訪問日:2018年4月25日(水)

豚骨一燈【弐九】-1

本日のランチは、リョーマくんの作る「濃厚煮干しそば」を求めて、東京・小岩の『豚骨一燈』へ!

こちらの店では、3月7日の水曜日から、毎週水曜日にリョーマくんことスタッフの福長さんの作る「煮干しそば」が限定で提供されるようになって!
今日が5日目の提供日となる。


前4回までは、淡麗な「煮干しそば」のみの提供だったのが、今週は「煮干しさば」に加えて、「濃厚煮干しそば」が提供されるというので
これは行かないわけにはいかないでしょう(笑)

というのも、3月7日のスタートから3回連続で訪問して
1回目は「平子」メイン!

2回目は「背黒」、3回目は「鯵」メインの「煮干しそば」をいただいていているけど
このどれもが、それぞれの煮干しの特性を生かしたスープに仕上がっていて!

味、クオリティともに高い煮干しスープのラーメンだったので!
正直、リョーマくんが、こんな煮干しラーメン専門店の味と比べても引けを取らないどころか、それ以上のクオリティの一杯を作ってくるとは、失礼ながら思っていなかったので、驚かされた。


ただ、今回は初めて挑む「濃厚」で!
果たして、どんな一杯を提供してくれるのか
!?

期待と不安を胸にJR小岩駅北口から近い蔵前橋通り沿いにある店へと向かった。
店へとやってきたのは11時45分。


今までは、開店時間の11時前に来店していたんだけど
今日は、午前中、忙しくて、こんな時間になってしまった。

入店すると、店内はお客さんでいっぱい!
しかし、ラッキーなことにL字型カウンター席の右端の特等席が空いていた♪


矢口店長とリョーマくんに挨拶して、券売機で食券を買おうとすると
矢口店主から

「券売機が故障しているので、現金で注文を承ります。」と言われて…
「濃厚煮干しそば」を注文すると…

豚骨一燈【弐九】-2豚骨一燈【弐九】-3

「和え玉はよろしかったですか?」と聞かれて…
「お願いします。」と即答すると…

「醤油と塩から選べます。」と言われて…
「濃厚煮干しも醤油と塩で選べるの?」と聞くと…

「いいえ、濃厚煮干しそばは醤油だけです。」
「和え玉が醤油か塩を選べます。」
と答えがあったので…

普通なら、「濃厚煮干しそば」が「醤油」なので、和え玉も「醤油」なんだろうけど、「塩」の和え玉は未食だったので…
「塩でお願いします!」と言って、千円を支払って、注文成立

注文が入ると、先客の「煮干しそば」を作った後に「濃厚煮干しそば」を1個作りし始めるリョーマくん!
そうして、完成した「濃厚煮干しそば」が、今日もリョーマくんから供された。


豚骨一燈【弐九】-4

豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に、アーリーレッド(紫玉ねぎ)水菜、海苔がトッピングされた
シンプルながら彩り鮮やかでキレイなビジュアルのラーメン♪

豚骨一燈【弐九】-5豚骨一燈【弐九】-6

なお、今回は、前回までの豆苗が水菜にかわっていたけど
豆苗は青臭いので、この変更はウエルカム♪

まずは、焦茶色したスープをいただくと
九十九里産背黒2種、八戸青口、伊吹いりこで炊いたというスープは、ベースの鶏白湯スープに大量の煮干しを重ねて作ったといった感じのスープで!

豚骨一燈【弐九】-7

リョーマくんの話しでは、100杯分炊いて、最後に追い煮干ししたら、何とスープを40杯分も持っていかれたという濃厚仕様!
凝縮された煮干しのうま味いっぱいのスープで!


懸念されたエグニガショッパーな味わいのものではなく…
程よいビターさのあるニボラー好みの味わいに仕上がっていて!

さらに、しっかりと塩分濃度をコントロールしてきているのもスゴいし
淡麗だけでなく、濃厚も煮干しラーメン専門店も顔負けの味わいに仕上げてきたのには本当に驚かされた。

麺は、「煮干しそば」に使われていた心の味食品謹製の加水率30%の中細ストレート麺が合わせられていて
50秒で茹でられた麺は、ザクパツの食感の、カタめで、歯切れのいい麺で!

豚骨一燈【弐九】-8

そして、この麺は、「煮干しそば」でもスープとの相性はバツグンだったけど
こちらの濃厚鶏白湯煮干しスープとの相性もバツグン!

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
肉のうま味も感じられる美味しいチャーシューだったし♪


豚骨一燈【弐九】-10

アーリーレッドは、甘味があって!
このビターな味わいのもスープとよくマッチしていてよかったし♪


そうして、麺を4割ほど食べ終わったところで、リョーマくんにお願いして作ってもらった「和え玉」が、麺と具を食べ終わったジャストタイミングで着丼!
麺1玉に豚肩ロース肉のカットレアチャーシューアーリーレッド、煮干し粉がトッピングされた「和え玉」!


豚骨一燈【弐九】-11

まずは、箸とレンゲを使って、麺と具を丼の底に沈んでいるカエシと香味油によ~く和えて、「和え麺」のようにしていただくと
カエシとラーメンにも使われた、白絞め油を熱して、煮干しを揚げて、煮干しの風味を移した煮干し油の風味がよくて!

