FC2ブログ
訪問日:2019年10月26日(土)

【新店】松戸富田麺桜-1

本日のブランチは、昨日10月25日にグランドオープンした「テラスモール松戸」3階のフードコート「ケアキッチン」に入る『松戸富田麺桜』へ!

「テラスモール松戸」は、千葉県松戸市の松戸北部市場跡地に開業した全177店舗が出店する大型商業施設。
「ケアキッチン」には、松戸発祥の『中華蕎麦 とみ田』の新業態としてオープンする『松戸富田麺桜』を目玉に全10店舗が出店。


昨日のオープニングに当たっては、『中華蕎麦 とみ田』の富田店主を始めとして
『中華蕎麦 とみ田』グループ各店の店長の他、富田店主公認の独立店である『中華蕎麦 うゑず』の上江洲店主に京都から『麺屋 たけ井』の竹井店主まで応援に駆けつけて

【新店】松戸富田麺桜-2

大雨で足の悪い中、多数のお客さんが来店。
フードコート内に大行列を作らせて、大盛況だったようで!


朝早くからポールで並んだ、じゃいさんが、オープニングの富田店主の挨拶をYouTubeにアップ
ラーメンデータベースにオープンまでの状況や、食べた「特製甘エビ濃厚つけ麺」のレビューを上げていて♪




本当は、昨日、行きたいところだったけど、10時のオープンまでにはいけなかったし
午後は予定がいっぱい詰まっていたので

仕方なく、オープン2日目の今日、お邪魔することにした。
ただ、今日から『中華蕎麦 とみ田』が営業再開するということで、富田店主は来ないし


上江洲店主もいない
昨日、行きたかった😫

そういっても仕方ないので
愛車に乗って出発🚗💨

「テラスモール松戸」へとやって来たのは9時40分近い時刻!
思ってよりも時間が掛かってしまった
(-"-;A ...アセアセ

ただ、今日は土曜日ということもあって、駐車場待ちの渋滞ができていて、すぐに入店できないなんてことになっていたらや嫌だな
なんて思っていたのに、意外に、すんなりと入庫できた(^▽^)/

駐車場棟の2階に車を停めて
3階のフードコート「ケアキッチン」に入る『松戸富田麺桜』の前まで、開店15分前の9時45分にやって来ると

店頭には、お客さんの姿はなし
ただし、フードコート内には、テーブル席に座って待つお客さん多数!

皆さん、席について、10時の開店を待っているようだった。
席には着かずに、そのまま、ポールで並ぶと


それを見て、皆さん、私の後に続いて並んで
5分後の9時50分には30人超の行列ができたので

今日は、スゴくラッキー♪
そして、ポールで待てたので、開店までの間、ヘルプに入っていた『中華蕎麦 とみ田』の製麺工場である「心の味食品」の社長と話しをすることができたし♪


なお、こちら『松戸富田麺桜』は、『中華蕎麦 とみ田』のセカンドブランドの店で、10月16日に閉店した『東池袋大勝軒 ROZEO』が屋号を変えて移転オープンした店という位置付けで!
メニューは、「濃厚つけ麺」、「中華そば」、「元祖もりそば」、「カレーつけ麺」、「甘エビ濃厚つけ麺」の5種類!


【新店】松戸富田麺桜-3

富田店主のTwitterのツイートによると
「濃厚つけ麺」は『中華蕎麦 とみ田』!

「中華そば」に「元祖もりそば」は『東池袋大勝軒』
「カレーつけ麺」は『東池袋大勝軒 ROZEO』のものを基本としたメニューで!


「甘エビ濃厚つけ麺」は、テラスモール松戸限定の新メニュー!
普通だったら、テラスモール松戸限定の「甘エビ濃厚つけ麺」にするところかもしれないけど


甘エビの出汁は、あまり好きではないのと😓
「心の味食品」の社長に「濃厚つけ麺」と『中華蕎麦 とみ田』の「つけそば」の違いをお聞きしたところ

カエシが違うと話していたので
どんな違いがあるのか気になったので!

そこで、定刻10時になって、開店!
注文を聞かれて、オーダーしたのは「特製全部入り濃厚つけ麺」!


【新店】松戸富田麺桜-5

これは、デフォルトの「濃厚つけ麺」に加えて、味玉と「鹿児島純粋黒豚 匠の郷」のブランド豚の焼豚がトッピングされたもの!
そうして、カード決済で支払いを済ませて、フードコートではお馴染みのリプライコールを渡されて!


【新店】松戸富田麺桜-6

2人掛けのテーブル席について、ふと、見ると
この時点で50人オーバーの行列ができていた。

【新店】松戸富田麺桜-7

10時5分にリプライコールが鳴って、受け取り口に「特製全部入り濃厚つけ麺」を取りにいって
席に戻って、すぐに撮影会📷

【新店】松戸富田麺桜-8【新店】松戸富田麺桜-9

極太のストレート麺がキレイに盛りつけられた丼には具はなく
つけ汁の中に豚バラ肉の煮豚が1個とメンマが2本入れられて、海苔が添えられたつけ麺!

【新店】松戸富田麺桜-11【新店】松戸富田麺桜-10

「特製」の「全部入り」トッピングは、別皿による提供で!
2つ割りした味玉「鹿児島純粋黒豚 匠の郷」のモモ肉の焼豚が載る。


【新店】松戸富田麺桜-12【新店】松戸富田麺桜-13

まずは、切刃10番(幅3㎜)に見える
しかし、実際には12番(幅2.5㎜)の極太のストレート麺を、つけ汁にはつけずに、そのまま、いただくと

【新店】松戸富田麺桜-14

口に入れた途端にふわっと小麦が香り、鼻から抜けていく
香り高い麺で♪

なめらかな口当たりで
モッチモチの食感の麺は、まるで、讃岐饂飩を食べているような

弾力があって!
強いコシのある麺で!


さらに、小麦粉のうま味と甘味が、よく感じられて!
最高♪


次に、麺をつけ汁につけていただくと
粘度のある濃厚豚骨魚介スープのつけ汁で!

モミジを強火で炊いて
時間差でゲンコツを入れて

長時間炊いて濃厚に仕上げたスープをクールダウンさせて
鶏ガラを追いガラして、動物系のうま味を強めたスープに鯖節や背黒などの魚介を重ねて仕上げたといった感じのスープは

動物系のうま味MAXのつけ汁なのに、魚介出汁のうま味も、しっかりと感じられて
これが、絶妙で!

さらに、柚子がきかされていて、こってりしているのに食べやすくて
これこそ、『中華蕎麦 とみ田』の「王道の濃厚豚骨魚介つけ麺」の味わい♪

ただ、『中華蕎麦 とみ田』の「つけそば」は、ここのところ、年を追う毎に、濃厚さは影を潜めていく一方、スープのうま味は強くなっていくように感じられたのに
今日のつけ汁は、濃厚で、味も濃く感じられたかな

もしかして、味が濃く感じられたのは、「心の味食品」の社長にお聞きしたカエシの変更によるものなのかな!?
個人的には、『とみ田』本店のものと比べてしまうと、若干、味のクオリティは劣るかなという印象は受けたものの

これだけ美味しくて、クオリティの高いつけ麺を商業施設のフードコートで食べられるのは考えられない😮
しかも、ここなら、本店と違って、朝早い時間に一度、店に行って、整理券をもらって、再び、来店しないと食べられないなんていうこともないし!

つけ汁に入れられた豚バラ肉の煮豚は、トロトロに煮込まれていて
やわらかくて、味もよかったし♪

【新店】松戸富田麺桜-15

太メンマは、外はコリッ!
中はサクッとした理想的な太メンマの食感に仕上げられていたし♪


別皿トッピングで出された味玉は、黄身が茹ですぎてカタいなんてこともなく
反対に、緩すぎて、黄身が流れ出すなんてこともなくて

【新店】松戸富田麺桜-16

絶妙のコンディションに仕上げられていて!
茶色に白身が色付く味玉は、よく、中まで味が滲みていて、とても美味しくいただけたし
😋

【新店】松戸富田麺桜-17

圧巻だったのが、「鹿児島純粋黒豚 匠の郷」のモモ肉の焼豚
モモ肉というよりは、ウデ肉なんじゃないかと思えるほど、歯応えのあるものだったけど、肉質のいい、黒豚らしい味わいの焼豚で!


【新店】松戸富田麺桜-18

これだけ美味しい黒豚の焼豚を食べたのは、今年の「ミシュランガイド京都・大阪2020」でビブグルマンに掲載された大阪の『中華そば うえまち』以来!

そして、この「鹿児島純粋黒豚 匠の郷」は、国内で0.06%ので0.06%しか出荷されない希少な豚で!
しかも、これが、「特製」の味玉付きで450円!


味玉なしの「焼豚」トッピングなら350円で食べられるのだから!
これは、トッピングしない手はないと思う♪


そうして、麺も具も食べ終えたら、最後はスープ割り!
残ったつけ汁の入った器を持って、受け渡し口に行くと、スタッフの人がポットに入った割りスープをつけ汁に注ぎ入れて、スープ割りを作ってもらえる。


【新店】松戸富田麺桜-19

これを受け取って、レンゲも忘れずに取って席へ!
再び、熱々になって戻ってきたつけ汁からは、鰹と昆布の風味が漂ってきて!


本店では、いりこ(白口煮干し)出汁で割ってもらえて!
これが絶品のスープ割りで最高なんだけど♪


この鰹に鯖に宗太節かな
魚節出汁のスープ割りも、とても美味しくて😋

最後まで、大満足で完食♪
ご馳走さまでした。


【新店】松戸富田麺桜-20

PS 食べている途中で、60人オーバーの行列ができて
食べ終わって帰るときでも、まだ、50人ほどのお客さんが並んでいたけど

【新店】松戸富田麺桜-21

まだ、開店2日目というのにオペレーションが確立しされているのか!?
スゴい勢いでつけ麺が作られて、出されていって!

ものスゴい行列の割りには、どんどん行列が進んでいたので!
そう待たずに食べられます
😊

【新店】松戸富田麺桜-22

メニュー:濃厚つけ麺(豚骨魚介)…900円
半熟味玉濃厚つけ麺…1020円/焼豚濃厚つけ麺…1250円/特選全部入り濃厚つけ麺…1350円

中華そば…830円
半熟味玉中華そば…950円/焼豚中華そば…1180円/特選全部入り中華そば…1280円

元祖もりそば…870円
半熟味玉もりそば…990円/焼豚もりそば…1220円/特選全部入りもりそば…1320円

濃厚カレーつけ麺…900円
濃厚カレーチーズつけ麺…1100円/濃厚カレーつけ麺追い飯セット…1000円

甘エビ濃厚つけ麺(豚骨魚介)…1000円
甘エビ半熟味玉濃厚つけ麺…1120円/甘エビ焼豚濃厚つけ麺…1350円/甘エビ特選全部入り濃厚つけ麺…1450円

トッピング
メンマ(極太/細)…180円/エビ辛味…100円/半熟味玉…120円/辛味挽肉…150円/のり(5枚)…100円

サイドメニュー
名物 心の味餃子(柏幻霜ポーク使用)
1個…150円/2個…300円/3個…450円

ライス…180円/半ライス…120円/ザ・チャーシューご飯…280円/純粋黒豚丼(鹿児島純粋黒豚 匠の郷使用)…450円


松戸富田麺桜 テラスモール松戸店



関連ランキング:つけ麺 | 新松戸駅幸谷駅馬橋駅



好み度:特選全部入り濃厚つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



訪問日:2019年3月18日(月)

【新店】さんのじ-1【新店】さんのじ-2

本日のランチは、新京成線・みのり台駅から徒歩6分ほどの場所に、3月5日にオープンした新店の『さんのじ』へ!

松戸の『兎に角』出身の店主が開業した店!

オープンを知って、出身店とは違う水と鶏で作った清湯スープのラーメンを出す店ということだったので、行ってみようと思ったところ
ツイ友が訪問して、オープンしたばかりだというのに、3月11日から17日までの一週間休業することを知った😪

そこで、本日の営業再開日に訪問することにしたんだけど
こちらの店はTwitterをやっていないので、今日、営業するかどうかわからないのが🤷‍♂️

やってなかったらどうしよう(((((゜゜;)
一抹の不安を抱きながら訪問すると

元気に営業再開してくれていた。
店頭には、修業先の『兎に角』からの開店祝いのお花♪


【新店】さんのじ-3

13時13分13秒に入店すると
ネタケースが備え付けられたL字型のカウンター席には先客が2人!

客席は他に小上がりがあって
この純和風の内外装の店は、前は鮨屋か居酒屋だったのかな

店を入って、右の壁際に券売機があったので、「らーめん」と「油そば」の2択のメニューのうちの「らーめん」の食券を購入しようとしたところ
券売機左上のおすすめの位置にあったのが「鶏節らーめん」!?

【新店】さんのじ-4

情報にはなかったメニューが発売されていたので
厨房の中にいた2人の男性スタッフの人に向かって

「鶏節らーめん」と「らーめん」の違いは何かを聞いてみたとろ
あとで、店主ではなく、こちらの店のスタッフの人とわかった方が厨房を出て、近づいてきて

「鶏節らーめん」は、鶏を燻製して作った自家製の鶏節と水で作ったラーメンで!
「らーめん」は鶏を炊いて、鶏と水で作ったラーメンだと説明があって


「鶏節らーめん」は和風!
「らーめん」は鶏のエキスのラーメンだと、さらに、わかりやすく説明してくれた。


「鶏節らーめん」は、休業前にはなかったメニューのはずで
おそらく、今日から発売された新メニューだと思われる。

ラーメンブロガーとしては、こちらを食べて、レポすべきだきかもしれないけど
水と鶏で作った「らーめん」を食べにきたので、めっちゃ迷う😕

すると、そこへ、1人、お客さんが入店してきたので
迷ってる暇はない😓

そこで、「らーめん」に決めて
普通だったら、こちらの店では、好みの豚肩ロース肉のレアチャーシューが使われているので、200円増しでいただける「チャーシューらーめん」にするところだけど

ラーメンデータベースに、レア感に欠けるというレビューがあったので
今日はデフォの「らーめん」の食券を購入して席へ!

