FC2ブログ
訪問日:2018年9月18日(火)

【新店】中華蕎麦 円雀-1【新店】中華蕎麦 円雀-2

本日のランチは、千葉県市原市に、一週間前の9月11日にオープンした新店の中華蕎麦 円雀 En-Jackへ!

こちらの店は、ラーメン官僚のかずあっきぃさんが、一昨日、二度目の訪問をして、Twitterでツイートしているのを見て、オープンを知った店!

ただ、かずあっきぃさんは、よほどのことがない限りは、ネガなツイートをしない人なので
実際、かずあっきぃさんのツイートを見て、食べに行ってみると、首を傾げたくなる店もある(汗)

だから、ツイートを、そのまま、鵜呑みにはできない
でも、何となく、勘で、この店は、きっと美味しい♪

そんな気がしたので、今日は、こちらの店を訪ねてみることに♪
横須賀総武快速線で千葉駅まで!


千葉駅からは京成電鉄千原線へと乗り換えて
終着駅のちはら台駅へ

店は駅から約1.4km。
徒歩で17分ほどある。


ガンバって歩くつもりだったけど
先ほどまで曇っていたのに、今は晴れて、日ざしが強くて(汗)

バス便でもないかと、スマホに店名を入れてググって、経路探索してみたところ
12時33分発の鎌取駅行きの小湊鐵道バスに乗って、3つ目の小岬公園というバス亭まで行けば

そこから店までは210m。
徒歩2分ほどだという


ただ今の時刻は12時30分で
バスは3分後に出発する。

そして、駅前には一台のバスが停まっていたので、近づいてみると
このバスが鎌取駅行きのバスだった♪

バスに飛び乗って、店の最寄りのバス亭になる小岬公園で下車。
道路を横断して、反対側の駅に帰るバス亭で帰りの時間をチェックして


【新店】中華蕎麦 円雀-3
【新店】中華蕎麦 円雀-4【新店】中華蕎麦 円雀-5

店へと向かって歩いて行くと
道を挟んで反対側には、本日が定休日のラーメンチェーンの『珍来』があった。

【新店】中華蕎麦 円雀-6

面白かったのは、車が一台も停まっていなくて、休みに決まっているのに
車で駐車場に入っていく車が、続けて2台もあったこと(笑)

そうして、店へとやって来たのは、12時40分過ぎ。
入店すると、正面の厨房の前に設けられたカウンター席にはお客さんが1人。


キョロキュロと券売機を探すも、無さそうだったので、そのまま席へとつくと
左奥の、やや、暗がりの空間にもカウンター席があって、そこに3人のお客さんがいて、ちょっとビックリヽ(ill゚д゚)ノ

厨房には、店主が1人!
と思ったら、左奥の空間から男性スタッフの人が出てきて


注文を聞かれて
「丸鶏中華そば」をオーダー!

【新店】中華蕎麦 円雀-7

麺メニューは、この「丸鶏中華そば」の他は「あごだし中華そば」だけで
トッピングも「味玉」だけと少ない。

「麺大盛」の設定はあった。
そして、これが50円増しでいただけるのは良心的♪


サイドメニューは、「ライス」100円と「チャーシュー丼」150円で
「ほんのりカレー風味です」と説明のあった「チャーシュー丼」の150円という価格設定もリーズナブル♪

今日、もし、「丸鶏中華そば」だけを食べるなら、「チャーシュー丼」とセットというのもいいとは思ったけど
「丸鶏中華そば」が美味しかったら、「あごだし中華そば」も食べるつもりだったので、ここは自重。

なお、かずあっきぃさん情報によると、「あごだし中華そば」は、「丸鶏中華そば」に「あごだし」を加えたものということだったけど…
メニューには、「丸鶏中華そば」は切刃20番の細(?)麺なのに対して、「あごだし中華そば」は手もみ平打ち麺でいただけるようなので、スープの違いだけでなく、麺の食感の違いも楽しみ♪

そうして、少し待っていると
店主のワンオペで作られた「丸鶏中華そば」が着丼することになるんだけど

こちらの店、カウンターの壁の高さが微妙な高さで
店主の上半身までは見えるのに、手もとがまったくブラインドになる

店主の動きから、カエシを注いでいるとか
麺を茹でているとか

何をしているのか
何となくはわかるけど

具体的な作業が見えないのが
ちょっと、残念(汗)

そうして、テボで茹でられて
たぶん、茹で時間1分50秒だったと思われる麺が引き上げられて

最後に具が盛りつけられて、完成した「丸鶏中華そば」が、いきなり、カウンターの下から姿を現すと
スタッフの人が、私の手元まで配膳してきてくれた。

楕円形の歪なデザインの丼で登場した「丸鶏中華そば」は
大きな豚肩ロース肉の煮豚を半分にカットして2枚にしたものにメンマ、水菜、刻みネギ、板海苔が盛りつけられた醤油ラーメン!

