訪問日:2017年3月11日(土)

麺処 晴【弐六】-1麺処 晴【弐六】-2

本日のランチは、大川さん卒業限定の「1年目の豚骨魚介」を求めて、東京・入谷の『麺処 』へ!

これは、スタッフの大川さんが明日の12日の日曜日に『麺処 晴』を卒業するのを記念して作られた豚骨魚介ラーメンで!
大川さんが一番好きな千葉県の巨匠の店のラーメンをビックリスペクトして作られた一杯♪


というわけで、東京メトロ日比谷線で、店のある入谷駅へ!
そして、上野側の出口を出て、横断歩道を渡った先の歩道橋の脇にある店へと、開店5分前の10時55分にやってくると


店の前には5人ほどのお客さんがいたけど
思ったほどではなかったな

なんて思ったら、これが大間違いで
店の前にある歩道橋の階段に大行列ができていた。

麺処 晴【弐六】-3

さらに、すでに、店は開店していて、店の中には15人ほどのお客さんが入店した後で
現在の外待ちが17人だから、私は33番目!

思った以上の人気で♪
そして、思った以上の回転の悪さで


結局、この後、1時間18分を費やして、ようやく、「1年目の豚骨魚介」と対面することができたんだけど
時間がかかったのは、大川さん卒業の限定ラーメンとともに提供された、こちらの店の大城店主が作ったサイドメニューの「牛スジ丼」を皆さん、セットでお召し上がりになっていたのと

「1年目の豚骨魚介」のスープが重たくて
麺量も220gと、デフォで他店の大盛り並みの量があって、食べるのに時間が掛かっていたのが原因(汗)

そうして、ようやく入店することができて、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
「牛スジ丼」は売り切れ

そこで、「限定」の食券だけをを購入したんだけど
「牛スジ丼」は、具はあるのに、ご飯がなくなってしまったそう

今、急いで炊飯しているということだったけど
食べられるかどうかは微妙

ただ、思った以上に待たされたおかげで、結局、食べることができた(笑)
ということで、席について、カウンターの上に「限定」の食券と「牛スジ丼」の代金200円を置いて、待っていると

まず、先に「牛スジ丼」が着丼!
そして、少し遅れて、厨房の大川さんと森尻さんのコンビネーションによって作られた大川さん卒業限定の「1年目の豚骨魚介」も出された。


麺処 晴【弐六】-4

供された「1年目の豚骨魚介」は、分厚い豚バラ肉の煮豚豚肩ロース肉のレアチャーシュー太メンマなると柚子皮、小口切りされたネギと
海苔の筏の上に魚粉が載せられた一杯♪

麺処 晴【弐六】-5麺処 晴【弐六】-6

まずは、ドロッとしたスープをいただくと
モミジで粘度を出して、ゲンコツに鶏ガラを時間差で入れて、長時間炊いたと思われるスープを一度クールダウンさせて

さらに、翌日、追いガラした動物系スープに鯖節、背黒、昆布などの魚介のうま味を重ねたといった感じのスープで!
ゲンコツのうま味に鯖節と背黒の煮干しのうま味がよく出ていて、めっちゃ美味しい♪


麺処 晴【弐六】-7

そして、スープは、思った以上に、こってりとした味わいのヘビーな濃厚豚骨で!
スープの濃度で言えば、確かに千葉の巨匠をリスペクトして作られた一杯に相応しい一杯と言える♪


そして、塩分高めなのも千葉の巨匠の店といっしょで
ただ、これをつけ麺で食べたら

これも千葉の巨匠の店同様で!
きっと、最高なんじゃないかな♪


それと、千葉の巨匠の店の味わいは、似ているところはあるものの、ちょっと違うかな
大川さんから感想を聞かれて、そんな感想を話すと

「僕が好きな味なので、あんな味に仕上げたかったんですけど…」
「今回は、豚と鶏の他に牛骨も使いましたから…」


なんて話していたけど
これはこれで大川さんのオリジナルな味わいでよかったと思うし♪

それに、来月4月9日オープン予定の大川さんの店『陽はまたのぼる』では、基本、『麺処 晴』の煮干しをきかせたラーメンを提供する予定だけど
この豚骨魚介をラーメンではなく、つけ麺で、週一程度で、限定で提供する予定だというので!

これは、めっちゃ楽しみだし♪
これは、どんなことがあっても、食べに行かないといけないね!


なお、気になる「1年目の豚骨魚介」というネーミングについては
事前に千葉の巨匠に許可をとって、使っているということで!

勝手に使って、後で怒られるんじゃないかと思ってドキドキしていたけど
安心した(笑)(汗)

そして、このスープに合わされた麺は
中太ストレートの麺で!

