FC2ブログ
訪問日:2020年10月23日(金)

麺匠 独眼流【壱七】-1

本日のランチは、泉ヶ岳に登っていく山岳道路の終点近くにある泉ヶ岳スキー場まで、あと2㎞という場所に店を構える『麺匠 独眼流へ!

生憎の冷たい雨の降る中、泉ヶ岳のワインディングロードを疾走させて🚗💨
店の駐車場に車を乗り入れたのは11時30分!

すると、さすがに、これだけの悪天のせいか、駐車している車は4台だけ。
車を停めて、いつもなら、入口脇の籠の中にあるウェルカムボードに名前と人数、車のナンバーを記帳して、車の中で待つところだけど


ちょうど、店からお客さんが2人出てきたところだったので
そのまま、入店すると、空席があった。

諏訪店主と奥さまに挨拶を交わして
店を入って、すぐ、右にある小型の券売機に千円札を2枚差し込むと

新メニューの「独眼流麺三昧」とともに、リニューアルしたばかりの「独眼流つけ麺」も販売されていた。
大概、どちらか一方が販売されると、もう一方が休みという認識だったけど、今日はどちらも用意されていた。


麺匠 独眼流【壱七】-2

どっちも食べてみたいけど、今日は、今朝、諏訪店主のTwitterのツイートを見て、「独眼流麺三昧」が提供されているのを知って来たので!
新たに「割烹仕立て」と命名された「独眼流つけ麺」は次の機会に♪


そうして、「独眼流麺三昧」の食券を買い求めて、奥さまに渡して、席に着くと
さっそく、調理に入る諏訪店主!

奥さまからは、この「独眼流麺三昧」の説明書きのPOPが手渡された。
これによると、三品の麺料理が出されるようで


麺匠 独眼流【壱七】-3

三品それぞれに使われる麺と味の解説が書かれていて
これを読みながら、待っていると

「今日は、いりこの他に背黒も使いました。」という説明とともに、諏訪店主から、まず、一品目に供されたのが「いりこと抹茶の香露」!
低温調理された豚モモ肉のレアチャーシュー酢橘ラデッシュ、白髪ネギ、三つ葉が盛りつけられた冷製スープのラーメン!


麺匠 独眼流【壱七】-4麺匠 独眼流【壱七】-5

まずは、モスグリーンの冷製スープをいただくと
背黒のうま味にいりこの甘味と抹茶の苦味がマリアージュしたスープで!

麺匠 独眼流【壱七】-6

煮干しのうま味に煮干しの苦味ではなく、抹茶の苦味を合わせるのが面白い♪
スープ自体は、いつもの凄みのあるスープではないけど、麺料理のコース料理の前菜的な役目を果たすラーメンだと考えると、よくできたラーメンといえる。


麺は平打ちのストレート麺で!
なめらかで、モッチリとした食感の、まるで、饂飩を食べているような食感の麺で


麺匠 独眼流【壱七】-7

このスープだったら、カッペリーニのような極細麺が合うような気はしたけど
こういう組み合わせも、なかなか、面白い♪

そして、酢橘は、箸でツンツンとつついてやると、柑橘類の酸味が広がって、爽やかに味変してくれてよかったし♪
そうして、サクッと食べ終わってしまうと


少しして、二品目に供されたのが「鯛まぜそば」!
こちらは、褐色の全粒粉が配合された太ストレートの麺の上に鯛の解し身、低温調理された豚モモ肉のカットレアチャーシュー九条ネギに、最後に鰹節削り器で削った削りたての鰹節が載せられたまぜそばで!


麺匠 独眼流【壱七】-8

まずは、器の底のカエシに京都の和山椒から作ったという香味油と麺をまぜる前に麺だけを食べてみると
打ち立てと思われる麺からは、ふわっと、いい小麦粉の香りがして♪

麺匠 独眼流【壱七】-9

そして、ざらっとした麺肌の麺で!
この食感は田舎そば!


これをもし蕎麦屋で出されたら、少し太目の田舎そばだと誰もが思ってしまう
これは、北海道産小麦の「ゆきちから」を「石臼挽き全粒粉」にした強力粉が使われているためで!

この麺、風味も!
食感も最高♪


そうして、麺と具を、よくカエシと香味油にまぜ合わせていただくと
芳醇な醤油の香りとジャパニーズペッパーの爽やかな香気と心地いい辛味!

さらに、削りたての鰹節の風味が口の中に広がって!
私は、あまり、まぜそば、好んで食べない人だけど、これは別格!


そして、鯛の解し身も、淡白ながら、しっかり鯛のうま味が感じられてよかったけど
もし、これで、最後にバーナーで炙って出してもらえたら、もっと、よかったんだけどね。

九条ネギの風味が、この醤油風味のまぜそばとは、よく合っていたし!
それと、スゴくよかったのが具のカットレアチャーシュー♪


まぜそばなので、まぜやすいようにカットしたんだろうけど
豚モモ肉で厚みがあるため、歯応えがある。

しかし、この歯応えのある食感が意外によくて!
このチャーシューをこうやって使う方法もある♪


これは、ラーメンでも、食感の違いを楽しんでもらうために使うのもありだし!
チャーシュー丼に使うのもありだと思った。


そうして、二品目もペロッといただいたところで
少しのタイムラグがあって供された「野田鴨の南蛮らぁ麺」は、鴨ロースのレアチャーシューに笹切りされた長ネギ、小口切りされた九条ネギ、海苔、三つ葉が盛りつけられた一品!

麺匠 独眼流【壱七】-10麺匠 独眼流【壱七】-11

まずは、スープをいただくと
青森シャモロックと比内地鶏で出汁を引いた基本の地鶏スープがベースのはずなのに、レギュラーメニューの「醤油らぁ麺」とはまったく別物の味わい!

麺匠 独眼流【壱七】-12

カエシと香味油を違えているからか!?
鴨肉の風味も入ったからか!?

鶏出汁の東京の雑煮にも似たような!?
和風のあっさりとした味わいのスープで!

芳醇でキレやコクのある、いつものカエシの味わいとも違うけど
でも、この、まったりとした味わいもいい♪

麺は、いつもの、なめらかで、つるっとしたのど越しのいい麺が合わされていて!
スープとも適度に絡んでくれて、美味しくいただけたし
😋

麺匠 独眼流【壱七】-13

そして、トッピングされたロゼカラーした鴨ロースのレアチャーシューは、火入れが絶妙で!
これ以上、レアだと、噛み切れないギリギリを狙って作られたもので、これ以上の食感のものは望めない状態に仕上げてきていたし!


