訪問日:2015年2月5日(木)

麺屋 かぞく亭【弐】-1

本日のランチも、昨夜に続いて『麺屋 かぞく亭』で!

昨夜は、この地域の食べログNo.1店のこちらの店で!
店イチオシの「濃厚鶏白湯」のラーメンをいただいた。


スープは、なかなか美味しい濃厚な鶏白湯スープだとは思ったけど
このスープに合わせられた切刃26番と思われる麺が、完全にスープに負けてしまって、もう一つに感じられてしまったのが(汗)

でも、このスープを「つけ麺」で!
太麺を、この濃厚鶏白湯のつけ汁につけて食べたら、美味しいんじゃないかと思ったので


これを食べようかとも思ったんだけど
ただ、こちらの店には、この濃厚鶏白湯スープの他に、「魚介そば」用の清湯スープが用意されていて!

「濃厚鶏白湯」と「魚介そば」の2つのスープをブレンドした「鶏そば」というメニューもあって!
この「鶏そば」は、基本は、醤油と塩ラーメンになるんだけど


今は、「味噌鶏そば」という期間限定があって!
ラーメンブロガーは皆、大概、限定という言葉には弱いので
(汗)

麺屋 かぞく亭-5

「つけ麺」か「味噌鶏そば」を食べるか迷いながら、店へとやってきた。
なお、今日は同行者がいて!


その同行者の車で、12時40分過ぎに店の前きたところ
店の前の駐車場は、ほぼ、満車状態!

ただし、辛うじて一つだけ駐車スペースが空いていて
車を停めることができたのはよかった!

入店すると
昨夜とは違って、たくさんのお客さんが入っていた!

空いていた一番奥の小上がりの席へとつくと
同行者がどれがおすすめなのか聞いてきたので、簡単にメニュー説明を行った。

主な麺メニューは、「濃厚鶏白湯」、「鶏そば」、「魚介そば」、「つけ麺」の4種類で!
それぞれに、醤油味と塩味が用意されていること!


さらに、「鶏そば」には、季節限定の「味噌鶏そば」があること!
そして、「濃厚鶏白湯」と「つけ麺」が「こってり」系で、「魚介そば」は、「あっさり」系!


「鶏そば」は、「濃厚鶏白湯」と「魚介そば」の2つのスープをブレンドしたスープで!
「こってり」と「あっさり」の中間の味わいのラーメンだと説明すると


「醤油味のつけ麺にします。」と言うので!
私は「味噌鶏そば」にすることに決定!


麺屋 かぞく亭【弐】-2

なお、昨夜は、店主1人で営業していたけど
今日は女性スタッフの人がいて!

その女性スタッフの人から注文を聞かれて
同行者は「つけ麺」を醤油味で!

さらに、鶏の唐揚げ2個と小ごはんがプラス200円でいただける、お得な平日限定のランチセットでオーダー!
私は「味噌鶏そば」を単品で注文!


麺屋 かぞく亭【弐】-3

そうして、少し時間がかかって、まず、運ばれてきたのが
同行者の「つけ麺醤油味

麺屋 かぞく亭【弐】-5

そこで、同行者に少し、麺をもらって、そのまま、麺だけを食べて
さらに、つけ汁につけて食べてみたんだけど

「麺屋 棣鄂」の平打ちの太ストレート麺は、麺の風味もそれなりに感じられる麺で!
小麦粉のうま味も感じられたのがよかったし♪


麺屋 かぞく亭【弐】-9

モッチモチの食感の麺で!
適度に濃厚な鶏白湯スープと、いい感じで絡んでくれたのもよかったし!


やっぱり、「濃厚鶏白湯」のラーメンで食べるより「つけ麺」で食べる方が正解だと思ったし!
「濃厚鶏白湯」のラーメンで食べるなら、超低加水の極細麺ではなく、切刃18番以上の中太麺で加水率の高い麺だったら、ずいぶんと印象が違うような気がするんだけど


そうして、「つけ麺」に遅れて供された「味噌鶏そば」は、炙りチャーシューに、もやし、コーンの載る!
味噌ラーメンらしいビジュアルのラーメン!


麺屋 かぞく亭【弐】-6麺屋 かぞく亭【弐】-7

さっそく、スープをいただくと
濃くも薄くもない粘度の鶏白湯魚介スープで!

