fc2ブログ
訪問日:2024年4月11日(木)

麺屋 ルリカケス【壱七】-1

本日のランチは昨夜、限定で長崎県地鶏の「対馬地どり」100%スープの「鶏そば」が提供された東京・木場の『麺屋 ルリカケスへ!



今日の昼営業でも提供されるのだろうか
朝から、何度も、こちらの店の磯脇店主のXが更新されていないか見に行っているけど、なかなか更新されない😓

提供数がわかれば、ある程度、予想はつくけど
それも書かれてなかったし

磯脇店主が作る限定は何を作らせても美味しいものを作ってくれるし😋
特に鴨清湯スープのラーメンに地鶏清湯スープのラーメンが好きで🥰

限定で提供されたら、絶対に食べたいと思っているのに
ここのところ、ずっと、長い間、ゲリラ限定の様相で!

営業が始まる直前に告知するので、なかなか食べに行けず😓
先月だけでも「丹波黒どり✕会津地鶏」スープに「会津地鶏」100%スープの「鶏そば」を食べ逃している😥

しかし、今回は、まだ、食べたことのない「対馬地どり」で出汁を引いたスープのラーメンなので!
どうしても食べたい
😆

そこで、まだ、Xの更新はされてなかったけど、ダメ元で店へと向かうことに🚇💨
そして、最寄り駅の東京メトロ東西線・木場駅で下車して、11時48分に店頭にやってくると

いらっしゃいました。
いつもの「ルリカケス・ラブ」な御三方
🤣

前回も、それ以前にも、シャッターでやって来ると
必ず、こうして、店頭で待ってる3人のフォロワーさん🥇🥈🥉

1人はお馬さんがお好きな男性🐴👨
あと2人はラーメン大好きご夫妻👫

ご挨拶させていただいていると
もう1人、少し遅れて、男性の方が来店して、これで「ルリカケス四天王」が揃った🤣

しかし、皆さん、限定がリリースされれば、必ず、こうして、シャッターでやって来るのがスゴい♪
たまに、前日に売り切れていて、レギュラーメニューを食されていることもあるけど
🤣

「今日は限定残ってますよね?」
「もし、なければ、鶏つけそばを裏メニューの塩で食べればいいと思って来ましたけど…」


なんて私が発言すると
私のすぐ後にやってきた男性のフォロワーさんから

「限定ありますよ。」
「鶏つけそばはありません。」


「X更新されてます。」
そう言われて、すぐに磯脇店主のXを見に行くと




店に到着後の10時49分に更新されていた。
開店まで、あと11分
🤣

もう少し早く、更新してくれてもいいのに😓
でも、限定、残っててくれて、よかった😊

「鶏そばは醤油だけよね?」
ラーメン大好きご夫婦の奥さまが、そう言うと


お馬さん好きの男性フォロワーさんから
「昨日、食べてた人のポストを見る限り、醤油だけでしたね…」

なんて答えていたので
「ないかもしれないですけど、やってとお願いすれば、やってくれますよ!」と私が言うと

「そうかもね😊
奥さまが、そう言うと、皆さん、頷いていたけど😅

その後も、『ルリカケス』談義に花を咲かせているうちに開店時刻の11時を迎えて
シャッターが開いて

磯脇店主が出てきて
暖簾を掛けて、開店🎊

麺屋 ルリカケス【壱七】-2

ポールのラーメン大好きご夫婦から順番に入店して、券売機で食券を購入して、席へと着いていく
私の番になって、入店して、磯脇店主に

「限定の塩って、あるんですか?」と聞くと
「やれと言えばやりますけど…」と答えがあって、皆さん、クスクス笑っていた🤭

そこで、デフォルトの限定を連食することにして、券売機の前に立つと
前日のXのポストで

「POPはありません。」
「右上限定ボタンです。」とポストしていて


右上に大きなボタンの「特製限定」と小さなボタンの「味玉限定」と「限定」のボタンがあるのは確認できたけど
金額が消されていて、わからない😅

とりあえず、千円札を2枚入れたら全部のボタンが点灯したので、デフォの「限定」のボタンをプッシュすると、残りの金額が900円。
デフォの「限定」は1,100円とわかったので、百円玉を2枚追加で投入して、もう一度「限定」のボタンをプッシュ!


麺屋 ルリカケス【壱七】-3

席へと着いて
カウンターの高台に食券を2枚置いてラーメンができるのを待つ。

オープンキッチンの厨房では、すでに限定ラーメン作りが始まっていて
寸胴から雪平鍋に移したスープがガス台の火に掛けられていて

ラーメン丼を3個並べて
カエシと鶏油をレードルで入れていくと

次に麺を3基のテボに入れて茹で始めて
しかし、タイマーはセットせず

その後、雪平鍋で温めていたスープをラーメン丼に注いで
2分22秒でテボを引き上げて!

湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられると
最後にトッピングの具が盛りつけられて完成した「長崎県対馬地どりの特製鶏そば」が先客の3人のフォロワーさんに出されていった。

麺屋 ルリカケス【壱七】-4

そして、また、同じルーティンで限定が作られるのかと思って見ていると
なぜか、麺を一玉取り出して、手もみし始める磯脇店主!

もしかして、「塩」の限定には手もみ麺を合わせるとか!?
先に出された「醤油」の限定には全粒粉入りの中太麺が合わせられていたので

そうして、手もみした麺が1基のテボの中へ!
その上で、寸胴から雪平鍋へとスープを移して、ガス台の火で温め始めると


ラーメン丼が再度、3個並べられて
そのうちの1個には、上の戸棚から取り出したタッパーの中に入っていた粒子を小さじで量って2杯入れていたけど

これって、塩だよね🧂
塩ダレじゃないんだ😲

行徳にある『らー麺屋 バリバリジョニー』のジョニー店主も塩ダレは使わずに
やはり、同じように塩だけを入れるだけだけど

しかし、塩自体にはうま味がないので、普通、ラーメン店では塩単体で使うことはせずに、貝や昆布、魚介の旨味を入れた塩ダレを作ってスープに合わせるものなのに
ただ、味を整えるだけの塩を合わせるとは

スープの旨味が強くないと成り立たないのに
よほど、スープに自信があるんだろうか!?

その後、麺を茹で始めてから1分47秒が経過したところで
2玉の麺が追加で2基のテボに投入されて

そうして、最初の麺を茹で始めて4分20秒
後入れの麺を入れてからは2分33秒が経過したところで

3基のテボを引き上げて、3つのラーメンを完成させると
そのうちの一つの限定の裏メニューである「長崎県対馬地どりの鶏そば(塩)」が私に磯脇店主からサーブされた。

麺屋 ルリカケス【壱七】-5麺屋 ルリカケス【壱七】-6

黒豚の内モモ肉の燻製レアチャーシュー国産豚の肩ロース肉のレアチャーシューが1枚ずつに
材木メンマが2本と九条ネギが載る塩ラーメン!

