fc2ブログ
訪問日:2017年1月3日(火)

麺屋 清水【七】-1

本日新年1月3日のランチは、東京・小岩の麺屋 清水で!

今日明日の2日間は、新年特別営業で、営業は昼のみ。
提供されるのは「中華そば」と「塩らーめん」のみ。


ただし、本日1月3日に供されるのは、大晦日に1年の感謝を込めて提供された 「知床どり塩らーめん」イベントで使われた「知床どり」の余りで作ったスープのラーメンだと
こちらの店の清水店主がTwitterでツイートしていて!

この銘柄鶏の「知床どり」で作ったスープのラーメンは、今まで食べたことがなかったので!
今日のランチはこれに決まり♪


というわけで、JR総武線各駅電車で小岩駅で下車して
駅北口のイトーヨーカ堂の左脇の道を直進して、蔵前橋通りの交差点までやってきて

交差点の左先に見える、本日は休業中の『ラーメン二郎』を見ながら、信号がかわったら、横断歩道を渡って、さらに直進して、道路の右側にある店へとやってきたのは、午後の1時を7分ほど回った時刻。
入店すると

店内は、ほぼ、満席状態で!
ただ、1席のみ席が空いていた。


券売機で、販売していた「中華そばor塩らーめん」と「特製中華そばor特製塩らーめん」の2択の麺メニューのうちから、「特製」の方をチョイスして購入!
席について、食券を回収にきた清水店主と新年の挨拶を交わして、食券を渡すと


麺屋 清水【七】-2麺屋 清水【七】-3

「塩らーめんでいいですね?」と言われて…
これで、おすすめを聞く手間が省けた(笑)

そうして、注文が成立すると
「もう、1年ぶりくらいですか?」

「ずいぶん、ご無沙汰でしたね…」
「大関も、今回はイチエさん来てくれますかねと言っていたんですけどね…」


なんて、嫌みを言われてしまったんだけど(汗)
後で調べたら、前回、訪問したのは、清水店主の修業先である津田沼『必勝軒』の弟弟子に当たる『麺屋 侍』の嶌田店主とコラボして行われた、2015年5月17日の合同イベント以来だから、もう、1年7ヶ月以上も来店していないことになる。

なお、清水店主が言っていた大関とは、東京・目白『自家製熟成麺 吉岡』の大関店主のことで
大関店主も『必勝軒』時代の清水店主の弟弟子で!

昨年は、この『自家製熟成麺 吉岡』の大関店主とコラボした合同イベントが何回か開催されたのに!
予定が合わずに訪問できていなかったし


さらに、長らく休業していた『必勝軒』の12月11日に行われた復活イベントにも行けずに
本当にご無沙汰してしまった(汗)

そんなことを考えていると
私と私の後客が注文した「塩らーめん」を作り始める清水店主!

ラーメン丼に淡い色合いの塩ダレと香味油と思われるものを入れて
さらに、やや、濃いめの液体も注入して

麺を計量して、テボに入れて茹で始めると
寸胴から直接、熱々のスープをラーメン丼に注いで!

茹で始めから35秒でテボが引き上げられて
湯切りされた麺がスープの中へ

そうして、最後に具が盛りつけられて
これで、本日だけの特別な「特製塩らーめん」の完成!

そうして、供された「特製塩らーめん」は、豚肩ロース肉のレアチャーシューが3枚に味玉、ワンタン、メンマ、ネギ
そして、海苔が3枚に増量されて添えられた、美しいビジュアルのラーメン♪

麺屋 清水【七】-4麺屋 清水【七】-5

まずは、クリアーな塩清湯のスープをいただくと
鶏の豊潤なうま味の出たスープで♪

前回、『麺屋 侍』とのコラボのときにいただいた鶏と蛤のスープに比べると、鶏のうま味が強くなって、スープに厚みが出ている。
それに、塩ダレの尖りがなく、いい塩梅で、甘味も感じられて!


