fc2ブログ
訪問日:2023年12月8日(金)

【新店】Ramen 無限-1

本日のランチは大阪市淀川区三津屋に9月17日にオープンした新店の『Ramen 無限』へ!

『ミシュランガイド京都・大阪』で5年連続ビブグルマンに掲載されている『中華そば 無限』のネクストブランドの店!

ラーメン業界では長らく言われていた「ラーメン1,000円の壁」!
しかし、原材料費に加え、水道光熱費、人件費の高騰により、今や、東京では1,000円の壁を超えていく店が後を絶たない状況になっている。


そんな中、本店の『中華そば 無限』でも「中華そば」は1,000円に!
「煮干しそば」については、特に煮干しの高騰が著しいこともあって1,200円に値上げされた。


しかし、こちらの新店では、時代に逆行するかのようにラーメン一杯690円で販売するという!
さらに、「チャーシューメン」も、デフォの「中華そば」の150円プラスの840円で食べられて


チャーシューダブルの「Wチャーシューメン」にしても990円という1,000円を切る驚きの価格設定😅
本店では「チャーシュー」トッピングすれば350円!

だから、本店に比べると、「中華そば」で3割以上安いし!
「チャーシューメン」なら4割近くも安い。


でも、本店の「中華そば」のスープが「純系名古屋コーチン」に「青森シャモロック」、「天草大王」などのブランド地鶏の丸鶏で作った無化調スープなのに対して、こちらのネクストブランドの店の「中華そば」のスープは!?
情報によると、「熊野地鶏」を使用しているという🐓

さらに、豚に魚介も使われているということだったけど
「熊野地鶏」は三重県原産のシャモ「八木戸」と三重県の銘柄鶏「伊勢赤どり」に「名古屋コーチン」を掛け合わせた三重県熊野市の地鶏!

そして、この「熊野地鶏」は三重県・四日市の名店『らーめん 鉢ノ葦葉』で使用されていて!
東京でも「ミシュランガイド東京」のビブグルマンに掲載されて、食べログの「The Tabelog Award 2021」で「BRONZE」を獲得下こともある東中野の『メンドコロKinari』でも使われている。


さすがに丸鶏はコスト的に使えるわけもなく、ガラだろうけど
それにしても、この三重県の地鶏を使ったスープのラーメンが690円というのは驚き😯

だから、690円の地鶏スープが、どんな味わいなのか
スゴく興味があった。

最寄り駅は阪急神戸線の神崎川駅。
でも、駅から遠い
😓

と思っていたら、こちらの店の岡田店主がXで、こんなポストをしていて
大阪駅からバス便で行くと、すぐ近くまで行けることがわかったので!

これを利用して大阪駅前バスターミナルの5番乗車口から97番加島駅行きの12時35分発のバスに乗車🚌💨
8つ目の「東淀工業高校前」で下車すると🚏

道路のすぐ反対側に店はあった。
12時56分に入店すると


厨房には屋号の『Ramen 無限』がプリントされたTシャツ姿の岡田店主👕
『中華そば 無限』時代には屋号が刺繍されたコックコートを纏っていたのに👨‍🍳

【新店】Ramen 無限-3
※画像は全国有名ラーメン店の味をそのままご自宅で楽しんでいただけるオンラインショップ『menjoy』さんから借用。
岡田店主から「まったく店で出してるのと同じ商品」とお墨付きを頂いている「中華そば」がコチラで購入できます。

まずは、店を入って、すぐ右にあった券売機で食券を購入する。
メニューは「鶏+豚+魚介のあっさりラーメン」と書かれた醤油ラーメン一本!


デフォルトの「ラーメン」が690円。
「チャーシューメン」840円、「Wチャーシューメン」990円。


【新店】Ramen 無限-2

「Wチャーシューメン」の食券を買って、オープンキッチンを囲むように造られたL字型カウンター9席のうち、空いていた左の手前の一番奥の席に着いて、カウンターの高台に食券を置いて
食券を回収にきた岡田店主に、開店祝いの言葉を述べて🎊

ラーメンを作る合間に少し話しをさせてもらった。
「熊野地鶏で作ったラーメンを690円で販売しちゃって、いいんですか?」
と聞くと…

「この店はlabo!」
「ラーメン研究のために作った店で、道楽でやってるから
😁

「儲けなんて気にしない。」
そんな答えが返ってきたけど
🤣

でも、こんなことも話していた。
「物価が上がっているのに、みんな給料は上がらない…」


(だから、この店では)美味しいラーメンを安価に食べてもらいたいと思って、コストは気にせず、この690円という販売価格にこだわった。」
「でも、スープも麺も一切の妥協はしない。」と話し…

本店は、家内と娘に任せて、岡田店主自らスープを炊き!
厨房に立つという!


そうして、13時5分には完成した「Wチャーシューメン」が
「これが一番儲からない😁」と言いながら岡田店主自らの手でサーブされた。

【新店】Ramen 無限-4

まるで花びらのように豚ロース肉のレアチャーシューがラーメン丼をぐるっと囲み🌹
センターに豚バラ肉のローストチャーシュー

そして、平たいメンマ小ネギが載せられた
「ばえる」ビジュアルのラーメン

【新店】Ramen 無限-5【新店】Ramen 無限-6

でも、これではスープも飲めないし、麺も食べられないので、チャーシューを寄せて😅
まずは、醤油が香り、多めの香味油が浮くスープをいただくと

『中華そば 無限』の「中華そば」の一口目から地鶏の出汁の旨味が打ち寄せるスープとは、ぜんぜん違う!
ても、鶏、豚の動物系に乾物の旨味を加えた出汁の旨味と醤油のカエシの旨味、香味油の旨味とのコンビネーションで食べさせるスープで、とても美味しい
😋

