訪問日:2017年3月20日(祝・月)

麺処 きなり【壱五】-1

本日のランチに向かったのは、先週の木曜日にレギュラーメニューをリニューアルしたのに、昼営業をしただけで、その日の夜営業から休業してしまった『麺処 きなり』へ!

今日から営業を再開するというので、お邪魔することにしたんだけど
どうしちゃったんだろう!?

こちらの店は、和食にも洋食にも、そして、ラーメンにも精通した土橋店主が営む店で!
メニューを一新した木曜日の昼営業に訪問して、新メニューの「濃口醤油そば」をいただいた。


昆布、干し椎茸、鰹節、鮪節、煮干し、アサリの和出汁で出汁を引いて
再仕込み醤油のカエシと合わせた、動物系出汁を使わないスープのラーメンで!

しかし、香味油にだけは鶏油が使われていて!
インパクト不足とも思えなかったし!


出汁のうま味で食べさせてくれる美味しいスープのラーメンに思えたのに♪
何が問題だったんだろう


そんなことを思いながら、東京・駒込の路地裏にひっそりと佇む店の前に、13時近い時刻にやってくると
ちょうど、4人のお客さんが入店するところで

私も、追うように入店して、厨房の土橋店主と、いつものスタッフのおじさんに挨拶して
まずは、店の奥に設置された券売機で食券を購入するんだけど

麺処 きなり【壱五】-2

メニューは、「醤油そば」、「汐そば」、「濃厚醤油そば」、「濃口醤油つけそば」の4種類。
旧メニューの「醤油そば」が復活していて!


新メニューでは、「濃厚醤油そば」、「濃口醤油つけそば」が残って!
「白味噌そば」がメニュー落ちしていた。


なお、メニューに、今までになかった「特製」が冠されたものが追加されていたので、これは何がトッピングされているのか
土橋店主に尋ねると

「味玉と豚、鶏、鴨の3種類のチャーシューが追加になります。」という返答があったので
未食の「濃口醤油つけそば」を「特製」で購入することにして

さらに、なにわの新店ハンター・まーちんさんと違って、あまり、サイドメニューは食べない人なんだけど
こちらの店に来ると食べてしまう絶品の「炊き込み飯」の食券を買って席につくと

土橋店主から
「店の都合で、お客様にメニューを押しつけては駄目だとわかりました。」

「醤油ラーメンを戻しました。」
「ただ、濃口醤油そばはフリークの方から評判がよかったので残しました。」なんて話しがあったんだけど


当初、今回のリニューアルに関して、土橋店主は、レギュラーメニューの「醤油そば」と「汐そば」用に2種類作っていたスープを一本化して
そうして、できた時間を使って、期間限定のメニューを精力的にやりたいと話していた。

そして、動物系を使わずに得意の和出汁だけでとった「汐そば」のスープの評判がいいこともあって!
この「汐そば」のスープを改良して、「醤油そば」にも「汐そば」にも、さらには「白味噌そば」にも合うスープを完成させて、木曜日から販売開始しようとした。


しかし、「白味噌そば」だけは、やはり難しくて
結局、「汐そば」と再仕込み醤油をカエシに使用した「濃口醤油そば」の2つのラーメンと「濃口醤油そば」ベースの「濃口醤油つけそば」の3メニューを販売。

しかし、私も含めたラーメンフリークは、美味しいと認めた「濃口醤油そば」は、地元のお客さんからは「NO」を突きつけられたのか!?
販売から僅か数時間で販売中止を決断。

それから、3日半休んで、見直したメニューが、先の4メニューで!
結果的には、スープの一本化は見送られて、かえって、リニューアル前より大変になってしまったんじゃないかと思うけど
(汗)

土橋店主はいう
「醤油ラーメンは難しいです。」

「特にこの場所では…」
「大変でも、お客さんに喜ばれるラーメンを作っていきます。」なんて話していたけど


もう少し、様子を見てもいいんじゃないかとは思ったけど
土橋店主の判断は早かった。

なお、先客4人の注文したメニューは
「味玉醤油そば」の「大盛り」、「特製汐そば」の「大盛り」、「醤油そば」、「濃口醤油そば」と、まちまち

そうして、そのバラバラのメニューを手際よく作り上げると
もう、すでに、茹でるのに時間の掛かる「つけそば」用の麺は、いつの間にか茹でられていて

先客の4つのラーメンが出されてからも、そう待つことなく「特製濃口醤油そば」も完成して!
土橋店主によって供された。


麺処 きなり【壱五】-3麺処 きなり【壱五】-4

麺の上に、デフォで真鴨の鴨ムネ肉のレアチャーシューが3枚に小松菜、刻み海苔が載せられて!
「特製」トッピングの味玉に、豚肩ロース肉鶏ムネ肉鴨ムネ肉の3種のレアチャーシューが添えられて


さらに、つけ汁の中には、小口切りされた長ネギ、ぶつ切りされた万能ネギ、揚げネギが入る!
美しいビジュアルのつけそば♪


そして、記念撮影をしていると
少し、遅れて、「炊き込み飯」も供された。

麺処 きなり【壱五】-5麺処 きなり【壱五】-6

具を寄せて、いつもなら麺だけをつけ汁につけていただくんだけど
三河屋製麺の平打ちの太ストレートの麺は、何度もいただいて、味も食感もいい麺なのは、よく、わかっているので

麺処 きなり【壱五】-7

いきなり、つけ汁につけて、麺をいただいたところ
昆布に鰹に煮干しに干し椎茸の和出汁のうま味がよく出たつけ汁で♪

濃い目の醤油のカエシに揚げネギがつけ汁にコクを与えていて
めっちゃ美味しい♪

ただ、アニマルオフのつけ汁なのに、鶏のうま味も感じられたけど
これは鶏油によるもの!

