店主の奥さまから出されて


【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-14

山葵を載せて、スープを掛けて、お茶漬けのようにしてお召し上がりください。」と言われて…
お奥さまのおすすめに従って、「ニボだし茶漬け」にしていただいたところ

【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-15

これが、めっちゃ美味しくて♪
これ、めっちゃ、おすすめ!


今日は、「煮干しソバ」に「和え玉」、「ニボだしごはん」のフルコースを満喫して、お腹いっぱい!
でも、これだけ食べても、トータル1050円という価格はコスパ高いし!


【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-16

この味で、これしかお客さんが入らないなんてことはあり得ない店!
とりあえず、千葉のニボラーは食べに行かないと!


次回は、白醤油ベースで、生姜の風味がプラスされた「生姜煮干しソバ」を、後客の女性のお客さんがしていたように、生姜別皿にして食べてみたい。
ご馳走さまでした。


PS こちらの店の店主!?
ラーメン始めて一年(?)

独学でラーメン店を開業(?)
みたいな情報があったけど!

湯切りはしないし
麺の折り畳み方も含めて、器用で、仕事が丁寧で、早いし♪

ラーメン店での修業経験はないかもしれないけど
絶対に飲食業の経験は長い人のはず!?

そう思って、ズバリ、聞いてみたところ
店主からは

「ラーメン屋を始める前は蕎麦屋やってました。」
「その前は、和食の修業経験があります。」
と話してくれて!

「少し落ち着いたら、鴨蒸籠とか、蕎麦も店で出したいと思ってます。」
「ただ、蕎麦はアレルギーがあるので、ラーメンといっしょには出せないし…」


「蕎麦の日を作ろうかと思っていますけど…」
「ただ、蕎麦粉のアレルギーが何かに移らないか、検証してからでないと…」
なんて話していたけど…

元蕎麦屋の店主が作る「煮干しソバ」!
おすすめです♪


【新店】中華ソバ 篤々 toku-toku-17

メニュー:特製煮干しソバ…950円/煮干しソバ…700円/和え玉…200円

生姜特製煮干しソバ…950円/生姜煮干しソバ…700円/生姜和え玉…200円

煮玉子…100円/生玉子…50円/薬味玉ネギ…50円
ニボだしごはん…150円


中華ソバ 篤々 TOKU-TOKU



関連ランキング:ラーメン | 勝田台駅東葉勝田台駅



好み度:煮干しソバstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2010年2月21日(日)

千葉ラーメン拉通 ra2-1

千葉のメガラーメンサイト「千葉拉麺通信」

このサイトの開設10周年を記念した限定ラーメンが、こちら「千葉拉麺通信」の実験的厨房「ra2」で食べられるという!


「醤油」、「味噌」、「塩」、「豚骨」…
『究極限定』と命名された4つの味の限定ラーメン!


提供期間は、2月17日(水)~2月28日(金)
各ラーメンに使う食材が超豪華!


2月17日(水)~2月19日(金)
醤油
 金華ハムとイベリコ豚の背脂醤油らぁめん


2月20日(土)~2月22日(月)
味噌
 燻製帆立と伊勢海老の香味味噌らぁめん


2月23日(火)~2月25日(木)
  フカヒレと名古屋コーチンの極旨塩らぁめん


2月26日(金)~2月28日(日)
豚骨
 カラスミとアグー豚の濃厚豚骨らぁめん


各日10食限定・1杯800円

千葉ラーメン拉通 ra2-3

こんな高級食材を使ったラーメンを800円で食べることはできない。
原価無視、採算度外視の企画!

企画したのは、もちろん「千葉拉麺通信」を主宰し、「ra2」をプロデュースする、フードジャーナリストの山路力也さん。

これは、ぜひとも、食べておかないと!

というわけで、本日、「燻製帆立と伊勢海老の香味味噌らぁめん」を求めて、店のある八千代市に向けて車で出発!