そして、「あっさりラーメン」と銘打ってはいるものの
「あっさり」という点では、『中華そば 無限』の「中華そば」の方が、ずっと、あっさりしているし、淡麗でキレイなスープといえる。

こちらのスープの方が動物系のワイルドさも感じられるし、ラーメンらしい雑味も感じられる。
雑味というと、よくないイメージを持たれる方もいるかもしれない。


しかし、ラーメンは雑味がないとラーメンらしく感じられないという人も多い。
だから、『中華そば 無限』の「中華そば」の地鶏の丸鶏で出汁を引いた豊潤な味わいのスープよりも、こちらの地鶏のガラやモミジで炊いたスープの方が、コクがあって、美味しいと感じる人も、それなりにいると思われる。


そんなことを思っていると、岡田店主が冷蔵保存していたものを、取り出して見せてくれた。
それは、「熊野地鶏」のモミジ!


【新店】Ramen 無限-7

モミジとは鶏の足先の部分で、スネから爪先あたりまで
もみじの葉のような形をしているのが名前の由来で、コラーゲンを多く含み、おいしい出汁が取れるため、ラーメンのスープ作りに使われる。

でも、たまに、このスープから飛び出た鶏の足先の画像を見て、グロテスクに思える人も多いと思うけど😓
このモミジは、めちゃめちゃキレイだし!

この地鶏のモミジとある部位を使ってスープを炊いたということがわかったけど
どうやって、熊野地鶏の、この特定の部位だけを仕入れたのか

ラーメン店では地鶏の丸鶏はいいとは思うけど、高いのでガラだけを仕入れたいと思う店が多い。
しかし、業者が、なかなか、ガラだけでは販売してくれずに、丸鶏や精肉もセットで取らざるを得ないという話しを地鶏を扱う複数のラーメン店の店主から聞いているのに


さすが岡田店主!
でも、この人は生産者のもとを訪ねたりする人だから、それができるのかな


コストを抑えてスープを作っていることはわかったけの、それでも、「熊野地鶏」だし
とても690円で販売するラーメンに使える材料ではないよね😅

麺は『中華そば 無限』の「中華そば」用の中太ストレートの自家製麺を兼用で使用しているそうで!
なめらかで、もちもちとした食感の


【新店】Ramen 無限-8

弾力があって、コシの強い麺で!
道産小麦粉100%で製麺された麺からは小麦粉の旨味も感じられたし♪


スープとも、いい感じに絡んでくれて美味しくいただけたし😋
しかし、いくら自家製麺でコストを抑えられるからといって、この秀逸な麺を690円のラーメンに使用しているのは全国のラーメン店を見回しても、ここだけだと思う😅

豚肩ロース肉のレアチャーシューも、本店と変わらないクオリティのもので!
程よい厚みがあって!


肉の旨みが、よく感じられるチャーシューで、最高に美味しかったし😋
なぜ、これをトッピングするのに本店が350円なのに、こちらでは150円でできるのかは不明😅

本当に岡田店主の言う通り、道楽なのか😅
ただ、単に、こちらの店では安く提供しているだけのように思えた😊

豚バラ肉のローストチャーシューも、余分な脂が落とされていたのがよかったし♪
肉のジューシーを感じる美味しいチャーシューだったし
😋

このコスパの高さは、他店では決して、真似のできないもので!
地元のお客さんは、かなり重宝すると思う
😊

でも、今日の岡田店主は終始、笑顔で😊
地元の常連と思われるお客さんにも話しかけて、楽しそうにしていて♪

『中華そば 無限』の厨房はクローズドキッチンだったので!
このオープンキッチンの厨房だと、こうして、お客さんとのコミュニケーションが図れて、きっと、嬉しいんだろう思う
😊

新たなメニューができて、大阪に来る機会があれば、また、大阪駅からバスに乗って伺います🚌💨
ご馳走さまでした。



メニュー:ラーメン…690円/チャーシューメン…840円/Wチャーシューメン…990円
大盛…150円/替え玉…200円

ミニチャーシューご飯…280円/チャーシューご飯…480円/中ごはん…160円
メンマ…150円/チャーシュー…300円


Ramen 無限



関連ランキング:ラーメン | 神崎川駅



好み度:Wチャーシューメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif
スポンサーサイト



訪問日:2022年3月20日(日)

中華そば ココカラサキゑ-1

兵庫、和歌山、奈良、大阪の4県のラーメン店を巡る3泊4日の関西遠征も3日目の夜を迎えて
今夜、向かったのは新大阪に2018年6月9日のロックの日にオープンした『中華そば ココカラサキゑ

昨年の2021年12月10日に閉店した『中華そば ムタヒロ 大阪福島店』の店長だった方が開業した店!
ノドグロ煮干しを使ったラーメンが食べられる店で、次に大阪に行く機会には、ぜひ、食べてみたいと思っていた♪


しかし、今回の遠征を決めて、エアーとホテルを予約した後に調べてみたところ
何と、ノドグロの高騰もあって、今月の3月6日をもって終了してしまったことが判明😥

残念に思っていたけど😞
でも、大丈夫♪

こちらの店の店主は『ミシュランガイド京都・大阪』で2019年以来、4年連続でビブグルマンに掲載されている『中華そば 無限』とも関係があるようで!
『中華そば 無限』譲りの名古屋コーチン比内地鶏の地鶏と水だけで作ったスープの「丸鶏」ラーメンも食べられるという情報だったので
🐓

