FC2ブログ
訪問日:2019年9月19日(木)

らーめん 改【弐六】-1

『煮干しつけ麺 宮元』で、名古屋コーチンと比内地鶏で作った本日限定の「濃密鶏そば」をいただいて!
本日2軒目のランチに向かったのは、古い江戸と新しいTokyoが共存する街・蔵前にある『らーめん 改』!


今日は、東京の4つの店で食べたい限定をやっていて!
どれを食べるか悩んで


決めたのが、『煮干しつけ麺 宮元』の「濃密鶏そば」と『らーめん 改』の「鴨つけそば」の2つ!
『らーめん 改』では、本日から「鴨つけそば」の限定をやるということで!


らーめん 改【弐六】-2

元々、鴨好きのところにきて!
『らーめん 改』の鴨の限定は大好きで、過去に何度も食べに行ってるので♪


一番、食べたい限定だったけど!
『煮干しつけ麺 宮元』を先にしたのは、宮元の限定が昼夜30食限定なのに対して、『らーめん 改』の「鴨つけそば」は、170食あって、今日、売り切れることは考えにくいので

そこで、12時30分過ぎに店の前までやって来ると
店頭にはお客さんの姿はなかったものの、店内は満席で、店内で2人のお客さんが待っていた。

そこで、入口のドアの隣の日陰の場所で待っていると
こちらの店の木場本店主の美人の奥さまの、こちらも美人の妹さんが店の中から現れて

「お待ちしておりました。」
「きっと、来ると思ってたわ♪」


「先ほど、鴨がお好きなおじさまがいらして、後で、絶対来るよっておっしゃておりましたから…」
そう言うと、先に食券を買うように促されて店内へ


そうして、券売機で「鴨つけそば」の食券を購入して、美人姉妹の妹さんに渡しながら
「鴨増しって、できません?」と聞いてみると…

らーめん 改【弐六】-3

「ちょっと、待っててね…」と言うと…
奥の厨房にいたイソ店長に聞きに行ってくれて

戻ってくると
「3枚で200円でどうかしらって、言ってたわ♪」というので、現金200円を渡して、お願いすることに!

そうして、少し、外で待って
中でも少し待って、席へと案内されると

ちょうど、イソ店長が麺を取り出して、茹で始めるところで
麺を1玉、茹で麺機のデボの中へと入れるとタイマーをセット!

次に、寸胴からスープを雪平鍋に移して、ガス台の火に掛けて温め始めて
タイマーが鳴り始めた瞬間に、タイマーを止めて、スタッフの人に麺の入ったタボを預けると

バトンタッチされたスタッフの人は、素早く、冷水で麺を〆て!
ラーメン丼にキレイに盛りつけていく


さらに、トッピングの具も盛りつけて完成した「鴨つけそば」の麺の入った丼がスタッフの人から出されて!
温まったつけ汁がイソ店長から供された。


らーめん 改【弐六】-4

鴨ロースのレアチャーシューがトッピングした3枚と合わせて6枚載せられて!
幅広のメンマ、笹切りされたネギにがトッピングされた彩り鮮やかで美しいビジュアルのつけそば♪


らーめん 改【弐六】-5

まずは、麺を食べるため、具沢山の具を寄せてると
現れたのは、石臼挽きの全粒粉が多めに配合されて、茶色がかった中細ストレートの麺で!

らーめん 改【弐六】-6

この田舎そばを細切りしたように見える麺を、つけ汁にはつけずに、そのまま、いただくと
小麦粉がふわっと香る♪

香り高い麺なのがいい♪
さらに、小麦粉のうま味も感じられる美味しい麺なのもよかったし
😋

そして、ボソッっとした食感は、見た目通りの、日本蕎麦の田舎そばのような食感だったのもよかったし😋
それに、麺を盛りつけた後にスタッフの人が掛けていた油(後でイソ店長に確かめたところ、ネギ油と判明)によって、麺と麺がくっつかないよう工夫されていたのもよかったし♪

そして、この麺を醤油と鴨が香る♪
醤油が濃いめの色合いのつけ汁に、さっと潜らせていただくと


鴨!カモ!щ(´Д`щ)カモ-ン
鴨出汁のうま味が満載のスープとキレッキレで芳醇でコク深い味わいのカエシがマリアージュしたつけ汁は最高に美味しい😋

先日、千葉県流山市にある『The Noodles & Saloon Kiriya』で、「鴨汁soba」という美味しい鴨つけそばをいただいて!
その前に、東京・三鷹の某店で、鴨出汁ではなく、鶏出汁のチャーシューが鴨というだけの「ネオ鴨つけそば」を食べて


その前には、鶏出汁のつけ汁に鴨脂を浮かべただけの擬物も食べたことはあるけど
やっぱり鴨出汁の、鴨オンリーのスープは最高♪

これで、ラーメン作ったら、『中華ソバ ビリケン』!
負けちゃうかも
🦆(笑)

木場本店主!
ぜひ、『ビリケン』でも「鴨つけそば」やってください♪


それと、もし、安定して鴨が入荷できるなら、スープには銘柄鶏を容れずに、動物系は鴨だけでスープを炊いてもらえるといいんですけどね
と、今日も、おそらく、シャッターで並んでいたと思われる「鴨おじさん」が昨日、某店でお会いした時に言ってました🤣

それと、今日のイソ店長の作った鴨ロースのレアチャーシューが、とても秀逸な逸品だった♪
最初、見たときは、ピンク色した鴨ロースは、少し、火が入り過ぎてるんじゃないかな
!?

なんて思ったけど
厚みがあって!

程よい弾力があって!
やわらかくて!


そして、噛む度に、鴨ロースの肉のうま味を感じる絶品のレアチャーシューで😋
イソ店主に、何か特別な作り方をしたのか聞いてみたところ!?

普通だったら、フライパンで皮目を焼いて、低温調理するはずだけど
イソ店長は違った。

イソ店長も、以前は、そうしていたそうだけど
今回は、まず、油を使って、鴨のコンフィを作って!

それを低温調理するという手間の掛かる調理方法で作ってきていた。
今日は、鴨増しして、大正解!