【新店】中華蕎麦 円雀-8【新店】中華蕎麦 円雀-9【新店】中華蕎麦 円雀-10【新店】中華蕎麦 円雀-11

まずは、「中華そば」という割には、醤油の色が淡いスープをいただくと
カエシは、薄口醤油と濃口醤油のブレンドか!?

あとで、店主に聞いてみると
「白醤油です。」なんて答えがあったけど…

そんなわけないよね
それに、スープからは大豆のうま味も感じられるので!

「薄口醤油に濃口醤油も使ってません!?」と聞いてみると…
白醤油ベースだけど、薄口醤油も濃口醤油も使っていると話してくれたけど

この3種類の醤油をミックスしたカエシの味わいが『メンドコロ Kinari』の「Ra-men 白醤油」にも似ていて!
好きだな、このカエシの味わい♪

それに、スープは丸鶏、鶏ガラ、香味野菜で出汁をとったスープと思われるけど
特に特別な地鶏や銘柄鶏も使っていないようなのに

鶏のフレッシュなうま味が感じられて
鶏の臭みなど皆無で…

そして、スープは思ったよりよりも濃厚に感じられて
この淡い醤油味のカエシと合わせた味わいは

所謂、流行りの淡麗な味わいの地鶏や銘柄鶏のスープに生揚げ醤油のカエシを合わせたラーメンとは違う
あるようでない

懐かしい味わいのようで新しい
温故知新の味わいのスープなのがいい♪

しかし、このスープ
普通だったら、バランスをとるため、節や煮干しを入れた方が無難だろうし

それに、鶏だけでスープを作るのは
地鶏を使えば、それなりのスープにはなるかもしれないけど

そうじゃなければ、鶏の臭みも出てしまって、難しいはずなのに
これだけ美味しいスープが炊けるのは、かなりの経験を積んだ店主とお見受けしたので

「鰹節や煮干しは使ってないんですね!?」
「しかも、鶏も地鶏と銘柄鶏を使っているわけでもなさそうなのに、いい出汁出てますね♪」


なんて、話しをすると
「鶏だけで出汁をとったスープが基本なんですよ…」

「これに、あごを足せばあごだし中華そばになりますし…」
「鮮魚と合わせても、また、違った味わいのスープのラーメンになります。」
なんて言うので…

「そう言えば、このスープ…」
「フォン・ド・ヴォライユ(fond de volaille)みたいなもんですね!」
と言うと…

「そうです!」
「ハーブを足せば、洋風のラーメンにもなりますし…」


「実際、自分が、やっていた沼津の店でも限定で出してました。」なんて話すので…
ズバリ、何処の店の出身なのか聞いてみたところ

「知らないと思いますけど、卓郎商店という店です。」なんて言うので…
「沼津のラーメン店に行ったことはなくて、卓郎商店も行ったことはないですけど、大阪の卓郎商店の系列の店には行ったことがあります。」と答えると…

『JACKSON'S(ジャクソンズ)』ですね♪」
「あそこは、卓郎商店のときの自分の弟弟子がやってるんですよ!」


「この開店祝いの花も彼からもらいました。」
なんて話しになって、盛り上がった
(笑)

【新店】中華蕎麦 円雀-12

閑話休題(汗)
そして、このスープに合わされた麺は、メニューにも書かれた切刃20番の太くも細くもない中庸な太さの麺で!

【新店】中華蕎麦 円雀-13

たおやかで
つるモチ食感の麺は、いい感じでスープと絡んでくれたし♪

トッピングされた豚肩ロース肉の煮豚は、やわらかく煮込まれていて
肉のうま味を感じられる美味しいチャーシューでよかったし♪

【新店】中華蕎麦 円雀-14

美味しく完食♪
予想通りの美味しいラーメンだったので、予定通り、「あごだし中華そば」を注文すると


「すいません。」
「今日は、売り切れてしまったんですよ…」


あとで、店のTwitterをみたら、この「あごだし中華そば」
10食ほどの用意ということで、数量限定だったんだね

というわけで、それなら、「チャーシュー丼」を食べておくべきだったな、なんて、思ったけど、後の祭り(汗)
なので、「あごだし中華そば」を食べてみたい方は、なるべく早い時間に訪問することをおすすめします♪

しかし、店のロケーションやアクセスは、お世辞にもいいとは言えない店だけど
『麺屋 卓郎商店』出身で、ちょっと話しを聞いただけでも、洋風ラーメンや鮮魚ラーメンなんてワードが出てきて

店主の引き出しは多そうだし♪
今後は、レギュラーメニュー以外にも、いろいろな限定もやってくれそうなので!


店のTwitterをチェックしておかないとね!
ご馳走さまでした。


【新店】中華蕎麦 円雀-15

メニュー:丸鶏中華そば…750円/あごだし中華そば…800円

味玉…100円/麺大盛…50円
ライス…100円/チャーシュー丼…150円


中華蕎麦 円雀ラーメン / ちはら台駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:丸鶏中華そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト