訪問日:2017年7月28日(金)

つけ麺 一燈【壱七】-1

本日のランチは東京・新小岩の『つけ麺 一燈』で!

本日から変則日程で6日間提供される阿部シェフ限定の「雉出汁淡麗細つけそば『キジーン2号』」を求めて!

「カモーン」シリーズから「キジーン」シリーズに!
テーマ食材を鴨から雉(きじ)へと替えて、先月から始まった阿部シェフ限定♪


第一作の「純雉白湯和えつけそば『キジーン1号』」は
「雉ってこんなにいい出汁出してくれるんだ♪」

これまで何度か、雉で出汁をとったラーメンをいただいたことがあるけど
これほど雉のうま味を感じるスープをいただいたことはなかった♪

ただ、阿部シェフの第一作は、白湯スープで!
こってりとした味わいの一品で!


他で、食べたのは、すべて、清湯スープのラーメンだったから
清湯スープで出汁を引いたら、どうなのかなという疑問はあった。

そんな疑問を解決してくれるのが、今回の「雉出汁淡麗細つけそば『キジーン2号』」!
第一作をいただいたときに、阿部シェフから、次回は醤油味の細つけそばをやりますという話しを聞いていたので、発売を、ずっと、心待ちにしていた♪


つけ麺 一燈【壱七】-2

そして、提供初日の今日!
始発電車に乗って、どうにか6時前に店へと行って、整理券ゲットを目論んでいたのに


目覚めると、5時20分
完璧に寝坊( ̄□ ̄;)!!

急いで身支度を整えて、Twitterをチェックしてみると
5時40分の時点で、すでに9人待ち

限定数20の阿部シェフ作品をゲットすべく、急いで店に向かうも
6時14分に電車の中で、16名待ちと聞いて

到着までは、まだ、30分以上はかかるし
さすがに諦めざるを得ない

今日は、昼には「キジーン2号」!
夜は『麺処 ほん田』の煮干し限定の予定だったのに
(T_T)

「キジーン2号」は、明日以降
切り替えて、まだ、出勤には早いので、駅ナカのカフェでお茶していたら

7時11分に、阿部シェフがTwitterで、まだ、整理券2枚余っているとツイートしているのを発見!
今から行ったら、7時30分になってしまうけど


意を決して、店へと向かう!
そして、駅からダッシュして7時30分に店へと駆け込むと


「最後の一枚です。」
そう言って、阿部シェフから渡されたのは21番のカード!


つけ麺 一燈【壱七】-3

でも、20食限定なのでは
と思ったら

「13番のカードがないので、これが20番目です!」と言われて
こんな遅い時間だったのに、何とか最後の整理券をゲットすることができた!(^^)!

「11時30分の再集合でお願いします。」
阿部シェフから、そう言われて、一旦、店をあとにして


そうして、再集合の時間に少し遅れて、店へとやってくると
店内は満席で、店内待ちの椅子にも2人のお客さんが座っていた。

すると、私の姿を見つけた、こちらの店のスタッフの大森さんが出てきて
「お待ちしてました♪」

「どうぞ、食券をお買い求めください。」と言われて…
券売機の下の方にあった「キジーン2号」と書かれたボタンを押して食券を購入すると

つけ麺 一燈【壱七】-5つけ麺 一燈【壱七】-4

大森さんによって、券売機が開けられて
昼の部の「キジーン2号」の販売は終了!

そうして、再び、外へと出て、少し待っていると、食べ終わったお客さんが、ゾロゾロと出てきて
店内の待ち合いの椅子に座ることなく、直接、席へ!

そして、阿部シェフによって3個作りされていた「雉出汁淡麗細つけそば『キジーン2号』」が、先客2人に出されて!
私のもとにも着丼!


つけ麺 一燈【壱七】-6つけ麺 一燈【壱七】-7

昆布水に漬かった麺に具のない雉清湯スープのつけ汁!
具は別皿に入れられていて!


真空低温調理された雉ムネ肉のレアチャーシューに低温調理された雉モモ肉のレアチャーシュー雉の手羽先の炙り焼きという豪華雉チャーシューの3種に!
ネギ、ほうれん草、黒バラ海苔に酸橘が載る。


また、小皿に入れられているのはトリュフソルトだそうで!
さらに、雉肉とネギが載せられたプチライスまで付いて!


これで950円!
これは、「カモーン」シリーズから、ずっと、続けられていることだけど、この内容で、この価格はあり得ない


普通なら、どう見積もったって、最低でも、この1.5倍はとらないと採算は採れないと思うんだけど
阿部シェフ限定は、いつもコスパ高すぎて、何か申し訳ない気がする(汗)

そうして、まずは、昆布水に浸かった麺だけをいただいてみると
今回の昆布水は、結構、粘度があって、ドゥルンドゥルンしている!

つけ麺 一燈【壱七】-8

阿部シェフに、それを告げると
「カモーンシリーズのときの倍の量の昆布を使ってます!」という答えが帰ってきたんだけど

「先月の火・水限定食べたときに、ガゴメ昆布が値上がりして、買えないと言っていたのに、大丈夫なんですか?」と聞くと…
何と阿部シェフ、自分の足で探して、ガゴメ昆布を安く買える店を探したという

普通は、業者に届けてもらうだけなのに
恐れ入ります。

麺は、このドゥルンとした昆布を纏って!
そして、昆布には、ネバネバのガゴメ昆布の他に、羅臼と日高昆布も使ったということもあって!


昆布のうま味が麺に移って!
以前に食べた昆布水に浸かった麺よりも美味しくいただけたし♪


そして、今回の麺は、前回同様、金沢製粉のローランドという小麦粉を使って、阿部シェフが打った切刃22番の中細ストレートの自家製麺ということだったけど
これ、22番(1.36mm)には見えない

20番(1.5mm)か!
いや、18番(1.67mm)の中太麺に見えるんですけど(汗)

そこで、そう阿部シェフに話すと
「いや、22番の切刃でカットしたんですけど、金澤製粉のローランドという粉は強力で、太く出て来るんですよ。」と話していたので!

麺の太さを見て、「淡麗細つけそば」というメニュー名に、少し違和感を覚えたけど…
どうやら、間違いではないようだった。

そして、この麺が、カタめで、コシがあって!
しかし、噛めば、プツッと切れる歯切れのよさもある麺で!


