fc2ブログ
訪問日:2023年2月6日(月)

麺や 七彩 八丁堀店【四】-1

本日のランチは、2月1日から提供されることになった限定の「塩芹そば」を求めて『麺や 七彩 八丁堀店』へ!

『麺や 七彩 八丁堀店』で、毎年恒例の、冬のこの期間限定で提供されている「芹そば」!
今シーズンは昨年の12月4日から醤油味の「芹そば」が提供開始された。


その情報を相互フォローさせてもらってる『麺や 七彩』の公式Twitterのツイートで知って!
12月6日に食べに行ってきた。

(せり)は、以前は「きりたんぽ鍋」と毎年1月7日に食べる「七草粥」に入っている癖の強い香草という認識しかなくて
せり自体を、あまり食べてないこともあるけど、特に意識したこともなかった。

しかし、仙台に転勤になって、宮城県名取市で収穫される「仙台せり」がトッピングされたラーメンを食べて、せりを好きになって♪
その後、『中華そば 一休』という店で秋田県湯沢市の三関地区で栽培された「三関せり」がドカッと載せられた「せり塩中華そば」をいただいて、めちゃめちゃ好きになった
🥰

しかし、今年の4月から東京勤務になって、秋田の「三関せり」が使われたラーメンなんて食べられないんだろうなと思ったのに
大好きな「三関せり」が使われたラーメンが東京でも食べられるときいたら、行くしかないでしょう♪

というわけで、喜んで食べに行って!
ラーメン自体は美味しいことは美味しかったけど


醤油のカエシの味わいが強かったこともあるかもしれないけど
出汁に使われた「東京しゃも」の地鶏出汁の旨みが、あまり感じられなかったのと

トッピングされた「三関せり」の量が、まず、少なかったし
それに「三関せり」といったら、その長~い根っこが美味しいのに

根っこをカットしたものが使われていて
根っこ自体も、わずかしか入ってなかったので

根っこのコンディションがよくないものだったのかな🤔
とも思ったし!

できれば、塩味のラーメンで食べたかったので
そんな希望とトッピングされた「三関せり」についての忌憚ない意見をブログに書かせていただいた。

すると、このブログを読んだからではないだろうけど
翌日に塩味を試作して、美味しいので、近々、提供すると店の公式Twitterでツイートしていたのを見て



さらに、こちらの店で、根っこの長い「三関せり」がドサッと載せられた「芹そば」の画像付きで、「芹増し」にして食べた人のツイートを発見して!
「塩芹そば」が提供されたら、「芹増し」にして食べようと思っていたのに


待てど暮らせど販売されなくて
とうとう越年

もう販売されないんだろうと思っていたら
ようやく、販売になった😅

そこで、昨日、食べに行こうと思ったら
芹の在庫がなくなったので、次回、入荷したら、再開することになってしまい

また、お預けになってしまった😞
しかし、ガッカリしていたのも束の間!

すぐに入荷して、本日2月6日から再開されたので!
喜び勇んで食べに行くことに
🚇💨

ただし、八丁堀のオフィス街にある店で11時30分から13時30分までは混雑するので、13時30分以降の時間を狙って出発!
店にやって来たのは13時35分!


お昼のピークタイムには、店内待ちどころか、外待ちもできている店なのに
さすがに、この時間だから外待ちはなし♪

入口に並ぶいくつかの限定メニューの中に「塩芹そば」があることを確認して、入店。
まずは、券売機で食券を購入するんだけど


麺や 七彩 八丁堀店【四】-2
麺や 七彩 八丁堀店【四】-3

前回の醤油味の「芹そば」に替って販売されるようになった「塩芹そば」のボタンは、以前の「芹そば」と同じ、券売機右上に写真付きの大きなボタンで販売されていた。
しかし、「芹増し」のボタンは見当たらなかったので


もしかしたら現金対応!?
こちらの店は電子マネー対応していて、キャッシュレスで食券を買える。


でも、「芹増し」分現金で払えばいいか♪
というわけで、券売機の端末にSuicaを翳して!


右上の写真付きの大きなボタンになっていた「塩芹そば」のボタンを押して…
再度、Suicaを端末にタッチして決済完了!


麺や 七彩 八丁堀店【四】-4

客席はポツポツ2席ほど空いていたけど
左奥の店内の待ち合いの椅子が置かれたスペースへと進むと

3人のお客さんが待っていた。
ホールスタッフの人が食器を下げて、カウンターの上を消毒きて、準備ができたところで、お客さんを案内。


そうして、この後、食券を回収にきたので
麺の並盛(150g)、中盛(200g)、大盛(250g)が同額が選べて、どれにするか聞かれるのがわかっていたので!

その手間を省くために
「大盛で!」と告げながら食券を渡してオーダー!

さらに、「芹増し」は現金対応なのか聞いてみると
そういうのはやっていないということだったので

「Twitterに芹増しして、ツイートを上げてる人がいましたけど…」と言うと…
厨房に聞きに行ってくれたけど

「いや、やっぱり、やってません。」と言う答えだったので…
そのツイートに「いいね」していたので、調べてみたところ

『食堂七彩』という、元『麺や 七彩』の本店だった店で食べた方のツイートでした😅
失礼しました🙇‍♂️



それなら『食堂七彩』に行くべきだったな
でも、『食堂七彩』は塩味の「芹そば」はやってないし

その後、席に案内されたのは11分後の13時46分!
そして、「塩芹そば」が出されたのが14時1分だったから


入店から提供まで26分も掛かったけど
冒頭に書いたように、こちらの店は粉から麺を作るので、どうしたって時間が掛かってしまうんだよね

供された「塩芹そば」は、鶏モモ肉三関せりカイワレ、刻みネギが載る塩ラーメン🍜
前回同様、せりの量は少なめ

麺や 七彩 八丁堀店【四】-5麺や 七彩 八丁堀店【四】-6
麺や 七彩 八丁堀店【四】-7

そして、前回は「三関せり」の割りには根っこが短いことが気になったけど
今回は、そのせりの根っこすらない

正確に言えば、せりが細かくカットされていて
根もカットされたせりの中には入っていたことは入ってはいたけど

麺や 七彩 八丁堀店【四】-9

せっかく秋田の「三関せり」が使われているのに
これでは台無し

東京のオフィス街で出すから、食べやすいように、あえて、こうしたのだろうか!?
でも、だったら、せりを出す必要があるのか!?