ただ、麺は表の限定メニューの「醤油」と同じ全粒粉入りの中太麺が合わせられていて
手もみ麺は限定裏メニューの「塩」用ではなかった。

開店時に6人が並んで入店して、全員が限定を注文したと思っていたけど
「ルリカケス四天王」と私の後に6番目に並んだお客さんの注文はレギュラーメニューの「醤油そば」だったんだね😅

まずは、黄金色に輝くスープをいただくと
地鶏🐓地鶏🐓地鶏🐓

麺屋 ルリカケス【壱七】-7

地鶏の旨味MAXのスープで🐓
スープに厚みがあって、コクのあるスープで、めちゃめちゃ美味しい😊

しかし、磯脇店主の地鶏スープって、こんなに厚みがあったっけ!?
先月から今月の3日まで、5週連続で水曜日にいただいた『麺屋 一燈』の「地鶏そば」並みの鶏清湯スープなのに濃厚な濃厚鶏清湯スープに仕上げられていた😊

磯脇店主の最高傑作😆
そう言っても過言ではないほどの美味しさだったし😋

これだけ分厚い厚みと旨味のあるスープだから、あえて、塩ダレを作らずに塩だけを合わせたってことなのかな!?
そこで、磯脇店主に、そんな感想を話して、確認したところ

「塩ダレは作りましたけど、あまり美味しくなくて…」
「塩だけの方が、かえって美味しかったので…」


なんて話していて
塩ダレが上手くいかなかったから「塩」はボツにして、裏メニューの提供になったみたいで

「いや、めちゃめちゃ美味しいですよ😋」と言うと
「やめてくださいよ😓」と言っていたけど😅

「でも、対馬地どりは、いい出汁出してくれましたし…」
「今回のスープは上手く作れたと思います
😊」と話していた。

日本蕎麦の田舎そばのような「ホシ」のある中太ストレートの自家製麺は、ザラッとした舌触りの
見た目だけではなく食感も田舎そばっぽい麺で!

麺屋 ルリカケス【壱七】-8

「石臼挽きの全粒粉!?」と聞くと
「そうです。」と磯脇店主から返答があったけど

石臼挽きの全粒粉を配合することで、この食感を実現させていた。
ただ、この麺は「醤油」の方が相性はよさそうかな♪


黒豚の内モモ肉を使用して低温調理して
さらにスモークして仕上げた燻製レアチャーシューは、肉の旨味が中に閉じ込められた逸品で、最高に美味しかったし😋

麺屋 ルリカケス【壱七】-9

国産豚の肩ロース肉で作ったレアチャーシューも、噛めば、肉の旨味が滲み出てきて
こちらも、めっちゃ美味しかったし😋

材木メンマは、外はコリッとカタめで
中はサクッとしたやわらかめの食感に仕上げられているのが、とてもよかったし😊

麺屋 ルリカケス【壱七】-10

最後はスープの最後の一滴まで飲み干して完食😋
マジで美味しかった😊

そして、この後、2杯目の「長崎県対馬地どりの特製鶏そば(醤油)」が出されることになるんだけど
長くなってしまったので、この模様は次回に😅



メニュー:特製醤油そば…1550円/味玉醤油そば…1250円/醤油そば…1100円
特製塩そば…1550円/味玉塩そば…1250円/塩そば…1100円

特製鶏つけそば…1550円/味玉鶏つけそば…1250円/鶏つけそば…1100円
特製濃厚つけそば…1550円/味玉濃厚つけそば…1250円/濃厚つけそば…1100円

【本日の限定】特製長崎県対馬地どりの鶏そば…1550円/味玉長崎県対馬地どりの鶏そば…1250円/長崎県対馬地どりの鶏そば…1100円

大盛…150円/替玉…150円/和えそば…250円

味玉…150円/のり…100円/チャーシュー(3枚)…300円/チャーシュー(5枚)…500円
小ライス…150円/ライス…200円/肉飯…350円/卵かけご飯…300円


麺屋 ルリカケス



関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅



好み度:長崎県対馬地どりの鶏そば(塩)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



訪問日:2023年10月2日(月)

麺屋 ルリカケス【壱六】-1麺屋 ルリカケス【壱六】-2

本日のランチは東京・木場にある『麺屋 ルリカケスへ!

昨年の2022年6月24日にオープンして以来、昨年オープンした新店では一番多く訪れている店!

最初に、こちらの店でレギュラーメニューの「特製醤油そば」をいただいて
これが、こちらの店の磯脇店主の故郷の奄美大島の郷土料理である「鶏飯」をモチーフにした、まるで周年限定にでも出すような、とても、手の込んだラーメンで!

そして、これが、とても美味しくて😋
スゴい新店が誕生したと思ったし♪

その後、全てのレギュラーメニューをいただいたけど
どれも、味、クオリティともに優れた逸品だったし!

さらに、その後、不定期に出された数々の限定が、また、どれも外れなく美味しかったので😋
それで、この年の私の中の新人大賞はこちらの店に決まった👑

そんな店で、昨日の昼営業から「鴨と蛤の塩そば」の限定が提供されていることを昨夜知って!
本日も残り20食あるということだった。


鴨も蛤も大好きだし🥰
それに、磯脇店主の作る鴨ラーメンも蛤ラーメンも、どちらも、めちゃめちゃ美味しいので😋

これは、絶対に食べないと😊
というわけで、開店前の10時57分にシャッターで店頭へとやって来ると

ポールは、Xで相互フォローさせてもらっている
こちらの店にヘビーローテーションで通う男性の常連のお客さん🥇

2番、3番は、同じくXで相互フォローさせてもらっている
こちらもヘビロテで、いつも、仲良く、ご夫婦で来店する2人が待っていた🥈🥉

そして、私を見ると、そのご夫妻の奥さまから
「今日は大好きな鴨の限定なので来ると思ってた♪」と言われてしまったんだけど

おっしゃる通り😅
図星です🤣

11時になると
男性スタッフの人が店の中から現れて、開店🎉

麺屋 ルリカケス【壱六】-3

順番に入店していって、まずは、券売機の前に立つと
残り20食の「鴨とハマグリの塩そば」は、もちろん残っていたし!

