FC2ブログ
訪問日:2018年8月4日(土)

【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-1

本日は、北陸のラーメンブロガーの重鎮であるあみの3さんと女性ラーメンブロガーのわんふるさんと福井プチラーメンツアー!

そうして、まず、『麺屋 鶏っぷ』で3杯のラーメンをシェアしていただいて!
次に向かったのが福井市内に移転して、7月8日オープンした『無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋』!


こちらの店は、福井県坂井市三国町にある「浜地海水浴場」のオン・ザ・ビーチに建つ「海運座」にあって
そのアクセスの悪さから、なかなか訪問できずにいた

今回同様、あみの3さんとわんふるさんのおかげで、昨年の4月にようやく訪問。
「醤油鶏そば(生醤油)」「麗しの中華そば(塩)」「極煮干そば(醤油)」を3人でシェアしていただいた!


どれも、美味しいラーメンだったので!
そのラーメンがアクセスのいい福井市内で食べられるようになって、本当、よかった♪


「La136 山口伊三郎家具」のビルの1階にあった『山頭火』跡地にオープンした店に12時12分12秒にやってきて!
本来なら、まず、店頭にあるウェイティングボードに名前を記入して、待つことになる。


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-2

しかし、この日は、北海道から取り寄せている麺が届かずに臨時休業していた(--;)
でも、大丈夫!

店主には、今日、行くことを事前に伝えてあったので
麺が少量しかないので営業はできないけど、スープはできているので、12時過ぎに来てもらえればラーメンは出せますという連絡があったので♪

入店して、1年4ヵ月ぶりに再会した吉田店主と握手をして!
お客さんのいないカウンター8席の席を3人で占拠
(笑)

【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-3

こちらの店、客席はこの他に4人掛けのテーブル席が2卓に2人掛けのテーブル席が1卓。
広くてモダンで落ち着いた空間にゆったりと客席が配置されているのがいい♪


さて、何を食べようか
券売機にあったメニューは、「縄中華そば(醤油)」と「縄中華そば(塩)」に、「煮干し中華そば(醤油)」、「極み煮干しそば(醤油)」、「鶏絞り白湯そば(生醤油)」の5種類!

【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-4

そこで、3人プラス吉田店主と話し合って、この中からセレクトしたのは
まず、一杯目が「縄中華そば(醤油)」!

二杯目は「煮干し中華そば」、三杯目は「極み煮干し中華そば」!
そして、四杯目は、あみの3さんのリクエストで、「鶏絞りました白湯そば(生醤油)」ではなく、メニューにない塩味の「鶏絞り白湯そば(塩)」
(笑)

今回は、すべてのスープをいただくため、4杯をシェアしていただくことに!
そうして、まず、目の前のオープンキッチンで、吉田店主が1個作りした「縄中華そば(醤油)」が着丼!


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-5
【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-6

今回は、気を遣っていただき、取り分け用の丼を2つ出していただいたので
まず、皆で記念撮影して、後は、3等分して麺とスープを取り分けていただくことができた。

吉田店主!
ありがとうございます。


大判の豚ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューに!
穂先メンマ、笹切りされた長ネギ、小口切りされた九条ネギがトッピングされた美しいビジュアルのラーメン♪


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-7

まずは、「日本一しょうゆ」の生揚げ醤油が芳醇に香るスープをいただくと
東京しゃも、阿波尾鶏、比内地鶏の丸鶏とガラを使って出汁を引いたと吉田店主が話すスープは、地鶏のうま味が口に中に広がって

それに、昆布と、少しの鰹と宗太鰹かな!?
節のうま味も感じられて

これ、めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪
昨年、移転前の店でいただいた、水と地鶏だけで作ったスープの「醤油鶏そば(仮称)」も、かなり美味しいスープだったけど


こちらの方がうま味が強くて!
これは全国でも屈指の味わいのスープだと思う♪


今回、地鶏の種類を替えたのもよかったと思う。
三国の店のときには、純系名古屋コーチンを使っていたはずだけど


私は、食べて美味しいのは名古屋コーチンでも、いい出汁出してくれるのは比内地鶏だと思っているし♪
名古屋コーチンは、出汁の引き方によっては、ワイルドで、鶏臭さも感じられることもあるので


そして、このスープ
飲み終わりのころになると、鶏が香るようになるのもよくて

これだけいい鶏の出汁が出せるのなら
一時、封印していた、水と地鶏のスープを復活させてもいいと思う♪

これなら、尼崎に行って、尼崎のレジェンドに味見してもらったら
合格のお墨付きをもらえるんじやないかな!?

麺は、北海道の函館にある出口製麺から取り寄せているという全粒粉が配合された中細ストレート麺で!
たおやかな口当たりの、モッチリとした食感の中加水麺で!


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-8【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-9

しなやかなコシのある麺で!
小麦粉のうま味がよく感じられて


それに、スープとの一体感があって
スープとの相性はバツグン♪

豚ロース肉のレアチャーシューは、適度な厚みのあるもので!
いいレア感で!


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-10

しっとりとした食感に仕上がっているのがよかったし♪
吉田店主によると


スペインのガリシア栗豚を使っているということだったけど
肉質のいい豚肉が使われていて!

肉のうま味が中に閉じ込められたチャーシューは、噛むと、ジュワっと肉のうま味が滲み出てくる絶品のレアチャーシューで!
このレアチャーシューは、全国区でも、かなり上位に入ってくる逸品だと思う♪


そして、吉田店主によって、再び、1個作りされたラーメンは「煮干し中華そば(醤油)」!
こちらは、どんな麺を合わせるのかと興味深く見ていると

吉田店主によって、取り出されたのは、こちらも、先ほどと同じ函館の出口製麺の平打ちの中太ストレート麺で!
それを茹でる前に、手揉みして、体重をかけて押して、縮れを付け始めた。


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-11

煮干しスープのラーメンに手揉み麺を合わせるのは千葉の流山市にある店神奈川県の横浜市にある店で食べたことがある。
ただし、主流は中細ストレートの低加水麺か加水率低めの中加水麺なのに


そうして、完成した「煮干し中華そば(醤油)」が着丼!
こちらも、大判の豚ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシュー穂先メンマ、スライスしたアーリーレッド(紫玉ねぎ)、小口切りされた九条ネギがトッピングされた美しいビジュアルのラーメンで♪


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-12

先ほどの「縄中華そば(醤油)」と見た目そっくり!
違いは、長ネギか紫玉ねぎの具の違いと、やや、スープの色が違うところか


煮干しラーメンのスープとしては、やや、濃いめに感じるスープをいただくと
あれっ!?