『必勝軒』系の店の塩ラーメンでは、『つけ麺 目黒屋』の目黒店主の作る「雪塩ラーメン」が群を抜いてるかと思っていたけど!
それをも上回る美味しさ♪


そして、『必勝軒』と言ったら、鯖節や煮干しなどの魚介のうま味を入れたスープのはずなのに
このスープからは、魚介は感じられずに

感じられるのは、鶏のうま味と昆布のうま味♪
そこで、清水店主に


「知床どりっていい出汁出すんですね。」
「それに、このスープ鯖や煮干しは使っていないんですね?」
と聞いてみたところ…

「(鶏は)知床どり」だけでは足りなかったので、「つくば茜鶏」も使いました。」と話し
さらに

「(『つけ麺 目黒屋』の)目黒さんが鯖(節)を使うので、醤油(中華そば)には秋刀魚(節)を使っています。」
「ただし、塩(らーめん)は鶏だけです。」とも話してくれたけど


魚介を使わずに鶏だけで、これだけのうま味のあるスープを作れるのはスゴいし!
ご無沙汰している間に、清水店主の清湯スープは、かなり美味しく進化していた♪


そして、この鶏のうま味いっぱいの塩味のスープに合わせられた麺は
清水店主が店内の製麺室で打つ、平打ちの細ストレートの自家製麺で!

麺屋 清水【七】-6

なめらかで、つるっとした食感の啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさがバツグンでによくて♪


しなよかなコシもあって!
噛めば、小麦粉のうま味がよ~く感じられる麺で♪


加水率は高めだけど、平打ちで、麺が細いので、この塩スープとも、しっかり絡んでくれて!
鶏のうま味いっぱいのスープをいっぱい持ってきてくれて、美味しくいただくことができたし♪


そして、トッピングされた、豚肩ロース肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられていて!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューでよかったし♪


麺屋 清水【七】-7

ワンタンは、餡がちょっとだけの、ほぼ、皮状態のものだったけど
このワンタンの皮のモチッとした食感がよかったし♪

麺屋 清水【七】-8

味玉も、中の黄身がトロッとしていて、甘みがあって!
白身も、しっかり味付けられた美味しい味玉だったし♪


麺屋 清水【七】-9

メンマのコリコリとした食感もよくて♪
気づけば、スープまで、すべて飲み干して完食!


今年は、合同イベントも含めて、もっと来る回数は増えると思いますので、よろしくお願いします。
ご馳走さまでした。


麺屋 清水【七】-10

メニュー:らーめん(200g)
魚介 らーめん…720円/特製魚介 らーめん…900円
鶏豚 らーめん…720円/特製鶏豚 らーめん…900円
魚介 小らーめん(160g)…650円/鶏豚 小らーめん(160g)…650円

中盛(+50g)…50円/大盛(+100g)…100円/替え玉…100円

つけめん(260g)
魚介 つけめん…780円/特製魚介 つけめん…950円
鶏豚 つけめん…780円/特製鶏豚 つけめん…950円
魚介 小つけめん(160g)…700円/鶏豚 小つけめん(160g)…700円

中盛(+50g)…50円/大盛(+120g)…100円/特盛(+240g)…200円

限定メニュー
塩らーめん…720円/特製塩らーめん…900円
中華そば…720円/特製中華そば…900円


麺屋 清水




関連ランキング:ラーメン | 小岩駅京成小岩駅



好み度:特製塩らーめん(知床どり+つくば茜鶏)star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年3月8日(火)

【新店】煮干し中華そば しまや-1

本日2軒目のランチに向かったのは、閏年の2月29日に、東京・小岩にオープンした新店の『煮干し中華そば しまや』!