そうして、先ほど懇切丁寧にメニュー説明してくれたスタッフの人に「らーめん」の食券を渡しながら
「鶏節の方がおすすめでした!?」と聞いてみると…

「いや、そんなことはありません。」
「どちらも、おすすめです。」と言うので、注文は「らーめん」のままで!


そして、ラーメンができるのを待つうちに、ネタケースの中にあったレアチャーシューとともに鶏節と思われる削り節を見つけて
「これが鶏節ですか?」と聞くと…

【新店】さんのじ-5

「そうです。」とスタッフの人から回答があったんだけど
普通、出汁をとるときは厚削り!

トッピングに使うときは、この薄削りの鶏節を使うはずなのに
などと思って、じっと、ネタケースを見ていたら

「そこに入っているのは、チャーシュー丼に使うチャーシューです。」
「ラーメンに使うチャーシューは、これで都度、切り出します。」と言って


肉をスライスするスライサーを指で示して
さらに

「そちらにある蒸し器で温めてお出ししています。」なんて説明があったんだけど…
見ていたら、この蒸し器で、チャーシュー以外に味玉も蒸して出していた。

そして、その蒸し器で蒸されたレアチャーシューがラーメンに載せられて
完成した「らーめん」が、最後に受け皿に載せられて店主から供されると

【新店】さんのじ-6【新店】さんのじ-7

スタッフの方からは
「あとで、この鶏節を入れてみてください。」

そう言って、お皿に入れられた「鶏節」をサービスで出してくれたんだけど
ありがとうございます。

【新店】さんのじ-8

豚肩ロース肉のレアチャーシューメンマ、刻みネギ、海苔、なるとが載る
レアチャーシューを除けば、見ためは「昔懐かしい中華そば」と言った感じの醤油ラーメン!

まずは、醤油香るスープをいただくと
芳醇でコクのある、このカエシに使われた醤油は、間違いなく生揚げ醤油!

【新店】さんのじ-9

ただ、このスープ、醤油の色は、そんなに濃くはない
それなのに、塩分は、やや、高めに感じられる。

これは、生揚げ醤油と濃口醤油!
それに、塩がカエシに使われているからじゃないか
!?

そう思って、スタッフの人に聞いてみると
「生揚げ醤油と濃口醤油ではなく、生揚げ醤油と薄口醤油です。」という答えがあった。

なるほど
薄口の生揚げ醤油もあるし、こんな組み合わせもあるんだと、スゴく勉強になる。

やや、塩分高めには感じられるけど
この味わい、新しいし、個性的♪

そして、鶏は、どんな鶏を使っているのか!?
聞いていないので、わからないけど

鶏のワイルドさは皆無で
フレッシュで!

ガラでとったスープというよりは、鶏肉でとったようなうま味の感じられるスープで!
思った以上に美味しい♪


しかし、見ためは、「クラシカルな中華そば」、あるいは「ノスタルジックな醤油ラーメン」なのに
実態は、「ネオクラシックな醤油ラーメン」よりも、さらに新しい醤油ラーメンといえる!

そして、このスープに合わせられた麺は、自家製麺らしくない黄色い麺で!
この黄色の成分はカンスイか卵か
!?

【新店】さんのじ-10

しかし、卵麺ではないような
もしかして、サフラン!?

なんて思って、スタッフの人に聞いてみると
くちなしの実だという

くちなしの実といったら、栗きんとんやスイートポテトに使われる味のない色素!
なぜ、黄色くしなければならなかったのかは、よくわからないけど


クラシックなラーメンに見たてたかったのだろうか
ただ、くちなしの実を使ったというのが、とても、個性的だったし!

さらに、個性的だったのは、太かったり、細かったり
太さが違って見える不揃いな麺たち!

スタッフの人によると
これは、手切りの麺だからということだったけど

プリッ、モチッ、ムチッ
食感の違う麺が合わされていて、食感の違いが感じられたのが、とても、よかったし♪

そして、しっかりとしたコシの感じられる麺なのもよくて
それを話すと、スタッフの人からは

「毎日、店主が、足踏みして、うどんを作る要領で作っている麺です。」と話してくれたけど…
手間かかってる

そして、トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは大判ではあるけど、やや、薄めで
ただ、肉のうま味は、よく感じられる。

【新店】さんのじ-11

そんなことなら、「チャーシューらーめん」にすればよかった
それに、チャーシュー丼を食べるのも、ありだったかも

そこで
「この低温調理した豚肉、スゴく美味しいですね♪」

「国産豚ですか!?」と聞いてみると…
スタッフの人から

「国産ではないんですよ。」
「イタリアのホエー豚を使ってます。」
なんて答えがあったんだけど…

ホエー豚といったら、イタリアのパルマハムを作るために育てられた豚!
こんなプレミアムな豚が使われているとは知らなかったし


「ホエー豚の肩ロースは美味ですけど、脂が多いので、余分な脂は捨てています。」などとも言っていて…
チャーシューにも、こだわりがあることがわかった。

そうして、後半に鶏節を入れて、スープをいただくと
まるで、鶏出汁のスープに鰹節を加えたような味わいに味変してくれて!

【新店】さんのじ-12

「こっちも、めっちゃ美味しいじゃないですか♪」と言うと…
「ありがとうございます。」と言って、スタッフの人も店主も喜んでくれたけど

この鶏節は、この鶏出汁のスープに入れてしまうと
確かに鰹節に感じるよね

しかし、鶏節だけを食べると
確かに鶏節!

でも、それは鶏節の存在を知っている人だけで
燻製しているので鰹節と勘違いするよね!

以前に大阪の『極汁美麺 umami』という店で、鶏節のかかった「わさびめし」というホースラディッシュが鼻にツーンとくるサイドメニューを食べて
「この鶏節がいいですね♪」みたいなことを店主に話したところ…

「イチエさんが初めてですわ、これを鶏節と言い当てたのは…」
「みんな、鰹節って言ってます。」


なんて言ってたけど
よく見れば、色は、鰹節ではないよね😅

ただ、一般のお客さんは、鶏節なるものがあること自体を知らないので
これを鰹節だと思ってしまうんだと思う。

閑話休題。
まあ、でも、確かに、この鶏節が入ることによって、鰹節っぽいというか


スタッフの人が商品説明のときに話していた「和風」な味わいというか
そんな味わいで、鶏節を入れても入れなくても、どちらも、とても美味しいので♪

スタッフの人じゃないけど
「どちらもおすすめです。」としか言いようがないと思う♪

そうして、最後は、スープもすべて飲み干して完食♪
ノスタルジックな醤油ラーメンを現代風にリメイクしたラーメン!