いりこ(白口煮干し)と背黒(青口煮干し)の2種類の煮干しのうま味に背黒のビターさも出たスープで美味しい♪
しかし、このスープからは、鶏のうま味に、鰹か宗太節の節のうま味も感じられたので


それを吉田店主に指摘すると
「ええ、極み煮干しそばは煮干し100%ですけど、煮干し中華そばは鶏と煮干しを合わせたスープですから…」

なんて言うんだけど
知らなかった

「煮干し中華そば(醤油)」は淡麗な煮干しラーメン!
「極み煮干しそば(醤油)」は濃厚な煮干しラーメンだとばかり思い込んでいた
(汗)

「鶏と煮干しスープの比率は50:50ですか?」と聞くと
「ええ、そうです!」と言うんだけど

動物系スープと魚介系スープを合わせるダブルスープの店の場合
醤油ラーメンの場合は80:20!

塩ラーメンの場合は50:50にして
醤油ラーメンの場合は動物系が強いのが多い。

しかし、この会話を聞いていてたわんふるさんから
「煮干しと鶏のいいとこ取りですね♪」なんて言葉が出たけど

その通りで、このスープに限っては、この50:50がいい♪
それは、このバランスじゃないと煮干しが生かされないから


そして、動物系のうま味の上に煮干しのうま味が乗っかっていて!
「縄中華そば(醤油)」もめちゃめちゃ美味しかったけど、これも、同じくらい美味しい♪


そして、手揉みされた平打ちの中太縮れ麺が、また、よかった♪
手揉みすることによって不規則に付けられた縮れが、スープと適度に絡んでくれて美味しくいただけたし!


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-13

カタめのムチッとした食感もよかった♪
ただ、もう少し、茹で時間を長めにして、モチッとした、やや、やわらかめの食感にしてもよかったかもしれない。


何れにしても、この麺はいい!
めっちゃ、気に入った♪


そして、3杯目に着丼した「極み煮干しそば(醤油)」!
こちらは、大判の豚ロース肉のレアチャーシューに豚バラ肉の煮豚が載せられて


穂先メンマ、スライスしたアーリーレッド(紫玉ねぎ)、小口切りされた九条ネギは「煮干し中華そば(醤油)」といっしょ!
こちらものラーメンもビジュアルは美しい♪


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-14

こちらは、先ほどの2つのラーメンとは違う琥珀色したスープをいただくと
ニボッときた!

白口と背黒を水だしして
翌日、追い煮干しして炊いたといった感じの味わいのスープは

いりこのうま味も甘味も感じられるスープで♪
しかし、背黒のうま味とともにビターな味わいもガツンと出たニボラー好みの一杯に仕上がっていた♪


しかし、三国の店で食べたときには、これほど煮干しはきかされていなかったのに
こちらも、美味しくブラッシュアップされていた♪

そんな感想を吉田店主に話すと
「背黒の出汁を出すのに苦労しました。」

「水にπウォーターを使うようになって、鶏はいい出汁出してくれるようになったんですけど、背黒が、まったくいい出汁が出なくなってしまって…」
「いろいろやって、最終的には、背黒は水道水で出汁をとるようにしました。」


「ちなみに、背黒は水道水で、白口(いりこ)はπウォーターで水出ししています。」
なんて話していたけど


こだわってるね!
その分、手間もかかるのに
(-"-;A ...アセアセ

そして、このニボニボスープに合わされた麺は、金沢の石川製麺の中細ストレート麺で!
つるっとしたのど越しのいい麺で!


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-15

しかし、パツっとした歯切れのいい食感の
加水率低めの中加水麺が使われていた!

三国の店のときには、中太ストレートの麺が合わされていて!
このスープにこの麺のセレクトはないよなと思ったので


ただ、今、思うと
もしかしたら、吉田店主は、あのときには、青森の津軽ラーメンをイメージしていたのかもしれないけど

でも、何れにしても、煮干しスープにはバツグンの相性の麺で、この麺の変更はウエルカム!
そこで、吉田店主に


「中細ストレート麺に替えたんですね。」
「これ、加水率31%ですか!?」と聞くと


「30.5%です(笑)」
ニヤッとしながら、そんなマニアックな答えが返ってきたんだけど


自家製麺の店だって、1%刻み。
0.5%刻みで加水率にこだわるとは
(-"-;A ...アセアセ

そして、スペインのガリシア栗豚の豚ロース肉のレアチャーシューとともにトッピングされていた豚バラ肉の煮豚
脂身の甘味を感じる煮豚で!

めっちゃ美味しくて♪
煮干しスープには、豚バラ肉の煮豚が合うよね!


でも、このラーメンだけに、別にチャーシューを用意するなんて
本当、こだわりが強いよね、吉田店主!

すると、その吉田店主から
「これ、イベリコ豚使っているんですよ!」なんて、嬉しそうに話していたけど

本当、スープにしても、麺にしても
そして、チャーシューまでも、めちゃめちゃこだわってる(-"-;A ...アセアセ

そうして、最後に出てきたのは「鶏絞り白湯そば(塩)」!
こちらも、先ほど、『麺屋 鶏っぷ』でいただいたのと同じ、関西で流行りの泡系鶏白湯!


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-16

豚ロース肉のレアチャーシューカイワレアーリーレッド(紫玉ねぎ)がトッピングされた!
こちらも、とても美しいビジュアルのラーメン♪


吉田店主によると
「縄中華そば」の鶏清湯スープをとった後のスープに手羽元も加えて、強火で炊いたという乳化した鶏白湯スープを、最後にバーミックス(ブレンダー)で泡立てたもの!

美白なカプチーノのように泡立ったスープをいただくと
適度な濃度と粘度もあって、鶏のうま味も感じられる♪

ただ、ちょっと、味がボヤッとしていて
塩ダレとスープが合っていないような

あみの3さんが、醤油味ばかりなので、わざわざ、気をきかせて塩味をリクエストしてくれたのに申し訳ないけど
これは、生醤油のカエシで食べてみたかったかな(-"-;A ...アセアセ

麺は「縄中華そば」と同じ麺ということだったけど
茹で時間が違うのか!?

