訪問日:2017年10月5日(木)

醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-1

本日のランチは、大阪のプチラーメン激戦区・塚本にある『醤油 そして』へ!

大阪のラーメン店らしくない、この長~い屋号の店で、本日10月5日から、また、新たな限定の「ハマグリ白湯らあめん」が提供されると!
Twitterで、こちらの店の濱西店主がツイートしていて!


蛤を使って出汁をとった清湯スープのラーメンは、いろいろな店で、数多く食べているけど!
蛤の白湯スープのラーメンは、あまり、食べた記憶がないので!


というわけで、JR大阪駅から在来線で一つ目の塚本で下車して
11時の開店直後に入店すると

オープンキッチンの厨房には濱西店主に男性スタッフの人!
そして、その厨房を囲むように配されたL字型カウンター7席の席には、お客さんが1人、座っていたんだけど


その人こそ
Bobbyさん♪

「お久しぶりです♪」
挨拶をして、隣の席に座らせてもらうことに!


そうして、席につくなり
「同じものを!」と言って注文!

さらに、今日は、この後、すぐに名古屋に移動して、連食ができないので
まーちんさんよろしく、「やってもうた!」の「マグロ丼」をお願いすることにした。

ちなみに、どうでもいいことかもしれないけど
「やってもうた!」というのは、なにわの新店ハンタープラザースの1人であり、関西の人気ブロガーであるまーちんさんが自身のブログで、毎回、使っているフレーズで!

他の新店ハンターのお2人に加えて、多くのラーメンマニアの方は、ラーメン店に行って、麺メニュー以外のものを食べることは、ほとんどないのに
まーちんさんは、必ずといっていいほど、ラーメンとともにサイドメニューを注文する人で!

「また、食べてしまった。」という戒めの意味を込めてか
「やってもうた!」というフレーズとともにサイドメニューの紹介をしてくれている。

閑話休題(笑)
そうして、Bobbyさんから、最近の関西のラーメン情報など拝聴しているうちに、まず、男性スタッフによって作られた「マグロ丼」が着丼!

醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-2

続いて、濱西店主より、Bobbyさんと私の「ハマグリ白湯らあめん」が供されて!
身を食べた後の蛤の貝殻を入れる小皿も出された。


醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-5醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-6

が3つ載せられて!
鶏ムネ肉のレアチャーシューメンマアーリーレッドカイワレがトッピングされた美しいビジュアルのラーメン♪


醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-3醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-4

まずは、スープをいただくと
サラッとした鶏白湯スープで!

これに、昆布と鰹にメジカ(宗太鰹)と思われる節で出汁を引いた魚介出汁を重ねて!
さらに、蛤の貝出汁のうま味を加えたトリプルスープなのかな
!?

醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-7

そんな味わいに感じられるスープで!
しっかり、蛤独特のうま味が感じられるのがいい♪


すると、Bobbyさんから
「これ、鶏白湯?」

濱西店主に質問が投げかけられて
「ええ、そうです。」

「鳥つけめんに使っている鶏白湯スープだと濃厚になりすぎて、蛤の風味が消えてしまうので、あっさりめに仕上げました。」
「そして、蛤を生かすため、昆布に伊吹いりこ、花鰹、秋刀魚節を入れてます。」


そんな答えがあって!
当たらずとも遠からずのスープということがわかった。


ただ、「ハマグリ白湯」というワードから、もっと濃厚な味わいのスープを期待したのに
清湯と白湯の中間のようなスープで、期待したものとは、ちょっと、違ったかな

もっとも、こうすることで、蛤の出汁のうま味が存分に感じられて!
美味しくいただけたのだから、これはこれでいいとは思うけど♪


麺は、平打ち気味の中太ストレート麺が合わせられていて!
なめらかで、つるモチの食感の麺は、スープと適度に絡んでくれてよかったし♪


醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-8

トッピングされたは、スープの出汁をとった後のもので
普通、何処の店でもそうだけど、飾りの要素が強くて!

醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-9

二枚貝独特の食感は感じられるものの、味は抜けていることが多いのに
この蛤は、蛤らしい味わいも残っているのがよかったし♪

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、しっとりとした食感に仕上げられているのがよかったし!
塩とブラックペッパーで味付けられた味わいもよかった♪


醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-10

さらに、薬味に使われたアーリーレッド(紫玉ねぎ)も、彩りだけではなく、その甘味もシャリシャリとした食感もスープと合っていてよかったし♪
最後は、残ったスープもぜんぶ飲み干して完食!


