FC2ブログ
訪問日:2019年1月9日(水)

麺処 ほん田【弐五】-1

本日のランチは、本日、今年初の「水曜日特別営業」を実施する『麺処 ほん田』へ!

昨年の11月より定休日である水曜日に特別営業するようになって!
この日は、通常メニューにはない特別な限定メニューのみの営業になる


そして、この限定は、無作為に出されるのではなく、毎月、何かテーマを決めて!
そのテーマに沿ったラーメンにつけ麺が提供される。


ちなみに、11月は「煮干し」!
12月は「味噌」がテーマで


さらに、毎週、同じメニューが提供されるのてはなく
週替わりで、毎回違うタイプのラーメンやつけ麺が提供されるので、お客さんを飽きさせない♪

そして、今月1月のテーマは何だろうと注目していたところ
1月5日のTwitterで、本田店主から発表されたのは「二郎リスペクト」!

普段は、あまり二郎系は食べないけど
「味噌」がテーマだった先月の第2週に提供された「味噌二郎」が、めっちゃ美味しい二郎系だったので♪

先月に続いての「本田二郎」を食べにいくことに(^_-)
そうして、開店時間の11時30分まで、まだ40分ある10時50分に店の前までやって来ると

12人ものお客さんが待っていたんだけど
これは大誤算(/。\)

麺処 ほん田【弐五】-2

今日の東京地方は凍えるような寒さで((+_+))
こんな日に外待ちするのは、かなり辛いものがある(>_<)

だから、そんなにお客さんは多くはないはず
でも、そうは言っても、開店30分前には来るよね(^_^ゞ

そう思って、11時になる前にやって来たというのに
やっぱ、二郎系は人気あるのかな!?

これは、この後、スゴい行列になるかも((((;゜Д゜)))
なんて、思っていたのに

そうでもなく、私の後ろに1人並んだだけで、11時15分過ぎまで、お客さんは来なかった…
そうして、11時27分に開店したときには19人の行列にはなっていたけど

結局、この後、入店できたのは11時55分!
これなら、こうして1時間以上も待つより、開店ギリギリに来た方が、ぜんぜん、よかったね
( ´△`)

開店すると、順番に入店して、券売機で食券を購入する。
そして、本日のメニューは、「ほん田が作る二郎系」という名の二郎リスペクトラーメン一択で


前回の「味噌二郎」同様、麺の量の違いで、「ミニらーめん(麺150g)」、「小らーめん(麺150g)」、「大らーめん(麺400g)」が用意されていた。
前回は「ミニらーめん」を選んで、二郎で、通常のラーメンの麺の量と変わらない150gでは、二郎を食べた気がしなかったので、「小らーめん」を選択!


麺処 ほん田【弐五】-3麺処 ほん田【弐五】-4

さらに、有料トッピングで、「豚増し」、「生卵」、「味玉」に「別皿ブタカス入り味付きアブラ」なるものがあったんだけど
これって、二郎インスパイアの代表格である『富士丸』の名物だよね

『富士丸』には行ったことはないけど
これに、麺をつけて食べるという話しを聞いたことがある

ということは、今回の「ほん田が作る二郎系」というのは「二郎リスペクト」というよりは、「富士丸リスペクト」ってことなのかな
それとも、第1週が、そうだってこと!?

そして、来週は、また、違う店の二郎系とか!?
本田店主も、スタッフのまーちんくんもTwitterで、詳しいことはツイートしていないのでわからないけど

「富士丸リスペクト」なら、この「別皿ブタカス入り味付きアブラ」なるものに
「生卵」も付けるべきかな!?

一瞬、迷ったけど
とりあえず、「小らーめん」の食券だけを買って、再び、外に出て、店頭の丸椅子に座って待つ。

そうして、ようやく入店して、席について、待っていると…
5個作りされたラーメンが出来上がって

スタッフの人から好みを聞かれたので
「ヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ」と呪文を唱えて(笑)

提供されたのが、二郎らしいヤサイタワーが築かれた「小らーめん」!
前回の「味噌二郎」のときは「ミニらーめん」にしたからか
!?

ヤサイタワーも貧弱だったので
今日は「小らーめん」にして正解だった♪

麺処 ほん田【弐五】-5麺処 ほん田【弐五】-6

まずは、定石の「天地返し」を行って!
ヤサイタワーの下にある麺をヤサイの上に持ってきて、さっそく麺をいただくと


麺処 ほん田【弐五】-7

麺は「味噌二郎」のときに使われていた「雷麺」!
これは、『中華蕎麦 とみ田』直営の二郎インスパイアのラーメン店『雷本店』で使用されている切刃12番の平打ちの極太麺で


モッチリとした食感なのは、前回の「味噌二郎」のときに経験済みなので、わかってはいたけど
『ラーメン二郎』の麺といったら、ゴワゴワとした食感の麺をワシワシと食べる麺なので!