『煮干し中華そば』を看板に掲げる店ができたとあっては!
ニボラーとしては、行かないわけにはいかないので
(笑)

JR小岩駅北口を出て、駅前のイトーヨーカ堂の左脇の道を蔵前橋通りに向かって歩いて
一つ目の道を左折して少し進むと、店の看板が見えてきた。

11時18分の到着で、開店までは、まだ、12分ほどある。
それで、店の前にあったA看板の写真付きのメニュー説明を見ていたんだけど


【新店】煮干し中華そば しまや-2

こちらの店
大阪・北浜にある店のメニュー説明と一字一句違わない(笑)

大阪・北浜の店は、東京・新橋に本店を置く、『麺屋武一』の新業態の店という情報があった。
ただ、経営する会社は違ったので、真偽は定かではなかったけど


『麺屋武一』を手掛ける株式会社テイクユーの系列店である『武一とり食堂』の跡地にオープンした、こちらの店の、このメニュー説明を見て
疑いが確信に変わった。

しかし、そうだとすると
あのときに食べた『煮干し中華そば』は、もう一つだったので、どうしようかと思ったんだけど

大阪・北浜の店では、提供されていなかった「濃厚煮干し中華そば」が、こちらの店では提供されているようだったので
せっかくなので、これを食べていくことにした。

11時30分になると、かわいい女子のスタッフが出てきて♪
「準備中」になっていた木札をクルッとひっくり返して、「営業中」にすると


「お待ちどうさまでした♪」と言って!
開店!

入店すると、入口のすぐ左に大型の券売機があって!
大きなボタンになっていて、おすすめの「濃厚煮干し中華そば」を購入!


【新店】煮干し中華そば しまや-3

スタッフの女子に食券を渡して
厨房の前に造られたL字型のカウンター5席のうちの1席へと着く。

店は、レトロな食堂というか、居酒屋というか!?
そんな風情漂う店で!

お客さんは、滞在中、3人ほど入ってきたけど
絶えず外待ちができていた、大阪・北浜の店とは違って、お客さんは少なめ

まだ、オープンしてから間もないので!
店の認知度が低いのかな
!?

スタッフは、ホールの女性スタッフの他に、厨房に2人の男性スタッフの姿があった。
ただ、カウンターの壁が高いので、彼らがラーメンを作るのを観察できないのが、ちょっと、残念


卓上にはメニューの説明とともに調味料の説明もあって!
卓上に置かれた調味料は、左から自家製辛味、魚粉(煮干粉)、自家製にんにく油、自家製煮干し油、自家製フルーツ酢


【新店】煮干し中華そば しまや-5【新店】煮干し中華そば しまや-6

これも、まったく、大阪・北浜の店と同じで(笑)
説明を読んでいるうちに、注文した「濃厚煮干し中華そば」が運ばれてきた。

【新店】煮干し中華そば しまや-7【新店】煮干し中華そば しまや-8

琥珀色した淡麗そうなスープに、鶏と豚の2種のチャーシュー、穂先メンマ、刻み玉ねぎ、青ネギ、海苔がトッピングされたラーメン!
着丼した瞬間に、これって、濃厚


間違って、「煮干し中華そば」を作ったのでは!?
と思ったけど、後から入ってきて、同じ「濃厚煮干し中華そば」を注文していたお客さんにも同じものが運ばれてきたので、間違いはないみたい。

スープをいただくと
「鹿児島と宮崎の鶏をドロドロになるまで炊いた濃厚鶏白湯スープ」「季節毎に厳選した国産カタクチ鰯の煮干しと京都から取り寄せたサバ・うるめ・いわしの節をブレンドしたスープに、煮干しや昆布を効かせた特製醤油ダレ」を合わせたと解説のあったスープは

【新店】煮干し中華そば しまや-9

サラッサラのライトな鶏白湯スープだった。
看板に偽りあり
!?

でも、逆に、本当にドロドロの鶏白湯だったら
おそらく、煮干しが生きないので、これは、これで、よかったのかもしれないけど

ただ、煮干しが効かされているのかというと
そうでもなく

ウルメや鯖の節も感じられるし!
化調も強めで!