18時開店の店に開店1分前の17時59分にやって来ると
歩道の車道側で4人のお客さんがシャッターで待っていた。

中華そば ココカラサキゑ-2

列の後に付くと、すぐに灯りが灯って、スタッフの女子が出てきて開店!
先客4人が、まっすぐに入店していく


店の外にあった券売機で先に食券を買うシステムだったんだね😅
券売機には本日限定の「カニ煮干」の貼り紙がされていた。

中華そば ココカラサキゑ-3

「限定」の文字には弱いけど、初めての店だし
カニ煮干しはアンモニア臭を除去しないといけなくて、扱いが難しい煮干しなので

ここは初志貫徹でデフォルトの「丸鶏」を!
ただ、「塩丸鶏」があって


塩味のスープの方が出汁のうま味をダイレクトに感じられるし!
地鶏と水で作ったスープは基本、塩味の方が好きなので、ちょっと、迷ったけど


でも、ゆかりのある『中華そば 無限』が、以前の名古屋コーチンのガラなどで作った鶏スープとアゴ、鰹節、昆布、3種類の煮干し、スルメ、アサリ、牡蠣、海老、椎茸、貝柱などで作った魚介スープを合わせて作ったダブルスープの時代は、醤油味の「中華そば」の他に「塩そば」もあったのに
名古屋コーチンと水だけでスープを作るようになってからは「塩そば」はやめてしまったのと

鶏と水だけで作った、所謂、「水鶏スープ」を出す店で醤油ラーメンを出す店は多いのに、塩ラーメンは少なくて
それに、美味しい「水鶏スープ」の塩ラーメンを出す店というのも、大阪では『極汁美麺 umami』とか『麺や 福はら』とか

ないわけではないけど
全国的に見ても、私は数えるほどしか知らないので、冒険は避けることに😅

なお、デフォの「丸鶏」ラーメンでもいいかなと思いながらも、250円増しで「チャーシュー増し」にできるので
「丸鶏チャーシュー」のボタンをプッシュして食券を購入!

入店して、スタッフの女子に食券を渡すと
オープンキッチンの厨房の前に並んだカウンター席の1席へと案内された。

厨房には店主1人!
そして、先客が常連のお客さんのようで


私の滞在中、店主とお客さんが終始、大きな声で談笑していて
コロナ禍の中、ちょっと気になったかな😓

そうして、少し時間が掛かって
開店してから17分後の18時17分に「丸鶏チャーシュー」が着丼!

中華そば ココカラサキゑ-4中華そば ココカラサキゑ-5

大判の豚肩ロース肉のレアチャーシューがラーメン丼を覆い尽くし!
太メンマがチョコンと載せられて、センターに九条ネギが盛りつけられた肉三昧のチャーシューメン
🥩

まずは、これではスープを飲めないので😅
チャーシューを捲って、スープをいただくと

中華そば ココカラサキゑ-6

『中華そば 無限』の岡田店主のDNAが感じられる味わいのスープで
地鶏出汁の旨みが、しっかり抽出されていて

スープに厚みもあって!
これにカエシの醤油の旨みがマリアージュしたスープは、コクがあって、めっちゃ美味しいじゃないですか
😋

スープから名古屋コーチンらしい鶏のワイルドさが少し感じられたのが、ちょっと、気にはなったけど
それを差し引いても余りある美味しさのスープだったし😋

そして、このコク旨なスープに合わせられた麺は、平打ちの中太ストレート麺で!
なめらかで、モッチリとした、やわらかめの食感の麺で!


中華そば ココカラサキゑ-7

麺の芯が残るようなアルデンテな麺よりも、こんな麺の芯まで、しっかりと茹でられた麺の方が好きだけど♪
ただ、ちょっと、やわすぎのようにも感じられたかな


低温調理された豚肩ロース肉のレアチャーシューは、厚みこそないものの大判で!
スライサーでペラッペラに薄切りされたものではないのがよくて♪


火入れの状態も良好で♪
肉の旨みが、しっかりと感じられるのがよくて
😋

中華そば ココカラサキゑ-8

肉好きにはたまらないラーメンと言えるし♪
しかも、7枚もチャーシューが載せられて、これで1,150円という価格は、めっちゃコスパ高いし
😊

太メンマは、外はコリッ!
中はサクッ!


中華そば ココカラサキゑ-9

食感が、めっちゃ好みのものでよかったし♪
美味しく完食
😋

明日は『中華そば 無限』に行って、食べ比べをするつもり♪
ご馳走さまでした。


中華そば ココカラサキゑ-10

メニュー:丸鶏特製…1100円/丸鶏…900円/丸鶏味玉…1000円/丸鶏チャーシュー…1150円
塩丸鶏特製…1100円/塩丸鶏…900円/塩丸鶏味玉…1000円/塩丸鶏チャーシュー…1150円

魚介特製…1100円/魚介…900円/魚介味玉…1000円/魚介チャーシュー…1150円
塩魚介特製…1100円/塩魚介…900円/塩魚介味玉…1000円/塩魚介チャーシュー…1150円

油そば(220g)…820円/チャーシュー油そば…1070円/温玉油そば…920円

チャーシュー増し…250円/味玉…100円/九条ネギ…100円/メンマ…100円/刻みタマネギ…100円/ワンタン2個…100円
ご飯…100円/チャーシュー丼…350円


中華そば ココカラサキエ



関連ランキング:ラーメン | 三国駅新大阪駅西中島南方駅



好み度:丸鶏チャーシューstar_s40.gif
接客・サービスstar_s30.gif
訪問日:2019年5月14日(火)

麺や ひなた【参】-1

本日のランチは、まず、尼崎のレジェンドの店で、昼夜20食限定で提供される特別なラーメンをいただいて…
次に向かったのが、ラーメン店が犇めくプチラーメン激戦区のJR塚本駅近くに、一昨年の2017年3月24日にオープンした『麺や なた』!


