訪問日:2017年8月3日(木)

八咫烏【六】-1八咫烏【六】-0

本日のランチに向かったのは、本日8月3日にオープン1周年を迎える九段下の『八咫烏』!

こちら『八咫烏』では、今日と明日の2日間、「1st YEAR BIRTHDAY RAMEN」と題した1周年記念の限定ラーメンが提供される。

そして、「DAY1」の今日、提供される限定は、「白:津軽焼干の向こう側」と命名されたラーメンで!
「居山勢」と書いて、「ちから」と読む、屋号の『八咫烏(やたがらす)』同様、難読な漢字の苗字の店主のTwitterのツイートによると


津軽焼き干しに名古屋コーチンを合わせたスープのラーメンのようで!
チャーシューは、ガリシア栗豚をフランボワーズでマリネし低温調理したもの!


麺は、佐野実さんお弟子さんとしても有名な八幡山の『支那そば 孤高』の自家製麺!
メンマは、今週の日曜日にコラボイベントを開催した王子の『麵屋 坂本01』のスペシャルメンマが使われるという!


こんな、魅惑的なラーメンが提供されるとあっては、行かないわけにはいかないでしょう(笑)
なお、その後の居山勢(ちから)店主のツイートによると

提供数は、「濃厚」が30食、「淡麗」が120食ということだったけど
「淡麗」と「濃厚」の2バージョンがあるんだね!

できれば、「淡麗」と「濃厚」の両方、店内連食で食べられればいいけど
最低、30食限定の「濃厚」は食べておきたいところ

でも大丈夫♪
今日は、こちらの店のすぐ近くで10時にアポを取っていて!


店までは徒歩数分で行けるので!
どんなに時間が押したとしても、開店時間の11時までには行ける!


そうして、最寄り駅の九段下駅から徒歩4分。
しかし、水道橋駅に飯田橋駅からもそれぞれ、8分と11分で行ける、3駅からアクセス可能な店へとやってきたのは、もうすぐ10時30分になる時刻!


すると、予想外に10人ものお客さんが待っていたんですけど(汗)
でも、とりあえず、スタメンイレブンに入れたし!

これで、30食限定の「濃厚」も確保♪
しかし、今日は、昨年末の12月29日に来店して以来、7ヶ月ぶりの訪問だったんだけど


今まで、1度も外待ちすることなく、すんなりと入店できたのに
1周年記念限定が提供されるとはいえ、いつの間にか、こんな人気店になっていたんだね♪

などと驚いていたら、その後も続々、お客さんが訪れて
開店時間の11時までに25人もの行列を作ったところで

イケメンのスタッフの人が店の中から出てきて!
開店♪


今日はテーブル席は使わずに、カウンター席のみの営業のようで
8人が入店して、外待ちのベンチに掛けて待つ。

すると、イケメンスタッフの人から先に食券を購入してくださいと言われたので
入店して

「連食できます!?」と聞くと…
居山勢店主からOKのサインが出たので♪

八咫烏【六】-2

「限定ラーメンA」1,000円の食券を2枚買って、再び、外のベンチへ。
そうして、少し待っていると、スタッフの人が食券を回収にきたので


2枚の食券を渡して
先に淡麗から出してもらうようお願いした。

そうしているうちに、食べ終わったお客さんがポツポツ出てきて
スタッフの人から促されて入店!

居山勢店主に開業1周年のお祝いの言葉を述べて着席すると
そう待つことなく、居山勢店主のワンオペで作られた「津軽焼干の向こう側(淡麗)」が、居山勢店主自らの手で供された

八咫烏【六】-3八咫烏【六】-4八咫烏【六】-5

キレイに折り畳まれた細ストレート麺の上に真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューが載せられて!
その上に、紅芯大根(?)、スライスした玉ねぎメンマカイワレ酸橘の輪切りが載る!


鮮やかな彩りの!
美しいビジュアルのラーメン♪


黄金色したスープをいただくと
ふわっと焼き干しが香る、あっさりとした味わいのスープで!

名古屋コーチンで出汁をとったということだったけど
私のバカ舌では、よくわからず(汗)

八咫烏【六】-7

これだけだったら、ただの超淡麗な鶏清湯魚介スープに終わってしまうのに
そうさせないのが、この居山勢という料理人の魅力で♪

このスープ!
温かいスープなのに、冷製スープを飲んでいるかのような、すっきり、爽やかな飲み口で!