麺にもチャーシューにもこだわりが詰まった一杯でおすすめです。
ご馳走さまでした。


【新店】さんのじ-13

PS この日は、私の後に1人お客さんが入ってきて「油そば」を注文した後に、3人のお客さんが来店したところで
13時20分過ぎにはラーメンの麺切れになってしまい

以降は「油そば」のみの営業になってしまったので(-"-;A ...アセアセ
「鶏節らーめん」、「らーめん」を食べたい方は、早めに訪問されることをおすすめします。

【新店】さんのじ-14

メニュー:鶏節らーめん…780円/味玉鶏節らーめん…880円/チャーシュー鶏節らーめん…980円
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/チャーシューらーめん…980円

油そば…780円/味玉油そば…880円/チャーシュー油そば…980円

大盛り…100円
味玉…100円/チャーシュー(大判1枚)…100円/のり(5枚)…100円/自家製鶏節…100円

肉増量 ミニチャーシュー丼…300円/肉増量 チャーシュー丼…400円
半ライス…100円/ライス…150円


さんのじ



関連ランキング:ラーメン | みのり台駅八柱駅松戸新田駅



好み度:らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年4月23日(月)

中華蕎麦 とみ田【四】-2

本日のランチは、1月25日にリニューアルした『中華蕎麦 とみ田』へ!

ラーメンデータベース全国人気ランキング第1位!
「TRYラーメン大賞」では大賞を4年連続で受賞して、昨年、殿堂入り!


その他、いくつものタイトルを獲得してきたタイトルホルダーで!
言わずと知れた、つけ麺日本一の店!


リニューアルした新たな「つけめん」を早く食べてみたい♪
そう思ってはいたけど


昨年の9月11日以来、店内改装のため長らく休業していたことに加えて
店主の富田治さんに密着した映画「ラーメンヘッズ」の公開と重なったこともあって!

オープン初日から、スゴい人気で!
早朝に並んだお客さんに、朝早い時間に整理券が配られて売り切れ!


そんな状態が続いて、これは、しばらくは無理かなと静観しているうちに
早くもリニューアルから3ヶ月の月日が過ぎた

そんな中、こちら『中華蕎麦 とみ田』出身で、地元の京都で『麺屋 たけ井』をオープンさせた竹井店主が凱旋!
新宿タカシマヤで開催されているイベントに出店しているという情報をキャッチして


先週20日の金曜日に食べに行ったところ
かなり美味しく進化していて、師匠の富田店主の味わいに近づいてきているように感じられて

これは、もうそろそろ、松戸の巨匠の店にも行かないといけないなと思っていたところ
本日、午前中の用事を済ませて、たまたまTwitterを見ていたら誰かが、中華蕎麦とみた田【公式】のツイートをリツイートしていて

平日なので、本日は14時から15時30分までの予約を、10時から承るということで
時刻はすでに11時27分になる時刻だったけど、ダメ元で電話したところ

「今なら、1時にご案内できます。」
「来店されて、券売機で食券を買ってください。」
と言われて…

今日は、そんなに混んではいないようだったので!
松戸にある店へと向かうことにした。


そうして、店の近くまでやって来ると
12人ほどのお客さんが、店の入口の左脇の道に行列を作っているのが見えた

とりあえず、店頭までやってくると
店の中からスタッフの人が出てきて

「今からでしたら、13時40分のご案内になります。」と言われて、時計を見ると12時38分!
約1時間後に入店できるので!


券売機で、「つけめん 大」と「厳選焼豚トッピング」の食券を購入して、スタッフの人に渡すと
名前と携帯の電話番号を聞かれて

中華蕎麦 とみ田【四】-3

答えると
食券の裏に時間が記入されて戻ってきた。

中華蕎麦 とみ田【四】-4

そうして、時間を潰して13時30分に店の前に戻ってくると
13時40分に、店の中からスタッフの人が出てきて

中華蕎麦 とみ田【四】-5

この時間帯に予約したお客さんの名前を読み上げて
確認すると

順番に、店内へと案内された。
3番目に入店して、富田店主とスタッフの人に挨拶して、L字型カウンター9席へと改装された席の店の奥から3番目の席へとついて、ふと、壁面を見ると


中華蕎麦 とみ田【四】-6

富田店主が尊敬してやまない、つけ麺の生みの親であり、「ラーメンの神様」と讃えられる『東池袋大勝軒』の山岸大将がこちらを見て微笑んでいて♪
そして、その下には「大つけめん博」、「TRYラーメン大賞」などのカップやトロフィーが飾られていた。


中華蕎麦 とみ田【四】-7
中華蕎麦 とみ田【四】-8

厨房には、センターに富田店主がいて
その両脇にスタッフの人が、富田店主をサポートするカタチでラーメン作りが行われて

中華蕎麦 とみ田【四】-18

そして、まず、「中華そば」を注文したお客さんに、先に完成した「中華そば」が出されて!
次いで、できあがった「つけめん」が順番に出されていった。


供された「つけめん 大」の「厳選焼豚トッピング」は、木製のお盆に載せられての登場!
麺の上には具はなく、つけ汁の中のは、なると、極太メンマ、海苔、柚子、刻みネギ!


中華蕎麦 とみ田【四】-9中華蕎麦 とみ田【四】-10

別皿に盛りつけられた「特選焼豚」は

中華蕎麦 とみ田【四】-11中華蕎麦 とみ田【四】-12

・山形県純粋金華豚 バラ煮豚
・千葉県柏幻霜ポーク 吊るし焼き肩ロース
・鹿児島県純粋黒豚
霧島高原ロイヤルポーク
しっとりもも
・宮崎県黒岩土鶏 塩焼きモモ・ムネ


中華蕎麦 とみ田【四】-13

まずは、麺線が揃えられて、美しく盛りつけられた極太のストレート麺を箸で手繰って、つけ汁にはつけずに、そのまま、いただくと
ふわっと小麦粉が香って♪

小麦粉の何ともいい風味が口の中に広がって、鼻から抜けていく
香り高い麺なのが、まず、いい♪

中華蕎麦 とみ田【四】-14中華蕎麦 とみ田【四】-15

そして、切刃12番の麺(太さ2.5mm)と公表されている麺は、見た目からは、もっと太い切刃10番の麺(太さ3mm)を10分以上、茹でたときのような超極太麺に見えるけど
この麺が、弾力があって、コシがあって、モッチモチの食感の、まるで、讃岐うどんを食べているかのような食感の麺で!

噛む度に、小麦粉のうま味に甘味がよく感じられて!
味、食感、香りとも三拍子揃った秀逸な麺♪


そして、この超極太のストレート麺をつけ汁に、半分ほどつけていただくと
(鶏の)モミジを強火で長時間炊いて

時間差で(豚の)ゲンコツ、鶏ガラを入れて煮込んだスープに
鯖などの節に背黒などの煮干しを重ねて作ったといった感じのスープは…

ここ数年、「大つけ麺博」や各地で開催されているイベントで食べたものとどう違うのか!?
私のバカ舌では、よくわからなかったけど(汗)

わかったのは、他店の同じような濃厚豚骨魚介のつけ麺とは一線を画する味わいで
最高に美味しいってこと♪

3日前に、新宿タカシマヤのイベントのイートインに出店していた『麺屋 たけ井』で食べた「特製つけ麺」も、『中華蕎麦 とみ田』DNAを感じさせてくれる味わいで
めちゃめちゃ美味しいと思ったけど

やっぱり、本物は違う!
『とみ田』の味を越えるものは『とみ田』しかない!


他の追随を許さない
唯一無二の味わい

そうして、こちらは、従来とは大きく変わった
トッピングの別皿に入れられて提供された「厳選焼豚」!

中華蕎麦 とみ田【四】-16中華蕎麦 とみ田【四】-17

・山形県純粋金華豚 バラ煮豚

金華豚といったら、思い浮かぶのは「金華ハム」!
イタリアの「プロシュット・ディ・パルマ」、スペインの「ハモン・セラーノ」とともに「世界三大ハム」と呼ばれる中国のハム。


そして、この「金華ハム」を使ってスープの出汁をとっているラーメン店はある。
しかし、私も含めて、「金華ハム」以外で、金華豚を食べたという人がどれだけいるのだろうか


そして、『とみ田』で使われるのは、中国産ではなく、日本で飼育されている金華豚!
しかも、交配種ではなく、数少ない純血種の金華豚!


そんな希少なブランド豚を食べられるだけでも嬉しいところにきて
この豚バラ肉

脂がくどくなくて!
ジューシーな肉のうま味が口の中に広がる美味しい豚バラロールの煮豚でよかった♪


・千葉県柏幻霜ポーク 吊るし焼き肩ロース

細かいサシ(霜降り)が入り、豚特有の臭みがない千葉県産の銘柄豚肉。
肉質のいい豚肉が使われているので、ラーメン店で食べる輸入ポークとは、ぜんぜん肉のうま味が違う♪


それに、吊るし焼きされているので、とても香ばしくて♪
『ほん田』『麦苗』で食べた吊るし焼きチャーシューも最高だったけど、この『とみ田』の吊るし焼きチャーシューも絶品♪


・鹿児島県純粋黒豚
霧島高原ロイヤルポーク
しっとりもも


ラーメン店関係では、大阪の『カドヤ食堂』系列の『中華そば うえまち』で、よくこの「霧島高原ロイヤルポーク」のチャーシューをビールのあてや、ラーメンのトッピングでいただいているけど
間違いない美味しさのブランド豚で!

低温調理された豚モモ肉のレアチャーシューは、ネーミング通りの、しっとりとした食感なのがよかったし♪
黒豚最高!


・宮崎県黒岩土鶏 塩焼きモモ・ムネ

黒岩土鶏(くろいわつちどり)といえば、テレビの『ペコジャニ∞!』で関ジャニの大倉シェフが唐揚げに使ったことで有名になった宮崎の地鶏!
ラーメン店では『蔦』の大西店主が以前に限定ラーメンに使用しているけど、県外にあまり流通しない食材なので、これをいただけるというのも嬉しいし!


モモ肉の方は、しっかりとした食感ながら、噛めば噛むほど、鶏肉のうま味が感じられる美味しい塩焼きだったし!
ムネ肉は、やわらかくて、軽く塩した味付けがシンプルながら、こちらも、とても美味しくいただけたし♪


リニューアルオープンしてから『とみ田』が値上げ!?
「厳選焼豚トッピング」か600円!

さらに、これに、比内地鶏の味玉が付いた「特選全部トッピング」の750円という価格が高すぎるのではと言ってる人たちがいるようだけど
すべて、コストの高い厳選素材ばかり使われていて、私はむしろ、安いのではないかと思うくらいで

これが、前述の『カドヤ食堂』だったら、黒豚チャーシュートッピングで1,000円増しになって!
『中華そば うえまち』でも750円するので!


ただ、この厳選焼豚にブランド地鶏の味玉をトッピングするというのは、従来の『とみ田』の路線とは確かに違うものなので
戸惑われている方もいらっしゃるのはわかる。

ただ、これも時代の流れかなという気もするし
券売機には、チャーシュー1枚200円で現金で承りますともあったので、これを利用する手もある。

なお、つけ汁の中に沈んでいた極太メンマは従来通り!
外はコリッ、中はサクッの食感の好みの食感のメンマが使われていてよかったし♪


そうして、最後にスープ割りをお願いすると
愛媛県特選いりこ、香川県伊吹いりこ、長崎県産アジ(煮干し)を使ったスープで割られて戻ってきて!

中華蕎麦 とみ田【四】-19

これが、さっぱりとした味わいのもので!
とても美味しくて、最後まで堪能させてもらいました。


なお、このスープ割りのサービスは、リニューアルしてからは、「中華そば」でもしてもらえるようで!
これは、とてもいいサービス♪


というのも、濃厚豚骨魚介のラーメンの場合、麺を食べる分にはスープが濃厚な方がいい!
でも、スープを飲むには、ちょっと重かったり、しょっぱかったり


そんな風に思っている方もいらっしゃると思う。
それが、これを実施してもらえると、麺もスープもどちらも美味しくいただけるので♪


実は、このサービスは、津田沼の『必勝軒』では、以前から実施されていて
ラーメンを食べるときは、最後に、必ず、スープ割りしてもらっていたので!

また、「中華そば」を食べに伺います♪
ご馳走さまでした。


中華蕎麦 とみ田【四】-20

メニュー:つけめん【並250g】…900円/つけめん【大330g】…980円/つけめん【特440g】…1100円/つけめん【特大560g】…1230円/つけめん【小180g】…850円

半熟味玉つけめん【並】…1050円/半熟味玉つけめん【大】…1130円/半熟味玉つけめん【特】…1250円/半熟味玉つけめん【特大】…1380円/半熟味玉つけめん【小】…1000円

スープ増量(50㏄)…100円

中華そば【並180g】…850円/中華そば【大260g】…950円/中華そば【特340g】…1100円/中華そば【特大480g】…1280円/中華そば【小140g】…830円

半熟味玉中華そば【並】…1000円/半熟味玉中華そば【大】…1100円/半熟味玉中華そば【特】…1250円/半熟味玉中華そば【特大】1430円/半熟味玉中華そば【小140g】…980円

特選全部トッピング…750円/厳選焼豚トッピング…600円/極太メンマ(5本)…150円/のり5枚…100円

焼豚ごはん(柏幻霜ポーク使用)…450円/極上焼豚ごはん(柏幻霜ポーク×アローカナ)…600円/小ごはん(魚沼産皇室献上米)…150円/ごはん(魚沼産皇室献上米)…220円/濃厚卵かけご飯(アローカナ種)…380円


中華蕎麦 とみ田ラーメン / 松戸駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:つけそば+厳選焼豚トッピングstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年9月24日(日)

【新店】らーめん 瞬想-1

本日のランチは、北松戸に5月13日にオープンした準新店の『らーめん 瞬想』へ!

