fc2ブログ
訪問日:2024年3月25日(月)

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-1鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-2

本日のランチは一昨日の3月23日からメニューを一新した『鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki』へ!

一番大きな変更は2020年1月10日のオープン以来、スープにもチャーシューにも使い続けてきた「岩手がも」をやめて、こちらの店のyoshikiシェフの地元・山形のブランド鴨である「最上鴨」に変えてきたこと!

流通量の多い「岩手がも」と違って、「最上鴨」は希少!
ごく限られた量しか手に入らないプレミアムな鴨でコストも高いため、yoshikiシェフが今まで「最上鴨」を使用したのは周年限定など、限られた場面でしかなかった。


しかし、yoshikiシェフは故郷の山形県新庄市の隣にある最上郡大蔵村まで足を運び、生産者と交渉。
安定供給してもらえるようになった。


そして、この「最上鴨」で作られた限定の「最上鴨の中華蕎麦(塩)」「最上鴨と昆布水つけ麺(醤油)」を昨年の6月にいただいているけど
「最上鴨の中華蕎麦(塩)」は、そのときのブログには

「スープに厚みがあって、コクがあって、鴨出汁の旨味が極限まで引き出されれていて😆
「こんな旨味の強い鴨出汁スープは初めてかも🦆

そんな風に書いていたし😊
「最上鴨と昆布水つけ麺(醤油)」も

「こちらは、鴨出汁と醤油のカエシがハーモニーを奏でるつけ出汁で!」
「これも、めちゃくちゃ美味しい
😋

こちらも、こんな風に書いていて
どちらも最高の逸品だったので😊

そんな、最高で最上の最上鴨で作るラーメンにつけ麺をレギュラーメニューで食べられるなんて!
めっちゃ嬉しい
😂

というわけで、混み合う土日を避けて、開店時間2分前の10時28分にやって来ると
店頭には、メニューリニューアルしてから3日連続でポールで並ぶ、こちらの店の常連のお客さんと他2人のお客さんが待っていた。

そして、この5秒後にはyoshikiシェフが店の中から暖簾を持って現れて開店!
常連のポールのお客さんから次々に入店していくと


「中へどうぞ!」
!」


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-3

yoshikiシェフがカモーンポーズで応えてくれた🦆
ありがとうございます🙇‍♂

入店して、新しくなった券売機の前に立つと
麺メニューは「特製最上鴨中華蕎麦」の「塩」と「醤油」!

デフォルトの「最上鴨中華蕎麦」の「塩」と「醤油」!
「中華蕎麦」4種類のボタンのみ!


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-4

しかし、券売機右下に貼り紙がされていて
その下に、「特製鴨クリーミー塩つけ蕎麦」、「鴨クリーミー塩つけ蕎麦」、「特製昆布水鴨醤油つけ蕎麦」、「昆布水鴨醤油つけ蕎麦」の「つけ蕎麦」4種類のボタンが隠されていて

これは、「つけ蕎麦」が曜日限定での販売になるため。
ちなみに、今週は日曜日と火曜日に販売されて、他の曜日はラーメンのみの販売になる。


ご飯ものは、「ご飯(つや姫)」の他に3種類の数量限定のご飯もののボタンができていて
一昨日が「鴨葱ご飯」、昨日が「山形だしご飯」、そして、昨日が「鴨炊き込みご飯」と日替わりで提供されていたけど

このローテーションが守られるのか!?
今後、どうなるのかは不明だけど

ご飯ものに使われた山形米の「つや姫」といい!
山形名物の「山形だし」のご飯といい、地元の山形色を強めているよね
😊

なお、面白かったのは「最上鴨中華蕎麦」の「塩」と「醤油」と価格が違うこと。
今までは同価格だったのに!


200円の差をつけていたけど
これは何の差か!?

スープかタレか
それを探るために連食するか🤣

麺の量と「特製」とデフォのトッピング内容の違いがについては券売機にPOPが貼ってあったので、違いがわかる。
4種類の鴨チャーシューに味玉が付くのが「特製」!


4種類の鴨チャーシューのうちから、ランダムに2種類がトッピングされるのがデフォ!
味玉は要らないと思ってる人だけど、鴨チャーシューは4種類食べたいので、購入したのは「特製最上鴨中華蕎麦(塩)」と「ご飯(つや姫)」の食券!


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-5鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-6

欲張らずに、連食はやめて😅
「醤油」は次回の楽しみにすることにした。

そして、オープンキッチンの厨房の前に6席あるカウンター席の奥から4番目の席へと着いて
カウンターの高台に食券を上げて

食券を回収にきたyoshikiシェフに
「味玉を何かに変えてもらえたりします?」とお願いしてみると…

「いいですよ。」
「鴨ロースに変えておきます。」と言ってくれて、めっちゃ嬉しかった
😂

ただ、後で気づいたことだけど
「鴨ロース2枚」という単品トッピングが用意されていたので

これからは「特製」にせずに、これをトッピングすれば鴨チャーシュー4枚トッピングされることになって!
おそらく、4種類のチャーシューが載ることになるとなると思われるので♪


卓上にはPOPがリングで束ねられていて
リニューアルしてブラシュアップを図ったメニューについての解説がされていた。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-7鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-8

yoshikiシェフの地元である山形県の食材を使った他にはないオンリーワンな1杯であること.。
化学調味料を 使用しない無化調スープであること。


鴨は健康的に良いこと。
また、美容効果も高いことなど


次に、メニューの種類と注意事項。
そして、各メニューのスープ、麺、脂、カエシの詳細な説明がなされていた。


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-9鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-10鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-11鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-12鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-13
鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-14

まずは、先客3人のラーメンを作り始めるyoshikiシェフ!
そして、提供し終わると、私と、私の後に入店してきたお客さん2人のラーメンを、また、3個作りし始める。


yoshikiシェフは1人で営業して、ワンオペでラーメンを作って、後片付けも洗い物もしなければならないし
外で待つお客さんの誘導もしないといけないので大変!

だから、今日も少し時間が掛かって
yoshikiシェフから「特製最上鴨中華蕎麦(塩)」と「ご飯(つや姫)」がサーブされた。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-15鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-16

最上鴨モモ最上鴨ロースの赤ワイン煮低温調理庄内鴨ささみ
鴨の部位や調理法を変えた各種鴨チャーシューに春菊、白髪ネギ、アーリーレッド柚子皮がトッピングされた美しいビジュアルの鴨塩ラーメン✨🦆🍜

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-17鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-18

まずは、せっかくのロゼカラーした美味しそうな鴨肉が、スープの熱で変色してしまわないように、「ご飯」の上に移動させて
鴨脂がキラキラと煌く黄金色したスープをいただくと

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-19
鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-20

まず、鴨が香るのがいい😆
ただし、スープは、昨年の6月にいただいたものに比べると淡麗で、すっきりとした印象

もっとも、柚子皮が入れられていたこともあって
そう感じられたところもあるかもしれないけど

しかし、スープの厚みは出ていて♪
それに、巧みな抽出時間と温度管理によって、鴨出汁の旨味が引き出されたスープで
🦆

さらに、この鴨出汁の旨味に塩ダレに入れられたアサリ、しじみ、ホタテの貝出汁の旨味と
昆布、鰹節、干し椎茸の乾物の旨味を合わせることで!

鴨のイノシン酸に貝のコハク酸、昆布のグルタミン酸、干し椎茸のグアニル酸が融合して!
その相乗効果で、旨味が何倍にも強く感じられて、コク深くて最高に美味しいスープに仕上げてきていた
😋

大量の鴨ガラを使って鴨と水だけでyoshikiシェフが作る限定ラーメンの濃厚鴨清湯スープが好きだけど🥰
こういう淡麗だけど鴨の旨味を巧みに抽出して、これに貝に乾物の旨味をマリアージュさせたスープも、めっちゃ好み😍

そして、このコク旨な味わいのスープに合わせられた麺は、「心の味食品」に特注して作ってもらったという
「特等春よ恋」、「はるゆたか」、「ゆめちから」に「中華蕎麦とみ田 専用粉」の「跳粘(はねる)」を使用して加水率38%の加水率高めの中加水麺に仕上げてもらったという切刃24番(1.25mm)だというストレート麺は、見た目からは22番(1.36mm)か、20番(1.5mm)の一回りか二回り太めにも見える麺で!

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-21

食感はもちっとした弾力があって、コシのある麺で!
そして、麺の芯まで、よく茹でられた麺からは、小麦粉の旨味が、しっかりと感じられて♪


味も食感も、かなり秀逸な麺で♪
スープとの絡みも、まずまずだったし!


そして、麺を食べ終えたところで
「鴨チャーシュー・オン・ザ・ライス」の上から、残しておいたスープを掛けて「鴨雑炊」にしていただくと

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-22
鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-23鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-24

まず、yoshikiシェフの作る4種類の鴨チャーシューのクオリティがスゴくて♪
鴨ロースの低温調理されてスモークして仕上げたチャーシューは火入れが絶妙で!


もう少しレアだと噛み切れない、ギリギリのところで火入れされていて!
この何とも言えない、しっとりとした食感が、たまらなくよくて
😆

噛めば、鴨ムネ肉のジューシーな旨味がジュワっと滲み出てきて
めちゃめちゃ美味しかったし😋

同じ鴨ロースでも赤ワイン煮して仕上げたものは、赤ワイン、醤油、味醂で味付けされたもので、最高に美味しい😋
しかし、これは、もう、ラーメン店で食べる鴨チャーシューの域を超えているよね♪

ただ、ラーメンで食べるというよりは一品料理で🦆🍽
赤ワインとともにいただきたいかも🍷

鴨モモ肉のチャーシューも火入れが完璧!
ただ、モモ肉で、大きなブロック状にカットして提供されたこともあって、かなり、歯応えはあったかな
😅

でも、噛む度に鴨肉の旨味がジュワジュワと滲み出てきて
これも、めちゃくちゃ美味しかったし😋

鴨ささみは、鶏のささみとは違って、弾力があって!
コリコリとした食感が楽しめる♪


鴨ロースのように旨味は強くはないけど
鴨ささみをラーメンで食べられるのは、おそらく、日本中探してもyoshikiシェフの店だと思うので、ぜひ、「特製」にして、この食感を楽しんでもらえたらと思う😊

そして、春菊のほろ苦な味わいも!
白髪ネギのシャキシャキとした食感も!


アーリーレッドのシャリシャリとした食感も!
柚子皮の爽やかな風味も、とてもよかったし♪


鴨と貝と乾物の旨味いっぱいのスープを吸ったご飯が、また、絶品で😋
最後まで美味しく完食😊

また、間髪入れずに、他のリニューアルメニューもいただきに伺いますね♪
ご馳走さまでした。


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐四】-25

メニュー:特製最上鴨の中華蕎麦(塩)…1500円/最上鴨の中華蕎麦(塩)…1200円
特製最上鴨の中華蕎麦(醤油)…1300円/最上鴨の中華蕎麦(醤油)…1000円

特製鴨クリーミー塩つけ蕎麦…1800円/鴨クリーミー塩つけ蕎麦…1500円
特製昆布水鴨醤油つけ蕎麦…1800円/昆布水鴨醤油つけ蕎麦…1500円

大盛券…100円

ご飯(つや姫)…150円/山形だしご飯(数量限定)…400円/鴨炊き込みご飯(数量限定)…400円/鴨葱ご飯(数量限定)…400円

鴨ロース2枚…200円/山形県産金華豚チャーシュー2枚…300円
味玉…150円/鴨とフォアグラのペースト…150円/メンマ…150円/海苔5枚…150円


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki



関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅



好み度:特製最上鴨の中華蕎麦(塩)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



訪問日:2024年2月1日(木)

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-1

本日のランチは4周年特別企画第4弾として、これが最後の4周年記念限定になる「最上鴨と地鶏と貝」が提供される『鴨出汁中華蕎麦 麺 屋 yoshiki』へ!

以前に伺ったときに、こちらの店の阿部シェフと『Japanese Ramen 五感』の話しをしていて
あんな感じの貝出汁をきかせたラーメンを作ってみたいと言っていたので

これが、そうなんじゃないかと思うけど
阿部シェフが『Japanese Ramen 五感』をオマージュして作ったラーメンは絶対に食べたかったので🦆🐓🐚🍜😊

そうして、東京・新小岩の路地に佇む小料理屋のような店へと10時55分にやって来ると
10時開店の店は開店してない😯

そして、10人のお客さんが行列を作って待っていたんですけど😓
Xを確認すると、阿部シェフが、今日は11時開店とポストしていた😅

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-2

開店1分前の10時59分時にシャッターが開いて阿部シェフ登場♪
カメラを向けると、人懐っこい笑顔で答えてくれた
😊

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-3

6人のお客さんが入店していって
券売機で食券を買って、オープンキッチンの厨房前に6席並ぶカウンター席へと着いていく。

その後は、7番目のお客さんから順番に入店。
食券を買って、外に出て待つ。


私の番になって、入店して、阿部シェフに
「おすすめは醤油ですか?」と聞いてみたところ…

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-4

「塩です😊ということだったので…
「塩」と「小ライス」の食券を買って、外へ

1月18日に4周年特別企画第2弾の限定として提供された「最上鴨と地鶏と水」のとき同様、今日も連食はNG🙅
ただし、並び直しで食べるのはOK🙆

そのときは、ピークを外してきたこともあって!
並びもなかったので、まず、「塩」を食べて
😋

並び直しても、1人待ちだったので、「醤油」も連食できたけど♪
今日は、そうもいかなさそうなので
😅

そうして、この後、阿部シェフに呼ばれて席へと着いたのは11時33分。
そして、その11分後の11時44分に「最上鴨と地鶏と貝(塩)」と「小ライス」がトレーに載せられて阿部シェフからサーブされた。


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-6
鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-7鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-8

もしかすると、今日はレギュラーメニューの販売はなく
限定ラーメンのみの販売なので!

ワンオペとはいえ回転は早いはず!
あわよくば連食できるかも♪


なんて、途中で淡い希望を抱いたけど
やっぱ、無理だったね😅

トッピングの具が鴨ロースのロティが2枚と白髪ネギのみの
超シンプルな見た目の塩ラーメン🧂🍜

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-9

これで1,200円は、一見、高いようにも思えるけど😅
事前に阿部シェフのブログを見ていて、寸胴に入り切らない、とんでもない量の最上鴨と名古屋コーチンでスープを炊いている画像を見ているので!

さらに、今回は、もう一つ
「浅利、蜆、蛤、昆布、鰹、椎茸からとったスープ」を作って、最上鴨と名古屋コーチンで作ったスープと合わせたダブルスープで提供するということで!

スープに、めちゃくちゃコストをかけているので
1,200円でも、ぜんぜん、利益なんか出ないんじゃないかな😅

まずは、〆の「鴨雑炊」に使う鴨ロースのロティと白髪ネギを「小ライス」の上に移動させて
完全な「かけラーメン」状態にして

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-10

キラキラと香味油が煌く黄金色したスープをいただくと
まず、感じるのが香り高い鴨の香り♪

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-11

香味油は最上鴨と名古屋コーチンでスープを炊いて、上がってきた上澄みの鴨脂と鶏油が使われたと思われるけど
地鶏の鶏油でも、鶏油よりも、やっぱり、香りは鴨脂の方が強い🦆

でも、スープの出汁では地鶏が勝る♪
4周年特別営業第2弾の「最上鴨と地鶏と水」のときは、鴨と地鶏の出汁の旨味が両立するスープに仕上がっていたのに、今日は地鶏出汁を強く感じる
🐓

しかし、今日、目立っていたのは蛤と蜆の貝出汁!
地鶏よりも貝が強めに感じられたので、それを阿部シェフに指摘すると


「動物系スープに対して貝と乾物のスープは2体1で合わせたんですけどね…」
「でも、貝が強めに感じられますよね…」
と言っていたけど…

この地鶏をベースに蛤と蜆の貝出汁の旨味が強めに感じる、この味わいは、まさに『Japanese Ramen 五感』♪
めちゃめちゃ美味しい
😋

麺は、阿部シェフ曰く
「心の味食品さんに(第2弾で使った麺を)細めに作ってもらうようお願いしました。」というもので…

写真左下のものが「醤油」用の切刃22番の平打ちストレート麺!
他は「塩」用の切刃24番の細ストレート麺になる。


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-5

しかし、茹でる前の生麺の状態で見る限りは、22番(1.36mm)、24番(1.25mm)にしては太めで!
24番の細ストレート麺は22番の中細ストレート麺に見えるし

22番の麺の方は20番(1.5mm)以上に見えるかも😅
やっぱり、前回のブログでも書かせていただいたけど、「心の味食品」の麺は太めに上がることを、今日は生麺の状態で確認することができた。

閑話休題😅
1分20秒という

本来の切刃24番の麺だったらオーバーボイルじゃないかと思われるほど、長めに茹でられた麺は
なめらかで、つるっとした食感の麺で!

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-12

啜り心地がよくて♪
しなやかな麺のコシも感じられて


そして、小麦粉の旨味も感じられて
スープと、いい感じに絡んでくれるのがよくて、美味しく食べさせてくれたし😋

そうして、麺を食べ終えたところで
残しておいたスープを鴨ロースのロティと白髪ネギが載せられた「小ライス」に掛けて、「鴨雑炊」にして、いただくと

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-13鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐参】-14

鴨ロースのロティは、今日も火入れの状態が絶妙で♪
しっとりとした食感に仕上げられていて


噛めば、ジューシーな鴨ムネ肉の旨味が滲み出てくるロティで♪
最高に美味しかったし
😋

白髪ネギのシャキシャキとした食感が、また、とても、よくて♪
それに、鴨と地鶏と貝と乾物のスープの旨味を吸ったご飯が、めっちゃ美味しくて
😋

最後まで美味しく完食😋
ご馳走さまでした。

2月1日(木)限定メニュー:【 「4周年特別企画」第4弾】最上鴨と地鶏と貝(醤油・塩)…1200円
小ライス(つや姫)…100円/ライス(つや姫)…150円




通常メニュー:醤油ラーメン(細麺)(フォアグラペースト付)
特製鴨出汁中華蕎麦(醤油)…1300円/鴨出汁中華蕎麦(醤油)…900円

塩ラーメン(細麺)(ゆずフォアグラペースト付)
特製鴨出汁中華蕎麦(塩)…1300円/鴨出汁中華蕎麦(塩)…900円

鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(塩)…1500円/鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(醤油)…1500円

中盛り券…100円/大盛り券…200円/手揉み券…100円

トッピング
味玉…100円/海苔5枚…150円

ご飯物
炙り鴨肉と鴨挽肉丼(数量限定)…400円/浅利リゾット…200円/小ライス…100円/ライス…150円


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki



関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅



好み度:最上鴨と地鶏と貝(塩)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
訪問日:2024年1月18日(木)

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-1

本日のランチは今月の1月10日に開業4周年を迎えて、本日「4周年特別企画」第2弾の「最上鴨と地鶏と水」が限定で提供される『鴨出汁中華蕎麦 麺 屋 yoshiki』へ!

先週の1月12日の金曜日に「4周年特別企画」第1弾の「最上鴨と乾物と香味野菜」が提供されたのに、その日は予定が入っていて伺えず😓
悔しい思いをしたので、今日は絶対、行かないと!

というわけで、東京・新小岩の路地に佇む小料理屋のような店に、もうすぐお昼の12時になる11時58分とやって来ると
外待ちなし😊

こちらの店では、現在、10時から営業していて!
いつ、空いているのかわからない。


早い時間は、こちらの店と、こちらの店の阿部シェフの出身母体である『麺屋 一燈』の常連のお客さんが来るとは思うけど
そんなには混まないとは思う。

でも、10時からランチするというのも
ランチではなくブランチになってしまうし😅

10時台に食べた常連のお客さんが捌ける11時頃が狙い目か
でも、10時は早すぎるので、11時に食べに来る限定ハンターかいそうだし

安全なのは、その後のお昼のピークである12時から13時を外した後の13時すぎか
13時30分すぎなら、確実に空いてるかもしれないけど

でも、前回、こちらの店の4周年記念日に来店したときには
13時20分という遅い時間にやって来たのにも関わらず、外待ちがあって、食べるまでに36分を要したし

それに、その日は14時前にスープ切れで閉店になったし
あまり遅いと食べられない危険もある

さて、どうするか
考えて、もうすぐ12時になるギリギリの時間に行くこと!

そうすれば、11時台にやって来る限定ハンターも捌けるだろうし
お昼休みに入る前だから、一般のお客さんも少ないはずなので!

今日は狙い目通りだったかも♪
入店すると、オープンキッチンの厨房の前に6席並ぶカウンター席には5人のお客さんが座っていた。


厨房の阿部シェフと挨拶を交わして
まずは券売機で食券を購入する。

今日は、レギュラーメニューの販売はなく、「4周年特別企画」第2弾の「最上鴨と地鶏と水」のみの販売。
そして、「最上鴨と地鶏と水」は「醤油」と「塩」が用意されていて!


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-2

しかし、連食は不可。
ただし、並び直しをすれば可能。


塩派なので「最上鴨と地鶏と水(塩)」の食券を買って!
さらに〆の鴨雑炊にするための「小ライス」の食券も買って、唯一、空いていた右端の一番入口に近い席に着いて、カウンターの高台に食券を重ねて置くと


阿部シェフが食券を回収にきて
並盛(130g)と中盛(200g)のどちらにするか聞かれて

並盛でお願いすると
今日のスープは最上鴨の丸鴨と鴨ガラに比内地鶏こ丸鶏と名古屋コーチンの丸鶏を◯◯㌔使って□□㍑の水で炊いたと教えてくれたけど

とんでもなく原価が掛けられたスープだということがわかったし!
それだけの鴨に地鶏を使えば、清湯スープなのに濃厚で、分厚い厚みのあるスープになると思われるので、めっちゃ楽しみ♪


そうして、入店から10分後の12時8分に完成した「最上鴨と地鶏と水(塩)」に「小ライス」がトレーに載せられて!
阿部シェフからサーブされた。


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-3

「岩手がも」のロースのロティが2枚に白髪ネギが載るだけのシンプルな鴨塩ラーメン🦆🍜
見た目から、これで1,200円は、ちょっとお高いのではと思われそうだけど

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-5

使用しているのが阿部シェフの地元・山形県新庄市の隣のの最上郡大蔵村のブランド鴨である「最上鴨」に「比内地鶏」と「名古屋コーチン」の日本三大地鶏のうちの2つのブランド地鶏で出汁を引いたスープで🐓
先ほど、使用している鴨と地鶏と水の量を聞いてしまったので

おそらく、1,200円では利益出ない😓
それだけの高級素材をふんだんに使ったスープなので😅

まずは、鴨雑炊に使う鴨ロースのロティと白髪ネギを「小ライス」の上に移動させて…
完全な「かけラーメン」状態にして

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-4鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-6

鴨脂が香る♪
黄金色したスープをいただくと


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-7

鴨出汁と旨味に地鶏出汁の旨味🦆🐓
どちらの出汁の旨味もよく出たスープで!

予想通りの濃密なスープで!
スープに厚みもある♪


今まで、鴨と鶏で出汁を引いたスープは何店かでいただいてきたけど!
鴨に比べて鶏の方が出汁の旨味が強いので、いっしょに使ってしまうと、鴨を感じにくくなってしまう


鴨出汁のスープが好きなので、食べに行ったのに
ほぼ、鶏の味しかしない

そんな経験を何度もしていたのに😓
このスープからは鴨も鶏も、どちらの出汁の旨味も、しっかりと感じられる😊

実は阿部シェフも過去に今回と同じような鴨と地鶏で出汁を引いた「鴨と三大地鶏の塩そば」という
「岩手がも」と「比内地鶏」、「名古屋コーチン」、「さつま地鶏」の日本三大地鶏で作ったスープの限定ラーメンを作ったことがあって

そのときも、あまり鴨は感じられなかった
ただし、日本三大地鶏が使われていて、地鶏の旨味がよく出た濃密な味わいのスープで🐓

阿部シェフの作る鴨出汁スープは、とても美味しいけど😋
地鶏出汁のスープも、スゴく美味しいので、それはそれでよかったし♪

今回も、そうなんだろうと思って食べに来たのに
これだけ鴨が主張しているとは思ってなかった😯

こんな味わいのスープをいただいたのは初めてだだったし😊
この鴨出汁と地鶏出汁のミックススープが最高で♪

そして、これにホタテをふんだんに使って作ったという特製の塩ダレをマリアージュさせたスープは絶品😋
コクがあって、極上の味わいに仕上がっていたので😊

阿部シェフに、そんなスープの感想を話すと
「最上鴨がメインで、7割は最上鴨ですから…」なんて言っていたけど…

前回の「鴨と三大地鶏の塩そば」は、「岩手がも」と「最上鴨」の違いはあるかもしれないけど🦆
鴨の比率は8割と、今回よりも多かったのに、2割の地鶏が勝っていた😅

そう考えると、「最上鴨」がいい出汁出してくれるのかと思ってしまうかもしれないけど
「岩手がも」と「最上鴨」は、どちらも合鴨のチェリバレー種で、岩手県と山形県で育つ環境は違うのかもしれないけど、それほど違いはあるとは思えないし🤔

もしかすると、鴨と地鶏を別々に炊いて、出汁の抽出温度と抽出時間を変えたのかな!?
まあ、原因はともあれ、めちゃめちゃ美味しいから、いいんだけどね😊

そして、この鴨と地鶏の極上の味わいのスープに合わせられた麺は、阿部シェフのブログによると「切歯24番細ストレートの特注麺」ということだったけど
平打ちぎみの麺で、太く見えたので、もしかして「醤油」用に用意したという「切歯22番平打ちぎみの特注麺」を間違って合わせてしまったんじゃないかと疑って、阿部シェフに指摘すると

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-8

「いや、間違いないです。」
(『中華蕎麦 とみ田』の製麺工場である)心の味食品の麺は太めに上がってくるんです。」と言われて

そう言えば、確かに『中華蕎麦 とみ田』の「つけそば」の麺も切刃12番(太さ2.5mm)なのに切刃10番(太さ3mm)に見えるし
麺の膨張の問題もあるかもしれないと思ってはいたけど、阿部シェフの言ってる「太めに上がってくる」というのが答えだったことがわかった♪

そして、結果的には、この麺でよかった♪
つるっとした食感の強力粉で製麺された中加水麺で!


とても啜り心地のいい麺で!
しなやかなコシの強さも感じられる麺だったけど♪


スープが思ったよりも強めのスープだったので!
これが、もし、本来の24番の細ストレート麺だったら、強いスープに負けていたかもしれなかったので♪


美味しかったので、サクッと麺を完食したところで
残しておいたスープを鴨ロースのロティと白髪ネギが載せられた「小ライス」に掛けて、「鴨雑炊」にして、いただくと

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-9鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-10

今日も鴨ロースのロティは火入れの状態がバツグンで♪
噛めば、ジューシーな鴨ムネ肉の旨味が滲み出てくて、最高に美味しかったし
😋

白髪ネギのシャキシャキとした食感が、とてもよかったし♪
そして、鴨と地鶏の旨味いっぱいのスープを吸ったご飯が、また、美味しくて
😋

最後まで美味しく完食😋
ご馳走さまでした。

と言いたいところだったけど
鴨と地鶏の塩ラーメンが美味しすぎたので、醤油ラーメンも食べたくなって、一旦、店を出て、並び直しで食べたくなった😊

ただし、並びが多かったら、時間的にアウトかなと思って、外に出ると
並びは1名だけだったので連食決定♪

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-13

少し待つうちに、お客さんが出てきて、入れ替わりに入店!
券売機で「最上鴨と地鶏と水(醤油)」の食券を買うと


阿部シェフから案内されたのは、今度は左端の入口から一番遠い席!
そして、食券を回収にきた阿部シェフに食券を渡しながら


「並盛で!」と告げて
少し待つうちに、完成した「最上鴨と地鶏と水(醤油)」が阿部シェフから供された。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-11鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-12

先ほどの「最上鴨と地鶏と水(塩)」同様、「岩手がも」のロースのロティが2枚載せられて
違いはスープの色が違うのと

薬味のネギが白髪ネギから九条ネギの刻みネギに変わっただけの
こちらもシンプルなトッピングの鴨醤油ラーメン🦆🍜

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-14鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-15

こちらは、鴨と脂とともに芳醇にカエシの醤油が香るスープをいただくと
鴨出汁と地鶏出汁とカエシの醤油の旨味が三位一体となったスープで激旨😋

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-16

スープ自体は先ほどと同じ!
塩味と醤油味の違いだけなのに、ぜんぜん、別物の味わいで


先ほどは鴨出汁と地鶏出汁MAXの厚みのあるスープで!
塩ダレに入れられたホタテの旨味を入れなくても、塩だけで味を整えたとしても、めちゃめちゃ美味しかったんじゃないか
😊

それだけスープ自体が美味しかったので😋
しかし、往々にして、これにカエシの醤油の旨味を足してしまうと

なぜか、全体的に旨味がぼやっとしてしまって
塩は、めちゃくちゃ美味しいのに、醤油は、それほどでもないかな

大阪に千葉、仙台の濃厚な鶏清湯スープのラーメンを出す店で、そんな経験をしてきているので
濃厚な鶏清湯スープのラーメンを出す店は塩に限ると思っていたけど

これは例外というか
特別

経験上、淡麗な鶏清湯スープのラーメンの店は醤油ラーメンは美味しくても、塩ラーメンは、もう一つだったりする。
ただし、鶏と水だけで作ったスープに限ったことで


塩ダレに貝や昆布、煮干し、節などの乾物の旨味を入れてやることによって美味しく仕上げる店も多々あるので!
醤油と塩のどちらのスープも美味しい店はある。


これに対し、濃厚な鶏清湯スープのラーメンの店は塩が美味しくても醤油は、それほどでもない。
そういう認識だったので


しかし、今日は、この阿部シェフの作る鴨出汁と地鶏出汁のミックススープをいただいて🦆🐓
鴨と地鶏のどちらの出汁の旨味も感じられる

今まで経験したことのない味わいのスープに、まず、驚かされたけど
この濃厚な清湯スープなのに塩だけではなく、醤油も美味しく感じられるというのも稀有

そして、こちらの鴨と地鶏と醤油の三位一体のスープに合わされた麺は、これも切刃22番(太さ1.36mm)の中細ストレート麺には見えずに
切刃18番(太さ1.67mm)の平打ちの中太ストレート麺に見える麺で!

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-17

なめらかな口当たりの、もちもちとした食感の中力粉と強力粉をブランドして作ったと思われる加水率高めの中加水麺か多加水麺といった感じの食感の麺で!
弾力があって、コシがあって!


そして、麺の芯まで、阿部シェフによって、よく茹でられた麺は、小麦粉の旨味に甘味も感じられて!
適度にスープとも絡んでくれたけど


この麺を使うなら、手揉みして、縮れを付けてもらった方がスープとの絡みがよくなって!
もっと、美味しくいただけたも♪

鴨ロースのロティは、こちらも火入れの状態が絶妙で♪
鴨ムネ肉のジューシーさを感じる逸品で、最高に美味しかったし
😋

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-18

そして、先ほどの塩スープには白髪ネギが合わせられていて、シャキシャキとした食感がスゴくよかったし♪
塩スープとの相性もバッチリだったけど


この醤油スープには九条ネギが合わせられていて
醤油スープと九条ネギの香りがバッチリ合ってて♪

薬味を変えただけのことかもしれないけど
この使い分けをしてくれたのも、スゴくよかったと思ったし♪

そうして、最後は、もちろん、スープも全部飲み干して、美味しく完食😋
ご馳走さまでした。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐弐】-19

1月18日(木)限定メニュー:【 「4周年特別企画」第2弾】最上鴨と地鶏と水(醤油・塩)…1200円
小ライス(つや姫)…100円/ライス(つや姫)…150円




通常メニュー:醤油ラーメン(細麺)(フォアグラペースト付)
特製鴨出汁中華蕎麦(醤油)…1300円/鴨出汁中華蕎麦(醤油)…900円

塩ラーメン(細麺)(ゆずフォアグラペースト付)
特製鴨出汁中華蕎麦(塩)…1300円/鴨出汁中華蕎麦(塩)…900円

鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(塩)…1500円/鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(醤油)…1500円

中盛り券…100円/大盛り券…200円/手揉み券…100円

トッピング
味玉…100円/海苔5枚…150円

ご飯物
炙り鴨肉と鴨挽肉丼(数量限定)…400円/浅利リゾット…200円/小ライス…100円/ライス…150円


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki



関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅



好み度:最上鴨と地鶏と水(塩)star_s50.gif
最上鴨と地鶏と水(醤油)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif
訪問日:2024年1月10日(水)

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-1

本日のランチは2020年1月10日にオープンして、本日、開業4周年を迎える『鴨出汁中華蕎麦 麺 屋yoshiki』へ!

阿部シェフ!
おめでとうございます
🎉

『麺屋 一燈』グループを卒業して🎓
『麺屋 一燈』グループの坂本社長から『つけ麺一燈』として営業していた店舗を譲り受けるカタチで店をオープン🎊

店で提供するメニューは、閉店した『煮干し中華そば 一燈』勤務時代に阿部シェフが限定で提供していた伝説の「カモーンシリーズ」を基に作った
鴨清湯スープと鴨白湯スープのラーメンにつけ麺、和えつけ麺!

しかし、オープンから何度かのメニュー変更を経て
現在は鴨清湯スープの「中華蕎麦」に「つけ蕎麦」に絞り込んだメニューで営業している。

ちなみに、私が阿部店主のことを阿部シェフと呼ぶのは、『煮干し中華そば 一燈』時代の阿部さんが、いつもコックコートを纏っていたことから👨‍🍳
その後、『つけ麺一燈』の店長に就任して、店のイメージに合う和食の料理人が着る作務衣を着るようになってからも、ずっと、阿部シェフと呼んでいる🤣

そんな阿部シェフの店には今日が21回目の訪問になるけど
思ったよりも行けてない

それは、開業してから3ヶ月も経たない2020年の4月から2年間の仙台転勤になってしまって
さらに、その後のコロナ禍の行動制限があったため

そして、今日は、特に4周年記念限定が提供されるわけではなかったけど
阿部シェフにお祝いを言いにいくことに♪

そうして、少し混雑が緩和しているであろう時間を狙って、13時20分に東京・新小岩の路地に佇む小料理屋のような店へとやって来ると
前回は13時5分に来て、すんなり入店できたのに、今日は3人のお客さんが店頭に置かれた椅子に座って待っていた。

そして、店頭で1番目に待っていたのが、よく、『麺屋 一燈』や、その関連店でお会いするご常連のお客さん!
「こんにちは!」


さらに、3番目に待っていたのは、Xでも相互フォローさせてもらっている麺友のあたりやジョーさん!
「あけおめ」、「ことよろ」と新年の挨拶を交わして
🎍

おしゃべりしながら待っていると
店の中から阿部シェフが現れて、先客の3人のお客さんが入店。

「4周年おめでとうございます㊗️
お祝いの言葉を述べると、阿部シェフは照れながらも、とても喜んでくれた😊

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-2

その後、阿部シェフに呼ばれて私も入店して
券売機で買い求めたのは「鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(醤油)」と「中盛券」の食券!

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-3

そして、厨房前に一直線に6席並ぶうちの唯一空いていた席へと着いて
カウンターの高台に食券を置いて、つけ蕎麦ができるのを待つ。

そうして、この後、「鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(醤油)」の中盛が阿部シェフからサーブされたのは13時56分!
到着から36分掛かってしまったけど


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-4

ワンオペで営業して
「中華蕎麦」だけではなく、作るのに時間を要する「つけ蕎麦」も提供されているので、どうしても時間が掛かってしまう。

でも、阿部シェフの良いところは、そんな風に長く待たせてしまうときには、外待ちするお客さんに
「あと30分ほどお待ちいただくことになりますけど、よろしいですか?」と声掛けするところ…

これを聞いて、帰ってしまうお客さんもいたけど
これが阿部シェフの優しさ😊

供された「鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(醤油)」の中盛は、サーモンピンク色に染まった昆布水の中に手揉みされた中盛300gの麺!
その麺の上に桜海老を油で揚げたものが載せられて
🦐

別皿に鴨ロースのコンフィが3枚とレモン、焼きネギ、メンマ春菊、白髪ネギに塩の入った小皿も載せられた
彩りも鮮やかで、とても美しいビジュアルの醤油つけ麺

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-5
鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-6鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-7

まずは、『中華蕎麦 とみ田』の製麺工場である「心の味食品」に特注している平打ちの太ストレート麺を入念に手揉みすることで…
不規則な縮れが付けられた麺を箸で手繰っていただくと

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-8鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-9

打ち立ての麺が使われているからだと思われるけど
小麦粉が、ふわっと香るのが、とてもよくて♪

プリプリで!
噛むとモチモチとしたの食感の多加水麺で、食感がとても面白いし♪


サーモンピンク色の昆布水に浸かった麺を丼の下の方から引っ張り出してきて、いただいてみると
桜海老にアサリと昆布の風味を纏った麺で♪

この麺の上に、指で摘んで、塩をパラッと掛けて食べると
これだけでも美味しくいただける😋

次に、鴨とカエシに使われた醤油が芳醇に香るつけ出汁に、麺を、さっと潜らせていただくと…
🦆カモ🦆ψ(`∇´)ψ🦆

鴨と水だけで作ったと思われるスープは、鴨出汁の旨味が巧みに引き出されていて
これに生揚げ醤油、たまり醤油、濃口醤油で作ったと思われる

やや、甘めで…
キレがあって、コクのあるカエシがマリアージュしたつけ出汁は絶品😋

そして、手揉み麺との相性が、また、よくて♪
麺に不規則に付けられた縮れがつけ出汁をいっぱい持ってきてくれて!


そのおかげで、より、美味しくいただくことができたし😋
さらに、食べ進めるうちに桜海老にアサリ、昆布で作った昆布水の旨味がつけ出汁に移っていって

特に海老の風味が強くなって!
最初は鴨の旨味
🦆

最後の方は海老の旨味が強く感じるようになって!
味変を楽しめたのもよかったし
😊

鴨ロースのロティは、今日も火入れの状態が完璧で♪
しっとりとした食感に仕上げられているのがよくて
😊

噛めば、ジューシーな鴨ムネ肉の旨みが口の中にジュワっと広がって
最高に美味しかったし😋

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-10鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-11

メンマの、やや、やわらかめでシナコリな食感もアクセントとしてよかったし♪
そうして麺を食べ終えたところで、残った桜海老とアサリの旨味の入った昆布水をつけ出汁に入れて!


阿部シェフにお願いしてレンジで温めてもらって!
これに、焼きネギ、春菊、白髪ネギの薬味を入れて!


レモンは搾らずに、噛んで、口のリセットに使って🍋
いただいてみると

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-12鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-13

鴨と海老の風味が引き立つスープ割りになって、美味しかったけど😋
ただ、ちょっと、味が濃かったので😅

さらにカウンターの上に置かれたポットに入れられた割りスープで割っていただくと
鰹と干し椎茸出汁の風味が立って!

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-14

これも、めっちゃ美味しくて😋
今日は何度も美味しいを味わえてよかった😊

阿部シェフ👨‍🍳
改めて4周年おめでとうございます🎉

これからも、ずっと、美味しい鴨出汁の「中華蕎麦」に「つけ蕎麦」に、地鶏や煮干しで作った限定ラーメンやつけ麺も食べさせてください♪
ご馳走さまでした。


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐壱】-15

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki



関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅



メニュー:醤油ラーメン(細麺)(フォアグラペースト付)
特製鴨出汁中華蕎麦(醤油)…1300円/鴨出汁中華蕎麦(醤油)…900円

塩ラーメン(細麺)(ゆずフォアグラペースト付)
特製鴨出汁中華蕎麦(塩)…1300円/鴨出汁中華蕎麦(塩)…900円

鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(塩)…1500円/鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(醤油)…1500円

中盛り券…100円/大盛り券…200円/手揉み券…100円

トッピング
味玉…100円/海苔5枚…150円

ご飯物
炙り鴨肉と鴨挽肉丼(数量限定)…400円/浅利リゾット…200円/小ライス…100円/ライス…150円


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki



関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅



好み度:鴨出汁手揉み昆布水つけ蕎麦(醤油)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif
訪問日:2023年9月27日(水)

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-1

本日のランチは本日限定の「貝出汁昆布水の細つけ麺」を求めて『鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki』へ!



東京・新小岩の路地に佇む小料理屋のような店へと13時を5分ほどすぎた時刻やって来ると
店頭に、お客さんの姿はなく、すんなりと入店できた。

さらに、入店すると、お客さんは4人だけ😯
元々、人気店のところにきて、7月2日にテレビ東京系列で放送された「2023超激ウマ大捜索!ラーメン食べまくりバトル第8弾」で紹介されてからは行列も伸びて(-"-;A ...アセアセ

Xでポストしているような感じで、いつも行列ができていて
少し落ち着くまで訪問を控えていた。

もうそろそろ大丈夫かなと思って!
比較的空いている13時以降を狙って来た。


ただ、それでも、店頭で数人は待っていると思ったのに
今日はついてる♪

阿部店主と挨拶を交わして
券売機で限定の「貝出汁昆布水の細つけ麺」と「中盛り券」の食券を購入すると

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-2

「こちらの席へどうぞ!」
阿部店主から席へと案内されて


カウンターの高台に食券を置いて、着席すると
阿部店主から「醤油」がいいか、「塩」がいいかの好みを聞かれて

どっちも、絶対、美味しいと思うので、迷うところだけど
今日は何となく「塩」の気分だったので、「塩」でお願いして

阿部店主と今年オープンした新店のことなど話しているうちに「貝出汁昆布水の細つけ麺(塩)」の「中盛り」も完成したようで!
いつものようにトレーに載せられて、阿部店主からサーブされた。


鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-3

「岩手がも」の鴨ロースのロティが3枚にキャビア!
春菊、焼きネギ、メンマ、海苔、白髪ネギ、レモンのトッピングの具が、全て麺の上に盛りつけられて


つけ出汁のなかったには何も入らずに
抹茶塩と思われる塩が小皿に入れられて、添えられた、とても美しいビジュアルのつけ麺!

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-4
鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-5鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-6

まずは、キレイに麺線を揃えた
『中華蕎麦 とみ田』の製麺工場である「心の味食品」に特注している平打ちの太ストレート麺を箸で手繰っていただくと

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-7鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-8

打ち立ての麺だからか!?
ふわっと小麦粉が香るのがいい♪

麺を丼下の方から掘り起こして
アサリ、鰹節、干し椎茸に昆布の旨味を入れたと後で阿部店主が教えてくれた貝昆布水に浸かった麺に、抹茶塩を、ちょこっとつけて、いただくと

アサリのコハク酸、鰹節のイノシン酸、干し椎茸のグアニル酸、昆布のグルタミン酸!
これらのうま味成分を合わせることで、その相乗効果で、さらなるうま味を呼ぶ♪


そんな旨味の塊のような昆布水だから
これに塩味を少しだけ加えるだけで美味しく感じるのは、ある意味、当然と言えるかもしれないけど

でも、これをつけ出汁につけていただくと
鴨と鰹節、干し椎茸の旨味MAXのつけ出汁で!

阿部店主が鴨と水だけで作るレギュラーメニューのスープは、鴨が香り♪
鴨出汁の旨味が巧みに引き出されたスープで、めちゃめちゃ好みだけど
🥰

この鴨と鰹と椎茸が合わさった旨味というのも、めちゃくちゃ美味しい😋
そして、食べ進めるうちに、徐々にアサリの旨味が加わっていくのもよかったし😊

「岩手がも」で作った鴨ロースのロティは、まず、火入れの状態がパーフェクト♪
しっとりとした状態に仕上げられていて


噛めば、鴨ムネ肉のジューシーな旨みがジュワジュワと口の中に広がって
最高に美味しかったし😋

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-9

キャビアは1,500円のつけ麺にはトッピングできないので😅
チョウザメのキャビアではなく、ランプフィッシュかカプリン(樺太ししゃも)のキャビアだね

でも、プチプチとした
とびっこのような食感が面白かったし♪

焼きネギも春菊も、この鴨と鰹と干し椎茸出汁のつけ出汁との相性バツグンで美味しくいただけたし😋
メンマの、やや、やわらかめのシナクニな食感もアクセントとしてよかったし♪

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-10

そうして、麺と具を食べ終えたところで
普通だったら、カウンターの上に置かれたポットに入れられた割りスープを注いでスープ割りで〆るところだけど

アサリ、鰹節、干し椎茸に昆布の旨味を入れた貝昆布水か、思いの外、美味しかったので😋
割りスープ代わりに注いで!

しかし、これでは、つけ出汁の温度がさらに、ぬるくなってしまって、美味しくはないので😓
阿部店主にお願いして、レンジでチンしてもらうと😊

これが、狙い通りの絶品のスープ割りになって、最後まで美味しく完食😋
ご馳走さまでした。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-11鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki【弐拾】-12

メニュー:醤油ラーメン(細麺)(フォアグラペースト付)
特製鴨出汁中華蕎麦(醤油)…1300円/鴨出汁中華蕎麦(醤油)…900円

塩ラーメン(細麺)(ゆずフォアグラペースト付)
特製鴨出汁中華蕎麦(塩)…1300円/鴨出汁中華蕎麦(塩)…900円

中盛り券…100円/大盛り券…200円/手揉み券…100円

【9月27日(水)限定】貝出汁昆布水の細つけ麺(醤油・塩)
並(麺量200g)…1500円/中(麺量300g)…+100円/大(麺量400g)…+200円

トッピング
味玉…100円/海苔5枚…150円

ご飯物
炙り鴨肉と鴨挽肉丼(数量限定)…400円/浅利リゾット…200円/小ライス…100円/ライス…150円


※9月27日(水)は「塩つけ蕎麦」、「醤油つけ蕎麦」の販売はなし。

鴨出汁中華蕎麦 麺屋yoshiki



関連ランキング:ラーメン | 新小岩駅



好み度:貝出汁昆布水の細つけ麺(塩)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif