FC2ブログ
訪問日:2018年9月11日(火)

らぁ麺 やまぐち【参】-1

本日のランチは、旧店舗から徒歩20秒の場所に9月7日に移転オープンしたミシュランガイド東京ビブグルマン掲載店の『ぁ麺 まぐち』へ!

旧店舗の前を走る早稲田通りを渡った右斜め前という至近距離の場所に移転した店を11時8分に訪ねると
店頭で一人、佇む人がいた。

この人こそ、「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で、ラーメン店として「ビブグルマン」に掲載された氷見のラーメンが美味しいワインバーの『貪瞋痴(とんじんち)』の紅出店主!
昨日は、ミシュラン一ツ星の和牛づくしの肉割烹『おにく 花柳』A5和牛松茸のすき焼きを食べに来て!


一泊して、ラーメン店としてランチタイムに営業するため、今朝は始発の東北新幹線で新高岡駅経由で富山県の氷見まで帰る予定をしていたくせ
痛恨の麺発注忘れ(>_<)

在庫の麺が20玉しかない状態では営業できないので
これでは営業できず、臨休することに

せっかく、昨日、東京に来る前に、煮干しの水だしして準備して
今日、帰ったら、その水出しした煮干しを炊いて、営業する予定だったのに、お客さんに申し訳無いことをしたと反省していた。

そこで、仕方ないので、今日は都内でラーメンを食べるということになり(笑)
待ち合わせをしたのが、こちらの移転オープンしたばかりの『らぁ麺 やまぐち』だった

らぁ麺 やまぐち【参】-2

そのまま、待っていると
開店時間まで20分を切った時間になると、お客さんが集まり始めて

開店時間の11時30分になると、かわいいスタッフの女子が出てきて、シャッターを上げ始めたんだけど
シャッターが高い位置から下りていて、彼女が小さいのと、力がないのと、シャッターが思いのとで、なかなか上がらない

思わず、力を貸そうかと思って近づくと
男性スタッフが出てきて、何とかシャッターを上げることができて

らぁ麺 やまぐち【参】-3

無事、開店することができたんだけど(汗)
この時点で10人余りのお客さんが行列を作っていた。

紅出店主、私の順で入店して
券売機で、まず、食券を買うんだけど

らぁ麺 やまぐち【参】-4

麺メニューは、醤油味の「鶏そば」と「鶏つけそば」の2択!
「鶏そば」には、デフォの「鶏そば」の他に味玉にデフォの「鶏そば」には入らない鶏チャーシューが入る「特製鶏そば」と、トッピングなしの「かけそば」が用意されていて!


「鶏つけそば」には「特製」と「大盛」の設定かをあった。
単品トッピングは、「味玉」、「鶏ワンタン」、「チャーシュー」!


ご飯ものは、「ロースト豚丼」、「ミニロースト豚丼」、「ライス」、「ミニライス」!
なお、「鶏そば」と「ミニロースト豚丼」のセットのボタンがあって、セットにするとお得なのかなと思ったのに、価格は単品で買っても変わらない
(--;)

この中からセレクトしたのは「鶏そば」と「ミニロースト豚丼」!
紅出店主が「鶏そば」の食券を買い求めたので、「鶏つけそば」にしようかと、一瞬、思ったけど


でも、実は、旧店舗時代にも、鶏と昆布だけで、魚介を使わなくなった「鶏そば」を食べたことがなかったので
まずは、ラーメンで食べたかったし!

それと、スープと麺だけの「かけそば」があって!
よほどスープに自信がないと、やらないメニューだし


あえて、雑味のない、この「かけそば」をチョイスする手もあるかなとも思ったけど
移転に当たって、チャーシューに使う豚肉を国産豚の肩ロースに変えたという情報を聞いていて、食べておきたかったので!

そうして、オープンキッチンの厨房の前に一直線に11席並んだカウンター席に奥から詰めて座って、男性スタッフに食券を渡す。
なお、席は他に、店の左奥のスペースに2人掛けのテーブル席が1卓あって、全13席!


移転前は厨房が奥にあるセミクローズドのキッチンの店で!
山口店主が調理する様子もわからなかったし、お話しすることもできなかったので、この移転は、めっちゃ、ウエルカム♪


注文を受けると、さっさく、ラーメン作りに入る山口店主!
まず、スープを雪平鍋をガス台の火にかけていって!


チャーシューをカットすると
「麺屋 棣鄂」の木箱から麺を2玉取り出して、2基のテボへと入れて、タイマーをセット!

スープが温まると
大きめの300cc入るお玉を使って、温まったスープをラーメン丼に注いでいく

そして、タイマーが鳴る前に1分30秒弱でテボを引き上げて
湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられて!

トッピングの具が盛りつけられて
2個作りされた「鶏そば」が完成すると

鶏そば」が紅出店主と私に!
そして、男性スタッフの人によって作られた「ミニロースト豚丼」も、ほぼ、同じタイミングで私に供された。


らぁ麺 やまぐち【参】-6らぁ麺 やまぐち【参】-7

豚肩ロース肉のレアチャーシューが2枚に材木メンマ2本とカイワレが載せられた
シンプルな装いの醤油ラーメン!