こちらの店は、500円のワンコインラーメンを提供する店!

500円のワンコインラーメンの店といえば、同じ千葉県の店なら、船橋の『赤坂味一』が、長い間、500円でやって来たけど
2014年には、とうとう600円に値上げ

そして、東京では、王子に4月18日にオープンした『麵屋 坂本01』が500円ワンコインラーメンを出して、話題を呼んだ!
ただ、後から出てきた「塩らーめん」は650円だったり、「ワンタンめん」にすると900円になったりするのに


こちらの店では、「醤油らーめん」だけじゃなく、「醤油つけ麺」も500円!
「醤油まぜそば」も50円だけアップの550円という価格設定で!


季節限定の「冷しめん」も550円というコスパの高さ!
なので、ぜひ、その味を確かめてみたいと思ってはいたんだけど


行ってみたいと思わせる新たなラーメン店が、次から次へと誕生して!
また、好みの味の店で、食べてみたいと思わせる限定メニューが出されるので


そちらを優先しているうちに
どんどんと、時ばかりが過ぎていってしまった(汗)

そんな折、店のある北松戸に、また、気になる新店が誕生!
というわけで、今日は、この9月15日にオープンした『麺屋 ひなた』とセットで訪問することに♪


『麺屋 ひなた』で『もちもちの木』ライクな「中華そば」を食べて!
『麺屋 ひなた』のある東口から西口へ移動。


駅西口の階段を降りて、直進して!
1本目の道を左折。


駅西口の階段を降りて、直進して!
1本目の道を左折。


そのまま、まっすぐに少し歩くと川の堤防にぶつかるので
そこを左折して、少し歩いた賃貸マンションの1階に店はあった。

駅からは徒歩2分ほどの場所に店はある。
しかし、片側は川の堤防で、もう片っぽは賃貸アパート・マンションが連なる住宅街。


とても飲食店が店を構えるという感じの場所ではない
実際に、店舗は、この道沿いには、この店一軒だけ(汗)

そんな店が見える位置までやって来たところ
シャッターが下ろされているのが見えた

えっ!
まさかの臨休
!?

焦って、店の前まで小走りにやって来ると
入口のドアは開いていて、営業はしているようだったけど

これでは、やっているのかいないのか
わかりにくい(汗)

なお、店頭には三河屋製麺の麺箱が置かれていたので!
どこの製麺所の麺を使っているのかが判明♪


【新店】らーめん 瞬想-2

11時50分過ぎに入店すると
店内は厨房前にカウンター席が2席!

壁に向かって座るカウンター席が2席!
そして、4人掛けの小上がりがあって!


こうして言葉だけで書くと
全8席あるし、そう狭いようには思えないけど

実は、この店は、結構な激狭店!
でも、よく、この狭い空間に、コンパクトに席を配置したとの見方もできる♪


そして、お客さんは、壁に向かって座るカウンター席に2人と厨房前のカウンター席が1席埋まっていて!
カウンター席の残りは1席。


そして、店を入ると、すぐ左にあった、小型の券売機で、まずは食券を購入する。
メニューは、「醤油らーめん」550円、「醤油つけめん」550円、「醤油まぜめん」550円


【新店】らーめん 瞬想-3

あれっ!?
いつの間にか、ワンコインだったはずの「醤油らーめん」と「醤油つけめん」の価格が50円アップされている!

ただし、それでは、まずいと思ったのか!?
「醤油らーめん0号」という、「醤油らーめん」のチャーシュー抜きのバージョンも用意されていたけど(汗)

この中から、選択したのは「醤油つけめん」!
そうして、食券を買って、空いていたカウンター席について、カウンターの上に食券を上げると


厨房に1人いた店主が食券を受け取りにきて
食券を見ると

「冷たい麺にしますか?温かい麺にしますか?」と聞かれて…
「冷たい麺でお願いします。」と言って、注文成立!

そうして、この後、11分ほど時間を要して、「醤油つけめん」が着丼することになったんだけど
これは、太麺を使ったため、茹で時間が長かったとか

調理に時間を費やしたわけではなく
お客さんの対応に追われて、調理をすぐに行えなかったから

入店したお客さんにに水を出す。
紙幣の両替に応じる。


退店するお客さんにサービス券を配る。
食器を下げ、カウンターを拭く。


ちょうど、お客さんの入れ替え時間に来店したこともあるのかもしれないけど
調理以外の雑用が多い。

こちらの店では、スープを雪平鍋で一杯一杯、温めて出す方式はとっておらず
弱火で保温されている寸胴から直接スープが注がれていたし!

麺も太くもなく細くもない中庸な太さの麺が使われていて、そんなに茹で時間も掛からないので
この環境で、1人で何から何までしなければならないので仕方ないとは思うけど

お客さんに協力してもらうなどして
もうちょっと、どうにかならないのかな

供された「醤油つけめん」は、麺の上に豚バラ肉の煮豚が2枚と板海苔!
つけ汁の中にはメンマ、刻みネギが入るだけの、実にシンプルなつけ麺!


【新店】らーめん 瞬想-4【新店】らーめん 瞬想-5【新店】らーめん 瞬想-6

まずは、麺だけを、いきなり、つけ汁にはつけずにいただくと
可も不可もないラーメン用の麺で、まずまずの美味しさ!

【新店】らーめん 瞬想-7

つけ汁に麺をつけていただいたところ
「鶏(国産)と野菜を使い…」とPOPにあったスープは、鶏も感じられるけど

鰹、鯖、宗太鰹などの節の味わいも感じられて
これは、魚粉によるものだろうか!?

それと、香味油に使われたラードが強めに感じられて!
この魚粉とラード強めの味わいは、昔、何処かで食べたような味わい


豚バラ肉の煮豚は、肉のうま味の感じられる美味しいチャーシューで!
最近はレアチャーシュー流行りだけど、こういうシンプルな豚バラ肉の煮豚もいいよね♪


【新店】らーめん 瞬想-8

最後に店主にお願いして、作ってもらったスープ割りは
これも、可も不可もなしという感じだったかな

【新店】らーめん 瞬想-9

味はそこそこ美味しい♪
ただ、特別なものはないので、ラーメンフリークの方が行ってもどうかなという店!