国道16号線沿いにある店に着いたのは開店8分前の午前9時52分。

店の前のベンチには、お客さんが1人、座って、順番待ちをしていた。

さらに、車が1台。
寒いので、2人が車の中で開店待ちをしていた。

車を下りて、ベンチに座る。
今日は珍しく「いっしょに行く」と付いてきた息子と2人で来たので、これで

そして、「究極限定」獲得!

直後に、もう一人のお客さんが加わり、並びは4人に…
先頭の方と4番目の方は知り合いらしく、挨拶を交わし、会話をし始めた。

車の中の2人は動かない。
自分たちの前で8人を超えない限りは、限定10食の「究極限定」は確保できるという計算なのだろう。

「寒い中、お待たせしました!」
定刻10時!
川崎店長が出てきて開店!

カウンター席の右側から順に4人が座る。
後から遅れて入ってきた2人は左端2つの席に…

水が順に配られ、注文が取られていく。
先頭に並んでいたお客さんは、「限定」+味玉トッピング!

私と息子は、もちろん「限定」!
4番目のお客さんも「限定」!

後の2人のうち1人が「限定」。
1人は、川崎店長に「大盛りはできません。」と言われると、違うメニューにしてしまった。

ここで、3人のお客さんが駆け込んできて…
「まだ、限定あります!?」

さらに、1人、そして、もう1人が入店して…
開店から5分も経たないうちに10食の「究極限定」はこうして完売となった。

中華鍋を火にかけ、ラード、味噌、その他各種調味料を入れていくスタッフ!
ラードと味噌が焼ける香ばしい匂いが漂ってくる。
いい香り♪

スープを入れてかき回し、さらに野菜を追加!
野菜は、炒めるのではなく、たぶん、あらかじめ湯がいたものを入れたのだろう。
さらにかき回して、味見をして頷くと、3つ用意されたラーメン丼に分け入れていった。

そこに、ちょうどいいタイミングで茹であがった麺が加わって…
川崎店長が、具の燻製帆立と伊勢海老の天麩羅を盛り付けて…

最後にスタッフが、微塵切りされた玉葱、水菜、糸唐辛子を天麩羅の上に載せると…
1ロットで3個作りされた「燻製帆立と伊勢海老の香味味噌らぁめん」の完成!

糸で2つ割りした味玉が添えられて、最初のお客さんに出された後に私たちの2つの「究極限定」も出された。

千葉ラーメン拉通 ra2-4
千葉ラーメン拉通 ra2-5千葉ラーメン拉通 ra2-6

味噌とラードの香ばしい香り!
さっそくスープをいただくと…

濃厚なスープ!
味が濃い!
でも、濃すぎる!

それに甘じょっぱいし…
油っこいし…
香りも強すぎ…

一口、二口はまだよかったけど…
このスープは、飲むには濃すぎる!

それと、帆立と伊勢海老は何処に行ってしまったんだろう?
私の駄舌では、この濃厚な味噌スープの中に、伊勢海老はおろか帆立も見つけられなかった。

具を寄せて、麺を引き出すと、濃いスープに染まって茶色くなっていた。
麺も、味が染み込んで、甘じょっぱいんだろうな…

そう思って、食べてみると…
そうでもない。
それに、味は悪くない。

レギュラーの「カネジン食品」の麺ではなく、この限定のために用意されたのは「菅野製麺」の中太縮れの卵麺。

この麺は、この強い、濃厚な味噌スープを受け止める力がある。
そして、スープと絡んで美味しく食べさせる!

この麺はよかった!

そして、メインの燻製帆立に伊勢海老だけど…
缶詰が使われていた。

息子が見つけて教えてくれた。

燻製帆立は、歯応えがあって、甘みがあって、美味しくいただいた!
ただ、伊勢海老は火が通り過ぎてしまっていて、海老の持つ甘味やプリッとした食感があまり感じられなった…

それと、ともに淡い味の食材なので、この濃口のスープに絡めて食べると、味がわからなくなってしまう…
この繊細な具を使うなら、もっと薄口仕立ての味噌で食べさせないと…
これでは素材のよさが生かされない…

千葉ラーメン拉通 ra2-7

しかし、それより…
伊勢海老は缶詰ではなく、生を使ってほしかった…
そして、海老味噌でソースをつくって、殻で出汁をとってスープにしてほしかった…


ただ、缶詰の身を天麩羅にして出すたけでは芸がない!
伊勢海老を使った意味がない!