らぁ麺 やまぐち【参】-8らぁ麺 やまぐち【参】-9

鶏油が黄金色に煌めき!
生揚げ醤油が香るスープをいただくと


らぁ麺 やまぐち【参】-10

会津地鶏、山水地鶏の丸鶏に吉備鶏のガラと羅臼昆布を使用して!
移転に当たっては、鶏専用のチルド庫を設け、朝炊きで鶏の鮮度にこだわったと卓上のPOPに書かれていたスープ
は…

らぁ麺 やまぐち【参】-5

フレッシュな鶏のうま味が口の中に広がるスープで
丸鶏らしい、ふくよかなうま味がよ~く感じられて

そして、昆布のうま味が、うま味過多じゃないかと思われるくらいよ~く出ていて
さらに、生揚げ醤油と再仕込み醤油と濃口醤油をプレンドしたような味わいのカエシの配合と分量が絶妙で♪

めちゃめちゃ美味しい♪
やっぱり、『やまぐち』のスープは、これだけ美味しかったんだね♪


こちら『らぁ麺 やまぐち』が2013年1月8日にオープンして、少しして、「鶏そば」を食べに行ったときには
美味しいことは美味しいけど、皆さんが絶賛するほどでは(汗)

というのが、そのときの印象
その後、「冷し煮干そば」を食べにいって

上品すぎて、もう一つ、煮干しのうま味が引き出せていないように感じられて
以来、この店の味は私の口には合わないんだろうなと思って、訪問していなかった。

しかし、名古屋の『らぁ麺 紫陽花』で食べて
福岡の『地鶏らーめん はや川』で食べて

山口店主の教え子が作るスープが、めちゃめちゃ美味しくて♪
この2店以外でも、山口店主が東京・府中の『麺創研 かなで』に在籍していたときに店にいて、その後、独立した店主の店で食べたラーメンも、すべて美味しくて♪


これは、以前いただいたラーメンが下ブレしていたのかも
そう思ったし!

昨年の2月に水と鶏で作ったスープにリニューアルしていて、その影響もあったのかもしれないけど
何しろ美味しい♪

このスープをいただいて
もっと、早めに来るべきだったと反省!

麺は、「麺屋 棣鄂(ていがく)」の国産小麦を使用した平打ちの中太ストレート麺で!
麺の芯まで、よく茹でられた麺は、なめらかで


らぁ麺 やまぐち【参】-11

モッチモチの食感の麺で!
コシもあって


小麦粉のうま味に甘味が感じられて!
それに、スープとの一体感を感じられる秀逸な麺だったし♪


豚肩ロース肉のレアチャーシューは、もう少しレア感が欲しいところだったけど
でも、上質な豚肉が使われていて、肉のうま味を感じる美味しいレアチャーシューだったし♪

らぁ麺 やまぐち【参】-12

材木メンマの外はコリッ!
中はサクッの食感が、たまらなくよかったし


ミニロースト豚丼」は、炙ったレアチャーシューが載せられていて!
香ばしいし♪


らぁ麺 やまぐち【参】-13らぁ麺 やまぐち【参】-14

醤油ダレの味付けもとてもよくて!
ラーメンとセットで食べると、ちょうど、お腹も満たされるので、おすすめ♪


そうして、最後は、もちろん、スープの最後の一滴まで、すべて飲み干して完食したんだけど
豊潤な地鶏のうま味に芳醇なカエシのうま味に加えて、昆布のうまみがハンパないスープだったし♪

スープを飲み終わるころには、鶏感が増して!
飲み始めも美味しいけど、飲み終わりも美味しくて、最高でした♪


次回は「鶏つけそば」をいただきに、間髪入れずに訪れないとね♪
ご馳走さまでした。


らぁ麺 やまぐち【参】-15

メニュー:鶏そば…880円/特製鶏そば…1200円/かけそば…720円
鶏そばミニポーク豚丼セット…1080円/替玉…100円

鶏つけそば…950円/特製鶏つけそば…1280円/鶏つけそば 大盛…1050円/特製鶏つけそば 大盛…1380円

味玉…120円/鶏ワンタン…200円/チャーシュー…200円
ロースト豚丼…450円/ミニロースト豚丼…200円/ライス…120円/小ライス…70円


らぁ麺やまぐちラーメン / 面影橋駅早稲田駅(都電)西早稲田駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:鶏そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2018年7月26日(木)

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-1【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-2

本日のランチは、新宿歌舞伎町に本日7月26日オープンする新店の『らぁ麺 鳳仙花』へ!

こちらの店は、『俺の麺 春道』『煮干中華そば 鈴蘭』『らぁ麺 はやし田』などのラーメン店に500円ピッツァ&イタリアンの『CONA』などの飲食店経営及びプロデュースを行う株式会社INGS(イングス)が経営するニューブランドのラーメン店!

『俺の麺 春道』が濃厚豚骨魚介!
『煮干中華そば 鈴蘭』が煮干し!


『らぁ麺 はやし田』が水と鶏&鴨!
流行のラーメン&つけ麺を出す店を次々にオープンさせてきた会社が次に目を付けたのが金目鯛


そして、今回も大ヒット不良漫画「クローズ」に肖って、「クローズ外伝」の「鳳仙花」を屋号にして店をオープンさせる!
今までオープンさせてきた各店は、どこも、資本系の店とは思えない美味しいラーメンにつけ麺を食べさせてくれる店で、流行っているし♪


特に昨年の12月18日にオープンした『らぁ麺 はやし田』は、鴨と大山どりを使った「醤油らぁ麺」に、希少な「のどぐろ煮干し」を使った「のどぐろそば」が人気で!
新宿三丁目の丸井の裏の狭い路地裏にあるという店のロケーションの悪さから、飲食店が入居しても閉店を繰り返す場所にオープンしたにもかかわらず、連日、行列ができている。


さて、金目鯛出汁のラーメンを出す、この新店も行列店の仲間入りをすることができるのだろうか
というわけで、JR新宿駅の東口からアクセスして、西武新宿駅から徒歩0分の

ただし、西武新宿駅直結の「西武新宿PePe-ペペ」のある通りからは1本入った路地裏にある店を訪ねたのは、もうすぐ11時15分になる時刻。
すると、店頭から店の脇道にかけて、10人ものお客さんが行列を作って待っていたのには驚かされた
(*_*)

最後尾に付くと、すぐに新店のオープン日の開店前に、よくお会いする新店ハンターの方が2人並んで!
さらに、20人ほどのお客さんが行列を作ったところで、オープンの11時を迎えると


『らぁ麺 はやし田』のオープンのときも、暖簾をかけていた
コックコート姿のINGSの社員の方が再び暖簾をかけて、開店

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-3

先頭のお客さんから順に、入店して、券売機で食券を購入して席へとついていく
なお、客席はU字型のカウンター席16席で!