なお、サイドメニューの「マグロ丼」は、サッパリとした味わいのキハダ鮪のブツがいっぱい載せられたもので!
そして、この鮪が、なかなかの美味しさのもので♪


これで200円というのは破格♪
なので、数量限定で無くなってしまうことも多いみたいだけど、あったら、絶対、注文すべき一品だと思う!


醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-11

ただ、ちょっとだけ残念だったのは、熱々のご飯の上に刺身が載せられているため、刺身の裏側が変色してしまったことと
パリッとしていた刻み海苔がヘナヘナになってしまったこと

熱々のご飯で食べるのも悪くはないけど、それならば、別皿に入れて出して欲しいし
できれば、価格アップしてもいいので、冷たい酢飯で食べたかったかな

帰り際、濱西店主に聞いた話しによると
男性スタッフの人が育って、ある程度任せられるようになったので、今後は、精力的に限定を出していきたいなどと話していて!

限定ハンターのBobbyさんは、目をキラキラ輝かせていたけど(笑)
Bobbyさんじゃなくても、これは嬉しいニュースだし!

今後、大阪に来る際には、こちらの店にお邪魔する機会が増えそう♪
ご馳走さまでした。


醤油と貝と麺 そして人と夢【五】-12

メニュー:中華そば…680円/煮玉子中華そば…780円/肉そば…880円/煮玉子肉そば…980円
せせり中華そば…1000円/牛すじ中華そば…1000円

鳥と蛤の塩そば…800円
あさり醤油和え麺…850円/トッピング「ミニご飯」…+50円

鳥パイタンつけ麺…850円/煮玉子鳥パイタンつけ麺…950円

【限定献立】ハマグリ白湯らあめん…880円/ハマグリ生醤油らあめん…820円

各麺大盛…+100円

トッピング
煮玉子…100円/メンマ…100円/ネギ…100円

ご飯
白ごはん…200円/豚丼…330円/鳥ユッケ丼…380円


醤油と貝と麺 そして人と夢



関連ランキング:ラーメン | 塚本駅



好み度:ハマグリ白湯らあめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2017年7月20日(木)

醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-1

本日のランチに向かったのは、大阪・塚本に昨年の2月16日オープンした『醤油貝と麺 そして』!

大凡、大阪らしくない、この長~い屋号の店で、阿波尾鶏のもものタタキが載る「冷やし」の新作が昨日から提供されているという情報をキャッチ!

こちらの店の前身である弁天町にあった『西や』で食べた阿波尾鶏のもものタタキが激うまだった記憶があって!
あの、ブリッブリの食感の阿波尾鶏のモモのタタキを何しろ食べたい♪


というわけで、最近は、また、新店が何店もできて、さらに競争が激しくなった大阪のプチラーメン激戦区のJR塚本駅近くにある店を、久々に訪ねたのは、11時50分になる時刻。
入店すると、カウンター席もテーブル席も、結構、お客さんで埋まっていて、盛況のようだった♪


L字型カウンター席の内側のオープンキッチンの厨房には濱西店主と、もう一人、男性スタッフの人がいて
濱西店主に挨拶をして着席!

「阿波尾鶏とすだちの冷やし」900円と「〆のわさび飯」50円を注文!
しかし、「〆のわさび飯」の50円というのは、めっちゃリーズナブル!


醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-2

そう思って、あとで濱西店主に聞くと
「セットで1,000円以下にしたかったので、50円で販売することにしました。」ということだったけど、これは嬉しいサービス♪

注文を受けると
「麺、入ります!」と言って…

麺を茹で麺機の中のテボに投入して
タイマーをセットしていくスタッフの人!

濱西店主は三つ葉を包丁で細かく刻んで
大きくて平たい器を取り出すと、その中に冷製スープを注ぐ

そして、カットした三つ葉をスープに浮かべると
酸橘と思われる緑色した果実を搾り始めた。

できれば、搾らずに果実を添えて欲しかったな
と言っても後の祭(汗)

そうしているうちに
ピピピッ!ピピピッ!ピッ

茹で始めから2分40秒でタイマーが鳴ると
スタッフの人によって、長い側面が網目になっていないテボが引き上げられて

湯切りされると
テボに入れたままの麺が氷水に入れられて

テボに手を突っ込んで、よく〆られた麺が冷製スープの中へと入れられると
濱西店主によって盛りつけが行われて!

そうして、最後に、ガリガリとミルで挽いたブラックペッパーが振りかけられて完成したんだけど
できれば、これも、やって欲しくなかったな(汗)

そうして完成した「阿波尾鶏とすだちの冷やし」が
「酸橘はスープに搾ってあります。足りないようでしたらお使いください。」という説明とともにスタッフの人から供されて!

醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-3醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-4

冷やしラーメンといっしょに出してもらうようリクエストした「〆のわさび飯」も
濱西店主によって、この後、すぐに作られて着丼!

醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-5

黄金色したスープに平打ちの中太ストレート麺が入り
カットした三つ葉が散りばめられて

麺の上には、阿波尾鶏のモモのタタキに焼き目の入ったヤングコーンメンマ水菜酸橘がトッピングされた!
彩りもよく、美しいビジュアルの冷やしラーメン♪


まずは、鶏節で出汁を引いたスープに、水出したいりこ出汁を合わせたと濱西店主が話していたスープをいただくと
淡麗ながら、えぐ味なく、いりこのうま味だけが出たスープで!

キリッと冷やされていて!
予め、酸橘が搾られているので、柑橘類特有の酸味と、仄かな甘味も感じられて、清涼感のある味わいなのがよくて!


なお、提供される直前に入れられたブラックペッパーは、冷製スープだからか!?
温かいスープに入れるのとは違って、胡椒独特の鼻腔を刺激する香りが気にならなかったし

それどころか、ミルで削ったことによって
削りたての黒胡椒の爽やかな強い香りとピリッとする辛みが、この冷製スープに限っては、合っていて、ありだと思ったし♪

ただでさえ蒸し暑い大阪で
しかも、今日のように最高気温が36℃もある日にはピッタリのスープ♪

平打ちの中太ストレート麺は、ムチッとした、やや、カタメの食感の麺で!
しっかりとしたコシもあって!


のど越しのよさもあって!
この冷製スープとも合っている♪


醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-6

そして、トッピングされた阿波尾鶏のモモのタタキ
予想通り、ブリッブリの歯応えのある食感のもので!

醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-7

この食感が最高♪
そして、噛む度に、鶏肉のうま味が滲み出てくる絶品の鶏モモ肉のタタキで!


見ただけで、食べる前から、これ、絶対に美味しいよねって思ってはいたけど
最高に美味しい♪

これ、冷やしだけじゃなくて、温かいラーメンやつけ麺でもトッピングできるようにしてもらえないかな!?
そうしたら、絶対にトッピングしちゃうんだけど♪

そして、最後は「〆のわさび飯」に、残しておいたこ冷製の塩スープをかけて、冷たいお茶漬けに!
ただ、ご飯に刻み茎山葵と刻み海苔が載せられただけだと、ちょっと寂しい気がしたので、2切れだけ残しておいた阿波尾鶏のモモのタタキヤングコーンを飾り付けて、いただくと


醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-8

ツーン!
こんな少量なのに、結構、茎山葵が効いていて!


山葵の風味が、この冷たい塩スープとバッチリ合ってて!
めちゃめちゃ美味しい♪


これは、絶対、セットで食べないと♪
ご馳走さまでした。


醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-9醤油と貝と麺 そして人と夢【四】-10

メニュー:中華そば…680円/煮玉子中華そば…780円/肉そば…880円/煮玉子肉そば…980円
せせり中華そば…1000円/牛すじ中華そば…1000円

鳥と蛤の塩そば…800円
あさり醤油和え麺…850円/トッピング「ミニご飯」…+50円

鳥パイタンつけ麺…850円/煮玉子鳥パイタンつけ麺…950円

【季節限定】阿波尾鶏とすだちの冷やし…900円/〆のわさび飯…50円

各麺大盛…+100円

トッピング
煮玉子…100円/メンマ…100円/ネギ…100円

ご飯
白ごはん…200円/豚丼…330円/鳥ユッケ丼…380円


醤油と貝と麺 そして人と夢



関連ランキング:ラーメン | 塚本駅



好み度:阿波尾鶏とすだちの冷やしstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年12月12日(月)

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-1醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-2

本日のランチは、大阪・塚本に今年の2月16日にオープンした『醤油と貝と麺 そして人と夢』という長~い屋号の店で!

こちらの店は、大阪・弁天町にあって、諸事情により閉店した『麺や 西や』で、メインにラーメンを作っていた濱西さんが開業した店!

『西や』時代に「鳥と蛤の塩らぁめん」「中華そば」をいただいて!
新店の『人と夢』では、「鳥白湯つけ麺」「蛤 特製醤油らーめん」をいただいている。


濱西さんの作るラーメンは、どれもが美味しい一品で!
時折、出される限定も食べてみたいものばかり♪


しかし、1日限定だったりすると
よほど、タイミングがよくなければ、食べられないし

そんな店で、11月22日から提供開始された季節限定の「牡蠣塩らーめん」!
この限定は、ロングランで提供されると聞いていたので


次回、大阪に行くときには食べたいと思っていたところ
ようやく、チャンスが巡ってきた♪

そして、大阪から一つ目のJR神戸線の各停しか停車しない最寄り駅の塚本駅で下車して
11時開店の店へ10時50分に、シャッターでやってくると

先客の姿はなくポール獲得!
すると、私の姿を見つけた濱西店主が扉を開けて出てきて


「寒いですから、中にお入りください。」と言って
時間を前倒しして、開店してくれた。

お気遣い、ありがとうございます。
そうして、席に着くなり、メニューも見ずに注文したのは「牡蠣塩らーめん」


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-3

しかし、グランドメニューの裏に、セットの「まぐろ丼」の文字を発見♪
これは、食べとかないと!