辛口の表現になってしまったけど、山路さんが出す「究極限定」ということで期待が高かった。

よくよく考えてみれば、高価な伊勢海老をふんだんに使って800円で出せるか!
そう言われてしまえばそうなのかもしれないけど…

千葉ラーメン拉通 ra2-8

住所:千葉県八千代市神久保75-14
電話:047-488-8803
営業時間:
定休日:無休
アクセス:北総線・小室駅から約2.8km。徒歩33分




メニュー:黒拉…650円/黒拉(タマネギ増し)…650円/黒スペシャル(全部乗せ)…950円/黒炙りチャーシューメン …900円/黒野菜たっぷりラーメン…800円/黒とろ~り味玉ラーメン…750円/
白拉…650円/みそ拉…750円/赤拉…700円/つけ拉…700円
麺大盛り…100円/麺大盛り(つけ麺) …150円
炙りチャーシュー丼…300円/炊きたてふっくらごはん…150円/炊きたてふっくらごはん(小)…100円//水餃子…350円


好み度:【究極限定】燻製帆立と伊勢海老の香味味噌らぁめんstar_s30.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

訪問日:2008年8月30日(土)

らーめん はたかくる【弐】-1

土日限定の「極太つけめん」!

毎週土日20食限定の「極太麺」の「つけめん」が食べたくて、私が車で向かった先は千葉県八千代市にある「らーめん はたかくる」!

東葉高速鉄道の八千代緑が丘駅が最寄り駅になるこちらの店は、駅から少し離れていて…
残暑厳しき折、駅から徒歩で行くのは辛い…

「限定」を確実にゲットするため、開店時刻に間に合うように出発したはずなのに、途中、道路は渋滞…

さらに、ポツポツと降りだした雨か店に近づくにつれ強くなっていった…

「限定」にありつけるのか?
不安に駆られながら店に到着!

らーめん はたかくる【弐】-2

しかし、店の前の2台分ある駐車スペースは埋まっていた…
近くの「TSUTAYA」の駐車場に停めて店へ急ぐ!

店の中に入っていくと、すでに満席!
中では、3人のお客さんが順番待ちをしていた!

店主と目があって挨拶…
どうやら、私のことを覚えていてくれたようだ…

すかさず「限定」の有無を確かめると…
『ありますよ!』ということだったので、ひとまず安心…

らーめん はたかくる【弐】-3

「限定」は900円と普通の「つけめん」に比べ150円高!
ちょっと高めに感じるけど、美味しいなら許そう!

支払いは、他のメニューと違って、自販機で食券を買い求めるのではなく、現金での支払いになる。

そこで、店主に千円札を差したところ…
『席についてから…』と制されてしまった…

少し待って席へ…
限定の「普通盛」を注文して、店員さんへ千円札を渡したんだけど…
お釣りの100円が戻ってこないまま、「つけめん」作りに入ってしまった…

仕方ないので店主に言って返してもらったけど…

麺を茹で始めてから10分が経過しても、まだ麺は茹であがらない…

店主に聞いたら…
茹であがりに、何と15分かかるんだそうだ!

これは…
今まで食べた「つけ麺」の中でも最長の茹で時間!

でも、何十分待たされたって、美味しい麺が食べられるなら待つよ!

後から注文の入った「つけめん」が出されていく中、ようやく、私の注文した限定の「極太つけ麺」もできあがったようだ!

