訪問日:2013年10月20日(日)

らーめん 大斗-1

『麺と心 7』で「牛骨魚介そば」をいただいて
今夜、私が2軒目に向かったのは『らーめん 大斗』!

今年の3月21日、近鉄南大阪線の針中野駅近くにオープンした店で!
移転した『麺や 彩々』に、閉店した『マルイ製肉店』があった場所に開店した。


なお、こちらの店のオープン情報は知っていたけど、タイミングを逃して未訪のまま。
しかし、今日の昼に、大阪の麺友が、こちらの店で、ズワイガニと牡蠣を使った限定の塩らーめんを食べていて、美味しそうだったので、行ってみることにした。


地下鉄谷町線の駒川中野駅からアクセスして夜の8時過ぎに店までやって来ると
入口に、今日は、塩らーめん870円のみの営業になる旨の注意書きが貼ってあった。

らーめん 大斗-2

しかし、「塩らーめん」で870円という価格は
ずいぶん強気の価格だけど

きっと、これが、麺友の食べた、ズワイガニと牡蠣を使った「塩らーめん」なんだろうけど
それでも、大阪で、この価格は通用するのだろうか!?

入店すると
カップルのお客さんが1組いて!

厨房には、店長らしき方が1人!

その店長から

「今日は、塩らーめんだけの営業になりますけど…」と言われて…
「ズワイガニと牡蠣の塩ラーメンがあると聞いてきたんですけど、それが、この塩ラーメンなんですか?」と聞き返したところ…

そうだと言うので!
お願いすることにした♪

すると、直後に、もう1人、お客さんが入店してきて
そのお客さんの分とともに「塩らーめん」を2個作りし始める店主!

こちらの店のレギュラーのラーメンは、「しょうゆらーめん」のみ!
あとは、味玉とチャーシューをトッピングしたものしかない。


らーめん 大斗-3

しかし、基本の「しょうゆらーめん」は700円で、安くはないけど、高くもない価格設定。
それに比べると…

今日の「塩らーめん」の870円という価格
170円もの差をつけるのだから、それだけの何かがあるんでしょう♪

壁面には、スープと麺に対するこだわりが書かれていた。
「新鮮な鶏ガラ、もみじ、艶ポーク豚骨、野菜の重ね煮(白菜・玉葱・人参)、煮干し、鰹、昆布、サバ節などを使い…」

「当店の麺は、国産小麦100%。切刃#21番中細ストレート麺です。」
「かん水を通常の半量使用したオリジナル特注めんです。」


らーめん 大斗-4らーめん 大斗-5

こんなことが書かれていて!
めっちゃ期待が持てる♪

そんなことを思っているところに…
店主により2個作りされていた「塩らーめん」が完成して出された。

トッピングされた具は、チャーシュー、メンマにブロッコリークコの実
カニ牡蠣の姿もなくて


トッピングはレギュラーの「しょうゆらーめん」といっしょみたいだけど
スープにコストを掛けたのでしょう!?

らーめん 大斗-6らーめん 大斗-7

薄茶色した、やや、濁りのあるスープをいただくと…
これは、野菜スープだ!

白菜、玉葱、人参!
野菜の味わいが軸という感じのスープで、油が多めのオイリーな味わい!


野菜の甘味も感じられるけど
苦味や酸味があって、雑味を感じる

鶏や豚骨の動物系のうま味は弱くて
煮干し、鰹、昆布、サバ節といったうま味も強い野菜スープに埋没してしまっているような印象。

それに、麺友の言っていた、ズワイガニに牡蠣は何処に居たんだろう!?
そう思って、店長に聞いてみると…

塩ダレに、ズワイガニと牡蠣を移したということだったけど…
私のバカ舌ではわからなかったし

また、スープがオイリーすぎて!
申し訳ないけど、このスープは、まったく、私の口には合わなかったかな

麺は、珍しい切番21番という切歯が使われて切られた麺で!
かなりこだわりのありそうな麺だったけど

らーめん 大斗-8

確かに、内麦を使った麺は、小麦粉のうま味は感じられたかもしれないけど!
コシのないやわい麺で、食感がもう一つだったのが


トッピングされた具のチャーシューは味付け薄目で!
味も好みのものではなかったし


よく言えば、個性的なオンリーワンのスープと言えるのかもしれないし
ハマる人はハマるのかもしれないけど

らーめん 大斗-9

メニュー:しょうゆらーめん…700円/しょうゆ味玉らーめん…770円/しょうゆチャーシューらーめん…880円/しょうゆ味玉チャーシューらーめん…930円

【限定】塩らーめん…870円


らーめん 大斗

夜総合点☆☆☆☆ 1.5



関連ランキング:ラーメン | 針中野駅駒川中野駅今川駅



好み度:塩らーめんstar_s15.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2012年2月4日(土)