らしくはない麺だけど
コシのある麺で、これはこれでいい♪

そして、本田店主がTwitterで「微乳化」とツイートしていたスープは、確かに、乳化はしているものの
重くはない。

でも、豚肉の強いうま味を感じるスープで♪
その、うま味過多ともいえるスープを、普段の『麺処 ほん田』では、決して使うことのない化調がマイルドな味わいにしてくれていて、めっちゃ美味しい♪


なので、「味噌二郎」のときもそうだったけど
二郎系の店では決して使うことのないレンゲを使って、健康に悪いと思いながらも、スープを飲み干してしまいそうになったくらいだったので(-。-;)

豚は、バラ肉の煮豚が1枚!
しかし、ヤサイの中にウデ肉の煮豚が隠れていて
(汗)

麺処 ほん田【弐五】-8

よく、二郎系の店で、この煮豚を食べて「ネ申月豕」なんて言って、Twitterでツイートしている人がいるけど!
これは、マジで「ネ申月豕」♪


やわらかくて
味付けも、めっちゃ好みで♪

スープや麺は別として、この煮豚だけでいえば
直系の二郎の「ネ申月豕」を超える美味しさに思えたし♪

前回は「ミニ」にしたこともあって、あっという間に完食!
しかし、今回「小」にしても、やっぱり、スルッと完食できてしまったので


二郎はスープを飲まないこともあるけど
麺は、やっぱ350gはないと、満腹中枢を刺激しないのかな

2度目の「本田二郎」体験だったけど
次回からは「大」にします!

なお、帰りがけに、スタッフのまーちくんに、「今日の二郎」は何をリスペクトして作った二郎なのか!?
また、来週は、どんな二郎をやるのか!?

尋ねたところ
『ちばから』という答えが帰ってきたのには驚き(*_*)

『ちばから』は屋外のイベントでしか食べたことはないけど
それでも、乳化したスープはヘビーで!

そのスープを吸った麺はズシンとくる重さだったので
ちょっと、違うような(汗)

それと、来週は、きっと、「汁なし」か「つけ麺」になるんじゃないかと思って聞いたのに
「同じものになるか、違うものになるか、本田さんに聞いていないのでわかりません。」という答えだったので

気になる方は本田店主のTwitterをチェックしてください♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【弐五】-9

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺(魚介風味・柚子風味)
濃厚豚骨魚介
つけ麺…780円/味玉つけ麺…880円/ちゃーしゅーつけ麺…1080円/特製つけ麺…980円

【四季の限定】濃厚昆布水の淡麗つけ麺(醤油/塩)…1000円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円



【水曜日特別営業】ほん田が作る二郎系

ミニらーめん(麺150g)…800円/小らーめん(麺250g)…850円/大らーめん(麺400g)…950円

豚増し…300円/生卵…50円/味玉…100円
別皿ブタカス入り味付きアブラ…50円


麺処ほん田



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:ほん田が作る二郎系star_s45.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年12月12日(水)

麺処 ほん田【弐四】-1麺処 ほん田【弐四】-2

本日のランチは、11月から「水曜日特別営業」を開始した『麺処 ほん田』へ!

これは、店の定休日である水曜日に、こちらの店のスタッフによって、店のメニューにはない特別なラーメンが提供される。

さらに、月毎に提供するラーメンのテーマを決めているようで
先月のテーマは「煮干し」!

毎週、週替わりで、毎回違う煮干しラーメンが提供された。
そして、今月12月のテーマは「味噌」!


先月も第一週に行っているので、今月も第一週にと思ったけど
この日は、もっと惹かれる限定があったので、スルーして、第二週に訪問することにした。

そして、今週、提供されるのは
二郎系!?

ということは、長い間、本田店主が封印していた伝説の「味噌二郎」を1日だけ復活させるってことなんだろうか!?
この「味噌二郎」は、2008年2月15日に、こちらの店の本田店主が弱冠21歳で『麺処 ほん田』をオープンさせて

開店1ヶ月弱が過ぎた頃に初めて提供された限定ラーメン!
そして、この限定ラーメンは10日間ほど提供されてた後は、リクエストにリクエストを重ねても、なかなか実現されなかったという『ほん田』ファン待望のメニュー♪


最近は、二郎系は避けて、あまり食べないようにしているけど
これだけは食べないわけにはいかないでしょう♪

というわけで、なるべく早めに出掛けるはずが、朝から多忙で(>_<)
予定より1時間以上遅れて、店の前までやってきたのは11時45分

すると、15人ものお客さんが行列を作っていたんだけど
こんな時間に来たら、こうなっちゃうよね(/。\)

麺処 ほん田【弐四】-3

まずは、行列に並ぶ前に、先に入店して、食券を買うのが、こちらの店のルールなので!
入店すると、今日も前回と同じ3人のスタッフの人が厨房にいて、本田店主の姿はなし。


メニューは、「ミニラーメン」、「小ラーメン」、「大ラーメン」!
量の違いによるものだけで、ラーメンの種類は1種類!


麺処 ほん田【弐四】-4

麺の量は、「ミニラーメン」150g、「小ラーメン」250g、「大ラーメン」400g。
ブログ的には400gの「大ラーメン」にすべきだろうとは思う!


しかし、今年、移転オープンした『ラーメン二郎 神保町店』で「小」の麺350gを注文して
後ろのお客さんが麺3分の1などという注文をしてくれたおかげで、実質、400gオーバーの麺になってしまい

どうにか、撃沈せず、食べ切れたものの
めちゃめちゃ、苦しかったので(-""-;)

今日は「ミニ」で(汗)
ヤサイもアブラも増すつもりで、どれくらい盛られるかもわからなかったので( ̄▽ ̄;)

麺処 ほん田【弐四】-5

そうして、券売機で食券を買い求めて、外に出て
待つこと40分ほどで入店。

この後、11分待って…
計51分待ちでラーメンが供されることになったんだけど…

時間が掛かった理由がわかった。
それは、今回、使用する麺が『中華蕎麦 とみ田』直営の二郎インスパイアのラーメン店『雷本店』で使われている「雷麺」で!