麺処 晴【弐六】-8

つるっとして、もちっとした食感の麺は、まるで、千葉の巨匠の「中華○○」用の麺を彷彿とさせるような食感の麺で!
スープとの相性もバツグン♪


そして、小麦粉のうま味も感じられる麺で!
この麺は、まるで、濃厚豚骨魚介のラーメンのために生まれてきたような麺で、最高♪


トッピングされた分厚い豚バラ肉の煮豚は、トロットロにやわらかに煮込まれた煮豚で!
やや、甘めに味付けられた味付けもよかったし♪


麺処 晴【弐六】-9

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、元々、都内でも随一の美味しさのレアチャーシューではあるけど!
今日のレアチャーシューも絶品♪


太メンマの外はコリッ!
中はサクッの食感も最高だったし♪


そして、大城店主作の「牛スジ丼」も、甘めの味付けなのがよくて!
美味しくいただけたし♪


麺処 晴【弐六】-10

しかし、これだけ美味しい濃厚豚骨魚介のラーメンを食べたのも久しぶり!
大川さん、マジで美味しかった♪


オープンの日には必ず行くからね♪
ご馳走さまでした。


麺処 晴【弐六】-11

メニュー:【大川さん卒業限定】1年目の豚骨魚介…800円
牛スジ丼…200円

【通常メニュー】
中華そば…730円/味玉そば…830円/特製そば…950円/チャーシューそば…1000円
塩そば…730円/味玉塩そば…830円/特製塩そば…950円/チャーシュー塩そば…1000円

中盛(麺180g)…50円/大盛(麺230g)…100円

トッピング
味玉…100円/穂先メンマ…100円/のり…100円/ネギ…100円/チャーシュー…300円

ごはん…100円/豚めし 小…200円/豚めし…250円/豚めし 大…350円


麺処 晴

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 入谷駅鶯谷駅上野駅



好み度:1年目の豚骨魚介star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2016年12月24日(土)

麺処 晴【弐五】-1

I don't want a lot for Christmas
There is just one thing I need
I don't care about the presents
Underneath the Christmas tree

I just want you for my own
More than you could ever know
Make my wish come true
All I want for Christmas is you, yeah.




マライアキャリーの定番クリスマスソング流れる中♪
クリスマス・イブの今日、私がランチに向かったのは、土曜日の店休日にスタッフの森尻さんと大川くんの2人によって特別営業している東京・入谷の『麺処


10月から始まった土曜日特別営業!
この日は、スタッフ2人によって隔月交互に作られる月替わりの限定ラーメンが提供される。


10月は大川くんが担当!
鶏清湯スープの「Rioのカーニバル」という塩ラーメンが作られて!


3週目からは「Rioのカーニバル」の醤油味バージョンが!
4週目からは白醤油バージョンが提供された。


11月は替わって森尻さんが担当。
「牡蠣大好き将太くん」という自身の名を冠した牡蠣と鶏白湯スープのラーメンが提供された。


そうして、今月12月は、再び、大川くんの担当で!
今月は、醤油と塩味の生姜ラーメンが提供されている。


麺処 晴【弐五】-2麺処 晴【弐五】-3

この2人の創る限定は食べてみたいと思っていたくせに
なかなか食べに行く機会がなくて

今月も、このままでは食べる機会を逸してしまう
そう思っていたところに、大川くんのTwitterのツイートが入ってきた。



大川真弘@麺処晴の黒髪ポンコツクソ野郎
@masa_ponkotu

明日の限定の限定の試食しました。味噌が間に合わなかったので、第二案として考えてた、煮干しと生姜を合わせたラーメンの構成です。これにローストビーフを合わせる予定です! 名前は二ボジンジャーZ(二ボジンジャー麺)です。 予想より美味しくてビックリしました!またtwitterに書きます

23:13 - 2016年12月23日



「煮干しと生姜を合わせたラーメン!」
「これにローストビーフを合わせる予定!」
って…

そして、「予想より美味しくてビックリしました!」と自画自賛しているし
これは、どんなことをしても食べに行かないといけないかなと思っていたら



大川真弘@麺処晴の黒髪ポンコツクソ野郎
@masa_ponkotu

おはようございます!朝の試食をしましたけど、どっちも美味しくて我ながらよくできました!今日でこいつともお別れかと思うと寂しい気持ちですが、ラストダンスをカッコよく決めたいと思います。

二ボジンジャーも着々と仕込んでおります。

今日もよろしくお願いします。


10:23 - 2016年12月24日

麺処 晴【弐五】-4麺処 晴【弐五】-5



今日も、こんなツイートをされて
こうなったら、もう、行くしかないでしょう♪

というわけで、東京メトロ日比谷線の入谷駅で下車して!
上野方面の出口を出て、東京スカイツリーを左に見ながら、目の前の横断歩道を渡った歩道橋の脇にある店を訪ねたのは11時30分になる時間。


麺処 晴【弐五】-6

外待ちはなかったので、ドアを開けて、入店すると
店内は満席で、6人のお客さんが店内で待っていた。

厨房には森尻さんに大川くんの2人がいて!
大川くんは私を見るなり


「あっ!やっと来てくれた!」
最初はムットしていた大川くんも、すぐに柔和な顔になって、喜んでくれた
(笑)

麺処 晴【弐五】-8

そうして、まずは、券売機に1,000円札を差し入れて
右下の右から2番目にあった「生姜らぁめん」と書かれたボタンを押して!