麺匠 独眼流【壱七】-14

味わいも、ラーメン自体が和風なのに、これだけが洋風で!
赤ワインと醤油で味付けられた味わいが、とても、よくて♪


麺料理のフルコース!
最初から最後まで堪能させてもらいました。


しかし、この内容で、このクオリティで、この味で!
手間暇かけた三品の麺が提供されて、これで、1,500円という価格は破格!


めっちゃおすすめです♪
ご馳走さまでした。




メニュー:醤油らぁ麺…1000円/塩らぁ麺…1000円
独眼流つけ麺(割烹仕立て)…1500円/独眼流麺三昧(香露・まぜそば・らぁ麺・三種のコース)…1500円

トッピング
別皿チャーシュートッピング…350円

本日のご飯…300円/チャーシュー丼…400円/お子様ラーメン…500円


麺匠 独眼流



関連ランキング:ラーメン | 仙台市泉区その他



好み度:独眼流麺三昧(いりこと抹茶の香露・鯛まぜそば・野田鴨の南蛮らぁ麺)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2020年9月28日(月)

麺匠 独眼流【壱六】-1

本日のランチは、昨年の9月21日にオープンして、一週間前に開店一周年を迎えたばかりの『麺匠 独眼流へ!

仙台駅より北西の方角に見える仙台市民の憩いの山である「泉ヶ岳」の山中に元イタリアンの料理人だった諏訪店主がオープンさせた型破りな店!

そんな店で、今月から金・土、日の3日間限定で夜営業を開始!
そして、この夜営業では、昼営業とは違うラーメンが提供される。


こちらの店のラーメンは、青森シャモロックと比内地鶏の地鶏と水だけで作ったスープの「醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」
しかし、夜営業では、真鯛と水だけで作ったスープの「夜の醤油らぁ麺」に「夜の塩らぁ麺」!


これは、こちらの諏訪店主が、静岡県の浜松に『麺匠 独眼流』を2014年2月17日にオープンした後
セカンドブレンドの店として『麺匠 独眼流』の入るテナントの一軒間を置いた隣に2016年5月19日にオープンさせた『閉ざされたドアの向こうに』という屋号の店で提供されていたラーメン!

4月のGWの前に一度、限定で提供された「鯛塩らぁ麺」をいただいたことがあって
これが、東京・錦糸町の『真鯛らーめん 麺魚』の「濃厚真鯛らーめん」のスープを、さらに濃厚に仕上げたような味わいの超濃厚スープで!

『麺魚』が鶏白湯ベースの濃厚スープに鮮魚の真鯛で出汁を引いたスープを合わせたラーメンなのに対して
諏訪店主の作るスープはアニマルオフの真鯛と水だけで作ったスープのラーメンで!

鯛好きには、たまらない味わいのラーメン♪
でも、このときは限定で提供されたので、真鯛もふんだんに使って、出汁を引いたと思われる。


これをレギュラーメニューで出そうとすれば、もっと、濃度を抑えて、癖のない、飲みやすいスープにしてくるんだろうなと思ったし!
食べてみたいとは思いながらも、私は、原則、夜はラーメンは食べない人だし
😅

お酒飲みたくなるし🍺🍶
でも、車でしかいけないので、お酒は飲めないし🚙🍺🙅

それに、山の中の真っ暗な夜道を走るのも躊躇われ🚙🌒
2週連続でスルーしていた😅

しかし、ツイ友でもあるラーメン変人さんが、この「夜の醤油らぁ麺」を食べて、YouTubeに動画を上げていて!
めちゃめちゃ美味しそうだったし
😋

それに、トッピングされていたロゼカラーの鴨のレアチャーシューが、めちゃくちゃ食べたくて!
これは行くしかないでしょう♪


そう思ったのに、先週金曜日は一日中、大雨が降っていて
昼営業はしたものの、夜営業は中止になってしまって

翌土曜日も日曜日も、今度は天候ではなく、お客さんが多く来店しすぎて、夜営業ができない状況に陥ってしまったようで…
このまま、夜営業はフェイドアウトしそうな雰囲気😓

今後、夜営業はやらないのか!?
「鯛らぁ麺」の提供は!?

とても気になったし
レギュラーメニューの麺を変えたという情報もあったので!

今日は、諏訪店主の作るラーメンでは一番好きな「塩らぁ麺」を食べるために店へと向かうことにした。
そして、森を切り開いたような山岳ロードを上っていって、11時40分になる時刻に道沿いの左側にある店へとやって来ると


10台ある店の駐車場には車が停まっていた。
これでも、平日の月曜日だから、少ない方!


土日ともなると、駐車場は常に満車で、駐車場に入れずに、道に車の行列ができるほどなので
車を駐車して、店頭にあるウェルカムボードに名前と人数、車のナンバーを記入して、車に戻って、中で待つ。

すると、10分ちょっとで、茶衣着姿の女将が迎えに出てきてくれて
入店すると

麺匠 独眼流【壱六】-2

今日もオープンキッチンの厨房にはコックコートをビシッと着こなした諏訪店主の姿があった。
さらに、交遊のある『中華蕎麦 會』からの開店一周年祝いの蘭が飾ってあった♪


麺匠 独眼流【壱六】-4

まずは、券売機のお札の挿入口に千円札を1枚差し込んで、「塩らぁ麺」の食券を購入。
すると、券売機の下の方に赤字で「土日のみ」と書かれた「鯛と鴨の醤油らぁ麺」と「鯛と鴨の塩らぁ麺」のボタンができていた。


麺匠 独眼流【壱六】-3

前回、2週間前に来店したときには、ここに「夜の醤油らぁ麺」と「夜の塩らぁ麺」のボタンがあったので
金・土・日の夜営業で出されていた真鯛100%スープのラーメンは土日の昼営業で提供されることになったんだね。

土日は、めちゃめちゃ混むけど、夜に提供されるよりはいい。
今週の土曜日のランチは、これに決まり♪


食券を買い求めて、女将に渡して
席について

「開業一周年おめでとうございます。」
諏訪店主に、まず、お祝いの挨拶をして
🎉

「金・土・日の夜営業が中止になったので、夜の鯛ラーメン食べられませんでした。」と言うと…
「今日も販売してますよ。」なんて答えがあったので…

「えっ…」
「今日も販売してるんですか…」


驚いて😮
鸚鵡返しに、そんな言葉が口をついて出てしまったけど

券売機に1,000円しか入れなかったので、1,100円の土日限定のボタンは点灯せず
販売していることに気づかなかった。

そこで、土日限定に替えてもらって、差額の百円を女将に現金で支払って
醤油と塩は、どちらがおすすめなのか諏訪店主に聞くと

「お好みで、どちらでも…」という返答で…
通常の青森シャモロックと比内地鶏を使った地鶏100%スープの「醤油らぁ麺」と「塩らぁ麺」だったら、醤油がおすすめのはずなのに

これは、どちらもおすすめなんだろうと考えて
より、スープの出汁のうま味がストレートに感じられる「塩」でお願いすることに!