従来の加水高めの麺から、加水低めの麺に変更されていたけど!
多加水のモッチリとした食感の麺もよかったけど、この低加水麺の食感も最高♪


そして、この麺にトリュフソルトを少量振り掛けていただくと
香り高い黒トリュフの香りが口の中に広がって♪

つけ麺 一燈【壱七】-9

麺の小麦粉の甘味も強く感じられて!
このまま、つけ汁につけて食べなくても、じゅうぶんに美味しくいただける♪


そうして、雉の丸鶏とガラで出汁をとったというスープのつけ汁につけて、いただくと
雉!キジ!キジーン!

今度は、香り立つ雉の香りに!
雉のうま味が口いっぱいに広がって


めっちゃ美味しいし♪
雉って、やっぱり、いい出汁出してくれる!


これは、使った雉がいいのか
阿部シェフの腕によるものか

どちらもあると思うけど
阿部シェフの作る雉清湯スープのつけ汁は最高に美味しい♪

トッピングされた3種類のチャーシューは、どれもがよかった♪
まず、雉ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて、しっとりとした食感なのがよくて!


つけ麺 一燈【壱七】-10

雉モモ肉のレアチャーシューは、歯応えのある食感なのもよくて!
噛めば、雉肉のうま味が滲み出てくる絶品のチャーシューだったし♪


雉の手羽先の炙り焼き
「食べにくいので不評です。」なんて、阿部シェフは自嘲気味に話していたけど

つけ麺 一燈【壱七】-11

提供寸前に焼かれたものを出してくれたので…
とても香ばしかったし♪


味もよかったし!
その前に、こんな希少な手羽先を食べられただけでも嬉しかったし♪


そして、麺を食べ終えたら、大森さんにお願いして、レンジで、つけ汁を温めてもらったんだけど
つけ麺の弱点は、温かいつけ汁に冷たい麺をつけて食べるので、最後の方には、どうしたって、つけ汁が温くなってしまうこと

しかし、こちらの店では、ぬるくなったつけ汁をレンジで温めてくれるサービスが実施されているのがよくて♪
再び、温かくなって戻ってきたつけ汁にプチライスをダイブして!


さらに、残しておいた具を載せて!
いただくと


つけ麺 一燈【壱七】-14つけ麺 一燈【壱七】-15

これが、また、めっちゃ美味しくて♪
最後まで大満足で完食♪


前回の雉白湯スープの「和えつけそば」もよかったけど、今回の雉清湯スープの「つけそば」は、前回に増して美味しい♪
最後に、そう、阿部シェフに話すと


「僕もそう思います。」と言っていたので!
次回も雉清湯かな
!?

そして、「和えつけそば」、「つけそば」ときたので
次は「ラーメン」!?

でも、次回が来月末だったら
まだ、残暑厳しそうだし

そうなると「カモーン」シリーズのときのように「冷やしラーメン」かな!?
でも、雉スープの冷やしなんて食べたことないから、食べてみたいし♪

また、次回も絶対に来ないとね!
ご馳走さまでした。


つけ麺 一燈【壱七】-16

メニュー:伊勢海老つけ麺…830円/半熟味玉伊勢海老つけ麺…930円/特製伊勢海老つけ麺…1100円/チャーシュー伊勢海老つけ麺…1100円

豚骨魚介つけ麺…830円/半熟味玉豚骨魚介つけ麺…930円/特製豚骨魚介つけ麺…1000円/チャーシュー豚骨魚介つけ麺…1000円

サバカレーつけ麺…780円/半熟味玉サバカレーつけ麺…880円/特製サバカレーつけ麺…1000円/チャーシューサバカレーつけ麺…1000円

スパイスつけ麺…780円/半熟味玉スパイスつけ麺…880円/特製スパイスつけ麺…1000円/チャーシュースパイスつけ麺…1000円

スパイスラーメン…730円/半熟味玉スパイスラーメン…830円/特製スパイスラーメン…980円/チャーシュースパイスラーメン…980円

伊勢海老ラーメン(塩・醤油)…780円/半熟味玉伊勢海老ラーメン(塩・醤油)…880円/特製伊勢海老ラーメン(塩・醤油)…1000円/チャーシュー伊勢海老ラーメン(塩・醤油)…1000円

中盛り券…50円/大盛り券…100円

パクチー増し…150円/メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円/エビ辛味…50円/海苔 5枚…50円/豚チャーシュー(5枚)…300円/大森さん作鶏チャーシュー(5枚)…200円

小ライス…50円

【7月28日(金)~7月30日(日)
8月4日(金)~8月6日(日)限定(昼夜各20食)】
雉出汁淡麗細つけそば『キジーン2号』
並盛(200g)中盛(300g)同料金…950円


つけ麺一燈



関連ランキング:つけ麺 | 新小岩駅



好み度:雉出汁淡麗細つけそば『キジーン2号』star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2017年6月23日(金)

つけ麺 一燈【壱六】-1

今夜は、本日6月23日の金曜日からの6月25日の日曜日までの3日間限定で提供される阿部シェフ限定の「純雉白湯和えつけそば『キジーン1号』」を求めて『つけ麺 一燈』へ!

昨年の鴨を題材にした「カモーン」シリーズに続いて、今年、阿部シェフが題材に選んだのは雉(きじ)!
今年は雉を題材に「キジーン」シリーズを展開するという。


その第1弾となるのが、昨年の「カモーン」シリーズでも一番人気だった白湯スープの「和えつけそば」!
この白湯スープの「和えつけそば」は、まず、「和えそば」として!


次に、「つけそば」として、2度美味しいが楽しめる♪
『麺屋 一燈』が得意としているメニュー!


ただ、『麺屋 一燈』グループ各店で、鶏白湯スープの「和えつけそば」は提供されているものの
鴨白湯スープで、これをやったのは、昨年の阿部シェフだけ!

そして、この雉白湯スープをやるのも阿部シェフが一番!
というか、雉白湯スープなんて、やったことある店なんて、他にあるのだろうか


雉清湯スープのラーメンは、こちら『麺屋 一燈』グループの坂本社長が作った限定も含めて
何度か複数の店で食べた経験がある。

しかし、雉白湯は、私自身も初めてなので!
今日は絶対に食べるぞ!


そう思って、今朝、混雑緩和のための整理券が配られる、朝7時を目指して自宅を出発!
店へと向かったんだけど


何と朝の6時46分には20食の限定数に達したという
ちなみに、ポールのお客さんは朝4時ということで

ちょっと、考えが甘かったようだ(汗)
そこで、今夜にするか明日にするか

ただ、明日の土曜日は、今朝以上に競争は熾烈になることは火を見るよりも明らかなので!
今夜ならば何とかなるんじゃないかと考えて


整理券配布時間の15時までに、まだ、50分ある
14時10分に店の前までやってくると

店の前ではなく、道路を挟んだ側に置かれた椅子に座って、8人のお客さんが座って待っていた。
そして、直前に、1人お客さんが並んだので、私は10番目。


その後、14時25分になって、17人が並んだところで阿部シェフが店の中から出てきて、早めに整理券を配布してくれた。
ありがとうございます。


つけ麺 一燈【壱六】-3つけ麺 一燈【壱六】-4

その後、17時30分に来てくださいと言われたんだけど
ちょっと遅れて、17時40分になる時間に店へとやって来ると

すでに、10人を超えるお客さんが店頭で待っていた。
スタッフの大森さんに促されて入店。


券売機に千円札を差し入れて、券売機下段にある「キジーン1号」のボタンを押して食券を購入!
大森さんに渡して外へ出ると


つけ麺 一燈【壱六】-5つけ麺 一燈【壱六】-6

ここで、真打ち登場!
店の中から阿部シェフが出てきて


まず、整理券を求めて、早くから来店してくださったお客さんへ感謝の挨拶!
そして、簡単に、今回の限定の説明をして、開店♪


つけ麺 一燈【壱六】-7つけ麺 一燈【壱六】-8つけ麺 一燈【壱六】-9つけ麺 一燈【壱六】-10

先頭から8人のお客さんが着席。
10番目の私は、店内の待ち合いの椅子に掛けて待つ。


そうして、1ロットで4個作りされた「キジーン1号」が阿部シェフによって作られていったんだけど
阿部シェフのワンオペだったことと

今回の限定に使用された麺が太麺で、麺を茹でるのに時間が掛かったこともあって…
結局、この後、席について、「純雉白湯和えつけそば『キジーン1号』」が阿部シェフから供されたのは18時17分。


つけ麺 一燈【壱六】-12つけ麺 一燈【壱六】-13つけ麺 一燈【壱六】-14

思った以上に時間が掛かってしまった(汗)
しかし、これだけ大変な思いをして、ようやく対面することができた一品は、それだけ待った甲斐のある逸品だった♪

まず、阿部シェフによって供されたのが
雉白湯スープの汁だくのタレに浸かった麺の上に、3種類の雉肉のレアチャーシューに、雉挽肉味玉ハーフ、ソテーしたエリンギ色のパプリカ、ほうれん草、海苔、ネギがトッピングされた、彩りも鮮やかで、美しいビジュアルの「和えそば」!

つけ麺 一燈【壱六】-18

ついで、こちらにも雉肉と2種類の白とのネギが載せられたご飯と
レンジでチンされて熱々になったつけ汁が大森さんから供された。

つけ麺 一燈【壱六】-19

まずは、予め阿部シェフによって、タレによく絡めてから出された切刃14番の太ストレートの麺をいただくと
これが雉白湯のうま味なのか

つけ麺 一燈【壱六】-15

雉丸鶏と雉ガラでとったという雉白湯スープのタレの味わいは
今まで食べてきた鶏や鴨に比べると、洗練されたうま味を感じる♪

しつこくなくて、食べやすくて!
めっちゃ美味しい♪


そして、これをつけ汁につけていただくと
雉!キジ!キジーン!

こちらは、超こってりなつけ汁で!
雉ってたんぱく
!?

過去に何度か、雉清湯のスープをいただいているけど
鶏に比べると、たんぱくで洗練された味わいに感じられて

こちら『一燈』グループの坂本社長が作った、雉を使った清湯スープのラーメンを食べたときにもそんな感想を持ったし
坂本社長からも、出汁を抽出するのに苦労したという話しを聞いていたのに

阿部シェフによると
「社長からは、白湯には向かないのではという話しを聞いていました。」

「しかし、僕も驚いたんですけど、雉って、スゴく脂が出て、そのせいで、スープが乳化しないんですよ…」
「それで、和えそばのスープには、油を使っていません。」


そんな話しをしてくれて
つけ汁を見てみると

確かに、スープと脂が分離していた。
そして、雉の脂って、こんなに、こってりとして、強いもんだとわかったけど


「和えそば」として食べると、意外に「あっさり」と食べられるのに
つけ汁につけていただくと、意外に「こってり」!

このギャップが面白くて♪
スープを炊いて、それがわかって、こうして仕上げてくる阿部シェフの手腕もスゴいし♪


そして、金沢製粉の「ローランド」というパン用の強力粉を使って打った自家製の太ストレート麺は、とても弾力があって!
コシがあって!


つけ麺 一燈【壱六】-16

モッチリとした食感の麺で!
小麦粉のうま味もよく感じられる麺で♪


この雉白湯スープと適度に絡んで美味しく食べさせてくれてよかったし♪
この麺、最高♪


しかし、このスープを作ったのもスゴいと思ったけど
この麵を作って、このスープに合わせてきたのもスゴいし♪

3種の雉のレアチャーシューのどれもがマーベラス♪
まず、雉ムネ肉の真空調理されたタタキ風のレアチャーシューは、しっとりとした食感がたまらなくよかったし!


つけ麺 一燈【壱六】-17

雉モモ肉を照り焼き風にした低温調理のレアチャーシューは、少し歯ごたえのある食感なのもよくて!
醤油、酒、砂糖の味付けに辛味も加えて、大人の味付けに仕上げていたのもよかったし♪


雉ササミ肉の真空低温調理されたレアチャーシューは、ふっくらとした食感に仕上げられていて!
塩味の加減もバッチリだったし♪


それに、雉挽肉の味と食感!
ソテーしたエリンギの食感!


ネギのシャキシャキ食感と
トッピングされた具が皆、機能していてよかったし♪

そうして、麺を食べ終えたところで
雉肉と2色の白ネギと青ネギが載せられた贅沢ご飯に、つけ汁を掛けていただくと

つけ麺 一燈【壱六】-20

ちょっと、私には、こってりしすぎたように感じられたので
さらに、残っていた「和えそば」のタレと具も入れてみたところ

つけ麺 一燈【壱六】-21

絶品の雉雑炊になって♪
最後まで、大満足で完食♪


しかし、『麺屋 一燈』グループ各店は、それぞれの店のデフォルトのメニューが美味しいだけではなく、限定メニューも美味しくて、クオリティも高いと評判だけど!
この阿部シェフ限定は、その中でも、ひときわ輝きを放っていて!