らーめん はたかくる【弐】-4

麺の上には大きめのチャーシューが2枚載る…

ただ、この国産豚を使って作った店主自慢のチャーシューも、前回、「チャーシューメン」でいただいたときは、美味しく感じたんだけど…
今日、「つけめん」で食べたら、冷たくて、そんなに美味しくは思えなかったし、つけダレに沈めて食べたら、つけダレの温度が冷めてしまった…

麺は、待っただけの価値はあった!
国産小麦粉だけで作ったというこの極太麺は、まず、小麦粉がかおる!

うどんのようなコシのある麺で…
小麦粉がギッシリ詰まっていて、食べ応えもある…
麺の量は、普通盛の300gだったけど、それ以上の量に感じて、お腹いっぱいになった!

麺を食べている途中で、店主が…
『うまいでしょう!?』と自慢げに聞いてきた…

悔しいけど、否定のしようがない…
店主が自慢するだけのことはある!

つけダレは、これも前に食べた「チャーシューメン」同様、「青葉」チック!
ただ、こちらも魚粉が使われ、魚介風味が強い!

しかし、改めて感心するのは、無化調で「青葉」の味を出していること!

私は、無化調だからいいとか、化学調味料を使っているから駄目などとは思ってはいない…
しかし、化調を使わずにこれだけの味を出せるというのはたいしたもの!

難点は少しつけダレがぬるいことかな…

それと、麺単体としては美味しかったけど、つけダレとの相性とコストパフォーマンスからするとどうだったのかな?

前回訪問したときに見せてもらったレギュラーの「つけめん」に使うの生麺がなかなかいい印象だったので…

やはり、国産小麦で作られてた麺で小麦粉のかおりも強かったし…
麺の太さも、14番の切歯を使った太麺で、つけダレとのバランスからすると、このくらいの太さの麺の方がいいのかもしれない…

もう一度…
やっぱ、レギュラーの「つけめん」も食べに来ないといけないね…

らーめん はたかくる【弐】-5

住所:千葉県八千代市大和田新田917-36
電話:047-459-4977
営業時間:11:30~売り切れ次第終了
休日:月曜・木曜
アクセス:東葉高速線・八千代緑が丘駅から徒歩14分。
駅前の道路を国道296号線方面へ。最初の信号を左折して直進。突き当りを左折。すぐ右折して直進。突き当りを左折して直進。Y字路を右折して直進。突き当たりを右折した右側

メニュー:中華そば(170g) …650円/味玉そば…750円/特製中華そば…850円/チャーシューそば…900円
大盛…100円増し
つけそば(300g)…750円/つけ玉そば…850円/特製つけそば…950円/つけチャーシュー…1000円
大盛(+150g)…150円増し/特盛(+300g)…300円増し
【限定麺】極太つけ麺(300g)…900円
大盛(+150g)…150円増し/特盛(+300g)…300円増し


好み度:【限定麺】極太つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s35.gif
訪問日:2008年8月5日(火)

らーめん はたかくる-1

「太助」を出て一仕事してから…
私が次に向かったのは「らーめん はたかくる」!

こちらの店は、開店時刻の11時30分からスープ売り切れまでの通し営業で…
携帯の「超らーナビ」によると、20時くらいまで営業しているとのこと…

なので、16時という…
他のラーメン店が中休みしている時間でもラーメンが食べられるのは嬉しい!

情報によると…
「青葉インスパイア」系の店らしい…
しかし、麺は自家製麺だという…

さらに、チャーシューが美味しいらしく…
土日限定20食のみ供される自家製極太麺の「つけ麺」も話題になっているとも…

この限定「つけ麺」にはかなり惹かれたけど…
今日は平日なのと、はじめての訪問になるので、まずは「青葉インスパイア」系と言われる「中華そば」をチャーシュートッピングでいただくことにした…