麺処 晴【弐五】-7

さらに、「タコめし」の食券も購入。
こちらは、森尻さんが作ったサイドメニューで!


森尻さんがTwitterで、炊き上がった「タコめし」の画像を上げていて!
これが、めっちゃ美味しそうだったので♪


麺処 晴【弐五】-19

そうして、店内で順番待ちをしていたんだけど
今日の『晴』はグローバル!

店内では、中国語が飛び交い!
そのお客さんたちと、会話するため


「ジンジャーヌードル!」、「ドライサーディン!」、「ソルト!」、「ソイソース!」などの英単語が大川くんの口から出て(笑)
さらに、大川くんは、手揉み麺と細麺の2種類の麺を見せて、「チョイス!」と言ってコミュニケーションを図っていた♪

そのうちに、席も空いて、席につくと
森尻さんから

「麺は、手揉みと細麺のどちらにされます?」と聞かれて…
「手揉みかな!?」と答えると…

大川くんから
「今日、連食されます?」と聞かれて…

「いいえ…」と答えると…
「じゃあ、手揉みかな!?」

「手揉みは、ボリュームがあるので、連食には向かないんですよ。」
さらに、森尻さんから


「醤油と塩はどうしましょう?」と聞かれると…
「イチエさんは、濃い味の方が好みだから醤油がいいですよ!」と大川くんから決めつけられて、注文が決定(汗)

そうして、大川くんと森尻さんと会話をしているうちに
まず、先に、森尻さんから「タコめし」が出されて!

その直後に、大川くんによって、3個作りされていた
正式名称を「荒ぶる神々達に捧げる、僕達からの鎮魂歌(生姜味)」 という長~い名前の生姜醤油ラーメンの一つが私のもとにも着丼。

麺処 晴【弐五】-9

豚バラ肉のチャーシューに、メンマほうれん草、刻みネギ、海苔、なるとが載せられて
クリスマスを意識したローストビーフがトッピングされたラーメン!

麺処 晴【弐五】-10麺処 晴【弐五】-11

まずは、作る度に、カエシが入れられたラーメン丼に、すり下ろした生姜が加えられて
そこに、熱々のスープが注がれることによって、生姜が香るスープをいただくと

麺処 晴【弐五】-12

生姜!生姜!生姜!
スープからはフレッシュな生姜のフレイバーが香る♪


しかし、これだけ生姜が強いのに
スープからは豚のうま味に鶏のうま味も、しっかりと感じられて!

たぶん、豚の背ガラに鶏ガラも加えて炊いたスープだろうと思うけど!
動物系出汁のうま味がよく出ていて、大川くんがTwitterで自画自賛していたのもわかる♪


カエシは、ちょっと、味濃すぎだったけど(笑)
でも、キレッキレでコクのあるカエシで、このスープにとの相性はバツグン♪

これ、ヤバい!
めっちゃ美味しい♪


そこで、大川くんに
「これっ、O軒超えしてるんじゃない!?」と言うと…

苦笑していたけど
マジで美味しい♪

ただ、めちゃめちゃ美味しいスープだとは思ったけど
煮干しは、どこ行っちゃったんだろう!?

Twitterでは、今日のラーメンに「二ボジンジャーZ」生る名前を付けていたくせに
そう思って、大川くんに重ねて聞くと

「えっ!?煮干しを入れるのは夜営業用のスープだけです。」
「このスープは、主に鶏ガラでとった動物系スープに鶏油を加えたものです。」
という…

「あ、そうだったんだ…」
「よく、ツイート見てなかったかも(汗)」


「でも、美味しかったからいいか♪」
「ところで、鶏ガラって言ってたけど、豚も使ってるよね!?」
と聞くと…

「(豚の)背ガラも使ってますよ。」
「それに、チャーシューも煮ているし…」
と言っていて…

豚骨も使われたことがわかったし!
チャーシューの煮汁がスープに溶け込んだことによって、豚が強く感じられたこともわかった。


でも、本日夜限定の「二ボジンジャーZ」も食べてみたかったし
なぜ、昼間はやらないのかな

なお、チョイスした手揉み麺は、大川くんが茹でる前に体重を掛けて
手で揉むというよりは、力を入れて、縮れさせたといった手間の掛けられた麺で!

麺処 晴【弐五】-13

平打ちの中太ストレートの麺は、モッチリとした食感の多加水麺で!
濃いめの醤油味のスープといい感じで絡んでくれて、相性もバッチリだったし♪


分厚くカットされた豚バラ肉のチャーシューは、めっちゃやわらかくて!
味付けも最高♪


麺処 晴【弐五】-14

ローストビーフは、ちょっと、歯応えがあったけど
でも、肉のうま味を味わえる美味しい一品だったし♪

麺処 晴【弐五】-15

シャクシャクとした、やや、やわらかめの食感のメンマも、この醤油スープには、よく合っていたし♪
ほうれん草が、また、こんなにスープに合うのかと思うくらい相性がよくて、美味しくいただけたし♪


最後は、若干、味濃いめではあったけど
スープが美味しかったから、すべて飲み干して完食♪

なお、森尻さん作の「タコめし」は
ご飯が、やや、強目の炊き加減だったのもよかったし!

麺処 晴【弐五】-16

そして、何しろ、タコがやわらかく煮込まれていたのがよかった♪
それに、サービス価格だとは思われるけど、これが200円で食べられるというのは奇跡♪


ラーメン同様、サイドメニューも、最高に美味しくて、大満足♪
ご馳走さまでした。


麺処 晴【弐五】-17麺処 晴【弐五】-18

メニュー:【12月土曜日特別営業】荒ぶる神々達に捧げる、僕達からの鎮魂歌(生姜味)…800円
タコめし…200円
ほうれん草…100円/メンマ…100円

【通常メニュー】
中華そば…730円/味玉そば…830円/特製そば…950円/チャーシューそば…1000円
塩そば…730円/味玉塩そば…830円/特製塩そば…950円/チャーシュー塩そば…1000円

中盛(麺180g)…50円/大盛(麺230g)…100円

トッピング
味玉…100円/穂先メンマ…100円/のり…100円/ネギ…100円/チャーシュー…300円

ごはん…100円/豚めし 小…200円/豚めし…250円/豚めし 大…350円


麺処 晴

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 入谷駅鶯谷駅上野駅



好み度:荒ぶる神々達に捧げる、僕達からの鎮魂歌(生姜味)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年7月7日(木)

麺処 晴【弐四】-1麺処 晴【弐四】-2

本日7月7日は、『麺 処 H A R U の創業4周年記念日♪

大城店主!
おめでとうございます
(^_^)v

そして、本日は4周年を記念して1日限り「濃厚つけ麺」が復活するという情報を聞きつけて!
店のある東京メトロ日比谷線の入谷へと向かった。


駅の上野寄りの出口を出ると
人!人!人!

麺処 晴【弐四】-3

地上には人がいっぱい!
というのも、ここ入谷では毎年7月6日、7日、8日の七夕の前後3日間、入谷朝顔まつりが開催されているので♪


麺処 晴【弐四】-18麺処 晴【弐四】-19麺処 晴【弐四】-20麺処 晴【弐四】-21

可憐に咲く朝顔たちの姿を見ていきたいところだったけど
帰りに見ることにして、店へと急ぐ!

そうして、11時50分に店の前までやってくると
すでに、10人のお客さんが行列を作って待っていた。

11番目に接続して待つ。
すると、10時56分に13人のお客さんが並んだところで、スタッフの森尻さんが暖簾と丸椅子を持って、店の中から現れると


開店時間を4分前倒してくれて、開店となったんだけど♪
大城店主からの4周年記念の挨拶はなし


麺処 晴【弐四】-5

先頭からゾロゾロと入店!
券売機で食券を購入して、厨房を囲むように配されたL字型カウンター席の右奥の席から順番に詰めてついていく。


なお、本日は「濃厚つけ麺」100食のみの提供で!
レギュラーメニューの提供はなし!


麺処 晴【弐四】-6

そのため、券売機は、「濃厚つけ麺」と、そのトッピングバージョン!
そして、トッピングのボタンしか開放されておらず


私の番になって、その中から選択したのは「チャーシューつけ麺」!
前回は、さらに大好きな「チャーシュー」をトッピングして、「ダブルチャーシューつけ麺」にしてもらったんだけど、今回はやめておくことにした
(笑)

麺処 晴【弐四】-7

11番目の私は、全8席の席にはつけずに
3席並んだウェイティングの最後の1席に座って待つ。

すると、バイトくんが食券を回収にきて
「普通盛にしますか、中盛にしますか?」と聞かれて…

麺300gの中盛にすることにしたんだけど
今日は、大盛不可ということだったので、そうしたんだけど

こちらの店の、この「濃厚つけ麺」用の麺は、めちゃめちゃ美味しいので!
麺400gの大盛でも、ペロッといけちゃうんだけどね♪


なお、目の前の厨房では、センターに大城店主が立ち、左に森尻さん、右に大川くんの両スタッフが立つ布陣で!
バイトくんがホール担当する、今日は、最強の4人体制!


麺処 晴【弐四】-8

そして、厨房では役割分担が決められていて!
森尻さんが麺茹でを担当!


大城店主はつけ汁作りを!
大川くんは麺〆と麺の盛りつけを担当させられていたんだけど


大城店主の匠の麺の盛りつけを上手く再現することができずに
苦労していた(汗)

そうして、ファーストロットで作られた「濃厚つけ麺」を食べ終わったお客さんが帰っていって!
バイトくんに呼ばれて、入れ替わりに席へとついて


毎回、4個作りされていた「濃厚つけ麺」の3ロット目が完成して!
その一つにチャーシューが4枚載せられて、「チャーシューつけ麺」なった「濃厚つけ麺」が大川くんから出された!


麺処 晴【弐四】-9麺処 晴【弐四】-10麺処 晴【弐四】-11

昨年の5月7日を最後に提供されていなかった「濃厚つけ麺」とは、これが1年2ヶ月ぶりのご対面♪
大ぶりで厚みのある豚肩ロース肉のレアチャーシューが麺の上に4枚載せられて!


つけ汁の中には、豚バラロールの煮豚が入り、極太のメンマ刻みネギが入る!
美しいビジュアルのつけ麺♪

まずは、レアチャーシューを一度、つけ汁の器の縁へ避難させると
麺線が整えられて、キレイに盛りつけられた麺が姿を現したんだけど

麺処 晴【弐四】-12

やっぱり、大城店主の盛りつけは、本当、芸術作品だね♪
しかし、こうやって、美しく盛りつけられた麺を見るだけで、この麺は絶対、美味しいんだろうなと思ってしまう♪


ただ、麺を見て、すぐに違和感に気づいてしまった。
それは、この麺は、いつも使っていた「濃厚つけ麺」用の麺ではないってこと


こちらの店には、オープン以来、村上朝日製麺謹製の『麺処 晴』向け特注麺が使われていて!
これが、切刃12番の極太ストレート麺だったのに!


今日、使われていたのは14番の麺だよね!
村上朝日製麺の定番の麺が使われたのなんだろうか


『麺処 晴』向けの特注麺は、かなりクオリティの高い自家製麺並みの品質の麺で!
この上を行くのは、『中華蕎麦 とみ田』の心の味食品の麺しかないと思っていたので


ちょっと、残念
でも、従来は、レギュラーメニューだった「濃厚つけ麺」を、理由はともあれ、メニュー落ちさせちゃったんだから、仕方ないか

そう思いながら、箸で手繰って、麺だけをいただくと
まず、小麦香る麺で♪

口の中に小麦の言い風味が広がって!
小麦粉のうま味も感じられて!


以前の麺のように弾力があって!
強いコシを感じる讃岐饂飩のような食感の麺ではなかったけど!


噛めば、モチモチとした食感の多加水麺で!
コシもあって!


のど越しのよさもあって!
これはこれでいいじゃないっすか♪


そして、これって、噛みしめると
『麺処 晴』向けの特注麺っぽい味わいにも感じられたんだけど

もしかして、同じ粉が使われているのかな!?
それか、下手すると同じ麺帯で切刃だけが違うとか!?

何れにしても、最初は、麺を見て、ガッカリしたのに
食べたら、とてもよかった♪

そうして、つけ汁につけて、食べてみると
以前より、やや、粘度はないような

以前は、もっと、モミジで粘度を付けていたような気もしたけど
でも、ゲンコツのうま味がしっかりと入れられていて!

動物系のうま味が、しっかり感じられるつけ汁で!
しかし、動物系にも負けないほどの煮干しがきかされていて!


煮干しは、たぶん、背黒と鯵が使われていると思われるけど
煮干しのうま味がハンパなくて♪

そして、鯵煮干しの甘みに背黒のビターさもよく感じられて!
ニボラーにとってはたまらない味わい♪


そして、この味わいは、今まで食べてきた、どの濃厚煮干しつけ麺より美味しい♪
というか、この味わいは、濃厚なつけ麺の中にあっては


『中華蕎麦 とみ田』の治さんのガチで美味すぎる「つけ麺」があるから、No.1にはなれないけど
自分の中ではNo.2のつけ麺で、めちゃめちゃ美味しい♪

そして、トッピングされた豚肩ロース肉の真空低温調理されたレアチャーシューは、やっぱり、美味しすぎる♪
このしっとりとした食感が何ともよくて


噛めば噛むほどに、肉のうま味が滲み出てきて!
醤油味の味つけも、めっちゃ好みで♪


味、食感とも、これを超えるレアチャーシューはない!
他の追随を許さない日本一のレアチャーシュー♪


本当に美味しい逸品なので!
たから、毎回、ほぼ、100%トッピングしてしまうんだよね♪


それと、チャーシューはレアチャーシューだけではなくて
つけ汁に沈められていた豚バラ肉のロールチャーシューも、めっちゃ、肉のうま味を実感できる美味しいチャーシューだったし♪

麺処 晴【弐四】-13

極太メンマの外はコリッ!
中はサクッとした食感がとてもよくて♪


そうして、最後にスープ割りをお願いすると
森尻さんから

「ネギとチャーシューは、入れても大丈夫ですか?」と聞かれて…
両方、入れてもらえるようにお願いして作ってもらったスープ割りは

カットされたレアチャーシューに、ネギもたっぷりと入れられて、戻されたんだけど
これは、とても贅沢で嬉しいサービスだよね♪

麺処 晴【弐四】-14

そして、このスープ割りが、また、美味しくて♪
すべて飲み干して完食!


いつか、これがメニューに復活してくれるといいんだけど
難しいなら、こうして、たまにでもいいので出してもらいたい。

ただ、今回のように1年以上も食べられないのは寂しいので
月一で、「濃厚つけ麺の日」でも作ってもらえると、めっちゃ嬉しいんだけど♪

でも、今日は、久々に、極上の味わいを堪能させていただきました。
ご馳走さまでした。


麺処 晴【弐四】-15麺処 晴【弐四】-16麺処 晴【弐四】-17

メニュー:【4周年限定(7月7日のみ)】濃厚つけ麺…800円/味玉つけ麺…900円/特製つけ麺…1030円/チャーシューつけ麺…1080円
濃厚あつもり…800円/味玉あつもり…900円/特製あつもり…1030円/チャーシューあつもり…1080円

中盛(麺300g)…無料


【通常メニュー】
中華そば…730円/味玉そば…830円/特製そば…950円/チャーシューそば…1000円
塩そば…730円/味玉塩そば…830円/特製塩そば…950円/チャーシュー塩そば…1000円

中盛(麺180g)…50円/大盛(麺230g)…100円

トッピング
味玉…100円/穂先メンマ…100円/のり…100円/ネギ…100円/チャーシュー…300円

ごはん…100円/豚めし 小…200円/豚めし…250円/豚めし 大…350円


麺処 晴

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 入谷駅鶯谷駅上野駅



好み度:チャーシューつけ麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年4月18日(月)

麺処 晴【弐参】-1

「品達」に本日4月18日オープンした『麺屋 翔 品川店』で「香彩鶏だし特製塩ラーメン」をいただいて!
次に向かったのが『麺 処 H A R U 


先ほど、こちらの店の大城店主が Twitter で「白醤油残り10杯 中華か塩の食券で [白で] とお伝え下さい。」とツイートしていたのを見て!
食べたくなった♪


というのも、以前に、この「白醤油そば」を食べたことがあって!
これが、レギュラーの「中華そば」や「塩そば」以上に美味しいラーメンだったという記憶があったので♪


というわけで、東京メトロ日比谷線の入谷駅の上野寄りの出口を出て
上野方面に向かって横断歩道を渡ると、歩道橋のたもとにある店へ12時30分過ぎにやってきて

入店すると
いつも、満席なのに、今日は珍しく、席が空いていた。

厨房には、スタッフの森尻さん、大川さん!
そして、今日は珍しく(?)大城店主の姿もあった(爆)

麺処 晴【弐参】-2

まずは、挨拶を交わして!
券売機でデフォルトの「中華そば」の食券を購入!


麺処 晴【弐参】-3

空いていた席へとついて、大川さんが食券を受け取りにきたので
「白で!」と伝えて

さらに
「今日は、品達にオープンした大ちゃんの店に行ったので、チャーシュー増しはなしで!」 と先手を打っておいた。

というのも、前回、「濃厚そば」を食べに来たときに、大川さんから
「晴に来ると、いつも、チャーシュートッピングしてるんですね!」と言われて いるので(笑)

そうして、待っていると
スタッフの森尻さんによって作られた「白醤油そば」が着丼!

麺処 晴【弐参】-4麺処 晴【弐参】-5

レギュラーメニューの「中華そば」用のスープに白醤油をベースに作った白ダレのカエシを合わせた!
淡い色合いのスープをいただくと


麺処 晴【弐参】-6

煮干しがきかされた鶏清湯煮干しのスープで!
煮干しのうま味がじわっと広がって!


煮干しが濃厚な「濃厚そば」もいいけど
この淡麗な味わいの煮干しスープも美味しい♪

ただ、今日のスープからは、何か雑味のようなものを感じる
何だろう!?

煮干しの苦味とは、また、違う
魚の内蔵か烏賊のわたを食べたときのような妙な味わい。

そこで、それを大城店主に伝えると
「ああ、それは、今回はカエシに魚醤を使ったからだと思います。」

「魚醤を入れるとコクが出るので!」などと言っていたので…
これは、魚醤によるものと判明したけど

魚醤は、隠し味として少量、使うのにはいいのかもしれないけど
これだけしっかり魚醤が主張していると

癖が出て
私のように、ダメな人はダメだと思う

麺は、オープン以来、レギュラーメニューの「中華そば」と「塩そば」用の麺として、使い続けている村上朝日製麺の切刃22番の中細ストレート麺が合わされていて!
カタめで、パツンと歯切れのいい、ザクパツな食感の低加水麺は、本来なら、淡麗から濃厚まで、あらゆる煮干しスープにオールマイティに合う麺のはずだけど!