まず、芳醇な味噌の風味がよかったし!
そして、強い味噌スープの中にあって、鶏のうま味も鰹や鯖節、煮干し等の魚介のうま味も、しっかりと感じられるのが、とてもよかった♪


個人的には、店おすすめの、昨夜の濃厚鶏白湯より、このスープの方が好きだな♪
この味噌スープをいただいて、醤油味か塩味の「鶏そば」を食べてみたくなった!


そして、麺は、昨夜の極細ストレート麺ではなく
なぜか、「つけ麺」用に使われていた平打ちの太ストレート麺が合わせられていたんだけど

麺屋 かぞく亭【弐】-8

ちょっと、麺が勝ってしまっているようにも感じられたけど
でも、極細ストレートの低加水麺よりは、この平打ち太ストレートの多加水麺の方が、ぜんぜんよかった!

トッピングされた炙りチャーシューも、もやしも、コーンもスープに合っていてよかったと思うし!
昨夜からいただいた3つのメニュー中たでは、一番の好みだったかな♪


美味しかったし♪
塩分濃度も、そう高くないように感じられて!


味噌スープなのに、スープもすべて飲み干して完食!
ご馳走さまでした。

PS 帰りがけに会計しながら、店主と少し話をさせてもらったところ…
店主は、奈良の『ラーメン家 みつ葉」『麺屋 NOROMA』に勉強のために食べに行っているなんて話しをしていたけど


店主は、さらに美味しくスープをブラッシュアップしてくれると思うので!
また、伊賀に来たら寄らせてもらいます。


麺屋 かぞく亭【弐】-10

メニュー:濃厚鶏白湯
醤油…780円/塩…780円
味玉入り…880円/肉まし…980円/ましまし(味玉・肉まし)…1030円

鶏そば
醤油…700円/塩…700円
味玉入り…800円/肉まし…900円/ましまし(味玉・肉まし)…950円

魚介そば
醤油…700円/塩…700円
味玉入り…800円/肉まし…900円/ましまし(味玉・肉まし)…950円

※らーめんは大盛りにはできません。
替え玉(細麺のみ)…150円

【冬季限定】味噌鶏そば…800円
トッピング
にんにく…100円/バター…100円/味玉…100円/メンマ…100円/ブラック…100円/肉まし…200円/ましまし…250円/全部のせ…450円/麺大盛り…+100円

つけ麺
並盛’200g)…850円
味玉入り…950円/肉まし…1050円/ましまし(味玉・肉まし)…1100円

大盛(300g)…+100円/特盛(400g)…+200円

一品
焼き餃子(6ケ)…350円/揚げ餃子(6ケ)…350円
鶏のから揚げ 3ケ…320円/5ケ…520円

ごはんもの
ごはん(伊賀米こしひかり使用)
小…100円/中…150円/大…200円

玉子かけごはん…300円

チャーシューごはん
小…350円/大…500円


かぞく亭

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 桑町駅



好み度:味噌鶏そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2015年2月4日(水)

伊賀らーめん 文雅堂-1

今夜、伊賀流忍者の里である三重県の伊賀上野入りして、1軒目に『麺屋 かぞく亭』で、醤油味の「濃厚鶏白湯」をいただいて!
2軒目に向かったのが伊賀らーめん 文雅堂


こちらは、今夜、宿泊する上野シティホテルからも近い幹線道路沿いにある店で!
事前に調べて、こちらの店で、ご当地名物の伊賀牛がトッピングされた「伊賀牛ラーメン」が提供されているのを知っていたので!

この「伊賀牛ラーメン」狙いで、『麺屋 かぞく亭』からホテルへの帰り道に寄ってみることにした。
店に着いたのは、夜の8時を少し回った時刻。


入店すると
お客さんはテーブル席に1組だけ

やっぱり、この地は夜が早いのかな
帰る途中にも、結構、この時間でも閉店している店が散見されたので

カウンター席について、メニューを見て!
すかさず、スタッフの女子に、お目当ての「伊賀牛ラーメン」を注文すると


伊賀らーめん 文雅堂-2

「すいません、今日は、もう終わっちゃったんですよ。」
「7時までだったら、いつも仕入れているお肉屋さんに買いに行くことができたんですけど…」


そんな事情があったとは
地方都市は、夜が早いので、本当、注意しないといけないね

そこで、では、こちらの店の屋号が冠された「文雅ラーメン」にしようかと思ったんだけど
気になるメニューを発見!