こちらの店は、成田街道からやや入った場所にあり、車でやってくるお客さんがターゲットなのか…
駅から歩くには少し遠い…

ポツポツと雨が降る中、最寄りの京葉高速鉄道・八千代緑が丘駅からテクテクと歩くこと14分…

店に着くと、途端にドシャ降りになり、雷まで鳴りだす始末!
慌てて店に入る…

先客は1人…
「つけめん」を食べ終えて帰ろうとしているところだった…

厨房にも店主1人…

この時間でこの天候では、お客さんは来ないだろうと思っていたら…
ずぶ濡れになりながら、お客さんが1人転がりこんできた…

バイクを運転してきたようだ。
身体中、ビショビショ…

若い学生さんのようで、彼は店に入って来るなり…
『迷惑ですかぁ!?』

『風邪ひくぞ!』
店主はそう言うなり、急いで店の奥から、真っさらな白いタオルを持ってきて、学生さんに渡す。

こちらの学生さん…
後で話したら…
こちらの店の常連客だったんだけど…
なかなかいいとこあるよね!
こちらの店主さん…

自動券売機で「チャーシューそば」の食券を買って、店主に渡す。

らーめん はたかくる-2

らーめん はたかくる-3

店の奥の蓋がされた寸胴の中ではスープが炊かれていて…
豚骨のいい臭いがする!

黄味がかった麺をプラスチックの箱から取出し茹で始める店主…

麺が茹であがるまで、チャーシューをカットして具の準備…

スープは、もう寸胴が斜めになっていて、もう残り少なそう…

店主に聞いたら、もう、あと、8人前位だそうだ…

その残り少なくなったスープがラーメン丼に注がれ…

そおーっと…
ナイーブに湯切りをされた麺が入り…
チャーシュー、メンマ、なるとが載せられて…
「チャーシューそば」の完成!

ラーメン丼はずいぶんと小振り…
しかし、小振りとはいえ、その丼一面を覆うチャーシューは圧巻!

らーめん はたかくる-4

チャーシューを寄せて、スープをいただく…

なるほど!
こいつは、確かに「青葉」だ!
豚骨に魚介の使い方…
最後に振られた「ブラックペッパー」まで…

ただ、こちらのスープは「青葉」に比べると魚介風味がはっきりしている!
さらに、豚骨に鶏ガラの動物系の旨味もよく出ていて、美味しい!

「青葉」との一番の違いは、化調の差。
無化調ではないけど、こちらのスープは「青葉」と違って化調に頼っていない…

麺は、18番の切り歯を使って作られる中太の自家製卵麺!

この麺がまた美味しい!
麺自体の旨味があるし、この濃厚なスープとの絡みもちょうどいい!

店主によると、国産の小麦を使って麺をつくっているから美味しいんだという。

多くの店は、製麺所からオーストラリア等の海外産の小麦を使った麺を購入しているだけ…

美味しいのは当然と自信をみせていた…

チャーシューも「国産」!
国産の美味しくて、安全な豚を使って作っていると…
「国産」材料と「自家製」へのこだわりを語ってくれた。

さらに…
『次は、「つけめん」を食べてくれ!』と…
「つけめん」への自信を示して…
切り歯14番を使って作ったという太麺ストレートの生麺をみせてくれた。

こちらはの麺は色白で、小麦粉のかおりのする麺で…
これは「つけめん」も期待が持てそうだ!

土日限定の「つけめん」について聞いてみたところ…
『最初は普通の麺を食べてもらった方がいい…』と前置しながらも…
極太の限定麺は太さ3mmほど…
中華麺の切り歯でいえば10番の歯を使って作られる麺だけど…
うどんを切る刃を使ってつくるんだという…

ただし、土曜日はこの極太麺を求めて開店前からお客さんが並ぶそうで…
狙い目は日曜日だと話してくれた。

『日曜日にまた来ます!』と言って席を立ったけど…
普通の「つけめん」の麺も食べてみたいし…
こちらの店にはこれからも何度か足を運ばないとね!
帰りぎわ、店主の携帯が鳴った…
『あ、それは山路くんのところの掲示板に書いておくから…』
どうやら、業界関係者からの夏期休業の問い合わせのようだったけど…