麺処 晴【弐参】-7

こちらの店では、淡麗な「中華そば」と「塩そば」にのみ使って!
「濃厚そば」には、もう一回り太い切刃20番の麺が使われる。


確かに「濃厚そば」の場合は、煮干しが超濃厚で、動物系もそこそこ濃厚だから、20番か、18番くらいでもいいかもしれないけど
普通は、一種類の麺で賄ってしまう店が多いのに

ここら辺は、修業時代に製麺を任せれていた大城店主ならではのこだわりだと思う♪
そして、この麺が、この白醤油ベースのカエシの鶏清湯煮干しのスープともよく絡んでくれて!
美味しくいただけたし♪


トッピングされた具の豚肩ロース肉のレアチャーシューは、都内では随一!
というか、全国的にみても、こちらの店のレアチャーシューを超える店はあるのかと思えるほど
!?

麺処 晴【弐参】-8

こちらの店のレアチャーシューは美味しすぎて♪
今日は2杯目だったから、自重したけど


そうじゃなければ、絶対にトッピングしている
味、食感とも超一級の逸品なので♪

それに、長い1本の穂先メンマが、また、よくて♪
やわらかくて!


シュクシュクとした食感が最高だったし♪
薄味に味付けられていて、スープの邪魔をしないのもいい!


今回のカエシは、珍しく、あまり私の口には合わなかったけど
大城店主の作るスープは、今までは、例外なく、すべて、美味しくいただいていたので

これからも、また、何度もお邪魔するつもり♪
ご馳走さまでした。


麺処 晴【弐参】-9

メニュー:中華そば…730円/味玉そば…830円/特製そば…950円/チャーシューそば…1000円
塩そば…730円/味玉塩そば…830円/特製塩そば…950円/チャーシュー塩そば…1000円

中盛(麺180g)…50円/大盛(麺230g)…100円

トッピング
味玉…100円/穂先メンマ…100円/のり…100円/ネギ…100円/チャーシュー…300円/…円

ごはん…100円/豚めし 小…200円/豚めし…250円/豚めし 大…350円

【限定】濃厚そば(数量限定)…780円/和え玉…150円


麺処 晴

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 入谷駅鶯谷駅上野駅



好み度:白醤油そば(魚醤バージョン)star_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年3月23日(水)

麺処 晴【弐弐】-1

本日のランチは、今月の13日に行われた『濃麺 海月』とのコラボ以来、10日ぶりの訪問になる麺処 へ!

実は、このコラボの日に、こちらの店の大城店主から
「ほん田に居た大川くんが来週からうちに来るんですよ!」

なんていう話しを聞いて
あの、チャラ男の大川くんの顔が見たくなった(笑)

というわけで、今日は、都合により、JR鶯谷駅からアクセスして店の近くまでやってくると
前から、こちらに向かって歩いてきたのは

あれっ?大城店主!
今日は、森尻、大川、大城で営業するってツイートしてたくせに
(汗)

話しを聞くと、会合があるようなことを言っていたけど
たぶん、上手いこと言って、新たにスタッフに加わった森尻さんに店を任せて、逃走しようとしているんだと思う(笑)

というわけで、今日は、森尻さん、大川くんの2人で営業する店へと入っていくと
オープンキッチンの厨房には、その2人の姿があって!

大川くんは、私の姿を見ると、両手を振って、歓迎してくれた。
相変わらず、外観や言動はチャラい子だけど、実は、素直で、いい子なんだよね♪


そうして、もう一人、大城店主が、店主より店主らしいと言っていた人物が森尻さんで!
拝見すると、確かにそう見えるかも
(笑)

麺処 晴【弐弐】-3

しかし、お顔を拝見して
今日、初めて、お目にかかった人ではないような気がするんですけど!?

なお、11時25分の入店で、店内は、ほぼ、満席状態。
しかし、ラッキーなことに、1席のみ席が空いていた♪


でも、この後、ドドッとお客さんが入店してきて、6人ほどの店内待ちができたので
いい時間に来れたみたいだ♪

券売機右下にある限定の「濃厚そば」の食券に、トッピングの「チャーシュー増し」の食券を購入して
1席のみ空いていた席に着いて!

麺処 晴【弐弐】-2

食券をカウンターの上に食券を上げると!
食券を受け取った大川くんから


「晴に来ると、いつも、チャーシュートッピングしてるんですね!」
「ブログ見てますから!」なんて、嬉しいことをいう!


そして、何気に森尻さんの横顔を見ていて
思い出した。

そうだ、『煮干しつけ麺 宮元』にいた人だ!
そこで

「宮元でお会いしてますよね?」と森尻さんに尋ねると
「はい!」と満面の笑顔で答えてくれた。

そうして、この後、今日、『麺処 晴』の厨房を任せられている元『煮干しつけ麺 宮元』と元『麺処 ほん田』のツートップによって、2個作りされた「濃厚そば」が完成すると!
その一つに、大川くんによって、チャーシューが載せられて、私に出された。


麺処 晴【弐弐】-4麺処 晴【弐弐】-5

灰褐色した、煮干しが超濃厚そうなスープは
大城店主のTwitterによると、「白黒平子」とあったので!