フランボワーズでマリネして低温調理したというガリシア栗豚のレアチャーシューからスープに溶け出たフランボワーズ(※)による甘味や酸味に!
マリネしたお酢や レモン汁、サラダオイル、ワインなどの酸味がそう感じさせるのか


※フランボワーズ(仏)
=ラズベリー(英)=木苺(日)

ただ、他にも、ホースラデッシュのような香辛料のスパイシーさも感じられて!
不思議な、しかし、心地良い味わい♪


すると、今日は、厨房から出て、行列しているお客さんの対応をしていて
たまたま厨房に戻ってきたイケメンスタッフの人から

「スープどうでした?」と聞かれて…
そんな感想を話すと

「マリネした玉ねぎに山葵とライムの搾り汁が入ってます。」
スタッフの人との話しを聞いていた居山勢店主がそう答えがあったんだけど


以前に、鴨の限定を食べたときにも、スープにオレンジリキュールを入れたり!
よくも悪くも、この人の作るラーメンは、独創的であり、オンリーワンのラーメンなのがいい♪


麺は、『支那そば 孤高』の全粒粉が配合された細ストレート麺で!
もう、『支那そば 孤高』で食べたのは3年7ヶ月前の話なので


八咫烏【六】-8

まったく、覚えていなかったけど
過去のブログを見直すと

当時から、全粒粉が使われていたんだね。
ただ、麺は、3年7ヶ月前のオープンのときには、22番だった麺が、24番になっていた。


それに、食感はカタめで!
当時の麺は、佐野イズムを継承した、なめらかな口当たりのやわらかめの食感の麺だったのに


居山勢店主が好んで使う、三河屋製麺の切刃24番の全粒粉入りの細ストレート麺の食感にそっくりで!
これは、当時とは麺の加水率が違うのか


たぶん、カタ麺好きな居山勢店主が、アルデンテに茹でたことが大きいとは思うけど
個人的には、カタめの、この食感の方が好み♪

それに、麺が細かったから、スープを一杯持ってきてくれて!
スープとの絡みも悪くなかったし!


トッピングされた2種類のチャーシューは、どちらもとてもよかった♪
特に、真空低温調理されたと思われる鶏ムネ肉のレアチャーシューは、分厚くて!


ふっくらといた仕上がりのもので!
やわらかくて、食感が最高だったし♪


塩加減もちょうどいい塩梅で!
味付けもよかったし♪


八咫烏【六】-9

フランボワーズでマリネして低温調理したというガリシア栗豚の豚肩ロース肉のレアチャーシューは、やわらかくて!
味わいもよかったし♪


ただ、こちらの店の豚肩ロース肉のレアチャーシューは、これに限らず、レギュラーメニューのチャーシューもそつだけど、薄切りなので
肉のうま味を味わうには、もう少し、厚切りにしてもらった方がいいんだけどね

『麵屋 坂本01』のメンマは、コリコリとした食感が最高!
薄味に味付けられて、スープの邪魔をしなかったのもよかったし♪


とても、個性的な一杯で!
これはこれでありだと思う。


ただ、個人的には、今回は、津軽焼き干しに名古屋コーチンと聞いて来たので
ちょっと、期待した味わいのラーメンではなかったかな

「淡麗」の麺を半分ほど食べたところで、今日は『魔女のカレー』から応援に来られていた、居山勢店主のお母さまと思われるご婦人「濃厚」をお願いすると
居山勢店主によって作られた「津軽焼干の向こう側(濃厚)」が、一杯目の「淡麗」を食べ終わってから、そう待つことなく着丼!

八咫烏【六】-10八咫烏【六】-11八咫烏【六】-12

こちらは、トッピングされた具は、先ほどの「淡麗」同様で!
違いは、スープの色とスープが澄んでいるか、濁っているかの違い!


まずは、スープをいただくと
こちらは、しっかり、鶏のうま味が感じられる♪

八咫烏【六】-15

しかし、焼き干しは、こちらも控えめ
焼き干しは、その香ばしい香りに、何とも言えない出汁のうま味が魅力なので♪

こちらも、期待した味ではなかったかな
ただ、こちらも「淡麗」といっしょで!

マリネした玉ねぎに使われた山葵にライムの果汁によって、個性的な味わいに感じられて!
悪くはなかったけど!


なお、待つ間、イケメンスタッフの人に、「淡麗」と「濃厚」は、鶏清湯と鶏白湯の違いなのか
聞いたところ

「焼き干しの清湯と白湯です。」
「濃厚はドロドロですよ!」


なんて、答えがあって!
焼き干しで白湯作っちゃうんだ!


焼き干しの白湯なんて、食べたことがないから、楽しみ♪
と思っていたんだけど


これ、本当に焼き干しの白湯なのかな
今日は、店の入口から一番遠い、カウンター席の一番奥の席に座ったので

厨房の入口に近い位置に立つ居山勢店主から離れた席だったことと
居山勢店主も今日は忙しかったこともあって、ほとんど会話していないので、わからないけど

焼き干しの白湯ではなく、鶏白湯のように感じられたんですけど
それに、「ドロドロ」だというスープは、「ドロドロ」にはほど遠い、サラッとしたスープで

味わいも、「こってり」と「あっさり」の中間の「こっさり」って感じで
濃厚さはなかった。

麺は、先ほどと同じ『支那そば 孤高』の全粒粉入りの細ストレート麺!
スープが本当に濃厚に仕上げられていたら、スープに負けていたかもしれないけど、そうではなかったから、スープとの絡みは、「淡麗」以上によかったし♪


八咫烏【六】-16

具も、「淡麗」と同じで、鶏ムネ肉のレアチャーシューは、味、食感とも最高♪
豚肩ロース肉のレアチャーシューも、厚さはもう少し欲しいところだけど、まずまずよかったし♪


八咫烏【六】-14

2杯とも、変化球のラーメンで、「らしさ」は出ていて、そこは、よかったとは思う。
ただ、今回は「らしさ」ではなく、素材のうま味に期待していたので


でも、レギュラーメニューの「黒」「白」のラーメンも美味しいし♪
何度かいただいた創作の限定が、「鯛塩ラーメン(鯛飯付き)」にしても、「たまり醤油の鴨鯖ラーメン(鴨おこわ付き)」にしても、とてもよかったので!