店の間口を見て、せいぜい8席くらいかなと思ったのに
思った以上にキャパがあった。

そうして、私の番になって、券売機を見ると、メニューは、「らぁ麺」、「つけ麺」の2種類!
そして、デフォルトの「らぁ麺」、「つけ麺」の他に「味玉」、「特製」の各トッピングバージョンがあるだけのシンプルなメニュー構成!


【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-5

麺増量は、「らぁ麺」が「替え玉」、「つけ麺」が「大盛り」対応。
ご飯ものは、「金目鯛茶漬け」に「白米」!


単品トッピングは、「チャーシュー」、「味玉」、「メンマ」!
この中からチョイスしたのが「特製らぁ麺」と「金目鯛茶漬け」の食券!


席へとつくと、食券を回収にやってきたのは
『煮干中華そば 鈴蘭』の元店長で!

『らぁ麺 はやし田』のオープニングから、しばらくの間、店を手伝っていた
今は、この辺りの店のエリアマネージャーをされてる方!

「オープンおめでとうこざいます。」と言うと…
「お手柔らかにお願いします。」と言われてしまった(笑)

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-6

そして、食券を受けとると
「金目鯛茶漬けは、後でお出しします。」と言うので…

「いや、ラーメンといっしょに出してください。」
「ラーメンといっしょに写真を撮りたいので!」
とお願いすることに♪

なお、水は卓上に置かれたコップにセルフで、カウンターに組み込まれたウォーターサーバーから注ぐシステムがとられていて
これは、カウンターの壁に貼られた「らぁ麺」、「つけ麺」の説明POPとともに『らぁ麺 はやし田』と同じスタイル♪

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-7【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-8

そして、いつもなら、ラーメンができるまで、調理の模様を観察して、レポートするところだけど
こちらの店の厨房は店の奥のスペースにあって

キッチン自体はオープンキッチンなんだけど、客席から遠いので
ラーメン作りの様子をレポートできないのが玉に瑕なんたよね(^。^;)

そうして、その厨房には、3人のスタッフがいて
まず、2個作りされた「らぁ麺」がポールと2番目のお客さんに出されると

次に、やはり、2個作りされた「らぁ麺」が、3番目と4番目のお客さんに出されて
続いて、3個作りされた「つけ麺」が5番目から7番目のお客さんに出されて

さらに、また、2個作りされた「らぁ麺」が作られた後に
また、2個作りを繰り返して作られた「らぁ麺」が完成すると…

その一つに、味玉やチャーシューが増量されて、「特製らぁ麺」になって、私に出された。
さらに、ラーメンが提供されるタイミングを見計らって、エリアマネージャーによって「金目鯛茶漬け」も作られて


「蛤の出汁になります!」
「金目鯛のラーメンのスープで割って、お召し上がりください。」という説明とともに供された。


【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-9【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-10

『煮干中華そば 鈴蘭』と同じ、スライサーで薄くカットされた豚肩ロース肉のレアチャーシュー
味玉、穂先メンマ、鯛の解し身、アーリーレッド小ネギがトッピングされたラーメン

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-11【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-12

まずは、鮮魚の金目鯛の香しいフレーバーが漂う、やや、濁りのある琥珀色したスープをいただくと
金目鯛!金目鯛!金目鯛!

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-13

金目鯛のアラをメインに真鯛のアラと絶妙なバランスで炊き上げたというスープは、思った以上に濃厚で!
濃厚さでは錦糸町の店を上回っている!


鮮魚の金目鯛と真鯛のうま味もワイルドさもよく出た濃密なスープで!
結構、攻めてきているよね!


鮮魚ラーメン好きには、たまらない味わいのスープ♪
反面、魚が苦手な方には、とてもおすすめできない


そんな味わいのスープなので、賛否はあるかもしれないけど
淡麗で無難な味わいにはしないで、これくらい、振り切った味わいに仕上げてきたのはよかったと思う♪

麺は、菅野製麺のオレンジ色した麺箱があったので、間違いないとは思うけど
切刃22番に見える全粒粉が配合された中細ストレート麺が使われていて

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-14【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-15

厨房が遠かったので、もしかすると、私の計測ミスだったかもしれないけど
2分間という、この番手の麺にしては長く茹でられた麺は

なめらかで、モチッとした食感の多加水麺で!
芯まで、よく茹で上げられた麺は、小麦粉のうま味が、よ~く感じられて♪


スープとの一体感を感じられる麺で!
とてもよかった♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、ペラッペラで
サンドイッチに挟まれたハムを食べているようで

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-16

「特製」にしたにもかかわらず、量も少なくて
肉のうま味も、あまり感じられず

最近は、このタイプのチャーシューが増えているけど
あまり好きにはなれないんだよね

味玉は、濃いオレンジ色した黄身の半熟加減がベスト!
味も甘味があって、美味しくいただけたし♪


【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-17

穂先メンマは、長い一本物の立派なものが2本も使われていて
根本の太い部分まで、やわらかくて!

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-18

穂先部分のシャクシャクとした食感が最高で!
薄味の味付けで、スープの邪魔をしなかったのもよかったし♪


「金目鯛茶漬け」は、金目鯛の切り身を炙ったものに、小ネギが載せられたご飯に蛤出汁を注いだ出汁茶漬けで
山葵が別添えで付くもの

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-19

まずは、そのまま、いただいてみると
蛤出汁のうま味が口の中に広がって、めっちゃ美味しい♪

次に金目鯛スープを少しずつ、割り入れて、食べてみると
金目鯛と蛤がマリアージュしたスープは、金目鯛のワイルドさが影を消して

【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-20

イノシン酸とコハク酸の融合によるものか!?
さらに、うま味が増して、最高に美味しい♪

これをいただいて、思ったのは、この金目鯛と蛤のスープが最強なんじゃないかってこと!
ぜひ、この金目鯛と蛤のマリアージュスープのラーメンを商品化してもらえるとありがたいんだ
けど…

なお、帰りがけにエリアマネージャーに
「こちらでは、金目鯛のラーメン一本でやるのですか?」

「はやし田の、のどぐろそばのようなものはやらないのですか?」
ズバリ、聞いてみたところ…

ニヤッと笑って(笑)
「やります!」

「まだ、言えないですけど、準備を進めています♪」なんて話してくれたんだけど…
これは楽しみ♪

なので、これが発売されたら
いや、その前に、「つけ麺」も美味しそうだったので!