ただ、オープンからは50円値上がりしていたとはいえ
コスパの高さはバツグン♪

というのも、帰りがけにサービス券をもらったんだけど
これは、次回から、味玉、ねぎ、メンマ、のりのトッピングが一品無料になるか

または、無料でライスを出してもらえるか
麺の中盛、大盛にできるサービスが受けられる。

そして、後から入ってきたお客さん3人は、皆、このサービス券を駆使して、「醤油らーめん」を無料で麺2玉の「大盛」にして食べていたんだけど
こちらの店でも、麺1玉増しの「大盛」は100円。

しかし、他店だったら、最低でもプラス150円から220円はとられるはずなので
考え方にもよるけど、この「大盛」料金を引いたら550円の「醤油らーめん」が450円、あるいは400円以下で食べられる

もう、この価格は、あのラーメンチェーンの『日高屋』並み!
それで、しっかりと出汁をとったラーメンが食べられるのだから♪


そういう意味では、めっちゃお得といえる♪
ご馳走さまでした。


【新店】らーめん 瞬想-10

PS 店主のTwitterのツイートによると
「今までお配りしたサービス券による大盛、中盛のサービスは、10月11日、水曜日までで終了とします。」ということで…

ただし
「麺増量サービスだけ廃止です。」ということなので!

安い価格で、お腹いっぱい食べたいお客さんは残念かもしれないけど
それでも、めっちゃコスパ高いよね♪



メニュー:醤油らーめん…550円/醤油つけめん…550円/醤油まぜめん…550円/醤油らーめん0号…500円

大盛(1玉)、中盛(半玉)…100円/味付玉子…100円/チャーシュー5、6枚…300円/チャーシュー3、4枚…200円/特製(味玉、チャーシュー3枚、水ギョーザ2個、野菜焼き)…350円/ねぎ…100円/メンマ…100円/のり…100円

水ギョーザ(5個)エビ入り…200円/水ギョーザ(3個)エビ入り…120円/ライス…100円/小ライス…50円/キムチ…100円/ニンニクチップ(別皿)…50円


らーめん瞬想



関連ランキング:ラーメン | 北松戸駅



好み度:醤油つけめんstar_s30.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年9月24日(日)

【新店】麺屋 ひなた-1

本日のランチは、北松戸に9月15日にオープンした『麺屋 ひなた』で!

ラーメンデータベース情報でオープンを知った店!
しかし、まだ、レビューは上がってなかったし


食べログに至っては、新規オープンレストランの登録すらない(汗)
そして、新店ハンターの皆さんたちのブログにも、珍しく記事がアップされていないし

どんなラーメンが出されるのかもわからなかったんだけど
いろいろ調べてみたら、mixi「ラーメン屋 柏/松戸/流山 | mixiコミュニティ」で、ようやく情報発見!



最近食べたラーメン 4

[506]†мα§α†


2017年09月17日 15:06

北松戸の駅前に出来た新店『ひなた』に来てみました。

中華そば(大)850円

コスパ悪いなぁ〜と思ってたら、味玉やチャーシューが3種入ってるから普通かもしれません。
でも、コレは特製中華そばの位置付けにして、味玉無し、チャーシュー1枚の中華そばを出した方が良い様な…
『もちもちの木』の様な、湯気の立たない熱々の節系醤油スープで中々美味しかったですが、スープの風味が強いので、拘って作っているであろう吊るしチャーシューの香ばしさがわからなかったです

チャーシュー別皿で出さないと、チャーシューの味や香りを楽しめない気がしました。

菅野製麺所のツルパツ中細麺は、安定の旨さ(^^)

鶏白湯の提供が始まったらまた行ってみようと思います。


【新店】麺屋 ひなた-0



『もちもちの木』といったら
魚粉がたっぷり入った鰹出汁のスープに、濃いめの味わいの醤油ダレのカエシを合わせて、カメリアラードとネギ油で熱々に仕上げられたラーメンで!

しかし、これが癖になる味わいで
ブログを始めてからは、千葉県野田市の『七光台店』に2回と東京の『新宿店』に1回行ったきりだけど

その前にも、『七光台店』には5回!
『新宿店』にも1回通ったことがあって!


当時は、濃厚豚骨魚介のラーメンにつけ麺が流行っていて!
対極にある淡麗鶏清湯魚介ラーメンが台頭し始めていた時代で!


その中にあって、逆に個性的にすら映るラーメンで、結構、お気に入りだったけど
ずいぶん食べてないなと思って調べてみたところ

以前に食べたのは2010年5月25日!
『もちもちの木 新宿店』で、「RAMEN PIZZA(ラーメンピザ)」、「チャーシューミルフィーユ」という変わり種のメニューとともに「中華そば(小)」を食べて以来


というわけで、久々に『もちもちの木』ライクなラーメンを食べに、北松戸にある店へと向かうことにしたんだけど
店主は『もちもちの木』出身なのかな!?

そうだとすると
あの『もちもちの木』の

これでもか!
という感じで、何十回も続けられる「伝説の湯切り」が見られる
!?(笑)

というわけで、東京メトロ千代田線が乗り入れているJR常磐線・北松戸駅で下車して!
東口の階段を下りて、わずか30歩くと、もう到着してしまう!


北松戸交番の向かいにある、超駅近くの店に11時20分にやってくると
先客の姿はなく、ポール獲得!

【新店】麺屋 ひなた-2

そのまま、待っていると
開店時間の11時30分を迎えて、暖簾を持った店主と赤ちゃんを抱えた奥さまが店の中から現れて

「お待たせしてしまって、申し訳ありません。」と言って開店となったんだけど
店主は、ずいぶんと腰の低い人なんだね♪

券売機で唯一、販売されていた「中華そば」の食券を買って、厨房前に一直線に並ぶカウンター6席の1席へとつく。
なお、客席はこの他に、入口近くに4人掛けのテーブル1卓あって、最大収容人数は10人!


【新店】麺屋 ひなた-3

奥さまは、赤ちゃんがいるので、どうやら、開店前の準備に来られていただけで、そのまま帰られたようで
店主のワンオペで営業するようだったけど

それなら、テーブル席は開放せずに、カウンター6席のみで営業すべきなんじゃないかな
余計なお世話かもしれないけど、1人で手が回らないんじゃないかと思うんだけど(汗)

そうして、カウンターの上に食券を置くと
そこに1人!

さらに、1人!
また、1人と


ポツポツとお客さんが入店してきて!
帰り掛けには、カウンター席どころかテーブル席まですべてお客さんで埋まって、満席になったので


やっぱり、これを1人でこなすというのは
ちょっと、キツいような(汗)

私と後客の食券を受け取ったところで、「中華そば」を2個作りし始める店主!
まず、雪平鍋にカエシと香味油らしきものをレードルですくって量り入れると


寸胴からおたまでスープを、やはり、量り入れて!
ガス台の火に掛けていったんだけど


これが、『もちもちの木』流!?
そうして、麺を菅野製麺所の麺箱から取り出すと

頃合いを測って、茹で麺機の中のテボへと入れていって!
タイマーをセット!


