訪問日:2017年7月11日(火)

麺処 ほん田【壱八】-1

本日7月11日はラーメンの日

そんな日に私が向かったのは、今夜、煮干しラーメンイベントを開催して、『麺処 ゆう樹』(?)として特別営業する『麺処 ほん田』!

「11日の火曜日の夜営業で煮干しラーメン作ります。」
「伊吹の三村さんに教えていただいたことと自分の培った技術をMIXして美味しいラーメンを作りたいと思います。」


「夜18:30から70食くらい。」
「通常メニューはやりません。」


7月9日の深夜に更新された『麺処 ほん田』の本田裕樹店主のブログ
先月の22日に店を休業して、1日、『中華ソバ 伊吹』の厨房に入って煮干しの勉強をしてきた本田店主


早くも、その成果を試す場を設けてきた。
これは、絶対に行かないと!


そう思って、就業のチャイムが鳴ったと同時にダッシュして、東十条へと向かう!
しかし、向かう電車の中でTwitterを見ていると


17時40分到着で41人待ち!
17時48分で45人待ちで、残り20杯とツイートしているツイ友を発見!


マジで((((゜д゜;))))
ヤバい(汗)

間に合わないかも
その後、17時54分にツイ友から53人待ちと連絡があって!

東十条駅で下車して、坂を下りおりて、店の前にやってきたのは6時9分!
すると、店の左脇の道路に沿って、長蛇の列ができていた。


麺処 ほん田【壱八】-2

ただ、報告のあった17時54分からは、15分を経過していているにもかかわらず、58人待ちと
行列はそう延びずにいてくれた

よかった♪
間に合って


当初は70食と告知していた数量も、仕上げに追い煮干しでもしたからか!?
先ほどの本田店主のTwitterによると、65食に減っていたので

これで、店の前まできて、もし、ギリでアウトなんてことになってしまったら
立ち直れないほどの大打撃を受けていたかもしれないので

そして、途中、知った顔の某ラーメン店のスタッフや!
『麺処 ほん田』と『中華ソバ 伊吹』のご常連のお客さんと挨拶しながら、59番目に接続!


すると、そこにやってきたのは
レジェンド・タカさん!

なぜか、この方とは、よく、こうして、いろいろなラーメン店でお会いする機会が多い!
しかも、こうして、待ち合わせしたわけでもないのに、前後で並んで待つことが、過去に何度もある
(笑)

でも、彼が来てくれたおかげで、この後、長い間待って
ラーメンが出てくるまでは、2時間12分を費やすことになったのに

ずっと、おしゃべりしていたので!
退屈せずに過ごせてよかった♪


タカさん!
アザっす♪


なお、この後、何度も外に出てきては、お客さんの並びを確認していたスタッフの川久保さんが
「こちらのお客さままでです。」

そんな声が後ろから聞こえてきて
数を数えると、後ろに、タカさんを含めた8人のお客さんがいたので!

67番目までのお客さんが食べられることになったわけだけど
ただ今の時刻は18時15分

イベントとはいえ、平日の
しかも、夜の開店時間の15分前に67人ものお客さんを行列させる『麺処 ほん田』の人気はスゴい♪

そうして、ようやく順番がきて、入店すると
厨房には本田店主に、応援を買って出て、厨房に入っていた『麺処 晴』の大城店主の姿もあった。

麺処 ほん田【壱八】-3

まずは、券売機で「四季の限定」750円の食券を買って席へ!
そして、食券の上に350円を置いて、本日のメインディッシュである「濃密煮干しそば」の他に「和え玉」と「煮干し茶漬け」も付けて、フルセットでオーダーすることに♪


麺処 ほん田【壱八】-4麺処 ほん田【壱八】-5

そうして、まず、供されたのが、本田店主によって作られた「濃密煮干しそば」は、『中華ソバ 伊吹』っぽいラーメン丼に細ストレート麺がキレイに盛りつけられて
豚バラ肉のロールチャーシューに、豚モモ肉の吊し焼き豚刻み玉ねぎ、海苔がトッピングされたラーメン!

麺処 ほん田【壱八】-6麺処 ほん田【壱八】-7

まずは、煮干しのフレーバー漂う琥珀色したスープをいただくと
「京紅地鶏の清湯をベースに煮干したくさん入れました。」と本田店主がTwitterでツイートしていたスープは…

麺処 ほん田【壱八】-8

煮干しがビシッと効かされた、淡麗なのに煮干しが濃厚な『伊吹』イズムを感じさせてくれるスープで!
本田店主のTwitterに添付されいた画像を見る限りは、煮干しは、いりこ、背黒、鯵の3種類が使われているみたいだったけど


いりこのうま味がよく出ていて♪
甘味が欲しかったからか
!?