【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-1

2月4日オープンの新店『マルイ製肉店』

1月24日にオープン前のレセプションが行われて「マルイ式タンメン」「中華そば オヤシ越え」という2種類のラーメンをいただいた。

どちらも、なかなか美味しいラーメンだった。
ただ、いくつか改善点もあって、それをどう修正してくるのか?

また、2種類のラーメンの他にもう1種類!
新たなラーメンを出す計画があることも聞いていたので!

こちらも合わせて、オープン初日に訪問するのを楽しみにしていた♪


店は、咋年の8月に昭和町に移転した『麺屋 彩々』があった跡地にオープンした。
今日は1軒目に、その『麺屋 彩々』で、『金久右衛門』とコラボしたラーメンを食べて!

昭和町から御堂筋線谷町線と地下鉄を乗り継いで、駒川中野駅からアクセスして!
大阪では、「天神橋筋商店街」と並んで賑わっている「駒川商店街」を通って店へと向かった。

もうすぐ午後の1時になろうとしている時刻に店に着くと…
店の前には5人のお客さんが行列を作っていた。

土曜日とはいえ、お昼のピークを過ぎたこの時間に行列ができるなんて!
幸先いいスタートを切れたんじゃないのかな♪


並んでいる間に、スタッフの人が店から出てきて、お客さんにメニューを渡して注文を取っていた。
お品書きを見ると、ラーメンは、レセプションのときの2種類から3種類に増えていた。

【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-2【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-3

追加されたのは「ボク式」!
ただ、これは、固定のレギュラーメニューではなく、期間限定で、いろいろなメニューを出していく主旨のようだ。

そして、そのオープニングの「ボク式」は!?
「フスマルそば」


【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-4

いきなり、『フスカケ』こと『麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會 1-6-18号ラーメン』とのコラボラーメンを出してきた!
レセプションにも、そして今日のオープンには、わざわざ店を休業してまで手伝いに来てくれている実藤店主の店とのコラボラーメン♪


スタッフの人に聞いたところ、10食限定のラーメンは、まだ、残っているということだったので!
これは、食べないわけにはいかないでしょう!

本来ならレギュラーメニューを食べて、レセプションのときとの味の違いを確かめるべきなんだろうけど…
こんな限定があるのでは!

仕方ないよね!

なお、2種類のレギュラーメニューも、メニューを見る限りは、レセプションのときとはの内容が少し変わっていた。

「マルイ式タンメン」は、レセプションのときに付いてきた「にんジャー」と命名されたニンニクと生姜を混ぜたもの「肉にんジャー」なるものになって、有料トッピングになっていたし!

「中華そば オヤジ越え」メニュー名が「オヤジゴエ」だけになっていた。

でも、「オヤジゴエ」って?
「昔風中華ソバ」と注釈があったからわかるだろうけど(笑)

それに、「マルイ式タンメン」も、このメニュー名だけを見ても、どんなラーメンが出てくるのか?
大阪ではわからないお客さんも多い!


実際、後ろに並んだ、地元のご夫婦で来店されたお客さんもそうだった…
私が解説して、理解はしてもらえたようだけど…

関東では当たり前にある「タンメン」が、関西では食べられる店が極めて少ない。
だから、「タンメン」なるものがどんなラーメンなのか知らない…


それに、この「タンメン」は、一般的な「塩味」の「タンメン」ではなく、「味噌味」の「タンメン」なのに…
その説明もないし…

もう少し、具体的なメニューの説明や、画像付きにするなど…
工夫が必要に思えた。


少し並んで入店すると!
厨房には宮崎店主に『フスカケ』の実藤店主の姿があった。

【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-5

そして、席に座ると、程なく出された「フスマルそば」
パッと見は、レセプションで食べた「中華そば オヤジ越え」と変わらないように見える。

違っていたのは、レセプションのときには用意されていなかったチャーシューが載っていたことと…
わさびが添えられていたこと

【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-6【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-7

ただ、スープをいただくと!
味が違う!