また、煮干しオイルと思われる香油が多めに使われていて、こってり感が強く感じられて
これは、「濃厚」というよりは、オイリーで、「こってり」という言葉が当てはまるライト鶏白湯魚介スープのラーメンという感じだったかな

麺は、煮干しスープには定番の中細ストレートの低加水麺が使われていて!
ザクパツなカタめで歯切れのいい食感の麺は、スープとの相性もいい♪


【新店】煮干し中華そば しまや-10

ただ、『煮干し中華そば』を看板に掲げるなら
節は使わないか

控えめにして
もっと、煮干しをガツンと効かせて欲しかったかな。

トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューと豚バラ肉の2種のチャーシューは、どちらも、味はいいとは思う♪
ただ、薄っぺらくて、食感がもう一つだったかな


【新店】煮干し中華そば しまや-11

ただし、穂先メンマは、一本のカタチもいいものが使われていて!
やわらかくて、シュクシュクとした食感だったのがよかった♪


なお、食べている途中で、調味料を試してみた。
まず、煮干油を少量、レンゲに入れて、スープを飲んでみると


煮干しの風味は増すものの
オイリーさも増して

かなり微妙
少なくても、この「濃厚」に使うのは、おすすめはできないかな

ニンニク油はこれからの予定もあったのでパス!
煮干粉と煮干酢も、スープに入れるのは好みではないのでパス!


というわけで、残りの辛味油
あまり、期待しないで入れてみたところ

【新店】煮干し中華そば しまや-12

ピリ辛のアクセントが、意外によかった♪
ただし、辛味によって、元の味がわからなくなるので、入れすぎには注意が必要。


総評すれば、それなりに美味しいスープだとは思う。
ただ、やっぱり工場生産のスープだと限界があるのかな
!?

「スープは新鮮な材料を大量に使い、出来る限りまとめて炊き、店舗での作業を最小限に抑えるシステムを確立しています。」
「そのお陰で、味が安定することはもちろん、店舗のスタッフがスープ作りに疲れず、接客や営業、商品開発などに力を注ぐことができるわけです。」


株式会社テイクユーの大澤社長は、インタビューに答えて
そう語っていたけど

鶏白湯スープだったらいいのかもしれないけど
煮干しの場合は、どうなんだろう!?

鶏白湯ラーメンに続いて煮干しラーメンと、流行のトレンドを追っているんだろうけど
煮干しは、味が安定しないのが良いところでも悪いところでもあるので

【新店】煮干し中華そば しまや-4

メニュー:中華そば

濃厚煮干し中華そば…750円/味玉入り濃厚煮干し中華そば…850円/特製濃厚煮干し中華そば…900円
煮干し中華そば…700円/味玉入り煮干し中華そば…800円/特製煮干し中華そば…850円

つけ麺

濃厚煮干しつけ麺(並盛・中盛)…780円/味玉入り濃厚煮干しつけ麺…880円/特製濃厚煮干しつけ麺…930円
濃厚煮干しつけ麺(並盛・中盛)…830円/味玉入り濃厚煮干しつけ麺…930円/特製濃厚煮干しつけ麺…980円

大盛…100円/つけ麺専用特盛り…150円/つけ麺専用スープおかわり…100円

1口ごはん…50円/小ライス…100円/大ライス…150円
チャーマヨごはん(単品)…300円/煮干し香る贅沢玉子かけごはん(単品)…300円

トッピング
のり…70円/玉ねぎ…70円/味玉…100円/ねぎ…100円/穂先メンマ…150円/特製(・チャーシュー豚・鶏各1枚増し ・味玉1個 ・のり3枚増し)…150円/肉増し…200円


煮干し中華そば しまや

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 小岩



好み度:濃厚煮干し中華そばstar_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2014年8月6日(水)

麺屋 清水【六】-1

本日は、今日から始まる夏季限定の「冷やそば」を求めて『麺屋 清水』へ!

今日の東京は、この夏一番の暑さという予報で
絶好の「冷やし」日和になりそう!

冷たい麺を冷たいそばつゆにつけてたべる「冷やそば」デビューにはピッタリの日かも♪
というわけで、店の最寄り駅であるJR小岩で下車して店へと向かう。


しかし、駅から店に向かう数分間でも、くらくらするくらいの暑さ(汗)
そんな中を、開店まで、あと数分という時間に、店の近くまでやってくると…

店の外に出て、開店準備をしている清水店主の姿があった!
「毎度!」と声を掛けると


こちらを見て、驚いたような顔をして
「大阪から来てくださったのですか!?」

清水店主に、そう言われてしまったんだけど
もうとっくに、東京に帰ってきているんですけど(汗)

でも、そう言われるくらい来ていなかったかな
等と考えていると…

「暑いですから、どうぞ中へ!」
そう言われて、中に入ると、お客さんの姿はなく、ポール獲得!