鯵煮干しも使って!
さらに、煮干し特有のビターさも感じられるスープに仕上げてきていて


そして、ベースに使われた地鶏が、スープに厚みを与えていて
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪

このスープは、煮干しが苦手なお客さん以外は、皆、美味しいと感じるはずだし♪
そして、これは、私やタカさんのようなコアなニボラーまでも魅了するスープ♪


やっぱり、只者じゃない!
この本田裕樹という人は


1日『伊吹』の厨房で勉強しただけで、これだけクオリティの高い美味しい煮干しスープを作れてしまうのは
この才能には脱帽せざるを得ない。

ただ、少し気になったのがカエシ
芳醇で味わい深いカエシが使われてはいたんだけど

ちょっと、醤油辛いような
醤油の色合いと味わいからすると淡口醤油ベースのカエシみたいだけど

本田店主にカエシの量を聞いたら
『伊吹』といっしょで!

適量というか
一般的には、むしろ少なめだったので

高級な醤油を使っているからかな!?
煮干しラーメンの場合、やっぱり、安い濃口醤油と藻塩だけの方が、かえって合うのかもしれないね

でも、これで、カエシをスープとバッチリ合うものにしたら
東京はおろか全国でも有数の美味しい煮干しラーメンになる♪

麺は、『中華ソバ とみ田』の自社製麺である「心の味食品」謹製の細ストレート麺で!
24番に見える麺は、本田店主によると


22番の切刃を使って細出しした麺だそうで!
「このイベントのために、治さん(富田店主)にお願いして作ってもらいました。」という特注麺!


麺処 ほん田【壱八】-9

煮干しの定番麺のザクパツな食感ともちょっと違う
パツンという、パン用に使われる道産の強力粉で!

たぶん、加水率を31%くらいで仕上げると、こんな食感になるのかな!?
本田店主に聞いてみると

加水率は30%だと言っていたので、当たらずとも遠からずだと思われるけど
何ともいい食感の麺で!

それに、この麺!
茹でる前の生麺が目の前にあったので、匂いを嗅がせてもらったんだけど


麺処 ほん田【壱八】-10

めちゃめちゃ香り高い麺だったし♪
だいたい、こういう煮干しラーメンに合う中細ストレートの麺の場合


食感はよくても、美味しいと感じる麺は少ないと思うけど
この麺だけは違った。

もちろん、内麦のいい粉が使われているからだろうけど
それに、この鶏清湯煮干しスープに絡んで、コクうまのスープをいっぱい持ってきてくれて、より美味しくいただくことができたし♪

「心の味食品」といったら多加水麺というイメージがあったけど
こんなに煮干しスープに合った低加水麺(正確には、限りなく低加水麺に近い中加水麺)も作れるんだね♪

そして、トッピングされた2種のチャーシューは、どちらも絶品♪
まず、豚バラ肉のロールチャーシューは、箸で掴もうとすると、ほろっと崩れるほど、やわらかく煮込まれていて


厚みもあるのがよかったし!
肉のジューシーなうま味が十二分に味わえる美味しい煮豚だったし♪


麺処 ほん田【壱八】-11

豚モモ肉の吊し焼き豚は、薫り高くて♪
この薫りがたまらなくよくて!


そして、肉のうま味が中に閉じ込められた焼き豚で!
最高に美味しい♪


そして、麺を半分近く食べたところで、「和え玉」に「煮干し茶漬け」も作ってもらうよう本田店主にお願いしたところ
和え玉」に「煮干し茶漬け」も、麺を、もうすぐ食べ終わるタイミングで次々に着丼♪

麺処 ほん田【壱八】-12
麺処 ほん田【壱八】-13

まずは、「和え玉」から
サイコロチャーシュー刻み玉ねぎの具と麺を丼の底にあるカエシと香油によくまぜ合わせて、「和え麺」のようにしていただくと

やっぱり、やや、カエシが濃いめかな
香油も、少し、オイリーに感じられた。

でも、『伊吹』で、こうして、食べると、「和え麺」としていただくと
「和え麺」単体としては、やや、味も薄めで

単体で食べ進めるなら、お酢を入れたくなる。
ただ、これを「つけ麺」のようにして、残しておいたスープにつけていただくと、ちょうどいい感じになる♪


それに対して、これは、「和え麺」としては、味も濃いし、オイリーだから、このまま、美味しく食べられるので!
これはこれでありかな♪


ただ、「つけ麺」のようにして麺をスープにつけて食べたら、スープがさらに濃くなってしまったので
このまま、「和え麺」として完食!

そうして、最後は、「煮干し茶漬け」
ほぐしチャーシューに、あられ、刻み海苔、三つ葉が載せられたご飯の上から、残しておいたスープをかけていただくと


麺処 ほん田【壱八】-14

あられのカリッとした食感がたまらなくよくて!
カタメのご飯とスープとの相性もよくて、最後まで美味しく完食♪


しかし、初めて『中華ソバ 伊吹』の「淡麗中華ソバ」をリスペクトした煮干しラーメンを作って!
これだけのものが作れる本田店主はスゴい♪


もちろん、『伊吹』の三村店主の2人のお弟子さんの、しょーくんゆうきくんの店のものに比べると
特に大阪・大東市の『麺処 ゆうき』(『麺や 而今』が木・金の夜営業限定で、『伊吹』を忠実にリスペクトした煮干しラーメンを出すときの屋号)に比べてしまうと、再現性は、もちろん、低い。