前回、「濃厚醤油そば」をいただいたときに、土橋店主から香油には鶏油とネギ油が使われていると聞いたので!
そう思っていたんだけど


一応、確かめてみると
「つけそばは、鶏を使わないと弱いと思って、鶏も使って出汁をとってます。」なんて言うんだけど

一体、何種類のスープを用意しているんだろう!?
これ、絶対にリニューアル前より手間掛かっているよね(汗)

そして、「濃厚醤油そば」同様、終盤、つけ汁が冷めてくると
アサリのコハク酸のうま味が感じられるようになるのもよくて♪

よく考えられた「つけそば」で!
地味だけど、味はバツグンによかった♪


トッピングされた3種類のレアチャーシューは、今日も、どれも最高だったけど♪
特によかったのは、真鴨のムネ肉を使ったレアチャーシュー


麺処 きなり【壱五】-8

合鴨を使わず、真鴨にこだわる土橋店主が作る鴨ムネ肉のレアチャーシューは、ラーメン店で食べるものとは一線を画する逸品♪
ただ、前回は、本人が言うように、美味しいけど、最高に美味しいレアチャーシューではなかった。


しかし、今日の一品は、火入れがよかったのか
最高に美味しい絶品のレアチャーシューだった♪

さらに、豚肩ロース肉のレアチャーシューは、いつも通り、しっとりとした食感に仕上げられていて♪
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューだったし♪


麺処 きなり【壱五】-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、こちらも、しっとりとした食感に仕上げられていて♪
塩加減もちょうどよくて、美味しくいただけたし♪


そして、あまり味玉を食べない私が、初めて、こちらの店でいただいた味玉は
中まで味がしみていて

味も濃すぎず薄すぎず、いい味付けで
美味しい味玉だったし♪

麺処 きなり【壱五】-10

そうして、「炊き込み飯」は、いつも通り、生姜がきかされた味わいなのがよくて♪
三つ葉の香りもよかったし!


麺処 きなり【壱五】-11

これが150円で食べられるのもよくて!
これは、今後もラーメンやつけそばとセットで食べてしまいそう♪


そうして、最後は、土橋店主にお願いして、スープ割りを作ってもらったんだけど
今日は、特にサプライズはなし

麺処 きなり【壱五】-12

限定ではなく、レギュラーメニューだからかもしれないけど
今までは、豆乳で割ったり、蕎麦湯で割ったり、トマトジュースにタバスコを入れたりしたり

毎回、いろいろなサプライズがあって、楽しませてもらったんだけど
でも、それでも、魚介が香る美味しいスープ割りでよかったし♪

美味しく完食♪
ご馳走さまでした。


麺処 きなり【壱五】-13

メニュー:醤油そば…750円/味玉醤油そば…850円/特製醤油そば…1000円

汐そば…750円/味玉汐そば…850円/特製汐そば…1000円

濃口醤油そば…780円/味玉濃口醤油そば…880円/特製濃口醤油そば…1030円

濃口醤油つけそば…850円/味玉濃口醤油つけそば…950円/特製濃口醤油つけそば…1100円

大盛り…100円

ねぎ…100円/味玉…100円/のり…100円/しなちく…100円
追加豚肩ロース…250円/追加鶏むね肉…200円/追加鴨むね肉…250円

炊き込み飯…150円/ごはん…100円/卵かけごはん…200円/肉ごはん…250円


麺処 きなり

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 駒込駅西ケ原駅上中里駅



好み度:特製濃口醤油つけそばstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト
訪問日:2017年3月6日(月)

【新店】とりそばモリゾ-1

今夜は、大阪・肥後橋にバレンタインデーの2月14日にオープンした新店のとりそばモリゾーへ!

『らーめんstyle JUNK STORY』出身のモリゾーこと尼崎店主が、『らーめん香澄』阿波座本店中崎町店に続いて、3店目の店として、自らのニックネームである『モリゾー』を冠したセカンドブランドの店をオープン!

店の場所は、地下鉄四ツ橋線の肥後橋駅9番出入口から5分ほどの
四ツ橋筋から路地に入った、ちょっとわかりづらい場所にある。

夜の7時過ぎに入店すると
厨房にはモリゾーさんと男性スタッフが2名。

【新店】とりそばモリゾ-2

モリゾーさんに挨拶すると
カウンター席に座っていたお客さんの1人が振り向いた。

なにわの限定ハンターの「よしもっ」さんだった。
「毎度~♪」


まずは、券売機で食券を購入。
屋号にも冠された「とりそば」が大きなボタンになってPR♪


【新店】とりそばモリゾ-3

他には、「中華そば」、「とりまぜそば」、「カレーまぜそば」があって
「とりそば」と「中華そば」の違いがわからなかったので、モリゾー店主に聞くと

チャーシューがかの違いということで
どちらも、醤油の清湯スープのラーメンということだった。

そこで、屋号が冠された「とりそば」をチョイスして!
券売機の最上段左の店一番のおすすめと思われる「特製とりそば」の食券を買い求めて、よしもっさんの隣の席へ。


そうして、よしもっさんとおしゃべりしているうちに、完成した「特製とりそば」が着丼!
鶏ムネ肉鶏モモ肉の2種のレアチャーシュー、なるとネギ、白髪ネギが載り、さらに、特製仕様で、本来は「中華そば」に入る豚肩ロース肉のレアチャーシューと2つ割りされた味玉がトッピングされた美しいヒジュアルのラーメン♪


【新店】とりそばモリゾ-4【新店】とりそばモリゾ-5

まずは、「肥後橋ブラック」、あるいは「モリゾーブラック」と命名した方がいいんじゃないかと思われる、醤油の色が濃いスープをいただくと
これは

「高井田系ラーメン」!?
東大阪市の境界線に近い、大阪市の東成区にある高井田交差点近くの「中華そば 住吉」、「光陽軒」という老舗のラーメン店で出されて、今では、大阪市内はもとより、東京でも食べられるようになった大阪のプチご当地ラーメンを彷彿とさせる味わいのラーメン!

【新店】とりそばモリゾ-6

鶏と昆布で出汁をとったスープの濃い醤油味のラーメンで、最後に黒胡椒が掛けられて出されるのが特徴!
本場の『中華そば 住吉』のラーメンは、スープがしょっぱすぎて苦手だったけど


これを、大阪の有名ラーメン店の『麺哲』が、『麺哲』流にアレンジしたものを出していて!
これを、『麺哲』の豊中本店の元店長が東京・早稲田にオープンされた『巌哲』でも出していて!


また、今は事情により『麺哲』とは関わりがなくなってしまったものの
『麺哲』出身の店主が営み、今でも店の看板メニューにしているのが、この「高井田系ラーメン」で!

この2店で食べた『麺哲』流アレンジの一杯は、しょっぱくもなく、キチンと出汁も引かれていることもあって、美味しくいただけたので!
では、モリゾーさんの「高井田系ラーメン」というと
!?

結論からいうと、これも美味しかった♪
スープには、鶏と昆布のうま味がしっかりと出ていたし!


まったく、しょっぱさを感じないのは、前述の2店と同じ!
それと、こちらのスープには鯖節と思われる節が使われていて!


節のうま味とともに酸味も感じられるのが特徴!
また、干し椎茸のうま味がかんじられたのもよかった♪


ただ、黒胡椒のピリピリとした刺激が
人によっては気になるかな

ここまで、スープを飲んで
思い出したのが、モリゾー店主の出身店である『らーめんstyle JUNK STORY』の「濃口醤油ラーメン」

最近は『らーめんstyle JUNK STORY』煮はお邪魔していないので、今でも、このメニューをはんばいしているかどうかはわからないけど
これをリスペクトして作ったラーメンなのかもしれない。

そう思って、なにわの新店ハンターの方々や、食べログの口コミなどを、後で、ネットで調べてみたんだけど
皆さん、この「高井田系ラーメン」ぽい味わいについて、誰も触れていないのが、スゴく不思議

大阪のプチご当地ラーメンのはずなのに
大阪でも意外にマイナーなんだろうか!?

そして、このラーメンのもう一つの特徴は麺にあって!
京都の老舗製麺所の「麺屋 棣鄂」製の平打ちの太ストレート麺は、パスタのフェットチーネのような形状した麺で!


【新店】とりそばモリゾ-7

変わっているのは、全粒粉が配合されていること!
食べてみると、きしめんのようなピロピロとした食感の麺で


しかし、しなやかなコシも感じられて!
のど越しのよさもあって♪


スープとの絡みもよくて♪
この麺は、「つけ麺」や「「まぜそば」に使ってもよさそう♪


鶏ムネ肉のレアチャーシューは、やわらかくて!
しっとりとした食感に仕上げられていたのがよかったし!


【新店】とりそばモリゾ-8

鶏モモ肉のレアチャーシューは、しっかりとした食感のものだったけど
噛むと、肉のうま味がジンジワと感じられる美味しいチャーシューだったし♪

豚肩ロース肉のチャーシューは、出身店の『らーめんstyle JUNK STORY』譲りのクオリティの高さを誇る逸品で!
しっとりとした食感も、噛むと、うま味が滲み出てくる味わいも一級品だったし♪


【新店】とりそばモリゾ-9

味玉も、味付けに黄身の半熟加減も完璧で!
トッピングしても食べたくなる一品だと思ったし♪


【新店】とりそばモリゾ-10

最後は、ラーメン丼の底にあったかわいいキャラクターが現れるまで飲み干して完食♪
ご馳走さまでした。


【新店】とりそばモリゾ-11【新店】とりそばモリゾ-12

メニュー:特製とりそば…1000円/味玉とりそば…900円/とりそば…800円
特製中華そば…1000円/味玉中華そば…900円/中華そば…800円

特製とりまぜそば…1000円/味玉とりまぜそば…900円/とりまぜそば…800円
特製カレーまぜそば…1000円/味玉カレーまぜそば…900円/カレーまぜそば…800円

麺大盛…100円

ごはん(小)…50円/ごはん(中)…100円/ごはん(大)…150円
チャーシュー丼(小)…250円/チャーシュー…250円/玉子かけごはん…200円


とりそばモリゾー



関連ランキング:ラーメン | 肥後橋駅渡辺橋駅淀屋橋駅



好み度:特製とりそばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年3月23日(木)

つけ麺 一燈【壱四】-1

本日のランチに向かったのは、本日、定休日の木曜日に特別営業する『つけ麺 一燈』!

そして、本日提供されるメニューは、「カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~」

つけ麺 一燈【壱四】-17

これは、3月20日をもって『麺屋 一燈』グループを卒業した福原店長に替わって、こちら『つけ麺 一燈』の新店長に就任した阿部店長が、昨年『煮干し中華そば 一燈』時代に作り上げた限定の「カモーン」シリーズ7作品のうち、人気投票で一番になったシリーズ第2弾の「カモーン2号」をリバイバルするという企画!
そして、阿部シェフが作った「カモーン」シリーズは7つとも全コンプしていて、どれもが美味しい作品だったので、どれが来ても、絶対に食べに行こうと思っていた。


この日の提供数は、昼夜各80食!
計160食もあるので、よほどのことがない限りは売り切れることはないだろうけど


まだ、寒い中、長時間待たされるのも辛いものがあるし
そして、今日は、平日ながら、朝7時からと夕方の5時から整理券が配られるというので

朝、早めに自宅を出発。
出勤前に東京・新小岩にある店へ整理券を受け取りに向かった。


そうして、朝7時ジャストに店の前までやってくると
店の前に並びはなく、どうやら、すでに、整理券が配られているようだった。

引戸を開けて、入店すると
阿部シェフが1人、カウンターに座っていて

立ち上がると整理券が差し出されたんだけど
番号は17番!

つけ麺 一燈【壱四】-3つけ麺 一燈【壱四】-2

ちょっと、お疲れ気味の阿部シェフ
スープを炊くのが大変だったのかなと思って、聞いてみたところ

「スープは、前から準備してきたので、そうでもなかったですけど、チャーシューの準備が大変でした。」という。
というのも、今回は、5種類の調理法の違う鴨チャーシューが用意されて!

これを1人で160人前用意したということで
それは、大変!

でも、阿部シェフは、苦ではないと話す。
なぜなら、鶏と違って、いろんなことができるので、楽しかったし♪


これで、お客さんに喜んでもらえたらと話していたけど
本当、お疲れさまです。

そうして、11時30分に集合してくださいと言われて
再び、11時過ぎに店の前へと戻ってくると

開店が遅れているようで
店の前では10数名のお客さんが開店を待っていた。

そこに、店の中から阿部シェフが現れて挨拶!
整理券を求めて朝から来店してくださったお客さんへのお礼と本日の「カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~」の説明をすると


つけ麺 一燈【壱四】-4つけ麺 一燈【壱四】-5

『一燈』ファンのお客さんにせがまれて
最後は、やや、恥ずかしそうにしながらも「カモーン」ポーズを決めて、開店♪

つけ麺 一燈【壱四】-6

11番の整理券が欠番になっていたということで、16番で入店。
食券は、待っている間に、先に、券売機で「カモーン」と手書きされたボタンを押して食券を買い求めていた。


つけ麺 一燈【壱四】-7

そうして、席について、少し待っていると
阿部シェフによって、毎回、個作りされていた「カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~」が、ロット目の人目に私に供された。

つけ麺 一燈【壱四】-8つけ麺 一燈【壱四】-9つけ麺 一燈【壱四】-10

左から鴨ロースの真空低温調理鶏モモ肉の低温調理鴨ロースのパストラミ鴨ロースの赤ワイン煮
そして、今回の復刻版用に作ったという鴨ロースの和風ローストの計5種類の鴨チャーシューに鴨の挽肉


つけ麺 一燈【壱四】-14

味玉春菊アーリーレッド(紫玉ねぎ)、海苔3枚がトッピングされた「和え麺」につけ汁!
さらに「専用の鴨肉プチライス」が付く鴨尽くしの一品♪


しかし、こんな5種類の鴨チャーシューがトッピングされて、手間とコストが掛けられた一品が、ご飯ものまで付いて950円で食べられるなんて
毎回、ブログに書かさせてもらっているけど、『麺屋 一燈』グループの限定はコスパ良すぎ♪

これは、こちらの坂本社長の考えで
限定は、日頃のお客さんへの感謝の気持ちから採算度外視で提供しているからだけど

特に、この「カモーン」シリーズは、その中でも、コスパの高さでは一番なんしゃないのかな
他店は、ただの汁なしでも1500円だったり、鴨の限定だったりすると2000円台の価格を付けて販売する店もあるというのに

見た目のビジュアルも美しい「和え麺」♪
まずは、鴨のレアチャーシューと味玉をプチライスに避難させて


つけ麺 一燈【壱四】-15

つけ汁にはつけずに麺をいただくと
日穀製粉の国内産強力小麦粉「信濃大地」を使用して、加水率43%で仕上げたという、やや、ウェーブがかった太ストレートの自家製麺は、モッチモチの食感の麺で!

つけ麺 一燈【壱四】-11

しかし、適度なコシも感じらて!
鴨のうま味と香味野菜の甘みが凝縮された濃密な味わいの鴨白湯スープのタレと絶妙に絡んで、美味しい「和え麺」だと思うし♪


濃厚民族のお客さんだったら、このまま食べても、最高に美味しくいただける味わいなんだろうね♪
ただ、このままだと、私には、ちょっと、濃厚すぎるので


「カモーン2号」の濃厚鴨白湯スープを「カモーン7号」で使った鴨清湯スープで割ったという、今回の復刻版バージョンのつけ汁につけていただくと
「濃厚鴨白湯つけ麺」になって、私は、こっちの方が好きだな♪

でも、それでも、私には、まだ、濃厚に感じられたので
つけ汁に少し割りスープを注いでいただくことに

これは、決して邪道ではなく、最初に阿部シェフから推奨のあった食べ方で!
デフォルトのつけ汁は、濃いめに仕上げてあるので、割りスープで割って、お好みの濃度でお召し上がりくださいということで!


さらに、この割りスープは、ただの割りスープではなく
これも、「カモーン7号」で使った鴨清湯スープが、そのまま、割りスープとして使われているということだったので!

そこで、ポットの割りスープで、少しずつ割っていただくと
ちょうどいい感じの濃度が見つかって!

つけ麺 一燈【壱四】-12

そして、この方が、かえって、鴨感が強く感じられて!
さらに美味しくなった♪


でも、それなら、最初から、その濃度に合わせておけばいいのでは!?
そういう意見もあるかもしれないけど

でも、最初は「超濃厚鴨白湯和え麺」として!
次に「濃厚鴨白湯つけ麺」として!


最後は、カスタマイズした自分だけの「鴨白湯つけ麺」として食べて!
三度の美味しいが楽しめるこの食べ方は最高♪


それと、トッピングされた春菊のほろ苦な味わいもアクセントとして、きいていてよかったと思うし!
アーリーレッドの甘味と辛味が、この鴨白湯スープには合っていたし♪


海苔も麺を巻いて食べると、これが、なかなかよくて♪
味玉も、箸でパッカーンと割っていただいたんだけど


黄身の半熟加減がちょうどよくて!
白身も、いい感じに味がしみた美味しい味玉でよかったし!


つけ麺 一燈【壱四】-13

そして、麺を食べ終わったところで、残ったつけ汁を5種の鴨チャーシュー載せの「専用の鴨肉プチライス」の縁から回し掛けて!
「鴨雑炊」にしていただいたんだけど


つけ麺 一燈【壱四】-16

5種の鴨レアチャーシューのどれもが最高に美味しい♪
まず、定番の真空低温調理された鴨ロース肉のレアチャーシューは、やや、レア感のある仕上がりで!


噛むと、鴨肉のジューシーなうま味が口の中に広がる
鴨好きにはたまらない味わいの一品だったし♪

低温調理された鴨モモ肉のレアチャーシューは、やや、噛み応えのある食感ながら
噛む度に、ジュワっと鴨肉のうま味が感じられる美味しい一品だったし♪

鴨ロースのパストラミは、唯一、完全に火が入ってハムっぽい食感の一品だったけど
粗挽きの黒胡椒のスパイシーで刺激的な味わいがよかったし♪

鴨ロースの赤ワイン煮は、やわらかく煮込まれていて
赤ワインの風味も、とてもよくて、これも美味しくいただけたし♪

今回の復刻版用に用意したという鴨ロースの和風ローストも美味しくて♪
醤油と酒、味醂、砂糖で味付けられたものだと思われるけど


これだけの手の込んだチャーシューを5種類も
しかも、1人で、160人前も作るというのは、かなり、しんどかったと思うけど

どれもがクオリティの高い逸品で!
絶品の鴨チャーシューで、これを食べることができただけでも今日は大満足♪


そして、最後は、「鴨雑炊」で〆て、美味しく完食♪
ご馳走さまでした。


しかし、この一杯は、前回の「カモーン2号」を食べた感想としてブログに書かせてもらったけど
単なる汁なしとか、つけ麺とかの領域では語れない阿部シェフ作の創作料理で!

料理のクオリティの高さに加えて、これで950円というコスパのよさもあって!
それで、これたをけ美味しいのだから、言うことなし♪


本当、最高でした♪
しかし、これを950円という価格で販売してもらえるのは嬉しいことだけど


無理に1000円以下に抑えたいとか!?
そんなことは考えなくたって、これだけのものを食べさせてもらえれば、皆、納得して、それに見合う対価を支払うはずなので!

今後、やるときは、値上げしちゃってください。
その代わり、クオリティは落とさずに、美味しいものを食べさせてください。


プレッシャーになるといけないので、あえて、書かせてもらいますけど
ぜんぜん急がないので、また、美味しい限定作ってください。

PS そう言えば、駅の反対側にある系列店の店長
いつになったら、限定してくれるんだろう

行く度に、次回はこれやりますと限定告知があるのに
ぜんぜん、実行されないし(汗)

これって「やるやる詐偽」(笑)
と、こちらにはプレッシャーかけておきますので、よろしくお願いします。

つけ麺 一燈【壱四】-18

メニュー:伊勢海老つけ麺…830円/半熟味玉伊勢海老つけ麺…930円/特製伊勢海老つけ麺…1100円/チャーシュー伊勢海老つけ麺…1100円

濃厚煮干しつけ麺…830円/半熟味玉濃厚煮干しつけ麺…930円/特製濃厚煮干しつけ麺…1000円/チャーシュー濃厚煮干しつけ麺…1000円

サバカレーつけ麺…780円/半熟味玉サバカレーつけ麺…880円/特製サバカレーつけ麺…1000円/チャーシューサバカレーつけ麺…1000円

伊勢海老塩ラーメン…780円/半熟味玉伊勢海老塩ラーメン…880円/特製伊勢海老塩ラーメン…1000円/チャーシュー伊勢海老塩ラーメン…1000円

スパイスラーメン…730円/半熟味玉スパイスラーメン…830円/特製スパイスラーメン…980円/チャーシュースパイスラーメン…980円

中盛り券…50円/大盛り券…100円

パクチー増し…150円/メンマ…100円/燻製半熟煮玉子…100円/とろけるチーズ…50円/エビ辛味…50円/海苔 5枚…50円/豚チャーシュー 5枚…300円

小ライス…50円/ライス…100円/〆のチーズリゾット…100円


つけ麺一燈

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:つけ麺 | 新小岩駅



好み度:カモーン2号~羽ばたけ天空の彼方に復刻版ver~star_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年3月24日(金)

麺処 ほん田【壱六】-1

本日のランチに向かったのは、東京・東十条にある元祖ラーメン王子こと本田店主の店『麺処 ほん田』!

2008年2月15日に弱冠21歳で『麺処 ほん田』を開業!
現在、都内に3店舗と埼玉県の大宮に1店舗を出店している本田店主!