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-5醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-6

というのも、ラーメン屋のサイドメニューに「まぐろ丼」があっても、何店かの例外を除けば、あまり、食指は動かないと思われるけど
濱西店主は、毎朝、福島区にある大阪の台所「大阪市中央卸売市場」に通って、貝を仕入れている人なので!

絶対に、いいマグロを仕入れている気がした。
そこで、「まぐろ丼」とのセットにしてもらったんだけど


驚くべきは、この「まぐろ丼」の価格。
メニューには、ラーメンとのセット価格が880円~とあって


これは、一番安価な、680円の「中華そば」とのセット価格ということになるんだろうから
「まぐろ丼」は200円ということになるけど!

どれくらい、ご飯の上に鮪を載っけてくれるのかわからないけど
これはリーズナブル♪

注文を受けると、私の「牡蠣塩ラーメン」と私のすぐ後に入店したお客さんの「鳥と蛤の塩らぁめん」を作り始める濱西店主!
そして、「まぐろ丼」は、キレイな女性スタッフによって作られて!


そうして、まず、「まぐろ丼」が着丼!
丼にはキハダマグロのブツがいっぱい♪


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-8

これが、とても200円で食べられる代物ではないので
濱西店主に

「これで200円!?」
「コスパ高すぎじゃないですか?」
と言うと…

「はっきり言って、赤字です。」
「本当は500円はいただきたいところですけど、早くから来ていただいたお客様へのサービスです。」


「その代わり、5食限定とさせていただいてます。」
なんて話していたけど


さっぱりとした味わいの美味しい生のキハダマグロが使われてた「まぐろ丼」が200円のサービス価格で食べられるんだから!
これは、早く来店しないとね♪


そうして、「まぐろ丼」に少し遅れて「牡蠣塩らーめん」が着丼!
柚子皮あおさが別皿の小皿に入れられての提供で!


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-9醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-10

濱西店主からは
「柚子とあおさは、後でスープに入れてお召し上がりください。」というアナウンスがあったんだけど

この提供方法はいいよね♪
柚子は苦手な人もいるし


あおさは、風味が強いから
繊細な味わいのスープに入れると、スープが、あおさの強い風味に支配されて、あおさ味のスープになってしまうので(汗)

大粒の牡蠣が3個も載せられて!
鶏ムネ肉のレアチャーシューメンマ、ネギカッターで縦に細長くでカットされたものと小口切りのネギがトッピングされた塩ラーメン!


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-11醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-12

まずは、クリアーな塩清湯のスープをいただくと
淡麗な味わいの鶏清湯魚介のスープで!

スープからは、フレッシュな鶏のうま味に、昆布と鰹節のうま味が感じられて♪
そこに、生牡蠣から出たエキスが溶け込んで!


極上のスープに仕上がっていて!
めちゃめちゃ美味しいじゃないですか♪


そして、麺を食べる前に
濱西店主から宮城産だと聞いた生牡蠣を先にいただいてみると

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-13

プリップリな食感がたまらなくよくて!
噛めば、牡蠣のジュースが溢れ出てきて!


牡蠣好きにはたまらない味わい♪
こんな美味しくてうま味いっぱいの良質な牡蠣がラーメン店で食べられるなんて!


そこで、そんな感想を濱西店主に話すと
「海鮮居酒屋だったら、1個300円で出す牡蠣ですから…」

「これだけの牡蠣を使うラーメン店なんてありませんよ。」
「そのおかげで、赤字ではありませんけど、利益はあまりありません。」と言って、笑っていたけど
(笑)