確か、切刃12番の平打ちながら極太の麺を茹でるので
かなりの茹で時間が掛かるのと

二郎系に慣れていない『ほん田』ファンのお客さんが、「大」を注文!
「豚増し」にしたり、「ヤサイ」増しにして食べていたので


作るのにも時間が掛かるし
食べるのにも時間が掛かっていたので( ´△`)

そうして、入店して案内されたのが、一番奥の席だったんだけど
この席、最悪💢

目の前は壁で
閉塞感があるし

照明が上にないので
ラーメンを普通に写真に撮ろうとしても、暗くて、撮るのに苦労してしまったし

この席は、なしにして、1席減らして営業した方がいいと思う。
この席に初めて座って、そう思っていたら


同じように考えていた人がいて、Twitterでツイートしていたので
本田店主、ぜひ、そうしていただきますようお願いします。

そうして、待っていると
スタッフの人から好みを聞かれて

ヤサイニンニクアブラカラメ」と呪文を唱えて注文完了!
そうして、出てきた『ミニラーメン』がこれ!


麺処 ほん田【弐四】-6麺処 ほん田【弐四】-7

思ったよりはヤサイタワーの高さはあるかな
でも、「ミニ」にしたから、大したことはないな

まずは、「天地返し」をして
いただきます!

麺処 ほん田【弐四】-8

平打ちの極太麺は、モチモチとした食感の多加水麺で!
「雷麺」って、こういう食感の麺なんだね!


あまり二郎系の店には行かない人で
『雷』にも行ったことはなかったので(汗)

『ラーメン二郎』の麺といったら、日清製粉の「オーション」が伝統的に使われていて
ゴワゴワとした食感の麺をワシワシと食べるというものと思っていたので

ちょっと、イメージが違った
でも、千葉県船橋市の東海神駅前にある『零一弐三』が二郎系営業をしていたときに食べた自家製麺が、こんな食感だったし!

どちらの麺の食感が好きかと聞かれれば
間違いなく、弾力があって、コシのある、こっちの麺の方が好み♪

それに、この味噌スープにも、この麺の方がよく絡んでくれて!
合っているような気がしたし♪


そして、本田店主がTwitterで、豚99%と生姜1%で炊いたとツイートしていたスープは、豚骨というよりも、豚肉の強いうま味を感じるスープで♪
その、うま味過多ともいえるスープを、普段の『麺処 ほん田』では、決して使うことのない化調がマイルドにしてくれていて


めっちゃ美味しい♪
二郎系の店でスープを飲むことはないので、レンゲを使うこともないのに


今日は、味見のために、デッドにスープを一口飲んで
美味しかったので、レンゲを使って、健康に悪いとは思いながらも、結構、飲んでしまったほど(汗)

豚も、これぞ「ネ申月豕」!
やわらかくて


味付けも好みで!
本家二郎の「ネ申月豕」を超える美味しさだったし♪


「ミニ」にしたこともあって、あっという間に完食!
やっぱり、二郎系は、一気に食べないと、食べられなくなる恐怖があるから、早食いになっちゃうよね!


今日は、初めての「味噌二郎」で、チキンなことをしてしまったけど
これなら、「小」はおろか、「大」でもいけたかもね(-"-;A ...アセアセ

ぜひ、これは、また、やって欲しいな♪
いっそのこと、今月の「味噌」は、ぜんぶ、「味噌二郎」でもいいくらい!


そしたら、毎週、通っちゃうかも♪
ご馳走さまでした。




メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺(魚介風味・柚子風味)
濃厚豚骨魚介
つけ麺…780円/味玉つけ麺…880円/ちゃーしゅーつけ麺…1080円/特製つけ麺…980円

【四季の限定】濃厚昆布水の淡麗つけ麺(醤油/塩)…1000円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円



【水曜日特別営業】味噌二郎
ミニらーめん(麺150g)…750円/小らーめん(麺250g)…850円/大らーめん(麺400g)…950円
豚増し…300円/生卵…50円/味玉…100円


麺処ほん田



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:味噌二郎 ミニらーめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年10月31日(水)

麺処 ほん田【弐参】-1

本日のランチは、10月31日の今日から定休日の水曜日に「水曜日特別営業」を開始する麺処 ほん田』へ!

そして、本日提供されるのは、沖縄出身の、こちらの店のスタッフのまーちさんが作る「淡麗煮干しそば」!

麺処 ほん田【弐参】-2

実は、先週の25日の木曜日に、まーちさんが作る初限定の「濃厚煮干しそば」が、夜営業の18時30分から80食限定で提供された。
食べたいと思っていたのに、仕事が終わったのが19時!


これから行っても、もう残ってないよな
と思いながらも、この限定を食べるため、早い時間から並んでいるツイ友に連絡すると

開店と同時に瞬殺で売り切れたそうで
今日は、そのリベンジのために訪問!

今日は、本来は定休日で、来店するお客さんも少ないはず!
それに、今日は売り切れまで通し営業するみたいで!


それなりの杯数は用意していると思われる。
ただ、こちらの店の本田店主も、まーちさんも何食販売する予定なのか、Twitterで、一切、ツイートしていない


そこで、開店1時間前の10時30分に店に到着するつもりも
気合いが入って、店の前までやってきたのは10時19分!

すると、すでに3人のお客さんが、店の正面に置かれた3脚の椅子に座って待っていたんだけど
開店1時間11分11秒前で、これは、予想よりも少なめ!