これで、一番に夏季限定を食べることができる!
まずは、券売機で食券を買うんだけど


麺屋 清水【六】-2麺屋 清水【六】-3

夏季限定の「冷やそば」のボタンは券売機の左下の方にあった。
食券を買って、席につくて、食券をカウンターの上に置くと…

暖簾を掛け終わって、店を開店させて、厨房へと戻っていた清水店主から
「並盛、麺200gでいいですか?」と聞かれて

300gにしてもらうことにして!
再び、券売機で「大盛」100円の食券を追加購入。


すると、さらに、清水店主からは…
「Twitterでは、極細麺と細麺の2種類の麺で提供しようとしたんですけど、極細麺の方は、麺と麺がくっついてしまうので、細麺だけにしました。」

そんなことを言っていたけど…
別に、そんなこと、ぜんぜん気にしていない…

「でも、もし、よければ、少し作った極細麺があるので食べますか?」と言って…
さらに…

「麺300gですから、100gだけ極細麺で200gは細麺でいきましょうか?」と言うので…
それでお願いすることにした。

そんな話をしている間に、ぞろぞろとお客さんが入店してきて、俄然、忙しくなった。
しかし、「冷やそば」の注文はなかったようで!


まず、本日、清水店主によって1番目に作られたのが私の「冷やそば」で!
1個作りされた「冷やそば」が、そう待つことなく供された。


麺屋 清水【六】-4麺屋 清水【六】-5麺屋 清水【六】-6

細麺200gに極細麺が100g!
その上にチャーシューが1枚!


それに、そばつゆと薬味が出されたんだけど
見た目は少し寂しいかな

でも、日本そばの「ざるそば」と考えれば!
「ざるそば」の麺を、そばから中華麺に変えたものと考えれば納得!


まずは、極細麺だけを、そのまま、つゆにつけずに、いただいてみると
小麦粉が香る麺で!

口に入れると、小麦粉の風味が口に広がる!
それに、噛むと、小麦粉のうま味がわかる良質な麺で!


そばつゆにつけて食べると
これは、日本そばの「ざるそば」だね!

もちろん、カンスイが入っているから、味は中華麺の味はするけど!
加水率低めの中加水麺は、食感がそばっぽくていい♪


それに、このそばつゆ!
鰹節のいい香りがして!


カエシも、しっかりと寝かせた感じで!
これは、日本そば店のそばつゆだね!


今年は、『巌哲』で「盛り」をいただいて!
これが、この「冷やそば」と、まったく同じコンセプトの、中華麺をそばつゆにつけていただく「中華ざる」というか、「中華せいろ」で!


これも、かなり美味しいとは思ったけど
この清水店主の作る極細麺の方が、そばっぽくて、いいかも!

なお、清水店主がTwitterで!
「わさびもいいものが手配できました。」とツイートしていたわさび


葉わさびが、細かく刻まれた特製のもので!
ツーンとくる本わさび特有の香りと辛さのあるもので!


そばつゆに、少し溶かしていただくと
この特製わさびの風味によって、より美味しくいただけてよかった♪

そうして、今度は、細麺の方をいただいてみると
こちらは、つるしこの食感の加水率高めの麺で!

冷や麦を食べているような感じで!
これも美味しい♪


それと、こちらの麺は、先ほどの麺に比べると、コシの強い麺で!
こちらの方が、小麦粉のうま味も強く感じられた♪


そして、こちらの麺には、わさびとともに添えられた生姜をつけていただいてみたんだけど
これが合う!

というわけで、トータルで300gあった麺も、ペロッと完食してしまった。
これならは、特盛の400gでもよかったかも!