その創造性がスゴいし!
そして、味も突き抜けた味わいで♪


今日は、これを食べることができて!
本当によかった♪


明日、明後日は、今日以上に、大変な争奪戦になることが予想されるけど
これは、絶対に食べておくべき逸品だと思う♪

阿部シェフ、最高に美味しかったです♪
ご馳走さまでした。


つけ麺 一燈【壱六】-10

メニュー:伊勢海老つけ麺…830円/半熟味玉伊勢海老つけ麺…930円/特製伊勢海老つけ麺…1100円/チャーシュー伊勢海老つけ麺…1100円

豚骨魚介つけ麺…830円/半熟味玉豚骨魚介つけ麺…930円/特製豚骨魚介つけ麺…1000円/チャーシュー豚骨魚介つけ麺…1000円

サバカレーつけ麺…780円/半熟味玉サバカレーつけ麺…880円/特製サバカレーつけ麺…1000円/チャーシューサバカレーつけ麺…1000円

伊勢海老塩ラーメン…780円/半熟味玉伊勢海老塩ラーメン…880円/特製伊勢海老塩ラーメン…1000円/チャーシュー伊勢海老塩ラーメン…1000円

スパイスラーメン…730円/半熟味玉スパイスラーメン…830円/特製スパイスラーメン…980円/チャーシュースパイスラーメン…980円

中盛り券…50円/大盛り券…100円

パクチー増し…150円/メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円/エビ辛味…50円/海苔 5枚…50円/豚チャーシュー(5枚)…300円/大森さん作鶏チャーシュー(5枚)…200円

小ライス…50円

【6月度 月替わり火、水限定】海老出汁細つけ麺
並盛(200g)…850円/中盛(300g)…+50円

【6月23日(金)~6月25日(日)限定(昼夜各20食)】純雉白湯和えつけそば『キジーン1号』(専用プチライス付き)…950円


つけ麺一燈

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:つけ麺 | 新小岩駅



好み度:純雉白湯和えつけそば『キジーン1号』star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年6月7日(水)

つけ麺 一燈【壱五】-1

本日のランチに向かったのは新小岩の『つけ麺 一燈』!

こちらの店は、食べログ全国ラーメンランキングでトップを走る『麺屋 一燈』の4thブランドの店としてオープンした店!

そして、こちらの店の店長に3月21日から就任したのが、『煮干し中華そば 一燈』からやってきた阿部シェフ!
阿部シェフは、『煮干し中華そば 一燈』に在籍した昨年1年間で、限定の「カモーン」シリーズ7作を作った人で!


この「カモーン」シリーズは、シリーズ第一弾の「カモーン1号」がよかったので!
「カモーン2号」「カモーン3号」と食べて、結局、7作品をすべてコンプ♪


そして、この7作品がどれもが秀逸な作品だったので、こちら『つけ麺 一燈』にきて、どんな限定をやってくれるのか期待していたところ
新店長就任早々、「カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~」という限定をやってくれた♪

これは、「カモーン」シリーズ最終作品の「カモーン7号」が提供されたときに、過去の作品の人気アンケート調査があって
一番になった作品をリバイバルするという『煮干し中華そば 一燈』の企画を、こちら『つけ麺 一燈』で実現したもの♪

提供当日の3月23日は、朝7時に整理券を取りにきて、リバイバルというよりは、阿部シェフ8作目の「カモーン」シリーズをいただいた。
今回も、とても充実した内容の限定で、最高に美味しかったし♪


本当、阿部シェフの作る限定は、単なる限定ラーメンの域を超えた創作料理で!
次の作品がどうなるのか
!?

ただ、前の作品が、かなりの秀作だったので!
プレッシャーになるので、本人には、次の作品については、あえて、聞かないことにしていたところ


5月になって、ジャブを打ってきた。
それが、「火、水限定」!


その月の限定を決めて、毎週火曜日と水曜日に出すというもの。
そして、「5月の火・水限定」は「海老と帆立のまぜそば」!


しかし、基本、汁なしの「まぜそば」は、食べない人なので、5月はスルー
すると、6月1日に「6月の火、水限定」が発表された。

供されるのは「海老出汁細つけ麺」!
ただ、具体的な内容が書かれていなかったので


つけ麺 一燈【壱五】-2

レギュラーの「伊勢海老つけ麺」とどう違うんかな!?
なんて思いながら、初日に食べに行った人たちのTwitterの画像を見ていたら

ピンクの昆布水に細麺が浸かったつけ麺で!
これを見て食べたくなった。


というわけで、提供2日目に、今日も大行列している『麺屋 一燈』を横目に
『麺屋 一燈』のある新小岩の平和橋通りから入った路地の、さらに先にある店へと、もうすぐ、お昼の12時になる時刻にやってくると

『麺屋 一燈』には30人ほどの行列ができていたのに、こちらの店は外待ちなし。
入店すると


さすがに、店内は満席で!
1人お客さんが待ち合いの丸椅子に待っていた。


阿部店長とスタッフの大森さんに挨拶して!
まずは、券売機で、手書きで「海老細つけ」と書かれたボタンと麺「中盛り」のボタンをポチポチと押していると


つけ麺 一燈【壱五】-3つけ麺 一燈【壱五】-4

ちょうど、食べ終わったお客さんが席を立って帰って行くところで
待つことなく席につくことができた♪

大森さんに食券を渡して、少し待っていると
阿部店長によって作られた「海老出汁細つけ麺」が着丼!

つけ麺 一燈【壱五】-5つけ麺 一燈【壱五】-6

低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューに、大森さんが作った鶏チャーシュー
それに、海老水菜、ネギ、塩昆布をサラダ風に和えたもの、カットレモン、プチライスが別皿に盛られたもので!


「こちらのサラダ風仕立てのものは、海老出汁などを使い軽く味付けしてあります。」
「そのまま、召し上がってもらっても結構ですし、つけ汁に入れてお召し上がりくださっても結構です。」


「昆布水は、桜エビを水出しして色を出した後に、火に掛けて海老感をわざと消したものです。」
「色はピンクだけど、食べたら昆布と言うのを出したかったためです。」


「がごめ昆布が品薄で高いので、今回は、道東根昆布という昆布を使いました。」
つけ汁の海老感との違いを楽しんでいただけたらと思います。」


「つけ汁が冷めたら、温め直しします!」
そう、懇切丁寧に阿部店長から説明のあった創作つけ麺!