2年目も、何度もこちらの店には通うと思う♪
オープン1周年おめでとうございます。


これからも質の高い限定に期待しています。
ご馳走さまでした。


八咫烏【六】-17八咫烏【六】-18

メニュー:特撰ラーメン黒…1000円/ラーメン黒…750円/チャーシューメン黒…950円

特撰ラーメン白…1000円/ラーメン白…750円/チャーシューメン白…950円

和え玉…200円/大盛り…100円

【1st YEAR BIRTHDAY RAMEN】津軽焼干の向こう側(淡麗/濃厚)…1000円
金のしずく丼…250円

ライス…100円/チャーシュー丼…300円

玉子…100円/チャーシュー…200円/薬味…150円/ワンタン…150円

おつまみチャーシュー…450円/おつまみワンタン…450円


八咫烏



関連ランキング:ラーメン | 九段下駅神保町駅飯田橋駅



好み度:津軽焼干の向こう側(淡麗)star_s35.gif
津軽焼干の向こう側(濃厚)star_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2017年6月29日(木)

神保町 黒須【八】-1

本日のランチに向かったのは、神保町の路地裏にある昭和レトロな佇まいの店『神保町 黒須』!

神保町と九段下の間の靖国通りと水道橋西通りが交差する専大前交差点を竹橋方面に一本入った
城南信用金庫と集英社の間の狭い路地の奥にひっそりと佇む隠れ家的な店へと向かったのは、いつの間にか始まっていた10食限定の「冷やし煮干」を求めて!

ただし、店に到着したのはとは、あと5分ほどでお昼の12時になる時刻。
11時開店の店で、果たして10食のみの限定が、この時間で残っているかどうか


入口の引戸を開けて入っていくと
店内は満席!

そして、店内のベンチでも、2人のお客さんがが待っていた。
さらに、この後、12時を過ぎると、さらにお客さんが来店して、外待ちまでできていたけど


この飲食店としては、お世辞にも恵まれた場所にあるとはいえない店なのに
口コミで味の良さが広まったということなんだろうね♪

そして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
しっかり、10食限定の「冷やし煮干」は残っていてくれた♪

神保町 黒須【八】-2神保町 黒須【八】-3

しかし、この後、1人、お客さんが限定の食券を買って、女性スタッフによって、注文が厨房に伝えられたところで
「これで、限定終わりです。」という声が聞こえてきて

厨房から出てきた黒須店主によって、券売機が開けられて
売り切れとなったので

10食限定の「冷やし煮干」を食べたかったら、最低でも12時前に来店しないと厳しいかもしれない
でも、ギリで食べられることができて、マジでよかった♪

券売機で限定と「肉飯」の食券を買って、ベンチにつくと、すぐに席も空いて
カウンターの上に食券を置いて、待っていると

5分ほどで、女性スタッフによって「冷やし煮干」が配膳されて!
すぐに遅れて、「肉飯」も着丼!


神保町 黒須【八】-4

豚肩ロース肉のレアチャーシュー穂先メンマカットトマトアーリーレッド(紫玉ねぎ)水菜レモンの輪切りがトッピングされた!
涼しげで、彩りのいい、美しいビジュアルの「冷やし」♪


神保町 黒須【八】-5神保町 黒須【八】-6

まずは、スープをいただくと
すっきりとした味わいの冷製スープで!

煮干しは、いりこと背黒だと思われるけど
キンキンに冷やされていないので、水だしした煮干しと昆布のうま味が感じられて♪

そして、煮干し特有のビターな味わいも出ているのがよくて!
なかなかの美味しさ♪


カエシは、砂糖によるものと思われる甘味が、やや、強いようにも思えたけど
キリッとした醤油の味わいと合わさって、それほど、気にはならなかったし

あまり、「冷やし」は食べないので、実は、これが、今年初の「冷やし」だったけど
一発目から美味しいスープの「冷やし」でよかった♪

麺は、レギュラーの温かいラーメンに使われている全粒粉入りの中細ストレート麺が使われていて
でも、水でしっかり〆られているので、「醤油蕎麦」で食べたときのつるっとした麺の食感ではなく…

ザクッとしたカタめの食感に感じられて!
でも、このカタめの食感の麺が、この冷製スープとはよく合っていて、美味しくいただけたし♪


神保町 黒須【八】-7

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、オープン当初から大きく進化を遂げて!
サイズも、厚みも増して!

そして、何より、仕上がりと味が飛躍的によくなって!
これは、トッピングしても食べるべき逸品になっていたし♪


神保町 黒須【八】-8

アーリーレッドのシャキシャキとした食感も、甘味もよかったし♪
トマトの甘味も酸味も、この冷製スープとの相性もよかった♪


神保町 黒須【八】-9

ただ、水菜だけは
生の水菜の食感が、あまり好きでないこともあるけど

大葉にするとか!?
カイワレでも、ぜんぜんいいので、変えてもらえると嬉しいんだけど(汗)

なお、レモンを箸でつついて、果汁をスープに入れてやると
柑橘系の甘味と酸味がスープに移って!