しかも、「三関せり」を使う必要はないと思うんですけど😞
そして、これを見て、決心した。

明日、仙台に行って、『中華そば 一休』で、旬の「三関せり」がどっさりトッピングされた「せり塩中華そば」を食べる🌿🧂🍜
さらに、夜は宮城のブランド鴨の「野田鴨」とせりで作られた『せり鍋』を食べる🦆🌿🍲

気を取り直して、スープをいただくと
濃密な味わいのスープで!

前回の醤油味のスープとは違って、ベースの「東京しゃも」の地鶏の旨みが、よく、感じられるスープで♪
昆布といりこの煮干しの旨みも感じられて


「醤油」よりも「塩」の方が、ずっと、スープの旨みを感じることができて!
こっちの方が、ずっと好み
🥰

というか、このスープをいただいて、『麺や 七彩』のイメージが変わった
『麺や 七彩』といったら、喜多方ラーメンをオマージュしたスープを出す店で!

元々は、「醤油」は『はせ川』!
「塩」は『坂内食堂』をリスペクトして作ったラーメンでスタートしたので


もっと、淡麗な味わいのスープというイメージだったのに
スープに厚みがあって、とても美味しいスープだったので😋

小麦粉から作った、手打ちで手切りで手揉みの平打ちの太縮れ麺は、プリプリでピロピロでモチモチとした食感の麺でのはずが
今日は、カタめに感じられて

麺や 七彩 八丁堀店【四】-8

そして、麺は、短く、プツプツと切れていて
明らかにクオリティの低い麺だった

八丁堀に移転してからは、これが4回目の訪問になるけど、こんなのは始めて
スープとの絡みは、それほど、悪くはなかったけど

坂田店主も藤井店主も、この麺のクオリティをご存知なんだろうか
このプツプツと切れた短い麺は、ちょっと、残念な気がしたかな

そして、主役の「三関せり」は、その和風パクチーのような香りははよかったし♪
葉と茎のシャキシャキとした食感もよかったけど


肝心のせりの根っこが生かされてなかったので
本当に、これは残念😞

鶏モモ肉は今日もやわらかくて!
噛めば、鶏モモ肉の旨みが滲み出てきて、とても美味しかったし
😋

麺や 七彩 八丁堀店【四】-10

最後はスープも麺も完食はしたし♪
特にスープは予想以上に美味しかったけど
😋

でも、せりのクオリティの低さは、返す返すも、残念だったな😞
ご馳走さまでした。

麺や 七彩 八丁堀店【四】-11

メニュー:特製らーめん 煮干…1700円/肉そば 煮干…1600円/ネギらーめん 煮干…1400円/味玉らーめん 煮干…1350円/喜多方らーめん 煮干…1200円

特製らーめん 醤油…1700円/肉そば 醤油…1600円/ネギらーめん 醤油…1400円/味玉らーめん 醤油…1350円/喜多方らーめん 醤油…1200円

特製らーめん 塩…1700円/肉そば 塩…1600円/ネギらーめん 塩…1400円/味玉らーめん 塩…1350円/喜多方らーめん 塩…1200円

江戸甘味噌らーめん…1200円/江戸甘味噌らーめん ハイカラ…1300円/辛味噌らーめん…1300円/辛味噌らーめん ハイカラ…1400円

つけ麺 煮干…1200円/つけ麺 醬油…1200円/つけ麺 塩…1200円

【本日の限定】塩芹そば…1300円/担々麺…1500円
【冬季限定】背脂生姜らーめん…1400円
エビオッチャホイ…1400円/肉オッチャホイ…1400円/オッチャホイ…1100円

単品味玉…150円/単品ちゃーしゅー…400円
きまぐれご飯…400円/白飯・玄米…150円/ちゃーしゅー飯…350円/ソースチャーハン…500円


麺や 七彩



関連ランキング:ラーメン | 八丁堀駅宝町駅茅場町駅



好み度:塩芹そばstar_s30.gif
接客・サービスstar_s35.gif
スポンサーサイト



訪問日:2023年1月28日(土)

凛 永福町店-1

本日のランチは京王井の頭線永福町駅のすぐ側の線路沿いに2021年11月24日にオープンした『 永福町店』へ!

『ラーメン二郎 目黒店』に『さぶちゃん』で学んだ店主が東京・大井町に1999年に開業した『凛』!
『二郎』をベースにした「太麺」と『さぶちゃん』をベースとした「細麺」という2つの全く異なるラーメンを提供する。


その後、屋号を『のスた』に変更。
さらに、紆余曲折があり、2020年7月に『のスた』をリニューアルオープンして「守破離」をコンセプトにメニューを一新させて現在に至る。


その詳細については、「ラーメン大好き小泉さん」や「寺門ジモンの取材拒否の店」などの企画を手掛けたフジテレビプロデューサーの赤池洋文さんの「ラーメンWalker」のWEBサイトのコラムを見ていただければ、よく、おわかりになるとは思いますが

「二郎」「さぶちゃん」……偉大なる2つの名店の遺伝子を継承する男が初めて語る過去と未来 のスた(東京・大井町)

https://ascii.jp/elem/000/004/042/4042964/ (前編)
https://ascii.jp/elem/000/004/043/4043848/ (中編)
https://ascii.jp/elem/000/004/043/4043858/ (後編)

以前に『中華蕎麦 とみ田』の富田店主から、『のスた』の山中さんの作る塩ラーメンが好きだという話しを聞いたことがあって
その時は、意外だなと思っていたけど

その後、『中華蕎麦とみ田』が手がける『とんかつ割烹 とみた』で『のスた』と『中華蕎麦とみ田』がコラボした『のスた』リスペクトの細麺メニューが限定で出されたり!
今日、初めて伺う『凛 永福町店』で山中店主と富田店主が厨房に立ち、その『のスた』の細麺メニューを『中華蕎麦とみ田』の自家製麺で食べさせるコラボイベントなども開催されたりして、富田店主が、どれだけ本気で好きなのか、よくわかった。


ただ、コラボには行けてないし😓
『のスた』にも、その支店の『凛』にも行けてない。

『のスた』では、現在、「守」と命名された『さぶちゃん』系のメニューと「離」、「離」という名の『二郎』系メニューが別の日に提供されていて
一度、この「守」の塩ラーメンは食べてみたいとは思っていたけど

提供されるのが不定期なこともあって!
未だに食べられていない
😓

そんなわけで、当初は今日、こちらの店で食べる予定ではなかった。
今日は超久々に『永福町大勝軒』に行くつもりで、京王井の頭線の永福町駅前にある店へと向かっていた。


というのも、実は1月11日に『永福町大勝軒』の「中華麺」を無性に食べたくなって!
ただ、定休日がいつだったか忘れてしまったので、スマホでググってみたところ


何と1月10日から18日まで長期休暇中だということがわかって
1月5日まで正月休みで休んでいたのに、また、すぐに長期休暇って🤔

それで、今日、リベンジで訪問する途中に、たまたまTwitterを見ていたら
ラーメンデータベースの大崎さんのタイムリーなツイートを発見して



そこで、さらに『のスた』の山中店主のTwitterを見に行ってみると



思いもよらずチャンスが巡ってきた。
そこで、予定変更して『凛 永福町店』で「細麺 塩」を食べることに
😋

駅出口を出て、踏切りを渡ると、すぐ右の線路沿いにある店へ13時24分に入店すると
奥にオープンキッチンの厨房があって!