さらに濱西店主に
「先月は宮城産、今月は広島産、来月は、また、違った産地の牡蠣という風に、月替わりで産地違いの牡蠣を使うんじゃなかったんでしたっけ?」

Twitterで、そうツイートしていた人がいたので
そんな質問をしたところ

「最初はそのつもりでした。」
「ただ、市場に行って、広島産の牡蠣を探しても、あまり大きな牡蠣がなくて…」


「どうしても、牡蠣の大きさと品質にはこだわりたかったとので…」と話し…
「毎朝、6時から7時台に大阪市中央卸売市場に行って、牡蠣に蛤、浅利を仕入れています。」

「それ以上前だと、セリがあって、業者は忙しいし…」
「8時になると、いい物は残ってないので…」
なんて話しをしていたけど…

「大阪市中央卸売市場」に行って、自分の目で見て、仕入れをする
これは間違いないし

東京にも、築地に仕入れに行くラーメン店はあるけど!
こんなラーメン店が大阪にもあるんだね♪


めちゃめちゃ美味しかったので、牡蠣を立て続けに食べて!
さらに、こちらも、熱いスープに浸しておくと、カタくなってしまうので


鶏ムネ肉のレアチャーシューを先にいただいたんだけど
鶏のうま味を感じる美味しいレアチャーシューで!

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-14

しっとりとした食感に仕上げられていて!
味、食感とも絶品のレアチャーシューでよかったし♪


そして、この縦に極細にカットした九条ネギが入るラーメンを見れば
このラーメンが、何処のラーメン店に由来するラーメンなのか

わかる人はわかると思うけど
これに、スゴく、関西らしさを感じるし!

シャキシャキとした食感がよくて!
この塩スープとの相性もよかったし♪


麺は、なめらかな食感の中細ストレート麺が合わせられていて
つるっと、啜り心地のいい麺で!

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-15

のど越しのよさもあって!
スープとも程よく絡んでくれてよかったし♪


最後は、スープも全部飲み干して、美味しく完食♪
とここで、重要なミスに気づいてしまった


それは
後半、スープに投入する予定だった、小皿に入れられた柚子皮とあおさを入れ忘れてしまったこと(汗)

スープが美味しかったから、つい、くびぐびと飲んでしまった
もし、入れていたら

柚子が香って♪
あおさがスープの風味を変えて!


2度美味しいを味わえたのに
残念なことをしてしまったけど、それだけ、元のスープが美味しかったってことだから、まあ、いいか!

この一品は、機会があれば、また、食べてみたい逸品♪
ご馳走さまでした。


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-16

メニュー:中華そば…680円/煮玉子中華そば…780円/肉そば…880円/煮玉子肉そば…980円
せせり中華そば…1000円/牛すじ中華そば…1000円

鳥と蛤の塩らぁめん…800円

浅蜊醤油和え麺…850円
トッピング「ミニご飯」…+50円

鳥パイタンつけ麺…850円/煮玉子鳥パイタンつけ麺…950円

【季節限定】牡蠣塩らーめん…900円

各麺大盛…+100円

トッピング
煮玉子…100円/メンマ…100円/ネギ…100円

ご飯
白ごはん…200円/豚丼…330円/鳥ユッケ丼…380円


醤油と貝と麺 そして人と夢

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 塚本駅



好み度:牡蠣塩らーめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年4月25日(月)

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-1

今夜、大阪に着いて、私が向かったのは、塚本に2月16日にオープンした『醤油 そして 』!

前回、閏年の2月29日に訪れて、これが2回目の訪問になる。
そして、今夜、こちらの店を訪ねたのは、前回訪問したときに、こちらの店の濱西店主から


「東京に行って、金色不如帰』で食べて勉強してきました。」
「今度、大阪に来られるときには、今の鳥と蛤の塩ラーメンとは、また違った蛤出汁の醤油ラーメンをお出しできると思います。」


なんて話しをしていたので!
濱西店主の作る『金色不如帰』リスペクトがリリースされるのを楽しみにしていた。


すると、ちょうど、一週間前に濱西店主がTwitterで、4月18日から「蛤 特製醤油らーめん」を提供するとツイートしていたので!
これは、行かないと♪


というわけで、JR塚本駅近くの店を訪ねたのは夜の5時50分。
こちらの店の夜の開店時間は早くて、夕方の5時から開店してくれているので、即、入店して!


「蛤醤油食べにきました!」
厨房の濱西店主にそう言って、空いていたカウンター席へと着く!


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-2

ただ、ラーメンを食べる前に、まず
「鳥のレアチャーシュー」をアテに瓶ビールをいただくことに♪

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-3

そして、まずは、女性スタッフの人から出されたビールで
おつビー♪

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-4

そうして、「鳥のレアチャーシュー」が少し遅れて供されたんだけど
鶏ムネ肉のレアチャーシューは、ブラックペッパーで味が付けられていたのに

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-5

なぜか、醤油が付いてきたので
濱西店主に聞いてみると

「鳥のレアチャーシュー」は、塩ラーメンに合わせるので、一品で食べるには薄味に感じてしまう。
それで、そうしているということだったけど


それなら、醤油よりもポン酢を付けてもらった方が、いいような気もしたけど
でも、フレッシュで美味しい鶏ムネ肉でよかったし♪

濱西店主によると
これは、朝挽きの鶏で!

生でも食べられるということだったので!
フレッシュなのは当たり前♪


でも、それなら、いっそのこと
レアチャーシューにするのではなく、鶏のタタキにして、提供してくれたら、もっとよかったんだけどね♪

そうして、この「鳥のレアチャーシュー」をアテに一杯やっている最中に
季節限定の「蛤 特製醤油らーめん」を作ってもらうよう、濱西店主にお願いすると

ちょうど、ビールを飲み終える絶妙のタイミングで
濱西店主によって作られた「蛤 特製醤油らーめん」が着丼!

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-6醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-7

アテにいただいた「鳥のレアチャーシュー」が2枚に、メンマ三つ葉、白髪ネギと
そして、もう一つ、蛤の貝殻に載せられたものは
!?

濱西店主によると
これは、「特製あさり味噌」だそうで

あさりの他に牡蠣やニンニク、生姜も合わせた特製の味噌ということで!
これを、後半、スープに溶かして食べると、パンチのきいた味わいになるとか
!?

そこで、まず、「特製あさり味噌」が溶け出ないように、別皿に回避させて
淡い色合いした淡口醤油と濃口醤油をブレンドしたカエシが使われていると思われるスープをいただくと

蛤!蛤!蛤!
蛤のうま味が口いっぱいに広がるスープで!

それに、貝は、蛤オンリーのようで
あさりは感じられず

そこで、濱西店主に、そんな感想を話すと
「はい、蛤だけで、あさりは使っていません。」

「いい蛤を仕入れるために、毎日、福島の中央卸売市場に行ってます。」
「結構な量の蛤を仕入れてます。」


「でも、今日は、蛤が小粒で、あまりいいものがなかったんですよ…」
なんて、話しをしていたんだけど


ラーメン屋さんが、中央卸売市場に行って、魚貝の仕入れをするというのも珍しい!
ただ、この味わいは、『金色不如帰』ではないかな


それを、濱西店主に指摘すると
「はい、独自の味に仕上げました。」と言っていたけど…

『金色不如帰』や『中華そば 四つ葉』のように、濃口醤油ベースで!
キレッキレで香り高い生醤油が使われていないからそう感じるんであって!


蛤を生かすという意味では、この淡口醤油と濃口醤油のブレンドはいいかも♪
さらに言えば、塩や白醤油ベースのカエシよりも、かえって、この方が蛤が生かされているようにも感じられた。


ただ、個人的には、もう少し、スープにコクを出すために、カエシにもう一工夫あると
もっと、もっと、美味しいスープになるように感じられた。

麺は、全粒粉が配合されたウェーブがかった細ストレート麺が合わされていて!
ここは、『金色不如帰』をリスペクトしているのかな
!?

醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-8

ただ、ちょっと、やわらかめ
もう少しコシがあるといいような気もしたけど

でも、この蛤出汁のスープには合っていて!
蛤のコハク酸のうま味いっぱいのスープをいっぱい持ってきてくれて、美味しく食べさせてくれるのはいいと思う♪


トッピングされた鶏ムネ肉のレアチャーシューは、アテでいただいたものと同じ。
やわらかくて!


しっとり感があって!
フレッシュでいいと思う♪


蛤の身もプリッとした食感がよかったし♪
三つ葉は、香りもよくて、スープともよく合っていたし♪


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-11

そうして、濱西店主に言われた通り、「あさり味噌」を後半、溶かし入れて、いただいてみると
牡蠣、生姜、ニンニクの風味がプワッと香って!

淡くて、やさしい味わいが、パンチのある味わいに変化して!
これ、めっちゃ面白い♪


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-9醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-10

総評としては、スープも麺も、思い描いたものとは違ったし
これは、『金色不如帰』をリスペクトしたラーメンとは言えないかな

でも、この味わいは、ありだと思うし!
「あさり味噌」による味変アイデアがとても面白いので♪


興味のある方はぜひ♪
ご馳走さまでした。


醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-12
醤油と貝と麺 そして人と夢【弐】-13

メニュー:中華そば…680円/肉そば…880円/鳥と蛤の塩らぁめん…800円/鳥白湯つけ麺…850円
各麺大盛…+100円
鳥香味和え麺(大盛不可)…800円

【季節限定】蛤 特製醤油らーめん…850円

トッピング
味玉…100円/メンマ…100円/ネギ…100円
牛すじ(中華そば専用)…280円/せせり(中華そば専用)…330円
鳥レアチャーシュー…300円

ご飯
白ごはん…200円/豚丼…330円/鳥ユッケ丼…380円


醤油と貝と麺 そして人と夢

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 塚本駅



好み度:蛤 特製醤油らーめんstar_s40.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2016年2月29日(月)

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-1

本日は大阪プチラーメンツアー!