チャーシュー、のり、味玉増しの「特製」も残っていた♪
ただし、限定ごはんのコンビーフにした鴨肉に栃木県日光の金の卵が載るという「鴨たま飯」は残念ながら売り切れ
😞

麺屋 ルリカケス【壱六】-4

「特製鴨と蛤の塩そば」の食券を買って席へ!
そして、食券をカウンターの高台に上げながら、磯脇店主に


「すいません、味玉を…」と言いかけると…
「別のものに替えておきますね♪」という答えが返ってきたんだけど…

これは、磯脇店主が私が味玉を好んでトッピングしないのを知っていて
前回も無理を承知でお願いしたところ、快く承諾してくれて、味玉をワンタンに替えてくれたので♪

今日も図々しいとは思いながらも、お願いしたところ、今日も快諾してくれた。
ありがとうございます。


麺屋 ルリカケス【壱六】-5

そうして、まず、磯脇店主によって3個作りされた「特製鴨とハマグリの塩そば」が先客3人の常連のお客さんに出されていって
次に、磯脇店主によって1個作りされた「特製鴨とハマグリの塩そば」が完成すると!

スタッフの人がサーブしてくれて!
さらに、蛤の殻を入れるお椀も出された。


麺屋 ルリカケス【壱六】-8

鴨ロースのレアチャーシューが3枚!
そして、味玉の代わりに入れてくれた鴨ロースのカットレアチャーシュー
🦆

チャーシューは鴨の他に鹿児島産黒豚のウチモモ肉を低温調理して燻製して仕上げたという手間暇掛けて作られたスモークレアチャーシューが2枚に低温調理された国産豚肉の肩ロース肉のレアチャーシューが1枚入る🐷

さらに蛤が3個と海苔が3枚にメンマ小松菜アーリーレッド九条ネギ柚子の輪切りがキレイに盛りつけれた
具沢山で彩り鮮やかで美しいビジュアルの塩ラーメン🧂🍜✨

麺屋 ルリカケス【壱六】-6麺屋 ルリカケス【壱六】-7

まずは、芳醇に鴨と蛤が香る♪!
やや、濁りのある黄金色したスープをいただくと


麺屋 ルリカケス【壱六】-9

POPに「鴨とハマグリのWスープの優しい味わい」と書かれていたので
淡麗な味わいなのかと思ったのに

鴨出汁と蛤出汁のダブルスープをマリアージュしたスープは濃密で、分厚い厚みがあって
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか😋

磯脇店主の作る鴨出汁のラーメンも蛤出汁のラーメンも、どちらも、超一級の味わいなのは独立する前に蔵前の『らーめん 改』の店長をしていたときからわかっていたことだけど♪
2つのスープを合わせても、こうして、極上の味わいのスープに仕上げてくる
😋

そして、麺が、また、スゴかった♪
平打ちの太ストレートの自家製麺を入念に手揉みした麺は、もっちりとした食感の多加水麺なのに


場所によってはムチッとした、やや、カタめにも感じる箇所があったりと
食感が、とても楽しい秀逸な麺だったし♪

麺屋 ルリカケス【壱六】-10

それと、麺の芯までよく、茹でられた麺からは、小麦粉の旨味と甘味も、よく感じられて😊
そして、手揉みして不規則に付けられた縮れがスープを持ってきてくれて、美味しくいただくことができたし😋

鴨ロースのレアチャーシューはスープの熱で少し変色してしまったものもあったけど😅
火入れの状態は最高で♪

しっとりとした食感に仕上げられていて
やわらかくて、鴨ムネ肉のジューシーさを実感できる絶品のロティだったし😋

麺屋 ルリカケス【壱六】-11

鴨ロースのカットしたレアチャーシューは、厚みがあって、多少、噛み応えのあるものだったけど
鴨ムネ肉なので、鴨モモ肉ほどカタくはなく、噛む度に肉の旨味が滲み出てきて、最高に美味しかったし😋

鹿児島産黒豚のウチモモ肉のスモークレアチャーシューに国産豚肉の肩ロース肉のレアチャーシューは、ともに熱々のスープの中水没させたまま、少し放置してしまったため、完全に変色して、少しカタくなってしまったのが失敗だったけど😓
それでも、良質な豚肉が使われているので、肉の旨味を感じられたし😋

麺屋 ルリカケス【壱六】-12

特に鹿児島産黒豚のスモークレアチャーシューは美味しくて😋
これはチャーシュー増しにして食べる価値のある逸品だと思う😊

蛤は、まず、プリップリの食感が最高だったし😆
スープの出汁に使ったものとは別のものが使われていたからだと思うけど

蛤の旨味が、しっかりと感じられて
とても美味しくいただけたし😋

麺屋 ルリカケス【壱六】-13

メンマのコリコリとした食感に!
小松菜のシャキシャキとした食感が、とてもよかったし♪


麺屋 ルリカケス【壱六】-14

そして、終盤、柚子をスープに搾り掛けて、いただくと
柑橘系の酸味と甘味で爽やかに味変してくれて、美味しく食べさせてくれたし😋

最後は、もちろん、スープを全部飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

麺屋 ルリカケス【壱六】-15

メニュー:特製醤油そば…1400円/味玉醤油そば…1100円/醤油そば…950円
特製塩そば…1500円/味玉塩そば…1200円/塩そば…1050円

特製鶏つけそば(麺300g)…1500円/味玉鶏つけそば(麺240g)…1200円/鶏つけそば(麺240g)…1050円
特製濃厚つけそば(麺240g)…1500円/味玉濃厚つけそば(麺240g)…1200円/濃厚つけそば(麺240g)…1050円
つけそば大盛券…150円

替玉…150円/和えそば…250円
小ライス…150円/ライス…200円/肉飯…350円/卵かけごはん…300円
味玉…150円/チャーシュー増し…400円/メンマ…200円/のり…100円


【本日の限定】鴨とハマグリの塩そば…1400円/特製鴨とハマグリの塩そば…1750円

麺屋 ルリカケス



関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅



好み度:特製鴨とハマグリの塩そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
訪問日:2023年7月29日(土)

麺屋 ルリカケス【壱四】-1

本日は東京メトロ東西線・行徳駅が最寄り駅の『らー麺屋 バリバリジョニー』で、14周年記念限定の「みやざき地頭鶏×豊のしゃもの中華そば」を「塩」でいただいて🐓
次に向かったのが同じ東京メトロ東西線沿線の木場駅近くにある『麺屋 ルリカケス』!