まずは、麺だけを箸で手繰って食べてみると
「心の味食品」の粉を作って加水麺43%の多加水麺に仕上げたと阿部店長のブログにとあった中太ストレートの自家製麵は、なめらかで、モチッとした食感の麺で!

つけ麺 一燈【壱五】-7

しなやかなコシがあって、のど越しのよさもあって!
小麦粉の風味も、うま味も感じられる麺なのがいい♪


そして、麺の底にはラブリーなピンク色した昆布水♪
この昆布水によく浸けて、いただいたくと


確かに、阿部店長から説明があった通り、海老の風味はなし。
でも、海老の風味があってもいいような


そんな気もしたけど
冷やさなければならないから、難しいのかな

でも、ピンク色した昆布水なんて、初めてだし!
この「海老出汁細つけ麺」の限定をやろうと思って、昆布水をピンク色にしようとした阿部店長にセンスを感じた。


そして、昆布は、がごめ昆布ほどじゃないけど
結構、ネバネバ感があって、これでも充分!

そして、麺自体が美味しいのと
これに昆布のグルタミン酸のうま味が加わって!

これに、藻塩を付けて食べれば
これだけでも充分美味しくいただける♪

そして、次につけ汁につけて、いただくと
海老!海老!海老!

伊勢海老の風味とうま味がギュッと凝縮された海老感全開のつけ汁で!
海老好きにはたまらない味わい♪

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上がっていて!
いつも通りの美味しさ♪


つけ麺 一燈【壱五】-8

そして、大森さんの作った鶏チャーシュー
あれ!?

塩味じゃない
この風味のある甘い香りは

味噌味醂
西京漬けのような味わいで!

西京味噌(白味噌)は、魚だけじゃなくて、肉にも相性がいいから!
塩分濃度14%のソミュール液につけて塩味に仕上げなくても、こうして、西京味噌に漬けて真空低温調理するというのもありだと思う♪


海老と水菜、ネギ、塩昆布を海老出汁で和えたサラダ風のものは、麺を食べ終えたあと、プチライスともにつけ汁にダイブされて!
〆の雑炊に!


つけ麺 一燈【壱五】-9つけ麺 一燈【壱五】-10

ただ、昆布水が入ることで、少し、つけ汁が冷めてしまっていたので
阿部店長にお願いして、レンジでチンしてもらったところ、提供時のように熱々になって戻ってきた♪

つけ麺 一燈【壱五】-11

このサービスは嬉しい♪
ただ、ちょっと、味が濃いかな


というわけで、割りスープで割ったところ…
いい感じになって、美味しくいただけたし♪


つけ麺 一燈【壱五】-12

さらに、レモンを搾り入れると、爽やかに味変して!
これが、また、めっちゃ美味しくて♪


大満足で完食♪
ご馳走さまでした。


PS 帰りがけに阿部店長から、「雉(きじ)」を使った限定を月末の金、土、日にやるという話しを聞いたけど…
『つけ麺 一燈』グループからのお知らせがあったので!


つけ麺一燈より限定のお知らせ

純雉白湯和えつけそば
『キジーン1号』
麺量:並盛のみ(200g)専用プチライス付き 950円
食数:昼夜各20食
期間:6月23日(金)~6月25日(日)


『カモーン』シリーズの再現なるか!?
とても楽しみ♪

つけ麺 一燈【壱五】-13

メニュー:伊勢海老つけ麺…830円/半熟味玉伊勢海老つけ麺…930円/特製伊勢海老つけ麺…1100円/チャーシュー伊勢海老つけ麺…1100円

豚骨魚介つけ麺…830円/半熟味玉豚骨魚介つけ麺…930円/特製豚骨魚介つけ麺…1000円/チャーシュー豚骨魚介つけ麺…1000円

サバカレーつけ麺…780円/半熟味玉サバカレーつけ麺…880円/特製サバカレーつけ麺…1000円/チャーシューサバカレーつけ麺…1000円

伊勢海老塩ラーメン…780円/半熟味玉伊勢海老塩ラーメン…880円/特製伊勢海老塩ラーメン…1000円/チャーシュー伊勢海老塩ラーメン…1000円

スパイスラーメン…730円/半熟味玉スパイスラーメン…830円/特製スパイスラーメン…980円/チャーシュースパイスラーメン…980円

中盛り券…50円/大盛り券…100円

パクチー増し…150円/メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円/エビ辛味…50円/海苔 5枚…50円/豚チャーシュー(5枚)…300円/大森さん作鶏チャーシュー(5枚)…200円

小ライス…50円

【6月度 月替わり火、水限定】海老出汁細つけ麺
並盛(200g)…850円/中盛(300g)…+50円


つけ麺一燈

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:つけ麺 | 新小岩駅



好み度:海老出汁細つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年3月23日(木)

つけ麺 一燈【壱四】-1

本日のランチに向かったのは、本日、定休日の木曜日に特別営業する『つけ麺 一燈』!

そして、本日提供されるメニューは、「カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~」

つけ麺 一燈【壱四】-17

これは、3月20日をもって『麺屋 一燈』グループを卒業した福原店長に替わって、こちら『つけ麺 一燈』の新店長に就任した阿部店長が、昨年『煮干し中華そば 一燈』時代に作り上げた限定の「カモーン」シリーズ7作品のうち、人気投票で一番になったシリーズ第2弾の「カモーン2号」をリバイバルするという企画!
そして、阿部シェフが作った「カモーン」シリーズは7つとも全コンプしていて、どれもが美味しい作品だったので、どれが来ても、絶対に食べに行こうと思っていた。


この日の提供数は、昼夜各80食!
計160食もあるので、よほどのことがない限りは売り切れることはないだろうけど


まだ、寒い中、長時間待たされるのも辛いものがあるし
そして、今日は、平日ながら、朝7時からと夕方の5時から整理券が配られるというので

朝、早めに自宅を出発。
出勤前に東京・新小岩にある店へ整理券を受け取りに向かった。


そうして、朝7時ジャストに店の前までやってくると
店の前に並びはなく、どうやら、すでに、整理券が配られているようだった。

引戸を開けて、入店すると
阿部シェフが1人、カウンターに座っていて

立ち上がると整理券が差し出されたんだけど
番号は17番!