麺処 ほん田【弐参】-3

そこで、裏口の引戸を開けて、中にいた本田店主に挨拶させてもらって
店の左橫に置かれたベンチについて待つ。

すると、それから、数分間の間にお客さんがやってきて、行列は10人に増えた。
そして、10時40分過ぎには13人!


しかし、これからピタッと止まって
ただし、11時10分を過ぎると、再び、お客さんがやってきて、20人にまで行列は延びた。

そして、11時18分になると、ベトナム人スタッフの人が暖簾を持って、店の中から出てきて
12分時間を前倒しして開店♪

麺処 ほん田【弐参】-4

まずは、券売機で食券を購入する。
そして、券売機には、入口の扉とメニュースタンドにもあったメニュー表が貼ってあって、それによると


淡麗煮干しそば ¥800

和え玉(味付き替え玉) ¥200
エビ風味和え玉 ¥300→¥200

まぁち特製じゅーしー ¥200
味玉、のり 各¥100
特製(チャーシュー、味玉、のり) ¥200


しかし、券売機に「淡麗煮干しそば」のボタンがなく、「特製」のボタンもない
ただ、「まぁち特製じゅーしー」とは何

と思っていたら「じゅーしー(ご飯)」というボタンがあって、ご飯ものということはわかったけど
具体的に、どんな内容のご飯ものなのかはわからない

麺処 ほん田【弐参】-5

「エビ風味和え玉」は、なぜか、100円引きの200円になっていたけど
本来、販売していないメニューのボタンも点灯していて、どのボタンを押していいのかわからずに、皆さん、戸惑っていて

「特製は、どの食券を買えばいいの?」と、お客さんに聞かれると…
「四季の限定1000円の食券を買ってください。」

「特製にしたいんですけど、四季の限定800円の食券を買っちゃいました。」
「どうすればいいですか?」
の問いには…

「何でもいいんで、200円の食券買ってください。」
まーちさんは、そう答えていたけど


きちんと、POPに説明を書くか
手書きの紙を貼ったボタンを作らないとね(-"-;A ...アセアセ

というわけで、私の番になって、「四季の限定1000円」と「和え玉200円(エビ)(煮干)」のボタンを押して食券を買い求めて、案内された席へ!
厨房には、まーちさんにベトナム人スタッフの人と10月21日に閉店した大宮の『麺処 ほん田 niji』にいたスタッフの人の3人体制で、本田店主の姿はなし


麺処 ほん田【弐参】-6

まーちさんがスープを担当していて
寸胴から雪平鍋にスープを移してガス台の火に掛けていって

麺処 ほん田【弐参】-7

ベトナム人スタッフの人が麺を担当!
頃合いを見て、麺をテボに入れて茹でていって


麺処 ほん田【弐参】-8

40秒でテボが引き上げられると
茹で上がった麺が湯切りされて

温まったスープの張られたラーメン丼に入れられて
最後に盛りつけされて完成した3つの「淡麗煮干しそば」がポールから3番目のお客さんに出されていって

同じルーティーンで3個作りされた「淡麗煮干しそば」が完成すると!
その一つが「特製」になって、私のもとに着丼!


麺処 ほん田【弐参】-9麺処 ほん田【弐参】-10

豚バラ肉の煮豚鶏モモ肉の吊るし焼きチャーシュー、味玉、板海苔、刻み玉ねぎがトッピングされた「特製淡麗煮干しそば」!
まずは、琥珀色したスープをいただくと


麺処 ほん田【弐参】-11

徳島県の地鶏である阿波尾鶏と豚の背ガラでとったスープに6種類の煮干しを合わせたというスープは
ベースの動物系スープによって、スープにうま味と厚みが与えられていて♪

6種類の煮干しの構成はわからないけど
背黒メインのスープで!

低温で抽出したと思われる背黒のうま味が、しっかり出ていて!
えぐ味や苦味が極力抑えられていて!


特に、個人的には鯵煮干しの甘味が感じられたのがよかったし♪
美味しい淡麗鶏煮干しスープに仕上がってはいると思う。


ただ、煮干しのうま味を、もう少し強く出せると
それに、もう少し、煮干しの風味が感じられると、もっとよかったんだけどね

例えば、水出しして、一晩寝かした煮干しを翌日、炊いて、2段仕込みにして!
さらに、追い煮干しして!


動物系に頼るのではなく、煮干しだけで、うま味のあるスープを作ってもらえると
もっと上のステージに上がれるスープになると思う。

麺は、「心の味食品」の切刃24番の細ストレート麺が合わされていて!
ザツパツな食感の、カタめで、歯切れのいい食感の加水率低めの麺で!


麺処 ほん田【弐参】-12

麺の茹で加減も、ちょうどよくて!
スープとの相性はバツグン♪


チャーシューは、明暗が別れたかな
豚バラ肉の煮豚はトロトロに煮込まれていて、やわらかいのはよかった♪

麺処 ほん田【弐参】-13

ただ、味付けが、しょっぱすぎて(>_<)
ちょっと、残念だったかな

しかし、鶏モモ肉の吊るし焼きチャーシューは、薫香がハンパなくて♪
噛む毎に、ジュワジュワと肉のうま味を感じる絶品の味わいのチャーシューで


麺処 ほん田【弐参】-14

こちらの店は、豚の吊るし焼きチャーシューが超絶美味しいことで有名だけど!
鶏も最高に美味しい♪


味玉も黄身がゼリー状にいい感じで固まっていて!
間違いのない美味しさだったし♪


麺処 ほん田【弐参】-15

そうして、麺と具を食べ終えたことろで
ラーメンを食べている途中にお願いした「エビ風味和え玉」も出された。

麺処 ほん田【弐参】-16

着丼した瞬間からエビが香る「エビ風味和え玉」は、そのまま、麺を軽く和えて、「和え麺」としていただくと
海老!海老!海老!

海老風味満載の「和え麺」で!
このまま食べても美味しい♪


次に、淡麗鶏煮干しスープにつけて、「つけ麺」のようにしていただくと
煮干しに海老の入り交じった味わいで、これも悪くはない!

麺処 ほん田【弐参】-17

さらに、最後に、麺と具をダイブさせて!
替え玉」代わりにいただくと


麺処 ほん田【弐参】-18

煮干し風味が海老風味に替わって!
これもいい♪


そこで、目の前に居たベトナム人スタッフの人に
「海老風味の和え玉、ラーメンに入れたら、煮干味が海老味に替わった!」と言うと…

「それが狙いですから!」なんて言っていたけど…
最初は、煮干しと海老が合わさって、どうな味にあるんだろうと思っていたのに

これが、なかなか美味しくて♪
心配は杞憂に終わった。


美味しく完食♪
このままでも、かなり美味しい煮干しラーメンではあるとは思うけど


『ほん田』品質かというと
まだ、そこまではいかないかなという印象で

まだ、スープについても、トッピングについても、課題はあるように感じられたし
でも、まだまだ、伸び代もあると思うので!

今後の進化に期待してます♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【弐参】-19

PS 帰りに寄った『黒松本舗 草月』!
東京三大どら焼きを製造販売している店!


『ほん田』以上の行列を、ここ東十条に作らせる店!
前回、『ほん田』に来たときは、ガンバって並んで「黒松」を買って帰ったけど


今日は、進行が遅かったこともあって
諦めて帰ることに

しかし、ラーメンなら、ガンバって1時間でも2時間でも並ぶくせに
そうでなければ、イライラして、待てないのはなぜ(-"-;A ...アセアセ

麺処 ほん田【弐参】-20

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺(魚介風味・柚子風味)
濃厚豚骨魚介
つけ麺…780円/味玉つけ麺…880円/ちゃーしゅーつけ麺…1080円/特製つけ麺…980円

【四季の限定】濃厚昆布水の淡麗つけ麺(醤油/塩)…1000円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円



【水曜日特別営業】淡麗煮干しそば…800円

和え玉(味付き替え玉)…200円/エビ風味和え玉…200円
まぁち特製じゅーしー…200円

味玉、のり…100円/特製(チャーシュー、味玉、のり)…200円


麺処ほん田ラーメン / 東十条駅王子神谷駅十条駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:淡麗煮干しそばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年4月3日(火)

麺処 ほん田【弐弐】-31

本日のランチに向かったのは、東京・東十条の行列のできる店『麺処 ほん田』!

4月1日から、今シーズンも始まった「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」をいただくため!

今年で4年目になる、この濃厚昆布水に浸かった麺を淡麗なつけ汁につけていただくつけ麺!
1年目は、こんな感じ♪


麺処 ほん田【壱弐】-4麺処 ほん田【壱参】-4
しおつけめん                    しょうゆつけめん

「しお」も「しょうゆ」も、キレイに麺線が整えられて盛りつけられた麺の上に、鮮やかなピンク色したレアチャーシュー味玉ハーフ小松菜がトッピングされて!
つけ汁の表面には、色紙切りされた真四角のネギが浮かべられて!


4つに仕切られたお皿には、「しお」は、藻塩、塩昆布、柚子胡椒三つ葉酢橘が並べられて!
「しょうゆ」は、醤油のもろみ(諸味)、塩昆布、生七味三つ葉檸檬がトッピングされた!


見た目にも美しい♪
そして、トッピングにもこりまくった一杯で!


もちろん、見た目だけではなく
味も文句なしに美味しい一品だった♪

これが、2年目、3年目となると、こんな感じで
別皿に入れられて提供された味変アイテムの薬味がなくなったので

ちょっと、地味にはてなってしまったけど…
味は、年を追う毎に美味しく進化していったし♪


麺処 ほん田【壱五】-5

さらに、3年目目からは、麺大盛か特盛にすると、つけ汁がお代わりできて!
しかも、ただ、お代わりできるというだけではなくて


塩を醤油に!
反対に醤油を塩にして、お代わりできる!


一度に二度美味しい♪
そして、懐にもやさしいサービスが実施されて!


これを知っているお客さんは、この権利を行使して!
斯く言う私も、そうさせてもらったんだけど
(笑)

麺処 ほん田【壱七】-4麺処 ほん田【壱七】-8

さて、4年目の「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」は、また、新たな変化があるのかな!?
そうして、今週の日曜日から提供が始まった一杯は、昨日の本田店主のTwitterのツイートによると

「今年は昆布水に塩分を入れていて
そのまま麺だけで食べても
麺の甘み、昆布の旨みが感じられる
仕様です。」


そして、今日のツイートでは

「去年より(昆布水を)少なめにしておりますので
昆布水投入後の
温かいスープ割も推しております」
とあって…

最初から塩で味付けられた昆布水にも興味があったし!
温かいスープ割りが用意されているのも嬉しいし♪


というわけで、JR京浜東北線の東十条駅の上野側の出口を出て左へ
そうして、開店まで、あと数分の10時57分に、店の前にある横断歩道までやってきて、信号待ちをしていると