伊賀らーめん 文雅堂-3伊賀らーめん 文雅堂-4

それは、特製極太麺を宗田節、鯖節などの魚介類をじっくり煮込んだという「つけ麺 魚」!
「つけ麺」には、もう一つ「つけ麺 豚」という豚骨ととまとのつけ麺があって!


こちらの方が、ブログネタとしては面白そうだったけど!
何となく、外すような気がして、オーソドックスな方をチョイス
(笑)

伊賀らーめん 文雅堂-6

「つけ麺 魚」をスタッフの女子に注文すると
冷たい麺と温かい麺が選べるというので

基本、私は、つけ麺は「あつもり」では食べない人なので
迷わず、冷たい麺を選択したんだけど!

後から、メニューを見直したところ、「あつもり」にすると、何かの仕掛けがあったみたいで!
よく見てから注文するべきだったかなとプチ反省


伊賀らーめん 文雅堂-7

そうして、麺を茹でるのに少し時間を要して
「つけ麺 魚」がスタッフの女子の手によって運ばれてきた。

伊賀らーめん 文雅堂-8伊賀らーめん 文雅堂-9伊賀らーめん 文雅堂-10伊賀らーめん 文雅堂-11

麺は、全粒粉が配合された平打ち気味の極太縮れ麺で!
麺をまず、口に放り込んだところ


思ったよりは、小麦が香らない
でも、噛むと、弾力があって、モチモチとした食感の麺だったのはよかった♪

次に、つけ汁につけて食べてみると
サラッとした粘度のない豚骨魚介と思われるつけ汁で!

豚や鶏の動物系はほとんど感じられずに
目近(宗田鰹)や鯖の節の魚介の味わいが強い!

それと、感じられるのは昆布で!
つけ汁自体は淡麗な味わいだけど、ラードと思われる香油が、さっぱりとしたつけ汁にこってり感をプラスしていた!


なお、麺が太いので、つけ汁との絡みはもう一つなのかなと思ったけど
つけ汁の味付けが濃いめで、塩分も高めだったこと!

そして、結構、香油がオイリーだったこともあって
麺が、つけ汁に程よく絡んでくれたのはよかったけど

ただ、香油がちょっとオイリー過ぎたのが気になったし
できれば、香油ではなく、動物系出汁で、こってり感を出してほしかったかな

トッピングされた具のチャーシューは、トロットロにやわらかくて!
なかなかの美味しさ♪


味玉は、半熟の茹で玉子という感じだったけど、デフォルトで入っていたものだったから不満はないし
そして、シャキシャキのした食感の白髪ネギもいい感じでよかったし!

伊賀らーめん 文雅堂-12

最後に、なぜか、「つけ麺」が着丼した後に、すぐに出された小さなポットに入った割りスープを
セルフでつけ汁に割り入れて

スープ割りを作ってみたところ
つけ汁が温かくなって、飲みやすくなってよかったけど

伊賀らーめん 文雅堂-13

全体的には、普通に美味しいつけ麺という印象で
でも、わざわざ、この伊賀の里まで来て、食べるものでもなかったかな(汗)

やっぱり、「文雅ラーメン」にするべきだったかな
あるいは、アニメの忍者の名前が冠された「かげ」、「白かげ」にすべきだったかもしれないけど

「伊賀牛ラーメン」が食べられなかったのが痛手だったな
ご馳走さまでした。

伊賀らーめん 文雅堂-14

PS ホテルへ帰ると、朝食メニューに「伊賀プレミアム朝食♪伊賀牛の朝ひつまぶし♪」があることを知って、今夜のリベンジもあって、すぐに予約!
翌朝、ホテル1階にあるレストランでいただいた!


伊賀らーめん 文雅堂-15伊賀らーめん 文雅堂-16伊賀らーめん 文雅堂-17伊賀らーめん 文雅堂-18

食べ方は「鰻のひつまぶし」同様!

伊賀らーめん 文雅堂-20

1杯目はそのまま、
2杯目はみょうがやネギの薬味で。
3杯目は特製出汁でさらさらと。


伊賀らーめん 文雅堂-19伊賀らーめん 文雅堂-21伊賀らーめん 文雅堂-22伊賀らーめん 文雅堂-23

伊賀牛は上品な味付けで!
さっぱりといただけて!