そして、最後は、残った、そばつゆも飲み干して、帰ろうと、飲み始めたところで
清水店主から、声がかかった。

「スープ割りできますよ!」
なんだ、早く、言ってくれればいいのに(汗)

というわけで、もう残り少なくなってしまったそばつゆに、割りスープが注がれて、スープ割りが作られたんだけど
このスープ割りが、また、美味しくて♪

麺屋 清水【六】-7

最後まで、堪能できました。
ご馳走さまでした。

麺屋 清水【六】-8
麺屋 清水【六】-9麺屋 清水【六】-10

メニュー:らーめん(200g)
魚介 らーめん…720円/特製魚介 らーめん…900円
鶏豚 らーめん…720円/特製鶏豚 らーめん…900円
魚介 小らーめん(160g)…650円/鶏豚 小らーめん(160g)…650円

つけめん(260g)
魚介 つけめん…780円/特製魚介 つけめん…950円
鶏豚 つけめん…780円/特製鶏豚 つけめん…950円
魚介 小つけめん(160g)…700円/鶏豚 小つけめん(160g)…700円

限定メニュー
塩らーめん…720円/特製塩らーめん…900円
中華そば…720円/特製中華そば…900円

【期間限定】かま玉…700円
【夏季限定】冷やそば…700円

中盛(+50g)…50円/大盛(+100g)…100円/特盛(+200g)…200円


麺屋 清水




関連ランキング:ラーメン | 小岩駅京成小岩駅



好み度:冷やそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2013年8月23日(金)

麺屋 清水【五】-1

今夜は東京・小岩の『麺屋 清水』へ!

JR総武線の小岩駅に着いたのは、もうすぐ22時になる時刻。
しかし、こちら『麺屋 清水』は23時まで営業してくれているので、この時間からでも訪問できるのがいい♪


駅北口からイトーヨーカドーの左脇を真っ直ぐに進んで、蔵前橋通りをクロスしてさらに進むと
道の右側に店の看板が見えてくる。

入店すると…
こんな時間にもかかわらず、お客さんは6人ほど入っていて!

さらに、私の滞在中には、中待ちの椅子に座って待つお客さんも出るほど賑わっていた。


取りあえず、券売機で、まず、ビールとつまみチャーシューの食券を買って席へ!
そして、カウンターの上に食券を上げると…

すぐにビールが出されて!
少し遅れて、炙られたレアチャーシューが出されたんだけど!

この蒸し暑い夏の夜には、やっぱり、ビールが最高!
それに、この炙りレアチャーシューが香ばしくて、めっちゃ美味しい♪


麺屋 清水【五】-2麺屋 清水【五】-3

さて、麺はどうしようか!?
普通なら、絶対、「つけ麺」を選択するところ!

日替わりで交互に提供されるスープは、今日木曜日は「魚介スープ」の日で!
「鶏豚スープ」もいいけど、この「魚介スープ」の「つけ麺」が、こちらの店のNo.1メニューだと思っているので♪

ただ、今夜は何となくラーメンの気分で!
問題は、デフォルトの「ラーメン」にするか?「小ラーメン」にするか


というのも、こちらの店の「ラーメン」は、麺量が200gと多めで!
「小ラーメン」にすると、これが、他店の一般的な量の150gに減らされて、価格も50円安くなるんだけど!

でも、こちらの店の自家製麺は美味しいので、やっぱり、デフォルトの「ラーメン」にすることに決めて!

改めて券売機の前まで来て、食券を買おうとしたところ

「中華そば」のボタンを見つけて!
手が止まった。


前回、ジャージャー麺風限定の「油そば」を食べたときに、この「中華そば」が、やはり、限定で出されていた。
しかし、いつまでやるのかは知らなかった。

しかし、こうして継続して出していて!
数量限定とはいえ、「塩ラーメン」とともにレギュラーメニューになっていたので!

これは、取りあえず食べておくべきではと考えて!
急遽、「中華そば」を食べることに変更!


麺屋 清水【五】-4麺屋 清水【五】-5

食券を買って、席に戻って、清水店主に追加で注文すると
「ちょっと、待ってもらっていいですか?」

そう言われて、頷いて待つことにしたんだけど…

これは、私が、炙りレアチャーシューをつまみにビールを飲みながら、麺類の注文を考えている間に、お客さんが3人ほど来店して!
そちらの「つけ麺」に「ラーメン」を先に作ることになったため!