らーめん 改【弐六】-7

それと、今日のメンマは、いつもと形が違うな
いつものメンマは、もっと細くて、コリコリとしたカタめの食感のもののはずなのに

なんて思いながら、食べてみると
やわらかめの食感の、いつもと違った食感のもので!

さらに、胡麻油の風味が感じられるのも違うところ!
そして、この胡麻油の風味が、たまらなくよくて♪


らーめん 改【弐六】-8

このメンマだけを別皿でトッピングして!
ビールのおつまみにして食べてみ対衝動に駆られた


それと、が使われていていたのには、イソ店長のセンスが感じられたし♪
芹の癖のあるアクを、しっかり抜いて、芹の独特の香りとシャキシャキとした食感を残して茹でられているのがよかったし!


そうして、最後にスープ割りしてもらうと!
美味しい鴨スープになって!


らーめん 改【弐六】-9

今日は連食で来ているので、無理だけど
これに「替え玉」して、「鴨らーめん」で、もう一杯食べられる♪

170食あって、今日、売り切れるとは思えないので!
また、明日、来て、食べようかな♪


明日も「鴨増し」にして、「替え玉」か!?
「ライス」を追加して、鴨と芹と蓼を載せて、スープを掛けて、「鴨雑炊」にするのもいいし♪

明日は別の予定を入れていたけど、悩むな😕
ご馳走さまでした。

らーめん 改【弐六】-10

メニュー:貝塩らーめん…800円/味玉貝塩らーめん…900円/チャーシュー貝塩らーめん…1000円/全部入り貝塩らーめん…1100円

替玉…100円/貝油のあえそば…200円/煮干油のあえそば…200円

煮干つけ麺…820円/濃厚煮干つけ麺+味玉…920円/濃厚煮干つけ麺+チャーシュー…1020円/濃厚煮干つけ麺 全部入り…1120円

大盛…100円/特盛…200円

ライス…100円/明太子ご飯…200円/チャーシューご飯…250円/炙りチーズご飯…250円
チャーシュー増し…200円/味付たまご…100円/たけのこ…150円/のり(5枚)…100円/わかめ…50円

【Today's Special】鴨つけそば…900円


らーめん改



関連ランキング:ラーメン | 蔵前駅田原町駅新御徒町駅



好み度:鴨つけそばstar_s50.gif
接客・サービスstar_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
スポンサーサイト



訪問日:2019年9月11日(水)

麺処 こみね【参】-1

本日9月11日に練馬にオープンした新店の『DRILLMAN NERIMA』で「つけそば」をいただいて!
次に向かったのが、同じ練馬にある真鯛ラーメンの店『麺処 こみね』!


昨年の2月28日にオープンした鮮魚の真鯛で出汁を引いた鯛ラーメンの専門店!
昨年の3月6日に伺って、「真鯛淡麗そば」をいただいた。


これが、鮮魚の真鯛のうま味が口の中に広がって
鮮魚の臭みなど皆無のスープで!

期待以上に美味しい真鯛ラーメンだったし!
ランチタイムは無料でいただける「鯛雑炊」もラーメン同様、とても美味しかったし♪


その後は少し間が空いてしまったけど
今年の6月4日に夏季限定で提供しれていた「鯛出汁昆布水淡麗つけ麺」を食べに行った。

これが、鮮魚の鯛出汁と昆布出汁のうま味を纏った出汁に浸かった麺を食べるだけでも、十分、美味しくいただけるつけ麺で😋
「淡麗真鯛そば」ベースのはずなのに、濁りがあって、トロミのあるつけ汁につけていただけば

鮮魚の真鯛のうま味いっぱいのつけ汁で!
もちろん、鮮魚の臭みなど皆無で、めっちゃ美味しかったし
😋

それに、ランチタイムは無料の「鯛雑炊」が「鯛の炊き込みご飯」にグレードアップしていて!
美味しくないわけがないし
😋

だから、また、美味しそうな限定を出してきたら、食べに行こうと思っていたところ
「真鯛とあご煮干そば」なる限定を作ったようで!



麺処 こみね【参】-15

麺処こみねです!!️

明日から販売したい

「真鯛とあご煮干そば」

わかんないす、わかんないすけど

並んでも食べたいラーメン

完成した気がします多分(笑)

今までで一番正統派なやつです。

#麺処こみね
#練馬
#真鯛
#あごだし

山田さん、出来ましたよ

麺処 こみね【参】-14
午後8:12 · 2019年9月9日



Twitterで、こんなツイートをしていた。
鮮魚の真鯛出汁のスープも、あご出汁のスープも、どちらも大好きなスープなので、スゴく興味はあるし♪


「並んでも食べたいラーメン完成した気がします。」なんてツイートして、今回は、えらく自信満々のようだったので、楽しみに店へと向かうことにした。
ただ、「濃厚真鯛そば」ベースの鶏と真鯛の白湯スープに、あご出汁を合わせるということで!


果たして、あごがどれだけ主張できるのか!?
ちょっと、心配だったけど😓

そうして、練馬警察の真ん前にあって!
ラーメンチェーン店の『福しん』の隣にある店を訪ねたのは11時45分。


入店すると
「おすすめ新メニュー」と書かれた「真鯛とあご煮干そば」のPOPが貼ってあって!

麺処 こみね【参】-2

しかし、その横にある券売機で食券を購入しようとしたら、ボタンがなかったので
厨房の小嶺店主に聞くと

「限定麺900円の食券を買ってください。」と言うことだったので…
言われた通りにして、食券を買い求めて、奥へと入っていくと

麺処 こみね【参】-3

オープンキッチンの厨房前にある4席のカウンター席は3席が埋まっていた。
2人掛けのテーブル席2卓に4人掛けのテーブル席1卓は空いていたので、 小嶺店主からはテーブル席をすすめられたけど、小峯店主と会話がしたかったから、空いていた残り1席のカウンター席へとついて


食券をカウンターの上に上げると
「鯛飯食べます!?」と聞かれたので…

もちろんお願いすることにすると
さっそくラーメン作りに入る小峯店主!