でも、この一杯をいただいて、思ったことは
優れたラーメン職人が厨房に入れば、たった1日でも、これだけ、それらしい味わいのものを作れてしまうということ

そして、これをアレンジして、今日も、地鶏でベーススープを作ったり、吊し焼き豚をトッピングしたりして、オリジナル性も出してきたけど
これは、今夜限りのものなんだろうか

もし、今後も、これを続けるなら
もっと、再現性の高いものを目指すのか

それとも、これを参考に、『ほん田』らしい一杯を確立していくのか
たぶん、後者だとは思うけど

何れにしても、また、こんな煮干しラーメンイベントを、ぜひ、開催してください♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【壱八】-15

【7月11日】

濃密煮干しそば…750円

和え玉(味付き替え玉)…200円/煮干し茶漬け…150円



通常メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

【四季の限定】濃厚昆布水の淡麗つけ麺(醤油or塩)…950円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処 ほん田

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:濃密煮干しそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2017年6月9日(金)

麺処 ほん田【壱七】-1

本日のランチは、今年も四季の限定の「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」が始まった『麺処 ほん田』へ!

実は、この限定、4月から常連のお客さんなどに試験的に出されていたのをTwitterで見ていたんだけど
正式にリリースされるのを待っていた。

しかし、どうも、よくわからないうちに販売が始まってしまって
食べるタイミングを逸してしまった_| ̄|○

なので、何か近くに行く機会にでもと思っていたら、6月9日の69(ロック)の日に十条に行く用事ができて♪
そして、たまたま、Twitterを見ていたら、こんなツイートを発見!




SaRu
@sarumokikaraot4

麺処 ほん田
濃厚昆布水つけ麺 特盛

塩つけ醤油つけ
どちらも美味しいのに…私には選べない💦
なので大盛以上つけ汁おかわりサービスでどちらも食べます
おかわりつけ汁にもネギと焼豚が入る粋なご対応
藻塩、塩つけ、醤油つけ…どれも最幸

6/5(月)14時で5名様待ち


14:36 - 2017年6月5日



大盛以上だったら、つけ汁のおかわりサービスで塩も醤油も、どちらも食べられるって
マジッすか!?

いつもなら、つけ麺の場合、中盛の300gを食べるので!
そんなサービスがあるなら、大盛の400gいっちゃうか♪


というわけで、十条での用事をサッサと済ませて!
十条駅から埼京線で赤羽まで行って、京浜東北線に乗り換えて東十条に行くのも面倒なので


十条から店のある東十条まで、徒歩向かったんだけど
10分もかからずに店に着いてしまった。

この方が、ぜんぜん早いしし!
十条と東十条の店の連食も容易にできることがわかって、一挙両得♪


そうして、もうすぐ午後の2時になる時刻に店へとやってくると
店の外でお客さんが2人待っていたんだけど

さすが人気店♪
こんな時間でも流行ってる!


こちらの店の場合、先に食券を買ってから並ぶシステムなので!
まず、入店すると


今日も厨房には本田店主の姿があったんだけど
これだけの有名店になって、スタッフも多いと、店主不在という店も多いのに

『中華蕎麦 とみ田』の治さんと、こちら『麺処 ほん田の』祐樹くんは、オープン以来、ずっと、いつも厨房に立って、自らラーメンにつけ麺を作る!
そして、ラーメン店経営者ではなく、あくまで、ラーメン職人として、こうして接してくれるのが、とても嬉しい♪


そうして、本田店主に挨拶して、券売機で「四季の限定」の「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」の食券を購入して、再び、外へ!
すると、すぐに若い男性スタッフが裏口から出てきて、食券を回収すると


麺処 ほん田【壱七】-2麺処 ほん田【壱七】-3

「醤油と塩のどちらにされますか?」というので…
「どっちも♪」と言うと(笑)

「どちらかは、おかわりのつけ汁で注文いただきます。」というので!
「じゃあ、塩で!」と言って注文成立!

そうしているうちに、食べ終わったお客さんが次々と出てきて、スタッフの人から呼ばれて入店!
席について、本田店主にスタッフの川久保さんと話しをしながら待っていると


本田店主によって作られた「濃厚昆布水の淡麗つけ(塩)」が
「まずは、こちらの藻塩を昆布水に浸かった麺につけて、そして、つけ汁につけて、お召し上がりください。」という説明とともに供されたんだけど

麺処 ほん田【壱七】-4

まず、麺線が美しく整えて、盛りつけられているのがいいよね♪
この麺の盛りつけを見るだけで、これ、絶対に美味しいよねって思ってしまう


まずは、『中華蕎麦 とみ田』の製麺所でもある「心の味食品」謹製だという平打ち気味の中細ストレート麺を、箸で手繰って、何もつけずに麺だけをいただいてみると
小麦粉香る麺で、口の中に芳しい小麦粉の風味が広がるのがよくて♪

そして、つるもち食感の加水率高めの麺は、なめらかな口当たりの、つるっとした啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさもあって♪