食べに来ないとね♪
ご馳走さまでした。


【新店】らぁ麺 鳳仙花(ほうせんか)-21

メニュー:らぁ麺
らぁ麺…800円/味玉らぁ麺…900円/特製らぁ麺…1000円
替え玉…100円

つけ麺
つけ麺…850円/味玉つけ麺…950円/特製つけ麺…1050円
大盛り…100円

茶漬け
金目鯛茶漬け…200円/白米…150円

トッピング
チャーシュー…200円/味玉…100円/メンマ…100円


らぁ麺鳳仙花ラーメン / 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

昼総合点★★★★ 4.0



好み度:特製らぁ麺star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年1月21日(日)

中華そば 児ノ木【参】-1

本日のランチは、先週、超久々に訪問した『中華そば 児ノ木』へ再び!

こちらの店は、2013年3月19日オープンの店で!
『杭州飯店』をリスペクトした「燕三条系」の「背脂煮干そば」が食べられる店。


しかし、昨年の2月に始めた『煮干中華ソバ イチカワ』リスペクトの「純煮干そば」を先週、食べたところ
これが、また、超絶美味しくて♪

今日は、また、この煮干し出汁100%の一杯をいただいて!
さらに、「追い玉」という名の「和え玉」も食べるつもり♪


そうして、今日も、先週同様、最寄り駅の東京メトロ東西線の落合駅から店へと向かったんだけど
こちらの店、何とも微妙な場所にあって

落合駅からは徒歩6分。
でも、西武新宿線の下落合駅からも8分。


さらに、都営大江戸線の中井駅から10分。
そして、JR東中野駅からだって、13分歩けば来れる。


どこの駅からも微妙に歩かなければならないけど
でも、いろいろな駅からのアクセスが可能なメリットもある♪

そうして、もうすぐ、お昼の12時になる時間に店へとやってくると
店内は満席のようで、6人のお客さんが行列を作って待っていた。

最後尾について待っていると
そう待つことなく、食べ終わったお客さんが3人出てきて、入れ替わりに3人が入店!

次に1人お客さんが出てきて、カウンター席が1つだけ空いたところで
前にいた2人組のお客さんから

「よかったら、先にどうぞ!」と言われて…
お言葉に甘えて入店。

こちらの店の木内店主とお母さまのお二人にご挨拶して
まずは、券売機で食券を購入するんだけど

買い求めたのは「特製純煮干そば」と「茜鶏と三種の煮干そば」の食券!
ここに来るまでは、「純煮干そば」に「追い玉」にするつもりだった。


でも、並んで待つうちに
せっかくなら、もう一つ、未食のラーメンを食べる方が、「和え玉」するよりいいかなと思ったので(^_^;

しかし、この2枚の食券を買うために千円札を2枚差し入れて、ボタンをポチポチと押すと
何と、先週同様、「純煮干そば」のある段のボタンに×印が点灯して、また、私で売り切れになってしまった。

中華そば 児ノ木【参】-4

そこで、1席のみ空いていた席へとついて
木内店主に、「純煮干そば」は何食用意しているのか聞いてみたところ!?

10食限定だという答えが返ってきて
近くにいたお母さまからは

「今週の月曜日から売れ行きがよくなって、昼前には売り切れてしまうので、多めに作るようにしているんですけど…」なんて言うので
「こんな人が月曜日に来ませんでした!?」と言って特徴を話すと

「半袖のシャツ着てた人かしら…」と言って
「月曜日から、無言で写真をパシャパシャ撮る人が増えました。」なんて不思議そうに話されていたので、笑った(笑)

なお、店主は「純煮干そば」の仕込みを25食ぐらいに増やそうかと思っているなんて話していたけど
1杯当たり120gもの煮干しを使って、手間もコストも掛かっているので、食べたい方は、開店早々、あるいは、シャッターで訪問することをおすすめします。

そうして、2枚の食券を見た木内店主から
「鶏と煮干しの方からお作りしましょうか?」と聞かれて…

「では、鶏と煮干しを先に、塩でお願いできますか?」と言うと…
「塩は、やめちゃったんですよ…」という答えがあったんだけど

食べログに「茜鶏と三種の煮干そば(塩)」のレビューがあったので
このメニューだけは、醤油と塩が選べるのかと思ったんだけど、今は醤油一本になっていた。

そうして、先客のラーメンが作られて出されていった後に、木内店主によって作られた「茜鶏と三種の煮干そば」が完成すると
「お待たせしました。」と言って、お母さまが配膳してくれた。

中華そば 児ノ木【参】-5中華そば 児ノ木【参】-6

豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューと先日の「純煮干そば」には入らなかった穂先メンマが入り!
大きくカットされた玉ねぎの替わりにネギがトッピングされたラーメン!


まずは、煮干しが香るスープをいただくと
メニュー名が「茜鶏と三種の煮干そば」ということだったので、たぶん、銘柄鶏の「つくば茜鶏」の動物系スープをベースに、「純煮干そば」と同じ、背黒と白口と鯖煮干しを合わせたスープじゃないかと思うけど

中華そば 児ノ木【参】-7

煮干しがビシッときかされたスープは、「純煮干そば」ほどではないけど、かなり煮干しが濃厚で!
これは、他店の「濃厚煮干しそば」並♪


そして、このスープからは、鶏のうま味も感じられて!
もしかすると、シングルスープではなく、鶏出汁のスープと煮干し出汁のスープを合わせたダブルスープかもしれないけど
!?