つけ麺 一燈【壱四】-3つけ麺 一燈【壱四】-2

ちょっと、お疲れ気味の阿部シェフ
スープを炊くのが大変だったのかなと思って、聞いてみたところ

「スープは、前から準備してきたので、そうでもなかったですけど、チャーシューの準備が大変でした。」という。
というのも、今回は、5種類の調理法の違う鴨チャーシューが用意されて!

これを1人で160人前用意したということで
それは、大変!

でも、阿部シェフは、苦ではないと話す。
なぜなら、鶏と違って、いろんなことができるので、楽しかったし♪


これで、お客さんに喜んでもらえたらと話していたけど
本当、お疲れさまです。

そうして、11時30分に集合してくださいと言われて
再び、11時過ぎに店の前へと戻ってくると

開店が遅れているようで
店の前では10数名のお客さんが開店を待っていた。

そこに、店の中から阿部シェフが現れて挨拶!
整理券を求めて朝から来店してくださったお客さんへのお礼と本日の「カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~」の説明をすると


つけ麺 一燈【壱四】-4つけ麺 一燈【壱四】-5

『一燈』ファンのお客さんにせがまれて
最後は、やや、恥ずかしそうにしながらも「カモーン」ポーズを決めて、開店♪

つけ麺 一燈【壱四】-6

11番の整理券が欠番になっていたということで、16番で入店。
食券は、待っている間に、先に、券売機で「カモーン」と手書きされたボタンを押して食券を買い求めていた。


つけ麺 一燈【壱四】-7

そうして、席について、少し待っていると
阿部シェフによって、毎回、個作りされていた「カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~」が、ロット目の人目に私に供された。

つけ麺 一燈【壱四】-8つけ麺 一燈【壱四】-9つけ麺 一燈【壱四】-10

左から鴨ロースの真空低温調理鶏モモ肉の低温調理鴨ロースのパストラミ鴨ロースの赤ワイン煮
そして、今回の復刻版用に作ったという鴨ロースの和風ローストの計5種類の鴨チャーシューに鴨の挽肉


つけ麺 一燈【壱四】-14

味玉春菊アーリーレッド(紫玉ねぎ)、海苔3枚がトッピングされた「和え麺」につけ汁!
さらに「専用の鴨肉プチライス」が付く鴨尽くしの一品♪


しかし、こんな5種類の鴨チャーシューがトッピングされて、手間とコストが掛けられた一品が、ご飯ものまで付いて950円で食べられるなんて
毎回、ブログに書かさせてもらっているけど、『麺屋 一燈』グループの限定はコスパ良すぎ♪

これは、こちらの坂本社長の考えで
限定は、日頃のお客さんへの感謝の気持ちから採算度外視で提供しているからだけど

特に、この「カモーン」シリーズは、その中でも、コスパの高さでは一番なんしゃないのかな
他店は、ただの汁なしでも1500円だったり、鴨の限定だったりすると2000円台の価格を付けて販売する店もあるというのに

見た目のビジュアルも美しい「和え麺」♪
まずは、鴨のレアチャーシューと味玉をプチライスに避難させて


つけ麺 一燈【壱四】-15

つけ汁にはつけずに麺をいただくと
日穀製粉の国内産強力小麦粉「信濃大地」を使用して、加水率43%で仕上げたという、やや、ウェーブがかった太ストレートの自家製麺は、モッチモチの食感の麺で!

つけ麺 一燈【壱四】-11

しかし、適度なコシも感じらて!
鴨のうま味と香味野菜の甘みが凝縮された濃密な味わいの鴨白湯スープのタレと絶妙に絡んで、美味しい「和え麺」だと思うし♪


濃厚民族のお客さんだったら、このまま食べても、最高に美味しくいただける味わいなんだろうね♪
ただ、このままだと、私には、ちょっと、濃厚すぎるので


「カモーン2号」の濃厚鴨白湯スープを「カモーン7号」で使った鴨清湯スープで割ったという、今回の復刻版バージョンのつけ汁につけていただくと
「濃厚鴨白湯つけ麺」になって、私は、こっちの方が好きだな♪

でも、それでも、私には、まだ、濃厚に感じられたので
つけ汁に少し割りスープを注いでいただくことに

これは、決して邪道ではなく、最初に阿部シェフから推奨のあった食べ方で!
デフォルトのつけ汁は、濃いめに仕上げてあるので、割りスープで割って、お好みの濃度でお召し上がりくださいということで!


さらに、この割りスープは、ただの割りスープではなく
これも、「カモーン7号」で使った鴨清湯スープが、そのまま、割りスープとして使われているということだったので!

そこで、ポットの割りスープで、少しずつ割っていただくと
ちょうどいい感じの濃度が見つかって!

つけ麺 一燈【壱四】-12

そして、この方が、かえって、鴨感が強く感じられて!
さらに美味しくなった♪


でも、それなら、最初から、その濃度に合わせておけばいいのでは!?
そういう意見もあるかもしれないけど

でも、最初は「超濃厚鴨白湯和え麺」として!
次に「濃厚鴨白湯つけ麺」として!


最後は、カスタマイズした自分だけの「鴨白湯つけ麺」として食べて!
三度の美味しいが楽しめるこの食べ方は最高♪


それと、トッピングされた春菊のほろ苦な味わいもアクセントとして、きいていてよかったと思うし!
アーリーレッドの甘味と辛味が、この鴨白湯スープには合っていたし♪


海苔も麺を巻いて食べると、これが、なかなかよくて♪
味玉も、箸でパッカーンと割っていただいたんだけど


黄身の半熟加減がちょうどよくて!
白身も、いい感じに味がしみた美味しい味玉でよかったし!


つけ麺 一燈【壱四】-13

そして、麺を食べ終わったところで、残ったつけ汁を5種の鴨チャーシュー載せの「専用の鴨肉プチライス」の縁から回し掛けて!
「鴨雑炊」にしていただいたんだけど


つけ麺 一燈【壱四】-16

5種の鴨レアチャーシューのどれもが最高に美味しい♪
まず、定番の真空低温調理された鴨ロース肉のレアチャーシューは、やや、レア感のある仕上がりで!