噛めば、モチッとした弾力があって、しなやかなコシもある麺で!
そして、よく小麦粉のうま味が感じられるのがいい♪


次に、本田店主に言われた通り!
藻塩を少し麺の上に載せて、いただいてみると


麺処 ほん田【壱七】-5麺処 ほん田【壱七】-6

藻塩の塩味と甘味が加わって!
これだけでも美味しくいただける♪


そして、使われた昆布水が、しゃばくもなく
かといって、濃すぎもせずに、トロッとした、ちょうどいい粘度なのもよかったし♪

そうして、大きめにカットされた色紙切りされた多めのネギが浮く、黄金色したつけ汁に麺をつけていただくと
キレがあって、後味のいい塩ダレの味わいがバツグンによくて♪

鶏のうま味にゲンコツと思われる動物系の出汁のうま味も感じられて!
スープに厚みが感じられた♪


さらに、昆布と干し椎茸のうま味に背黒の煮干しのうま味!
鰹節、鯖節といった節のうま味も重ねられているようで
!?

さらに、香油に使われた鶏油が、このうま味いっぱいのつけ汁に、コクとうま味を与えてくれているのもよくて!
やっばり、塩清湯のつけ麺では私の中のNo.1♪


なお、つけ汁に入っていた豚バラ肉の吊し焼きチャーシュー豚肩ロースの低温調理されたレアチャーシューは、つけ汁の熱によって、変色してしまうのと
吊し焼きチャーシューの燻製の香りがつけ汁に移らないように、すぐに麺の上に上げて、先に食べてしまったんだけど

麺処 ほん田【壱七】-7

豚バラ肉の吊し焼きチャーシューは、めっちゃ香ばしくて!
うま味の詰まった、本当に美味しいチャーシューで♪


豚肩ロースの低温調理されたレアチャーシュー
味、食感とも最高峰にある絶品のレアチャーシューで♪

今日は麺400gの大盛にしたので、トッピングするのを控えたんだけど
どちらのチャーシューもやっぱり、トッピングしておくべきだったと後悔するほど(汗)

そして、細メンマのコリコリとした食感も!
小松菜のシャキシャキとした食感もとてもよかった♪


そうして、麺を半分ほど食べ終わったところで
まだ、つけ汁は結構、残っていたけど

醤油味にチェンジしたかったので、つけ汁をそのまま、グビグビと飲み干して(汗)
本田店主に、つけ汁のおかわりをお願いした!

そうして出された醤油味のつけ汁は、なんと、チャーシューに色紙切りされたネギまで入るものだったんだけど!
ちょっと、サービスよすぎなんじゃない
!?

麺処 ほん田【壱七】-8

さっそくつけ汁に麺をつけていただくと
まず、醤油のカエシの芳醇な香りがとてもよくて♪

こちらも、鶏とゲンコツと思われる動物系のうま味に!
昆布に干し椎茸、背黒、鰹節、鯖節などの乾物のうま味が感じられる、うま味一杯のつけ汁で!


この醤油味のつけ汁をいただいて、思ったのは
一昨年、昨年に続いて、今年も3年連続でいただいているけど、年々美味しく進化しているような

そして、スープも、もちろん、美味しく進化しているのもあるのだろうけど
カエシが香り高く、コク深い味わいになっていることが大きいと思う♪

今までは、『ほん田』といったら、私の中では「塩」というイメージが高かったけど!
今日、いただいた、この「醤油も」同じくらい美味しくて♪


そう言えば、本田店主!
昨年、『中華蕎麦 富田』の富田店主と和歌山に醤油蔵と和歌山ラーメンの食べ歩きに行って、『和 dining 清乃』にも寄って来たなんて話しをしていたけど


醤油の研究にも力を入れているようで!
これからこちらの店に来たら、塩と醤油のどちらをオーダーするか、迷ってしまいそう
(汗)

最後は、昆布水割りで〆て、完食したけど
お腹いっぱい!

でも、今日は、大盛にしたおかげで、塩も醤油もどちらのつけ麺もいただけて、大満足♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【壱七】-9

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

【四季の限定】濃厚昆布水の淡麗つけ麺(醤油or塩)…950円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処 ほん田

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:濃厚昆布水の淡麗つけ麺(塩)star_s50.gif
濃厚昆布水の淡麗つけ麺(醤油)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年3月24日(金)

麺処 ほん田【壱六】-1

本日のランチに向かったのは、東京・東十条にある元祖ラーメン王子こと本田店主の店『麺処 ほん田』!

2008年2月15日に弱冠21歳で『麺処 ほん田』を開業!
現在、都内に3店舗と埼玉県の大宮に1店舗を出店している本田店主!


麺処 ほん田【壱六】-2

本田店主のスゴいところは、経営者としてもとても忙しいはずなのに、開業以来、本店の厨房に立ち続けていること!
これは、『中華蕎麦 とみ田』の富田店主と共通するところだけど


謙虚にして驕らず、味のブラッシュアップに努め!
行列店のできる人気店にも関わらず、味のリニューアルも大胆に行ってきた。


そんな、本田店主が、『麺屋こうじ』グループのイベントで行ったタイで購入した材料で作る「タイカレーつけ麺」が提供されているという情報を今週の火曜日に知って!
金曜日に十条に行く用事があったので!