豚骨一燈【弐九】-12

「醤油」味の「和え玉」のマイルドな味わいもいいけど
「塩」味の「和え玉」のさっぱりとした味わいもいい♪

ただ、ちょっと塩ダレが尖っていて、刺すような塩味を感じたのが
そこで、麺を残しておいたスープにつけて、「つけ麺」のようにしていただいて

豚骨一燈【弐九】-13

さらに、最後は、残った麺と具をスープにダイブさせて完食したけど
「和え玉」は、個人的には「塩」より「醤油」の方がおすすめかな

豚骨一燈【弐九】-14

でも、この「濃厚煮干しそば」は、かなり出来のいい一品で!
ただ、Twitterのツイートを見ていると、食べていたのは『麺屋 一燈』ファンの人ばかりだったので


そうではないニボラーの皆さんに、ぜひ、食べて、ぜひ、評価していただきたいな
ご馳走さまでした。

豚骨一燈【弐九】-15

メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【水曜限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/濃厚煮干しそば(醤油)…800円/和え玉…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:濃厚煮干しそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年3月28日(水)

豚骨一燈【弐八】-1

本日水曜日のランチも、東京・小岩に3月7日にオープンして、毎週水曜日のみ営業する『麺や 福なが』へ(笑)

東京・小岩の『豚骨一燈』で、3月7日から毎週水曜日に、スタッフのリョーマくんこと福長さんの作る「煮干しそば」が提供されるというので!
さっそく、初日に食べに行ったところ


リョーマくんには申し訳ないけど
そんなに期待しないで、ハードルを下げて食べに行ったのに

これが、めっちゃ美味しくて♪
しかも、かなりクオリティの高い一杯だったのには、マジで驚かされた
(*_*)

長崎産平子、愛媛白口、八戸青口という産地も種類も違う3種の煮干しを使って、煮干しだけで出汁を引いたという純煮干しスープは、それぞれの煮干しのうま味を引き出した秀逸な味わいのスープで!
そして、これが、普通だったら、淡麗な味わいのスープというのが多いはずなのに


この大量の煮干しを使ってリョーマくんが炊いたスープは、清湯なのに煮干しが濃厚で、煮干し出汁のうま味の強い!
一流の煮干しラーメン専門店に引けを取らない味わいのスープで♪


特に平子特有のビターな味わいが強く感じられて!
ニボラー好みの味わいのスープに仕上がっていたのがいい♪


それで翌週の「煮干しそば」も楽しみにして訪問したところ
着丼した瞬間から平子が香り♪

平子のフレッシュな風味が口の中に、ふわっと広がるスープで
今週のスープも、先週のスープほど濃厚はなかったし、うま味も強いわけではなかったけど

それでも、これもかなり、いい出来のスープで!
めちゃめちゃ美味しいかった♪


しかし、面白かったのは、そんな感想を話すと
「今日は、平子の代わりに九十九里の背黒を使って、味の違いを感じてもらおうたと思っていたんですけど…」

「思ったより、背黒がいい出汁出してくれなくて…」
「最後に平子で追いました。」と話していたこと
(笑)

しかし、失敗しても、リカバリーできるのはスゴいと思うし!
リョーマくん、思った以上にやるよね♪


ただ、先週も今週も、まだ、『麺屋 一燈』ファン以外のお客さんのTwitterのツイートがほとんどないというのが
もっと多くのニボラーの皆さんに評価いただきたい一杯なんだけどね

そんなリョーマくんの「煮干しそば」!
先週、一週お休みして、今週、また、再開するというので、開店時間5分前の10時55分にやって来ると


今日は、先客が4人ほどいて!
最後尾について待っていると


開店の11時までに11人のお客さんが並んだ!
少しずつ、お客さんも増えているようで、よかった♪


そうして、定刻開店!
まずは、券売機で食券を購入して、席へとついていく!


豚骨一燈【弐八】-3

そして、先頭から5番目の私までが注文したのは、全員が「煮干しそば」!
うち、4人が「醤油」味を、残る1人が「塩」味を注文!


豚骨一燈【弐八】-4

さらに、9番目のお客さんまでの注文が全員「煮干しそば」とわかったところで、さっそく、ラーメン作りを始めるリョーマくん!
そうして、どんどんと「煮干しそば」ばかりが続けて作られて、完成した「煮干しそば」の一つが、前2回同様、リョーマくんによって供された。


豚骨一燈【弐八】-5

豚肩ロース肉のレアチャシュー豆苗、板海苔と刻み玉ねぎが載せられているのは以前といっしょ!
ただし、今日は、普通の玉ねぎとともに、アーリーレッド(紫玉ねぎ)がトッピングされていて!


ただ、それだけなんだけど
ても、赤紫色したアーリーレッドが入るだけでも、グッとビジュアルがよくなってるね♪

そして、これは、私が前回のブログ
「できれば、普通の玉ねぎではなく、赤紫色したアーリーレッドにすると彩りがよくなるんだけど…」

「もっとも、手間と原価が上がるので、価格据え置きでするのは難しいかもしれないけど…」
「ただ、730円という安価な価格設定なので、50円くらい値上げしても、個人的には、そうした方がいいような気がけど…」


こんなことを書いたので、対応してくれたようだったけど(汗)
値上げなしに対応いただいて、どうもありがとうございます。

そして、「本日の煮干し」のPOPに書かれていた背黒2種と白口、鯵で出汁を引いたというスープは
たぶん、背黒2種を水だしして、一晩寝かせたものに、白口(いりこ)と鯵煮干しを合わせて炊いたものなのかな!?

