fc2ブログ
訪問日:2021年8月10日(火)

【新店】大勝 松戸店-1

本日のランチは、JR松戸駅西口近くに6月24日にオープンした新店の大勝 松戸店』へ!

『永福町大勝軒』で修業した初代店主が柏に創業した老舗煮干しラーメン専門店の『大勝』の2号店で!
三代目店主が開業した店。


初代から暖簾を受け継いだ二代目が作る『大勝』の「ラーメン」は、火傷するほど熱々のカメリアラードで蓋をされた煮干しがガツンときかされたスープに『永福町大勝軒』御用達の「草むら商店」の麺が絡む一杯で!
これが好きで、ラーメンブログを始める遥か前に何度も通った。


しかし、ブログを始めて、特に店を改装した後にいただいた「ラーメン」は、昔に比べて、スープのうま味が弱くなっている印象を受けたし
特に4年前の2017年の6月19日から長期休業して、10月6日から営業を再開した店に10月9日に食べに行ったときには

「麺カタめ、味カラめ」で注文したかったこともあるかもかもしれないけど
これなら、同じ柏市内の『永福町大勝軒』インスパイアの店で食べる方がいいかなって感じの出来で

昔の『大勝』の味わいが、千葉県で食べる『永福町大勝軒』系最強だと思っていたのに、ちょっと、残念な思いをしていたところ
この『大勝』と『大勝』出身で松戸に出店した『まるき』の2店で修業して、我孫子に2019年6月9日のロックの日にオープンした『煮干しだし醤油ラーメン 桂』で「ラーメン」をいただいて

これが、昔の『大勝』を彷彿とさせる味わいの「ラーメン」でよかったので!
その後、仙台に転勤になってからも、帰省したときに食べに行ったくらい♪


そんな『大勝』が2号店を出したという情報を知って!
さらに、店主が三代目に代替わりしたという情報を知って!


評判もいいみたいだったので!
次回に帰省するときには、食べに行こうと決めていた。


前置きが長くなってしまったけど😅
コロナ禍の中、危険を避けて車で移動🚙💨

店の前にやって来ると!
幸いなことに、外待ちはなし。


しかし、近くのコインパーキングを探して、12時20分に店頭に戻ると、4人のお客さんが外待ちしていた😓
ただし、すぐに店の中からスタッフの女子が出てきて、2人のお客さんが店内へと案内されて

さらに、そう待つこともなく店内へ!
まずは、券売機で食券を購入する。


【新店】大勝 松戸店-3

メニューは、「ラーメン」と「つけそば」 !
それに、チャーシューが5枚トッピングされた「チャーシューメン」、「つけそばチャーシュー」!


それぞれ、「小(麺1玉)」、「1.5玉(麺1.5玉)」、「中(麺2玉)」、「大(麺3玉)」から選択する。
ご飯ものはなく、後は各種トッピング!


「チャーシュー」は「チャーシューメン」にすると5枚トッピングされるけど、単品を選べば「チャーシュー(3枚)」をトッピングすることもできるし!
あれば、「チャーシューのしっぽ」というチャーシューの両端の切り落としを100円というお得な価格でトッピングすることもできる。


「チャーシューのしっぽ」が、まだ、残っていたので
「ラーメン 1.5玉(麺1.5玉)」と「メンマのせ」、「チャーシューのしっぽ」のボタンを押して、クレジットカードをカードの差し込み口に差し込みむと、すぐに決済完了!

【新店】大勝 松戸店-4【新店】大勝 松戸店-5

こちらの店は電子マネーやクレジットカードに対応しているので、スゴく便利♪
食券を購入して、セルフで水を汲んで、案内された席へと着いて


食券をカウンターの上に上げながら
「カタめ、カラめ」と言おうとして、急遽、気持ちが変わって、何も言わずに、ノーマルのままオーダー!

二代目の作る「ラーメン」は「カタめ、カラめ」がマスト!
しかし、三代目仕様の「ラーメン」は食べてないし!


まずは、ノーマルで食べておくべきかなと思ったので!
なお、こちらの店は、オープンキッチンの厨房の前に一直線に並ぶ8席のカウンター席が設けられていて


客席は、このカウンター席のみ。
そして、オープンキッチンの厨房の中には、三代目の姿はなく、店長と思われる男性スタッフと、先ほど、店内へと案内してくれたスタッフの女子の2人!


注文を受けると、すぐに「ラーメン」を1個作りし始める男性スタッフの人!
ただ、『大勝』の二代目店主とは違って、寸胴の中のスープをお玉ですくうと、また、寸胴に戻す。


そして、これを繰り返して行うという独特のルーティーンは見られなかったし
麺を泳がせて茹でて、平笊で麺上げするということもなかった。

そうして、少し待つうちに、「ラーメン 1.5玉」の「メンマのせ」、「チャーシューのしっぽ」トッピングが完成すると
『永福町大勝軒』伝統のステンレスのトレーではなく、木製のトレーに載せられたラーメンがスタッフの女子によって、カウンター越しに出された。

【新店】大勝 松戸店-6【新店】大勝 松戸店-7

パッと見、椎茸のようにも見えるのは「チャーシューのしっぽ」
この豚モモ肉の煮豚の両側の切れ端が計3枚に普通にカットされた豚モモ肉の煮豚が1枚!


さらに、細切りのメンマがうず高く盛りつけられて!
大量の刻みネギがスープに散りばめられた醤油ラーメン!


見た目から、『大勝』にしては、そんなに薄めには感じられないスープをレンゲにとって、フーフーしながら、いただくと
熱くない

【新店】大勝 松戸店-8

というか、ぜんぜん、熱くない。
普通のラーメンか、それ以下の熱さだったのには驚ろかさせられた


それに、『大勝』らしい、シャープでキレのあるスープではなく、軽くトロミがあるスープだったのも
もっと、驚かされた😮

そして、このトロミ
動物系ではなく、野菜の根菜によるトロミのような

カエシは「らしさ」を感じられるものの
これは、私の知る『大勝』の味じゃない。

それに『永福町大勝軒』の味でもない。
スープ自体は、背黒メインの煮干しのうま味の出たスープで、美味しいとは思うけど


そこで、店を出た後に、三代目店主のTwitterを見てみたところ
具体的に何かを変えたというようなことは書いてはいなかったけど

「柏大勝は継承」
「松戸大勝は挑戦」


「このテーマの元我々は進んで参ります」
オープン直前の6月22日に、こんなツイートをしていたので


「松戸店」では新たな味で、勝負するってことなのかな。
これはこれで、いいとは思うけど、私は、原点回帰の味を求めていたので


麺は、見た目から若干細めにも感じるけど、「草むら商店」の切刃20番の麺と思われる。
ただ、スープも違ったので、男性スタッフに確認したところ


麺は、昔から、ずっと使い続けている麺ということだったので、間違いない。
そして、ムニュとした、やわらかめの食感も以前と替わらず


【新店】大勝 松戸店-9

スープとは違って、麺も麺の茹で加減も、二代目から続く路線を踏襲していた🤣
やっぱり、麺だけは「カタめ」で注文すべきだった😓

トッピングされた豚モモ肉の煮豚はパサッとしたもので!
でも、肉自体はうま味を感じるチャーシューで!


【新店】大勝 松戸店-11

『永福町大勝軒』のチャーシューには、昔から、まったく、期待はしてないので!
これでも、いい方だと思うし
😅

3枚入っていた「チャーシューのしゅぽ」も、端っこなだけで、そう味も変わらないものたったので!
3枚で250円するチャーシューが100円で食べられるのは、お得かもしれない。


【新店】大勝 松戸店-10

細メンマは、クニュとした昔と同じ、やわらかめの食感のもので!
コリコリとしたカタめの食感のメンマも好きだけど、こういう、やわらかめのメンマも好きなので、よかったけど♪


「挑戦」の松戸店ではなく、「継承」の柏本店で食べるべきだったな
ご馳走さまでした。

【新店】大勝 松戸店-12

メニュー:ラーメン 小(麺1玉) …680円/ラーメン 1.5玉(麺1.5玉)…790円/ラーメン 中(麺2玉)…890円/ラーメン 大(麺3玉)…1100円

チャーシューメン 小(麺1玉) …1080円/チャーシューメン 1.5玉(麺1.5玉)…1190円/チャーシューメン 中(麺2玉)…1290円/チャーシューメン 大(麺3玉)…1500円

つけそば 小(麺1玉) …780円/つけそば 1.5玉(麺1.5玉)…890円/つけそば 中(麺2玉)…990円/つけそば 大(麺3玉)…1200円

チャーシューつけそば 小(麺1玉) …1180円/チャーシューつけそば 1.5玉(麺1.5玉)…1290円/チャーシューつけそば 中(麺2玉)…1390円/チャーシューつけそば 大(麺3玉)…1600円

メンマ小鉢…250円/山菜小鉢…250円
メンマのせ…100円/ネギ増し…100円/味付け玉子…100円/チャーシュー 3枚…250円/チャーシュー 5枚…400円/チャーシューのしっぽ…100円


大勝 松戸店



関連ランキング:ラーメン | 松戸駅



好み度:ラーメン 1.5玉+メンマのせ+チャーシューのしっぽstar_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



訪問日:2020年8月13日(木)

とら食堂 松戸分店【四】-1

本日のランチは、北総線の松飛台駅前に2011年9月22日にオープンしたとら食堂 松戸分店へ!

あの「白河中華そば」の名店『とら食堂』で修業した松戸出身の店主が暖簾分けを許されて、地元松戸市に開業した店

オープンしてから間もない2011年10月2日に訪問して、デフォルトの「中華そば」をいただいて!
翌年の2012年3月4日に再訪して「焼豚ワンタンメン」をいただいた。


初めて食べたときから、『とら食堂』本店の地鶏の丸鶏とゲンコツでとった雑味のない極上スープを思い起こさせる味わいのスープで!
2度目は、スープが、さらに美味しくなっていて♪


そして、トッピングされた焼豚とワンタンが、めちゃめちゃ美味しくて😋
こちらの店に来たら、絶対、この絶品の焼豚とワンタンがトッピングされた「焼豚ワンタン麺」を食べるのがおすすめ♪

そして、3度目に訪問したのは2013年10月14日で!
この日は、本店にはない『松戸分店』オリジナルの「塩そば」を食べに来て


絶品の焼豚とワンタンがトッピングされた「塩焼豚ワンタン麺」をいただいた。
素材のうま味がダイレクトに味わえるスープでよかった♪


でも、元々、淡い味わいの「中華そば」よりも、さらに淡くて、さっぱりとした味わいのスープに感じられて
キリッとした醤油ダレが効いた醤油味の「中華そば」のスープの方が好みだったかな

ただ、それ以降は訪問することもなく、時だけが過ぎていった
しかし、ネットのニュースで、店舗改装のため7月27日より8月11日まで休業して、お盆休み前の8月12日から営業再開を予定しているという情報を知った。

とら食堂 松戸分店【四】-14

予定通り営業しているのか!?
そして、店舗改装して何かが変わるのか!?

そこで、こちらの店はTwitterはやっていないので
店のFacebookを見に行ってみると

昨日の8月12日から予定通り営業再開していた店で「和風冷やし中華そば」の「和風しょうゆ味」と「和風ごま味」の2つの限定ラーメンを食べている人がいて!
「さすが本店メニューにあるだけあって?完成度高し!」などと投稿していた。


本店では、「つけ麺」が提供しれているのは知っているけど
「和風冷やし中華そば」なるメニューが提供されているのは知らなかったし

そして、この日の千葉県の最高気温も、昨日に続いて、35度オーバーになる予報だったので!
今日のお昼はこれに決まり♪


というわけで、車で店へとやって来たのは13時10分になる時刻。
すると、店の入口のアプローチは、お客さんでいっぱい!


これは、店の裏にある駐車場はいっぱいだなと思ったので
店の前の道路を隔てた場所にある駐車場に車を停めようと思ったのに、こちらも満車!

これは、諦めるしかないかな!?
そこで、リカバリーに訪問しようと思っていた『豚粉屋(ぶたごや)』へと向かうことにした。

こちらの店は、元ANAホテルの中華料理レストランで修業した後に何店かのラーメン店でも修業経験のある店主が、近くの松戸市五香に昨年の5月1日にオープンした店で!
最近、評価の高い「冷やし中華(醤油味/ゴマだれ味)」を食べよう!


そう思って、駐車場から出ようとしたところで
前方の店舗の裏手の駐車場から出てきた車があった。

これは、少し待っても、ここで「和風冷やし中華そば」を食べなさいという神のお告げのような気がして
入れ替わりに車を駐車♪

店の入口へのアプローチまでやって来ると
数えたら18人のお客さんがいた。

とら食堂 松戸分店【四】-2

そして、行列を作らずに、皆さん、ランダムに待っていて
「あっ!そうだ!!ここは記名式だった。」

もう、7年近くも来ていなかったので、一瞬、忘れていたけど
こちらの店はファミレスのようにウェイティングスタンドにある用紙に名前を記入する方式が採用されていることを思い出して、奥まで入っていくと

記名台があって、ウェイティングシートがあったけど
上から下まで、びっしりと名前が記帳されていて、名前を書く余地がなかったので

とら食堂 松戸分店【四】-3

店のTシャツを着たスタッフの眼鏡のお姉さんに、それを話すと
用紙を2枚捲って、3枚目に2組名前が記入されたページが示されて

名前と人数、席の希望はどこでも可にして、その場を離れたんだけど
1枚で15組書ける用紙の3枚目の3番目で

まだ、1枚目のお客さんで呼ばれていないお客さんがいるということは
最低でも17組以上のお客さんが待っていて

人数欄にも、2人、3人と記入しているお客さんが何組もいて、中には5人なんてお客さんもいたので
これは、18人待ちどころでは済まされない

実際、名前を呼ばれると、冷房して快適な車の中からゾロゾロと出てきて、入店していくお客さんもいっぱい。
たぶん、この倍数の36人以上は待っていると思われる。


そう考えると
普通だったら1時間30分は待つ

ただ、この分店は、本店とは違って、とても回転が早いので!
もう少し早く回してくれるかもしれない。


ただ、この暑い中、延々、待っているのも辛いものがあるので
近くのセブンイレブンに行って、ジュースを購入!

車の中で待って!
再び、店頭へと戻ってきたのは、名前を記帳してから1時間後の13時55分!


そして、先ほどの眼鏡のお姉さんではない、違うお姉さんから名前を呼ばれて
「座敷席でもよろしいですか?」と言われたのが14時14分だったから

入店までは1時間19分待ち!
この後、注文して、ラーメンが出てきたのは14時22分だったから1時間25分ということになるけど


お盆休みのこの時期
有名店でラーメンを食べるのは重労働😓

そうして、座敷席へと案内されて、お姉さんに
「今日は冷やし中華そばは、やってないのですか!?」と聞くと…

「やってますよ😊」と言うと…
卓上にあったレギュラーメニューの裏側に隠れていた「和風冷やし中華そば」のメニューを取って、説明くれたんだけど

とら食堂 松戸分店【四】-4とら食堂 松戸分店【四】-5

入口のウェイティングスタンドにはレギュラーメニューしか置かれていなかったし
季節限定のこのメニューを積極的に販売しようとしたら

「冷やし中華始めました🎸」的なPOPが店頭や店内に貼ってあってもいいはずなのに
あまり、積極的に販売しようという意思はないのかな!?

なお、この「和風冷やし中華そば」だけど
アツイ💦季節限定」とあって、提供期間は10月末までのロングランでの提供で!

メニュー名の前に「とら流 すっぱくない」という注釈があって!
「和風しょうゆ味」と「和風ごま味」があるのは、昨日食べて、店のFacebookに投稿していた人の情報通り!


麺の量は3種類!
「並盛(1玉)」、「大盛(1.5玉)」、「特盛(2玉)」で、価格は「大盛」の半玉増しにすると170円増し!


「特盛」の、さらに半玉増しにすると110円増しで、計280円増しになるのはレギュラーメニューの「中華そば」に「塩そば」と同じ。
なので、麺の量も「並盛」170g、「大盛」255g、「特盛」340gだと思われる。


「並盛」でも、おそらく170gあるので、これでもいいかなとは思ったけど
欲張って「和風しょうゆ味」を「大盛」で注文!

すると、お姉さんから
「割りスープお付けしますか!?」と言われて…

「お願いします。」と答えると
「温かいスープにしますか?冷たいおダシにしますか?」と聞かれたので…

「冷たいおダシというのは、ここに書かれた鰹や鯖の魚介ダシの冷たいスープですか?」
メニューに「三種の削り節【かつを・さば・宗田かつを】と、昆布で丁寧にダシをとり…」と解説されていたので、そう聞くと


「そうです。」ということだったので…
「温かいスープというのは、中華そば用のスープですか?」と重ねて聞いたところ…

「はい、そうです。」という答えがあったので…
普通なら「冷たいおダシ」を選ぶんだろうな

とは思いながらも
冷たい魚介スープに温かい鶏豚のスープが加わったら、どんな味になるのか!?

たぶん、ぬるくて、そんなに美味しいとは思えないけど😅
でも、興味があったので、こちらを選択♪

そうして、少し待つうちに、座敷席からは見えないセミオープンキッチンの厨房で作られた「和風冷やし中華そば(和風しょうゆ味)」の「大盛」が完成すると
「温かい割り用スープ」の入った日本蕎麦の店で出される蕎麦湯の入る赤い湯桶(ゆとう)とともに供された。

とら食堂 松戸分店【四】-6とら食堂 松戸分店【四】-7

細切りされた豚肩ロース肉の煮豚メンマ小松菜、なると、刻みネギに…
ハーフ味玉がトッピングされた「冷やし醤油ラーメン」!

とら食堂 松戸分店【四】-8とら食堂 松戸分店【四】-9

まずは、スープをいただくと
スープは、あまり冷たくはない(-"-;A ...アセアセ

これは、おそらく、魚介出汁のうま味を感じてもらいたいと思って、あえて、こうしていると思われるけど
暑い中で長い間、待たされたので、キンキンに冷やしたスープにして欲しかったな☀😵💦

スープは解説にあった通り、鰹節、鯖節、宗田節の節のうま味と昆布の甘味が感じられる醤油味のスープで!
砂糖による甘味も強めに感じられて


さらに、メニュー名には「とら流 すっぱくない」と冠されていたのに、スープからはお酢によるものと思われる酸味も感じられたけど😅
美味しいスープだとは思うけど、あまり、好みの味わいではなかったかな😓

平打ちの太縮れの手打ち麺は、プリプリとした食感なのは「中華そば」でいただくのといっしょ!
しかし、冷水で〆られていているので、いつものやわらかめの食感の麺とは違って


弾力があって、コシも強めに感じられて♪
麺の小麦粉のうま味も強く感じられるの
がいい😋

とら食堂 松戸分店【四】-10

豚肩ロース肉の煮豚は、食べやすいように細切りされているのはいいと思うし♪
普通に美味しい煮豚だとは思うけど


とら食堂 松戸分店【四】-11

『とら食堂』といったら、食紅で染められた、カットすると縁が紅色に見える焼豚!
吊し焼きされた薫香がたまらない絶品の焼豚だったので
😋

「中華そば」も、この煮豚に変更になってしまったのだろうか!?
後で、調べてみると、デフォルトの「中華そば」は豚肩ロース肉の煮豚になってしまったようで

「焼豚麺」にすると豚モモ肉の焼豚は食べられないことがわかったけど
これは、とても残念😫

麺と具を食べ終えたところで、湯桶に入れられた「温かい割り用スープ」で割って、スープをいただくと
甘味に酸味が緩和されたのはよかったけど

とら食堂 松戸分店【四】-12

スープがぬるいのが😑
やっぱり、冷たいスープに温かい割りスープというのは無理があるかな😅

そこで、試しに「温かい割り用スープ」をレンゲに注いで味見してみたところ
鶏と豚のうま味が出たスープで!

やっぱり、ここでいただくべきは『中華そば』だね😅
ご馳走さまでした。

とら食堂 松戸分店【四】-13

メニュー:中華そば…730円/中華そば 味玉入り…830円/ワンタン麺…880円/ワンタン麺 味玉入り…980円/焼豚麺…940円/焼豚麺 味玉入り…1040円/焼豚ワンタン麺…1100円/焼豚ワンタン麺 味玉入り…1210円

塩そば…780円/塩そば 味玉入り…880円/塩ワンタン麺…930円/塩ワンタン麺 味玉入り…1030円/塩焼豚麺…990円/塩焼豚麺 味玉入り…1090円/塩焼豚ワンタン麺…1160円/塩焼豚ワンタン麺 味玉入り…1260円

麺大盛(茹前麺量255g)…170円/麺半分(茹前麺量85g)…-100円/麺特盛(茹前麺量340g)

アツイ💦季節限定とら流 すっぱくない 和風冷やし中華そば
和風しょうゆ味 または 和風ごま味
並盛(1玉)…850円/大盛(1.5玉)…1020円/特盛(2玉)…1130円/


とら食堂 松戸分店



関連ランキング:ラーメン | 松飛台駅



好み度:和風冷やし中華そば(和風しょうゆ味)star_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年12月20日(金)

【新店】麺響 万蕾-1

本日のランチは、松戸市の新京成線・みのり台駅近くに、本日12月20日にオープンした『麺響 万蕾』!

こちらの店は、松戸の居酒屋『初代GONZO』を間借りして、土日の昼のみ『麺屋 GONZO』として営業していた店が、屋号も新たに今月12月1日に惜しまれながら閉店した『麺匠 金衛門』の跡地に開業した店。
情報によると、閉店した神奈川県の藤沢にあった店出身の若き店主ということだったけど、入店して、店主の被っていたキャップを見て、どこの店か、すぐにわかった
🤣

【新店】麺響 万蕾-2

13時40分過ぎに入店すると
オープンキッチンの厨房の前にあるカウンター5席は満席!

店内のベンチに座ると、かわいいスタッフの女子から
「あちらの券売機で食券をお買い求めください♪」と言われて…

彼女が手で示した方を見ると、入口を入ったすぐ左脇に設置されて、死角になっていた大型の券売機があった。
メニューは、間借り営業のときと同じと思われる蜆と煮干しで出汁を引いたスープの「醤油らーめん」、「白醤油らーめん」、「味噌らーめん」の3種類!


【新店】麺響 万蕾-3

しかし、「味噌らーめん」のボタンには売り切れを示す赤い✕マークが点灯していて、まだ、販売されていないようだった。
そして、各「らーめん」には「味玉」と「全部乗せ」のトッピングバージョンがあって!


他は、単品の「味玉」トッピングと「ライス」だけ!
「大盛」や「和え玉」の設定はなし。


「全部乗白醤油らーめん」にすることにして、千円札を1枚入れて、さらに100円玉を投入しようとしたところ
小銭が50円しかなくて

もう1枚、千円札を入れながら、こちらの店の高野店主に
「醤油と白醤油は、カエシに使う醤油の違いだけですよね!?」と尋ねてみたところ…

「白醤油は塩のイメージで作っているんですけど…」
「醤油がおすすめです!」
と言われて…

作戦変更(笑)
「全部乗醤油らーめん」のボタンを押して、食券をスタッフの女子に渡すと

「奥の席にどうぞ!」と言われて…
奥にも席があることがわかった。

その奥の席というのは、厨房の洗い場の前に作られたカウンター席3席と、さらに4人掛けのテーブル席!
カウンター席の1席へとついて、ラーメンができるのを待つ。


厨房では、高野店主が先客のラーメンを2個作りしていて
麺を2玉取りだして、茹でるタイミングを見計らっているところで

意を決して麺を茹で麺機のデボの中に入れると
タイマーをセット!

そうして、予め、お湯で温めていたラーメン丼のお湯を捨てて、ガス台の火に掛けて温まったスープを注ぐと
ピピピッ!ピピピッ!ピピピッ!

スイッチをオンにしてかり1分25秒で鳴り始めたタイマーを止めて
両手で2基のデボをゆっくりと持ち上げると

そのまま、静止。
そうして、自然に湯が流れ落ちたところで、軽く湯切りされた麺が、スープの張られたラーメン丼の中へ!


そして、箸で3回、麺を整えて
最後にトッピングの具が盛りつけられて、お客さんに出されていくと…

【新店】麺響 万蕾-4

次に、また、ラーメンを2個作りし始める高野店主!
寸胴からスープを雪平鍋に移して、ガス台の火に掛けていって


ラーメン丼には茹で麺機のお湯を入れて温めていく
このルーティーンが繰り返されて

そうして、3回目に2個作りされたラーメンが完成すると
そのうちの一つの「全部乗醤油らーめん」をスタッフの女子が運んできてくれた。

【新店】麺響 万蕾-5【新店】麺響 万蕾-6

豚ロース鶏ムネ肉の2種類のレアチャーシューに味玉、メンマ九条ネギがトッピングされた醤油ラーメン!
まずは、スープをいただくと


【新店】麺響 万蕾-7

「蜆と4種の煮干しで作りました。」と、後で高野天主が話していたスープは、背黒をメインに、何種類かの背黒と、いりこも使われていると思われるけど
スープからは、背黒のうま味とともに、いりこのうま味と甘味も感じられて

しっかりとした温度管理と時間管理をして炊いているからか!?
淡麗ながら、煮干しのうま味が上手く引き出されていた♪

ただ、蜆の貝出汁は、ほとんど感じられず
スープの厚みを増すために使われているのかな!?