その前に3席のカウンター席!
客席は他に2人掛けのテーブル席が6卓!


お客さんは2人!
2人掛けのテーブル席に1人ずつ座っていたけど


土曜日だというのに、お客さんは少ないね😅
ちなみに、帰りに駅前から『永福町大勝軒』を見ると、26人のお客さんが大行列を作って待っていたというのに

凛 永福町店-11

でも、『二郎』系の店だったりすると、学生が大行列を作っていて、結構、待たないといけなかったしするのに
こうして、待たずに食べられるのは嬉しい😂

それに、今日は大崎さんのツイートを見つけることができてよかった♪
この寒空の中、この大行列に並びたくはないので
😣

まずは、券売機で食券を購入する。
しかし、この券売機


めっちゃ高い位置に設置されていて、踏み台まで用意されていたんですけど
何で、こんな買いにくい位置に設置する必要があるんだろう🤔

凛 永福町店-3

「細麺 塩」に細麺専用トッピングの「ハーフ焼豚」を購入するつもりで、1,400円を投入すると、「太麺」の「二郎」系ラーメンのボタンも点灯!
本店では、「二郎」系と「さぶちゃん」系のラーメンは別々の日に提供されるのに、支店では、どちらも食べられるんだね♪


食券を買うと
キレイなスタッフの女子が近づいてきて、食券を受け取ると

「ニンニク入れますか?」と聞かれて…
「お願いします。」と言って注文を確定させると、店を入って、左手前の2人掛けのテーブル席へと案内された。

厨房には2人の男性スタッフの人の姿があって
注文が告げられると、若い方のスタッフの人がワンオペでラーメンを作り始めた。

ただ、この席からだと、遠くて、調理する様子を見ることはできないので、黙って待っていると
まもなく完成した「細麺 塩」の「ハーフ焼豚」トッピングが先ほどのスタッフの女子によってサーブされた。

凛 永福町店-4凛 永福町店-5

豚モモ肉の炭焼き焼豚が3枚に平たいメンマ、少量の刻みネギがトッピングされて
センターに、ちょこんと少量のニンニクが載せられたシンプルな装いの塩ラーメン🧂🍜

ただ、焼豚の1枚は端っこのもので
端だからといって厚みがあるわけでもなく

2枚追加されて300円取るんだったら、これは出さない方がいいんじゃないのかな
この焼豚を見て、ちょっと、テンション下がったかな😞

黄金色したスープをいただくと
鶏ガラにゲンコツの鶏豚の動物系の旨みが凝縮されたスープで!

凛 永福町店-6

生姜がきかされていて!
さらに、ニンニクの風味が口の中に、ふわっと広がって


やや、塩味は強めに感じられたけど
でも、しょっぱいというほどのものではなく、丸みも感じられて

今どきのキレイな味わいの清湯スープではなく
どことなく、ノスタルジックな雰囲気も感じる

癖になりそうな味わいのスープで!
最近、食べたラーメンでは『桜上水 船越』にも通ずるところがある!


さらに、3分の2ほど食べ進めたところで、ニンニクを溶かしていただくと
ニンニクの量が多くはないので、ブーストしてジャンクに味変するというわけではなかったけど

凛 永福町店-8

それでも、スープに刺激を与えてくれたし!
このスープは中毒性があるね♪


切刃24番と思われる細ストレートの自家製麺は、たおやかな食感の
スルスルと啜り心地のいい麺で♪

凛 永福町店-7

スープが強いので、最初は、やや、麺が負けているようにも感じられたけど
食べ進めるうちに、スープとの一体感を感じられるようになって

麺量は、結構、多めだったと思われるけど
気づけば完食😋

豚モモ肉の炭焼き焼豚は、端豚が入っていて、印象は悪かったけど
情報によると、「豊橋飼料」が手がけるブランド豚肉の「秀麗豚(しゅうれいとん)」で作られたもののようで!

凛 永福町店-9

肉質のよさは保証済みだし♪
噛めば、肉の旨みが滲み出てくる焼豚で絶品
😋

平たいメンマは、やらわかくて、シャクっとした食感のもので
可もなく不可もない感じだったかな

凛 永福町店-10

最後、スープは塩分を摂取しすぎないよう残したけど
でも、美味しかった😋

機会があったら、本店の『のスた』で、「守」の「細麺 塩」を「さぶちゃん」仕込みの半チャーハンとセットで食べてみたい♪
ご馳走さまでした。


凛 永福町店-12凛 永福町店-2

メニュー:太麺
ポン酢…1050円/しょうゆ…1000円/辛みそ…1050円/M.Oラーメン…1250円

太麺専用
煮豚増し…440円/ハーフ煮豚…220円/青唐辛子…160円/タマネギ…120円/生タマゴ…70円




細麺
細麺 塩…1100円

細麺専用
炭火焼豚増し…600円/ハーフ焼豚…300円




煮玉子…120円/ご飯…220円

凛 永福町店



関連ランキング:ラーメン | 永福町駅西永福駅明大前駅



好み度:細麺 塩star_s40.gif
接客・サービスstar_s30.gif
訪問日:2023年2月5日(日)

柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-1

本日のランチは超久しぶりの訪問になる京王線・つつじヶ丘駅のホームのすぐ脇の線路沿いにある『柴崎亭 つつじヶ丘本店』へ!

ブログを見返してみると、以前に訪問したのは2015年6月28日ということで!
7年7ヶ月も前だった
😅

めちゃめちゃコスパの高い店で!
それで、ラーメンも美味しいから、人気店になるのは当然で!