爽やかに味変してくれて、よかったけど♪
ただ、つんつんと突っつくのも面倒なので、できれば、串切りにしたレモンにしてくれるとありがたいんだけど
(汗)

サクッと完食!
「冷やし」ということもあって、やや、量的に物足りないように感じられたけど、でも、大丈夫、「肉飯」があるので♪


そして、この細切れのレアチャーシューにカイワレが載せられた、この「肉飯」!
これで150円というコスパの高さも魅力だけど♪


神保町 黒須【八】-10

味わいがとてもいいし!
それに、ご飯に玄米が使われていて、健康的なのもいい♪


美味しく完食♪
ご馳走さまでした。


神保町 黒須【八】-11

メニュー:特製中華蕎麦…1000円/味玉中華蕎麦…850円/中華蕎麦…750円

特製煮干蕎麦…1000円/味玉煮干蕎麦…850円/煮干蕎麦…750円

替玉…100円

特製つけ蕎麦…1050円/味玉つけ蕎麦…900円/つけ蕎麦…800円
※麺の量を1玉(140g)または1.5玉(210g)から選択。替玉不可

【限定】冷やし煮干(10食限定)…850円

肉飯…150円/白飯…100円

トッピング
焼豚1枚…100円/味玉…100円/メンマ…100円/自家製トリュフソース…50円


神保町 黒須



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅



好み度:冷やし煮干star_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年6月27日(火)

【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-1

本日のランチに向かったのは、秋葉原に6月24日にオープンした新店の『九十九里煮干つけ麺 』!

こちらの店は、イタリアン出身の田中店主が開業した豊島区の向原にある『志奈そば 田なか』の2号店である『志奈そば 田なか Second』を、屋号とメニューを一新して、リニューアルオープンさせた店!

『志奈そば 田なか Second』には、行くつもり満々だったのに、機会を逃してしまって
結局、1度も訪問しないまま閉店してしまったので

今回は、まだ、オープンしたての旬なうちに、早めに訪問することに♪
そうして、『志奈そば 田なか Second』の前は『福の神食堂』だった場所にある店を11時20分になる時間に訪ねると


店の前には、オープン祝いのお花が咲き誇っていたけど♪
ラーメン関係者からのお花はなかったかな
!?

【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-2

ただ、この後、入店したところ
店内には、『マタドール』から贈られてた胡蝶蘭が飾られていた♪

【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-3

なお、入口近くに立っていたA看板に貼り紙がされていて
それによると

「毎週火曜日は週明けメンズdayです。」
「ライスor本日のまかない飯無料です。」


【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-0

ラッキー♪
いい日に来れたかも!


入店すると、厨房を囲むL字型カウンター12席の客席は、ほぼ、満席状態
ただ、辛うじて、1席のみ席が空いていた♪

そして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
麺メニューは、事前に調べておいた「純濃煮干つけ麺」、「淡麗汐煮干つけ麺」、「辣濃辛煮干パクチーつけ麺」、「淡麗汐煮干そば」の他に、まだ、いろいろあって

【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-4

ただ、ごちゃごちゃしていて
事前に決めてこなかったら、絶対、ここで迷うよね_| ̄|○

そして、「辣濃辛煮干パクチーつけ麺」にも、かなり惹かれながらも
まずは、出汁のうま味を確かめたかったので、迷わず、「淡麗汐煮干つけ麺」の食券を買うと

正装したイケメンスタッフの人が食券を受け取って
「並盛、中盛、大盛が選べます。」と言われたので…

それぞれの麺の量をお聞きしたところ
「並240g、中盛360g、大盛480gです。」と言うので…

そのときは、何も考えずに
「じゃあ、中盛で!」と答えると…

さっさと、立ち去ってしまったんだけど
「本日のまかないご飯」も頼もうと思ったのに_| ̄|○

そこで、厨房にいたイケメンスタッフの人に
「本日のまかないご飯もいただけますか?」と言うと…

「はい、わかりました。」と笑顔で答えが返ってきたんだけど
これは、私にだけではなく、他のお客さんへの対応もいっしょで!

こちらから切り出さないと、「ライス」or「本日のまかないご飯」のサービスは受けられないようだったので
火曜日に行かれる方は、ご注意願います。

なお、ここで、ふと、こちらの店の麺量の表示は、今では珍しい、茹で上がり後の表示であるという情報を思い出して
慌てて、麺中盛を麺大盛に変更してもらうようお願いしたところ

まだ、麺を茹でる前だったので、変更することができたけど
麺の量は、普通は茹でる前の生麺の状態の麺量を表示するのが普通だけど、稀に、こちらの店のように茹でた後の麺量を表示する店があるので注意が必要!

茹でた後の量というのは、茹でる前の量の約1.5倍から2倍の量に膨らむと言われている。
なので、例えば、つけ麺の標準的な麺量200gの麺であっても、茹でた後では、300gから400gになる。


以前に、こんな知識を知らずに、茹でた後の麺量表示の店で
250gとだけ麺量の表示があったので、ちょうどいいと思って、つけ麺を注文したところ

およそ半分の量の130g程度の、女子盛どころか、お子様並みの盛りつけのつけ麺を出された経験があるので
茹でた後の麺量表示の店は気をつけないといけない

しかし、今では、茹でた後の麺量表示の店が消えて、茹でた後の麺量なんて言葉も死語と化しているんじゃないかと思っていたのに
なぜ、この店は、茹でた後の麺量表示にしたのだろう!?

しかも、私が大盛に変えて欲しいとお願いしたときにも
「大丈夫ですか?かなりの麺の量になりますけど…」などと、スタッフの人が言っていたけど

実際に出てきた「つけ麺」の麺の量は、見た目からも
食べ終えての感じからしても推定300g。

この量は、他店の中盛相当
特別に多い量どころか、普通に成人男性が食べられる量だったので

何か、お客さんを騙しているように思えて
私は、この表示方法は、好きになれないんだよね

そうしているうちに、まず、先に「本日のまかないご飯」である「菜物と貝柱の旨煮ご飯」が提供されて!
さらに、少し遅れて「淡麗汐煮干つけ麺」も供された。


【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-6【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-7【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-8【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-9

ただ、卓上のお品書きを見ると、つけ汁には、大きめなピンク色したレアチャーシューが1枚入っているはずなのに
実際には、細切れのチャーシューが入っていたのが

【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-5

この方が、つけ麺としては食べやすいのかもしれないけど
レアチャーシュー大好きなので、ちょっと、残念に思えてしまったかな_| ̄|○

そして、まずは、昆布水に浸かった平打ちの中太ストレート麺をいただくと
つるモチ食感の麺で!

コシもあって!
のど越しのよさもある麺でよかったし♪


そして、ガゴメ昆布で程よいトロミがつけられた昆布水も、シャバすぎず、かといって、それほど濃いわけでもなく
程よいネバネバ加減なのもいい感じで♪

卓上にあったピンクロックソルトを少し削りかけると
昆布のグルタミン酸のうま味に塩味と甘味が加わって、これだけでも、それだけで、美味しくいただけたし♪

なので、これはこれで、よかったとは思ったけど
最近の他店の昆布水の場合、単なる昆布水ではなく

例えば、このように煮干し出汁のつけ汁につけて食べる場合は、煮干し昆布水になっていたり!
鰹出汁のつけ汁の場合は、鰹昆布水!


貝出汁の場合は貝昆布水という風に、さらに進化させてきているので!
この場合も、水出しした煮干し出汁のを入れるなどすれば、もっとよかったんだけどね


そして、麺をつけ汁につけていただくと
やや、塩分高めにも感じられる塩味のスープで

でも、つけ麺のつけ汁だから、これくらいはね!
それに、昆布水が入って、どんどん、薄まるので、その計算も入っているのかもしれないしね!


なお、つけ汁からは、背黒の風味に鯵煮干しの甘味も感じられたけど
あくまで、じんわり

それに、『志奈そば 田なか』のときは、アニマルオフの鯵煮干しメインに、背黒と昆布で出汁をとったスープのラーメンだったはずだけど
鶏のうま味も感じられたので、今回からなのか、『志奈そば 田なか Second』時代からそうなのかはわからないけど、動物系のうま味も入れてきていた。

文字通りの淡麗な鶏清湯煮干しのスープのつけ汁で!
煮干しのえぐ味や苦味もあまり感じられないので


一般のお客さんは食べやすいかもしれない。
ただ、ニボラーには、ちょっと、物足りないかな


最後にスープ割りをお願いしようかと思ったんだけど
こちらの店では、他のつけ麺はしてもらえるのに、「淡麗汐煮干つけ麺」だけはNGで(汗)

昆布水で割ってくださいということだったけど
つけ汁がぬるくなっているところに、ぬるい昆布水を入れても美味しくなさそうなので_| ̄|○

「本日のまかないご飯」である「菜物と貝柱の旨煮ご飯」につけ汁を投下したところ
塩味と菜っぱがマッチして美味しく完食

【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-11

ちょっと、この昆布水に浸かった「淡麗汐干つけ麺」は、もう一工夫してほしかったかな
ただ、まだ、「辣濃辛煮干パクチーつけ麺」があるし!

今後は、木曜日には、「濃厚海老つけ麺」に「海老吟醸そば」!
金曜には、以前に『志奈そば 田なか』で食べて、美味しかった「勝浦タンタン麺」も、曜日限定で提供されるようなので!


今日のリベンジに来ようかな!
ただ、一言だけ


つけ麺の茹で上がり後の麺量表示は、結果的にお客さんの不信感を募らせることにも繋がるので
これだけは改めてほしいな

並盛:150g→(茹で上がり後)240g
中盛:225g→(茹で上がり後)360g
並盛:300g→(茹で上がり後)480g


【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-12【新店】九十九里煮干つけ麺 志奈田-13

メニュー:得のせ純濃煮干つけ麺…1090円/純濃煮干つけ麺…890円/純濃煮干味玉つけ麺…990円/チャーシュー純濃煮干つけ麺…1190円
辣濃辛煮干つけ麺…990円/辣濃辛煮干パクチーつけ麺…940円

淡麗汐煮干つけ麺…800円/淡麗汐煮干味玉つけ麺…900円/チャーシュー淡麗汐煮干つけ麺…1100円
鴨脂醤油つけ麺…840円

純濃煮干そば…890円/チャーシュー純濃煮干そば…1190円
淡麗汐煮干そば…780円/淡麗汐煮干味玉そば…880円/チャーシュー淡麗汐煮干そば…1100円
鴨脂醤油そば…800円/鴨脂醤油そば…900円/チャーシュー鴨脂醤油そば…1100円

替え玉(汐or醤油)…100円/和え玉(純濃煮干そば用)…200円

味玉…100円/チャーシュー…320円/高級海苔…150円/パクチー…100円/メンマ…100円/得のせトッピング…250円


九十九里煮干つけ麺 志奈田



関連ランキング:つけ麺 | 末広町駅御茶ノ水駅秋葉原駅



好み度:淡麗汐煮干つけ麺star_s35.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年4月12日(水)

神保町 黒須【七】-1

本日のランチに向かったのは、先週の金曜日に続いて、再び、東京・神保町に昨年の11月1日にオープンした『神保町 黒須』!

今日も、あまり時間がなくて、近場でランチ!
そこで、先週は売り切れていた「つけ蕎麦」狙いで訪問。


こちらの店の黒須店主からは、13時前に来れば残っていると聞いていて
でも、次回は開店間際の11時に行くつもりだったから、関係ないと思っていたけど

今日も忙しくて、店へとやってきたのは、お昼の12時30分になる時刻(汗)
入店すると

店内は満席で
店内のベンチには2人のお客さんが待っている状態。

そして、券売機の前に立つと
「つけ蕎麦」は、しっかり、売り切れずに残ってくれていた♪

神保町 黒須【七】-2

今日は、暖かかったから、「つけ蕎麦」が出るんじゃないかと思ったので
もしかして、早めに売り切れているのでは!?

そんな不安もあったので
残っていてよかった♪

そこで、デフォの「つけ蕎麦」の食券を買って、待ち合いのベンチへ
すると、黒須店主から

「お待ちのお客さんに注文を聞いてください。」
そう、言われて、まず、2人で来ていた先客から食券を受け取る女性スタッフの人


そうして
「つけ蕎麦に味玉つけ蕎麦です。」と注文を告げたところ

「それで、つけ蕎麦終了です!」
黒須店主から、いきなり、死刑宣告の言葉が出た!


そこで
「えっ、もうつけ蕎麦の食券買っちゃったんですけど…」と言うと…

「今、何人お待ちですか?」と聞いて
「全部で4人です。」と女性スタッフの方から答えがあると

「もう1人の方のご注文は?」と聞いて
その会話を聞いていた、後客のお客さんから

「煮干蕎麦です。」
「つけ蕎麦じゃありません。」


それを聞くと
「今、店内にいるお客さんまで!」

そう言って、厨房を飛び出すと
券売機を開けて、「つけ蕎麦」のボタンに売り切れの×マークを点灯させる黒須店主。

神保町 黒須【七】-3

危なかった(汗)
ギリ、セーフ!

そうして、食券を回収にきた女性スタッフの人に食券を渡すと
麺1玉(140g)か、麺1.5玉(210g)のどちらにするか聞かれて

麺1.5玉でお願いして、待っていると
この後、ガバッと席が空いて、待ち合いのベンチで待っていたお客さん全員が席につくことができた。

さらに、少し待っていると、黒須店主のワンオペで3個作りされた「つけ蕎麦」が出来上がったようで!
女性スタッフの方の手によって順番に配膳!


麺の上に、真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシュー三ツ葉が載り、レモン柚子胡椒が添えられて
つけ汁の中には、穂先メンマとネギが入る、シンプルながら、彩り鮮やかで、美しいビジュアルの「つけ蕎麦」♪

神保町 黒須【七】-4神保町 黒須【七】-5神保町 黒須【七】-6

まずは、「中華蕎麦」と同じ、三河屋製麺の全粒粉が配合された中細ストレートの麺をいただこうとしたんだけど
麺の入った丼の底には、水たまりになっていて、めっちゃ、水切りが悪いのが(汗)

神保町 黒須【七】-7神保町 黒須【七】-8

そうして、箸で手繰って、麺だけをいただくと
冷水で〆られたからか、「中華蕎麦」で食べるのとは違って、ザクッとしたカタめの食感に感じられて!

でも、この食感
最高♪

そして、なぜか、麺だけを食べたのに、煮干しと昆布の風味が感じられた。
もしかして、この底にたまった水は、水切りの悪さから、たまった水ではなく、煮干し昆布水とか
!?