と思ったら、終盤、スープの温度が下がってきたところで、蜆が顔を出してきた
ただ、こちらの店こ蜆のうま味や独特なほろ苦さを期待すると、肩透かしを食らうかも(-"-;A ...アセアセ

よかったのは、濃口醤油と塩を1対1くらいで合わせたカエシで、カエシの量も少なめなのもよくて♪
このカエシが、淡麗なから煮干しのうま味いっぱいのスープとマリアージュして、美味しく食べさせてくれた
😋

さらに、このスープに合わされていた切刃20番に見える、太くも細くもない中庸な太さのストレート麺が最高だった♪
ザラッとした舌触りの麺で、噛むとパッツンと切れる歯切れのいい麺で!


【新店】麺響 万蕾-8

1分25秒も茹でていたから、もっと、つるっとした食感の、啜り心地がよくて、のど越しのいい麺かと思ったのに違ったので!
高野店主に、そんな感想を話すと


まず、麺の太さについては
「いえ、18番です。」と言って…

確かめて
「やっぱり、20番でした(笑)」という答えがあって…

「以前は、のど越しのいい、つるっとした食感の麺を使っていたんですけど…」
「煮干しだから、こういうパツッとした食感の麺の方がいいかなと思って、この麺で行くことにしました。」
と話してくれたので…

「この麺、食感がスゴくいいです。」
「この麺に替えて、絶対、正解です。」
と言うと、喜んでくれた😊

さらに
「どこの製麺所の麺ですか!?」と聞くと…

「菅野製麺の麺です。」と言っていたので!
自家製麺に替える前に、つくばのあの煮干しのラーメンの店が以前に使っていた麺なのかな🤔

トッピングの豚ロースのレアチャーシューは、ちょっとカタめの食感のもので
火入れが、もう一つに感じられたかな

【新店】麺響 万蕾-9

しかし、それに対して鶏ムネ肉のレアチャーシューは、ふっくらとした仕上がり感のもので!
こちらは、味、食感ともに優れたものでよかった♪


味玉は、箸で二つ割りしたところ、中の黄身がスープに流れ出してしまうほどゆるゆるで
これはいただけなかったな(--;)

メンマは、可も不可もないというか
どこにてもあるメンマという感じで

このスープには要らないかもね
もっと、他のものにコスト掛けた方がいいような

スープも麺も、とてもよかった♪
それに比べると、トッピングは、申し訳ないけど、もう一つだったような
😓

それと、私はしないけど、「大盛」も対応せずに、「和え玉」も「替え玉」もなし。
成人男性では、絶対、物足りないと感じるお客さんもいると思うので!


ワンオペで、オペレーションの問題から「和え玉」や「替え玉」の対応をしたくないのなら、ご飯ものを用意しないと
ご飯ものが「ライス」だけでは

せめて、「チャーシュー丼」とか
そうじゃなければ、あられ、刻み海苔、山葵なんかを載せて「ニボ茶漬け」にするんでもいいと思うけど

課題はいくつかあると思う。
でも、大変かもしれないけど、若いし、どんどん克服して、乗り越えていって欲しい!


そうして、最後は、スープもすべて飲み干して完食♪
「白醤油らーめん」にも興味はあるけど、それ以上に気になるのは「味噌らーめん」!


スープから煮干しと貝を感じられるのか!?
気になるので!

発売されたら、また、お邪魔します♪
ご馳走さまでした。


【新店】麺響 万蕾-11

メニュー:醤油らーめん…850円/味玉醤油らーめん…950円/全部乗醤油らーめん…1050円

白醤油らーめん…900円/味玉白醤油らーめん…1000円/全部乗白醤油らーめん…1100円

味玉…100円/ライス…150円


麺響 万蕾



関連ランキング:ラーメン | みのり台駅八柱駅新八柱駅



好み度:全部乗醤油らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年10月26日(土)

【新店】松戸富田麺桜-1

本日のブランチは、昨日10月25日にグランドオープンした「テラスモール松戸」3階のフードコート「ケアキッチン」に入る『松戸富田麺桜』へ!

「テラスモール松戸」は、千葉県松戸市の松戸北部市場跡地に開業した全177店舗が出店する大型商業施設。
「ケアキッチン」には、松戸発祥の『中華蕎麦 とみ田』の新業態としてオープンする『松戸富田麺桜』を目玉に全10店舗が出店。


昨日のオープニングに当たっては、『中華蕎麦 とみ田』の富田店主を始めとして
『中華蕎麦 とみ田』グループ各店の店長の他、富田店主公認の独立店である『中華蕎麦 うゑず』の上江洲店主に京都から『麺屋 たけ井』の竹井店主まで応援に駆けつけて

【新店】松戸富田麺桜-2

大雨で足の悪い中、多数のお客さんが来店。
フードコート内に大行列を作らせて、大盛況だったようで!


朝早くからポールで並んだ、じゃいさんが、オープニングの富田店主の挨拶をYouTubeにアップ
ラーメンデータベースにオープンまでの状況や、食べた「特製甘エビ濃厚つけ麺」のレビューを上げていて♪




本当は、昨日、行きたいところだったけど、10時のオープンまでにはいけなかったし
午後は予定がいっぱい詰まっていたので

仕方なく、オープン2日目の今日、お邪魔することにした。
ただ、今日から『中華蕎麦 とみ田』が営業再開するということで、富田店主は来ないし


上江洲店主もいない
昨日、行きたかった😫

そういっても仕方ないので
愛車に乗って出発🚗💨

「テラスモール松戸」へとやって来たのは9時40分近い時刻!
思ってよりも時間が掛かってしまった
(-"-;A ...アセアセ

ただ、今日は土曜日ということもあって、駐車場待ちの渋滞ができていて、すぐに入店できないなんてことになっていたらや嫌だな
なんて思っていたのに、意外に、すんなりと入庫できた(^▽^)/

駐車場棟の2階に車を停めて
3階のフードコート「ケアキッチン」に入る『松戸富田麺桜』の前まで、開店15分前の9時45分にやって来ると

店頭には、お客さんの姿はなし
ただし、フードコート内には、テーブル席に座って待つお客さん多数!