土日ともなると大行列ができているので!
わざわざ遠い東京の調布市にある店まで行って、長時間並ぶのが躊躇われて、ずいぶんとご無沙汰してしまった
😓

では、なぜ、今日は自宅から1時間45分も掛けて、店まで向かったのか!?
それは、こちらの店の店主が昨日、Twitterで、明日、「鴨つけそば」の限定をやるとツイートしていたのを今朝、8時20分に、たまたま、TwitterのTLに流れてきたのを見て

大好物の「鴨つけそば」が限定で出されて🦆
低温調理して皮目をしっかり焼いた山賊焼き風の鴨焼に、鴨とは相性バツグンの焼き葱、せりがトッピングされるということだったので!

急いで身支度して出発🚃💨
電車を乗り継いで、京王線・つつじヶ丘駅北口から、すぐ側の店へとやって来たのは、開店時間の11時まで、あと37分の10時23分!

しかし、この時間でも20人のお客さんが行列を作って待っていた。
さすが人気店♪


開店30分前までに行けば、12人くらいは待っているかと思ったけど、予想以上😯
救いは日当たりのいい場所に並べたこと。

開店時間まで何人並ぶのかなと思いながら待っていると
私の乗った電車の一本後の電車からホームに降り立った人物が、ホームから、こちらを見ていたので

訝しげに思って、誰だろうと思ったら
ラーメンマニアのフォロワーの人だった🤣

しかし、驚いたのは、行列に並んでいた5、6人のお客さんがホームに近い安全柵に駆け寄って、その人と話しをし始めたこと😅
皆さん、京王線沿線のラーメンマニアの人なのかしら🤣

と思ったけど、『中華そば 半ざわ』の話しで盛り上がっていたし!
中には、これから、『柳麺 呉田-goden-』に行くなんて話しをしていて


Twitterで検索してみると
『中華そば 半ざわ』は今日が月イチの「半ざわの日」で、ハタハタで作った限定が出されることがわかったし!

『柳麺 呉田-goden-』では、今日8周年記念限定が出されることがわかったので
前に並んで、話しをしていた人たちは、筋金入りのラーメンマニアで、限定ハンターの人たちだったんだね🤣

しかし、『半ざわ』で食べて、ここ『柴崎亭』で食べて、『呉田』でも食べる😓
限定を3連食するなんて、さすがっす😅

そうして、もう一つのサプライズが😯
それは、金髪の店主が店の中から10時34分に現れて、お客さんの数を数えて、戻ってくると、そのまま開店になったこと♪

柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-2

寒い中、待たないといけないので、これは、とてもありがたい😂
この時点で29人の行列になっていたので、全員が限定狙いなら、Twitterで37食と告知されていたので、あと残り8食🦆

ただ、ここからは、ちょっと、待たされて、入店できてのは1時間6分後の11時40分!
時間が掛かったのは、つけそばなので、作るのに時間が掛かることに加えて、ファーストロットのお客さんが、こちらの店の常連さんのようで、お酒も召し上がれて出てこられたので
🥴

でも、最初の10人が入店した後は、ずっと、外待ちの椅子に座ることができたし!
ポカポカ太陽が当たる場所だったので!


これが、日陰で極寒の中、立って待たされたら地獄だったろうけど
天気がよくて、よかった😊

入店して、券売機に千円札を2枚入れて、外に出ていたPOPの指示通り「限定A」のボタンを押して食券を購入!
1席のみ空いていた席に着いて、カウンターの上に食券を置いて、「本日SPECIAL」の「鴨笊つけそば」ができるのを待つ。


柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-3柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-4

目の前のオープンキッチンの厨房には金髪の店主とかわいいスタッフの女子の2人!
他に、お客さんの案内をしたり、店の2つの出入口を出たり入ったりを繰り返しながら後片付けを行っていた若いスタッフのお兄ちゃんもいた。


そして、厨房では、大きな器が6つ出されて
どうやら、限定が6個作りされているみたいで

茹で上がった麺を店主が冷水で〆始めて
6つの皿にキレイに麺を盛りつけていくと

後を追うようにして、スタッフの女子が、お玉一杯分の昆布水を、その脇から注いで
寸前に店主が包丁でカットした鴨ロースが麺の上に盛りつけられて

まず、お客さんに出されていくと
ガス台の火に掛けて温められていたスープが器に注がれて、具が中に入れられて完成したつけ汁が出されていって

最後に山葵の入った小皿がスタッフの女子から出された。
それが終わると、限定の注文の確認をして、限定を4個作りし始める店主!


まず、ビニール袋に入った麺を取り出すと
「麺は、もりそば2枚くらいの量があるけど、麺少なめの人いますか?」とお客さんに聞いて…

誰も無言だったことを確認して、必要な分の麺を袋から取り出して、茹で始めると
すぐにタイマーをセット!

その後、2分50秒でタイマーが鳴り出すと
速やかに止めて

平ざるを使って麺上げした麺がシンクの笊の中へ!
これを麺を茹で始めてから3分15秒まで繰り返すと


冷水で麺を〆て!
それからは先ほどと同じルーティンで作り上げた「鴨笊つけそば」が私を含めた4人のお客さんに供された。


柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-5柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-6

鴨増ししているわけではないのに、デフォルトで鴨ロースが麺の上に6枚も載せられて🦆
しかも、それが厚みのあるもので!

さらに、つけ汁の中には、切り落としの鴨ロースに焼き葱、せり
そして、せりがいっぱい入れられて、もちろん、根っこも入っていて
🌿

麺もパッと見た目、240gほどあって!
これで2,000円は破格!


鴨ロースだけでも1,500円か
いや、2,000円してもおかしくないのに

まあ、でも、肝心なのは味!
まずは、見た目もホシのある田舎蕎麦のような


切刃22番だと思われる中細ストレートの麺をいただくと
食感も田舎蕎麦!

柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-7柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-8

店主のツイートにも蕎麦粉を使用した麺とあって!
強力粉に蕎麦粉をミックスして製麺した麺と思われるけど


仄かに小麦粉と蕎麦粉の香りを感じるのが面白かったし♪
のど越しのよさもある秀逸な麺だった。


そして、麺が浸かった昆布水が、また、秀逸で!
さらっとした昆布水で、粘度はなかったけど


利尻か羅臼か
出汁昆布の旨みがよく引き出された昆布出汁の昆布水で!

普段、こんなことは一度もしたことがないけど
美味しすぎてので、余った昆布水も全部飲み干してしまったほどだったので😋

そうして、つけ汁につけていただくと
まず、芳醇に醤油と鴨が香るのがいい♪

これは鴨脂が香味脂として使われているからだけど
この醤油の香りと鴨の香りに、まず、魅了される♪

そして、鰹出汁の出汁の旨みが広がる極上の味わいのつけ汁で😋
厚削りの本枯れ節が使われているのか

ラーメン店の使う鰹節だと、どうしても鰹節だけだと旨みに厚みが足りないので、鯖節も併用しないと物足りないのに
しかし、これは鰹だけか!?