『「とみ田」の行列は小林くんの行列よりすごいらしいね!』等と…
千葉拉麺通信の山路力也さんや、「必勝軒」の小林マスターを「くん」で呼ぶあたり…
格好は若造りだけど、結構なベテランだったりするのかもね…

らーめん はたかくる-5

住所:千葉県八千代市大和田新田917-36
電話:047-459-4977
営業時間:11:30~売り切れ次第終了
休日:月曜・木曜
アクセス:東葉高速線・八千代緑が丘駅から徒歩14分。
駅前の道路を国道296号線方面へ。最初の信号を左折して直進。突き当りを左折。すぐ右折して直進。突き当りを左折して直進。Y字路を右折して直進。突き当たりを右折した右側

メニュー:中華そば(170g) …650円/味玉そば…750円/特製中華そば…850円/チャーシューそば…900円
大盛…100円増し
つけそば(300g)…750円/つけ玉そば…850円/特製つけそば…950円/つけチャーシュー…1000円
大盛(+150g)…150円増し/特盛(+300g)…300円増し


好み度:チャーシューそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif
2008.03.23 丸長 勝田台店
訪問日:2008年3月23日(日)

丸長 勝田台店-1


「つけそば」の名店「丸長」!

その中でも毎年、雑誌「TOKYO1週間」のTRY大賞の「つけめん」部門の優秀賞に選出されるのが、千葉県の勝田台にあるこちらの店!

ラーメン評論家のウケが一番いいようだ…

丸長は大きく2つの味に分類でき、辛味をつける香辛料が違う!

ひとつは目白の店に代表される、甘辛タイプで、辛さは唐辛子によってもたらされる。

一方、もうひとつは荻窪の店のように、黒胡椒をきかせて辛味を出している店もある。

こちら、勝田台の「丸長」は後者の黒胡椒タイプ!

わたしは「つけそば」のつけダレには唐辛子の方が合っているとは思っているけど…

黒胡椒の味付けが嫌いなわけではないし…
それより、ラーメン界の重鎮が認めた味をわたしも体験してみたくなった!

店は駅に近い路地裏にあった!
学ラン姿の学生さんが5人待っている!

13時11分…
店の入口脇に立っている電飾看板が現在時刻をデジタル表示する…

実はここからが長い道のりの始まり…

1人、2人…さらに1人…
食べ終えて出ていく人がいるのに、外で並ぶお客さんを店に入れない…

ガラスの透明部分から覗いて見える限り、少なくてもテーブル席だけでも7席は空いている…

学生たちが痺れを切らして乱入するが、座らされることを許されず…
入口を入ったところで立ちんぼ…

さらに、学生たちが、入口の戸を締め切っていなかったため、「入口閉めて!」
と、今は息子に店を譲ったオヤジさんに怒られるありさま…

また、2人ほど出てきて、やっと学生さんたちが座るのを許されたみたいで…
なぜか5人が並んでカウンター席に座る。

まあ、しかし、テーブル席はバラバラに空いていて、5人がいっしょに座れる場所はなかったからしょうがないんだけどね…

ただ、許せないお客が2人いたね…

1人は食べ終わっても、悠然と漫画本を見ている…

もう1人はビールを飲みながらタバコを吸いリラックス…

外ではわたしも含め8人も待っているというのに…

しかし、席が空いているのになぜお客さんを着席させようとしないのか!?

なぜ、お客が外で大勢待っているのに、こういう無神経な奴らをいつまでも帰さないのか!?

店の姿勢・態度がおかしい!

オヤジがこちらにやってきて入口の戸を開け一言…
「空いてるけど…」
だと…

なにそれ!
その言葉にカチンときたけど、我慢…

オヤジが指定した席に座る…
目の前が漫画男…
じぃーっと見てやったら、視線を上げて外に目をやって立ち上がったよ…

ビール男もすぐ後を追うように帰り…
これでやっと、外で待ってる4人のお客さんが席につけた…

しかし…
なんなんだろう!この店?
お客の自主性にすべて任せている。

席が空こうが埋まってようが関係なし…

お客が勝手に来て、勝手に座って、注文して、それを作って…
お金を受け取る…

接客・サービスがなってないというより…
無い!