豚骨一燈【弐八】-2豚骨一燈【弐八】-8

リョーマくんの話しでは
「今回、初めて鯵煮干しを使いました。」ということだったけど

いりこの甘味とともに、いりことはまた違った鯵煮干しの甘味もしっかり出ていて!
非凡なリョーマくんの才能を感じさせてくれるスープだったし


さらに、背黒によるビターさもあって、よかったと思うけど!
ただ、前2回のスープに比べると


おとなしめというか
ニボラーからすると、食べやすくて、ちょっと、物足りなさを感じるかもしれない

麺は、前2回同様、今日も心の味食品謹製の加水率30%の中細ストレート麺が使われていて
前回同様、50秒で茹でられた麺は、ザクパツの食感の、カタめで、歯切れのいい麺で!

豚骨一燈【弐八】-9

食感は最高だし!
スープとの相性はバツグン!


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、前々回は、レアすぎて、噛み切りにくくて
コンデションがもう一つに感じられた

しかし、前回も、今回も、レア感があって
しっとりとした仕上がりのもので!

肉のうま味が閉じ込められた美味しいレアチャーシューで!
味、食感ともに優れた一品だったし♪


豚骨一燈【弐八】-10

アーリーレッドは、見た目だけじゃなくて!
シャリシャリとした食感も甘味を感じる味わいもよかったし♪


そして、最後は、スープもぜんぶ飲み干して完食♪
今日は、鯵煮干しに挑戦して、しっかり、鯵煮干しのうま味に甘味も引きだしていたのがよかった反面


前2回のような荒々しさが影を潜めてしまったかなという印象だったけど
また、来週以降、どんなことをしてくるのか、とても楽しみ♪

そんなことを思いながら
空っぽになったラーメン丼をカウンターの上に上げて、席を立とうとすると

リョーマくんが駆け寄ってきて
「今度、濃厚にもチャレンジします!」なんて話していたけど

「淡麗」な「煮干しそば」一本だけでは、お客さんも飽きると思うので
「濃厚」な「煮干しそば」を用意してくれるのは、めっちゃ嬉しいし♪

もし、来週、やってくれるなら、どんなことかあっても、食べに来ないといけないね♪
ご馳走さまでした。

豚骨一燈【弐八】-11豚骨一燈【弐八】-12

メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【水曜限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/和え玉…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:煮干しそば(醤油)star_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年3月14日(水)

豚骨一燈【弐七】-1

本日のランチは、東京・小岩に3月7日の水曜日にオープンして、毎週水曜日のみ営業する『麺や 福なが』へ(笑)

東京・小岩の『豚骨一燈』で、先週水曜日の3月7日から毎週水曜日に、スタッフのリョーマくんこと福長さんの作る「煮干しそば」が提供されるようになって!
先週、食べにいったとろ


これが、思いがけず美味しくて
クオリティの高い一杯だったのには驚かされた(゜_゜;)

長崎産平子、愛媛白口、八戸青口という3種の煮干しを使って出汁を引いた純煮干しスープは、それぞれの煮干しのうま味を引き出した秀逸な味わい逸品で!
そして、これが、あっさりとした淡麗な味わいのものではなく、清湯なのに濃厚な出汁のうま味の強いスープで!


一流の煮干しラーメン専門店に引けを取らない!
いや、下手すると、それ以上の味わいのスープに仕上げられていて!


あえて、煮干しの頭と腸を取り除かずに、煮干し特有のビターさを出して!
ニボラー好みの味わいに仕上げてきたのもよかったし♪


そんなリョーマくんが第2週目に作る「煮干しそば」は!?
リョーマくんが今日の深夜に更新したブログによると

今週の構成は、
九十九里産 背黒
長崎産 平子
愛媛産 白口
八戸産 青口
油 白口と平子
になります!


豚骨一燈【弐七】-3

というもので!
先週の煮干し構成に九十九里産の背黒を加えてきた。


背黒を増やすことで、より力強い味わいにしようとしているのか!?
より、ビターさを出して、マニアックに仕上げてくるのか!?

先週のスープの出来が、かなりよかったので!
それを超えられるのか
!?

ちょっと、不安なところもあったけど(^_^;)
今週も期待して訪問することに♪

JR小岩駅で下車して、駅直結の商業ビル「シャポー」に繋がっている出口を出て!
すぐ左にある「シャポー」の出口から外に出て、右へ!


そして、すぐ、左の路地に入って、直進!
蔵前橋通りに出ると、すぐ右に歩道橋があって!


これを渡れば、歩道橋の右にある店へと最短距離で行ける!
そうして、開店10分前の10時50分に店の前までやってくると


先客が2人、店頭に4脚置かれた丸椅子に座って待っていた。
3番目の椅子に座ると、直後に、もう一人お客さんがやってきて!


この後、10人のお客さんが並んだところで、定刻の11時を迎えて
リョーマくんが出てきて、「準備中」になっていた立て札をひっくり返して、「営業中」にすると

「お待たせしました。」
「開店させていただきます!」と開店宣言をして、開店となった。


先頭のお客さんから券売機で食券を買って、L字型カウンター9席の左奥の席から詰めて座っていく。
私の番になって、購入したのは、「煮干しそば」730円と「和え玉」200円の食券!


豚骨一燈【弐七】-4

そうして、食券をスタッフの人に渡すと
「醤油」か「塩」か、好みの味を聞かれたので

醤油でお願いして、席へ!
すると、厨房では、早くもリョーマくんが麺を茹で始めようとしているところで


両手に2玉の麺を持つと
茹で麺機のテボの中へと入れて、タイマーをセット!