皆さん、席について、10時の開店を待っているようだった。
席には着かずに、そのまま、ポールで並ぶと


それを見て、皆さん、私の後に続いて並んで
5分後の9時50分には30人超の行列ができたので

今日は、スゴくラッキー♪
そして、ポールで待てたので、開店までの間、ヘルプに入っていた『中華蕎麦 とみ田』の製麺工場である「心の味食品」の社長と話しをすることができたし♪


なお、こちら『松戸富田麺桜』は、『中華蕎麦 とみ田』のセカンドブランドの店で、10月16日に閉店した『東池袋大勝軒 ROZEO』が屋号を変えて移転オープンした店という位置付けで!
メニューは、「濃厚つけ麺」、「中華そば」、「元祖もりそば」、「カレーつけ麺」、「甘エビ濃厚つけ麺」の5種類!


【新店】松戸富田麺桜-3

富田店主のTwitterのツイートによると
「濃厚つけ麺」は『中華蕎麦 とみ田』!

「中華そば」に「元祖もりそば」は『東池袋大勝軒』
「カレーつけ麺」は『東池袋大勝軒 ROZEO』のものを基本としたメニューで!


「甘エビ濃厚つけ麺」は、テラスモール松戸限定の新メニュー!
普通だったら、テラスモール松戸限定の「甘エビ濃厚つけ麺」にするところかもしれないけど


甘エビの出汁は、あまり好きではないのと😓
「心の味食品」の社長に「濃厚つけ麺」と『中華蕎麦 とみ田』の「つけそば」の違いをお聞きしたところ

カエシが違うと話していたので
どんな違いがあるのか気になったので!

そこで、定刻10時になって、開店!
注文を聞かれて、オーダーしたのは「特製全部入り濃厚つけ麺」!


【新店】松戸富田麺桜-5

これは、デフォルトの「濃厚つけ麺」に加えて、味玉と「鹿児島純粋黒豚 匠の郷」のブランド豚の焼豚がトッピングされたもの!
そうして、カード決済で支払いを済ませて、フードコートではお馴染みのリプライコールを渡されて!


【新店】松戸富田麺桜-6

2人掛けのテーブル席について、ふと、見ると
この時点で50人オーバーの行列ができていた。

【新店】松戸富田麺桜-7

10時5分にリプライコールが鳴って、受け取り口に「特製全部入り濃厚つけ麺」を取りにいって
席に戻って、すぐに撮影会📷

【新店】松戸富田麺桜-8【新店】松戸富田麺桜-9

極太のストレート麺がキレイに盛りつけられた丼には具はなく
つけ汁の中に豚バラ肉の煮豚が1個とメンマが2本入れられて、海苔が添えられたつけ麺!

【新店】松戸富田麺桜-11【新店】松戸富田麺桜-10

「特製」の「全部入り」トッピングは、別皿による提供で!
2つ割りした味玉「鹿児島純粋黒豚 匠の郷」のモモ肉の焼豚が載る。


【新店】松戸富田麺桜-12【新店】松戸富田麺桜-13

まずは、切刃10番(幅3㎜)に見える
しかし、実際には12番(幅2.5㎜)の極太のストレート麺を、つけ汁にはつけずに、そのまま、いただくと

【新店】松戸富田麺桜-14

口に入れた途端にふわっと小麦が香り、鼻から抜けていく
香り高い麺で♪

なめらかな口当たりで
モッチモチの食感の麺は、まるで、讃岐饂飩を食べているような

弾力があって!
強いコシのある麺で!


さらに、小麦粉のうま味と甘味が、よく感じられて!
最高♪


次に、麺をつけ汁につけていただくと
粘度のある濃厚豚骨魚介スープのつけ汁で!

モミジを強火で炊いて
時間差でゲンコツを入れて

長時間炊いて濃厚に仕上げたスープをクールダウンさせて
鶏ガラを追いガラして、動物系のうま味を強めたスープに鯖節や背黒などの魚介を重ねて仕上げたといった感じのスープは

動物系のうま味MAXのつけ汁なのに、魚介出汁のうま味も、しっかりと感じられて
これが、絶妙で!

さらに、柚子がきかされていて、こってりしているのに食べやすくて
これこそ、『中華蕎麦 とみ田』の「王道の濃厚豚骨魚介つけ麺」の味わい♪

ただ、『中華蕎麦 とみ田』の「つけそば」は、ここのところ、年を追う毎に、濃厚さは影を潜めていく一方、スープのうま味は強くなっていくように感じられたのに
今日のつけ汁は、濃厚で、味も濃く感じられたかな

もしかして、味が濃く感じられたのは、「心の味食品」の社長にお聞きしたカエシの変更によるものなのかな!?
個人的には、『とみ田』本店のものと比べてしまうと、若干、味のクオリティは劣るかなという印象は受けたものの

これだけ美味しくて、クオリティの高いつけ麺を商業施設のフードコートで食べられるのは考えられない😮
しかも、ここなら、本店と違って、朝早い時間に一度、店に行って、整理券をもらって、再び、来店しないと食べられないなんていうこともないし!

つけ汁に入れられた豚バラ肉の煮豚は、トロトロに煮込まれていて
やわらかくて、味もよかったし♪

【新店】松戸富田麺桜-15

太メンマは、外はコリッ!
中はサクッとした理想的な太メンマの食感に仕上げられていたし♪


別皿トッピングで出された味玉は、黄身が茹ですぎてカタいなんてこともなく
反対に、緩すぎて、黄身が流れ出すなんてこともなくて

【新店】松戸富田麺桜-16

絶妙のコンディションに仕上げられていて!
茶色に白身が色付く味玉は、よく、中まで味が滲みていて、とても美味しくいただけたし
😋

【新店】松戸富田麺桜-17

圧巻だったのが、「鹿児島純粋黒豚 匠の郷」のモモ肉の焼豚
モモ肉というよりは、ウデ肉なんじゃないかと思えるほど、歯応えのあるものだったけど、肉質のいい、黒豚らしい味わいの焼豚で!


【新店】松戸富田麺桜-18

これだけ美味しい黒豚の焼豚を食べたのは、今年の「ミシュランガイド京都・大阪2020」でビブグルマンに掲載された大阪の『中華そば うえまち』以来!

そして、この「鹿児島純粋黒豚 匠の郷」は、国内で0.06%ので0.06%しか出荷されない希少な豚で!
しかも、これが、「特製」の味玉付きで450円!


味玉なしの「焼豚」トッピングなら350円で食べられるのだから!
これは、トッピングしない手はないと思う♪


そうして、麺も具も食べ終えたら、最後はスープ割り!
残ったつけ汁の入った器を持って、受け渡し口に行くと、スタッフの人がポットに入った割りスープをつけ汁に注ぎ入れて、スープ割りを作ってもらえる。


【新店】松戸富田麺桜-19

これを受け取って、レンゲも忘れずに取って席へ!
再び、熱々になって戻ってきたつけ汁からは、鰹と昆布の風味が漂ってきて!


本店では、いりこ(白口煮干し)出汁で割ってもらえて!
これが絶品のスープ割りで最高なんだけど♪


この鰹に鯖に宗太節かな
魚節出汁のスープ割りも、とても美味しくて😋

最後まで、大満足で完食♪
ご馳走さまでした。


【新店】松戸富田麺桜-20

PS 食べている途中で、60人オーバーの行列ができて
食べ終わって帰るときでも、まだ、50人ほどのお客さんが並んでいたけど

【新店】松戸富田麺桜-21

まだ、開店2日目というのにオペレーションが確立しされているのか!?
スゴい勢いでつけ麺が作られて、出されていって!

ものスゴい行列の割りには、どんどん行列が進んでいたので!
そう待たずに食べられます
😊

【新店】松戸富田麺桜-22

メニュー:濃厚つけ麺(豚骨魚介)…900円
半熟味玉濃厚つけ麺…1020円/焼豚濃厚つけ麺…1250円/特選全部入り濃厚つけ麺…1350円

中華そば…830円
半熟味玉中華そば…950円/焼豚中華そば…1180円/特選全部入り中華そば…1280円

元祖もりそば…870円
半熟味玉もりそば…990円/焼豚もりそば…1220円/特選全部入りもりそば…1320円

濃厚カレーつけ麺…900円
濃厚カレーチーズつけ麺…1100円/濃厚カレーつけ麺追い飯セット…1000円

甘エビ濃厚つけ麺(豚骨魚介)…1000円
甘エビ半熟味玉濃厚つけ麺…1120円/甘エビ焼豚濃厚つけ麺…1350円/甘エビ特選全部入り濃厚つけ麺…1450円

トッピング
メンマ(極太/細)…180円/エビ辛味…100円/半熟味玉…120円/辛味挽肉…150円/のり(5枚)…100円

サイドメニュー
名物 心の味餃子(柏幻霜ポーク使用)
1個…150円/2個…300円/3個…450円

ライス…180円/半ライス…120円/ザ・チャーシューご飯…280円/純粋黒豚丼(鹿児島純粋黒豚 匠の郷使用)…450円


松戸富田麺桜 テラスモール松戸店



関連ランキング:つけ麺 | 新松戸駅幸谷駅馬橋駅



好み度:特選全部入り濃厚つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年3月18日(月)

【新店】さんのじ-1【新店】さんのじ-2

本日のランチは、新京成線・みのり台駅から徒歩6分ほどの場所に、3月5日にオープンした新店の『さんのじ』へ!

松戸の『兎に角』出身の店主が開業した店!

オープンを知って、出身店とは違う水と鶏で作った清湯スープのラーメンを出す店ということだったので、行ってみようと思ったところ
ツイ友が訪問して、オープンしたばかりだというのに、3月11日から17日までの一週間休業することを知った😪

そこで、本日の営業再開日に訪問することにしたんだけど
こちらの店はTwitterをやっていないので、今日、営業するかどうかわからないのが🤷‍♂️

やってなかったらどうしよう(((((゜゜;)
一抹の不安を抱きながら訪問すると

元気に営業再開してくれていた。
店頭には、修業先の『兎に角』からの開店祝いのお花♪


【新店】さんのじ-3

13時13分13秒に入店すると
ネタケースが備え付けられたL字型のカウンター席には先客が2人!

客席は他に小上がりがあって
この純和風の内外装の店は、前は鮨屋か居酒屋だったのかな

店を入って、右の壁際に券売機があったので、「らーめん」と「油そば」の2択のメニューのうちの「らーめん」の食券を購入しようとしたところ
券売機左上のおすすめの位置にあったのが「鶏節らーめん」!?

【新店】さんのじ-4

情報にはなかったメニューが発売されていたので
厨房の中にいた2人の男性スタッフの人に向かって

「鶏節らーめん」と「らーめん」の違いは何かを聞いてみたとろ
あとで、店主ではなく、こちらの店のスタッフの人とわかった方が厨房を出て、近づいてきて

「鶏節らーめん」は、鶏を燻製して作った自家製の鶏節と水で作ったラーメンで!
「らーめん」は鶏を炊いて、鶏と水で作ったラーメンだと説明があって


「鶏節らーめん」は和風!
「らーめん」は鶏のエキスのラーメンだと、さらに、わかりやすく説明してくれた。


「鶏節らーめん」は、休業前にはなかったメニューのはずで
おそらく、今日から発売された新メニューだと思われる。

ラーメンブロガーとしては、こちらを食べて、レポすべきだきかもしれないけど
水と鶏で作った「らーめん」を食べにきたので、めっちゃ迷う😕

すると、そこへ、1人、お客さんが入店してきたので
迷ってる暇はない😓

そこで、「らーめん」に決めて
普通だったら、こちらの店では、好みの豚肩ロース肉のレアチャーシューが使われているので、200円増しでいただける「チャーシューらーめん」にするところだけど

ラーメンデータベースに、レア感に欠けるというレビューがあったので
今日はデフォの「らーめん」の食券を購入して席へ!

そうして、先ほど懇切丁寧にメニュー説明してくれたスタッフの人に「らーめん」の食券を渡しながら
「鶏節の方がおすすめでした!?」と聞いてみると…

「いや、そんなことはありません。」
「どちらも、おすすめです。」と言うので、注文は「らーめん」のままで!


そして、ラーメンができるのを待つうちに、ネタケースの中にあったレアチャーシューとともに鶏節と思われる削り節を見つけて
「これが鶏節ですか?」と聞くと…

【新店】さんのじ-5

「そうです。」とスタッフの人から回答があったんだけど
普通、出汁をとるときは厚削り!

トッピングに使うときは、この薄削りの鶏節を使うはずなのに
などと思って、じっと、ネタケースを見ていたら

「そこに入っているのは、チャーシュー丼に使うチャーシューです。」
「ラーメンに使うチャーシューは、これで都度、切り出します。」と言って


肉をスライスするスライサーを指で示して
さらに

「そちらにある蒸し器で温めてお出ししています。」なんて説明があったんだけど…
見ていたら、この蒸し器で、チャーシュー以外に味玉も蒸して出していた。

そして、その蒸し器で蒸されたレアチャーシューがラーメンに載せられて
完成した「らーめん」が、最後に受け皿に載せられて店主から供されると

【新店】さんのじ-6【新店】さんのじ-7

スタッフの方からは
「あとで、この鶏節を入れてみてください。」

そう言って、お皿に入れられた「鶏節」をサービスで出してくれたんだけど
ありがとうございます。

【新店】さんのじ-8

豚肩ロース肉のレアチャーシューメンマ、刻みネギ、海苔、なるとが載る
レアチャーシューを除けば、見ためは「昔懐かしい中華そば」と言った感じの醤油ラーメン!

