訪問日:2015年3月24日(火)

麺処 晴【壱七】-1

本日のランチは、今月の8日から提供が再開された
と思われる「濃厚つけ麺」を食べるために、東京・入谷の『麺処 へ!

スタッフけいちゃんが修業のために店を移って、こちらの店の大城店主が一人営業することになって
しばらくの間、提供が休止されていた「濃厚つけ麺」!

それがようやく、新しいスタッフの人が入ったことによって再開された!?
ただ、再開された後は、バッタリ、大城店主のTwitterでのツイートがなくなってしまったので

もしかして、その日だけの限定としての提供だったのか
それとも、今後もずっと、提供を続けるのか

不明だったので、訪問を躊躇していたんだけど(汗)
今日は、大城店主の作る絶品のレアチャーシューが食べたくなったので♪

万一、「濃厚つけ麺」が提供されていなかったとしても、久々に「中華そば」をチャーシュートッピングして食べればいい!
そう思って、東京メトロの入谷駅の出口をでるとすぐ近くにある店を訪ねることにした。


そうして、店にやってきたのは13時ジャスト!
すると、店の前にあった立て看板には「濃厚つけ麺、再開しました。」の張り紙があった♪


麺処 晴【壱七】-2

ガラスドアを開けて、店の中へと入っていくと
店内は満席で、店内には、ウェイティングの椅子と立ち待ちのお客さんを合わせた5人のお客さんが順番を待ちをしていた。

なお、厨房には、大城店主の他に、新たに入ったスタッフの人の姿があって!
大城店主に挨拶をして、食券を買うことになるんだけど


券売機には、「濃厚つけ麺」に「濃厚あつもり」のボタンも復活していて!
私が買い求めたのは、絶品のレアチャーシューがトッピングされる「チャーシューつけ麺」!


麺処 晴【壱七】-3

すると、スタッフの人が食券を回収にきたので
「中盛で!」と言って、食券を渡したんだけど!

こちらの店の「つけ麺」の量は並盛が200gで!
無料で300gの中盛まで増量できる。


ちなみに大盛の400gにも100円増しでできるし!
特盛の500gにも150円増しでできる!


そして、「中華そば」に「塩そば」も並盛は130gだけど、中盛の180gには50円増し!
大盛の230gにも100円増しとリーズナブルな価格で麺の増量ができるのがいい♪


さらに、細かい注文にも対応しているようで
私の後に入店してお客さんなんかは、「濃厚つけ麺」の食券を買って、スタッフの人に「250gでお願いします。」というリクエストにも応えていた♪

そうして、少し待つうちに席も空いて
ザルを使って茹でられていたつけ麺用の麺も茹で上がったようで!

スタッフの人が冷水で〆た麺を、大城店主がキレイに器に盛りつけて!
3個作りされた麺が完成!


そして、その一つに、豚肩ロース肉の真空低温調理されたレアチャーシューがドカッと載せられて、私に出された!
さらに、少し遅れて、つけ汁も提供されたんだけど


見ていて、よかったのは
「熱いですから!」と断って、お客さんにつけ汁を触らせずに手元まで運ぶ気配りがなされていたこと!

これは、こちらの店のつけ汁が本当に熱々で!
知らずに受け取ったら、熱さで手を離してしまう危険があるので!


まずは、供された「チャーシューつけ麺」の記念撮影を終えて!
さっそく、村上朝日製麺のつけ麺用の麺を、そのまま、つけ汁につけずにいただくと


麺処 晴【壱七】-4麺処 晴【壱七】-5麺処 晴【壱七】-6麺処 晴【壱七】-7

小麦粉が香る風味のいい麺で!
久々にいただいたので、忘れていたけど、こんなに香りのいい麺だったんだね♪


切刃12番の極太のストレート麺は、なめらかな口当たりの、モッチモチの食感の多加水麺で!
弾力があって、コシがあって!


小麦粉のうま味がよく感じられる麺で!
これだけ美味しい麺だと、味だけだったら、わざわざ、自家製麺にしようなんて思わないよね♪


そして、つけ汁につけて食べてみると
鯵と平子(真鰯の養魚の煮干)の2種類の煮干を使って出汁をとったと思われるつけ汁は、2種類の煮干のうま味に!

鯵煮干の甘みに平子のビターさがドバッと出たつけ汁で!
煮干好きにはたまらない味わい♪


それに、このつけ汁は、ドロドロとまではいかないものの、かなりの濃度で!
モミジを長時間炊かなければこうはならない濃厚なつけ汁に仕上がっている!


さらに、ゲンコツのうま味がしっかりと感じられて!
動物系も、結構、強いのに!


この強い動物系をも凌駕するほどの煮干が効かされていて!
濃厚豚骨煮干つけ麺では、最高峰にある味わいと言っても過言ではない!


マジで美味しかったので、大城店主にそんな感想を漏らすと
思ってもいなかった答えが帰ってきた。

「実は、平子が手に入らなくて、今回のスープには使っていないんですよ。」と言う
そこで

「じゃあ、背黒で、このビターさを出したの?」と聞くと
ある秘密の背黒を使ったことを打ち明けてくれたんだけど

「三村さんには、平子が入っていないことも、何を代用したかもバレバレでした。」とも話していたけど
さすが、蛇の道は蛇!

志村坂上の坂下の店の煮干マイスターの舌にかかると!
煮干のことは何でもわかってしまうんだね
(驚)

そして、トッピングされたチャーシューは、つけ汁の中に沈んでいたチャーシューもなかなか美味しかったけど!

麺処 晴【壱七】-8

でも、やっぱり、追加トッピングした豚肩ロース肉のレアチャーシューが最高!

麺処 晴【壱七】-9

このしっとりとした食感に!
醤油味のこの味わいが何ともよくて


これを超えるレアチャーシューは他にない!
絶品の逸品♪


そして、最後に、大城店主に、スープ割りをお願いすると
「ネギとチャーシューは入れてよろしいですか?」と聞いてきたので

どちらもお願いしたところ
レアチャーシューを刻んだものにネギもたっぷり入って戻ってきたんだけど!

麺処 晴【壱七】-10

これは、贅沢だし、嬉しいサービス♪
味ももちろんよくて!


すべて飲み干して完食!
ご馳走さまでした。

麺処 晴【壱七】-11

メニュー:中華そば…730円/味玉そば…830円/特製そば…950円/チャーシューそば…1000円
塩そば…730円/味玉塩そば…830円/特製塩そば…950円/チャーシュー塩そば…1000円

中盛(麺180g)…50円/大盛(麺230g)…100円

濃厚つけ麺…800円/味玉つけ麺…900円/特製つけ麺…1030円/チャーシューつけ麺…1080円
濃厚あつもり…800円/味玉あつもり…900円/特製あつもり…1030円/チャーシューあつもり…1080円

中盛(麺300g)…無料/大盛(麺400g)…100円/特盛(麺500g)…150円

トッピング
味玉…100円/穂先メンマ…100円/のり…100円/ネギ…100円/チャーシュー…300円/…円

ごはん…100円/豚めし 小…200円/豚めし…250円/豚めし 大…350円


麺処 晴

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 入谷駅鶯谷駅上野駅



好み度:濃厚つけ麺star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2015年2月9日(月)

【新店】麺匠 MONACO-1

本日は1月3日オープンの新店『麺匠 MONACO』でランチ!

情報では、F1のモナコグランプリが好きで、将来はMONACOでラーメン屋を開きたいと考えている店主が開いた店だとか!?
たまたま、誰かがりツイートした店主のTwitterのツイートを見て、Twitterを見に行ったところ…

本日9日から月曜日営業も始めるとツイートしていたこと
そして、前日のツイートで、水から戻したメンマの水を替えて丁重な仕事ぶりが気に入ったので、この人のラーメンを食べてみたくなった。

西武新宿線の本川越駅から徒歩1分という好立地の店へ、今日は東武東上線の川越市駅からアクセス!
開店時間の11時に店の前までやって来ると


ちょうど、かわいい女子のスタッフが店の中から現れて、開店しようとしているところだった。
入店すると


奥の厨房には、髪を短く刈り上げた、やや、強面の店主が1人!
この方、どこかでお見かけしたような


でも、Twitterのツイートを見る限りは、もっと若い店主なのかと思ったのに
イメージが違ったな(汗)

まずは、券売機で食券を買うんだけど
券売機には多数のメニューが!

ただし、×マークがずらり(汗)
どうやら、販売しているのは「醤油そば」に「塩そば」、「まぜそば」の3つで、「参弐つけそば」、「節そば」、「しびそば」の販売はまだのようだった

【新店】麺匠 MONACO-2

券売機の最上段が「醤油そば」で!
たぶん、これが一番のおすすめなんだろうと思って!


「チャーシュー醤油そば」にしようと思ったんだけど
メニューにあったのは、デフォルトの「醤油そば」の他には「味玉醤油そば」と「特製醤油そば」だけで

下の方に、トッピングの「チャーシュー」のボタンを見つけたんだけど
残念ながら、売り切れの×マーク

事前に、こちらの店のチャーシューが、大好きな真空低温調理調理されたレアチャーシューとわかっていたので、トッピングするつもりだったんだけど!
そこで


「チャーシューは、今日はトッピングできないんですね…」
「レアチャーシューが好きなので、トッピングしとうと思っていたんですけど…」と店主に話すと…

店主からは意外な答えが返ってきた
それは

「チャーシューなんて、豚肉のPEDによる高騰があったから、ラーメン屋は皆、真空低温調理のチャーシューに走っているんですよ。」
「普通のチャーシューは、こうしてスライサーで薄く切ることはできないけど、レアチャーシューだったらできますからね。」

「チャーシューや特製なんてのは、別盛りにして出して、皆、酒のつまみにするのはいいけど…」
「ラーメンで食べるなら、ラーメン屋が儲かるだけだから、やめておいた方がいいですよ。」


なかなか面白い人だね
それで、デフォルトの「醤油そば」の食券を買って席へとついたんだけど

「お客さん、お湯を沸かすのが遅れて、ちょっと、時間がかかっちゃうけど、いいですか?」と聞いてきたので…
「あ、構わないですよ。まだ、時間あるので…」と答えると…

この店は、大正時代の建物で、元は、鰻屋だったとか
店舗の工事費を抑えるために自分で天井の工事をしただとか

どこから来たのかと聞かれて、千葉県から来たと話すと
千葉の八千代に毎週通って、ラーメン塾の講師をしているなんて話をして!