先月の6月23日にオープン1周年を迎えて!
1周年記念の特別な限定の塩ラーメンが提供された。




だから、お祝いを兼ねて訪問するつもりだったのに、急遽、外せない仕事が入ってしまい、伺えず🥲
その後、こちらの店の磯崎店主が「マグレ・ド・カナール」を使って作る「鴨そば」が提供されて、めちゃめちゃ食べたかったのに、その日から一泊二日の出張と重なってしまい、食べられず😞

そうして、その後は、あまり、好んで食べない「冷やし」の限定ばかりが続いたので
なかなか、伺えず

しかし、今日は、醤油味の「鶏つけそば」の裏メニューとして提供されている、前から食べてみたいと思っていた「鶏つけそば(塩)」が提供されていて
ただし、数量限定だったので、食べられる保証はなかったけど

でも、今日から「九十九里背黒100%冷やし煮干そば」の限定が提供開始されて!
こちらは提供初日に売り切れることはないだろうし


今シーズンは、まだ、「冷やし」は1杯しか食べてないけど
イソさんこと磯崎店主の作る「冷やし」を今年2杯目の「冷やし」として食べる決心をして!

東京メトロ東西線・木場駅1番出口を出て、徒歩5分ほどの場所にある店へ13時30分になる時間にやって来ると
店頭で1人、お客さんが待っていた。

しかし、すぐにスタッフの人が出てきて、先客を店内に案内。
そして、その後、すぐに食べ終わったお客さんが出てきて、ほとんど、待つことなく、入店することができた。


入店して、まず、イソさんと挨拶を交わして
「鶏つけそばの塩あります?」と聞くと…

あるということだったので、券売機で「特製鶏つけそば」の食券を買って
手前に2席、奥に向かって8席あるL字型カウンター席の手前側の奥の方の席が空いていたので

席に着いて、カウンターの上に食券を上げながら…
6月23日の周年の日に来れなかったお詫びを言うと

ちょっとスネてたけど😅
平謝りに謝ると、すぐに機嫌よくなったので♪

「特製にしたんですけど…」と言いかけたところで…
「味玉、変更しときます😊

前々回に大分産地鶏の「おおいた冠地どり」と水だけで作ったスープの「鶏そば(塩)」と沖縄産ブランド豚の「キビまる豚」で作ったクリスピーポークが載る「特製鶏そば(醤油)」を連食でいただいたときに、「特製鶏そば(醤油)」に付いてくる味玉を何でもいいので、他のものに変えてほしいとお願いしたところ
快く引き受けてくれて、ワンタンに変更してくれた。

そして、今日も、それを言いかけたところで、すぐに悟って、そう言ってくれた。
ありがとうございます。


そうして、今日も、前回の醤油味の「鶏つけそば」のときと同じように、注文を受けると、すぐに、茹で時間6分の超幅広の太ストレート麺を茹で始めて
少し時間を置いて、茹で時間1分30秒の中庸な太さのストレート麺!

さらに、少し時間を空けて、茹で時間2分の平打ちの太ストレート麺と
茹で時間の違う3種類の麺を時間差をつけて茹でていくイソさん!

そして、タイマーが鳴る度に麺を冷水で〆て!
それを3回繰り返して、麺が盛りつけられて


その間、助手の男性スタッフの人がガス台の火で温めていたスープをつけ出汁の器に注いで
最後にトッピングの具が麺の上とつけ出汁の中に別れて盛りつけられて、完成した「特製鶏つけそば(塩)」が今日はイソさん自ら、長い手を伸ばして、カウンターの下まで配膳してくれた。

麺屋 ルリカケス【壱四】-2麺屋 ルリカケス【壱四】-3

これは、熱くなったラーメン丼をお客さんに触らせない配慮から、いつも、そうしていることだけど
小さいことかもしれないけど、こういうサービスをしてくれるのが嬉しい😂

超幅広の太ストレートの手切り麺と切刃14番の平打ちの太ストレート麺、切刃20番の切刃を使って細出しすることで、切刃22番の中細ストレート麺に見える麺の3種類の自家製麺が合盛りされて!
その上に、鹿児島黒豚の内モモ肉のスモークレアチャーシュー国産豚の肩ロース肉のレアチャーシューが2枚ずつと太メンマ鷹の爪、海苔3枚が盛りつけられて


つけ出汁の中にはてるてる坊主型の肉ワンタンにアサリワンタンが2個ずつ(本来は1個ずつで、代わりに味玉が1個)と鶏団子が1つ入る
具沢山でゴージャスで美しいビジュアルのつけ麺

まずは、3種類の自家製麺をつけ出汁にはつけずに、そのまま、いただいてみる。
切刃14番の平打ちの太ストレート麺は、以前と変わらなければ、「もち姫」と福岡県産中力粉の「チクゴイズミ」をブレンドして作った加水率35%の麺のはずだけど


麺屋 ルリカケス【壱四】-4麺屋 ルリカケス【壱四】-5

つるっと入っていく啜り心地のいい麺で!
モチッとした食感の


やや、やわらかめで、しなやかなコシのある麺で!
うどんのような食感なのがよかったし♪


切刃22番の中細ストレート麺に見える麺は、北海道産の強力粉を使って作ったと思われる
加水率30%の、ほぼ、低加水麺と言ってもいい、加水率下限ギリギリの中加水麺で!

カタめで歯切れのいい、つるパツな食感の麺で!
こにらも食感は最高♪


超幅広の太ストレート麺は岩手県産もち小麦粉の「もち姫」で作った麺帯を手切りしたという麺で!
なめらかな口当たりの


麺屋 ルリカケス【壱四】-6麺屋 ルリカケス【壱四】-7

モッチリとした食感の多加水麺で!
以前に醤油味の「鶏つけそば」で食べたときには、もう少しソリッドで、ムチッとした食感に感じられたのに


元々、加水率は40%超だったと思われるけど
さらに加水率を上げたのか!?

でも、これによって、もち小麦粉らしい食感に仕上げられていて♪
こちらも食感は最高だったし
😊

3種類の麺は、三者三様のまったく違う食感なのがよくて!
それを、いっしょに楽しめるのがいい♪


そして、この3種類の麺に共通して言えるのが、すべて、打ち立ての麺だということ!
だから、どれも、小麦粉が香る♪


特に強く感じられたのが切刃22番の中細ストレート麺に見える麺で!
このタイプの麺は、煮干しラーメンに使われることが多いけど、このタイプで、これだけ香り高い麺は千葉にある、煮干しと二郎系ラーメンの変則な二毛作営業をする、名前のない店くらいしか知らない