麺処 ほん田【壱六】-00麺処 ほん田【壱六】-0

ちょうどいい機会だったので!
開店30分前の11時を目指して出発!


11時になる時刻に店の前までやってくると
なぜか、暖簾が掛かっている。

あれ、まだ、開店まで30分以上あるというのに、おかしいな
と思いながら、入口の引戸を開けて入店すると

すでに営業しているようで、3人のお客さんが席についていた。
厨房には本田店主に男性スタッフの人が2人!


そして、私の顔の顔を見るなり
「あれっ!今日はどうしたんですか?」

恒例の本田店主からの軽い嫌み(笑)
本田店主の作る淡麗なラーメンに濃厚なつけ麺は、どちらも、とても好きなんだけど

基本、あまり同じ店で、同じラーメンにつけ麺は、食べない人で
新店や好みのラーメンを出す店の限定を追いかけているので

だから、2008年2月15日のオープンの日にポールで並んだ割りには、そんなに訪問回数も多くはないんだよね(汗)
それで、いつも来る度に、こうして、軽く嫌みを言われる(笑)

そこで
「タイカレーつけ麺食べにきました♪」と言うと…

「そんな、一期一会さんに、わざわざ食べていただくようなものではありません(笑)」なんて言うんだけど(汗)
そう言いながらも

「限定900円の食券を買ってください。」と言われて…
券売機で言われた通り「限定900円」の食券に「半ライス」の食券を購入して席へ。

麺処 ほん田【壱六】-3麺処 ほん田【壱六】-4

そうして、本田店主に
「開店時間、11時半じゃなかったでしたっけ?」と疑問を呈したところ

「そうです。開店時間は11時30分です。」
「でも、開店の準備が出来たら、いつも早く開店してます。」
と言う…

一巡目に入店して食べたかったので、店頭で30分待つつもりできたのに
これは、めっちゃ嬉しい♪

そして、本田店主から
「大阪から研修に来ている『麺や 輝』の○○さんです。」

「○○さんは、大阪か京都で、店をオープンされる予定です。」
そう言って、スタッフの人の紹介をしてくれたんだけど


見覚えのあるこの方は
『麺や 輝 長堀橋店』のともや店長!

昨年の12月に、大阪・長堀橋にある店を訪ねて、ともや店長の作る、「12月☆夜☆の限定麺」の「潮豚骨ラーメン」をいただいた。
カプチーノのように泡立つスープラーメンで!


豚骨のうま味に昆布とホタテのうま味の出た、クリーミーで円やかな味わいの塩味のラーメンは
デフォの「魚介とんこつ」とは、また、一味違った味わいが楽しめてよかった♪

縁あって、『麺処 ほん田』でお世話になることになったと、ともや店主は話していたけど
東京で、こんなカタチで再会できるとは思ってもいなかったので、本当、ビックリ!

ガンバって、いろいろなものを吸収していってください。
店のオープンが決まったら大阪でも京都でも伺いますので♪


そんな話しをいている最中も、本田店主は、麺を手揉みしてラーメンを作っていて
体重を掛けて、麺を捏ねて

見ていて、めっちゃ、大変そうで
腱鞘炎になるんじゃないかと心配してしまう(汗)

麺処 ほん田【壱六】-5麺処 ほん田【壱六】-6

そうして、先客の「手揉み醤油ラーメン」に「濃厚豚骨魚介つけ麺」が出された後に
私の「タイカレーつけ麺」も本田店主によって作られて

「パクチー大丈夫ですか?」と聞かれて…
「ぜんぜん大丈夫!」と答えると…

最初に、美しく麺線が整えられた麺の上に、具がトッピングされたお皿が出されて!
次に、最後にレンジで熱々に温められたつけ汁が着丼!


味玉2種のチャーシューパクチーが麺の上に載せられて!
鶏肉しめじパプリカ青菜糸唐辛子がつけ汁の中に入る、彩りも鮮やかで美しいビジュアルの「タイカレーつけ麺」♪


麺処 ほん田【壱六】-7麺処 ほん田【壱六】-8麺処 ほん田【壱六】-9

まずは、艶やかに輝く太ストレートの麺だけを、つけ汁にはつけずにいただくと
香り高い小麦粉の風味がふわっと口の中に広がって♪

麺処 ほん田【壱六】-11

噛めば、つるっとして、モチッとした食感の多加水麺で!
しっかりとしたしたコシもあって!


小麦粉のうま味も感じられて!
風味も食感も、とてもいい麺♪


そして、この麺を、食欲をかきたてるエスニックなハーブとスパイスのフレーバー漂うつけ汁につけていただくと
サラッとした、とろみのないスープカレーのようなつけ汁で

レッドカレーペーストにココナッツミルクを加えて
さらに、ラーメンの鶏スープを入れて作った味わいのつけ汁は

赤唐辛子の辛味をココナッツミルクの甘味が緩和して、辛味は控えめ。
そして、レッドカレーペーストに使われているレモングラス、ガランガル
(タイしょうが)、こぶみかんの皮といったタイ独特のスパイスにナンプラーがうま味をプラスして!