グレードの高い鰹節節を使用しているのは間違いないし!
昆布も高級なものが使われていて


この味を嫌いな日本人は少ないと思うし
最高に美味しい😋

さらに、元々、切り落としの鴨ロースが入っていたこともあるし🦆
鴨ロースをつけ汁に2枚ほど沈めて

さらに、2枚は、つけ汁で、しゃぶしゃぶして食べたこともあって
だんだんと、鰹出汁のつけ汁に鴨の旨みも加わっていって

これが、また、最高で♪
極上の味わいだったし
😋

そして、これは店主が隣に座った、ご常連のお客さんと話していてわかったことだけど
「岩手がも」を使って、低温調理して山賊焼き風にしたという鴨ロースは、分厚くカットされていて

しっとりとした食感に仕上げられていて…
火入れも、あえて、レアすぎないように仕上げてきていて


柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-9

噛めば、鴨ムネ肉の旨みがジュワッと広がるかも絶品の鴨ロースで😋
玉ねぎとニンニクの醤油ダレに漬け込んだ味付けもバツグンによかったし♪

つい先日、バルバリー種の「津軽かも」で作られた鴨ロースをいただいて、感動したばかりなのに
チェリバレー種の合鴨の「岩手がも」なのに、それを軽く超えていく味とクオリティの逸品♪

これはラーメン店で食べる鴨チャーシューの域を越えている
それに、これだけ美味しい鴨ロースはラーメン店はもとより、蕎麦屋でも鴨料理店でも食べた記憶はないほど

そして、先ほど、ご常連のお客さんが「限定B」のボタンを押して、「本日の日本酒」の食券を買って!
日本酒を飲んでいた気持ちも、この鴨ロースをいただいて、よくわかった
🍶

それに、焼き葱は鴨との相性バッチリだったし!
トロッとした、やわらかめの食感のものだったのもよかったし♪


せりは、葉と茎のシャキシャキとした食感が最高で♪
そして、根っこの仄かに土の香りがして、ほろ苦い風味が、それ以上によかったし
😊

柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-10

さらに、よかったのは、昆布水つけ麺なのに、こちらの店では、ちゃんとスープ割りが用意されていて♪
ポットに入れて出された割りスープをセルフで割って、スープ割りを作ると


柴崎亭 つつじヶ丘本店【参】-11

割りスープ自体は、味見すると鰹出汁の二番出汁だったけど
再び、つけ汁が温かくなって!

最後まで美味しく完食😋
今日は堪能させてもらいました。

しかし、これは、出てきた段階でも、2,000円はリーズナブルに感じられたけど
食べてみて、この倍の金額を支払っても、全然、納得できると思ったし♪

今まで食べてきた「鴨つけそば」の中では間違いなくNo.1🥇
時間とお金を掛けて来ても、それだけの価値ある一杯に思えたし♪

また、必ず、伺います。
ご馳走さまでした。




メニュー:中華そば…750円/玉ねぎ中華そば…800円/中華そば(特大)…900円/玉ねぎ中華そば(特大)…950円/鴨中華そば…820円/焼豚鴨中華そば…1300円

塩煮干そば…780円/醤油煮干そば…780円/肉わんたん中華そば…1100円/塩煮干わんたん中華そば…1100円/女子のわんたん中華そば…800円/焼豚肉わんたん中華そば…1400円

山椒の塩そば…850円/鶏塩そば…800円
【火・木限定】黒酢の担々麺…1100円

わんたん皿…450円/辛いわんたん皿…450円/タルタル丼…400円/TKG…250円/ライス…100円

【本日のSPECIAL(限定)】鴨笊つけそば…2000円
【本日の日本酒】勢起…500円


柴崎亭 つつじヶ丘本店



関連ランキング:ラーメン | つつじケ丘駅柴崎駅



好み度:鴨笊つけそばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s35.gif
訪問日:2023年2月3日(金)

中華そば 温故知新【弐】-1中華そば 温故知新【弐】-2

本日のランチはJR船橋駅北口から徒歩1分の場所にある『大衆酒場 若林』がランチタイムに暖簾を掛けかえて二毛作営業する『中華そば 温 故 知 新』へ!

2021年11月17日にオープンした店には、昨年のゴールデンウィークの2022年5月2日に伺って、『永福町大勝軒』をオマージュして作ったという「中華そば」をいただいた。

小さな豚バラ肉の煮豚が3切れとメンマ、なると、海苔、刻みネギが盛りつけられた見た目も『永福町大勝軒』っぽいビジュアルのラーメンで🍜
豚骨ベースではなく、鶏ガラと豚骨を併用した動物系スープに鰹節と大量の背黒(煮干し)を合わせたシングルスープといった感じのスープだったけど

煮干しがきかされていて!
煮干しのうま味にビターさもも出たスープで♪


さらに、鰹節のうま味も感じられて
見た目だけじゃなく、味わいも『永福町大勝軒』っぽさもあって美味しくいただいた。

なお、こちらの店では「中華そば」以外のラーメンも、同じように名店のラーメンをオマージュしたものが出されていて
「生姜ラーメン(塩)」は栃木市にある『小三郎』系!

「味噌ラーメン」は純すみ系!
「川崎タンタンメン」は川崎の『元祖ニュータンタンメン本舗』系なんだとか


そんな店で1月13日からTwitterフォロワー限定で奈良県天理市のご当地ラーメンである「天理ラーメン」が提供されているという情報を最近知った🦌
「天理ラーメン」は、醤油味の豚骨、鶏ガラスープのラーメンに白菜や豚肉が載せられて、ニンニクがきかされたピリ辛な味わいのスタミナラーメン🌶

10年以上前に大阪に転勤したときに、「天理ラーメン」の元祖の『彩華ラーメン』でいただいて!
さらに、この『彩華ラーメン』をオマージュして作られたラーメンを何店かでいただいて
😋

中華そば ○丈【壱五】|白菜の入ったピリ辛のあっさりスープのラーメン「天理」
http://ramen151e.blog71.fc2.com/blog-entry-1465.html


まるとら本店【弐参】|天理ラーメン食べたことがないのにイメージで作り上げた「天理」
http://ramen151e.blog71.fc2.com/blog-entry-1527.html


ピリ辛な味わいのラーメンは好きなので!
東京に戻ってきてからも、どこかで食べられたらいいなと思っていたけど、なかったし


後から、高田馬場に「天スタ」こと「天理スタミナラーメン」の支店があったとか
その後、新大久保に移転したという情報をキャッチしたけど、その情報を聞いた時点で、もう、すでに閉店していたし😓