その他にも。お湯が沸くまで、いろいろとおしゃべりてくださったんだけど
とても饒舌で面白い店主だった♪

それで、帰り道にスマホでググってみたところ
こちらの店の店主は、実は川越と所沢で3店のラーメン店を経営する社長さんということがわかったんだけど

そんなことは、まったく明らかにはしていなかったし
ここは、今までとはまったく違う路線のラーメンを出す実験室のような店舗なのだろうか

そうして、お湯が沸くと
狭い厨房で、やや、窮屈そうにしながら、「醤油そば」を作り上げると

「待たせちゃったから、味玉サービスしときます♪」
そう言って出された「醤油そば」は


店主の経歴や風貌からは想像できない、デザインされた器に真空低温調理された大きな豚肩ロース肉2枚と鶏ムネ肉のレアチャーシューに、味玉極太メンマ三つ葉が盛られた!
お洒落で現代的なラーメン
(笑)

【新店】麺匠 MONACO-4【新店】麺匠 MONACO-5

まずは、撮影会を終えて!
さっそく、スープをいただくと


カエシの醤油が濃い目で、やや、塩分が強めに感じられたのと
甘みが強めに感じられたのが少し気になったけど

フレッシュな鶏のうま味が感じられるスープで!
昆布や鰹節他の節のうま味に、煮干しのうま味も重ねられていて、バランスのいい、美味しいスープに仕上がっていた♪


特に鶏のうま味が強く感じられて、スープが美味しかったので!
店主に、そんな感想を話すと


鶏は、地元食材の「彩の国地鶏タマシャモ」を使って、しかも、ガラではなく丸鶏を使って、スープの出汁をとっているそうで!
だから。これだけ新鮮で美味しい鶏のうま味がいっぱいに感じられらんだね


麺は三河屋製麺の全粒粉が配合された中細ストレート麺が使われていて!
たぶん、『金色不如帰』で使っている麺と同じだと思うけど


【新店】麺匠 MONACO-6

つるっとして、日本蕎麦チックな食感の中加水麺は、食感もとともよくて!
小麦粉のうま味も感じられる美味しい麺なのがいい♪


そして、醤油清湯のスープとの馴染みもよくて!
スープと絡んで、スープをより美味しく食べさせてくれたし♪


そして、トッピングされた具は
まずは、豚と鶏の2種類のチャーシューは

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、ソミュール液に漬けこんで、真空低温調理されているようで!
しっとりとした食感に仕上がっているのはよかったし、味付けもよかった♪


ただ、スライサーで薄切りされたもので
個人的な好みからすると、厚切りにしてもらって、肉を味わってるという感じにしてもらえる方が嬉しいんだけどね

鶏チャーシューは、片栗粉が塗されたもので!
つるんとした食感で、やわらかくて、悪くはないんだけど


普通に真空調理されたレアチャーシューで出してもらった方が
個人的には好みだったかな

材木メンマは、外はコリコリとしていてカタめ!
でも、中はサクッとしたやらかめの食感のもので、よかったし♪


味玉は、よく味の滲みたもので!
茹で加減も絶妙で、とても美味しくいただけたし♪


【新店】麺匠 MONACO-7

三つ葉も適量で、風味がとてもよくて!
この醤油清湯のスープにはよく合っていたと思う♪


総じて、スープも麺もトッピングされた具も、完成度が高くて、美味しい醤油精油のラーメンだったと思うので!
他のメニューも食べてみたい気がするけど

特に、まだ、発売されていない、メジ鮪を焙乾して作ったメジ節(鮪節、関西では、しび節)を使って作る「しびそば」に!
3種類の麺を2種類のつけ汁につけて食べるという「参弐つけそば」が気になるので!


店主のTwitterをチェックして、発売したら、また、来るつもり!
ご馳走さまでした。

【新店】麺匠 MONACO-8【新店】麺匠 MONACO-3

メニュー:醤油そば…750円/味玉醤油そば…850円/特製醤油そば…1050円/麺大盛…100円

塩そば…750円/味玉塩そば…850円/特製塩そば…1050円/麺大盛…100円

まぜそば…750円/味玉まぜそば…850円/特製まぜそば…1050円/麺大盛…150円

味玉…100円/メンマ…100円/チャーシュー…350円


MONACO

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 本川越駅川越市駅



好み度:醤油そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2015年3月18日(水)

【新店】一日一麺LAB+ -1【新店】一日一麺LAB+ -2

本日のランチは、江坂に3月16日オープンした新店の『武者麺 SEA』に行って、「淡麗(あっさり)魚貝醤油ラーメン」をいただいた。

関西のブロガーさんの評判もよく、こだわりの小麦粉を使って作る自家製麺の店ということで、期待して訪問したんだけど
ちょっと、残念な結果に終わった

そこでもう一軒、気を取り直して、3月15日に長堀橋にオープンした一日一麺LAB +』へと向かうことにした!
江坂駅から、地下鉄の御堂筋線長堀鶴見緑地線と乗り継いでやってきた長堀橋駅。


改札を出て、すぐ右のエスカレーターを上がって、日本橋方面に横断歩道を渡ると、目の前にある!
『吉野家』等の飲食店が入るビルに入居した店!