一般のお客さんには、こちらのスープの方が好まれそう♪
でも、十分、ニボラーでも満足する味わいのスープに仕上がっていた。


麺は、「純煮干そば」に使われていた菅野製麺所の切刃22番の中細ストレート麺で!
ザクパツの食感のカタめで歯切れのいい麺で、この鶏煮干しスープとの相性もバツグン♪


中華そば 児ノ木【参】-8

トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、前回同様、厚みがあって、しっとりとした食感に仕上げられていて!
ブラックペッパーによって、ちょっとスパイシーな味付けられていたのもよかったし♪


中華そば 児ノ木【参】-9

それと、豚肩ロース肉のレアチャーシューは、ちょっと薄すぎると前回のブログに書かせてもらったけど
今日チャーシューは、それほどでもなく

しっとり感もあって!
肉のうま味も感じられて、いいんじゃないかとは思ったけど


ただ、個人的には厚切りのものが、より肉のうま味を味わえるので!
2枚を1枚にして、厚切りしたチャーシューを出してもらえると嬉しいんだけどね


「純煮干そば」には入っていなかった穂先メンマは、やわらかくて!
シュクシュクといた食感がよかった♪


中華そば 児ノ木【参】-10

それと、今日は玉ねぎの代わりに、薬味として、ネギが使われていたけど
やっぱり、煮干しスープには玉ねぎが合う!

ただ、玉ねぎも、こちらの店のは、ちょっと大きすぎて、玉ねぎの辛味が口に残るのが
今日は、水に曝した玉ねぎを確認できたので、辛みを抜こうと努力しているのはわかったけど

燕三条系なら、これでいいかもしれないけど
普通の煮干しラーメンの場合は、細かく刻んだ玉ねぎをトッピングしてもらえるといいんだけど

トッピングの具は、こんな感じだったけど
スープと麺は、こちらのラーメンも、都内で食べる煮干しラーメンとしては、上位にランクインする美味しい一杯だったと思う♪

そうして、1杯目の「茜鶏と三種の煮干そば」を半分ほど食べたところで、2杯目のラーメンを木内店主にお願いすると
1杯目のラーメンを食べ終わって、そう待つことなく2杯目の「特製純煮干そば」が着丼!

中華そば 児ノ木【参】-11中華そば 児ノ木【参】-12

味玉に豚肩ロース肉鶏ムネ肉の2種類のレアチャーシューがトッピングされて!
ザクッと大きく切られた玉ねぎが載る美しいビジュアルのラーメン♪


まずは、『煮干中華ソバ イチカワ』をリスペクトして作ったと、前回、木内店主が話していた、煮干し出汁100%のスープをいただくと
淡麗なのに煮干しがガツンとくる濃厚煮干し清湯スープで!

中華そば 児ノ木【参】-13

背黒と白口と鯖の3種の煮干しのうま味がハンパなくて!
煮干し特有のビターさも感じられるニボラーにはたまらない味わいのスープに仕上がっていたし♪


煮干し出汁100%のスープということで、多少のブレはあると思ったけど
そうでもなく

今日のスープも、コク深くて、うま味の強い!
全国でも屈指の味わいのスープに仕上がっていた♪


麺は、菅野製麺所の中細ストレート麺で!
今は、いろいろな製麺所で、ザクッとした食感で、パツッと切れる


カタめで、歯切れのいい食感の麺が低加水麺が販売されているけど
『中華ソバ 伊吹』や『中華蕎麦 蘭鋳』などが使う三河屋製麺の麺と、この菅野製麺所の麺が双璧をなしているんじゃないかな

中華そば 児ノ木【参】-14

どちらの製麺所の麺も、淡麗から濃厚まで!
また、純煮干しから、動物系とのミックススープでも


あらゆる煮干しスープにオールマイティに合う!
煮干しスープのために生まれてきた麺といえる!


トッピングしれた味玉は、味付け、半熟加減ともにいい!
美味しい味玉だったし♪


中華そば 児ノ木【参】-15

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、もう少し厚切りにしてもらいたいところだけど
しっとりとした食感も肉のうま味も感じられるものだったし!

中華そば 児ノ木【参】-16

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、変わらず、味、食感とも優れたもので!
美味しくいただくことができたし♪


中華そば 児ノ木【参】-17

唯一、不満だったのは玉ねぎだけ
次回は、玉ねぎなしか

玉ねぎを別皿の小皿に入れて出してもらおうかな
でも、それ以外は完璧で!

最後は、スープの最後の一滴まで、惜しむように飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


中華そば 児ノ木【参】-3

メニュー:背脂+煮干し
背脂煮干そば…750円/味玉背脂煮干そば…850円/特製背脂煮干そば…1000円

煮干し100%(動物系不使用)
純煮干そば…750円/味玉純煮干そば…850円/特製純煮干そば…1000円

鶏+煮干し
茜鶏と三種の煮干そば…750円/味玉茜鶏と三種の煮干そば…850円/特製茜鶏と三種の煮干そば…1000円

濃厚魚介つけ麺…800円/味玉濃厚魚介つけ麺…900円/特製濃厚魚介つけ麺…1050円

つけ麺…850円/味玉つけ麺…950円/特製つけ麺…1100円

煮干まぜそば…800円/味玉煮干まぜそば…900円/特製煮干まぜそば…1050円

のり(5枚)…50円/味玉…100円/メンマ…150円

麺大盛…100円/追い玉…200円/ハーフ追い玉…100円/生たまご…50円/半ライス…100円/豚肩ロースの肉めし…350円


児ノ木ラーメン / 落合駅中井駅下落合駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:茜鶏と三種の煮干そばstar_s45.gif
純煮干そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年1月13日(土)

中華そば 児ノ木【弐】-1

本日のランチは、まず、高田馬場の『鶏そば なんきち』で「濃厚煮干そば」をいただいて!
次に向かったのが東京メトロ東西線の高田馬場駅の隣駅の落合にある『中華そば 児ノ木』!


こちらの店は、2013年3月19日オープンした店で!
『杭州飯店』をリスペクトした「燕三条系中華そば」が食べられる。


なお、こちらの店は木内店主とお母さまのお二人が家族で営む店で!
児ノ木(ちごのき)という、ちょっと変わった屋号はお母さまの出身地である新潟県燕市にある地名から命名したもの!