そうして、少し待たされて供された「中華そば」!
チャーシューが2枚入るのは、待たせてしまったからという清水店主からのサービス!

本来は1枚しか入らないので

ありがとうございます。

麺屋 清水【五】-6麺屋 清水【五】-7

キレイな濁りのない醤油味の清湯スープをいただくと…
鶏の円やかなうま味が感じられて!

昆布と鰹、鯖等の節のうま味に煮干のうま味もあって!
なかなか美味しいスープに仕上がっていた。

カエシの醤油ダレの芳醇な香りもよくて!
丸大豆醤油だと思うけど、いい醤油が使われている。


ただ、ちょっと、味がまったりしているようにも感じられたので
醤油には、薄口醤油も使っているのか

清水店主に確かめたところ…
濃口醤油だけだということだったので

薄口醤油か塩も併用したら
もっとキレとコクが増したかもしれない。

でも、修行先である『必勝軒』の兄弟子に当たる『つけ麺 目黒屋』の目黒店主同様!
こってりとした得意の鶏豚骨の白湯のスープだけではなくて!

こうして、あっさりとした美味しい鶏清湯のスープも作れるようになったのは強みになるし!
今までの『麺屋 清水』の味が好きなファン以外のお客さんも呼び込めると思う。


そして、圧巻だったのが、清水店主が、製麺室の中で製麺する自家製麺!
元々、「つけ麺」用の太ストレート麺には定評があったけど!

この中細ストレート麺も!
小麦粉の熟成されたうま味がよく感じられて、本当、美味しい♪


麺屋 清水【五】-8

それに、トッピングされた真空低温調理された豚肩ロースのレアチャーシューは、しっとりとした食感なのがよかったし!
塩加減もよくて、美味しくいただくことができた♪


個人的には、やっぱり、濃厚豚骨魚介の「ラーメン」の方が好みだけど♪
出汁のうま味がよく出た、この鶏清湯魚介のスープの「中華そば」もおすすめ!

できれば、今後は、これだけ麺が美味しいのだから!
鶏清湯魚介の美味しいつけ麺を作ってくれると嬉しいんだけど♪


また、来ます!
ご馳走さまでした。

麺屋 清水【五】-9

メニュー:らーめん(200g)
魚介 らーめん…700円/特製魚介 らーめん…900円
鶏豚 らーめん…700円/特製鶏豚 らーめん…900円
魚介 小らーめん(160g)…650円/鶏豚 小らーめん(160g)…650円

つけめん(260g)
魚介 つけめん…750円/特製魚介 つけめん…950円
鶏豚 つけめん…750円/特製鶏豚 つけめん…950円
魚介 小つけめん(160g)…700円/鶏豚 小つけめん(160g)…700円

限定メニュー
中華そば(数量限定)…700円/塩そば(数量限定)…700円/油そば…800円

中盛(+50g)…50円/大盛(+100g)…100円/特盛(+200g)…200円
替え玉(100g)…100円


麺屋 清水




関連ランキング:ラーメン | 小岩駅京成小岩駅



好み度:中華そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2013年7月21日(日)

麺屋 清水【四】-1

本日は、今年も7月17日から夏季限定メニューとして提供が始まった「油そば」を求めて『麺屋 清水』へ!

こちら『麺屋 清水』は、千葉県の津田沼にある大行列店『必勝軒』出身の清水店主が2011年6月19日にオープンさせた店で!
『必勝軒』の味を基本に、さらに味を進化させた「ラーメン」、「つけ麺」が食べられる!


特に「つけ麺」が人気で!
店の中に設けられた製麺室で作られる自家製の太ストレートの麺が味、食感とも最高♪


麺屋 清水【四】-2

味も「魚介」「鶏豚」の2種類があって、交互に日替わりで提供されるので飽きないし!
どちらも美味しいのでおすすめ♪


麺屋 清水【四】-3

こんな『麺屋 清水』で提供される「油そば」は、修業先の『必勝軒』にはないメニューで!
兄弟子の『つけ麺 目黒屋』『麺屋 石ばし』でも置いていないオリジナル!