次に、つけ出汁に、さっと潜らせて食べてみると
まったく、異なる食感の麺なのに、なぜか、どれも、つけ出汁との相性はバッチリで♪

イソさんは、そこまで計算して製麺しているのか
これは、かなり、完成度の高いつけ麺といえる♪

そして、つけ出汁は、鹿児島地鶏の「黒さつま鶏」と水だけで作ったスープで作られたはずだけど
地鶏出汁の旨味の他に、昆布と背黒の煮干しの旨味も出たスープで😋

さらに、ホタテの貝柱と思われる旨味も感じられたので
イソさんに

「地鶏と水だけのスープじゃないんですね!」
「昆布に背黒とホタテの貝柱と思われる乾物の旨味も感じられたんですけど…」
と話すと…

「スープは地鶏と水です。」
「でも、この人しか作れないという達人の作る特殊な天日塩を手に入れることができて♪」


「これに昆布と冬菇と干し貝柱の旨味を入れてます。」
ということだったけど


おそらく、低温で、じっくりと炊いて、地鶏の旨味が引き出されたスープに、この特別な塩ダレがマリアージュしたつけ出汁は絶品😋
めちゃめちゃ美味しい😊

何で、これが裏メニュー!?
疑問に思ったので🤔

イソさんに
「醤油もスゴく美味しかったけど、塩の方が好き🥰と言うと…

「最初、リクエストがあって、塩そばの塩ダレ使って、作ってみたんですけど、ぜんぜん、美味しくなくて…」
「改良を重ねていって、今はここまできました。」


なんて話していて
もしかすると、これが、まだ、完成形ではないので、裏メニュー扱いなのか

あと、考えられるのは、塩ダレにコストを掛けすぎて😓
この価格では販売できないので、裏メニューのままなのか

真意は聞かなかったのでわからないけど
私と同じ塩派の人なら、かなり刺さる味だと思います😊

とりあえず、Twitterを見て、提供があったら、即、行って、食べることをおすすめします。
裏メニューといっても特に誰でも注文できますので♪


トッピングされた鹿児島黒豚の内モモ肉を低温調理してから、さらに燻製して仕上げたスモークレアチャーシューは、燻香が香ばしいし♪
モモ肉なのにやわらかく仕上げられていて


肉の旨味も中に閉じ込められた逸品で!
最高に美味しかったし
😋

麺屋 ルリカケス【壱四】-8麺屋 ルリカケス【壱四】-9

国産豚の肩ロース肉のレアチャーシューは、ちょっと、しっかり火は入りすぎているようには感じられたけど…
噛めば、肉の旨味が滲み出てくるレアチャーシューで絶品だったし😋

てるてる坊主型の肉ワンタンは、肉餡が肉肉しくて!
豚挽き肉のジューシーさを感じるワンタンで最高だったし!


麺屋 ルリカケス【壱四】-10

アサリワンタンも、砕いたアサリの食感がとてもよくて♪
それに、自家製に移行したワンタンの皮が美味しく進化していて!


以前は厚めでカタさが感じられたのに😅
薄くなって、トゥルンとした好みの食感がになっていたのがスゴくよかったし🥰

鶏団子は、生姜で味付けられていて!
さっぱりといただけたのがよかったし♪


麺屋 ルリカケス【壱四】-11

太メンマも、外はコリッとカタめの食感なのに
中はさくっとやわらかめなのもよくて♪

麺屋 ルリカケス【壱四】-12

そうして、最後は磯脇店主にスープ割りを作ってもらうようお願いすると
「ネギと柚子入れます?」と聞かれて…

お願いすると
何かのラーメンに使うスープを雪平鍋で温めたものが割りスープ代わりに入れられて

ネギと柚子が入れられて!
さらに、カットしたチャーシューまで入れられて戻ってきたので


麺屋 ルリカケス【壱四】-13
麺屋 ルリカケス【壱四】-14

「とみ田みたい♪」
「これ、特別なサービス?」
とイソさんに聞くと…

「いいえ、今は、つけそばには、このサービスを実質するようしてるんですよ😊
笑顔で、そう話していたけど

再び、暖かさを取り戻したスープ割りは、地鶏と乾物の旨味とともに柚子の風味が、また、スゴくよくて♪
最後まで美味しく完食
😋

堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。




メニュー:特製醤油そば…1400円/味玉醤油そば…1100円/醤油そば…950円
特製塩そば…1500円/味玉塩そば…1200円/塩そば…1050円

特製鶏つけそば(麺300g)…1500円/味玉鶏つけそば(麺240g)…1200円/鶏つけそば(麺240g)…1050円
特製濃厚つけそば(麺240g)…1500円/味玉濃厚つけそば(麺240g)…1200円/濃厚つけそば(麺240g)…1050円
つけそば大盛券…150円

替玉…150円/和えそば…250円
小ライス…150円/ライス…200円/肉飯…350円/卵かけごはん…300円
味玉…150円/チャーシュー増し…400円/メンマ…200円/のり…100円


【本日の限定】九十九里背黒100%冷やし煮干そば…1100円/特製九十九里背黒100%冷やし煮干そば…1450円

麺屋 ルリカケス



関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅



好み度:特製鶏つけそば(塩)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
訪問日:2023年6月4日(日)

麺屋 ルリカケス【壱四】-1麺屋 ルリカケス【壱四】-2

本日のランチは東京メトロ東西線の木場駅近くに昨年の6月23日にオープンして、もうすぐ1周年を迎える『麺屋 ルリカケスへ!

今日は同じ東京メトロ東西線の行徳駅が最寄り駅になる『らー麺屋 バリバリジョニー』で大分県の二大地鶏の一つ「おおいた冠地どり」で作った「中華そば」が提供される日!
それを、こちらの店の店主のジョニーさんのInstagramを見て知って、食べるのを楽しみにしていた
😊

というのも、実は、この「おおいた冠地どり」を使った「鶏そば」が6日前の月曜日に、こちら『ルリカケス』で提供されて
「塩」と「醤油」を連食して食べたばかりだったので!

食べ比べができるし🤣
それに、この「おおいた冠地どり」という地鶏は烏骨鶏の血統を継ぐ地鶏で!

他の地鶏のスープに比べて淡白な味わいに感じられたので
この地鶏をジョニーさんがとう料理するのか、とても興味があった♪

そんな「おおいた冠地どり」の限定を提供したばかりの
『ルリカケス』のイソさんこと磯脇店主がTwitterで、こんなツイートをしていた



鮮魚を干す干し網の画像に
鮮魚の黒むつと煮干しにした黒むつの画像もいっしょに添付されていたけど

かつて、干し網を使って鮮魚を干して
その自作の干物をラーメンの出汁に使用していたラーメン店が大阪にあった。

『麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會 1-6-18号ラーメン』という大阪なのに珍しい、めっちゃ長〜い名前の店で!
しかし、この店以外には記憶がない。


それに、このときは鮃や鯛の鮮魚の成魚を自作の干物にはしていたけど、鮮魚の稚魚を煮干しにしていたわけではないし!
煮干しを作っちゃおうという発想がスゴいし!