伊賀米コシヒカリの炊きたてご飯も味噌汁もお漬物にも美味しくて!
コーヒー・紅茶・野菜ジュースフリードリンクサービスだったのもよかった♪


この伊賀の里にお泊まりの際は、こちら上野シティホテルで!
この「伊賀牛の朝ひつまぶし♪」の朝食付きのお得なプランもありますので、おすすめです♪


伊賀らーめん 文雅堂-24伊賀らーめん 文雅堂-25

メニュー:らーめん…680円/文雅堂らーめん…780円/ちゃーしゅーめん…1030円

伊賀牛らーめん…1280円/伊賀牛ちゃーしゅーめん…1680円

赤かげらーめん…880円/赤かげちゃーしゅーめん…1230円
白かげらーめん…880円/白かげちゃーしゅーめん…1230円
黒にんらーめん…880円/黒にんちゃーしゅーめん…1230円

大盛り…100円/替え玉…150円

つけ麺 魚…930円
大盛…1080円/特盛…1230円

つけ麺 豚…930円
大盛…1080円/特盛…1230円

トッピング
半熟煮たまご…100円/ちゃーしゅー…380円/青ねぎ…100円/白ねぎ…100円

ぎょうざ…300円
ミニちゃーはん…350円/ごはん 小…100円/中…150円/大…200円


文雅堂

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 茅町駅広小路駅上野市駅



好み度:つけ麺 魚star_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2015年2月4日(水)

麺屋 かぞく亭-1

今夜は、三重県の伊賀上野泊まり!
ホテルにチェックインして、向かったのは『麺屋 かぞく亭』!


ホテルから店までは、かなり離れていて!
伊賀鉄道に乗って行く予定だったんだけど


次の電車まで、まだ、30分以上時間があったので
歩いて行くことに

麺屋 かぞく亭-2

そうして、18分以上歩いて店の前までやって来たのは夜の19時15分になる時刻。
しかし、店の看板には、『居酒屋・お食事処 かぞく亭』とあって


居酒屋からラーメン屋に転身した店なんだろうか
入店すると…

入った左手に3卓ほどあった掘り炬燵のテーブル席の、真ん中の1卓にお客さんが2人!
右側にあるカウンター席へと向って、歩いてくると、その奥の厨房から店主が出てきた。


席について、メニューを見ると
麺メニューは、「濃厚鶏白湯」、「鶏そば」、「魚介そば」、「つけ麺」とあって!

麺屋 かぞく亭-3麺屋 かぞく亭-4

それぞれに、醤油と塩の品揃えがされていて!
さらに、季節限定の「味噌そば」もあった!


麺屋 かぞく亭-5

メニュー先頭が「濃厚鶏白湯」になっていて!
たぶん、これがおすすめなんだろうけど!


「鶏そば」に「魚介そば」の多分、どちらも清湯スープだと思われるラーメンも気になったし!
「味噌そば」も気になったので


店主に、それぞれのラーメンの違いとおすすめを聞いてみたところ
「濃厚鶏白湯」と動物系を使っていない魚介だけでスープをとった「魚介そば」が基本で!

「鶏そば」は、その2つのスープをブレンドしたスープだと話してくれた。
さらに、「味噌そば」は、「鶏そば」の味噌バージョンだとも教えてくれて


この中で、おすすめなのは、やはり、予想通り「濃厚鶏白湯」!
そして、醤油と塩ではどちらがいいかと、重ねて聞くと


醤油がおすすめだというので
注文は「濃厚鶏白湯」の醤油にすることに!

そうして、少し、待つうちに、完成した「濃厚鶏白湯」の醤油ラーメンが運ばれてきた。
大きめの炙りチャーシューに水菜、プチトマト、薄くスライスされたアーリーレッド(紫玉ねぎ)、海苔が載る美しいビジュアルのラーメン!

麺屋 かぞく亭-6麺屋 かぞく亭-7

まずは、淡褐色したスープをいただくと
「濃厚」と命名された鶏白湯のスープは、名前通りの濃厚な鶏白湯スープではなかったけど

モミジで適度にトロミの付けられたスープは、鶏のうま味と野菜の甘味が感じられて美味しい♪
ただ、無化調だからか、やや、スープの輪郭が、ボンヤリしてるようにも感じられた。


麺は、なぜか、切刃26番に見える極細ストレート麺が合わされていて
しかし、茹で加減は、やや、やわらかめ

麺屋 かぞく亭-8

個人的には、あまり、好みの麺ではなかったし
それに、仮にカタめに茹でられたからといって、このスープに合っているとは思えなかった。

なぜ、極細麺にこだわるのか
このスープなら、もっと太い、中太ストレートの麺の方が合うような気がするんだけどね

炙りチャーシューは香ばしくて!
肉のうま味もあって美味しかったし♪


極太メンマは、外はコリッ!
中はサクッの、とても食感のいいメンマでよかった!