噛むと、鴨肉のジューシーなうま味が口の中に広がる
鴨好きにはたまらない味わいの一品だったし♪

低温調理された鴨モモ肉のレアチャーシューは、やや、噛み応えのある食感ながら
噛む度に、ジュワっと鴨肉のうま味が感じられる美味しい一品だったし♪

鴨ロースのパストラミは、唯一、完全に火が入ってハムっぽい食感の一品だったけど
粗挽きの黒胡椒のスパイシーで刺激的な味わいがよかったし♪

鴨ロースの赤ワイン煮は、やわらかく煮込まれていて
赤ワインの風味も、とてもよくて、これも美味しくいただけたし♪

今回の復刻版用に用意したという鴨ロースの和風ローストも美味しくて♪
醤油と酒、味醂、砂糖で味付けられたものだと思われるけど


これだけの手の込んだチャーシューを5種類も
しかも、1人で、160人前も作るというのは、かなり、しんどかったと思うけど

どれもがクオリティの高い逸品で!
絶品の鴨チャーシューで、これを食べることができただけでも今日は大満足♪


そして、最後は、「鴨雑炊」で〆て、美味しく完食♪
ご馳走さまでした。


しかし、この一杯は、前回の「カモーン2号」を食べた感想としてブログに書かせてもらったけど
単なる汁なしとか、つけ麺とかの領域では語れない阿部シェフ作の創作料理で!

料理のクオリティの高さに加えて、これで950円というコスパのよさもあって!
それで、これたをけ美味しいのだから、言うことなし♪


本当、最高でした♪
しかし、これを950円という価格で販売してもらえるのは嬉しいことだけど


無理に1000円以下に抑えたいとか!?
そんなことは考えなくたって、これだけのものを食べさせてもらえれば、皆、納得して、それに見合う対価を支払うはずなので!

今後、やるときは、値上げしちゃってください。
その代わり、クオリティは落とさずに、美味しいものを食べさせてください。


プレッシャーになるといけないので、あえて、書かせてもらいますけど
ぜんぜん急がないので、また、美味しい限定作ってください。

PS そう言えば、駅の反対側にある系列店の店長
いつになったら、限定してくれるんだろう

行く度に、次回はこれやりますと限定告知があるのに
ぜんぜん、実行されないし(汗)

これって「やるやる詐偽」(笑)
と、こちらにはプレッシャーかけておきますので、よろしくお願いします。

つけ麺 一燈【壱四】-18

メニュー:伊勢海老つけ麺…830円/半熟味玉伊勢海老つけ麺…930円/特製伊勢海老つけ麺…1100円/チャーシュー伊勢海老つけ麺…1100円

濃厚煮干しつけ麺…830円/半熟味玉濃厚煮干しつけ麺…930円/特製濃厚煮干しつけ麺…1000円/チャーシュー濃厚煮干しつけ麺…1000円

サバカレーつけ麺…780円/半熟味玉サバカレーつけ麺…880円/特製サバカレーつけ麺…1000円/チャーシューサバカレーつけ麺…1000円

伊勢海老塩ラーメン…780円/半熟味玉伊勢海老塩ラーメン…880円/特製伊勢海老塩ラーメン…1000円/チャーシュー伊勢海老塩ラーメン…1000円

スパイスラーメン…730円/半熟味玉スパイスラーメン…830円/特製スパイスラーメン…980円/チャーシュースパイスラーメン…980円

中盛り券…50円/大盛り券…100円

パクチー増し…150円/メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円/エビ辛味…50円/海苔 5枚…50円/豚チャーシュー 5枚…300円

小ライス…50円/ライス…100円/〆のチーズリゾット…100円


つけ麺一燈

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:つけ麺 | 新小岩駅



好み度:カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年3月20日(祝・月)

つけ麺 一燈【壱参】-1

本日3月20日をもって、『麺屋 一燈』グループを卒業する福原さん。

その福原さんの卒業を記念して、『つけ麺 一燈』で、一昨日の3月18日から3連休の3日間、日替わりで限定ラーメンが提供される。

3月18日(土) 鶏と貝の濃厚そば
3月19日(日) 濃密塩煮干そば
3月20日(月) 俺の大和~フィナーレ~


つけ麺 一燈【壱弐】-2

そして、この卒業記念三部作は、コスト度外視で、高級材料をふんだんに使って作るという情報だったので!
もちろん、フルコンプするつもりだったんだけど


初日は、スタートが遅れて、食べることができず、残念な思いをした。
そこで、2日目は朝の7時に整理券を受け取りに行って、「濃密塩煮干そば」をいただいた。


そして、この「濃密塩煮干そば」が、過去にいただいた福原さんの限定の中でも、かなり上位にランキングされる美味しいラーメンで!
福原さんが作ってきた煮干しラーメンの中では一番の傑作♪


だから、今日の「俺の大和~フィナーレ~」も、鶏出汁のラーメンでは一番!
それどころか、最後に最高傑作の一杯を作ってくれるんじゃないかと密かに期待していた。


だから、まずは、スタートラインに立たないと
今日は、福原さんファイナルの日だし!

福原さんが一番気合いを入れて作る鶏清湯の塩ラーメンということもあって!
過去2日に比べて、さらに混雑が予想される。


そこで、始発電車に乗って、新小岩にある店を早朝の5時59分に訪ねたところ
何と、すでに、15人ものお客さんがシャッターの下りた店の前で待っていたんだけど

これは予想通り。
昨日は朝の6時で6人。


6時30分で15人。
一昨日も同じくらいの人が7時に配られる整理券待ちをしていたと聞いていて


今日は、6時には15人。
そして、6時30分には30人を集めて完売になると思っていたので


そうして、知った顔の『一燈』ファンや限定ハンターの皆さんとおしゃべりをしながら待っていると
6時30分には29人。

さらに、6時47分に福原さんがシャッターを開けて、店の中から出てきて
整理券を配り始めたときには、39人の大行列になっていた。

昨夜遅く更新された福原さんのブログによると、30食以上はとれるということだったけど
結構、多くスープがとれたみたいで昼50食、夜40食はいけるみたいで!

