訪問日:2018年6月4日(月)

零一弐三【壱八】-1

『麺屋 一燈』で、鹿児島地鶏の「黒さつま鶏 黒王」で作った絶品の「地鶏そば」をいただいて
次に向かったのが千葉県船橋市の東葉高速鉄道・東海神駅前にある『零一弐三』!

こちらの店は、元フレンチの料理人である、しょーくんこと池田店主が、この地に昨年の3月13日にオープンした店!
『ちばから』と『中華ソバ 伊吹』という二郎系インスパイアと煮干しラーメンの頂点に立つ2店で修業経験のある、しょーくんは


最近までは、この2店の二郎系ラーメンと煮干し系ラーメンを曜日によって替えて出す二毛作営業を実施してきた。
しかし、今は多くの飲食店が抱える人員の問題から、現在は、一人営業を余儀なくされて、煮干しラーメンに特化した営業にシフトしている。


そんな店で、今日は、「三段仕込みの淡麗」が限定10食で提供される。
しかし、これがTwitterでツイートされたのが、本日の10時2分!


『麺屋 一燈』に向かう電車の中で知って、『麺屋 一燈』で速攻で食べて向かったら
まだ、残っているだろうか

でも、いくら早く行けたとしても、12時近くにはなってしまうだろうし(--;)
ただ、この日の昼営業は、仕込み量を少なくして、営業する予定で

いつもに比べて、水の量を少なめにしてスープを炊いたのに
「濃厚煮干蕎麦」用のスープについては、煮干しを減らすのを忘れて、いつも通りの量を入れてしまったともTwitterでツイートしていて(汗)

今日のスープは、贅沢にも、1杯当り200gもの、スゴい量の煮干しを使ったスープになってしまったということだったので
そんな濃厚な「濃厚煮干蕎麦」なんて、滅多に食べられるものではないし

それに、元々、こちらの店では「濃厚煮干蕎麦」の人気が高くて、通常の「煮干蕎麦」に比べ2倍は出るので!
こんな特別な「濃厚」があったら、そっちが出るのではないか
!?

最悪、売り切れていても、最近始めた「煮干蕎麦」の塩バージョンもあるので、それを食べればいい。
でも、何とか残っていることを願いながら、『麺屋 一燈』のあるJR新小岩駅から総武快速電車に乗って!


2つ先のJR船橋駅で下車して!
駅から徒歩10分の場所にある店へとやって来たのは、もうすぐ11時50分になる時刻。


入店すると、店内は満席で、店内のベンチでお客さんが1人待っていた。
そして、祈る思いで券売機の前に立つと


零一弐三【壱八】-2

幸いなことに、限定の「三段仕込みの淡麗」は残ってくれていた(*≧∇≦)ノ
そこで、千円札を券売機に差し入れて、限定のボタンを押すと

零一弐三【壱八】-3

売切のランプが点灯!
ギリギリ、最後の一杯にありつくことができた♪


零一弐三【壱八】-4

さらに、トッピングの「味玉」の食券も買って
ベンチで、少し待つうちに、席も空いて

しょーくんに呼ばれて席へとついて
食券ならぬ、プラスチックの食札をカウンターの上に置くと

「イチエさんにわからないように、ギリギリに限定の告知をしたのに…」
「あ、今日、月曜日で、一燈の限定の日でしたよね…」


「一燈から近いし、月曜日に限定やったら、ダメだな(笑)」
そんな憎まれ口を叩きながら、嬉しそうに笑う、しょーくん!


そして、いつものように、素早くラーメンを2つ完成させると、先客に「濃厚煮干蕎麦」が
私には「三段仕込みの淡麗」が出された。

零一弐三【壱八】-5零一弐三【壱八】-6

Twitterで皆さんが、意識高い系とツイートしている「バヌ」豚バラ肉の煮豚、味玉、玉ねぎ小ネギ、海苔が盛りつけられたラーメン!
まずは、琥珀色したスープをいただくと


零一弐三【壱八】-7

いりこと背黒の煮干しのうま味に昆布のうま味がよく出たスープで!
めちゃめちゃ美味しい♪


昨日、余った「煮干蕎麦」の二段仕込みの淡麗スープに、本日、さらに、もう一段、煮干しを重ねて、三段仕込みにしたスープは
いつもの「煮干蕎麦」に比べて、煮干しのうま味が強くて♪

師匠である『中華ソバ 伊吹』の三村店主の作る極上の味わいの『三段仕込みの淡麗中華ソバ』には及ばないものの
しょーくんの作る『三段仕込み』も、最高に美味しい♪

そして、この淡麗系煮干しラーメンの最高峰にあるスープに合わされた麺は、しょーくんの打つ中細ストレートの自家製麺で!
いつもだと、つるパツの食感に感じられる加水率低めの中加水麺は、今日は、いつもに比べてカタめに感じられて!