そんな「天理ラーメン」が千葉県の船橋で食べられる😋
というわけで、以前は『菊屋』という夜遅くまで営業していた町中華の店の跡地に入った店へと13時36分に入店すると

『大衆酒場 若林』では3階建てのビルをフル活用して営業しているのに対して、1階のコの字型カウンター席12席のみで営業している二毛作のラーメン店には、5人のお客さんがの姿が
「こちらの席へどうぞ!」

男性スタッフの人から言われて席に着くと
すぐにウイスキーハイボールの大きなグラスに水が注がれて出されて、注文を聞かれたので

中華そば 温故知新【弐】-3

「天理!」とだけ言ってオーダーすると…
「麺の量は?」と聞かれて、メニューを見せられて…

中華そば 温故知新【弐】-4

「小」140g、「並」210g、「大」280g、「特」350gであることを確認して!
「並で!」
と言うと…

「トッピングはどうされます?」というので…
「大丈夫です!」と言ってオーダーを確定させたけど…

「Twitterフォロワー限定」と聞いていたのに、何も聞かれず注文が通った
と言っても、店内には「天理ラーメン」の案内は一切ないから、注文すれば通るんだね♪

「紙エプロンお使いになられますか?」と、さらにスタッフの人から言われて…
「お願いします。」と言うと…

すぐに、折り畳まれた紙エプロンが出されたけど
おかげで、「天理ラーメン」の真紅のスープが飛び散って、服を汚すのを防ぐことができるし!

その危険があるので、こうして紙エプロンをすすめてくれる♪
このさり気ないサービスが、とてもいい
😊

それと、この店
最初、入店したときには、お客さんは5人だけだったけど

でも、13時30分を回った時刻だし
これだけ入っていれば、上々と思っていたのに

この後、ラーメンが出てくるまでの9分の間に満席になって🈵
外待ちまで発生したのには驚かされた😯

供された「天理ラーメン」は、大量の白菜、豚バラ肉にニラ、人参が載せられた
見た目は天理市のご当地ラーメンを、しっかり再現できてるね♪

中華そば 温故知新【弐】-5中華そば 温故知新【弐】-6

まずは、スープをいただくと
鶏ガラ、豚骨の動物系スープに豆板醤でピリ辛に仕上げたといった感じの味わいのスープで!

中華そば 温故知新【弐】-7

スープの辛味も!
ニンニクの風味も!


仄かに感じられる酸味も!
しっかり「天理ラーメン」している
😊

切刃22番と思われる中細のウェーブがかった麺は、プリッとした食感の麺で!
スルスルと啜り心地のいい麺で!


中華そば 温故知新【弐】-8

「中華そば」用の麺が、そのまま使われていると思うけど
このピリ辛のスタミナスープとの相性もスゴくよかったし♪

そして、途中で、卓上の「焦がしネギ」に「黒七味」を入れて、いただいてみると
コクが出て、辛味も増して、この味変もよかったし♪

中華そば 温故知新【弐】-9中華そば 温故知新【弐】-10

美味しく完食😋
帰りがけにスタッフの人に、いつまで提供されるのか聞くと

「まだ、わからないですけど、期間限定メニューですので…」という答えだったので、興味のある人は、早めに行って食べることをおすすめします♪
ご馳走さまでした。


中華そば 温故知新【弐】-11



PS 帰りがけに「東武百貨店 船橋店」 の前を通ったら、こんなポスターがあった。
一つは飲食店7階レストラン街「スパイス」内にある「諸国ラーメン紀行」の第20弾に出店している『ラーメン ハナ』の案内!


中華そば 温故知新【弐】-12

「諸国ラーメン紀行」とは、全国のラーメンの名店が月替わりで出店するイベント店舗。
2021年3月にオープン以来、『ラーメン ハナ』が20店目の出店になる。


『ラーメン ハナ』は、札幌市円山にあるカフェ『Lemoa』の夜の時間帯のみ喜多方風ラーメンを出すラーメン店として営業する札幌の人気店『RAMEN RS 改』系列の店。
2月13日(月)までの出店。


もう一つは、2月8日(水)から始まる「冬の第北海道展」の開催告知!
お食事処には札幌の味噌ラーメンの人気店『らーめん 信玄』が出店。


他にも北海道の美味しいものを贅沢に堪能できるようなので!
よかったら、行ってみては
😊

中華そば 温故知新【弐】-13

メニュー:中華そば(醬油)/生姜ラーメン(塩)/味噌ラーメン/川崎タンタンメン(普通・中辛・大辛)
(小)140g…750円/(並)210g…750円/(大)280g…850円/(特)350g…900円

【Twitterフォロワー限定(※)】天理ラーメン
(小)140g…800円/(並)210g…800円/(大)280g…900円/(特)350g…950円
※メニューにはありませんが、口頭で「天理ラーメン」と注文すれば、食べられます。

トッピング
盛合せ(チャーシュー、煮玉子、焼きのり)…250円/チャーシュー…200円/煮玉子…100円/メンマ…150円/長ネギ…50円/焼きのり…50円/生姜…50円/あおさ…50円/もやし…100円/コーン…100円/バター…100円/パクチー…100円/わかめ…50円/花山椒…50円/辛味…100円/生玉子…50円/魚粉…50円/梅干しと花ガツオ…100円

チャーシュー丼…300円/白米…150円


中華そば温故知新



関連ランキング:ラーメン | 船橋駅京成船橋駅東海神駅



好み度:天理ラーメンstar_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif
訪問日:2023年2月2日(木)

【新店】麺屋 いちょう【弐】-1

本日のランチは埼玉県八潮市伊草という場所に昨年の12月12日にオープンした新店の『麺屋 いちょう』へ!