ちょうど、本田店主が暖簾をもって店の中から出てきて、開店するところだった。
8番目に接続して、先客が券売機で食券を買って、席へとついていくのを待って


券売機の前に立つと、まだ、「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」のPOPはできていなかった。
今年も「四季の限定」のボタンで販売するのはわかっていたので


とりあえず、千円札を入れると
横にズラッと並んだ「四季の限定」のボタンの中で、唯一、点灯したのが1,000円のボタンだったので

麺処 ほん田【弐弐】-32麺処 ほん田【弐弐】-33

このボタンを押して
スタッフの人に食券を渡しながら

「醤油で!」と告げて席へとついたんだけど
今年は、あえて、「大盛」にして、お代わりサービスで「塩」と「醤油」の両方を食べることを回避。

それは、TwitterにやInstagramに上がっている画像が、ほとんど「中盛」か
「大盛」のお代わりサービスを駆使した画像ばかりで、デフォルトの「並盛」の画像を見かけなかったので(;^_^A

そうして、本田店主に挨拶して待っていると
まず、大量の麺を計量して、テボに入れて茹でていく本田店主!

そして、茹で始めから3分後にテボを引き上げると
自ら冷水で麺を〆て

おそらく400gだと思われる麺を掴み上げると、丼にキレイに盛りつけて
これが4回繰り返されたんだけど

1.6kgもある麺を一度に茹でて
そこから、寸分の狂いもなく、400gずつ、4つの丼に順番に盛っていく技術がスゴい!

そうして、まず、先客4名に「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」の「大盛」が4人前出されると!
次に、「濃厚豚骨魚介つけ麺」の「中盛」が5番目のお客さんに出されて!


さらに、本田店主が手揉みして
体重を掛けて、押して、縮れを付けた手揉み麺が、2分25秒掛けて茹でられて

麺処 ほん田【弐弐】-34

完成した「中華蕎麦 手揉み麺」の「並盛」と!
バカデカイラーメン丼に入れられた「中華蕎麦 細麺」の「大盛」が6番目、7番目のお客さんに出されていって!


その後に、再度、本田店主によって、「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」が2個作りされると、小さなラーメン丼に入れられた「並盛」と大きな丼に入れられた「特盛」に麺が取り分けられたんだけど
麺200gの「並盛」と比べて、2.5倍の麺500gが入る「特盛」は圧巻\(◎o◎)/

そうして、本田店主から
「麺は、10周年のときに治さん(『中華蕎麦 とみ田』の富田店主)に造ってもらった麺です。」

「ミナミノカオリという九州産の小麦粉で作った麺で、小麦粉って言ったら北海道ってイメージが、ありますけど…」
「治さんによると、最近は九州の小麦粉がいいんだそうです。」と解説があって供された「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」の「並盛」は


麺処 ほん田【弐弐】-35

麺の入った丼に味玉と海苔!
つけ汁の中に、豚バラ肉の吊るし焼きチャーシュー豚肩ロース肉の低温調理されたレアチャーシューメンマ小松菜色紙切りされたネギが入るつけ麺!


麺処 ほん田【弐弐】-36麺処 ほん田【弐弐】-37麺処 ほん田【弐弐】-38

まずは、昆布水に浸かった太くも細くもない中庸な太さの麺を、つけ汁にはつけずにいただくと
福岡県産パン用強力粉の「ミナミノカオリ」を使って製麺された「心の味食品」製の麺は…

まず、口に入れた途端に、ふわっと小麦が香る♪
香り高い麺なのがいい!


麺処 ほん田【弐弐】-39

啜れば、たおやかで、つるもちな食感の麺で!
しなやかなコシもあって!


のど越しのよさはバツグンだし♪
噛めば、小麦粉のうま味がよ~く感じられる麺なのもよかったし♪


つけ汁につけて食べれば
コクとうま味いっぱいの淡麗なつけ汁とも適度に絡んでくれて、美味しく食べさせてくれてよかったし♪

そして、このつけ汁
鶏のうま味が強くて!

スープに厚みも感じられるけど
ゲンコツも使われているのかな!?

それと、香味油に使われていた鶏油がつけ汁にコクとうま味を与えていたけど
もしかして、地鶏を使っているとか!?

忙しい本田店主に聞きそびれてしまったけど
出汁はともかく、少なくとも鶏油は地鶏なんじゃないかと思う♪

そして、さらに、鰹節、鯖節の節のうま味に、煮干し、昆布、椎茸のうま味も感じられて♪
バランスのいいつけ汁に仕上がっていたし!


キリッとした味わいのカエシの風味も、このつけ汁とよく合っていて!
めちゃめちゃ美味しい♪


トッピングされた豚バラ肉の吊るし焼きチャーシューは、スモーキーな薫香がたまらなくよくて!
肉のうま味が閉じ込められたチャーシューは、噛むと、肉のジューシーさを感じる絶品のチャーシューで♪


麺処 ほん田【弐弐】-40

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、低温調理されて、しっとりと仕上げられていて、食感が最高だったし!
こちらも、噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューでよかった♪


ブランデーの風味を入れたもいう「大人の味玉」
私のバカ舌では、ブランデーは感知できなかったけど(;^_^A

麺処 ほん田【弐弐】-41

黄身がベストの半熟加減で!
それに、白身まで味がよく滲みた美味しい味玉でよかったし♪


コリコリとした食感のメンマも!
シャキシャキとした食感の小松菜もよかったし!