零一弐三【壱八】-8

歯切れも、いつにも増していいような気がしたので!
1%か2%、麺の加水率を下げたのだろうか
!?

ワンオペで忙しく動き回っているしょーくんに聞かなかったので、わからないけど
個人的には、いつもより、この食感の方が好み♪

そして、「バロティーヌ」なる食べ慣れないフレンチの
鶏挽肉とインゲンニンジンなどの野菜を鶏ムネ肉で包んだような料理をいただくと

零一弐三【壱八】-9

中の鶏挽肉は、しっとりとしていて、食感がとても面白い♪
しかし、こんな手の込んだものをトッピングしてくるなんて


今まで、チャーシューの替わりに「鶏ハム」がトッピングされたラーメンを食べたことはあるし…
それに、「テリーヌ(パテ・ド・カンパーニュ)」が載せられたラーメンを食べたこともあるけど

「バロティーヌ」は初めて♪
元フレンチの料理人らしい、他店にはないオンリーワンのトッピングなのがいいよね


豚バラ肉の煮豚は完璧な仕上がりで!
ジューシーな肉のうま味を感じる美味しい煮豚だったし♪


零一弐三【壱八】-10

そうして、もちろん、最後は、スープの最後の一滴まで惜しむように飲み干して完食♪
機会があったら、次回は「煮干蕎麦」の塩バージヨンを食べてみるつもり!


でも、それより
しょーくんの絶品の「冷やし煮干蕎麦」を食べたいな♪

昨年食べた「冷やし」では、ダントツの美味しさだったので♪
ご馳走さまでした。


零一弐三【壱八】-11

メニュー:煮干蕎麦…750円/煮干そば塩に変更券…30円
濃厚煮干蕎麦…800円

【限定】三段仕込みの淡麗…800円

チャーシュー…200円/味玉…100円/のり…50円
炊きこみごはん…150円/白めし…100円/豚めし…250円
替え玉(麺のみ)…100円/油そば「和え玉」(味付き)…200円


零一弐三ラーメン / 東海神駅新船橋駅船橋駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:三段仕込みの淡麗star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年3月26日(月)

零一弐三【壱七】-1

本日のランチは、東葉高速鉄道・東海神駅前で、「二郎系営業」と「煮干系営業」の二毛作営業する零一弐三へ!

日曜、月曜の2日間は「煮干し営業」。
定休日の水曜を挟んで、火曜から土曜までの4日間は「二郎系営業」という具合に曜日毎に提供するラーメンを替えて営業する店。


そして、本日は月曜日なので「煮干し営業」の日になって、通常なら、淡麗な「煮干蕎麦」と「濃厚煮干蕎麦」の2種類の煮干しラーメンが提供される。
しかし、今日は4月8日の木曜から、毎週木曜の夜のみ、こちらの店のしょーくんこと池田店主の修業先でもある『中華ソバ 伊吹』を間借りして、『煮干マゼソバ 水』をオープンするというマグナム・ゴンザレスさんがゲストに来て、何か限定を作っているという、9時30分すぎにツイートされたばかりのしょーくんのTwitterの告知を発見!


今日の予定を変更して、ダッシュして店へと向かう。
そして、11時15分の開店時間の店へ11時1分にやって来ると


すでに開店していて
外に並びがなかったので入店すると…

珍しく、席が2席空いていて、すんなりと着席することができた♪
厨房のしょーくんに挨拶して、まずは、券売機で食券を購入する。


すると、先ほど、10時10分すぎに、しょーくんがTwitterでツイートしていたゴンザレスさん作の7食限定の「濁った水」と命名された限定が嬉しいことに残ってくれていた(^o^)v
急な告知だったので、大丈夫だろうとは思っていたけど、店に到着するまで時間がかかるので、ドキドキしながらやってきたんだけど、本当、よかった♪

零一弐三【壱七】-2

そうして、カウンターの上に食券ならぬ食札を上げて、着席しようとすると
客席に赤いジャンパー姿のブラザースを発見!

零一弐三【壱七】-3

この二人は
一人は、東京・亀戸に『亀戸煮干中華蕎麦 つきひ』の、はせっちこと長谷川店主!