プチトマトは、なくてもいいとは思ったけど、彩り的にはよかったし!
アーリーレッドの甘味とシャキシャキとした食感もよかった!


スープは、美味しいけど、もう少し、鶏のうま味があるといいような気もしたけど
これを、ラーメンではなく、「つけ麺」で食べたらどうか!?

麺が太麺になって、つけ汁が濃くなれば
美味しくいただけるような気がしたんだけど

また、明日、時間があったら、来て、「つけ麺」を食べてみようかな!
ご馳走さまでした。

麺屋 かぞく亭-9麺屋 かぞく亭-10

メニュー:濃厚鶏白湯
醤油…780円/塩…780円
味玉入り…880円/肉まし…980円/ましまし(味玉・肉まし)…1030円

鶏そば
醤油…700円/塩…700円
味玉入り…800円/肉まし…900円/ましまし(味玉・肉まし)…950円

魚介そば
醤油…700円/塩…700円
味玉入り…800円/肉まし…900円/ましまし(味玉・肉まし)…950円

※らーめんは大盛りにはできません。
替え玉(細麺のみ)…150円

つけ麺
並盛’200g)…850円
味玉入り…950円/肉まし…1050円/ましまし(味玉・肉まし)…1100円

大盛(300g)…+100円/特盛(400g)…+200円

一品
焼き餃子(6ケ)…350円/揚げ餃子(6ケ)…350円
鶏のから揚げ 3ケ…320円/5ケ…520円

ごはんもの
ごはん(伊賀米こしひかり使用)
小…100円/中…150円/大…200円

玉子かけごはん…300円

チャーシューごはん
小…350円/大…500円


かぞく亭

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 桑町駅



好み度:濃厚鶏白湯star_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2014年4月10日(木)

menkou ともや-1

『らーめん 鉢ノ葦葉』を出て四日市駅まで戻って!
次に私が向かったのは、鈴鹿市にあるmenkou ともや


2011年4月1日オープンの店で、『京都千丸 しゃかりき』出身の店主が、地元・三重で独立開業した店!
2012年開催の「大つけ麺博」にも出場経験あり!


『麺や 青雲志』とともに、三重県の行きたい店リストに入っていた店で!
今夜、ようやく訪問することができた!


近鉄名古屋線の各駅電車しか停車しない鼓ヶ浦駅で下車して、暗闇の中を歩いて
幹線道路の「伊勢街道」沿いにある店にやっってきたのは、夜の7時20分近い時刻。

店へと入っていくと
「いらっしゃいませ!」の返事もなく

また、店内が黒のインテリアで統一されていたこともあって、めっちゃ暗くて
ファーストインプレッションは、あまりいいものではなかった

厨房には、スタッフの人が1人で
お客さんは、疎らで、こちらも、食べログの三重県のラーメンランキング上位の店にしては寂しい。

とりあえず、空いていた席につくと
スタッフの人から、即、注文を聞かれたので

ここに来るまでに、あらかじめ決めておいた「煮干しそば」を注文すると
やっていないという。

そこで、急いでメニューを見て、確認してみたんだけど
確かに、「らぁめん」メニューの中には「煮干しそば」はなく、他に「煮干し」を使ったメニューもなかった。

menkou ともや-3

そこで、「大つけ麺博」に出たくらいの店だから、「らぁめん」よりは「つけそば」なのだろうと思って
メニューを見ると

おすすめの「濃厚魚介」が写真付きでデカデカと主張!
「東京レトロ醤油」、「松阪牛骨の塩」に、「ニンニク馬鹿」、「田舎のおばあちゃんの卵とじ」等、全10種類もの「つけそば」があって迷う


menkou ともや-2

ただ、メニューを見ていて思ったのは
800円の「濃厚魚介」つけそばを除けば、他の「つけそば」の価格は、900円から1000円!