豚骨一燈【弐七】-5

そうして、タレと香味油レードルを使って、ラーメン丼に入れて
あらかじめ、ガス台の火に掛けて温めていたスープを注いでだところで

ピピピッ♪
麺の茹で上がりを知らせるベルが、タイマーをセットしてから50秒後に鳴って♪


すばやくテボを引き上げると
リョーマくんによって湯切りされた麺が、スープの張られたラーメン丼の中へ!

そうして、スープと麺を合わせたところで、スープの味見をすると
タレか香味油かのどちらかが足されて、味の修正が行われて

さらに味見すると、納得して!
ラーメンを作る前に、直前に切り出されたチャーシューなどの具が盛りつけられて、ポールと2番目のお客さんに出されていったんだけと


これが正しい味見の仕方!
よく、スープを入れて、タレと香味油と合わせた状態で味見している店があるけど、これでは不十分


これに麺が加わって、麺から熔け出たエキスが加わった状態の味わいが、そのラーメンのスープの味になるので!
この状態で味見しないと意味がない


そうして、同じルーティーンでリョーマくんによって2個作りされた「煮干しそば」が完成すると!
そのうちの一つが、今日もリョーマくんの手によって供された。


豚骨一燈【弐七】-6

前回同様、豚肩ロース肉のレアチャシュー豆苗刻み玉ねぎが載るだけのシンプルな装いの「煮干しそば(醤油)」!
でも、ピンク色したレアチャーシュー豆苗の緑が入れられているので、彩りは悪くはないけど


豚骨一燈【弐七】-7豚骨一燈【弐七】-8

ただ、できれば、普通の玉ねぎではなく、赤紫色したアーリーレッドにすると
あるいは、豆苗の代わりにレッドキャベツスプラウトを入れて!

さらに、玉ねぎとともに万能ネギを薬味に併用しても、もっと、彩りがよくなるんだけど
もっとも、手間と原価が上がるので、価格据え置きでするのは難しいかもしれないけど

ただ、730円という安価な価格設定なので、50円くらい値上げしても、個人的には、そうした方がいいような気がけど
閑話休題(笑)(汗)

今日は、いりことともに平子も香味油に使ったからか
着丼した瞬間から平子が香るスープをいただくと

豚骨一燈【弐七】-9

平子!平子!平子!
平子の風味が口の中に、ふわっと広がるスープで


好きだな♪
この風味!


スープは、フレッシュな平子の風味を強く感じられたので
リョーマくんに感想を話すと

「今日は、平子の代わりに九十九里の背黒を使って、味の違いを感じてもらおうたと思っていたんですけど…」
「思ったより、背黒がいい出汁出してくれなくて…」


「最後に平子で追いました。」と話してくれたので…
どんなスープなのかは、だいたいわかった。

おそらく、九十九里産背黒を水だしして、一晩寝かせたものに、愛媛産白口と八戸産青口を合わせて炊いて!
さらに、この2段仕込みしたスープに、最後に長崎産平子で追い煮干しした3段仕込みのスープということだろうと思われるけど


時間を掛けて、丁重に作られたスープは、しっかりと煮干しのうま味にが抽出されていて
煮干しだけで出汁をとったスープのラーメンとしては、『中華ソバ 伊吹』は別格としても

『中華ソバ 伊吹』出身の『零一弐三』に次ぐくらいの美味しさに感じられたし♪
もし、これが『豚骨一燈』の限定ではなく、新店で、レギュラーメニューで出されたものだったら、今年のTRY煮干し部門の新人賞は、これで決まりじゃないかと思えるほどの味わい♪


特に、平子といりこのうま味がよく出たスープで!
平子のビターさもよく感じられるニボラー好みのスープなのがいい♪


ただ、確かにリョーマくんが話していたように、九十九里の背黒がもう一つだったのか!?
出汁の強みという点では、先週のスープの方が上かな

でも、そうはいっても、今日のスープも絶品で!
超一級品のスープであることには変わらない♪


麺は、先週同様、心の味食品謹製の加水率30%の中細ストレート麺が使われていたと思われるし
麺の茹で時間も先週と変わらない50秒で

同じ食感のはずなのに
今日の麺は、先週に比べて、カタめで、歯切れもいいように感じられた。

豚骨一燈【弐七】-10

今日は、開店前からお客さんがシャッターで並んで!
その並んだお客さんの注文がすべて「煮干しそば」で!


終始、多忙なリョーマくんとは、あまり、話しをすることはできなかったので
麺について、小さな変更があったのかどうかはわからないけど

イメージ的にはパン用の強力粉を使って、加水率28%に仕上げた麺という感じがして
先週の麺に比べて、麺が軽やかに感じられた。

もしかすると、気のせいかもしれないけど
個人的には、今日の麺の方が好み♪

それと、よかったのが豚肩ロース肉の真空低温調理されたと思われるレアチャーシュー
先週は、レアすぎて、噛みきりにくくて、コンデションがもう一つに感じられたのに


今日は、やや、レア感のある
しっとりとした仕上がりの一品で!

豚骨一燈【弐七】-11

噛めば、肉のうま味が滲み出てくる絶品のレアチャーシューで♪
これがスタンダードなら、次回はぜひ、トッピングしてみたいと思ったくらい!


そうして、麺を3分の1ほど食べたところで、リョーマくんにお願いして作ってもらった「和え玉」は
麺を食べ終わる絶妙のタイミングで着丼!

豚骨一燈【弐七】-12

麺1玉に、豚肩ロース肉のカットレアチャーシューに刻み玉ねぎが載せられて
醤油ダレのカエシと香味油が掛けられた一品で!