【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-17

つるモチのやわらかめの食感に感じられて!
スープがいい感じに絡み付いてくれてよかった♪


しかし、吉田店主のラーメンの進化には、本当に驚かさせられたし
それで、帰り際に、吉田店主に

「東京出店してください!」
「マジでお願いします!」と言ってしまったくらい


堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-18

PS あみの3さん
わんふるさん


昨夜の『貧瞋癡』ナイトも!
今日の『鶏っぷ』に『牟岐縄屋』への福井プチ遠征も


そして、最後は、金沢までお送りいただいて
本当、お世話になりました。

また、北陸遠征に行くときは、お付き合いくださいませ。
ありがとうございました。


【新店】無化調らぁ麺専門店 牟岐縄屋-19

メニュー:縄中華そば(醤油/塩)…820円
煮干し中華そば(醤油)…840円
極み煮干しそば(醤油)…900円
鶏絞り白湯そば(生醤油)…900円


牟岐縄屋ラーメン / まつもと町屋駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:縄中華そば(醤油)star_s50.gif
煮干し中華そば(醤油)star_s50.gif
極み煮干しそば(醤油)star_s50.gif
鶏絞り白湯そば(塩)star_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年8月4日(土)

麺屋 鶏っぷ【弐】-1

昨夜は、北陸の有名ラーメンブロガーのあみの3さんわんふるさんと氷見の『貪瞋癡』で美味しいワインと料理をいただいて!
最後は絶品の味わいの一期一会の限定ラーメンで〆て♪


とても楽しい夜を過ごすことができました。
あみの3さん、わんふるさん、そして、『貪瞋癡』の紅出店主、ありがとうございました。


そして、わんふるさんには、ホテルまで送り届けていただいて
お礼の言葉もございません。

そうして、今朝は、あみの3さんにホテルに迎えに来ていただいて
金沢に向けて出発!

金沢で、わんふるさんと合流して!
わんふるさんの真紅のSUVで向かったのは福井!


そうして、まず、向かった店は、5月29日にレギュラーメニューをリニューアルしたという『麺屋 鶏っぷ』!
こちらの店は、ラーメン専門誌「ラーメンWalker北陸2017」で福井県総合第1位に輝やいた店で♪


店主は、千葉県の八千代市にあるラーメン王・石神秀幸さんが校長を務める『食の道場』出身!
2013年12月20日に福井県福井市にオープン!


しかし、繁盛店ではよくある話しだけど、駐車場問題で揉めて
2016年8月16日に郊外の福井県越前市に移転オープンを余儀なくされた。

しかし、車でしか来れない不便な場所に移転しても、人気は衰えず、週末ともなると多くのお客さんが訪れる!
そんな店へ、午後の10時40分になる時刻に訪れると


店頭に置かれたベンチにお客さんの姿はなし。
ただし、店の前に6台分ある駐車場には1台の車が停まっていて!


私たちが駐車場に車を滑り込ませると
車から1人、お客さんが出てきて、ベンチに座った。

惜しくもポール獲得ならず
そこで、私たちも、そのポールのお客さんに続いてベンチに座ると

すぐに、どんどんと車がやって来て、店の前の駐車場は満車になって!
店の前に停められなかったお客さんは、店の裏手にある第二駐車場に車を停めるという人気ぶり!


でも、よかった!
ほんの数分遅れていたら、この炎天下の中、かなり外待ちすることを余儀なくされたのに、ギリギリ回避することができた♪


11時に定刻開店!
入店して、まず、券売機で食券を購入する。


麺屋 鶏っぷ【弐】-2

メニューは「TRIPぁいたん」に「地鶏の中華SOBA」の鶏白湯スープと鶏清湯スープのラーメンで!
それぞれに「醤油」と「塩」が用意されている。


「TRIPぁいたん」の「醤油」は、カエシに烏賊魚醤(いしり)がブレンドされて、最後にマー油を数滴垂らしたもののようで
独特の苦味と香りがスープのうま味を一層引き立てるものということだったけど

麺屋 鶏っぷ【弐】-3麺屋 鶏っぷ【弐】-4麺屋 鶏っぷ【弐】-5麺屋 鶏っぷ【弐】-6

これは、以前にあった「鶏白湯ラーメンくろ」の後続になるのかな!?
こちらの店は、また、大胆にスープをリニューアルして、さらに美味しくなったと、こちらに来るまでの車の中で、あみの3さんから聞かされていたけど

「熊本ラーメン」に使われるマー油を使うのは変えてないんだね
それに、烏賊魚醤というのが引っ掛かる

というのも、私は烏賊の刺身に塩辛は大好きなくせに、烏賊の煮物や烏賊煮干しで出汁をとったスープが苦手なのと(--;)
ほろ苦いマー油を鶏白湯スープにかけるのも、あまり好みではないので(汗)

これに対して、「TRIPぁいたん」の「塩」は、蛤や海老のうま味を移した塩ダレが使用されて!
香味油に濃厚甘海老油が使われたもので!


こっちがいいなと思っていたら
あみの3さんから

「TRIPぁいたん」は「塩」にして、「地鶏の中華SOBA」は、「醤油」と「塩」にしてシェアしましょうかという提案があった!
もちろん、喜んで♪


そうして、案内された4人掛けのテーブル席について、少し待つうちに
早くも3つのラーメンが運ばれてきた。

まず、私のもとに着丼したのは「地鶏の中華SOBA(醤油)」!
大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューと小ぶりな鶏ムネ肉のレアチャーシューメンマ九条ネギが重ねて盛りつけられて!


スープに笹切りされた長ネギが浮かぶ醤油ラーメンで!
麺がキレイに揃えて盛りつけられているのがよかった♪


麺屋 鶏っぷ【弐】-7麺屋 鶏っぷ【弐】-8

それに、ラーメン丼もリニューアルされていたのもよかった♪
以前はハットをひっくり返したようなデザインのもので


このデザインの丼は、「食の道場」出身の店でよく使われていたラーメン丼だったけど
デザインはお洒落かもしれないけど、スープをレンゲですくい難いし

デッドに丼に口をつけて、スープを飲み干すことができないので
この変更は大歓迎♪

まずは、会津地鶏、近江しゃも、名古屋コーチンの3種の地鶏スープに魚介を重ねて
たまり醤油、濃口醤油、再仕込み醤油、生しょうゆをブレンドしたカエシと合わせたともいうスープをいただくと

ふわっと醤油が香るスープで♪
地鶏のうま味に鰹節、鯖節、煮干しを合わせてバランスよく仕上げたスープで、以前のスープとは別物!