「創作つけそば」だから、それくらいしても当然!
店では、そう考えて値付けしているのかもしれないけど


いい値段に感じてしまったのは、私だけだろうか
この価格で、地元のお客さんが納得して食べているのなら、とやかく言うことではないのかもしれないけど

そんなことを考えていたところ
目に飛び込んできたのが、壁に貼られた4月限定メニュー「海老白湯つけ麺」

menkou ともや-4

それと、卓上にあった!
平日夜限定の「極厚炙りチャーシュー牛香ル ジャンクまぜそば」のPOP!


menkou ともや-5

限定ハンターのひろさんほどではないけど、ひろさん同様、「限定」という言葉に弱い私(汗)
「平日夜限定」の言葉には、めっちゃ惹かれたけど

ただ、「まぜそば」なので
私は、基本「ラーメン」、押さえは「つけ麺」で、「まぜそば」、「和えそば」等の「汁なし」は、あまり食べない人なので(汗)

そこで、注文は、4月限定の「海老白湯つけ麺」に決定!
注文を終えると、黙って、奥に引っ込むスタッフ


そして、その厨房の奥のスペースに居たのは
店の表のイラストとは、ちょっと違っていたけど、間違いなく、本人とわかる店主が居た。

そして、その店主によって作られた「海老白湯つけ麺」が!
スタッフの人の手によって着丼!


menkou ともや-6menkou ともや-7

大量の桜海老が泳ぐつけ汁からは、強烈な海老の香りが!
でも、海老の風味は嫌いじゃなので、ぜんぜん問題なし!


ただ、このつけ汁!
「海老白湯」ということだったけど、鶏白湯魚介の「濃厚魚介つけそば」に桜海老を浮かべただけなのだろうか
!?

まずは、つけ汁に麺をつけて食べる前に、麺だけを食べて、麺のうま味を感じてみる。
京都のカリスマ製麺所「麺屋 棣鄂(ていがく)」の太ストレートの麺は、モッチモチの食感の多加水麺で!

小麦粉の風味は強くはなかったけど、うま味は感じられてよかったし!
コシがあって、のど越しのよさもあって、よかった♪


次に、つけ汁につけていただいてみると
海老!海老!海老!

海老の風味がハンパなくて!
海老好きには、たまらない味わい♪


単に鶏白湯魚介に桜海老を浮かべただけでは無く
たぶん、鶏白湯魚介のスープに海老の出汁も加えているとは思うけど

ただ、限定として出すなら、もっと海老中心にして、エビの殻を炒めてアメリケーヌソースにするとかしないと
これでは、芸がないような(汗)

それでも、味は悪くないから、麺をすべて完食して!
スタッフの人にスープ割りをお願いしたところ


卓上にあったポットが差し出されたので
それで、割ってみたんだけど

まず、このスープが生姜味のスープで、つけ汁と合わない
それに、割りスープがぬるい

menkou ともや-9

これでは、仮に美味しいスープだったとしても
スープ割りは、一口飲んだだけで、席を立った。

menkou ともや-10

メニュー:つけそば
濃厚魚介…800円/東京レトロ醤油…900円/松阪牛骨の塩…900円/自家製ラー油の担々…950円/チーズチキンカレー…1000円/濃厚辛みそ…950円/ニンニク馬鹿…950円/田舎のおばあちゃんの卵とじ…900円/BUSHI 120…950円/チーズチキントマト…1000円

大盛り…100円/特盛り…200円

らぁめん
鶏そばエスプレッソ…円/鶏コクブラック…円/やみつき肉そば…円/塩ラーメン…円
大盛り…100円

まぜそば
肉盛りまぜそば…850円
大盛り…100円

トッピング
味卵…100円/低温調理の鶏ハム…100円/あぶりチャーシュー3枚…250円/グリルチキン…250円/全部…700円

【4月限定】海老白湯つけ麺…950円
【平日夜のみ限定】極厚炙りチャーシュー牛香ル ジャンクまぜそば…円/…円/…円


メンコウ ともや

夜総合点★★☆☆☆ 2.5



関連ランキング:ラーメン | 鼓ケ浦駅白子駅



好み度:海老白湯つけ麺star_s25.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2014年4月10日(木)

らーめん 鉢ノ葦葉-1

本日、私がやっていたのは、三重県の四日市!
そして、近鉄名古屋線の四日市駅で下車して向かったのが、かつては食べログ三重県のラーメンランキング1位に輝き、今でも上位に入る『らーめん 葦葉
(はちのあしは)』!

らーめん 鉢ノ葦葉-2

地図を頼りに店の前までやって来ると
あれっ、看板はあったけど、店は何処にあるの!?