のぞみで新大阪に着くと
隣のホームに珍しい新幹線車両が!

皆さん、パチパチと写真を撮られていたので!
私も便乗してパチリ!


【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-2

しかし、この新幹線、何なんだろうと思って、スマホでググってみたところ
山陽新幹線の全線開業40周年と「エヴァンゲリオン」のTV放送開始20周年を記念して、2015年11月より始動した「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」の一環でデザインされた「500 TYPE EVA」車両だった。

そうして、新大阪からJR京都線で大阪駅まで1駅乗って!
JR神戸線に乗り換えて1駅目の塚本駅で下車して


本日一軒目にやってきたのは
2月16日にオープンしたばかりの新店の醤油と貝と麺 そして人と夢』!

こちらの、長~い屋号の店は、弁天町にあって、諸事情により閉店した『麺や 西や』で、メインにラーメンを作っていた濱西さんが開業した店!
『麺や 西や』には、2度ほど訪問したことがあって!


限定の「鳥と蛤の塩らぁめん」にレギュラーメニューの「中華そば」をいただいている。
どちらも、なかなかクオリティの高い、美味しいラーメンだったし♪


それ以降も、魅力のある限定を何度も出していて!
食べてみたかったんだけど


なかなか、訪問する機会に恵まれないまま、閉店してしまって
寂しく思っていたところ

こうして、復活してくれたのは、めっちゃ嬉しい♪
というわけで、今回のプチラーメンツアーでは、大阪に着いて、真っ先に訪問!


しかし、この大阪から一つ目のJR神戸線の各停しか止まらない塚本という駅は
なぜか、最近、ラーメン店の新店ラッシュで!

『麺匠 JAZZ』に、この日は臨時休業していた『創作らーめん style林』などの評価の高い店が誕生!
さらに、これらの新店を迎え撃つ『ばっこ志』『麺一盃』との間でバトルするプチラーメン激戦区になっている!


【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-3
【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-4【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-5

なお、店の場所は、塚本駅西口から出て、線路沿いから一本西に入った道を線路と平行に北へ100m程の場所で!
『麺屋 雀』の並びにある。


【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-6
※画像の左端に見えるオレンジ色したビルの一階が店

11時40分過ぎに、入店すると
L字型カウンター席7席と4人掛けのテーブル席が2卓ある店で!

お客さんは、カウンターに2人!
テーブル席に2人の計4人。


そして、そのL字型カウンター席に囲まれた厨房には、濱西店主と男性スタッフの2人!
他にキレイな女性スタッフの姿があった♪


濱西店主に開店のお祝いの言葉を述べて、空いていたL字型カウンター席の一番手前の右奥の席にと着くと
頭上には沢山の醤油の一升瓶が

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-9

そして、壁には醤油蔵のような写真が飾られていたので
「この写真は、どこかの醤油蔵の画像ですか?」と濱西店主に聞いてみると

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-11

「ええ、これは、湯浅醤油の醤油蔵見学に行ったときのものです。」なんて答えがあったんだけど
屋号に「醤油」を使っているだけあって、醤油にはこだわっているようだった。

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-10

そして、貝殻で「人」と書かれたオブジェにキング牧師の写真
これで、屋号の「貝」と、「人」と「夢」を表しているんろうけど

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-12【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-13


でも、大阪にある店なのに、屋号はめっちゃ長いし
こう長くては、覚えられないよね(汗)

なお、卓上のメニューを見ると
麺メニューは、「中華そば」、「肉そば」、「鳥と蛤の塩らぁめん」、「鳥白湯つけ麺」、「鳥香味和え麺」とあって!

ただし、大阪の麺友の間では、めっちゃ評判の高かった「鳥香味和え麺」は、3月からのスタートということで!
今日はなし


ということで、この中から私が注文したのは
「鳥白湯つけ麺」!

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-7

「中華そば」と「鳥と蛤の塩らぁめん」は、『麺や 西や』で食べているので!
パスかなと思いつつ


でも、「中華そば」には、以前とは違って、イベリコ豚のレアチャーシューが使われているので!
「中華そば」に、このイベリコ豚のレアチャーシューがトッピングされた「肉そば」も食べてみたいとは思ったけど


「鳥白湯つけ麺」は、『麺や 西や』で、何度か限定で出されたメニューで
しかし、私が大阪滞在中には一度も出されずに、食べていなかったので!