こちらの店は、大阪では有名な『きんせい』グループ出身の戸田店主が、この地に独立開業した店!
オープンから間もない2017年4月5日とオープン1周年の2018年3月24日に訪問している。


「塩らーめん」か有名な店で!
出身の『きんせい』グループで食べる、繊細で滋味深い味わいのスープとは違って、パンチがあって、一口目から魅了されてしまうスープの「塩ラーメン」で!


大阪で食べてきた塩清湯スープのラーメンの中でも上位に入ってくる一杯♪
そんな店が、つい先日の5月10日から熊本のブランド地鶏である「天草大王」を使ったスープにリニューアルするという情報を耳にして、機会があったら、食べてみたいと思っていた。


麺や ひなた【参】-2

というわけで、尼崎のレジェンドの店の最寄り駅であるJR塚口駅から福知山線の高槻駅行きの普通電車に乗って、2駅先の塚本駅で下車して
店の前までやってきたのは13時13分13秒!

入店すると、お昼のピークを過ぎた時間なので、お客さんはカウンター席に2人とテーブル席に2人だけ
厨房には、戸田店主と2人の男性スタッフがいて、ホールには、かわいいスタッフの女子も♪

戸田店主がいつも立つ、厨房の右端の前にあるカウンター席へとついて
メニューを確認すると

右端から縦書きで、「天草大王 塩らーめん」、「天草大王 醤油らーめん」の順で書かれていて
おすすめは、従来通り、「塩らーめん」!

麺や ひなた【参】-3麺や ひなた【参】-4

さらに、数量限定の「天草大王 鶏白湯らーめん」と続いて
「天草大王 塩つけめん」もあった。

この中で、「天草大王 鶏白湯らーめん」だけが天草大王100%スープ!
他は天草大王のガラと魚介を合わせたスープということで


「天草大王100%スープ」というワードには惹かれたけど、天草大王の鶏出汁のうま味を味わうなら、白湯よりは清湯かなと思ったのと
つけ麺は未食だったし、戸田店主の打つ自家製麺のうま味を味わうなら、つけ麺かなとも思ったけど

まずは清湯スープのラーメンだろうと思ったし!
塩が評判の店なので、ここは店のおすすめに従って「天草大王 塩らーめん」にすることに!


そうして、スタッフの女子から注文を聞かれて、デフォルトの「天草大王 塩らーめん」をオーダーすると
さっそく、ラーメン作りに入る戸田店主!

そうして、すぐに完成した「天草大王 塩らーめん」が戸田店主自らの手で供された。
豚バラ肉のレアチャーシューに、鶏モモ肉のローストチャーシュー、穂先メンマ、玉ねぎ、九条ネギがトッピングされた、美しいビジュアルのラーメン♪
 

麺や ひなた【参】-5麺や ひなた【参】-6

見た目は、2年1ヶ月前に食べたものと変わらない。
まずは、黄金色したスープをいただくと

麺や ひなた【参】-7

地鶏出汁のうま味に昆布、鰹節、いりこの魚介出汁のうま味を感じるスープで!
さらに、干し海老がいい出汁出してて!


このスープに、キレとミネラル感のある塩ダレが合わせられていて
パンチのある味わいで、めっちゃ美味しい♪

ただ、この味わいは、鶏出汁のうま味は確実に増していたものの
2年1ヶ月前にいただいたスープと、あまり、変わらないような!?

これって、もしかして、スープリニューアルとはいっても、清湯スープについては使用する鶏を天草大王に変えただけなんじゃないか!?
そこで、戸田店主に確かめたところ

やはり、そうで
さらに、戸田店主によると

天草大王に替えて、鶏のコストは、従来の3倍に膨れ上がったということで!
値上げせざるを得なかったなんて話していて


それは仕方ないことだとは思ったし
以前より美味しく進化しているからいいとは思ったけど

でも、せっかく、天草大王を使うんだったら、もっと、鶏スープの使用比率を上げて!
その分、魚介スープの比率を下げて


天草大王の地鶏出汁のうま味が、もっと強く感じられるスープにしてもらえるとよかったんだけどね
そうすることによって、さらにコストが上がるなら、さらに50円値上げして850円で販売してもいいので

麺は、従来と変わらない全粒粉が配合された平打ちの中細ストレートの自家製麺が合わせられていて!
なめらかな口当たりの麺で!


麺や ひなた【参】-8

つるモチ食感の麺は、しなやかなコシも感じられて
のど越しのよさもあって♪

小麦粉のうま味が、よく感じられる麺で!
スープとも絡んで、美味しくいただけるのがいい♪


豚バラ肉のレアチャーシューは、以前よりレア感が増していて!
肉のうま味がしっかりと感じられる美味しいチャーシューだったし


麺や ひなた【参】-9

鶏モモ肉のローストチャーシューは、まず、香ばしい風味が最高だし♪
厚みがあって、弾力があって、味も最高
😋

先メンマは、根元の太い部分までやわらかいのがよくて
穂先部分のシュクシュクとした食感がたまらなくよかったし

麺や ひなた【参】-10

そうして、最後は、スープも、ぜんぶ飲み干して完食♪
ただ、もっと、天草大王を感じたかったので、天草大王100%スープの「鶏白湯そば」にすればよかったかな


でも、白湯よりも清湯スープでいたたきたいので、できれば、天草大王100%スープの「鶏清湯そば」を限定でやってもらえると嬉しいんだけど♪
ご馳走さまでした。


麺や ひなた【参】-11

メニュー:天草大王 塩らーめん…800円/天草大王 塩らーめん(味玉付き)…900円/天草大王 塩チャーシュー…1050円

天草大王 醤油らーめん…800円/天草大王 醤油らーめん(味玉付き)…900円/天草大王 醤油チャーシュー…1050円

【数量限定】天草大王 鶏白湯らーめん…900円/天草大王 鶏白湯らーめん(味玉付き)…1000円/天草大王 鶏白湯チャーシュー…1150円

各種 自家製麺大盛り…100円

※学生さんは、ご注文時学生証提示で無料(つけ麺対象外)

天草大王 塩つけ麺
小盛(200g)…900円/中盛(250g)…950円/大盛(300g)…1000円

味玉…100円/ネギ…100円/穂先メンマ…100円/豚バラチャーシュー(3枚)…250円


麺や ひなた



関連ランキング:ラーメン | 塚本駅



好み度:天草大王 塩らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年7月11日(水)

桐麺 本店【参】-1

本日のランチに向かったのは、大阪・三津屋にある🗻桐 麺 本店』!