らーめん 鉢ノ葦葉-3

店は、この看板の左奥にあるビルの奥の
わかりにくに場所にあった。

夜の開店時間まであと10分ある17時50分すぎに到着。
店の前で佇んでいると


ガラッと店の前の引戸が開いて
「どうぞ中へ♪」

女性スタッフに呼ばれて!
店の中の中待ち合いの椅子に座って開店を待つ。


そうして、定刻18時になると!
暖簾が掛かって、開店!


開店時には、もう1人、お客さんが入店してきたけど
三重県のラーメンランキング上位の店の割には、お客さんが少ない印象。

この後、帰るまでに、ポツポツとお客さんが入店してきたものの
行列のできる店との情報だったのに、肩透かしを食らった感じ(汗)

カウンター席の一番奥の席につくよう言われて、その通りに従って
メニューにお勧めと書かれた「塩」ラーメンを注文!

らーめん 鉢ノ葦葉-4

この「塩」ラーメンは、こちらの店の代表メニューで、国産小麦自家製麺と塩味の無化調あっさりスープの塩ラーメンだとか!
期待して、出来上がりを待つ。


そうして、待つこと3分ほどで着丼した「塩」ラーメンは、澄んだスープに焦がしネギが浮かび!
焼豚、メンマ、海苔に載るラーメン。


らーめん 鉢ノ葦葉-5らーめん 鉢ノ葦葉-6

まずは、油少なめの黄金色したスープをいただくと
どこかで、飲んだことのあるスープの味わい!?

らーめん 鉢ノ葦葉-7

そうだ、名古屋の栄で食べた『麺屋 一龍』だ!
というか、これ、『寿がきや』じゃない!

無化調の『寿がきや』!?
『寿がきや』は名古屋では受けているし!

こういう味わいが三重県でも受けるのだろうか
思った味わいとは、ずいぶんと違う味わいで、いきなり、戸惑ってしまった

出汁は、秋刀魚節からとっているのかな
それと白口煮干しの魚介に鶏のうま味も、じんわりと感じられる

淡麗で円やかな味わいの鶏ガラ魚介の塩味のスープで!
それなりに、コクもあっていいとは思うけど!


ちょっと、塩分強めだったし
そんなに、好みの味わいではなかったかな

麺は自家製の中細ストレート麺で!
ツルツルのなめらかな口当たりの、冷麦を食べているような食感の麺で!


らーめん 鉢ノ葦葉-8

茹で加減が、若干、やわめだったのかもしれないけど
コシが弱く感じられて、もう一つに感じられてしまった

チャーシューは、ローストして、スモークした焼豚のようで!
香ばしくて、ジューシーな肉のうま味をよく感じられるチャーシューで、めっちゃ美味しい♪


コリコリとした食感の淡い味付けのメンマも美味しくてよかった♪!
さらに、焦がしネギも悪くなかった!


往々にして、あっさりとしたスープにインパクトを付けようとして入れられることが多いけど、スープの邪魔をすることも多いので、今回もどうかなと思ったんだけど
こちらのスープは香油が少なめだったので、アクセントとして効いていてよかったとは思ったけど

ただ、関西の麺友からは、三重県で淡麗系と言えば真っ先に名前が挙がる店と聞けど
私の口には、あまり、合わなかったかな(汗)

らーめん 鉢ノ葦葉-9らーめん 鉢ノ葦葉-10

メニュー:塩…730円/醤油…730円
特製塩…980円/特製醤油…980円

梅しそ塩…800円/梅しそ増し…100円
塩台湾…850円/台湾ミンチ増し…100円

麺量140g/小盛(100g)…80円引き/大盛(200g)…無料/特盛(280g+スープ、具増量)…200円

つけ麺…800円/特製つけ麺…980円/台湾つけ麺…880円

麺量200g・300g同額
それ以降100gにつき100円で増量可能

1/2のラーメン(お子様限定)…420円

トッピング
半熟煮玉子…100円/メンマ…円/くんたま(限定)…円/海苔(2種)…100円/焼豚…150円

ご飯もの
ごはん(少・普・大)…100円

焼豚丼/おかか御飯…円/旨辛台湾
小…300円/中…400円/大…500円


鉢ノ葦葉

夜総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:ラーメン | 近鉄四日市駅赤堀駅中川原駅



好み度:塩star_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m