『煮干中華ソバ イチカワ』の市川店主が考案した、このメニューも、今は、全国の煮干しラーメンの店では、ポピュラーなメニューとなっているけど
リョーマくんの「和え玉」は、今回、初めて食べるので、どんな味わいなのか

まずは、麺と具を丼の底に沈んだカエシと香味油に和えて「和え麺」のようにしていただくと
カエシとラーメンにも使われた、白絞め油を熱して、白口と平子の煮干しを揚げて、煮干しの風味を移した煮干し油の風味がよくて!

このままでも、美味しくいただける♪
次に、麺を残しておいたスープにつけて、「つけ麺」のようにして食べても美味しいし!


豚骨一燈【弐七】-13

さらに、残った麺と具をスープにダイブさせて!
ラーメン」のようにして食べても美味しい♪


豚骨一燈【弐七】-14

というわけで、最後まで、いろいろと楽しませてもらいました♪
なお、冒頭で、冗談で『麺や 福なが』なんて、書いたけど


ジョークではなく、水曜日は「煮干しの日」として!
「煮干しそば」一本で営業してもいいかも♪


あるいは、リョーマくんが昨年までいた
事情により昨年末に惜しまれながら閉店してしまった『煮干し中華ソバ 一燈』を曜日限定で復活させる手もありかも♪

でも、これは、この「煮干しそば」がお客さんに認知されて!
この「淡麗」な「煮干しそば」一本ではなく、「濃厚」な「煮干しそば」も用意されないと難しいかもしれないけど


まずは、来週以降
リョーマくんが、どんな煮干し構成の一杯を作ってくれるのか

楽しみにしながら、また、食べに来るつもり♪
ご馳走さまでした。


豚骨一燈【弐七】-2

メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【水曜限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/和え玉…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:煮干しそば(醤油)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年3月7日(水)

豚骨一燈【弐六】-1

本日のランチは東京・小岩の『麺屋 一燈』のサードブランドの店『豚骨一燈』へ!

今日から毎週水曜日に限定で提供されるリョーマくんの作る「煮干しそば」を求めて!

煮干しラーメンのメッカである青森県出身のリョーマくんは、昨年末に惜しまれながら閉店した『煮干し中華そば 一燈』のスタッフ時代に、何度か自身が作った限定の煮干しラーメンを提供していた。
しかし、限定数が少ないこともあって、食べる機会に恵まれず、未だにリョーマくんの作る煮干しラーメンを食べたことがなかった。


『煮干し中華そば 一燈』閉店後は『豚骨一燈』に異動になったようだけど
そのリョーマくんが、毎週水曜日に限定で「煮干しそば」を提供するとブログに書いていたのをたまたま発見!

豚骨一燈【弐六】-2

そして、それは、なぜか千葉県船橋市にある二郎系と煮干し系の2種類のラーメンを曜日別に提供する二毛作営業の店の店主がTwitterでリツイートしていたのを見て知って!
なぜ、『麺屋 一燈』グループと直接、関係のない店の店主がリツイートしているんだろうとは思ったけど
???

でも、ようやくリョーマくんの煮干しラーメンを食べるチャンス到来!
というわけで、JR小岩駅北口から蔵前橋通りに出て


横断歩道を渡って、右に歩くと、すぐに看板が見えてくる店へと、11時50分になる時刻にやって来て
入店すると

厨房から見て、店の入口に一番近い茹で麺機の前にリョーマくんがいて
私の顔を見ると、なぜか、ドキッっとして

緊張しているように見受けられたんだけど
気のせい???

すると、大阪出身のスタッフの矢口さんが、すぐそばまでやってきて
「煮干しそばのボタンはこちらになります。」と券売機の左下にあって、目立たない場所にあったボタンを指で示して教えてくれた

豚骨一燈【弐六】-3豚骨一燈【弐六】-4

そこで、小銭を980円投入して、「水曜限定 煮干しそば」と印字してあるボタンを押して!
さらに、今月の「月替わりご飯」の「大葉が香る角切りステーキ丼」の食券も買い求めて、矢口さんに渡すと


「煮干しそば」は醤油味にするか
塩味にするか

好みを聞かれて
「どっちがおすすめ?」と聞き返すと

「醤油がおすすめだとリョーマが言ってます。」という答えがあったので
もちろん、醤油にすることに♪

注文を受けると、すぐに「煮干しそば」を1個作りし始めるリョーマくん!
スープを雪平鍋に移して、ガス台の火に掛けていくと


頃合いを見て、茹で麺機のテボの中に麺を入れてタイマーをセット!
そして、ラーメン丼に温まったスープを注いだところで


ピピピッ♪
ピピピッ♪


タイマーをセットしてから50秒で、麺の茹で上がりを知らせる音が鳴って!
リョーマくんによって湯切りされた麺がラーメン丼の中へ


そうして、最後に具が盛りつけられて、完成した「煮干しそば(醤油)」がリョーマくんから出されて!
少し遅れて、矢口さんから「大葉の角切りステーキご飯」も出された。


豚骨一燈【弐六】-5豚骨一燈【弐六】-6

豚肩ロース肉のレアチャーシューの他は豆苗刻み玉ねぎが載せられただけの
シンプルなトッピングのラーメン!

豚骨一燈【弐六】-7

まずは、薄口醤油が使われたような淡い色合いの醤油スープをいただくと
本日の煮干し構成を示したホワイトボードにあった愛媛白口の、いりこ香るスープで♪

豚骨一燈【弐六】-9豚骨一燈【弐六】-10

たぶん、愛媛白口で追い煮干ししたのと
香味油に愛媛白口を使った煮干し油が使われているので!?