レッドカレー独特のコクと辛味とうま味が感じられて!
もう20年も前に、初めてバンコクに行って食べたレッドカレーの味を彷彿させるような味わいだったのもよかくて、めっちゃ美味しい♪


日本では、辛味の強い青唐辛子が使われるグリーンカレーの方が有名かもしれないけど!
本場タイでは、赤唐辛子に甘口唐辛子を使った、このレッドカレーの方がポピュラーで!


癖になる味わいで!
嵌まる人は嵌まると思う♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、いい感じのレア感に仕上げられていて!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューでよかったし♪


麺処 ほん田【壱六】-12

豚バラ肉の吊し焼きチャーシューは、香ばしくて!
肉のジューシーさが感じられる美味しいチャーシューで、最高だったし♪


デフォで付いていた味玉は、卵黄の茹で加減が理想的な仕上がりで!
ネットリとした味わいがバツグンに美味しかったし♪


麺処 ほん田【壱六】-13

そうして、最後に出してもらった半ライスは
これで、半ライスというほど、盛りのいいもので(汗)

麺処 ほん田【壱六】-14

さらに、カットしたチャーシューも載せられていて!
ライスダイブさせて食べようかと思ったけど


そうすると、絵面が悪くなりそうなので、半ライスにレッドカレーを掛けて!
大満足で完食♪


麺処 ほん田【壱六】-15

美味しかった♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【壱六】-16

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

【限定】タイカレーつけ麺…900円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処 ほん田

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:タイカレーつけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年8月30日(火)

麺処 ほん田【壱五】-1

本日のランチは、東京・東十条に大行列を作らせる人気店の『麺処 ほん田』で!

実は、今日、こちらの店を訪れたのは、2つ理由があって!
一つは、たまたま、西新宿の『麺屋 翔』本店でお会いした『麺屋 一燈』の坂本店主から


『麺処 ほん田』の「吊し焼きチャーシュー」がスゴく美味しかったという話しを聞いて!
次回に行く機会には、ぜひ、その「吊し焼きチャーシュー」を食べてみたいと思っていたのと!


昨日、『カネキッチン』で、コンデションがもう一つの「昆布水に浸かった塩つけ麺」を食べて
本当に美味しい「昆布水に浸かった塩つけ麺」を食べ直したいと思ったので!

そこで、11時35分に店へとやってくると
もちろん、店内は満席で!

外の椅子に掛けて!
さらには、立って待つお客さんも合わせて、10人のお客さんが待っていた。


でも、これは、想定内!
そして、こちらの店では、行列に並ぶ前に、一度、入店して、食券を買うシステムがとられているので


入店すると
「あれっ?珍しいじゃないですか…」

本田店主から、軽くイヤミのジャブが入った(笑)
でも、今は、有名店になると、店に出なくなる店主も多い中

『中華蕎麦 とみ田』の富田店主に、こちら『麺処 ほん田』の本田店主は、可能な限り店に出て!
自ら腕をふるいラーメンにつけ麺を作る。


こういう姿勢がお客さんの共感を呼んで!
だから、リピーターが絶えないんだろうね♪


「濃厚昆布水淡麗つけ麺」の食券を買い求めるために、券売機で、「四季の限定900円」の食券を買って!
さらに、本田店主に


麺処 ほん田【壱五】-3麺処 ほん田【壱五】-4

「吊し焼きチャーシューを食べるには、どの食券を買えばいいですか?」と聞くと…
「昆布水のつけ麺ですよね?」

「それでしたら、入ってますけど…」と言った後に…
「増量するなら、チャーシューの食券買ってください。」と言うので!

もちろん、「チャーシュー」の食券も買い足すと
「普通は、低温調理のチャーシューとの盛り合わせになりますけど、ぜんぶ、吊し焼きチャーシューにしましょうか?」と、気を遣って言ってくれたけど

低温調理のレアチャーシューも大好きなので!
ノーマルのままにしてもらうことにした。


そうして、食券をスタッフの人に渡そうとすると
「そのまま、お持ちください。」と言うので…

食券を持ったまま、外に出て待っていると
お客さんが帰っていくと、新たなお客さんが呼ばれて入店を繰り返して、入店。

スタッフの人によって食券が回収されると
「醤油ですか?塩ですか?」と聞かれて…

「塩で!」と答えて注文成立!
そうして、本田店主によって作られた「濃厚昆布水淡麗つけ麺(塩)」の「チャーシュー」トッピングが完成して着丼!


麺処 ほん田【壱五】-5麺処 ほん田【壱五】-6麺処 ほん田【壱五】-7麺処 ほん田【壱五】-8

昨年いただいたものと比べると、別皿に入れられて提供された味変アイテムの薬味がないのと
具がつけ汁の中に入れられてるので、見た目がシンプル!