そうして、先客が、作るのに少し時間が掛かる「独眼流つけ麺」「フォアグラと鴨の味噌らぁ麺」を注文せずに、「醤油らぁ麺」と「塩らぁ麺」を注文してくれたおかげで!
そう待つことなく「鯛と鴨の塩らぁ麺」が完成して、諏訪店主より供された。


麺匠 独眼流【壱六】-5麺匠 独眼流【壱六】-6

鴨ロースのレアチャーシュー鴨ササミのカットレアチャーシュー
穂先メンマ小松菜アーリーレッド、海苔に酢橘がトッピングされた彩り鮮やかで、美しいビジュアルのラーメン♪


4月に限定でいただいた「鯛塩らぁ麺」と同じ、サフラン色した
清湯と白湯の中間のような半濁したスープをいただくと

麺匠 独眼流【壱六】-7

真鯛!真鯛!真鯛!
4月の限定同様、超濃厚な鮮魚の真鯛のうま味が口いっぱいに広がるスープで!

真鯛と水だけで出汁を引いたとは思えないほど濃厚!
このスープを飲んだ人は、鶏のモミジで炊いた動物系スープに鯛出汁のうま味を重ねたスープだと思うんじゃないかと思う。


しかし、前回の限定を食べたときに諏訪店主からは
『真鯛らーめん 麺魚』のラーメンを東京・錦糸町の本店に食べに行って衝撃を受けて、リスペクトして作ったラーメンだという話しを聞いていて

『真鯛らーめん 麺魚』の鯛と水だけで作ったスープの「真鯛らーめん」は、他のラーメン店のものに比べてスープが濃厚!
でも、前回は、その2倍以上濃厚なんじゃないかと思えるほどの超濃厚なスープだったので!


限定だから、ちょっと、やり過ぎなくらい濃厚に仕上げたのかなと思ったし!
今回は『麺魚』くらいの濃度にしてくるんじゃないかと思ったのに、違った
😮

鯛好きには、たまらない味わいのスープ♪
そして、全国でも他に類を見ない唯一無二の真鯛ラーメンと言える。


ただし、鮮魚の臭みが出ないようにローストした真鯛のアラだけを炊いて作ったスープで!
臭みはないけど、癖はあるので、好き嫌いがはっかり分かれるスープかもしれない。


でも、これは前回、限定を食べたときに感じたことと同じで
濃厚煮干しラーメンもそうだけど

誰もが好きなラーメンなんてあるわけないんだから
ナンバーワンじゃないけど特別なオンリーワンなラーメンなのがいい♪

そして、このスープに合わされた麺は、平打ちの太くもなく細くもない中庸な太さの麺で!
後で諏訪店主に聞いたところ


麺匠 独眼流【壱六】-8

レギュラーの「醤油らぁ麺」、「塩らぁ麺」用のリニューアルした麺を使用しているということだったけど
以前は、なめらかで、つるっとして、モチッとした食感の麺だったのに

今回はつるっとして、パツッとした歯切れのよさも感じられて
例えるなら、細うどんが蕎麦に替わったような

加水率も下げているように感じられたので、諏訪店主に聞いてみると
そうではなく、石臼挽きの小麦粉を使うようになったから、そんな風に感じるんだろうと話していたけど

この変更は、どうなんだろう!?
この濃厚鯛スープに関していえば、スープが濃厚なので、以前のつるモチ食感の麺でも、いい感じにスープに絡んでくれて、よかったと思うけど

でも、この日本蕎麦のような食感の麺は『麺魚』で使っている麺に寄せてきているようにも感じられて
個人的には、こっちの組み合わせの方が好み😋

低温調理されたと思われる鴨ロースのレアチャーシューは、やや、火が入りすぎていたようにも感じられたけど
しっとりとした食感に仕上げられていて!

噛めば、鴨ムネ肉のうま味と甘味が、よ~く感じられる😋
味、食感とも最高の逸品だったし♪

鴨ササミのレアチャーシューも同様、若干、火が入りすぎていたような気もしたけど
でも、今まで食べてきた鴨ササミのレアチャーシューは、レアすぎて、噛みきりにくいものだったので

この鴨ササミのレアチャーシューは、やわらかくて!
噛めば、鴨肉のうま味を感じる美味しいレアチャーシューで、スゴくよかったし
😋

穂先メンマは、やわらかくて
穂先部分のシャクシャクとした食感が最高だし♪

麺匠 独眼流【壱六】-10

小松菜のシャキシャキとした食感もよくて!
さらに、アーリーレッドの甘味と辛みが、このスープには合っていたし♪


そして、酢橘は、箸でツンツンつついてやると
柑橘類の甘味と酸味が入って、爽やかに味変してくれたのもよかったし♪

そうして、最後は、スープも、すべて飲み干して完食😋
今日も堪能させてもらいました。

次は、この新しくなった麺と地鶏100%スープの相性を確かめに、また、来ます。
ご馳走さまでした。

麺匠 独眼流【壱六】-11

メニュー:醤油らぁ麺…1000円/塩らぁ麺…1000円
独眼流つけ麺(麺三昧仕立て)…1500円/フォアグラと鴨の味噌らぁ麺…1500円
雲丹そば(ラーメン等をご注文頂いた方のみ)…450円

土日のみ 鯛と鴨の醤油らぁ麺…1100円/土日のみ 鯛と鴨の塩らぁ麺…1100円

トッピング
チャーシュー…300円

削りたて鰹節茶づけ…400円/チャーシュー丼…400円/お子様ラーメン…500円


麺匠 独眼流



関連ランキング:ラーメン | 仙台市泉区その他



好み度:鯛と鴨の塩らぁ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2020年9月14日(月)

麺匠 独眼流【壱五】-1

本日のランチは、仙台市の北西部に位置する標高1175メートルの泉ヶ岳に上っていく山岳ロード沿いの「泉ヶ岳スキー場」の手前2㎞という場所にある『麺匠 独眼流』へ!