スープをガス台の火に掛けて温めていって
温まったラーメン丼に注ぐと

小峯店主が取り出したのは、ハンドブレンダー!
これをスープに差し入れて振動させると


スープがカプチーノのように泡立った。
しかし、こんな新兵器、いつ、購入したんだろう


そうして、完成した「真鯛とあご煮干そば」が小峯店主によって、出されると
間髪入れずに、「鯛の炊き込みご飯」も出された。

麺処 こみね【参】-4

供された「真鯛とあご煮干そば」は、白く泡立つスープにココアのようなパウダーが掛けられて!
豚バラ肉のロールチャーシュー穂先メンマ、刻み玉ねぎ、カイワレ、海苔がトッピングされたラーメン!


麺処 こみね【参】-5麺処 こみね【参】-6

初めに、スープに浮くココアのようなパウダーか気になったので
これは何なのか!?

スープを飲む前に小峯店主に確かめると
「あごの粉末です。」

なんていうので、もしかして、あご煮干しの煮干し粉で、あごの風味を出しているってこと!?
だけど、市販の、あご煮干しの煮干し粉なんて、売ってるのかな!?

そう思って、小峯店主に聞いてみると
「いや、自分で作りました。」と話し…

「出汁をとった、あごを砕いて、粉末にしました。」と話していたので…
ちゃんと、あごで出汁を引いているのがわかって、よかった♪

そこで、泡だったスープの下にあるスープをレンゲですくって、いただいてみたところ
「濃厚真鯛そば」用の鶏ベースに真鯛を入れて炊いた白湯スープに、あご出汁の清湯スープを合わせたダブルスープなのかな

麺処 こみね【参】-7

そう思って、小峯店主に聞くと
ちょっと、違うようだったけど🤔

イメージ的には、白湯スープ清湯スープの中間のような
思ったよりも粘度のないスープで!

しかし、鮮魚の真鯛のうま味がよく出たスープで!
このスープからも、鮮魚の臭みなど、まったく、感じられないのがいい♪


そして、問題のあごは
ちゃんと、いてくれた♪

スープを飲む前までは、あごはいても、後味で感じられるくらいかなと思ったのに
しっかり、あご出汁のうま味が感じられて♪

真鯛のうま味とあごのうま味がしっかり同居したスープで♪
めっちゃ美味しいじゃないですか
😋

しかし、これだけ、あごをきかせたら、結構、コストも掛かっているんじゃないのかな!?
そこで

「あごは、あご煮干しですか?」と聞くと…
「焼きあごを作ってます。」なんて言うので…

あご煮干しも高いけど
さらに、高い焼きあごを使うなんて😅

ただ、あごの場合、ベトナムやフィリピン産のものが流通しているので
国産ではないだろうと思って

「これくらいの、大きなあごですか?」と言って、指で大きさを示して、探ってみると
「いや、これくらいのの小さなものです。」と言って、大きさを示してくれた。

そこで
「それって、国産の焼きあごじゃないですか?」と言うと…

「そう、国産です。」
「鯛を取ってる業者に、一番いいあごを取ってくださいとお願いしましたので…」
なんて言うので…

指を4本立てて
「キロ、これくらいですか?」と言うと…

「それでは、買えませんよ。」なんて言うんだけど…
そんなに高価なものを使って

それで、これだけ、あごをきかせてきたら
コストがかかりすぎて、合わないんじゃないのかな( ̄▽ ̄;)

中細ストレートの麺は、つるパツなカタめで歯切れのいい食感の麺で!
スープとの相性はバッチリだったし♪


麺処 こみね【参】-8

豚バラ肉のロールチャーシューは、提供される前にバーナーで炙られているので、香ばしくて♪
肉のうま味を感じる美味しいチャーシューでよかったし♪


麺処 こみね【参】-9

穂先メンマは、根元のカタい部分までやわらかくて!
穂先のシュクシュクとした食感がたまらなくよかったし♪


麺処 こみね【参】-10

そうして、麺と具を食べ終わったところで
残ったスープを「鯛の炊き込みご飯」に掛けて、「鯛雑炊」にしていただくと

麺処 こみね【参】-11麺処 こみね【参】-12麺処 こみね【参】-13

これも、めっちゃ美味しくて😋少し大きい文字
これをランチタイム限定とはいえ、無料でいただけるのは、めちゃめちゃ嬉しい♪

しかし、国産の焼きあごを使って、鮮魚の真鯛出汁と合わせたスープのラーメンを900円で販売して!
さらに、「鯛の炊き込みご飯」もサービスで付けて!


こんなんで、利益出るのか心配!
次は、今、鯛出汁を感じられるカレーラーメンを試作しているらしいので!


カレーラーメン自体は、あまり、食べないけど
本当に鯛を感じられるのか興味があるので♪

できたら、食べに来るつもり😋
ご馳走さまでした。

メニュー:真鯛濃厚そば…800円/真鯛濃厚味玉…900円/真鯛濃厚チャーシュー…1100円/真鯛濃厚特製…1050円
真鯛淡麗そば…780円/真鯛淡麗味玉…880円/真鯛淡麗チャーシュー…1080円/真鯛淡麗特製…1000円

鯛と煮干し醤油…800円/真鯛超濃厚そば…950円
真鯛濃厚つけそば…950円/真鯛濃厚特製つけそば…1200円
アボガドと鶏肉バジルほうれん草そば…900円

【限定】真鯛とあご煮干そば…900円

替え玉…150円/トッピングor麺大盛り…100円
鯛チャーハン…600円
鯛雑炊(鯛の炊き込みご飯)…無料ライス…無料


麺処 こみね



関連ランキング:ラーメン | 練馬駅桜台駅豊島園駅



好み度:真鯛とあご煮干そばstar_s40.gif
接客・サービスstar_s45.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年9月17日(火)

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-1

本日のランチは、秋葉原と御徒町の間の蔵前橋通り沿いに9月14日にオープンした新店の
JAPANESE FISH NOODLE
       ウ ミ の チ カ ラ
』へ!


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-2

千葉県の船橋を中心に千葉県内に6店舗のラーメン店を展開する『まるは』グループの新店で!
『まるは』グループの東京初進出店でもある
🎉

新店ハンターのロバオさんのブログでオープンを知った店!
店の公式Twitterによると


「日本近海の海の幸にこだわったラーメン」を提供する店ということで!
「真鯛らーめん」に「鯖だしらーめん」をはじめ、「クエなどの限定らーめん」の提供を予定しているとか♪


同じようなコンセプトの店が錦糸町にあって、被るけど😅
2匹目のドジョウはいるんだろうか(笑)

何はともあれ、こんなニュースを知ったら、すぐに食べに行かないといけないでしょう!
というわけで、11時からスープがなくなり次第終了で営業している店へと秋葉原駅の昭和通り口からアクセスして御徒町方面へ!