「動物系」、「和風出汁」、「海鮮出汁」の3つのスープを合わせるトリプルスープのラーメンを出す店🐔🐷🐟🦐🐚

店のスープの説明書きによれば
「動物系」スープが匠の大山、丸鳥、豚。

「和風出汁」は昆布、煮干し、鯵、鯖、あご、椎茸。
「海鮮出汁」は昆布、浅利、ムール貝、蛤、渡り蟹、海老、下足、貝類とあって


【新店】麺屋 いちょう【弐】-2

この中で、「匠の大山」というのが何か
食材ではなく、商品名だと思われるので、調べてみたら

飲食店向け食肉卸のトップランナーである大手総合食品卸の「プレコフーズ」という会社の「オリジナルブランド鶏」の「匠の大山鶏」のことで!
「地鶏」、「銘柄豚」、「ブロイラー」に分類される鶏(にわとり)の中では「銘柄豚」に分類されるもので、さらに、詳細に知りたい方は、コチラに詳しく書かれているので、ご覧いただければと思いますけど


ラーメン店の中には1種類の鶏と水だけで作ったスープのラーメンを出す店はもある。
そして、これは、鶏に限らず、豚でも鴨でも煮干しでも同じことだけど


1種類の食材と水だけで作ったスープを「究極の引き算のスープ」とすれば
このスープは真逆の「究極の足し算のスープ」といえる

ただ、何でも足せばいいものではないと思うし
個人的には、使用している食材で、その食材の味が感じられないものは使用する意味がないと思っているので

でも、この足し算のスープが、どんな味わいになるのか興味があったので♪
オープン日にお邪魔して、「特製白醤油らぁめん」と「和え玉(ハーフ)」をいただいた。


とても複雑で滋味深い味わいのスープで
他にありそうでない味わいのスープで!

好きだし🥰
いいとは思ったけど♪

ただ、何かぼやっとした印象もあって!
それに、これだけの食材を使っても、まったく感知できないものがいくつもあるので


余計なものを引き算していった方がいいような気もしたかな
ただ、オープン初日ということもあるし!

店主は、スープに対しても自家製の麺に対しても、ひたむきな人で!
落ち着いたら、もっと、美味しいスープができるはずなので、ちょっと時間を置いて、まだ、発売されてない「黒醤油」がリリースされたら食べに行こうと思っていた。


しかし、1ヶ月が経過しても
さらに、もう2月に入ったというのに、まだ、「白醤油らぁめん」のみの営業

そんな折、埼玉県の三郷市に『麺屋武蔵』で11年間も修業した店主が開業した新店の『中華そば 須紗(ずさ)』という店が1月27日にオープンして!
今週の月曜日に行ってみようと思って、前日の日曜日に店主のTwitterをチェックしたら


「明日は定休日となりますので、お気をつけくださいませ!」ツイートしていたので…
本日、車で店へと向かうことにした🚘

というのも、こちらの店の最寄り駅はJR武蔵野線の新三郷駅で、駅からは1.4km。
徒歩18分も掛かるので!


ただし、駐車場が6台分あるということだったので!
そうなったら、車で行くでしょう♪


というわけで店頭にやって来ると
定休日って😢

月曜定休じゃないの
店主のTwitterには定休日が記載されてなかったので、店名を入力してググってみたところ

Googleには月曜と木曜が定休日と示されていた。
一週間に2日間休むとは


しかも、月、火と連休するのではなく、月、木と間を空けて休むとは
最初にGoogleで調べてから行くべきだった😞

リカバリーを探す。
そこで、思い当たったのが、こにら『麺屋 いちょう』だった。


前回は、東武スカイツリーラインの草加駅からバスで店へと向かった。
でも、店の場所は八潮市の伊草というところにあって、三郷市と八潮市は隣接しているので!


Googleで、ここから『麺屋 いちょう』までの経路検索をしたところ
4.9kmしか離れてないことがわかったので!

急いで店までやって来たのけど
周りをウロウロしても駐車場が見つからない

そこで、カーナビで近くの駐車場検索して、最寄りの駐車場に停めて、徒歩で店に向かったけど
店までは1kmもあって、徒歩13分も掛かってしまった。

ウ~ン🤔
これは、ちょっと痛いな

店の最寄り駅が草加駅で2kmあって、歩くのはシンドい。
草加駅東口から出ている「草加09 八潮団地行」の東武バスに乗って、5つ目の「稲荷三丁目」停留所で下車すれば行けるけど
🚌🚏

そこまでして、どれくらいのお客さんが来てくれるか
車なら、多少不便でも来てくれるだろうけど

しかし、まず、店に駐車場がない。
さらに、近くにコインパーキングもないとなると


ちょっと、厳しい場所にオープンしてしまったかな😓
そんなことを考えながら、工事中で足場とメッシュシートが掛かった建物の1階に入る店へと13時30分過ぎに入店すると

【新店】麺屋 いちょう【弐】-3

時間が、こんな時間だからなのかわからないけど、お客さんは2人だけ。
まずは、入って正面にある小型の券売機で食券を購入する。


今日も、まだ、「黒醤油らぁめん」の販売はしていなかった。
そこで、オープン日には販売してなかった「チャーシュー白醤油らぁめん」の食券を買って!


【新店】麺屋 いちょう【弐】-4

さらに「8種類のスパイスを使った八潮カレー」という、こちらもオープン時にはなかったサイドメニューを食べようとしたところ
ボタンに印が点灯していて

それどころか、「ごはんもの」が、今日は全部販売されてなかった。
どうするか


こちらの店の麺の量は130gと少なめなので、何かサイドメニューが欲しくなる。
「替え玉」があればいいのに、「和え玉」しかないのが


前回は、やはり、「ごはんもの」が販売されてなくて、「和え玉(ハーフ)」をいただいた。
濃口醤油の甘い味付けのカエシに日替わりの鰹油で味付けられたもので!


提供時に予め、麺をカエシと、この日は鰹や油の香味油と予め、和えてから提供されるので
自分で和える手間は省けるのはいいとは思ったし

でも、最初から味が付けられているので、そのまま、「和え麺」のようにして食べる分にはいいけど!
「替え玉」代わりにラーメンに入れても、美味しくいただけないのが


最初、この「和え玉」が出てきた頃は、「和え麺」として食べて!
「つけ麺」としても食べられて!


ラーメンのスープにダイブさせて食べることもできるので!
面白がって、食べていた時期があった。


しかし、結局、カエシと香味油で味付けただけのもので、そんなに美味しいものでもないし…
味が付いているので、「替え玉」として食べても、もう一つ

だから、今は、もう、まったく食べなくなった。
でも、130gの麺1玉ではお腹が満たされないし


他に連食したい店も近くにはないし
時間も遅いので、遠くまで行けないので

今日は、変わった香味油が使われた美味しい【和え玉」なのかもという期待を込めて!
「和え玉(ハーフ)」を追加してしまった
😅

食券を購入すると、店主のお母さまなんだろうか
ご婦人の方にオープンキッチンの厨房の前に5席並ぶカウンター席の一番右の席へと案内されて

食券をカウンターの上に上げると
食券を回収して、ラーメン作りに入る店主!

まず、ラーメン丼を茹で麺機のテボの上に逆さに載せて、温め始めると
次に寸胴から雪平鍋にスープを移して、ガス台の火に掛けていく…

そして、温めていたラーメン丼の汗を布巾で拭いて
カエシに香味油と思われるものをレードルで測って入れて

麺を1玉取り出してきて、茹で麺機のテボの中へと入れて、タイマーをセット
さらに、温まったスープをお玉で測って、ラーメン丼に注ぎ入れていれたところで

ピピピッ!ピッ
セットしてからジャスト1分で鳴り出したタイマーを止めて

湯切りされた麺がスープが張られたラーメン丼に入れられて、キレイに麺を整えると…
最後にトッピングの具が盛りつけられて

オープン時と寸分たがわないルーティンで完成させると
「和え玉は好きなタイミングでおっしゃってください。」というアナウンスとともに「チャーシュー白醤油らぁめん」が供されたのも、まったく、同じだった。

【新店】麺屋 いちょう【弐】-5【新店】麺屋 いちょう【弐】-6

違うのはトッピングの具で!
前回の「特製白醤油らぁめん」は、豚バラ肉煮豚をバーナーで炙ったものに、豚肩ロース肉のレアチャーシュー鶏ムネ肉のレアチャーシューの3種類のチャーシューが1枚ずつだったものが2枚ずつになって!


そのかわり、味玉、鶏団子はトッピングされずに
穂先メンマ、バラ海苔、白髪ネギは共通で!

今日は三つ葉ではなく、カイワレが載せられた
今回も、とても美しいビジュアルのラーメン

まずは、黄金色したスープをいただくと
今日は、前回と違って、鶏出汁が明らかに強く感じられて♪

【新店】麺屋 いちょう【弐】-7

スープに厚みも感じられる♪
これは、動物系スープを強くしたか


動物系スープの量の割合を増やしたか
たぶん、前者だと思われるけど!

確かなことはスープが前回より、格段に美味しくなっているってこと😋
それに、昆布や椎茸、煮干しに節の旨みも感じられて

「和風出汁」もブラッシュアップしているようにも感じられた。
そして、「海鮮出汁」は、渡り蟹、海老、下足は、よくわからない


ただ、浅利、ムール貝、蛤は、強くはないけど、スープの飲み終わりに、少しスープの温度が下がったところで、頭を擡げてきたかな!
そこで、店主に


「トリプルスープは続けているのですか?」と聞いてみたところ…
「ええ、続けています。」と鸚鵡返しに答えがあったので…

「でも、動物系がオープンのときと違って、強くなって、スープに厚みも感じられるようになって、美味しくなってますね😋と言うと…
「ありがとうございます。」とお礼があって!

「スープはオープン以来、改良を続けていて、だいぶ、よくなってきたかなと思ってます。」
「おっしゃるように、動物系のスープを強くしました。」


「それに、貝も強くして、終盤には、貝が、よく感じられると思います。」
なんて話してくれて


動物系スープをメインに据えて、試行錯誤しながら、ここまで、スープをブラッシュアップしてきたことがわかった。
オープン当初に食べた人は、もう一度、味わってみるべきだと思う♪


そして、このブラッシュアップされたトリプルスープに合わされた麺は、国産小麦100%にロースト胚芽を加えたとPOPにあった
ドット模様のある切刃22番の中細ストレート麺で!

【新店】麺屋 いちょう【弐】-8

こちらはオープンのときと同じ
プリッとした食感の弾力のある中加水麺で!

小麦粉のうま味に甘みも感じられる秀逸な麺なのも変わらない♪
違いは、スープに厚みがましたので、より一層、絡みがよくなって、美味しくスープをいただけるようになったこと
😋

トッピングされた豚バラ肉の炙り煮豚は、余分な脂が落とされていて
豚バラ肉のジューシーな肉のうま味が感じられる美味しい煮豚だったし😋

豚肩ロースのレアチャーシューは火入れの状態もよくて♪
噛めば、肉のうま味が滲み出てくる、こちらも美味しいレアチャーシューだったし
😋

【新店】麺屋 いちょう【弐】-9

鶏ムネ肉のレアチャーシューは、厚みがあって!
しっとりとした食感に仕上げられていて!


前回は、もっと、プリッとした好みの食感に仕上げられていたので、そこは、ちょっと、残念な気もしたけど
でも、普通に美味しくいただけたし♪

穂先メンマは、やわらかくて
今日も、穂先部分のシュクシュクとした食感がたまらなくよかったし♪

【新店】麺屋 いちょう【弐】-10

そうして、食べている途中に店主に「和え玉(ハーフ)」をお願いすると
先ほど同様、1分ジャストで茹でられたあつもりの麺をカエシと香味油に、よく和えて

最後に、カットした鶏チャーシューにバラのり、刻み玉ねぎ、小ネギが少量載せられて完成させると
「今日の油は煮干し油です。」

「油は、普通に鶏油にしたり、海老油にしたり、毎日、日替わりで替えてます♪」
オープンのときと同じアナウンスがあって、今日も供された。


【新店】麺屋 いちょう【弐】-11

食べてみると、カエシが、結構、甘めで、煮干粉のような、少し魚臭い風味のもので
この味は、ちょっと苦手かな😨

まあ、でも、これは、好き嫌いの問題だし!
それに、今日はブラッシュアップした美味しいスープのラーメンを食べられたので満足
😋

ちなみに、「黒醤油らぁめん」はスープの改良に専念していたので、着手できておらず😓
しかし、ようやく、スープの目処は立ったようで、「黒醤油らぁめん」のカエシ作りを始めると話していたので♪

店主のTwitterをチェックして、販売されたら、また、来るつもり♪
ご馳走さまでした。


PS どこかに駐車場借りられないでしょうか
6分ほど歩いたところに時間貸しではなく、一日24時間で400円とか450円のコインパーキングを見つけたので、そんなところでも借りられれば、お客さんは増えると思うんですけど



メニュー:特製白醤油らぁめん…1000円/白醤油らぁめん…850円/味玉白醤油らぁめん…950円/チャーシュー白醤油らぁめん…1100円

特製黒醤油らぁめん…1000円/黒醤油らぁめん…850円/味玉黒醤油らぁめん…950円/チャーシュー黒醤油らぁめん…1100円

和え玉…250円/和え玉(ハーフ)…150円

ネギチャーシューごはん…300円/炙りチャーシューごはん…300円/8種類のスパイスを使った八潮スパイスカレー…450円
味玉…100円/チャーシュー…250円


麺屋 いちょう



関連ランキング:ラーメン | 草加駅谷塚駅獨協大学前駅



好み度:チャーシュー白醤油らぁめんstar_s45.gif
接客・サービスstar_s50.gif