『フスカケ』風の味わい!
でも、スープには鶏の他に豚もいたし!


たぶん、スープは、こちらの店のスープをベースにしているんだろうと思われる。
ということは、かえしに『フスカケ』のものを使っているのか?

しかし、『フスカケ』の実藤店主に聞いたところ、違うという。

では、『フスカケ』のスープにかえしを持ち込んでミックスしたとか?
しかし、これも違った…


この限定!
今日1日限りの限定かと思ったのに、そうではなく…

2月いっぱい提供されるもので!
材料は、こちらの店にあるもので、2人の店主で話して、『フスカケ』っぽい味わいのスープに仕上げたということだった。


好きな味わいのスープでよかった!
味付けも、単純比較はできないけど、レセプションで食べた「中華そば オヤジ越え」に比べると、塩分控えめで、淡い味わいになっていたのがよかったし!

そして、中太ストレートの麺がまた、よかった♪
この「麺屋 棣鄂」製の玉子麺は、プリプリとした食感がととてもいい!

【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-8

それに、赤い昔ながらのチャーシューがイイネ!
最近は、ラーメン店ではあまり見かけなくなった、切ると縁が赤く見えるチャーシューは、本格中国料理では定番のチャーシューで!

このチャーシュー!
国産の希少な宮崎ポークが使われていて!

肉質もいいし!
美味しくいただけてよかった♪


ただ、丼の縁に添えられていたわさびは、この醤油味の温かいスープのラーメンにはどうか?
味変させたいのなら、生姜か、柚子胡椒の方がいいような気がしたけどね。

でも、なかなか美味しいラーメンだったし!
宮崎店主の笑顔の接客もとてもよかった!


また来て、今度は「オヤジゴエ」をチャーシューメンで食べてみたいな♪
ご馳走さまでした。

【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-9【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-10【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-11【新店】マルイ製肉店 ~本日オープン~-12

メニュー:マルイ式タンメン
オンナ式タンメン(肉そぼろ+野菜)…730円/マルイ式タンメン(肉そぼろ+肉にんジャー+野菜)…850円/肉にんジャータンメン(肉そぼろ+肉にんジャーW+野菜)…950円

オヤジゴエ
中華そば…650円
チャーシューメン…850円

ボク式
フスマルそば(10食限定)…680円


マルイ製肉店




関連ランキング:ラーメン | 針中野駅駒川中野駅今川駅



好み度:フスマルそばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2012年1月23日(月)

【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-1

2月4日にオープン予定の新店「マルイ製肉店」
ラーメン店としては変わった屋号の店で今夜、レセプションが開催された。


大阪・針中野にあった『麺屋 彩々』の跡地にオープンする店の前にやってきたのは夜の6時時45分すぎ!
しかし、7時から始まるはずのレセプションはすでに始まっていた。

厨房には店主の宮崎さんに、フスカケこと『麬にかけろ 中崎壱丁 中崎商店會 1-6-18号ラーメン』の実藤店主の姿が!

そうして、最初に作られたのが「マルイ式タンメン」
中華鍋を振って野菜を炒めて、味噌ダレを入れてスープを仕上げていく宮崎店主!

麺茹では実藤店主が担当していて、変わった麺を茹でていたので、見せてもらったんだけど…
何とこれ、数種類もの麺を混ぜ合わせたものだった!

この夜、居合わせた、この麺を製麺している「麺屋 棣鄂」の知見社長によると…
「3分半で茹でられる粉も加水率も違う麺を7種類合わせた仮称レインボー麺です。」

これは、面白そう♪

【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-7

そうして、まず、実藤店主によって湯切りされた麺がラーメン丼に入れられて!
中華鍋で作られた野菜たっぷりの味噌スープが宮崎店主によって注がれると!

これで、「マルイ式タンメン」の完成!


【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-2【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-3

まず、スープをいただくと…
ゲンコツ丸鶏鶏ガラで取った清湯スープに、炒めた3種の鶏、豚、牛のミンチから出るうま味と、たっぷりの野菜から出る甘味が合わさった味噌味のスープは、しっかり「味噌タンメン」している!

【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-4

東京では、街の中華料理店に行けば、何処の店でもメニューにあるタンメン!
しかし、なぜか、文化の違いからか大阪には少ないタンメン!