そんなラーメン店なんて聞いたことないし!
この自作の煮干しがどんな出汁を出してくれるのかはわからないけど


ニボラーとしては食べないわけにはいかないでしょう♪
というわけで、今日は2つの店で連食
🤣

先に『ルリカケス』に向かうことに🚇💨
そうして、11時10分に店へとやってくると

店頭にお客さんの姿はなかったので、入店すると
L字型カウンター10席の席は満席🈵

そして、このL字型カウンターが取り囲むオープンキッチンの厨房の中には店主のイソさんの他に、いつもの男性スタッフの助手の人と
今日は日曜日だからか、もう1人、男性スタッフの人がいて

そのスタッフの人から、先に食券を買って、外で待つように言われて
買い求めたのは、2つ用意されていた本日限定の「“自家製”焙煎黒ムツ煮干しそば」のうちの「煮干し100%スープ」の方!

麺屋 ルリカケス【壱四】-3

もう一つ「濃厚スープVer(黒ムツ煮干し✕動物スープ)」も用意されていたけど
今日は、この後、ジョニーさんの店で連食するので、一杯だけで😅

そして、どっちをチョイスするかといったら
やっぱり、煮干し出汁をダイレクトに感じられる「煮干し100%スープ」の方でしょう♪

なお、今日もL字型カウンター席の手前側の短辺のカウンター2席の定位置には、ポールで並んだと思われる
こちらの店の常連で、こちらの店で限定が出される初日にシャッターで訪れると100%いらっしゃるラーメン大好きご夫妻が前回の「おおいた冠どり」の限定のとき同様いらしていて🤣

今日もペアで2つの限定ラーメンをシェアして食べていたので👫🍜🍜
イソさんとこのご夫婦に挨拶して外へ!

そうして、少し待つうちに、お客さんが1人、出てきて
先ほどの男性スタッフの人に呼ばれて入店すると

空いていたのは、ラーメン大好きご夫妻の隣の
手前から奥に延びる長手方向に8席あるカウンター席の一番手前の入口に一番近い席だった。

横に座らせて、ご夫妻のお話しを伺っているうちに
11時28分に完成した「“自家製”焙煎黒ムツ煮干しそば 煮干し100%スープ」が、今日はイソさんによってサーブされた。

麺屋 ルリカケス【壱四】-4麺屋 ルリカケス【壱四】-5

豚肩ロース肉のローストチャーシューの上に刻み玉ねぎ、レッドキャベツスプラウト酢橘の輪切りが載せられて
海苔が添えられた一杯🍜

まずは、弱火でじっくり時間をかけて焙煎して、煮干しにしたと思われる自作の黒ムツ煮干しが香るスープをいただくと
のどぐろや連子鯛、カマス、エソといった白身魚の稚魚の煮干しで出汁を引いたスープとも、また、違う

麺屋 ルリカケス【壱四】-6

でも、白身魚の煮干し出汁なのはわかるスープで!
しかし、その一方で、鮮魚ラーメンのような癖のある味わいにも感じられて


魚好きには、たまらない味わい😋
でも、普通に淡麗な煮干しラーメンを食べにきた人だと、ちょっと、戸惑うような味わいに感じられる

そんな、好き嫌いが、はっきりする味わいのスープ!
ただ、このスープ


後半に酢橘をスープに搾り入れて食べると
なぜかエスニックな味わいに味変してくれて♪

麺屋 ルリカケス【壱四】-9

めっちゃ好みだったので!
輪切りではなく、くし切りの酢橘を付けてもらって、もう少し早めに入れて食べてみたかったかも
😅

いつものイソさんの作る絶品スープに比べると、もう一つだったかもしれないけど😅
でも、この煮干しを自作しようという試みには拍手を送りたい👏

麺は、月曜日にいただいた「おおいた冠地どり」のときにも使われていていた麺が合わせられていて!
ただし、月曜日には、切刃22番と思われる中細ストレート麺を、茹でる前に手揉みして茹でていたのを、今回はストレート麺のまま使用していた。


麺屋 ルリカケス【壱四】-7

そして、茹で時間も1分20秒ではなく、1分10秒と
10秒ほど麺の茹で時間を短くしてカタめに仕上げできていたけど

ザラッとした麺の口当たりがとてもよかったし♪
スープともいい感じに絡んでくれたのもよかった
😊

しかし、イソさんの打つ自家製麺はクオリティが高くて、いつも美味しい麺を食べさせてくれる😋
でも、それだけじゃなくて

産地や品種の違う小麦粉を使用して!
小麦粉の配合を変えたり


加水率を変えたり!
麺の太さや幅などを自在に変える技術を駆使することで


いろいろな形状の麺を作ってくれて!
毎回、食感や風味の違う麺を楽しむことができるのがいいんだよね♪


トッピングされた豚肩ロース肉のローストチャーシューは、食感はしっとりしているのにスモーキーな燻香を感じる風味のいいチャーシューで♪
これ、低温調理したものを、さらに燻製したのかな


麺屋 ルリカケス【壱四】-8

イソさんは、こういう手間がかかる手の込んだチャーシューを作る人なんだよね♪
そして、このチャーシュー


噛めば、肉の旨味が中に閉じ込められた逸品で!
最高に美味しかったし
😋

最後はスープも飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。



メニュー:特製醤油そば…1400円/味玉醤油そば…1100円/醤油そば…950円
特製塩そば…1500円/味玉塩そば…1200円/塩そば…1050円

特製鰯煮干そば…1400円/味玉鰯煮干そば…1100円/鰯煮干そば…950円

特製鶏つけそば(麺300g)…1500円/味玉鶏つけそば(麺240g)…1200円/鶏つけそば(麺240g)…1050円
特製濃厚つけそば(麺240g)…1500円/味玉濃厚つけそば(麺240g)…1200円/濃厚つけそば(麺240g)…1050円
つけそば大盛券…150円

替玉…150円/和えそば…250円
小ライス…150円/ライス…200円/肉飯…350円/卵かけごはん…300円
味玉…150円/チャーシュー増し…400円/メンマ…200円/のり…100円


【本日の限定】“自家製”焙煎黒ムツ煮干しそば
煮干し100%スープ…1100円/濃厚スープVer(黒ムツ煮干し✕動物スープ)…1200円


麺屋 ルリカケス



関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅



好み度:“自家製”焙煎黒ムツ煮干しそば 煮干し100%スープstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif
訪問日:2023年5月29日(月)

麺屋 ルリカケス【壱参】-1麺屋 ルリカケス【壱参】-2

本日のランチは東京の下町・木場に昨年の6月23日にオープンした『麺屋 ルリカケスへ!