麺屋 清水【四】-5

そして、このメニューは、最初はそのまま、かきまぜて「汁なし」の「油そば」として食べて!
途中から、スープを入れて「汁あり」の「ラーメン」になる!


1度に2度美味しいを味わえるメニューだというので!
楽しみにして、店のある小岩へと向かった。

駅北口から蔵前橋通りまで出て!
さらに蔵前橋通りを渡って直進すると、道の右側にある店にやって来たのは11時30分になる時刻。


ちょうど、清水店主が暖簾を持って店の中から出てきて、開店するところだった。
1番で並んでいた、常連のお客さんに続いて、2番目に入店。

以前は設置のなかった券売機で、お目当ての「油そば」の食券を買って、L型カウンターの1席へ。


麺屋 清水【四】-4

カウンターの上に食券を上げると…

「辛いのは大丈夫ですか?」と清水店主に聞かれて…
頷くと…

麺を茹で始める清水!
そうして…

「先に油そばが出ます!」
そう、先客のお客さんに断りを入れて、先客の注文した「つけ麺」に先んじて出された「油そば」は「ジャージャー麺」風!


麺屋 清水【四】-6麺屋 清水【四】-7

まずは、麺の上に載せられた肉味噌と麺をよ~く、かきまぜて!
いただきます♪

麺屋 清水【四】-8

甜麺醤豆板醤によって甘辛に味付けされた肉味噌わの味いがいいし♪
生姜ニンニク胡麻油による香り付けが食欲をそそる。


麺は、「つけ麺」用の太ストレートの麺が使われていて!
モチモチとした食感の麺は、噛むと、押し返してくるような弾力があって、コシがあって!

冷たい麺で食べるのが最高だけど♪
こうして、温かい麺で食べるのもいい!


トッピングされた具の豚肩ロースの細切りされたレアチャーシューメンマ味玉ハーフは、何れも美味しくいただけてよかった。

ただ、肉味噌の味わいが強くて、食べ進めるうちに少しくどく感じてくるので!
「ジャージャー麺」には定番の細切りされた胡瓜があるとよかったかもしれない。

2/3ほど食べてから、清水店主にスープをお願いすると
今日は「鶏豚」スープの日で、鶏と豚骨と野菜で出汁をとった濃厚なスープが注がれた!

麺屋 清水【四】-9

しかし、肉味噌の甘辛の味わいが強すぎて、味わいは変わらず
アイデアはよかったと思うけど(汗)

こちらの店のおすすめは、やっぱり「つけ麺」だけど!
たまに食べるなら、こんなスープオフの1杯もいい♪


ご馳走さまでした。

麺屋 清水【四】-10

PS こちら『麺屋 清水』の兄弟子の店『つけ麺 目黒屋』が、今秋、東京・新宿歌舞伎町で開催される「大つけ麺博」にエントリー♪

大つけ麺博 日本一決定戦2

本線出場を目指しているので!
下記URLから入って、ポチッと投票のほど、よろしくお願いしますm(__)m



http://dai-tsukemen-haku.com/

THE 50TH 改
THE 50TH 改

メニュー:らーめん(200g)
魚介 らーめん…700円/特製魚介 らーめん…900円
鶏豚 らーめん…700円/特製鶏豚 らーめん…900円
魚介 小らーめん(160g)…650円/鶏豚 小らーめん(160g)…650円

つけめん(260g)
魚介 つけめん…750円/特製魚介 つけめん…950円
鶏豚 つけめん…750円/特製鶏豚 つけめん…950円
魚介 小つけめん(160g)…700円/鶏豚 小つけめん(160g)…700円

限定メニュー
中華そば(数量限定)…700円/塩そば(数量限定)…700円/油そば…800円

中盛(+50g)…50円/大盛(+100g)…100円/特盛(+200g)…200円
替え玉(100g)…100円


麺屋 清水




関連ランキング:ラーメン | 小岩駅京成小岩駅



好み度:油そばstar_s35.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m