本当は塩味の方が、タンメンらしくて好きだけど…
味噌味とはいえ、こうして本格的なタンメンが食べられるのは嬉しい♪

ただ、ちょっと気になったのは、味付けがやや濃いめで、少ししょっぱく感じられたこと…
個人的にはもう少し塩分控えめにしてもいいかなと思った。
それと、スープ表面に浮かぶ油はラードとマー油を併用していたけど…
マー油は、せっかくの味を壊してしまうので必要性は感じられなかった。

ラーメンが提供されたときに、小皿に入れられた生姜
少しスープに溶かし入れて食べてみたところ、生姜の他にニンニクも入っていた

宮崎店主によると、これは「ニンジャー」なるもので、生姜とニンニクをすりおろしたものだったけど、これは、臭いが気になる方以外は入れて食べた方が断然美味しくなる♪

【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-5

そして、もう一つ、あすすめの食べ方として、卓上に置かれた「紅酢」を入れて食べる方法!

周りの招待客の人には好評で、私も試したけど、私はぜんぜんダメだった…
ただ、これは好き好きだからね…

【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-6

麺は、なかなかよかった!
#18くらいの中太麺
を中心に集められた注目のレインボー麺は、この味噌味のスープにはピッタリ!

プリプリした食感のもの!
ゴワゴワした食感のもの!

そして、モチモチ感のあるものと…
いろんな食感の麺が揃っていて楽しめる♪

でも、この麺を1回1回、茹でる前にブレンドして茹でていたら…
手間なんじゃないのかな…


課題はいくつかあった「マルイ式タンメン」だけど、ぜひ、こういうラーメンが大阪でも流行ってほしいと思う!

そして、この日2杯目にいただいたのは「中華そば オヤジ越え」

【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-8【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-9

この「オヤジ越え」のオヤジとは?
宮崎店主のお父さんのことで、そのお父さんは、何と100円ラーメンでお馴染みの『マルイ飯店』の創業者の方なんだそう。

さらに、「マルイ製肉店」という屋号…
これは、宮崎ポークという貴重な精肉を卸す精肉店が方が、宮崎店主が大変世話になっている方とかで…

そこから命名したそう!
当初は「精肉店」とするつもりだったのに、店の隣が本物の「精肉店」で、これはまずいと思い、急遽、「製肉店」としたんだとか…

話が脱線してしまったけど…
「中華そば オヤジ越え」は、先ほどの「マルイ式タンメン」と同じスープを雪平鍋に入れて温めていたので、ゲンコツ、丸鶏、鶏ガラの清湯スープとわかる。

しかし、この透明感のあるスープは、白濁する手前で止めたか、あるいは白濁したスープを鶏ミンチを使って、透明にしたかはわからないけど、豚と鶏のうま味が感じられるスープで!
「マルイ式タンメン」でいただいたときよりは美味しく感じられた。


ただ、このスープも、若干、塩分過多かな…
かえしはたまり醤油白醤油ナンプラーを使っているそうだけど…

【新店】マルイ製肉店 ~レセプション~-10

もう少し、塩分控えめでもいいかもしれない。

麺は、こちらは、太くもない細くもない中庸なストレート麺が使われていたけど…
この麺がよかった♪

加水率低めの麺で、あまり大阪にはない麺で、この「中華そば」にはピッタリの麺!


「この麺いいですね♪」
この麺を作った「麺屋 棣鄂」の知見社長に話をすると…

「低加水の麺」にしました。」
「このスープには合いますでしょう?」
と言ってきたけど…

この麺は、かなり気に入った♪

オープンまでは、まだ、少し間があるし…
2月4日もオープン当日には、アジャストしたラーメンを出してくれると思う!

今からオープンが待ち遠しい♪




マルイ製肉店




関連ランキング:ラーメン | 針中野駅駒川中野駅今川駅



好み度:マルイ式タンメンstar_s35.gif
中華そば オヤジ越えstar_s35.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
2011.06.24 麺処 永遠
訪問日:2011年6月24日(金)

麺処 永遠-1

6月20日オープンの新店『麺処 永遠』!

定番の豚骨魚介のラーメンにつけめん!
それに東京風豚骨ラーメンとつけめんが食べられる店!