確か、以前はパスタ屋だった跡地に誕生した!
最寄りの出口を出れば、1分もかからない店へとやってきたのは、もうすぐ12時50分になる時刻。


しかし、こんな時間なのに、店内は満席のようで
3人のお客さんが店頭で待っていた。

その後ろに付くと
コック服をパリット着こなした男性スタッフが、店の中から出てきて

私の顔を見て
「お一人さまですか?」と聞いてきたので…

「ええ…」と短く答えると…
前によって待つ3人組みのお客さんに

「もうすぐテーブル席が空きますので、こちらのお客さんを先にお通ししてよろしいでしょうか?」と断って、先に店内へと案内してくれた。
入店すると、手前側にあったオープンキッチンの厨房と対面するカウンター席が1席のみ空いていて


あとは、奥のカウンター席にテーブル席も含めて、すべての席が埋まっていて!
こんな時間なのに流行っている♪


席につくと
目の前の厨房には、先ほど、店内へと案内してくれたスタッフの人を含めた3人のスタッフの人が居て!

さらに、ホールにも2人のスタッフの人の姿があって!
そして、全員がコック服を着ていたんだけど!


これが、こちらの店のユニフォームなんだね。
そして、そのホールに居た性スタッフがルイボス茶が入ったコップを手にして、すうっと近づいてきて


「メニューの説明をさせていただいてよろしいでしょうか?」と聞いてきたので
頷くと

「ラーメンは、いつものヤツと今日はコレの2種類になります。」
「こちらの、いつものヤツは、薄口醤油ベースの鶏と貝のあっさりとしたスープのラーメンです。」


「そして、今日はコレは、濃口醤油ベースの鶏と甲殻類の濃厚なスープのラーメンです。」
さらに…

「大きなチャーシューが1枚入ったレギュラーと、チャーシューが半分になる代わりに、味玉がつく、ライトから選べます。」
「チャーシューは、大きなままで、味玉を付けたかったら、50円でつけることができます。」


そう言って、メニューを指差しながら説明をしてくれた。
そこで、メニュー先頭にあって、一番オーソドックスな「いつものヤツ レギュラー(チャーシュー大厚切り)」にすることに!


【新店】一日一麺LAB+ -3【新店】一日一麺LAB+ -4

注文を受けると
さっそく、ラーメン作りに入るスタッフの人。

そうして、そう待つことなく「いつものヤツ レギュラー(チャーシュー大厚切り)」が完成して!
先ほどメニュー説明をしてくれた女性スタッフの人が手元まで運んできてくれた。


【新店】一日一麺LAB+ -5【新店】一日一麺LAB+ -6

ドドンと載った存在感のあるデカチャーシューが特徴的なラーメン!
まずは、黄金色に輝くスープをいただくと


【新店】一日一麺LAB+ -7

この味わいは、薄口醤油に日本酒か
あるいは、白ワインか

さらに、カエシには、貝のエキスも入っているのだろうか
カエシにコクがあって、うま味がいっぱいに詰め込まれている!

なお、スープ自体は、鶏があまり感じられない淡麗な鶏ガラスープだったけど
スープ表面に浮遊する貝風味の香油がスープにうま味とコクを与えて、美味しく食べさせてくれるし♪

このスープは、カエシと香油でのうま味とコクで飲ませるスープといえる!
ラーメンの基本はスープにあるとは思っているけど、美味しければ、こういうのも、ぜんぜん、ありだと思う♪


麺は、先ほどの店同様、亜麻仁(アマニ)入りの小麦粉で製麺された中太ストレートの自家製麺で!
中力粉で作られたと思われる多加水麺は、まるで、やわらかいうどんを食べているようなこの食感の麺で!


【新店】一日一麺LAB+ -8

プリプリとした食感の麺で!
のど越しのよさもあって!


悪くはないけど
あまり、ラーメンの麺を食べているという感じがしないかな(汗)

ドデカくて、ぶ厚いチャーシューは、食べ応えがあっていいとは思うんだけど!
脂身があって、ちょっと苦手なチャーシューだったかな


しかし、このバカデカいチャーシューに多加水の中太麺が特徴的で!
そして、薄口醤油、濃口醤油をカエシに使って、カエシのうま味で食べさせるラーメンと言ったら


思い浮かぶのは一つだけ!
それは、ミスチル大好き松村店主の1号店『人類みな麺類』


これ、間違いなく『人類みな麺類』の「macro」を意識して作ったラーメンだよね!
何か、松村店主と関係があるのかな


そう思ったんだけど
確かめられないまま店を出てしまった

そこで、あとで、「一日一麺LAB+ 人類みな麺類」でググってみたところ…
黒帽子さんのブログがヒット!