そうして、しはらく歩いて、ちょうど、JR秋葉原駅と御徒町駅の中間にある蔵前橋通りを右折すると、すぐ先の右側にある「KEY HOTEL AKIHABARA」の1階に店は入っている。
東京メトロの末広町駅や都営大江戸線の新御徒町駅からも近い。


ラーメン愛好家の皆さんには、蔵前橋通りを挟んだ『天神下 大喜』の斜め前といった方がわかりやすいかも🤣
そんな店の近くまでやって来たところで

「イチエさん!」と声を掛けられた!
声を掛けてきたのは、限定ハンターのRランさんで

「本日限定の「スズキらーめん」は提供中止です。」
「代わりに、明日、「金目鯛らーめん」やるそうですよ。」
と言われて…

「そうなんですか…」と答えると…
「行かれるんですか!?」と聞かれたので…

「私は、まず、デフォのラーメン食べますので…」と答えると…
「では、また、どこかの店で…」と言って、違う店の限定を求めて、去っていってしまったんだけど

さすが、限定ハンター!
デフォルトのラーメンには目もくれないんだね
(-"-;A ...アセアセ

もうすぐ、10時50分になる時間に店の前までやって来ると
お客さんが一人、スタッフの人と話しをしているところで

Rランさんが帰っていったので、ポールかなと思ったのに
2番目に接続すると、その人は話しをしただけで、並ばずに立ち去ってしまったので、漁夫の利のポール獲得(笑)

そうして、待つうちに、私も含めた3人のお客さんが並んだところで、スタッフの人が出てきて、暖簾を掛けると
開店時間1分前の10時59分に開店♪

まずは、店を入って、すぐ右側にあった大型の券売機で食券を購入する。
麺メニューは、「真鯛らーめん(塩)」、「真鯛つけ麺(塩)」「鯖だしらーめん(醤油)」、「鯖だしつけ麺(醤油)」の4種類のラーメンにつけ麺!


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-3

ただし、「鯖だしつけ麺(醤油)」は、まだ、提供しれていないようで
売り切れを示す赤い✕マークが点灯していた。

券売機左上の、店の一番のおすすめの位置には「真鯛らーめん(塩)〆ご飯セット」のボタンになっていて!
ボタンの横にも「おすすめ」のポストイットが貼ってあった。


でも、これはわかる!
「真鯛らーめん」を食べたら、「〆ご飯」に残りのラーメンのスープをかけて「鯛茶漬け」にして食べたくなる。


ただ、今日は、開店を待ってる間に、外のA型看板にあった「本日の漬け丼」の「メジマグロ(本マグロの稚魚)青森産」というのが気になって!
これを「小」で食べようと思っていたので!


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-4

「真鯛らーめん(塩)」と「旬の海鮮漬け丼(小)」と書かれたボタンを押して食券を買い求めた。
しかし、どうしても「〆ご飯」が気になって!


近くにいたスタッフの人に
「〆ご飯は、普通のご飯とは違うんですか?」と聞いてみたところ…

「普通のご飯は、こちらの「白いご飯」のボタンを押してもらえれば…」という答えが返ってきて…
ご飯の量が違うのかもしれないけど、ご飯に何かネギとか、海苔とか、あられとか!?

錦糸町の某店のように、鯛の解し身までは載ってはいないとは思うけど
やっぱり、食べたくなって、「〆ごはん」と単品だと「ご飯」の「飯」が平仮名表示になっていたボタンを押して、3枚の食券をスタッフの人に渡すと

「奥の方の席へどうぞ…」と言われて、席へと案内されたんだけど
ロバオさんのブログにあったように、券売機の横には冷蔵ケースが置かれていて!

中には、クエの兜と大きな真鯛が3尾と鰹1本!
ロバオさんの写真に鰹2本写っていたから、昨日の「本日の漬け丼」で1本なくなっちゃたんだね
🎣

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-5

案内されたのは一番奥の席ではなく、奥から2番目の席で、2番目のお客さんは、一つ置いた4番目の席。
3番目のお客さんは6番目と、詰めて座らせるのではなく、間を空けて、ゆったりと座らせてくれるのがいい♪


オープンキッチンの厨房には、こちらの店の店長と『まるは』出身で市川に店をオープンした店主の『麺処 しろ』のオープンのときにもヘルプに来ていた『まるは』グループのエリアマネージャーの小松さんと、他に2人の男性スタッフの姿があって
さらに、ホール担当の男性スタッフも1人いて、万全の体制♪

そして、さっそく、店長によってラーメンが作られていって
まずは、寸胴から移したスープの入った雪平鍋がガス台の火に掛けられていくと

頃合いを見計らって、麺を2玉、茹で麺機のデボに入れて茹で始めて
麺を茹でている間に、温まったスープをラーメン丼に注ぐと

1分30秒でデボが引き上げられて!
湯切りされた麺がラーメン丼に入れられたんだけど


こちらの店、麺を茹でるのにタイマーは使わないのかな!?
入口近くで麺上げしていて、席からは遠かったから、私に聞こえなかったからかもしれないけど

そうして、まず、ステンレスの受け皿がカウンターの上に置かれると
2個作りされて完成した「真鯛らーめん(塩)」の一つが、そのステンレスの受け皿の上に置かれて

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-6

「お待ちどうさまでした!」という元気な声とともに供されて!
ほぼ、同時に「〆ご飯」も出された。


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-7【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-8

さらに、記念撮影をしている最中に、「本日の漬け丼」である「メジマグロの漬け丼」も着丼したんだけど
これは、もう少し後でも、よかったんだけど😓

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-9

真鯛らーめん(塩)」は、大判の豚肩ロース肉のレアチャーシュー小松菜、刻みネギ、柚子
それと、白いものは、店内のボードにあった「本日の白身団子」である真鱈の団子で、これらのトッピングがキレイに盛りつけられたラーメン!