もう一人は、今日ゲストにやって来て、限定ラーメンを作った『煮干マゼソバ 水』のマグナム・ゴンザレスさん!
はじめまして!


でも、この方
どこかの店でお会いしたことがあるんですけど(笑)

そうしているうちに、しょーくんによって作られた限定ラーメンの「濁った水」が着丼!
豚バラロールの煮豚玉ねぎ小ネギ、海苔がトッピングされたラーメン!


零一弐三【壱七】-4零一弐三【壱七】-5

まずは、およそ美味しそうには見えない(汗)
やや、黒ずんで、緑がかった茶色の、濁りのあるスープをいただくと

零一弐三【壱七】-6

鶏や豚の動物系が感じられなかったので、アニマルオフの、いりこ(白口)と背黒の煮干しオンリーで作ったスープと思われるけど
しかし、製法が違うのか、同じ煮干しだけで作った、こちらの店の「煮干し蕎麦」とは、味わいはまったく違う。

でも、なんというか、独特の煮干しのうま味が感じられて
今までに食べたことのない、癖のある味わいのスープで

以前に『中華ソバ 伊吹』で限定で何度か食べたことのある、大阪・福島の『三く』リスペクトの「魚三」にも少し似ているような気はしたけど
あれほど、魚臭くないし

しょっぱくもなくて
こちらの方が、ずっと美味しい♪

そこで、どんな煮干しを使って、どんな作り方をしたのか
しょーくんに尋ねると

「水の店主が作って、自分は関わっていないので、まったくわかりません。」という答えがあって
そして、食べている途中に、すでに食べ終わった赤ジャンブラザースが帰っていってしまったので、『煮干マゼソバ 水』の店主に確かめることもできなかったけど

『煮干マゼソバ 水』がオープンしたら、きっと「煮干マゼソバ 」以外にも、汁ありの、こんな煮干しラーメンも出してくるだろうから
そこで確かめればいいか

そして、麺はいつものしょーくんが打った切り刃22番の中細ストレート麺で!
このつるパツな食感の麺は、啜り心地がよくて!


零一弐三【壱七】-7零一弐三【壱七】-8

のど越しのよさもあって!
小麦粉のうま味も感じられて!


適度にスープに絡んでくれて、いい麺だと思うけど
個人的には、煮干しラーメンの定番の、もっとカタめのザクッとした食感の麺の方が好みかな♪

チャーシューは、「ネ申月豕」と呼ばれる「二郎系営業」でも使われるている豚バラロールの煮豚が使われていて!
このチャーシュー自体が美味しいし♪


零一弐三【壱七】-9

煮干しスープにも合うので、これはこれでいい♪
ただ、しょーくんの作る豚肩ロース肉のレアチャーシューが激うまなので!


できれば、「煮干し営業」のときは、レアチャーシューにしてもらえると
有料トッピングで、数量限定でもいいので、用意してもらえると嬉しいんだけどね

そうして、最後は、スープもぜんぶ飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


零一弐三【壱七】-10零一弐三【壱七】-11

メニュー:<煮干し営業>

煮干蕎麦…750円/濃厚煮干蕎麦…800円

【限定】濁った水…800円

チャーシュー…200円/味玉…100円/のり…50円
炊きこみごはん…150円/白めし…100円/豚めし…250円
替え玉(麺のみ)…100円/油そば「和え玉」(味付き)…200円




メニュー:<二郎系営業>

ミニラーメン…750円/ラーメン…810円

大盛券…60円/豚券(1切れ)…120円/お子様ラーメン…500円
白めし…100円/豚めし…250円


零一弐三ラーメン / 東海神駅新船橋駅船橋駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:濁った水star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年3月5日(月)

零一弐三【壱六】-1

本日のランチはに向かったのは、千葉県船橋市の東葉高速鉄道・東海神駅前に昨年の3月13日にオープンして、もうすぐ、開店1周年を迎える『零一弐三』!

「零一弐三」と書いて、「すうじ」と読ませる、こちらの店は、二郎系インスパイア最強の『ちばから』と煮干しラーメン日本一の『中華ソバ 伊吹』で修業した、元々フレンチの料理人である、しょーくんこと池田店主が営む店で!