麺処 ほん田【壱六】-2

本田店主のスゴいところは、経営者としてもとても忙しいはずなのに、開業以来、本店の厨房に立ち続けていること!
これは、『中華蕎麦 とみ田』の富田店主と共通するところだけど


謙虚にして驕らず、味のブラッシュアップに努め!
行列店のできる人気店にも関わらず、味のリニューアルも大胆に行ってきた。


そんな、本田店主が、『麺屋こうじ』グループのイベントで行ったタイで購入した材料で作る「タイカレーつけ麺」が提供されているという情報を今週の火曜日に知って!
金曜日に十条に行く用事があったので!


麺処 ほん田【壱六】-00麺処 ほん田【壱六】-0

ちょうどいい機会だったので!
開店30分前の11時を目指して出発!


11時になる時刻に店の前までやってくると
なぜか、暖簾が掛かっている。

あれ、まだ、開店まで30分以上あるというのに、おかしいな
と思いながら、入口の引戸を開けて入店すると

すでに営業しているようで、3人のお客さんが席についていた。
厨房には本田店主に男性スタッフの人が2人!


そして、私の顔の顔を見るなり
「あれっ!今日はどうしたんですか?」

恒例の本田店主からの軽い嫌み(笑)
本田店主の作る淡麗なラーメンに濃厚なつけ麺は、どちらも、とても好きなんだけど

基本、あまり同じ店で、同じラーメンにつけ麺は、食べない人で
新店や好みのラーメンを出す店の限定を追いかけているので

だから、2008年2月15日のオープンの日にポールで並んだ割りには、そんなに訪問回数も多くはないんだよね(汗)
それで、いつも来る度に、こうして、軽く嫌みを言われる(笑)

そこで
「タイカレーつけ麺食べにきました♪」と言うと…

「そんな、一期一会さんに、わざわざ食べていただくようなものではありません(笑)」なんて言うんだけど(汗)
そう言いながらも

「限定900円の食券を買ってください。」と言われて…
券売機で言われた通り「限定900円」の食券に「半ライス」の食券を購入して席へ。

麺処 ほん田【壱六】-3麺処 ほん田【壱六】-4

そうして、本田店主に
「開店時間、11時半じゃなかったでしたっけ?」と疑問を呈したところ

「そうです。開店時間は11時30分です。」
「でも、開店の準備が出来たら、いつも早く開店してます。」
と言う…

一巡目に入店して食べたかったので、店頭で30分待つつもりできたのに
これは、めっちゃ嬉しい♪

そして、本田店主から
「大阪から研修に来ている『麺や 輝』の○○さんです。」

「○○さんは、大阪か京都で、店をオープンされる予定です。」
そう言って、スタッフの人の紹介をしてくれたんだけど


見覚えのあるこの方は
『麺や 輝 長堀橋店』のともや店長!

昨年の12月に、大阪・長堀橋にある店を訪ねて、ともや店長の作る、「12月☆夜☆の限定麺」の「潮豚骨ラーメン」をいただいた。
カプチーノのように泡立つスープラーメンで!


豚骨のうま味に昆布とホタテのうま味の出た、クリーミーで円やかな味わいの塩味のラーメンは
デフォの「魚介とんこつ」とは、また、一味違った味わいが楽しめてよかった♪

縁あって、『麺処 ほん田』でお世話になることになったと、ともや店主は話していたけど
東京で、こんなカタチで再会できるとは思ってもいなかったので、本当、ビックリ!

ガンバって、いろいろなものを吸収していってください。
店のオープンが決まったら大阪でも京都でも伺いますので♪


そんな話しをいている最中も、本田店主は、麺を手揉みしてラーメンを作っていて
体重を掛けて、麺を捏ねて

見ていて、めっちゃ、大変そうで
腱鞘炎になるんじゃないかと心配してしまう(汗)

麺処 ほん田【壱六】-5麺処 ほん田【壱六】-6

そうして、先客の「手揉み醤油ラーメン」に「濃厚豚骨魚介つけ麺」が出された後に
私の「タイカレーつけ麺」も本田店主によって作られて

「パクチー大丈夫ですか?」と聞かれて…
「ぜんぜん大丈夫!」と答えると…

最初に、美しく麺線が整えられた麺の上に、具がトッピングされたお皿が出されて!
次に、最後にレンジで熱々に温められたつけ汁が着丼!


味玉2種のチャーシューパクチーが麺の上に載せられて!
鶏肉しめじパプリカ青菜糸唐辛子がつけ汁の中に入る、彩りも鮮やかで美しいビジュアルの「タイカレーつけ麺」♪


麺処 ほん田【壱六】-7麺処 ほん田【壱六】-8麺処 ほん田【壱六】-9

まずは、艶やかに輝く太ストレートの麺だけを、つけ汁にはつけずにいただくと
香り高い小麦粉の風味がふわっと口の中に広がって♪

麺処 ほん田【壱六】-11

噛めば、つるっとして、モチッとした食感の多加水麺で!
しっかりとしたしたコシもあって!


小麦粉のうま味も感じられて!
風味も食感も、とてもいい麺♪


そして、この麺を、食欲をかきたてるエスニックなハーブとスパイスのフレーバー漂うつけ汁につけていただくと
サラッとした、とろみのないスープカレーのようなつけ汁で

レッドカレーペーストにココナッツミルクを加えて
さらに、ラーメンの鶏スープを入れて作った味わいのつけ汁は

赤唐辛子の辛味をココナッツミルクの甘味が緩和して、辛味は控えめ。
そして、レッドカレーペーストに使われているレモングラス、ガランガル
(タイしょうが)、こぶみかんの皮といったタイ独特のスパイスにナンプラーがうま味をプラスして!

レッドカレー独特のコクと辛味とうま味が感じられて!
もう20年も前に、初めてバンコクに行って食べたレッドカレーの味を彷彿させるような味わいだったのもよかくて、めっちゃ美味しい♪


日本では、辛味の強い青唐辛子が使われるグリーンカレーの方が有名かもしれないけど!
本場タイでは、赤唐辛子に甘口唐辛子を使った、このレッドカレーの方がポピュラーで!


癖になる味わいで!
嵌まる人は嵌まると思う♪


トッピングされた豚肩ロース肉のレアチャーシューは、いい感じのレア感に仕上げられていて!
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる美味しいチャーシューでよかったし♪


麺処 ほん田【壱六】-12

豚バラ肉の吊し焼きチャーシューは、香ばしくて!
肉のジューシーさが感じられる美味しいチャーシューで、最高だったし♪


デフォで付いていた味玉は、卵黄の茹で加減が理想的な仕上がりで!
ネットリとした味わいがバツグンに美味しかったし♪


麺処 ほん田【壱六】-13

そうして、最後に出してもらった半ライスは
これで、半ライスというほど、盛りのいいもので(汗)

麺処 ほん田【壱六】-14

さらに、カットしたチャーシューも載せられていて!
ライスダイブさせて食べようかと思ったけど


そうすると、絵面が悪くなりそうなので、半ライスにレッドカレーを掛けて!
大満足で完食♪


麺処 ほん田【壱六】-15

美味しかった♪
ご馳走さまでした。


麺処 ほん田【壱六】-16

メニュー:あっさり

らーめん
醤油
手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円


手揉み中華蕎麦…770円/味玉手揉み中華蕎麦…870円/ちゃーしゅー手揉み中華蕎麦…1070円/特製手揉み中華蕎麦…970円

こってり

らーめん
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

つけ麺
濃厚豚骨魚介
らーめん…780円/味玉らーめん…880円/ちゃーしゅーらーめん…1080円/特製らーめん…980円

【限定】タイカレーつけ麺…900円

中盛…50円/大盛…150円/特盛…200円

トッピング
チャーシュー…300円/大人の味玉…100円/のり(5枚)…100円/メンマ…150円

小ライス…100円/ライス…150円


麺処 ほん田

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ラーメン | 東十条駅王子神谷駅十条駅



好み度:タイカレーつけ麺star_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2017年3月19日(日)

中華そば とものもと【六】-1中華そば とものもと【六】-2

3月18日(土)、19日(日)、20日(祝・月)の3連休に2周年記念イベントを開催する『中華そば とものもと』!

3日間とも限定メニューのみの提供で、通常メニューはなし。
そして、提供される限定メニューというのが


3月18日(土)
「船橋三番瀬潮らーめん」
「〆ご飯」
セットで80食限定 1000円

3月19日(日)
「再仕込み醤油らーめん」
100食限定 1000円

3月20日(祝・月)
「濃厚つけめん」
50食限定 850円
勝T持参で 0円


できれば、ぜんぶ、食べてみたいところだけど
日程が、『つけ麺 一燈』の福原さん卒業限定と思いっきり被る(>_<)

そこで、この中から、「再仕込み醤油らーめん」に絞って、『つけ麺 一燈』と連食で食べに行くことにした。
3連休の中日の提供で、一番、お客さんが少ないと思われるし


100食もあるし!
それに、ラーメン単体で1000円と高めだし!


これなら、たぶん、売り切れることもないと思ったのも理由の一つ!
でも、「再仕込み醤油らーめん」にしたのは、この中で、一番、食べたいラーメンだったから♪


それは、こちらの店のラーメンは、地元千葉県のホンビノス貝を使用してスープの出汁をとるのが特徴なのに、この限定に限っては、貝は使わず、鶏スープのみでやるというのが一つ!
そして、いつも使用している純系名古屋コーチンの丸鶏を、いつもの2倍入れてスープを炊くと、こちらの店のイッチー店主のブログにあって!


さらに
「普段から寸胴にパンパンに材料入れているので、一回じゃ入りません!」

「ので、1度パンパン材料でスープ炊いて、濾して冷やしたスープを使って、もう一度パンパン材料で炊きます( ̄^ ̄)ゞ」
なので「再仕込み」です。


なんて、ブログに綴られたら
地鶏loveな私としては、食べないわけにはいかないでしょう(笑)

というわけで、『つけ麺 一燈』で「濃密塩煮干そば」をいただいてから、こちらの店へと移動したんだけど
『つけ麺 一燈』では、「濃密塩煮干そば」とともに「和え玉」が用意されていたため、回転が、めっちゃ悪くて(>_<)

ようやく食べ終えたのが12時40分過ぎ。
そして、『つけ麺 一燈』のある新小岩駅からJR総武線に乗って本八幡駅へ。


本八幡駅からは京成線に乗り換えて、『とものもと』のある東中山へと向かったんだけど
乗り継ぎが悪くて、待たされたのと

JR本八幡と京成八幡駅が、めっちゃ離れていて、結構、歩かされたこともあって
店へようやく、やってこれたのは13時35分で、思った以上に時間が掛かってしまった。

すると
何と店の前には長蛇の列ができていて

人数を数えながら最後尾へと付いたんだけど
この時間で、25人ものお客さんが行列を作って待っていたのには驚かされた

中華そば とものもと【六】-3

でも、今日は、ラーメン一種類だけで、回転は早そうなのに
何で、この時間に、これだけの行列ができているんだろう!?