そうして、最後に本田店主にお願いして、作ってもらったスープ割りは
ポットに入れた割りスープで割りました

なんてものではなくて
普通に「中華蕎麦」に使うスープを雪平鍋に入れて温めたもので割ってくれて

着丼すると
まず、鶏がふわっ

そして、鰹が香るスープ割りで!
鰹出汁が、めちゃめちゃいい出汁出していたので!


麺処 ほん田【弐弐】-42

本田店主に、そう話すと
「本枯れ節使ってますから…」なんて言うんだけど

「中華蕎麦」のスープには、高級な本枯れ鰹が使われている♪
さらに、それでスープ割りしてくれるなんて


超贅沢!
そして、最後まで、美味しくいただいて完食♪


最初から美味しいのはわかっていた。
しかし、これほど美味しいとは


今シーズンの「濃厚昆布水の淡麗つけ麺」はヤバい…
というか、これ、昆布水の醤油つけ麺最強かもしれない

マジで美味しかった♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【弐弐】-43

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺(魚介風味・柚子風味)
濃厚豚骨魚介
つけ麺…780円/味玉つけ麺…880円/ちゃーしゅーつけ麺…1080円/特製つけ麺…980円

【四季の限定】濃厚昆布水の淡麗つけ麺(醤油/塩)…1000円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処ほん田ラーメン / 東十条駅王子神谷駅十条駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:濃厚昆布水の淡麗つけ麺(醤油)star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年3月2日(金)

麺処 ほん田【弐弐】-1

本日のランチは、先月の2月15日に創業10周年を迎えて、本日3月2日と明日の3月3日に10周年記念限定ラーメンが提供される『麺処 ほん田』へ!

こちらの店は、当時、まだ、若冠21歳だった本田裕樹さんが、東十条の、この地に開業した店で!
この場所は、幾多のラーメン店が開店しては閉店を繰り返す鬼門ともいえる場所だったのに


そんなジンクスを吹っ飛ばして、人気行列店の仲間入りを果たした♪
そして、10年の節目を迎えた。


本田店主!
おめでとうございます。


そんな店で、今回、提供されるラーメンというのが
「雉と地鶏の醤油そば」!

麺処 ほん田【弐弐】-2

本田店主のブログによると



鶏、豚のベースに
2段仕込みにて雉のガラを入れて炊き上げました。

そこに魚出汁と宍道湖のしじみを
合わせたトリプルスープ仕立てです。

チャーシューには
スープにも使った
山口県の地鶏長州黒かしわの、モモ肉を
合わせました。

こちらを1000円で販売させて頂きます。

さらに
雉の胸肉のタタキ付きは
1500円となります。


鶏とは
また違った濃厚な旨味があります。

スープの熱が入る前にお召し上がりいただくのを
オススメいたします。


薄口醤油と生の醤油を合わせたタレを
合わせ一口目のインパクトより
しみじみ美味しいなぁと
いう味わいを目指しました。




これは、食べておかないとダメな奴でしょう!
ブログには、各日、昼、夜共に100食を予定。


お昼の分は9時より整理券配布とあったので、明日の土曜日はスゴい争奪戦になるんだろうな
でも、今日の昼は100食あるし、すぐに売り切れることはないはず

ただ、たぶん、9時ちょっと前に、整理券を求めてやってくる人が多いと思われるので、少なくとも整理券配布の30分前には行かないとね!
なんて思っていたら


何と7時30分にツイ友が整理券をゲットしてTwitterでツイートしていていて!
これは、のんびりしていられない
(汗)

そこで、すぐに店へと向かおうとしたところ、すぐには出られず
20分ほど時間をロスして、急いで東十条にある店へと向かって!

駅から脱兎のように坂をかけ降りて、店の前までやってきたのは8時20分になる時刻!
ちょうど、整理券をもらいに来ている先客がいて


麺処 ほん田【弐弐】-3

そのお客さんに続いて入店!
ドキドキしながら、本田店主から受け取った整理券は15番!


麺処 ほん田【弐弐】-4麺処 ほん田【弐弐】-5

思ったよりは若い番号でよかった♪
番号別に集合時間が決められていて、番号によっては、かなり、午後の遅い時間の提供になってしまって


麺処 ほん田【弐弐】-6麺処 ほん田【弐弐】-7

今日の午後は予定が目白押しで
せっかく整理券をゲットしても、食べられない可能性もあったので

そうして、千円の身代金(笑)を支払って、すぐに店を後にして、一仕事した後に店へと戻ってきたのは、あと数分で開店時間の11時を迎える時間!
すると、店の入口には暖簾が掛かっていて、すでに店は開店していた


しまった!
本田店主の10周年記念の挨拶を聞こうと思ったのに


こちらの店、普段から、昼営業の開店時間は11時!
しかし、店頭にお客さんが待っていると、開店時間前に早明けしてくれる♪


それは、それで嬉しいことだけど♪
でも、今日は10周年のイベントなので、そんなことはないと思って来たのに


でも、果たして、挨拶はあったのだろうか
なんて、思っていたら

店頭には、不審そうな人物が1人立っていた(笑)
そして、その人物とは!?

ミスターポールマンのじゃいさんじゃないですか!
『麺屋 一燈』関連のイベントともなると、早朝、あるいは、深夜から並ぶ強者!


その彼が、なぜ、ここに!?
インタビューすると(笑)

実に8年ぶりの訪問ということだったけど
彼の持っていた整理券は11番で!