そこで、デッドに丼に口をつけて、この水を飲んでみたところ
これは

水出しした煮干し出汁だった。
そして、後で、黒須店主に確かめたところ


この液体は、実は、「煮干蕎麦」のスープそのものであることが判明したけど
コストがかけられた煮干しスープを昆布水替わりに使用するとは

でも、だから、この量だったんだね(笑)
昆布水にしては少ないので、ただ、単に、水切りが悪いだけなのかと思ってしまった(汗)

次に、生醤油香るつけ汁に麺をつけていただくと
今年から、鶏を二段仕込みにして、鶏感がパワーアップさせたという鶏スープが使われたつけ汁からは

鶏のうま味がいっぱいに感じられて!
鶏の豊潤なうま味とカエシに使われた生醤油の芳醇なうま味がハーモニーを奏でて、最高に美味しい♪


そうして、食べ進めていくうちに
だんだんと、煮干しが顔を出してきて!

最初は、鶏オンリーの味わいだったつけ汁が、徐々に味変して、鶏も煮干しも感じるつけ汁に変わっていったのが面白くて!
このアイデア、めっちゃ、いいじゃないですか♪


そうして、さらに、後半、柚子胡椒を麺に塗って食べてみたり♪
さらに、終盤には、レモンを麺に搾りかけて、食べてみたんだけど


これが、どちらも、風味よく味変してくれて!
一度に何度も、いろいろな味を楽しめたのがよかったし♪


こうなると、これに、さらに「自家製トリュフソース」をプラス50円で追加して食べてみたら
どうなったんだろうなんて興味も湧いたし♪

この「つけ蕎麦」!
思った以上に完成度が高くて!


美味しくて♪
面白い逸品だった。


トッピングされた具の豚肩ロース肉のレアチャーシューは、先週同様、厚めにカットされているのがよくて♪
食感は、生ハムのようにしっとりとしていて


噛めば、肉のうま味をいっぱいに感じられる
絶品のレアチャーシューだったし♪

神保町 黒須【七】-9

三ツ葉の香りもよくて♪
醤油味のスープとよく合っていたし!


そうして、最後は、黒須店主にスープ割りをお願いすると
ネギがいっぱい足されて!

鶏香るスープ割りになって、戻ってきて!
これが、また、めっちゃ、美味しくて♪


神保町 黒須【七】-10

最後まで、堪能させてもらいました♪
ご馳走さまでした。


神保町 黒須【七】-11

メニュー:特製中華蕎麦…1000円/味玉中華蕎麦…850円/中華蕎麦…750円

特製煮干蕎麦…1000円/味玉煮干蕎麦…850円/煮干蕎麦…750円

替玉…100円

特製つけ蕎麦…1050円/味玉つけ蕎麦…900円/つけ蕎麦…800円
※麺の量を1玉(140g)または1.5玉(210g)から選択。替玉不可

肉飯…150円/白飯…100円

トッピング
焼豚1枚…100円/味玉…100円/メンマ…100円/自家製トリュフソース…50円


神保町 黒須



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅



好み度:つけ蕎麦star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年4月7日(金)

神保町黒須【六】-1

本日のランチに向かったのは、東京・神保町に昨年の11月1日にオープンした『神保町 黒須』!

今日は、時間がないので、近場でランチ!
というわけで、何か、めぼしい限定でもやっていないか


面白そうな新店ができていないか
スマホで探ってみたけど、近場ではなかった(汗)

そこで、思い浮かんだのが、こちら『神保町 黒須』!
こちらの店では、今年の仕事始めの1月5日に、トリュフオイルを使った限定をいただいた。


そして、この限定が、今はデフォで、いつでも食べられるようになったという情報を思い出したので!
というのも、明日の土曜日に、東京・三鷹に一昨日の4月5日にオープンした『ラーメン 健やか』を訪問する予定をしていて!


こちらの店が、やはり、鶏清湯スープにトリュフオイルが使われたラーメンを出す新店だったので!
もう一度、『神保町 黒須』で食べて、味の違いを確かめてみようと思った♪


そうして、店へとやってきたのは、13時30分になる時刻。
忙しくて、遅いお昼になってしまった
(汗)

すると
店頭のA型看板が、以前の「有吉ジャポン」に出演したときの映像のキャプチャー画像から、メニュー写真に替わっていて

以前の「中華蕎麦」、「煮干蕎麦」に加えて「つけ蕎麦」の写真があった。
さらに、「メニュー一新しました。」の文字もあって!


神保町黒須【六】-2神保町黒須【六】-3

何が替わったんだろうという興味もあったけど
ここは、まずは、新メニューの「つけ蕎麦」を食べておかないといけないでしょう♪

というわけで、ここに来るまでは、ポルチーニトリュフオイル入りの『中華蕎麦』を食べるつもりだったけど
この新メニューを食べることに、急遽、切り替えたんだけど(笑)

しかし、こんなメニューがあるなんて、TwitterにもFacebookにもブログにもなかったはずなのに
でも、来てよかったと思いながら、ルンルンで入店すると♪

こんな時間だというのに、ほぼ、満席状態!
ただ、辛うじて、一席のみ席が空いていた♪


まずは、券売機で食券を購入♪
しかし、何と、「つけ蕎麦」のボタンには、売り切れを示す赤い×マーク
(>_<)

神保町黒須【六】-4

マジで
後で、黒須店主に聞いたところ、いつも、13時頃には売り切れるということだったので

次回は早めに来て、食べないとね
というわけで、当初の目的通り、トリュフオイル入りの「中華蕎麦」を食べようとしたところ

「トリュフオイル」は、まず、「オイル」ではなく、「ソース」だった
そういえば、液体ではなく、個体だったなということも思い出した(汗)

そして、この「自家製トリュフソース」は、プラス50円で追加できると言うことだったので
「中華蕎麦」に、150円で食べられる超お得な「肉飯」の食券を買って、席について

カウンターの上に食券を置いて
さらに、その上に50円玉を重ねて!