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-10【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-11【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-12

ただ、真鱈の団子はトッピングされてはいたけど、錦糸町の某店のように鯛の解し身はなし(笑)
スープを飲む前に、レアチャーシューと真鱈団子以外の具を「〆ご飯」の上に移動させて

まずは、愛媛産だとボードに書かれた鮮魚の真鯛が香るスープをいただくと
真鯛!真鯛!真鯛!

スープは、さらっとした粘度のない白湯スープで!
白湯スープと清湯スープを合わせたような


イメージ的には「濃厚真鯛りーめん」と「淡麗真鯛らーめん」の間を狙ったような味わいのスープで!
鯛のうま味満載!


そして、懸念された鮮魚の臭みなど皆無で!
めっちゃ美味しいじゃないですか
😋

ロバオさんのブログにカネジン食品の麺と書かれていた中細ストレートの麺は、たおやかな食感の麺で!
スープとも、いい感じに絡んでくれたし♪


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-14

ボードに茨城県産とあった豚肩ロース肉のレアチャーシューは、厚みはなかったけど
大判で!

良質な豚肉が使われていて、とても美味しかったので😋
次回は、チャーシュートッピングして食べてもいいかも♪

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-15

そして、真鱈の団子は、真鱈のすり身と山芋と卵白で作った「しんじょ」のような
ふわっふわで軽い食感のもので!

こんなのラーメン店で食べたのは初めて!
なかなか洒落たトッピングだと思う♪


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-16

なお、ラーメンを食べながら、合間にいただいた「本日の漬け丼」である「メジマグロの漬け丼」は
ます、メジマグロ(マメジ)が使われているので、筋かないのがいい!

そして、そぎ切りされているので、食べやすいのもいい♪
食べてみると


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-17

これが、食べ慣れた鮪の漬けの、あの醤油と味醂の風味の味わいではなく、胡麻風味の真鯛の漬け丼のような味わいで!
でも、これが、めちゃくちゃ美味しくて
😋

それに、酢飯が、まるで、鮨屋で食べる酢飯のようで!
こんなの食べられるラーメン店は、この店以外には、私は大阪の『麺哲』グループの店しか知らない♪


そして、麺を食べ終えたところで、ラーメンの鯛スープを掛けて「鯛茶漬け」に!
濃厚な白湯スープだったら、どうかわからないけど


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-18

さらっとした白湯スープだから、さらっと美味しくいただけて😋
そして、スゴくよかったのが、ご飯の上に載せられていた鯖節

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-20

最初、鰹節だとばかり思っていたけど、これが鯖節で!
良質な鯖節が使われていたこともあって、風味が最高だったし♪


小松菜柚子をラーメンから、こちらに移したのも正解で!
小松菜のシャキシャキとした食感に柚子の風味がたまらなくよくて、最後まで美味しく完食
😋

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-19

「漬け丼」もよかったけど、これもいけてたので😋
次回からも両方、いかないとダメかな😅

なお、ボードには、先ほどRランさんが話していた明日18日に提供される、アラではなく、銚子産の金目鯛を丸ごと使った「金目鯛らーめん」の告知がされていて!
さらに、28日には大分産の「クエらーめん」も提供されるようで!


【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-21

限定20杯というのが
特に土曜日に提供される「クエらーめん」は、めっちゃ、ハードル高そうだけど😥

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-22

できれば、食べてみたいな
ご馳走さまでした。

【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-23【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-24【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-26【新店】JAPANESE FISH NOODLE うみのチカラ-25

メニュー:真鯛らーめん(塩)…880円/味玉真鯛らーめん(塩)…980円/チャーシュー真鯛らーめん(塩)…1080円/真鯛らーめん(塩)〆ご飯セット…1000円

真鯛つけ麺(塩)…900円/味玉真鯛つけ麺(塩)…1000円/チャーシュー真鯛つけ麺(塩)…1100円/真鯛つけ麺(塩)〆ご飯セット…1020円

鯖だしらーめん(醤油)…880円/味玉鯖だしらーめん(醤油)…980円/チャーシュー鯖だしらーめん(醤油)…1080円/鯖だしらーめん(醤油)〆ご飯セット…1000円

鯖だしつけ麺(醤油)…900円/味玉鯖だしつけ麺(醤油)…1000円/チャーシュー鯖だしつけ麺(醤油)…1100円/鯖だしつけ麺(醤油)〆ご飯セット…1020円

大盛…100円

トッピング
薬味…50円/味玉…100円/小松菜…100円/本日の魚の団子…200円/チャーシュー…200円

旬の海鮮漬け丼 〆茶漬け付き…1000円/旬の海鮮漬け丼(小)…350円/チャーシュー丼(小)…350円/〆ごはん…120円/白いご飯…120円


ウミのチカラ



関連ランキング:ラーメン | 仲御徒町駅末広町駅秋葉原駅



好み度:真鯛らーめん(塩)star_s40.gif
接客・サービスstar_s40.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年9月10日(火)

お茶の水、大勝軒【参】-1

本日のランチは、昨日に続いて神田小川町の『むぎくらべ』に大阪から出店している『麺や 福はら』へ!

そこで、昨日同様、JRお茶の水駅からアプローチして!
坂を下りて『むぎくらべ』へと向かった。


しかし、21年ぶりだという、昨日から2日連続で36℃という気温の中…
10分歩いて、店の前までやって来たけど

汗だくで(*_*)
とても、熱々のスープのラーメンなんか食べる気がしない😵

そこで、踵を返して、靖国通りを左に折れて、神保町方面に
そうして、やって来たのが『お茶の水、大勝軒

今日、初めて、「お茶の水」と「大勝軒」の間に読点が入ることを知った店(笑)
そして、こちらの店は、「ラーメンの神様」故・山岸 一雄大将が厨房に立っていた、旧『東池袋大勝軒』で修業した田内川さんが2006年9月19日にオープンさせた店!