でも、東京風豚骨(?)って何だろう!?
火を炊き続けてスープを作る九州のスタイルに対して、一度、スープの火を止めて作る東京スタイルの違いを言っているのだろうか?
 
わからないけど…
とりあえず行ってみるか!
 
というわけで、私がやってきたのは、地下鉄御堂筋線の西田辺駅。
駅2番出口を出て歩くこと7分ほどで店に到着!
 
でも、今日の大阪は暑い!
すでに気温は31度に達していて、カンカン照りの中、コンクリートの道を歩いていると、体感温度はそれ以上の暑さに感じる!
 
店の入口を入ると…
涼しい!
天国だ♪
 
券売機があったので、まず、食券を買う!
 
来る途中には、東京風だという「豚骨ラーメン」を食べて、続けて「豚骨魚介つけめん」を食べようかと考えていた。
 
しかし、この暑さで、熱いラーメンを食べる気がしなくなった。
そこで、まず「つけめん」を食べてから、次をどうするか考えることにした。
 
問題は、「豚骨つけめん」にするか?
「豚骨魚介つけめん」にするか?
 
券売機をみると、東京風と言うのは、どうやら豚骨醤油のようで…
ならば、「つけめん」なら豚骨魚介かな!?
 
券売機のボタンには、ただの「豚骨魚介つけめん」「豚骨魚介つけめん(太麺)」というのがあって、麺が中太麺と太麺から選べるようなので太麺を選択した。

麺処 永遠-2

さらに「麺大盛」のボタンがあって、0円だったので、一瞬、押そうかとも思ったけど、デフォルトの麺量がわからないのと、2杯食べる可能性があるのでやめておくことにした。
 
食券を若いスタッフの人に渡して…
麺の量を尋ねたところ…
 
「普通盛は200gで、大盛は250gです。」
店主が代わって答えてくれた。
 
そこで、50gくらいの違いならばと、欲張って大盛にしてもらうことにした。
 
麺が茹で上がるまで、少し待たされて提供された「豚骨魚介つけめん(太麺)」の麺大盛

麺処 永遠-3麺処 永遠-4

写真を撮る許可をもらって撮影を終えて、すぐに麺だけを食べてみる。
 
エッジの立った、切り歯14番くらいの太麺!
いかにも、製麺所の麺だとわかる麺。
 
小麦粉の風味には乏しい。
しかし、弾力は抜群で、プリプリとした食感は悪くない。
 
つけダレにつけて食べると…
家系だ!
 
豚骨の動物系が強めのつけダレは、家系の豚骨醤油のスープに魚介スープをブレンドしたようなスープ!
 
しかし、塩分は控えめで、薄味の味付け。
ちょっと、かえしが弱いようにも感じられたけど、雨後の筍のように大阪に増殖した「また、お前もか!」の豚骨魚介のつけ麺とは一線を画した味わいのつけダレで!
いいんじゃないかと思う。

 
具は、豚バラのチャーシューの他は、キャベツもやし白髪ネギカイワレ海苔
面白いところでは、なぜか季節外れの菜の花…

キャベツが入るところが、家系らしさを出しているかな…
 
そこで、店主に、前はどこの店にいたのかを尋ねてみたんだけど…
東京で店を転々としていたという答えにとどまり、具体的な店の名は口にしてはもらえなかった。

以降は、何を聞いても…
「企業秘密です。」(笑)
 

わかったのは、店主もスタッフのお兄ちゃんも、標準語を話していたんだけど…

店主はイントネーションに関西訛りがあって、兵庫県出身であることと…
スタッフの人は完全な江戸弁で話し、東京の人であること。

 
なお、このスタッフの人は18日に大阪に来たばかりで、明日、東京に帰って、引っ越してくるそうで…
そのため、明日の土曜日は店を臨休するそう!
行かれる予定のある方は気を付けて!
 
最後にスープ割りをお願いすると、そば湯に使う容器に入れて、割りスープが提供された。

麺処 永遠-5

そして、この割りスープで割って作ったスープ割りが、結構、美味しくて!
これは、次に来るときはラーメンで食べようか!?
そう思ったけど…
 
店主の話しを聞いていて、それにも増してよさそうだったのが「油そば」
 
普通に温かいバージョンの「油そば」の他に、冷たいバージョンの「油そば」があって!
この暑い季節にはピッタリ!

 
こんなメニューがあるのを最初から知っていたら、これにしていたのに!
無理して、2杯食べることも考えたけど…
 
「お腹いっぱいのときではなくて、また、別の機会にぜひ、お召し上がりください。」
店主からそう言われて納得!

次回の楽しみに取っておくことにした♪


麺処 永遠-6

麺処 永遠




関連ランキング:ラーメン | 南田辺駅鶴ケ丘駅西田辺駅



メニュー:豚骨魚介らーめん…700円/豚骨魚介らーめん お得のせ…900円/豚骨魚介らーめん《太麺》…700円/豚骨魚介らーめん《太麺》 お得のせ…900円
豚骨魚介つけめん…700円/豚骨魚介つけめん お得のせ…900円/豚骨魚介つけめん《太麺》…700円/豚骨魚介つけめん《太麺》 お得のせ…900円

油そば…700円/油そば お得のせ…900円/油そば《太麺》…700円/油そば《太麺》 お得のせ…900円

豚骨らーめん…700円/豚骨らーめん お得のせ…900円/豚骨らーめん《太麺》…700円/豚骨らーめん《太麺》 お得のせ…900円
豚骨つけめん…700円/豚骨つけめん お得のせ…900円/豚骨つけめん《太麺》…700円/豚骨つけめん《太麺》 お得のせ…900円
麺大盛…0円/替え玉(中太麺のみ)…150円


好み度:豚骨魚介つけめん《太麺》star_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
2009.12.21 麺屋 彩々
訪問日:2009年12月21日(月)

麺屋 彩々-1麺屋 彩々-2

11月30日に、新たなメニューが加わった「麺屋 彩々」!

そのうちの一つが「白鶏麺(パイチーメン)」!


鶏白湯の塩ラーメンで、以前に限定で出したことのあるラーメンらしいんだけど…
関西のラーメンブロガーの方々が絶賛していて、今度、大阪に行ったら、絶対に食べてみたいと思っていた。

こちら「麺屋 彩々」は、味噌ラーメンが評判で、関西では名の知れた店!
しかし、あまり、味噌ラーメンを食べない私は、今回の訪問がはじめて…

地下鉄・谷町線の駒形中野駅。
改札を出たら、一度、地下道に入らないと、店のある道の対岸に渡れない。

実は知らずに横の道を歩いて、結局、戻る羽目になったので…
はじめて行く方は注意が必要。

地下道を通って、横断歩道を渡り、そのまま正面の商店街のアーケードに入って直進。
数えて9つ目の路地を左に曲がると右側に店が見えてくる…

店に着いたのは11時39分。
開店9分後で、外に並びなし。

関西ローカルの人気テレビ番組「魔法のレストラン」で取り上げられて、行列になっていると聞いていたので、これはラッキーと思ったんだけど…

入口の戸を開けて入っていくと…
「ただ今、満席ですので、外でお待ちください。」
店主からそう言われて、外にあった椅子に掛けて待つことに…

15分後…
1人、お客さんが帰って…
呼ばれるまで、外で待てと貼り紙してあるので、待っていたところ…
すぐに店主が現れて…
「どうぞ!」

寒い中、待たされて、やっと入店を許された…
時刻は11時54分。

この後は、続々とお客さんが帰っていって…
12時を過ぎて奥様が店に現れた後も、何故かあまりお客さんが入らず、一時期は、私と、私の後に待たずに入店したお客さんの2人だけになったほど…

結局、滞在中、誰も外待ちするお客さんの姿はなく、私だけが貧乏クジを引いた感じ…


一番奥の席に案内されて、店主に注文を聞かれて…
「白鶏麺」と、これまた評判の「鶏の唐揚げ」を注文!

麺屋 彩々-3麺屋 彩々-4

店主は続いて、もう一人の私の隣の席に座った新規のお客さんに注文を聞き…
そして、このお客さんから注文のあった「カレーラーメン」の方から作り始めた。

カレーとスープが中華鍋に入り、火に掛けられると、店内にカレーの匂いが漂う!
何ともいい香り♪

続いて、カレーラーメンのスープを作るものとは違う中華鍋に白いスープが入れられ、これも火に掛けられた。

店主は次に、2つの異なる箱から麺を1玉づつ取出し、茹で始める…

そして、中華鍋の火を止め…
先に、後から温め始めた、白いスープの方を丼に入れると…

テボに入れられ、茹でられていた2種類の麺のうちの一つを引き上げ、軽く湯切りした後に丼の中へ収めていった。

最後に、盛り付けがなされた丼がお盆に載せられ…
何故か、レンゲが置かれた皿がいっしょに載せられて…
まず、私の「白鶏麺」が完成して出された。

麺屋 彩々-5

そして、その後、隣のお客さんの「カレーラーメン」が1分後に出されたんだけど…

注文してから出されるまでに9分から10分かかった…

しかも、こちらの店の店主は、どのラーメンも味噌ラーメンを作る要領で中華鍋にスープを入れて作っていて…
一つのラーメンを作るのに時間がかかる。

さらに、鍋は2つしか使っていなかったため、1度に最大2種類のスープしか作ることができないから、さらに時間がかかる。
これは、この後、入ってきたお客さんの注文したラーメンを作るのを見ていてわかったんだけど…

さらに、この12時前の時間帯には奥様は店に出ておらず、店主一人ですべてをこなしていたわけだから…

う~ん…
だから、第1ロットのお客さんが座って、出てくるまで、かなり時間がかかったわけだ…


この店に来るときは、時間に余裕を持って来ないといけない…
おかげで、急いで食べて、駅までの帰り道をダッシュすることになったよ…

「白鶏麺」自体は、とても美味しい「鶏白湯スープ」の「塩ラーメン」だった。

麺屋 彩々-6麺屋 彩々-7

鶏ガラとモミジを大量に使って炊き上げたと思われるスープは…
何しろ濃い!
そして、コラーゲンたっぷり!

クリーミーで、鶏の臭みなど皆無で、旨みだけが溶け込んだスープ!
これは美味しいよ!

そして、この軽くウエーブがかった中細の自家製麺がまたいい!
なめらかな口当たりで、コシがあって…
茹で加減もカタくもやわらかくもなく、ちょうどいい!

大阪では「弥七」以来の5つ星の「鶏白湯塩ラーメン」といえる!


具もなかなかのもので、特によかったのは鶏の皮を揚げたもの!
パリッとした食感が最高!

麺屋 彩々-8

白髪ネギも三つ葉も…
皮を湯剥したプチトマトも…
この塩白湯スープとは相性はよかったし…

この「白鶏麺」は、かなり気にいった!

それと、唐揚げも!

「白鶏麺」に少し遅れて出された唐揚げ!

麺屋 彩々-9

この、鶏のモモ肉を揚げた唐揚げは、肉汁をたっぷり含んで、味付けも申し分なくて、特製の塩につけて食べたら、もう最高!

真剣にビールがほしくなったよ!

最後に、会計を奥様に済ませて、店主とも軽く立ち話しをして帰ったんだけど…

ちょっと気になったのは、こちらの店の接客姿勢…
店主は、ぶっきらぼうな態度で、決して、言葉遣いが悪いわけではないけど、あまりいい印象は受けなかったし…

貼り紙に書かれた言葉も、取り方によっては、ちょっと、ムッとくる表現だったし…
寒空で待たされた上に、中でもまた、出てくるまで結構待たされても何の言葉もなかったし…

最後に店主夫婦と会話して…
奥様の笑顔を見たから、気持ちは和んだけど…

「また、大阪に来たら寄ってください。」と奥様に言われて…

勢いで…
「じゃあ、次回は味噌ラーメン食べに来ます!」と言って店を出たけど…

この口約束を果たせるかどうかは微妙…

麺屋 彩々-10
麺屋 彩々-11

住所:大阪府大阪市東住吉区駒川5-7-3
電話:06-6609-3030
営業時間:(月~金)11:30~14:30(L.O)/18:00~20:00(L.O)
(土曜)11:30~14:30(L.O)
定休日:日曜
アクセス:近鉄南大阪線・針中野駅から徒歩2分
大阪市営地下鉄谷町線・駒川中野駅から徒歩7分




メニュー:白鶏麺(パイチーメン)…700円/塩らーめん…700円/鶏塩らーめん(数量限定)…750円
味噌らーめん…700円/味噌らーめん…750円/味噌和え麺(汁なし)…円/カレーらーめん…780円
ライス…100円/替え玉…150円/チャーシュートッピング…150円/鶏の唐揚げ(3個)…360円/(5個)…600円


好み度:白鶏麺(パイチーメン)star_s50.gif
接客・サービスstar_s25.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村