なんて思っていたら、店の中から、イッチー店主が出てきて
人数を数え始めた。

そうして、私の3人後ろに並んだカップルのお客さんに
「すいません、ここで終わりです。」

「申し訳ないんですけど、後から来たお客さんに、売り切れですと言っていただきますようお願いします。」なんて、話していたんだけど
回転が遅いわけではなく、お客さんがいっぱい来てくれたおかげで、こんな大行列ができていたことがわかった♪

しかし、1000円するラーメンが、開店の11時から1時間40分ほどで売り切れてしまったので
明日の「濃厚つけめん」は、今日の半分の50食限定だし

「勝T」という、こちらの店のTシャツを持っているお客さんが、これを持参すれば850円するつけ麺が無料になるという特典があるので!
明日も連食しようと思っていたけど、無理そうだね
(汗)

そんなことを考えながら47分待って、午後2時22分に入店。
マスキングされて、間違って他のメニューが買えないようにしてあった券売機で、「限定1000円」の食券を購入して、店内の待ち合いの席へとついて待っていると


中華そば とものもと【六】-4

そう待つことなく、席が空いて
席につくと、すぐに3個作りされていた「再仕込み醤油らーめん」の1つが出された。

中華そば とものもと【六】-5

14時30分のご対面で、到着からは55分掛かったことにかるけど
25人待ちで55分待ちだから、やっぱり、回転は早かった。

供された「再仕込み醤油らーめん」は、スープと麺だけの「かけラーメン」スタイルで!
具は別皿での提供!


中華そば とものもと【六】-6中華そば とものもと【六】-7

これは、純粋にスープを味わってもらいたいという店主の思いからなんだろうね♪
まずは、再仕込み醤油が香るスープをいただくと


中華そば とものもと【六】-8

豊潤な鶏のうま味に芳醇な再仕込み醤油のカエシのうま味が合わさったスープは
最高に美味しい♪

先月、久々に、こちらの店を訪ねて、昆布とホンビノスの出汁に浸かった「つけめん」をいただいたところ
つけ汁の味わいが、とても美味しくて♪

以前にいただいた「醤油らーめん」に比べると、鶏のうま味が強くなっていたので♪
イッチー店主に尋ねたところ


「最初のころのスープとは、もう別物です。」
「材料もかなり変えてます。」


「最初のころは、千葉県の錦爽名古屋コーチンのガラがメインでしたけど、今は、純系名古屋コーチンの丸鶏がメインです。」
なんて話しをしてくれて


これは、もう一度、デフォの「醤油らーめん」に「塩らーめん」も食べないといけないなと思っていたけど
この限定は、純系名古屋コーチンの丸鶏を、いつもの量の2倍使っているということもあって!

鶏のコクとうま味がハンパなくて!
突き抜けてた味わいのスープに仕上がっていた♪


そして、この絶品スープに合わされた麺は、いつもの切刃24番の細ストレートではなく、切刃18番の中太ストレート麺があわされていて!
しっとりとした食感の麺で、噛むとムチッ、モチッとした食感のある麺で!


中華そば とものもと【六】-9

しなやかなコシもあって!
この麺、食感、最高♪


それに、淡麗な鶏清湯スープだったら、麺が勝ってしまったかもしれないけど
スープに厚みがあるので、ぜんぜん負けていなかったし!

いい感じで麺がスープに絡んでくれて!
とても美味しく食べさせてくれたし♪


こうして、半分ほど、麺をいただいたところで、別皿で提供された具を載せて、スープをいただいてみたところ
チャーシューの脂やネギの風味がスープに加わって、これは、これで美味しい♪

中華そば とものもと【六】-10

ただ、純粋にスープの味を味わうんなら、具なしがいい♪
そういう意味では、今日の、この「かけスタイル」の提供方法は、とてもよかったと思う。


そして、具の鶏ムネ肉豚肩ロース肉の、ともに真空低温調理されたレアチャーシューは、どちらも、やわらかくて!
しっとりとした食感に仕上げられていたのがよかったし♪


塩加減もとてもよくて!
肉のうま味も感じられる美味しいレアチャーシューだったし♪


紅孔雀の味玉は、卵黄がネットリで!
薄味の味付けが中まで滲みていたのもよかったし♪


穂先メンマのシュクシュクとした食感に!
三つ葉の風味も、この再仕込み醤油がカエシに使われたスープに合っていたし♪


スープ、麺、具とも、とても、イッチー店主のこだわりが垣間見られたもので!
「1000円では、もう2度とやらないと思います。」と店主がブログに書いていたのもよくわかる、手間とコストのかかった逸品を食べられて、大満足♪


普段は、とても出せる代物ではないと思うけど
特別な機会に、また、食べさせてくださいm(__)m

本当、堪能させてもらいました。
ご馳走さまでした。


中華そば とものもと【六】-11

【2周年記念イベント】

3月18日(土)
船橋三番瀬潮らーめん+〆ご飯セット(80食限定)…1000円

3月19日(日)
再仕込み醤油らーめん(100食限定)…1000円

3月20日(祝・月)
濃厚つけめん(50食限定)…850円(勝T持参…0円)

通常メニュー:醤油らーめん…750円/特製醤油らーめん…950円/塩らーめん…780円/特製塩らーめん…980円/つけめん…850円/特製つけめん…980円

味玉…100円/ワンタン…150円/チャーシュー…200円

ご飯…100円/紅孔雀卵かけご飯…200円/チャーシューご飯…200円


とものもと

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 東中山駅京成西船駅京成中山駅



好み度:再仕込み醤油らーめんstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m