現在は、一週間のうち、火曜日と定休日の水曜日を挟んで、木曜日から土曜日までの4日間は『ちばから』の二郎系ラーメンを出す「二郎系営業」として営業!
日曜日と月曜日の2日間は、『中華ソバ 伊吹』が夜の営業で提供する「淡麗中華ソバ」と「濃厚中華ソバ」をリスペクトした2種類の「煮干し蕎麦」を出す「煮干し営業」を行っている。


そして、本日月曜日の「煮干し営業」では、何と、この時期に、限定で「ヒイラギと平子の冷やし」をやると
Twitterで、今朝の9時56分に突然、告知があった

今日は、東京・練馬にオーブンした新店の2店に訪問しようと思っていたけど
しょーくんの作る「冷やし」は、私の中の「キング・オブ冷やしラーメン」なので♪

予定をすべてキャンセルして店へと向かうことにした。
そうして、今日は、JR船橋駅からアクセスして、開店1分前の11時14分に、店の前までやって来ると


お客さんの姿はなく
おかしいなと思ったら、すでに開店していた。

でも、こちらの店は、開店前にお客さんが並んでいると、準備が出来次第、早開けしてくれるので!
別に珍しいことではない。


入店すると、店内は満席で!
待ち合いのベンチも満席


厨房のしょーくんとスタッフのはざまさんに挨拶して!
券売機を見ると


限定の「ヒイラギと平子の冷やし」のPOPが貼ってあって!
その左にボタンがあった。


零一弐三【壱六】-2

そして、11食限定だという「冷やし」は、まだ、販売されていた♪
今日の船橋地方の予想最高気温は19度と、平年に比べて、だいぶ暖かいとはいえ、3月5日のこの時期に「冷やし」を販売して、果たして、どれほどのお客さんが食べようと思うのだろうか


そうは思いながらも、限定ハンターや、こちらの店のファンのお客さんが前に11人いないという保証はないので
とりあえず、残っていてくれてよかった♪

限定の「冷やし」とトッピングの「味玉」の食券を購入して、再び、外に出ると
すぐに後ろに4人のお客さんが並んだところで、食べ終わったお客さんが何人か出てきて、入れ替わりに入店!

ベンチに座ると、すぐに席も空いた。
カウンターの上に食券ならぬプラスチックの食札を上げて、さらに百円玉を2枚置いて、しょーくんに「冷やし」の限定とともに「冷やし和え玉」もお願いすると


今日は「冷やし和え玉」の対応はしていないという
しょーくんの作る「冷やし和え玉」は、めっちゃ美味しいので、食べられないのは残念だけど(>_<)

「冷やし」もやって、「冷やし和え玉」もやったら
オペレーションが大きく乱れてしまうから仕方ないか

厨房を見ていると
いつものように、しょーくんと、はざまさんが、忙しく動き回って、ラーメンに「和え玉」が作られて、お客に出されていって

次に、茹で麺機の4基のテボの中に麺が入れられて、麺が茹で始められると
冷蔵庫の中で冷やされていた冷製スープが4つのラーメン丼に注がれて

大きなチャーシューのブロックから豚肩ロース肉のレアチャーシューが切り出されて
いつもより長めに茹でられた麺の入ったテボが引き上げられると

しょーくんがはざまさんに2基のテボを渡して
麺を冷やすように指示すると

自身も2基のテボに入った麺を冷水で冷やして
そうして、冷水で〆られた麺が、冷製スープの張られた4つのラーメン丼に納められて!

零一弐三【壱六】-3零一弐三【壱六】-4

最後に豚肩ロース肉のレアチャーシュー他の具が盛りつけられて!
完成した4つの「ヒイラギと平子の冷やし」の1つが私にもとに着丼!


零一弐三【壱六】-5零一弐三【壱六】-6

トッピングした味玉と真空低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に、細かく刻まれた玉ねぎ万能ネギが載る!
美しいビジュアルの「冷やし煮干し蕎麦」♪


まずは、琥珀色した冷製スープをいただくと
煮干し出汁のうま味が凝縮された濃厚清湯煮干しの冷製スープで!

ヒイラギ煮干しの甘味に平子のうま味もよく出ていて
めちゃめちゃ美味しい♪

それに、平子を使っているので、しっかり、煮干しのビターな味わいもあって!
ニボラーにとってはたまらない味わいのスープに仕上げられていた♪


零一弐三【壱六】-7

しかし、こんな、まだ、肌寒い時期に「冷やし」をやるなんて
そんなことをする店主は、しょーくん以外に私は1人しか知らない

それは、兵庫県の武庫川にある兵庫県No.1!
食べログの全国ラーメンランキングでも5位に位置する『らーめん専門 和海』の木下店主!