ピピピッ!ピピピッ!
そうして、1分30秒後に鳴り出したタイマーを止めると


普通に湯切りされた麺がスープに入れられたので
湯切りは『もちもちの木』をリスペクトしていないんだね(笑)

そうして、最後に、小ぶりな鶏ムネ肉のレアチャーシューが2枚に、中ぶりな豚肩ロース肉のレアチャーシュー
穂先メンマ、白髪ネギが載せられて!


これで、「中華そば」の完成!
そして、2個作りされた「中華そば」のうちの1つが私に供された。


【新店】麺屋 ひなた-4【新店】麺屋 ひなた-5

そこで
「鶏も豚も、どっちも低温調理のレアチャーシューだったんですね♪」と言うと…

「そうなんですよ。」
ただ、スープが熱々で、すぐに色が変わっちゃうので、ネットにアップされてる写真を見ると、レアチャーシューのように見えないんですよ(笑)」
なんて言って、笑っていたけど…

さらに
「独学で、飲食の経験が、バイトも含めて、全くないので…」

「盛りつけが下手くそで…」
「オペレーションも悪いので、本当、申し訳なくて…」
なんていうので…

「焦らずに、遅くてもキチンと仕事した方が、絶対にいいですよ!」
「焦って、カエシを入れ忘れて、それで、悪いレッテルを貼られてしまった店もあるみたいですから…」
と言うと…

「本当に、カエシを入れ忘れそうで怖いです」なんて話していたけど…
「誰もが、最初はテンパりますけど、徐々に慣れていきます。」と話すと、少し気が楽になったみたいで…

お客さんは、この時点で4人入っていたけど
マイペースで、次もラーメンを2個作りして!

しかも、最初よりも手際よく!
リラックスして作れていたかな♪


そして、普通は、ラーメンが着丼したら、撮影会をして、すぐにスープをいただくところだけど
ここで焦ってはいけない。

というのも、香味油にカメリアラードが使われていて
このラード(豚脂)が超熱々なので!

知らずに飲んだりすると
口の中を嫌というほど火傷してしまう危険があるので(汗)

そこで、まずはスープを飲む前に、色が変わらないうちに、低温調理のレアチャーシューをいただいたんだけど
豚肩ロース肉のレアチャーシューは、まずまずの美味しさで、味は悪くはない。

【新店】麺屋 ひなた-6

ただ、薄すぎ!
スープが熱いのもあるかもしれないけど、薄いから火が入るので


もうちょっと、厚切りにしてもらわないと
それに、厚切りにしたら、もっと、味も食感もよくなるので♪

例えば、デフォルトのラーメンでは鶏チャーシューはなしで、厚切りの豚チャーシューを1枚入れてくれるだけでいいので♪
ご一考いただけると嬉しいんだけど


なお、鶏ムネ肉のレアチャーシューは、小ぶりだったけど
こちらは、厚みもそれなりにあって、味も、しっとりとした食感もよかった♪

【新店】麺屋 ひなた-7

そうして、まだ、油断はせずに、スープをレンゲにとって、フーフーと息を吹きかけて
醤油の色が濃い目のスープをいただくと

スープは十分に熱いけど、『もちもちの木』や、柏にある、現在、無期限休業中(?)の『大勝』のような猛烈な熱さではなく
その分、舌が味を感知できるレベルの熱さで!

鰹節と鯖節の節のうま味が口の中に広がる、この味わいは、確かに『もちもちの木』テイスト♪
忙しくなった店主には確かめてはいないけど、鶏ガラベースに昆布、背黒(煮干し)とともに鰹節と鯖節をガツンと効かせたスープで、めっちゃ美味しい♪


そうして、スープを飲んでいると、店主から
「味、薄くないですか?」と聞かれて…

「いいえ、ちょうどいいと思います。」と短く答えたんだけど…
券売機の隣に「下総醤油」のPOPがあったので、この「下総醤油」の濃口醤油がカエシに使われていると思われるけど

【新店】麺屋 ひなた-8

ほんのりと甘味に酸味が感じられるカエシで、よかったと思うし!
これ以上、濃いめの味付けにしたら、せっかくの出汁がぼやけてしまう気がするので、これで、ぜんぜんいいと思う。


しかし、店主の発言を聞くまでは、『もちもちの木』と関係がある人だと思っていたのに
独学で、この味を作り上げたとは

でも、考えてみれば、『もちもちの木』には、券売機にあって、今後、発売予定の「鶏白湯も「油そば」もないよね!
ただ、この味を作り上げたのは、絶対、店主が『もちもちの木』の味が好きだからだよね♪


そうして、この『もちもちの木』をリスペクトしたかのようなスープに合わされた麺は
『もちもちの木』チックな、やや、やわめに感じられる麺とは違って

つるパツの、カタめで、パツッと歯切れのいい食感の!
加水率低めの中加水麺だったのは、ちょっと意外


【新店】麺屋 ひなた-9

でも、啜り心地がよくて!
のど越しのいい麺で♪


そして、小麦粉のうま味も感じられる麺で♪
スープとの絡みもまずまずで、ぜんぜん、このスープに、この麺の組み合わせもありかなと思った♪


最後はスープもすべて飲み干して完食!
美味しかった♪


しかし、予想以上の美味しさのスープだったし!
この濃いめの鰹出汁が効いた熱々スープのラーメンなんて、ここ松戸近辺にはないので、結構、流行るかも♪


松戸駅から一つ柏駅よりのこの各駅しか停まらない、ここ北松戸駅の周辺には、『中華蕎麦 とみ田』系列の『雷 本店』に『おとど』、「らーめん寺子屋」出身の『麺座 まねき』など
意外にラーメン店が犇めく激選区だけど

この味なら、十分、対抗できると思う!
ガンバってください♪


「鶏白湯そば」がリリースされたら、また、来ます♪
ご馳走さまでした。


【新店】麺屋 ひなた-10

メニュー:中華そば…750円/中華そば(大)…850円
鶏白湯そば…750円/鶏白湯そば(大)…850円

つけ麺(200g)…800円/つけ麺(300g)…870円/つけ麺(400g)…940円
油そば(200g)…700円/油そば(300g)…790円/油そば(400g)…880円

白飯…100円/チャーシュー飯…250円

味玉…100円/豚チャーシュー(1枚)…150円/低温鶏チャーシュー(3枚)…100円/海苔(5枚)…100円/メンマ…150円


麺屋ひなた



関連ランキング:ラーメン | 北松戸駅



好み度:中華そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回2017クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m