なお、麺を大盛にするかどうか迷って
濱西店主に麺の量を尋ねると

230gだというので、また、悩む
200gだったら大盛りの300gにするし!

250gだったら、大盛りにしたら375gとなって!
ちょっと、多すぎるので


すぐに、決まるのに、微妙
なお、もし、まだ、お腹の余裕があって、食べられたら、「中華そば」を店内連食してもいいかなと思って、デフォルトのまま、注文することに!

そうして、つけ麺を待っていると
後客が来店して、「中華そば」と「豚丼」のランチセットを注文!

さらに、先客に、その「中華そば」と「豚丼」のランチセットが出されたのを見て!
「豚丼」の上には、イベリコ豚っぽい豚の細かい角切りされたチャーシューが載せられていて


めっちゃ美味しそうだったので!
メニューをひっくり返してみたところ


【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-8

ランチセットのメニューが記載されていて!
その中に、プラス170円で、「中華そば」と「豚丼」のセットの「中華そば」を「鳥白湯つけ麺」に変更できるとあったので!


思わず、濱西店主に、このセットに変更してもらうようにお願いした。
しかし、通常は330円する「豚丼」が、どの麺類を食べても、200円でいただけるランチセットはお得だよね♪


というわけで、少し、待っていると
まず、「鳥白湯つけ麺」が着丼して、すぐに「豚丼」も出された。

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-14【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-15【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-16【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-18

麺の上には、「中華そば」とは違って、イベリコ豚ではなく、鳥のレアチャーシューが載せられて!
味玉ハーフメンマ、斜め切りされた長ネギに、小口切りされた青ネギがトッピングされたつけ麺は、彩りも鮮やかで、ビジュアルも美しい♪


まずは、中太ストレートの麺をいただくと
プリプリ、モチモチの多加水麺の食感がよくて!

つけ汁につけていただくと
モミジで程よいトロミのつけられた鶏白湯のつけ汁で!

つけ汁からは、フレッシュな鶏のうま味が感じられて!
さらに、昆布と鰹出汁のうま味も重ねられていて!


バランスをとってきたという感じの!
濃厚というよりは、こってりというのが正しい味わいのつけ汁で!


思った以上に美味しいというか!
これ、関西でも有数の美味しさの鶏白湯つけ麺といっていいんじゃないかな♪


素材の出汁のうま味を引き出す清湯スープが得意な濱西店主だけど!
白湯スープでも、鶏のうま味をしっかりと入れて、美味しいスープを作ってきた♪


そして、トッピングされた鶏ムネ肉の真空低温調理されたと思われるレアチャーシューは、鶏のうま味がかんじられる、めっちゃ美味しいレアチャーシューで!
しっとりとした食感も最高で!


味、食感とも絶品のレアチャーシューで♪
これは、次回、食べる機会があれば、絶対にトッピングしたい逸品♪


さらに、味玉も、いい感じで!
斜め切りされた長ネギのしゃとした食感もよかったし♪


そうして、最後に作ってもらったスープ割りは
2種類の白と青のネギが入れられて、戻ってきたんだけど

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-17

このサービスもよかったし!
割りスープが入れられて、昆布や鰹節の魚介出汁の風味が強くなった割りスープが、めっちゃ美味しくて♪


もちろん、スープ割りも、すべて飲み干して完食!
美味しかった♪

そして、まーちんさん的に言うと
「やってもうた」の「豚丼」は(笑)

濱西店主に聞いたところ
すべてがイベリコ豚のチャーシューではないみたいだったけど

でも、ジューシーで、肉のうま味がよく感じられるチャーシューで!
醤油味の味付けもよくて、美味しくいただけたし♪


これは、お昼に来たら!
まーちんさんじゃなくても、「やってもうた」するのがおすすめな一品だったし♪


「鳥白湯つけ麺」も「豚丼」も、本当、美味しかった♪
ご馳走様でした。

【新店】醤油と貝と麺 そして人と夢-19

メニュー:中華そば…680円/肉そば…880円/鳥と蛤の塩らぁめん…800円/鳥白湯つけ麺…850円
各麺大盛…+100円
鳥香味和え麺(大盛不可)…800円

トッピング
味玉…100円/メンマ…100円/ネギ…100円
牛すじ(中華そば専用)…280円/せせり(中華そば専用)…330円
イベリコ豚レアチャーシュー…300円/鳥レアチャーシュー…300円

ご飯
白ごはん…200円/豚丼…330円/鳥ユッケ丼…380円


醤油と貝と麺 そして人と夢

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 塚本駅



好み度:鳥白湯つけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m