日本テレビ系列で毎週木曜夜9時から放送されている「秘密のケンミン SHOW」
この読売テレビ制作のバラエティ番組に『桐麺 本店』、『中華そば 桐麺』店主である桐谷さんが出演すると、桐谷店主が自身のTwitterでツイートしていたので!


見てみると
前半の岩手県のラーメン特集ではなく、名物コーナーの「ヒミツのOSAKA」に出演していた。

桐麺 本店【参】-10

しかも、店や自慢の「つけ麺」に「中華そば」が紹介されるわけではなく!
店主と奥さまが仲良く出演♪


そして、この日の「ヒミツのOSAKA」のテーマは
「大阪府民の男女は、とても幸せそうだが、なぜか美女と野獣なペアが多い!?」

桐麺 本店【参】-11桐麺 本店【参】-16

「大阪府民の“美女と野獣”カップルにインタビュー!」
「大阪男性から美女にモテる秘策を学ぶ!?」というもの
(笑)

確かに、こちらの店のご夫妻
失礼ながら、2014年12月1日のオープンの日に伺った際に拝見したときの印象は、まさに美女と野獣!

それで、そんなことをブログにも書かせていただいた。
しかし、まさか、そんなことでテレビ出演するとは
(汗)

桐麺 本店【参】-12桐麺 本店【参】-13桐麺 本店【参】-14桐麺 本店【参】-15

そんな店で、本日7月11日より限定で「マゼル第2弾」と題した「冷とろろをMAZEL」なるものが提供されるというのを、今朝、新大阪に向かう新幹線の中で、こちらの店の桐谷店主がTwitterでツイートして!
さらに、これを麺友のBobbyさんがリツイートしていたのを発見!


これは、絶対、Bobbyさん、食べに来るよね(笑)
それで、今日は、このテレビの件と限定が重なったこともあって、一石二鳥なので、超久々に店を訪れることにした。

そうして、梅田での仕事をサクッとこなして
阪急神戸線に乗って、最寄り駅の神崎川に!

そして、駅からは少し歩く店の前まで11時11分11秒にやってきて
店の外観写真を撮っていると

前回同様、その間に、また、一人、お客さんが入店していった。
前回はこれで、食べようと思っていたメニューが売り切れてしまったので


嫌な過去の出来事を思い出して、急いで入店すると
カウンター席には、MASAさんを始めとする関西の限定ハンターの皆さんがズラッと並んでいた。

ただ、ポールで来ているんじゃないか!?
密かに思っていたBobbyさんの姿はなし

さらに、厨房には美女と野獣カップルの桐谷店主の姿もなく
男性スタッフが2人!

店主は、2号店の『中華そば 桐麺』の方に居るのだろうか!?
「秘密のケンミン SHOW」の話しで盛り上がろうとしたのに、残年(>_<)

そこで、空いていたカウンター席へとついて
「冷とろろをMAZEL」を注文!

なお、「冷とろろをMAZEL」850円は、「かけMAZEL」650円に「別皿具材トッピング」200円をプラスしたものと勝手に解釈していたけど
本当にそうか

桐麺 本店【参】-2

そう思って、オープンキッチンの厨房にいた若い男性スタッフ2人のうちのサブの人に確認すると
そうではなく、「かけMAZEL」に、とろろとカットチャーシューが入ったものが「冷とろろをMAZEL」!

そして、どちらにも具は付かずに、具がほしい場合は、「別皿具材トッピング」を別途トッピングする必要があるということだったので
「別皿具材トッピング」を追加させてもらったんだけど

これは、メニュー名を見ただけではわからない
絶対、説明書きが必要だよね!

そうして、注文を終えたところで、入店してきたのは…
Bobbyさん


今日は珍しく、遅めの出勤(笑)
すると、ちょうどポールと二番目のMASAか食べ終わって席が空いたので、そちらに席を移らせてもらった。

Bobbyさんは「冷とろろをMAZEL」を注文!
そこで、今、サブのスタッフの人からの説明を話して


「別皿具材トッピング」を注文しないと、具は付かないと言うも
具は必要なしということで、追加注文はなし。

そうして、麺を茹でるのに10分を要して
麺〆、盛りつけにも時間が掛けられて提供された「冷とろろをMAZEL」!