どうやら、『人類みな麺類』プロデュースの店のようだということがわかったけど
セカンドブランド、サードブラントの店に加えて、梅田には『人類みな麺類』の2号店もできるみたいで!

さらにカレーの店も経営して!
そして、今度はプロデュース店まで手掛けるなんて!


松村店主!
今、めっちゃ勢いあるよね♪


なお、しょーもないことだけど
黒帽子さんのブログとともにヒットしたのが、オープン初日に訪れて、800円のラーメンが無料になる恩恵を受けていた新店ハンターの「やってもうた!」まーちんさんのブログ

見に行くと
注文に当たっては

初めてですが「いつものヤツ」オーダー(*^▽^*)

リアルに女性店員さんにまんま、オーダーしましたw

いかにも、おっさんが言いそうなことです( ̄▽+ ̄*)


そして、いつもの!
ウミャイ スープ!


デカプリオなチャーシュー!
しかし、かなり長いww

またもやダックスフンドみたいな豚でしょうか:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


今回も、また、まーちんワールド炸裂で!
ただ、この日は、ラーメン2種類だけの提供で


サイドメニューの用意がなくて
恒例の「やってもうた!」ができなかったので

ワシ的には
「一日一横(サイド)」
としたいところ


なんて、書いていたけど(汗)
相変わらず、笑わせてくれます(笑)

話が横に逸れてしまったけど
こちらの店のラーメンは、さらっと食べると、多くのお客さんが美味しいと感じるラーメンだと思う!

店は、裏口があって、そこを出ると、目の前がビジネスホテル!
近くはオフィス街が広がっていて!


【新店】一日一麺LAB+ -10

駅からも近いし!
店もお洒落だし!

きっと、ランチタイムには、ビジネスマンやOLで賑あうんだろうね♪

ご馳走さまでした。

【新店】一日一麺LAB+ -11

メニュー:いつものヤツ
<チャーシュー(大)厚切り> レギュラー…800円
<チャーシュー(小)煮玉子付き> ライト…800円

今日はコレ
<チャーシュー(大)厚切り> レギュラー…800円
<チャーシュー(小)煮玉子付き> ライト…800円

麺大盛り…100円UP

トッピング
煮玉子…50円/チャーシュー…300円/メンマ…100円/ネギ…100円

ごはんもの
ヘタ丼 (小)…300円/(大)400円
白ごはん (小)…150円/(大)200円
貝柱ごはん (小)…200円/(大)300円
こだわり卵ごはん…250円


イチニチイチメン ラボプラス

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 長堀橋駅松屋町駅心斎橋駅



好み度:いつものヤツ レギュラーstar_s35.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2015年3月18日(水)

【新店】武者麺 SEA-1

本日のランチは3月16日オープンの新店『武者麺 SEA』へ!

こちらの店は、『三麺流 武者麺』のネクストブランドの店としてオープンした店!

元々は、2010年7月7日に布施にオープンした『みかえりらぁめん 布施店』が、2012年7月1日に『三麺流 武者麺』と名前も新たに、江坂に移転オープンして!
昨年10月4日にオープンさせた2号店の『三麺流 武者麺 新大阪店』に続いて、オープンさせた3号店!


布施にあった店には、2010年7月10日に訪問して、「中華そば」をいただいた。
平均以上の味わいのラーメンを出す店という印象はあったけど


以降、訪問することもなく
また、江坂に移転してからも未訪のままだった。

しかし、大阪の麺友であり、新店ハンターの黒帽子さんの『三麺流 武者麺』の評価が高かったのと!
さらに、オープンして、すぐに訪問して、「魚貝醤油ラーメン」を食べた、元祖新店ハンターのとよつねさんの評価が★★★★と高かったので、食べたくなった♪


というわけで、地下鉄御堂筋線の江坂駅を下りて、少し歩く店へとやってきたのは11時40分になる時刻!
店の外には誰もいなかったので、店の外観写真を撮っていたところ


ドドドドドっと、お客さんがやってきて、5人のお客さんに抜かれて、先に入店されてしまった(汗)
券売機で、先客が食券を買い終わるのを待っていたところ

「両替して!」
そう言うと、男性のお客さんが一万円を差し出して、ホールに2人いた女性スタッフの1人に要求したんだけど


「この機械は一万円使えます♪」
女性スタッフからは、そう答えが返ってきたて


こちらの店の券売機は、五千円、一万円も使える券売機が導入されていたことがわかったんだけど!
これ、めっちゃ便利♪


【新店】武者麺 SEA-2

そして、私の順番になって、券売機で、お目当ての「淡麗(あっさり)魚貝醤油ラーメン」の食券を買い求めようとしたところ
「魚と豚のクラッシュまぜそば」なるメニューが目に止まって

「クラッシュ」というネーミングが、めっちゃ気になったんだけど
でも、まずは、汁ありのラーメンで、実力を計らないとね!