こちらの店の鹿児島県奄美大島出身のイソさんこと磯脇店主が奄美大島とそれに近接した島のみに生息する。
鹿児島県の県鳥にも指定された、国の天然記念物でもあるルリカケスを屋号に冠して開業した店。


今日は別の店で、本日の限定として提供される限定ラーメンを食べる予定をしていたところ
昨夜遅く、イソ店主がTwitterで、こんなツイートをしているのを今朝、見つけて



「気になる方は是非‼️」って
そりゃあ、気になりますよ😅

沖縄のブランド豚といったら「あぐー豚」くらいしか食べたことがないので
「キビまる豚」なる豚で作るクリスピーポークも、とても気になるけど

もっと気になるのは「おおいた冠地どり」!
この大分県の地鶏がどんな出汁を出してくれるのか


「おおいた冠地どり」は大分が誇る高級ブランド地鶏!
国内初となる烏骨鶏を交配して誕生したことから、毛冠のとさか、あご髭など、烏骨鶏の特長を受け継いでいるので、冠地どり
(かんむりじどり)と名付けられた。

大分の地鶏はGWにジョニーさんの店「豊のしゃも」と水だけでスープを作った「中華そば」と「昆布水つけ麺」をいただいて!
ジョニーさんからは、次は「おおいた冠地どり」で作りたいという話しを聞いていたけど、イソさんの方が先に出してきた
🐓🍜

こうした初めていただく地鶏のラーメンにつけ麺は食べたくて仕方ないので♪
当然、リスケして『ルリカケス』へと向かうことに
🚇💨

そうして、東京メトロ東西線の木場駅が最寄り駅の店へ11時45分にやる時刻にやって来ると
こうして、『ルリカケス』で限定が提供される日にシャッターで訪れると100%いる常連の男性のお客さんが今日もポール🥇🤣

そして、同じく、必ずいらっしゃるご夫婦が2番、3番を占めていた🥈🥉🤣
お三人の方にご挨拶して4番目に並ぶと

8人のお客さんが行列を作ったところで、11時の開店時刻を迎えて!
スタッフの人が出てきて、暖簾を掲げて開店
🎉

先頭の常連のお客さんから入店していって
券売機で食券を買って、席へと着いていく

4番目に入店して、券売機で買い求めたのは
「限定①」の「鶏そば(塩・醤油)」の食券と「限定②」の「特製鶏そば(塩・醤油)」の食券!

麺屋 ルリカケス【壱参】-3

そして、食券をカウンターの上に置いて
食券を回収にきた男性スタッフの人に

「デフォは塩で先に!」
「特製は醤油で後でお願いします。」と言って注文完了♪


今回のイソさんの作る「鶏そば」は、「おおいた冠地どり」と水だけで作った清湯スープのラーメンで!
イソさんの作る地鶏と水だけで作った清湯スープはレギュラーメニューの「鶏つけそば」は食べたことがあるけど、醤油味だけで、塩味は裏メニューになっていて


そして、この鶏と水だけで作る、所謂、水鶏スープのラーメンを出す店の多くはスープが淡麗で
醤油ラーメンだけで、塩ラーメンがメニューにない店も多い。

イソさんの作るスープは淡麗ではないかもしれないけど、清湯スープなのに濃厚な濃厚鶏清湯スープではないので
水鶏スープの塩ラーメンはどうか!?

そんなことを思いながら、オープンキッチンの厨房でラーメンを作るイソさんを見ていると
まず、ラーメンが3個作りされて

茹で麺機の中の3基のテボに入れられて、1分20秒で茹でられた麺が引き上げられて
湯切りされた麺が、スープの張られた3つのラーメン丼の中に入れられて

その横では、クリスピーポークの揚げた豚肉の大きな肉の塊がまな板の上に載せられると
ドン!ドン!ドン!

大きな音を立てて包丁でカットされて
盛りつけの最後に、それが2個載せられて完成させた3つの「特製鶏そば」のうち

まず、「特製鶏そば(塩)」がポールの男性のお客さんに出されて👨
「特製鶏そば(塩)」に「特製鶏そば(醤油)」がラーメン大好き夫婦に出された🍜❤💑

さらに、「鶏そば」が、また、3個作りされて
そのうちの一つのデフォルトの「鶏そば(塩)」がスタッフの人によって私に供された。

麺屋 ルリカケス【壱参】-4麺屋 ルリカケス【壱参】-5

豚ロース肉のレアチャーシュー豚モモ肉の焼豚の2種類の豚チャーシューに細メンマ九条ネギがトッピングされた!
シンプルながら美しいビジュアルの塩ラーメン


まずは、黄金色したスープをいただくと
淡麗な鶏清湯スープで!

麺屋 ルリカケス【壱参】-6

普段、食べ慣れている地鶏出汁のスープとは、また、違った味わい
烏骨鶏で出汁を引いたスープのラーメンは、一度だけ八王子の『鶏びあん SOBA みやみや』で食べた記憶はあるけど

そのときは醤油ラーメンを食べたので!
烏骨鶏の出汁をストレートに感じられる塩でいただいたのは初めてだったので


そして、このスープは鶏だけではなく、鰹と背黒の魚介の旨みがスープをサポートしてくれていて
さらに、仄かな甘味と酸味が感じられるスープで!

これは野菜か果物によるものか!?
あとで、イソさんに尋ねたところ、ドライトマトということだったけど🍅

個性的な味わいのスープで♪
とても美味しいスープに仕上げられていた
😋

麺は切刃22番だと思われる中細ストレートの麺を茹でる前にイソさんが手揉みしてから1分20秒間茹でた中細縮れ麺で!
麺表面に多めに現れたドット模様から全粒粉が配合された麺とわかると思うけど


麺屋 ルリカケス【壱参】-7

それもあってか、小麦粉が香る麺なのもよかったし!
つるっ!プリッ!モチッ!