でも、つけ汁の具の盛りつけに、麺線が整えられた麺の盛りつけが、とても美しくて!
この盛りつけを見ているだけで、絶対に美味しいのがわかる♪


麺処 ほん田【壱五】-9

昆布水に浸かった麺をいただくと
太くも細くもない中庸な太さの切刃20番に見える中ストレート麺は、なめらかな口当たりの麺で!

つるっとした食感の啜り心地のいい麺で!
しなやかなコシを感じられる麺で!


のど越しのよさもあって!
そして、小麦粉のうま味がよく感じられる麺なのがいい♪


それに、「濃厚」が冠された昆布水は、ネトッとした程よい濃厚さ加減なのがよくて!
昆布水に浸された麺だけを食べるたをけでも美味しい♪


次に、黄金色したつけ汁に麺をつけていただくと
キレがあって、後味のいい塩ダレの味がバツグンによくて♪

そして、鶏と豚の動物系出汁のうま味が感じられて!
たぶん、鶏が痩せる夏のこの時期だから、ゲンコツが使われているのかもしれないけど


スープに厚みが感じられたし♪
これに、昆布と背黒の煮干しのうま味に鯖節等の節のうま味も重ねられていて!


さらに、鶏油が、このうま味いっぱいのつけ汁に、さらなるうま味とコクを与えてくれていて!
絶品♪


昨年、食べたときも、めちゃめちゃ美味しいつけ麺だとは思ったけど!
やっぱり、塩清湯のつけ麺では、これが私の中のNo.1♪


そして、トッピングした豚肩ロースの低温調理されたレアチャーシューは
味、食感とも最高峰にある逸品だったし♪

豚バラ肉の吊し焼きチャーシューは、めちゃめちゃ香ばしくて、うま味の詰まった美味しいチャーシューで!
『麺や 一燈』の坂本店主が絶賛したのもよくわかる♪


さらに、細メンマのコリコリとした食感も!
小松菜のシャキシャキとした食感も好みでよかった♪


ただ、ちょっと、不満だったのは、昨年、付いていた味変アイテムの酢橘が今年はなかったこと
それと、スープ割りが用意されていなかったこと

しかし、昨日とは違って、つけ汁は温かかったし!
冷たい昆布水で割っても、鶏油がくどく感じることもなく美味しくいただけたのでよかったけど


麺処 ほん田【壱五】-10

できれは、温かいスープ割りがあるとよかったんだけど
でも、つけ汁も麺もトッピングされた具もすべて、最高・最上の一杯でした♪

これは、醤油味の「濃厚昆布水淡麗つけ麺」も絶対に食べないとね♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【壱五】-11

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

【2016夏の限定】濃厚昆布水淡麗つけ麺(醤油/塩)…900円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処 ほん田

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:濃厚昆布水淡麗つけ麺(塩)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年4月11日(月)

麺処 ほん田【壱四】-1

本日のランチは、久々に『麺処 ほん田』で!

2月15日に、めでたくオープン8周年を迎えた『麺処 ほん田』♪
しかし、今年の周年記念限定が供されたのは4月になって


そして、4月8日と9日の2日間の日程で提供されたのは、8周年記念限定の「濃厚昆布水の淡麗つけめん」!
これは、昨年の夏に限定で提供された、昆布水に浸された塩味醤油味のつけ麺を焼き直して、ブラッシュアップさせたもので!


食べたかったし
周年記念は、節目の5周年記念のとき以来、食べていないので

今年こそはと思ったんだけど
提供が遅れて4月になって

この日は、大阪で開催された「連合会」のイベントと被ってしまい
行くことができなかった

しかし、今日、『煮干し中華そば 一燈』の佐久間さんがTwitterで
今日が『麺処 ほん田』での修業最終日だとツイートしていて!

いい機会なので、本田店主に、8周年記念イベントに行けなかったことのお詫びをするのと
本田店主に佐久間さんの顔を見に行くのと!

さらに、まだ、昨年にリニューアルしたのに食べていない「塩ラーメン」を食べに行くのを兼ねて!
今日は、一石三鳥で『麺処 ほん田』にお邪魔することにした。


ただ、こちらの店は、行列のできる人気店なので!
開店から1時過ぎまでは、大行列ができていて、かなり待たないといけないので


ピークの時間帯を外して、13時20分近い時刻に店の前までやってくると
それでも、7人ほどのお客さんが待っていたんだけど

これくらいは想定内。
まずは、こちらの店のルールに従って、行列には並ばずに、先に入店して、券売機で食券を買う。


というわけで、店へと入っていくと
さっそく、私を見つけた本田店主から

「お久しぶりです。」
「昨年の夏の限定以来ですね。」と軽くイヤミのジャブを打ってきた
(笑)

そこで
「8周年は、来たかったんですけど、連合会のイベントが大阪であったので…」と言うと…

「いいんですよ。」
「でも、一年に一度くらいは顔見せてくださいよ
(笑)」的なことを言われて

「リニューアルした塩ラーメンを食べてなくて、ごめんなさい。」と言って、謝って
券売機で食券を買おうとしたところ

本田店主から、ちょっと待ったコールがあって
「せひ、醤油食べてみてください。」と言う。

もちろん、『ほん田』の醤油ラーメンも好きだけど!
本田店主の作る塩ラーメンは、全国でも屈指の味わいの逸品なので♪


でも、その塩ラーメンマイスターの本田店主がすすめる醤油ラーメン!
これは、食べないといけないでしょう♪


というわけで、急遽、方針変更して、醤油ラーメンを食べることにして
「特製手揉み中華蕎麦(醤油)」の食券を購入!