これはひどい…
こんなのはじめてだよ…

メニューをみると…
基本の「つけそば」に「つけそばB」、「こいくちつけそば」…

丸長 勝田台店-2


この違いは黒胡椒の量の違いで、胡椒少なめが「つけそばB」…
多めが「濃口つけそば」…
まず、デフォルトの味がわからないわたしは、普通の「つけそば」を注文!

この時点で時計を見ると14:01!

席は空いていたというのに50分も注文するまで待たされたことになる…

先ほどの高校生軍団がオヤジに「まだですか?」と催促している…

すると、オヤジの答えはこうだ…
「うちは1時間待ちが当たり前なんだよ!」

嫌なら来るな!とでも言いたげな態度…

なんだ!その言い方…

その直後に、その学生さん5人のうちの3人分の「つけそば」だけができてきて、残り2人分は次のロットにまわり、おあずけ…

ここでもオヤジ…
何の言葉もなし…

さらに、実は次のロットで残りの学生さん分とわたしの分の「つけそば」もあがるんだけど、わたしの後に入ったカップルは1つだけしか出されなかった…

見ていたら、この店の「つけそば」の作り方は、鍋いっぱいの麺を順に茹で上げることを繰り返し行なっているだけ!

お客さんが何人で来ようが、関係ない!
最初から、そのグループに同時のタイミングで出さなくてはなどという考えはない…

しかし、それでもここは流行っているし、皆、文句も言わない…

出された「つけそば」は麺が皿に盛られた「丸長」スタイル!

時刻は14時30分ジャスト!約1時間20分もかかって、やっと「つけそば」がお目見えした…

丸長 勝田台店-3


いつものように「つけそば」は最初に麺だけをいただく…

平打ちの麺は、小麦の風味を感じる麺で喉越しもよく、いいんだけど…

麺にヌメリがある…
水洗いがキチンとしていない証拠…

これだけ待たされて、こんな仕事しかできない…

麺をつけダレにつけて食べる…

鶏ガラの出汁は感じる!
かすかな魚介の風味も…

ただ、ほとんど感じるのは、濃口醤油の濃い味付けと黒胡椒の辛味!

醤油のしょっぱさはハンパじゃない!
それに、大量の黒胡椒で味覚が麻痺させられる…

これで「濃口つけそば」にしていたら、果たしてどうなっていたのだろう…

具のチャーシューはそれなりに美味しかったし、メンマも味、食感とも悪くはなかった。

それで、つけダレ自体もヌルくなったし、チャーシューとメンマを残してスープ割りしてもらって温まってから食べよう!

そう思ってオヤジに「スープ割りお願いしますか?」と丁重にお願いしたというのに…

つけダレの入った器を持って厨房に入り戻ってきたオヤジから渡されたスープ割りは…

約6分目入っていたつけダレが返ってくると、スープで薄められたにもかかわらず半分以下に減っていた…

ほんのちょこっとだけのスープ割り…
温まって戻ってくるはずの具はスープとともに捨てられてしまった…

最後までムカついた!
もう2度と来ない!
最低!

丸長 勝田台店-4


住所:千葉県八千代市勝田台1-14-34
電話:047-484-0183
営業時間:11:30~15:00 ※スープなくなり次第閉店
休日:火曜、第2月曜
アクセス:京成線・勝田台駅南口からロータリー前商店街を直進。リブレ京成先を左折、パチンコ店手前を右折しすぐ左折、右側。徒歩2分

メニュー:つけそば…650円/つけそばB…650円/こいくちつけそば…650円/チャーシューつけそば…850円
らーめん…600円/チャーシューめん…800円
大盛り…150円増し/トッピングめんま…100円


評価:つけそばstar_s30.gif

接客・サービスstar_s15.gif