開店前からここに居たそうだけど
本田店主の挨拶はなかったそうだ

周年記念に来たのは、5年前の5周年以来だけど
あのときは、スタッフ揃って一列に並んで、挨拶があったのに

麺処 ほん田【壱壱】-3

そして、あのときいただいた鶏豚牛の三獣士に乾物を会わせたスープのラーメンは衝撃的な美味しさだったな
それに、Tシャツまでお客さんにプレゼントして!

そして、この時もらったTシャツは、デザインがよくて!
生地もいいから、今でも着ている♪


そんなことを回想していると
スタッフの人が出てきて

「11番のお客さまからのご案内になります。」
しかし、まだ、時刻は11時10分にようやくなったところで、20分も早いので、11番から20番までの整理券を持って、店頭にいたのはじゃいさんと私だけ!


そこで、2人で入店して、券売機で食券を買い求めて
席へとつくことになるんだけど

麺処 ほん田【弐弐】-8麺処 ほん田【弐弐】-9

じゃいさんは、この後に『中華ソバ 伊吹』に行くと言ってたくせに、「雉と地鶏の醤油そば」に「純粋金華豚のスタミナ丼」の食券を購入!
現金500円を添えて、「雉の胸肉のたたき」のトッピングもしていた♪


私は「純粋金華豚のスタミナ丼」はパス。
ただし、「雉の胸肉のたたき」なんて、滅多に食べられないので、じゃいさんの真似をして、食券の上に500円玉を置いて注文!


そうして、待っていると
本田店主によって、次々に作られていった10周年記念限定ラーメンが、じゃいさんと私のもとにも着丼!

麺処 ほん田【弐弐】-10

供された「雉と地鶏の醤油そば」の「雉の胸肉のたたき」載せは、トッピングした雉ムネ肉のたたきに、デフォで入る山口産地鶏の「長州黒かしわ」が使われた鶏モモ肉のたたき
穂先メンマ、笹切りされた九条ネギ、板海苔が載せられた超贅沢なラーメン♪

麺処 ほん田【弐弐】-11麺処 ほん田【弐弐】-12

まずは、鶏が香る琥珀色したスープをいただくと
長州黒かしわに大和肉鶏の地鶏を使って出汁をとった鶏のフォン(フォン・ド・ヴォライユ)に雉のフォン(フォン・ド・フェザン)を重ねて、二段仕込みした動物系スープに

昆布、干し椎茸、煮干し、節の和風出汁スープと
蜆出汁のスープを合わせたといった感じの、かなり複雑な味わいのスープで!

出汁のうま味がハンパなくて!
最高に美味しい♪


麺処 ほん田【弐弐】-13麺処 ほん田【弐弐】-14

なお、本田店主はブログで
しじみ(蜆)なだけに、「しみじみ美味しい」なんて書いてたけど(笑)

蜆がかなり濃厚に感じられたので!
そんな感想を本田店主に話すと


「5リットルの水に4キロの蜆を入れてスープを作りましたので…」なんて話していて…
予想通り、大量の蜆を使って出汁を抽出した超濃密な蜆スープが使われていたけど

しかし、こんなスープ!
飲んだことない!


単に美味しいだけではなく
今日は、今まで食べことのない味わいのスープをいただくことができてよかった♪

麺は、心の味食品謹製の
たおやかで、つるもちな食感の中細ストレート麺が合わせられていて!

麺処 ほん田【弐弐】-15

啜り心地がよくて!
のど越しのいい麺で!


小麦粉のうま味がよく感じられて♪
それに、スープとも適度に絡んで、美味しく食べさせてくれるのがよかったし♪


トッピングされた雉ムネ肉のたたきは、適度な弾力があって!
フレッシュな肉のうま味を感じる一品でよかったし♪


麺処 ほん田【弐弐】-16麺処 ほん田【弐弐】-17

長州黒かしわモモ肉のたたきは、地鶏でモモ肉ということで、かなり歯応えがあるんだろうと思ったのに…
意外にやわらかくて


ブリッとした食感が最高だったし♪
噛む度に、鶏肉のうま味が滲み出てくる絶品のたたきで、トッピングした雉より、この地鶏のたたきの方がうま味は強かったかも♪


麺処 ほん田【弐弐】-18

しかし、こんなプレミアムな素材を使ったスープに、地鶏のたたきまでデフォでトッピングして、1,000円なんて価格で販売してよかったんだろうか!?
たぶん、10周年の感謝価格で販売してくれたんだろうと思うけど

さらに、穂先メンマのシュクシュクとした食感がもよかったし!
九条ネギの香りと甘味が、よくスープと合っていたし♪


最後は、もちろん、スープの最後の一滴まで飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【弐弐】-19麺処 ほん田【弐弐】-20麺処 ほん田【弐弐】-21麺処 ほん田【弐弐】-22麺処 ほん田【弐弐】-23麺処 ほん田【弐弐】-24

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺(魚介風味・柚子風味)
濃厚豚骨魚介
つけ麺…780円/味玉つけ麺…880円/ちゃーしゅーつけ麺…1080円/特製つけ麺…980円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円




【10周年記念限定ラーメン】

雉と地鶏の醤油そば…1000円
雉の胸肉のたたき…500円

純粋金華豚のスタミナ丼…350円


麺処 ほん田ラーメン / 東十条駅王子神谷駅十条駅

昼総合点★★★★★ 5.0



好み度:雉と地鶏の醤油そば+雉の胸肉のたたきstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m