まずは、醤油香るスープをいただくと
芳醇でコクのある、このカエシに使われた醤油は、間違いなく生揚げ醤油!

【新店】さんのじ-9

ただ、このスープ、醤油の色は、そんなに濃くはない
それなのに、塩分は、やや、高めに感じられる。

これは、生揚げ醤油と濃口醤油!
それに、塩がカエシに使われているからじゃないか
!?

そう思って、スタッフの人に聞いてみると
「生揚げ醤油と濃口醤油ではなく、生揚げ醤油と薄口醤油です。」という答えがあった。

なるほど
薄口の生揚げ醤油もあるし、こんな組み合わせもあるんだと、スゴく勉強になる。

やや、塩分高めには感じられるけど
この味わい、新しいし、個性的♪

そして、鶏は、どんな鶏を使っているのか!?
聞いていないので、わからないけど

鶏のワイルドさは皆無で
フレッシュで!

ガラでとったスープというよりは、鶏肉でとったようなうま味の感じられるスープで!
思った以上に美味しい♪


しかし、見ためは、「クラシカルな中華そば」、あるいは「ノスタルジックな醤油ラーメン」なのに
実態は、「ネオクラシックな醤油ラーメン」よりも、さらに新しい醤油ラーメンといえる!

そして、このスープに合わせられた麺は、自家製麺らしくない黄色い麺で!
この黄色の成分はカンスイか卵か
!?

【新店】さんのじ-10

しかし、卵麺ではないような
もしかして、サフラン!?

なんて思って、スタッフの人に聞いてみると
くちなしの実だという

くちなしの実といったら、栗きんとんやスイートポテトに使われる味のない色素!
なぜ、黄色くしなければならなかったのかは、よくわからないけど


クラシックなラーメンに見たてたかったのだろうか
ただ、くちなしの実を使ったというのが、とても、個性的だったし!

さらに、個性的だったのは、太かったり、細かったり
太さが違って見える不揃いな麺たち!

スタッフの人によると
これは、手切りの麺だからということだったけど

プリッ、モチッ、ムチッ
食感の違う麺が合わされていて、食感の違いが感じられたのが、とても、よかったし♪

そして、しっかりとしたコシの感じられる麺なのもよくて
それを話すと、スタッフの人からは

「毎日、店主が、足踏みして、うどんを作る要領で作っている麺です。」と話してくれたけど…
手間かかってる

そして、トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは大判ではあるけど、やや、薄めで
ただ、肉のうま味は、よく感じられる。

【新店】さんのじ-11

そんなことなら、「チャーシューらーめん」にすればよかった
それに、チャーシュー丼を食べるのも、ありだったかも

そこで
「この低温調理した豚肉、スゴく美味しいですね♪」

「国産豚ですか!?」と聞いてみると…
スタッフの人から

「国産ではないんですよ。」
「イタリアのホエー豚を使ってます。」
なんて答えがあったんだけど…

ホエー豚といったら、イタリアのパルマハムを作るために育てられた豚!
こんなプレミアムな豚が使われているとは知らなかったし


「ホエー豚の肩ロースは美味ですけど、脂が多いので、余分な脂は捨てています。」などとも言っていて…
チャーシューにも、こだわりがあることがわかった。

そうして、後半に鶏節を入れて、スープをいただくと
まるで、鶏出汁のスープに鰹節を加えたような味わいに味変してくれて!

【新店】さんのじ-12

「こっちも、めっちゃ美味しいじゃないですか♪」と言うと…
「ありがとうございます。」と言って、スタッフの人も店主も喜んでくれたけど

この鶏節は、この鶏出汁のスープに入れてしまうと
確かに鰹節に感じるよね

しかし、鶏節だけを食べると
確かに鶏節!

でも、それは鶏節の存在を知っている人だけで
燻製しているので鰹節と勘違いするよね!

以前に大阪の『極汁美麺 umami』という店で、鶏節のかかった「わさびめし」というホースラディッシュが鼻にツーンとくるサイドメニューを食べて
「この鶏節がいいですね♪」みたいなことを店主に話したところ…

「イチエさんが初めてですわ、これを鶏節と言い当てたのは…」
「みんな、鰹節って言ってます。」


なんて言ってたけど
よく見れば、色は、鰹節ではないよね😅

ただ、一般のお客さんは、鶏節なるものがあること自体を知らないので
これを鰹節だと思ってしまうんだと思う。

閑話休題。
まあ、でも、確かに、この鶏節が入ることによって、鰹節っぽいというか


スタッフの人が商品説明のときに話していた「和風」な味わいというか
そんな味わいで、鶏節を入れても入れなくても、どちらも、とても美味しいので♪

スタッフの人じゃないけど
「どちらもおすすめです。」としか言いようがないと思う♪

そうして、最後は、スープもすべて飲み干して完食♪
ノスタルジックな醤油ラーメンを現代風にリメイクしたラーメン!


麺にもチャーシューにもこだわりが詰まった一杯でおすすめです。
ご馳走さまでした。


【新店】さんのじ-13

PS この日は、私の後に1人お客さんが入ってきて「油そば」を注文した後に、3人のお客さんが来店したところで
13時20分過ぎにはラーメンの麺切れになってしまい

以降は「油そば」のみの営業になってしまったので(-"-;A ...アセアセ
「鶏節らーめん」、「らーめん」を食べたい方は、早めに訪問されることをおすすめします。

【新店】さんのじ-14

メニュー:鶏節らーめん…780円/味玉鶏節らーめん…880円/チャーシュー鶏節らーめん…980円
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/チャーシューらーめん…980円

油そば…780円/味玉油そば…880円/チャーシュー油そば…980円

大盛り…100円
味玉…100円/チャーシュー(大判1枚)…100円/のり(5枚)…100円/自家製鶏節…100円

肉増量 ミニチャーシュー丼…300円/肉増量 チャーシュー丼…400円
半ライス…100円/ライス…150円


さんのじ



関連ランキング:ラーメン | みのり台駅八柱駅松戸新田駅



好み度:らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m