そして、木内店主は、母の出身地である新潟県燕市の「燕三条系ラーメン」を店で出す決心をして!
『杭州飯店』を訪ねて、味の研究を重ねて、「燕三条系中華そば」を完成させた!


そんな店をオープン11日目に訪問して、看板メニューの「燕三条系中華そば」をいただいた。
本場の新潟の店や、東京の燕三条背脂ラーメンの有名店でいただいた一杯にも引けをとらない、美味しいラーメンだった♪


でも、その後は訪問しないまま、時だけが過ぎた
では、なぜ、今回、また、こちらの店を訪ねようと思ったのか!?

それは、こちらの店で一杯当たり120gもの煮干しを使った煮干し出汁100%の「純煮干そば」というメニューがあるのを知って!
レギュラーメニューで出されている煮干しラーメンで、これほどの煮干しを使うというのも稀!


先ほど伺った『鶏そば なんきち』の「濃厚煮干そば」だって70g。
そして、この量は『中華ソバ 伊吹』の、デフォルトの「中華ソバ」の130gに次ぐ量なので!


どんなラーメンが出てくるのか楽しみにしながら、12時30分過ぎに入店すると
カウンター席7席に4人掛けテーブル席が1卓の店内は、ほぼ、満席!

辛うじて1席のみカウンター席が空いているだけ
そして、滞在中も、お客さんが食べ終わって帰って行くと、また、新たなお客さんが入ってくるという具合で、とても流行っていた♪

以前にお邪魔したときには、お客さんも少なかったのに
味のよさが認知されて、いつの間にか人気店になっていた♪

そして、まずは、券売機で食券を購入するんだけど
メニューは、「背脂煮干そば」、「純煮干そば」、「茜鶏と三種の煮干そば」、「濃厚魚介つけ麺」、「辛つけ麺」、「煮干まぜそば」と豊富!

中華そば 児ノ木【弐】-3

あとで、お母さまにお聞きしたところ
一時はスタッフを入れて3人で営業していた時期もあったそうだけど、今は、また、2人でしているそうで

店主である息子さんが1人で、これだけのメニューの仕込みをして!
ラーメンも1人で作っているので、昼のみの営業しかできないという


そんな豊富なメニューの中からチョイスしたのは、もちろん「純煮干しそば」!
すると、「純煮干そば」のボタンを押した途端に売り切れを示す×マークが点灯!


中華そば 児ノ木【弐】-4

危なかった(;゚д゚)
今日は『鶏そば なんきち』で食べて、本当なら、もっと早く来れたのに

お昼の書き入れ時にぶつかって、混雑するのを避けて
時間を潰してから来たんだけど

下手したら、食べ損ねてしまうところだった
何食限定なのかは確認するのを忘れてしまったけど、「純煮干そば」は、数量が少ないようなので、食べたい方は、お早めに!

なお、メニューには、「追い玉」という名の「和え玉」もあって!
さらに、ハーフサイズまであったので!


食べたいとは思ったんだけど
『鶏そば なんきち』で食べてきているので、自重

そうして、カウンターの上に食券を置いて、1席のみ空いていた席に座って、ラーメンができるのを待っていると
厨房では、木内店主が、ちょうど、麺を茹で始めるところで

茹で麺機のテボの中に麺を入れると、タイマーをセット!
そうして、スープをガス台の火に掛けたり


チャーシューをカットしたりと、1人忙しく厨房の中を動き回っていた。
そうして、タイマーをセットしてから3分30秒で


ピピピッ!ピピピッ!
タイマーが鳴ると、すぐに止めて、湯切りされた麺がスープの張られたラーメン丼の中へ


そして、最後に背脂がチャッ!チャッ!チャッ!と掛けられて
完成した「背脂煮干そば」がお客さんに出されていった。

そうして、次に作られたのが「純煮干そば」!
今回は、先ほどとは違って、50秒で茹でられた麺がスープの張られたラーメン丼に入れられて、完成した2つの「純煮干そば」のうちの一つが、木内店主によって供された。


中華そば 児ノ木【弐】-5中華そば 児ノ木【弐】-6

薄くスライスされた豚肩ロース肉のレアチャーシューに厚めにカットされた鶏ムネ肉のレアチャーシュー
それに、大きくカットされた玉ねぎが載るラーメン!


まず、驚かされたのが、スープの見た目
一杯当たり120gもの煮干しを使っていると聞いて

セメント色した、如何にも煮干しが濃厚そうなスープのラーメンが出てくると思ったのに
出てきたのは、淡麗な煮干し清湯という感じのラーメンだったので

まずは、着丼した瞬間から煮干しが香る♪
琥珀色したスープをいただくと


中華そば 児ノ木【弐】-7

煮干しがガツンときかされた!
背黒と白口煮干しのうま味MAXのスープで♪


淡麗に見えて、煮干しが超濃厚で!
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪


しかし、煮干しだけで出汁をとった清湯スープのラーメンで
これだけ煮干しが濃厚な濃厚煮干し清湯スープというのも記憶にないほど

一昨日食べた『中華ソバ 伊吹』の「三段仕込みの淡麗中華ソバ」も、淡麗なのに、煮干しがかなり濃厚なスープだったけど
ここまで濃厚だったか!?

そんなことを考えて、ふと、思い出したのは、昨年の5月27日に訪れた『煮干中華ソバ イチカワ』でいただいた「煮干ソバ(醤油)」!
茨城県つくば市にある煮干しの聖地で久々にいただいたスープは、こんな感じの煮干しがめちゃめちゃ濃厚なスープだった!