これだけいりこが香るんだと思われるけど♪
まず、この瀬戸内産のいりこの風味にやられた


さらに、やはりホワイトボードに書かれていた平子に八戸青口の背黒のうま味がよく引き出されていて
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪

それに、平子に背黒の煮干し独特のビターな味わいも出ていて
ニボラー好みのスープに仕上げられているのもよかったし♪

しかし、こんな美味しくて、クオリティの高いスープだったとは
『煮干し中華そば 一燈』時代に提供された限定の味を知らないので、何とも言えないけど

正直、これほどのものを出してくるとは思わずにハードルを下げてきていた。
失礼しました
\(__)

これは、早くも、煮干しの新人賞はここで決まりと言われている
同じ総武線沿線の亀戸に1月28日にオープンした『亀戸煮干中華蕎麦 つきひ』以上のクオリティかも!?

それと、カエシの使い方も秀逸で!
「これ、醤油といっても、カエシにかなり、塩も使ってるよね!?」とリョーマくんに尋ねたところ


ドキッとした顔をしながら
「えっ!?何でわかったんですか?」なんて言うので…

「巣鴨のミシュラン1つ星の店だって、志村坂上の煮干しの巨匠の店もそうだし…」
「煮干しラーメンの美味しい店は醤油と塩をブレンドしたカエシを使ってるよ!」
と言うと…

「実は、このカエシの作り方は、しょーさんに教えてもらったんです。」
「醤油と塩を○対○で合わせた方がいいと言われて、そうしたら、すごく美味しくなりました。」


「それだけじゃなくて、スープの炊き方のアドバイスもいただいて…」
そう言うと、煮干しの仕込みの方法まで話してくれたんだけど
(汗)

これは企業秘密なので、ちょっと、これ以上は書けないけど
どうやら、リョーマくん

東葉高速鉄道の東海神の駅前にある店に食べに行って!
スープの炊き方やカエシについて、レクチャーを受けたようで!


めちゃめちゃ感謝していたけど
それで、これだけ美味しいスープができたのだろうか!?

でも、この味は、変則二毛作営業する、その店の味とは違うし!
教えてもらったからといって、すぐに実践できるものでもないだろうし


これは、きっと、リョーマくんが作ったスープが元々から美味しくて!
その上で、その元フレンチの料理人のアドバイスがあって、さらに美味しくなったってことなんだろうね♪


何れにしても、これは、『一燈』ファンだけに食べさせておくのはもったいない(笑)
ニボラーのみなさんにも、ぜひ、ご賞味いただきたいスープ♪

そして、この絶品のスープに合わされた麺は、「心の味食品」謹製の
切り刃22番の中細ストレート麺と思われるけど

豚骨一燈【弐六】-11

つるっとした啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさもあって♪


それでいて、噛むと、パツっと切れる歯切れのよさもある麺で!
食感がバツグンによかったし♪


それに、小麦粉のうま味も感じられる美味しい麺だったので!
そんな麺の感想をリョーマくんに話すと


「『麺屋 一燈』本店で「濃厚ラーメン」に使っている「心の味食品」の低加水麺を使いました。」なんて話していたので…
「組み合わせとしてはいいと思うけど、この麺、低加水麺と言ってたけど、加水率は30%か31%だと思うよ。」と言うと…

「よく、そんなことわかりますね?」
「31%だと聞きましたけど僕にはわかりません…」
なんて言っていたけど…

スープはスゴいものを作れるけど
麺は、もう少し勉強する必要があるかも(笑)

でも、このスープにこの麺の組み合わせはバツグンだし!
東京でも有数の美味しさの煮干しラーメンに間違いない♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて、悪くはなかったけど
ちょっと、レアすぎて、噛み切りにくいのが少し気になったかな(汗)

豚骨一燈【弐六】-12

なお、今月の「月替わりご飯」の「大葉が香る角切りステーキ丼」は、ニンニク醤油の味付けがよくて、バツグンに美味しかったし♪
これが250円で食べられるというのは、めっちゃコスパ高いよね
( 〃▽〃)

豚骨一燈【弐六】-13

スープが美味しかったから、スープの最後の一滴まで残さず完食♪
普通なら、ご馳走さまと言って、席を立つところだけど


「醤油」が美味しかったし!
来週は、煮干し構成が変わって、また、違う味になってしまうかもしれないので


もう一杯!
リョーマくんにお願いして、「塩」もいただいていくことに
(笑)

再び、券売機へと向かって、食券を購入して、ラーメンができるのを待っていると
先ほどとまったく変わらないルーティーンでリョーマくんによって作られた「煮干しそば(塩)」が完成!