オープンして間もない2006年9月26日に訪問して「特製もりそば」をいただいて!
翌2007年5月11日にも訪問して、今度は「中華そば」をいただいた。


どちらも、かつて、山岸大将が、旧『東池袋大勝軒』の厨房に立っていたときにいただいた味わいに近いもので!
しっかり、山岸大将の味を継承していた♪


ただ、こちらの店には、思うことがあって
この2回限りで、以降は訪れることもなかった

それが、今日、行ってみる気になったのは、『むぎくらべ』に近いということもあったけど
こちらの店で、3年前の2016年の夏から夏期限定で、35年前に『東池袋大勝軒』で提供されていたという「復刻版 冷やし五目そば」に「復刻版 冷やし中華」が提供されていて!

今年も6月から提供されているという情報を知っていたので!
山岸大将が38年前に店で出していた「冷やし中華」!


バリバリ「昭和の冷やし中華」で!
味わいは酸味のある醤油味だろうし!


現在のマヨネーズをつけて食べるような「冷やし中華」ではないだろうけど
こんな暑い日には、そんな「ノスタルジックな冷やし中華」を食べるのもいい♪

そう思って、飲食店としては不利な2階にある店の1階の入口までやって来たところ
入口にお品書きはあるものの、「冷やし中華」の案内はなし

もしかして、先月の8月末で終わっちゃったとか😓
もう少し歩いて、『神保町黒須』に行って、限定で出されている「冷やし煮干」を食べに行こうか!?

なんて、考えている間にも、2人お客さんが2階にある店の階段を上がっていったので
私も続くことに😅

そして、もし、「冷やし中華」が販売されていないようだったら、『神保町黒須』に行けばいい!
そう思って、2階にある店の入口のドアを開けて、店内にもある階段を、さらに上って行く途中に「復刻版 冷やし中華」のPOPを発見!


お茶の水、大勝軒【参】-2

まだ、やってるようで一安心😌
先客が券売機で食券を買い終えたところで、「復刻版 冷やし中華」の食券を買おうとしたところ、ボタンが見つからないので

お茶の水、大勝軒【参】-3

ホールにいたスタッフの人に聞いてみたところ
「ボタンはないので、870円の食券だったら、何でもいいので、買ってください。」と言われて…

その通りにして、スタッフの人に食券を渡して、案内された入口近くのコの字型したカウンター席へとつく。
そして、いつもなら、厨房の中で、店主やスタッフの人が調理する様子を見たり、話し掛けたりもするけど


こちらの店の厨房は、ハーフクローズドキッチンの厨房で、客席と接していない。
一応、この席からも厨房の中を覗くことはできる
(( ̄_|

ただ、何か調理をしているのはわかっても、具体的に何を作っているかまではわからないので
あきらめて、メニューなど眺めながら待っていると

お茶の水、大勝軒【参】-4お茶の水、大勝軒【参】-5

客席から4分で
「あつもり味玉、お待ちどうさまです!」と言ってスタッフの人が「あつもり 味付け玉子入り」を配膳してきたので!

「違いますよ。」と言うと、厨房へと戻っていったので
こんな、くそ暑い時期に「あつもり」なんて、注文するお客さんもいるんだと思っていると

また、先ほどのスタッフの人が、戻ってきて
「あの、やっぱり、お客さんの注文のはずなんですけど…」と言って…

ハッと気づいたように
「お客さん、冷やし中華注文されました。」と言うので…

「そうですけど…」と答えると…
再び、厨房に戻っていって

「○○さん、冷やし中華で注文受けてたみたいです。」と言っているのが聞こえてきた。
そうして、三度、やって来ると


「すぐに作り直しますので、もう少々、お待ちください。」と言われて…
申し訳ないから、食べてもいいかなとは思ったけど

「もりそば」なら、まだしも、この暑いのに「あつもり」というのはね💦
やっぱり、ちゃんと、ボタンを作って販売しないとね😅

すると、本当に早く、それから4分で運ばれてきた「復刻版 冷やし中華」は
時計回りに細切りされたロースハム錦糸卵椎茸の含め煮、なると、チャーシュー胡瓜が盛りつけられて

和からし紅生姜が添えられた「王道の冷やし中華」という感じの「冷やし中華」で!
ロースハムチャーシューの両方が載るのが面白い♪


お茶の水、大勝軒【参】-7お茶の水、大勝軒【参】-8お茶の水、大勝軒【参】-9お茶の水、大勝軒【参】-6

なお、これは後で知ったことだけど
山岸大将が、かつて店で出していた「冷やし中華」は、これではなく、これにラードで炒めた野菜を載せたもので

「復刻版 冷やし中華」とともに販売されていた「復刻版 冷やし五目そば」の名前で販売されていたものということだったけど
知っていたら、「冷やし五目そば」にしたのに😢

まずは、具を寄せて、タレに浸かった麺を食べてみると
麺は『東池袋大勝軒』伝統の17番ストレートで!

お茶の水、大勝軒【参】-10

中太ストレートの麺は、「冷やし中華」の麺らしくないし
モチモチとした食感の麺は、一見、ミスマッチのようにも思えたけど

つるっとした啜り心地のいい麺で!
のど越しのよさもあって!


意外に、ありかもという気がしたし!
よかったのが醤油ダレの味わいで♪


お酢と砂糖で酸味と甘味が加えられた昔ながらの醤油ダレに鰹節、鯖節の魚介出汁が加えられているので!
さっぱりといただけるのがいい
😋

そして、具を混ぜ合わせていただけば
やっぱり、これ、基本は「王道の冷やし中華」というか「昔ながらの中華そば」の味わいというか

そんな、子供のころから食べている醤油味の懐かしい味わいの「冷やし中華」で!
夏になると、たまに、無性に食べたくなる♪


そうして、すべて、麺と具を食べ終わったところで、スタッフの人に
「すいません!」と声を掛けると…

お茶の水、大勝軒【参】-11

「スープ割りですね♪」と言われたので…
頷くと(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)

お皿を持って厨房に
そして、すぐにリターンして、スープ割りしたお皿が運ばれてきた

お茶の水、大勝軒【参】-12お茶の水、大勝軒【参】-13

そこで
「大勝軒らしい、面白いサービスですね!」

「冷やし中華にスープ割りするなんて、初めてです♪」と言うと…
スタッフの人からは意外な答えが返ってきた。

それは、賄いだった「もりそば」が山岸大将の『東池袋大勝軒』で、メニューとして出される前から行われていたもののようで
この「冷やし中華」のスープ割りが、「もりそば」のスープ割りの元になったということだった

さらに、この「冷やし五目そば」の醤油ダレのしょっぱさに酸味と甘味が加わった味わいが「もりそば」のつけ汁の味わいにも繋がっているとも話していたけど
せんぜん、知らなかった😮

山岸大将が、かつて店で作っていた「冷やし中華」!
「スープ割りができる冷やし中華」!