何とも食感のいい麺で!
小麦粉の旨みも感じられて♪


この麺!
めっちゃいい♪


そして、トッピングされた豚ロース肉の低温調理されたレアチャーシューは、ラーメン店で食べられる肉質の豚肉ではない。
上質な肉質の豚肉が使われていて


もしかして、黒豚!?
イソさんに確かめていないのでわからないけど、最高に美味しかったし😋

麺屋 ルリカケス【壱参】-8

もう一つのチャーシューは、こちらの店のレギュラーメニューの「特製」にトッピングされる黒豚のモモ肉を低温調理して燻製したチャーシューと思われるけど
こちらも、噛むと肉の旨みがジュワっと滲み出てくるチャーシューで絶品だったし😋

薬味だけは、九条ネギではなく、アーリーレッドだったかもと思いながらも
最後はスープも全部飲み干して完食😋

そうして、「鶏そば(塩)」が供されたときに
「醤油は、お好きなタイミングでおっしゃってくださればお作りします。」とスタッフの人から言われて

麺を半分ほど食べたところで、作ってもらうようお願いした「特製鶏そば(醤油)」は、「鶏そば(塩)」を食べ終わってから2分後に
「キビまる豚のクリスピーポークはパリパリ感が損なわれてしまいますので、早めに召し上がってください。」という注意喚起の言葉とともに、イソさん自らの手によって供された。

麺屋 ルリカケス【壱参】-9麺屋 ルリカケス【壱参】-10

沖縄のブランド豚の「キビまる豚」の皮付きバラ肉をオーブンで焼いて作ったと思われるクリスピーポーク🐷
先ほどのデフォの「鶏そば(塩)」にもトッピングされていた国産豚ロース肉を低温調理して作ったレアチャーシュー黒豚のモモ肉を低温調理して燻製した焼豚の2種類の豚チャーシュー🐷

私が味玉をあまり好まないのを知って、イソさんが味玉の代わりに入れてくれた、てるてる坊主型の肉ワンタンが2個と細メンマ九条ネギ
海苔も「特製」にしたので3枚トッピングされた、とても美しいビジュアルの醤油ラーメン

醤油が香るスープをいただくと
こちらのスープは純粋に地鶏と水だけで作ったスープみたいだね🐓🚰

麺屋 ルリカケス【壱参】-11

先ほど、先客のラーメン大好きご夫妻に出された「特製鶏そば」の「塩」と「醤油」が作られるのを見ていて
スープはいっしょのものが使われていたので!

先ほど感じた鰹節に背黒の煮干しの旨みに🐟
ドライトマトの甘味と酸味は塩ダレに入れられていたことがわかったけど🍅

先ほど同様、地鶏出汁は淡麗!
しかし、今回は醤油のカエシと合わせることで


豊潤な「おおいた冠どり」の地鶏出汁と芳醇な醤油のカエシがハーモニーを奏でるスープはコクがあって、めちゃめちゃ美味しい😋
やっぱり、地鶏と水だけで作った淡麗な鶏清湯スープの場合は「醤油」が美味しいのが、今日も証明されたし♪

さらに、醤油は、それ自体に旨みがあるのに対して、塩には旨みがないので!
それを補うために鰹節、背黒、ドライトマトが使われたこともわかった。


麺は、先ほどと同じ、全粒粉が多めに配合された切刃22番に見える中細ストレートの麺を茹でる前にイソさんが手揉みして縮れを付けた中細縮れ麺で!
先ほど同様、香り高い麺だったので♪


麺屋 ルリカケス【壱参】-13

イソさんに
「全粒粉多めですけど、8%くらい?」と聞いてみると…

「10%です。」
ということだったけど…

普通、全粒粉入りの麺は全粒粉の割合は4%程度なので、その倍くらい入れたのかなと思って聞いたのに
さらに多かった😅

効果としては香り高くなることだけど
香り以外に味も食感もいい秀逸な麺だったので、さらにイソさんに

「この麺、限定用に作った麺ですか?」と聞くと…
「レギュラーの醤油そば用の細麺です。」という答えがあって、ちょっと驚いた😯

もっとも、手揉みなしで提供されているのかも知れないけど
「醤油そば」はオープン2日目の昨年の6月24日に食べて以来、いただいてないし

その時は、選べる2つの手揉み麺と細麺から、平打ちの太縮れの手揉み麺で食べたので、わからなったけど
この麺は醤油味のスープに合う♪

先ほどの塩味のスープよりもスープと、よく、馴染んで、美味しくいたたけるので!
今度、機会があれば、レギュラーメニューの「醤油そば」を、この細麺をチョイスして食べてみたいな♪


そして、クリスピーポークだけど
時間が経てば、スープの熱で表面の皮のパリパリ感が失われるので、まず、スープをいただいた後に、イソさんのアドバイス通り、すぐに食べてみたところ

麺屋 ルリカケス【壱参】-12

高温のオーブンで焼き上げた豚バラ肉の皮はパリパリでクリスピー♪
中のお肉はやわらか
😊

そして、味付けに五香粉が使われた本格的な「脆皮烧肉(ツイピーシューヨ)」でスパイシー😆
めっちゃ美味しいし😋

めっちゃ好み🥰
これは、ビールが欲しくなる🍺

しかし、これがラーメン店で食べられるとは😯
このレシピを知っているイソさんもスゴいよね!

国産豚ロース肉を低温調理して作ったレアチャーシュー黒豚のモモ肉を低温調理して燻製した焼豚は、上質な豚肉が使われていて!
調理にもこだわりを持って、手間隙かけて作られたもので


麺屋 ルリカケス【壱参】-14

ラーメン店で食べるチャーシューの粋を越えた逸品!
最高に美味しかったし
😋

イソさんが味玉代わりに入れてくれた、てるてる坊主型の肉ワンタンは、肉餡がジューシー♪
皮は厚めのものだったけど


でも、イソさんが作った自家製のワンタンの皮はモチモチとした食感がよくて♪
この肉ワンタンは好きだな
🥰

麺屋 ルリカケス【壱参】-15

「おおいた冠どり」の出汁は、思ったよりは淡白な印象だったので、「塩」よりも、こちらの「醤油」の方が美味しくて好み😊
でも、「塩」もドライトマトを使うなどして個性的な味わいに仕上げてきたのはよかったし♪

今日は2つの味のラーメンを食べ比べすることができてよかった♪
ご馳走さまでした。




メニュー:特製醤油そば…1400円/味玉醤油そば…1100円/醤油そば…950円
特製塩そば…1500円/味玉塩そば…1200円/塩そば…1050円

特製鰯煮干そば…1400円/味玉鰯煮干そば…1100円/鰯煮干そば…950円

特製鶏つけそば(麺300g)…1500円/味玉鶏つけそば(麺240g)…1200円/鶏つけそば(麺240g)…1050円
特製濃厚つけそば(麺240g)…1500円/味玉濃厚つけそば(麺240g)…1200円/濃厚つけそば(麺240g)…1050円
つけそば大盛券…150円

替玉…150円/和えそば…250円
小ライス…150円/ライス…200円/肉飯…350円/卵かけごはん…300円
味玉…150円/チャーシュー増し…400円/メンマ…200円/のり…100円


【本日の限定】鶏そば(塩・醤油)…1200円/特製鶏そば(塩・醤油)(味玉、チャーシュー増し、クリスピーポークのせ)…1750円

麺屋 ルリカケス



関連ランキング:ラーメン | 木場駅東陽町駅



好み度:鶏そば(塩)star_s40.gif
特製鶏そば(醤油)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif