FC2ブログ
訪問日:2018年12月5日(水)

Soupmen【弐】-1

本日のランチは、まず1軒目に12月1日オープンの新店の『中華そば さわ』で「中華そば」をいただいて、2軒目に向かったのはSoupmen

『中華そば さわ』のある東武東上線の中板橋駅の隣駅のときわ台駅近くに10月15日にオープンした店で!
JR王子駅前の喧騒から少し離れた住宅地にあって、10月1日から『立呑みラーメンバル ZAGINZA』へリニューアルした『中華そば ざ銀ざ』の店主が開業した2号店!


そして、この『中華そば ざ銀ざ』が不思議ちゃんな店で!
オープンから2年も経つというのに、その存在すら知らなかった店!


このSNS全盛時代に、店主はTwitterもFacebookもInstagramもやっていない
そして、こちらに来るお客さんもSNSに上げない

店主一人のワンオペ営業で、従業員の募集広告もしない。
だから、あらゆる手段で新店のオープン情報を収集している新店ハンターのアンテナにも引っ掛かってこない


そして、この店、不定休とはいえ、結構、休みも多くて、私も一度、被害にあってる(T_T)
それにもかかわらず、営業しているときは、いつもお客さんでいっぱいというのも不思議(?_?)

そして、この店、レギュラーメニューがない
毎日、限定ラーメン1種類で営業!

面白いとは思うけど、店主がSNSをやっていないから、店の前まで来るまでは、どんなラーメンが出てくるのかわからない
でも、それでもお客さんはやって来るんだよね(笑)

そこで、店主に、Twitterやった方がいいですよと話して
そうすれば、今日はこんな限定ラーメンをやると告知しれば集客に繋がるし

店を休むときにもTwitterで告知すれば、お客さんが空振りする可能性も減るのでとアドバイスしたのに
やらないんだよね(--;)

しかし、そんな店主が新店をオープンするに当たっては、「鶏醤油らぁ麺」に「煮干しらぁ麺」をレギュラーメニューに固定して
さらには、Twitterまで始めたので!

よかった!
これで、やっと、普通の店になれる
(笑)

と思っていたら
飽きやすい店主は、レギュラーの同じメニューを作るのに早くも飽きたようで

最近は、また、自分の作りたいラーメンを作り始めて
レギュラーのラーメンは作らないようになってしまったようだ(汗)

でも、Twitterを始めたから、今日はどんなラーメンを出すのかわかるからいい♪
そして、今日、やってきたのは、昨日、店主が「鴨醤油らぁ麺」をやるとツイートしていたから!


しかも、この「鴨醤油らぁ麺」!
スープを作るのに失敗して2日も店を休んで、ようやく、成功したもので!


やっと、美味しいスープができたと自画自賛していて!
期待できそうだったので♪


というわけで、ちょっと、前置きが長くなってしまったけど(-"-;A ...アセアセ
『中華そば さわ』を出て、店へと向かう!

中板橋駅から東上線の各駅電車で一駅乗って、降り立ったときわ台駅!
駅北口を出て、右へ!


Soupmen【弐】-2

そして、すぐにある踏み切りまでやってくると
踏み切りを渡った左斜め前の線路沿いにオレンジ色した看板の店が見えるので、店の場所はすぐわかる♪

12時を少し回った時刻に店へとやってくると
5人のお客さんが店頭に置かれたベンチに座って待っていた。

でも、このタイミングで来れてよかった!
というのも、この直後に2人!


さらに3人のお客さんが並んで、11人の行列になったので!
少し待って、食べ終わって出てきたお客さんと入れ替わりに入店!


店主と挨拶を交わして
店の一番奥にある券売機の前まで行って、「鴨醤油らぁ麺」の食券を購入!

Soupmen【弐】-3

しかし、この「鴨醤油らぁ麺」!
店主のTwitterのラーメン画像を見る限りは、鴨ロースのレアチャーシューが5枚も載せられているのに


しかも、これ、鴨100%スープのラーメンというのに
650円というのはあり得ないほどリースナブル

そうして、ちょうど、店主が厨房に立つ前の席が空いていたのたで
その特等席に座ると

「遠いのに、わざわざ、ありがとうございます。」と言われて…
「何度も失敗して、ようやく、美味しい鴨スープができたってツイートしていたのに、食べに来ないわけにはいかないでしょう♪」と答えると…

「前に、鴨ラーメンやったんですけど、出汁が弱いって書かれちゃって!」
「コストが掛かるけど、悔しいから、鴨の量、倍に増やしちゃいました!」
なんて言っていたけど…

「そんなコストが掛かっているなら、もっと高い価格で販売すればいいのに…」と言うと…
「いや、いいんです。」

「できるだけ、安い価格で食べてもらいたいと思っているので…」なんて話していたけど…
あまり、無理はしないでくださいね(-"-;A ...アセアセ

「そう言えば、Twitter始めたんですよね!」と言うと…
「店、休んだら、お客さんに怒られちゃって(汗)」

「Twitterくらいやれよって言われて、始めたんですけど…」
「便利ですね、Twitter♪」と言って、ニコッと笑っていたけど


だから、前から早くやればって言ってたでしょうが(笑)
そんな話しをしながらも、手は止めずに

スープをガス台の火に掛けて、温めていって!
麺を茹でる店主!


そうして、ラーメン丼にカエシに香味油と色紙切りされたネギを入れると…
バーナーでファイヤー🔥

Soupmen【弐】-4Soupmen【弐】-5

さらに、並べた鴨ロースのレアチャーシューにもファイヤー🔥
ネギと鴨肉が焼ける香ばしい香りがたまらなくよくて、めっちゃ、食欲そそられる♪

Soupmen【弐】-6Soupmen【弐】-7

そうして、3個作りされて完成した「鴨醤油らぁ麺」が先客に出されると
同じルーティーンで、次に3個作りされた「鴨醤油らぁ麺」が店主から供された。

Soupmen【弐】-8Soupmen【弐】-9

鴨ロースのレアチャーシューが、そう厚みがあるわけではないけど、5枚も載せられて
一本ものの穂先メンマが2本!

そして、板海苔と色紙切りされた多めのネギがトッピングされたゴージャスな見ためのラーメン♪
しかし、何度も言うけど、これが650円というのは、コスパよすぎじゃない
!?

まずは、水と鴨で作ったという鴨100%スープをいただくと
鴨出汁のうま味を感じるスープで!

香味油にも鴨脂が使われていて!
しかし、鶏や魚介の風味は感じられず


紛れもない鴨オンリーのスープだね!
そして、バーナーで炙られた鴨とネギが香ばしくて♪


この炙った鴨とネギの香味が、さらなるうま味をスープに与えてくれていて!
美味しいスープに仕上がっている♪


Soupmen【弐】-10

ただ、前回の倍の鴨を使って炊いたという割りには、そこまでの出汁のうま味は出てはいなかったかも(-"-;A ...アセアセ
でも、このスープ

スープの温度管理と抽出時間を変えて、ブラッシュアップさせれば
もっと出汁のうま味の強い、美味しいスープになると思う♪

しかし、鴨を冠したラーメンは、今まで、何度も食べてきているけど
純粋に鴨オンリーで出汁をとったスープは、そう多くない。

鴨100%スープを公言しているのは、私の知る限りは『中華そば 満鶏軒』くらいか
ただ、『中華そば YouLee』のように鰹出汁を重ねた方がうま味が増す効果があるので、和風出汁とブレンドするのはありだと思う。

ただ、鶏を鴨にブレンドしてしまうと
鶏のうま味との合わせ技で食べさせるスープになってしまうので

鴨だけでは、味でもコスト的にも難しいので、鶏を使わざるを得ないという事情はあるだろうし
美味しいなら、それはそれでいいたと思う。

しかし、『中華そば しば田』のように「中華そば」として販売していればいいのに
そんなスープに「鴨」を冠して販売するのには違和感を感じてしまうし

鶏スープに鴨脂を使っているだけのラーメンで、鴨を冠して販売していいのに至っては
閉口せざるを得ない

その点、店主は、鴨ラーメンを作るのに、鴨100%にこだわってチャレンジして、失敗を繰り返しながらも、完成させてきたし!
それを、この価格で販売しようとした店主には拍手を送りたい♪


麺は、切刃16番と思われる中太のウェーブがかった麺で!
これは、前回訪問したときにいただいた店主が三河屋製麺に特注している麺だと思われるけど


Soupmen【弐】-11

もっちりとした食感の麺で、食感は似ているけど
ちょっと、やわらないかな!?

それに、小麦粉のうま味も強くなったような!?
そこで、店主に

「麺、変えました!?」と言うと…
「わかりました!」と言って笑うと…

「サッポロ製麺が熱心に営業に来るので、試してみたら、同じような食感の麺で、この麺の方が美味しい♪」と話し…
名前は失念したけど、使ってる小麦粉がいいと言っていたけど

店主は、王子の店のときから、こういう中太麺がお気に入りで使っていて
縮れがあるので、スープとの絡みも悪くはないし!

個性的な組み合わせで、いいとは思うけど
でも、普通に中細ストレートの麺で食べたらどうなんだろうね!?

トッピングされた鴨ロースのレアチャーシューは、店主によると7時間もかけて、低温調理して、燻製して作ったという一品で!
どんな鴨を使っているのか尋ねると


Soupmen【弐】-12

「あまり大きな声では言えないんですけど、タイ産の鴨です。」なんて言うので…
「えっ!じゃあ、真鴨?」と言うと…

「ええっ、そう書いてありました。」といって、パックに入った冷凍の鴨を見せてくれたんだけど
そこで

これは、「ミシュランガイド東京」のビブグルマンに掲載されている店でも使われている真鴨で!
タイ王室御用達の鴨でもあること


それに、タイ産であろうと、合鴨ではなく、真鴨が使われているのもいいと話すと
ちょっと、驚いていたけど(笑)

やわらかくて
鴨ムネ肉のうま味が感じられて

それに、バーナーで炙られているので、香ばしいのもよかったし♪
欲を言えば、もう少し厚切りならば、もっと、うま味が強く感じられてよかったかもしれないけど


でも、これがデフォで5枚もトッピングされて
何度も言うけど、これを650円で販売してくれる店主には感謝するしかない

穂先メンマも、こんな一本ものだと、原価も高いはずなのに2本も入れて
それに、根本の太い部分もやわらかくて!

穂先部分のシュクシュクとした食感がたまらなくよくて♪
薄味に味つけられていて、スープの邪魔をしないのもよかったし


Soupmen【弐】-13

板海苔も大判でパリッとしていたし!
磯の香りも強いいい海苔が使われていたのもよかったし♪


色紙切りされたネギも、バーナーで炙られて、甘さが引き出されていて!
やや、やわらかめの食感だったのも好みだったし♪


最後は、今日、これが連食で2杯目で
さらに麺の量も多くて

多分、200gくらいあったんじゃないかと思うけど
おかげで、すっかりお腹いいっぱいだったけど

スープが美味しかったから、ぜんぶ飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS こちらの店は、レギュラーメニューのない店で
毎日、どんなラーメンが出てくるかかわからない(笑)

ただし、Twitterで何をやるのか
毎日、ツイートしていますので!

必ず、店主のTwitterをチェックしてから行くようにしてください。
そうすれば、まさかの臨休の憂き目に合わずに済みますので
(笑)

Soupmen【弐】-14

【12月5日のメニュー】鴨醤油らぁ麺…650円/麺大盛り…100円

味玉…100円/のり5枚…100円

ライス…100円/ほぐしチャーシュー丼…150円


スープメン



関連ランキング:ラーメン | ときわ台駅中板橋駅



好み度:鴨醤油らぁ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年12月5日(水)

【新店】中華そば さわ-1

本日のランチは、東武東上線の中板橋駅近くに、12月1日にオープンした新店の『中華そば さわ』へ!

こちらの店は、オープン前から、Twitterで、こちらの店のラーメンを試食してTwitterで上げて、絶賛する人が何人もいて!
期待できそうだったし♪


オープン日に訪問した新店ハンターの皆さんの情報によると
下北沢の『中華そば こてつ』出身の店主が開業した店のようで!

『中華そば こてつ』に訪問したのは、もう2年5ヶ月ほど前になるけど
醤油味の「チャーシューワンタン麺」を食べて!

美味しかったので、「塩ラーメン」も店内連食したくらい、好みの味わいだったので!
修業先の味を踏襲しているなら、間違いなく美味しいはず♪


というわけで、すぐにでも行くつもりが
昨日まで東京を離れていたこともあって、オープン5日目の今日、ようやく訪問することができた。

東武東上線・中板橋駅北口から徒歩2分ほどの店へと開店15分前の11時15分に店頭へとやって来ると
すでに2人、お客さんが待っていて、ポール獲得ならず

【新店】中華そば さわ-2

そして、6人のお客さんが行列を作ったところで、開店時刻の11時30分を迎えて
店主が暖簾を持って、店の中から現れて、定刻開店♪

ポールのお客さんから順番に店の入口を入ったすぐ左にある券売機で食券を購入して、店の奥の席から詰めて席へとついていく。
そうして、私の番になって、買い求めたのは、デフォルトの醤油味の「中華そば」650円!


【新店】中華そば さわ-3

券売機左上のおすすめのボタンは「特製中華そば」になっていて!
その右から、「中華そば」、「玉子入り中華そば」、「チャーシュー麺」、「ワンタン麺」とボタンが並んでいて


二段目には「塩中華そば」と、そのトッピングバージョンのボタンもできていたけど
まだ、販売されていないようで、売り切れを示す×マークが点灯していた。

なお、「特製中華そば」にすると、デフォで入る豚肩ロース肉のレアチャーシューの他に豚バラ肉の煮豚が2枚と
味玉、ワンタンもトッピングされて!

200円増しで「特製」にできるので!
いつもなら、そうしているところだけど


今日は、この後、隣駅に10月15日にオープンした『Soupmen』で、本日限定の「鴨醤油らぁ麺」を連食していくつもりなので自粛(汗)
しかし、デフォの「中華そば」が650円というリーズナブルな価格設定も

200円増しで「特製」にできるのも、修業先の『中華そば こてつ』を踏襲していると思われるけど
めっちゃコスパ高いよね♪

食券を買って、店主が1人立つ厨房の前に一直線に並ぶ6席のカウンター席の1席へとついて
食券をカウンターの上に上げると、ラーメン丼を3つ取り出して、さっそく、ラーメンを3個作りし始める店主!

まず、スープを寸胴から雪平鍋に移して、ガス台の火にかけていくと
ラーメン丼にカエシと香味油を入れて

さらに、麺を3玉半取り出すと
3基のテボに分け入れて、タイマーをセット

そうして、温まったスープを3つのラーメン丼に注いで
セットしてからジャスト1分で鳴り出したタイマーを止めると

湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられて
最後に盛りつけされて、ラーメンが完成すると

まず、先客2人にラーメンが出された後に
デフォの「中華そば」が、私のもとにも着丼

【新店】中華そば さわ-4【新店】中華そば さわ-5

低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシュー太メンマ青ネギが載るシンプルな出で立ちの
ネオクラシックな様相の醤油ラーメン!

まずは、醤油香るスープをいただくと
濃口醤油と生しょうゆをブレンドしたような味わいのカエシが使われていて、味の方向性は、修業先といっしょだね!

スープは、鶏ガラベースのスープに昆布と干し椎茸のうま味に…
背黒に鯖と鰹の節のうま味を重ねたような味わいのスープで!

「東京のクラシックな中華そば」!
あるいは、「東京のノスタルジックな醤油ラーメン」を現代風にアレンジしましたといった感じの味わいで!


子供の頃から、鶏ガラベースのスープに背黒の煮干しがきかされて!
鰹節、鯖節の節のうま味も感じられる


ずっと東京で育って、東京の醤油味の中華そばに慣れ親しんできたものからすると
懐かしいのに新しい♪

そんな味わいに感じられて
とてもいい感じだったのも

バランスがバツグンによくて♪
めっちゃ美味しいのも


さらに、やや、魚介系の主張が強くて
もう少し、動物系が強い方が、醤油ラーメンの場合はいいような気がしたところまで、『中華そば こてつ』と同じような

でも、このバランスで、「塩ラーメン」を食べると美味しいんだよね♪
『こてつ』の場合!


なので、こちらの店でも、間違いなく『塩中華そば』の方が好みだと思う♪
それと、ちょっと気になったのは、若干、味濃いめには感じられたことで


これはカエシの量を減らせばいいことだけど
でも、このくらいの方が、東京の下町の、ここ板橋のお客さんには受けはいいような気もした。

麺は、三河屋製麺の切刃22番の中細ストレート麺で!
麺の味わいから、今年初めて「ミシュラン」のビブグルマンに掲載された『中華蕎麦 蘭鋳』や「ミシュラン」ビブグルマンに毎年掲載されている『麺尊RAGE』が使う


三河屋製麺が『中華そば屋 伊藤』をリスペクトして作った麺なのは間違いないと思うけど
50秒で茹でるのがベストの茹で加減の、カタめで歯切れのいい、ザクパツな食感の麺に仕上がる麺を、あえて、10秒ほど長めに茹でて、スープに合わせてきたのはいいとは思うけど

【新店】中華そば さわ-6

煮干しラーメン用に開発された麺なので、あと、10秒か15秒茹でて、ツルっとした食感に仕上げるようにするとよくなる♪
なので、「塩中華そば」が販売されるようになったら、15秒長く茹でてもらうようリクエストするつもり!


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、やや、薄切りのために、味、食感とも、まずまずだったかな
もう少し厚みがあると、よかったとは思ったけど、価格を抑えているので、仕方ないのかな(汗)

【新店】中華そば さわ-7

太メンマは、外はコリッ!
中はサクッ!


理想的な食感の太メンマで!
こちらはめっちゃ好み♪


【新店】中華そば さわ-8

スープは、今でも、なかなかの完成度だと思う。
でも、まだ、もっと、美味しくなるラーメンだと思うので、今後のブラッシュアップに期待♪


「塩中華そば」が販売されるようになったら、また、来ます。
ご馳走さまでした。


【新店】中華そば さわ-9

メニュー:特製中華そば…850円/中華そば…650円/玉子入り中華そば…750円/チャーシュー麺…850円/ワンタン麺…850円

大盛り…100円

チャーシューご飯…250円/ライス…100円
味玉…100円/チャーシュー…200円


中華そば さわ



関連ランキング:ラーメン | 中板橋駅ときわ台駅板橋本町駅



好み度:中華そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年11月21日(水)

【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-1

本日のランチは、本日11月21日オープンする新店の『寿製麺 よしかわ 西台駅前店』へ!

こちらの店は、『寿製麺 よしかわ』の『上尾店』、『川越店』、『坂戸店』に続く4号店に当たり
初の都内進出店となる。

『寿製麺 よしかわ』は、いけす料理屋から始まって
フレンチ、イタリアン、無国籍料理と幅広い料理人の経験を持つ吉川店主が2014年8月18日に上尾に『中華そば よしかわ』をオープンさせたのが始まりで

当時としては珍しい、アニマルオフの煮干しだけで出汁を引いたラーメンにつけそばを出して!
しかも、煮干しラーメン店としては珍しい自家製麺の店だったこともあって、注目された店!


当時としては珍しい、アニマルオフの煮干しだけで出汁を引いたラーメンにつけそばを出して!
しかも、煮干しラーメン店としては珍しい自家製麺の店だったこともあって、注目された店!


最寄り駅のJR高崎線・北上尾から1.6kmも離れた店に徒歩で20分以上歩いて、食べに行った
それからは、吉川店主の作る煮干しや鮮魚を使ったラーメンにつけそばが気に入って♪

店まで遠いし
駅から、また、延々、歩かなければならないのに、何度も通った覚えがある(汗)

しかし、だんだんキツくなってきて
その後、『川越店』、『坂戸店』とオープンしても、『上尾店』同様、店まで遠いのがネックとなって、足が遠退いていた。

そんな店が東京にやってきてくれたとあっては
行かないわけにはいかないでしょう(笑)

というわけで、オープン初日の今日!
都営三田線に乗車して西台駅で下車!


駅東口を出て右前に見える「ダイエー西台店」の右脇にある店を、開店10分前の11時20分に訪ねると
8人のお客さんが行列を作って待っていた。

【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-2

最後尾に付いて待つ。
すると、そこにやって来たのは、新店ハンターのロバオさんしらけんさん


おはようございます!
このお二人とは、新店のオープン日に何度かお会いしている。


そうして、新店情報など話しているうちに、12人のお客さんの行列ができたところで、開店時間の11時30分を迎えると
特に何の挨拶もなく、スタッフの人が出てきて、静かに開店

17分ほど待って入店。
まずは、大型の券売機で食券を購入する。


麺メニューは、「白醤油煮干しそば」750円、「黒醤油煮干しそば」750円、「濃厚ぶりつけそば」900円の3メニューと
それぞれに「特製」を冠した250円アップのトッピングバージョンが用意されていた。

【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-3【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-4

さらに、サイドメニューには「いわしそば」430円、「ぶり丼」460円、「いわし丼」400円、「チャーシュー丼」430円があって!
この中からチョイスしたのは「特製濃厚ぶりつけそば」!


なお、「並」と100円アップの「大盛」があったので、男性スタッフの人に、「並」の麺量を聞いてみると
210gということだったので

瞬時に、麺1玉140gで、「つけそば」の「並」は麺1.5玉の210g!
「大盛」は麺2玉の280gと考えて!


普通なら「大盛」にするところだけど
今日は、もう一軒、行ってみたい店があったので、「並」にすることに

そんなわけで、、「ぶり丼」も今日はパスして、「特製濃厚ぶりつけそば」の「並」1150円の食券だけを買い求めて
男性スタッフに案内されて、L字型カウンター席の店の奥から3番目の席につくと

「お久しぶりです!」と厨房から声がかかったので
顔を上げると、『上尾店』で何度か話しをさせてもらったことのある吉川店主だった。

新店のオープンということもあって、今日は、こちらの店の厨房に入っているのかな!?
「ご無沙汰しておりました。」と言うと…

「もう、何年ぶりでしたっけ?」と聞かれて…
答えに窮してしまった(-"-;A ...アセアセ

後で調べたところ、『上尾店』のオープン1周年限定を食べて以来だったから、前回に訪問したのは、もう3年3ヶ月前になるんだね(;^_^A
「なかなかお邪魔できませんでしたけど、都内にお店ができましたので、これで来やすくなりました。」と言うと…

今日、来店していただいただけでも嬉しいと感謝されて
かえってこちらの方が恐縮してしまった(汗)

そうして、あと1分でお昼の12時を迎えるところで
「最初は、塩と山葵をつけて、召し上がってください。」というアナウンスとともに吉川店主から完成した「特製濃厚ぶりつけそば」が供された。

【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-5【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-6

豚肩ロース肉のレアチャーシューが計5枚と鶏ムネ肉のレアチャーシューが1枚に、ハーフ味玉、刻み海苔、三つ葉柚子皮酢橘と藻塩に山葵が麺が盛られたお皿にトッピングされて
つけ汁には、刻みネギが浮かべられた美しいビジュアルのつけそば!

まずは、褐色の全粒粉が配合された平打ちの中太ストレートの自家製麺を、そのまま、何もつけずにいただくと
小麦香る麺で!

【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-7

口の中に、ふわっと小麦粉の何とも言えないいい香りが広がって
鼻から抜けていく!

つるっとしたのど越しのいい麺で!
噛めば、小麦粉のうま味と甘味が感じられる美味しい麺で


そして、食感は、モチッではなく、ムチッ!
やや、カタめにも感じられる食感の麺で!


これは、中力粉ではなく、強力粉、または、強力粉と準強力粉をブレンドした小麦粉が使われている証拠!
そして、これだけ香り高い麺で、全粒粉が使われているということは


これは、ズバリ、北海道産小麦粉の「春よ恋」を使用した麺のはず!
そう思って、吉川店主に話すと


「はるゆたかです。」ということで、ハズレ(汗)
ただ、「春よ恋」は、「はるゆたか」を改良して生れた小麦だから、そう大きく外したわけではないけど(汗)

でも、何れにしても、ラーメンとは違って、「つけそば」は麺が命なので!
こういう香り高い上に、うま味も強い麺が使われているのがいい♪


そうして、吉川店主の指南通り、まず、藻塩を麺に、ちょっとだけ振り掛けて、いただくと
塩の塩辛さが、かえって、小麦粉のの甘味を引き立ててくれて、とても美味しくいただけたし♪

【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-8

山葵を麺に、ちょんと載せていただくと
これは、田舎蕎麦!?

まさに、田舎蕎麦の味に感じられて!
これ、蕎麦つゆにつけて食べたら、きっと、めっちゃ美味しいはず♪


そして、初対面の鰤のつけ汁につけて、食べてみると
( -_・)?

これは、鶏白湯!?
食べる前までは、鮮魚の鰤を使って白湯スープにした魚介白湯のスープかと思ったのに、どうやら、違ったようで

鶏のうま味が感じられたので、吉川店主に確かめると
やはりそうで!

ただ、普通は、鶏白湯の動物系がベースとなったスープに、節を重ねて、食べやすい鶏白湯魚介のつけ汁にするところを
鮮魚の鰤のうま味を重ねたところで!

普通に、そんなことをしたら、魚臭くなってしまうんじゃないかと思うのに
この鮮魚の扱いに慣れている鮮魚マイスターの吉川店主は違った。

そして、鶏のうま味も感じられるものの、鰤のうま味も、よ~く感じられるつけ汁に仕上げてきていて!
さらに、つけ汁からは、得意の煮干しのうま味も感じられて


他店が作った鶏白湯魚介スープのつけ汁とは一線を画するオンリーワンのつけ汁に仕上がっていて
めちゃめちゃ美味しい♪

トッピングされた豚肩ロースのレアチャーシューは、通常は2枚のところを特製にしたので5枚に増量されたもので!
レア感がちょうどいい♪


【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-9【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-10

これ以上、温度を上げて、時間を掛けて低温調理してしまうと、こんなキレイなロゼカラーに仕上がらないし
逆にレアすぎてしまったら、噛み切りにくくなってしまうところを、絶妙に仕上げてきていて

そして、しっとりとした食感に仕上げられていて
厚みもあって、肉のうま味が中に閉じ込められ絶品のチャーシューで♪

これが3枚増量されて、鶏ムネ肉のレアチャーシューに味玉ハーフまで追加されて、250円増の「特製」は、めっちゃお得だし!
毎回、「特製」にしてしまいそう♪


さらに、鶏ムネ肉のレアチャーシューも、しっとりとした食感に仕上げられていて!
塩加減の塩梅もいい感じだったし♪


そして、終盤には、添えてあった酢橘を麺に搾って!
柚子皮をつけ汁に入れていただいたところ


爽やかに味変してくれて!
210gの麺は、あっという間に胃袋の中へと消えていった


この麺、美味しきすぎるし♪
いろいろな食べ方を試せて


しかも、それが、皆、美味しいので♪
210gでは物足りない


これなら、きっと、400gでも500gでもいけそうなので!
「つけそば」は「大盛」だけではなく、麺3玉で420g(140g×3)の「特盛」の設定が必要だと思う!


そうして、最後に吉川店主にスープ割りをお願いすると
カットされた豚肩ロースのレアチャーシューがいっぱい入れられて戻ってきて!

【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-12

そして、これが、鰤と煮干しが香るスープ割りで♪
最後まで美味しく完食!


【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-11

なかなか行きたくても行けない店が東京にやって来てくれた♪
今後は、おそらく、何度もお邪魔することになりそう!


西台に開店してくれて、本当、ありがとうございます。
ご馳走さまでした。


【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-13【新店】寿製麺 よしかわ 西台駅前店-14

メニュー:白醤油煮干しそば…750円/特製白醤油煮干しそば…1000円

黒醤油煮干しそば…750円/特製黒醤油煮干しそば…1000円

濃厚ぶりつけそば…900円/特製濃厚ぶりつけそば…1150円

いわしそば…430円
いわし丼…400円/ぶり丼(鰤焼き霜降り)…460円/チャーシュー丼…430円

特製トッピング…250円/味玉…100円/メンマ…100円/のり…100円/玉ねぎ…100円/キザミのり…100円

ライス 小…100円/めし割…110円
ぶり刺し…400円


寿製麺 よしかわ 西台駅前店ラーメン / 西台駅蓮根駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:特製黒醤油煮干しそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年10月17日(水)

【新店】Soupmen(スープメン)-1【新店】Soupmen(スープメン)-2

本日のランチは、東武東上線のときわ台駅のすぐそばに10月15日にオープンした新店のSoupmenへ!

こちらの店は、JR王子駅前の喧騒から少し離れた住宅地にある『中華そば ざ銀ざ』(10月1日から『立呑みラーメンバル ZAGINZA』へリニューアル)の店主がオープンさせた2号店!

『中華そば ざ銀ざ』は、本当に不思議ちゃんな店で!
オープンから2年も経つというのに、ラーメンブロガーで新店ハンターのロバオさんに教えてもらう前までは、まったく存在すらしらない店だった。


このSNS全盛時代に、店主はTwitterもFacebookもInstagramもやっていない
そして、こちらに来るお客さんもSNSに上げない

店主一人のワンオペ営業で、従業員の募集広告もしない。
だから、あらゆる店を網羅して訪問している新店ハンターの皆さんのアンテナに引っ掛かってこない


そして、この店、不定休とはいえ、結構、休みも多くて
私も一度、被害にあってるし

このブログを見て、訪問してくれた人からもフラレたという報告を聞いている
それにもかかわらず、営業しているときは、いつもお客さんでいっぱいというのも不思議

そして、この店、レギュラーメニューがない
私が訪問したときも、最初は「鮭中華そば」

これは、鮮魚のアトランティックサーモンで出汁を引いたラーメンだったんだけど
メニューは、このラーメン1種類!

2回目の訪問は、背脂が散りばめられた「煮干し中華そば」で
この日も、メニューは、このラーメン1択!

毎日が限定ラーメン1種類で営業!
面白い反面、どんなラーメンが出てくるのか


店主がSNSをやっていないから、店の前までやって来ないとわからない
それでも、お客さんがやってくるのも不思議

さらに、店主の独特なキャラも、ちょっと変わっていて
本当、不思議ちゃんな店なんだよね(笑)

そんな店の店主がオープンさせる2号店!
オープン2日目に訪問しているロバオさんのブログによると


メニューは、「鶏醤油らぁ麺」、「煮干しらぁ麺」の2種類ということで
ロバオさんが実食した「鶏醤油らぁ麺」は

「メインの食材となるのは力強い出汁が取れることで人気の名古屋コーチンを使用。」
「しっかりとした鶏の旨みに背脂の甘みとコクが融合した一杯。」ということで!


ラーメンが着丼すると
「とても600円のラーメンには見えませんね。」

そして、ラーメンを食べ終えて
「またまた言う、これで600円で元が取れるか心配しちゃうよw。」

2度も600円という価格の安さを強調していたけど
『中華そば ざ銀ざ』のラーメンも、ボリューミーなのにリーズナブルだったな

【新店】Soupmen(スープメン)-3

そんな知識を入れて、店へと向かう!
そうして、東武東上線・ときわ台駅南口側の線路沿いにある店へとやってきたんだけど


【新店】Soupmen(スープメン)-4

南口からアプローチするなら
2階にある改札を出て、階段を下りたら、池袋方面に歩いて

広い道に出たら、左に見える踏切に向かって、少し歩いて
踏切の手前の道を右に入るとすぐ、朱色の看板が目に入ってくる。

北口からアプローチするなら
1階にある改札を出て右へ進むと、すぐ右先に踏切があって

それを渡って、すぐ、左の道を入っていけば、店はあるんだけど
踏切から青に赤い文字の居酒屋チェーンの「庄や」の看板が見えて、その左に朱色の店の看板が見える♪

【新店】Soupmen(スープメン)-5

そうして、開店してから13分後の11時43分に、入口の引戸を開けて入っていくと
手前から奥にかけて一直線に延びたカウンター8席の席は満席で、外のベンチで待つことに

7分待って、お客さんが出てきたのと入れ替わりに入店。
入口に一番近い席が空いていたので座ると


「来てくださったんですね!」
「どうも、ありがとうございます。」


店主にいきなり歓迎されたと思ったら
「すいません…」

「奥の券売機で食券買ってもらっていいですか?」と言われて
店の奥を見ると、大きな券売機があった。

これって、移転する前の『麺処 きなり』(現『蕎麦 いなり』)と同じパターンだけど
狭い通路を通って、奥の券売機まで食券を買いに行くのは

でも、レイアウト上、券売機を置くスペースが手前にないので
仕方がないだよね(-"-;A ...アセアセ

メニューは、「鶏醤油らぁ麺」600円、「煮干しらぁ麺」650円!
王子の店では、1種類のラーメンの他は、「味玉」と「ライス」だけしかメニューのない店だったけど


こちらでは、「肉増し2枚」150円、「味玉」100円、「のり5枚」100円に「特製盛り」250円まで用意されていて!
サイドメニューも、「ライス」以外に「肉丼」もあった。


【新店】Soupmen(スープメン)-6

「煮干しらぁ麺」は、王子の店で一度、食べているので、「鶏醤油らぁ麺」をチョイス!
さらに、「肉増し2枚」にするか「肉丼」にするか迷って、「肉丼」にすることに!


食券を購入して
以前は、店主から出されたお冷とおしぼりをセルフで取って、席へと戻って

【新店】Soupmen(スープメン)-7【新店】Soupmen(スープメン)-8【新店】Soupmen(スープメン)-9

食券をカウンターの上に上げると、さっそく、ラーメンを3個作りし始める店主!
そうして、前回同様、1分30秒間、麺を茹でると


最後にトッピングを載せるのに、少し戸惑っていたけど
これは、今まで個別のトッピングを受けてなかったからだね(笑)

そうして、完成した「鶏醤油らぁ麺」のうちの一つが、私にも出されて!
ラーメンを作る途中に、バーナーで炙ることで、めっちゃいい匂いが漂ってきた豚肩ロース肉の炙りレアチャーシューがライスに載せられて


特製のタレが掛けられて
最後にマヨネーズが添えられて、完成した「肉丼」も出された。

【新店】Soupmen(スープメン)-10

厚みは薄めだけど、大きな肉塊から切り出された大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に、味玉ハーフ(※)メンマ、刻みネギと海苔の筏に載せられた煮干し粉がトッピングされた「鶏醤油らぁ麺」!
※味玉ハーフは、遠くから来てくれたからと、店主がサービスで入れてくれたもので、デフォではつきませんので、ご注意願います。

【新店】Soupmen(スープメン)-11【新店】Soupmen(スープメン)-12

なお、着丼時に店主から
「途中で、煮干し粉を溶かすと、鶏醤油ラーメンが煮干しラーメンに変わります」というアナウンスがあったんだけど

これは、ノーサンキュー(-""-;)
煮干し粉を使って、煮干しを濃くしましたみたいなことを言ってる店もある

ただ、煮干し粉は、例外を除いて、ただ、魚臭くなって、口の中に粉が残って
あまり、いい記憶がなかったので

そんなことを思っていると
「この煮干し粉、細かく粉砕できるミルを購入して、3種類の煮干しを粉砕して煮干し粉にしています。」

店主から、そんな話しがあって
自家製の煮干し粉ということがわかって!

さらに、パウダー状に、微細に粉砕されてあって!
これなら、たぶん問題なし!


というわけで、まずは、名古屋コーチン100%の地鶏と水で作ったというスープをいただくと
じんわりとした鶏のうま味が感じられるスープで!

【新店】Soupmen(スープメン)-13

これに、背脂のコクと甘味が加わって!
めっちゃ美味しいスープに仕上がっている♪


名古屋コーチンが使われているということで
出汁の引き出し方によっては

良く言えばワイルドな
悪く言えば、鶏臭くなる

そんな可能性もあると思っていたけど
そんなものは皆無だったのは、個人的にはよかった♪

それと、「水と鶏で作ったスープ」と聞いていたので、食べる前までは、流行りの「生揚げ醤油」や「生しょうゆ」を使ったネオクラシックな醤油ラーメンを勝手にイメージしていたのに
ぜんぜん違った

これは、カエシに使われた醤油が普通の濃口醤油で、醤油勝ちしていないことと
背脂が使用されたことが、そう思わせた大きな要因!

でも、かえしの醤油は、生揚げ醤油でも、たまり醤油でも
あるいは白醤油でも、普通の濃口醤油でも、一長一短あって、何を使おうとも、スープと合っていればいいと思う。

ただ、背脂はどうなんだろう
スープが美味しいからいいのかもしれない

でも、せっかく、高価な名古屋コーチンを使っているのに
背脂がマスキングしてしまっているので

ピュアに背脂なしの
「名古屋コーチン100%の地鶏と水で作ったスープ」を味わってみたかったかな

後半に自家製の「煮干し粉」をスープにまぜてみると
「鶏醤油ラーメン」が確かに「鶏煮干しラーメン」に変わった!

自家製の3種類の煮干しを微細に挽いた粉は、市販品とは違って、特有の臭みがなく!
煮干しの持つうま味やビターさをスープにプラスしてくれて


前半の鶏と背脂のスープもよかったけど、後半の鶏と煮干しと背脂のスープもよくて!
2度美味しいが味わえるのがいい♪


麺は、中太のウエーブがかった麺で!
前回に王子の店で食べたときの麺が、こちらの店でも使われているのかな
!?

【新店】Soupmen(スープメン)-14

前回には店主から
三河屋製麺にお願いして、オリジナルの低加水の麺を作ってもらっているなんて話していたけど

麺の太さも形状も
それに、正方形した麺の断面も、以前、いただいた麺と変わっていないし

麺の茹で時間も1分30秒で同じだったので
そう思ったんだけど

ただ、食感は、前回同様で、やや、カタめには感じられたものの
ムチッというよりはモチッとした食感の麺に仕上げられていて

よりソフトにシフトしたような
そこで、断面をよく見てみると

前回は正方形した麺の断面の中心部分に針の穴程度の白い部分が残っていたのに
今回は、しっかりと中心まで茹で上げられている

そこで、店主に確かめると
「ええ、オリジナルの麺を作ってもらいました。」

「でも、以前とあまり変わらないかもしれませんけど…」なんて話していたので
低加水の麺ではなく、以前使っていた麺ベースでオリジナルを作ってもらったんだね!

しかし、同じ茹で時間で食感が変わったのは!?
小麦粉の種類や配合によるものなんだろうか!?

疑問に思って!?
店主に聞いてみると

「茹で麺機がIHで、ガスじゃないため、火力が強いんです。」
「麺を入れても、ほとんど温度が変わりません。」


「その代わり、温度の調整ができないんですよ…」なんて、答えが返ってきたんだけど
なぜそうなのかは、専門家ではないのでわからない

ただ、麺は、以前より、よく茹でられて!
この食感の麺の方が好み♪


スープとの絡みもまずまずで!
このスープとこの麺の組合わせも個性的で、個人的にはありだと思う♪


それと、麺の量も、かなりあって!
以前は200gだったので、おそらく、今回の麺も量は、いっしょじゃないかと思われるけど


これは、一般のラーメン店の麺の量の大盛りに匹敵する量で
これだけで、十分、お腹いっぱいになるのもいい♪

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューも前回同様で
薄めではあるけど、大判のチャーシューで!

【新店】Soupmen(スープメン)-15

薄めとは言っても、ペラペラではなく、しっかり、肉のうま味が感じられるもので!
美味しいレアチャーシューで、2枚増しても150円だから、次回は肉増しにして食べてみようかな♪


そして、前回のブログにも書いたけど
ポリポリとした食感のメンマが意外にいいんだよね♪

サイドメニューの「肉丼」は、バーナーで炙られたレアチャーシューにニンニク醤油かな!?
それに、マヨネーズってことで!

【新店】Soupmen(スープメン)-16

ガッツリ食べて、スタミナが付きそうな一品!
これが250円で食べられるのもいい♪


しかし、日本三大地鶏の名古屋コーチンだけで作ったスープで!
しかも、具なしの「かけラーメン」ならまだしも


これだけのトッピング内容で!
しかも、麺の量だって、デフォルトで大盛りの量の麺の入るラーメンが600円というリーズナブルな価格でいただける!


それに、味も特別というほどではないけど、美味しいし♪
ラーメン愛好家の皆さんが、わざわざ来て食べるラーメンではないかもしれないけど


地元のお客さんが、安価に美味しく!
しかも、お腹いっぱいに食べられるラーメンという点では、とても評価できるラーメンだと思う。


次回は、煮干し粉の替わりに海老粉を使って味変させる「煮干しらぁ麺」を食べるか!?
ただ、店主は、今日が、まだ、営業3日目というのに、この2種類以外のラーメンを作りたくてウズウズしているなどと話していたので

近いうちに、限定で、この2種類以外のラーメンが食べられるかもしれないので
こちらも楽しみ♪

【新店】Soupmen(スープメン)-17

なお、こちらの店!
ロバオさんのブログに不定休とあって


行ったら休みだったというのを避けたかったので
定休日を設けた方がいいと、店主に意見を述べさせてもらったところ

11月末までは休みなしで営業すると話していたので
これなら安心♪

また、しばらくしたら、お邪魔します!
ご馳走さまでした。


【新店】Soupmen(スープメン)-18【新店】Soupmen(スープメン)-19

メニュー:鶏醤油らぁ麺…600円/煮干しらぁ麺…650円

麺大盛り…100円
特製盛り(肉2枚、味玉、のり2枚)…250円/肉増し2枚…150円/味玉…100円/のり5枚…100円

肉丼…250円/ライス…100円


Soupmen(スープメン)ラーメン / ときわ台駅中板橋駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:鶏醤油らぁ麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年9月13日(木)

【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-1

本日のランチは、東京・板橋区役所前に9月8日にオープンした『中華そば 来味 板橋店』へ!

新潟市江南区にあった『中華そば 来味 亀田店』が、併設するパチンコ店の閉店によって閉店して、東京へとやってきてくれた♪

『中華そば 来味 亀田店』は、ラーメンとチャーハンのセット「ラーチャン」が人気の店で!
この新潟名物「ラーチャン」が東京でも食べられのは嬉しい♪


というわけで、都営三田線の板橋区役所前駅から、少し歩く店の前へとやってきたのは、もうすぐ、午後の1時になる時刻。
入店すると、オープンキッチンの厨房を囲むように造られたL字型カウンター席9席の席には7人のお客さんが座っていて!


4人掛けのテーブル席にも2人お客さんがついていて
オープンしたばかりの新店で!

しかも、駅からも離れているし
商店街の中にあるわけでもない、人通りの少ない場所にもかかわらず

さらに、時間もお昼のピークを過ぎた時間だというのに
流行ってる。

まずは、券売機で食券を購入する!
メニューは、名物の「ラーチャン(ラーメン/半チャーハン)」、「にぼしラーメン」、「チャーシューメン」、「麺大盛」!


【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-2

それだけ!
そして、券売機の最上段以外はボタンがマスキングされている。


もちろん、「ラーチャン(ラーメン/半チャーハン)」の食券を買って、女性スタッフから案内された席へとついて、食券を渡して待っていると
店長が先客のチャーハンを炒め始めるところで

小気味のいい動きで、鍋を振って、チャーハンを炒め上げると
調理サポートの女性スタッフがカウンターの上に、出来上がった2つの「半チャーハン」を置いて

ホール担当の女性スタッフがお客さんのもとへと配膳していく。
そして、チャーハンを炒めて、休む間もなく、今度はラーメン作りに入る店長


麺を2玉、茹で麺機の中のテボに入れると、タイマーをセット!
40秒後にタイマーが鳴り始めると、テボを引き上げて


湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられると
調理サポートの女性によって盛りつけられて完成した2つの「にぼしラーメン」が、「半チャーハン」同様、お客さんへと出されていった。

さらに、ラーメン作りを続けて行う店長!
そうして先ほどと同じルーティーンで「にぼしラーメン」を2つ完成させると


再び、チャーハンを2個作りし始めて!
完成したチャーハンの1つが私のもとへと運ばれてきた。


【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-11【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-12

さらに、2分も経たないうちに
続いて店長によって2個作りされた「にぼしラーメン」の1つが運ばれてきた。

【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-5【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-6【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-3【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-4

急いで作られたこともあるのかもしれないけど、チャーハンの盛りつけが雑(汗)
さらに、ラーメンの盛りつけも、女性スタッフが行ったこともあるのかもしれないけど、もう一つかな(汗)

小ぶりでペラッペラな豚バラ肉のロールチャーシューにメンマ、刻みネギが、ちょこんと載せられた「にぼしラーメン」!
まずは、薄口醤油をカエシに使われたような淡い色合いの醤油スープをいただくと


【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-7

この味わいは、たぶん、醤油と塩を1:1で合わせた
煮干しラーメンでは、よく使われるカエシの構成。

そして、このスープ
全体的には、あっさりとした味わいのスープではあるけど

出汁は、煮干しが思った以上にきかされてていて
使われている煮干しは、背黒と潤目か!?

やや、癖があって
人によっては、魚臭く感じられる煮干しが使われていて、これは、好き嫌いが分かれそう

もっと、癖のない、おとなしめの煮干しスープだと思っていたのに
意外だったかな

さらに、出汁からは、煮干し以外に、干し椎茸のうま味が感じられて!
昆布と鯖節と思われる節も、少し感じられる。


動物系は不使用で
豚が感じられるのは、おそらく、香味油に使われたラードによるものと思われる。

そして、このラードが、あっさりとしたスープにコクを与えてはいるけど
ラードは少なめで、こってり感はない

しかし、個性的な味わいのスープで!
個人的には、好きだな、この味わい♪


そして、細ストレートの麺は、東京で食べる煮干しラーメンの定番のザクパツの
カタめで歯切れのいい食感の低加水麺の食感とは、ちょっと違う。

【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-8

つるパツな食感の加水低めの中加水麺という感じで
カンスイが多めに感じられる麺で!

小麦粉のうま味は感じられないけど…
でも、スープとは合っているし!

麺量も多めだね!
「半チャーハン」も、これで、半チャーハンというほどの量で、お腹いっぱいになる♪


トッピングされた豚バラ肉の煮豚は、煮上がったものは美味しそうだったのに、こんなペラペラでは
肉のうま味も感じられないし(汗)

【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-9【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-10

メンマも、筍の細切りを食べているような感じで
トッピングは、もう一つだったかな(汗)

「半チャーハン」は、味付け、塩加減ともよかったし♪
過去に、ラーメン店で食べたベタベタな残念なチャーハンでなく、米粒がパラパラなのはよかった♪


ただ、今日のチャーハンに限ってのものなのかどうかはわからないけど、ちょっと、炒めすぎていて、米がカタくなりすぎていたのが
ちょっと、気になったかな

でも、そうは言うものの、味はよかったから
「にぼしラーメン」の残ったスープをチャーハンに付いてくるスープのようにして

【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-13

チャーハンを食べて、スープを飲んで!
交互に食べて完食♪


それに、この「ラーチャン」!
所謂、東京に昔からある「半チャーハンラーメン」に比べたら、個人的には、ラーメンもチャーハンも、こちらの方が好み♪


これは、「半チャーハンラーメン」がお好きな方に、ぜひ、食べて欲しいな♪
ご馳走さまでした。


【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-14
【新店】中華そば 来味(らいみ) 板橋店-15

メニュー:ラーチャン(ラーメン&半チャーハン)…900円/にぼしラーメン…650円/チャーシューメン…850円/大盛り…100円

中華そば 来味ラーメン / 板橋区役所前駅新板橋駅下板橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



好み度:にぼしラーメンstar_s35.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m