豚骨一燈【弐六】-14

豚肩ロース肉のレアチャーシュー豆苗刻み玉ねぎが載せられた「煮干しそば(塩)」は、先ほどの「醤油」とどこが違うの!?
並べて比べれば、スープの色が違う。

豚骨一燈【弐六】-15

でも、これも、後で見比べてわかったことで
パッと見、酷似していて、着丼したときにはわからなかった。

ほぼ、煮干し出汁の色って感じのスープをいただくと
先ほどに比べて、すっきりとした味わいに感じられて

豚骨一燈【弐六】-17

平子に背黒、いりこの3種の煮干しのうま味がよ~く感じられるスープで
煮干しのビターさも出ていて

「醤油」もいいけど「塩」もいい♪
ただ、確かにリョーマくんが推す「醤油」の方が、醤油の大豆のうま味がある分、美味しく感じられた♪


でも、それは、こうして、飲み比べられたので、そう感じられただけで!
「塩」だけを食べていたら、きっと、これはこれで、めっちゃ美味しいと思っただろうし♪


個人的には、大きな味の差はないので、「醤油」がおすすめ!
ただ、この「塩」


綾瀬のTRY煮干しラーメン部門新人賞の店のように、紫蘇オイルを加えるなど
何か一工夫すると、「醤油」とは、また、違った味わいになって、いいような気がした

麺やトッピングの感想は「醤油」といっしょ!
麺は、味、食感とも最高♪


ただ、煮干しラーメンの有名店で使われている定番のザクパツな食感の低加水麺に慣れているニボラーからすると
やや、違和感を感じると思われる。

できれば、これで、加水率を2%か3%下げた麺を、「心の味食品」にお願いして
この「煮干しそば」専用に作ってもらえると、さらにいいと思うんだけどね

豚骨一燈【弐六】-18

そうして、こちらも、スープの最後の一滴まで飲み干して完食♪
期待を遥かに超える美味しくてクオリティの高い淡麗な純煮干しラーメンでした。


これは来週も楽しみ♪
リョーマくん、ご馳走さまでした。




メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中華そば…730円/半熟玉子中華そば…830円/特製中華そば…980円/チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円
油そば全部入りトッピング…100円/マヨネーズ…30円/エビの辛み…30円/粉チーズ…30円/揚げ玉…30円
えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/燻製半熟煮玉子…100円/メンマ…100円/のり(1/8カット5枚)…100円
月替わりご飯…250円/定番チャーシュー丼 250円/ライス…100円/小ライス…50円

【水曜限定】煮干しそば(醤油/塩)…730円/和え玉…200円


豚骨一燈ラーメン / 小岩駅京成小岩駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:煮干しそば(醤油)star_s45.gif
煮干しそば(塩)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年7月17日(月)

豚骨一燈【弐五】-1

7月は『麺屋 一燈』グループ各店で怒濤の限定&新メニューラッシュ!

本店の『麺屋 一燈』で7月3日から始まった月曜日限定の「貝の塩つけ麺」を皮切りに

豚骨一燈【弐五】-2

2号店の『ラーメン燈郎』では、7月19日から「冷やしまぜそば 」!
直営3号店の『豚骨一燈』小岩内では、7月の木・金限定「グリーンカレーつけ麺」に加えて、「NEO台湾ラーメン」が7月15日から25日までの限定で提供されていて!


豚骨一燈【弐五】-3豚骨一燈【弐五】-5

4号店の『つけ麺一燈』でも、7月の火・水限定の「海老出汁冷やしそば」に続いて、7月17日からは、「スパイスつけ麺」に「伊勢海老醤油そば」の新メニューがリリースされて!
5号店の『煮干し中華そば一燈』では、7月限定の「台湾細つけ麺 」が7月14日から30日までの提供。


豚骨一燈【弐五】-6豚骨一燈【弐五】-7豚骨一燈【弐五】-8

これだけ多くの限定に新メニューがあると、もう、連日、『一燈』グループ巡りをしなければならなくなるので
『一燈』ファンは大忙しだと思うけど_| ̄|○

私の場合、行ってみたい新店もあるし!
他に食べてみたい限定もある。


それに、地方遠征もあって
こう続いてしまうと、とても、『一燈』グループの限定をコンプすることなんて、絶対に無理なので_| ̄|○

3連休の最終日の今日、提供されている『麺屋 一燈』の「貝の塩つけ麺」に『麺屋 一燈』の「NEO台湾ラーメン」、『つけ麺一燈』の「スパイスつけ麺」と「伊勢海老醤油そば」の中からセレクトして食べることにしたのは
『麺屋 一燈』の「NEO台湾ラーメン」♪

今日は何となく辛いものが食べたかったので!
『つけ麺一燈』の「スパイスつけ麺」も食べたいとは思ったけど、でも、「スパイスつけ麺」は、新メニューで、今日じゃなくても食べられるし!


それに、「NEO台湾ラーメン」は、「台湾ラーメン」が、途中で別皿のゴマペーストブーストなるものを入れると「担々麺」になるという仕掛けがあるようなので!
こちらにすることにしたんだけど


ただ、今日は朝から蒸し暑くて
こんな中、10食限定の「NEO台湾ラーメン」を求めて、早くから行って並ぶのも辛いものがあるし

仮に整理券が配られたとしても、どこかで時間を潰してから、再度、やってきて、食べるというのも億劫だし(汗)
そこで、とりあえず、シャッターで行けば大丈夫だとは思って出掛けるはずが

今朝、急用ができてしまって(汗)
JR小岩駅近くの蔵前通り沿いにある店へとやってきたのは11時11分11秒!

もし、売り切れていたら、一駅先のJR新小岩駅にある「つけ麺 一燈」に行って、「スパイスつけ麺」を食べればいいと思いながら入店。
券売機の前に立つと


豚骨一燈【弐五】-9

10食限定の「NEO台湾ラーメン」は、ありがたいことに残ってくれていた♪
食券を買い求めて、空いていたカウンター席へと座ると


ちょうど私の席から、目の前の厨房に置かれた小型の寸胴の中身が見えて
中に鶏ガラや玉ねぎなどの野菜が入っているのを確認。

すると、私がチラ見していたのに気づいた
今回の限定の作者でもあるスタッフの小川さんから

「鯛の限定以来ですね!」としゃべりかけてくると…
「今回は、胴ガラの他に手羽を使いました。」

「それに、大山鶏の親鶏で、明日の限定のスープをじっくり炊いているところです。」なんて話しをしてくれたので、今回の「NEO台湾ラーメン」が鶏清湯ベースのスープだということがわかった♪

小川さんは名古屋出身で!
「名古屋めし」である「台湾ラーメン」がテーマだし!