興味ある方はどうぞ!
ご馳走さまでした。




メニュー:特製もりそば…770円/ゆでもり(ゆで玉子入り)…820円/もりなま(なま玉子入り)…820円/味もり(味付け玉子入り)…870円/もりチャーシュー…1000円/もりメンマ…970円/もり野菜…970円/もり全部のせ…1170円/もりチャーシュー野菜…1300円/東池袋限定もりチャーシュー…1400円

あつもり…770円/あつゆで(ゆで玉子入り)…820円/あつなま(なま玉子入り)…820円/あつ味(味付け玉子入り)…870円/あつチャーシュー…1000円/あつメンマ…970円/あつ野菜…970円/あつ全部のせ…1170円/あつチャーシュー野菜…1300円/東池袋限定あつチャーシュー…1400円

中華そば…770円/チャーシュー麺…1000円/メンマラーメン…970円/中華そば全部のせ…1300円/東池袋限定チャーシュー麺…1400円

もりとろ(とろろ入り)…970円
カレー中華…970円/もりカレー…970円/復刻版 カレーライス…770円

餃子…500円

大盛…200円/ゆで玉子…50円/なま玉子…50円/味付け玉子…100円/チャーシュー(3枚)…230円/メンマ…200円/刻み海苔…100円/もやし…100円/ねぎ…50円

復刻版 冷し五目そば…970円/復刻版 冷し中華…870円


お茶の水 大勝軒



関連ランキング:つけ麺 | 神保町駅小川町駅新御茶ノ水駅



好み度:復刻版 冷し中華star_s35.gif
接客・サービスstar_s35.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m
訪問日:2019年9月12日(木)

むぎくらべ【五】 ~麺や 福はら~~其の弐~-1

本日のランチは、月曜日に続いて、再び、東京・神田小川町の『むぎくらべ』に出店している麺や 福はら
へ!


『麺屋 一燈』グループを卒業した福原店主が地元の大阪・生野区に2017年7月21日にオープンした店!
『麺屋 一燈』グループ出身の店としては、東京・蒲田の『煮干しつけ麺 宮元』と静岡県浜松市の『麺屋 龍壽』とともに3店のみ『麺屋 一燈』坂本店主から公認されている独立店のうちの一店。


そんな福原店主が、東京凱旋して、国産麦のアンテナショップに9月9日から13日までの5日間出店するというので!
千葉県に大きな被害をもたらした台風15号が千葉に上陸した9日に3時間30分かけて行って、「芳醇鶏そば(塩)」をいただいた。


奈良の地鶏である「大和肉鶏」と水だけで作ったスープは、地鶏のうま味溢れる絶品スープのラーメンで😋
大阪の店で食べた味わい、そのもの♪

でも、それもそのはずで、このスープは大阪で炊いたものを東京へ送ったものだった。
東京でスープを炊くんたろうと思ったのに( ̄▽ ̄;)

でも、初日に台風の影響で、JRを始めとして、私鉄各線もストップして、大幅にダイヤが乱れる中、ここまでたどり着いた『麺屋 一燈』グループの常連の皆さんは!
特に大阪の店に行ったことがない人は、大阪で炊いたスープのラーメンが食べられたと喜んでいたけど


できれば、冷凍のスープより、炊き立てのフレッシュなスープの方がいい!
そう思っていたら、昨日、福原店主が、売れすぎて、スープが持たないようなことをTwitterでツイートしていたので!


今日がチャンス!
そこで、開店時間16分前の9時44分に店頭へとやって来ると


ポールで待っていたのは、限定ハンターのRランさん!
店頭には、もう一人、お客さんが待っていて、私は3番目!


そこで、Rランさんと話しをしながら待っていると
店舗の中から福原店主が出てきて

「まだ、ヤマト来ないんですよ。」と話し…
(大阪の店から)カエシと麺とチャーシューを送らせたのに、まだ、着いてないんですよ。」と言って、困った顔をしていたけど…

これは、昨日までの3日間の営業で、「芳醇鶏そば(醤油)」と「大和肉鶏の香味まぜそば」に使用する「カエシ(醤油ダレ)」がなくなってしまったようで
カエシが到着しないと、この2つの提供ができないという

また、麺とチャーシューも少なくなっているという
「でも、スープは炊いたんでしょう!?」と聞くと…

「今日、4時半から炊きました。」と答えがあったけど…
「このまま、届かなかったら、塩のみ、チャーシュートッピングはなしになります。」と話し…

開店の10時まで、何度も外に出てきて、落ち着かない様子だったけど
そのまま、荷物が届かないまま、開店時間を向かえてしまった🤦‍♂️

『むぎくらべ』のスタッフの女子が出てきて、2つ看板を外に出して
定刻開店!

まずは、ポールのRランから順番に、入口正面のレジで注文と支払いをして、奥の席へと着いて行くんだけど
レジにいたスタッフの女子から

「ただ今の時間は、塩ラーメンのみの販売になります。」
「チャーシュー類のトッピングもできないですけど、よろしいですか!?」というアナウンスがあった。


そうして、3番目の私の番になって
初日とまったく同じ「芳醇鶏そば(塩)」の食券を買わざるを得ない状況になってしまったんだけど😅

むぎくらべ【四】 ~麺や 福はら 「香味鶏そば(塩)」~-2

でも、大丈夫♪
実は、今日も、チャーシュートッピングなしの「芳醇鶏そば(塩)」にしようと思っていたので!


なぜなら、冒頭で書かせてもらった通り、初日のスープは大阪で炊いたものを冷凍して送ったもの
しかし、今日のスープは、先ほど福原店主が話していたように、今朝、早朝の4時30分から炊いたフレッシュなスープなので

注文終えて、リプライコールをもらって
福原店主の立つ『むぎくらべ』のコンパクトなオープンキッチンの厨房の真ん前にある2人掛けのテーブル席の前に陣取ったRランさんと相席させてもらって

席について、ラーメンができるのを待つ。
すると、まず、2個作りされた「芳醇鶏そば(塩)」が完成!