というわけで、予定通り、「淡麗(あっさり)魚貝醤油ラーメン」を買うと
2人居た女性スタッフのうちの1人から

「カウンター席でよろしいですか?」と効かれたんだけど
カウンター席はいっぱいで、1席のみが空いている状態!

まだ、お昼休みに入る前の時間だというのに、めっちゃ流行ってる♪
席に座ると


目の前の厨房には3人のスタッフがいて!
後ろの製麺室にも1人!


さらに、ホールに2人のスタッフの人がいたんだけど!
オープンしたばかりの店にしては、スタッフの人数が多くて、儲かってるのかな!


ラーメンができるまで、厨房の様子を観察しながら待っていると… 
「Cセット行きます。」というスタッフの声が掛かって

1人のスタッフの人が中華鍋を火力の強いガス台に載せて、油を引いて
どうやら、炒飯を作るようで!

注目してみていたんだけど
そこに入れられたのは、すでに一度、炒められて出来上がった炒飯

中華鍋に入れられて、鍋を数回振って、熱が通されると完成
キチンと炒められた炒飯が作られるんだろうなと思ったのにらちょっとガッカリ

すると、今度は別のスタッフの人が
「麺入ります。」と言って、2玉の麺を小振りなテボに入れると、タイマーをセット!

そうして、1分30秒でタイマーが鳴ると、テボが引き上げられて!
2個作りされた「淡麗(あっさり)魚貝醤油ラーメン」が完成!


【新店】武者麺 SEA-3【新店】武者麺 SEA-4

そのうちの一つが私に出されたんだけど
いくつか気になることがあった。

それは、まず
「2番、4番さんです。」

そう厨房から言われて、まず、2番のお客さんに女性スタッフからラーメンが出されて!
そして、その後に4番の席に座った私にラーメンが出されたんだけど


2番のお客さんは、私の後に来たお客さんだったので
できれば、こちらから先に出してほしかったな(汗)

そして、次に、問題だったのは、着丼したラーメンの盛りつけがなっていなかったこと。
パリッとした海苔がスープに浸された状態で出されたのが、まず、ダメ!


そして、麺が整えられずに出されたのが
自家製麺の店としては、特に問題!

でも、見た目だけが悪いのならば、まだ、よかったかもしれないけど
まず、スープ表面にラードの油の層ができていたスープを馴染ませて、いただいたところ

醤油の角が立った、甘じょっぱい味わいの醤油清湯のスープで!
貝のエキスの味わいは感じられるけど


これ、貝で出汁をとっているのかな
それに、動物系は、香油に使われたラードしか感じられなかったんだけど

このスープ
魚介だけでとった動物系不使用のスープなのだろうか

醤油が強くて、出汁感の弱いスープで
期待したスープとは大きくかけ離れたものに感じられてしまった

そして、このスープに合わせられた、平打ちの太ストレート麺は、店舗の外からも見えるように作られたガラス張りの製麺室で作られた自家製麺で!
亜麻仁(アマニ)というゴマにも似た小さな種子入りのNIPPN(日本製粉)の小麦粉を使って、大和製作所の高級な製麺機で製麺された麺!

めっちゃ、期待していたんだけど、!
結論から先に言うと、まったく好みから外れた麺だった
(汗)

【新店】武者麺 SEA-5【新店】武者麺 SEA-6

まず、カタめで、グニグニとした食感の麺は、茹で時間がアルデンテすぎるんじゃないのかな!?
もっと、芯まで茹でないと、小麦粉のうま味は感じられない。

それと、茹でムラがあって
もっと、大きなテボで茹でて上げれば防げるはずなのに、この小さなテボで、こんな幅広くて太い麺を茹でたら

こんな具合だから、コシもないし
のど越しのよさもない。

スープとの絡みも悪いし
この自家製麺だけは、いただけなかったかな

確かに、ラーメンを作る人によるものは大きいとは思う。
しかし、この平打ちの太麺を、こんな小さなテボで茹でているのを見ても


この麺の盛りつけ一つを見ても
麺に対する愛情やこだわりは微塵も感じられなかったし

さらに、コンベクションオーブンでローストされたというロースチャーシューは、関西の麺友が食べていた画像を見る限りは、レアチャーシューのはずだけど
画像からもわかるように、レア感は皆無

【新店】武者麺 SEA-7

今日のラーメンの出来が悪かったのかもしれないけど
ちょっと、残念な思いで店を後にした

【新店】武者麺 SEA-8【新店】武者麺 SEA-9

メニュー:淡麗(あっさり)魚介醤油ラーメン…750円/濃厚(こってり)海老塩白湯ラーメン…750円/濃厚(こってり)魚介つけ麺…850円/魚と豚のクラッシュまぜそば…800円

トッピング
麺増し…100円/肉増し…200円/味玉…100円

めし
焼飯…450円/焼飯(小)…350円/鮭マヨ焼飯…500円/白めし…150円
餃子(六ケ)…280円/ネギポン餃子(六ケ)…380円

ランチAセット(ライス)…100円/ランチBセット(ライス+餃子)…250円/ランチCセット(焼飯)…250円/ランチDセット(焼飯+餃子)…400円


武者麺 SEA

昼総合点★★☆☆☆ 2.5



関連ランキング:ラーメン | 江坂駅



好み度:淡麗(あっさり)魚介醤油ラーメンstar_s25.gif
接客・サービスstar_s30.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2015年3月23日(月)

【新店】麺創 樹咲 kizaki-1

本日は、3月19日オープンの新店『nc23930.jpg麺創 樹咲 kizaki』へ!

情報によれば、薩摩しゃも、焼きアゴ、鯛兜などで出汁をとり、宮内庁御用達の関ヶ原たまり醤油を使用した無添加・無化調のラーメンが食べられる店だとか!

焼きアゴは大好きな食材だし!
日本三大地鶏の薩摩地鶏は知っているけど、薩摩しゃもは知らなかったので、どんな出汁を出してくれるのかにも興味があった!


ただ、店の場所を調べたところ
こちらの店は、西武新宿線の沼袋駅北口から新青梅街道の沼袋交差点近くまで歩いて、交差点に差し掛かる手前を左に折れた路地にあって!

ここは、かつては、『大勝軒上野家』があった場所で!
この場所はラーメン店がオープンしては閉店を繰り返している鬼門の場所


大丈夫なのだろうか
まず、そんなネガなことを考えてしまった(汗)

とりあえず、緩やかな坂を上って、ここを左折する路地までやってきたところ
路地の曲がり角にはユニフォーム姿のキレイな女性スタッフの子が立っていて、ビラのようなものを配っていた。

近づくと
「19日にオープンしたばかりのラーメン屋です♪」

「よかったら、食べていきませんか?」
そう誘われて、チラシを渡された。

【新店】麺創 樹咲 kizaki-2

「じゃあ、食べます!」
本当は、ここを目指して来たくせにそう答えると
(汗)

路地へと入っていって、店の中まで案内してくれた。
ただ、入店すると店内はノーゲスト


もう、お昼の12時40分になる時間とはいえ、ちょっと、寂しかったかな
でも、まだ、オープンしたばかりで認知度が低いから仕方ないか

よかったのはインテリア!
以前に『大勝軒上野家』のときにお邪魔したときとは、店は雑然としていたのに


今は、ガラッと変わって!
お洒落で落ち着いたインテリアの店へと改装されていた。


まずは、券売機で食券を買うんだけど
メニューは、大きく分けると、「樹咲そば」に「樹咲つけ麺」!

しかし、「つけ麺」には売り切れランプが点灯していて!
実質は「樹咲そば」と、デフォルトの「樹咲そば」にチャーシュー2枚と「味玉幽庵漬け」が追加される「樹咲特そば」の2種類に限定される。


【新店】麺創 樹咲 kizaki-3

なお、先ほどもらったチラシには、「味玉幽庵漬け」サービスの特典が付いていて!
味玉を2個食べてもしょうがないので


「樹咲そば」の食券を買って、先ほどの女性スタッフに渡して!
カウンター席のみ8席のうちの1つの席についた


目の前の厨房にはイケメンの店主が1人!
ただ、厨房と客席との間の壁が高いのが


これでは、厨房の中がまったくのブラインドで、調理の様子を窺うことができないのと
厨房とのコミュニケーションが取りにくいので(汗)

女性スタッフから注文が告げられると、黙って調理に入る店主!
そうして、途中で、何やら、体重を掛けて何かを押し潰すような動作を見せていたんだけど


何をしていたのか
気になったけど、カウンターの壁が高すぎて、見えないのが残念

そうして、注文から10分ほど時間を費やして「樹咲そば」が供されることになるんだけど!
その前に、無料でトッピングされた「味玉幽庵漬け」が、ラーメンとは別に別皿での提供となった。


【新店】麺創 樹咲 kizaki-5【新店】麺創 樹咲 kizaki-6【新店】麺創 樹咲 kizaki-7【新店】麺創 樹咲 kizaki-8

さっそく、たまり醤油をカエシに使ったという
やや、濁りのあるスープをいただくと

たまり醤油の風味がたまらなくよくて!
店主は、きっと、このスープにはこの醤油が合うという基準で、この醤油を使うことを決めたのではなく


きっと、この醤油に惚れて、それで、この醤油を使ったんじゃないのかな!?
そんな気がするほど風味のいい醤油だった♪

そして、スープから、まず、感じられるのは鶏のうま味!
これが、薩摩しゃもの味わいなんだろうか!


基本的には、鶏のうま味が先行して!
焼きアゴは、後から追いかけてくる感じ!


でも、この焼きアゴの上品な風味が、じんわりと後味として残って!
この余韻が、アゴ好きにはたまらない♪


なお、鯛兜というか、鯛のアラから出た出汁の風味も感じられるけど
あまり強くはなく、隠し味程度!