名古屋では欠かせない手羽先が使われているということもあって!
これは、期待できるかも♪


そうして、待っていると
小川さんによって50秒間茹でられた麺が、スープの張られたラーメン丼に入れられて

小川さんによって丁重に具が盛りつけられて、「NEO台湾ラーメン」が完成すると!
セットの「ルーロー飯」とともにお盆に載せられて、これも小川さんが手元まで配膳してくれた。


豚骨一燈【弐五】-10
豚骨一燈【弐五】-11豚骨一燈【弐五】-12

そして
「途中で、別添えの唐辛子パウダーとゴマペーストブースターを入れると担々麺風になります。」と小川さんからアナウンスがあった。

しかし、まず、驚かされたのがコスパの高さ!
セットの「ルーロー飯」は、台湾の定番丼である「魯肉(ルーロー)飯」で!


豚バラ肉がゴロゴロ入っていて!
味玉まで付いて!


これがセットで付いて850円!
これ、単体でも350円!


少なくとも250円はするだろうから
単純に引き算したら、この台湾ラーメンは600円ということになってしまうけど

しっかり出汁を引いたスープのラーメンで!
香辛料も結構、使っているし!


これで600円はあり得ない
他店だったら、「台湾ラーメン」だけで850円取るところだってあるのに

でも、肝心なのは味!
というわけで、さっそく、真っ赤な、めっちゃ辛そうなスープをいただくと


豚骨一燈【弐五】-13

見た目とは裏腹に、辛さはそれなり。
ただ、食べ進めていくうちに、汗が、じわっと噴き出してくる


そして、そう辛くないので
鶏出汁のうま味も、しっかりと感じられたし♪

そして、スパイスの辛味とシークワーサーの柑橘系の爽やかな甘味と酸味がミックスした
この独特の味わいが、一般的な辛味一辺倒の台湾ラーメンとは違って、なかなかよかったし♪

そうして、半分ほど、麺をいただいたところで、唐辛子パウダーゴマペーストブースターをスープに溶かし入れてみると
「あ、これは確かに担々麺!」

豚骨一燈【弐五】-15

もちろん、これだけで、本当の担々麺になるわけではないけど(汗)
それらしい味わいに変化させる、このアイデアも、とてもよかったし♪

そして このスープに合わせられた中細ストレート麺が、ザクッとしたカタメで
パツッと歯切れのいい食感の煮干しラーメンには定番の低加水麺で!

このザクパツな麺の食感は好きだし♪
スープともそれなりに絡んでくれたので!


いいとは思う
ただ、この辛味スープだったら、個人的には、もう少し加水率の高い、つるっとした食感の麺の方がよかったかな

ルーロー飯」は、八角のが効かされた醤油味の豚バラ肉と少量のご飯に
味が中までしみた味玉だけをパクッといただいて!
豚骨一燈【弐五】-16

そうして、残ったご飯に辛味スープをぶっかけて!
最後まで美味しく完食!


豚骨一燈【弐五】-17

一般的な台湾ラーメンとは一線を画する個性的な味わいなのがよくて♪
唐辛子パウダーとゴマペーストブースターによって担々麺へと味変させるアイデアもよかったし!


そして、「ルーロー飯」まで付いて、850円で食べられるというのも魅力で♪
辛い物が苦手な人以外にはおすすめです!


なお、小川さんによると、辛さの調整が可能ということでしたので
注文するときに「辛めで!」とか「超辛め!」でとか

あるいは、逆に「甘めで!」とか、辛さのリクエストもしてみてください!
ご馳走さまでした。




メニュー:濃厚豚骨魚介つけめん…830円/半熟玉子濃厚豚骨魚介つけめん…930円/特製濃厚豚骨魚介つけめん…1080円/チャーシュー濃厚豚骨魚介つけめん…1080円

あっさり 昔ながらの中華そば…730円/あっさり 半熟玉子昔ながらの中華そば…830円/あっさり 特製昔ながらの中華そば…980円/あっさり チャーシュー昔ながらの中華そば…980円

濃厚豚骨魚介らーめん…780円/半熟玉子濃厚豚骨魚介らーめん…880円/特製濃厚豚骨魚介らーめん…1000円/チャーシュー濃厚豚骨魚介らーめん…1000円

油そば…780円/半熟玉子油そば…880円/特製油そば…1000円/チャーシュー油そば…1000円

カレーつけ麺…830円/半熟玉子カレーつけ麺…930円/特製カレーつけ麺…1080円/チャーシューカレーつけ麺…1080円

カレーらーめん…780円/半熟玉子カレーらーめん…880円/特製カレーらーめん…1000円/チャーシューカレーらーめん…1000円

中盛…+50円/大盛…+100円/特盛(つけ麺のみ)…+150円

チャーシュー 煮豚(バラロール3枚)…250円/メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/のり(1/8カット5枚)…100円/えびの辛み…50円/とろけるチーズ…100円

定番チャーシュー丼 250円/月替わりご飯…250円/ライス…100円/小ライス…50円

【7月15日(土)~7月25日(火) 昼夜各10食限定】NEO台湾ラーメン(ルーロー飯付き)…850円


一燈

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 小岩駅京成小岩駅



好み度:NEO台湾ラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m