そうして、食券を回収にきた女性スタッフの方に
「トリュフソースを別皿で出してもらえません!?」と聞いてみると…

奥の厨房の黒須店主に聞きにいってくれて
「大丈夫だそうです♪」の返答。

ただ、これ、ブログに書くので
誰でも対応してもらえるのかどうか

ここが大事なので、黒須店主に確認したところ
「言っていただければ、やります♪」ということで、一安心。

そうして、まず、黒須店主によって作られた「中華蕎麦」と、別皿に入れられ「自家製トリュフソース」が、女性スタッフの方によって配膳されて!
少し遅れて、「肉飯」も供された。


神保町黒須【六】-5

以前に比べると、分厚くなって、レア感の増した豚肩ロース肉のレアチャーシューに!
鶏ムネ肉のタタキ風レアチャーシュー穂先メンマ、白髪ネギ、カイワレがトッピングされた彩りもよくなって、見た目もよくなった「中華蕎麦」♪


神保町黒須【六】-6神保町黒須【六】-7

まずは、醤油が香るスープをいただくと
今年から、鶏を二段仕込みにして、鶏感を格段にアップさせたというスープは

神保町黒須【六】-8

鶏のうま味がハンパなくて!
これが醤油の芳醇なうま味と融合して!


めっちゃ美味しいし!
めちゃめちゃ好み♪


そうして、そのまま、麺を半分ほど食べたところで
「自家製トリュフソース」をスープに溶かし入れてみると

神保町黒須【六】-9

前回同様、トリュフにポルチーニ、アンチョビの風味が一気に口の中を駆け巡って!
スープがからイタリアンに一変!


そして、この何とも芳醇な風味が、とてもよくて!
『金色不如帰』リスペクト的な味わいもいいね♪


麺は、こちらは、オープン以来、使われている三河屋製麺の全粒粉が配合された、切刃22番の中細ストレート麺で!
つるっとした日本蕎麦の「二八そば」のような食感の麺は


神保町黒須【六】-10

啜り心地がよくて!
のど越しのよさもあって!


小麦粉のうま味も感じられる麺で!
それに、コクとうま味いっぱいのスープをいっぱい持ってきてくれるのがよかったし♪


トッピングされた2種類のレアチャーシューのうち
豚肩ロース肉のレアチャーシューは、以前に比べて、厚みが増して、レア感が増した分、肉のうま味も強く感じられるようになって!

これなら、1枚増しで100円のトッピング価格も納得できるし!
次回はぜひ、トッピングしてみようかという気になったし♪


神保町黒須【六】-11

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、前回は、自家製のポン酢に漬けて提供されていて
酸っぱかったのが(>_<)

それ以前は、豚バラ肉のローストチャーシューが使われていて
これが、肉のジューシーさを感じる美味しいチャーシューだったので!

この変更が、とても残念に感じられたんだけど
今日の鶏ムネ肉のレアチャーシューからは酸味が消えていて

黒須店主にそれを指摘すると
「塩と砂糖だけで味付けました。」なんて話してくれたけど…

この変更は、個人的には、めっちゃ嬉しかったし♪
しっとりとした食感も、この味付けも、とてもよかった♪


そして、「肉飯」にも、レアが増して、厚みも増した豚肩ロース肉のレアチャーシューがいっぱい使われていて!
半分はそのまま


神保町黒須【六】-12

半分は、残ったスープをかけていただいたんだけど
どちらも、美味しくいただけたし♪

神保町黒須【六】-13

最後は今日も、スープの最後の一滴まで残さず完食♪
ご馳走さまでした。


PS 「自家製トリュフソース」は、風味がとても強いので
チャーシューの上に載せられて提供されても

配膳される、僅かな時間に、少しでもスープに溶けてしまうと、最初のスープの風味を損ねるので
やっぱり、提供は別皿がいいと思う♪

黒須店主は、やると言ってくれているので
遠慮なくお願いして、「二度美味しい」を実感してみてください♪

神保町黒須【六】-14

メニュー:特製中華蕎麦…1000円/味玉中華蕎麦…850円/中華蕎麦…750円

特製煮干蕎麦…1000円/味玉煮干蕎麦…850円/煮干蕎麦…750円

替玉…100円

特製つけ蕎麦…1050円/味玉つけ蕎麦…900円/つけ蕎麦…800円

※麺の量を1玉(140g)または1.5玉(210g)から選択。替玉不可

肉飯…150円/白飯…100円

トッピング
焼豚1枚…100円/味玉…100円/メンマ…100円/自家製トリュフソース…50円


神保町 黒須



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅



好み度:中華蕎麦+自家製トリュフソースstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m