白口、背黒、平子の3種類の煮干しを使って出汁をとったスープのようだけど
煮干しが濃厚なスープで!

煮干しのうま味も感じられるけど!
煮干しのえぐ味に苦味もバッチリ出たニボラー仕様の一品!


麺処 晴【弐弐】-6

久しぶりに、『麺処 晴』の「濃厚そば」をいただいたけど!
煮干しの濃厚さからすると、今は、もう、提供されないなってしまった『煮干中華ソバ イチカワ』の「特濃煮干ソバ」クラスかな!


『中華ソバ 伊吹』でいったら、昼営業で出される「中濃中華ソバ」か!
夜営業の「濃厚中華ソバ」ぐらいかな。


『中華ソバ 伊吹』のアルファベット系の限定や『濃麺 海月』の「煮干濃麺HV」のような、やりすぎ感のある超ヘビーなスープではないので、撃沈して、スープが飲めないなんてことはないし!
濃厚煮干しラーメンの入門にはうってつけのスープといえる!


そうして、このニボニボなスープに合わせられた麺は
レギュラーメニューの「中華そば」や「塩そば」に使われている切刃22番の麺より一回り太い、切刃20番に見える、太くも細くもない中庸な太さのストレート麺が合わせられていて

麺処 晴【弐弐】-7

ザツパツのカタめで歯切れのいい食感は、レギュラーの22番の麺といっしょで!
スープとの相性はバツグンだったし!


ただ、22番の麺でも、合うとは思うけど!
この強いスープには、この太めの麺の方がよりマッチしている♪


しかし、レギュラーメニューに使われている麺を転用すればいいのに
あえて、わざわざ、「濃厚そば」用のスープに、より合う麺を用意してくる、大城店主のこだわりが好きだな♪

トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、今日のチャーシューも絶品で♪
しっとりとした、この食感に、醤油味で味付けられた、この味わいも最高で!


麺処 晴【弐弐】-8

都内では、このチャーシューに勝るレアチャーシューはないと思う。
なので、これからも、ずっと、トッピングしてしまうと思う♪


それに、岩海苔と青ネギは、それぞれの香りがよかったし!
玉ねぎは、このビターなスープにはマストなアイテムだし!


美味しかった♪
ただ、今日は、これで、終わりではない。


カウンターの上に現金150円を置いて!
券売機にはない「和え玉」を追加注文!


それも、麺を半分ほど食べ終わったときにオーダーしたので!
もう少しで、麺を食べ終わる、いいタイミングで「和え玉」が着丼!


麺処 晴【弐弐】-9

カットされた豚肩ロース肉のレアチャーシューアーリーレッド万能ネギが載る、彩りも鮮やかな「和え玉」は
他店が200円へ値上げする中、頑なに150円を貫いている超サービスメニュー♪

しかし、麺が1玉入って、これだけの具がトッピングされて、150円は
いや、200円でもあり得ないよね!

そして、こちらの店の「和え玉」は、あらかじめ、麺とカエシの醤油ダレと香油をまぜ合わせてから出してくれるので!
自分でかきまぜる必要がないし!


ぐちゃぐちゃにまぜ合わせて、汚くならずに
キレイなまま、食べられるのもいい♪

そうして、香油に使われた煮干し油にカエシの醤油の香りが、とてもよくて!
それと、こちらの「和え玉」には、レギュラー麺の切刃22番のストレート麺が使われていて!


ポキポキのアルデンテに湯がかれた麺の食感もよかったし!
美味しいので、「和え麺」のまま、完食してしまいそうになり、慌てて、残ったラーメンのスープに麺をつけて、「つけ麺」のようにしていただいたんだけど


麺処 晴【弐弐】-10

こちらの店の「和え玉」は、醤油ダレの味わいがハッキリした味わいということもあって
「和え麺」のまま、食べ切った方が美味しく食べられるかも♪

久しぶりの「濃厚そば」も「和え玉」も、どちらもよかった♪
ただ、あと、待たれるのは「濃厚つけ麺」!


人手不足と持病の腰痛から封印していた、あの、傑作つけ麺の復活♪
スタッフが増えたので、そろそろ、レギュラーではなく、限定でいいので!


ぜひ、お願いします。
ご馳走さまでした。


麺処 晴【弐弐】-11

メニュー:中華そば…730円/味玉そば…830円/特製そば…950円/チャーシューそば…1000円
塩そば…730円/味玉塩そば…830円/特製塩そば…950円/チャーシュー塩そば…1000円

中盛(麺180g)…50円/大盛(麺230g)…100円

トッピング
味玉…100円/穂先メンマ…100円/のり…100円/ネギ…100円/チャーシュー…300円/…円

ごはん…100円/豚めし 小…200円/豚めし…250円/豚めし 大…350円

【限定】濃厚そば(数量限定)…780円/和え玉…150円


麺処 晴

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 入谷駅鶯谷駅上野駅



好み度:濃厚そば(白黒平子)+チャーシューstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m