朝早くから並んだ39人全員が食べられて、とりあえずよかった♪
福原さんから16番の整理券を受け取って、10時30分に集合してくださいと言われて、一旦、解散。


つけ麺 一燈【壱参】-2

そうして、再び、10時22分に店の前まで戻ってくると
すでに10数名のお客さんが待っていた。

そして、そこにやってきたのが、『麺屋 一燈』のイケメンスタッフの伊東さん!
どんな状況なのか気になって確認にきたようだった。


つけ麺 一燈【壱参】-3

そうして、10時30分になると、スタッフの大森さんが出てきて、先に食券を買うように促されて、先頭から15番目までのお客さんが食券を購入。
そこで、一旦ストップになると


いよいよ真打ち登場♪
福原さんが店の中から現れると、早朝から来店してくれたお客さんへ感謝の言葉を述べて


つけ麺 一燈【壱参】-4つけ麺 一燈【壱参】-5

今日の限定ラーメンの説明をすると
10時47分に時間を早めて開店♪

この後、一旦、入店して、券売機で「限定ラーメン」800円の食券を買って、大森さんに渡して
そうして、店の外の丸椅子について待っていると、食べ終わったお客さんが出てきて

つけ麺 一燈【壱参】-6

大森さんに呼ばれて入店。
席につくと


ちょうど、先客3人の限定ラーメンが出来上がったところで
ラーメンがお客さんに出されると

続いて、福原さんによって3個作りされた「俺の大和~フィナーレ~」が完成して!
その1つが私に出された。


つけ麺 一燈【壱参】-7つけ麺 一燈【壱参】-8

奈良県のブランド地鶏である大和肉鶏のムネ肉のレアチャーシュー
奈良県のブランド豚の大和ポークの肩ロース肉のレアチャーシュー

さらに、青梗菜、刻みネギがトッピングされた!
美しいビジュアルのラーメン♪


まずは、鶏油がキラッキラに煌めく黄金色したスープをいただくと
大和肉鶏の丸鶏を大量に使って、水と大和肉鶏の丸鶏を1対1で炊いた後に、一度、クールダウンさせて

さらに、そのスープに大和肉鶏の丸鶏と手羽を加えて炊いたというスープは
地鶏の丸鶏でなければ味わえない、ふくよかな地鶏のうま味が口の中に広がって♪

真昆布のうま味と干し椎茸のうま味が合わさって!
そして、大和肉鶏の鶏油がスープに芳醇なコクを与えてくれていて、極上のスープに仕上がっていた。


つけ麺 一燈【壱参】-9

以前に、小岩の『豚骨一燈』で、やはり、大和肉鶏で出汁をとった限定ラーメンの「俺の大和」をいただいたことがある。
地鶏のうま味いっぱいのスープで、めっちゃ、いい出汁出してた♪


しかし、このスープは、それ以上にうま味が強くて!
今までの福原さんの最高傑作だったかどうかはわからないけど、めちゃめちゃ美味しかった♪


そして、このコクうまの鶏清湯スープに合わせられた麺は、茶色い斑点が入る中細ストレート麺で!
『一燈』グループ共通で使われている小麦胚芽入りの麺のようで


つけ麺 一燈【壱参】-10

やや、カタめの食感の麺で!
歯切れのよさもある麺で!


悪くはなかったけど
もっと、なめらかな食感の麺で!

つるっとした、啜り心地のよさもあって!
のど越しもいい麺の方が、さらによかったような気もした。


そこで、福原さんに、歯に衣着せず、そんな感想を話すと
本当は、もっとスープにあった麺を、『一燈』グループの麺職人である上田さんに打ってもらう予定だったという

しかし、この3連休には『一燈』グループの『煮干し中華そば 一燈』が「女子博」のイベントに出店していて!
その分の麺を上田さんが打つために、特注麺が使えなかったためと話していて


確かに麺が違えば、もっと、美味しくいただけたかもしれないけど
でも、スープがありあまるほどの美味しさだったので、あまり気にはならなかった。

トッピングされた大和肉鶏のムネ肉のレアチャーシューは、ソミュール液に漬けられて真空低温調理されているからだろうけど
やわらかくて、しっとりとした食感に仕上げられていたのもよかったし!

塩味の味付けも絶妙で!
味、食感とも最高だったし♪


つけ麺 一燈【壱参】-11

大和ポークの肩ロース肉のレアチャーシューは、こちらも、ソミュール液に漬けられて、真空低温調理されたレアチャーシューのようで!
やわらかくて、しっとりとした食感に仕上げられていて!


塩加減もちょうどよくて!
そして、肉質のいいチャーシューで、肉のうま味が存分に感じられて!


このレアチャーシュー!
最高に美味しい♪


スープが美味しかったから、最後は、もちろん、スープの最後の一滴まで残さず飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


PS まだ、夜営業は残っていますが、本当、この3日間、お疲れさまでした。
また、貴重な人材が『麺屋 一燈』グループを卒業していってしまうのは寂しいですけど


大阪での活躍をお祈りしております。
もっとも、福原さんほどの腕があれば、何も心配することはありませんけど


せっかくなら、大阪No.1の店になっちゃってください♪
オープンしたら、絶対に伺います。


最後に
今まで、美味しいラーメンにつけ麺を食べさせてくれて、本当にありがとうございましたm(__)m

つけ麺 一燈【壱参】-12

メニュー:伊勢海老つけ麺…830円/半熟味玉伊勢海老つけ麺…930円/特製伊勢海老つけ麺…1100円/チャーシュー伊勢海老つけ麺…1100円

濃厚煮干しつけ麺…830円/半熟味玉濃厚煮干しつけ麺…930円/特製濃厚煮干しつけ麺…1000円/チャーシュー濃厚煮干しつけ麺…1000円

サバカレーつけ麺…780円/半熟味玉サバカレーつけ麺…880円/特製サバカレーつけ麺…1000円/チャーシューサバカレーつけ麺…1000円

伊勢海老塩ラーメン…780円/半熟味玉伊勢海老塩ラーメン…880円/特製伊勢海老塩ラーメン…1000円/チャーシュー伊勢海老塩ラーメン…1000円

スパイスラーメン…730円/半熟味玉スパイスラーメン…830円/特製スパイスラーメン…980円/チャーシュースパイスラーメン…980円

中盛り券…50円/大盛り券…100円

パクチー増し…150円/メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円/エビ辛味…50円/海苔 5枚…50円/豚チャーシュー 5枚…300円

【福原さん卒業限定】
3月18日(土) 鶏と貝の濃厚そば
3月19日(日) 濃密塩煮干そば
3月20日(月) 俺の大和~フィナーレ
全日程とも昼・夜各30食ずつ
一杯800円

小ライス…50円/ライス…100円/〆のチーズリゾット…100円


つけ麺一燈

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:つけ麺 | 新小岩駅



好み度:俺の大和~フィナーレstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m