「冷やし」を食べるのが大好きな木下店主は、季節に関係なく、真冬でも「冷やし」の限定を出す!
そして、この限定がまた、秀逸な味わいなので!


それを知っている、こちらの店の常連のお客さんは、「冷やし」が真冬に出されても、極寒の中、行列を作って待って
冷えた身体で、震えながら「冷やし」を食べる(笑)

そして、この木下店主が冷しに好んで使っていたのが、今回、しょーくんが使ったヒイラギ煮干し!
この煮干しは、瀬戸内のいりこに混ざって捕獲される 柊(ひいらぎ)の稚魚を煮干しにしたものが流通しているという話しを聞いたことがあるけど


あまり市場には出回らない珍しい煮干しのようで
今日、しょーくんに聞いた話では

もう、これからは仕入れられないかもしれないと業者から言われたそうで
そういう意味では、今日はそんな、希少な煮干しをいただくことができてよかった♪

なお、木下店主のところで、このヒイラギ煮干しを使った「冷やし」を食べたときには
確か、いりこと合わせたこともあると思うけど、かなり甘味をが強く感じられた記憶があるけど

今日は平子と合わせたために、ビターで、力強い味わいで!
だいぶ、違った味わいに感じられたし


それに、木下店主の作る冷製スープは、すっきりといた淡麗な煮干しスープなのに対して
しょーくんのは、何しろ煮干しが濃厚なので!

どちらの冷製スープも美味しくて、好みだけど♪
でも、しょーくんのこの濃厚清湯煮干しの冷製スープは突き抜けてる


なお、この「冷やし」は、しょーくんの師匠である『中華ソバ 伊吹』の三村店主が作ったレシピが原型なので
そういう意味では、三村店主の作る冷やしがスゴいのかもしれないけど…

ただ、三村店主は、めんどくさいという理由から、現在の東京都板橋区の志村坂上に店を移転してからは、真夏であっても、「冷やし」は封印して、滅多なことではやってくれないので(>_<)
それもあって、しょーくんの作る「冷やし」が、私の中では、最高峰にある冷やしなんだよね♪

そして、この冷製スープに合わせられた中細ストレートの自家製麺が、また、秀逸な麺で!
冷水でよく〆られた麺は、カタメで、つるっとした食感の、のど越しのいい麺で♪


零一弐三【壱六】-8

小麦粉が香り♪
噛めば、小麦粉のうま味も感じられる麺で最高!


それに、スープとの絡みもバツグンで!
このスープに、この麺があるからこそ、より美味しくスープをいただくことができる♪


そして、しょーくんの作る豚肩ロース肉のレアチャーシューは、味、食感ともずば抜けていて
最高に美味しい♪

零一弐三【壱六】-9

開業当時は、この豚肩ロース肉のチャーシューが、デフォルトに「煮干し蕎麦」にもトッピングされていたのに
作るのに手間と時間がかかるので、提供をやめてしまった豚肩ロース肉のレアチャーシュー

今では、「冷やし」でしか食べることができなくなってしまったけど
今日は、スープも麺も素晴らしかったけど、このレアチャーシューを食べれたことが、めっちゃ嬉しかったし♪

味玉は、こちらの店に、修業先の『中華ソバ 伊吹』のものは、つい、トッピングしてしまう!
それだけ、他店とは別格の美味しさの逸品なので、あれば、絶対にトッピングするのがおすすめ♪


そうして、夢中で食べていたら、あっという間に完食♪
限定じゃなければ、同じものをもう一杯、食べたいと、マジで思わせる絶品の「冷やし」♪


しょーくん、ぜひ、また、やってください!
これなら、季節に関係なく、いつでも食べにきます♪


堪能させてもらいました
ご馳走さまでした。

零一弐三【壱六】-10

メニュー:<煮干し営業>

煮干蕎麦…750円/濃厚煮干蕎麦…800円

【限定】ヒイラギと平子の冷やし…780円

チャーシュー…200円/味玉…100円/のり…50円
炊きこみごはん…150円/白めし…100円/豚めし…250円
替え玉(麺のみ)…100円/油そば「和え玉」(味付き)…200円




メニュー:<二郎系営業>

ミニラーメン…750円/ラーメン…810円

大盛券…60円/豚券(1切れ)…120円/お子様ラーメン…500円
白めし…100円/豚めし…250円


零一弐三ラーメン / 東海神駅新船橋駅船橋駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:ヒイラギと平子の冷やしstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年1月22日(月)

零一弐三【壱五】-1

『貪瞋癡(とんじんち)』の紅出店主と回る東京ラーメンツアー!