ただ、もしかすると、そのときのスープがブレだったのかもしれないけど
スープもカエシの味付けもかなりしょっぱめだった記憶があるけど

この木内店主の作ったスープは、しっかり塩分濃度のコントロールができていたし
醤油と塩をブレンドして作ったと思われるカエシも、よく、このスープに合っていて、最高に美味しい♪

そして、この濃厚煮干し清湯スープに合わされた麺は、切刃22番と思われる中細ストレート麺で!
カタめで歯切れのいいザクパツの食感の麺で、煮干しスープとの相性はバツグン♪


中華そば 児ノ木【弐】-8

トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、厚みがあって、しっとりとした食感に仕上げられていて!
ブラックペッパーによる、ちょいスパイシーな味付けなのもよかったし♪


中華そば 児ノ木【弐】-9

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、スライサーで薄くスライスされたもので
悪くはないとは思うけど、せっかくのレアチャーシューの味や食感が犠牲にされてしまうので、チャーシューは1枚でいいので厚く切ってもらえるとありがたいんだけど

それと、玉ねぎは意図的に、大きくザクッと切っているとは思うけど
玉ねぎの甘味とともに辛味も感じてしまうし

それと、細かく刻んだ玉ねぎのシャリシャリとした食感が好きなので
細かく切ってもらった方がよかったかな

トッピングについては注文をつけたいところもあったけど
肝心なスープと麺は非の打ち所がない、完成度の高い一杯で♪

全国的に見ても、かなり上位にランキングされる美味しい煮干しラーメンだったと思う。
正直、食べる前までは、こんなクオリティの高い、美味しい逸品が出てくるとは思わなかったので驚いた。


そこで、食べ終わって、ようやく一段落した木内店主に、ラーメンの感想を話すと
スゴく喜んでくれて!

「煮干しは、背黒と白口の他に、鯖煮干しも使っています。」と教えてくれて!
さらに

「実は、この純煮干しそばは、イチカワさんをリスペクトして作ったラーメンなんです。」
「イチカワさんの「煮干ソバ」が好きで、あんなラーメンが作りたいと思って作りました。」


「それで麺も、イチカワさんの使っていた菅野製麺所に変えました。」なんて話してくれたんだけど…
『煮干中華ソバ イチカワ』リスペクトの一杯だったとは

さらに、いつから販売するようになったのか!?
聞いてみたところ

「昨年の2月からです。」という答えがあって
それ以前の『イチカワ』こ味をリスペクトして作ったということがわかったけど

私が『イチカワ』で食べたのが5月なので、単純な比較はできないけど
このスープは、すでに本家の味を超えている!

ニボラー必食の一杯!
めちゃめちゃおすすめです♪


私も、近々、もう一度、訪れて、「純煮干そば」を食べて!
さらに、「追い玉」もするつもり!


マジで美味しかった♪
ご馳走さまでした。


中華そば 児ノ木【弐】-10

メニュー:背脂+煮干し
背脂煮干そば…750円/味玉背脂煮干そば…850円/特製背脂煮干そば…1000円

煮干し100%(動物系不使用)
純煮干そば…750円/味玉純煮干そば…850円/特製純煮干そば…1000円

鶏+煮干し
茜鶏と三種の煮干そば…750円/味玉茜鶏と三種の煮干そば…850円/特製茜鶏と三種の煮干そば…1000円

濃厚魚介つけ麺…800円/味玉濃厚魚介つけ麺…900円/特製濃厚魚介つけ麺…1050円

つけ麺…850円/味玉つけ麺…950円/特製つけ麺…1100円

煮干まぜそば…800円/味玉煮干まぜそば…900円/特製煮干まぜそば…1050円

のり(5枚)…50円/味玉…100円/メンマ…150円

麺大盛…100円/追い玉…200円/ハーフ追い玉…100円/生たまご…50円/半ライス…100円/豚肩ロースの肉めし…350円


児ノ木ラーメン / 落合駅中井駅下落合駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:純煮干そばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2018年1月13日(土)

鶏そば なんきち【参】-1

本日のランチは、新春1月3日にテレビ東京で放送された「2018TOKYO激戦区 ラーメン食べまくりバトル」に紹介された『鶏そば なんきち ~Second Stage in Tokyo~へ!

この番組は、新橋、秋葉原、東京スカイツリー、高田馬場という東京の4大ラーメン激戦区で、「Take2」東貴博さん率いる東MAXチームと「ますだおかだ」岡田圭右さん率いる岡田チームが口コミなどから探した激うま店で実食。
クチコミサイト「ラーメンデータベース」で、発見した店のポイント数で競い、合計ポイントの多かった方が勝利するというもの!


そして、東MAXチームの「Take2」東貴博さん、堀田茜さん、福地桃子さんが高田馬場決戦で訪れたのが『鶏そば なんきち』だった!
この効果でお客さんが訪れて、リピーターになってくれるといいんだけどね♪


鶏そば なんきち【参】-2鶏そば なんきち【参】-3鶏そば なんきち【参】-4鶏そば なんきち【参】-5鶏そば なんきち【参】-6鶏そば なんきち【参】-7鶏そば なんきち【参】-8鶏そば なんきち【参】-9
鶏そば なんきち【参】-10鶏そば なんきち【参】-11鶏そば なんきち【参】-12鶏そば なんきち【参】-13鶏そば なんきち【参】-14鶏そば なんきち【参】-15

というわけで、早稲田通りと明治通りがクロスする馬場口交差点から、早稲田通りを少し早稲田方面に行ったところにある店を訪ねたのは
もう、あと1分で開店時間になる11時29分!

すると、店頭には4人のお客さんが開店を待っていたんだけど
これもテレビ効果なのかな!?

その後ろに付くと、さらに後ろに1人お客さんが来たところで、こちらの店の高井店主が店の中から出てきて!
11時30分に定刻開店♪


入店すると、券売機が壊れていて
「注文は現金で前払いで承ります、」というアナウンスが高井店主からあった。

席について、順番に注文を聞かれて、注文したのは、テレビで放送していた「濃厚煮干そば」と
本日から再提供しますと高井店主がTwitterでツイートしていた「鴨ロースチャーシュー」!