以前は鶏のうま味も、そんなに強くは感じられなかったし
トリュフオイルかポルチーニトリュフオイルかが使われていて

しかし、このオイルのアロマが、あまり、好きな香りではなくて
ミシュランの一つ星の店をリスペクトして、そうしているのかもしれないけど

このオイルは、もう一つだったかなという記憶があったのに
そんなものに頼らず、スープの出汁のうま味で勝負するように変えてきたのがよかったし♪

それに、近江しゃもに名古屋コーチンを使っているということで
スープの炊き方にもよるけど、鶏のワイルドさがどんな風にスープに出ているのか!?

あまり出すぎてしまうと、鶏臭さが気になることもあるので
でも、このスープからは、よくも悪くも鶏のワイルドさは感じられずに!

ちょっと、淡麗すぎるかなという気もしたけど
滋味深い味わいのスープで、スープは驚くほど美味しく進化していた♪

麺は、北海道産小麦粉の「はるよ恋」、「ゆめちから」、「きたほなみ」の3種類の強力粉と、石臼挽の「はるよ恋」全粒粉をブレンドした自家製麺で!
中細ストレートの麺は、つるっとした啜り心地のいい麺で!


麺屋 鶏っぷ【弐】-9

パツッとした歯切れのよさもある食感の中加水麺で!
のど越しのよさもあって!


小麦粉のうま味が感じられて!
スープとの相性もバツグン♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、ソミュール液で味付けられていて!
塩加減はいい塩梅だったし♪


ブラックペッパーなどのを使ったスパイシーな味付けもよくて♪
ただ、レア感に乏しくて、見た目の色が悪いのだけが、ちょっと、残念


ただ、「TRIPぁいたん(塩)」に載せられていたものはレア感があって、見た目もよかったので♪
たまたまだったのかな
!?

麺屋 鶏っぷ【弐】-10

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、よくある、ジップロックを使って低温調理されたレアチャーシューではなく
解説によると、地鶏の鶏油を使ってコンフィされたものということだったけど

食べても、その違いは、よくわからなかった(汗)
でも、やわらかくて、しっとりとした食感に仕上げられていてよかったと思う♪

そして、次にいただいたのが、わんふるさんから回ってきた「地鶏の中華SOBA(塩)」!
こちらも「地鶏の中華SOBA(醤油)」同様、大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューと小ぶりな鶏ムネ肉のレアチャーシューメンマ九条ネギが重ねて盛りつけられて!


スープに笹切りされた長ネギが浮かぶ!
スープの色以外は、麺がキレイに揃えて盛りつけられているのもいっしょの塩ラーメン♪


麺屋 鶏っぷ【弐】-11麺屋 鶏っぷ【弐】-12

こちらは、会津地鶏、近江しゃも、名古屋コーチンの3種の地鶏スープに魚介を重ねて
あさりや鯛などのうま味をプラスした塩ダレを合わせたスープは

地鶏のうま味に節、煮干しによる魚介のうま味!
さらに、あさりに鯛のうま味も合わさって


それに、日本酒(?)と思われるようなうま味も感じられて
コクがあって、深みのあるスープで

「醤油」もよかったけど、個人的には、こちらの「塩」の方が好み♪
めちゃめちゃ美味しい!


麺は「醤油」といっしょの中細ストレートの自家製麺で!
「醤油」スープとの相性もよかったけど、「塩」スープとも相性バッチリだったし♪


そうして、最後に回ってきた「TRIPぁいたん(塩)」!
こちらは、チャーシューは大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューが1枚だけで


メンマ、水菜アーリーレッド(紫玉ねぎ)が、バーミックス(ブレンダー)で泡立てられたスープの上に盛りつけられた
彩りも鮮やかで、美しいビジュアルのラーメン!

麺屋 鶏っぷ【弐】-13麺屋 鶏っぷ【弐】-14

カプチーノのように泡立つ美白のスープをいただくと
国産の鶏ガラを強火で長時間炊いた鶏白湯スープを蛤、海老のうま味を移した塩ダレと合わせて、甘海老油で仕上げたスープは

スパイシーな味わいのスープで!
この味、結構、好きだな♪


昨年、限定でいただいた「鶏白湯塩」は、塩の尖りを感じる、しょっぱい味わいのスープで
ちょっと、私の好みからは外れる一杯だったので

そこが、少し心配だったけど
この塩ダレからは、まったく尖りなど感じられず

しょっぱいどころか
むしろ、甘みさえ感じられてよかった♪

ただ、麺だけは、ちょっと
「地鶏の中華SOBA」の「醤油」、「塩」と同じ全粒粉入りの中細ストレート麺が兼用で使われていて

昨年も、同じことをブログに書かせていただいたけど
鶏清湯スープには、とても合っている麺だと思けど、この鶏白湯スープには麺が完全に負けてしまっているので

もっと太くて、加水率の高い麺を合わせるべきだと思うし
せめて、加水率だけでも変えるべきだと思う。

しかし、そう言いながらも、スープもカエシも麺も
スゴく美味しくなっていて♪

昨年、訪問したときには、マー油とか辛味とかトリュフオイルとか
スープ自体の美味しさではなく、小手先に頼っていたようにも見受けられたのに

3杯とも、美味しくいただきました♪
ご馳走さまでした。


麺屋 鶏っぷ【弐】-15

PS 今年は、同じ福井県のラーメン店である『めん屋さる』『牟岐縄屋』とともに「福麺会」を結成!
あるテーマに沿ったラーメンが各店で限定で提供されたり!


この「福麺会」と、さらに金沢の『そらみち』がコラボして
その日1日だけしか食べられない限定ラーメンを作ったりして!