「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で、ランチタイムに出すラーメンが評価されて「ビブグルマン」に掲載された富山県の氷見にあるワインバーの店主と、こちらの店のファンの方お二人と一軒目に『麺屋 一燈』で「地鶏そば」をいただいて!
生憎の雪が降る中、この日2軒目に向かったのは『零一弐三』!


『ちばから』DNAの二郎系「ラーメン」と『中華ソバ 伊吹』遺伝子の「煮干蕎麦」を曜日別の変則二毛作営業で提供する店!
本日月曜日は「煮干し営業」の日で!


さらに、本日は、レギュラーメニューの淡麗な「煮干蕎麦」と濃厚な「濃厚煮干蕎麦」の2つのラーメンの他に、「圧縮淡麗」という限定ラーメンも提供される♪
ただ、限定数は書かれていなかったけど、おそらく、売り切れているんだろうな


でも、それなら、「煮干蕎麦」を食べればいい♪
こちらの店のしょーくんこと池田店主の作る「煮干蕎麦」は、『中華ソバ 伊吹』の「淡麗中華ソバ」をリスペクトしたスープのラーメンで!


しかし、麺は、しょーくんオリジナルの内麦(国産小麦粉)を使った香り高い自家製麺が使われていて!
この麺が、また、めっちゃ美味しいので♪


そうして、『麺屋 一燈』の最寄り駅の新小岩駅から総武快速線に乗って2駅目の船橋で降車して
徒歩で店へアクセス!

11時50分に店へとやって来ると
珍しく並びなし。

入店すると
店内は満席で、中待ちのお客さんもいたものの

さすがに、この雪の中、ラーメンを食べに来るお客さんも少ないのか!?
今日は空いていた。

まず、しょーくんとスタッフのはざまさんに挨拶して、券売機の前に立つと
何と、この時間でも限定が残っていてくれた!(^^)!

零一弐三【壱五】-2

ただ、何食分あるのか
そこで、氷見と金沢からきた北陸のVIP3人に、限定が残っていることを告げると

金沢から来た二人は、それぞれ、デフォの「煮干蕎麦」に「濃厚煮干蕎麦」を食べると言う。
すると、紅出店主が、じゃあ、自分が限定にすると言って食券を購入。


これが最後だったら嫌だな
と思っていたら

しっかり、まだ、残っていてくれたので!
私も限定の「圧縮淡麗」にすることに♪


そうして、中待ちのベンチに座って待っていると
そう待つことなく2席、並びで席が空いて、紅出店主と金沢からのお客さん1人が席へとついて!

さらに、また、2席、並びで席が空いて、もう1人の金沢のお客さんとともに席へとついて、食券というか、実際にはプラスチック製の食札をカウンターの上に上げると
はざまさんが回収していって

少し待つうちに、金沢のお客さんの「濃厚煮干蕎麦」とともに、私の「圧縮淡麗」も、はざまさんから出された。
豚バラ肉の厚切りの煮豚が2枚載せられて、刻んだ玉ねぎ万能ネギ、板海苔がトッピングされただけのシンプルなビジュアルのラーメン!


零一弐三【壱五】-3零一弐三【壱五】-4

まずは、レギュラーの「煮干蕎麦」よりも濃くて!
濁りの強いスープをいただくと


零一弐三【壱五】-5

愛媛いりこ、特選伊吹いりこメインで炊いたと
しょーくんのブログに書かれていたスープは、いりこのうま味が文字通り圧縮された、うま味の濃いスープで美味しい♪

ただ、塩分も濃くて
ちょっと、しょっぱいかな

今まで、「煮干蕎麦」を食べても、「濃厚煮干蕎麦」を食べても、一度も、そんなことを感じたことなんてなかったのに
でも、ニボラーにとっては、これくらいは、なんてことはないけどね(笑)

中細ストレートの麺は、国産小麦粉の「ゆめちから」と北海道産小麦粉の「春よ恋」を使って製麺した自家製麺で!
つるっとした、啜り心地がよくて、のど越しのよさもある麺で!


零一弐三【壱五】-6

しなやかなコシもあって!
小麦粉のうま味も感じられて♪


スープとの絡みもよくて!
これだけ美味しくて、クオリティの高い麺を出す煮干しラーメンの店も少ないよね♪


トッピングされた豚バラ肉の煮豚は、「二郎系営業」でも使用されて、「ネ申月豕」と呼ばれている豚バラ肉のロールチャーシューで!
分厚くて、齧りつくと、とてもジューシーな肉のうま味が感じられる煮豚で、めっちゃ美味しい♪


零一弐三【壱五】-7

今日は、スープが濃かった分、塩分濃度も高かったけど
それでも、いりこがいい出汁出してたので♪

結局、スープまですべて完食!
ご馳走さまでした。


零一弐三【壱参】-0

メニュー:<煮干し営業>

煮干蕎麦…750円/濃厚煮干蕎麦…800円

【限定】圧縮淡麗…780円

チャーシュー…200円/味玉…100円/のり…50円
炊きこみごはん…150円/白めし…100円/豚めし…250円
替え玉(麺のみ)…100円/油そば「和え玉」(味付き)…200円




メニュー:<二郎系営業>

ミニラーメン…750円/ラーメン…810円

大盛券…60円/豚券(1切れ)…120円/お子様ラーメン…500円
白めし…100円/豚めし…250円


零一弐三ラーメン / 東海神駅新船橋駅船橋駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:圧縮淡麗star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年1月8日(月)

零一弐三【壱四】-1

本日のランチは、千葉県船橋市の東葉高速鉄道・東海神駅前にある『零一弐三』へ!

「零一弐三」と書いて「すうじ」と読ませる、こちらの店は、『ちばから』と『中華ソバ 伊吹』という二郎系と煮干しラーメンの人気行列店で修業した元フレンチの料理人である、しょーくんこと池田店主が昨年の3月13日にオープンした店で!

昨年の11月9日から、火、木、金、土の4日間は「二郎系営業」!
日、月の2日間は「煮干し営業」という曜日別の二毛作営業を行うようになった。


本日は月曜日で「煮干し営業」の日!
ただし、成人の日で祝日のため、混雑が予想される。


零一弐三【壱四】-2

だから、早めに行かないといけないと思いつつも
出遅れて、店の前までやってきたのは、あと1分で11時になる時刻。

開店時間の11時15分までは、あと15分強あるけど
すでに、20人超のお客さんが行列を作って待っていた(*_*;

零一弐三【壱四】-3

こんな時間に来たのでは、こうなっちゃうよね(^_^;
最後尾に付いて待つ。

すると、すぐに、お客さんが動き出した。
どうやら、開店時間を15分前倒しして開店してくれたようで


寒風吹き付ける中、待つのも辛いものがあるので
これは、とてもありがたい♪

ただ、さすがに、これだけ前にお客さんがいると、中待ちの広いベンチがある店とはいっても、入店することはできず、外で待つことに
しかし、お客さんの回転が早くて、そう待つことなく、食べ終わったお客さんがゾロゾロと出てきて、入店できたのはよかった♪

そうして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
麺メニューは「煮干蕎麦」と「濃厚煮干蕎麦」の2種類!

零一弐三【壱四】-4

あとは、トッピングのチャーシュー、味玉にサイドメニューの炊き込みご飯だけ。
なお、味付き替え玉の「和え玉」に普通の「替え玉」は、席で注文して、その場で現金払いとなる。


「濃厚煮干蕎麦」と「味玉」の食券を購入して、店内のベンチに座って待つうち
順番がきて、席へと案内されて

カウンターの上に、プラスチック製の食券ならぬ食札を上げて
さらに、その食札の上に百円玉を、2枚置くと

食券を回収にきた、しょーくんからは
「あれっ!?濃厚…」

「どうしたんですか!?」
なんて言われてしまったんだけど
(笑)

しょーくんがそう言って、怪訝な顔をするのも無理はない。
というのも、私は、こちらの店に来ると、いつも「煮干蕎麦」ばかりなので!


でも、じゃあ、何で今日は「濃厚煮干蕎麦」なの!?
それは、今日の「濃厚」は、しょーくんのブログによると

愛媛いりこ、伊吹いりこ、広島特選小羽、九十九里背黒と焼き干しという煮干し構成で!
瀬戸内のいりこがメイン!


そして、このいりこたちがどんな濃厚な出汁を出してくれるのか
興味があったので♪

私が理由を答えなかったので、首を傾げながらラーメンを作り始めるしょーくん(笑)
そうして、素早くラーメンを3個作りすると

できあがったラーメンのうちの1つが私のもとに着丼!
分厚い豚バラ肉のロールチャーシューが2枚に味玉、刻み玉ねぎ青ネギ、板海苔がトッピングされた「濃厚煮干蕎麦」!


零一弐三【壱四】-55零一弐三【壱四】-6

まずは、見るからに煮干しが濃厚そうなグレイッシュブラウンのスープをいただくと
あとで、しょーくんから、1杯当たり125gもの煮干しを使って出汁をとったと聞いたスープは、煮干しが超濃厚!

零一弐三【壱四】-7

しかし、意外に、飲みやすくて!
煮干しのうま味いっぱいのスープに仕上がっていた。


いりこメインで炊いたからだとは思うけど
これが背黒中心だったら、もっとビターで、エグニガな味わいのスープに仕上がっていたはず!

どっちがいいかはお好み次第だろうけど…
上品な濃厚さで、好きだな、このスープ♪


そして、このスープに合わせられた麺は、しょーくんが打つ中細ストレートの自家製麺で!
国産小麦粉の「ゆめちから」と北海道小麦粉の「春よ恋」を使って製麺したという麺で!


零一弐三【壱四】-8

この濃厚煮干しスープに浸かった麺ではわからなかったけど
あとで、「和え玉」で食べたら

とても風味のいい麺で!
小麦粉のうま味も強い麺で!


煮干しラーメンの店で自家製麺で営業している店が少ないこともあるけど
煮干しラーメンの店で、これだけ小麦粉の感じられる麺を出している店を他に知らない

ただ、この麺!
パツッとした歯切れのよさがなくて


つるっ、プツッ
そんな食感だったので

これは、加水率32%だった麺の加水率を上げて、34%にしたからだろうと思ったので、しょーくんに聞いてみたところ
「いいえ、逆に加水率を下げて30%にしています。」という意外な答えが返ってきたので

「パツッとした食感が感じられなかったので、てっきり、加水率を上げたんだろうと思ったのに…」と言うと…
「卵白を繋ぎに使わなくなったからです。」と教えてくれたんだけど…

個人的には、煮干しラーメンで
特に、こういう濃厚系のスープだったら、カタめで歯切れのいいザクパツな食感の麺の方が好みかな

ただ、スープとの絡みはよったので♪
これは、単に個人の好みの問題とは思うけど


それに、前述したように、風味も、うま味もある麺なので♪
淡麗な「煮干蕎麦」だったら、よかったかもしれない。


チャーシューは「二郎系営業」でも使用されて、「ネ申月豕」と呼ばれている豚バラ肉のロールチャーシューで!
分厚くて、齧りつくと、とてもジューシーな肉のうま味が感じられる煮豚で最高♪


零一弐三【壱四】-9

そして、味玉が他店とは違うオンリーワンの味玉なのがいい♪
撮影失敗して画像はないけど
(汗)

『中華ソバ 伊吹』譲りのこの味玉は、『中華ソバ 伊吹』の味玉も含めてキング・オブ・味玉だと思っている逸品!
今日も、とても美味しくいただきました♪


そして、食べている途中に、スタッフのはざまさんの
「和え玉、替え玉希望の方いらっしゃいますか?」という問いかけに答えて、お願いした「和え玉」が、もうすぐ、麺を食べ終わるタイミングで着丼!

零一弐三【壱四】-10

最初は、麺を味わうために、タレと香油のかかっていないところをいただいてから
あとは、よく丼の底のタレと香油と和えて!

「和え麺」のようにしていただいて!
半分ほど食べたら、次に、残しておいたスープにつけて、「つけ麺」のようにして食べて!


零一弐三【壱四】-11

最後は、残った具と麺をスープにダイブさせて!
「ラーメン」のようにして完食!


今日は、ちょっと、いつもとは違う味わいの「濃厚煮干蕎麦」をいただくことができてよかった♪
でも、やっぱり、淡麗な「煮干蕎麦」の方が好みかな


次回からは、また、「煮干蕎麦」に戻そう!
ご馳走さまでした。


零一弐三【壱四】-12

メニュー:<煮干し営業>

煮干蕎麦…750円/濃厚煮干蕎麦…800円
チャーシュー…200円/味玉…100円/のり…50円
炊きこみごはん…150円/白めし…100円/豚めし…250円
替え玉(麺のみ)…100円/油そば「和え玉」(味付き)…200円




メニュー:<二郎系営業>

ミニラーメン…750円/ラーメン…810円
大盛券…60円/豚券(1切れ)…120円/お子様ラーメン…500円
白めし…100円/豚めし…250円


零一弐三ラーメン / 東海神駅新船橋駅船橋駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:濃厚煮干蕎麦star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m