仙台出身の元イタリアンの料理人である諏訪店主が昨年の9月21日にオープンして、もうすぐ、開店1周年を迎える店。

こんな辺鄙な場所でやっていけるんだろうか
誰もがそう思うような場所に店を構えた諏訪店主!

昨年の9月にオープンした直後に訪問して「醤油らぁ麺」をいただいたときには、私もそう思った。
諏訪店主の作るラーメンは、青森シャモロック、比内地鶏、名古屋コーチンといったブランド地鶏にイベリコ豚、真昆布などの高級食材を使ったスープのラーメンで!


このスープに合わせる麺は、北海道産小麦粉が使われた、なめらかな食感で、しなやかなコシもある自家製麺で!
仙台で食べたラーメンでは、ずば抜けた美味しさのラーメンだった
😋

ただ、そうは思ったけど
よほど、有名な店ならともかく、仙台では無名のラーメン店が、この場所まで、お客さんを呼べるのか? 

だから、4月に仙台に移住してきて
一番、気になっていた店だったので、早々に訪ねた。

そうして、いただいた「塩らぁ麺」は、青森シャモロックと比内地鶏の地鶏と水だけで作った究極の塩ラーメンに変貌していた。
そして、これが、清湯スープのラーメンなのに鶏が濃厚な濃厚鶏清湯スープのラーメンで!


これだけ美味しいスープのラーメンを食べさせてくれる店は全国的に見ても少ない
突き抜けた味わいのラーメンで絶品😋

この一杯に魅せられて、すぐに再訪。
以降、あまり同じ店に訪問することのない私が十数回も店を訪れているけど


諏訪店主の作るラーメンは、どんなに時間とお金をかけても食べに行きたい
それだけの価値のある一杯!

なぜ、こんな場所に店を建てたのか!?
何度か通ううちに、その答えがわかった。

だから、もし、2017年にガイドブックが刊行されて以来、発刊されていない「ミシュランガイド宮城」が次に発刊されることがあるとしたら
おそらく、ビブグルマンではなく、いきなり星を獲得するんじゃないかと思っている。

そんな店で、「味噌らぁ麺」が提供されているようで
ただ、「味噌らぁ麺」は、味噌の風味が強すぎて、出汁のうま味がわかりにくくなるし

味噌ラーメンは、やっぱり、寒い時期に食べたい!
冬に札幌で食べる味噌ラーメンは至福の味わい
😌

しかし、どんな札幌の名店の味噌ラーメンであっても、夏の暑い時期に熱したラードで熱々の味噌ラーメンは食べたくはないので☀😵💦
涼しくなったら、食べに行こう!

なんて思っていたら
先週まで30℃越えの日が続いた仙台!

水曜日には34℃もあった気温が、今週になると、ぐぐっと下がって
今日は20℃!

でも、過ごしやすい気候になっただけで、まだ、熱々の味噌ラーメンが食べたいとは思わなかったけど
諏訪店主が、どんな味噌ラーメンを作ってくるのかにも興味があったので、食べに行くことにした

そうして、上り坂の山道を駆け上がるようにして、車を疾走させて🚙💨
店に到着したのは10時30分を少し回った時刻!

こちらの店の開店時刻は11時!
しかし、土日はもちろん、平日でも、開店前に店頭のウェルカムボードに名前と人数、車のナンバーを書いて待つお客さんが何組もいるので


最近は開店を30分ほど前倒しして、10時30分頃に早開けして開店しているという情報を聞いていたので
今日は早めに出発!

しかし、滅多にないことだけど、スープ不出来による臨時休業なんてこともないわけじゃないので、店に向かう途中で諏訪店主のTwitterをチェックしたしたところ
朝の7時51分に、本日は仕入れの都合上、開店が11時30分になるというツイートをしていた。

しまった😣
出発する前にチェックするべきだった。

と言っても後の祭り😓
引き返してもしょうがない。

ゆっくり、山の自然の中で待てばいい
そう思って、やって来たところ

10台停まれる駐車場には、すでに2台の乗用車が停まっていた。
駐車して、店頭のボードに記入して車の中で待っていると、この先はスキー場しかない山道を登って、続々と車が駐車場に入ってきて


8台の車が駐車したところで、11時8分にコックコートを纏った諏訪店主と茶衣着姿の奥さまが店の中でから現れて、暖簾が掛けられたので
結果的には、早く来て、正解だったかも♪

車から出て、記名順に入店。
3組目の5番目に入店して、券売機で「フォアグラと鴨の味噌らぁ麺」と命名された味噌ラーメンの食券を購入して席へ。


麺匠 独眼流【壱五】-2

しかし、この味噌ラーメン
券売機のボタンには

「独眼流の新しい味噌らぁ麺の形」
「ザ・味噌ラーメンとはまったくちがいます」
なんて書かれていて…

価格も1,500円するし
でも、高級食材のフォアグラがトッピングされているみたいだから

どんなラーメンが出てくるんだろう
そんなことを思いながら、目の前のオープンキッチンの厨房の中で、諏訪店主がワンオペでラーメンを作るのを見ていると

まず、ポールで待っていた3人組のお客さんのうちの2人が注文した「独眼流つけ麺」が作られたんだけど
このつけ麺は、スゴくこっていて

詳しくは、過去のブログ記事をご覧いただければ、おわかりになると思いますけど
こりすぎていて、作るのが大変😞💦

でも、これが出されたお客さんは、これが初「独眼流つけ麺」だったようで
まず、ワンタンの皮を半分に切ったくらいの超幅広の麺と太麺の2種類の麺が合い盛りされた丼が出されて驚いて😮

「醤油」味と「塩」味の2つのつけ汁が出されて驚いて🤣
さらに、「あつもり」の味付けられた細麺に、最後に鰹節を削り掛けられたものが提供されて、三度「oh!」を繰り返して驚いていて😅

さらに、食べて
「うまい♪」と言って驚いていたけど

「味噌らぁ麺」だけではなく、「つけ麺」も、これが「独眼流の新しいつけ麺の形」であり!
「ザ・つけ麺とはまったくちがいます」というもので、これは絶対に一度は食べておきたい逸品♪


そして、この後、ポールの3人組のうちの唯一の女性のお客さんに「フォアグラと鴨の味噌らぁ麺」が作られたんだけど
これが、また、作るのが大変そうで😞💦

スープを鍋に移して、特製の味噌ダレを入れて調合して、ガス台の火にかけていくと
フライパンでフォアグラをソテー🔥

低温調理したと思われる鴨肉を包丁でカットしたかと思うと
麺を大鍋でに泳がせるようにして茹でていって

この作業を一人で、素早くこなしていく
そうして、盛りつけを済ませると、ミルに入ったブラックペッパーをガリガリと削りかけて

ドライトマトのソースが鴨肉とフォアグラに掛けられると
最後に、パルミジャーノ・レッジャーノがチーズグレーターで削り掛けて、「フォアグラと鴨の味噌らぁ麺」を完成させると

さらに「醤油らぁ麺」と「削りたて鰹節茶漬け」が作られて
先客に出されたところで

ふっと、息を吐く諏訪店主!
「つけ麺が大変なところにきて、味噌もオペレーションが大変そうですね
(汗)と言うと…

「土日の一巡目なんて、全員が味噌だったから、息つく暇もなかったですよ…」
軽く額に汗を滲ませながら、そう話す諏訪店主


そして、この後、先ほどと同じルーティーンで作られた「フォアグラと鴨の味噌らぁ麺」が完成すると
諏訪店主自らの手で、あらかじめレンゲと箸と箸置きがセットされた木製のトレイの上にサーブされた。

麺匠 独眼流【壱五】-3麺匠 独眼流【壱五】-4

フォアグラのソテーに低温調理された鴨ロースと鴨のササミが載せられて
その上にドライトマトソースが掛けられて

さらに、アスパラ小松菜アーリーレッドの野菜がトッピングされた
色鮮やかで、美しいビジュアルの「独眼流味噌らぁ麺」♪

濃い褐色のスープの色からも、赤味噌ベースの味噌ダレが使われているのは明白だったので
諏訪店主に

「これ、仙台味噌ベースなんですか!?」と聞くと…
「そうですよ。」と答えが返ってきて…

この仙台味噌がベースになった
芳醇に味噌が香るスープをいただくと

麺匠 独眼流【壱五】-5

甘味控えめの、やや、辛味の強めの味噌味のスープで!
しかし、思ったほど味噌は主張せず、青森シャモロックと比内地鶏で出汁を引いた地鶏出汁のうま味も感じられる♪


でも、そうは言っても、諏訪店主の作る濃厚で、うま味いっぱいの地鶏出汁を感じるところまではいかないので
地鶏を感じたいなら、やっぱり「塩らぁ麺」か「醤油らぁ麺」だね

ただ、このスープ
最初は和風の味わいなのに

鴨とフォアグラに掛けられたドライトマトのソースにブラックペッパー、パルミジャーノ・レッジャーノのチーズの風味が加わることで洋風な味わいに味変していって
飲み始めと最後では、味わいが変わっていくのが面白い♪

そして、「ザ・味噌ラーメンとはまったくちがいます」という謳い文句だったけど
確かに、仙台味噌とは同じ米味噌が使われても、赤味噌ではなく白味噌主体に数種類の味噌をブレンドして

さらに、そこに、玉ねぎや人参などの野菜やりんごなどの果物をすりおろして入れた味噌ダレを使って
熱々のラードを掛けて、こってりとした味わいに仕上げたスタンダードな札幌味噌ラーメンのスープなどとは、まったく違う味わいのスープだった。

麺も、札幌味噌ラーメンには定番となっている縮れの強い、黄色い色した卵麺などではなく、平打ちの中太ストレートの麺が使われていて
茹で時間で調整したのか!?

やや、硬質に感じられる
アルデンテに茹でられたパスタのような食感の麺は、この味噌スープに適度に絡んでくれて、美味しく食べさせてくれたし😋

麺匠 独眼流【壱五】-6

表面がカリッと焼かれたフォアグラのソテーは、「フォアグラ・ド・カナール」だね!
鴨のフォアグラは、ガチョウのフォアグラである「フォアグラ・ド・オア」のように濃厚なコクは感じられないけど、あん肝のような、なめらかな食感で、ガチョウのフォアグラに比べて、くどくないので、個人的には好みだし♪


麺匠 独眼流【壱五】-8

甘みと酸味のあるドライトマトソースがフォアグラのソテーとはバツグンの相性で!
このソースのおかげで、より美味しくいただけたし
😋

低温調理したと思われる鴨ロースは、火入れが絶妙で!
これ以上、火を入れてしまうと、カタくなってしまう


しかし、これ以上レアだと、噛みきりにくくなってしまうギリギリのところを狙ってきていて
なめらかで、しっとりとした極上の食感に仕上げられていて

麺匠 独眼流【壱五】-7

噛めば、ジューシーな鴨ムネ肉のうま味が滲み出てくる逸品で♪
最高に美味しい
😋

アスパラガスは、あえて、長く茹でたのか!?
シャキッとした食感ではなく、やわらかめの食感に仕上げられていて、アスパラガスの甘味を感じられてよかったし♪

小松菜は、小松菜らしいシャキシャキとした食感に仕上げられていて!
アスパラガスとの食感の違いを楽しめたし♪


確かに、他にはない「独眼流」ののオンリーワンな「味噌らぁ麺」でした。
仙台味噌ベースの和風スープにパスタのような平打ち麺が合わせられて
🍝

フォアグラのソテーに低温調理された鴨ロース🦆
そして、その上にドライトマトソースとパルミジャーノ・レッジャーノが掛けられた和と伊がコラボした味噌ラーメン🇯🇵🇮🇹

やっぱり、これも、わざわざ、ここに来て、食べる価値のある一杯でした😋
普通は、ここで、ご馳走さまするところだけど

諏訪店主から
「これ、食べてみませんか!?」

そう言ってすすめられたのは、卓上に小さなPOPが置かれていた「雲丹そば」!
券売機にボタンがなかったので、気づかなかった。

「ミョウバン不使用の甘い雲丹の出汁に喉越し良い冷やし麺でどうぞ!」
こんなことが書かれていたら、食べないわけにはいかないよね♪


麺匠 独眼流【壱五】-9

というわけで、現金で支払いをして、お願いすると
通常の半分ほどの麺を計量して、すばやく茹でて、冷水で〆た麺が雲丹出汁と絡められて完成した「雲丹そば」が出されたんだけど

麺匠 独眼流【壱五】-10麺匠 独眼流【壱五】-11

麺の上に少量の低温調理された豚モモ肉のレアチャーシューの切れ端と酢橘が載せられた
ラーメンというよりは「和え玉」といった感じの一杯!

麺に雲丹出汁が絡めてあるので、そのまま、いただくと
「塩水うに」が使われているからか!?

POPにあった通り、ミョウバンの苦味に臭みも感じられない雲丹本来のうま味が感じられて!
めっちゃ美味しい
😋

酢橘を搾れば、爽やかな味わいになって、二度美味しいが楽しめたし♪
ご馳走さまでした。


PS 「夜のらぁ麺は鯛のスープになります」というPOPが券売機の横に貼ってあった。
これは、先週から金・土・日の17時から19時に営業する夜営業のラーメンのスープの説明。


麺匠 独眼流【壱五】-12

これは、最初に諏訪店主が『麺匠 独眼流』を静岡県の浜松に2014年2月17日にオープンした後
セカンドブレンドの店として『麺匠 独眼流』の入るテナントの一軒間を置いた隣に2016年5月19日にオープンさせた『閉ざされたドアの向こうに』という屋号の店で提供されていた鯛ラーメン!

昼に出される地鶏100%スープのラーメンもいいけど!
夜の鯛100%スープのラーメンもいいよね♪


トッピングに今日いただいた絶品の鴨ロースが載るみたいだし🦆
次回は、これに決まり♪

麺匠 独眼流【壱五】-13

メニュー:醤油らぁ麺…1000円/塩らぁ麺…1000円
独眼流つけ麺(麺三昧仕立て)…1500円/フォアグラと鴨の味噌らぁ麺…1500円
雲丹そば(ラーメン等をご注文頂いた方のみ)…450円

夜の醤油らぁ麺…1000円/夜の塩らぁ麺…1000円

トッピング
チャーシュー…300円

削りたて鰹節茶づけ…400円/チャーシュー丼…400円/お子様ラーメン…500円


麺匠 独眼流



関連ランキング:ラーメン | 仙台市泉区その他



好み度:フォアグラと鴨の味噌らぁ麺star_s45.gif
雲丹そばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2020年8月19日(水)

麺匠 独眼流【壱四】-1

本日のランチは、「新しい麺料理の楽しみ方の提案」を始めたという『麺匠 独眼流』へ!

仙台でイタリアンの料理人をしていた諏訪店主が泉ヶ岳という標高1,175mの山の中腹にオープンさせたラーメン店!

そんな場所に、「なぜ?」、「何で?」、「どうして?」ラーメン店をオープンさせたの🤔
誰もがそう思う

しかし、そんな場所にあっても
いくら時間とお金をかけて行っても惜しくない

この店には、それだけの価値のある「醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」の2種類のラーメンがある。
さらに、3種類の麺を美味しく食べさせる工夫がされた「独眼流つけ麺」という、ここでしか食べられない唯一無二のつけ麺もある。


そんな店で、8月1日から、また、新たな試みが始まったようで
すくにでも食べに行きたいと思いながらも、ずいぶんと遅くなってしまった😅

今日も泉ヶ岳スキー場まで、後2㎞という山岳ロード沿いに建つ和の趣きの店へとやって来たのは、開店時間15分前の10時45分。
すると、すでに店は開店していた。


以前に、こちらの店の諏訪店主からは、お客さんが待っていれば、準備整い次第、店を早く開けるという話を聞いていたので!
今日もそうだったんだなと思いながら入店すると


オープンキッチンの厨房には、今日も屋号が刺繍されたコックコートを纏った諏訪店主!
ホールには茶衣着を姿のステキな女将の姿があった。


ご夫妻と挨拶を交わして
席が1席空いているのを確認して、小型の券売機で、お目当ての「独眼流香露」の食券を買い求めると

麺匠 独眼流【壱四】-2

いつものように女将が食券を回収に来たので
「お子ちゃまで、野菜が苦手なんですけど…」食券を渡しながら、そう言うと…

「えっ!?」
一瞬、驚きの表情になったので
😮

「すいません、ジョークです。」と訂正させていただいたけど😓
これは、券売機のボタンに「野菜嫌いな方、お子様は不可になります。」と書かれていたので🤣

なお、今回のこの「独眼流香露」は、何度か以前に出されている「独眼流香露」とは、まったくの別物!
2,000円という価格のラーメンも関東では食べたことはあるけど、東北では初めて!


さて、どんなラーメンが供されるのか、調理の工程も含めて楽しみにしていると
先客の「つけ麺」を出し終えた諏訪店主が、さっそく、調理に取りかかった。

まず、ガス台の上に網を置くと、その上に野菜を並べて、直火で焼き始めた。
焦がさないように注意深く、野菜をひっくり返して焼いていくと


細麺と平打ちのひもかわうどんのような2種類の麺を時間差で大鍋に入れて茹でていく
そして、その間に、琥珀色した冷製スープを小鍋に入れると

さらに、緑色したペースト状のものをスープに入れていって
そこで取り出したのはハンドブレンダー!

バーミックスという名称でも紹介されて、関西のを中心に一時、大ブレークしたカプチーノのように泡出つスープを仕上げるのに欠かせない調理器具が出されると
器具を振動させて、琥珀色した冷製スープと緑色したペースト状のものをまぜ始めた。

麺匠 独眼流【壱四】-4

と思ったら、すぐに、茹で上がった麺を冷水で〆て
ジェノベーゼのようにも、和食の枝豆の擂り流しのようにも見えるスープの中にキレイに2種の麺を盛りつけると

「鰹出汁と季節野菜のほうれん草のスープの冷製麺です。」
「こちらは、無農薬の京野菜に鎌倉野菜を炙って、白トリュフオイルで和えたものです。」


「まず、野菜を麺の中に入れるのではなく、野菜を食べて、麺を食べて、そのマリアージュをお楽しみください。」
諏訪店主からは、そんな説明があって、料理が二品出された。


麺匠 独眼流【壱四】-5麺匠 独眼流【壱四】-6

そして、料理ができる前に女将から手渡された、「本日の独眼流ガストロノミー」と題されたメニュー説明によると
この一品目のお皿は「無農薬野菜の炙り・白トリュフ和え」と名付けられた一品で

麺匠 独眼流【壱四】-3

「野菜の旨味と、白トリュフの芳醇な香りが麺とからみ、ストーリーを始める前菜的な麺料理になります」とあって!
それを確かめているうちに、冷蔵庫から取り出した鴨ロースを包丁でカット!


あらかじめ用意されていた揚げ麺をお皿の上に置くと、その上に、この鴨ムネ肉を盛りつけていくと
最後に、抹茶のような黄緑色した粉が掛けられて、供された。

麺匠 独眼流【壱四】-7

こちらは、「いちじく風味の巣籠り鴨のロティー・抹茶の香り」とネーミングされた一品!
「鴨の甘味にいちじくの甘味が加わり、森の情景を思わせます。麺が交わることで、重さとのバランスが取れた味わいになります」と解説があった。


麺匠 独眼流【壱四】-8麺匠 独眼流【壱四】-9

まずは、茄子や玉ねぎなどの炙り野菜をいただくと
香ばしくて♪

野菜の甘味が引き出されていて!
とてもいいんだろうとは思うけど


そんなに野菜は好きではないので😅
しかし、これに高級な白トリュフオイルで和えたところが、さすが、イタリアンの料理人!