鶏そば なんきち【参】-16

なお、これもテレビで、東MAXチームが食べていた「和え玉」も行きたいところだったけど
今日は、この後の予定があるので、泣く泣くパスすることに

なお、シャッターで並んで入店した6人全員の注文が「濃厚煮干そば」に集中!
さらに、私の滞在中に来店したお客さんでは、1人だけ「鶏そば」の人がいたものの、あとはすべて「濃厚煮干そば」で、テレビの効果って、やっぱ、大きいよね♪


注文をして
「鴨ロースのチャーシューはいくらですか?」と聞くと…

「250円です。」と高井店主から返答があったので
850円の「濃厚煮干そば」の代金とともに合計1,100円を支払って

全員の会計が済むと
「ランチタイムはライス無料です。」

「半ライスの注文も承ります。」と高井店主からアナウンスがあって、何人かのお客さんはライスを希望していたけど
ここは、次があるから、当然パス

そうして、最初の6人のオーダーが決まると、「濃厚煮干そば」を、丁重に2個作りし始める高井店主!
そして、これが3回繰り返されて、できあがった「濃厚煮干そば」の一つが高井店主から供された。


鶏そば なんきち【参】-17鶏そば なんきち【参】-18

豚肩ロース肉のレアチャーシューが3枚に追加トッピングした鴨ロース肉のレアチャーシューが3枚!
さらに、細メンマ小松菜、白髪ネギ、刻み玉ねぎなるとがトッピングされた、彩り鮮やかなキレイなビジュアルのラーメン♪


まずは、平子(*1)のフレーバーが香る♪
テレビで「コンクリートのようなスープ」とか「セメントのようなスープ」と紹介されていた煮干しが超濃厚そうなスープをいただくと


*1)真鰯の稚魚の煮干し

平子!平子!平子!
鶏ガラ、モミジで炊いたベースの動物系スープに平子をメインに大量の煮干しスープを投入して作ったと思われるスープは、平子と背黒(*2)によるビターな味わいが思いっきり出たマニアックなな味わいのスープで!

*2)片口鰯の外海でとれた背の黒い稚魚の煮干し

ニボラーにはたまらない味わい♪
ただ、煮干しに耐性のないお客さんが飲んだら、ただ、苦味が強いだけのスープのように感じてしまうかも
(汗)

でも、苦味だけではなく、煮干しのうま味もしっかり出ているし!
白口(*3)による甘味がアクセントとして感じられるのもいい♪


*3)いりことも呼ばれる瀬戸内などの内海でとれた背の白い片口鰯の稚魚の煮干し

それと、今日のスープは以外にクリーミーでマイルドで飲みやすかった。
だから、水曜日に『中華ソバ 伊吹』で食べた「ハードコア系B」のように、一口食べただけで、顔を顰めて、「うっ」となってしまうなんてことはない
(笑)

コアなニボラー向けのスープではなく
一般のお客さんの「濃厚煮干しラーメン」の入門的なラーメンのスープに仕上がっていたと思う。

ただ、個人的には、もっと激しくやって欲しかったかなとは思ったけど
これ以上やったら、テレビを見てやってきたお客さんのの顰蹙を買うかもしれないしね(^_^;

そして、この濃厚煮干しスープに合わせられていた麺は、以前にいただいたときとは違って、細ストレート麺に替わっていて
ザクパツのカタめで、歯切れのいい食感の低加水麺で、スープとの相性はバツグン♪

鶏そば なんきち【参】-19

以前に、この「濃厚煮干そば」を食べたときには、大成食品の太くも細くもない中庸な太さの麺が使われていて!
「鶏そば」兼用で使っていた麺を、茹で時間を短くして、つるパツな食感に仕上げた麺は、このニボニボなスープと合わないことはないとは思ったけど


定番のカタめで歯切れのいいザクパツな食感の低加水麺を合わせた方がいいとブログにも書かせていただいたし
高井店主本人にもそう進言させていただいた。

本人も、そう思っていて、今、製麺所にお願いしてサンプルを取り寄せていると話していたけど
その後、訪問して、「冷やし煮干そば」&「冷やし和え玉」を食べたときにも替わっていなかったのに

東京の綾瀬に昨年の春に店をオープンして、TRY新人賞の煮干しラーメンの部門で1位を獲得した店の店主のプッシュで、製麺所を替えて、村上朝日製麺所の麺にしたということだったけど…
この変更は大正解だと思う♪


トッピングされた鴨ロース肉のレアチャーシューは、個人的には、もう少しレアに仕上げて欲しかったけど
それでも、噛めば、鴨肉のうま味がにじみ出てくる美味しい一品でよかったと思ったし♪

鶏そば なんきち【参】-20

豚肩ロース肉のチャーシューも、枚数減らしてもいいので、もう少し厚く切ってもらえるとよかったとは思ったけど
こちらは、レア感があって、肉のうま味も感じられる美味しいレアチャーシューでよかったし♪

鶏そば なんきち【参】-21

刻み玉ねぎのシャキシャキとした食感もよかったし!
玉ねぎの甘味が、このビターな味わいのスープには欠かせないもので、よかったと思うし♪


そうして最後は、スープもすべて飲み干して完食♪
今回も、テレビ放送があったので「濃厚煮干そば」をいただいてしまって、「あっさり煮干塩そば」はまだ、食べてないので


次回は、絶対、食べないとね!
ご馳走さまでした。


鶏そば なんきち【参】-22

メニュー:鶏白湯醤油…780円/鶏そば…750円

濃厚煮干そば…850円/あっさり煮干塩そば…730円

トッピング
ネギ…100円/鶏ハム…150円/青菜…100円/キクラゲ…100円/味玉…70円/ワンタン(4ケ)…150円/豚チャーシュー増…300円/鴨ロースチャーシュー…250円

替え玉…100円/和え玉…200円

豚めし(並)…300円/豚めし(小)…200円
ご飯…100円/ご飯半分…50円
(ランチタイム無料)

鶏そば なんきちラーメン / 面影橋駅西早稲田駅学習院下駅

昼総合点★★★★ 4.5



好み度:濃厚煮干そば+鴨ロースチャーシューstar_s45.gif
接客・サービス

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m