福井のラーメンを盛り上げる活動をしていて!
こちらも楽しみ♪


麺屋 鶏っぷ【弐】-16

メニュー:TRIPぁいたん(醤油/塩)…各800円

地鶏の中華SOBA(醤油/塩)…各800円

麺大盛…各+100円
味玉…各+100円/のり玉(味玉+のり4枚)…各+150円/特製(味玉+のり4枚+メンマ×2+豚と鶏チャー+各1枚)…250円




味玉…100円/メンマ…100円/のり…50円
豚ロースご飯…250円/あぶりチーズチャーシューご飯…300円/白ご飯…120円
和え玉…150円/ニボ茶めし…150円


鶏っぷラーメン / 北府駅越前武生駅武生駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:地鶏の中華SOBA(醤油)star_s40.gif
地鶏の中華SOBA(塩)star_s45.gif
TRIPぁいたん(塩)star_s40.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年5月27日(土)

麺屋 鶏っぷ-1麺屋 鶏っぷ-2

北陸プチラーメンツアー2日目!

この日は、福井県内の3軒のラーメン店を回る予定で、北陸の有名ラーメンブロガーのあみの3さんとともに、金沢のラーメン大好き女子のワンふるさんの真紅のSUVに同乗させてもらって♪
『めん屋さる』『クレープBON』と回って、本日3軒目に向かったのが麺屋 鶏っぷ


こちらの店は、ラーメン専門誌「ラーメンWalker北陸2017」で福井県総合第1位に輝やいた店で♪
店主は、千葉県の八千代市にあるラーメン王・石神秀幸さんが校長を務めている『食の道場』出身!


2013年12月20日に福井県福井市にオープン!
しかし、繁盛店ではよくある話しだけど、駐車場問題でもめて


2016年8月16日に郊外の福井県越前市に移転オープンを余儀なくされた。
しかし、車でしか来れない不便な場所に移転しても、人気は衰えず、大盛況だという!


そんな店へ、午後の1時20分になる時刻に訪れると
店の前に6台分ある駐車場は満車で!

店の前には、大勢のお客さんの姿があった
これは、食べ終わったお客さんが出てくるまで、店の前で待機だな

と思ったんだけど
でも、大丈夫♪

店の裏に広い第2駐車場がある!
そうして、車を停めて店の前にやってくると


ワンふるさんが、つかつかと店の中へと入っていったので
後を追ってついていくと

入口を入って、さらに、その先にある木製の引戸を開けて中へと入っていって
すぐ、右先にあった用紙に名前と人数を書き入れていたんだけど

こちらの店は、ファミレス形式で、名前を書いて、呼ばれるまで待つシステムが取られていた。
ワンふるさんは、これを知っていたので、真っすぐに中へと入っていったんだけど


これ、初めて来たお客さんはわからないよね(汗)
よくよく見ると、店の入口の右側の壁に貼り紙がされていたけど

麺屋 鶏っぷ-3

これはわかりにくいし
やるのであれば、外に順番待ちの用紙を載せた台を置かないと

よく考えてみれば、お客さんが行列を作らずに、バラバラに店の前で待機していたので
おかしいと思うべきかもしれないけど

なお、待っていると、スタッフの女子が店の中から出てきて
私たちに

「食券を購入されました!?」と聞いてきたので…
「まだです。」と答えると…

先に食券を買い求めるように促されて
奥の引戸を開けて店内へと入って

左側の壁際にあった券売機で食券を購入することになったんだけど
メニューは、「鶏白湯醤油」、「鶏白湯ラーメンくろ」、「鶏白湯ラーメンあか」、「醤油そば」!

麺屋 鶏っぷ-4麺屋 鶏っぷ-5

さらに、限定で「鶏白湯塩」があって!
「魚介鶏そば」というメニューもあったけど、今日は提供されていなかった。


麺屋 鶏っぷ-6

この中からセレクトしたのが、「鶏白湯ラーメンあか」、「醤油そば」に、限定の「鶏白湯塩」!
「鶏白湯ラーメンあか」と「鶏そば」は、あみの3さんが、これは食べるのが当然でしょうという感じで、ポチポチとボタンを押したんだけど


迷ったのが、代表メニューの「鶏白湯醤油」にするか
限定の「鶏白湯塩」にするか

あみの3さんから聞かれて
限定の「鶏白湯塩」と答えてしまってことが

後々、後悔することになるんだけど
このときにはわからなかった

そうして、食券を買い求めて、再び外に出て、炎天下の中、到着から35分を要して、ようやく入店することができたんだけど
店頭は、日陰がなく、容赦ない日差しが降り注ぐので(汗)

女子は日傘!
男性も帽子を被るなどして、熱中症対策をしないとね


テーブル席へと案内されて、さらに7分ほど待たされて、ようやく、オーダーした3杯のラーメンが着丼!
そうして、まず、いただいたのが「鶏白湯ラーメンあか」!


麺屋 鶏っぷ-7麺屋 鶏っぷ-8

本当は、最後に食べたかったんだけど
皆で、着丼したラーメンの撮影をして、私に、スープの上に、真っ赤な唐辛子の絨毯が敷き詰められた一杯が回ってきてしまった(汗)

「結構、辛いですか!?」
あみの3さんにお聞きすると


「いや、辛そうに見えるけど、韓国唐辛子が使われているので、辛くないです。」と言い切るあみの3さん
そこで、意を決して、真っ赤に染まったスープをいただくと

ゲホゲホゲホ
不覚にもむせてしまった(汗)

「辛いじゃないですか!」
あみの3さんに抗議すると
(笑)

「いや、前に食べたときは辛くなかったんだけど…」というので…
帰りがけに、若き店主に、この唐辛子は韓国唐辛子が使われているのか聞いてみたところ

「韓国唐辛子も使っていますけど、日本の唐辛子も使っています。」という答えが返ってきて…
やっぱり、辛いじゃないですか
(笑)(汗)

そこで、この赤い唐辛子を避けて
褐色のスープだけを飲んでみると

モミジを強火で長時間炊いて!
時間差で鶏ガラを投入して作ったと思われる


トロッとした粘度のあるスープで!
しっかり、鶏ガラのうま味も出ていた。


中細ストレートの自家製麺も食べてみる。
スープを飲むより辛くはない。


麺屋 鶏っぷ-9

でも、汗が滲み出てきて
唐辛子が一面に付着した鶏と豚と思われるチャーシューにチャレンジしようかと思ったけど

麺屋 鶏っぷ-10

これは、あみの3さんにお任せすることにした(笑)
やっぱり、「あか」ではなく、ノーマルがよかったな(汗)

次に、ワンふるさんから回ってきた「鶏白湯塩」をいただいたんだけど
こちらは、鶏ムネ肉豚肩ロース肉のレアチャーシューにメンマアーリーレッド(紫玉ねぎ)、白髪ネギがトッピングされたラーメンで!

麺屋 鶏っぷ-11麺屋 鶏っぷ-12

この後にいただいた「醤油そば」もそうだけど
ラーメン丼の形も盛りつけも、同じ『食の道場』出身の千葉県鎌ケ谷市にある『麺道我飯(めんどうわがまんま)』や東京・十条にある『らぁ麺 さくららん』に似ているような

鶏白湯ラーメンに、普通は豚骨ラーメンに合わせる、熊本ラーメンの黒いマー油を掛けた「鶏白湯ラーメンくろ」というメニュー
これなんか、完璧に『麺道我飯』と被るし

そうして、スープをいただくと
スープは、「鶏白湯ラーメンあか」同様、モミジによる粘度も、鶏ガラによるうま味も出ていたし♪

スープはいい♪
でも、塩ダレが


こちらは、刺すような塩気を感じてしまって
これなら、断然、「鶏白湯醤油」がおすすめ♪

つい、「限定」という言葉に釣られてしまった
プチ後悔

そして、このスープに合わされた中細ストレートの麺は
つるっとした啜り心地のいい麺で!

麺屋 鶏っぷ-13

パツッとした歯切れのよさもある食感の中加水麺で!
のど越しのよさもあって!


清湯スープのラーメンには相性バツグンの麺だし♪
白湯スープにも合わないことはない!


ある意味、オールマイティーな麺といえるかもしれないけど
自家製麺なら、もっと太くて、加水高めの、より、スープに合った麺を用意してもらいたかったかな

トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、ふっくらとした仕上がりの一品でよかったし♪
豚肩ロース肉のレアチャーシューも、肉のうま味閉じ込められた美味しいチャーシューでよかった♪


そうして、最後にいただいた「醤油そば」は
鶏ムネ肉豚肩ロース肉のレアチャーシューにメンマ、白髪ネギと三つ葉がトッピングされたラーメンで!

麺屋 鶏っぷ-14麺屋 鶏っぷ-15

スープをいただくと
鶏のうま味は感じられる。

ただ、何だろう
この香り

トリュフオイルか!?
ポルチーニトリュフオイルか!?

このオイルのアロマは
あまり、好きな香りではなかったかな

ただ、中細ストレートの麺は、今まで食べてきた鶏白湯スープでは、もう一つ、力を出し切れていない感じに思えたけど
この鶏清湯の醤油スープとバッチリ合っていていてよかったし♪

麺屋 鶏っぷ-16

具のメンマも、カタメの何とも独特のコリッとした食感もよかったし♪
この福井県No.1ラーメン店の若き店主の作るラーメンは、良いところと悪いところが混在したラーメンという印象


もっとも、地元の越前市内だけではなく、福井市内からも、これだけ多くのお客さんが来ているので、余計なお世話かもしれないけど
全国を見据えるならば

小手先に頼るのではなく
スープ、カエシ、麺とも、もっと、ブラッシュアップさせて!

もっと、上のレベルのラーメン作りを目指していただければと思う♪
ご馳走さまでした。


麺屋 鶏っぷ-17
麺屋 鶏っぷ-18

メニュー:鶏白湯醤油…800円/味玉鶏白湯醤油…900円/のり玉鶏白湯醤油…950円

鶏白湯くろ…800円/味玉鶏白湯くろ…900円/のり玉鶏白湯くろ…950円

鶏白湯あか…800円/味玉鶏白湯あか…900円/のり玉鶏白湯あか…950円

醤油そば…780円/味玉醤油そば…880円/のり玉醤油そば…930円

【限定】鶏白湯塩…800円/味玉鶏白湯塩…900円/のり玉鶏白湯塩…950円

麺大盛…100円

味玉…100円/メンマ…100円/のり…50円

白ご飯…120円/和え玉…150円/ニボ茶飯…150円


鶏っぷ



関連ランキング:ラーメン | 北府駅越前武生駅武生駅



好み度:鶏白湯あかstar_s35.gif
鶏白湯塩star_s30.gif
醤油そばstar_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年5月27日(土)

クレープBON-1

北陸ラーメンプチツアー2日目の2軒目に向かったのが『クレープBON』!

こちらの店は、福井市内にあるクレープ店!
しかし、『元祖一条流がんこ直系二代目』のラーメン店でもあって!


ラーメンは、週一回!
土曜日の12時から2時間のみ提供されるという


クレープBON-2

そんな話しを、北陸のラーメンブロガーであるあみの3さんからお聞きして
金沢のラーメン大好き女子のワンふるさんの真紅のSUVで、あみの3さんと3人で店の前までやってくると

あいにく、店の前に3台ある駐車場スペースは満車で
店の左奥にある、コインパーキングに車を停めることに

すると、店の勝手口から、アロハシャツを着た白髪の紳士が現れたんだけど
あみの3さんによると、彼が「元祖一条流がんこ二代目」で、家系図にも直系と記載のある伊藤店主ということだった。

空によく映える白が美しい♪
スタイリッシュでモダンな外観の店へと入店すると


お洒落で、明るくて、清潔な店内には、2人掛けの小さなテーブル席が4卓あって!
壁際には、テイクアウトのクレープが出来るのを待つベンチも2つ用意されていた。


奥のテーブル席には福井マダムがお一人
ベンチには若い女子二人。

オープンエアの店の入口近くのテーブル席に、隣のテーブルをくっつけて、あみの3さんとワンふるさんと3人で座る。
しかし、卓上にメニューはなく、壁に掲げたメニューは、クレープとスイーツにドリンクのみ


クレープBON-3

あみの3さんの話しでは、入口にボードがあるはずということだったけど
今日はなかったし

もしかして、ラーメンやめちゃったとか!?
あるいは、今日は「なし」とか(汗)

不安に思っていたところ
店の奥からスタッフの女子がラーメンを持って現れて

福井マダムにラーメンが配膳されたので
今日もラーメンが提供されていることがわかって、ほっと一息

そして、スタッフの女子に向かって、あみの3さんが
「ラーメンを3つ注文したいんですけど…」と言うと…

「今日は醤油ラーメンの提供になります。」との答えがあったので…
今回はシェアせずに、全員が「醤油ラーメン」をオーダー!

しかし、福井マダムのもとにラーメンが出されたので、私たち以外にもラーメンを求めて来店するお客さんがいたんだと安心したけど(笑)
このお洒落な外観に内装の店でラーメンが食べられるなんて、とても思えない(汗)

そうして、3人でお喋りをしながら、少し待っていると
真っ赤なラーメン丼に入れられた「醤油ラーメン」が着丼。

クレープBON-4クレープBON-5

この赤い丼
軽くて

プラスチックなのかと思ったら
あみの3さんによると

アルミ真空2重構造の断熱保温容器だそうで
保温と同時に容器が熱くならない配慮がなされた丼なんだそう♪

豚モモ肉の煮豚ハーフ味玉カイワレフライドオニオンフライドガーリック、刻みネギなどがトッピングされた
およそ『がんこ』らしくない見た目のラーメン

スープをいただくと
しょっぱくな~い(笑)

「悪魔ラーメン」が有名な『がんこ』のスープといったら、超しょっぱくて(汗)
でも、それが癖になるスープなのに、見た目同様、このスープからも『がんこ』らしさは、微塵も感じられなかったかな

スープは、鶏ガラに香味野菜で炊いたといった感じのあっさりとした味わいのスープで!
香味野菜の香味と甘味を感じられるのがいい♪


そして、フライドオニオンやフライドガーリックが淡麗なスープにパンチを与えていて!
悪くはないとは思うけど


私は、出汁のうま味で飲ませてくれるスープが好みの人なので
ちょっと、好みからは外れるスープだったかな

ただし、麺は、黄色い色した中細縮れの卵麺が合わせられていて
麺だけは『がんこ』らしさの片鱗が見られた。

クレープBON-6

そして、この長方形の断面したウェーブの付けられた麺は、プリプリとした食感の中加水麺で!
なかなか食感のいい麺だったし♪


熟成された麺からは、麺のうま味が感じられたのもよくて
縮れが付けられているので、スープとも、しっかり絡んたのもよかった♪

チャーシューに使われた豚モモ肉の煮豚は、脂身のない肉が使われて!
厚切されたものだったけど


よく煮込まれていて、やわらかかったし!
肉のうま味も感じられるものでよかった♪


クレープBON-7

ハーフ味玉は、中まで味は滲みてはいなかったけど
黄身がトロッと半熟加減だったのがよかった。

期待した『がんこ』の味わいとは違うラーメンだったし
今日の「醤油ラーメン」に関しては、個人的に好みのラーメンではなかったけど

あみの3さんの話しでは
「塩ラーメン」には大葉が入るというし!

ミョウガが入るラーメンもあって
毎回、味も、使用する麺も違うということだったので!

そういう面白さはあるし!
近くにあったら、また、来てみたい店♪


でも、味云々より、今日は、なかなか来れない福井市で!
土曜日の2時間だけしか食べられない希少なラーメンを食べることができて、よかったし♪


それに、このおよそラーメン店らしくない空間でラーメンが食べられたのも楽しかった♪
ご馳走さまでした。


クレープBON-8

メニュー:醤油ラーメン…850円

クレープBON



関連ランキング:クレープ | 仁愛女子高校駅市役所前駅福井駅



好み度:醤油ラーメンstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年5月27日(土)

めん屋さる-1めん屋さる-2

北陸プチラーメンツアー2日目!

金沢のラーメン大好き女子・ワンふるさんの真紅のSUVに同乗させてもらって、北陸自動車道を疾走!

あみの3さんとともに3人で向かったのは福井!
そうして、やってきたのは、昨年の10月18日にオープンした『めん屋さる』!


こちらの店は、週末土日のみ提供されるラーメンが美味しいと評判の『バーhand』でラーメン作りをしていた永平店主が開業した店!
『バーhand』時代から永平店主のラーメンを食べて、店をオープンしてからも、何度か通っているあみの3さんにワンふるさんの話しによると


メニューは「煮干しラーメン」に「醤油ラーメン」の2本立てで!
スープは、煮干しスープに鰹スープ、鶏ガラスープのトリプルスープを雪平鍋で合わせる方式!


オープン当初は、これに追い煮干ししたものを「煮干しラーメン」!
追い鰹したものを「醤油ラーメン」として販売していたようだけど


縁あって、金沢の『そらみち』青山店主と出会って、4月からスープをリニューアル!
2日から、鶏をブロイラーから京都の地鶏である「丹波黒どり」に変更。


めん屋さる-4めん屋さる-5

カエシに使う醤油も「にほんいち醤油」の生揚げ醤油に変えて!
あみの3さんの話しでは、開店当初の面影がないくらい、美味しく変貌を遂げているということだった。


ただ、ワンふるさんからは、まだ、発展途上なので、温かい目で見てほしいということだったので!
多大な期待はせずに訪問
(笑)

店の共同駐車場に車を滑り込ませたのは、開店時間の11時ジャスト!
ちょうど、店の中から女性スタッフの方が出てきて暖簾を掛けようとしているところだった。


ポールで入店!
まずは、店を入って、すぐ、左にあった券売機で、「特製煮にぼし」、「特製しょうゆ」、「しょうゆ」の3枚の食券を購入して席へ!


めん屋さる-3

ウッディーでナチュラルなインテリアの明るい店で!
客席は、オープンキッチンの前に一直線に並んだカウンター席8席と4人掛けのテーブル席が3卓。


そして、厨房には、永平店主と永平店主のお母さまに女性スタッフの3人の姿があった。
親しみを持って「さる」の愛称で呼ばれている店主は、「SARU」の帽子を愛用しているという情報だったけど


今日もトレードマークのキャップを被っていて
カメラを向けると、おどけたポーズで応えてくれた(笑)

めん屋さる-6

食券をカウンターの上に上げると、さっそく、ラーメン作りに入る永平店主!
まずは、厨房内のスチームコンベクションオーブンで焼かれたと思われる豚モモ肉と豚肩ロース肉のレアチャーシューに、目の前の、真空調理器で調理されていた鶏ムネ肉のレアチャーシューを包丁でカットしていく!


ただ、ミートスライサーがあるのに、何で包丁で切るんだろうと思ったので
永平店主に聞いてみると

最初はミートスライサーでカットしていたらしいけど
掃除が大変で、やめたんだそう(笑)

そうして、チャーシューを切り終えると
ラーメン丼を3個取り出して

2つの丼には、濃いめの醤油色したカエシと鶏油と思われる黄色い色した香油が入れられて
もう一つの丼には琥珀色のカエシ黄金色した煮干し油と思われる香油が入れられて

めん屋さる-7

それを、茹で麺機のテボの上に置いて
ラーメン丼を温めていく。

次に、2つあった小さな寸胴のうちの1つからスープが雪平鍋に移されて
さらに、もう一つの寸胴から、また、違う雪平鍋にスープが移されて

2つの雪平鍋が4口あるガス台の火に掛けられていく
そうして、頃合いを見て、麺を茹で麺機のテボの中に投入して、茹でていくと

カエシと香油の入ったラーメン丼に温まったスープが張られて!
茹で上がった麺が湯切りされて、ラーメン丼に納められると


めん屋さる-8

箸を使ってキレイに麺が整えられて
最後に、具が盛りつけられて、完成したラーメンがお盆に載せられて運ばれてきた♪

めん屋さる-9

まずは、デフォルトの「しょうゆ」から
豚肩ロース肉のレアチャーシュー太メンマ万能ネギ、海苔が載る、シンプルながら美しいビジュアルのラーメン♪

めん屋さる-10めん屋さる-11

生揚げ醤油が香るスープをいただくと
丹波黒どりの地鶏のうま味いっぱいのスープで♪

鶏油がスープにコクとうま味を与えていて!
めっちゃ美味しいじゃないですか♪


それに、昆布と煮干しのうま味!
そして、アサリと思われる貝出汁のうま味も感じられて!


鶏のイノシン酸のうま味に昆布のグルタミン酸のうま味とアサリのコハク酸のうま味を足してやることで
スープのうま味を増幅させていて♪

思い描いていた、鶏と鰹出汁のスープではなかったけど
思った以上に美味しくて、クオリティの高いスープだったのには驚かされた♪

麺は、あみの3さんの話しでは、『そらみち』と同じ石川製麺の麺ということだったけど
中細ストレートの麺は、つるパツな食感の中加水麺で!

めん屋さる-12

啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさもあって♪


スープとの相性もよかったし!
この麺なら、どんな清湯スープにも合いそう♪


なお、こちらが「特製しょうゆ」で!
デフォの「しょうゆ」ラーメンとの違いは


豚肩ロース肉のレアチャーシューの他に、薔薇の花びらのように盛りつけられ豚モモ肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューの2種類のチャーシューが加わって、チャーシューが3種類になるのと♪
味玉がトッピングされること!


めん屋さる-13めん屋さる-14

トッピングされた3種類のチャーシューのうち、まず、豚肩ロース肉のレアチャーシューは、厚みがあって!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューだったし♪


豚肩モモ肉のレアチャーシューは、まず、目で楽しめるのがいいし♪
そして、薄切りされているので、モモ肉でもカタさを感じず、ストレスなく食べられたし!


薄いといっても、生ハムのようにペラッペラにスライスされたものとは違って、それなりの歯応えのあるチャーシューで!
肉のうま味も感じられてよかったし♪


昆布〆されたという鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
塩加減もちょうどいい感じで、美味しくいただけたし♪


めん屋さる-15

そして、味玉も、黄身の半熟具合が最高で!
白身にもしっかり味がしみた美味しい味玉でよかったし♪


めん屋さる-16

そして、ここで、「特製にぼし」にスイッチ。
「特製しょうゆ」同様、薔薇の花びらを象った豚モモ肉のレアチャーシュー豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューの3種のチャーシューと味玉、太メンマ万能ネギ、海苔がトッピングされた具沢山のラーメン♪


めん屋さる-17めん屋さる-18

まずは、煮干しのフレーバー漂うスープをいただくと!
煮干しがガツンと効かされているのがいい♪


スープは、ベースの鶏ガラスープに大量の煮干しをぶち込んで作ったといった感じの味わいのスープで!
煮干しは、背黒、白口、平子とウルメ煮干しを使ったということだったけど


背黒(青口煮干し)のうま味に、いりこ(白口煮干し)の甘味!
そして、平子のビターな味わいの出たスープは、ニボラー好みの味わいに仕上がっていて♪

好きだな♪
この味!


麺は、つるっと啜り心地のいい中細ストレートの中加水麺が合わせられていて!
パツッとした歯切れのよさもある麺で、食感もまずまずだし!


めん屋さる-19

スープとの絡みも悪くはない。
ただ、個人的には、このニボニボなスープだったら、煮干しスープには定番の、もっとカタめでザクッとした食感の低加水麺を合わせてくれると、もっと、よかったと思うんだけど


でも、煮干しが効かされた!
煮干し好きにはたまらない味わいのスープだったし♪


今日いただいた「しょうゆ」も「煮干し」も、どちらも、スープの出来がかなりよかったし!
ワンふるさんの言うように、これが発展途上の味わいとは、とても思えない味わいのラーメンだったと思う♪


4月からリニューアルされたこの味がブログやSNSで拡散されれば!
今は、まだ、食べログの点数も3.04と低いけど、鰻登りで上昇するのは確実だし♪


行列店になる前に行っておくのがおすすめ♪
ご馳走さまでした。


めん屋さる-20めん屋さる-21

メニュー:特製にぼし…1080円/味玉にぼし…920円/にぼし…820円

特製しょうゆ…1040円/味玉しょうゆ…880円/しょうゆ…780円

麺大盛…100円

にぼし飯…240円/2種盛レアチャーシュー丼…370円/TKG(卵かけご飯)…200円
ごはん(大)…150円/ごはん(並)…100円

味玉…100円/昆布締め鳥チャーシュー…320円/レアチャーシュー…320円/メンマ…120円/海苔…100円


めん屋 さる



関連ランキング:ラーメン | 花堂駅商工会議所前駅赤十字前駅



好み度:しょうゆstar_s45.gif
特製にぼしstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m