麺処 ほん田【壱四】-2麺処 ほん田【壱四】-3

すると、スタッフの人が食券を回収して
「麺は、手揉み麺と細麺がありますが、どちらにいたしましょう?」と聞いてきた。

すると、私が答える前に、本田店主から
「手揉み麺!」と即答があって、麺の種類も決まり(笑)

そうして、外に出て、行列の後ろに付くと
この後、どんどん、お客さんがやってきて十数人の行列になったので、いい時間に来れたみたい♪

しかし、この時間でも、これだけのお客さんに行列を作らせる。
さすが人気店♪


少し待って、スタッフの人から呼ばれて入店。
席に着くと


今度は、月曜日の定休日を利用して、勉強のために『麺処 ほん田』の厨房に入っている『煮干し中華そば 一燈』の佐久間さんから
「今日は、また、どうしたんですか!?」と聞いてきたので…

「佐久間さんがサボってないか見にきました(笑)」と答えると
笑っていたけど(笑)

この一ヶ月間、休みを潰して、本田店主のラーメン作りを学びに来た。
大変だったとは思うけど、この経験は、必ず、佐久間さんの成長に繋がる。


麺処 ほん田【壱四】-4

そうしているうちに、本田店主により、先客2人のラーメンにつけ麺が作られて!
その後、作られた「特製手揉み中華蕎麦(醤油)」の手揉み麺バージョンが、「お待たせしました。」という本田店主の言葉とともに着丼!


麺処 ほん田【壱四】-5麺処 ほん田【壱四】-6

豚肩ロース肉のレアチャーシュー豚バラ肉の煮豚の2種類のチャーシューに!
味玉細切りメンマ小松菜、海苔と色紙切りされたネギがトッピングされた美しいビジュアルのラーメン♪


那須御用鶏のガラと豚のゲンコツ、背ガラからとった動物系に背黒、瀬戸内の白口煮干しと秋刀魚節、鯖節の魚介系を合わせたタブルスープ。
そこに、厳選した5種類の醤油を合わせた懐かしくもあり新しい「NEO醤油ラーメン」と解説のあったスープをいただくと


麺処 ほん田【壱四】-7

まずは、ふわ~っと、醤油のいい匂いが香ってきて♪
リニューアル前の「香味鶏だしラーメン」とは醤油の香りが、ぜんぜん違う!


次に、鶏出汁のうま味が強くなっていて!
ゲンコツや背ガラの豚のうま味を入れてやることによって、スープに厚みが増して!


そして、以前は、あくまで、バランスをとるために少量使っていた煮干しの分量を増やして!
煮干しをきかせてきていて♪


スープは美味しく進化を遂げていた♪
ただ、スープが厚みを増して美味しくなった分、香油は控えめに感じられた。


しかし、本田店主は香味油の魔術師で!
香味油によって、スープを美味しくすることのできる天才だとは思っていたけど!


スープ自体の出汁のうま味が強くて、美味しかったら…
そんなマジックなんて使わなくてもいい。

そして、麺は、麺を茹でる前に本田店主が丁寧に手揉みしてから茹で上げた!
平打ちの中太縮れ麺で!


つるっとして、もちっとした食感の多加水の麺は、まるで、白河ラーメンの麺のようで!
この醤油スープとも、よく馴染んでくれたし!


麺処 ほん田【壱四】-8

トッピングされた豚肩ロース肉の低温調理されたレアチャーシュー豚バラ肉の煮豚は、前々から定評があったけど!
今も変わらない安定した美味しさで、最高だったし♪


麺処 ほん田【壱四】-9

ブランデー香る「大人の味玉」は、8年経った今でも色褪せない秀作の味玉だし!
小松菜のシャキシャキとした食感が箸休めにいい感じだったし!


麺処 ほん田【壱四】-10

色紙切りされたネギは、以前は白髪ネギだったと思うけど
この醤油ラーメンに関しては、この色紙切りの方が合ってる気がしたし!

スープも麺も具も、すべてが秀逸な醤油ラーメン♪
もちろん、最後は、スープも一滴残さず飲み干して完食♪


次回は、塩ラーメンもいっておかないとね♪
ご馳走さまでした。


PS 店を出たのは、14時ジャスト。
すると、入店時と同じ十数人のお客さんが行列っができていたんだけど


この時間でも、この行列はスゴイ!
限定をやっているわけでもないのに


デフォだけで、これだけのお客さんを集客できるのは
真の人気店の力をまざまざと見せつけられた

麺処 ほん田【壱四】-11

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処 ほん田

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:特製手揉み中華蕎麦(醤油)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m