なので、鮮魚による魚臭さは微塵もないし!
飲みやすいスープだと思う。


それよりも、鰹節に昆布、干し椎茸と想われる出汁のうま味の方が強く感じられて
バランスのいい和風出汁のスープに仕上がっていると思う。

そこで、店主に
「さつま地鶏で出汁をとったスープをいただいたことはあるんですけど、薩摩しゃもは初めてです!」

「いい出汁出してるし!」
「それに、アゴのじんわりとした上品な後味がいいですね♪」と話し掛けたところ


店主からは意外な反応があった
それは

「薩摩しゃもは美味しいのですけど、ガラをとったら、身があまり付いてなくて…」
「高級品なので、肉をごそっととってしまうようで、ガラからは、あまり、出汁が出なかったので…」


「でも、いい出汁出てましたよ♪」と言うと…
「今は、薩摩しゃもも使っていますけど、みちのく清流味わいどりも使って出汁をとっていますので…」

「近いうちに、薩摩しゃもをやめて、他の鶏に替えるつもりです。」
そんな話しをしていたけど

そんなこともあるんだね
丸鶏を使えば、そんなことはないんだろうけど

とても、コスト的にはラーメンには使えるものじゃないだろうし
でも、高級な地鶏を使わなくたって、フレッシュな鶏のうま味が出たスープを出してくれればいいと思う♪

そして、このスープに絡む麺は、平打ちの中太縮れ麺が使われていて!
モチッとした、少し、加水率高めの麺ながら、縮れが付けられているので、スープを拾ってくれるのがいい♪


【新店】麺創 樹咲 kizaki-9

でも、外にあった開店祝いの花から、こちらの店で使われているのは、三河屋製麺の麺に間違いはないだろうと思うけど!
三河屋製麺だったら、もっとスープにドンピシャの麺があると思うし


【新店】麺創 樹咲 kizaki-10

普通なら、切刃22番か、使ったとしても20番ストレートを合わせるのが無難だと思うけど
あえて、そうはせずに、この平打ち中太の縮れ麺の選択をしたのは、個性的だし、とてもいいように思えた!

そこで、そんな話しを店主にすると
いきなり、生麺の状態の麺を取り出して見せてくれて

生麺の状態では、軽くウェーブ掛かったストレート麺で!
「手揉みして、縮れをつけています。」と話してくれたんだけど


ラーメンを作っているときに、体重を掛けて、何かを押しているような動きがあったけど
あれは、麺を揉んでいたんだね!

スープもそうだけど!
麺にも手間を掛けている。


なかなか面白い麺なので!
これは食べてみる価値があると思う♪


トッピングされた具の豚バラチャーシューは、無駄な脂が落とされたもので、香辛料で味付けされた美味なものだったし♪
笹切りネギと玉葱ねぎの異なる食感がよくて!


コリコリとしたメンマの食感も!
ヤングコーンは食感も面白かった♪


【新店】麺創 樹咲 kizaki-11

そして、「味玉幽庵漬け」は、柚子の風味がして、よかったけど
ただ、トッピングされた具は、彩りも含めて、もう一工夫あってもいいような気がした。

【新店】麺創 樹咲 kizaki-12

例えば、チャーシューをピンク色した豚のコンフィにするとか!?
薬味に紫玉ねぎや三つ葉を使うとか!?

ヤングコーンにメンマではなく、穂先メンマにするとか、筍にするとか
いろいろ工夫できると思うので!

なお、こちらの店は、麺類は、まだ、一種類で!
これでは、お客さんも飽きてしまうので


「つけ麺」に他の味わいのラーメンもあるといいとは思ったけど!
ただ、「大山地鶏きじ丼」、「厚切り豚生姜焼丼」、「駿河湾産釜揚げしらす丼」、「醤じゃこおにぎり」!


さらに、今月の季節の炊き込み御飯があって、3月・4月は旬の「鯛飯」等も用意されていて!
サイドメニューが豊富なのがいい♪


今日は、せっかく、西武新宿線沿線に来たので!
もう少し足を延ばして、鷺ノ宮の「らー麺 すぎ本」で未食の「塩つけ麺」を食べるつもりだったので、遠慮しておいたけど


特に「鯛飯」は食べてみたいサイドメニューだったので!
1ヶ月くらいして、「つけ麺」が始まった頃に、また、訪問して、「つけ麺」とともに食べてみるつもり!


なかなか、ラーメン店が長続きしない場所ではあるけど
この味なら大丈夫♪

ガンバってください。
ご馳走さまでした。

【新店】麺創 樹咲 kizaki-13【新店】麺創 樹咲 kizaki-14

メニュー:樹咲そば…790円/樹咲特そば…1000円/樹咲つけ麺…890円

味玉幽庵漬け…120円/麺大盛…200円

大山地鶏きじ焼丼…490円/厚切り豚生姜焼丼…490円/駿河湾産釜揚げしらす丼…390円
醤じゃこおにぎり…200円/季節の炊き込み御飯…300円/国産米白飯…150円

店主のきまぐれミニサラダ…250円/季節のフルーツde杏仁豆腐…350円


麺創 樹咲 kizaki

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 沼袋駅野方駅



好み度:樹咲そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m