そして、続いて、山葵の入った小皿と
豚肩ロース肉のローストチャーシュー味玉ハーフメンマカイワレ九条ネギ、白ネギ、糸唐辛子が別皿に盛りつけられた「別皿具材トッピング」も出された。

桐麺 本店【参】-3桐麺 本店【参】-4

しかし、この「冷とろろをMAZEL」
麺にとろろがかかっていなかったので

これって、「かけMAZEL」と間違えたのでは
そこで、すぐに、それを指摘したところ

とろろは麺の下に隠されているという
そこで、確かめると

確かに麺の下に、とろろとカットしたチャーシューが隠れていたけど
こうすることで、驚かせようとしたんだろうけど

紛らわしいので
それなら、とろろとカットしたチャーシューが付かない「かけMAZEL」なんて販売しなければいいし

どちらも販売したいのなら
やっぱり、きちんと、商品説明を書くべきだと思う。

まずは、キレイに麺線を揃えて盛りつけられた麺を、とろろにまぜずにいただくと
平打ちで極太のストレート麺は、小麦粉の風味がバツグンにいい♪

桐麺 本店【参】-6

そして、芯まで、しっかりと茹でられて
しっかりと冷水で〆られた麺は

モッチモチの食感に感じられて!
めっちゃ食感のいい麺で♪


しっかりとしたコシかあって!
小麦粉粉のうま味がよ~く感じられる麺なのがいい♪


そんな麺の感想をBobbyさんに話すと
この麺は北海道産小麦粉の「春よ恋」の3種類をミックスしたもののようで!

普段は、つけ麺に使っている麺で!
あえて、茹で時間を長く茹でたものなんだそう!


でも、これだけ幅広の麺で、平打ちとはいえ、それなりに厚みのある麺だったら、結構時間がかかるんだろうなと思って!
メインで調理している男性スタッフに


「普段つけ麺に使うときは、6分30秒くらいですか?」と聞くと…
「いいえ、8分20秒です。」という答えが返ってきたので…

「じゃあ、この麺、10番なんですね?」と言うと…
「そうです。」ということだったけど…

10番の切刃をレギュラーのつけ麺の麺に使っている店なんて
関西はもとより、全国的に見ても少ないじゃないのかな!?

大阪では、日本橋から谷九方向に歩いた千日前通り沿いの左側にあった『麺や 天啓』で、10番の麺を使っていたのと
あとは、2016年7月31日に閉店した『麺匠 四神伝』が「極太つけ麺」に、確か切刃11番の麺を使っていたくらいしか記憶がない

そして、この麺を、「魚介らーめんに使っている塩ダレで味付けました。」とメインにラーメンを作っている男性スタッフが話していた塩ダレと
とろろにマゼていただくと

味付けが、やや、塩辛いようにも感じられたけど
でも、まずまずの塩加減で、美味しくいただけたし♪

さっぱりといただけて!
とろろと中華麺の組み合わせというのもいいね♪


さらに、山葵を麺に付けていただくと
山葵のツーンとした辛味がとろろと、めっちゃ合っててよかったし♪

桐麺 本店【参】-7

そうして、3分の1ほど食べ進めたところで、別皿の具をセルフで盛りつけてみると
少しは華やかになったかな(笑)

桐麺 本店【参】-8

トッピングの豚肩ロース肉のローストチャーシュー味玉ハーフメンマ
特別なものはなかったけど、どれも普通に美味しくいただけたし♪

カイワレ九条ネギ、白ネギは、このとろろまぜそばとも合っていてよかったし♪
糸唐辛子のピリリとした辛味もアクセントとしてきいててよかった!


これが、温かい麺の普通の「まぜそば」だったら、どうかわからないけど
冷たいのが、この暑い季節にはピッタリでよかったし♪

それに、麺を美味しく食べさせる方法としても、この塩ダレをまぜて食べさせるというのは、いい方法だと思う♪
ご馳走さまでした。


桐麺 本店【参】-9

メニュー:こってりラーメン
鶏麺しょうゆ…730円/鶏麺しお…750円/鶏麺みそ(数慮限定)…800円/鶏麺カレー(ちょい辛・辛口・激辛)…800円

あっさりラーメン
TSW(鶏魚割)…780円/鶏出汁醤油らーめん(数量限定)…780円/鶏出汁塩らーめん(数量限定)…780円

つけめん
醤油つけめん…850円/塩つけめん(数量限定)…800円
まぜ麺Z(汁なしのまぜそば)…800円

大盛…100円/替えめし…150円

ごはんセット
ごはん(小)…100円/(中)…150円/(大)…200円
豚丼…200円

からあげセット(ごはん+からあげ2個)…250円
からあげ単品(2個)…200円/(5個)…500円
※からあげ1個(100円)から追加OK

トッピング
チャーシュー(2枚)…200円/味玉…100円/ガーリック…50円/辛ダレ…50円


【マゼル第2弾(7月11日~)】冷とろろをMAZEL…850円
大盛…100円/ミニごはん割り…50円
かけMAZEL…650円/別皿具材トッピング…200円


桐麺ラーメン / 神崎川駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:冷とろろをMAZELstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年3月24日(土)

麺や ひなた【弐】-1

本日のランチは、ラーメン激戦区のJR塚本駅近くに、昨年の3月24日にオープンして、本日1周年を迎える『麺や なた』へ!

今日は、オープン1周年を記念して、「北海道産帆立と丸鶏の塩らーめん」と「北海道産帆立と丸鶏の醤油らーめん」という2種類のラーメンが提供される♪

なお、こちらの店は、『きんせい』の中村店主の4番弟子である戸田店主が独立開業した店で!
昨年の4月5日に訪問して、まず、戸田店主おすすめの「塩らーめん」をいただいた。


鶏出汁のうま味に鰹節、いりこ、昆布の和風出汁のうま味を重ねて
干し海老の風味をきかせて仕上げたといった感じの味わいのスープで!

干し海老がいい出汁出してて!
食べる前までは、『きんせい』グループ出身ということで、もっと繊細で滋味深い味わいのスープなのかと思っていたのに


パンチがあって、一口目から魅了されてしまうスープでよかったし!
完成度の高いラーメンで、今まで、大阪で食べてきた塩清湯スープのラーメンの中でも、かなり上位に入ってくる一杯♪


そこで、もう一杯、追加で「鶏白湯らーめん」もいただいた。
鰹節の魚介の風味の強いスープで、こちらも「塩らーめん」で活躍していた干し海老が存在感を示していて!


個性的な味わいの鶏白湯スープでいいとは思ったけど
ただ、「塩らーめん」とは違って、こちらは、まだ、発展途上という感じだったかな

でも、楽しみな店ができた♪
だから、今後、「塩つけ麺」が販売されたら、また、行こうと思っていたくせに、なかなか、チャンスに恵まれないまま、いつの間にか、オープンから1年が経過してしまった。


そうして、店の前に11時11分11秒にやって来ると
8人のお客さんが開店を待っていた。

そして、その中には、大阪のラーメン愛好家の重鎮お二人の姿が!
お二人は、こちらで、サクッと食べたら、奈良のラーメンイベントに行くと話していたけど


奈良のイベント会場に行ったら、また、何杯か食べるんだろうと思われるけど
本当にお疲れさまです(;^_^A

そうして、このお二方と、さらに、後から行列に加わった関西のラーメン愛好家の皆さんとお喋りをしているうちに、開店時間1分前の11時29分に戸田店主が店の中から現れて
オープン1周年を迎えられたことへの感謝の言葉を述べて、開店♪

麺や ひなた【弐】-2

入店する際、前に並んだラーメン愛好家の重鎮お二人のうちの一人のYさんが戸田店主に
「塩と醤油とどっちがええの?」と聞いて…

「塩はホタテの風味が強いですし、醤油は鶏が強いです。」と答えがあると…
「スープはいっしょやろ?」と疑問を呈して…

「いっしょですけど、風味が違います。」と答えがあると…
重鎮二人で相談して

「ほな、そうしようか…」と言って…
お二人で、「塩」と「醤油」をシェアして食べることにしたみたいだけど

さて、私は、どっちにしようか
「ホタテ風味の塩」と「鶏風味の醤油」!

好みからすると、「鶏風味の醤油」ということになるけど
そうして、入店すると、先に入店して、4人掛けのテーブル席へとついていた重鎮のお二人から

「こちらにどうぞ!」とお誘いいただいたんだけど
恐れ多いので、丁重にお断りして、カウンター席へとついて(汗)

スタッフの女子から注文を聞かれて
「塩でお願いします。」と言って、オーダーを告げる。

麺や ひなた【弐】-3麺や ひなた【弐】-4

「醤油」がいいかなとは思った。
それは、鶏清湯の醤油ラーメンが好きだから♪


でも、戸田店主は、前回、おすすめを聞いたときに、即答で「塩らーめん」と言った!
それは、「塩らーめん」の味に絶対の自信を持っているから♪


そして、ープンキッチンの厨房では、戸田店主によって、すでにラーメン作りが始まっていて
まず、一斗缶から雪平鍋に移されたスープがガス台の火に掛けられていくと

頃合いを見て、麺が茹で麺機のテボの中に投入されて
スープが温まると

ラーメン丼に注がれて
1分間茹でられた麺が引き上げられて!

湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼の中へ
そうして、麺が整えられて、具が盛りつけられると

完成した1周年記念ラーメンが先客に出されていって!
これが繰り返されて、私にも「北海道産帆立と丸鶏の塩らーめん」の一つが戸田店主によって供された。


麺や ひなた【弐】-5麺や ひなた【弐】-6

大きくて肉厚なヒモ付きのホタテ貝のむき身を炙ったものが1個とホタテ貝の炙り貝柱が2個
豚バラ肉のレアチャーシュー鶏モモ肉のローストチャーシューの2種のチャーシュー、穂先メンマ空芯菜(くうしんさい)、笹切りされたネギがトッピングされた美しいビジュアルのラーメン♪ 

まずは、やや、濁りのあるスープをいただくと
ホタテ!ホタテ!ホタテ!

麺や ひなた【弐】-7

ホタテ貝の風味MAXのスープで!
鶏がホタテを下支えしているような味わい


近年、これだけホタテを感じるスープを飲んだ記憶がないほど
これは、おそらく、スープだけではなく、塩ダレや香味油にもホタテを使っているからじゃないかと思われるけど

ここ数年、貝を使ったラーメンが流行っていて!
「シェルラー」なんて言葉もできた。


しかし、主に使用される貝は、ハマグリ、アサリ、シジミで!
最近ではホンビノス貝を使った貝出汁のラーメンを出す店も増えているけど、ホタテは、あまり目立ってはいない。


でも、それは、ホタテの貝柱が高価で
コストのかかるホタテをふんだんに使ってラーメンを作ることなんてできないから

今回は周年記念限定ということで、思いきって、これだけホタテを使ったと思われるけど
今日は、改めて、ホタテのうま味を堪能することができた。

そして、このホタテ風味のスープとキレとミネラル感のある塩ダレが、よくマッチしていて!
めちゃめちゃ美味しい♪


そして、このホタテの塩スープに合わせられた麺は、全粒粉が配合された平打ちの中細ストレートの自家製麺で!
なめらかな口当たりの、つるモチ食感の、のど越しのいい麺で♪


麺や ひなた【弐】-8

小麦粉のうま味も、しっかりと感じられて!
スープとの絡みもバッチリで、スープとの一体感が感じられるのがいい♪


トッピングされたヒモ付きのホタテ貝のむき身は、大きくて、肉厚で、身が締まっていて!
やや、歯応えもあったけど、濃厚なうま味のあるものでよかったし♪


麺や ひなた【弐】-9

ホタテ貝の炙り貝柱は、炙られたものが出されたので、香ばしかったし♪
うま味も甘味も強いもので、めっちゃ美味しかったし♪


豚バラ肉のレアチャーシューは、豚肉の脂のうま味を感じるチャーシューだったし♪
鶏モモ肉のローストチャーシューは、香ばしくて!


麺や ひなた【弐】-10麺や ひなた【弐】-11

弾力があって!
噛む度に、鶏モモ肉のうま味が感じられる美味しいチャーシューだったし♪


穂先メンマは、根本の太い部分までやわらかくて
穂先部分のシックシュクとした食感も最高だったし♪

最後はスープもすべて飲み干して完食!
美味しかった♪


そして、少し待つうちに
本日、2杯目となる「北海道産帆立と丸鶏の醤油らーめん」が戸田店主から供されたんだけど

麺や ひなた【弐】-12麺や ひなた【弐】-13

これは、1杯目の「北海道産帆立と丸鶏の塩らーめん」のスープを飲んで
思いっきりホタテ満載のスープで!

これだけ、ホタテが強いのに、「醤油らーめん」にすると鶏が強いって本当かなと思ったのと!?
まだ、戸田店主の作る醤油ラーメンは食べたことがなかったのと

それに、何より、一口、「塩らーめん」のスープを飲んで、めっちゃ美味しかったので!
「醤油らーめん」も期待できると思った♪


だから、その時点で、戸田店主に、連食可能か確かめて!?
OKということだったので、即、「醤油らーめん」も追加オーダーしていた。

こちらも、大きくて肉厚のヒモ付きのホタテ貝のむき身を炙ったものが1個とホタテ貝の炙り貝柱が2個
豚バラ肉のレアチャーシュー鶏モモ肉のローストチャーシューの2種のチャーシュー、穂先メンマ、空芯菜、笹切りされたネギがトッピングされて

スープの色が違う他は
平打ちの細ストレートの麺も、トッピングされた具も「塩らーめん」とまったく同じ!

正確に言えば、ホタテ貝のむき身が「塩」に入っていたものがオレンジ色した卵があったので♀(雌)!
こちらの「醤油」には、卵の代わりに白黄色した白子があったので♂(雄)という違いはあるものの


そんな「醤油らーめん」のスープをいただくと
鶏!鶏!鶏!

麺や ひなた【弐】-14

丸鶏の豊潤なうま味を感じるスープで!
ホタテも感じられるけど、こちらは完全に鶏が主役♪


しかし、スープをいただくまでは、同じスープを使って、「塩らーめん」と「醤油らーめん」で、そんなに味が違うなんて、にわかには信じられなかったけど
本当だった(*_*)

これは、醤油ダレのカエシには、先ほどの塩ダレとは違って、ホタテが使われていなかったことと
香味油が鶏油だったからたということになるんだろうけど

同じスープで、これだけ、まったく違う味わいにしてくるのもスゴい。
それに、ホタテ風味MAXのスープもよかったけど、この鶏風味のよく出たスープもよかった♪


麺は、これも先ほど同様、自家製の全粒粉が配合された平打ちの細ストレート麺が合わせられていて
つるモチ食感の加水率37%くらいの麺は、なめらかな食感の口当たりのいい麺で!

麺や ひなた【弐】-15

のど越しのよさもあって!
小麦粉のうま味も感じられるのがいい♪


それに、カエシの醤油がもっと主張するようなスープだったら、やや、麺が弱いようにも感じてしまったかもしれないけど
淡口醤油と濃口醤油をブレンドしたような味わいのカエシだったので、適度に絡んでくれたのもよかった。

トッピングされた具のホタテ貝のむき身は、雄と雌の違いはあったけど、味、食感に差は感じられず、どちらも美味しくいただけたし!
ホタテ貝の炙り貝柱は、先ほど同様、うま味も甘味も強いもので、こちらも、めっちゃ美味しかったし♪


麺や ひなた【弐】-16

豚バラ肉のレアチャーシュー鶏モモ肉のローストチャーシューも、先ほど同様で!
どちらもとてもよかったし♪


麺や ひなた【弐】-17麺や ひなた【弐】-18

穂先メンマも、やわらかくて、シュクシュクとした食感のもので!
食感が最高だったし♪


2杯目だったけど、スープが美味しかったから、最後は、こちらも、すべて飲み干して完食♪
オープン1周年おめでとうございます。


自家製麺が美味しいので、今度こそ、つけ麺を食べに、再度、伺います。
ご馳走さまでした。


麺や ひなた【弐】-19

【3月24日(土)周年限定】

北海道産帆立と丸鶏の塩らーめん…1000円/北海道産帆立と丸鶏の醤油らーめん…1000円

麺大盛り…100円
味玉…100円/豚バラチャーシュー 別皿3枚…180円



通常メニュー:塩らーめん…750円/塩らーめん(味玉付き)…850円/塩チャーシュー…930円

醤油らーめん…750円/醤油らーめん(味玉付き)…850円/醤油チャーシュー…930円

鶏白湯らーめん…800円/鶏白湯らーめん(味玉付き)…900円/鶏白湯チャーシュー…980円

各種 自家製麺大盛り…100円

※学生無料(注文時学生証提示)

味玉…100円/ネギ…100円/穂先メンマ…100円/豚バラチャーシュー(3枚)…180円

ランチセットメニュー
唐揚げセット(唐揚げ2個+ご飯 小)…250円/本日の限定丼セット…250円/ひなたセット(唐揚げ2個+限定丼)…400円

ご飯セット
小…50円/中…100円/大…150円

一品料理
唐揚げ
2個…200円/4個…400円

鶏のピリ辛胡麻だれ和え…300円

ご飯
小…100円/中…150円/大…200円


麺や ひなたラーメン / 塚本駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:北海道産帆立と丸鶏の塩らーめんstar_s45.gif
北海道産帆立と丸鶏の醤油らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m