しかも、この白トリュフオイル!
おそらく、イタリア製の、かなり高価なものが使われているからだと思われるけど


ほんのりとした上品なトリュフの風味が口に広がって
しかし、トリュフとしての存在感はしっかり残していってくれていた♪

2皿目は「いちじく風味の巣籠り鴨のロティー・抹茶の香り」!
こちらは、ロティー(ロースト)した鴨ロースに無花果の甘味とコクのあるソースに赤ワインの風味が融合したフレンチの一皿!


オーブンでローストしたと思われる鴨ロースの火入れがバツグンで!
鴨ムネ肉の甘味にうま味が巧みに引き出されていて、最高に美味しい
😋

麺匠 独眼流【壱四】-11

そして、この鴨ロースを食べて、2種の麺をいただくと
これもいい!

これが、諏訪店主が言うところの「麺と具材のマリアージュ」!
しかし、こんな麺料理をラーメン屋で食べるのは初めて
🔰

そして、この2皿を食べている間にも、諏訪店主は手を止めずに
冷蔵庫から取り出した背の部分の生の鰹を遠火で炙り始めた。

さらに、説明書きにも書かれていた無農薬の藁で香り付けした鰹のたたきが仕上がると
ポン酢を掛けて出すのではなく、ブラッドオレンジオイルを掛けて仕上げるのが諏訪店主らしいところ!

麺匠 独眼流【壱四】-10

このブラッドオレンジオイルは、カルパッチョの仕上げなどに使われるもの!
オリーブオイルでもいいけど、このブラッドオレンジのオイルを掛けると、柑橘系の甘味と酸味が、鰹のたたきのうま味を引き立ててくれるのがいいんだよね♪


とても美味しくいただきました。
それと、まったく鰹に臭みもないので、こうして、冷やしの冷たい麺といっしょに食べても美味しい
😋

そして、気づけば完食していたけど
今日は、これを食べることができてよかった♪

なぜなら、私が食べて、その後に入店したカップルのお客さんが、このメニューを注文したところで、販売終了になってしまったので
諏訪店主に確認したところ、現在は1日3食限定での提供だという。

理由は、コストが掛けられたメニューなので、余っても困るし!
かといって、作るのに手間と時間が掛かるメニューなので、こればかりが出てしまうと、オペレーションが乱れてしまうということだったので


食べたい方は、早い時間に訪問することをおすすめします。
ご馳走さまでした。


麺匠 独眼流【壱四】-12

メニュー:醤油らぁ麺…1000円/塩らぁ麺…1000円
独眼流つけ麺(麺三昧仕立て)…1500円/独眼流香露(独眼流の新しいらぁ麺の形)…2000円

トッピング
チャーシュー…300円/味玉…100円

本日のご飯…400円/チャーシュー丼…400円/お子様ラーメン…500円


麺匠 独眼流



関連ランキング:ラーメン | 仙台市泉区その他



好み度:独眼流香露(独眼流の新しいらぁ麺の形)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2020年7月15日(水)

麺匠 独眼流【壱参】-1

本日のランチは、先週に続いて、スープをブラッシュアップさせて、より濃厚に、うま味も強くなった看板メニューの「醤油らぁ麺」をいただくため泉ヶ岳の「泉ヶ岳スキー場」に向かって出発!

そうして、やって来たのは、泉ヶ岳への登山ロード沿いの「泉ヶ岳スキー場」まで、あと2㎞という場所に、仙台出身の元イタリアンの料理人である諏訪シェフが昨年の9月21日にオープンした『麺匠 独眼流

オープン当初に訪れて、「醤油らぁ麺」をいただいた。
とても美味しくて、クオリティの高いネオクラシックな醤油ラーメンだった♪


とは思ったけど、でも、こんな辺鄙な場所まで、わざわざ、このラーメンを食べるためにだけに、やって来るお客さんなんて、どれだけいるんだろうか!?
そう思っていた。

それから時が過ぎて、4月から仙台に移り住むことになって
一番に訪れたのが、こちらの店だった。

そして、この日、「塩らぁ麺」をいただいて、衝撃が走った!
従来は、比内地鶏、名古屋コーチン、青森シャモロックをベースにイベリコ豚、北海道産真昆布等をブレンドしたスープのバランス型のラーメン!


これを、青森シャモロックと比内地鶏の地鶏と水だけで作った
究極の引き算のスープへと、いつの間にか変更してきていた。

そして、この日は「塩らぁ麺」を食べたので、スープとカエシの醤油のうま味の会わせ技で食べさせることのできない
ごまかしがきかないスープだったのに

地鶏のうま味が巧みに引き出されたスープは、超絶美味しくて😋
これだけ地鶏のうま味が強くて美味しい塩ラーメンを食べさせてくれる店というのは全国を見ても少ない

そして、この絶品スープと一体化したような自家製麺が、また、よくて♪
この一杯に魅了されて、こちらの店には、これから、何度も訪れるようになった。


しかし、驚かされたのは、ラーメンの美味しさにクオリティの高さだけではなく、この人里離れた場所にやって来るお客さんの数!
特に土日はスゴい混雑で!


5月24日の日曜日に訪れたときには、10台停まれる駐車場は、すでに満車!
駐車場に入るために、車の中で待って!


駐車場に車を停めて、記名ボードに名前を書いたときには、先客が21人も待っている状態で、食べるまでに1時間30分を要した😓
COVID-19の影響により閉店に追い込まれる店も多い中、この店にはコロナ不況という言葉はないのだろうか!?