Rランさんと2番目に待っていたお客さんのリプライコールが振動して!
さらに、10時10分には、私の「8番」のリプライコールのバイブも振動!


むぎくらべ【五】 ~麺や 福はら~~其の弐~-2

すぐに厨房に受け取りにいった「芳醇鶏そば(塩)」は、豚肩ロース肉鶏モモ肉の2種類のレアチャーシューが1枚ずつに、小松菜青ネギが載るだけのシンプルトッピングの塩ラーメン!
月曜日との違いは、鶏のレアチャーシューがムネ肉からモモ肉に変わっていたこと。


むぎくらべ【五】 ~麺や 福はら~~其の弐~-3

まずは、鶏油がキラキラと煌めく黄金色したスープをいただくと
大和肉鶏の丸鶏とガラだけで作ったという大和肉鶏100%のスープは、月曜日のスープ同様、大和肉鶏の出汁うま味がハンパなくて😆

むぎくらべ【五】 ~麺や 福はら~~其の弐~-4

今日のスープもめちゃめちゃ美味しい😋
ただ、うま味だけだったら、今日のスープも月曜日のスープも、そうは変わらないかな🤔

一番の違いは鶏の香り!
メニュー名通り芳醇に鶏が香るスープは絶品
😋

しかし、鶏が痩せて、いい出汁出してくれない、この暑い時期に、これだけ強いうま味と香りのある鶏出汁スープのラーメンを食べさせてくれる店が、全国にどれほどあるんだろうか!?
しかも、誤魔化しのきかない塩で、これだけ美味しくスープを飲ませてくれる

それと、大阪と東京では水も違うし
だいたい、店と、この『むぎくらべ』の厨房では、ガスの火力も違うだろうし

イベントに出店すると、なかなか、店で出しているスープの味が出せないと嘆く店主も多いと思うけど
完璧に店の味わいが再現されていたのもスゴい!

中細ストレートの麺は、奈良の小麦粉である「福飛鳥」を使って製麺した自家製麺で!
月曜日に食べたときは、茹で時間を間違ったのか
!?

と思えるくらい、やわやわな食感に感じられて
スープもチャーシューも美味しかったのに、この麺の食感だけが、少し、残念に思えた。

しかし、今日は、それを修正してきたので
「今日の麺の茹で加減は、完璧じゃないですか♪」と福原店主に話すと…

「皆に、やわらかいと言われたので、カタく茹でました…」と言って…
憮然としていたけど(笑)

むぎくらべ【五】 ~麺や 福はら~~其の弐~-5

カタめになって、食感はよくなったけど
確かに、この麺は、もう少し、茹でた方が、小麦粉のうま味は強く感じるかも😅

そこで、この「福飛鳥」という小麦粉を、後で調べたところ
奈良の小麦「ふくあかり」を小麦粉にしたのが「福飛鳥」!

年間200トンしか生産していないレアもの!
「福飛鳥」の製造元である旭製粉という奈良県の製粉会社の社長のブログにも、うどんには最適であることが記されていて


それに、福原店主も自身のブログで、「中華麺には向かない。」と、はっきり書いている。
ただ、奈良県産の小麦粉であることと、商品名が、めっちゃ気に入って、どうにか使いこなそうとしているようだけど
🤣

う~ん🤔
使用するなら、濃厚豚骨魚介スープの「濃厚魚介ラーメン」にすればいいと思うんですけど😅

豚肩ロース肉のレアチャーシューは、今日も、いい感じのレア加減で!
しっとりとした食感に仕上げられていて


国産豚の良質な肉を使って作っているから、肉のうま味も違うし
やっぱり、この豚肩ロース肉のレアチャーシューは最高に美味しい😋

前回のブログでは、トッピングすると、5枚増しで600円!
価格自体は、いい豚肉を使用しているから、決して、高くはない。


しかし、トッピングだけで600円支払うというのに抵抗のある人は多いと思われるし
デフォルトで入っている1枚と合わせると6枚になってしまうので

6枚は要らないんじゃないかと書いたし
枚数を減らして販売すればいいんじゃないかと書かせていただいた。

その考えは変わらないけど、これだけ美味しいなら♪
今日は、配送の関係でトッピングはできなかったけど、できるなら、トッピングしてもいいくらい!


むぎくらべ【五】 ~麺や 福はら~~其の弐~-6

鶏モモ肉のレアチャーシューは、これも、変わっていなければ、国産の銘柄鶏の「紀州梅どり」を使って作ったもののはずで!
厚みもあって、鶏肉のうま味がしっかりと感じられる美味しい一品で!


今日は、チャーシューのストックの関係から、鶏ムネ肉ではなく、鶏モモ肉が使われたのかもしれないけど
こちらの方が、美味しくて好みだったので、この変更はウェルカム♪

そして、初日は、食感がもう一つだった小松菜も、いつも通りに戻っていて!
シャキシャキとした食感がいい箸休めになってよかったし♪


そうして、最後はスープの最後の一滴まで、惜しむように飲み干して完食♪
堪能させてもらいました。


明日13日が最終日!
塩だけ食べればいいかと思っていたけど


醤油が美味しく進化しているという情報も聞いているので、明日も来ないとね♪
ご馳走さまでした。


むぎくらべ【五】 ~麺や 福はら~~其の弐~-7

メニュー:芳醇鶏そば(醤油)…900円/芳醇鶏そば(塩)…900円
大和肉鶏の香味まぜそば…900円

豚チャーシュー…600円/鶏むねチャーシュー…300円/鶏ももチャーシュー…400円/チャーシューMIX…400円
味玉…100円/麺大盛り…100円

炙り豚飯…400円/ネギ塩豚飯…400円


麺や福はら



関連ランキング:ラーメン | 今里駅(近鉄)小路駅(大阪メトロ)新深江駅



好み度:芳醇鶏そば(塩)star_s50.gif

ブログランキングに参加しています。
日々の更新の励みになりますので…
↓↓↓
こちらを1日1回クリックいただきますようお願いしますm(__)m
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

↓↓↓こちらのクリックもよろしくお願いしますm(__)m