これは、たまたま、泉ヶ岳にハイキングに来たお客さんがランチに立ち寄ったなんてことはあり得ない
この店に来るお客さんは、100%この店のラーメンを食べるためだけに、この山の中にある店まで、わざわざ、やって来ている。

美味しい料理が出せれば、場所なんて関係ないという話を聞く
しかし、飲食店が成功するかどうかは場所次第というのが定説の飲食業界にあって、これを実践できる店というのは一握りの店だというのに

あえて、こんな場所に店を構えて、お客さんを呼ぶ!
諏訪店主の自信の現れだろうけど


でも、何もない山林から土地を造成して、店を建造するなんて、かなりの投資がかかっているはずなのに
この揺るぎない自信はスゴい😮

そんな店に、朝から雨が降る悪天の中、開店時間1分前の10時59分にやって来ると
今日も、先週に続いて、すでに、開店していて、10台ある駐車場には、すで7台の車が停まっていた。

車を駐車して、店の入口の脇にある記名バインダーに名前と人数、車のナンバーの4桁の数字を書こうとすると
もう、この時点で、14組のお客さんの名前が記帳されていて、私が15組目のお客だとわかった。

ただし、11番目のお客さんまでは、赤の二重線で名前が消されていたので
後で、諏訪店主に確認したところ

今日も、早くからお客さんが来て、待っていたので、10時30分に開店したと話してしたけど
場所柄、土日だけが混雑している店と思っていたけど、平日も混み始めたのかな😓

でも、早開けしてくれたおかげで、待ち時間を大幅に短縮することができた♪
25分ほど車の中で待っていると、今日も茶衣着を着た女将が迎えにきてくれて!


入店すると、オープンキッチンの厨房には、こちらも、今日も屋号が刺繍されたコックコートを纏った諏訪店主の姿があった。
券売機で「醤油らぁ麺」と「チャーシュー」トッピングの食券を購入!


麺匠 独眼流【壱参】-2

いつものように食券を女将に渡して、カウンター席のみの席の1席へと着くと
6分後には、諏訪店主によって作られた「醤油らぁ麺」の「チャーシュー」トッピングが供された。

麺匠 独眼流【壱参】-3麺匠 独眼流【壱参】-4

「チャーシュー」トッピングしているので、豚うちモモ肉のレアチャーシュー豚そとモモ肉のスモークチャーシューが、それぞれ1枚から2枚に増えて!
穂先メンマ三つ葉がトッピングされた美しいビジュアルのチャーシューメン♪


見た目からはリニューアル前と変わらない。
ちなみに、食べる前に、今回のリニューアルについて、ちょっと、触れておくと


こちらの店のラーメンは、元々、「醤油らぁ麺」と「塩らぁ麺」の2種類で、価格は、それぞれ1,000円!
ラーメンがなかなか超えられなかった1,000円の壁を超えた価格設定をしてきている。


一見、強気の価格設定のように思えるけど
使用している材料と、その量を知れば、これが決して高くなどないことがわかる。

ブランド地鶏の青森シャモロックと比内地鶏を惜しげもなく使って作る、驚くほどコストの掛けられたスープで!
同じ地鶏と水だけで作ったスープのラーメンを出す他店のスープに比べて濃厚で、うま味も強い!


さらに、こちらの店では、この「醤油らぁ麺」と「塩らぁ麺」のスープに使用している青森シャモロックの量を従来の2倍に増やした
スープの濃厚さも、うまみも半端ない「シャモロック搾り」という超プレミアムなラーメンが後から追加されて、価格は1,200円!

それが、今回のリニューアルでは、この2つのラーメンを合体!
しかし、価格は1,000円に据え置きで販売してきた。


そんな情報を聞いて、先週、リニューアルした「塩らぁ麺」を食べに行った。
「シャモロック搾り」ほど濃厚じゃなかったけど


従来の「塩らぁ麺」に比べて、スープが、より濃厚に、うま味も強くなって!
より美味しく進化しているのが実感できたし♪


これは、水と鶏を使って作る塩ラーメンの最高峰にある味わいの逸品で♪
マジで、めちゃめちゃ美味しかった
😆

なので、今週の「醤油らぁ麺」にも期待♪
というわけで、まずは、生揚げ醤油が香るスープをいただくと


麺匠 独眼流【壱参】-5

地鶏出汁のうま味にカエシの醤油のうま味が口いっぱいに広がるスープは絶品😋
それに、以前に比べて、スープも濃厚になって、うま味も強くなったように感じられた♪

ただ、先週の「塩らぁ麺」のスープとは違って、ストレートに地鶏のうま味を感じられるスープではないので
先週ほどの大きなスープの差は感じられなかったかな

ただ、スープの濃厚さからは、確かに、そう感じられたけど
この「醤油らぁ麺」のスープは、尼崎のレジェンドの作ったスープは別格として、こちらも「塩らぁ麺」同様、水と鶏たけで作った醤油ラーメンの最高峰にあるスープと言っても過言ではない🗻

本当の鶏のうま味を実感したいなら「塩らぁ麺」!
しかし、ラーメンとして美味しいのは「醤油らぁ麺」!


どちらのラーメンも、わざわざ、時間とお金をかけても、ここまで来て、食べる価値のある2杯なので
どちらにするか迷ったら、どちらも食べるのがおすすめ♪

そうして、この絶品スープに合わせられた自家製麺が、また、秀逸な麺で!
大鍋の中で、泳ぐようにして茹でられて、平ざるで麺上げされた切刃20番の中庸な太さの平打ち麺は、なめらかで、もっちりとした食感の麺で!


麺匠 独眼流【壱参】-6

均一に、そして、麺の芯まで、よく、茹で上げられているので、小麦粉のうま味に甘味も感じられて!
そして、何より、スープとの一体感が感じられるのがよかったし♪


豚うちモモ肉の淡いピンク色した低温調理されたレアチャーシューは、国産の肉質のいい豚肉が使われているので
モモ肉なのにやわらかくて

しっとりとした食感に仕上げられていて
肉のうま味が、よく感じられるレアチャーシューで、最高だったし♪

麺匠 独眼流【壱参】-7

豚そとモモ肉のロゼカラーのスモークチャーシューは、低温調理されたレアチャーシューを、さらに燻製して仕上げたもので
薫香が香り高くて♪

肉のうま味も強くて!
絶品だったし
😋

前回のブログでも書かせていただいたけど
私の中の「キング・オブ・チャーシュー」と言えるほどの逸品だったし👑

穂先メンマも、やわらかくて!
穂先のシュクシュクとした食感がたまらなくよくて♪


今日は生姜による味付けはなされていなかったけど
ノーマルな味付けのメンマも最高だったし♪

最後は、スープの最後の一滴まで、惜しむように飲み干して完食😋
ご馳走さまでした。

麺匠 独眼流【壱参】-8

メニュー:醤油らぁ麺…1000円/塩らぁ麺…1000円
独眼流つけ麺(麺三昧仕立て)…1400円

トッピング
チャーシュー…300円/味玉…100円

本日のご飯…400円/チャーシュー丼…400円/お子様ラーメン…500円


麺匠 独眼流



関連ランキング:ラーメン | 仙台市泉区その他



好み度:醤油らぁ麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m